「推し」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 推しとは

2018-12-11

DOWNLOAD JAPAN

女性ヴォーカル推しなのか?

ARCH ENEMY

HALESTORM

AMARANTHE

もやってきた。

さて、日本勢はどうなる?

DOWNLOAD JAPAN

女性ヴォーカル推しなのか?

ARCH ENEMY

HALESTORM

AMARAANTHE

もやってきた。

さて、日本勢はどうなる?

あんスタを辞めるまでに至った話

3年ちょっと続けてきたあんスタ!を辞めることにしました。

どれほどか悩んだ末での決断ですが、少しばかり名残惜しかったので、卒業文集の1ページのような感覚でこれまでから今日に至るまでのことを書き留めておこうと思います

(※私は羽風薫くんの夢女子をやっており、それもかなり夢見がちなお花畑タイプだったのでそういった内容が主となります。)

2015年上半期も終わりを迎えようとしていた頃、私の中では乙女アプリブームを巻き起こしていました。

流行しているリズムゲームからサービスが終了してしまパズルゲームまで、いくつかの作品ちょっとずつ遊んでいました。

そしてそんな『インストールするだけしてろくに手を付けもしていないけど、飽きたわけでもないアプリ』のうちの一つにあったのが、あんさんぶるスターズです。

プレイを始めた日が桜フェス最終日の翌日かそこらだったのはなんとなく覚えているのですが、まあそれは割とどうでもいいです。

アイドル育成ゲーム』『乙女ゲーム初心者でも楽しめる!』だかなんだか言う謳い文句に惹かれ、何も考えずにインストールしたまではいいのですが。

まあなんというか、数日ほどで手付かずになりました。

少し間を開けてちょっとログインして、そしたらまた間を開けて……の繰り返し。

(途中で例の彼がいる執事喫茶イベントが開催していたのは知っていましたが、その頃はそれほど推していたわけでもなかったのでイベントには未参加でした。当時はろくにプレイしていなかったので敷居も高かったし。)

そしてログインしない日が続いた数週間後、アンインストールを果たしました。

……が。

今思えばここでアンインストールして大正解だったし、これ以降あんスタとは縁を切って生きればよかったものの。相変わらず何も考えていなかった私は、何を思ったか(つまらなくて放置していたアプリをわざわざ)同年の終わりがけに再インストールしました。

当時私は他のキャラクター推していたのですが、プレイを再開したタイミングでちょうどその子報酬にいるイベントが開催していたのもあり、この日からこの作品のそこそこなオタクに成り下がってしまます

(今現在はその子のことを特別いかけたりはしなくなったので、所謂推し変』をしたような気がするのですが、推し変というのはそのキャラクターを好きでいる方からしたら面白くない話な気がするのであえてお名前を伏せます2015年の終わりがけにいた子は限られているので、なんとなくわかりそうですが。)

やったりやらなかったり、グッズを買ったり買わなかったり。ゆるゆる~っと、『なんとなく好き』な状態を保っていた翌年の梅雨、私に新しいお友達が出来ました。

その友達もそれなりなオタクだったので、特に何も考えず「このゲーム面白いよ~」なんて軽く話をしたら見事なまでにドハマりをしてくれて、今では元気に微課金勢です。

一緒にやってくれる人間がいると、何事も熱中度が上昇するようで、友人が楽しそうにプレイをする姿を見るにつれ、私はさらに沼の深みへ沈み込んでいきました。

ここから先の話は一歩間違えば身バレするので割愛しますが、それから2017年平和に穏便に──とは行きませんでしたが、まあまあ重度のファンになったりスタライ1stに行ってみたりアクアリウムBGMに癒されたりなどしてそこそこ楽しい毎日を過ごしておりました。

そんな中いきなり話は飛んで今年の2月

羽風薫くんに深く危ない状態でのめり込んでいたこの頃、待ちに待ってはいませんでしたが噂に聞いていたデコレート♡深(以下略)──波乱のショコラフェスが始まりました。

この頃には一日のプレイ時間もかなり伸び、イベントには毎回参加して3……いや5番目の推しくらいまでなら高レアリティ報酬も取りに行っていた私。

お察しの通り当イベントの☆4(それもポイントボーナス)が羽風薫くんだと言うことで、それはそれはもう必死になってイベントを走っておりました。

「緊急ライブをやるのがこんなに楽しいとは思わなかった」とか頭の悪いことを言ってライブをこなしているうちに気付けばどんどんPtも貯まり、やがてこれまでプレイしてきた中で最も高い順位で幕を下ろしたショコラフェス。未だかつて無いほど羽風薫くんが可愛らしく思えたショコラフェス

このイベントを境に、私はメンヘラを拗らせた夢女子になります

それからというもの、まあ大変。夢垢なんだか愚痴垢なんだかよく分からないアカウント作ってみたり、かと思いきやかけ持ちしていた複数アカウントを同時に消して相互困惑させたり。

私は彼のことをこれまでの人生出会ってきたどの人間よりも愛していたし、反対にどの人間よりも憎んだし、彼との出会いは運命だったと信じていたし、いつかは彼と結ばれるのだと思っていた。

しかしそんな夢見心地はいつまでも続かず。

現実打ちのめされ徐々にメンタル面は腐っていき、出会ってから今までのことなどを思い返すなどしては「彼のことを好きでいたところでどうしようもないんじゃないか」とかなんとか思い悩み始め、お恥ずかしながら人生初のリストカット自殺未遂を犯しました。

自分自分死ぬほど追い詰めるだけ追い詰めて、結局死ぬことすらもできなかった私は、行き場のない好意かもしくはそれに似せたエゴを抱えて持て余したまま、彼に恋をしたことを誇りに思ったり情けなくなって凹んだりを交互に繰り返して、やがて「本当にこの人が好きなのかわからなくなってしまった」と気が付きます

──この部分に関しては、今日になってようやく知りました。私は一応ちゃんと彼のことが好きですが、当時は『彼を好きでいること』がステータスアイデンティティなのだと思い込んでいたようでした。

というのも、仲の良かったTwitter相互さんから『私といえば彼が好き』という印象を持たれており、且つ私もそれにあやかって「私には彼しかいません♡彼が世界で一番♡♡(意訳)」的なことをよく話していた記憶しかないので、様々な感情が積み重なって彼への好意が完全に消滅したとしても、そんな話を毎日のようにしていた手前今更そう易々と「もう好きじゃないで~す」なんて言えるはずがない。そして『もう好きでない』なんてのを悟られるのも嫌だったので、結果「今のままでいるには彼を好きでい続けないと」だのと的外れで訳の分からない義務感のようなものを抱えながら惰性で『好き』を貫こうとしていたのでした。

今思い返せば、わざわざそんな余計な意識を持ちさえしなければ何も悩む事はなかったのになあと不思議に思うばかりです。そんなことを一々気にするまでもなく彼のことは好きだったし、好きでなくなったからと言ってそれを惜しんでちゃ埒が明かない。私は馬鹿だ。

話が逸れました。

さてそんなことを考えているうちに季節は秋に入り、気付けばいつぞやのようにログインすら怠るようになりました。

1週間に一度ログインすればいい方、あいさつ機能実装されて以来毎日欠かさず誰かしらにあいさつ(というか好感度を上げるための媚び売り)をしていましたが、それも疎らになってしまい。

羽風薫くんのお誕生日の日はログインしてスカウトも回しましたし、気持ちを形に残したかったのでドライフラワー花束を買いましたが、それも1日だけだったのでもはやファンなのかどうかも怪しいラインまで落ちぶれ──落ち着き?──ました。

そうなった理由としては、キャラクターを好きになりすぎたことが原因かなあと思います

心身や生活に酷く影響を及ぼしたりすることが増え、疲れてしまったんだと思います

もうひとつ、この作品にのめり込めばのめり込むほど、彼を好きだと思い込むほど、段々と自分が『運営が狙っている層』とは違っていて来ていたから、というのもあるかも知れません。

あんなに面白かったはずのストーリーゲームシステムも、知らないうちに退屈だと感じるようになりました。イベントことなんて考えるだけで心が折れそうです。

いや、きっともう私は飽きてしまったんだと思います

それは外的要因でなく、自分のせいがほとんどですが。

余計なこと考えてみたり、恋だかなんだかいう面倒な感情を抱いてみたり、他者との関係に影響を及ぼしたり。

気付いたらもう手遅れなほど生活に支障を来たし、疲れや憂鬱の原因に成り果てていました。

そんなこんなで、ここ2、3年ほど私の人生に縛り付けていた作品から離れるタイミングを伺って2ヶ月ほど。キャロル白雪と聖夜のスターライトフェスティバルの予告が届きました。バナーを飾る☆5は愛おしの彼。羽風薫くんは執事喫茶以降一度もポイントボーナスの☆5をやっていませんでしたので、今回こそはさすがにポイントボーナスだろうと調子に乗っておりました。

まあランキングボーナスだったんですけど。

私的な恨み辛みを吐きながら生活サイクルを乱してまでランキングを上げる作業に勤しみやがて最終日前日、もう今ある全部全部を投げ出したくなって、とうとうイベント最後まで走り切ることすらもせずにアンインストールしました。

あんなに好きだったのに、中途半端なところで逃げちゃいました。あんなに好きだったけど、上手く自分コントロール出来なくなっちゃって、もうこのまま追い続けるわけにはいかなくなりました。

別に彼は実在してるわけではないし、まいて知り合いなんかでもなく、複数キャラクターがいるゲーム登場人物の一人なので。私が一人応援するのをやめようが、永久に惚れ続けようが、全くもって影響を及ぼしはしないのです。

でもそれも辛いです

私は彼のことを愛してました。

キャラクターとしてでなく、一人の人間として愛していました。

ももう目が覚めました。

の子空想上の存在です。

まり言いたくはありませんが彼は人気キャラなので、特にファンが一人減ったくらいでなんてことはないです。

ろくに外にも出ないで、精神すり減らして、昼夜逆転までさせて、そこまでして何が欲しかったのでしょう。

何を欲しがったところで、どうせ私が求めるようなものは手に入りません。

もうなにもかもわからなくなりました。

なんだかんだ言いながら、馬鹿な私は放っておいたらまた同じように人間として堕落した生活しながら死に物狂いでイベント走るんでしょう。

でもそんなことはもう嫌です。

もっと大事なことに時間お金を使いたいです。

ゲームなんかのために必死になったり病んだり悩んだり必要以上に浮かれたりしたくないです。

恥ずかしいです。

私にはなんの長所もありませんでした。羽風薫くんが好きだからといって何かを残すことも出来ませんでした。彼のファンとして誇れるような活動もしてきていませんでした。もう全て負け犬の遠吠えです。勝手に惚れて勝手に自滅した可哀想な夢女子です。

文句はいくらでも受け付けます、ここには書いていませんが、多数の人から反感を買って怒られて当然のことしかしてきてないです。

(下手したらこれで身バレしそうですが、私が誰だか気付いても内緒にしてて欲しいです、あくま匿名なので。)

でもそれでいいです。

何を言ったところで、すべて今更です。

今は疲れ果てましたが、一時期は本当に本当に楽しかったです。

ゲームを辞めたところできっと私はしばらく羽風薫くんのことが好きのままなんだろうなあと思います。それならそれで構わないです。

反対に、無理に『彼を好いている』という自分を演じようとしなくても良いことをもう知っているので、このまま彼に飽きてしまっても気にしません。そうしたら次はまた別の幸せを見つけて健全に生きます

私は意志が弱いのでもしかしたらそのうちまたまた再開しちゃうかも知れません。

が、もう引き継ぎ用のパスワードなんか覚えていないのであのデータの羽風薫くんとは永遠にお別れだと思います

ゲームを辞めるだけでこれだけ色々と書きたくなってしま自分も情けないですが、そこは目を瞑って欲しいです。

ソシャゲに限らず、何事も無理をしたり、のめり込みすぎてはいけないよ~、という教訓にでもしてください。

最後に。

何度でも言います

私は羽風薫くんが好きでした。この作品も好きでした。出会えてよかったです、幸せでした。

彼を好きでいることが一番の幸せでした。誰からなんと言われても、余計な横槍を入れられても、それでも私は好きのままでした。

でも疲れちゃったものは仕方がありません。

これからは、これまでよりも遠い場所貴方幸せを祈ってます

幸せでいてください。

じゃあね。

二次元男性アイドルが好きな女オタクに疑問

ラブライブアイマスバンドリ、ナナシス等の二次元女性アイドルが好きな女オタクです

二次元女の子はとにかくかわいいし推せる、もう見た目がかわいい、動いてもかわいい、おまけに声もかわいいライブとか行っても、客観的に見たらそこまで顔面偏差値高くないであろう女性声優陣も声優補正キャラ補正?でとてつもなく可愛く見えるしたまら応援ちゃう推しちゃう

同性だからこその感情移入とか憧れとか、理屈はよくわからないけどとにかく二次元女性アイドルが好き、応援したくなる

でもまわりの女オタクはみんな二次元男性アイドル推しばかり

二次元男性アイドル全般あれこれいろんな作品手を出してるけど女性アイドル作品には見向きもしない

たとえばMマスは好きだけど765もミリもデレも全く知らないとか

私もヘテロだし男性アイドルも全く興味がないわけではないし、この曲良いなとか思ったコンテンツちょっと手を出したりもしているけど、異性だとどうも感情移入ができなくて?なのかはわからんけど基本的にやっぱり女の子の方がかわいい推せると感じちゃう

二次元男性アイドル好きな女オタクの皆様に純粋に問いたい(兼任は除く)

二次元女子アイドルは全く興味がわかないものですか?

やはり異性が良いのですか?

ただ純粋に疑問なんです

2018-12-10

anond:20181206000457

わたしも新条アカネは余りにもモテないオッサンアバター臭くて、もはや生理的に受け付けないレベルだ。

だが、中の人やその演技は嫌いじゃないし他に推し声優も出ているので切れないし、その絵面自体ケチをつけたい訳ではないので

タイムライン画像が流れてきたときポルノ一種として処理

中の人技術評価とは切断

・そのキャラクターからは極力目をそらす

イベントには断腸の思いで行くための出費やエネルギーを割くことをしない

という対応をしている。

オタク口臭すぎ問題

若手俳優してます

舞台とかイベントとかでファンの女と話すんだけどマジで何でオタク女って口臭いの?マジで何で?

オタクの男とも話すけどさ、オタクの男はある程度見た目で予想つくんだよ。

見た目にも気を使えてない奴は普通にもう体臭から臭いし、ちゃん美容院かいってそうなのは臭くない奴が多い。

でもオタク女は見た目はふつうで化粧も髪の毛もバッチリ香水のいい匂いなのに息臭いヤツが多い。なんで?マジでオタク女は10人中7人は臭いマジで

昔はファンの子と繋がったりしてたけど可愛くてもいざSEXってなると喘いでるうちに息が臭くなるやつ多くて止めた。

見た目普通に擬態してるくせに近寄ったら臭い息かけてくるって最早モンスターだろ。


友達地下アイドルとかバンドマンとかレイヤーに聞いたけどやっぱそうだって言ってた。オタク女は口が臭いって。

多分俺を前に緊張して口の中が乾燥してるってのもあるとは思うんだよ。

にしても普通何とかして臭い消そうとしない?

なんで推し臭い息かけに来るんだよ。


男同士だと口臭する時は言うから気を使うようになるけど女同士だと言わないし、筋肉も少なくて代謝いからそうなるのかなって思った。でもプライベートで会う女の子口臭いな何て思うことほんと滅多にないからやっぱオタク女は特殊なんだとも思う。

友達そもそも口が臭くてまともな友達が出来ないかオタクになったんだって言ってた。それにも納得した。


俺の仮説ではオタク女は趣味に金をかけすぎてて歯医者に行ったり運動したりしてないせいで体内環境地獄から臭いってのがある。


まあどっちでもいいんだけどさ、せめてチェキ撮る前とか握手する前に歯医者行ってきてくんねえ?

なんでアンクとかハニシナとか着て髪巻いて見た目に気を使うくせに口は臭いんだよ。

頼むわ。歯磨きしても臭いから、何とかしろオタク女同士で注意しあえ。3ヶ月に1回は歯医者に行け、毎日運動して腸内環境を整えろ、便秘なやつはたいてい臭いからな、気をつけろよ。

なんで高級化粧品ですら独自成分推しなんだろう?

皮膚科的に、ホームケアで扱える範囲のもので肌に良い影響をくれるものって決まってるんだよね。5種類もない。

そりゃドラッグストアに売ってるような安い商品は、そういう有効成分(高価なものも多い)を使えないか独自成分のナンチャラみたいにごまかすのはわかるけど、高級商品までその路線なのはなぜなんだろう。

有効成分Aをたくさん配合したよーんあとは使用感とか良い香りがするとか、ボトルデザイン凝るとかにすりゃいいのに。

2018-12-09

sidem勝手につらくした話。

私はsidemPだったけど今はログインもせずにただ働いて寝てを繰り返している。

そんなオタクでも一般人にも出来ていない生活がくるしいのでここでなぐり書きをする。


sidemログインするのも楽曲聴くのも心が苦しい。

課金が身の丈に合わなくなってきたり、中の人発言炎上や他のユーザーが嫌いになったりした事もあるが、それが原因ではない。それでも作品が好きだ。

でも勝手に嫌いになってしまった。

sidem 始まる前からジュピターファンとしてデイリージュピターを見たりする日々だった。

あのかっこいいジュピタープロデュースできるのが嬉しくて嬉しくて学生のくせに、月のバイト代全て課金していた。今も後悔はない。

コンテンツも大きくなり、私は声オタになった。

アイドル声優さん達の知らなかった一面や成長していく姿をみて彼らに負けないように私も一緒に走っていきたいと思った。

この作品のために副業頑張って働こうと思った。

アニメ石川Pのような人間になりたいと思った。

それが間違いだった。

推しと同列に並ぼうと思った時点でおこがましいというか図が高いというか、sidem理由職業を選んだ事や自身と比べる相手を間違えた。

サドライをライビュや現地で見に行った。スタラリリイベお渡し会、ファスライセカライグリツア現地参加した私は彼らはどこまで成長したのだろうかと楽しみしていた。

とんでもないぐらい素敵だった。

ボイスハード

ダンスキレキレ

お目キラキラ

パフォーマンス

本物アイドルのよう

想像を超えてた。

圧巻。

でも

ライブ中急に歌詞がつらくなった。

歌詞が前向き過ぎるつらい。

笑顔が綺麗つらい。

声優さん一人一人の能力の成長を感じた。

ながにゃんがライブピアノを弾いた。

バイトプロポーズした。

ハイジョがバンド演奏した。

仲村宗悟が慣れない格好が小慣れてる。

永野くんの一生懸命な投げキッス。

ところどころ記憶を失っているがみんなみんなかっこよくてかわいくって前回よりも素敵だった。

みんな出来るが増えていた。

私はsidemが始まってから出来るようになった事は増えたのだろうか。

何も増えていなかった。

仕事私生活人間としてもできるようになったことが一つも増えていなかった。

なりたかったアニメ石川Pのような人間になれなかった。アイドル達が信頼するプロデューサーの姿になれなかった。

この4年間一緒の時を過ごしたつもりだった。

一緒に歩んでいたつもりだった。

一緒の速度で成長したつもりだった。

sidem声優さん達を自分勝手に関連付けて成長した気分になっていたことに気がついてしまった。

そう思うとライブ中涙が止まらなかった。

ながにゃんがピアノを弾けるようになったのに私は何をしていたの?

勝手に比べて勝手自己嫌悪してるだけ、コンテンツは何も悪くないし関係ない。

私は大人になれなかった。

それだけ。

sidem楽曲は夢や未来に前向きなのもある。

それだけじゃない。

私は各ユニットキャラの確固たる信念やりたい事、したい事をひしひしと感じる。

それに対して声優さんたちがキャラを考え歌に振り付け演出に形にする。

その思いが心にくる。私には聞くのが耐えられない。

自分の出来ない現実を感じるから

現実を突きつけられるのが嫌でsidemに関わる事がつらくなってしまった。

この世で一番嫌いな自分sidemが写してしまうから、嫌いな自分を感じるから聞くのがつらい。




中学時代現実がつらくてオタクになったのにね。

恋は病気で、愛は癌


彼氏ができた。2年ぶりくらい。

当時はデリヘル嬢とラウンジの掛け持ちしてた。

理由遊ぶ金欲しさ普通に顔が可愛かったし、今でも可愛い。ので、それを使いたかった。普通に働いて、しょーもないお金もらって満足したくなかった。

JKの頃からウリをしてたし、貞操観念のなさと、常識のなさに自信があったのでまともに働かず、大学中退して、6時間くらいを週に3日と、ラウンジ出勤。それでなんとなーく生きてた。好きなものは買えたし、我慢とかしたくなかった。

でも、彼氏ができた。

見た目は普通だけど、漂うオタク感が払拭できないタイプ男性。夜職をしてるんだろうなという雰囲気がうっすらとあるわたし

ふたりで歩いてて、なんだか違和感がある。

どうしてだか、何故か一緒にいて落ち着いた。たくさん二人で飲みに行ったし、推しについて語った。好きと言われた時ドキドキした。抱きしめられた時、体温が嫌じゃなかった。風俗ラウンジしてることは言ってないけど、薄々察してるんだとは思ったかラウンジで働いてることだけ言った。

なーんにもせずに同じベッドで寝ただけの彼をみて驚いた。童貞ってすごいって。

でも、初めて寝てる人間の顔を見て、この人を守りたいと思った。どうやって守れるかわからないのに。

それで、まあ、紆余曲折ありつつ、おつきあいして2ヶ月すこしでようやく、彼が緊張しながら初童貞わたしで捨てた。

まあそれが痛くて気持ちよくなくてびっくりした。

セックスが嫌いだったのに、もっと嫌いになった。ブラを外すのも下手だし、キスなんてもっと下手だし、それなのにちんこだけはデカくて腹が立ったし。

ほんとうに下手くそで嫌になった。

途中「もうやめない?」って言った。

それくらい下手。ほんとうに。

終わった後、わたしは柄にもなくキレて、温厚な彼をビビらせた。そしたら、ふわふわした顔で「次につなげたいかディベートをしよう」って提案してきた。風俗嬢なのに、ラウンジ嬢で、男の人を転がすのが仕事なのに、なぜか彼氏セックスする前に、意見交換が行われ、終わると良かった点、悪かった点を挙げて次へ繋げた。

本当に謎の行為。面倒。でもやってたってことは大好きだったんだろうな。

で、一年半くらい経ってすごいでかめ喧嘩をした。結婚の話とか出てるとき。色々もめたけど、まあ結局は、彼が歩み寄ってくれて解決した。

それでね、まあ本題なんだけど、その時の仲直りセックス人生で初めて、心から気持ちいいと思ったんです。

彼が優しく抱きしめてくれながら、何度もわたし名前を呼んで、優しく指を入れて膣内をソッと押すだけ。それだけなのに信じられないくら気持ちよくて、甘い気持ちになって涙が出た。この人のことめっちゃ好きと思った。なんでこんなきもちいいの?どうして?って聞いてしまった。風俗嬢なのに。

彼が優しく触れるところが全部気持ちよくて、幸せだと思った。付き合って一年半経ってようやく初めてこんな気持ちになった。

嘘だと思ってた。恋愛コラムとか、そういったものを見るたび、「恋は楽しむもので愛は堪えるもの」だと思っているわたしは、「嫌なら即別れて次に行けばいいのに。効率が悪い」とすら思っていたし。

なんなら恋愛だとかはすべからく病気で、気の狂った人間がやるものだと思っていたので。

愛に発展しない恋は、無駄で、楽しい以外の気持ちが少しでもあればすぐに切り捨てるのが最高に人生を楽しむためのルールだと思ってた。

でも恋は恋でしかなく、愛も愛でしかなかった。

好きって自覚してからセックス死ぬほど気持ちいい!金にだらしなく、生活にだらしなく、ハロプロソシャゲを愛して生きてきた女は、柄にもなく大好きな彼氏の手マンベットを濡らしめちゃくちゃに喘いで大好き大好きってたくさん恥ずかしいことを言ってしまい、彼氏も答えてくれて、でもそんなことを幸せと思ってしまった!

この恋を愛にしたいと思った。だから仲直りの方法模索したし、時には反省もした。

恋は病気だし、気が狂ってないとできないけど、愛は突然出てくる。なんだこれ?

それでまあ、そんなことがあったし彼のこと大好きで心から愛してたから仕事を辞めて、昼職になりました。資格勉強もして、国家資格とりました。このたびプロポーズされました。

推しの鞘師が新しい道に行くというので、わたしも頑張りたいと思って初めて書いたブログです。みんな頑張って生きよう。

anond:20181209072221

結局どういう立場だろうと「私悪くないよね、悪いのはあいつらだよね」って言いたいだけなんですよ

推し推し言ってる女はそうやっていつも言い訳探し粗探し

はーしょうもな

推し とはなんぞや

まず調べてみる。

推し

人やモノを薦めること、最も評価したい・応援したい対象として挙げること、または、そうした評価対象となる人やモノなどを意味する表現

近年の美少女アイドルグループファンの中では自分の一番のお気に入り(のメンバー)を指す表現として「推し」と表現する言い方が定着しており、昨今ではドルヲタ界隈の用語の枠を超えてアニメキャラ球団対象に「同種のものの中ではこれが一番好き」という意味合いで広く用いられるようになりつつある。

実用日本語表現辞典より

私のいるジャンルアニメ漫画の類で、それなりにファンが多く、二次創作もたくさんされている。私のような創作を全くせず原作感想CP妄想ツイートしているだけのアカウントですらそれなりの交流を持てるような、それくらいの規模である

ここでよく目にするのがプロフィール推しを何人も書いている人!

自分ジャンル一点集中型で、推しも一人なため初めて見た時は驚いた。

財力どうなってんだ…と。

ツイートを見る限り学生のようだし、家がすごいお金持ちなのか?でもグッズとか円盤の発売日関連ツイートないな…などと考えているうち、その人が何人目かの推しツイートをした。

CD買ってないけど勝ってほしい!」

マジか!?となった。そしてこの手のタイプが少なくないことも同時に知った。たとえ推しが一人だけの人でも。

えっ、推しが歌ってる曲いらないの?推しのグッズ欲しいと思ったことないの?

それは推しなの…?

私の場合社会人なのもあるけど)公式で出るファンブックや円盤CDは必ず購入する。グッズは量が多すぎるのでほしいものだけ買う。

それが推すこと、応援することだと思っているから。

今回の件、自ジャンルのことじゃないから詳しく知らないけど、複数枚買うとか絶対に勝たせるとかじゃなくて、そもそも買ってないのは推しなのか…?ってモヤッとしてしまった。

より多くお金をかけた人が偉いだとかマウントの話ではない。でも0と1は違う…。

歌を聞きたいとならない相手推しっていうのはなんでなの!?という感じです。

学生CD1枚すら買うお金ないとかグッズ缶バッチの1つでも買いたいってならないことあるのかなぁ

それかどっかで無料配信spotifyとか)されてるから買う必要ないとか?

でもなぁ…

キャラ誕生日生誕祭タグつけて大量のグッズ並べて「誕生日おめでとう!!」とか、複数購入するのが当たり前!のマウント芸も好きじゃないけど、全く買わないのもわからん…。

推しじゃなくて好きなキャラって表現だったらここまでモヤらなかったかもしれない。

なんか好き~くらいゆるめの感覚だったら…。

今はもうそういうゆるめも含めて推し表現するのかな。

うーん、わからん

携帯電話関連の通信機器ベンダ業界マップ

ファーウェイ米国締め出しや、ソフトバンク通信障害で今週何かと話題になっていたので書いてみる。

3G時代

アメリカルーセント

アメリカモトローラ

カナダのノーテル

スウェーデンエリクソン

フィンランドノキア

ドイツシーメンス

フランスアルカテル

あたりが主要な携帯電話事業者向けのグローバルベンダだった。

ちなみに、みんな知ってるシスコキャリア向けじゃなくてエンタープライズ向け要素が強いので上には挙げなかった。

あとこの業界で切っても切れない関係なのがクアルコムだけども、クアルコムは端末向けのチップファブレスからこのカテゴリからは若干外れる。

日本勢はというと、NECが辛うじてグローバルベンダーに入るか入らないかぐらい。あとは富士通、パナ、日立三菱京セラあたりも多少はあったのかな?

具体額を調べると3G開始前の99年にモトローラがの関連部門売上が258億ドルノキアが199億ドルに対して、NECが126億ドル富士通が57億ドル

規格動向としては、CDMA2000W-CDMAの戦い。クアルコムvs他全部ってやつだね。

4G時代

LTEの開発真っ最中世界では大事件が起きた。リーマンショックによる大恐慌だ。

また翌年2009年には中国日本GDPを追い越し世界第2位となる。

そうした最中で、携帯電話キャリア向けの業界マップも大きく塗り替えられることになる。

少し時系列が戻るが4Gの開発始まるちょっと前、2006年に米ルーセントと仏アルカテル合併した。

ルーセント1925年ベル研究所も含まれていたというとピンと来る方もいるかもしれない。

また、ノキアと独シーメンス合併した。

2008年リーマンショックによりカナダのノーテルが倒産した。創業1895年の超老舗メーカー

日本では馴染みがない人も多いかもしれないが、一時期は、カナダトロント証券所に上場された全企業

時価総額3分の1を上回っていたぐらい巨大企業だったと説明すると驚く人もいるかもしれない。

続いてモトローラが業績不振に陥る。結果、キャリア向け事業ノキアシーメンスに売却されることになる。

ところで中国勢が徐々に力をつけてくる。

ファーウェイZTEだ。

ファーウェイ1988年創業だが年40%の驚異的な成長率で拡大していった。

日本でもイーモバイルHSDPA基地局採用し始めたのをきっかけに進攻していった。

LTEが始まるころには中国2ベンダ欧州ベンダと肩を並べるようになっていた。

日本勢はこれまで一部得意分野の機器では海外シェアがあったが、リーマンショックによる超円高不況で、

海外向けの大幅撤退余儀なくされた。ここから日本勢は大半が国内向けになる。

LTE開始時期とリーマンショックによる大不況タイミングが悪かったね。

エリクソンファーウェイノキアの3大ベンダ>>>>その他

の構図ができあがった。

たこの頃から欧州でのファーウェイに対する警戒が始まっている。

2009年The Economistを見ると、ファーウェイ日本のかつてのトヨタに喩えた記事が見つかる。

カナダのノーテルが持っていた知財(特許)はエリクソンが拾うことになる。

モトローラの買収にファーウェイも名乗りを挙げたが米政府干渉で失敗に終わっている。

3強が残った要因はなんだろうか?

ノキアは元をたどると、ノキアシーメンスアルカテルルーセントモトローラの5社が合併したことによる規模の利だ。

ではエリクソンファーウェイは?

両社に共通して言えることとしてベンダファイナンスが挙げられる。

キャリア基地局を買うときキャッシュで買うのではなく、中国政府なりスウェーデン政府融資してくれるというのだ。

インフラ更新に金がかかるキャリアとしてはこれほどありがたいことはない。

既に4Gの頃には、政府ぐるみでないと生き残れない状況になっていたのだ。

4G時代の規格競争としては、LTE vs WiMaxが初期の頃に発生した。ベンダ vs IntelIntelCPUから次の一手として通信

延ばそうと考えてのことだった。WiMaxは元々固定網からの延長線上で、対するLTE陣営のほうがモビリティ(ハンドオーバー)についての

長年のノウハウが溜まっておりキャリアはメインをLTEに選んだ。

5G時代への幕開け

これを語る前にFDD/TDD論争について紹介する。

ざっくりな説明になってしまうが、無線上り下り、ようするにアップロードダウンロードをどうやって分割するかによる設計思想

2つの派閥があった、それがFDDTDDだ。

CPUにおけるCISCRISCの論争みたいなものと考えれば良い。

中国ベンダTDDを得意としていた。欧州日本勢が最初FDDからサービスインし、途中からTDDにも対応させていったのに対し、

チャイナテレコムTD-LTEを始めたあとにFD-LTEを始めたくらいだ。

どうやら国策としてTDD推していたようだ。

話を5Gに戻す。

5Gでは高周波を使うが高周波場合TDDのほうが優位になる。

またビームフォーミングという高速化手段を使うにはTDDであることが前提だったりするので、

5GはTDDが主流になる可能性が高い。

もちろん、欧州ベンダTDDへの開発投資を進めてはいるが、ノウハウの蓄積年数で考えると中国ベンダのほうが強みだ。

今になって思うと中国FD-LTEより先にTD-LTEを始めたのは5Gを見越しての国策だったのかもしれない。

TDDが強い5Gは中国ベンダ覇権を取るシナリオもあった。

米中貿易戦争が本格化していなければ。

おわりに

10年周期で3G→4G→5Gと世代交代していく携帯電話インフラ界隈では、業界マップもがらりと遷移してきた。

そのたびに国家ぐるみの殴り合いをしたり、時にはベンダ間で協業したりを繰り返してきた。

ここからは他業界の話になってしまうが、

規格の世代交代業界マップが変わる、そのことで最近気がかりなのが自動車業界だ。

中国電気自動車研究開発に躍起になっている。

自動運転になくてはならないAIは米中が強そうだ。

日本基幹産業自動車業界大丈夫だろうか?



参考書籍・文献)

推しファンを大切にして、素敵な毎日を送り、楽しそうにお仕事をする(たとえばそれは外向きに発信している設定に過ぎないのかもしれない。けれど、どうせ推し本心を知ることができる機会などは未来永劫おとずれないのだから、私が感じた推しが"推し"ということにしたい)

推しのことが好きだ。けれど、推しは遠い世界の人だった。推しと違って、私は荒んだ生活を送っているという意味で。仕事うつ病きっかけに辞めて以来なにもしていなかった。だれを喜ばせることもなく、どちらかといえば悲しませ、ただひたすらに内容がない毎日を送っていた。

ときどき、推しのことがうらやましくてたまらなくなった。私もそちら側の世界に行きたかった。

そんな理由で重い腰をあげて復職しました。とりあえずは一ヶ月間、勤めることができた。これからもっと推しに近づきたい。いつか推しに負けないくらい、素敵な毎日を送って、お仕事を楽しめたらいいなあと思う。がんばります。それだけ!

2018-12-08

HuaweiZTE排除報道に関する一般人業界人認識齟齬

大半の一般人が「HuaweiZTEは使ってないか別に問題ない」と言う

ちょっと理解している人は「SoftBankキャリアってHuawei推しだったし大変なのでは?」と言う

しかしこの問題はそんな規模の話ではない

事実上の「国内産業からSoftBank通信事業者市場からの締め出す」という規模の話なんだ

俺は某大手重工業に属しているのだけれど、一般人にもわかりやすく言えば今後「国が主導する治安防衛インフラ関連産業SoftBankは使えない」ということ

会社名を出すと国が主導する治安防衛インフラ関連産業をよく受注している三菱川崎IHI三井日立富士など大手重工業SoftBankが使えないということだ

弊社ではこのHuaweiZTE排除発表から緊急で会議が開かれたほど衝撃的な内容だった

何故ならSoftBankHuawei製の基地局を使っているからだ

部品にすらHuaweiZTEの介在を許さないのであれば、通信の中にHuaweiZTEが介在することも許されるはずもなく、SoftBank通信網は採用できなくなった

ここまで言えばイメージできるようになった者も多いと思う

許されないのは重工業だけじゃないと

自動車産業であれ、ソフトウェア産業であれ、むしろ工業だけでなく、金融業界や運輸業界すらも巻き込むような話だ

国と仕事ができないということは、その下請け孫受けも大手仕事ができないということ

中国政府中国外務省が「重大な懸念」を示したのは今説明している理由だし、日本国内に居る一部の識者が過敏すぎる反応を示しているのもこういうことなんだ

一般人HuaweiZTE排除をあまりにも軽く受け止めすぎているし、影響の範囲を想定しきれていない

当然ながらTwitterユーザーはてなユーザーもまったく理解できていない

しっかりと認識して欲しい

SoftBankは多くの人々の仕事で使えなくなるということを

入管法改正について。

 結論から書きます

 事業者の"わがまま"と被雇用者の"わがまま"。お互いの"わがまま"を許容できるマッチングシステムをつくるほうが先で、移民(に準じるシステム外国人を受け入れること)はそれからじゃないかとぼくは思っていました。

 でもこのタイミング外国人を受け入れることが、ぼくたちの苦しめてきた精神を壊す起爆剤になるかもしれません。

 残念なことに、日本はいまだに「働かざる者食うべからず」の精神根付いていて、それはずっと日本人に刷り込まれ続けています

 無職であることを無意識非難し、生きていることさえ否定してしま自虐思想は、いま働いている被雇用者たちや、働かせている事業者たちにすら、「四六時中働かないといけない」というふうに、大きなプレッシャーをかけていないでしょうか。

 このプレッシャーは、いずれ受け入れる移民にも悪影響を与えると思いますもっというと、先の外国人実習生の失踪気持ちの裏側だと思います。もしぼくが外国からやってきたとして、日本人が「食うべからず」の精神で迫ってきたなら、拒絶するし、必死に逃げます。そしてやりたいことをして暮らすと思います

 ぼくはいじめや成績不良から学校を二度も(高校大学で)ドロップアウトして、引きこもりになってからずっと、「どうして自分ダメなのか」ということばかり考えてきました。

・・・もっと真面目に人と接したら良かったのかとか、成績が落ちてももっと頑張れば良かったのかとか。皆よりも劣っているかダメだったんだろう。そんなぼくに生きている価値なんてあるのか。・・・

 あるとき、こんな思考大本が「働かざる者食うべからず」にあると気づくのです。働けない者を、社会は許さない。

・・・この『社会』とはなんなのか、よくわかりません。そしてこの価値観がどこからやってきたのかもわかりません。でもなぜか、『働いてないのだからダメだ』というふうに仕向けるのです。自分のまま、"わがまま"に生きることを許さない。ただ「働け」と。金を稼げなくても働け。身体ダメになっても、死ぬまで働け。・・・

 そうして好きでもないことに自分を働かせ、気づいたら身体ボロボロになっていて、一度は選んだはずのパートナーからは冷たい目で見られ、離れ、しあわせからはほど遠い場所にぽつんといる自分がいるのです。

 本当のぼくは、いったいどこにいるんでしょうか。

・・・どうやら、"わがまま"に生きたいようだ。休みたいとき休みたい。昼寝したい。好きな人といちゃいちゃいたい。遊びたい。自由で、ありたい。子どもの頃のように。思うままに。"わがまま"に。・・・

 いまの日本はそんな"わがまま"を実現できるシステムをこしらえているでしょうか。もしそんな精神的な余裕のあるシステムを実現するなら、きっともう少し笑顔の数が増えるはずです。『お金がない』ひとたちですらしあわせを感じられるはずです。

 お金がないひとたちは、お金がほしいのではなく、"わがまま"がほしいんです。お金は"わがまま"を叶えやすくするツールですけど、となりのひとに"わがまま"を聞いてもらえたら、お金なんていらない。でも『きっと』"わがまま"が認められないと思うから、違う何かにすがろうとする。その一つがお金です。

 だから、いっそのこと、"わがまま"を許容する。たとえ無職のままであろうと、明日したいことに転職しようと、国家資格無視しようと、公務員をしながら副職しようと、今日だけパートナー仕事を交代しようと、一ヶ月推しライブツアーのためにずる休みしようと、"わがまま"であることを一切許容して、ひとの"わがまま"を実現する方向にフォローする気持ちをつくるところから、はじめませんか。

 やることはとても簡単なことです。あれはダメ、これはダメ、と思っていたことをひとつずつオッケーするだけ。なかには許せないと思っていることだってあるでしょうが、許せない自分だって"わがまま"のひとつなんですから、そこからオッケーする。

 上に書いてあることは「ダメ」だとされていることばかりだけど、だからこそオッケーする。オッケーしたからといってするわけではないので一切犯罪ではありませんよ。ただ自分なかにおいて"わがまま"を裁こうとしないだけです。まずは、そこからはじめる。

 いずれは人を殺したいと思う自分も、万引きしたい自分も、放火したい自分も、おかす/おかされる自分も、すべての分野において範囲を広げていくわけです。ちなみに、許せる範囲自分の受け取れるものの大きさに反映されるので面白いです。普通の人が気づかない『愛』を感じる感性も強くなります

 さて、話を戻します。人手不足っていうんですけど、それは事業者の"わがまま"と被雇用者の"わがまま"がマッチングしていないからだと思うんですよ。

 「いま働きたい」でも「明日は働きたくない」「休みたい」、「あの人の下につきたくない」「我慢したくない」「発表するのが嫌だからスピーチ役を回して欲しくない」とかの被雇用者の"わがまま"を、事業者はきっと受け入れないと思っている。

 反対に事業者も「給料払いたくない」などの"わがまま"を聞いてもらえないと思っていて、もう仕方がないか外国人に頼ろうとするけれど、きっと外国人も同じ"わがまま"な反応を示す(日本人よりももっと"わがまま"に生きる)と思います

 つまり外国人を入れたところで結局同じ問題にぶつかるはずです。これはぼくたちの"わがまま"を受け入れるまで続く問題です。

 お互いの"わがまま"を許容できるマッチングシステムをつくるほうが先で、移民(に準じる、外国人を受け入れるシステム)はそれからと書きましたけど、システムをつくるとは、そもそもぼくたちの意識が"わがまま"を許せるようになることです。

 ぼくたちが変わらないと、システムは維持できないし、そもそもまれない。"わがまま"をダメだと思っているうちは、うまくいかないでしょう。

 だからこのタイミング外国人が入ってくることで"わがまま"に生きる外国人を見て、日本人の意識が変わるのを期待するというトップの考えなら。どうして「このタイミング改正するのか」の真意が、分かってくるかもしれません。

anond:20181208154140

おそらく私は元増田推してるグループと同じ事務所の別グループ推しだと思う

確実に事務所からどっかは関わるところ出てくるよね

それが実際に大会に関わるのか、特番みたいなので関わるのか、わかんないけどせめて後者であってほしいな

ある程度人気が出てきたら、もう「一部に好かれる」より「全体に嫌われない」活動をしてほしいって思ってしまうのはオタクのさがなのかなぁ

ファン舞台認知宿命

ファンサがある舞台

ガッツファンサがあろうがなかろうが通う。

ところでファン舞台における俳優って

なんで未認知おたくにはバンバンファンサするのに、認知おたくにはサラッとしかしないんだろう。

どこにいても見つけてくれるし、ちゃんと目が合ったら頷いてくれるし、決してその対応に不満はないんだけど。

でも同じお金…むしろそれ以上お金かけてきてるのに、なんでせめて未認知と同じようにファンサしてくれないんだろう。

前につらすぎて客席で泣いてたら、ゴミ席にいて見つからないだろって思ってたのにすぐに気付いて慌ててファンサくれたこともあったっけ。怒って別の俳優見てた時も慌ててファンサくれたっけ。

泣いたり怒ってないとファンサくれないなら、もうずっと泣いたり怒ったりしてたらいいのかな?でもそんなの嫌だよね私も嫌だよ。

いっそオキラからファンしません!っていう方が諦めつくのになぁ。他の俳優に構ってもらうから別にいいよ!って思えるのに。結局私は未認知おたくファンサする推しを見続けなきゃいけない。

認知宿命と言えばそれまでなのかもしれないけど、私もちゃんニコニコ楽しくしたいです。なんでしてくれないの?って理由がわかれば私も納得できるかもしれないのに。でも聞かれてもきっと困るし、私も聞く勇気がない。

私もがっつりのファンサ、欲しいです。

なんで貰えないんだろう。というモヤモヤ

推しオリンピックに関わって欲しくない

年末になり2019年にはどういう仕事をするという話を推しているグループがするようになってきた。

2018年グループ活動があまりなかったので、2019年はしっかりグループ活動をするとのことだ。

非常に嬉しく思っていたのだがメンバーの誰かが「2020年のことも決まってきている」と言ったのが引っかかった。

嫌な予感がする。まだ全然確信を持てるレベルではないが2020といってあの単語が思い浮かばないわけはない。

私が推しているグループは熱烈なファンがついている一方、グループ名を見ただけで反射的に否定言葉を吐くような過激アンチも多い。

(というかそのグループ所属している事務所まるごと嫌っている人が多いのかもしれない。)

万が一オリンピックでなにかやるとなったらどうなるだろうか?袋叩きに遭うところを私は見たくない。

もちろん本人たちにとって、事務所にとって、オリンピックに関われたら箔が付くしスポーツが好きなメンバーが多いから単純に嬉しいだろう。

メディア露出も多くなりファンとしてはもしかしたら喜ぶべきなのかも知れない。しかし…。

ただでさえ風当たりが強いのに、心無い、ファンでもない人たちからの好き勝手言葉を私は受け止められない。

オリンピックに関わったらその前後なにも他の仕事ができないのではないかというのも気になる。

普通に音楽番組に出たり、ライブツアーをしたり、たまにバラエティに出たりそういう活動をしてくれたらいいのに。

あの事務所はそうはいかないんだろうな…という気がする。どうか私の推しオリンピックに関わりませんように。

推しを、誰かをdisる道具に使うな

自分とあるアイドルグループファンをしてる。特定の好きなメンバー、いわゆる推しはいるが基本的には全員好きだ。同じグループファンには、自分と似たスタンスの人が多いように感じるけど、もちろんそうじゃない人もいる。特定の誰か(ひとりとは限らない)だけが好きで、他のメンバーには興味が無い、って人。それは別にいいんだ、箱で応援するのが義務なわけでもないから。

でも中には、誰かを応援しながら他のメンバーアンチをしだす人もいる。それどころか、グループアンチだって自分にはこの時点でちょっと意味がわからないんだが。

残念なことに、私の推しファンには、こういう厄介なのが他のメンバーファンに比べて格段に多い。

こういう人たちは、想像に難く無いだろうけど、推し賛美と他メンdisを同時にするんだよ。息をするように。「(推し)はこんなに素敵!それに比べて(他メン)は……」って。いや、「こんなに素敵!」で終わらせちゃダメなん?

で、推しが他メン褒めてたとか、都合の悪い事実はもちろん無視。それだけじゃない。自分が思ってることを、推しが思ってることだってすり替えて大きな声で言いだすんだからびっくりする。「(推し)は○○をやらせてもらえてない」みたいなこと言ってるけど、推しがいつそれをやりたいって言ったのかな。心の中は知らんけど、少なくとも公言してないぞ。あと、推し自分の納得いくような取り上げられ方されてないと根拠もなく他のメンバーのせいにしだすこともあるよな。他メンが邪魔してるとか、贔屓されてるとか。推しと他メン、自分にはリスペクトしあってるようにしか見えないんだが、同じ光景を見てるのに価値観がこうも違うとむしろどんな思考回路してんのか体験してみたい。ごめん嘘、絶対体験したくない。

まるでモンスターペアレントだな。

あ、大前提として、自分には嫌いな芸能人は思いつかないし(好きじゃなきゃあとは興味無いから)、気に入らない誰かを悪意で叩くって行為ちょっと理解できない。

それに、嫌な気分になることに労力をそそぐことほど馬鹿なことはないと思ってるから、嫌いなものは徹底的に視界に入れずに存在しないものとして扱ってるし、推し関連だろうと嫌いなもの関連だろうとアンチスレなんかも見ないし、ひたすら何かをdisってるようなアカウントは目に入ったらすぐブロックしてる。たまに地雷踏むけど、そんとき自業自得から早く忘れられるように美味しいもの食べて自分労わってる。

だけど上に書いたように、推し賛美の中にしれっと他メンdis入れ込むのがモンペファン常套手段なんだよね。あとただ褒めてるだけの非ファンツイート引用して他メンdisったり。そういうの見ると普通誹謗中傷よりも怖いし、何より潜むdisに気づかずに拡散してる人の多さにゾッとするわ。自衛してても視界に入ってくるもんから最近推し純粋な目で見れなくなってきてしまったのが本当に辛い。「素敵だ」と思っても、「あのモンペファンたちまた文句言うんだろうな」とか、「また騒ぐんだろうな」とか。そんなことばっかが頭の中に思い浮かんでくる。

そいつらもただのアンチと同じようにほっとけよ、って思うよな。でもこのままほっとくと推し被害がいきそうなんだわ。事実モンペファン推しについてるってのが界隈でだいぶ有名になってきてしまってる。

てか実害は多分もう出てる。本人自身の耳に入ってるかどうかはわからんけど、本人たちの側には、モンペファン存在なんてとっくに伝わってるだろうし。CM契約が切れただけで抗議したり後続タレント批判しだすんだぜ?そんなファンがいるタレントを使いたいと思う企業がどこにあるってんだ。

推しソロ仕事ガーって嘆くのは勝手だけど、他メンdisってる自分たちのせいだっていい加減気づいてくれよ。自分自分の首絞めてんのにいつまで他人に絞められてる気になってるんだよ。

大体、他メンdisったところで(グループから完全に離れた)ソロ仕事なんて来ないよ。

何が「推しのため」だよ、あんたが気に入らないやつ叩きたいだけだろ。あんたのエゴのために推しを使うな。推しを何だと思ってんだ。

ついこないだなんて、推し誕生日に「グループ抜けて!」ってハッシュタグつけて呟いてる人がいてびっくりしたわ。アンチが抜けろって言うのはまだ理解できるんだけど、推しグループ抜けろとか、ジョークにしちゃ上手くないよな。

グループ活動がそんなに嫌ならグループ仕事見なきゃいいのに、わざわざ見て文句言うんだから物好きだよな。そんなに嫌な気分になるならもう応援するの辞めたらどうかな。あんたらのためだけに推し活動してるんじゃないし。お客様神様って、それ客が言っていいセリフじゃないから。



アイドル応援って楽しくするもんだと思ってたんだけどな。

本人大好きなのにファンが嫌で応援できなくなりそうだわ、このままじゃ。我慢できなくなったら、本当にファンやめるかもね。もうこの際、「その程度で辞めるとか(笑)」とか「本当のファンは~」とか言われてもいいわ。現状を体験してない人にはこのしんどさ理解できると思わないし。




あー、まとまらない。読みにくい文章申し訳ない。推し巻き込みたくなくてグループ名伏せたりしたけど、わかる人にはわかるよな。

自分も結局、気に入らない人たちのアンチしかないな。そんな自分も嫌だわ。

とりあえず推しの載ってる雑誌買って、推しが出てるCM公式動画再生回数増やしてくるわ。あと推しのいいところ呟いてくる。

今日推し推しグループ足枷にならないように気をつけます。

女性向け同人誌18禁)を読んで思うこと

私は女性向け同人誌男性向け同人誌の両方を読む。

二十歳などとうの昔に過ぎているのでもちろん成人向け同人誌も読む。

女性向けの同人誌カップリングで買うため、全年齢成人向け漫画小説よりどりみどりだ。

だが、正直に言うと落胆することもある。

特に漫画で多いのだが男性器の描写が粗末なのである

男性向け同人誌なら立派な男性器を目にする機会が多い。

だが、女性向けになると「それサツマイモ?」となることが多々ある。

描き手にとって推しでもあるだろうキャラ男性器が粗末でも彼女たちはそれで満足なのだろうか。

特に「成人向けの部分に力を入れました!」とTwitterで見かけて期待して買っても「その男性器はなんだ!?重要な部分であるのにそこに力を入れないのか!?」と疑問が頭をぐるぐるとめぐってしまう。

体位や汁気が扇情的であっても話がそれなりに面白くてもやはり男性シンボルに目が行ってしま萎えしまうことが多々ある。

もちろん女性向けでもきっちり描かれている方はいる。

だが私のいるジャンル問題なのかそういう方はかなりマイノリティだ。

修正問題もあるだろうが男性向け同人誌でも充分立派なものを拝めるのでイベント会社のや印刷所のルールがあるかもしれないがこの違いがとても気になってしまう。

女体化でもあの複雑な女性器ではなく膨らみがあるだけなのには驚いた。

そのようなシーンを描くのならその象徴たる性器修正することになっても気合を入れて描いてほしくなる。

読み手はその修正の隙間から多くのことを想像するのだから

時間がなくてそうなっているだけかもしれないが……。

若手が壊れそうだ

おっさんプロ社畜なんだけど、運良く出世して管理職やってる。

で、いつも通り夜22時すぎでも仕事してたのよ。

ホワイト企業から部下はみんな帰ってるし、俺一人だと思って乃木坂46(かずみん推し)聞いてたら、

ぬうっと、そこに同じフロアにいる子会社の若手の女性、たしか営業の子だったかが、すげえ悲壮感漂わせてこっちくるのよ。

やべえなんか怖い。さすがに放っておくわけにもいかず「どしたー?」って声掛けたら、瞬間号泣マジ貞子。

そっから貞子のターン。

仕事が山積みでどうしようもない」

仕事モチベーションがあがらない」

もっと成長したいのに、目の前の業務も処理できない自分が許せない」

「直属の上司は何も手伝ってくれないし、支援もしてくれない」

感情的になったら駄目だとわかってるのに感情に引っ張られてしまう」

「俺さんのほうが責任重大なのに悲壮感がない、なんで」

貞子自身仕事ができるタイプでなんだけど、どうやら上司とソリが合わないらしい。

このまま放っておくと、メンタルぶっ壊れて退職ってことになっちまう

なんとか助けてやりたいけど、どうすりゃいいのか。自分よりも一回りくらい下の若手が悩んでるのに、

何にも力になれない。

ちなみに俺の仕事に対する志向彼女とはすべて逆。

仕事山積み」 → 仕事あるだけありがたい(氷河期ゆえの社畜脳)

モチベーション」 → 仕事モチベーションなんか不要仕事からやるだけ。

もっと成長したい」 → 成長とか興味ない

上司支援がない」 → 自分でなんとかするのが当たり前

感情的うんぬん」 → 仕事感情入れてどうするの

悲壮感」 → 仕事が忙しいだけなのに、なんで悲壮感?

うーん、俺が彼女にしてあげられることは、話をきいて同調することくらいかも。

なんか良い方法いかな。

2018-12-07

とある全ステの思い出

以前、とある舞台全ステした時の思い出。


私は元がジャニオタなので、全公演入ることを未だに全ステと言ってしまう。

知ってる人がみたら誰の何の公演かわかっちゃうかなとは思うけど、

そこが本題じゃないので、何とは書かずに。


私には推しがいて、応援し始めて今でまだ3年とかで私は永遠新規のつもりなんだけど、

その推しがある時、主演公演が決まりまして。

推しの初めての!主演公演!!マジで!?

なかなか厳しい世界なので、主演はもしやできないうちに引退ちゃう可能性もあるかなと思ってたから、

めちゃめちゃ祝杯をあげた。


公演は東京大阪の二ヶ所であって、東京は9日間13公演だった(うち休演日1日)。

以前冗談で「主演するんだったら初主演の記念だし全ステしたいw」とか言ってたけど、

いたことに東京は日程的に本当に全ステができそうで、運命かな…!とかさらに笑った。


私の仕事は、毎月絶対に休めない時期が決まっているんだけど、それ以外は

ある程度調整すれば比較自由で、しかも公演は休みやすい時期。

土曜開始翌週日曜終了のその公演の平日はたったの5日間でしかも1日は休演日で、

まり4日間だけ仕事を調整すればいい。


いい条件は重なっていて

・ハコが職場からそこそこ近い(片道30分以内)

・公演時間は3時間

・ということは半休(4時間)取得で1公演観られる計算

・休演日は週の真ん中の水曜日(何かあっても週中で仕事の調整がつく)


開演時間は1回公演の日は13時、2回公演の日は14時と18時半。

13時公演の日は普通に12時過ぎまで仕事して、職場を出て13時公演を観て17時くらいにまた職場に戻って好きなだけ仕事してから帰宅

14時と18時半公演の日は昼13時過ぎまでで半日4時間分の仕事をして、2公演観て帰宅

というスケジュールで、1週間で4回半休を取った。

すごく精神衛生上いいなと思ったのは、職場を出る予定時間までに予定してた仕事が仮に終わらなくても

基本的毎日出社するからものすごい急ぎの突発案件以外はどうにかなるし、仕事を気にせずに公演を観られる。

仕事のことを気にしながら公演に通い続けるのはしんどいかと思ったので、これは本当によかった。


あとは、チケット

ジャニオタをやってた頃はチケットそもそも全然ご用意されないし高額転売に積むのはポリシー的にナシだったので

どんなに時間があってもそもそも全公演入れるだけのチケットがなかなか手に入らなかったんだけど、

今の私の推しがいる界隈はファンクラブが強い(気がする)。

ファンクラブで全公演申し込んだら、千秋楽以外はほぼご用意された。すごい。

ちょっと不思議なことにファンクラブに積むっていう概念があるのでファンクラブに多少積んでおけばいいのはすごい。

なんでも金で解決したくなるし、多分ある程度解決できるw(これでどの辺りの界隈なのかわかっちゃうかもw)


千秋楽は、たまたまだけど、カード会社先行販売枠で押さえられた。他もどうにかなった。

こう考えると本当に全体的に運がよかったからできた全ステだったんだなー…


そんなわけで、全公演のチケットがご用意されて、私は嬉々としながら粛々と公演に通った。

推しは美しく麗しくもう立ってるだけでも十分なのに、動いてる喋ってる歌ってる踊ってる、

しかステージの真ん中で…!とすべてに感動したりしていた。あー、今思い出しても幸せ



で、全公演に通っていて思ったことは、

・当たり前だけど観る方にも体力が必要

 やってる方よりは楽だけど、3時間弱座ってるのを繰り返すのもなかなか疲労する

推し調子の良し悪しが見えてしま

ぶっちゃけ、飽きてくる(というか新鮮に楽しめなくなる)

自分推しに対して誠実に向き合えているか疑問を感じる

あたりがネガティブ感想


今日アドリブかわいかったー☆」とか「今日は一段と声が通っててきれいだった」とかの良い比較もあるけど、

「んー、今日滑舌イマイチ…」「あー。。疲れてるんだな…」「…今日は鬘がちょっとボサっとしてない…?」

て思う時もあったり、

うっかり睡魔に襲われたりした日には「義務感で観に来てるのかよ」と己の観る側の姿勢反省したりした。

好きでやってることなのに好きだからじゃなくて義務みたいになっちゃうの本当によくない。


あと、推しのよくないところを積極的には見たくないタイプモンペオタクなので、

「この前はできてたのに今日はできてない」とか思いたくないし、「今日調子悪いんだな、今日しか観ないお客さんかわいそう」

とか思いたくない。何様だ。

観すぎると、自分の中でもよくない風に感想煮詰まることもわかったし、雑念が出る。

観てる途中に仕事ことならともかく「夕飯何食べよっかな」とか全然考える必要ない雑念出るとか集中してなさすぎだろ…

かわいい推しステージを雑念と一緒に観るのは本当に自分に対してイヤになるというか、

仕事とはいえものすごく誠実に舞台を務めている推しに対して失礼でしかない、と思うのがしんどかった。


私は、「いつみても最高に素敵で最高にかわいく最高に麗しく最高にステージ似合う、最高の推し!」と絶賛したいだけのオタク

なんだなということをしみじみと実感した。

し、「はー、かわいかった♪素敵だった、まだまだ何公演でも観たいなー♪」ていう高揚した自分も好きなんだなということもわかった。

短期間で過剰に公演を詰め込むと、ここが己の中で調整できない。


というわけで、全ステしてみて思ったことは、

「もう全ステはしない」(多分)。


現場に通うにも人それぞれで適量があるんだなー、私の適量は結構少ないんじゃないかなーと

思ったという話でした。仮にまた9日間13公演があったとして、5~7公演くらいにするんじゃないかな…

いやもしかしたらもっと減らすかもな…

適量がそんなに多くないんだと自分で納得できたので、現場に行かないまたは行けないことについても

それまでよりは焦燥感みたいなのもなくなったし、なんか納得感のある活動ができるようになった気がする。


そんなわけで、短期間公演の全ステ

いい思い出になりました。もうしないけどね!

ドリフェスのおかげで応援してた俳優が●にました - kousseoeaのブログ https://kousseoea.hatenablog.com/entry/2018/12/05/093628

(●は不適切単語である、と判断される可能性があるので伏せました)

「役を演じる=役者」というカテゴリーの中に「声で演じる=声優」というものがある、と認識している自分から見ると「役者から声優に転進するなら引退してくれ(意訳)」と受け取れてしまい、なんともモヤモヤ

雑にまとめるなら「本音として、最近推し活動には個人的違和感を持っていて、大手芸能事務所を辞めて声優事務所(声優事務所としては大手)に移籍した事を機会に推しとの距離を再検討しました」って事でしょ?

本当に役者本人に惚れ込んだのであれば、新しい表現の場をいちファンとして理解出来ずとも今までとは異なる環境活躍する役者として見守ることは出来ないものか、と老婆心ながらに思う。

役者本人の顔出しが少ない?声優事務所移籍たから、と言っても役者本人の御尊顔を拝める機会が全滅という訳ではないのだから、昨今の声優さんが出演するイベントの状況を鑑みるに「何かのイベントで顔が拝めるかも?!」と「一縷ののぞみ」に賭ける事は、決して「分が悪い博打」じゃないと思う。

推し芸能界から完全引退してSNSblogから近況が追えない状況の方がツライ気がするのは、感受性or応援スタイルor考え方が古い?

(どうせ状況が追えないなら芸能界を完全引退してくれた方が後腐れが無い、という考え方も理解できない訳じゃない…)

首都圏屈指のクソ路線といえば

痴漢被害では全国レベル知名度を誇る埼京線、一時期は飲酒電車揶揄された常磐線など、結構な強豪がひしめく中、個人的推し武蔵野線である

しろJR東日本路線顧客満足度における最下位レース常連なのだから恐れ入る。

理由首都圏路線の中でも、今や最も古い車両品質に、ほぼほぼ集約されるだろう。

とにかく超うるさい上にやたら揺れるせいで不快まりないのだ。

これは路線お下がりをかき集めた、まさに昭和国鉄型通勤電車墓場と化しているところに、モーターだけ交換して無理やり高速化した結果だろう。


しかもそんな車両のうち一部の編成は、なんとATSすら備わっていないインドネシア譲渡しているときたもんだ。

まり武蔵野線インドネシア路線が同格の扱いという時点で、JR東日本のやる気の無さがハッキリ分かんだね。

そんなクソ以下の乗り心地に心折れた筆者としては、出かけるたびどんなに遠回りになろうが、可能な限り武蔵野線を使わない経路をいちいち探す羽目になっている。

結局乗ろうが乗るまいがイライラの種は尽きない。

実に恐ろしい路線である

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん