「後者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 後者とは

2019-01-22

そもそも日本の男らしさと欧米の男らしさは違う

欧米の男らしさ、いわゆるマッチョイズムは「女子供は言う事を聞け」である一方で「男は女を守れ、お姫様扱いしろデートでは奢れ、荷物も持て、レディファーストしろ筋肉を鍛えろ」であるわけだ。それが欧米男尊女卑の形。

ジレットCMは「男らしさ全否定」ではなく「男らしさの前者の面を廃し、後者の面を伸ばそう」だったわけ。男らしさから解放とは一面的にいえない。

から反発を食らった面もあるのだろう。いいとこ取りなわけだから

一方日本の男らしさ(男尊女卑)は、「女はとにかく男に尽くせ」なわけ。

外国人(欧米だけでなく中韓も)が、妻に荷物持たせて自分手ぶらな夫を見てショックを受けたり、女にドア支えてもらって先に通らせてもらう男を見て「日本はレディファーストならぬメンズファーストの国だ」と言うのはそういうこと。

女に優しくしろ鍛えろ系の抑圧は、まぁ皆無なわけではないが、少ない。

から男らしさというより、男らしさの抑圧面から自由なんやろな。

anond:20190121113933

anond:20190122114013

吾輩の今期の期待枠

rivisonsと魔法少女特殊戦あすか

前者はnetflixで全話見て、うーん...

後者は人を選びまくる...

anond:20190122112720

頭がいいと理屈っぽいは別物。前者は当意即妙の受け答え、後者はがちがちセイロン馬鹿

頭が悪いのは論外。特に30にもなってお気持ち振り回すようなヒス女は(男も)半径6,371 km以内にいてほしくない

anond:20190122093454

エロ本を求めている層=ごくごく僅かなニッチ層、であって

エロ本を求めている層=全ての男性、ではないんだが…

後者だったら売れるから撤去されないし。

anond:20190122092003

「弱音を吐くな、長時間働け、年収が高くなければいけない」って、今では普通に女にも課せられる抑圧やん

課せられてない。男は下方婚してる。

女様は今日も男叩き、証明不可で存在すら疑わしい事件を作って弱音と恨み事のオンパレード

更に「家事しろ子供を産んで育てろ、親の介護しろ」と言う従来の抑圧も消えてない

抑圧なんかないだろ。あったらもっと出生率は高い。

サボり倒しておいて「抑圧がー」ってあほか。

から、男は前者だけなのに抑圧されている!とか言い出すと

男は前者だけでいいんだから女と比べたら楽だろと言われるわけだ

男の前者の抑圧は未だ健在。むしろ悪化してる。

女への抑圧はすべて針小棒大に取り上げられ叩き潰された。存在しない。

今や「家事しろ」「子供産め」などと言おうものなら集中砲火を受ける。何が抑圧だ。

それらの主張をお前らが抑圧してるんだ。

で、名誉男性ってのは「前者を引き受ける代わりに後者は他の(弱い)女に押しつける女」の事だ

要は「私たちの気に入る生き方をしない」ってことじゃん。

多様な生き方はどこに行ったの?

anond:20190122091407

「弱音を吐くな、長時間働け、年収が高くなければいけない」って、今では普通に女にも課せられる抑圧やん

更に「家事しろ子供を産んで育てろ、親の介護しろ」と言う従来の抑圧も消えてない

から、男は前者だけなのに抑圧されている!とか言い出すと

男は前者だけでいいんだから女と比べたら楽だろと言われるわけだ

で、名誉男性ってのは「前者を引き受ける代わりに後者は他の(弱い)女に押しつける女」の事だ

高田雄史って「うまくいった」上田育弘だな

面の顔の熱さは後者の方が圧倒的に上だろうに、マネタイズは下手だったね・・・

anond:20190122003344

もはや先進国といえるような独自先進的な進歩を持ってないという意味での先進国ではないというはある。

ただ、先進国ではないと言っただけの場合世界一般認知と異なるという意味で間違いというのはある。

後者について、単純に間違いだという指摘は論理的であるが、前者を使っての指摘については明確な定義がない。

これらとは別に先進国かどうかと関係なく、

多くの国の人々は、自分の国をそれなりに好きであり、何かしらよい点があって外国人に自慢できると思っている。

日本ではそのようなよい点を持ち自分の国を好きになろうという気持ちを止めようという運動のほうが強くて陰鬱な国と感じる。

それに対し、全てではないが多くの他国からみた場合先進国だというのは自分の国をよいと感じるひとつの考えだろう。

2019-01-21

他人人生お金になる

人が困っていることを解決してお金が儲かることと、他人人生不安にさせてお金が儲かること、この2つを比べたときに、後者の方が力が強い。

わかりやすいのは職につけるかどうかである。将来的に職がなくなると予想されるので、今、自分投資しましょうと耳打ちをすればよい。


そして本人が努力して職を失わなかった場合、私のいうことを聞いておいてよかったでしょ、成功法則から、となるが、

仮に失敗した場合は、自己責任に出来る。100人いて1人でも成功体験が出てくればいい。


テクノロジーの発達も、助長している。

比較対象を増やしていけば、人は不安になりお金を払うのだ。

anond:20190121224527

文化を良し悪しで判断するというのが、まず理解しづらい。

俗悪な文化社会全体にとっては必要だったりするわけだよ。

それにコンビニエロ本立ち読みするのと、ネットリベンジポルノ探すのと、

どっちがハードルいかっていうと後者だったりするじゃない。

そこまでエロ本を目の敵にすることないと思うがなー。

anond:20181214222739

無知すみません

「いつもの長文同人の人」とは

このように長々と書く人の総称でしょうか?

それとも誰か特定個人のことでしょうか?

後者であれば、人違いです

anond:20190121124845

後者でも精神的な疲労感のようなものであることも多い。

「疲れてると集中できない」とか「息切れで正確に詠唱できない」とかならどうか。

魔力の扱いってどっちがいい?

例えばフルマラソン走ってヘロヘロ状態で手から火球を出そうとして

1 体力と魔法は別物なのでじゃんじゃん出せる

2 フルマラソンで体力が枯渇してるので出せない

ゲームなんかだとMP独立してるから前者ばっかりだけど

小説なんかだと魔法撃ち続けて体力消耗したりする描写があるから後者だよね

2019-01-20

anond:20190120103957

うん、だから教師謝罪させたらいいじゃん。まあ、減給処分ぐらいは設けたほうがいいかもね。暴力自体は良くないし、暴力の前に学生を停学、退学処分にするべきだった。

ただ、罪に対しては事情によって減免ってのがあるからな。

自分快楽のために人をレイプして殺すのと、さんざん幼い時からレイプ暴力を繰り返してきた毒親を殺すのでは罪は全く違う。後者無罪になることすら一般的だな。

その点、学生についてはむしろ最大級の罰で報いないとならない。

2019-01-19

死にたいし人から死ぬの望まれてんだろうけど死にたくない

自分人生に夢も希望展望も無いし、自分底辺自覚がある

しか性格まで悪いと来たもんだ、三つ子の魂ナントヤラ、俺を性格が良いなんて言えばポル・ポト金正恩聖人なっちまう

ってな訳でさ、死にたいと考えてるし人から死なれる事も望まれてるんだよ、後者憶測だけど

親、親戚、友人、同僚、みんな表向きちゃんと接してくれてるけど、内心死ね死ねって言ってるよ

そう考えてると余計に死にたくなる

でも死にたくないんだわー、これが

理由簡単死ぬと痛い、寒い、何も見えない、怖い、飯食えなくなる、本読めなくなる、ゲーム出来なくなる、シコれなくなる

いやー、クズですねぇ、俺、もうこりゃ死んだほうがいいし死にてえなあ

でも死にたくないんですよ、どうしょうもないなあ

youtubeのoriconチャンネル動画について

ペピクニック が「どんなときも。song by 松岡茉優https://www.youtube.com/watch?v=wrjtURtWRlg&list=LLArmaEAHlTtmVBGFdidtZBQ&index=12]という動画を公開していた.(現在は削除されているみたいです)

全く同じ動画が「松岡茉優槇原敬之「どんなときも。」カバー 素朴な歌声が心に響く『ROPÉ PICNIC(ロペピクニック)』WEB動画「どんなときも。 song by 松岡茉優https://www.youtube.com/watch?v=w9hXsU8BaTw&feature=youtu.be]としてoriconというアカウントから公開されている.こちらの動画は今でも再生可能である

明らかに後者非公式に思われるのだが,oricon公式アカウントから公開されているか違法動画ではないのだろうか.

こういうのに詳しい人がいたら教えて欲しい.

------

後者動画について

oriconというチャンネルを見るとoriconが運営する公式アカウントとなっている.

概要から[oricon news](https://www.oricon.co.jp/)へリンクされている.

当該HP松岡茉優検索するとロペピクニックが「どんなときも。song by 松岡茉優」を公開したという記事がヒットする.

oricon news記事11/23作成されており,動画11/14に公開されている.

しかし,oriconチャンネル動画もロペピクニックチャネル動画リンクは貼られていない,

もしoriconチャンネルから公開されている動画公式ものなら,リンク貼るべきじゃないのだろうか.

2019-01-18

○○とはなにか

仮に自分AIをつくりたいとする。

AIをつくりたいのであれば、AI定義しなければ具体的な作業にとりかかれない。

AIとは知性を持ったコンピューターである定義する。

そして「知性とは…」「コンピューターとは…」とどんどん定義していく。

そして定義は一度決めた場合でも途中で変えてもよい。言葉変数だ。

人によって定義は違うし、自分の中でも時間が立てば変わるものだ。

変えるのは当初の目的に沿う形であればよい

「知性=X」でありXに好きな定義をいれてください。それがあなたの今のAIです。

当初の目的は「AIをつくりたい」である。これが「自分の思うAIをつくりたい」なのか、「みんなが思うAIをつくりたい」なのかによってつくるべきAI定義は変わるだろう。

後者場合は「みんな」の定義もしなければならない。それが過半数なのか、2/3なのか、全員なのか。

前者であるならば、定義自由自在だ。

「それは知性とは言わない」とか言われても無視すればよい。お前の中ではそうなんだろうな、俺の中ではこうだ、で終わりである

定義が極めて重要になってくるのは法的な問題とかだろうか。

たとえばAがした行為セクハラか否か?とか。

Aがした行為セクハラに該当するのであれば罰せられるという状況であれば当事者真剣定義に考えざるをえない。

しかし、どうとでも取れる言葉定義議論するのは楽しいものでもある。

文学とは何か?文系とは何か?理系とは何か?右翼左翼とは?

ただ単にレッテルをはって馬鹿にするためだけに定義議論する人もいるが、あれこれ意見を言い合うのは楽しいと思う。

手段過程定義を考えるのはなんとなく理系的だと思うがただ単に定義を考えるのは哲学的であるきがする。

これは自分が「理系」や「哲学的」をどう定義しているかを考えるためのとっかかりになるのだろう。

しかし、今は特に興味がないので考えない。

睡運瞑菜」を実践して1年が経った

はてな民にとって、すでに常識となった「睡運瞑菜」。言葉の通り、これは四つの生活習慣の総称である

宣教師の際立った存在感のおかげでネタとして消費されがちであるが、これらが現代の厳しいストレス社会を生き抜くために極めて効果であることに疑いの余地はない。

一方で、これら全てを実践することが容易ではないこともまた事実である

ここでは、私がいかにして「睡運瞑菜」を実践してきたのかについて話したい。

「睡」:十分な睡眠

疲れを取るのに必要睡眠時間には個人差がある。

個人比較ロングスリーパーであり、経験的には、少なくとも8時間睡眠が確保できなければ明らかに仕事の能率が低下する。過去に1日6時間睡眠を続けた時期もあるが、金曜日には体力を消耗しきってしまい、まともに仕事ができない状況になってしまっていた。

また、長年にわたる学生生活 (入学から博士を取るまでに9年) での不摂生の結果、午前中には強烈な眠気が襲い、夕方から目が冴えてくるという体質になってしまっていた。

 (なお、睡運瞑菜を続けた結果、今ではこの体質は大きく改善した)

職場裁量労働制残業代が出ないこともあって、夜中までだらだらと職場に残って仕事をするのが日課になってしまっていた。

 

睡眠時間を確保する方法自体は非常に簡単である

  早く寝るか、遅く起きるか だ。

私は後者選択した。

以前は、裁量労働制であるにも関わらず、上司に気を遣って定時出勤を厳守していた。

上司は早い時間に出勤する生活習慣を取っているが、私までそれに合わせる必要はないと思うことにした。

その結果、朝ゆっくり寝て昼前に出勤し、夜は遅めの時間に帰るというペースを確立した。

上司は内心では快く思っていないようだが、それによって不当な扱いを受けるということはなかった。

どの道、以前の働き方では午前中の能率が低すぎたから、寝ていたほうがマシなはずだ。

「運」:適度な運動

仕事デスクワークであるため、普通に家と職場を往復しているだけでは十分な運動時間を確保することは難しい。

出不精な私にとって、ジム通いを続けることもハードルが高い。ジムでの運動が嫌いなわけではない。まともな人には理解できないかもしれないが、受付の人とほんの一言や二言やり取りするのを想像するだけでも、心の中に忌避感が充満するのだ。

新たにスポーツを始めるのも難しい。昔、嫌々やっていた部活なんて思い出したくもない。

そもそも、私の特性上、他人と関わりを持たねばならない習慣は中々続かない。完全に個人でできるスポーツというのも限られている。

そういうわけで編み出したのが「通勤の中で運動時間を確保する」という手法である

基本理念は非常に単純だ。

  1. 職場から徒歩1時間くらいの場所引っ越して、毎日歩いて通勤する
  2. エレベータを使わずオフィス (7階) まで階段で昇降する

雨の日も風の日も、とにかくこの二つをひたすら厳守して生活する。これにより、毎日およそ10kmを歩くスタミナ、加えて、階段を上っても息切れしないほどの心肺機能を手に入れることができた。

また、明らかに睡眠の質も向上し、以前よりも精神が安定し始めるなど、多様な効果が得られたように思う。

 (ただし、これは「睡運瞑菜」の相乗効果によるものであり、運動のみの効果と断ずることはできない)

「瞑」:瞑想による心の休息

睡運瞑菜」の中でも、何をすれば良いのかが一番分かりにくいのが瞑想ではないかと思う。

瞑想を行う目的は、はっきりとしている。現代人はとにかく脳 (心と頭脳) を使いすぎているのだ。

暮らしのこと、仕事のこと、たくさんの心配事でいつも頭が埋め尽くされて脳が疲れ切っている。

心配から気をそらすために、スマートフォンを握りしめ、さらに過剰な情報疲れた脳にぶち込んでいる。

こんなことをしていては、脳が「壊れて」しまうのも時間問題だろう。

目に見えて「壊れる」という状態にまでならなくても、いつでも頭の中はネガティブ思考が充満していて、まともな幸福感が得られなくなっている人は多いのではないだろうか。

 

とにかく、脳が疲れているのだから、休ませないといけない。

  瞑想は、脳に休息を与える手段である (諸説あります)

脳を休ませるにはどうすれば良いのか。様々な手段があるだろうが、私はマインドフルネス

https://ja.wikipedia.org/wiki/%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%8d%e3%82%b9

という概念に着目した。

Wikipedia記述にある通り、マインドフルネスとは「今現在において起こっている経験に注意を向ける」ことである

これは特にネガティブ思考を何度も頭の中で繰り返してしまう「反すう」や,頭からこびりついて離れない「心配」を減らす効果がある。

個人は非常に心配であるし、幼い頃から過去の嫌なことをひたすら「反すう」する癖がある。

学生時代、研究の成果を学会で発表すると周囲から褒めてもらえることが多かった。その日はすごく気分が高揚して、自己肯定感が急上昇したように錯覚する。しかし、次の日の朝に目が覚めると、胸の中には既にネガティブ感情が渦巻き始めて、一週間もすれば朝の目覚めが最悪になる。

  自己肯定感カケラもない「あの」自分を思い出してしまうのだ。

ポジティブ経験をすると、ほんの一瞬だけ気分が良くなるが、その後、楽しい気分は指数関数的に減衰する、というのが経験則だ。とにかく、「睡運瞑菜」を始める前は、メンタルがいつもズタズタになっている状態だった。

 

閑話休題マインドフルネスの話に戻ろう。

脳というのは非常に創造性の高い代物になっていて、放っておくと、蓄えられた膨大な記憶や刺激をもとに、極めて雑多で有害情報を次から次へと生成して人の精神を蝕んでしまう。

そこで、1日にほんの10分程度でも、過去の嫌なことや将来の心配をすべてシャットアウトし、無理やり今現在という限られた対象に注目させる時間を取る。

  これにより、脳の創造性を強制的に低下させるのだ

PCをつけっぱなしにしていると、どうしてもメモリにはゴミが溜まっていく。そうすると思わぬ不具合が出始める。

こういう事態を避けるために、再起動 (リブート) が大事であることはもはや常識ではないかと思う。

  1日1回、脳をリブートしよう!

経験上、睡眠だけでは不十分だ。睡眠中、脳はここぞとばかりに創造性を発揮する。夢の世界に浸るのは愉快かもしれないが、それだけでは脳はゴミにまみれたままだ。

リブートが、必要なのである

1日たった10分で良いのだ。難しい話ではあるまい。

「菜」:1日350グラム以上の野菜摂取

私のように家事の苦手な人種にとって、最大とも言える難関だったのがこれである

長年、コンビニ弁当スーパー惣菜依存しきった食生活を送っていて、お世辞にも栄養バランスが良いとは言えない状態だった。

   朝食は摂らず、昼食はコンビニ弁当、夕食はスーパー惣菜という黄金ループ

そもそも、手軽に購入できる食事は、栄養価が炭水化物や脂質に偏重していることが多く、十分な量の野菜を摂ることは難しい。

昔、自炊をしていたこともあるが、あれは学生時代に時間が有り余っていたからできたことだ。私のように手先の不器用人間は、野菜を切るだけで1時間以上かかるのだ。食後の洗い物も苦痛だし、やはり不器用なので時間がかかる。

私のスキルでは、仕事をしながら自炊をするなんて不可能に近い。

 

そこで、どうしたのか。

実は昨年、良縁に恵まれ結婚することになった。

相手は5歳年上の家庭的な女性健康栄養に詳しい医療専門職

(信じがたいことに) 家事が大好きで、私とは比べ物にならないスピード家事をこなしていく。

職場に不満もあったようで、結婚と同時に退職。今は専業主婦をやってくれている。

  毎日3食、手作り食事

厚労省策定食事摂取基準準拠して、献立を立ててくれる。

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000041824.html

  妻曰く「野菜350グラムなんて、普通にしてれば余裕で摂れるわ」

……完全に他力本願であるが、こうやって「睡運瞑菜」を実践する環境が整ったわけだ。

 

あ、ちなみに瞑想の項で私自身の実践方法を書き忘れましたが、毎日、妻と無言でハグする (甘える) 時間をとって、マインドフルネスしてます

みなさんも、「睡運瞑菜実践してみてくださいね

日本人はてサに教えて欲しい

最近はてサ意味を知った。

はてな左翼意味なんだね。

かに異様な左翼というか、政治系のブクマには日本右翼批判ベースコメントが人気コメント一定割合出ている。

これは、つまりそういう考えがネットはてなでは一定割合でいて支持されているってことなんだよね。

はてサといわれる方々の発言は、日本与党右翼強者への批判を連ねているだけだ。

日本は終わってるだの、安部政権がすべての元凶だの、ネット右翼だの、弱者への配慮が足りないと。

最後弱者への配慮以外は本当に理解ができない。

基本的にこの国とこの国への肯定的意見すべてを否定するスタンスに見える。

これらが異様に見える自分は恐らく右翼寄りなんだろう。

それにしてもなんだろう、自国批判否定しそこに価値や意義を見出す。

左翼批判的なものだけを煮詰めた感じの言論が目立つのは、ネットからなのか。

そして、はてサはそのネット自国をひたすら否定している。

自分には愛国心なんて強い気持ちはないが、自己所属国をそこまで否定し続ける人々の行動原理が本当にわからない。

はてサの多くは、日本人なんだよね?それとも日本語が得意な外国人

後者活動なら納得はいくけど、前者の人が見ていたら教えて欲しい。

日本はてサの人は何のために発言しているの?

その発言の先に何を見て、何を目指しているの?




自分無知から左翼」の定義に誤認があったようだ。聞きたいところはそこじゃないのでいったん当該記述は削除した。

3次元アイドルオタクを辞めて2次元オタクに戻ってきた話

元々漫画とかアニメが好きで2次元オタクをずっとやっていたんだけど、声優にハマった流れで徐々に3次元アイドルに流れていった。

最初はやっぱりAKBみたいな有名どころから入ったものの、推しメン卒業したのを機に気軽にライブに行ける中堅どころ~ド地下アイドルみたいなところまで手を広げてしまった(都内に住んでたから行きやすかったという理由もある)。

これまでの人生ライブハウスなんて怖くてまったく行ったことなかったんだけど、推しを見れるという後押しによって1年くらいは結構楽しく頻繁に足を運んでいた。多いときは週に3・4回くらい。仕事帰りに渋谷とか新宿で降りてライブが終わってから満員電車に揉まれ帰宅する。

こういったライブハウスの活動中心のアイドルは、出番後にチェキ撮影して数分間会話を楽しむという特典会があり、ほとんどのオタクたちはこれにも参加する。

実際にアイドルと話をする以外の時間(つまりライブハウスにいるほとんどの時間)は、オタク友達同士で雑談したりしてる人か、特に知り合いもいないのでスマホいじるかボーっとしてる人に分かれる。

私は基本的コミュ障なのでやはりここで友人をつくるなんてハードルは超えられず、後者人種だった。

でも別に全然それで良かったんです。

アイドルライブを見て、少しだけ話して元気もらって、お土産としてチェキを手に入れる。ということを目的に来ているのでそれ以外のことは特に求めていなかったのです。たぶん私と同じようなオタク結構いるはずです。

2次元オタク全開だったときに、知り合った人と折り合いがつかず「あの人と会いたくないなぁ…」と思ってしまう失敗も過去にしていたので、自分は対人関係下手なのもわかっていたし変な理由で好きなアイドルに会いに行けなくなるのは嫌だったのです。

しかしやはり現場でずっと一人ぼっちなのはかなり寂しく、推し被り(同じアイドル/メンバー推している人)同士くらいは多少喋れる人を作ったほうがいいかなと思ってしまいました。

(思い返すとこれが悪かったのか…)

ある日、特定アイドルメンバーと近い距離で会話ができるオフイベント限定10名!みたいなもの)に参加したときに、一緒になったオタク男女数名とわりと楽しく会話した。そう、別に会話しようと思えばその場では普通程度には喋れるんです。Twitterもみんなで相互フォローして、これで自分アイドル現場もっといろんな交流できるかなと期待もした。

こうなってくると結構タチが悪くなってきて、アイドル現場にいくと周りのオタクが気になってきてしまう。

「あの人いつもいる人だな」

「あの人一度喋ったことあるけど、話しかけてきたりしないな」←自分から話かけるという選択肢は無い

「いくつかオタク同士のグループがあるな」

などなど。

別にこれはよくある光景で何ともないんだけど、自分中途半端意識してしまうのが本当によくない。アイドルを見に来てるんじゃないのかよ俺。

しか相互フォローしてしまっているので、Twitterを見るとオタクつぶやきがすごく目に入ってくるのです。

しかライブ中心アイドルファン現在10代後半~20代中盤の男女がボリュームゾーン。私はもっとおじさんなので、明らかに若者ノリにはちょっとついていけません。

疎外感が加速していきます

そしていつのまにか、とあるオタクのいわゆる「裏垢」をフォローしていました。なぜフォロー許可してくれたのか今となっては本当に謎です。

これも今の時代なにも珍しいことではないのかもしれませんが、裏垢では同じオタクに対する文句などマイナスな方向のツイートが並んでいました。

ミュートすれば良かったんですが、気になってついつい読んでしまいました。

厄介オタクという迷惑行為をするファンも目立ち始め、私は直接的な被害は何もないのですが、アイドル現場にどんどん自分の居場所が無くなっていくのを感じました。

これがすべて私の被害妄想だと言われればそれまでかもしれませんが、徐々に足が遠のいたのは確かです。

そして、仕事が長期休みときに偶然ダウンロードしたスマホゲーム面白かったのをきっかけに、2次元オタク趣味に戻っていきました。

あらためて戻ってきて、客観的に見てびっくりしました。

2次元オタク文化は、創作物を褒め合う文化があるし、素直に良いものは良いと言っている人が多いと思いました。

とても、とても居心地がいいと感じました。

単純に3次元アイドルオタクをするには一定コミュ力必要で、私にはそれが無かったという話なのでしょうか?

3次元アイドルオタク現場の適正年齢を私は既に超えていたという話なのでしょうか?

推しの子はもちろん今でも好きなので、Twitterフォローしてますし、たまに画像を保存したりしています。ですが現場にはもう半年以上行っていません。

現場通いは正直けっこうお金がかかるので、貯金も増えたし今は戻るつもりはありません。

うまく文章をまとめることができませんでしたが、、以上チラシの裏でした。

2019-01-17

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20190117/k10011780351000.html

これに反発するブクマが多いのって、

暴力セクハラを止めろと言うのは男性差別」とか言う頭沸いてる奴が多いのか

単に読まずに脊髄反射してるアホが多いだけなのかどっちなんだろう

はてブタイトルしか読まない(下手すりゃタイトルすら読まない)でコメント書くアホが多いのは今に始まった事ではないので後者と思いたいが

暴力セクハラを止めろと言うのは男性差別」と主張するやばいやつも時々見かけるからなあ

anond:20190117023029

シンプルなつくりになってるんで、俺が一番すごい偉いわはは状態だと一日中勃起してますけど、みんなが僕をばかにしているこれは死ぬしかないの状態だとほぼ勃起しないです。

後者状態セックス中に冷静な自分が「今キモいぞ」とささやきかけてくると萎えていくのですね。

セックスしながら耳元で好き好き言ってあげるといいと思います。どんなに頭のいい男でも、愛されると手っ取り早く自信がつきます

2019-01-16

anond:20190116131712

「心底どうでもいいとコメントしてた」と「心底どうでもいいコメントしてた」はまったく別の意味だけど、

後者としても「どうでもいい感じが出てる」というのは主観にすぎないよね。

他のキャラコメント見ても、デザインの話にならないかぎり、

奈須が饒舌でワダが相槌という構図は変わらないみたいだし。

Web制作フリーランス13年目の経験から

補足しました 2019/1/17 4:05 AM

https://anond.hatelabo.jp/20190117033500

ブコメトラバに一部お答えしています


※本文ここから

https://anond.hatelabo.jp/20190113133500

元増田へのブコメでも指摘されていたが、ひとくちに「フリーランス」といっても業種、業態経験、実力、性格などによってその態様は異なる。

そこでひとつのケースとして俺がWeb制作業界フリーランスとして約13年間やってきた経験と、そこから得られた知見などを書いてみたい。WebデザイナーWebプログラマーには参考になるのではないかと思う。

どういう人間

こうして書き出してみると典型的現代っ子だなと思うが、32歳で独立開業して13年目の45歳の紳士である

現代っ子と書いたが人間の性(さが)なんてそうそう変わるものでもないので昔っからこういう人だってたくさんいたと思うんだよね。さぞ肩身が狭かっただろうと思う。俺としては今の時代に生きられる喜びを日々噛み締める次第である

仕事私生活

フリーランスは「得意分野に集中できる」かどうか?

さて、ここから元増田に書かれていた諸々について、俺の場合

まず「得意分野に集中できる」かどうかについては、概ね集中できている。

元増田に「デザイナーフリーランスだったとして、デザインをやっている時間は2割くらいだろう」と書かれていたが、実はこの働き方は俺にはピンとこなかった。2割?なんで?って感じ。デザイナーにもDTPWebプロダクト、服飾といろいろあってどのデザイナーを指してるのか定かではないのでアレだが、WebDTPに限れば、こんなデザイナーがいたとしたらそもそも何かが根本的に間違っているのではないか。我々は日々現金の出し入れの発生するタイプビジネスではなく、案件など多くても月に数件、出ていくお金たかが知れている。経理事務作業も大して時間がかかりようがない。法人決算個人なら確定申告)が大変だという話なら、それはそれだけ取引があるということなので、売上の一部を割いて税理士さんにお任せしたらどうか。あるいは以前noteかなんかで話題になっていた「イラスト1枚1,000円」みたいな仕事を大量受注してるのだろうか。

問い合わせ対応上記の通り、数件の案件の同時進行程度なら電話メール対応作業時間がとれない・・・といった状況にはほぼならない。案件次第でたまにある程度。

営業も要らない。俺は決してスーパークリエイターでもハイパーメディアクリエイターでもないが、きちんとした品質デザインHTMLを、きちんと期日通りに作業進捗できれば次の仕事は来る。今のWeb業界ならこれが最大の営業活動だ。ちなみに俺は前述の通りの性格なので、作業も遅延しがちである。ただクライアントが最も恐れるのは最終的な期日を守れないことであり、そこに至るマイルストーンなら担当者裁量でどうにかなることも多い。なので遅れそうなときは早めに相談するようにはしている(「執筆した増田ブコメトラバ対応が火を吹いておりましてデザイン初稿提出遅れます・・・等)。

余談だが、DTPなどは逆にスーパークリエイターレベルでないと昨今厳しいのではないか。つまり市場環境次第なので、ここはしっかり世の中の流れを観察する必要はある。たとえば俺が今不安を感じているのは年齢と国籍だ。50歳、60歳のジャパニーズWebデザイナーが食っていける市場が10年後、20年後あるのだろうか。

答えはわからないので、できることはなんでもやらねばならない。すなわち、スキルを磨くことは大前提として、歳取ってもトレンドキャッチアップすること、歳取っても清潔感ある身なりをキープすること、英語力を磨くこと、今のうちもっと貯金しておくこと(これが一番できてない。子ども3人が独立するまで無理だろう)、海外仕事を受注すること(これはやるべきなのか?やれるのか?どうすればいいのか?模索中。やってる人いる?)、アフィやWebサービスで地道に小遣い稼ぎすること(本業にいっぱいいっぱいでなかなか手が回らず)、ストックフォトで地道に小遣い稼ぎすること(同左。ちなイラストオンリー)。

フリーランスは「生産性があがる」かどうか?

自宅作業ありがちなベッドの誘惑や生活音云々というのは性格による。俺は大丈夫だったので運が良かった。

ちなみにすぐベッドやソファにゴロンしてしまう奴。性格だと諦める前にひとつアドバイスだが、まず椅子を変えろ。

世の中には座ったまま何時間でも平気で仕事ができる「高級ワーキングチェア」というものがある。最低10万〜20万出して、バロンコンテッサリーチェアアーロンチェア、エンボディチェアなど定評のあるワーキングチェアを買う。パソコン作業なら前傾より後傾タイプが適している。上の中ではアーロン以外は後傾タイプだ。高い買い物なので時間かけてショールームなど周って試座するように。

高級ワーキングチェアを使わずに「すぐベッドにゴロンしたくなっちゃうんだよねー」なんてのは当たり前だ。ヨドバシイケア楽天で買うなよ。ダイニングチェアも駄目だ。イームズチェア♪なんてもってのほかだぞ。椅子が原因でないならコワーキングスペース使うしかないが、当然その分利益は減る(=生産性は落ちる)な。

会議に呼ばれて生産性が落ちるというのはよくわからん。そりゃまあ落ちるがそれは「会社員と比べて落ちる」のではなくて「会議がない状態と比べて落ちる」だろう。フリーランス云々関係ない。

満員電車に乗る必要がなく、移動コストもかからない、最近ビデオ会議も増えてきた。好きな時間仕事ができて、好きな時間筋トレできる。夕飯も家族と一緒に食べられる。子どもと会話できる。そういう生活が気にいってる。もちろん深夜だって休日だって働くことあるが「深夜や休日働くかどうかを選べる。働きたくないなら平日頑張る」そういう選択自分裁量でできるのは嬉しい。

堕落なので生産性は常に低いかもしれない俺だが、会社員時代だって遅刻したり頻繁に休憩とったり隠れてコソコソはてぶや増田執筆したり、とにかくダラダラやってたので、フリーランスになって生産性が落ちたということはたぶんないな。

フリーランスは「誰にも雇われない生き方」ができるか?

これは元増田に書いてあるとおりだな。

会社員にとっての上司会社が、クライアントに変わっただけ。上司に振り回され疲弊するように、クライアントに振り回され疲弊することはある。ただ上司はよほどのことがないと選べないのに比べると、クライアントはある程度選べる。選べなかったとしてもそのクライアントの売上に占める比率が1/10なら、ストレスも1/10だ。ちなみに、比率次第ではこちから切ってしまうこともできるといえばできるが、俺はやらない。ひとりの担当者と折り合いが悪くても、別の担当の人が見ててくれて密かにかばってくれたりこちらの対応を逆に評価してくれたり、そもそも担当が変わってやりやすくなったり・・・好転することもままあるからだ。この辺は割り切って我慢である

ただ肝に銘じておきたいのは、受託である限り「誰にも雇われない生き方してる俺カッコイイ!」などという状況にはなりようがない。電通だってクライアントの犬」に徹することでビジネスをしている。鬼十則!なんつってイキってみてもあれは所詮犬の遠吠えだぞ(まあ電通場合、犬は犬でも負け犬ではないがな)。自分ビジネスで金を稼いでる奴、世の中にとって有益プロダクト、サービス提供している奴は規模の大小問わず尊敬する。

フリーランスは「収入が増える」かどうか

収入といいつつ、元増田では支出への言及がメインだったのでまずはそこから

この段落は長くなるので結論から書く。Webフリーランス場合・・・

まり売上700万なら、年収500万〜600万の会社員と同じレベル収入とみなせる感じ。さら消費税納税義務のあるフリーランス(前々年度の売上が1000万超)なら、支出消費税納税分をプラスしよう(これが痛い!)。ここではエイヤ消費税50万で計算すると、売上1000万なら、すなわち年収750〜850万くらいの会社員と同等。売上1200万で、年収950〜1050万くらいの会社員と同等だ。これプラス原価(この業界場合ほぼ外注費かな)がかかる場合は、それも支出に加えてくれ。

支出の詳細

さて詳細。まず社保。これは会社員なら労使折半だよね。

仮にフリーランス法人成りすると(俺がそう)労使折半といいつつ実質的には「俺」の稼ぎから全額出ていくので単純に倍。簡単計算だ。

法人成りしない場合国民年金国民健康保険になるが、後者収入が同じならやはり単純に倍。これも簡単

難しいのは法人成りしない場合年金国民年金保険料は月額1.6万だっけ?なのでよほど会社員時代給与が低くない限り払う額自体は安くなるのだが、受給額も低くなる。なので普通は小規模企業共済国民年金基金やイデコなどに追加投資する。どの程度追加投資するか(しないか)は各自自由なので一概には言えないが、仮に会社員と同じだけの年金受給を得たいと思うなら、やはり支払う額は倍、イデコとか頑張るなら3倍。さらさら会社員には無料でついてくる退職金フリーランスではそんなものないので単純に老後資金積立として貯金するわけだが、豊かな老後のためにここも頑張ると4倍は覚悟がいる。会社員社会保険料年額45万の人が独立開業したなら、社保で90万〜135万(会社員比較するとプラス45万〜90万)、プラスお好みで老後資金貯蓄でン十万てことだ(ちょっと誤解を受ける書き方かもしれない。当然ながら会社員時代年収独立後の社保料に影響するわけではない。あくま会社員を続けた場合と同程度の老後資金を得たいとするならば・・・の話である)。

次に税金。これはフリーランス場合ある程度コントロールできてしまう。Web系の場合必要経費があまりないので経費を膨らますのにも限界があるが(後述)、法人成りしてる俺(外注費はあまりなく粗利率が90%とか)の肌感覚的には売上700万くらいまでは法人ゼロでいける(もちろん法人住民税7万、個人としての所得税住民税はかかる)。なので会社員とほぼ変わらん。そっから先は法人利益の30%くらい引かれる感じだな。会社員累進課税住民税10%を足してもこの辺の所得帯(課税所得900万以下)だとだいたい30%になるのではないかひとつ言えることは、売上5000兆円でも税金ゼロ円のアマゾンさんにはかなわんということ。ほんといい加減にしてほしい。

あと税金で痛いのは消費税だ。売上1000万超えると次々年度は消費税納税しなければならない。請求を次年度に立てるなどして1000万未満にできる感じならしたほうがいいよ。

次に経費。ことWebデザイナーに関する限り「独立開業してるからこそ発生する経費」ってあまりない。PCネット環境会社員だって自宅用に自腹で買うだろうし、自宅なら家賃不要水道光熱費不要事務用品費なんてご家庭レベルで十分、むしろこれらすべて会社員なら単純に出費でしかないが、事業者なら経費にできる。スマホ通信費外食書籍アプリ英会話も車も駐車場もはてぶスターもぜんぶ経費だ。

会社員より余計にかかる出費といえば上にあげたワークチェアしかし一度買えば10年以上使える)、ソフトフォントオンラインストレージなどのサブスクリプション(最高でもAdobeモリサワの月約5000円)、自社サーバ費(月3000円以内)くらい。打ち合わせにしょっちゅう呼び出されて交通費が辛いレベルクライアントがいるなら、見積もりにこっそり積んでおけば問題ない(しかしそんなクラ今日ほとんどないのでは?)。もちろんPCスペック盛るし外部ディスプレイ周辺機器も多少はかかる、通信費普通の家庭よりかかる、一日中いるので水道光熱費も余分にかかる、そういった諸々を考慮して、そうだな、会社員よりもプラス年50万も見ておけば十分ではないか(経費が年50万ではなく、会社員比較して余計にかかる部分として年50万)。

そんなこんなで会社員時代と同等の実入りを得たいならば、社会保険料でプラス45万〜135万、経費でプラス50万、合計100万〜200万くらいの収入増が必要になる。そして売上1000万円超えたら、消費税納税分で何十万が別途出ていく(原価+経費次第)。

収入について。もうひとつ

一番肝心の話。スーパークリエイターでない人間独立して売上をあげるにはどうするのがよいかという話を少し。

まあ俺も大して稼いでないのででかいことは言えない。というか反省からの知見という意味合いもある。

これも結論から書く。

※長くて切れてしまったので続きはこちら(意味はないがなんとなくやらしいところで切ってみました)。

https://anond.hatelabo.jp/20190116005240

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん