「アレンジ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アレンジとは

2019-01-13

曲が完成しない

といっても作曲の話じゃない。なんて言えば良いんだ?

趣味楽器練習してるんだけど、教室にも行ってないし友達もいないし聞かせる人もいないし好きで好きで弾きたくて仕方ない曲もなくてどの曲も中途半裸。

そこそこ耳が良くてそこそこ弾けるもんだから歌える曲はすぐにソロでも弾き語りでも弾けるし、映画CMの曲なんかも聞いたらすぐに弾けちゃうけど、でも完成しない。気に入ったところとか一発てイケてるアレンジができたフレーズだけちゃちゃっと弾いて終わり。曲の頭から終わりまで1曲ばっちり練習しようとするとどうしても途中で飽きちゃう。でもなにか完成させたい。でもその先は?それで飽きてるのかな。

やっぱ死ぬほど弾きたい曲がないのが致命的か。ロックポップスジャズクラシックアニソンも好きなんだ。情熱をくれ。

とりあえずBLUE GIANT読み始めてみたわ。めっちゃおもろいですね。

2019-01-12

ブギーポップは口笛を吹かない」あるいは「木村明雄の消失

アニメブギーポップは笑わない」1〜3話および原作ライトノベルブギーポップは笑わない』の内容に触れています

TVアニメブギーポップは笑わない」が放送中だ。ほぼ20年前にスタートしたラノベ原作であり、アニメ自体は二作目だが、原作の内容に沿ったアニメ化は今回が初めてとなる。

さて、そんなアニメブギーポップの「ブギーポップは笑わない」(原作シリーズ一作目)編が、最新の第三話で完結となった。平均的なラノベアニメ化としては、原作1巻を3話で消化というのは、極端に速いペースというわけでもない。それでも、もともとが5話で構成された原作を3話に再構成する上で、大小さまざまな省略・変更が発生することは避けられなかった。

そのうち、特に目についた二つの変更点について、思うところを少し書いてみる。

「君と星空を」&木村明雄

上で述べたように、原作ブギーポップは笑わない』は5つのエピソード構成された物語となっている。一話にそれぞれ主人公視点人物)が設定されており、一つの事件複数人間の目から見ることで立体的な世界が立ち上がってくる、といったような、今となっては(当時でも?)さほど珍しくはない仕掛けだ。

原作構成及び各話の主人公はこうなっている。

ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム


これがアニメでは、

ねこういう形に変換されている。話数単位で大雑把に見れば、各パートの分量はともかく原作の流れを大枠では引き継いだ構成と言えるだろう。

ただひとつ原作第四話がその主人公存在ごと抜け落ちている点を除いて。

原作第四話は、木村明雄という男子高校卒業後(事件から二年後)に、当時「失踪」した紙木城直子と過ごした日々のことを回想する、という内容になっている。

木村は、紙木城の交際相手の一人(アニメでははっきりと描かれないが原作の紙木城は木村田中を含めて複数の男と付き合っている)であり、事件にはあくま彼女を通して間接的にしか関与していない。紙木城から保護したエコーズについての話も聞くことになるが、何かのたとえ話だとばかり思っていた。

紙木城の失踪後、色々あったもの普通高校卒業普通大学生として普通生活していた彼の元に一通の手紙が届くことで高校時代記憶が蘇り……という、1話竹田と同じかそれ以上に青春小説的な色合いが濃く、いわゆる「一般人」の目線から見た章となっている。

アニメ化にあたって、章はともかく仮にも原作主人公の一人を丸ごとカットするのはあまり乱暴に思えるが、ここには一応それなりに納得できる理由がある。

第一に、事件の真の姿あるいはその存在すら知らないまま全てが終わってしまっていた、という木村明雄の立場は、程度の違いこそあれ竹田啓司(一話)や末真和子(二話)と重複している。一人一人に見える現実には限りがあるというテーマを示すためには、この二話だけで既に必要最低限のノルマは達成していると言えなくもない。

第二に、竹田と末真は以後の巻でも登場している(末真は準レギュラーに近い)が、二人と違って木村明雄は今のところ少なくともブギーポップシリーズ内では再登場しておらず、カットしても今後の展開に特に影響がない。

第三。エコーズの素性に関する情報は、原作では第四話で木村が紙木城から話を聞くという形で最初に明かされる。物語の本筋との関係においては四話の存在価値と言ってもよい部分だが、アニメでは2話後半、紙木城と凪の会話でほぼ同じ内容が補完されている。これは、原作でもそのようなやり取りがあったと事件後に凪の口から語られていたものであり(木村自分にだけ話してくれたと思い込んでいたが)、オリジナル展開というより変則的原作再現に近い。木村カットしてもそういう軽度の改変で済む部分なのだ

驚くべきことに原作『笑わない』には、凪と紙木城が親友であるという情報こそあるが、二人が直接会話するシーンは存在しない。にもかかわらず、読者にはちゃん彼女らが親友同士に感じられていたというのは小説マジックというほかないが、ともあれ、今アニメで凪と紙木城の会話が追加されたこ自体ファンにとって喜ばしくさえある。

これらの理由から、『笑わない』をTVアニメ3話分に収めるために章と主人公をどうしても一つ削らなければならないとすれば、やはり第四話と木村妥当ということになるだろう。アニメスタッフ判断は間違っていない。

間違ってはいないのだが。

口笛

原作において、ブギーポップというキャラクターはいくつかの記号によって構成されている(もちろんその全てが記号還元され得るというわけではない)

都市伝説死神世界の敵の敵、黒い帽子と黒いマントと黒いルージュ、ワイヤー、そして口笛。

ブギーポップは、常にというわけではないが誰かの前に姿を現す時、特に世界の敵と向かい合う瞬間には、なぜか「ニュルンベルクのマイスタージンガー第一幕への前奏曲を口笛で吹きながら登場する、ということになっている。

過去メディア展開でも、多くの場合はこの口笛が再現されてきた。

実写映画はあらすじの時点で「口笛を吹く死神」と紹介されているし、旧アニメファントム)ではブギーポップ登場時の口笛はもちろん、次回予告のBGMとしてオリジナルアレンジマイスタージンガーが毎回使われ、最終回ではテルミンバージョン???)すら流れるという充実ぶり。

メインの使用キャラクターではなくサポートキャラとしての出演に過ぎない、格闘ゲーム電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」でさえ、ブギーポップはやはり口笛を吹いて登場している(実際にプレイしているわけではないので又聞きだが、そのせいで攻撃判定の発生が遅いとかなんとか)

このように、「マイスタージンガー」「口笛」はこれまで原作の内外で、ブギーポップというキャラクター作品象徴する、代名詞と言ってもいい扱いをされてきた。

原作『笑わない』では、ブギーポップは二度口笛を吹いている。一度目は、一話の竹田屋上で会話をしている時。

第一話 浪漫の騎士 4 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

ブギーポップが口笛を吹き始めた。明るく、アップテンポな曲で、しかも呼吸に緩急があってすっごく上手だったが、しかし口笛なので、やっぱりそれはどこか寂しげだった。

 そして、藤花は口笛が吹けないことを思い出した。

うまいんだな。なんて曲だい?」

「〝ニュルンベルクのマイスタージンガー第一幕への前奏曲さ」

「なんだいそれ」

ワーグナーって大昔のやかましロマンチストがつくった、一番派手な曲だよ」

二度目は五話終盤、早乙女を失って荒れ狂うマンティコアに追われる新刻の前に姿を現す時。

第五話 ハートブレイカー 4 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

 恐怖のあまり、私はついにおかしくなった、と思った。

 幻聴が聞こえだしたのだ。

 現実にはあり得ないほど不自然な曲が、目の前の並木の植え込みから聞こえてきたのだ。

 それは口笛であった。

 しかも、口笛にはまるで似合わない曲、ワーグナーの〝ニュルンベルクのマイスタージンガーなのだった。

いずれも、古くからの読者には印象深いシーンだろう。

しかし、今アニメの「笑わない」編ではこれらの口笛演奏存在しない。ブギーポップは、一度も口笛を吹かなかったのだ。

これも木村同様に尺の都合なのだろうか?

マイスタージンガーといえば、あの、ふぁーふぁーふぁふぁーという力強いイントロが印象的な曲だ。口笛でいうと、ぴーひょーろろーとなる。最低限この、ぴーひょーろろーさえ吹いてくれれば、少なくとも原作読者には「あの口笛」だと一発で分かるし、初見視聴者にも、ブギーポップというのは口笛を吹くキャラらしいということだけはなんとなく伝わっていただろう。

前回のアニメや電撃FC使用された口笛バージョンマイスタージンガーで、ぴーひょーろろーの部分の所要時間確認してみると、せいぜい2〜3秒というところだった。2、3秒。もちろん1秒24コマで動くアニメ世界での2、3秒は、日常的な感覚のそれよりも遥かに長い時間ではあるのだろう。だが本当に、今回のアニメ「笑わない」編は、ぴーひょーろろーを挿入するだけの余裕が一切存在しないほどに緊密な内容だったのだろうか。

どうしても時間が足りないなら、いっそセリフを喋りながら同時に口笛を吹かせてもよかったのではないかブギーポップというのは、そのぐらいの物理法則を超えた無茶も読者視聴者笑って許してもらえるような、良くも悪くも異質なキャラだったはずなのだが。口笛のためにそこまで冒険するほどの価値はない、と判断されたのか。

これが、今回のアニメではブギーポップは口笛を吹かない存在として設定されているということなのか、それともあくまで「笑わない」編だけの変更なのかはまだ分からない。次回からの「VSイマジネーター」編ではしれっとぴーひょろ吹き始めたりする可能性もある。しかし仮にそうなるとしても、「笑わない」で口笛を吹かなかったという事実は、もはや取り返しがつかないのだ。

原作未読者の中には、口笛が無いとなにか物語の展開に支障が出るのか?という疑問を持った人もいるかもしれない。たしかに、どうしても口笛が無ければ成立しないという場面は、原作にもほとんどない。もちろん口笛自体に、特殊振動波か何かで敵の脳に直接揺さぶりをかける、などという実用的な効果存在するわけもない。はっきり言ってしまえば、口笛は基本的雰囲気づくりの賑やかしでしかないということになる。

その意味では、削る必要はないが削ったところでどうということはない要素だったのだ、とも言える。

言えるのだが。

昔語り+α

ここで唐突に昔の話をする。

ブギーポップがちょうど一度目のアニメ化や実写映画化をしていた頃のこと。とある個人サイトにて、「実写映画になるっていうから読んでみたけど単なる化け物退治の話だった」というような『笑わない』の感想を見かけた。当時の自分シリーズ純粋ファンだったので、そのあまりにも大雑把なまとめ方に、大雑把にまとめてんじゃねーわよ!と素朴に憤慨したものだ。

しかし、今にして思えばあの感想示唆である複数視点による眩惑を取り払った一本の話として『笑わない』の本筋だけを眺めてみれば、それはたしかに「単なる化け物退治」の話でしかないのだ。

では、自分を含めた多くの読者に『笑わない』を「単なる化け物退治」ではないと感じさせた、「本筋」以外の部分とはなんだったのか。それは、自分の進路について語る竹田とそれを半ば無責任肯定してくれるブギーポップであり、

第一話 浪漫の騎士 4 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

「へえ、君は受験しないのかい

「うん。親父の知り合いでデザイン事務所をやってる人がいて、ずっとバイトしてたんだけど、その人が〝おまえは見込みがある。センスを感じる〟とか褒めてくれてさ、大学なんか行かずに俺のところに来いって言うんで」

「すごいじゃないか親方に見込まれ職人ってヤツだな」

“対決”を望んで走る末真であり、

第二話 炎の魔女、帰る 3 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

(そうよ──中途半端はもううんざりよ!)

 霧間凪はほんとうに魔女なのかも知れない。でも、それこそ望むところだった。

「No One Lives Forever」を口ずさむ早乙女であり、

第三話 世に永遠に生くる者なし 5 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

「……誰も、誰も、誰も、誰も、誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も誰も………」

新刻の意志の強さを賞賛するブギーポップであり、

第五話 ハートブレイカー 4 - ブギーポップは笑わない/上遠野浩平(電撃文庫) - カクヨム

しかし、新刻敬──君の意志の強さは見事だ。君のような人がいるから、世界はかろうじてマシなレベルを保っている。世界に代わって感謝するよ」

そして、木村であり口笛であり、そういった一見取るに足りない枝葉こそが作品の印象を形成していたのではないか

枝葉とは言うものの、ひたすら枝と葉を切り落として純化していった先にあるのは、ただ一本の幹だけがまっすぐ天を突く寒々しい樹の姿だ。口笛や木村が本筋に不必要だというなら、ブギーポップあんな格好をしている必要別にない。『笑わない』のプロトタイプとなる作品には早乙女存在していなかったともいうし、この巻に限って言えばブギーポップだって無くても成立しそうな内容だ(シリーズ全体で見てもブギーポップ世界設定の中で異物として浮き続けていている)。必要不要物差し物語を測れば究極的には、そもそもアニメ化する“必要”とは……?原作が書かれる“必要”はあったのか……?という不毛なところにまで踏み込みかねない。

ブギーポップというシリーズは、ことに『笑わない』は、この「剪定」の影響を大きく受けやす作品であるように思う。本筋に関わらない細部が、作品本質とは思いがけなく深く結びついてるかもしれない、という面倒くささがある。アニメ側にとっては、原作の味を再現するためにどこを切ってどこを残すべきなのか、という判断が非常に難しい題材だったのではないか

いや、ブギーポップに限らずどんな作品であっても、ファンアニメ化や映画化などのメディア展開のたびに、アレがないと○○本来の良さが失われてしまう!と感じてはいるのだろうけど。

まとめ

木村明雄の省略に関しては、大きな変更ではあるし非常に残念ではあるが、三話という尺を考えれば致し方ない(そもそも『笑わない』を三話でというタイト過ぎる構成の是非はともかく)

口笛に関しては、小さい部分かもしれないが逆にそんな小さいところを敢えて削る意味が分からないし、監督でもシリーズ構成でもプロデューサーでもいいので早めに誰かに何らかの説明をしてもらいたい。

ということになる。

原作から変えること自体は、いい。メディアの違いに加えて、予算時間など様々な制約もある以上、どうしたって変えざるを得ないところは出てくるだろう。だが、その変更に意図というか大げさに言うと「思想」があまり感じられないのはちょっと困る。原作から変えてまで実現したかたこととは何なのか。

前回のアニメ、「ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom」は、初アニメ化にもかかわらず『笑わない』のオリジナル後日談という暴挙とすら言える内容となっており、それだけにとどまらず「霧間凪一人称が『オレ』じゃない」など、原作からの変更点がいくつか存在した。当然、原作ファンから評価も当時はあまり良くないものが多かった。

しかし、ファントムというアニメからは、これが作りたい、こうした方が面白いはずだ、という意志は強く感じられた。原作からの変更点自体に納得できるかどうかはともかく、そういう姿勢を打ち出されればこちらも、へぇ……あなた達はこういう画面も話も異常に暗いアニメがカッコイイと思ってるんだ?「オレ」女はリアルじゃないって?へーえええええ……?と正面から受けて立つことができるというものだ(こめかみに血管浮き上がらせつつ)

今のところ、今回のアニメブギーポップは、原作読者の目から見ても決して悪い出来ではない。悪くはないのだが、どうも、どこに芯があるのか分かりにくいアニメ化となっているように見える。

公式が「アクションファンタジー」と銘打っているということは、「笑わない」編では終盤に集中して存在する程度だったアクション部分が徐々に増えていく、これからエピソードが本番ということなのかもしれない。たしかに、最初に公開されたPVでもアクション描写はひときわ光っていた。

次の4話からは、原作では上下巻の大がかりなエピソード「VSイマジネーター」編が始まる。そこでは、このアニメと思いきりVSできることを願っている。

追記

”『笑わない』のプロトタイプとなる作品には早乙女が存在していなかったともいうし” へえ  それどこ情報? - maturiのコメント / はてなブックマーク

”『笑わない』のプロトタイプとなる作品には早乙女存在していなかったともいうし” へえ  それどこ情報

電子版『笑わない』新規書き下ろし「後書き」。プロト版のタイトルは、「エコーズ──人喰いの谺」だって

2019-01-08

anond:20190107220231

アレンジが効かなくてインスタ映えしないからなあ。ただ「七草粥作りましたー」じゃなくて、「私の考えたおしゃれなアレンジを見て!」ってしたいんじゃないか

アレンジ加えたら七草じゃなくなるし。

友達と一緒に盛り上がるイベントも無いし。

具が七草じゃ無くても七草粥って名乗っていい風潮になればワンチャンあるかも。

どうしてアップグレードしたら新機能デフォルトに設定してるようなクソみたいなことができるのか。

新しい机買ってきたよ、引き出しの中身も入れ替えてあげる、私の一押し文房具をメインに引き出しをアレンジしてみましたー!

クソかよ。唐揚げに無断でレモンかけるデキル女風ウザい女子か。

「見て見て!凄いの作ったよ!」とか子供がやるからかわいいし許されるのであって、おっさんがやっても殺意をおぼえるだけだとなぜ気付かない。

google検索上位に「○○○ 戻し方」とか表示されるのを恥ずかしいとは思わんのか。

2019-01-06

バズったら宣伝するって風潮

バズったので宣伝します!って風潮マジでやめろ。

いつからこの風潮が出来たんだっけ、2018年初頭くらい?

 

大体こういうツイートツイート元の宣伝内容に沿った宣伝をするのが普通だろ。

なのにアニメキャプだのネットの拾い画でバズってお前の宣伝かよ。

マクドナルド宣伝している所にモスバーガー宣伝すんのか?

つーかお前誰だよって感じ。「ちょお前人気者じゃんw」ももうそんな面白くないよ。

というか冷静に考えてみてくれよ、お前そのやってる事はバスの外装に無許可自分ツイート張り付けてるもんだろ。

渋谷の細い通り道ステッカー貼りまくってるDQNと変わらないぞ。

クリエイターもそれで本当に良いのか?良いんだろうけど。

 

こんなツイート見なくて良いから俺の〇〇を見てくれって別にお前の〇〇興味ねえからだよ。

から宣伝すんだろ!ってお前はバスの外装に(ry

作曲者は「はぁ…なんで曲は聞いてくれないのに…」とかツイートしてたけど興味無いからだよ。

頭冷やせ。自分プロモート方法考えろ。

 

承認欲求満たしたいならせめて自分の好きなコンテンツ付加価値を加えろ。

絵描き二次創作でやってるようにな。

作曲してるならアレンジだの作りなよ。いい宣伝になるよ。

写真撮ってるならテーマ決めて撮りにいきなよ。

そうでもないのにバズって宣伝すんな。するならそのコンテンツしろ

 

再三言っても無駄だろうがサービス終了まで叫んでやるよ。

バズったので宣伝します!ってのやめろ。

2019-01-05

東大入ってみて、なぜ鉄緑会が圧倒的に強いか分かったか

鉄緑会のことを何も知らないで書く。なので、完全に的外れかもしれない。

結論から言うと、

東大先生の授業レベルが、そのまま受験バックグラウンドになっているから、現役東大生が集まった塾ではその知識バックグラウンド集合知となるから

だと思われる。

  

具体的に言うと、例えば物理電気問題

あれって、大学レベルだと、フーリエとかラプラスとか使ったり、等価回路使ったりする。

抵抗だけでなく、ジーメンスとか言うの使ったり、

閉鎖回路をグラフ理論から最小の手順で解いたり。

で、実際過去問でそういえばそんなものテーマになって高校生用にアレンジされてる感の問題があった。

その知識があると、問題理解が違う。

この知識があって、そう言う感じの問題が出れば、圧倒的に有利だ。しかも周りは解けない。

「新作問題だ!東大はすごい!」とかよく言うけど。

そもそも東大日本大学生の標準的教科書を書いてる先生と書いて、それをパクって全国の大学が授業してるわけで。

その根本的な「東大生の学問理解レベル」を作成してる東大先生脳味噌は、東大生に反映されていて。それで問題を解析してるわけだ。

  

全国の塾で、東大の授業、レベルを知っている人がどれだけいるか

もちろん、最先端まで知ってる塾講師はいるだろうが、「東大生のレベル」を色々な分野含めて知ってるとなると、鉄緑しか無理だと思う。

  

自分場合物理数学生物ではこの手の感覚や、誰先生の授業が元ネタだろうなとかまでわかる。

おそらく、社会化学英語国語もそう言う感じじゃないかと思う。

  

そう言う理解の元でやってるからそら強いわ。

だって普通受験生は、ラグランジュとか二回微分の解析とか知ら無いで、そこから発想された問題は捨てるか大量のハンデで解くしかない。

一方で、鉄緑会は、そう言うのを織り込み済みの中で教育されていて、問題への対応力が違うわけだもん。

一般受験参考書の著者も、研究として1分野を知っていても、「現役の東大集合知」となると敵わないから、あくまでこれまでの参考書アレンジしかできないと思う。

一般受験生が、過去問などから、「東大テイスト」を知ろうと必死になるよりも、さらアドバンテージ持ってるし、それをベース計画された問題演習やってるわけじゃん。

そら敵わないわ。

独学でプログラミングを学んだ思い出

最近プログラミングの教え方についての記事をちょくちょく見るので思い出して書いて見る。

10年ほど前、ふと興味がわいてアプリ開発したことがある。

プログラミング経験といえば、今は懐かしいAction scriptをかじったくらい。周りにもアプリ開発はいなかったし、C言語の本を揃えるところからはじめてなかなか大変だった。

本を見て、サンプルのコードをそのまま書いて見て、書いてあるとおりに動いて、ちょっとアレンジしてみたりして、それでどうなのという感じ。これでアプリが出来るのかと雲をつかむような話だったが、だんだん複雑になるにつれ、サンプル通りに書いたつもりでも動かないことが増えてきた。

何一つ分からない時、理解の糸口になるのは「言われたとおりにやったのにうまくいかなかった」ことだけだ。

何も手がかりのないツルツルのところにちょっとした窪みが出来たような感じだった。

そのまま書き写しつもりだったのに漏れていたのはどこなのか。

サンプルでは動いたのにアレンジしたら動かなかったのは何故なのか。

それが手掛かりだ。

理解していないのは何なのか」を理解することでちょっとだけ入り口が開く。それを何度か繰り返すことで「こういうことだったのか」と理解できようになる。それを積み重ねて自分の作りたいものが何とか作れるようになった。

結局一年ほど掛けてどうにかリリースまで漕ぎ着けることができた。

ただ、自分は致命的に短期記憶が弱かった。いつまでたっても関数を覚えられず、毎回調べ直さなければならない。これは向いてないわとそれきり止めてしまった。

こんなんでも、アプリ開発してリリースしたとなると、「どうやったの?」とわらわらと人が集まってくる。

その時感じたのは、プログラミングがどうしても出来ない人がかなりの数いるということ。

その人達はみんな同じことを言う。「本に書いてあるとおりにやったのに動かない」「言われた通りにやったのに動かない」そう口を尖らして言う。

そうしてうまくいかないことに不機嫌になり、脱落していく。

そこからなのになあ。

うまくいかなかったら「よっしゃ、来たぞ」と思わなきゃ。

実家の母がイトーヨーカドーサイトリニューアルするたびに「ここにあったボタンがなくなってわからなくなった。どうしてこんなことするのかしら」と不満を(なぜか自分に)ぶつける姿を見て、こんな感じなのかなと思った。

2019-01-04

anond:20190104125418

時間までどうするかはお前がアレンジしろよって暗に言ってるんだよ

2019-01-01

来年から本気出す」のストレングスファインダー

勝間和代氏のサロンの話が出た際に、そういやストレングスファインダーを受けたなと思い出して引っ張り出してみた

ストレングスファインダーとは、34の資質から強みと弱みを知ろうという意識高い診断系の何か

来年から本気出す
・竹やぶで3億円を拾得する

・・・とか、日常的に言ってる生き物のストレングスファインダーはこんな感じ

略的思考力
とりあえず考える
実行力
物事を成し遂げる力
間関係構築力
大体みんな友達
響力
売り込み/押し売り

自分の34の資質の結果を並べてみる


1. 学習欲   :略的思考力

2. 着想    :略的思考力

3. 自己確信  :響力

4. 親密性   :間関係構築力


5. 戦略性    :略的思考力

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

6. 指令性   :響力

7. 内省     :略的思考力

8. 回復志向   :実行力

9. 達成欲    :実行力

10. 活発性   : 響力

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11. 責任感   :実行力

12. 競争性   :響力

13. 自我   :響力

14. 目標志向   :実行力

15. ポジティブ間関係構築力

16. 社交性   :響力

17. 最上志向  :響力


ーーーーーーー半分より下ーーーーーーー


18. 個別化   :間関係構築力

19. 収集心    :略的思考力

20. 公平性   :実行力

21. 適応性   :間関係構築力

22. 運命思考  :間関係構築力

23. 分析思考  :略的思考力

24. 成長促進  :間関係構築力

25. 共感性   :間関係構築力

26. 慎重さ   :実行力

27. コミュ   :響力

28. 信念    :実行力

29. 原点思考  :略的思考力

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

30. 未来志向  :略的思考力

31. アレンジ  :実行力

32. 規律性   :実行力

33. 調和性   :間関係構築力

34. 包含    :間関係構築力

「とりあえず、考えとくわ」でなかなか「実行」するそぶりは見せないことがよくわかる

でも完全に何もしないと干上がるのでお仕事する時はする

押し売りしまくると出ているのに、「コミュニケーション」が非常に低いことが気になるが、竹やぶで3億拾得する予定なので気にしない事にした

2018-12-31

忠臣蔵大正時代にも飽きられていた」のは嘘

忠臣蔵大正時代にも飽きられていた」という記事ホッテントリにあがっている

http://cocolog-nifty.hatenablog.com/entry/2018/12/29/172400

根拠として玉田玉秀斎講談速記本をあげているが、これは明らかにおかしい。


まず言うまでもないことだが、たった一人の証言根拠結論をだしてはならない。

その個人玉田玉秀斎)の観測範囲限界ポジショントーク可能性等々があるからだ。

歴史学で正しい結論を出すには複数の文献を史料批判する必要がある。

で、忠臣蔵ほど著名なジャンルとなると、こういう史料批判はすでに専門家がしてくれている。

・宮澤誠一 『近代日本と「忠臣蔵幻想青木書店

この本によると明治戦前忠臣蔵ブームは3回

日露戦争直後、大正時代日中戦争である

最初の2つのブームに影響を与えたのはレコードである

忠臣蔵レコードに乗って全国に流される事で流行したのだ。

日露戦争直後のブームで儲かった浪曲師・桃中軒雲右衛門がそのお金泉岳寺大石内蔵助銅像を立てるほどであった。

大正時代ブームでもレコード活躍したのみならず、中央義士会が設立され、大佛次郎の『赤穂浪士』がベストセラーになり、その後はラジオ活躍した。

…などと言うことは宮澤の本を引いたウィキペディアにも書いてあるのでご確認あれ。


さて、日露戦争終結1905年)直後の一度目のブームから大正の2度目のブームの間は

たったの10年強。

この間には大正デモクラシーがあり、玉田玉秀斎発言はこの時期に当たる

開明的な大正デモクラシーで一時的飽きていたというのが正しく、

・飽きはじめたのは、明治の後半くらいなんじゃないのかなっていう雰囲気はある。

というのは明確な間違えである

なにせ、忠臣蔵はわかってるだけでも明治~戦中に114回も映画になっているのだから




【その他コメント

浄瑠璃歌舞伎か知らないけど、とにかく『仮名手本忠臣蔵』はかなり読むのダルいと思う。

見て楽しむ人形浄瑠璃歌舞伎読んでダルいのは当然。

アクション映画台本読んで「つまらん」というようなもの


スタンダード忠臣蔵を延々と楽しめるのであれば、アレンジする必要なんかない。

スタンダードアニメ二次創作コミケで量産されたら飽きられてる証拠だというようなもの


・ 読んだことねぇからよく分からないけど、(吉川)英治なら絶対面白いんじゃないかな。

吉川英治の「忠臣蔵」は「吉川英治歴史時代文庫」に入れてもらえなかったのに?(補巻扱い)




追記

個人的には最初に知るには映画テレビ忠臣蔵オススメする。目から情報理解やすいから。

エロゲの「ChuSinGura46+1 -忠臣蔵46+1」も実はオススメだが(1話無料だし)

あと一部の方に誤解があるようだが、特に戦後忠臣蔵忠義より個人の意地や人情に焦点を当てたものが多い

そりゃ、戦後になって忠義を全面に出したら流行らないからね。

2018-12-27

元がかっこいいのでアレンジしてもまあかっこいい

2018-12-25

anond:20181225023613

クックドゥ一定クオリティが保てていいぞ

普段より人数分増えても分量さえ守れば味が変わらない

アレンジしたければ花椒いれたりラー油いれてフレイバーを追加すればいい

あと体調がいまいちときも常に同じ味が保てる

全然手抜きじゃない

2018-12-19

炎上したアイナナ女体化ユニットって本当にただの二次創作

アイナナ女体化ユニットを名乗る二次創作集団が昨日炎上してたけど、あれただの二次創作じゃなくて主催者の売名(集金)目的じゃね?って話。

さて。

今回の流れをざっと整理すると、

・IDOLiSH GiRLS!を名乗る二次創作集団がいて

公式キャラ女体化し、それに伴い下の名前等の設定を改変し

自分たちで作ったストーリーに声を当てたり

公式楽曲を歌ったもの

自分たちで描いたイラストと合わせて動画にし

Youtubeに上げている

ことがまず前提としてあって、それを見たレモンを名乗るアカウントDMにて先方に問い合わせ、

二次創作としての範疇を逸脱していると個人判断注意喚起ツイートを流した訳だ。

レモン氏がやり取りをしたDMは一部しか公開されておらず、レモン氏が自分に都合の悪い部分を隠している可能性も否定できないという上で、

件の注意喚起ツイートを見てみる。

レモン氏は

プロフィールに「公式」と記載があるのは騙り,なりすましではないか

使用しているロゴがアイナナ本家公式との関連があると誤解されるものではないか

公式楽曲勝手に歌ってつべに上げるのは権利侵害ではないか

DMにて問い合わせたようだ。

それに対しIDOLiSH GiRLS!側はレモン氏に

・「公式」という言葉だけで本家企業と誤認する人が多いとは言い切れない

ロゴ公式カタカナなのに対しこっちは英語から違いがある(ので紛らわしくない)。そもそもそのロゴもう使ってないし、それ作った人もう抜けたか無関係です。

ジャスラック管理楽曲つべに上げられる。オケ耳コピ自作なので問題ない。

DMにて返答。(そしてレモン氏が注意喚起ツイートを流す)

その後、炎上を受けてIDOLiSH GiRLS!側がツイートにて

・「公式」という表現は誤解を招く表現だったので削除した。

ロゴはもう使用していなかったが質問箱に旧ロゴが残っていたので変更、つべ差し替えた。そもそもロゴ変更の経緯も自分たち公式ロゴと似ていると思ったため。

ジャスラック管理楽曲つべに上げられる。オケ耳コピ自作なので問題ない(主張DMと変わらず)

コメント

また、bio等に「非公式」という文言を増やす等の対処をしたようで、それを受けて一応事態は日付を跨ぐ頃には収束したようである

さて、ここからが本題だ。

これで全て問題クリアになっているとは私は思わない。

まず、動画のものについて。

公式楽曲使用については、アイナナ本家公式二次創作ガイドラインジャスラック権利処理が行われる場での歌ってみたOK(と思われる)と記載があるので問題ない

……と思ったのだが。

動画内でモンジェネのタイトルこそ出すものの、それが使用楽曲である旨や原曲作曲者作詞者名の記載がない。もちろん動画説明文にもない。

アレンジした人の名前はあげてるのに。

曲以外の部分で言えば、オープニングに当たるであろう部分の台詞群に、本家ゲーム台詞一人称を改変しただけのものが多数見受けられた。

それと、本人たちが「公式類似していると判断使用を取りやめた」とする旧ロゴ使用している。

よって、一番の中身であるところの制作物がアイナナ本家公式の出しているガイドライン抵触しないとは言い切れないのではないかと考える。

次に、ロゴについて。

レモン氏による注意喚起ツイート内で「公式ロゴカタカナ自分たちのは英語」というIDOLiSH GiRLS!側の主張があるが、もしかして公式ロゴアルファベットバージョン存在することをご存知ないのだろうか……あんなにあちこちで使っているのに。

そもそも差し替えた新ロゴが青のグラデの文字オレンジの枠線と、本家公式アルファベットロゴ意識したのではという配色だし、背景の円もアプリストーリータイトル画面に寄せている。というか色スポイトしてません?

この特徴のある色味は本家公式が多用しており、この配色で「寄せた」ロゴを作ってしまっては「本家公式と関連のないアカウントであると示す」には不十分ではないだろうか。

そして、一番気になっているのがこの団体運営目的についてだ。

この企画では出演者nanaという……これはSNSなのか?を利用して募り、オーディションをしていた。

このページに、私はかなり問題があるのではないかと考えている。

色々あるが、大きく分けると

二次創作である旨の記載がない

活動内容にも「オリジナル動画投稿と書かれている

・応募に際し、LINEのやり取りが必須である旨が書かれている

女体化というセンシティヴな内容にも関わらず、「たくさんの方に知っていただきたい」とタグを乱用(アイナナ公式名称のタグもあり)

このあたりが気になる。

二次創作である旨の記載がないことや、オリジナルと称していることが騙りではないかという問題はまあ間違いなくまずいので置いておく。

そもそも女体化好き嫌いが激しいんだから大っぴらに広めるなというのも当然だと思うので置いておく。

(話が横にそれるが、私はBL二次創作についても同様に考えている。最近腐女子ちょっとオープンにし過ぎでは?え?見たくなければ自衛しろ勝手キャラ性的趣向捻じ曲げたもんを垂れ流ししてるのそっちなのに?)

(ちなみに私も二次創作をしている腐女子だが、検索除け等は徹底しているつもりだ)

さて、応募に際してLINE必須にしている点だが、みなさんはLINEアカウント個人情報だと思いますか?

私は思います電話番号に紐づけされる上、全く不可能ではないとはいえ一人が複数持ったりアカウントを作り直したりするのが難しいからです。

ところで、本家公式二次創作ガイドライン

〝◆現時点でNGと思われる行為

(中略)

公式と偽り個人情報を集めるのに利用した”

と書かれていますが、二次創作であることの記載がどこにもない場でLINEアカウントの供出を求める行為はかなり濃いグレーじゃねぇの?

とまあ色々あるんですが、そもそもこの企画を誰が主催しているのか。

この手の企画普通わかりやすいところに主催者名前書くものなんだけどなぁ……

とりあえず、他の出演者ツイート動画クレジットからサメ(しょこら。)という方が主催者らしいと判断しました。

こちら、その方のツイフィです。

http://twpf.jp/Chocola0729

〝※ここだけの話、まだまだ修行中ですが、動画編集やmix(一応イラストも)、そして別名義で作詞作曲編曲アレンジ(打ち込み)にも手を出しております…!

こちらの依頼もぜひ上記メアド若しくはDMまで。

有償無償わず、お待ちしております!(一部有償のみの受け付けとなっておりますが、予めご了承下さいませ。)

(そのうち全て有償依頼限定にしようかな、とも思ってたりしてますワンコイン(500円)程度のお値段ですが…その際もぜひよろしくお願い致します。)”

と書かれていますね。

そしてこの方、IDOLiSH GiRLS!の三月女体化キャラアイコンにし、ツイフィの出演作一覧の一番上にあげていますね。

さて、アイナナ本家公式二次創作ガイドラインをもう一度貼ります

https://idolish7.com/topics/info/2015/728/

〝・販促活動使用しないでください。”

サメ氏の行動は販促活動にならないんでしょうか。

あーあ、nana募集ページにさ、「主催もまだ全然アイナナ歴が浅く、最近始めたばかりなので」って書いてなかったらさ、

から二次創作ちょっと間違えただけだと思えたのに。

あ、一応魚拓を残しておきます

http://gyo.tc/1L7Qf

http://gyo.tc/1L7Zn

2018-12-17

「来る」を見た

原作ファンなので原作面白さが映像化されているものだと思って見に行ったらめちゃくちゃアレンジされまくっててえらい目にあった。

そのことはまあ置いておいて

とても印象的だったシーンがある。

それは小松菜奈様のおみ足のアップである

美しい女性セクシー女性が好きで、大抵顔面や胸に目がいくがあの脚アップのシーンはたまらなかった。すらっと伸びた細い脚。みずみずしい肌。とてもとても綺麗な脚だった。ただ細いだけじゃなくてふっくらした質感も感じられてむしゃぶりつきたくなる脚だった。小松菜奈様の足に抱きついてその肌の質感を感じたい。何ならもう舐めさせてほしい。

若い女性の足はこんなにも良いものなんだとただただ感動した。もし自分小松菜奈だったら自分の脚に見惚れて、ずーーーーっと満足するまで眺めれて幸せだと思う。

あの映画を見たあともずっと小松菜奈様の美脚の余韻に浸っていた。

ピンク髪のギャルキャバ嬢になった小松菜奈様のクールセクシー小松菜奈様は素晴らしかった。

私も小松菜奈様と同じ性別で、立派な二本脚がついているが大根脚よりも酷い。大木であるデブであるダイエットはしてたけど足が細かった時期がもう幼稚園ときぐらいしかない。私の両足はずっと太いまま。

私の人生はこれではいけない、と思った。おばあちゃんになるまで、死ぬまでずっと下半身デブのままでいるなど。「来る」で小松菜奈様の足を見て、私もこれを手に入れたいと思った。

小松菜奈様の若さと足の美しさに酔いしれた映画だった。

2018-12-15

anond:20181215231537

画像を見せる以上の伝え方はちょっと思いつかない

美容師増田に似合うようにと思って勝手アレンジしているとか、増田の髪質的に注文のヘアスタイル再現が難しいとか、そういう理由があるのかもしれない

外国人店主が出身国の知見を活用してアレンジしたラーメン

東高円寺ビアビアとか

他におすすめの店があったら知りたい

2018-12-13

当時16歳の私から見た『涼宮ハルヒの憂鬱

私は1990年まれ高校の時にリアルタイムハルヒニコニコ動画出会った男性です。あまりアニメ全般については詳しくありませんが、私の経験の限りにおいてハルヒについて語ってみます

ハルヒは当時の印象では「わけがからないが、とにかく新時代のすごいアニメ」という作品でした。一つ一つの要素を見ると取り立てて珍しいものではないのですが、それらをアレンジするセンスと細部のクオリティがずば抜けていたと思います

まず、日常系学園ラブコメと高度なSFとを融合させたアニメが珍しかたことは記憶しています。当時の私はスクールランブルあずまんが大王にハマっていましたし、エヴァンゲリオンカウボーイビバップも大好きでした。しかし、両者の世界観が融合するような日常系アニメがあり得るとは思ってもいませんでした。その後六畳間の侵略者ニャル子さんなど似たような作品が出てきましたが、少なくとも当時の私にとっては斬新な世界観でした。

もちろん作画も素晴らしかったです。これについて私はほとんど語れませんが、日常系萌え作品であれだけぬるぬると人物を動かしたことには驚きました。それまではロボット飛行機をどれだけなめらかに動かすのかについては意識してきました。しか美少女の手足や顔を実写のように丁寧に動かすことについては、ほとんど注目していませんでした。明らかにキャラクター日常身体動作を美しく作画する流れは、けいおんやその他の萌えアニメに繋がっていったでしょう。

また、ブログや2chなどでの考察が盛んになったのもこの頃でした。ハルヒは謎が多い設定や話数シャッフルなど、視聴者探究心を刺激するギミックが多数仕掛けられていました。当時のアニメブログ上では考察記事参考書籍の一覧があちこちで見られ、2chでは解釈を巡る論争が白熱していました。その後、シュタインズ・ゲートまどマギでも同じような光景が繰り広げられることになります

さらにはニコニコ動画Youtubeの「ハレ晴レユカイ踊ってみた動画社会現象になりました。この流行高校生や大学生の社交的な人々の多くが参加したこと意味は大きかったです。これによって電車男以来続いてきた、社会におけるオタク文化容認の流れが加速することになったと思います。深夜に放送している萌えアニメが、陰気なオタクが見るものから「(女性も含めた)普通の」中高生も楽しめるものに変わる転機でした。

2000年代京アニは、Key作品のような男主人公ハーレムかららき☆すたけいおんのような百合日常物へと変化していきました。それは2000年代から2010年代にかけてアニメの潮流がエロゲ的な物からラノベきらら的な物、オタク的な物からサブカル的な物、男性作家原作から女性作家原作へと変化する動きと重なっているように私には見えました。そういったアニメ界の地殻変動結節点存在していたのがハルヒであり、90年代文化終焉10年代に続く新たな文化の始まりの両者を象徴するアニメだったのではないかと今にして思うのです。もしかするとハルヒのこうした両義的な立ち位置フォロワーの少なさに影響しているのかもしれません。

ちなみに2010年前後の私は一連のアニメ業界流行の変化を「男性向けアニメ少女マンガ化」だと漠然と感じ、個人的にそのことを嬉しく思っていました。というのも私はエロゲ象徴されるようなハーレム作品が苦手で、少女漫画百合が大好きだったからです。けいおん以降の百合アニメ全盛のこの10年間は私にとってアニメ黄金期でした。今後、ハルヒやその前後アニメの潮流は、どのように分析批評されるのでしょうか?近い内にどなたかが『10年代想像力』を書かれる日を楽しみにしています

2018-12-12

[] コンピューターおばあちゃんNHK洗脳音楽

情報弱者向けの解説です。

 

オリジナルコスミック・インベンション

コンピューターおばあちゃん」は、日本の歌。作詞作曲伊藤良一。

もともとは1981年NHK作曲投稿番組あなたメロディー』に投稿され採用されたものであるオリジナル小田啓義編曲により、コスミック・インベンションが歌った。

https://www.youtube.com/watch?v=fsnwtwImSa0

 

カバーYMO

歌:酒井司優子(東京放送児童合唱団)、プロデュース編曲・すべての演奏坂本龍一バージョン

https://www.youtube.com/watch?v=cQqwLiARDkM

 

カバー村井聖夜

坂本龍一による編曲版の楽曲構成をそのままに、村井聖夜によりテクノテイストを全面に押し出して再アレンジされ、合成音声「Alt」により歌唱されている。

https://www.youtube.com/watch?v=xOJSsEfkUiQ

 

カバーPOLYSICS

2007年に発売されたコンピレーションアルバムRock For Baby』で、POLYSICSカバーしている。

https://www.youtube.com/watch?v=mZ1dL7zVDek

 

サブリミナル洗脳映像

コンピューターおばあちゃん - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%82%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

2010年4月2日NHK広報局は、映像にふさわしくない絵が含まれていたとして一部を手直しすると発表した。

アニメーションの一部に、女性の尻・胸・下着姿の写真水着姿がそれぞれ約0.1秒ずつ5カットまれいたことが理由

同局は「酸いも甘いもかみ分けるおばあちゃん人生経験イメージした映像表現だった。制作以来30年を経た現在の視聴環境や視聴態様考慮に入れると、ファミリー向けの番組としてはよりふさわしい表現をとるべきだと考えました。」とコメントしている。

なお、『みんなのうたスペシャル-年代セレクション-』では、本曲の当該部分において、黒色で書かれた記号の内容と背景の色がそれぞれ変化するように修正された。

2018-12-10

anond:20181210135545

グミ美味いのか

昨晩聞いた話だと粉のがアレンジが効くから長続きしそうな印象だったが

2018-12-09

anond:20181209212417

豆乳に似てるから豆乳に合うようなもの混ぜると美味しく飲めると思う。私はココアと混ぜてた

あとネットアレンジしたののレポあるからそれ参考にしてもいいか

anond:20181209210631

COMP試すなら味の工夫のしようがないグミより、多少アレンジできる粉末のがオススメ

anond:20181209163020

北川宗忠の『観光文化論』って本がその辺まとめてて面白い観光をどう捉えるかは非常に難しい問題で、例えばハワイイメージしてほしいんだけど、フラダンスという宗教的行事がショービジネスに至るにはどういう経緯があったか、などは学ぶ価値はあると思う。あとはマニアックになるけどインドネシアバリ島ケチャ関係なども観光という観点から見ると面白いサンヒャンドゥダリという儀式ベースにして外人観光向けにアレンジしたのがケチャとか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん