「通り魔」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 通り魔とは

2017-06-24

自由民主党豊田真由子でございます秘書に「:この、ハゲーーーーーっ!ちーがーう(違う)だろーーっ!  (ボコッという打撲音)」と絶叫し、暴行

自由民主党豊田真由子でございます

豊田真由子:この、ハゲーーーーーっ! 

豊田真由子:ちーがーう(違う)だろーーっ! 

ボコッという打撲音)

男性秘書:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田真由子:違うだろーーーーーーーっ!!! 

音声にはほかに「うん、**ば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」

といった暴言秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、

さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。

秘書男性は、警察被害届を出すという。(6/22発売予定の週刊新潮6/29号より)

そんなつもりじゃなくても~~~♫

お前の~~~♫

娘を轢き殺してそんなつもりはなかったんです~~~♫

って言われているのと同じ~~~♫

あーそうじゃしょがありません

そんなつもりなかったんじゃしょうがありませんね?~~~♫

(元政策秘書)の娘が顔がグシャグシャになって

頭がグシャグシャ 脳みそ飛び出て車に轢き殺されても

そんなつもりはなかったんです~~~♫

で済むと思っているなら同じ事を言い続けろ~~~♫

自由民主党豊田真由子でございます入院します。

自由民主党豊田真由子でございます入院します。

自由民主党豊田真由子でございます

豊田真由子:この、ハゲーーーーーっ! 

豊田真由子:ちーがーう(違う)だろーーっ! 

ボコッという打撲音)

男性秘書:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田真由子:違うだろーーーーーーーっ!!! 

音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」

といった暴言秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、

さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。

秘書男性は、警察被害届を出すという。(6/22発売予定の週刊新潮6/29号より)

自由民主党豊田真由子でございます

「そんなつもりじゃなくても~~~♫ お前の~~~♫

娘を轢き殺してそんなつもりはなかったんです~~~♫

って言われているのと同じ~~~♫

あーそうじゃしょがありません

そんなつもりなかったんじゃしょうがありませんね?~~~♫

(元政策秘書)の娘が顔がグシャグシャになって

頭がグシャグシャ 脳みそ飛び出て車に轢き殺されても

そんなつもりはなかったんです~~~♫

で済むと思っているなら同じ事を言い続けろ~~~♫

自由民主党豊田真由子でございます入院します。

自由民主党豊田真由子でございます

自由民主党豊田真由子でございます

豊田真由子:この、ハゲーーーーーっ! 

豊田真由子:ちーがーう(違う)だろーーっ! 

ボコッという打撲音)

男性秘書:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田真由子:違うだろーーーーーーーっ!!! 

音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」

といった暴言秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、

さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。

秘書男性は、警察被害届を出すという。(6/22発売予定の週刊新潮6/29号より)

そんなつもりじゃなくても~~~♫

お前の~~~♫

娘を轢き殺してそんなつもりはなかったんです~~~♫

って言われているのと同じ~~~♫

あーそうじゃしょがありません

そんなつもりなかったんじゃしょうがありませんね?~~~♫

(元政策秘書)の娘が顔がグシャグシャになって

頭がグシャグシャ 脳みそ飛び出て車に轢き殺されても

そんなつもりはなかったんです~~~♫

で済むと思っているなら同じ事を言い続けろ~~~♫

自由民主党豊田真由子でございます入院します。

自由民主党豊田真由子でございます

自由民主党豊田真由子でございます

豊田真由子:この、ハゲーーーーーっ! 

豊田真由子:ちーがーう(違う)だろーーっ! 

ボコッという打撲音)

男性秘書:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田真由子:違うだろーーーーーーーっ!!! 

音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」

といった暴言秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、

さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。

秘書男性は、警察被害届を出すという。(6/22発売予定の週刊新潮6/29号より)

そんなつもりじゃなくても~~~♫

お前の~~~♫

娘を轢き殺してそんなつもりはなかったんです~~~♫

って言われているのと同じ~~~♫

あーそうじゃしょがありません

そんなつもりなかったんじゃしょうがありませんね?~~~♫

(元政策秘書)の娘が顔がグシャグシャになって

頭がグシャグシャ 脳みそ飛び出て車に轢き殺されても

そんなつもりはなかったんです~~~♫

で済むと思っているなら同じ事を言い続けろ~~~♫

自由民主党豊田真由子でございます入院します。

自由民主党豊田真由子でございます

自由民主党豊田真由子でございます

豊田真由子:この、ハゲーーーーーっ! 

豊田真由子:ちーがーう(違う)だろーーっ! 

ボコッという打撲音)

男性秘書:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田真由子:違うだろーーーーーーーっ!!! 

音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」

といった暴言秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、

さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。

秘書男性は、警察被害届を出すという。(6/22発売予定の週刊新潮6/29号より)

そんなつもりじゃなくても~~~♫

お前の~~~♫

娘を轢き殺してそんなつもりはなかったんです~~~♫

って言われているのと同じ~~~♫

あーそうじゃしょがありません

そんなつもりなかったんじゃしょうがありませんね?~~~♫

(元政策秘書)の娘が顔がグシャグシャになって

頭がグシャグシャ 脳みそ飛び出て車に轢き殺されても

そんなつもりはなかったんです~~~♫

で済むと思っているなら同じ事を言い続けろ~~~♫

自由民主党豊田真由子でございます入院します。

自由民主党豊田真由子でございます豊田真由子:この、ハゲーーーーーっ! 

自由民主党豊田真由子でございます

豊田真由子:この、ハゲーーーーーっ! 

豊田真由子:ちーがーう(違う)だろーーっ! 

ボコッという打撲音)

男性秘書:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田真由子:違うだろーーーーーーーっ!!! 

音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。秘書男性は、警察被害届を出すという。(6/22発売予定の週刊新潮6/29号より)

自由民主党豊田真由子でございます入院します。

自由民主党豊田真由子でございます秘書に「:この、ハゲーーーーーっ!ちーがーう(違う)だろーーっ!  (ボコッという打撲音)」と絶叫し、暴行

自由民主党豊田真由子でございます

豊田真由子:この、ハゲーーーーーっ! 

豊田真由子:ちーがーう(違う)だろーーっ! 

ボコッという打撲音)

男性秘書:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田真由子:違うだろーーーーーーーっ!!! 

音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。秘書男性は、警察被害届を出すという。(6/22発売予定の週刊新潮6/29号より)

自由民主党豊田真由子でございます入院します。

自由民主党豊田真由子でございます秘書に「:この、ハゲーーーーーっ!ちーがーう(違う)だろーーっ!  (ボコッという打撲音)」と絶叫し、暴行

豊田真由子:この、ハゲーーーーーっ! 

豊田真由子:ちーがーう(違う)だろーーっ! 

ボコッという打撲音)

男性秘書:すいません、ちょっ、運転中でもあるので……。

豊田真由子:違うだろーーーーーーーっ!!! 

音声にはほかに「うん、死ねば? 生きてる価値ないだろ、もうお前とか」といった暴言秘書の娘が強姦通り魔に遭ったらというたとえ話、さらには“ミュージカル調”で秘書を罵るという常軌を逸した様子までおさめられている。秘書男性は、警察被害届を出すという。(6/22発売予定の週刊新潮6/29号より)

自由民主党豊田真由子でございます入院します。

2017-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20170310113014

のしっぺ返しが必ず親に向けばいいのに

アキバ通り魔もそうだし、名古屋大の殺人鬼もそうだけど、社会や、全く無関係人間に刃を向ける奴が多すぎ。

こうも憎むべきが親である事に気付かないのも、「自分に刃を向けない育て方」に長けている親である事が伺える。

2017-06-05

病気からってその病気死ぬとは限らない

膵臓が悪くても、通り魔に刺されて死ぬこともある

2017-05-30

http://anond.hatelabo.jp/20170530181303

北が核ミサイル持つってことは、まさに我々が人質になるってことやで

ミサイルの数だけ人質がいるって思えばちょうどいいと思う

1人殺して、もう1人殺すけどいいのかー!ってできるわけよ

そして我々が殺される1人目になる可能性は大いにあるんやで


増田は、無差別攻撃を仕掛けるヒットマン無差別攻撃を仕掛ける爆弾魔、って表現しているけどさ

実情は、コンサート行ってる時に会場を軍隊並みのテロリスト集団に占拠される恐ろしさと道端歩いてて通り魔に刺される恐ろしさってそんな変わらないんだよなー、って言ってるようなもんなんよ、それって

軍隊並みテロリスト集団あなたの最寄駅に基地構えました、ふーん、通り魔に刺されるのと変わらねえなーって思う?

増田なら思いそうだなー

熊と遊んでも食われないときは食われない、瓦が当たって死ぬとき死ぬ前田慶次みたいなもんかー?

あと、北が撃って来ないのは、撃ったら終わりだから撃てないんじゃないで

北に攻めてくるやつがいいから撃つ必要がないだけ

北が攻められたら、マジで躊躇なく撃ってくるのは覚悟しといたほうがいい

からこそ、空母権威失墜って言ってるのよ

2017-05-25

結局、今できる痴漢対策って

男も女も、どんどん痴漢を捕まえていくことしかできないし、それが最良なんだろう。

司法簡単に変わらない。

鉄道会社は動かない。

なら共通の敵である痴漢常習犯を1人でも減らすことが、結果的冤罪確率も下げることになるのでは。

もちろん、本当の故意冤罪ふっかけるようなのは通り魔みたいなものでどうしようもないけど、少なくとも「犯人のとり間違い」が起こる可能性は、痴漢絶対数が少なくなることで減らせる。

そろそろまともな「非犯罪者」同士の男女が憎み合うのはやめて、手を取りあって解決策を探ろうよ。

痴漢現場を見つけたら、本来監視カメラが果たすべき証拠(スマホ動画など)を抑えて、周囲の人に合意を取って取り押さえる。

※ただし証拠として提出する以外の目的で撮ったら盗撮になってしまうので必ず正しい目的にのみ使うこと。

2017-05-21

住む場所のない元気なニート軽犯罪話がTVで放映された後に無職通り魔事件起こしたのか…

100%通り魔が悪いが、精神的に追い込まれている時にあの話を聞いていたらきついかもしれん…

バラエティでこうなる世の中だったら嫌だな

2017-05-19

http://anond.hatelabo.jp/20170519112526

通り魔に遭うリスクは男も女もあるけど、置換冤罪に遭うリスクは男にしかない上に、通り魔は捕まればそれなりの刑が課されるけれど冤罪詐欺師女はノーリスクでやりたい放題なのが、男が他の冤罪問題よりも熱くなって怒ってしまう要因でしょう。

痴漢冤罪は確かに怖いけど、別に自転車通勤してたって事故にあう可能性はあるし、町中歩いてても通り魔におそわれる可能だってあるし、自分に非がなくてもキチガイにヤられる可能はいくらでもあるわけで、実際冤罪に巻き込まれたら、まぁこの程度のキチガイ示談金にしろ罰金しろお金解決できる問題で良かったと思いたいなーって考えてる今日このごろ。

通り魔女子供を狙ってるから正気だというツイートがバズっていたが

ある点で知的判断をできるという理由対象正気である判断するのは正気ではないな

どういう脳障害を起こしたら理性・知性がオールアナッシングだと思ってしまうのだろうか

 

っていうか獣どころか虫ですら相手自分より強そうかどうかは"見る"ので、女子供を狙うのは知的判断でもなんでもない。

車で轢きまくれば、銃弾を撃ちまくれば屈強な黒人男性でも死ぬというのが知的判断だ。

2017-05-17

楽に自殺できる機械が欲しい気もしなくはないけど

自殺ハードルが下がると通り魔したりテロ行為したり好き勝手に暴れてから安楽死しようと考える奴も増えるだろうし

治安悪化するのではないか

2017-05-16

痴漢冤罪が怖いって言ってる人ってさ

道歩いてたら通り魔に刺されたりしないか

路面に面した店に入ったら車が突っ込んできたりしないか心配してそう

まどマギ劇場版3作見た

やっぱ最初の2作(テレビ版)は糞だなー

ご都合主義が目に余るしいろいろとウザいし

あと斎藤千和の涙声って全然かわいくなくて萎え

でもこれ見るとレクリエイターズの弱設定魔法少女はこれに合わせてんだなと

まあこっちが売れてるんだから子供騙しの方が受けがいいという判断で真似してんだろうなあ

広江あたりは性格の悪さでもシンパシー感じてそうだし

んで三作目はテレビ版と比べると格段に完成度が上がってていい感じだった

物語舞台さらに狭く限定してることで破綻も見えなくなってるというか

クライマックス王道な盛り上げ方でいい

サスペンス展開から危機、そして大逆転

こういうのは劇場版って気がするね

とせっかく好印象を抱いていたのに

この糞映画そっから無理やりバッドエンドというかエビルエンドにしやがった

虚淵死ね

通り魔にでも刺されて死ね

2017-04-23

日本中年の質の低下が顕著

酒鬼薔薇聖斗通り魔加藤障害者皆殺しの植松としい、35付近日本人の質が非常に悪い

あの世代は犯罪者殺人鬼しか居ないので、人権剥奪して奴隷階級とし、

監視の上で死ぬまで労働させる必要があるんじゃないのか

2017-04-15

私は公共交通社会の現状に苦しむ人の救世主である

 交通社会に囚われのみなさん。

 私は、現在ネット上で文筆・出版作家活動している、高山直人という者です。

 私の仕事仲間の書籍が飛ぶように売れるのを横目で見ながら、昨日はひたすら2ちゃんねるに専念していました。

 それでは、本題に入りたいと思います

 交通社会に囚われの身となっているみなさんが公共交通の現状に怒りを感じているのはよく知っています

 本当の意味での交通弱者は仕方ありませんが、そうでない方々の大人まで巻き込ませるというのは理屈に合いません。この国の公共交通おかしなことばかりです。

 実は私も、2014年まで鉄道定期を持っていた人間です。ここ日本大都市圏鉄道は、民営企業ばかりだと聞いています。私はJR私鉄で、この国の公共交通のろくでもなさを、みなさんに比べるとわずか6年でしたが、身をもって体験しました。

 満員の車内の中や駅や居酒屋でいろんな方々の話を聞いた上で、私は、公共交通に対するの不信率は、40パーセントくらいはあるなと感じています。つまりみなさんの中にも、5人に2人くらいは、公共交通についてよく思っていない方もいると思います。この国の公共交通制度は本当にろくでもない。

 もちろん、自動車オートバイ…、中には自転車すら嫌いな日本人の方々の方が多いでしょう。

 しかし、そういう方々に対しても、現在社会処遇のあり方はやはりろくでもない。

 何も知らないマスコミバカ連中や、何の苦労もなく支配層の道を歩んできた連中どもは、日本人車社会侮辱しすぎているなどとデタラメを垂れ流していますしかし私は、自らの身をもって車社会をだしにしたいじめ体験し、その実態を知っています

 日本公共交通特に鉄道は、たしかに諸外国と比べて、死亡事故などの問題は少ない。もちろん多少はある。

 日本公共交通の独特のつらさは、別のところにあります

 それは、日本的商業精神時代錯誤で、縄張り競争にやたらうるさく、拝金主義的な日本独特の商業精神に、一般国民24時間、365日、えんえんと付き合わされるというつらさです。

 近所の町に出かけるのに、1000円かかることもざらです。

 外国公共交通などが公によって保護されていたり、道路交通の整備で、大都市でも、オートバイなら通勤できるというのに、なんという非効率でしょうか。

 似たような問題は、他にもたくさんあるはずです。それはみなさんの方がよくご存知でしょう。

 私はわずか8年ですみましたが、こんなろくでもない社会に、10年も20年も、30年も40年も付き合わされるみなさんは、本当に大変だと思います

 私は今、ネット上で多数の電子書籍を発表していますが、成功するかしないか二の次でやっています

 それよりも、私はこのように、言いたいことを自由に言うために発表した次第です。最近は、紙媒体での出版でこんなふうに社会問題を提起したりすると、すぐにクレーマーがやってきて、過激だなんだと屁理屈をこねて、表現修正をさせられたり、下手すると絶版させられてしまますしかし、電子媒体ならこんなふうにやりたい放題、言いたい放題です。私はこれをやるために電子書籍をやっているんだ。

 こら公共交通ども。日本人民度が低いのにつけこんで、てめえらの遊牧民根性を温存させるんじゃない。運動の暁には立場逆転させてやるからな。

 てめえら公共交通は、公に全部くれてやる。とくに都市私鉄は全て公営化だ。私が万が一都会の長になったときは、今のと違って、公共性配慮するが、その際に見て見ぬふりをした鉄道ファンどもに対して、非難活動をやる。てめえらがどんなにろくでもないことしてきたか、わが身でもって体験させてやるからな。

 それがいやなら、今日からでも彼らの待遇改善公共交通に奔走しろ。少しは利用者の身になって生きろこの野郎

 最後に、公共交通社会に囚われている都会人のみなさん。テロ通り魔迷惑行為といったいじめだけはやめてください。私は2008年まで社会人ですらなかったので詳しくは知りませんが、とくに列車内での性犯罪は今でもすさまじいと聞いています。みなさん。敵は運営側です。利用者同士はお互いにいたわり合って、助け合って過ごしてください。

 それから公共交通ども。公共交通にはそういう深刻な問題もあるんだよ。てめえらも気づいてるだろうが。

気づいてて放置してんのは大問題だぞ。ことなかれの根性を少しは改めろこの野郎

 今のままのろくでもない現実を続けるなら、ほんとに造反運動起こして都会の道路自転車バイク自動車バスの海にするぞ。

 以上、元満員電車ユーザー左翼ジャーナリスト高山直人の第一声でした。

 都会人のみなさん、一日も早い出世を祈っています。体に気をつけて、がんばってください。

 公共交通どもは、深く反省するように。

2017-04-13

唐突うんこを漏らしたくなる

唐突に、何の文脈もなく、うんこを漏らしたくなることがある。街を歩いているときカフェコーヒー飲みながら本を読んでいるとき、誰かと真面目な話をしているとき、談笑しているとき、何でもない日常の一コマうんこを漏らしたい衝動と戦っている。正直漏らしても何のいいこともないのは理性では承知しているつもりで、お前は何と戦っているんだ状態だが、もはやこれは衝動と言っても良いぐらいの強度で、僕の頭と主に肛門周りを強く刺激してくる。

特に、誰かと会話しているときに、「うーん、これは」とか「うーん、違うんじゃない」とか、うんこを想起させる発言をされた瞬間が一番やばくて、その瞬間僕の大臀筋に緊張が走る。

そんな衝動と日々戦っていると、自分のこの衝動犯罪者のそれが似ているのではないかと思ってしまうことがある。「魔が差して」痴漢してしまったり、「衝動的に」通り魔をしてしまった犯罪者自分は同じなのではないかと思うと身震いするような空恐ろしさを感じる。

人混みの中で急にうんこでも漏らしたら確実に僕は異常者扱いされるだろう。それが、「我慢したんですが便意を耐えられずに」であればある程度仕方がないとする向きもあるだろうが、「排便衝動に耐えられなくて積極的に」だと完全にアウトである

自分のこの衝動を見つめ直して見ると、「今、誰も俺がうんこするなんて思ってもいないだろうな」と感じる場面で特に便意が強くなる気がする。日常感が強ければ強いほどその欲求高まる。おそらくだが、大層に言えば、予定調和からの脱却欲求があるのだと思う。つまり相手の裏を掻いてやろうという気持ち、といったところか。

宮台真司がかつて喝破したように、我々は大きな物語喪失し、終わりのない日常を生きている。その日常の断絶という物語を生む道具が私のうんこなのであるうんこによって日常は非日常と化し、そこから新たな物語生まれる。もちろん、僕個人物語が大きく変わるだけで、世界は何も変わらないだろう。でも、少なくとも誰かと朗らかに談笑している途中に僕が唐突うんこをすれば、その日は僕の人生の大きな変化点になるに違いない。それが僕にとって良いことか悪いことかは分からないが、僕はそうなるのを心のどこかでは期待しているのかもしれない。

からクーラーボックスに入るコンビニ店員やおでんつんつんするユーチューバーを見たときはよく分からない親近感と憧れに似た気持ちを感じたものである

なので、彼らのニュースとその後の炎上を目の当たりにした僕は他人事とは思えなかった。もし僕が彼らに先んじて渋谷ホコ天うんこしていたらきっと僕も彼らと同じ目にあっていたに違いないからだ(大阪なら何事もなく許される気がする)。逆に言うと、彼らを親の仇のように批判していた人たちはああいった愉快犯的な衝動が一つもないということで、それはそれで羨ましい気持ちにもなる。

もちろん、上で述べたことはただの欲求であって、本当にうんこすることは今後もありえないとは思っている。そこが僕と炎上した先人たちの超えられない差と言えばそうなんだろう。だがしかし日常の一コマコマでこれからも便意と戦っていかなければならない人生を思うと、若干暗い気持ちになってしまうのは否めない。そんなときは、老人になったら嫌でもすることになるんだから、と自分を励ましたりしている。

ちなみに、上記衝動と戦う中で一つ気づいたことがある。

おならをすると少し衝動が和らぐということだ。だから、僕は(もちろん相手は選ぶが)時々唐突おならをするようにしている。談笑中に唐突放屁。ごめん、屁こいた。ガハハハハ。といった具合である

うんこ代替としておならというのは分かりやすい。使う部位も一緒なのも良い。そんなわけで、日々どうしようもなくなったときおならお茶を濁しているのだけど、最近どうもおならでは満足できなくなっている自分に気づく。

これらおそらくだが、おならが僕の中で日常化してきているのだと思う。もともとは談笑という日常風景に対するカウンターパンチおならだったはずが、談笑+おならがセットになって僕の日常となってしまったのだ。

これは、影で「おなら野郎」と罵られるという犠牲を払いながらも、うんこよりはマシと放屁をし続けていた僕にとっては由々しき事態である代替品としてのおなら通用しなくなってしまった僕の日常にはもはやうんこしか残されていないのではないか

それだけではない。この事実は、もし僕が忌憚なくうんこをするようになったとしても、それはまた新たな日常の到来を意味しているのである

うんこを超えるうんこ存在とはなんであろうか。

私には一つ思い当たる節があるが、恐ろしすぎてここには書けないため、ニーチェ言葉を転記するに留めておくことにする。

怪物と戦う者は、その過程自分自身怪物になることのないように気をつけなくてはならない」

2017-04-04

自分を売り込むことにおこがましさを感じる

自己アピールなり、自己推薦なり、自己紹介なり、自分を売り込むときが必ずある。

そんな瞬間がたまらなく辛い。

自分には堂々と出来るような実績も、証明も、肩書きも無いかなのだろうか。

それだけじゃない、「自分でこれだけの事をやった」と言い切るような気持ち自体不快感がある。

結果が出ること自体タイミング次第で変わったりするもので、それを自分の実力だと言い切れる確信すら得られない。

周囲の助けがあったり、環境の変化、時勢柄、理由を挙げたらきりが無い。

そんな点が繋ぎ合っているだけの現状を、「自分はこんな結果を出した!」と言い切れる事ができない。

通り魔に刺された被害者を横目に、「自分は日頃の行いが良かったから助かった!!!」と誇らしげに語っている様でならない。

たまたま助かったことをさも「自分の実力」と胸を張ることと同じような感覚に陥ってしまう。

自分にとって結果と行動のバランスはそんなもの

周囲から評価を貰ったときも、自分の中では腑に落ちない。

「なんでこの程度で褒められるのか?馬鹿にしているのか?」と思ってしまう。

言わないだけで自分目標点みたいなものもっと上にあると信じている。

目標値まで着いてないのに評価されても、「自分もっとできるはず」という気持ちがあって素直に受け取れない。

そんな気持ちが染みついているからか、自分を売り込む時が来ると途端に弱くなってしまう。

なにを売り込んで良いのかわからない。

自分がやっていることなんか誰でも出来るようなこと。

たまたま成功した事例を経験したこと。

それだけとしてしか認識できていないので、アピールなんて到底出来ない、している自分が情けない。

結局の所、自分の力なんかじゃ無い、偶然の連続


だが現実は如何に売り込んだかで立場が変わっていく。

当然、人の目につくかどうかが需要に変わっていくわけで、出来ないものは淘汰されていく。

仮に実力がある者だろうと、主張しなければ日の目を見ず終わる。

それが現実

確かに自分も変わりたいし、売り込みたいのだけれども、どうしても染みついたこ感情を捨てきれない。

語らずとも評価され、行動のみで主張が出来る、そんな立場を目指せば良いのだろうか…?

そうだとすると、まだまだ実力が足りないのだけなのか。

尚のこと、単なる弱者なのだと痛感してしまう。


自分を売り込めるのはいつになるのだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん