「思考」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 思考とは

2018-07-16

いるかのようだ

世界はないと言っておきながら、現実何が起こっているか把握しろという。西欧世界はいささか把握しづらいが、私の知っている世界とは違うようだ。他を金輪際他を無視しないように箍をはめている思考が柔軟性を持つものか?。思考タブー必要か?存在は個々が定める色でしかない、あるといえばある、ないといえばない。ケツの穴から鼻の穴まで感覚のすべてが感じる存在無視しなけりゃ少なくとも存在の構築はできる。まるでそこにいるかのように。

2018-07-15

anond:20180715213948

人間の優れたところは、自分自分思考を変えられるところでね

君のそのフェミっぽい思考現実に何の役にも立っていないのは分かるだろう(自分モテないって言ってるし)

さっさと捨てた方がいいと思うよ

理屈っぽそうだから恋愛工学の本でも読んでみたら

anond:20180714223731

まあ結局のところ

「狙った結果以外では全く満足も納得もできない」

偏った思考問題があるということは揺るがないな。

ブロック多用twitter

2018年に入ったあたりでTwitterブロックを多用するようになった.多様性を考えると,ブロックは良くない.多様性が下がる.

ただ,反原発,反ワクチン,アベシネあたりの過激主義者議論が成り立つわけではなく,この人達意見を聞くのは嫌な思いをするだけなので片っ端からブロックしている.

実際はブロックしてもすぐに別のが現れるので,遭遇確率を下げるという点ではあまり意味がないが,自分の中でブロックしたことあほなやつはこの世界からいなくなったという気分になれるのでそういう点では有意義である

彼らは思考放棄していて,人間性が皆無であろうが,人間世界で浮かずに生きて行けているのだろうか.

隠しているか,あるいは彼ら同士でつるんでいるんだろう.

彼らの一人が安倍首相股関節が痛い病気で苦しんでいることを憲法をだしてやっと心配してあげていたが,かれらはそうでもしないと良心的な人間として振る舞えないのだ.

人間として苦しんでいる人を心配するのを当たり前だということに気づいてほしい.

A

anond:20180715041102

実際強めの自己責任論言うのって右翼っぽい思考の人が多くないか

田端愛国ディスやってるけど

2018-07-14

anond:20180714175501

そうだね

君の思考議論は荒く、正直に言うと論ずるにも値しない

anond:20180714163004

でも実際ジャップは平均して外国語理解する能力に欠けて視野が狭く

左右関係なく何を言ったかよりも誰が言ったかを重視する権威主義者ばっかなんだから仕方なくない?

まともな国際感覚批判思考人権思想があったらジャップサヨクには苦言を呈さざるを得ない

視野の狭いお前にはわからないんだろうけど

正常性バイアスけが原因?

今度の大雨でもそうだけど、自然災害で逃げ遅れた人の事を「正常性バイアスが~」で片付けちゃってる人が結構多い

どうもこの正常性バイアスって言葉の使われ方が、自己責任論っぽくなってる様に見えてしま

もちろん「自分だけは大丈夫だろう」とか「前も大丈夫だったから、今回も大丈夫だろう」って考えが危機感を薄れさせるのは確かだと思う

でも、災害に直面してる時に根拠が無くても「自分大丈夫」って思えなかったら、結構精神的にキツイと思うんだよ

「今すぐ正しい行動を取らないと、自分家族死ぬ!」ってプレッシャーの中で、冷静に判断して動ける人ってそんなに居ない

それに被災地で手に入る情報は、どうしたって錯綜するし、デマも混ざるし、時系列もごちゃごちゃになりがちだ

それらを整理して優先度を決めて、今後の行動をすばやく設定するのは、相当できる人じゃないと無理

被災地人間が、現地の情報自分判断力だけで正解の行動にたどり着くのは、かなり難しい

特別警報が出ると「命を守るために適切な行動を取ってください」って散々見るんだけど、被災者アドリブで適切な行動を取るのはかなり難易度高い

この難易度を下げるには被災者自身能力思考に頼らずに、適切な避難行動を取ってもらえる仕組みを作るしかないのだと思う


じゃあ何が必要なのか?

個人的に思いついたのは二点

パターン化された避難行動の習慣化

災害時の情報収集、及び分析の向上

①は要は避難訓練の頻度を増やすって事

ハザードマップを参考に色んな状況を想定した避難訓練を、月イチくらいの頻度でやる必要があると思う

そうする事で想定されたタイミング指定された避難所に避難する事が、習慣になる

正常性バイアスが働いても「何もしなくても大丈夫」と「早めに避難すれば大丈夫」では雲泥の差があると思うんよ

避難所の設備にしても、避難所を使うのが災害発生時だけだからなかなか充実しない(できない)ってところがあるんじゃないか

月イチくらいの頻度で避難訓練やって、そのまま避難所で一泊して帰るとかやれば、必然的に充実せざるを得なくなると思う


②は上で書いたように被災者自身が、情報収集とその選別を行うのは結構負担だということ

これ、結構専門的な分野になると思う

災害や救助に関する知識と、ネットを含めた情報分析力が求められる

ググってみた感じだとAIを使った災害情報分析研究も進んでるらしい

ただ最終的にはまだ人間判断しないと行けないだろうから、こういう「災害情報分析官」的な人材の育成が必要だと思う



長々書いては見たが

まあ、素人が思いつく事くらいは、すでに話には出てるんだろうなぁとは思う

結局最大の壁は予算って事になるだろうしね

anond:20180714052436

君は頭があんまりよくないようだね。論理的思考ができないようだからスマホゲーとかしたらいいんじゃないだろうか。

駄文

今日もなお多くの女性の間にはシンデレラコンプレックスが首をもたげる。

この根拠のない「外からくる何かが自分人生を変えてくれる」という期待はまさに病だ。

この思考がある限り女性の間でまともな文化は育たないし体系は必ず途中破棄されて根付かない。

人類史を考えてみてほしい女性が生み出し定着した文化が一つでもあるだろうか。

シンデレラコンプレックスをやめない限りありとあらゆる女性が好むもの

刹那的快楽の消費」で終わり文化として根付くことはない。

anond:20180714010422

他人思考トレースせず頭を使えよ笑

お前はレッテル貼にレッテルを貼り返しただけだぞ

2018-07-13

全か無か思考

緩和したいのだけどやはり心理カウンセラーに頼んで認知行動療法か?

 ・自分が思い描く自分でないと認めたくない、生きる意味がない

 ・デートできない・付き合えない・S○Xできない女とは1mmたりとも接触する意味がない

 ・代替で入手したものならばないほうがまし

全か無か思考認知の歪みだと思うのだが…。

anond:20180713192234

ツイッターのアベノセイダーを見ると

半分ぐらい安倍bot自演で、もう半分も思考安倍botと同じレベルで壊れてる人ばかりで

日本人大丈夫かと思う

そもそもあの安倍叩きの人たち、もはや左翼ですらない

anond:20180713171532

それを信じて毎日部活頑張ったけど、

不条理にしごかれて

自分価値ない」と言う思考根付いたよ・:

anond:20180713170218

自己評価高い人って何か困難に立ち向かって克服した経験があるんだと思うよ

富士山に登ったことがある人とか厳しい練習を乗り越えてきた高校球児とかは

「あれができたんだから他のことにも挑戦できるだろう」っていう思考になると思う

anond:20180713092320

まんさん特有思考だよな

周囲が自分と同じ考えだと思い込んでる

楽天文句

結構前に楽天株式会社退職していました

noteテストを兼ねて。実は退職してからすでに1年以上が経過しているのですが、ようやく書きたいことがかけるようになったと思われるのでいまさらながら退職エントリを書いてみることにします。

TL;DR

文章にしてみたら、自分がどういう環境で働きたいかが整理できました。自分思考を整理する手段として退職エントリおすすめです。この文章にはそれ以上の価値はありません。

Safe Harbor Statement

ここに書いた内容は僕から見た一方的な内容であり、辞めたひとバイアスがかかっていることをご承知おきください。近しい人が見れば個人特定できてしまうような記述がありますが、個人組織誹謗中傷する意図はありません。

楽天でのおしごと

2011年4月新卒入社。ちょうど6年間、金融関連事業渡り歩きながらWebエンジニアをやってました。お客様に直接向き合うサービスを作る部署なので、開発も運用もやりました。工程でいうと要件定義/設計/実装/テスト/リリースとぜんぶやりました。役割でいうとリードエンジニアっぽい仕事プロジェクトマネージャプロダクトマネージャマネごともやりました。5年目くらいからいわゆる管理職兼任してました。

謝辞

やめる直前はとにかく退職することに全エネルギーを注いでいたうえ、決意を固めてから有給消化という名の出社拒否を行っていたので、お世話になったみなさまにはろくに挨拶もせず退職キメてしまいました。すみませんでした。6年間好きなようにやらせいただきました。自由奔放な僕を多岐にわたり支えていただいた皆様には大変感謝しておりますありがとうございました。

現職について

株式会社ディー・エヌ・エーでお世話になっています。相変わらずWebエンジニアです。素晴らしいタレントに囲まれて楽しくすごしていますエンジニア裁量が大きく、人材に対するリスペクトを感じます自由ライフスタイルマッチします。たのしいです。うぇるかむ。

よかったこ

現職での生活を1年やってみて、良かったなと思うこともまぁ少なくなかったので書きます

面白いことがたくさん起こる

良い意味アグレッシブ会社なので、思いもよらぬ業務提携がおこったり、わけわからんくらい事業が成長したり、(その逆もあったり、)「その発想はなかった」的な新事業が勃発したりととにかく様々なイベントに満ち溢れています。飽きることはないと思います

英語への熱量がすごい

内定式の直後くらいに英語公用語化がうちだされ、「入社日までにTOEICで○○○点とってきてね(とってこないとどうなっても知らんぞ)」的な脅しを人事にかけられました。おかしいな、ドメスティック会社を選んではいったはずだったんだが・・・英語ができない子だった僕は泣きそうになりましたが、さまざまなバックアップ会社提供してくれていたように思います。僕が在籍していた頃は英語一定ラインに達していないと安くはない代償(労基法との兼ね合いどうなってたんだろう?)を支払うことになっていましたが。僕は強要されないと勉強しないタイプなので、結果的英語スキルを身につけることができたのは良かったと思っています

福利厚生が圧倒的にすごい

現職もそれなりに規模の大きい会社ですが、比べてみても福利厚生レベルは圧倒的です。朝昼晩の食事無償提供されてました。会社建物の中にジムコンビニカフェマッサージクリーニングをはじめそのまま生活できそうな設備が整っています研修も充実しています特にエンジニアにとって魅力的なのは海外カンファレンス会社お金で参加できることです。「いいから行け」的にぶっとばされます

事業バラエティがすごい

楽天という会社は中にいても自分たちの会社がどんな事業をかかえているのかわからいくらいにたくさんの事業を持っていますEC金融が有名ですがそれ以外にも大小様々なサービスがあります新規事業への挑戦も常時おこなわれていますライフスタイルも開発スタイル事業ごとにかなり多様性があり、希望すれば社内異動だけでだいたいのやりたいことをかなえることができます

給料が高い

いまでいうとインパクトは薄れましたが、僕が入社した頃はかなり高い水準の初任給を出していたように思いますし、その後もありがたいことに高い評価を頂いていたので(同職種・同年代のなかでは)お給料は高かったほうだと思います

よくなかったこ

主に辞めた理由です。当然にネガティブな内容なので有料にして伏せておきます楽天転職検討している人とか僕の愚痴をよみたい奇特な方向けです。

エンジニアの扱いがよくなかった

これは部署にもよるのでしょうが、僕がいたところではエンジニア立場が悪かったように思います。たぶん僕の被害妄想です。とはいえ、現職と比べると圧倒的に裁量は小さかったですし、ビジネス職のメンバーとの関係も良くなかったと感じます。なんでもかんでもエンジニアが悪いことにされる傾向にあったり、筋の通らない理不尽要求にNOといえるような環境ではなかったとは思います

上司がやっている仕事が楽しそうに見えなかった

僕はたいへん素晴らしい上司にめぐまれていました。そのおかげで好き勝手やってこれたのですが、尊敬する上司仕事は(僕にとっては)つらそうに見えました。自分が将来同じ仕事をやりたいかなと考えると胃がキリキリしてきて絶対イヤだったので。

日本語が使えるとディスアドバンテージ

社内には外国籍メンバーがたくさんいます日本語がまったくできないやつも一定数います。そんなエンジニア日本語サービスを作っています。わからない言語サービスを作るというのは大変なことです。間違った言葉が書かれていても間違っていることに気づけません。利用規約に間違った記述があった日には大変なことです。英語公用語なので、英語が使えても評価されないというのはまぁ受け入れましょう。ただ、かわりに日本語が使えることが評価されるかというとそうではありません。ただ単に日本語がわからないやつの代わりに仕事が増えるだけです。ビジネス人間日本人ばかりで英語使わないことが多く、調整系のタスク忙殺されるのが嫌になったので。

会社がでかいのでイケてない制約がたくさんあった

システムインフラは構築はどこの部署にお願いして、root必要DB操作はまた別などこの部署にお願いして、それが何営業日必要で、とかシステム開発時の制約とか部署またぐ作業リードタイムがなんぼとかいちいちめんどくさい上に新しいことをやろうとすると面倒なことがたくさんあったので。

会社がでかいのでアレなやつが一定数いた

僕が最後に携わっていたサービスが世の中に出たのでちょっとみてみたのですが、平成も終わろうとしているのにjQueryバリバリ2000年台初頭構成Webアプリが完成していました。僕が置いてきたReact+マイクロサービスアーキテクチャは無事闇に葬られていました。僕のチームがコミットしていたリリース日よりも10月遅れリリースでした。どこからともなくさっそうと現れた「そんな複雑なシステム運用できない」などとのたまう向上心のなさそうな、他人アイデアケチをつけるのがうまいベテラン(?)エンジニアがすべてをひっくり返してしまったようです。(そいついかにアレかを13くらいの言葉説明できるのですが長くなるのでやめておきます)その人物提示した見積もりは我々がそれまでに費やした工数3分の1程度だったので、そのとおりに行っていれば去年の夏には終わっていたはずなのですが。そのエンジニアがアレなのは言うまでもないとして、そいつのアレさを見抜けない上長や、IT企業にいながらエンジニアがなにを大事にしているか理解できずに無茶苦茶判断をするビジネス人間に囲まれ仕事をするのが辛くなったので。おかげさまで僕の最後仕事はその案件作成したすべてのソースコードの破棄でした。メンバーには申し訳ないことをしました。

評価理解不能だった

退職を決意した最も大きな理由ひとつです。前職最後の人事考課の結果が極めて不満だったので。「どう考えてもこの人達より僕の評価が低いことはないだろう」と思っていた同じ職位の人間よりも評価が低かったうえに、それに対する納得の行く説明も得られなかったので。その当時僕の評価担当していた上司は非常に管掌が広かったので、いち部下の評価まで細かいことを気にしている場合ではなかったのかもしれませんが。その瞬間この会社に対する信頼は地に落ちました。

半年待ちたくなかった

その後、非公式な場で「評価がまずかったのは申し訳なかった。半年耐えてほしい(※楽天では評価が年2回)」というようなことを何人かの上司から言われましたが、それはつまり半年待った結果として正当な評価を受けられる」という僕がただ半年間不当な評価を受け入れるだけで、特段メリットがない提案でした。そこに対してどのような補填がなされるかといった説明はなく、耐えた後に得られるものも大したことはなさそうで、しかそれから半年間の仕事も特段熱意を注げるようなものではなかったので。

朝会という制度がどうしても気に食わなかった

毎週1回(事業によってはそれ以上の頻度で)朝会があります。朝8時からです。そんな時間に起きたくありません。裁量労働だろうがなんだろうが関係ありません。出社しないとどういう扱いを受けるかはここには明言しないでおきます労基法以下略)。それはヨコにおいておいても朝8時です。内容がつまらないとかではないですが、いちポンコツ社員としては「8時に始まるから7時58分までに出社しなさい」といわれて間に合うように起きることと天秤にかけるほどの重要性が最後まで見いだせなかったので。(というわけで、僕はこの制度が残っている間は絶対楽天に戻りません。)

英語化無理しすぎだろとしか思えなかった

応募者に要求している英語ハードルが高い(割に待遇が良くない)ので、優秀な日本人採用することが極めて難しくなっていたように思います。そのかわり英語はできるけどそれ以外は普通な人物はたくさん応募してきていた印象です。所詮国内に根ざした企業なので、実務で必要になる英語レベルはそんなに高くないです。なので英語ができない人のカバーをするのは難しくありませんが、優秀なエンジニアがいないのを何とかするのは極めて困難でした。会社方針のせいで本当に採用したい人が採用できず、自分目標にしたいと思える人物切磋琢磨したいと思える人物が同じ組織に現れず、いろんな意味で先がなさそうだったので。

管理職は向いてなかった

上司からお話を頂いたときは嬉しかったですし、それなりの使命感をもってやっていたつもりでしたが、いま思い返すと管理職の道を選んだのは失策でした。できることは増えましたが当然にやらなくてはいけないことも増えました。僕がやりたいことではありませんでした。とはいえ当時はやりたくないといいだせる状況でもなかった(と思っていました)し、自分キャリアアップにつながるなら...と打算的なことを考えてもいましたが、僕の考えは甘かったということが後にわかったので。

というようなことを考えていたら働く意欲がなくなったため

以上のような経緯により、それまで持っていたモチベーション迷子になったので。面白いこともまぁまぁあり、ストレスもある環境でした。「それでも会社必要としてくれるなら...」と思っていましたが、「お前の代わりなんかいくらでもいるよ」という空気を感じた途端に熱が冷めました。

まとめ

正直、辞めた当時は自分判断が正しいのかどうかに結構なやみました。勤めていた時はそんなに悪くないと思っていたのですが、現職を経験して思うのはやっぱり楽天エンジニアエンジニアリングするのには向いてないということです。社内政治が得意な方にはおすすめです。

2018-07-12

anond:20180711110042

どうせコメントつかんやろ…と思ってたら意外とついてた。みんな暇なんだね同じだね。

やっぱマンの者の思考から仕方ないね

まあチンのものも同レベルとは思うけどね。

どんぐりの背比べ。

どうもありがとう

anond:20180712180759

別に責めている訳でもフェミ擁護している訳でもなく、その前に投稿で「違う」って言われたか再考察しただけだよ?

知りたかったのはなんで一見、同じ方向を向いているような人たちが微妙意見が食い違うのかが知りたかっただけ。

君は「フェミニズムの理論自体が男を攻撃しているもの」って認識

もう一人は「フェミニズムの理論自体は男を攻撃していないが、その理論悪用して攻撃している人がいる」っていう認識

男性を叩く者に対する問題を2人とも認識しているけど、そこに至る行程がちがうんだなーと言う事が良く分かった。

長々と付き合ってくれてありがとう

一応、これ以上引き延ばしても意味がないので言っておくと、

君の考えを否定はしていないよ。あくまで知りたかったのは思考差異についてだから

かしこいお父さんと、苦しんでいる娘さんに

小さい時から説明のつかないことは言わない。泣きわめいたりしない。という特質があった。

自分のstatusとしてすべて言語説明してたらしいし、家族もそれを無意識に、私に求めていた(ちょっと事情があって)

結果。3歳でノイローゼになり、1年、家族からも完全隔離されて、ひとりで過ごした。

3歳のノイローゼとは、どうしたものか。

感情思考ロックアップした結果、食がとれなくなり、眠らなくなり、内臓器官的にも自己消化まで起きたりしていた。

全身で、生きるのを拒否、この世から自分を消し去ろうと、身体システムが全力で突っ走っていった。

感覚生活に閉じ込め、自爆しようとする全細胞が沈静化するのを待つしかなかった。

その後も自分では解らないこと・説明できないことは、その場の文脈から推測して「説明」していた。

説明」は状況に矛盾しないため、受け入れられやすかったが、実感には裏付けされてなかった。

そうして、自分感情感覚言語野が、どんどん乖離して行き、自分自分が信じられなくなる。

理由なく湧き上がる感情、そういったものを発現させることができないまま、進む。

演奏してる時間だけは、何かが一致している、と感じることが出来た。

その感覚は、社会自分の間では得られないものだった。

こうしてさらに、社会性のない人格になっていくが、音楽出会った人が、それに気づいて、深みにいる私を取り出した。

「お前は、お前の思っていることを、何一つ話していない」

以降15年以上をかけて、社会適応する訓練を続けて今に至る。

それがなかったら、とっくに、社会からログアウトしてただろうなーと思う。

賢い娘さんが、2歳をこえたあたりで、苦しんでいる。

ご両親も大変かしこいため…賢さの陰に、こんな可能性があるのを知らないな、と思う。

自分のあまり個人的な事のため、これを「説明」として話すことが私にはまだ出来ない。

ただボトルに詰めて海へ流して、もしかしたら漂い辿り着くかもしれない、と思って書いてる。

人間本来説明がつかない不思議な生き物

矛盾だらけで、理不尽で、理解不能存在

自分自身も、本来そうなんだ。

それを忘れないでいることで、今から育っていくこどもたちの、なにかのアイディアになれたらいいと思ってる

anond:20180712153942

行き着かないと思います

こういう、自分思考が浅いがゆえに明後日の方向に突っ走ってしまって、それでいて「他の連中はここまで考えられていない!」って思っちゃう人がはてなには多い印象

anond:20180712151927

在学中に自分高校甲子園に行っても一切興味なかった程度には野球に興味ないけど、思うに、人々が欲しているのは「野球」そのものではなく野球媒介とした「物語であるのだろう。特に高校野球みたいなものだとその傾向が強いだろう。人々は高校球児のプレーの背景にある青春様相を消費しているのであって、そのためには「真夏炎天下に汗だくになってプレーする球児」とか「ユニフォームを泥だらけにして走り回る球児」などの演出必要不可欠だ。勝ったり負けたりして涙を流す球児とか、肩を故障しても気力で最後まで投げきる球児とか、そういうものこそが人々の求めているものであって、野球技術のもの試合のもの勝敗優先順位が低い。とかく日本人は何かにつけて「物語」を好む民族だな。エモーショナルと言えばまあそうだが、思考という概念そもそも向いてない性質なのではないかという気がする。

anond:20180712151815

まず男が動け、というあたりにフェミ特有他罰思考自己中が表れてる。

まずは女性(というか、エマ本人)が、旧来の男性ジェンダーを捨てることのインセンティブを示すべきなのに、

彼女歴代パートナーはみーんな「ザ・男性」って感じ。

説得力ゼロ

「考えさせられる」という感想感想ではない

どういうふうに「考えさせられ」たかを書くのが感想

なにかをしてなにかを考える・思うなんて当たり前だ

人間は考える葦だぞ?

思考言語化することを放棄するな

放棄してしまえばケダモノと同じだ

俺はお前が何を考えたかを知りたいんだ

ぜひ教えてくれ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん