「ダリ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ダリとは

2022-06-30

カブトムシクワガタの状況をもジェンダー論に接続したい

昔!カブトムシのメスがオスより安く売られていたことに怒ったジェンダリストがいたというのは都市伝説だったみたい。

方言でメスを「まぐそ」「ぶた」と呼んでいたり。

まずそういう所からまずジェンダー論に接続していきたい。

最近読んだ日常オブ日常系のBL二つ。(ネタバレあり)

 すごく何も事件が起こらない日常系BLと、やたら評判のいい日常系BLを読んだ。ストーリーをどったんばったんさせないで描く漫画家技量が高いというから期待しつつ、コケていた場合がっかり感が凄そうなので、びくびくしながら購入ボタンぽちった。


ジョークスタートルームメイト』(くらのね吉)



あらすじ

 サラリーマン野間は、家が職場から遠い事と最近恋人にフラれた事を十年来の友人・相良に愚痴った。そして冗談で相良にルームシェアを持ちかけたところ、あっさり承諾されておののく。

 ルームシェア野間が新しい彼氏を見つけるまでという期限つき。だが、面倒臭がりな野間彼氏探しは捗らず、しかも相良との暮らしは心地よく、ずるずるだらだらと共同生活は延長されてゆくのだった。

 ところが、そんな野間に相良はいっそルームシェア同棲に切り替えるかと提案してくる。つまり付き合っちゃおうということ。約十年の付き合いの中、最初から互いにゲイであることをカミングアウトはしていたものの、そういう意味での好意を持っている素振りを全く見せなかった相良が、同棲した途端に容易く恋人モードを出してきたので、野間困惑してしまうのだった。

増田感想

 まず、突飛な事件が何一つ起きない事に驚いた。何か特別なアビリティがある訳でもないごく普通大人日常恋愛物語。いやこれ恋愛っていうのかな? それくらい恋愛感情の盛り上りもない。でも、現実にはこう、お互いに相手を熱烈に好きな訳ではないが、なんか気が合うし歳も歳だし結婚ちゃう? みたいな感じで結婚する人って、たまにいるよね……。このお話舞台現代日本でありつつ渋谷区ではないのか、結婚というかパートナーシップ宣誓書を出すまでには至らないけれど、事実上結婚生活(付き合いが長すぎるせいで既に熟年ふうふの貫禄がある)のような漫画となっている。

 強いて特異な点を挙げるならば、カプの片方(受け)が極度のものぐさ太郎であるにも関わらず、家事が片方に押し付けられはしないということだろうか。そんな関係性はある意味理想だ。たいてい『おっさんずラブ』みたいに、いつの間にか攻めが家事を一手に引き受けて地味なスパダリ化してしまうのが、最近BLあるあるだと思うのだが(偏見)。

 すごく何も事件が起こらないのだが、主人公野間の心情のわかりみが深い。とても仲が良すぎて「親友」と言うのも恥ずかしいくらいの相手恋人の前でどう振る舞うのかなんて、出来る事なら知りたくないし見たくない……それな! 付き合ったからっていきなり恋人っぽい事しなくてもよくない?……それな! いわゆる「ぬいペニ」問題にかすりそうでかすらないくらいの所で野間悶々とするところが、読んでいてたのしかった。

 一方、付き合った途端に恋人モード出して野間にべたべたくっつこうとする相良というのも、野間視点では急にどうした!? と思えるんだろうけど、でもまあ「恋人」という言葉の枠に囚われてそれっぽい事をしてみたくなってしまうのは、にんげんだものそういう事もあるさって感じで解らなくもない。ストーリーの終盤辺りで相良の内心が明らかになるんだけど、やっぱり別に前々から野間に対してめちゃめちゃ恋患っていたという訳ではなかった、というのがリアルっぽくてよかった。

 濡れ場もまためちゃめちゃ地味。恋人になるかならないかの決定打が欲しいというので、付き合う前に致すという慎重さが大人恋愛物語っぽくていい。濡れ場2回目の翌朝「寝坊しない」って最中に言ってた方が寝坊して朝ごはんがやや雑になり、平日の夜は致さなルール決めをする所がほほえましい&もう若いとは言えない大人のくたびれ感があって趣き深い。ちなみに、濡れ場にアクロバットな事をしないで雑談とかするシチュエーションが私は好き。

 男女の恋愛でもあり得そうな話だけど、男女カプだと周りがけじめを着けろだのその人でいいの? だのと口を挟んできがちで、二人の間だけで方向性が決まるという事にリアリティーがないかもしれない。そこを、男同士のカプだからパッと見ただの友達同士で、他人の下世話な好奇心には引っ掛からない関係性で描くというのは上手いなと思った。まあでも、もしも漫画の下手な人が描いたら目も当てられない作品になっただろう。なので、ジャンルとか問わずシンプル面白い漫画を読みたい人にもおすすめ作品だと思う。

 友達関係から恋人同士にシフトチェンジすることに苦労するBLというと『リカー&シガレット』(座裏屋蘭丸)もある。


『となりのメタラーさん』(マミタ)




あらすじ

 大学院生の遣斗は、安さ最優先でガス栓の壊れた物件引っ越しして凍死しかけた所を、隣人の壮志に助けられ、しか朝ごはんまでご馳走になった。

 壮志の手料理にがっつりと胃袋を掴まれしまった遣斗は、それ以来ずっと壮志にご飯を作ってもらっており、気付けば丸一年暮らしていた。

 何故かほとんど喋れない寡黙な壮志は筋金入りのメタラー。遣斗はつい壮志の気を引こうとして壮志の「遠征」に着いていってしまう。メタルライブを楽しんだ二人だったが、酔い潰れてしまった壮志に対して、遣斗は恋心を自覚。だが遣斗は壮志にまだ自分ゲイだということをカミングアウトしていなかった。壮志はおそらくストレートであるが、性的指向がどうとか以前にほとんど口が利けないので、遣斗には壮志の意思の確かめ様がない。

 翌朝、壮志が目覚めると遣斗は既にホテルを出た後で、以来音信が途絶えてしまい……。

増田感想

 表紙絵に惹かれて購入。半袖で過ごせるほど暖かくしたお部屋で炬燵にあたりながら朝ごはんを食べている二人の図。背景にはメタラーの極まった感じの本棚CDDVDラック。画面右側のメタラー・壮志さんの傍らには編み物道具。青みがかった日差しが雪の積もった朝の光って感じで、室内の暖かさを引き立てる。

 メタル雪国日常の融合したイラストというのは、メタルの本場が北欧であるという事を知っている人にはなるほどなーと思われるらしいが、全然知らない私には奇跡の融合・ギャップ萌えに見えた。

 この漫画もまた、事件という事件は冒頭で遣斗が凍死しかけたのを壮志が助けた事と、後に遣斗が別に起こさなくてもいいような最低な別れ話を引き起こすくらいしか起きない。前述の『ジョークスタートルームメイト』の感想の中で、私は男同士の関係性には他人横槍が入り難いというような事を書いたけれども、この『となりのメタラーさん』は遣斗の友人もまたゲイなので、恋愛相談で遣斗が〆られる展開あり。

 メタラーさんこと壮志は明らかに吃音症か緘黙か何かを患っているが、彼の抱えた困難は生まれ持った何かというだけで病名はつけられていない。へたに病名を着けてしまうことで同じ病気を持った人への偏見を植付けてしまわないような配慮なのか、読者が病名で検索して知った風にならないようにする為なのだろうか。まあとにかく、病名のないことで壮志というキャラを見る時に変なバイアスがかからないのでいいなと私は思った。

 ところが、病名を明記していない事でそれを「病気」だと思わずに、壮志の性格を「ムカつく」といって非難したレビュアーもいたりするので、何でも物事は良し悪しなのかなあ。それくらい読み取れよとも思うけど。表現って難しいな。

 壮志の「自分の思いを言葉にするのが難しい」という性質は治るようなものではないらしく、しか家族職場人間関係には恵まれており、過去には辛い事もあり、今でも世間に出れば嫌な思いをする事が多々あるということが描かれている。

 彼の身近な人々は、言葉の出ない事にイラついたり急かしたりはしない。しかし彼のような人に対しての最適な関わり方を知っているというわけでもないようだ。(例えば壮志の職場店長言葉に詰まる壮志を、自分自身が焦りながら落ち着かせようとしている→壮志は余計に焦ってしまう)

 だが、遣斗だけが壮志の言葉を「待つ」というのをさりげなく、だが明確に態度で示した。それは遣斗が幼児教育研究する大学院生であり、実際にバイトという形で保育に携わっている人だからである

 そういう、文章によらない漫画描写が繊細な作品。人の言葉当意即妙の返しは出来ない壮志に合わせるかのように、ストーリー恋愛ゆっくり進む。舞台雪国でもっぱら季節は冬なんだけどハートウォーミングな話だった。

 そしてこれ、商業BLレビューサイトではかなり評価が高い作品。実際良いと私は思うけど、他のレビュワーの「泣いた」っていうのは言い過ぎかな。私的にはほっこりするって感じ。

2022-06-04

[]『テムパル〜アイテムの力〜』のメモ

https://piccoma.com/web/product/43170













2022-05-20

anond:20220519110202

女の実態として、BLよりTL、特に年上スパダリに溺愛される系の話は援交とかを助長させてるとは思うし有害規制すべきなのはそっちだと思うわ。

TLは男も都合いいかあんまり批判されることがないけど。

2022-05-16

タカラギコって結局どうなったんだっけ?

のまネコは覚えてるんだよね。

殺害予告が出たことでエイベックスが「とんでもねーキチガイ共と縁を持っちまった……」とビビって商標を取り下げて決着。

犯人は結局捕まって1年半の刑を言い渡される。

ソイツは後にパソコン遠隔操作事件を起こすという生粋狂人であり撤退したエイベックス判断は正しかったと言わざるを得なかったのである

いや~本当凄い顛末っすね。

でもタカラギコってどうなったんだっけ?

なんかタカラが「うわー対応するのがダリー。イメージも悪くなるしもうやめよ」って取り下げたイメージしかない。

今回はどんな感じで終わるのかな―。

大企業がやったっていうパターンじゃないかイメージ悪化は平気そうだけど、殺害予告があった場合は流石にフィニッシュなんだろうか。

まあそれやったら捕まると分かってるのにやる馬鹿は流石に居ないと思う……思うんだけど知らない人もいそうではあるんだよな。

お前ら、間違っても強要と取られるような行為はするなよ。

マジで捕まるって歴史証明してるから

2022-04-23

ダイの大冒険 ハドラー親衛騎団 シルバーチェスセット

マンガアニメの究極のファンアイテムとは何か?

同人作品オーダーメイドオンリーワン無限にあるだろうから公式商品に限った話で。

概ねは等身大フィギュアだと思っている。

金額、置き場所キャラクター愛、全てが高次元でなくては成立しないアイテムだ。

ペーパームーン綾波レイを出して以来、等身大フィギュアにはある種の憧れがあった。

それが作られると言うことは人気作品キャラクターの証でもある。

1/10程度のガンダムサイズ的には同種だろうか。

欲しい。少し無理をすれば買えなくもない。しかし置き場所が。そんな複雑な思いを抱いていたのが等身大フィギュアだ。

小さくとも少数生産特別ものもある。最近だとガンダリウムガンダム記憶に新しい。チタン合金で成型された特別モデルだ。購入をかなり迷った末に見送った。

https://bandai-hobby.net/site/gundarium/

ガンダム場合それ以上のものもある。24金のガンダムがそれに当たる。

https://www.gundam.info/news/goods/01_4067.html

https://uw-prj.com/

まりにも浮き世離れした金額で実感がわかないが、これぞ究極感は半端ではない。

一介のサラリーマンにはとても手が出ない。果たしていくつ世の中に出たのだろうか。

さて、ガンダムの例を出すまでもなく、究極を論じるのに金額は分かりやす指標だ。

となると、ダイの大冒険においてはこのチェスセットが究極の一つの形だと言っても過言ではないだろう。

常々劇中さながらのファンアイテムが欲しいと思っていた身としては注目せざるを得ない商品だった。

自分もいい歳だし、ちょっとくらい、一番好きな作品ファンアイテムくらい手にしても良いだろう。

発表、受注開始から相当悩んだ末に注文、それが手元に届いた。

ありがとう。こんな頭のいかれた商品企画、実現してくれた皆様、アニメ制作が大変な中で色紙を描いてくださった宮本絵美子さん、制作にあたった職人の方々。

家宝します。

https://u-treasure.jp/licensor/dq-dai

ちなみに、このチェスピースアニメ版だ。原作では白のピースオリハルコン製だが、黒のピースは岩石質でゴツゴツした描かれ方をしている。これに対してアニメでは黒のピース金属質で破壊音も甲高い。

気分が高揚しているのでこういうこともしてしまう。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm40362421

最高。もう値段分楽しんだ気がする。

ダイの大冒険アニメはこれから佳境、関連商品の発売もこれからが本番でまだまだ楽しませてもらえそうだ。

2022-04-15

anond:20220415164459

😾「ゴッホゴッホ

😿「身体ダリー、思い通りにうゴーギャン

😹「こんな時にロシアウクライナ相手ウォーホルシャガール

😹「もうおわりだねこのくに」

2022-04-08

コラボ動画でも手抜きする場合はあるよ

Vtuberイブラヒムと手越祐也ゲーム実況コラボをしたんだが、これが炎上している。

イブラヒムは事務所編集を頼んだのに、あまりに手抜きの動画が納品されたのでブチ切れ。

イブラヒムが不憫だということで抗議が殺到したのか、動画は非公開に。

さっき事務所正式謝罪していた。

問題ブツは40分くらいの長さでまともにカットされてない。テロップもない。サムネイル素人クオリティだ。

なぜかイブラヒムのゲーム画面が使われておらず、別タレントゲーム画面が使われている。

本来イブラヒムの前編が先に投稿される予定なのに、準備が遅れて手越祐也の後編が先に公開される始末。

手越祐也の方はゲーム紹介のCGが丁寧に用意されている。

バラエティ番組としてきちんと編集されているので、クオリティの差がエグい。

それで事務所にじさんじは何をしとるんじゃ、という話になり、ファンの怒りを買ったわけだ。

で、その中に「なんで外部コラボという大事案件でやらかすんだ!」という意見があった。

いやー外部とのコラボって優先度高いように見えて、そうじゃない場合もあるんですわ。

俺はタレント事務所動画屋やってるんだけど、コラボ動画の優先度は低かったな。

ギャラは高くなかったし、だったら大事スポンサーから依頼された案件動画を優先するよね。

あるいは自社ブランドイメージに直結するような大事動画とか。

事務所公式YouTubeは優秀な社員が付いて、タレント個人YouTube外注とか、社内の窓際がやるイメージ

それでも継続的コラボするならギャラ美味しいし、「ま、とりあえず受けときますか」みたいになるわけですよ。

んで、そういう大事じゃない仕事ってのは、大事じゃない社員に割り振られる。

その大事じゃない社員ってのが俺だwww

まー俺も大事じゃない仕事に割り振られてるのはわかってるんで、やる気が出ない。

テロップ全部入れるのダリいし、所々に入れときゃいいか、みたいな。

我ながら手抜きだなと自覚してるんだが、驚くのは周りの社員も「それでいいよ」って風潮なところwwww

会社公認の手抜きwwwwwww

ただまぁ、件の動画は手抜きってレベルじゃねーな。

複数人ゲーム実況編集する場合マルチカメラという機能を使って画面を切り替えるのよ。

なんかそれをした形跡がないし、ロクにカットもされてない。

フォントの変更すら知らさそうなサムネイルといい、あれ動画屋の仕事じゃねーんじゃねーの?

流石の俺でもあそこまで手抜きの動画を納品する勇気はないぞ。最低限のプライドはあるし。



こっからは完全に憶測から、話半分で読んでもらいたい。

映像制作部門映像編集をする社内フローとなっていたにもかかわらず、担当者独断で当該フローを逸脱していた

謝罪文にこういう一節があって、なんか良くない思い出がこみ上げてきたww

やっぱ専門の部署仕事を振り忘れてたんかな。

例えば動画の中にグラフを挿入するとして、そのグラフは別部署デザイナー発注するとかあるのね。

その場合は公開日に向けて余裕を持って発注しなきゃいけない。

デザイナーだって公開ギリギリに依頼されても迷惑からね。それやってキレられることも、まぁよくあるwww

たとえキレられるとしても、緊急事態なら平謝りで頼むしかないと思うでしょ?

しかし世の中にはそう思わない奴がいるから、さぁ大変。

うーん、またキレられるのも嫌だし・・・黙って自分でやればいっか!

はい、俺は何度かそういうことをやりましたwww

以上を踏まえると、こんな感じだったんじゃなかろうか。

マネージャーあるいは営業担当が、タレントから動画を受け取る

・その動画動画屋に投げなきゃいけないのに、発注を忘れる

・気付いた時には公開日が迫っていたので、専門外のことを自分で頑張る

つーかこれくらいバタバタしてない限り、あのクオリティ動画は出てこないでしょ。

プレミアフォトショップも使ったとは思えないレベル

ただまぁ、いい加減な仕事をする側の人間としては、無能無能と叩く気になれないわ。

2022-03-25

anond:20220325222951

日本語ダリーよ

サンキューでいいのに有難う御座居ますなんつぁー面倒なんだわ

2022-03-01

ヤナギダリカオな奴が多いな、ここ増田って

愛情なんかじゃねぇよ、越えられないからなんとか道具(ネタ)にして自分を持ち上げときたい、っていう執着だよもう。

しかも何を言っても何をしてもある一定以上はどうしても認めてもらえないッッ!!どうしてッッ?!って、本気で解んないんだよなぁこういうヤツって。アタマ壊れてるわ

オマエなんか誰からも信じてもらえんぞ。

2022-02-12

anond:20220212031409

こんなの少女マンガも変わらんじゃん

冴えない女の子スパダリみてえなのが好き好き言ってくれるやつ

あるいはエスコートしてくれて奢ってくれる男がいいみたいな

こんなどこにでもある妄想精々キモ~くらいの感想で終わりにしときゃいいのに屁理屈こねくりまわして叩くことでもない

男でも女でもリアルに言い出したらヤバいやつだがわざわざ意見表明してくれてんだから関わらんで済むしありがてえくらいだわ

2022-02-05

anond:20220205182214

それはない

女で鳥山明尾田栄一郎大友克洋並みに描ける奴はいない

レオナルドダヴィンチミケランジェロも男

ピカソダリゴッホも男

わかったか

せーの!!!

論破ああああああああああああああ!

anond:20220205120930

その思い上がりがダリィなぁって思ってなかった?

なんか勝手に部下に不信感持って「お前たちは甘ったれてるから成果を出すためにリーダーシップのある俺がやり方を考えたぞ」って言ってくるとダリからますます言われたこと以外やる気失せるし、まともな解決策も話し合えない関係性になってることにうんざりする期間は無かった?

2022-02-02

俺も美少女コスプレイヤーになって無茶な衣装をどんどん仕上げてくれるスパダリといちゃいちゃしてえー

いいなあーうらやましいなあー

異世界美少女受肉おじさんと」ってTS作品

主人公橘がTSした姿が普通に可愛い女の子なので男性でも見やすTS作品だと思う

だと思うけど何か一つ気になる箇所が出来てから全部嫌いになりそう

別にこの作品に限った話じゃないけど男がTSしたヒロインって大体元から女のヒロインより我儘でムカつく

これはBLの受けもそうだけど、「女なら許せないワガママも(中見が)男なら許せる」って感覚が作者にあるからだと思う

結局の所TS作品って広義の意味でのBLなのよな

最終的に攻めと受けが結ばれる事は決まっていて「受けが女体化して肉体的にはヘテロから抵抗感が無い」って要因があるだけで

これ、昔BLで使い古された「男なのに男の事を好きになってしまうなんておかしい…」「性別なんて関係ない!俺はお前だから好きになったんだ!」だよな

ゲイという当事者不在でおばさん達が禁断の愛いいよね…ってニヤニヤ眺めて消費してるスタンスなんだよなこれ

別に女性向けでやるなら全く気にならないけどノクターンノベルズで某腐女子作家のお湯うさぎ姉貴がわざわざ男に見せつけるようにTSヒロイン物書きやがったからな

ファ美肉おじさんにはあの作家から程は同性ヘイト物の匂いは感じないからそれは良いけど、何かスパダリヒロインが惚れる過程気持ち悪さが凄く共通してると感じる

それとこれはTS関係ないけど草ってスラングを作中で使う作品嫌いなんだよ

二話の段階だとそこまで嫌いじゃないと思ってたけど三話で一気に冷めたから次回から見るのやめようかちょっと考えてる

それとこれはTS関係ないけど草ってスラングを作中で使う作品嫌いなんだよ

多分これが嫌いな理由の中で一番大きな割合を占めてる

ネットスラングのノリをそのまま作品に持ち込まれるとスッと冷める

Dlsite同人ゲーム買った時も時々思うんだけど作者は例のアレネタ使うのちょっと我慢してくれねえかな無理なんだろうなぁ

追記

誤字を修正した

一応来週だけはもう一回見ようと思う

来週またネットスラング連発されたら流石にその時は考え直すかも

2022-01-27

anond:20220127211739

男同士で「クンニダリぃ」とか話したりしてる?

クンニしなくていいならしたくない方ですか?

女同士だとフェラ顎だりーとか髪の毛ヨダレつくからヤダヨネーとか言ってるんですが…

てか不毛だしお互い嫌なら止めたい

2022-01-14

女装が受け入れられなかった

気になってる人が、ストレートトランス願望がある人だった。要は、恋愛対象は異性だけど、女装も好きで、女の子みたいになりたい。

 

最初普通に話していたが、ある時スイッチが入ったらしく、だんだん幼稚園児のような声を出して甘えたような我儘風に話しかけてくるようになった。

会話内容駄々っ子のようになって、小さなお姫様扱いや貢物を求められるようになった。

私はスパダリを求められる男性ってこんな気持ちなんだろうな、と思いながら保育士のように対応したが(別に赤ちゃんごっこはしていない。ただ4〜5歳くらいの幼女にするのと同じ対応をした)、そのようにしながらこの人と付き合うのは絶対にないなとすっかり冷静になった自分もいた。

 

彼をLGBTQsに含めて良いのかわからないし、これが性的マイノリティの話なのかもわからないのだが、自分はLGBTQsに対しては比較好意的だと思うし、むしろ自分がなんでもいけるPセクシャルだと思っていた。実際に女性とも交際経験がある。

でも、実際にこうして目の当たりにすると、自分はどう考えても筋骨隆々で白シャツジーンズみたいな人の男性の方が圧倒的に好きだと気付いてしまった。

可哀想だけど、大きな体で幼い女の子のように振る舞うその人に、「彼氏になりたい」「他の人でなく自分を選んで欲しい」と言われたけれども、とてもじゃないが男性としては見れなかった。

人生を預ける半身にもしたいとは思えなかった。

 

これは差別なのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。

彼にとっての可愛いものは、幼い女の子イメージだったんだろう。だから一生懸命可愛さのアピールを私にしていたんだと思う。

かに可愛いけど、私は王子様やママになりたいわけではなかった。そういう風に振る舞いたい人とは、彼は合っていたと思う。

残念だけどお断りしたきり連絡は取っていない。いつかマッチする人に出会って欲しいと思う。

2022-01-13

最近買って読んだBL

ボーイズラブアンソロジーCanna vol.81』

 「アンソロジー」っていうけど同人誌ではなく、商業BL雑誌雑誌雰囲気少年漫画青年漫画風味でストーリー重視・エロ少なめ……らしい。BLにしては、ということかも。ちなみに出版社フランス書院。だからといってハーレクイン的なラブロマンス色があるわけではないけど。

 では以下、掲載作品感想

『鴆(ジェン) 天狼の眼』最終回(文善やよひ)




概要

 古代中国のような世界観。「鴆」という鳥の獣人みたいな生物飼育するのが一種金持ち道楽となっている。鴆は食べ物によって羽根の色が変わる。鴆のオーナー達は鴆の羽根色を競わせるのだ。鴆を飼育する人のことを「鴆飼(ジェンスー)」と呼ぶ。

 本作のカップリングは、ティェンラン(鴆であり鴆飼でもある)×リュイ(人間若者盗賊)。

 私は途中から読んだので全体のストーリーいまいちわかっていないんだけど、今回のお話は、なんかリュイが昔の盗賊仲間を売って逆襲されそうになってるとこらしい。


増田感想

 手練のプロ作家作品! って感じですごく読みやすい。絵も綺麗。ストーリーはたぶん感動とか衝撃というよりは「無難な感じ」だ。アートだ。熱烈に惹かれるというよりはコレクション欲をかきたてられるというか。単行本出たら買おうかなぁー。


『積み木の恋』(漫画 黒沢要/原作 凪良ゆう)




概要

 大人BL小説家・凪良ゆう先生の同名小説原作主人公ゲイ男性を専門に狙う詐欺師パパ活のようなことをしては男から金を巻き上げている。

 カップリングは、金持ちぼんぼん×詐欺師

増田感想

 そもそも凪良先生物語で読ませる作家というよりは文体で読ませる作家。そういう作家さんの作品原作としても、やっぱり最大の魅力「地の文」が消えてしまうので、なんだかなぁーと。

 漫画を描いた人は人気のBL漫画家らしいけど、別に……うん。繊細な画面とかなんとか宣伝されているのを見たけど、私は画面が白いなとしか思わない。でも面白そうではある、原作小説が。まあ、小説メディアミックスっていうのは、大体引き算だよなぁ。

『ロングピリオド』第3話(古矢渚)




概要

 高校生主人公の学園もの特に秀でた所のない佑征が、幼なじみで何でも小器用にこなしてしま天才肌の樹を好きだけど好きと言えずに悶々としたりツンツンしたりする。少女漫画風味隠れゲイの苦悩話。カプの左右不明。今回は子供時代の回想メイン。

増田感想

 よくある話だなと。でも月並少女漫画みたいな作風漫画は意外と求められているもだろうか。去年は『コントラスト』(itz)がヒットしていたことだし。たぶん、好きな人は好きなんだろう。

『青い人の主治医』(hagi)



概要

 獣医師が知り合いの親切なおばちゃんに頼まれて、町外れに蟄居している少年を診察しに行く。少年は全身の皮膚が鱗化して角まで生えるという奇病に罹っている。獣医師はなんとか少年を診察しようとするが、少年人間不審を拗らせており、患部を見せることすらしたがらない。診察するのしないので揉めている最中

増田感想

 きっとこういう漫画好きな人も世の中にはいるんだね!


侵略宇宙猫チャン!』第6話(元ハルヒラ)



概要

 自称宇宙から侵略者で人語を操る猫が、穂堤(ほづつみ)と今市(いまぢ)と犬のチャヅケの住む家に転がり込んでくる。その日常。今回はほづつみといまぢが致している所を宇宙猫のサンが覗き見して、なんだかんだ揉める。なお、サン宇宙猫だけれど、虚を衝かれたかのような顔つきをしている訳ではない。

増田感想

 ああ、オチはやっぱりそうなるんだ……w

『嘘つきな愛を買う』第5話(ポケラふじ子)




概要

 オメガバース設定作品。αだったはずの主人公・悠生は何故かバース性がΩに転換してしまう。成績優秀で親の期待に添えていたはずが、一転して無能の産むだけが取り柄の人扱いに。そして悠生は彼を見初めた男・恭悟に金で買われてしまう。以来、悠生は恭悟に服従状態。恭悟は悠生の心から笑顔が見たくて、有名進学高校への転入を勧めるが……。

増田感想

 ちょっと昔の男格差をごりごりに風刺したような内容で、精神にかなりクる。『82年生まれ キム・ジヨン』みたいに、細かいところで心をポキポキ折ってくるような。そしてレディコミみたいにねちねちドロドロしてる。

 攻めでαの恭悟が無自覚強者傲慢から悠生に復学を勧めておきつつ、嫉妬に駆られてあっさりと梯子を外す、その態度の豹変がとてもリアルだ。もうやめて、それはただのDVよ!

 はぁ、つらい……。つい読んじゃったけど、私はこういう類の悲愴感BLには求めていないかなとも思う。

 もはや男女カップリングではここまで時代錯誤なネタは迂闊に描けないから、オメガバース設定が表現の駆け込み寺みたいな役を果たしているのかなという気もする。

BLACK BLOOD』第6話(琥句ハヤテ


概要

 戦闘サイボーグのイーサンが生身の人間のミハイルに恋をしちゃう話。

増田感想

 普通に恋愛してるなぁ……。連載開始当初は、なんかもっとこうシビアストーリー重視のハードボイルドが始まるのかなと思ったら全然かわいいハイルにイーサンが惚れてしまい油液が飛ぶ(←言葉通りの意味BLだった。

 一回ミハイルが死にそうになったくらいで、特別事件が起こる訳でもない。もっぱらイーサンが「これが恋……?」と動揺しているだけである。だが正直、あまり萌えはないかな。そういえば、ミハイルってイーサンのこと好きなの?


『MADK』第18話(硯遼)



概要

 サイコパス過ぎて人の世には居場所のないマコトちゃんが、悪魔Jを召喚して魔界に行き、悪魔に生まれ変わって無双する話?

 悪魔は人に名前を忘れられると消えてしまうらしく、マコトはJが孤立するよう根回しをし、彼を弱体化させる。今回は久しぶりにマコトがJのもとを訪問するところ。

増田感想

 連載の半分も読んでいないせいでストーリー登場人物関係性をいまいち把握出来ていないという私の個人的事情を差っ引いても、何を言っているのかよくわからない台詞がいくつかあるような?

 とにかく、マコトとJによる激しい心理戦が繰り広げられていることだけはわかった。愛憎が入り交じるというよりかは愛情表現おかしい二人なのか。

『ジャルディニエの愛した毒花』第13話(椛嶋リラコ)

概要

 旅人のオルは城塞都市ペルオテに着くやいなや荷物を盗まれ、無一文の身元不明人なってしまう。そんな彼は娼館下働きとなり、娼夫・アコニとなんかあれな感じになる。

増田感想

 ストーリーがよく分からないので、1話の試し読み数ページを読んでやっとオルの境遇理解した。この人が主人公だったのか……。てっきりアコニさんが主人公なのかと。今回もまあよく分からないけど、ねこみみ獣人達は娼館にいる方がマシみたいな設定なのだろうか?


ベルガモットサニーデイ最終回キタハラリイ)

概要

 主人公アルバイトの子が勤め先のオーナーに惚れて、そのオーナーって人が胡散臭いレベルスパダリなのだが、主人公と付き合っているのかいないのか微妙セフレ関係っぽい付き合いをするから主人公が病んじゃって、でもスパダリスパダリパワー全開主人公をよしよしいい子いい子してくれるって話。


増田感想

 ありがとうベルガモットサニーデイありがとう! タイトルだけはなんか好きだった!!

スリピングデッド』第8話(朝田ねむい)

概要

 高校教師の佐田は見た目性格ともに非の打ち所のないイケメンで、同僚や生徒からの人気が高い。そんな彼はある夜、不慮の事故に遭う。次に目を覚ました時には手術台の上で、科学者間宮が側についていた。間宮によれば、佐田は一度死んだところを間宮の手によって蘇生させられたが、ゾンビのようなものとして生まれ変わったのだという。

 間宮家で始まる、ゾンビと猿のような人間リアル猿の、二人と一匹暮らし


今回のあらすじ

 まさか温泉旅行回。昼間は名所めぐり、夜は恋バナだ!


増田感想

 思いがけず萌えとラブに全力投球な本作。第1話シリアスでダークな雰囲気から行き着いたのがここなの? たのし大人修学旅行なの!? 唐突なようでいて自然な流れで旅行して、ちょっと揉めたり仲直りしたりお互いに理解を深め合ったり、でも片想い片想いのままだったり、心理描写がすごい。リアル

 これまでの朝田ねむい先生作品恋愛色の薄い作品が多かったのだけれども、まさかゾンビ物で究極のラブストーリーを描いてしまうとは。



追記

https://anond.hatelabo.jp/20220113151632

 虫歯先生知らなかったかBL情報サイト検索した。

 すまんけど、私は表紙見ただけで回れ右だな。エロ売り作家は基本読まない。いうてBLなんかエロばっかりじゃないかいと言われるかもしれないし、実際エロばっかりなのだが、表紙であからさまに「ある種のエロしかないです」と主張してるような作品は、読んでも気分悪くなるので読まないです。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん