「一世一代」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 一世一代とは

2020-09-15

姪っ子の女子校文化祭で、なぜかクイズの司会をやることになった

ワイここころの声「うまくやったらワーキャーいわれるかも…一世一代のチャンス!」

ワイ「では第一問!パンパンでも食べられ」

松下由樹「朝はパァーン!パンパパァーン!」

ワイ「!?

松下由樹(満面の笑みでこちらを見ている)

ワイ「え、えー、気を取り直して。パンパンでも」

松下由樹「朝はパァーン!パンパパァーン!」

ワイ「…」

松下由樹(どうしたの?早く言って!)指で来い来いの合図

ワイ「朝はパンは…パンでも…ハッ…」

JK「あのー?ワイさん?さっきからなにを?」

ワイ「あ、あそこに松下由樹が…」

JK「はぁ?いねーだろ?頭がビョーキか?」

JK2「かーえれ!かーえれ!」

ワイ「グズっ…」

セーラー服を着た松下由樹「かーえれ!かーえれ!」

2020-08-06

anond:20200805124425

いや、ほんとに生きづらいと思う。

この40のおっさん立場に立っても新入社員女の子立場にとっても。

女の子側はここでも言われてるように迷惑、揉めたくないから(なら)想っとくだけにしといてみたいな意見がいっぱいあるが「ほんとだよね」って感じなのだが、おっさん立場に立っても同じくらいつらいでしょ。

辞めてからアタックしろとかは暴論すぎるし。それこそ女子社員と同じくおっさんだって生活あるしキャリアもあるだろ。

こういう場合女性が振った形になるとどんだけ女性側が色々な目でみられるのかも理解してるがおっさんNPCじゃないんだよな。

おっさん好意暴力並みの破壊力与えてんのはおっさんアプローチ方法とかだけじゃないと思うよ。

それで場の空気よんで気使いまくってパワハラセクハラ言われるのが怖くて色々遠慮してきて、40で独身なんて人間性問題あるとか言われた日にゃおっさんだって闇落ちするよね。それこそ会社辞めて一世一代告白玉砕してたら無敵の人なっちゃうよ。

おっさんも人からまれた色んなバックボーンを持つ人間なんだから誰を好きになったっていいじゃないか

これが自分兄弟とかお世話になってた近しい男性と思うと理解できるような気がする。

色々過渡期なんだろうけど、誰であろうが感情を出すなって、そんなこと誰にも言えないってのが今の全体の権利じゃないのか?

ということで私はおっさんの恋心(メインの下心)もそうそ簡単否定できないわ。

解決方法はなくて申し訳ないがおっさん相手への尊敬の念を忘れずに自由恋愛感情持ったらいいと思う。

恋愛感情もっていい/もってはいけない こんなコメントを真面目に書いてる令和の時代って、もうどこへ向かってるんだろうね。

2020-07-28

性別による異性への評価のずれ

コロナのせいで家庭内リストラされそう

https://anond.hatelabo.jp/20200721105946

24時間で消えるnote一世一代の大告白を受けた〜|岸田 奈美

https://note.kishidanami.com/n/n0b2033a6652f

を読んだ。いずれもとても女性らしい反応である気がする。

40代女性フルタイム勤務。詳しくは言えないけどある種の技術職。結婚してもうすぐ20年」との方は、コロナの影響で家庭のことをほとんど夫さんがするようになり、自分の居場所がないと感じているらしい。

夫さんがこの増田さんを「リストラ」するようなときはまず来ないと思う。

例えば、配偶者借金を負っていた場合男性の方が女性に比べて配偶者のために借金を返そうとする、という統計結果がある。また、主に容姿の話かもしれないが、いわゆるマッチングサイトにおいて、男性女性に点数をつける場合は非常にきれいな正規分布を描くに対して、女性男性に点数をつける場合は8割以上が点数範囲の半分以下という極めて偏った順位付けをすることが複数ソース確認されている。

このことは、裏を返せば、男性女性から正規分布様の相対的評価を受けると期待し、女性男性から絶対的分布の偏った評価を受けると恐れることを示唆している。

なぜこの増田さんが「リストラ」されるのではないか、と考えるかというと、おそらく今の自分が非常に低い順位付けにされているのではないか危惧するからであろう。おそらく夫さんからすれば、そう簡単増田さんへの気持ちが変わることはないであろうにもかかわらず。

2つ目の話では書いている内容をそのまま受け取れば、自分容姿コンプレックスがあるようだ。ただ、上のマッチングサイトの例でもあるように、男性女性に対する容姿評価は、女性男性に対する容姿評価に比べれば遙かに緩やかだ。多くの男性にとって、書いている本人が思っているより容姿がよい可能性は非常に高い。これは単純に、女性女性男性に対する容姿評価分布男性女性に対する容姿評価分布と同じであると思い込んでしまうが、実際には違うというだけであろう。そもそも男性にとって女性客観的な(?)容姿重要ではないにしろ

いずれにせよ、変な誤解とか気負いがなくなって、ハッピーになるといいなと思いました。

24時間で消えるnoteという記事が美しい文章だったので、消えた後も読めるようにここに残す。

https://note.kishidanami.com/n/n0b2033a6652f

本当に24時間で消えてしまうのは惜しいのでここに。なぜかweb魚拓は撮れなかった。


24時間で消えるnote一世一代の大告白を受けた〜

岸田 奈美

2020/07/27 19:06

Instagramには、24時間で消えるストーリーという機能がある。フォトジェニックじゃない(=映えない)写真を、気軽に投稿できるのが良いそうだ。というわけで、これはフォトジェニックでもエモーショナルでもない、24時間で消えるnoteだ。おもにわたしの醜いモテへの執着や、頭を抱えたくなる恋愛の話に使われる。

一世一代の、大告白を受けた。

彼は、愛すべきバカの友人の紹介で知りあった、愛すべきアホだった。底抜けにアホで、底抜けにお人よしだった。

いつも良いことがあったみたいに微笑んでいて、箸が転がっても楽しそうで、だれかの良いところを褒めることが大好きで、褒められたらわんわん泣いて、飲み会で輪にはいれていない人に一番に声をかけ、信号の点滅する交差点でおばあさんがゆっくり歩いていたら自分荷物がペシャンコになろうとも放り出して一目散に駆け寄る人だ。たまに大きな犬に見えるときがある。

だけど悲壮感に満ちたおもしろい失敗や事件に巻き込まれしまう引力はわたし以上で、いつも「なんでこんなことに」と半泣きになりながら、不運に揉まれるアホの彼が書く文章は、ちょっと息を飲んでしまうくらい上手だった。彼はわたしと同じ作家だった。書き残す言葉でだれかの呪いを解ける、尊い人だと思った。

友人として、作家仲間として、アホ同士だいたい4人くらいで仲良くやっていたのだが、思いもよらず彼から「好きだ」と言われた。

まりにも予想をしていなかった展開なので、わたしは「虫だ」と聞き間違えて、そっか虫がいるんだと黙っていた。わたしがしばらく黙っていたので、考え込んでいるものと思い、彼は律儀にその沈黙を守っていた。実に無駄3分間を過ごした。

「付き合ってほしいです」

「い、いやです」

「えっ!?

彼は目を丸くした。目を丸くしたいのは、こちらの方であるだってきみとはずっと良き友人でいたいと思っていたし、こう言っては申し訳ないけど、まったくもってタイプではなかった。

彼は底抜けにアホで、底抜けにお人よしなので、たくさんの人と運命から愛されている。彼が誰かの悪口を言っているのは聞いたことがないし、誰かが彼の悪口を言っているのはもっといたことがなかった。

でも、彼はスマートとはほど遠いのだ。モテないわたしが選り好みして、本当にごめん。醜いことは百も承知で、神戸のド田舎から出てきて、Sho-comi覇王愛人)を恋のバイブルにし、最近ツイステッドワンダーランドリーチ兄弟に夢中なわたしは、スマートな男と付き合ってみたいのだ。

彼を恋愛目線で言い表すとしたら、なんだろう。童貞最後に見る夢。失った青春の延長線。交響詩篇エウレカセブンレントン・サーストン。ボーイ・ミーツ・ガールリブン。奥田民生になりたいボーイ。近所のタバコ屋に住み着いた大きな野良犬。振り向けばだいたい自動ドアに挟まってる。本当にごめん、ひどすぎる言葉しか出てこない。

これでわたしを嫌ってくれたらいいなと思いつつぜんぶ言ったら、ものすごく神妙な面持ちで「まあ童貞みたいなもんだからね、よくわかったね」と感心していた。感心をするな。

「というかね、信用できないんやわ」

「なにを!?俺の恋心を?」

「君の恋心をだよ。だってわたしたち、二回しか会ってねえのよ」

そう。時期が時期だったので、知りあってからほとんど、友人たちを交えたリモート飲み会で話していた。直接彼と会ったのは、たった二回。一回目は奇しくも害獣に襲われて怪我をし、二回目は引っ越した家を悲運にも七日間足らずで失っていた。事件が過ぎる。

ともかく二回しか会ってないのだ。マチネの終りの福山雅治でも、もうちょっと会ってた。

まりこれはひと夏の思い出にすべてを賭けてきた、まごうことな童貞リブンだと思った。詳しくは書かないが、告白場所もひどかった。いまどきの小学生ですらもうちょっと良い場所を選ぶ。

どこをどう見てもタイプではない童貞に、心を乱されているわけには、いかないのだ。どこかで優しくて素朴でかわいい女の子と一緒になってほしい。

「わかった。俺はいつまでも待つよ。誓うよ」

「なにを?」

人生を」

「なんて?」

人生を誓われてしまった。誰からまれたわけでもないのに、やたらと重いものを後さき考えずに背負い込む、己に十字架を課す、これぞ童貞リブンじゃないか。もうやめてくれ。誓わんといてくれ。

それから、何度か彼とご飯を食べたり、お茶をしたりした。書いていて死にたくなるのだけど、目が合うたびに、かわいい、本当にかわいい、すごい、きれい、と初めて動物を見た子どものような表情で褒めてくれた。

わたしは、自分の外見に強烈なコンプレックスがある。もったりとした奥二重、並びの悪い前歯、突き出た上唇、団子を貼りつけたみたいに低い鼻。どこをどうとっても、褒められなかった。取材などで撮ってもらう写真を見るたびに、現実を突きつけられて、悲しくなる。だから、彼のかわいいを信じることができなかった。

あと、人から好きだと言われて付き合ったことがない。いつもわたしは異性を追いかける方だったから、尽くして愛することこそが、自分価値だと思っていた。

まりにもわたしが、かわいくないからやめてほしい、と頼むので、彼ははじめてむっとした顔を見せた。

「なみちゃんのかわいさが、なみちゃんに伝わってないのはいやだ」

そして思いついたように、わたしが買ったばかりのライカQというカメラを手にとり、夕暮れの街を歩きはじめた。ぶらぶらと歩いていて、彼はなにも言わずシャッターを切った。

写真を撮るならもうちょっとポーズ指定とか、背景のこととか、考えるもんじゃないのと思ったのだが、そういうのはなかった。

樹木希林内田裕也関係から学ぶこととか、かわいい犬が歩いているのを見るだけで脳汁が出そうになることとか、ブタクサの油炒めはどんな味がするのかとか、そういうアホな話をしていた。いつのまにか彼は、何度もシャッターを切っていた。

彼はカメラマンではない。ド素人だ。

カメラを見ながら「うわっ、かわいい」「びっくりするくらいかわいい」「こっちかな」「いや、こっちだな」「まぶたに焼きつけたい」とアホなことをつぶやくので、したたかにどついた後、見せてもらったのがこれだった。

L1030088のコピー

まれてはじめて、自分のことを、ちょっとかわいいと思った。なんだろう。汗でメイクも落ちてるし、服だって適当ワンピースだし、手はむくむくしている。でもなんか、良かった。

「俺には、なみちゃんがこう見えてる。なみちゃんは心の美しい人から、誰よりも美しく見えるよ」

発言は相変わらずアホだったし、何度見ても顔はタイプではなかったし、彼はこのあとすぐ自転車にひかれかけていたのだが、ひとつだけわかったことがあった。

写真というのは、レンズが人を映すのではなく、人が人を映すのだ。

ファインダー越しの表情、身体の動き、まわりの風景には、関係性が透けて見える。いい顔をさせられるというのは、いい関係であるということで、もっと言えば、撮る人の恋や愛みたいな言葉にできない感情も確かに伝わってくる。文章も同じだ。だからわたしたちは作家なのだ

わたしの凝り固まったコンプレックスが、他人視点を通して、少しずつ溶かされていくような感覚になった。わたしのことをこんな風に見てくれる人たちがいると思えば、この世界はそれほど悪くない。

告白の返事はしていない。付き合うかどうかもわからない。ただ、写真を撮ってもらうことが増えた。そのかわりエッセイにしていいかとたずねると、決まっていたみたいに快諾してくれた。

今日は「俺と付きあった方が良い48016個の理由」というメッセージが届いて、1から順番に送られてきたけど、ひとつ一分で語ったとしても八百時間かかるのがバカだと思った。

つかこバカのことを、好きになる日はくるのだろうか。勝手に誓われた人生を、わたしはどう持て余せばいいんだろうか。とりあえずわたしは、恋よりも、いまはなにかを書きたい。今日わたしは、恋人がいない。

2020-07-08

なろうの商人とか

※いつもの愚痴…。

  

貴族編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200706225819

王族編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200707102749

奴隷編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200707174539

竜編 :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708062743

  

商人「これはドラゴンの鱗!?

商人「ま、まさかこれほど品質の良い物にお目にかかれるとは!」

商人「一体これをどこで……。いや失礼、探るのは厳禁でしたな」

商人あなたとは末永いお付き合いそうになりそうですな」

  

こんな感じで、大体、専属商人みたいなキャラがでてくる。

良質な素材を持ち込んでくる主人公をひいきにしてくれる商人しかも色んな助言までくれて

ご意見番みたいな感じになってきている商人が多い。これ、独占禁止法じゃないか

この商人自分商人組合みたいなの持ってるからみんなに利益あるにしても

その他の商人商売があがったりになるじゃないか

  

いや、別にあらゆる商品を取り扱っているわけじゃないからいいとしても

主人公が持ち込む物の価値が高すぎて、その他の物の価値が低くなるよ。

そしたら、それをこれまで持ち込んできていた業者のものなんかが売れなくなって

商売あがったりになって、飢え死にコースまっしぐらじゃないか

市場破壊だよ!え?そんなバランスブレイカーみたいなことを商人がするわけない?

いや、実際やってるからね。

  

商人あなたのおかげで大繁盛していますよ!」

商人貴族とのコネもつくれました。本当に感謝しています

  

勿論、特別に入手できた物として貴族かに商品を売りつけているとは思うよ?

でも、それを一度でも提供してしまったら貴族側の期待値が高くなりすぎて、主人公なしじゃ

貴族欲求を叶えることも難しくなってしまうじゃないか

一世一代だけの商人であるならまだしも、でかい商会でそんなことやるなんてリスクが高すぎる。

  

だってなろうの主人公が売りつけている物って

「高品質ポーション」とか「高品質香辛料」とか「高品質衣服」とかまぁそんなのばかりだし。

現実に例えると「癌の特効薬」とか「伯方の塩」とか「ハイブランドの服」あたりか。

やばいってレベルじゃないよ。あ、いや伯方の塩は違うか?

  

主人公製造方法を教えることもあるけれど、ちょっと待って欲しい。それも本来異世界自体が頑張って

作ろうと切磋琢磨しているものかもしれない。主人公知識ひけらかしたら、これまでそういうのに

研究・開発してきた人はどうなると思っているのだろうか。

現実に例えると米だって品種改良して今のコシヒカリがあるのに、そんな努力もせずにコシヒカリあるから

ほれ、みんなコシヒカリ育てろよとか…そういうレベルだよ?

青カビからペニシリン発見されたのに、なろうの世界でもし誰かが長年研究していたのに、その成果を

主人公がかっさらっていったら、馬鹿馬鹿しくなっちゃうのもあるかもしれない。

あるいは、その研究投資していた偉い奴からは見放されるだろうね。酷い話だよ。

  

主人公にも商人にも生活がかかっているかしょうがないとしても、限度があるでしょう限度が。

主人公しか持ちえない商品を取り扱う事の危険性を商人理解して無さすぎじゃないか

製造方法も分からず安定供給もできないもの主人公死ね生産不可能になるかもしれないものだよ?

そんなのに手を出しすぎたら破滅だよ破滅!いきなり主人公手のひら返して裏切ったらそこで終了!

そういう警戒心も持とうよ!主人公に対して心を許し過ぎ!

  

まだ言い足りない!当然悪徳商人もいるんだよね。市場価格を釣り上げている商人とか。

なんか裏ギルド?とかそういうのとつるんでいたり貴族グルになっている奴。そんで私腹を肥やしている奴。

で、この悪徳商人が出て来たらね、もう出てきた時点でね。破滅確定なんだよね。

絶対に痛い目に見るんだよこいつら悪徳商人って。

  

悪徳商人「な、なぜ我々のところにはポーションが手に入らなくなってしまったのだ!?

みたいな感じになって主人公たちに破滅させられるの。ほぼ確実に。

登場してきた瞬間に死ぬというか破滅するのが分かっちゃうんだよ!こいつ終わったなって!

リボルケイン!」とか叫んだ仮面ライダーBLACK RXの前に立つクライシスの怪人みたいな感じ。

  

こう考えると悪役令嬢じゃなくて悪徳商人とかあるいは悪代官に転生したほうが面白いんじゃないのか!?

破滅コースだし。でもどうせなろうだとこんな感じにしかならないか

  

例:

  

悪徳商人に転生してしまったが、破滅したくないので堅実な商売します!

~誠心誠意働いた結果、世界最大の商会の大旦那として君臨~ 

  

とか

  

悪代官転生!お主もワルよのうとは絶対言わない!山吹色のお菓子をみんなにバラマいて世界平和を目指します!

  

もうタイトル勝手に浮かぶようになってきたよ。はぁ。

こういう専属商人制度とか商人関係の設定はもうやめてくれないかなあ。

ため息が出てくるよ。

2020-06-04

anond:20200604175743

それが分からんのよ。

穏当な企画だと思うんだけどね。

別に蹴落とせとかじゃなくて、担当の良いところを推していきましょうよ、っていう話なんだけど。

デレだとそれが一世一代の大勝負になるアイドルも居るから、それは気負い過ぎてギスギスした空気になるのも少しは想像がつく。

劇中劇の配役がもらえるか否か、はそれは大きいけど、そこで外れたからと言って「ファミリー」って壊れるもんなのかな、というのが良く分からない。

競争がなにもない、競争のもの忌避した状況下で盛り上げていくのって無理じゃないかと思う。

デレのは勝負に掛かってるモノが大きすぎるような気がするけど、ミリの方はそこまでか? って。

まだ3回やっただけなのに「もう二度と出番回ってこない」みたいな選挙disもけっこう見かけたし、これPに粘りがなさすぎるんじゃないかと。

競争を叩き合い殴り合い、もっとはっきり言えば足の引っ張り合いだというふうに捉え過ぎではないか

2020-05-11

anond:20200510200818

あの時代にそういう描写をすることに抵抗が無ければ同性愛子供が生まれることだって有り得たかもしれんな

 

悟空「シェンローーーーーン!!オラの一世一代のねげぇだぁーーー!!オラとベジータとの間に子供を作ってくれェーーーーー!!!

一同『何ィーーーーーーー!!!

ベジータ「な…なんだと…俺が…悟空の子を…俺なんかが…子供を…」

 

みたいな展開はあったかもしれないし、なかったかもしれない。

普通にピッコロ性別無いし。

2020-02-21

[] #83-11キトゥンズ」

≪ 前

そんなわけで、“流れネコ”ってのは「遠くからやってきたネコ」って意味の他に、「ヒトが忌み嫌っている特定ネコ」って意味も含まれている。

ヒトが勝手に決めた定義で、ネコからすれば知ったこっちゃない話だ。

だがヒトとの付き合い方も求められるイエネコ界隈において、流れネコ無視しにくい存在だった。

俺は何も特別なことはしていないし悪いこともしていないが、「ヒトとの間に軋轢を生み、善良なネコにも迷惑をかける存在」として、他のネコから邪険に扱われたりもした。

母が死んだとき、もしモーロックに拾われていなければ、ヒトに殺されるまでもなく野垂れ死んでいたかもしれない。

そのおかげで食べるものには困らなかったけれど、仲間内では一線を引かれていた。

あの頃の心境を言葉にするのは難しいが、たぶん他のネコができていたことができなかったこと、そして小さい頃に母と離れ離れになったことが大きい要因だと思う。

俺には“何か”が足りていなくて、そして満たされていなかったんだろう。

そのせいで自暴自棄になっていった。

いっそヒトの中に飛び込んで、楽になろうと考えることもあったんだ。

そんな時に出合ったのが、とあるヒトだった。

そのヒトは、どうやら俺を捕まえたがっていたようで、小魚でおびき寄せるという小賢しいことをやっていた。

俺は半ばヤケになって、その人の前に顔を出したんだ。

だが意外なことに、そのヒトは俺を殺すことはなく、それどころか飼うことにしたらしい。

どうやらヒトの中にも、流れネコを嫌う奴と嫌わない奴がいるようだ。

この出来事きっかけで、流れネコに対する、ひいては俺に対する悪いイメージは軟化していった。

飼われた後も集会所には定期的に参加し、数年かけて仲間に認められるようになったんだ。

…………

そこにきて、なぜダージンが“流れネコ”のことを蒸し返すのか。

察しはついていた。

「この戦い、本当にキトゥンに“任せる”んだな?」

ダージンとの付き合いも長い。

俺への嫌悪感から、そんなことを言っているわけじゃないのは分かっていた。

流れネコ歴史と、ヒトの存在は重い。

その血を受け継いでいる、何よりの証明である俺の体躯と体毛。

この瀬戸際からこそ、それは皆の不安を駆り立てる。

“流れネコが悪いわけではなく、ヒトが勝手にそう決めつけているだけ”

理屈では分かっていても、それで俺への不信感が完全に払拭できるわけじゃない。

そんな状態で俺を戦わせれば、勝敗がどうあれ、皆の中に決して消えない“わだかまり”が残るだろう。

「改めて問う、皆はキトゥンに“任せる”か?」

からこそダージンは、あえて言うんだ。

自分達の縄張りのために俺を戦わせるのならば、本当の意味で“任せる”べきだと。

「任せる!」

食い気味に答えたのはキンタだった。

「ええ、任せます。この戦いはキトゥンが適任でしょう」

間もなく、ケンジャもそれに続いた。

「そうだ、キトゥン! お前に任せる!」

続々と周りから同調の声が響き渡り、音は段々と大きくなっていく。

それを聴いて、俺は体から“何か”が湧きあがるのを感じた。

どちらにしろ俺は戦うつもりだったが、その意志がより強まっていくようだ。

キトゥン、お前にも聞きたい。本当にいいのか? この戦いに勝ったとしても、お前に大した得はないんだぞ」

ダージンの問いに、俺は澄ました顔で答える。

「……任せてくれるんだろ」

モーロックが俺を代表指名したのは、こういう意図もあったのかもしれない。

これは俺が皆に認められる、一世一代のチャンスってやつなのだろう。

次 ≫

2020-01-22

バカな人へ

私は恥ずかしいことが多すぎる。何かを判断するとき、あとで思い出して恥ずかしくなるような方を選んでしまうから

 

人は気持ちいい方を選ぶことが多いのだろう。気持ちいい理由の中に、あとで思い出しても恥ずかしくないからという理由があるから、それを選ぶのだろう。私はそれをとっさに判断できない。もしくは、選ぶ理由の中にそれがない。

 

風呂場や布団の中で何度もだえたことか。何度「死にたい」と検索したことか。はたから見れば大したことないこともない。そんなことが多すぎる。

 

恥ずかしいことが多すぎることを恥ずかしがって生きていくのはなかなかつらい。もだえても、Googleに死に方を聞いても、どうしようもない。だって解決しないし生きたいから。

 

そこで、恥ずかしいことをあえて晒すことで浄化する方法を編み出した。恥ずかしかたことを面白おかしく書けば、寿命を全うできるのだ。

 

時間解決する」というやつを使えば、いくらか捨てられる恥ずかしいこともある。さすがに、直近の恥ずかしいことは恥ずかしいまま数年持ち続けることになるし、そう書いている今も直近の恥ずかしいことを思い出して自分の頭を殴っている。でも、時々捨てていればタンコブができるまで殴る必要はなくなる。

 

ただし、言い訳はだめだ。それと、美化しちゃいけない。あの時の恥ずかしかった出来事を、恥ずかしいままに晒す必要がある。もう一度、直視しなければならない。

 

晒すというのは、その場にいなかった、その出来事を知らずに済む周りの人に見せるということである意味がわからないだろう。でも、それが良い。

 

実は、人は他人の恥ずかしい出来事大好物だ。共感したり、あざ笑ったり、哀れんだりと、好き勝手に消費する。そして、忘れていく。

 

一生懸命勇気を出して、一世一代の決意で晒したのに、このザマだ。腹が立つ。でも、それがミソなのだ。私にとって、永遠にまれるはずの恥ずかしい出来事は、人にとって、いつかは忘れる通りすがり出来事で、人にとって忘れられない出来事ならば、私にとって価値がある出来事だったということになる。

 

価値は「悲しみ」「怒り」のいずれか、もしくは両方だろう。私と同じような体験をした人は胸を締め付けられ、もう一度悲しみ、怒るのだ。

 

おっと、もう一つを忘れていた。私と同じような経験をし、乗り越えた私より立派な人は、懐かしみ、微笑む。そう、「郷愁」だ。

 

これは「悲しみ」「怒り」より私を救うだろう。恥ずかしい出来事なのに、好きだと感じてくれる人がいる。「郷愁」は全てを救う。

 

残念ながら、それ以外は忘れられていく。下手したら「悲しみ」「怒り」「郷愁」を含んだそれらも、いつか忘れられてしまう。

 

どちらも嫌なら、恥ずかしいと思ったときに「あの時、恥ずかしかった」「間違っていた」と伝えよう。それは言い訳にならない、素直になる。それもできないなら、いつまでも持ち続けよう。

 

大丈夫、人は鈍感だ。私が気にしすぎるだけで、人は私をそこまで高く評価していない。それも嫌なの? それなら間違えないで、期待に応えて。

 

厳しいけど、優しいよ。明日もまた、何か恥ずかしいことをしてしまうかもしれないけど、救われるよ。絶対じゃないけど、本当だよ。

 

今日も一つ、追いつかないくらいの恥ずかしい出来事晒した私より。

2020-01-20

私はうんこを漏らしていない

私はうんこを漏らしていない。

 

毎週日曜日バイトをしている。知り合いの店の店長代理みたいなものである

で、その帰りには決まってラーメンを食べることにしている。デフォルトで大盛りのいわゆる二郎系というやつだ。そのラーメン屋はスープクリアで豚臭くないところがよい。大量の旨味調味料依存していないことは食べればわかる。

その日、私は体調が芳しくなかった。しかし、毎週の習慣には打ち勝てず、迷いながらも入店した。サイドメニュー無料クーポン券みたいなものを持っていたことも、入店を後押しした。期限が迫っていたのだ。

 

サイドメニュー餃子チャーシュー丼であった。ミニチャーシュー丼もあったが、せっかくだからミニではない方にした。コスパという言葉が好きだ。

メインディッシュは、普通ラーメンではなく、汁なしまそばにした。前に食べた記憶では、汁なしまそばラーメンに比べて全体的にやや量が少ない。さすがに山盛りラーメンサイドメニューミニでないものを平然と平らげられるほど私は食いしん坊ではない。どちらかというと痩せ型だ。

 

この時点で私はうんこを漏らしていない。

 

漏らすわけないだろう。意気揚々と注文をしながら漏らしてるって頭おかしい。もしそうならこの文章タイトルは「狂人日記」とでもなっているはずだ。私は狂っていないので、オーダーをしながら漏らすわけがない。

 

汁なしまそばは思ったよりも量が多かった。そして、ミニじゃないチャーシュー丼もそれだけで1食分くらいの量があった。おいおい。しかし、残すことは私の信念に反する。今までもこういったラーメン屋で残したことは一度もない。夕食を残したら父に激怒され家を締め出されるのではないかと怯えながら、出された飯を必死に食べていた幼年期が私の全てだ。

よし、食うぞ。

チャーシュー丼は非常に旨かった。サイコロ状のチャーシューご飯の上に乗る。ラーメンチャーシューとはまた違うトロトロチャーシューであった。ラーメンチャーシューちょっと硬い。

汁なしまそばも旨い。旨いよぉ。この店は最高だな。あまりにも最高なので毎週通って常連パスをゲットしたくらいに最高だ。

問題なのはミニではないチャーシュー丼と汁なしまそばをオーダーしてしまたことだ。

 

どちらも半分くらい食べたところでお腹がいっぱいになった。腹パンパン。変な汗がどんどん出てくる。体調が悪化していくのを感じた。

そもそも体調が悪かったので、メシをいっぱい食べればよくなるかもという目論見もあった。前にそんなことがあった。しかし、今日はそういう問題ではなかったらしい。

 

まだうんこを漏らしていない。まだってゆうか今後も漏らす予定はない。私の消化器系はところてん式ではない。食べたそばから漏らす仕組みにはなっていない。なってたら常にトイレで飯を食まなければならないじゃないか。この時点で便意は1グラムもなかった。

 

数週間前、違うラーメン屋で濃厚煮干中華そばを食べ、店内を出てすぐ嘔吐してしまった。本来は五年に一度ほどしか風邪を引かないほどの健康体なのに、昨年は3回も風邪を引いた。で、昨年の12月くらいからずっと体調が悪い。年末年始は謎の高熱で寝込んでいた。ここ数日は咳をする度に右の肋骨のあたりが尋常じゃなく痛い。

 

この症状についてパートのおばちゃんに話したところ「肺炎じゃないの?」と言われた。肺炎かー。肺炎という病気について私は寡聞であったのでウィキったところ、症状が当てはまるようであった。肺炎かー。いやだなあ。

 

閑話休題

尋常でない満腹であった。私は肉が大好きだが、目の前の二つの器には肉が結構残っていた。もちろん、米も麺も残っていたが、肉を口に入れるだけで吐き気がした。ここまで肉が憎いことは今まで一度もなかった。なぜならそれはダジャレからだ。

 

誤解を避けるために一応言うけど、ラーメン屋さんは悪くない。豚と小麦粉と米も悪くない。私の体調とオーダーが悪かった。

 

その後も頑張って食べ続けた。まじで頑張った。しかし、あと一口分のチャーシュー丼がどうしても食べられなかった。これ以上食べたら吐く、と本能が言っていた。汁なしまそばは完食した。「ごちそうさまでした」と言って逃げるようにラーメン屋を出た。大量の汗をかいていたので外に出た途端、非常に寒かった。

 

自転車で家まで帰る。店から出ておよそ30秒後、強烈な吐き気を催し、とっさに自転車を降りた。幸い、嘔吐することはなかったが、不快であった。家に着くまでに吐かなきゃいいな。吐くならせめて家に帰ってからだろう。

 

自転車を漕ぐ。家までは10分くらい。そのうち吐き気は収まってきたが、別の問題が浮上してきた。便意である

 

4年くらい前だろうか。同僚と飲んだ後、徒歩で帰っていた途中にうんこを漏らした。長い橋の真ん中あたり。完全に便が100%出切った。夜で一人だったのが幸いであった。誰にもバレていない。この時、私は確実にうんこを漏らした。懺悔します。

 

あの時は漏らしたが、私は今はうんこを漏らしていない。なにしろ今は自転車に乗っている。すいすい進む。大丈夫、間に合うだろう。

 

楽観に反して急速に便意が激しくなる。やばい結構やばい住宅街自転車で駆け抜けながら「やばいやばいよーまじでー」とだいぶ大きな声でひとりごちた。何でもいいから気を紛らわせないと脱糞しそうだった。肛門一世一代覚悟で頑張ってる。私は結婚していないし結婚をする意欲も予定もなく、私の肛門もそれはわかっていたと思うので、あり得たはずの孫の代までの肛門の力を発揮して頑張っていたと思う。

 

家まであと3分くらい。私はうんこを漏らしていない。

 

アパートに着いてすべきことはたくさんある。まず、自転車自転車置き場に停めなければならない。そして、自転車に鍵をかける→自転車ライトを消す→荷物を持つ→2階の部屋まで駆け上がる→鍵を開ける→部屋に入る。いつもやっているこれら行為のいちいちが煩瑣だ。その間に漏れちゃったらどうするんだ。焦っている時ほど鍵穴に鍵が入らなかったりする。荷物が上手に持てなかったりする。なぜなら、肛門に力を入れながらこれら日常行為もこなさなければならないかである。力と集中力分散されるのだ。

 

ようやく家に入った。家に入るまで私はうんこを漏らしていない。以前の俺とは違う。

 

懸案事項はもう一つあった。上着のチャックが馬鹿になっていることである。なぜだかわからないが上着を脱ぐときにチャックがスムーズに降りないのである。脱ぎ終わるまでに1分くらいかかることさえある。この非常事態にあっては、1分もあったら何が起きてもおかしくない。

 

荷物ぞんざいに室内に投げ入れ、上着のチャックを下ろそうとする。案の定スムーズ下りない。家の明かりをつけるのももどかしい。肛門 vs チャック。とは言え、私のリソースは双方に注がれている。うんこテロリストだ。

 

私はうんこを漏らしていない。

 

チャックが下りるよりも先に肛門が緩みつつあるのを感じた。緊張と緩和とか言うけれど笑える事態ではない。別に上着を脱ぐ必要はないのだけれど、なんとなく便器には上着を脱いで座りたいじゃない。とは言え、いざとなったら上着のままトイレに駆け込めばいいのだ。最適解はそれしかない。

 

テロリストカウントダウンはない。いきなり勃発する。あ、と思った瞬間にはもうむにゅっと出てるのだ。4年前の経験から学んだ。

 

私はうんこを漏らしていない。上着のチャックは下りない。トイレまでは五歩くらいでたどり着く。

 

あ、

2020-01-19

anond:20200119001356

産前産後感情ジェットコースターみたいに揺れ動いてる時期に

夫の方がどう振る舞うかは本当に大事で、ここで下手を打つと一生しこりを残すことになる

逆にうまく立ち回れれば一生の信頼を手にすることもできる

そういう一世一代イベントだということは男どもには肝に命じてほしいね

2019-09-22

anond:20190922021753

劣等感猟奇的思考を後押しする。例えば、この紐を首に縛り付けて交差させ、ほんの少し力を加えればあいつの骨は音を立てて折れるのだろうか。

ヒューヒューと喉から漏れる呼吸音を聞いて立ち尽くす俺の姿を想像する。一世一代をかけた叛逆だ。

だって俺にはもう、子孫と呼べるような存在は出来そうにない。

まるでドラマのワンシーンのようだと自嘲しながら、紐を見えない所へとしまった。

俺はまだまともだ、殺人衝動くらい一人で制御出来る、と唱えながら。

2019-08-09

精神の薬が劇的に効いた時のむなしさと怖さ

バズってる林先生のQ&Aを見て思う。精神の薬が凄く効いた人はみな似たような思いを持っているのではないか

性格、物の考え方、人との接し方は訓練や慣れで変えられると言われてきたし、自分でもそう思って努力してきた

自分の抱えてる苦しみは自分性格や弱さのせいだと思ってなんとかそれを変えようとしてうまくいかなくて

一時は死ぬことも考えたし、何年もの休養空白期間を経てなんとか社会の端っこにしがみ付いて生きてきた

あるきっかけで精神科の予約をしてから初診までの間は毎日のたうち回ってた。

自分の苦しさをわかってもらえるのか、取るに足らないこととして一蹴されたらどうしよう

そもそもちゃんと話せるのか、話すべきことを書き出して何度も何度もシミュレーションして

一世一代勇気を振り絞って人生の苦しみ全部吐き出すつもりで診察に臨んだけど当然ならがうまくは話せず1/3も伝わらない

そんなこんなで帰ってきた反応は「まずこの薬を試して様子を見ましょうか」

正直「そんだけ?」と思った。診断を下して薬だしてくれてるんだから一蹴はされてないけど

こっちは人生をかけて臨んだ勢いなのにもうちょっと何かこうない?みたいな

二回目以降なんて「お加減どうですか、副作用ないですか、もうちょっと続けて様子みましょう、お大事に」3分診療どころか30秒診療で薬貰うだけ

でもこの薬が効いたんだこれが。変えられない自分性格や弱さだと思ってたものが消えていく

半年も経つ頃には自分がなぜそんなことに苦しさを感じていたのか、苦しかった時の感覚がわからなくなっていく

もちろん嬉しい、でも同時にむなしい。月一回、待ち時間入れて30分、3000円、髪切るより安いし速い

人生かけて苦しんできた悩みは「髪伸びてきて鬱陶しいな」よりも安く速く解決することだった

理想自分に近づきたい、人としてこうありたいってのは誰にとっても人生テーマだと思う

何とか自分を変えたいと思って30年以上生きてきた答えが一日一錠100円ちょいの薬でした!ってのは

「俺って何だったの?」ってなるしマジでアイデンティティが揺らぐくらいの衝撃がある

全ては脳の化学反応なんてのは頭で考えるのと自分の身で体験するのは違う

こればっかりは体験してみないとわからない

2019-07-31

anond:20190731150346

女側には無制限自分優位な情報の流布が許される。それで共通の友人とかには会えなくなる

また、お互い水に流して友達関係には戻れない(主に女性側が一方的嫌悪する)

一世一代の賭けで、負けたらある程度の人間関係リセットする羽目に。そりゃデートレイプドラッグ流行るよね

2019-07-11

初恋をこじれにこじらせて実らせた

子供のころからずっと好きな人がいた。

3歳から通ってた近所のピアノ教室の息子で、6つ年が離れていた。

なぜかわからないけれど、子供のころからとにかくそのお兄ちゃんが大好きで大好きで、教室以外でもよくくっついて回ってた。

お兄ちゃんはお兄ちゃんで、三兄弟末っ子で、自分より下がいなかったからか、私のことをよくかまってくれてよく遊んでくれた。

私が小学校に上がったとき、彼は6年生で、私が通ってた小学校は小6が小1の面倒を見るみたいな縦割りの組織があって、同じ登校班だった彼と私はいつもペアにしてもらえた。彼が卒業するときは、嫌がって大泣きしたくらい好きだった。前々から私は「将来は〇〇お兄ちゃん結婚する」と言ってはばからなかったので、周りの先生同級生、彼の同級生にも周知の事実で、わざわざお兄ちゃんとのツーショット担任が撮ってくれた。今でも大事にとってある。あと彼の同級生に囲まれるなかで、彼がほっぺにキスしてくれたのもめちゃくちゃ覚えている。

中学に上がってから彼は体育会系部活に入って、それまでやっていたピアノもやめてしまって、私とはあまり会えなくなってしまった。それでも私はずっと彼が好きで好きで、ピアノのレッスンが終わっても待合室で彼が帰ってくるのを待っているくらいだった。彼からすると私は年の離れた妹くらいの感覚だったようで、面倒を見るみたいな感じで接してくれた。その態度はそれから10年以上変わらなかった。彼は幼いころからとにかく優しくて、思春期特有女の子を遠ざけるようなこともなくて(これは年が離れていたから、そもそも女として見られていなかったというのもあると思う)はじめはその態度がうれしかったけれど、自分のこれが単なる憧れとかでなく、恋なんだと気づいた中1からはめちゃくちゃしんどくなった。

小学4年生くらいから恋バナとかするようになったけど、好きな人はずっと「〇〇くん(お兄ちゃんのこと、小3くらいからそう呼び始めた)」と答えていて、でも正直好きとかよくわかっていなかった。中学1年の時、彼に初めて彼女ができて、初めて嫉妬をした。中1から見た高3はめちゃくちゃ大人びていて、悔しいと思うと同時に太刀打ちできないと思った。相手はお化粧とかもして、制服も着崩したりして、今の自分とは全く違う世界の人だと思った。そしてそんな人と彼が恋人同士というのが、彼も遠い世界に行ってしまったようでしんどかった。今も覚えている、ピアノ教室に行ったら玄関の前であの二人が楽し気に話していた風景。本当にショックだった。

どうにか少しでも近づけるようになりたくて、化粧を始めたり、ファッション誌を買って勉強し始めたのはこのころだった。先生にバレないギリギリの化粧をしたり、ストパーかけて髪サラサラにしたり、評定に影響しない程度のオシャレをして、みるみる周りよりもちょっと大人びた子になった。

そしたら部活の先輩から告白された。彼が好きだったから、好きな人がいますって断った。その次は別の先輩に告白された。断ろうとおもったけど、「すぐ返事くれなくていいから、考えてみて」って言われた。断るつもりでいたけれど、そこで改めて考えてみた。もし彼がフリーになって、私と付き合ってくれたとして、付き合うってどうするんだろう?彼女ってなんだろう?デートしたり手をつないだりというのは想像がついたけれど、それ以外付き合うというのが何かわからなくて、一度他の人と付き合ってそれらを知るのもいいのかもしれないと思いなおした。タイムマシーンがあるならこの頃に戻って全力で阻止したい……。結局私は先輩と付き合うことになったが、3か月もせず先輩が卒業したのをきっかけに別れた。その頃はケータイとか持ってなかったから、連絡の取りようがなくて自然消滅した。結局、付き合ってしたことといえば一緒に帰ったり、休みに一緒に映画を見に行ってプリ撮ったり、それくらいだった。

そんな感じで経験が乏しかったので、しばらくしてまた同級生告白されたらOKして付き合ってみた。ただ私があまり受け身なのであっという間に関係が冷めてすぐ別れてしまった。それからしばらく来る者拒まず去る者追わず方針で付き合っては別れてを繰り返し、そのうちキスとかも経験した。ただ同じ学校内でそれを繰り返していると女子からの印象がどんどん悪くなるので、途中から「付き合うのはOKだけど、周りには絶対内緒にして」と言うようになり(以外にみんな素直で本当に内緒にしてくれた)またこの頃からケータイを使い始めて、他校の人とも関係を持つようになって、どんどん拗らせていった。多分影でビッチとか呼ばれてたんじゃないかな、高校生までヤッたことなかったけれど。

ピアノはずっと続けていたので、彼と会う機会はほぼ毎週あった。向こうが部活バイトで忙しくて会えないときもあった。向こうは私が付き合っては別れてなんて繰り返しているとは知らず、「学校どう?」とか「部活どう?」とか聞いてくる。彼氏の話は一切しないで、彼からの印象が悪くならないような話を色々した。受験期には勉強を見てもらったりもした。ますます妹感が強くなっていっていたが、どうしたら自分恋愛対象として見てもらえるのか当時は全く分からなかった。大体私が高校に上がったとき、向こうはもう成人してたのだ。最初彼女とは別れていたが、また気づかぬ内に二人目の彼女ができていた。確か同じサークルの人とかだったと思う。気づかない間に二人目になっていて、帰ってからベッドで転げまわった。

高校生になってからさらに拗らせて、SNS大学生と知り合い処女を失った。というか、向こうは完全に私を恋愛対象としていなくて、恋愛話を一切してこないから、それが悔しくて他の男に向かっていた節がある。今思うとSNSで知り合った人と会ってコトに及ぶの本当に危ないからやめてほしい。あとファーストキス処女も全部取っておけばよかったという後悔もすごい……。ただ、自分も女だ、努力すれば彼に振り向いてもらえるかもしれない、実際年上の男とも付き合えている、というのは自信になった。まあ定期的に「もう無理~~~!絶対無理~~~~~~~~!!!」と鬱になって別の男に走るを繰り返してはいたけど……。マジ屈託なく頭撫でてきたりするから……。ここまで拗らせるとボディタッチも、嬉しいとかより「女として見られてないんだな……」の感情の方が強かった。

転機が訪れたのは高3の時、向こうは社会人なりたてだった。大学時代彼女と別れたのだ。私は「受験勉強を見てほしい」という口実で、ピアノのレッスン後待合室に残り、彼の帰りを待って勉強を見てもらった。既に理解している数学問題をわざと「わかんない……」と言ったりして、少しでも一緒にいられる時間を延ばした。親も「〇〇先生のとこの息子さんなら大丈夫」と謎の信頼を置いていて、先生(彼のお母さん)も夕飯出してくれたり、帰りは私を家まで送り届けるよう彼に言ったりしていた。天は私に味方している。

その時つながっていた男は彼氏セフレが3人ほどいたが(全員大学生)、「受験勉強に専念したい」と言って全員切った。大学は彼と同じところを志望していた。少しでも話題を作りたかったのだ。本当はもっと上を狙えると担任に言われていたのだが、頑なに拒否した。

センターが終わったら、お疲れ様会をしようと私から提案して、センター2日目の終わりに彼に拾ってもらいファミレスに行った。そこで「大学受かったら付き合ってほしい」と言った。なんかもう少女漫画とかの影響受けまくりセリフで今思うと恥ずかしいのだが、もうここでこう言うしかないと思い込んでいた。

彼は大変困惑して、「俺社会人だし」「同じくらいの年の人がいいんじゃない?」「〇〇はまだ若いんだし、もっといい人いるよ」とかいろいろ言ってきた。私も「ずっと昔から好きだった、今まで彼女できた時とかショックだった」「妹みたいに思ってたかもしれないけど、こっちはお兄ちゃんだなんて思ってたのは小学生まで」と言い返した。そんなつもりなかったが、ボロボロ涙が出た。向こうはしばらく黙り込んだ後、「大学受かって、かつ〇〇が成人して、その時〇〇に彼氏がいなかったら付き合う」と言ってくれた。


舞い上がったが、それから向こうがものすごくよそよそしくなって、ああ、これからの2年間で諦めさせるつもりなんだな、と思って、大学合格報告をしたついでに、「絶対他の人を好きになることはないし、絶対諦めない。撤回するのも許さない。あとそれまでに彼女つくって逃げるのも嫌」みたいなことを言った。相手は「そうは言っても大学で他にいい人見つかるかもよ?とりあえず〇〇が成人するまで彼女作らないよ」と言ってくれた。

それからの2年間、たぶん一番大変だった。あまりしつこいと嫌われるかもしれないから、なるべく控えめに、でも途切れさせることなくやりとりをして、月に1度くらい一緒に出掛けた。出かける度に一世一代の大勝負くらいの気持ちで、一生懸命メイクして髪を整えてかわいい服を着た。一緒に買い物に行ったときなんかに相手の好きな服の傾向を把握し(試着に付き合わせて反応を見た)どうにか女として意識してもらえるよう努力をした。

1年生の秋くらいに彼が一人暮らしを始め、成り行きで一度だけその家に入ったことがある。そんなに広くないワンルームで、座る場所あんまりなく並んでベッドに座った。ここで既成事実を作ってしまおうかめちゃくちゃ悩んだけど、我慢した。思考回路ダメなので、押し倒してなし崩し的に持ち込めるな……とは思ったけど、そうすると彼の「20歳過ぎたら」という気持ち尊重できてないな、と思い直して。なんかものすごく生殺しでしんどくて、予定よりも早くさっさと帰ってしまった。


そして、先日の20歳誕生日を迎えた。

前々からデート約束を取り付けており、一緒に食事をした。多分私、ずっとニヤついてたと思う。仕事帰りだったから向こうはスーツだった。出会って最初に「忘れてないよね?」って言ったら「ニヤニヤしすぎ」って流された。

なかなか本題に入らずに、ずっと大学講義がどうだとか、バイト先の社員がどうだとか、当たり障りない話をずっとしてた。いつ言おう、それとも向こうが言ってくれるだろうか、その場合いつ言ってくるんだろう、やっぱり私から言ったほうがいいかな、と思ってるうちに食事が終わり、帰る前にお手洗い寄って、テーブルに戻ったら小さい紙袋が置いてあった。「どうぞ開けて。誕生日プレゼント」と言うので取り出したら、指輪だった。何も言葉が出てこなくて、あわあわしながら彼の顔を見たら「負けました」って言われた。ようやく付き合うことができた。


こうして、17年?にわたる片思いが実ったことが、もう本当に今死んでも悔いがないくらい嬉しいんだけど、ここまで私がこじらせてたことも、気持ち悪いぐらいの片思いをしてたことも、中学に上がって以降一切誰にも話してなくて、話したくなくて、でもようやく付き合えた!!!!!!!!ということを誰かに言いたくて書いた。多分これからの方が大変なのはわかってるんだけど、今はとりあえず浮かれている。

ここまで読んでくれた人ありがとうおしまい






0717:なんで今伸び始めた??タイトルから誤字っててごめん。直した。



そろそろ付き合って1ヶ月経つけど、彼が手も繋いでこないのに物凄くもどかしさを感じる。何も知らない女の子だと思ってるんだろうな……罪悪感がヤバくてたまに吐きそうになる。一生教えるつもりないけど。

でもあの時男を渡り歩いて、どうしたら好きな人を振り向かせられるのか、好きになってもらえるかを研究した……?というか学んだというか……色々試していたので、あの経験がないと今の幸せもないのか、と考えるとなんとも言えない気持ちになる。読んでくれた人も幸せになりますように〜〜〜!!

2019-06-03

急募クロワッサンの食べ方

一世一代大事な席でクロワッサンを食べることになった。

マナーに反しないよう綺麗にクロワッサンを食べなければならない。

どうすればいいのか今すぐに教えてもらいたい。なるべく今すぐ。

2019-06-01

滑落野郎のこの態度はさすがに草

昨日のブログについて

https://ameblo.jp/beecle/entry-12465252404.html



1.自分の思い通りの反応で無いと拗ねる幼稚さ

SNSで色々言うヤツ、何様なんやろ。

自分はそれだけの人間なのだろうか。

お前は何かに色々言ったことがないんか

嘘つけや

伝えたほうが良いと思って。

良かれと思って。

それは物事評価関係ない。

だってブログ書いてるが心を込めて良いこと書いたエントリより

鼻糞ほじりながら出来心で書いたtipsの方が重宝されててアクセス100倍以上ある。


お前だって受け手立場に立てばそうだろ。

「作り手が強く良かれと思っていたかどうか」とか

「作り手の善意ポイントはどれくらいか」とかで

コンテンツプロダクトを評価してんのか?

その物自体の出来やそのときのお前の気分より、作り手の「良かれポイント」を計測して常にそれにそって評価して生きてるのか?

嘘つくなって。


必死で書いたんだけどな。

それ受け手にはなんにも関係ねえから

ブログに限らず映画でも漫画でも小説でも、

作り手が必死であろうがなかろうがそれと自分の出す評価関係ないだろうが

作り手が必死であろうがなかろうがお前の好みに合わないものは好きにならないだろうが

一世一代必死さで告白したって相手がそういう気分じゃなかったり相手の好みに合わなければ振られるだろうが

お前は仕事評価が思わしくないたびに「必死でやったんだけどな。」ってスネるオーラ出してるの?

周りの迷惑からやめろよ


もう一度自分の行動を見つめ直してみる。

なーにが「見つめ直してみる。」だ。

不平不満と怒りしか書いて無いくせにそういう締め方をするなw

正直に「変な感想書きやがった奴ら転んで頭打って死ね!」とでも書く方がよっぽど清潔だわ。


お前さあ、本当にさあ、

中学生ぐらいのガキがそんなん言ってるならまあいいけど

内容や自己紹介から言ってそれなりの歳のいい大人おっさんなわけじゃん?


それが、

自分ブログちょっと面白くない反応があったからって

「ボクの気持ちを無碍にされた!」って、大概にせーよ

滑落も絵が下手なのも恥ずかしくないけどその反応は一番恥ずかしいわ

しかもそういう反応って全体の1割も無いじゃん

なんなん?

全部好意的な反応じゃなきゃダメってこと?

全部好意じゃない=お前の「良かれ」や「必死」を侮辱された、許しがたい、ってこと?


何したってどんなもの書いたって

否定的な反応なんかちょっとはつくぞ

それが許せない?

マジでガキなのかよ


俺はあの絵は必要十分だと思うし状況よく分かったけど

いろんな奴いるんだから全然わかんねえなんだこれ」っていう奴だって居るわそりゃ

それが気に入らないってか

世間がお前のお気持ちテストに満点とってくれなかったら不貞腐れるのか

お前が見つめなおさなきゃいけないことがあるとしたらその幼児性の方じゃねえか?


そうやって人の反応が満点じゃないことを論うなら、

お前の「滑落」の内容について俺からも減点ポイントはあるぞ


2.自分自身も満点の反応なんか全然出来てないのに無自覚

どんな時も常に冷静沈着な僕は、こんなときでもずっと冷静・・すぐに違和感を感じた。

「あの~、どちらへ行かれる予定だったのですか?」

はい観音滝を見に来て、ついでに山頂まで行ってみようかと」

行く予定はなかったけど、軽く行ってみようか、みたいな。

失礼だが装備や恰好からしても、経験豊富ベテランという感じもしない。

しかも僕はルート上の稜線からこの谷底手前にいる。

その僕の下の谷、落石ガラガラ危険なところから上がってきた。

もしこのまま出会わなければ、大丈夫だっただろうか?

こんな僕が言うのも何だが..........

こんなん完全に余計なことだからな?

俺がお前の家族ならここはすぐに添削して削除させるわ

山を舐めるのがよくないのは正しいけれども、

自分が滑落して助けてもらってる時に助けてくれた相手の不備の指摘は本当に余計なことだわ

1000歩譲って相手のことを純粋心配する意味で言わずにおれないということな

退院後にお礼にいったとこで

「ところで助けていただいてこんなこというのは笑われる覚悟ですが次登山をされるときは装備をもう少し…」と助言するんで十分だ。

ブログに書いてる時点でその人達心配して伝えたいという動機ではないわけだが)


滑落報告ブログに「ボクを助けてくれた年配男性二人の装備と登山計画の甘さは目に付いた」なんて書いて誰が得するんだ?

お前の厳しい「満点チェック」にお前のブログを当てはめるなら、お前だってここで40点は落してるからな?

年配男性達がかなり心広くなかったら「なんだこいつ?」って心のどっかでカチンとはくるぞ

ブログ読んでる他人だって「ばかかこいつわ」とちょっと馬鹿にして笑ってるからな?

怪我人への容赦であえて突っ込んでないだけだぞ

絵が下手wはシリアスな話にはならないから遠慮せず書いたんだろうよ(そこに幼児はマジ切れしていったわけだが)


滑落して半死半生の人を見つけて自分達の登山プランを投げ出して救助する

という相手の満身の「良かれと思って」の行動に対して、

お前は「冷静な私は彼等の装備や登山プランに感心しなかった、などとほざく」

自分に会わなかったら遭難危険があったかのように匂わせる」

というレスポンスをしてるわけだ


お前、他人様のレスポンスに対して「満点じゃない!」と不貞腐れられるほど

自分は常にレスポンスで満点取れてるのか?

年配男性達に対してはたぶん赤点からな?


それでも相手大人なら

別に満点レスポンスなんてかえってくるものじゃない」

相手にもこういうレスポンスになってしま事情があるのだろうし」

そもそもそこを期待してやったことではない」

と考えて軽く流してくれるんだよ

お前みたいにピーピー泣き喚いた挙句自分を見つめなおす。」なんてスネ坊モードに入ったりせずにな。


わかったか

大事に。

でもお前は本当にちょっと自分の了見見つめなおした方がいいな。

ちょうど動けなくて暇あるだろうからな。

2019-01-10

なくなれ、厄年

うちの研究室では毎年近所の神社祈祷を行っている。

扱っている内容がめちゃくちゃ科学なのに祈祷を行っているかはまあさておいて。


大抵そこそこ大きい神社に行くと、大きい看板がある。

厄年とか暗剣殺だとか災難が起こりやすい年についてリストアップされているやつだ。

これを見て「修士学生とかみんな厄年じゃんwww」みたいに思ってたんだけどさ。

いや、そうなんだよ。男は数えで25が本厄だし、女は数えで19が本厄だ。

24といえば大学院生なら必死こいて修論を書いているわけだし、女性に至っては18歳、ほとんどがセンターなり私大入試に苦しむ時期だ。

そういった課題を災難としてみなすなら分らんでもないし、過去に制定されたものから時代の流れで変質していったのも否定できない。

だが、彼らにとっちゃ一世一代、将来のかかった年なのだ。そんな節目の年を厄年扱いするのはあまり気持ちの良いものではない。


そして改めて調べてみたら、はじまり曖昧というか、根拠特にない民間伝承らしい。

経験則とする意見もあるらしいが、「受験」「就活」が二大イベントして根付いた今の社会システム的では経験へったくれもあったものではない。

伝承/信仰のすべてを蔑ろにするわけではないが、この風習だけは無くなるか改定されるべきだと思う。

2018-12-28

ジェリーの話

実家に住んでいた頃、猫を飼っていた。

通学路の途中の八百屋で産まれ兄弟猫を、

小学校同級生と、1匹ずつ飼うことになった。

トムとジェリーから名前を取ろう。」

一世一代じゃんけん勝負に、見事に負けたわたしは、

大変不本意ながら、そのキジトラの子猫に、ネズミの方の名前を付けることとなった。

そのネズミ名前の猫は、いつからか、

わたしが寝るとき、顔の真ん前に陣取るようになった。

そして寝つきの悪いわたしが寝付くまで、じっとわたしの顔を見つめ続けていた。

そんなわたしの話を聞いて、家族は言う。猫の年の取り方は、人間よりも早いと。

あなたが弟分だと思っていたその猫は、いつの間にかあなたの年齢を超えて、

 兄貴分として、あなたを見守らなければ、って考えたんじゃないかしら。」

猫は、温かかった。わたしは、寂しくなかった。


パパが家出しました

父はもう、母を見守ることはないのだろうか。

母はもう、父の温もりを感じる事はないのだろうか。


願わくば、もう一度、母にあの猫の温もりを。

決して裏切ることのない、あの優しさを。

2018-12-25

anond:20181225091919

カミーユより変わってしまったハマーンティターンズの横暴がメイン

「まだ地球で消耗しているの?」が逆シャア理由で、一世一代の賭けだから

2018-12-11

anond:20181211111538

セックスの為に結婚じゃなく、セックス大事にしすぎてる女多すぎ問題でしょ

よほどの理由がなきゃ人間なんてセックス特化型に出来てるんだから、他の面倒事で同様の快感得るより楽でしょ

そりゃセミカゲロウくらい一世一代なら分かるけどさ

ちょうどいいブス、もっと増えろ~

なんかさ、「自分もっと大事に!」とか言って、美人もブスも身持ち固くなって糞つまんなくなった。頑張るのは男性ばっか、てめぇみたいなブスな白雪姫王子も素通りだわ

ちょうど良いブス、言葉だけ見ると「理想を下げて、手軽にやれる、都合の良い女」って感じ。男もこういう女性大好き。でも、女性コンマでブチキレ。なんなの?核融合

もちろん男にもAVエロ漫画エロゲーを信じて、それを実行しちゃう馬鹿は居ますオタクに多いのも事実だけど、むしろ女性に困ったこと無いイケメン高学歴高収入女性が狙っている物件にも数多くいるよ

そんな馬鹿無茶苦茶されるのは男側からも可愛そうだと思う。ただ、その自衛のために、美人もどブスも身持ち固くなるのは駄目。トランセルかよ。鍛えるのは防御力じゃない、観察眼。眼の前の男性あんたをどんだけ大切にしているか

一緒に遊びに行って、気遣い何一つ無い男がベットの上では紳士とか無いし、車道側を歩いたり荷物持とうかする男性ベットの上でブッカケ要求してくることもまず無い。イケメン金持ちだと分かりにくいかも知れないが、金で喜ばせようとしてくる系は大体は後背位で尻叩くような奴。金払って第3者にサービスさせて自分笑顔なだけな奴

とにかく女性シビア男性を見極める力を養って欲しい。面倒だから最初からヤル気無いとか勿体無いし、その結果売れ残って大して魅力も無くなった頃に「仕事出会いが~」とか後付の言い訳結婚焦るとか馬鹿でしょ。男を見極める力も養わず自分が定めた日本新記録並みのハードル自力で超えてきた男にだけ、Hするか考慮してあげてもいいかな?という世界松岡茉優ローラしか許されない行為を、男性100人中45人くらいが可愛いかな?って思う顔面をしている女性がしているんだよ

ハードルを下げよう。その分自分で見極めよう。良さそうな男とはHをしよう。自分判断が正しければ相手ちゃん避妊する。しないならちゃん拒否れ。Hはスポーツとは言わないけど、一世一代の大作業でも無い。自慰二歩先程度の行為だよ。それに男だって自分の出来うる限りの思いやりを与えてヤラせてくれないなら別を探します。お互い縁がないなら無駄時間過ごしたくないでしょ。中条あやみみたいなスタイルでも無いくせに、思わせぶりな態度で長い間思わせぶりな態度をさせる権利あなたにありますか?最低限ダレノガレ明美くらいの顔か?ガリットチュウ福島じゃないか

ヤリマンビッチじゃなく、男女共に流動性を高めれる女性。それがちょうどいいブスだと思う。ちょっと今はコスパ最悪のブスが多すぎ。でもコスパ最悪のローラは大好きです。もっとコスパ悪くても良い、だってローラだもん。あの顔なら許せるでしょ。男ってそういうもん

追記

やっぱ日本セックスって未だに特別ものなんだね。

本当に相思相愛になってやっと出来る物だからビッチ風俗嬢AV女優は理由なく叩かれるし、プラトニック恋愛が好まれて、草食系が喜ばれ、ロールキャベツだったらトコトン怒られる。みんなウブ過ぎ!

2018-12-01

今年のフェミは何やってんの?

東京医大女子差別が明らかになった時、多分近年で一番フェミニズムが湧き上がったよ。

なんせ「女性差別」が存在していることが公的に明かされたのだからしかもこんなあからさまで醜悪な形の。

それに乗る形で、様々な企業大学女性差別を呟く人達がいた。

フェミニズム信頼性を上げ、女性差別存在を明るみに出し、それに抗議する流れを作る一世一代のチャンスだったんだよ。

それがなんだ?

キズナアイラノベ

そんなどうでもいいことで戦争してフェミの評判を落としてるんじゃねえよ!下らないことでせっかくのチャンスを潰しやがって!

キズナアイのことがこんなに燃えたのはオタク側の過剰反応失言もあったけどさ…東京医大だって青識やらテラケイどもが擁護してたけどさ…

それでもどっちがより重大事か、火を見るよりも明らかだろ。

もっと世間に対して戦略的になってくれよ…

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん