「中学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 中学とは

2018-05-26

人々が邪悪すぎるように感じる

「わざとぶつかってくるヤツ」問題で思ったけど、最近、人混みで人に対して異常に警戒するようになった。

治安のいい場所から治安悪い場所引っ越したからかもしれないけど、周りにいる人が野蛮だなと感じることがものすごく多い。当然だけど、会社の人や取引先の人とは別に前と変わらないので野蛮とは思わない。なので会社や家ではほとんど警戒しない。

電車では立っていると、混んでもないのに後ろからガンガン押される。押す方は何考えてんだと思っていた。

ある日こっちも諸事情抱えていて、イライラが爆発寸前まで溜まっていたから、異常なほど押してくるおっさんに「何押しとんじゃテメェ」とついキレてしまった。それが問題だった。

相手喧嘩上等ジジイだったようで「待ってました」という顔をしていた。その後、電車を降りて歩いてたら家近くまでストーキングをされた。

色々あって、それはしっかり暗闇で撃退して、警察を呼ばれて、その後上申書を書いて特に咎め無しで終わったんだけど、もしかして逆恨みされているかもしれないと思って、それ以来「やべぇことしてくるヤツとは絶対に関わるべきではない」という心理が働いている。Twitterでもはてブコメントでもなんでも。「殺されたらどうすんだ」とか「人生そいつのために捧げるのか?」って感じ。

多くの人は「まあまあいい人」なんだけど、人の中に少なくない「ヤバいヤツ」が含まれているというのが怖すぎる。

電車っていうのは一車両に大体150人ぐらいが乗れるようになってるらしいんだけど、混雑時には300人ぐらいが乗る。300人っていうのはすごい。40人クラスが7個あってもまだ余るわけ。偏差値バラバラヤクザ小学生もおんなじ車両。なんじゃそれは。クラスに1人2人はヤバいやつっていたわけじゃん。もしあなたがいい中学高校に通っていたとしたら、それよりもっとヤバいやつが世の中にはたくさんいると考えてほしい。じゃあその上で考えると、一車両に15人くらいはヤバいやつが乗っててもおかしくない。こんなの怖すぎる。まぁ俺も「ヤバくないやつ」ではないから、微妙な線なんだけど、少なくとも俺は自分から攻撃しかけない点ではまだマシだと思っている。

ともかく、先の喧嘩以来、俺は押されてもぶつかられても「こいつは、少なくとも俺に殺されることはないと確信してぶつかったりしてきているのだろうな」と思って、感情をやり過ごしている。また、見ず知らずの他人に対して優しくできるようになった。人混みは嫌いだけど、人に敬意を払うようになったと思う。

それでもやはり、邪悪な感じの人間毎日見かけて嫌な気持ちになる。単に通勤しているだけだったり、外に出かけるだけでも1日に4、5人の嫌なヤツを見かけるので、どうしても悲しくなる。いい人も1日に1人くらいは見かけるので、そういうときは心がほっこりするのだが。たぶん僕がかなり邪悪なので、邪悪への嗅覚が鋭いというのもあると思うけど。

それで「やっぱり人間は強そうに見せるために筋肉大事なんじゃないか?」と思って、最近ライザップに通っている。やっぱり筋肉は最高のソリューションだ。

批判はご自由にどうぞ。

2018-05-25

ADHDだが講義を聞きながら内容を理解できた記憶がない

タイトル通り。ADHD大学まで出ているのだが、授業で勉強できた記憶が全くない。講義を聴きながらなぜ内容を理解できるのかわからない。

工学系で大学院まで出ているが、中学以降は、全部教科書/ノートの写しを後から自分で読んで復習して学んだもので、講義中に講義を聴きながら理解できたのはほんの一部分。

授業の時間は、先生説明を聞く時間ではなく、板書を写す時間学習時間は後にとってた。

これ見てる人の中には、高校とか大学先生もいると思うのだが、お前らの講義を受けているうちの何パーセントかはこういう人間だと知ってほしい。

全男は中三童貞を捨てるべき

童貞を捨てることで得られるものがあまりにも大きすぎる

まず、根拠のない自信がつく。童貞を捨てたからといって自分価値が上がるわけじゃないが実感としてなぜか自信が倍マシになる。

そして、ポジティブになる。人生にはこんなに幸せになれるいいことがあるんだと思うとそれだけで人生が明るくなったような気がする。

さらに頑張るようになる。勉強スポーツ趣味特技なんでもそうだが何か秀でたものがあればそれを好きになってくれる女がいる。セックスのチャンスが広がる。だから頑張る。

そもそもなんで中三かというと高校になってから経験してもそこからなにか頑張ろうとしても選択肢があまりいから。セックスを正のエネルギーに変換するには中学のうちに経験しておくのが一番だ。

そして、中学生のうちに経験しておかないとその後中学生とセックスすることができないというのも大きい。

お互いなにも知らないなかで、手探りで快感を導いていく過程こそが本当のセックスであり至高のセックス。これを経験せずして人生を歩んでいるとは言えないだろう。

anond:20180525165225

増田はただオナニー後の眠気のことを言ってるだけ。

ナルコレプシーってのは中学二年生がかかる「病気」だからな。そこは空気を読んでおこう。

中学時代の友人がネトウヨになってしまった

モリカケ問題のために予算審議放棄する野党

国家予算→100兆円

モリカケ→100億円

さぁて、どっちが最重要なんだろうか???

今朝Twitterを見ると、こんな投稿をしていた(身バレ防止のため少しいじってる)

彼は高校生になってはじめてネット環境を手に入れ、恐らくTwitter等に散乱するヘイトデマが目に入って感化されてしまったのだろう...

なにかうまく本人が傷つくことなくやんわりと反論(というか別視点意見事実?)できる言葉はないだろうか、語彙力がなくてどうしても自分が言うと相手と疎遠になってしまいそうだ、はぁー

彼はそういった深い話ができるところが好きだったのに

頭のいい彼でさえこうなってしまうのだから今のこの悲惨日本の現状ももはや致し方ないのだろうか?そうだとしたらこの先70年絶望しかない

2018-05-24

中学の時のサッカー部顧問先生が、日体大日本体育大学)のアメフト部だったらしいが、

練習自体も厳しかったみたいだね...。

練習中に具合悪くなる人続出だったみたい。

やっぱ、防具着て関取並みの男がダッシュを何回も繰り返すのって身体に良く成さそう。。

2018-05-23

anond:20180523162056

メンタル弱かったというけど、鍛えないと強くならんし。被害者意識で固まった同級生と話して楽しいと思う中学生女子は居ないよ。お互いが獣みたいな時期だからってのもある。

ある日突然、いなかったことにされて、被害者意識持たない奴いるか

それは「被害者」だろうが。

ラノベの件も「人を介して聞きだす」みたいな行動は相手からしたら不安掻き立てるコミュニケーション方法だと思うし。

不安掻き立てる」も何も、その時点で半年以上いなかった扱いなんですが。

順番が逆なんだよ。





別にはいいんだよ。

今はなんとか、彼女もいる。

そういう扱いも、中学までで済んだ。

でも、それは全員ではない。

この間ニュースになった、インセルみたいな

「人を殺すまで追い詰められた非モテ」がいるんだよ。

自分体験と合わせて考えても、

他人からの拒絶、しか身体的に成熟し、性欲を抱えたうえでそれを受け続けるのは、

誰にとってもよくないことは明白だろう。

でも、いまの自由恋愛は、そういう人たちを見なかったことにしてる。

そういう人たちの不幸の上に、私たちはいるんだよ。

就活でのコミュニケーション

やはり、就活がうまくいかない。

親のコネがあると思ったら、無さそうだ。

母親経由で、就職無理そうだから大学院行きそうだよと伝えたらコネがあると言ったらしい。

あるのかないのか分からないコネだが、持病もあるし免疫抑制剤を飲んでいるからか就活中に扁桃炎になって喉に激痛が走るなど働くのに向いて無さそうだったりする。

就活でのコミュニケーションというものを考えてみたが、それはとても救いのないものだ。

面接以前に適性検査論理性やらを図られるのだろうが自分は全く出来ない。

やらざる得ないから、対策本で無理やり解法を出来る限り頭に詰めて、出来ずに終わる。

これは感想だが、割と大学入試を処理するのに近い力を測ろうとしているのではないかと思っている。

計算力やら高校数学で出てきた問題やら、現代文問題みたいな。

もちろん自分高校時代受験問題が全く解けなかった。

1000万円以上の教育費が中学高校で投下されたはずだが、関関同立底辺学部から深刻さは伝わるはずだ。

自分は今まで無理やり知識などで解決してきた。

しかし、会社は変な知識よりも知能を重視する。

知識など後から詰めれば良いからだろう。

ボロボロな適性検査の後に、行けるかわからない面接がある。

これはコミュニケーション力を問われているかと言うとそんなこともない気がしてくる。

学歴と顔と英語が喋れるか、そして何となく相槌が打てるかどうかだ。

論理性を問うているかというと、ぶっちゃけそんなことはないだろう。

そもそもビジネス自体が非論理的なものが多い。

何となく煽られて買ってしまったものだってあるはずだ。

所詮は人を気持ちよくさせられる人間大事にされる。あとは学歴やら語学力といった経歴やスキルだろう。

ついでに学歴はないし、容姿グロメンで173cmしかない。

もはや、終わりなのだろう。

anond:20180523154924

中学なのか高校なのか知らないけど

年齢によっては溝があるよ。

男に話しかけただけで「○ちゃん媚売ってる」とかいじめられることもあるから

思い返せば、中学とき高校ときも男と関わっている女はあまり見なかったな。

anond:20180523154157

リアル非モテに聞いてくれ。

というか、非モテ非モテとしてある時点で尊重されてないだろ....


個人的非モテだった中学時代は、

女子からはいないものとして扱われてた。

落し物を届けたり、回ってきたプリントを渡した時の引き笑いが辛かった。

幸い、今は違うが、あの状態のまま10年以上過ごしてたとしたら、加藤になってもおかしくない。

2018-05-22

人生において、連続性のある豊かな人間関係を構築できませんでした。

幼稚園

小学校

学年百数十人のうち、知っている人は3人程。アウェイからスタートだった。

中学校

学区の関係で知っているのは4人程。他は皆同じ小学校出身で、ゼロからスタート。超アウェイだった。

高校

偶然自分中学からは俺しか行かなかった。良い友人もできたが、校風に馴染めず辞めた。

大学

浪人して入ったが、新しく人間関係を作るのが億劫になり孤独に4年を過ごす。

就職

同期との交流努力したが、どうやら空回りして浮いていたみたいで、今では同期と連絡は一切取らなくなってしまった。

人生過程において、環境の変化と共に人間関係が分断されるのはそう珍しい事ではないが、特に小学校から中学校での分断は俺にとってとても辛い出来事だった。

もし知り合いに囲まれた落ち着いた環境で育っていれば、もっと、今とは違う人格形成ができていたのかな。

昔ただの興味本位テレクラに入った時にかけてきた女性の声と喋り方が中学同級生そっくりで内心超びっくりしたことがあった。

ただ途中まで普通に雑談してたんだけど、いきなり切られちゃったんだよね。

別人でただのサクラだったのか本当に同級生で向こうも気付いたから切ったのか今でもちょっと気になってドキドキしてしまう。

その時電話を待ちながら読んだ店に置いてあった寄生獣は超面白かった。

薄汚れた青春の思い出。

2018-05-21

二度あることは三度あった

anond:20180513231931

↑に書いたリズと青い鳥感想については、まだまだ読みが足りないという趣旨ツッコミを、読者諸兄からいただいた。

これは確かにその通りで、ダイレクト感情移入できたのはみぞれだったので、最初見た時はそれだけで胸がいっぱいになったからかも知れない(言い訳)

あと、ハープ普通の中高吹奏楽部にあるというご指摘にも、自身不見識を恥じるばかり。

でもハープはそれだけでかなり難しいと思うので、打楽器パートの中の誰かが担当になったらそれ専任というか、他の楽器との掛け持ちなんて不可能だろうし、かと言ってコンクールアンコンで必ず使うわけでもなさそうだし、そこらへんどうマネージメントしてるのかは気になる所。


というわけで、またまた作品を観に行ってきた。

それも2日連続で2回。初回と合わせて通算3回観たことになる。

どちらも、努めて希美立場に立って、あるいは希美キャラに入り込んで観るよう心がけたつもりだ。

以下ネタバレ込の、自分語りも含めた再レビュー

自分で書いといてなんだけど、物凄く独りよがりしかも長いです。それでも読みたい人はどうぞ。


まず、希美能天気というのは撤回させていただく。

これはもう、自分の読みの浅さの最たるもので、今はむしろ難しい子」というのは彼女みたいなタイプではと思うに至った。

しろみぞれの方がある意味では非常に単純というか、超不器用かつ裏表が無さ過ぎなだけとも言えるのだ。

なんというか、希美コミュ力とか社会性はリア充グループでも充分通用するレベルなのに、本人自身はそういうのにあんまり乗り気じゃないタイプなのだろう。

しろ、そういうコミュニケーションは程々に、リア充とは別のベクトルの本気で、何かに打ち込み、なおかつグイグイ進んでいきたい人物なのだと思わされた。


そしてこれが多分、彼女のとても難しい部分の核心というか、どうにもままならない所の最たるものだと感じた。

ぶっちゃけ中学1年の時にみぞれに声を掛けたのも、高校1年の時に泣く泣く退部という事態に追い込まれたのも、多分根っこは一緒。

というか退部の一件を、優子や夏紀と話しているときも、みぞれにツッコまれた時も「昔の話」という前置きないし返答している所とか、逆にそのままならなさや、彼女性格を端的に表しているとも言える。

更に、同学年の優子や夏紀よりもみぞれといる時間がずっと長いのに、優子から「どこまでみぞれを振り回せば…」と言わせてしまうほど、みぞれと噛み合わなかったり(少なくともちょっとしたやり取りレベルでは、優子や夏紀のほうが遥かに上手くコミュニケートできている)、入部当時の3年生との関係において、結果的に香織先輩に守ってもらえた優子や、「何も知らない新入りポジション」として日和れた夏紀と明暗を分けた事にも繋がっていると思われる。

本人の意志気持ちとは裏腹に、いや、その意志気持ち故にままならないのはなんとも皮肉というか、本当に不憫である


そんなふうに感じた自分にとって、物語クライマックスは、みぞれハグされた希美が笑い出す所だったりする。

いやもうあれ、自分希美立場でも笑うしかないわ。あるいは笑い泣きかな。

あのシーンで、ようやく希美はそれまでの出来事と、みぞれ吐露と、自分の気持を総合的に整理して、そこから自身立ち位置というか、自身の在るべき様を理解したのだろう。

そしてみぞれとの向き合い方も。

まあその意味ハッピーエンドではあるが…。


それで思い出したのは、自身の知り合い2人のことだった。

両方共リア充レベルコミュ力の持ち主の既婚者で、しか自分とは10年を優に超える付き合いだ。

片や去年まで頻繁にやり取りしていたのだが、付き合いが長くなるにつれ、お互いの見えている世界が違い過ぎることからだんだん噛み合わなさが露呈し、とうとう自分のほうが耐えきれなくなって一方的チャンネルを閉じてしまった。

もう一方は月イチくらいで会う程度だが、正直言って「血の繋がっていない姉」のような存在として、時に励まされ、時に叱られる関係だったりする。

同じような社会性を持ち、似たような文化圏(?)にいる2人だが、決定的に違うのは結婚相手性格

疎遠になった知り合いは要するにリア充カップルなのに対し、「姉」の旦那さんはリア充コミュニケーションが元来苦手な人で、しかも今の旦那と知り合う前に付き合っていた彼氏もそういう人だったと聞いた。

まり「姉」の方はそもそもそういう不器用人間が超好みのタイプで、色々苦労した結果、通じ合う・噛み合う「プロトコル」を獲得し、今も楽しくやっていると。


結局の所、通じ合う事の難しさや面倒くささは誰にでも、誰と誰の間にもあるが、「プロトコル」が合えば色々解決するのだと思う。そう、問題の大半はプロトコルなのだ

あるいはそんな難しい言い方しなくても「ちょっとしたコツ」という話である

尤も、そのコツはその人が見えている世界によって形作られていることが多いので、中々気づけないし、気づくのが難しいわけだが…。

そこまで考えると、自分が長く付き合っていた知り合いと一方的に疎遠になったのは、今更ではあるがちょっとあんまりだった気がしている。

そんな話を、今度「姉」に会った時に相談してみようと思う。


ということで話を戻すと、本作の希美も、どうやらそういう「プロトコル」を体得できたようであるみぞれは…まあ今は音大受験に集中するのでいいと思う。

二人の未来に幸多からんことを。

ハッピーアイスクリーム

2018-05-20

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とはちょっと違う

中学同級生涼宮ハルヒが大好きで、しょっちゅう大声で『長門!俺だ!結婚してくれ!!』って叫ぶ奴で、

 そいつのせいでクラスの中で『涼宮ハルヒ好き=やばいオタク』となり、自分も観てるとは言えなかった。」

というツイートを見た。

自分も似たような経験がある。

大学研究室配属後に具体的な研究テーマを決めるミーティング時、

自分はある技術Xについてやってみたいと言ったら、教授や先輩たちに微妙空気が流れた。

候補としてはいいね」みたいな感じで流されて、正式決定は後日となった。

ミーティング後ある先輩曰く、

技術Xは、研究室に来なくなったが未だにこの研究室に在籍している幽霊留年生が扱ってた(形式上、今でも扱っている)もの

 うちの研究室じゃ、印象悪い」

とのことだった。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とはちょっと違う。

何ていうんだろこういうの。

そして理不尽だ。

その留年性のせいで研究室では腫れもの扱い。

技術Xは何も悪くないのに。

anond:20180519005633

思い出しちゃったから書くけど

うちの中学にいたキ印の同級生

突然男子生徒に背後から全力で殴りかかったりする上

まともな会話は不可能知的障害者しか見えないのになぜか殴るターゲット女子は選ばない程度の知恵は働く奴だった

その上そいつを省いたりすると女子教師から差別だのイジメだの圧力がかかるような環境だったかそいつと同じクラスの時は本当にきつかった

男子中学生を殺すために生まれたような人間ではない別の生き物にしか思えなかった

パワーのあるキチガイってほんとどうするのがいいんだろうな

負の連鎖

野球桑田が、怒鳴らない少年野球指導者を見たことがないと言っていた。

俺も中学の時に運動部にいただけだけど、軍隊式のやりかた以外の指導ができるスポーツ指導者イメージがわかない。

虐待を受けた子供が親になったらまた子供虐待をしてしまうという話があるけど、スポーツ指導者自身が、パワハラまがいの指導しか受けたことがなくて、それ以外デキないんじゃないかという気がする。

指導者になるような人は、選手時代はそういう環境で結果を出してきて、それでなにが悪いんだと思ってるだろうし。

さっき、女子アイスホッケー指導者パワハラでクビになったというニュースを見て、以前こういうのをなくすのは無理なんじゃないかと考えていたのを思い出した。

私の手

自分の手がコンプレックスだった。

幼い時はなんとも思わなかったのに、中学にあがる頃、周りに比べて自分の手があまり綺麗でないことを自覚した。

増田の手は小さいだけじゃなくて指もあんまり長くないし爪もなんだか四角いよね」

そう言った友だちの指はスラっと長く綺麗で、私はその指にあこがれていた。

大学生になった頃、雑貨屋アルバイトを始めた。

初めて好きになった人はその店の社員で、10歳も年が離れていた。

私が困っているといつでも助けてくれる人だった。

一緒にレジ打ちやラッピングをしているとお互いの手が目に入る機会が多くなる。

自分の手に対するコンプレックスが一層増し、「もっと綺麗な手だったらよかったに」と思う度、友だちの綺麗な手がよぎる。

ある日、テレビを見るとパーツモデル特集をやっていた。

自分の手とは程遠い綺麗な手。

「私ももっと綺麗な手だったらよかったな」

ボソッとつぶやくと、「爪の切り方とか変えるだけでも指の形綺麗に見えるよ」と母親

うそー」と言いながら、私はその日から爪の切り方を変えた。

友だちの綺麗な指をイメージしながら、それに近づくように爪を切る。

爪の切り方を変えて2、3ヵ月経った頃くらいか自分の爪の形が好きになり始めた。

レジを打つのラッピングするのも楽しくなった。

せっかくだからもっと綺麗になりたいといい匂いのするハンドクリームと淡いピンクマニキュアを初めて買った。

半年経つころには、後輩や大学同級生ショップ店員さんに爪の形が綺麗だと褒められるようになっていた。

社会人になって5年。

最近、私を好きだと言ってくれる男性たちがよく私の指を見ていることに気づいた。

私の指を見た後、自分の指と見比べる男性はその後食事に誘ってくれたり、告白してきたりする確率がとても高い。

今日可愛い後輩が私の指を見た後に一生懸命自分の指を見ていた。

まだまだ可愛い子どもの指だった。

昔を思い返してみる

30歳を迎えて、友人も彼女もいない孤独社畜の日々を送っているわけだが、

幼少期からずっと孤立していたかと考えると、どうもそうでもなかったと思う。

幼稚園小学校の頃はゲーム好きだったこともあって

ゲームきっかけにして色んな人と友達になっていた。友達の家でお泊りとかも普通にしていた。

周りの人達とずれ始めたのは中学の頃から

その頃からゲームはいゆるオタカースト趣味となって

クラスメートたちは部活に精を出したり、ファッション誌とか読んでみたり、異性でお付き合いしたりなんて

いわゆる思春期に入ったようだった。

それまで皆とのコミュニケーションツールだったゲームが幼稚とされるものとなり

周りがどういったものに興味を持って、どういう付き合い方をすればよいのかが全く分からなくなった。

かと言って、オタクカーストコミュニティに入っても全然話が通じない。

名作RPG攻略の話をしたいのに、ギャルゲーだとかガンダムキャラクターの話を延々としてるような空気

そのうち、自分の頭がおかしいから周りに馴染めないと思うようになった。

頭のおかし自分が考えることはおかしい、ゲームの話をしてもバカにされるだけだ、他人と関わらないようにしよう。

空気になろう。与えられた宿題や授業だけ参加して、一刻も早く家に帰って一人になれば傷つけられない。

そうして月日を重ねるほど、自分は何をどう他人に伝えればコミュニケーションを取れるのかが全く分からなくなった。

今思うと、周りが見えてない幼稚なくせに保守的プライドばかり高くて

周りの子たちがどんな事に興味を持ち始めたのか、どんなことを考え始めたのか、っていう事に関心を持つ共感力みたいなもの

俺には欠けていたんだと思う。

きっと健全な人は親だとか、周りの友達だとかと交流する中で自然に学んでいく事だったんだろう。

一般人10年以上も精神年齢に差をつけられてしまった現状

今更たやすく追いつけるものでもないし、中学高校生ぐらいか人生をやり直すわけにもいかない。気づくのが遅すぎた。

2018-05-19

anond:20180519073346

アラフォーなら氷河期世代で、往復すべき職場もない同級生も多くいて、自分親友が過労で亡くなった時は本当につらくてその前後数年の記憶があまり無い。

中学の頃に好きだったブルーハーツは「あなたが生きている今日はどんなに意味があるだろう」と歌ってた。どうか恋人との時間を大切に過ごして下さい。

同級生なりすまし

あいつは人を殺すようなやつじゃない」。小林容疑者と小中学校が一緒だったとツイートした人物は、ダイレクトメッセージを通じた取材に、容疑者の人柄などを詳細に答えた。中学卒業アルバムからだとする写真も、すぐに送ってきた。

 しかし、この人物が語るエピソードと現地での取材結果に矛盾が出てきた。写真高校のものであることが発覚した。高校は別だと説明していたため、矛盾を指摘すると返信は途絶えた。

 この人物以外にも、ツイッターには「小林???同級生じゃん」「小林遼かぁ……確か中学のころ同級生だったな」などの書き込みが多数見られた。こうした投稿には新聞社テレビ局から取材依頼のメッセージが相次いだ。

 中には、「小林遼の元同級生って名乗っただけで取材インタビューめっちゃ来たわ そもそも新潟に住んでなかった」とちゃかすような投稿も。「小林遼の同級生ってツイートすると報道関係者めっちゃ釣れるらしい」という書き込みもあった。

https://anond.hatelabo.jp/20180519073346

最後遊園地に行ったのはいつだったか

たぶん、小学生の頃だと思う。

行かなくなった理由はというと、ゲームだと思う。

ただ乗せられてるだけの遊園地と違って、操縦する楽しさをゲームは与えてくれた。

コントローラーを使いこなせるようになる自分の成長のスピードと、ゲームのものテクノロジー進化が同じスピードで、それは偶然だったけれど、今考えると幸せだった。

中学高校と進学していくに従って、ゲームをしなくなった。

かといって遊園地回帰したということもない。

本当に不思議なのだけれど、世の中の人はそんなに遊園地に行くのか?

乗り物系の筐体は、ゲームセンターにおいても減りつつある。

レースゲームは風前の灯、トロッコガンアクションも滅多に新作が出ない。

そこそこ元気なのはロボット操縦ものくらいだろうか。

もちろん、遊園地遊具と同じだとは思わない。

ゲームではGがかからない。

しかし、それだとしても、電車を乗り継いで、あるいは車を運転して、何千円も払って、Gを味わいのだろうか?

なぜ増田投稿たかというと、実はオリエンタルランドの株を持っている。行ってないが入場券も毎年貰ってる。

どんなに値上げしても通うのをやめない信者たちを理解できない。

信者は混雑が酷いかもっと値上げして欲しいというくらいにマゾい。

繰り返しだけど、私は遊園地の楽しさを理解してない。

集団催眠みたいなもので、いきなり客が来なくなったらしないのだろうか?

株を売っぱらってしまいたい衝動かられてる。

小学校で受けた性教育が、中学の保健体育で台無しにされた話

中学三年生に避妊を教えるのは妥当か、という話を聞き、昔と比べて性教育はこんなに後退したのかと思った。

1990年代小学生だった私は、5年生の頃に学校性教育を習った。

特に担任先生が熱心な方で、子供向けの性教育の本をたくさん買い揃えてくださった。

その本に書いてあった

性的欲求を持つことに罪悪感を持つ必要は無い」

性交自慰行為は、隠すものではないが見せびらかすものでもない」

という言葉大人になってからもよく覚えている。

(これらの言葉表現物のゾーニングに関しても重要な考え方かもしれない)

修学旅行前の、生理に関する説明も、男女で分ける事は無かった。

妊娠出産に関する授業も同じく男女一緒に体育館で受けた。先生が紙に小さな穴を明けて、光で透かして、これが卵子の大きさだと説明してくださった。

避妊の仕方も教わった。小学生のうちに、コンドーム以外の避妊法がいくつかあることも知った。

中絶の事も教わった。

その結果、男子女子も性に関する偏見ほとんど持たなかったと思う。

女の子の体の変化をからかう男の子、またはその逆の光景も見なかった。

照れ隠しに冗談めかしている風ではあったが、教師たちに、男女で異なる体の仕組みについてきちんと質問していた。子供同士である程度議論めいたものもしたと思う。

ところがこれらの教育は、中学に入ってから「隠す」方針性教育台無しにされた。

小学校時代と違って、保健体育の授業は男女別になった。

女子は残ってください」

修学旅行説明会でそう言われた。

なんで?と思った。

小学校ではそんなことを言われなかったのに。

晒し者にされたような気分だった。

女子は残れ、と言われた割に、ろくな話はされなかった。

生理うつるというのは本当です」という、疑似科学的な話でおしまいだった。

教室に戻ると男子が大騒ぎしていた。

「ねえ、なんの話をしていたの?」

ニヤニヤした笑顔でそう聞く。

ショックだったのはその中に、同じ小学校で、同じ性教育の授業を受け、真剣な顔で聞いていたはずの男子生徒もいたことだ。

生理の話だよ」

天然、とあだ名されていた女子がサラリと言ってのけると、男子たちはいわゆる「ドン引き」の顔をした。眉間にシワを寄せて敬遠するような表情がまた嫌だった。

オープンな場で性教育を行っていたときは、誰も汚らわしいという思いを持たなかったはずが、隠す方向で教えられてからは、偏見を持つようになってしまった。

中学三年生で避妊を教えるのは妥当か」

という議論がなされているということは、「隠す」方針性教育が良しとされていると言うことだろう。

そうであれば私が経験したように、子どもたちの間に、性は汚らわしいものだとか、異性に対する蔑視が生まれ続けているのだろうか。想像すると、ゾッとする。

オタク特有マスコミ叩き

って本当にバカっぽい

逮捕された男の趣味は〇〇で~」ってなったらその時点で「オタク差別だ!マスコミ許さねえ!」って言い出すの面白すぎるでしょ

せめてコメンテーターオタク批判繰り広げた、とかまでなったらそのコメンテーター批判すればいい話なのに

報道すること自体批判するのは「俺らに都合の悪いことは言うな」って言ってるようなもんだぞ

普段からマスコミに対して「都合の悪いことは隠すな」って言ってる連中がそれ言ってんのはなんかのギャグ

\\\\\\\\

冷静に見ればマスコミのいう「幼いころはアニメ好き」なんてのは、「中学バスケ部」とかと同じレベル容疑者の身の上話を語ってる程度でしかないことは一目瞭然なんだから、それを差別と結びつけるのは過剰反応というかイチャモン以外の何物でもないと思うんだよね

それでオタク批判に走るコメンテーターがいたとしても、そいつの考えをマスコミ全体と結びつけてる時点で頭の悪さ露呈してるし

普段あれだけ「俺らをキモオタと一緒にするな!」と言ってる連中がマスコミを一緒くたに批判するというマッチポンプ毎日拝めるインターネット最高やなって

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん