「目的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 目的とは

2018-10-21

わざと女性専用車両に乗り込む団体違法性を考えてみた

鉄道営業法35条で、鉄道会社許可をとってない演説勧誘禁止されてる。女性専用車両男性が乗れるようにする事が目的だと明言しているし、ジャンパーにもそう書いてあるから演説勧誘に当たる。

デモ電車を止めるのは威力業務妨害になる。電車を止めたのは団体ではなく、女性客と鉄道会社の方だという意見もあるだろうが、威力業務妨害には、「デモ」も含まれる。デモが原因でトラブルになったのだから威力業務妨害可能性がある。

女性専用車両男性差別だと言う人がいるが、裁判男性差別ではないと判決が出た。

男も乗れる権利あるのに排除されたと言う訴えには、健常な男性集団で乗車すると不安感を与える。鉄道会社警察乗客不安感をなくす為に説得する事は悪い事ではないと判決が出た。

電車がとまり大勢人達が、会社学校遅刻しただろう。会社業務に支障が出ただろう。遅刻した分、給料が減っただろう。受験勉強を頑張ってる高校生が、授業に遅刻しただろう。

男達の為の抗議活動なのだろうが、その結果、男も困っている。

電車通勤してない人達も困っている。遅刻する人の分の仕事も、朝の忙しい時間に回ってくる。

威力業務妨害鉄道営業法35条で、どうにかしてほしい。

2018-10-20

anond:20181020225257

キズナアイ中の人というと声優さんでしょうか。

声優さんが思うまま喋るのがキズナアイコンテンツなら確かにキズナアイ声優さん人格が宿っているとも言えますが……

のじゃロリおじさんみたいな、声の人=中の人感はあんまりないんですよね。あくま営利目的キャラなんだろうなぁと感じてしまます

例えばですけど、もし声の人が増税に反対だったとして、キズナアイ批判するかというとまずしないですよ。無理です。『キズナアイ』が傷ついてしまます

からキズナアイは魂があるのにフェミの扱いに敬意がないという意見ちょっと不思議でした。

これが人間アイドルだったとして、キズナアイと同じ服を着せられて、こんな感じで進行してねと指示されてその通りにした子がいて、「女の子バカっぽい相づち役やらせんなやNHK(もしくは運営)」と批判が来たとき、はたしてその子ファンは、フェミ彼女人格を軽視していると捉えるんでしょうか?

ただまぁキズナアイキャラ的に賢そうな応答は無理っていうのはわかります

先生入れないで賢い女の子キャラクターとキズナアイ、とか、生徒は男女一人ずつとかにしとけば良かったかもですね。

パチンコってのは打っている間にストレスをためるのも目的の一つなのか

anond:20181020105805

目的…「惚れさせること」だろうか。

付き合うか否かの形式はさして重要ではない。

付き合うことと惚れさせることがイコールなら、ご指摘の通りの戦略ベスト

イコールでないなら、より適切な手段を探したい。

文学のめざすところってなんだ

文学者とはなんぞやといふ話がある、

本が好き」「文章が好き」まではわかる。

だが文学といふからには学問であるわけだ。

さて、さふすると学問とはなんぞやといふことになってくるわけだが、殊自分に関しては工学を修めて来た者であるからして、学問といふには何かしらの目的なり目指すところがあるものだと考える。

例えば電子工学なら今よりも高速で省電力なデバイスを作りたいといふ思いがあり、機械工学ならマイクロデバイスや高効率なタービンの開発といふ目的があるといった具合になる。

そこで改めて文学とは何かといふ疑問に立ち返ってみよう。

大辞林によると文学とは`「言語表現による芸術作品詩歌小説戯曲随筆評論など。文芸。」`なのだそうだ。つまり芸術作品だそう。

この解釈はいささか自分解釈とは異なるわけだが、芸術作品にたいして「学」と名付けて良いのだろうか。

そうではないはずだ。文学芸術学問目的のある研究活動である

芸術芸術で素晴らしいものであらふことは理解している。その上で申し上げるわけだが、文学学問の顔をしていただきたくはない。

文学者がさも学問を究めし学者であるという顔をすることに違和感を覚える。

あくまで彼らは「文章を書くのが好きな芸術家」であるのだから


小川榮太郎氏に向けて

ジャングルに行きたい

特に目的もないのだが、ジャングルに行きたい。

しかし気軽にいけそうもない。3日~5日くらいで気軽に行ける

ジャングルがあればいきたいな。

人を使い潰す業界は潰れればいい

https://www.atpress.ne.jp/news/168885/amp?__twitter_impression=true

中国アニメスタジオ日本アニメーター引き抜きやアニメスタジオとの提携目的日本事務所を作った。

技術に対してまともな報酬を受け取れていないアニメーター達が中国にごっそり引き抜かれたら日本アニメ業界は風前の灯だろう。

日本オタク中国から輸入したアニメを見る事になる日も近いかもしれない。

でもアニメーターもやっとまともな給料貰えるかもなチャンスだな良かったなとしか思えん。

まともに給料を出せず人の人生使い潰す業界は潰れたらいい。

Rubyはこれでいいの?

https://rubyprize.jp/ja/nominees_18.html

見てほしいんだけどさ

候補者が一人除いて日本人

かろうじて一人だけ外国人らしき人がいる(日本帰化している方なら申し訳ない、いやそれなら全員日本人ってことになるな!逆にダメじゃん!)

さすがに全員が日本人だったらまずいと思ったんだろうと邪推してしまうほどに日本人だらけだ。

Ruby Prizeの目的って

新規Rubyコミュニティ活動に参加した人を正当に評価し、Rubyの普及と利用促進を図るため、2013年Rubyコミュニティの「新人賞」として「Ruby Prize」を創設しました。」

と書かれてるんだけど

普及と利用促進を促すなら外国にも門戸を広げるべきだろ。

そりゃ無理やり外国人忖度しろっていうわけじゃないけどね。

Ruby世界で人気がなくなってきてるという意見ちょくちょく見るけど、これみるとしかたがねーよなって思う。

Rubyはこれでいいの?Ruby Associationはこれでいいの?Ruby Prizeはこれでいいの?

デブ大麻批判

デブが薬物依存症批判してるのを見て、それって自己欺瞞じゃん、

おまえだって生命維持に必要な分をはるかに超えた栄養快楽目的だけで摂取してるじゃん、

おまえのその腹回りは日頃どれだけおまえがオナニーしてるのかをダイレクトに周囲に発信してるんだよ、

とか思ってたけど、よくよく考えてみると摂食による栄養備蓄の側面を忘れていたことに気づいた。

まり、実はデブは不意に訪れる自然災害などによる断食状態に日々備える危機管理意識の非常に高い人だったと。

そう考えるとデブ批判にも一理あるんだなあと思えるようになった。

ブルマーミニスカート

ブルマー最初女性解放目的で作られた衣服だったのに、後に女性たちの反発によって殺された

ミニスカートもまた、同じ道を行くのだろうか

anond:20181019220853

難しいのはわかる。そんなに麗しいなら、その子と付き合えることを第一に最善をつくしたらよいのでは?と思うけど、今いまアプローチしてても手応えがないなら自分を磨きつつ、時間的接触を増やしてそれを相手にとっての安心感とか心地よさにつなげるのだよ。いま彼女にとって彼氏なり別の意中の人がいたとして、それがダメになったタイミングで一番近くにいてホッとする相手になっていればチャンスはあるだろう。いま彼女彼氏なり別の意中の人がいたとして、今増田感情リブンでアタックしてもフラれるだけだろう。

本当に彼女をモノにしたいなら、どっちの戦略を取るのか、俺には自明に見えるのだけど違う?目的をハッキリ決めよう。オナニー失恋がしたいだけなの?違うんだろ?

anond:20181020093536

「○○してる奴らは△△もXXしろよ」

△△もXXするべきなのにしないのはおかしいと他の人に思われるのは

〇〇だけしてるのは大義名分とは別に個人目的を持ってるとしか思えないからだから

それでいて△△をXXしないのはなんたらかんたら~って正当化ちゃうから余計

anond:20181020040904

おれは作る側の人間じゃないので想像だが、

①注目されたい、そのために人気作のアイデアパクる

②締め切りに追われて(商業誌でのパクリ事案はこちらかと思われる)

いずれにせよ目的のためにモラルは欠如しているのであろう

ほか何かある?

2018-10-19

すごく今更だがNISA口座作って株を始めた。

NISAだし本業はあるしと配当目的大手企業の株買ったんだけど1週間で含み益が2万くらいでてる。

人間欲が出てきて特定口座で普通に売買してやろうかなっと思い始めてきた。

ただ目標が決めれない。と方針も定まらない。

なんとなくぼやっと月1万増えれば御の字だなーって考えると2日で1000円も利益出せれば十分なのかと軽く考え始めてしまったけどそのくらいだとマイナス出たらすぐ飛んじゃうかなぁっとも悩む。

みんな月いくら?年いくら目標にやってるんだろうか?

anond:20181019214253

横だけど、後半はいらなくない?

煽りたいだけなんだろうけど、レスバで相手感情的逆撫でしてどうにかして言い負かしたいのが目的なら、むしろ前半はいらなくない?

anond:20181019034246

アイドルを名乗りたい女の子が多いからその需要に応えている

金持ち愛人道楽やらせてる喫茶店雑貨屋みたいなもん

利潤を目的にしていないがたまに勘違いして参入してくる労働者のつもりの人が居る

anond:20181019164234

つかランチ1600円って高いの?むしろ思ったより安いんだな、と思ったけど。

地方だけどランチ1600円の店って普通だよ。別に気合い込めて行かなきゃならない店とかじゃないよ。

まさか東京セレブタウンが同じ値段だとは思わなかった。同じ内容なら倍は取るものだと思っていた。

つか、ここで言う「ランチ」って、あくまで「食べる事を楽しむのが目的ちょっといい昼ご飯」の意味だよね?

ただ腹が膨れればそれでいいってなら、全国チェーンのファストフードもあるだろうしそれは値段変わらないだろうし。

ロボット使えないって?

実験に付き合わされたお客は良い迷惑だったかもしれないが、何事も実験しなければ検証できない。

ひょっとすると、観光ホテルでは無理でも、単なる宿泊目的ビジネスホテルになら、

適応可能な部分が見つかっているかもしれない。

付き合える見込みのなさそうな女

見込みはないかもしれないが魅力的でたまらないという場合ゼロではない可能性に賭けてがんばり続ける?

それとも見限って(諦めて?)他に行く?

「とにかく狙った女と付き合う」ことを目的とすると、どちらが確率期待値が高いのだろう。

三省堂現代新国語辞典第6版の話(追記あり

高校生向け『三省堂現代新国語辞典』第6版がヤバいから高校生じゃなくても買え

http://fngsw.hatenablog.com/entry/2018/10/18/174528

についたブコメを読んでて考えたこと。

 

ギガが減るはもう馬鹿にできなくなった”

“沼も草もいいけど、ギガは受け入れられない”

私も「ギガ」を「データ通信量」の口語表現として使うのは、せいぜい保って10年かなという気はする。ギガの前に類似意味で使われていた「パケット」「パケ」が今どうなっているかを考えれば自明である。ただ、「データ通信量」が日常会話でどう言われていたか、というのは、このご時世だと量的にあなどれないので、改訂間隔が4年弱というハイペースな辞書としては、記述的内容としてでも載せておこうという立場理解できる。

辞書改訂間隔というのは、よほどメジャー辞書じゃない限りあまりおおっぴらには言われないので意識しづらいところなんだけど、辞書の素性を把握するにあたって重要な要素の一つである。大まかにいって、

 

10年〜:「広辞苑」「大辞林」「大辞泉」などの中型辞典

6-8年:「新明国」「三国」「岩国」などの全年齢向け小型辞典

3-5年:「三現新」「学現新」「例解」などの学校教育向け辞典

 

という3タイプがある。さらに年刊の新語解説辞典でもある「現代用語の基礎知識」がいるわけだけど、そこで必要とされているのは国語辞典的な分析と整理を経た解説文ではないので、新語国語辞典へのエントリーの場として、継続的ハイペースな改訂を続けられる可能性の高い「三現新」を使うのは、一つの方法と思う。

当然、「初学者向けの辞典なのに規範性より記述性を優先するようなことをしていいのか」という反論が予想されるんだけど、辞書編纂という事業本質理解することの取っ掛かりになる、という学習効果も含めると、こういう辞書が一つあるのは、総合的には大きなプラスなんじゃないかと思う。そもそも、この辞書規範としての性能が損なわれるほど、攻めた記述的内容の占める割合が高いかというと疑問である

 

 

辞書って買った人限定でいいか差分を出してほしいなあ”

Diffをだな…”

かに欲しい。しかし最新版改訂箇所を簡単に一覧できたら、全体を見ずに目についたところを叩くしか能のないゼロトレランス野郎の餌食になるだけだから、なかなか難しかろう。

新版のことはともかく、戦後すぐの「明国改訂版」から三国7版」までの8冊を見比べる「改訂箇所辞典」みたいなのがあったら、かなり面白い戦後史の切り口になるんじゃないか……と想像した。が、「三国」は時代によって対象読者が徐々に変わってる(初版中学生向けだったけど、今はプロハイアマ向けっぽさが強い)ので、語義の変遷と取るか編集方針の変化と取るか判断に困る場合がありそうである。するとやっぱり「新明国」のほうが、通時的比較をして面白いのかもしれない。4版まで徐々にはっちゃけて、そのあと大人しくなる様子が観察されるだけかもしれないけど……。「三現新」は「新」のない旧版初版1988年)も含めると、8冊でほぼちょうど平成時代カバーすることになるので、こちらの比較にも興味が湧く。

 

 

“草とか沼って 辞書に載ってないからこそ面白いしわざわざ使いたくなるのであって、権威側にいっちゃうと急速にダサくなるんじゃないかな”

まさにそのとおりで、 スラング/若者言葉 というのは 部外者/大人 に通じないことを目的として変化していくものなので、 部外者/大人 が使い始めたら廃れる。まして辞書に載るなんてとんでもない破壊的なことである。この「辞書における観測効果」をどの程度容認するかは大いに議論余地があるところである……

……とまでは思ってないわ。気づく限り同時代的に記述を試みるべきだし、種々の条件(編集方針や紙幅)から許容できる限り載せていくべきだと思う。言葉は何をしたってどんどん変わってくんだし。「ボツ語彙」になったとしても、後の時代からは汲めないニュアンスを反映させた語釈が残ることには、大きな資料価値がある。

 

 

“そんなの、辞書を引かなくても、ググれば出てきそうだが”

ググって出てくる情報辞書に載る情報質的差がわからないのヤバい

 

 

マウンティング総合格闘技マウントからではなくて、類人猿が順序確認行為として行なうマウンティングからでしょう。大丈夫かこの辞書?”

マウンティングについては、確かに猿に擬することでマウントを取ろうとする人を貶める冷笑的な悪口という含意もあって、猿説を取る人が多いと思うんだけど、三省堂ぐらいになると格闘技説の根拠となる最古の用例を確認しているおそれがあるので静観。

 

 

“巷での用例から採録するならば本来意味確認するために辞書を参照できなくなるよね”

この「本来意味」という考え方は、よく吟味して用いないと危険である

言葉本来意味、というのを厳密に考えていくと、一語一語が使われる現場しか存在しないもの、と定義せざるを得なくなる。どんな言葉も、その置かれた文脈によってわずかに意味が変わるわけで、その意味はその文脈しか生じない。辞書編集者は、文脈依存した意味を削って標準化した意味語釈として書くことになる。以上のような立場からすると、言葉の「本来意味」が辞書に載ることは原理的に不可能である人間辞書を読んで言葉を使い始めたわけではない。「言葉が先か辞書が先か」は問題になりえないのだ。

この発言主は「本来意味」というのを、「語源から説明できる意味」かつ「最も一般通用してる意味」くらいの含意で使っている(と斟酌する)んだけど、「語源から類推しうる意味の幅」というのは実はかなり広くて、同じ言葉時代によって逆の意味で使われているけど、語源からはどっちの意味説明可能、ということはままある(「ヤバい」なんかその典型だろう)。したがって、巷から用例を集めて意味限定・整理しなければ、広く通用可能語釈は書けない。

問題は、その「巷」の幅をどうとるかで、より保守的通時的な巷を選ぶ辞書(「岩国」とか)と、共時的新語・新用法に寛容な巷を選ぶ辞書(「三国」とか)とが共存している現在の状況は、まずは理想的、と言えるのではないかと思う。言葉遣いでの誤解を避ける、という辞書ミッションに、異なる二つのアプローチから奉仕しているわけで、その方向性自体に優劣はない。どんな立派な辞書を引いても、誤読による意思伝達の失敗は起こりうるわけだし……。

 

 

2017年に出た第七版新明解国語辞典

2017年は特装青版の出た年であって、7版自体2011年のものだけど、それはともかく、このブコメで挙げられたような記述は、現在社会状況から言ってかなりデリケートな取扱いのもとで改訂が求められるのは避けられない。「新明国」はもともと、そのユニーク語釈の一部に、やや家父長権的な雰囲気のあるものが含まれる(減ってきてるけど)、という指摘がされてきた辞書だったので、その点をどうクリアして時代適応していくのか気になるところである刊行間隔から言うと、8版は今年出てもおかしくなかったんだけど、もう1-2年待つことになるのかも。

 

 

“沼って知障→池沼→沼の差別用語の方が載ってるのかと思って焦った”

“例えば「沼」のもう一つの若者用法については書かれていないようだし”

大抵の辞書はあまり悪辣差別用の隠語は載せないし、この意味の「沼」が「レンズ沼」より普及してるとか一般に広がる可能性があるとは全く思えないわけだけど、それを中途半端と評する自由はある。

追記 20:00

ブコメで大型辞典言及してくれてる人がいて嬉しいので追記

大漢和とかだと補遺として差分だけ出版されてるよね”

もとから分冊でセット価格がン十万円の大型辞典に、別冊で新項目が足されていくのと、一冊本であることに価値のある3000円ほどの小型辞典改訂ごとに差分だけの別刷りを用意するのとでは、かなり状況が違うと思う……んだけど、例えば薄めの文庫本くらいのサイズで、新項目と改訂箇所(できれば落とした見出しも)とその理由を語る、みたいなのが新版ごとに出たら、新版だけじゃなくその本も私は買うと思う。確実に客(マニア)単価は上がる。これはビジネスチャンスなのか? 「レキシグラファーは弁明せず」の人が草葉の陰で嘆くかもしれないけど……。

言及されてない大型辞書日本で一つで「日本国語大辞典」。改訂期間がおよそ30年ぐらいなんだ。すごいですね。次は2030年ぐらいなのかな?”

日国初版(1972-76)から第2版(2000-02)は確かに30年くらいなんだけど、いちおう直接の前身とされている「大日本国語辞典」(1915-1919からは50年くらい開いてるし、規模はともかく語釈に大型辞典としての性格が強い「大言海」なんか1932-1937年初版以来改訂されてないし、大型辞典といえばおなじみのOED先輩も初版1928年完成)から第2版(1989年完成)までおよそ60年……ということで、大型辞典改訂間隔を一般化するのは無理だなと思って書かなかったのです。「日国」2版がたったの30年で出たというのは、どことなバブル経済の余勢を感じさせる快挙である。二度と戻らない紙辞書時代最後の輝きというべきか。

とはいえ今も改訂作業は続けられているのだろうし、「死ぬまでに日国第3版とOED第3版を手に取りたい……」と思いながら、世の多くの辞書マニア暮らしているのではないかと思われる。(OEDは今後印刷版を出さないことを明言しています

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん