「思考」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 思考とは

2018-11-16

増田廃止すべき

増田プロ創造性、文章力ユーモア集中力猥褻思考力などの能力が突出している。

せっかくの天才頭脳増田などという、生産性ゼロのくだらない無益ブクマ稼ぎに費やすなんてどうかしている。

増田増田だって増田が無い世界に生まれていたら……何になっていただろうか? やはり増田になっていたのではないだろうか。

とにかく増田をいますぐやめろ。

増田を今すぐ廃止するべき。

https://anond.hatelabo.jp/20181115064814

消えたい

気候のせいもあるのだろうが最近また鬱がひどい。

物心ついたときから自分はいはいけない、居ると迷惑がかかると思い何にも遠慮と我慢をして生きてきた。

そのお陰かずーーーっと消えたい。死にたいそもそも今までかかわった全員の記憶から消えてなくなりたいと思ってる。

クソ労働クソ奨学金思い入れのない家族

父親はずっと前に自殺したが私には勇気がない。

メンタル改善にと運動筋トレ食事にも気を付けたが焼け石に水しかない。やりはじめた一瞬だけ気分が良くなるだけ。

生活をただしたし健康にも気を使ったし仕事を頑張ろうとしても朝調子が良いと感じる日も数時間もすれば思考がうすぼんやりして現実味がなくなる。

頭も悪い。状況判断もできない。人の会話がわからない。常識もない。良い歳して。消えたい。

2018-11-15

何のために生まれて何をして生きるのか

からないまま終わりそうです……

そんなのは嫌だけど仕方ないですね

今まで無思考で流されて生きてきた罰です。

アンパンマンみたいに悪を倒す感じの目標があれば

人生楽しくなるのかな

anond:20181115185121

SOVとSVOだと、やっぱ後者のほうが合理的思考に長じているのかな。

anond:20181115182958

話者忖度大好きだから奥深いのであって

日本人英語母国語にしたら忖度求められる英文で溢れかえると思う

言語思考規定するって言うけど、あれ信じてないんだ俺

anond:20181115085112

今の時代思想家ははっきり言って邪魔

優秀なデベロッパー思想いかに実現するか、周りと協調するかが重要

増田の言ってる異能エンジニアってのは多分職人タイプでわが道行くタイプでしょ、指導者きじゃないよ

ワンマン経営者にはなれるかもしれないが民主主義では無理

 

指導者候補プログラミング学習することで論理的思考を養うとかそういうのなら理解できる

有名なコンサル企業も似たことやってるらしいし

anond:20181115095837

頭悪いなあ

地頭のいいやつは小学中学のんびり、高校部活やりながら勉強を真面目にやるだけで東大くらいなら受かる現実

一方、地頭の悪いやつはいくら小学から努力しても、結局実力以上のところにはいけないイメージ

頭悪い奴が競争する相手は「遊びながら東大に受かる人間」ではないんよ

「すげえ頑張ればマーチにいける人間」とかなんよ

その中で頑張らない頭悪い奴はもっとずっとみじめな大学に行って、頑張った頭悪い奴はマーチにいける

そんで遊びながらマーチに入れた人間と混ざる

まあまあ悪くないわけだ

そんな頭の出来の奴は頑張らなかったらF欄だったんだぜ

お前みたいに思考力のないやつほど頑張って「自分が何とか取れる最大限の学歴」の武装必要なんだよ

anond:20181115100245

異能エンジニア」って本来コンピュータ科学限定された話ちゃうやろ。増田の中やおそらく「界隈」といわれるようなところではイコールで繋がってるのかも知らんが。

そういう思考の狭さが日本的組織の弱点でもあるから、なおさらえんじにゃーをトップに据えない方がええべな。

黒い靄と私

6年前から、黒い靄で包まれている。

正確に言うと、目の前と、頭の中が黒い靄の中にあって、私は私の体をコントロールしたり、外の世界に触れることができない。

キーボードを打っているのも、気づいたら文字が打たれている。

どうやって打ったのか、誰の考えなのか思い出せない。

黒い靄がそこにあるだけである

日常生活普通に送れていると思う。

今年大学院卒業して、就職した。

それから今日まで無遅刻無欠勤だ。

なんならむしろ行動的な方で、

2週間に1度は習い事に行くし、

海外一人旅もする。

新しいご飯開拓もするし、

知らない人にも結構しかける。

就活の時は毎日ぎっしりセミナーの予定を入れて、夜遅くまで活動していた。

学部時代部活部長をやった。

指名されて部長になった。

みんなの前に立って、言うべき時は強く言ったし、飲み会では人一倍はしゃいだ。

でも、思い返せない。

それは私じゃない。誰かの記憶

何かを思い出そうとすると、頭の中にある黒い靄の塊と、思考文字の塊が邪魔でよく見えない。

黒い靄の外で、近くにある手と足が動いて、声が聞こえて、映像流れる

鏡を見ても、それは「私」だけど、私じゃない。

感覚が無い。

自分の手を自分で触れても、ただ目の前で手と手が触れる映像として流れるだけ。

つねると痛いけど、それが目の前の映像と結びつかない。

音声と画像がちぐはぐなビデオみたい。

気付いたら全て終わっている。




黒い靄がかかった日のことは覚えている。




第一志望の大学試験である




受験を考え出してすぐ、

その大学になんだかすごく行きたくなって、

偏差値のこととかあんまり考えずに好きになった。

一生懸命勉強した。

早起きすごい苦手だけど、5:30から23:30までびっちり勉強した。

今思えばそこまで非現実的でもないレベルだったと思うけど、

親はすごく心配した。

からいかレベルを落としたら?と言われた気がする。

私にはレベルが高すぎるってずっと思ってたみたい。


ところで私は絵を描くことが寝食を忘れるくらい大好きだった。

休みの日は絵が描きたくて早起きした。

小中学生とき少しいじめられてて、毎日死にたいと思っていたけど、

絵を描きたくて、生きていた。

思ったように描けなくて泣くほど悔しくても止めようなんて1ミリも思わなかったし、テスト前でも睡眠時間削って描いてた。

描けなくなるなら死んだ方がいいと思った。

でもとにかく絵を描きだすと時間を忘れて没頭しちゃうので、

受験直前から絵を描くのを封印した。。

最後最後我慢できなくなって勉強ノート一枚隅々まで使って絵を描いたときはほんとに気持ちよかったな。

技術的には全然だけど、やっと自分が描きたいと思う絵が描けつつあって嬉しく思ったのを覚えてる。

大学生になったら、親の目も無いし好きなだけ絵が描けると思ってた。

同人誌出したいなとか、

動画絶対作ろうとか、

かに絵を使ってもらいたいなとか、

今思えば絵が生きがいだった。


なぜかはっきり思い出せないんだけど、

試験の直前だか当日だかになって、

母親に、あなたが受かるわけないでしょ的なことを会話の中で言われた。

えっ、私受からないんだ、って素直にびっくりした。


そのまま試験を受けに行った。

そこだけはっきり覚えてるんだけど、

英語の長文解こうとして、読み始めて、どうしても読めなかった。

過去問で長文何回も読んだけど、まるで初めて英語を見たぐらい意味が頭に入ってこなくて。

見えてるのに見えてなくて、読んでるのに読んでなくて、何も分からない。

黒い靄がかかっているのに気付いた。

もうパニックになって、見えろ!見えろ!って心で叫んだ。

泣いてた。


黒い靄は晴れないまま、試験は終わった。

会場外で母と待ち合わせして一緒に帰った。

どうだった?って聞かれたから、全然解けなかったんだって言ったら、

「ええ~?あんなに頑張ってたのにどうして?」

って。

すごく裏切られた気がした。

からないと思ってたんじゃないの?って

私、受かるかもしれなかったの?って、混乱した。

なんて言ったらいいかいかからなくて曖昧に笑った。





第一志望の大学には落ちてた。

慌てて受けた大学に行った。

親としては十分満足な大学らしいけど、私は受かっても何も思わなかった。




大学生になって、一人暮らしをさせてもらった。








気付いたら、絵が、描けなくなっていた。




自分の中から絵が無くなってしまった。

とにかく手を動かしてみても全然違う。

私ではない誰かが、「絵を描くために描いた絵」って感じで、

心が全然こもってなくて、あさましくて気持ち悪くてすぐ捨てた。


今も描けない。

あれから6年、まともに絵を描いてない。

黒い靄の中で私はずっと眠っている。

どんなに強く刺激してみても、黒い靄は破れない。


今でも親は、言葉にできない怖さがある。

目の前にすると何も言えなくなるし、

自分が何者なのか全然からなくなって混乱する。

さすがに黒い靄との付き合いも長くなってきて色々考えるんだけど、

しかすると、黒い靄は私が現実を見て傷つかないように守ってくれてるのかなって思う。

大学に落ちたとか、親とか怖いことを見せないように包んでくれてるのかなって。

時々、黒い靄と私のことを深く考えると少し視界がまぶしくなって、

なんだか立っていられないほどに自分が心もとなくて怖くなる。

これは私が黒い靄の外に出ている状態なのだろうか。


素直に、今まで守ってくれてありがとうって思う。

きっとその時の私じゃ耐えられなさそうなことが黒い靄の外では起きてたんだろう。

本当に死にかねなかったのかもしれない。

でも最近は黒い靄生活に行き詰まりを感じている。

というか、ちょっと飽きた。いいかげん動きたい。

これから人生は、黒い靄ごしじゃなく、私の目で世界を見たいなとか思ってる。

黒い靄からの出方はコツが掴めそうで掴めてなくて、

今この瞬間も黒い靄の中。

文字勝手に打たれてる。

anond:20181114225809

痴漢盗撮治安問題社会問題だと思うけど、それ以外は全部ネットの吹き溜まりクズ共の発言じゃねーか。

なんでわざわざアンチ板とかまとめサイトとかそういうところに行って中傷発言を拾ってくるんだよ。

憧れや崇拝・絶賛といった光があるところには、必ず妬みや恨みが集まる。それが人間の真理。人気があればあるほどアンチだって湧いてくる。

自分他人中傷をして笑ってる連中は下品だし哀れだしそうはなりたくないと思うよ。でも、自分の嫌いな誰かの不幸を願う気持ちは誰にだってないわけじゃない。好感を持たない相手ゴシップ記事ははっきりいって楽しい

具体的に「〇〇の悪口を言うなんて許さない」あるいは「〇〇のレイプ同人を出すなんて許せない」って言うんだったらむしろたくさんのオタクが「そーだ、そーだ!」って言ってわらわら集まってくると思うよ。でもデカ主語

男性の皆さんは女性一方的性的対象にする行為を全てやめてください」「オタクの皆さんはまともと思われたかったら女性キャラに対する悪口をいうような輩を自分たちの集団の中から完全に排除してください」なんて言われたら猛反発を受けるのは目に見えてるんだ。意識的にせよ無意識にせよ自分加害者になりうるという加害性の自覚があるからこそ闇を世界から一掃しようなんて思考は恐ろしいものに見えるし、それを実際実行に移そうとするならディストピア管理社会への入り口だよね。

2018-11-14

自分のことを大事にすると世界が変わった、ただの私の話

私はこれまで、自分無能で、ダメで、最低で、クズ人間だと考えていた。

いや、厳密には、自分ことなんてどうでもよくて、どうでもいいと思うほど優先度の低い存在だと考えていた。

そう考えていた時期の私は、思ったとき風呂に入れず、飯も食えず、眠れず、学校にも行けず、課題もできず、仕事も手につかず、PC の画面ばかりを眺めている、廃人だった。

精神科には、行けなかった。

次のような思考根本としてあったからだ。

「僕にはなんらかの精神疾患があるだろうけど、そう思うのも自分の考えだし無視していいや。精神科に行こうと考えても無駄だよ。」

苦しい日が、何ヶ月と続いた。

自分の考えなんてどうでもいい」という強迫観念は、どこまでも私を蝕んでいった。

次第に、他人に助けを求めるようになった。

精神科に通う人のブログを見て、友人に「僕はね、自分ことなんてどうでもよくて、自分の考えなんて無視していいと思っているから、精神科に行こうにも行けないんだ。誰か、僕に精神科を勧めてくれないかな。勧めてくれたのなら、自分の考えを信じることができるから。」と言っていた。

一方でこの時期の私にも、たまに元気なときがあった。

元気なときは、「できたらいいな」と思うことは「よし、やろう」と意気込んで行動できていた。

元気なとき共通することも、実は気づいていた。

それは、「自分の考えを尊重していること」だ。

「いや、自分の考えをどうでもいいと思っているなら、自分の考えを尊重できるわけないだろ」

と思うかもしれないが、いや、「自分の考えをどうでもいいと思っている状態」がそもそも異常だったのだ。

精神が正常な状態では、自分の考えがどうでもいいとは思わない。

まりときには「自分の考えをどうでもいいと思わない状態」があったということだ。

このことに気づいてはいたが、「本当にそうか?」と疑い、「それもまた自分の考えだから信用できない」と考えている自分がいるのも確かだった。

気づき大事にする自分と、気づきを隠そうとする自分、双方が存在していた。

双方が存在していたからこそ、気分の波が激しかった。

ある日は気づき大事にする自分自分大事にするためのメモを残し、またある日は気づきを隠そうとする自分自分の考えを否定するメモを残していた。

そう、私が元気になりつつあるのも、自分大事にするためのメモを大切にすることが多くなったからだ。

もちろん、疲弊し余裕がなく、自己否定ばかりする日がほとんどだった。

その中でも、例えば週に一日でも、気づき大事にするためのメモを残していった。

そして、まず週に一日の自分を大切にする日を作り、次第にその一日一日を増やしていった。

自分を大切にする日が増えていくと、疲弊していた精神も楽になっていくのを感じた。

自分否定するのが大好きで希望を失っていた私は、自分を大切にすることによって生きる気力を取り戻した。

自分を大切にすると、自然と周りの人間も大切にできることに気づいた。

私の世界は、活気の満ちた色に染まりつつある。

カレーが原因で会社をズル休みした

転職してから2年、無遅刻無欠勤で勤めてきた。遅刻欠勤多いフリーダム業界なので比較的珍しい方だと思う。

カレーが大好きで、無印グリーンカレーに水煮大豆入れて朝ごはんにしようと電子レンジで温めた。

レンジから取り出して、アチアチの所を軽くスプーンで混ぜたら鶏肉が突如爆発した。

顔にアチアチのグリーンカレー大豆が直撃した。

パックしてたので目周りのみカレー爆撃を受けて死ぬほど目が痛かった。

急いで水洗いをしたが、右目周辺が赤い。

まさか火傷?顔に?しかも原因が鶏肉爆発?これから化粧しなきゃいけないのに?これ跡残る?色素沈着?まずは水で冷やさなきゃ。そのあとは乾燥しないように保湿?

とにかくパニクった。

で、会社に連絡して休んだ。

こんな馬鹿なことで。

水で冷やしたあと、抗炎症作用のある化粧水で1時間ほどコットンパックしたあと、セラミドワセリン塗って今に至る。

赤みはだいぶ消えた今、これ完全にズル休みということに気づいてしまって冷や汗がでてきた。

なんだか罪悪感で頭がいっぱいになると同時に、でもかなり軽傷とはいえ顔に火傷おったしとか色々とぐるぐる思考がまわってる。

体調悪くても、精神的に辛くても会社行ってたのに、まさかカレーが顔にかかってちょっぴり赤くなったから休むって我ながら頭おかしい。

こういう時に開き直れたらいいのに、そわそわしてしょうがない。

けど、今から会社行くのも中途半端すぎてなんだか嫌だし、こういうゼロジュウ思考ってメンヘラなんじゃとか悶々とする。

人類が霊的に成長してポリコレ警察仕事がなくなったことで堂々の引退をできるような差別的発言描写がなくなったやさしい世界がくるのが先か、人類電脳化なりAR進化なりしてそういった発言された単語映像フィルターを掛けられるようになるのが先か、はたまた精神探査でそういった差別的思考をする人間排除できるようになるのが先か。。

anond:20181114065637

心の奥底では大なり小なりそういった犯罪者思考があるのが男という生物ものね。

から正直な男ほど心の底から痴漢レイプ犯を叩くことができない。

一方、そういう場合女性の味方を自称して叩く男も信用できない人間だと思っておいたほうがいい。

女性の味方は男の中には絶対にいないから。

2018-11-13

anond:20181113171924

わかるけど

パイを増やす動きと、現状の改善ってアクションちょっと違わない?

もちろん現状の改善し続けないと他社に負けるとかそういうのもわかるんだけど

 

見込み客を増やそうとせずに、現状のお客さんをふわっと認識した上でそのお客さんに今より高い金額を払わせる方法を考えてるような人結構多いなーと思って

もっと端的に言えば、行動がどう売上に繋がるかの思考が繋がってない人よく見る

 

営業の人とかは流石にそういうことはないけど

企画層の人になると少し怪しい

技術者かになると大分怪しい

anond:20181113113536

かに

別でもそんなにデメリット無いんですよね。

別でも良いかぁ。

両親が同じ携帯会社だったから、同じにしなきゃいけない!みたいな変に凝り固まった思考でした。

anond:20181113023021

多数決は、民主主義の最終手段

多数決によらなくても決定できるくらいの明晰な思考必要ということが

民主主義少数意見いか大事にするかが大事」ということかなと思ったり... 思わなかったり

2018-11-12

anond:20181112222920

何言ってんだこいつ

許されるかどうかは内容によって変わるに決まってんだろ

いらすとやを許すなら性器無修正画像も許せ」って言ってるようなもんだぞ アホか

民間人大量虐殺した兵器賛同してるようなもんなんだから

そうだな 大量虐殺は悪だから

社会的コンセンサスが取れてるよね

理があるな

女性性的視線晒してると感じて気持ち悪がるのは想像つくだろ。

は? 非実在アニメキャラに対して「女性性的視線晒してる」とか考えるのって糞フェミくらいじゃない?

少なくとも現代日本一般的思考ではないよね

理がないよ

あの日administrator1974を雑魚呼ばわりした奴

administrator1974が誹謗中傷理由にBANされたらしい。

もう魚拓読んでもコメント欄は見れないけれど

https://web.archive.org/web/20181107010136/https://qiita.com/administrator1974/items/387aab2a42bf57e3b215

確かこの記事最初のほうのコメントで「JavaJSは違うとN回言われてるんですががが」とか「いまだにJava Applet使ってる雑魚おる?」みたいなコメントあったんだけど、こいつらはBANされないわけ?特に後者は「雑魚」という言葉で明らかに誹謗中傷してたわけだけど。

JavaJavaScriptは別物ですよ」「Java Appletは既に廃止されているので今後必要になると思いません」と言えばいいもの上記のような言い方しかできなかった奴らに非はないのかね。明らかにこいつらが火付けでadministrator1974が荒れだしたんだが。

エンジニア云々じゃなくてよ、インターネットで顔も見れない誰かに対する言葉遣いには気を付けたほうがいいよ。人として。確かにJavaJavaScriptの違いがわかってるお前が正義だけど、なーんで人を小ばかにするような言い方しかできないのかね。

あと荒れだした後に「祭りに乗り遅れた」とか「ワードサラダ」とか「統合失調症」とか言ってるやつらいたけど、こいつら明らかに「荒れてるし間違えてるのはadministrator1974だから何言ってもいい」って感じの思考回路のやつらでしょ。まぁ傍からみたらadministrator1974が難解意味不明コメントを連投してたのは明らかだし2ch思考を持ってるやつらなら祭り感覚コメントちゃうのかもしれないけれど、SNSと紐づいたアイコン丸出しで上記みたいなコメントする奴らがいるなんてビビったね。

コメント欄はもう見れないけど、コメント欄書き込み時間を見るにあの日administrator1974は多く見積もっても5時間くらいしか寝れてないぞ。翌日16:00くらいまでBotのごとく連投してたし。平日にだぞ。俺はあの日administrator1974を狂わせたのは雑魚呼ばわりした奴だと思ってるからな。コメント欄が見れないのがマジで残念だ。雑魚呼ばわりしたやつのアカウントを思い出せない。

anond:20181112142252

彼女「いつ正社員になるの」

彼が正社員になる旨のほのめかしをしてなければ

この発言は出ないよね。はい論破

別に当人がなんにも言ってなくても将来誓い合った中でもなくても

アラサー準社員」「アラサーバイトときたら「いつ社員になるの?」ぐらい言う


また仮に当人が仄めかしたことがあるとして

30過ぎても仄めかしてるだけで準社員という時点で読み取れる情報は多多有る

そんな男を結婚相手候補位置づけてた彼女さんサイドに責任はないのだろうか


論破とか言ってる馬鹿は大抵こんなレベル思考があっさいあっさい

結婚に向いていない男性に向けたメッセージ

「夫が定年したら離婚を考えています。夫の年金って、妻が半分もらえるんですよね?」 https://precious.jp/articles/-/8510

人気のブコメをいくつか抽出:

でもまあ、時代的にも事実上旦那さんが仕事に集中できたのは奥さん内助の功みたいだし(奥さん談ではあるが)妥当では?

まあ子育てのためのプロジェクトチームプロジェクト終わって解散したと考えると妥当

労働力再生産や育児を妻に任せきりで働けていたのに「年金横取りとかちゃんちゃらおかしい。

あなた価値観がどうであれ、世の価値観はこのような感じなのだ。これに反発を覚える男性結婚に向いていない。幸い 結婚させようとする社会的圧力は低下傾向にあり、家事労働も道具の発達で軽減されているので、生涯未婚という選択肢も十分現実的だ。かくいう私もその一人に挙げられる。

ミソジニーをこじらせるのも結構だが、価値観対立する場面は 視野が広がるチャンスだ。少しだけ冷静になって自分生き方・考え方をよい方向にできないかを考えよう。

役割分担と謙虚

「二人とも働いて、家事も半々で」みたいなノリは必ず破綻する。家事育児に関連するあれこれを完全に半々にすることなんてできっこいからだ。「どっちかが得しないように全部半々。これで公平でしょ」という価値観対立を生むだけだし、均衡する領域が非常に狭く、環境の変化に対して脆弱な かりそめの安定をもたらすだけだ。

そこで、二人の間で役割を決めるという発想になる。昭和的な価値観では「猛烈リーマンの夫&専業主婦の妻」という役割分担があり、最近価値観では「共働き夫婦家事育児を分担」という分担が一般的になっている。程度の差こそあれ、役割分担を選択するということは、数あるタスクへのコミットメント具合が夫婦間で異なることを意味する。「お金を稼ぐ」というタスクに対して夫が400万円のコミットメントをし、妻が200万円のコミットメントをするという事態は不当ではないのだ。同じく、「幼稚園児の送迎」というタスクに対して、夫が週 1回のコミットメントをし、妻が週 4回のコミットメントをするという事態は不当ではない。

タスクごとに夫婦間でコミットメント具合が異なることを受け入れ、安定した共同生活を営むために必要なことは何か?もちろん、不公平がないようコミットメントの総量が同程度になるよう調整することは大事だが、どうせ、そんなことはできっこない。一番大切なのは、お互いを信頼し、尊重することだ。「確かに俺の方が稼いでいるけど、奥さんはその分面倒な町内会活動をやってくれているし、俺より生鮮食品を安く手に入れる術を持っている」とか、「夫は送り迎えをしてくれないけど、買い出しの際や終電を逃したときにすぐに車を出してくれる」とか。

それでは、このように、お互いを尊重することを阻害している要因はなんだろうか?そのうちの一つとして、価値観の狭さがあげられよう。自分コミット過大評価し、相手コミット過小評価する。「俺は稼いでやっているのに」とか「家事の大変さがわかってないでしょ」などの典型的夫婦喧嘩はこれに起因する。もちろん、価値観の近い相手パートナーに選ぶことはこの問題を軽減させることに寄与するだろう。しかし、このズレは累積して破滅的な結末を迎えることも少なくない。

結局、謙虚精神必要なのだろう。「自分には価値が見いだせないがあの人は一生懸命やっている。きっと私にはまだ十分感じることができない価値があるのだろう。その判断尊重して、今ある不満をぶつけるより事態の推移を見守ろう」。男性には結構独善的な人が多いので、いか謙虚になれるかというのは一つのカギだろう。自分のモノサシを絶対化せずに、相手のモノサシの価値を認めるということだ。

幸せになるということ

あなた幸せになる権利がある。だがその一方、幸せとは何かについて深く考えているだろうか?

日々の仕事忙殺されると、「とりあえず金稼ぎたい。稼げれば幸せになれるっしょ。」「この金をどう使えば楽しいだろ。旅行?メシ?ゲーム?」といった短絡的な思考に陥りやすい。まあそれを否定するわけでもないが、その価値観いつまでも続けられる?とは問いたい。自分幸せになるという課題に対してもう少しの熟慮してもよいとは思わないだろうか。そして、「普通の」人間にとって幸せ生活には結婚という家族形態が伴うことが多いのも事実だ。

あなた、本当に結婚しなくていいの?結婚をしなくて幸せになれますか?

結婚に向いていない男性に向けて

私は、仕事が嫌いで、自分が一番頭がいいと思っていて、社会性を獲得しきれずにおり、お金が一番好きで、家事になんの価値も見出さず、子供が嫌いだ。若いころは性欲ドリブンで結婚をしようかと思ったこともあったが、30も半ばを過ぎて落ち着いた今は結婚をしていなくて本当に良かったと思っている(もし結婚していたら、相手も全く同じことを思っていただろう)。

だが、それとこれとは話が別だ。結婚に向いている男性というのは、同時に対人関係が良好な男性という側面もある。結婚しなくていーや、という単純な話ではなく、社会で上手くやっていくために、結婚に向いている価値観を身に着けたり、身に着いているフリをすることは大事だと強調したい。

01思考のやつってマジでめんどくせえな

先週金曜から妻がなにか当たったらしくて嘔吐下痢を繰り返し、動けなくなったか

子供ご飯作って支度させ、バス停まで連れて行き、妻を近くの内科へ車で連れてって点滴受けさせ、その間に家帰って掃除洗濯お茶沸かしてから迎えに行き、子供が帰ったら遊んで、夕飯作って食べさせて、お風呂入れて、歯磨きして、子供と二人で寝た。

うん、別にいい。

普段妻がやってることをやっただけだし、一通り一人でやったのは今回初だが個別作業は何回もしているから苦ではない。

俺が寝込んだ時もしてもらったかお互い様だし。

でも、その翌日朝一番台所の流しにあった子供水筒みての第一声が「なんで洗ってないん?」はなくね。

夜飲み終わって洗うとうるさいから浸けといたんだよ。

全部やってもらっておいて文句だけは言っちゃいかん、というか言えば火種になると分かりきってることをなぜ言う?言える?

俺が逆の立場の時には絶対言わなかったぞ。

「やるなら完璧に、完璧にできないならやるな」の01思考のやつってマジでめんどくせえなって改めて思う。

好きがわからない

彼女いない歴=年齢のまま大学卒業も近づいてきた頃、サークルの同期に告白された。

タイプの子ではなかったけど、容姿は整っていてたまに話す間柄だったし、付き合わないとわからないこともあるだろと思って受け入れた。

それが1年半くらい前。

一ヶ月前に別れを告げられた。理由としては恋愛対象として見れないとのこと。

薄々頃合いだろうとは思ってたのでそれ自体はすんなり受け入れられたし、理由もなんとなくわかる。

LINEほとんど彼女からデートの誘いもほとんど彼女から。要するにほぼ受け身だった。

よく考えればよく遊ぶ友人もこちから誘うことはそんなに多くなく、ランチ飲み会も誘う側になったことはほぼない。

何故かと考えたときにふと出てくるのは「他人と深く関わりたくない」みたいなのがある。

いや、デートにしてもランチにしても飲み会にしても行ったら行ったで結構楽しんではいるんだ。

でも楽しいと感じているとき話題って大体世間話とか流行りの話とかで、人間関係の話とかはほぼない。

少なくとも自分プライベートな話とかは聞かれない限りしない。

根本的に他人はどうでもいいと考えている節があって、そこを見透かされたんだろうなと思ってる。

そもそも今までタイプな異性がいても、それは容姿まりで、そこから付き合いたいとか思ったことってないように思う。

そこに気づいた途端なんか無性に虚無感というか今まで何してきたんだろうという気持ちになってきて、地味に辛い。

歩いてるときとかも音楽とか聞いてないとそのへんのことばかり考えてしまう。

それこそ彼女を作れば解決するんだろうけど、自分が夢中になれる相手でないときっとまた同じようなことになるだろうし、

そんな行動を起こす気力もないし、今まで夢中になったことがないのにそんな相手が見つかるのか?というところもある。

正直このまま思考突き詰めていくと好きな趣味すら自分否定し始めそうな感じがしていて怖い。

あんまりまとまってないしまだ思うところはあるけど書いて吐き出せば楽になるかなと思って書いた。楽にはなってない。

2018-11-11

anond:20181111121330

低能ミームは広がり続ける

ネットでどうこうできないならリアル危害を加えよう」、「ムカツク、殺す」

そんな幼稚な思考を抱く低能の多いこと多いこと 涙がちょちょぎれます

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん