「後者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 後者とは

2018-11-21

「超」って言葉厄介だな

超える っていうover意味

超 っていうsuperの意味がある

 

1.00を超えて1.01だとしても超だし

1.00を超えて100でも超だし

大体後者想像すると思うけど

2018-11-20

anond:20181120154039

後者に「保育園落ちた日本史ね」書き込みも含まれてるせいで増田パブコメサイト勘違いしたゴミ大量発生した功罪はあるわな。

民主主義にとってこんな過疎った増田しか頼るものがないのが本当の危機だしやはり元増田は変なこと言ってるとしか言えない

政治に遠ざかる人が多い理由をつれづれなるままに(自己満足考察)

結論から言うと「政治に関わると問題を起こすような人間になる(と世間一般が思っている)から」じゃないかと思う。


桂秀光とかいうアホの選挙カー騒動政治家のキチガイさの欠片が露出したが

そいつが暴れる前から政治に関わる人間キチガイさはもういろんな騒動スキャンダルでわかりきっている。

ていうか問題を起こす前に露骨キチガイなのがいたりする。死体蹴りするわけではないが、又吉イエスとか。

そもそも人類歴史政治関係してきた人には人間社会前進させた者もいるが、とんでもない黒歴史を作り上げた人間もいる。

後者はもちろん皆さんご存じのヒトラーが該当する。

北朝鮮金一族も該当する。現在進行形ヤバイことしかしてない。あとトランプもまあ似たようなものか?


政治家じゃなくてもやれ右翼左翼ネトウヨネトフェミだと

何らかの思想に染まっている人間同士がひたすらネットでもリアルでもぶつかり合っている。

ぶつかり合いで言うなら国会なんてヤジが止まらない、ディベート的なまともな討論になってすらいない「戦場」だ。

そんなのはたから見てたら「うわ…」と引くしかあるまいて。争いは第三者から見たときが一番醜い。

日本じゃそもそも政治関係する話をすること自体タブー一種から余計政治関係する人はイロモノに見えてくる。

ていうか政治の話がタブーな時点で日本政治関係するヤツはキチガイっていう持論がいつからか出来てきたように思えてきた。

政治経済くらいは結構ニュースを見るのにタメになる情報が多いし学習しておいて損はないとは思うが、ここまで政治関係キチガイが多いと

学ぶ人がいなくなっていくのは当然だろうなあと思ってきた。政治経済で受験できる大学って少ないしね…

2018-11-19

買春した

ひどい気分だ。

何の気なしに出会い系サイト登録してみたのが昨日。数時間前に、近所で相手募集しているという書き込みを見つけた。プロフィールには某国出身と書いてある。連絡を取ってみると「私のところで苺」だという。まあそんなところだろうと予想していたし、苺ならそう高くもないと思ってOKした。

これが初めてではない。これまでにもいわゆる円で一人、援デリで一人を買ったことがある。しかもそのたびごとに、相手と顔を合わせたその時には、私の心はすっかり冷え切っているのが常だった。興奮しないし起たないし、肌を合わせている間はずっと罪悪感があってセックスどころではないのだ。

罪悪感があるなら買うなよ、という指摘は正しい。だが、私が罪悪感という言葉でもって、警察の世話になって社会的生活喪失することへの恐怖や警戒感を表現している、などとは思わないで欲しい。確かに、この日記をこのネカフェから投稿したことによって私が警察の世話になる可能性を思うと、それは恐ろしい。だが私が本当に恐れている事態は、私という一人の人間が、金銭という手段でもって、これまた一人の人間身体を、ひいてはこれと不可分な精神を、人格を購入することによって商品たらしめ、売春者という属性を着せる--そもそも誰かが相手を買わなければ相手は決して売春者ではないのだ--このような非人間的行為を、私という一人の人間が為せるということ、じっさい為したということなのだ。

話を戻そう。サイトでやり取りする限りにおいては、きわめて自然日本語メッセージを送ってくるので、それなりに日本慣れした人物なのだろうと予想していた。指定されたマンションの部屋に入ると、なるほど提示された写真通りの人物が現れたのであるが、なんとろくすっぽ日本語を話せない。つまりサイトで客を誘い込む仲介者がいて、その仲介者が売春者に客が来ることを連絡しているのだろう。あるいは話に聞くマントル。とても21世紀とは思えない商売が繰り広げられていたわけだ。

もっとも、当時現場にいた私はこのようなことを考えてはいなかった。上で罪悪感が云々という話をしたが、これは今の私がそう考えているというだけのことであって、当時の私はといえば、どうも話が上手すぎるので何らかの物騒な方法で金を巻き上げられるのではないか、などという不届きな警戒心を抱いていたに過ぎない。この事実がまた今の私を滅入らせる。こんな口先だけの人間が、人格だとか何だとか小難しい綺麗事ペラペラと喋っているのである。言行不一致もいいところなのだ

実際に事に及ぶ運びとなったものの、互いに気持ちのないセックスなどろくなものではない。刺激の結果として精液が出てきておしまいである。性ホルモンがどうこうなって、脳味噌反省の方向に傾いて、今この記事を書いているほうの私になる。おや、結局のところ今の私だって身体の働きの関係でこのような気分になっているだけかも知れないではないか。あるいはもっとひどくて、満足にセックスもできない自分が不甲斐ないだけかも知れないではないか。私がそのようであるという可能自体が相当に不甲斐ない、情けないものだ。

万事こうだ。何か悪いことをした、しかしもしかするとその罪悪感は一切 倫理的ないし宗教的根拠を持たないかも知れない、そしてこのこと自体が悪いことなのだが、その上さら後者の罪悪感自体がまたも何の根拠もなく、すべては純粋身体還元されてしまうのかも知れない、云々。

anond:20181119103221

心理学防衛機制でいうところの「投射」の場合

社会学でいう処の「ステレオタイプ」の場合がある。

前者の場合は本当に自分思い込み相手に押してつけているだけということになるが(それは自分の心の安定に必要からだが)。

後者場合普通に社会を回すのに必要行為ヤクザっぽい人が実はいい人かもしれないからざっくばらんな態度で行ったり、老人っぽく見えるけど思い込みかもしれないから席をゆずらないとか、そんなことをしてどうする? ステレオタイプに従って、ヤクザのことは怖そうだと思っておくのが正解。怖そうだと思わせてくれるのがステレオタイプという人間に備わった仕組み。

しか投射ステレオタイプを厳密に区別するのは難しい気がする。

思い込みで十把一からげにするな、というのも判るが、完全にそれを無くせってのもまた暴論であろう。

anond:20181119083608

使えば減税を併用する分には良いと思うが。

設備投資研究投資バンバンする企業は金を回すからいてほしいが、金溜め込んで景気を落とすだけの企業は景気を悪化させるからいらんわけだし。

あとさ、税金高くて儲かる国と、税金安くて不景気の国では間違いなく前者に行くぞ。後者そもそも投資した金がそのままパーになる懸念が高いわけだからな。

日本は間違いなく後者

2018-11-18

anond:20181117113030

増田は何やっても自信がつかないという人の存在が見えないのかもな。

それと、自信があるタイプにも、生来とりわけ根拠もなく自尊感情が高いタイプもいれば、継続的に火をくべ続けることでようやく自信を維持できる人もいる。

後者については元々の才能に依存してることが多いので、合わない環境でもがき続けると全てに自信をなくしたローカルミニマムにはまり込むこともある。そしてその状態が続くと学習性無気力状態に陥る。

増田はどっちかというと、継続的努力で自信を維持する後者タイプに見えるけど、そうだとすると努力はもちろんだけど才能や環境や運にも恵まれてるってことだと思う。

anond:20181118083349

そんな商売って

「オシャレーで、高価で、男性お断り雰囲気を出してる店」か、「女性専用を掲げてる牛丼屋」かどっち?

後者荒らしに来られるっていってるっしょ?

女性専用車両増田電車賃がなんだかんだ安価から存在できるのであって、特急グリーン車の1/3ぐらいの領域女性専用とかなら入っても来れないよ。

2018-11-17

百田尚樹の本に参考文献がないとかそういう話

はじめに書いておくと、『日本国紀』がデタラメの塊なのはかれの書くノンフィクションデタラメだらけなのを見ていれば容易に予想がつくことで、『日本国紀』がデタラメだというそ結論に異議を申し立てるつもりは毛頭ない。あんデタラメ本をわざわざ読み込んで批判されている識者の方々には心から敬意を表する。

だけど、ちょっと待ってほしい。参考文献がないという話だ。いや、参考文献が大事なのはわかる。研究書に参考文献がないのは論外だ。そして『日本国紀』にも参考文献が書かれていないということで、こんなん歴史書としてありえないとかさんざん言われている。『日本国紀』がクソなのはよくわかるのだが、参考文献リストがないからクソとか言われてしまうと非常に困惑する。

なぜなら、現に「参考文献が書かれてないけど、良い一般向けの歴史入門書」というもの存在しているからだ。

ぶっちゃけて言うと岩波新書で出た入門書の類である中公新書講談社現代新書最近「もう選書でやれよ」と言いたくなるくらいに参考文献リストを充実させており最近だと本文中での典拠明示もバッチリやっていたりするが、岩波新書は参考文献を載せていない一般向けの歴史の本というもの継続的現在に至るまで出し続けており、その内容がデタラメというならともかく出版から時間が経っても良質な入門書として評価され得るようなものだったりする。

百田批判したいあまりに「参考文献がないなんてありえない!」と言われると、過去岩波新書出版され私を現在研究分野に導いてくれた良書の数々が肩身の狭い思いをするので、もうちょっとこうなんというか、手心というか……。

参考文献は、当たり前だけどあった方がいいに決まっている。仮に知り合いが「これから一般書を書くんだけど、編集さんから参考文献は削ってって言われちゃった。どう思う?」って言い出したら「いや編集とバトルしてでも参考文献載せろよ」って言うだろう。だがもう出ちゃった本に対しては「良い本だけど、参考文献があればもっと良かった」としか言いようがなく、百田の本を叩きたいあまりに参考文献リストがないなんてありえないとか無価値だとかそんな言い方をされると、気持ちはわかるんですがそれはちょっと賛同できないっすね……とボソボソ呟くことしかできなくなってしまう感があり、あれだ、みんなもっと色んな本読もう……

本論とは違うが、ちょっとだけ言いたいこと。

参考文献は必要だが、「巻末参考文献リスト」はなくてもよい。あった方が便利なのは確かだが、本文中に典拠が明示されていれば、紙幅を気にして削ってしまってもよい。文系場合、参考文献を示すのに色々な表記方法が有り得るが(MLA styleとか)、脚注書誌情報を記すやり方もあり(具体的にはシカゴスタイル見てもらった方が早いかhttps://www.chicagomanualofstyle.org/tools_citationguide/citation-guide-1.html )、この方式場合参考文献リストは「あれば便利」という位置づけに過ぎず「必須」ではない。いやもちろんあった方が便利ですよあった方が。でも脚注だけでも「典拠を示す」という最低限の役割を果たし得る以上、紙幅が足りないねじゃあどこ削るとなったときに真っ先に参考文献リストを削るだろうなと思う。別にこれは日本語圏のみのルールではなく、英文査読誌でも脚注典拠を示させるスタイル場合は参考文献リストをつけない場合が多いんじゃないかな(author-date方式場合は当たり前だけど参考文献リスト絶対必要です)。たとえばこの雑誌https://www.tandfonline.com/action/authorSubmission?show=instructions&journalCode=fnep20脚注スタイルなので参考文献リストつけません。甚だしい場合書籍からも参考文献リストを抜くことがある。いやほんと参考文献リストをつけてほしいのだが、しかし出典表記義務はきちんと果たしているので、問題は単に「チェックしづらい」というだけだ。なのでめんどくせーと思いながらも注を丹念に辿って出典チェックをしたものです。ちなみに日本で出た一般書の話ではなくハーバード大学出版から出た英書の話なので誤解なきように。出典注とfurther readingはついてるけど引用文献リストはついてない、というのも見るな(MazowerのDark Continentとか)。

「巻末に参考文献リストを置いていない」ことと「いっさいの出典表示をしていない」は文系においてはまるっきり別の事柄であり、「参考文献がないのは駄目」という言説が後者意味で言われているならいいのだが前者の意味で言われているのならそれは明白に間違いなので勉強し直してほしい。いやだって文系研究書を乱読していれば絶対に「注で参考文献を表示しているけど、巻末に文献リストはない」本に一定数行き当たるでしょ……?(あー、社会学文化人類学のばっかり読んでたらそういう本には当たらないかも。文学とか歴史学とかだと稀によくあるんだよなー)

あと、新書とかエンタメ路線に振った本とかで注がないのは許せるのだが、ほぼ研究書並の分厚い本を書いておいて注を省くのは本当にやめてほしい自分の専門からは遠いから名指ししておくと最近出たやつだと『アイルランド革命1913-23』とか『ドイツ植民地研究』とかですね。新書とかは学識の折り詰めやエッセンスのようなものなので厳密な出典注を省いても別にいいというか対象読者が違うし……感もあるのだが、この厚みでこの内容で出典注ないのは勿体ないし価値を下げてしまっている。いやもちろん両方ともきちんと緻密な参考文献リストをつけてくれているのである程度は出典の見当がついたりするのだが、このボリューム、この内容で注なしは流石に……これなら、注をつけて文献リストを省いた方が100倍マシだと思う。だってどこを参照してるかわかんないじゃん……いちおう言っておくと英語圏でもこういう「なんで! この厚みで! この内容で! ちゃんと注をつけないの!」という本は存在するので日本文系ガラパゴスだとかそういう話を始めないようにね。でも注を省いてこのお値段なら注をつけたらいったいおいくら万円になっちゃうの……? というのも一方で思ったりするので難しいところなんだよな。ただでさえ日本語でも英語でも学術書は高いのにねえ……

2018-11-16

anond:20181116204436

その人たちはクズだよ、人格的には。

なんでもできるけどやらないクズ自分のできることをやる誠実さとで後者政治には必要

結婚直後や子供が生まれ社員査定は低くつけるべきである

会社資金は限られている。

社員全員の待遇をそれぞれの望み通りにすることはできない。

それならば高評価をつける社員、低評価をつける社員で分けられるのは仕方がない。

では、誰に高評価をつけるべきか。

年長者か。

成果を出している者か。

違う、「低評価をつけたら辞めそうで、辞められたら会社が困る社員」だ。

こういった社員は手厚く保護しなければならない。

ではその厚遇をどこから捻出するか。

それは、「辞めても困らない社員」と「低評価をつけても辞めそうにない社員である

前者は言うまでもない。

鍵となるのは後者だ。

その会社にとっては有能でも、転職しなさそう、あるいは転職がうまくいかなそうな社員というのはいる。

そういった人たちの査定を抑えることで、費用を捻出するのだ。

では、「転職しなさそう、あるいは転職がうまくいかなそうな社員」とは具体的にどういう人かを挙げていく。

結婚したばかりの人

子供が生まれたばかりの人

・家を買ったばかりの人

・欲がなさそうな人

・その会社にあっていてもクセが強い人

こういった人たちはちょっと評価が低いくらいでは辞めない。

こういう人たちを見定める能力も、ビジネス感覚というものなのだ

2018-11-15

anond:20181115231504

いや拡散効果的だとかそういう量的な話じゃないんだよ。

「(わたしとしては)その表現問題があると考えるので放映の自粛を求めます」ってのはあくま個人だけど「みんなでこ表現自粛を求めようぜ」ってのは、個人じゃなくて、組織化でしょ? 前者は個人意見個人の責だけど、後者ってのは大げさに言えば「運動組織化」であって行く末は「圧力団体としての名乗り上げ」なわけよ。発言方向性も質そのものも違うでしょっていう指摘だね。

から後者運動組織としての責任要求されるでしょ? って話。それがどんなに稚拙な萌芽であっても「みんなで」っていう呼びかけにはそれだけの責任が伴うんだよ。少なくとも俺はそう思う。

anond:20181115185121

SOVとSVOだと、やっぱ後者のほうが合理的思考に長じているのかな。

anond:20181115182908

フェミたたきって「フェミを叩く声」(対象フェミ)ってこと?「フェミ対象を叩く声」(フェミ対象、今回はキズナアイオタク)って事?

いやあれは自称AIで、それが明示されてないの理科系IT系からみておかしいって声がフェミたたきにかき消されてたけど、もののわかったオタクさんからするとどうなんの?

最初フェミたたきの声は後の文からして後者とわかるけど、ここの文章は何を言ってるかよくわかない。

キズナアイ自称AIです。理系IT系はそれがわかるので明示はされていません。フェミたちがそれを理解した瞬間に(前の文章機械洋服選択権はないのかという声が)かき消されたけど、最初からキズナアイのことをわかっていたオタクからするとどうなるの?」

って意味かな?どうなるのっていうのがよくわからないけど…。

どうなるの?が、オタクからはどういう風に映ってたの?という意味なら、フェミさんリサーチ不足ですなぁってだけだね。

anond:20181115150256

文化祭って興味ありそうな奴もなさそうな奴も混ざってるから後者だけにアピールしてるとは言えんだろ

anond:20181115122120

熱心な固定ファンがついていてエロ同人が少ないようなジャンルもあれば、

流行った一瞬だけエロ同人出されてすぐ忘れられるようなジャンルもあるよね。

そういうジャンル同人誌は、描いてる方も毎回同じ内容のテンプレエロしか描かないような人で原作乖離してたりするし

読む方も原作知らない人が大多数だったりして。

後者同人を好むのはその作品オタクと言うより単なるエロ厨なんだよな。

でもそういうのの人数が多いから、そういう同人誌が売れる。

(下手すりゃ買いすらせず、ネット無断転載された同人読んでるだけってのも多そう)

彼らも恐らく、本当に好きな作品エロ同人にされたら不快になるんだろう。

どうでもいい作品から原作無視テンプレエロ同人にされてもどうでもいいわけで。

anond:20181115095837

努力したら「努力しなかった自分仮想)」には勝てるし、努力しなければ「努力した自分仮想)」には負ける。

これは、努力すれば「勝利感(仮想)」を得て、努力しなければ「敗北感(仮想)」を得ることを意味している。

ゆえに、前者が後者に勝るか否かは、結局のところ「仮想(の勝利・敗北)に価値を認めるか否か」にかかっている。

よって、これは単なる宗教論争である。(Q.E.D

anond:20181114110348

幸せをことさら強調する人の中にはホントハッピーな人と実は辛いんだけど今の自分幸せなんだと思い込みたい人が混在してるイメージ

休日に「今日は○○をした!」って趣味してる画像を貼り付けてツイートしてるのは後者によくあるケース

2018-11-14

増田の言いたいことをわかってないバカが多い

>atsushimissingl そういう言い方したら、イケメン特撮ヒーロー女性性的消費されてるし、熊みたいなぽっちゃりおじさんもゲイ性的消費されてたりするし、なんだったら馬とか車の排気口とかもそういう対象になるし、人間は愚か

かにそうだけど、そういうことじゃないんだよ。

イケメンヒーローぽっちゃりおじさんと同じ属性の人、つまり男性は道歩いていて痴漢盗撮しょっちゅう逢いますか?「惨事のブスwww」などと言われますか?「○〜ん」とか性器呼びされますか?

二次元美少女オタクの崇拝の対象であると同時に弄りと称して貶められる対象でもある。田井中律はブスと言われたし、かれんさんはキュアババア呼ばわりだ。後者に関しては、それを知ったプリキュア好き女性にショックを与えても不思議じゃない。

二次元美少女がオナネタにされブス、ババアと貶められているのと、多くの、美少女ではない「惨事の」女性性犯罪に逢いブス、ババア惨事、○んさんと貶められるのとは、多かれ少なかれリンクしている。

後者オタク関係ないとは言わせない。オタク巣窟ニコ動まとめサイト女性蔑視で溢れている。

例えは悪いが、最近韓国反日話題だが、もしも韓国日本人キャラクターが「ファッキンチョッパリ!」と貶められ、そいつ原爆で殺す同人誌流行ったら、「二次元の話」なんて割り切れないんじゃないか?(たとえばの話です。日本人韓国人逆でも良い)

>tomoya_edw お前が傷つくからなんだっていうんだ。他の人全員の傷つくを何とかしてくれんのか?お前は他人の受け止め方全てを規制しないと気が済まないのか?なんて恐ろしいことを考えるんだ。

増田は「規制しろ!」なんて言ってないんだよ。ただの個人的な願望、吐き出し。それを「規制派!お気持ち!」と責め立てたら反規制派に転向するとでも?

規制しろゾーニングしろとは言わないから、せめて知ってておいてもいいんじゃないかね。

anond:20181112014205

anond:20181114102921

例えば長崎事件とかhttps://dic.nicovideo.jp/t/a/長崎事件

痴漢冤罪にあったと訴えて裁判無罪を勝ち取って痴漢冤罪被害者ネットワークを立ち上げ冤罪被害を訴えてテレビにも出まくってたけど盗撮逮捕された

意味不明

「A事件冤罪」と「B事件有罪」はイコールではないし、後者存在は前者の正しさを証明しない。

この前の痴漢死亡事件ネットマスコミ加害者擁護被害者バッシングが酷かったけど女性にかけられた液体と痴漢の所持していた液体が一致

「液体が一致」=「痴漢」って意味不明。その故意性をどうやって証明する?

こんなご時世で、「うっかりかかった」っていいだせると思うのか?

2018-11-13

森田ほとり(25)の人生選択の時

今日ちょっと個人的なことを書こうと思う。まぁいつも個人的なことだけど。

目的は書き出すことでの整理。それに付随して派生するかもしれないけれど、今は控えておく。

私は現在25歳。性別は女。

都会の大学卒業後、地元Uターンして就職した。

付き合っていた彼氏(まぁ今も続いているのだが)がいたが、大学私立だったので親孝行のためと、やっぱり地元が住みやすくて好きだったので、めでたく遠距離恋愛となった。

この彼(けいし君といいます)は、同い年で同じ学年だったのだが、1年休学留学をしていたので、卒業は1年遅れ。まだ学生

まぁそんな感じで地元企業営業として働いていたのだが、半年で辞めた。

辞めた理由はいろいろあるような気がするし、全部書くと長くなるのでやめておくが、一番大きな原因は

「生きることが面倒になったから」。

大学3年くらいからこんなことを考えるようになっていって、ついにそれが爆発した感じ。

この時私は本当に死のうと思っていた。

鬱だったのかと言われればそんな感じといえばわかりやすいかもしれないが、精神科先生には鬱なんて診断もらわなかった。

(時期はずれているが二人の先生に診てもらった。一人目は「また死にたくなったら来てください」と言われた。二人目の先生には安定剤睡眠導入剤を処方してもらった。)

やりたいこともわからないし、何を指針に、何に向かって生きていけばよいのかわからないし、生きる意味なんてわからないし、生きるのってとても煩わしくて面倒だな、と思った。

けいしには話をしていた。彼はもちろん私を助けようとアドバイスをくれたが、当時の私には何の救いにもならなかった。今になってみれば、彼のアドバイスが間違っていなかったことはわかるのだが、生きることに面倒になってしまった私は、自分の現状から抜け出す意味も、そんな気力さえもなかった。

多分、彼はそこをわかってくれていなかったのかもしれない。聞いてないからわからないけれど。

そんな感じだったのだが、まぁいろいろあってまだ生きている。残念ながら自殺未遂もしていない。

単に逃げたかっただけなのかもしれない。

親とか、兄弟とか、彼とか、友達とか、会社とか、そういった社会のつながりから

こうしてまたそういうつながりに戻ってきているのだが、時々逃げ出したくなる。

とりあえず話を先に進めよう。

そして職を失った(自発的に辞めたんだから、失った、てのは変な感じもするが)私は、少しだけニートになった。

それから遊ぶ金欲しさバイトを始めた。

お金はないけど時間はある中で、自分と向き合って、何に興味を持って生きていけるのかを探る期間にしようと思った。

私には、趣味らしい趣味も、好きなこともなかった。得意なこともないし、自分には何の価値もないと思っていた。あ、これは今も変わらないか

何もない自分が、どうやって価値を生み出してお金を得て生きていけばいいのかわからない。

世の中の人間なんて、自分価値がないなんて思っている人はたくさんいるはずなのに(だからあなたには価値がある」って声高に叫んでいる人が人気を集める)、みんな何がしかお金を得る手段を持って生きていけてる。そうなるにはどうしたらいいのか、どうして誰も教えてくれなかったんだ。

夢はあった。パティシエになりたかった。

そんな中で、私の中で価値があって、人生の指針になってくれる人が一人だけいた。彼だった。

付き合いも長くなっていく中で、自然結婚意識し始めた。

アルバイトを始め、ニートからフリーターとなった私は、もうひとつジュニアスイミングスクールのコーチとしても働き始めた。こちらもアルバイト。泳ぐことは昔から好きだった。子供はそんなに好きじゃなかったけど、かわいかった。1年ほど勤め、やっと慣れてきて、もっと勉強せにゃあ、と思っていた時だった。

から同棲の話を持ちかけられた。

もともと2人で、結婚の前に同棲したいよねという話はしていた。

そして遠距離が始まって2年。お互い遠距離に疲れてきていた。

でも、時期が悪かった。話を持ちかけられたのは夏だった。せめて年度末までスイミングスクールコーチとして働きたかった。

そしたら彼が言った。

「今すぐ来てくれなければ、別れる」

普通に考えたらありえない。これがもし私の友達の話だったら、私は間違いなくそんな彼氏殴ったれ、と言うだろう。

しかも彼はまだ大学生だったのだ。卒論を期限内に書き上げられず、ゼミの出席日数が足りず、卒業できずにいた。休学しながら自分バイトをして学費を貯めて大学に通っていた。

そんな生活を続けていくうちに、大学卒業する意味がわからなくなってきたと言っていた。

彼のことが好きなのか問われると、正直今はよくわからない。

私は好きじゃない人ともセックスはできる。生理的に受け付けない人とか除いたら、そりゃずっと一緒にいたら愛とか情とか湧くんじゃないの?

今の彼が例外かと言われたらよくわかんなくなってきた。

そんな奴だったが、私の人生においては一番大切にしてきた人だった。私の羅針盤だった。彼がもし死んでしまったら、私も間違いなく後を追って死んだだろう。

そんな人の言うことだから、私はこの条件をのんだ。

…私は彼に流されすぎなのだ。仕方がないことではあるけれど。

私は彼を完璧人間だと思っていた。(あほちゃうか、と思うだろう。私もそう思う)

彼の考えを聞くと、一見理論立っているように見えるのですぐに納得してしまう。私の悪いところだ。

私自身が彼を完璧人間だと思って、すがっていたかったのだ。

お互いの両親に挨拶をした。彼の両親は自己責任でどうぞ、と言ってくれた。私の両親(特に父親)には反対された。でもその反対を押し切って、同棲を始めた。

アルバイトは両方辞めた。

私の人生2度目の就職活動が始まった。

私が前職の営業を辞めてすぐ就職しなかったのは、前述した通りやりたいことを探したいから、ということと、もうひとつ理由があった。

自信がなかった。

正社員という立場で、アルバイトより責任ある立場で、仕事を続けていく自信がなかった。壁にぶちあたったら、また「死にたい」と逃げるのではないかと思った。逃げない自信がなかった。

でも、状況は変わった。これから家賃も食費も水道代も電気代も全部払っていかなくてはならない。

人は働かないと生きていけない。自給自足不可能ではないが、現在システム自分ができることでお金を稼いで、そのお金で誰かが代わりに作ってくれた野菜を買うというものになっている。賢い生き方だと思う。でも、その働くというハードルは、おそろしく高い。

いや、私が高くしているというものもちろんある。バイトでもお金は稼げるし、私がしたくないと切り捨てている仕事もたくさんある。

だけども、やっぱり高い。

転職では即戦力が求められ、半年営業経験責任感がなくて楽だと思いながらやってきたアルバイト経験だけでは、何が即戦力になるというのだ?

まだ、見いだせていない。

そもそも志望動機聞かれても答えられない。

やりたいこと?3年近く探してもまだ見つからないんですが。

本気で探してないだけかもしれない。でも本気で探す理由がわからない。

死亡動機なら答えられるのに。

けいしに流されて生きてきた人生だな、と振り返って思う。

流されてきた、というか、私の判断材料に常にいるな、こいつ、と。

そう思ったので聞いてみたのだ、彼に。

お主の人生判断材料に、私はいるのか?と。

そしたら、いない、って返ってきた。

そういう考えをしていた時期もあったけれど、そうすると、ちゃんとした仕事に就いて、養っていけるという状況を作らないといけない。それじゃダメだと。丸くなってると。

前に二人で言ったよね、お互い自立して、それぞれが見てきた世界を共有しあえたらいいよね、って。

お互いなにがしか武器を持てたら、二人で協力した時、お互いの欠点カバーしあえて最強だよね、って。

そう、言われた。

正直、私はショックだった。

私はけいしがちゃん大学卒業してちゃん就職して、私を養えなくてもちゃん収入を得て、そして結婚して、子供ができてお金必要になってもちゃん暮らしていける。そんな未来を思い描いていた。

だってもう25だ。そろそろ子供産んでおきたいのが正直なところだ。まだ全然子供を育てられるような人間じゃない。そんな人間できていない。育児ストレス自分の子供に暴力振るう自信だってある。(そんな自信はいらない)

だけど、そろそろ、そういう時期だって思ってた。

同棲始めたし、同棲長期間するつもりもないし、いずれ近々籍も入れるだろう、と。二人で同じ未来を思い描いて、お互いがお互いの人生責任を持ち合いながら生きていくのだろう、と。

そろそろ、ちゃんとしてくれるのだろう、と。

その反面、けいしの言うこともすごくよくわかるのだ。

お互い自立して、自分人生責任自分で持つ。だけれども、パートナーとして、一緒にいる。助け合う。お互いの見てきた世界を共有しあう。人生2倍。

なんてキラキラしていて、楽しそうなの、と。

どちらを選ぶかは、私たち二人次第だ。

ただ、もし後者を選ぶなら、レールから外れて生きていくことをきちんと自覚しなければならない。

(まぁ正直すでに外れている二人だが、まだ修正はきく位置はいるだろうと思っている)

現在経験資格目的もない私が就職活動に難航している。

転職アドバイザーの人からは、これ以上非正規を続けたら、正規になるのはとても難しいだろう、と言われた。

その道を突っ走るのか。

けいしの将来だって保障されたものじゃない。向こうが稼いできてくれると思ってはならない。

子供を作れないかもしれない。

でも、人生謳歌できるかもしれない。

いつか後悔するかもしれないが、やりたいことやりたいだけやって死ねる。

そもそも私はこの道を選んでどうしようもなくなって死ぬしかなくなってもいいのだ。だっていつ死んでも一緒なのだから

長くなりましたが、そんな感じで人生選択の時なのです。今。

年上の人にこういう話をしたら、みんなレールに乗るように、って言ってくる。

それが「正解」だからですか?「賢い生き方」だからですか?

私より長く生きているから、視野も広いだろうし、知識もあるだろう。”知り合いにこういう道を選んで失敗した人がいるから、私にはそうなってほしくない”とアドバイスしてくれてるのかもしれない。

でも、自由に生きている人も少数ながらいる。多分その繋がりで、ホームレス若い男の人が結婚した、なんて話も聞いた。

こういった少数派の人たちは言う。普通大人意見を求めるな。普通になるようにアドバイスしてくるはずだ、と。なりたいものがあるなら、それにもうなってる人にアドバイスを求めよ、と。それは確かにそうだよな、と思う。

少数派で生きていくなら、覚悟必要だ。

でも、それが自分が心から求めているものならば、叶えられるんじゃないのかな、とも思っている。

とりあえず、けいしと話をしなければならない。

お互いにお互いの人生を、と考えている彼は、自分の思いを聞かないと話してくれないし、わざわざ私の相談にも乗ってくれないのだ。

ほとりの人生は、ほとりの生きたいように生きればよい、と。

私は本当にこいつに一生付いて行ってもよいのだろうか。

今ならまだ、地元にいる銀行マンセフレが、嫁にもらってくれるんじゃないだろうか。

2018-11-12

あの日administrator1974を雑魚呼ばわりした奴

administrator1974が誹謗中傷理由にBANされたらしい。

もう魚拓読んでもコメント欄は見れないけれど

https://web.archive.org/web/20181107010136/https://qiita.com/administrator1974/items/387aab2a42bf57e3b215

確かこの記事最初のほうのコメントで「JavaJSは違うとN回言われてるんですががが」とか「いまだにJava Applet使ってる雑魚おる?」みたいなコメントあったんだけど、こいつらはBANされないわけ?特に後者は「雑魚」という言葉で明らかに誹謗中傷してたわけだけど。

JavaJavaScriptは別物ですよ」「Java Appletは既に廃止されているので今後必要になると思いません」と言えばいいもの上記のような言い方しかできなかった奴らに非はないのかね。明らかにこいつらが火付けでadministrator1974が荒れだしたんだが。

エンジニア云々じゃなくてよ、インターネットで顔も見れない誰かに対する言葉遣いには気を付けたほうがいいよ。人として。確かにJavaJavaScriptの違いがわかってるお前が正義だけど、なーんで人を小ばかにするような言い方しかできないのかね。

あと荒れだした後に「祭りに乗り遅れた」とか「ワードサラダ」とか「統合失調症」とか言ってるやつらいたけど、こいつら明らかに「荒れてるし間違えてるのはadministrator1974だから何言ってもいい」って感じの思考回路のやつらでしょ。まぁ傍からみたらadministrator1974が難解意味不明コメントを連投してたのは明らかだし2ch思考を持ってるやつらなら祭り感覚コメントちゃうのかもしれないけれど、SNSと紐づいたアイコン丸出しで上記みたいなコメントする奴らがいるなんてビビったね。

コメント欄はもう見れないけど、コメント欄書き込み時間を見るにあの日administrator1974は多く見積もっても5時間くらいしか寝れてないぞ。翌日16:00くらいまでBotのごとく連投してたし。平日にだぞ。俺はあの日administrator1974を狂わせたのは雑魚呼ばわりした奴だと思ってるからな。コメント欄が見れないのがマジで残念だ。雑魚呼ばわりしたやつのアカウントを思い出せない。

格闘ゲームちゃんと強い人間年収が高い

あくま自分観測範囲での話。

最近とあるゲームコミュニティに属しているのだけど、つくづくそう思う。

ちゃんと強いというのは語弊があるとわかった上で、でもあえてちゃんと強いという表現を使いたいのは、ただ強ければいいということではないということが言いたいから。

格闘ゲームを強くなるには大きく分けて2つの要因があって、問題に対してしっかりと取り組むことができるかどうかと、どれだけ時間を割けるかどうかということ。

ここでちゃんと強いに分類されるのは、とにかく前者。

引きこもって人の何倍も時間を使っている後者は含まれない。それは単なる廃人。強くなくてどうする。

前者はとにかく問題発見解決が早い。

勝利までの最短ルートがしっかりと確立されている。

相手の行動に対して答えがいくつも用意されていて、それのどれもが的確に機能する。

なんだよ。仕事に求められるスキルと一緒じゃねーか。

年収が高いと生活に余裕があって結果的プレイ時間も伸びる。

結論格ゲー金持ち貧乏人を蹂躙するための余興。くそったれ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん