「コンドーム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コンドームとは

2019-01-14

3年前に別れたダメ男から連絡が来た

ので、愚痴

私→25歳

彼→38歳

年は離れてるけど根は良い人だったから付き合った

見た目はすごいガリガリ

イケメンではないけど悪くもない

ここから先は3年前の話

・実は40歳だった

→この時点で別れるべきだった まじで

でも、趣味アニメゲームでお互いに趣味の話で盛り上がって、付き合った

声優好きな私の前でたむらゆかりさんを般若って言う

 →私は王国民なんじゃボケ

・『くりいむレモン』とか『水色時代』とか『アニメV』とか『PCエンジン』とか昔の話題を急に振る

 →普通は分からねーーーよ タイトル知ってるぐらいだよ

女だけどギャルゲもするよって言った私が悪かったのか

イデオン好きって言った私が悪かったのか

なんやかんやあったけど話すのは楽しいしな、と付き合ってた数か月後

クリスマスお酒飲もう」 

お酒飲んだ後に車運転しなきゃいけないかホテルに泊まって飲もう

 →わからんでもないけど歩きか電車で行ける店にしろ

  ただやりたいだけに見えるぞ

結局ホテル泊まってやった んだけど

薬局紙袋を見えるように持ち歩く→コンドームでした

 →隠せよ 数枚出してポケットにでも入れとけよ

 

・一泊分の荷物紙袋お土産が入ってるようなやつ)で持ってきて、紙袋だった理由が「父親仕事で大きいカバンを使っちゃったから」「母親が用意してくれなかったから」

 小学生かよカバンぐらい100均で売ってるだろ 

 つーか待ち合わせ場所100均あっただろボケ

 そもそもお前が飲みたいって、ホテル泊まって飲もうって提案したんだろ馬鹿

結局、その年が明けないうちに別れた


んで、3年後(今)

知らない携帯電話からの着信が3件あった

留守電メッセージは何も入ってなかった

宅急便の人とか仕事関係の人かなと思って出た

彼だった

携帯から彼の連絡先を消去してたから分からなかった

その内容↓

東京出版社で働きだした弟が正月休みで帰ってるんだけど、弟に頼めば声優漫画家サインが貰えるよ

 →あほ氏ね 久々に連絡したと思ったらそんな理由かよ

 

・「お変わりはないですか」

 →寄りを戻したいなら戻したいって言え

 なんで敬語なんだよお前の方が年上だろ


最終的に「もう電話切っても良い?」って言って返事聞かずに切って即着信拒否にした


だたそれだけの話

愚痴ってすっきりした

2019-01-09

anond:20190109144211

https://www.huffingtonpost.jp/2017/04/23/birth-control-pills-can-make-women-feel-awful_n_16200658.html

これ?そういう論文が一つ出たってだけだよね。

しかもその論文ですら

一方でうつの症状を引き起こすことはなかった、と研究者たちは報告している。

とある

そもそもピルってむしろPMS治療薬としても使われるんだけど…

常用NGってのもどこソース普通に常用するのが前提の薬だよ?

夜の仕事をしている人は「ピルだけでは性感染症を防げないかコンドームを併用することを推奨する」とされるけど

それは「ピルだけじゃダメ」であって「ピルダメ」じゃないよ?

やっぱりどっかの怪しいアンチピルサイトでも本気にしてるんじゃないの?

まともなサイト見てみたら?

それとも「医者専門家の大多数は嘘をついていて私だけが真実を知っている」って人?

2019-01-08

コンドームピル遺伝子への反逆

子供育てるってどう考えても負担が増えるだけなんだよな。女は加えて一年近く腹がデカくなってなんかあってもキビキビ動くことができず、出産時には死にかける。じゃあどうやってそんな危険なことを人にさせるか、となってセックス気持ちよくさせた。セックスの代償が妊娠であり負担増えまくりの子育てである

そう考えるとコンドームだのピルだのは反逆だよな。気持ちいいことだけして代償を支払わない。利己的な遺伝子もさぞや驚いただろう

アジアけが出生率低いのデマ

日本人の出生は1.4を超えて、アメリカを除く白人女性と同水準となっている。

人口動態の変化率の小ささは移民によるもの

アジア間でも出生率に差が見られるが同様のことが欧州でも見られ、しかも、その値は同じレンジに収まっている。

異なる家族形態であっても同じことが起きていることから全然的外れ

で、一世代人口半減に至った歪さの要因だが、

多産多死→多産少子→少産少子への移行期間が短いっていうことに尽きる

人口ボーナスを食い尽くして成長 っていうのはさもありなんだが、その現象アジア欧州も変わらない。

しかし、欧州アジアの後ろにはもっと早いペースで移行する国が控えてる。アフリカ諸国だ。

そこら辺の問題人口爆発として認識されていて、出産計画とか言って実質、人口抑制させるべくコンドームビルゲイツが配ってる。

2019-01-07

正月休みの間、ほぼ100回sexした。僕は54歳、彼女は29歳で、25歳離れているのだけど、性欲が底抜けな二人なので、会えばずっと下半身裸で交接している。三年前に出会った初日からsexを欠かした事がない。毎回コンドームを着けずに生で交尾するのがデフォルトなのだ。親子みたいな年齢差なのに、いつも淫語を叫びながらアクメする彼女が大好きだ。今日帰宅したら四、五回交わる予定。そろそろ中出ししたい。

2019-01-05

anond:20190105231430

コンドームじゃなくて女性用の避妊具を使ってる辺り、

「仲良かった」んじゃなくて、むしろ真逆

避妊すらしてくれない夫とのセックスを断る事も出来ず仕方なくこっそり女性避妊具使ってた、んじゃあ…

仲良いならコンドーム使ってくれくらい言えるでしょ

DVの一環として「セックス強要避妊しない」って典型例だし

幼少期のうっすい記憶からだけどお母さんごめんなさい

アラフォー、子持ち主婦です。

さいころ記憶ってうっすらあるけど

これは私が小学校低学年か保育園のころの記憶

今思うと。

家のトイレの中に収納があって、そこにトイレットペーパーとかしまってあったんだよね。

その収納に中が見えない蓋つきの籐のカゴがあった。

カゴの中には今思うとなんだけど生理ナプキンといろいろが入っていた。

当時は知識のなさからそれが何なのか分からなかった。

今思うと生理ナプキンだったそれを私はテープの台紙をはがして壁にペタペタ貼っていた。

貼れるから…。テープがついて貼れるからつい…。

生理ナプキンのほかに銀色の包装のものがあって、中には薄いぺらぺらした半透明のフィルムのものがあった。

なんとなく酸っぱいにおいがした記憶がある。

今思うと。

そして、今思うとそれは女性用の避妊具だった。

コンドームじゃなくて女性が使うタイプ避妊具。

私はそれをビリっと破いたりして遊んでいた。

一つ開けては破り、一つ開けては破り。

しかった。

あー、お母さんごめんなさい。

生理用品もそうだけど、避妊具って結構高いよね。

好奇心からつい…。

そして現在母と同じような年齢になって思うのだけど…

お母さんとお父さん案外仲良かったんだなって(子どもまれて何年もセックスレスの私としてはそこに驚く)

フィルムタイプ女性避妊具、使ったことないなあ

2018-12-29

anond:20181227202153

コンドームのページで抜いてた人、ほかにもいたんだ〜!

古い薬局コンドーム自販機かにもすごい興奮してた

コンドーム使う時って、ちゃんと下の方までゴムを使う?

すりすりしながら抜けないような工夫って知ってた?

最近ライフハックようつべ先生だ。。。

2018-12-28

正しいコンドームのつけ方

ピルコン&Link-R

https://youtu.be/CCrXFxtOHt0

@YouTubeさんから

なんで、クリスマス前に見つけられなかったんだろうか。

いやー。もう枯れたから。オレは。たぶん、使わない知識だけど。

ピル飲んでるけど

たぶん18禁

彼氏とは未だにコンドームを着けてもらってことをしている。

なぜならまだピルを飲んでいることを言っていないから。

無料の子宮がん検診ついでに処方してもらい、低用量ピルを飲み初めて数ヵ月になる。

生理前の気分の浮き沈みと肌荒れを緩和するのが主目的だった。これは見事に達成されてる。

自分場合副作用もなかったし、快適すぎてもっと早くに飲み始めていればよかった…っ、と強く思う。月2000円ちょっとで様々な安定が手に入るのは最高みがある。

二次的な目的だったけど、避妊自分主体的コントロールできるというのも魅力だった。

コンドームも完全ではないから予期せぬ妊娠を防ぐという意味でも、いわゆる生というもの安全にできるという意味でも。

ピル毎日飲めるか最初不安だったため、きちんと続けられて3ヶ月ぐらい経ってから彼氏に伝えて、生アンアンを堪能しようと思っていた。

しかし伝えていない。

彼氏コンドーム着けるのをぼんやり眺めている自分がいる。

理由は何か。

たぶん「処女」を守りたいのかもしれない。

何言ってるんだと思う。でもこの感覚は確かにそうだ。

初めて生のちんを受け入れるなら、将来を共にする相手のがいい。

でも目の前の彼氏は、同棲するといいつつその後話を進めてこないし、クリスマスも将来話も何もなかったし、もう5年以上付き合ってこれ以上何も起こりえない気がする。

要するに将来という点で相手のことをあまり信頼していない。

コンドームが付いていてもアンアン気持ちがいいし、付いていてもいなくても女側の気持ちよさは変わらんとも聞く。

からこのままでいいような気もする。

とりあえずピルは神。

anond:20181228112926

女側もコンドームに穴開けるとか安全日だと嘘つくとか古典的なやつあるし、それが嫌なら男側も気をつけたほうがいい

ただ、この文脈ではそういう話はしてないから例として出てこないだけ

2018-12-27

anond:20181227231431

じゃあ薬局でとなりに並んでるコンドームも買えないじゃん 

万個出現してもなにもできないじゃん

幼女の頃からオナニー遍歴について

幼少期からオナニーに狂っていた。

保育園児の時には仮面ライダー等の戦闘ヒーロードラマ妄想オナニーしていた。

一番抜いた妄想ネタは「人間大になった口紅に手足が生えている『口紅怪人』に、ヒーロー達が道端に倒され、口紅で真っ赤に染められる」というもの

いつも強気で頼り甲斐のあるヒーロー達が倒されてしまうことを期待して妄想していた。

この事から多分、幼少期からM気質があったのだと思う。

小学生になると、金曜ロードショー洋画エッチなシーンで抜いていた。

タイタニックのあのシーンはもちろん、小型飛行機が壊れて無人島で男女2人が生活するあの映画(タイトル忘れた)での砂浜でイチャつくシーンは畳が擦り切れるんじゃないかと思うほど床オナに励んだ。

あと、ベルメゾン雑誌でも抜いた。

下着姿の女性はなぜあんなにエロいのだろうか。

基本的女性下着姿が載ってる冊子は全てエロ本認定をしていた。

最後のページのコンドームのページは、意味理解できるようになってからは、もう狂ったようにそのページで抜いた。生理が来る前の女児がそのページで抜くのもなかなか乙なものですね。

中学生に上がる頃には家にある大体のもので抜いていた。

当時はインターネットエロいもの検索するとウイルス感染すると思い込んでいたため、そちらには手が出せなかった。

あ、ジャンプでも抜いた。

5つ上の兄が買ったジャンプがある日物置にドッサリ出ていることに気づいて血眼になってエロいページを探した。

記憶に残るエロいジャンプ漫画未確認生物トー?とかい宇宙人漫画だった。

ToLOVEるが始まった時の衝撃は今でも忘れない。

これについてはまた別で書く。

それらのもので抜きまくった私がたどり着いたのは、「家庭の医学書」だった。

最初から最後のページまで目を通し性病関連のページで狂ったほどに抜いた。

HIVのページでも、梅毒のページでも、クラミジアのページでも、淋病のページでも、じっくりと抜いた。

約一ヶ月も経つ頃には、性病に関しての知識14歳とは思えぬほどしっかりとついた。

現在23歳になった私の性欲は衰えることを知らず、むしろ盛んになったほどだ。

ただ、約10年前につけた知識があるため不特定多数と粘膜接触を行うことに抵抗がある。

初めて粘膜接触を交わす相手とのキスは、口の中で菌が満員電車中の人間のようにごちゃごちゃと移動する姿を想像してしまう。

私の理想は、性病検査をして全てクリーンだった人達のみしか入れないセックスライングループに入り、その中で暇な時に声をかけセックスをする事だ。

もしくは好きな人毎日セックスをする。

別に何人も相手が欲しいわけではない。回数が欲しいのだ。

まとまりがない文章になってしまった。

オチが変な方向にいってしまった、

セーフティセックス毎日してえ

童貞だけどコンドーム買った

外す時にムズムズしてくすぐったい。

2018-12-22

挿入するのがセックス

先週の金曜の朝、女の子と寝た。

その前夜、論文提出のお祝いに焼肉に行き、シャンパンを開けて、前に送っていたお酒を飲みたいと言って、家に行った。

そのまま帰るつもりだった気もする。

セックスしたくはなかったけど、セックスしそうになったときに失敗するのも嫌で、コンドームは一応カバンの中に入れておいた。

コンドームを買ったのはその前々日くらいで、それは1年ぶりだった。

焼き肉屋ではシャンパンだけじゃなくて、赤ワインボトルで空にした。

薔薇の花と、クリスタルの花瓶をプレゼントした。

帰りのエレベーター、知らない人と同じになって、そういう時間が一番恋愛感情を昂ぶらせる。

話したいことを話すとき、そこに辛抱がない、不足がない。

不足を埋めようとして、求めるとき、求める運動恋愛感情として存在している。

求める運動が徒労に終われば恋愛は終息に向かうし、激しく、長く求めて、それが成就すれば、その経験は反復される。

恋愛感情が、あるいは、相手の家に足を趣かせたのかも知れない。

タクシーの中では何を話したかおぼえてない。

何かの話を聞いた気もするけど、他愛もない話をした気もする。

相手の家では、焼酎を少し飲んで、薔薇の花と花瓶とに見とれて、寝た。

寝る前に、布団を出すよと言われて、それに甘えた。もっとここで強く断れば良かったのだ。

朝は、感覚が尖る。

横で好きな女の子が寝ているのを見て、唇を重ねてしまった。

相手が起きて、幸せそうな表情を見て、お互いがお互いを求めた。

まりに久しぶりだったけれど、経験記憶されていて、これまでのキスが思い出されたのを告白しておく。

服はもうほとんど着ていなかったし、お互いの体は存分に確認されたけれど、挿入だけは無かった。

私も強く求めず、また相手拒否した。

それは彼氏でない人に許された行為ではないと知っていたかである

それで満足した。

満足して帰って、次の会う予定を連絡した。

しかし振り返ってみると、それは充分にセックスであって、会う予定は浮気であるか、さもなくば恋愛感情への侮辱しかない。

間男と尻軽女の、あらゆる関係に対する侮辱的な行為なのだ

から何だと言うことはない。侮辱的な行為人間は平然とする。

『月と六ペンス』でのストリックランドを思えば良い。

彼は看病してくれた友人の妻を寝取ったあげく、その妻のヌードを描いたら満足して捨てたじゃないか

そうは言ってみても、まったく同様に人は倫理的であろうとする。良心の呵責に悩まされる。

次に会ったときの会話がどれほど楽しくても、どれだけ人間本性の理解があったとしても、罪の意識に対してあらがうことはできない。

ラスコーリニコフの如く、大地に接吻してゆるしを乞う。

人は贖罪のチャンスを求めている。

実際にはどれだけ大地に接吻し、また死を以て償いとし、謝罪言葉を重ねようとも、罪の意識だけは決して消えない。

罪は肉体に刻み込まれた傷跡である

おそらく冒頭の女の子とは二度と二人で食事をすまい。

話す楽しさは、挿入無きセックスから来る愛着と重なって、また深い苦しみを生む。

2018-12-20

anond:20181220102547

なんでおっさんってこんなつまらないこと気にするんだろう。

コンビニバイトしてたけど、おっさんがえろ本買おうがコンドーム買おうが何も気にしないよ。

そのくせ、自分の身なりや清潔感普段の態度にはさほど気にかけないんだよね、なんで?

2018-12-15

ピルを飲んでみたら」と彼氏に言われた。

ピルを飲んでみたら」と彼氏に言われた。数ヶ月も前のことだけど。

「うん〜、考えてみるね〜」と適当に返して、興味もないテレビニュースを見る振りをした私より、彼は私の体のことや将来のことを考えてくれている。それはきっと数億倍。だって彼は私が経口避妊薬を服用することにしたとしても、絶対避妊具の装着は辞めないから。そういう人だから私は彼を選び続けている。

でも、あの瞬間の胸がモヤッとする感じ。この話題を続けたくないな、という拒絶の感情。それがあれから数ヶ月経った今でもどろどろ残っている感じ。これが一体何であるかが、未だに分からない。

この件について思い出したのは、直近の生理が数日遅れてうっすら不安になったから。コンドームは確実に装着されてて、原因は恐らく激務の傾向がある仕事だろうと分かっていても不安だったから、私も何かすべきだなと思ったとき

胸に張り付いてカサカサになっていたそれが、水分を含んだみたいにぶわっと復活してどろどろ動き始めた。何だろうなこれは。

ネットの中に答えがあるのではと思って、仕事帰りの電車の中でこそこそ画面を隠して1人検索を続けていたのだけれど、ガルちゃんとか知恵袋にあるのは一昔前のピル知識偏見が全面に出たものや、彼が避妊具を使いたくないから(又は使えない理由が2人にあるからピル提案された、という私とは少しズレたもので、いまいち参考にはならなかった。

私も経口避妊薬について正確な知識があるわけではない。でも、友人や同僚の中にユーザーは既婚未婚問わず存在するし、ピル生理痛や生理不順、PMSなどの緩和や改善に繋がること、肌荒れが治ること、生理周期をコントロールできること、女性特有病気リスクを下げること、避妊効果はいわゆるコンドームよりかなり高いことくらいは知っている。デメリットとして同じ時間に飲む手間があること、月に数千円の出費が必要なこと、副作用可能性があること、も当然。

そうはいっても何よりピルは、女性主体避妊方法として1番手軽で、今の時代自分の身は自分で守る必要があって、というより避妊責任は男女それぞれが負うべきだと思うし、女性自身が妊娠するかしないかの最終決定権を持てることは、全てのデメリットを吹き飛ばす最大のメリットだとも思う。

まあこういうピルの是非みたいな議論はどっちでもよくて、私自ピルは便利でいい薬だと思うし飲んでみてもいいかな〜という気持ちでいる。

まり私は、彼の「ピルを飲んだ方がいい」という発言内容自体には同意しているのだ。副作用があるもの一方的押し付けて!とか金銭負担をどうするのよ!みたいなのは全くない。むしろ、そういえばそういうものもあったな〜って、世間知らずでぼんやりしてる自分の中に選択肢が生まれたことに感謝さえしてる。

から私はこれを「彼に」言われたことが引っかかってる気がする。

どうしてなんだろう。どうして彼に言われるとモヤッとしたんだろう。

「モヤッと」というより、よく考えてみると強烈な不快感だった。何があんなに不快だったのかな。

女性生理的な部分に踏み込まれた気がしたから(要はデリカシーがない)?というのが今の段階では1番答えに近いような気がする。でも私は、昔から女友達生理の話もできなくらい(ナプキンの貸し借りとかすら)そういう類の話が苦手だけど、この話題が仮に女友達母親に言われたことなら、こういうもやもやは生じなかったと思う。だから私の求めてる答えじゃない気もしてしまう。

とは言いつつ、どうだろうな……。同性に言われても嫌なのかな。女友達とはこういう話をしないから分からない。同僚なんて尚更。ランチの席で平気な顔して「ピル飲んでるよ〜」とか、そういう話ができるのが信じられない。へえ〜って顔してるだけで私は精一杯。性嫌悪、とまではいかなくても、私は性的な話が人よりやや苦手なんだと思う。

もう1つ思いついたのは、彼は万が一にも私が妊娠したら困ると思っていると知って本能的にショックを受けた、というもの避妊失敗となれば慌てて仕事休んでアフターピルもらいに行って不安な日々を過ごすのは私だし、妊娠したら肉体的精神ダメージを受けるのも私だし、人生が大きく変わるのもどっちかといえば私。まだまだ身軽にやりたいことは沢山あって、今の彼氏結婚するとかしないとかもまだ分からないし、そもそも今の私は誰かの妻とか親になれるほどの人間じゃない。だから私は、今は妊娠したくない。それは十分分かってるけど、私の生物的な本能が泣いてしまったのかもしれない。

デリカシーがないと感じてしまった、というのが答えなら、私はこれを改める必要がある。男と女が付き合うにあたり、性的話題真剣しかカジュアルに話し合うことは大切だ。そんなこともできないくせに性交渉なんてするな。やることやって、ちょっと性的な話は無理なの〜、って意味がわからないだろ。

本能的な問題ならば。これはもうどうしようもない。私はロボットではないし、ごちゃごちゃと論理的矛盾したこと感情的に考えることもある。

ここまで書いて落ち着いてきた。駅から家までの帰り道、マフラーするのを忘れるほど考え込んで歩いた意味はあった。

ピルを飲むことは、何となく前向きに考えている。

2018-12-09

青少年の性行動全国調査(5/5)(Session-22 書き起こし)

ラジオ「Session-22」書き起こし。https://www.tbsradio.jp/319359

"大学生デート経験率は過去最低" 草食化とも報道された「青少年の性行動全国調査」その結果から読み取れる本当に大事な事とは?

前:https://goo.gl/TnbHGW

最初https://goo.gl/aXvn3a

----------------------------------------

荻上

後半、性教育の方にちょっと話を広げていきたいと思うんですが、今回性教育についてはそもそもどんな調査が行われていて、どんな分析結果が出たんでしょうか?

永田

性教育に関しては継続調査になってますね。

まず、どういうことを学習したのか、ということについて質問をしていくというのが継続になってます

HIVエイズですねーー先週末イベントでもあったようなーーあるいは妊娠の仕組みとか避妊方法性感染症かいろんな項目に関して、継続的に学校学習たかどうかというのを聞いて、それがどれぐらい学習した経験を持っているっていう風に回答するのかなというのを見るというのが、まぁ大きいところです。

あとこの調査ちょっと面白いのはクイズをですね、出すんですよ。

教育ってわけじゃないんですけど、性行動に関わるような……例えば「精液が溜まりすぎると体に悪い影響がある」正しい?間違ってる?とかそういうのを7問ぐらい出して、どれぐらい正しい知識を持ってるのかクイズ形式で訊いているって言うのも、ちょっと特徴的なところかなとは思います

荻上

アメリカとかでは、偏見浸透率調査みたいなもので、例えば進化論はないと思ってるとか、ワクチンは効かないとか、あえて間違った知識がどの程度広がってるのかみたいなもの調査するってのいうようなことをやったりしてますけれども、今みたいなクイズもとても重要ですよね。

永田

そうなんですよね。

偏見の度合いというか、どういう風なところに今みんなが引っかかってるのかっていうのが割と分かるというのが面白いとこだなとは思いますね。

荻上

分かった上で言ってるんだけど、それが結局騙されてしまうということになることもあったりしますし、今言った例えば「体に悪いかマスターベーションしてます」って言ったりすると、ダイレクトに体に悪いわけじゃないよって言われてしまうと言い訳が一個無くなっちゃうんじゃないか、と。

でもまぁ、メンタルには良かったりしまからどうぞどうぞしてください、ということだと思うんですが、今言ったようなクイズを出しながら色々調査をすると、どうでしょう、推移、変化を感じ取れるような所ってどんなところにありますか?

永田

そうですね、「既習率」という風に言いますが、どういうことを勉強した経験がありますかっていうことですね。

荻上

既に学んだ経験率っていうことですね。

永田

そうです。

学校で以下のようなことについて勉強した経験がありますか、というのを聞いたと。

それを2005年から2017年、今回調査にかけて3回推移を見てるんですけれども、基本的HIVエイズそれから体の仕組み、それから性感染症のあたりは8割バッターぐらいで、まあまあ既習率高いですね。

荻上

バッターとしては凄すぎますけど(笑)8割くらいということですね。

永田

それはやっぱり、保健体育の内容なんですよ。

保健体育って試験もありますし、割と1年生くらいの段階で結構しっかり勉強させるところではあるので「学習した経験があります」という風に答えるのが多いというのはありますが、それに加えて学校勉強したことを折に触れて、例えばニュースかいろんなとこで触れる機会があると定着しますよね。

ですから学校での教育ってもちろん大事なんですけども、それに加えての啓発活動とか色々な情報提供ってとっても大事で、だって一回学校勉強しても忘れるじゃないですか、歴史とか日本史とか忘れますよね(笑)

荻上

2つとも歴史ですよ(笑)

永田

2つとも歴史だったね(笑)、私苦手なんですけど。

荻上

分かります、分かります

永田

でも、大河ドラマとかで見るとなんか覚えますよね?

南部

つながっていきますよね。

荻上

その指摘は歴史学の人たちからドラマです!」というのもあるかと思います(笑)

永田

ごめんなさいごめんなさい(笑)

荻上

ただ教科書ちゃんと学んだ上で、あるいは学校で学んだ上で、テレビであえて、じゃないけれども、間違った情報に触れたときに、違う仕方で表現しているな、という風に学べるのか、それともそうしたものから触れてしまって、そう学習してしまうのかは、差が出てくるじゃないですか。

永田

おっしゃるとおり。

荻上

これは既習率、つまり性教育などで学んだ人とそうでない人とで、その後の行動や知識の正答率というものは変わるんですか?

永田

変わりますね。

正答率が高い人というか、もうちょっとちゃん分析的に言うと、学習経験が多い人と少ない人ですね。

よりたくさんの項目を勉強しているという人と、必要最低限というかみんなが学習している程度の内容で止まっている人っていうので比べてみると、よりいろんな項目を勉強している人の方がクイズの点数は高いです。

もうちょっと言うと、これ今回の調査分析では出てないんですけど、前回調査分析の結果としては、情報源が学校である子っていうのはーー情報源って色々ありますよね?雑誌とかね、ビデオとかねーーそういう子と比べるとやっぱり正答率が高いというのはあります

荻上

たとえばリスク行動であるとか、自尊自己認識であるとか、他のものに対する影響っていうところまでの分析というのはどうなのでしょうか?

永田

えっとね、自尊感と性教育っていうところはちょっと難しいんですが、もうちょっとなんですけれども、ただ性に対するイメージはやっぱり違いますよね。

まり性に対して、明るい、とか、楽しい、とか、そういうポジティブなーーまぁ項目いろいろあるんですけどーー今いったような事に関しては、たくさん学習している、いろんな角度から性について学習している経験を持っている人の方が、イメージポジティブっていうことがあります

荻上

しっかりと学習していくということが重要であると。

それからあの、冒頭でも少し紹介させてもらったんですけれども、あの最初セックスコンドームをつけてする人としない人とでは、その後もつけてするかしないかが変わるという話……

永田

あれ面白いですよね。

それも前回調査分析なんですが、それは多分今回もそんなに変わってないんじゃないかなというふうに思います

その具体的な避妊、今とりあえずコンドーム使用なんですけれども、コンドーム使用に関して、まず初交でコンドーム使用していた人っていうのはその後の性交においてもコンドーム使用する傾向があると。

その初交の時にコンドーム使用するかどうかっていうのは「相手のことが好きだったから」ていう風な動機性交、初交に至った人っていうのは割と避妊もしっかりするっていうことは、そういう道筋あるかなっていうのは分かっているところで見えてきているところですよね。

荻上

この間の変化としては「セクシュアル・マイノリティについて学びました」という人が6年間で倍増近くしてるということは結構これは重要な変化であると同時に、ただ男女差で見るとマスターベーションについては、男性が5割近く毎回調査で学んだことがあるよって人が多い(注:5割程度「いる」か?)んですけれども、女性の方が2割ぐらいだという事で、こうしたそのジェンダーギャップがでるような項目っていうのも色々ありますよね。

永田

ありますね。

あともう一つがやっぱりあのクイズの結果もそうなんですが、自分が直接関わるようなこと、つまり女性場合だったら月経に関する項目なんかは既習率も、学習してその後覚えてるって言うことで既習率も高くなるしクイズの正答率も高くなる。

男性場合だったら、マスターベーションであるだとか、あるいは精液、精通に関するようなクイズはやっぱり正答率が高くなるというとこでちょっとジェンダーギャップっていうのはあって、私これはちょっと乗り越えたいとこだなと思いますよね。

だってほら、自分のことはわかるけど相手ーー異性愛で想定するとーー相手のことってやっぱりわからないっていうのがあるので、男性女性のこと、女性男性のことをもう少ししっかり学習できるようになるといいなぁとは思いますが、まあそういう課題は見えてきますよね、数字の上での。

荻上

昔は男女別学で、保健体育の時は教室を分けてみたいな仕方で、生理女性けが学ぶと。

でも例えば、上司部下の関係で、部下が女性上司男性で、生理休暇について無理解だったり、あるいは上司女性、部下が男性で、上司が体調悪そうにしてることを「なんだよ女は」みたいな形でざっくりと大雑把に暴力的に回収してしまうみたいな、そうしたことがないように、生理とは何なのか、周期とは何なのか、PMS みたいな苦しみは何なのか、とか、当事者のことを知る、っていうことは理解をするためにはまず一歩にはなりますよね。

永田

そうなんですよね。

あの、今となっては保健体育もテスト共通なので、男女によって既習の内容がもう大きく違うっていうことはだいぶ解消されてるとは思うんですけども、結局学習してもその後定着しなければあまり既習率の数字としてはね返ってこないので、日頃からどういう情報に触れていくかとか、相手のことを知るような努力するとか、そういうところに関わってくるかなとは思いますよね。

荻上

他にも色々性に関した課題が沢山あるわけですけれども、今日永田さんが「ここが面白い」って言ってくださったポイントっていうのは、要はそこに政策社会的課題がより濃縮されてるポイントだということになるわけじゃないですか。

そうしたことを踏まえて、これからこの調査を活かした上で、どんな性に関する教育であるとか、発信が必要だという風にお感じになりますか?

永田

私が思うのは、やっぱり日頃から情報に接するチャンネルを増やすっていうことかなとは思います

例えばあの圧倒的に多いのは、性に興味がある子はインターネットで調べるんですよ。

学校勉強してそれに加えてネットで調べていくと。

その時にどういう風な情報アクセスできるのかっていうのって結構微妙問題だなあというふうに思いますよね。

荻上

思います

例えばあの YouTube とか子供重要情報源になってますけれども、そこで「セクハラ」とかで検索すると、例えばその”芸人の何々が何々にハラスメントしたあの瞬間”みたいなもの違法アップロードされる、お笑い番組とかで。

あるいはユーチューバーがドッキリと称して誰々にセクハラしてみた結果とか、妹にセクハラした結果、みたいな仕方で出てきて、セクハラを受けた場合、何がセクハラであるのかとかその時の相談先はとか、そうしたものYouTube だけじゃなくて Google 検索とか諸々出てこないんですよ。

それを変えるための活動とかも今、してはいるんですけれども、そうした点もやっぱり重要ではありますね。

永田

だと思いますね。

やっぱり教育が果たせる機能ってかなりあるとは思うんですけれども、どうしてもあの教育である以上は一定基準とか評価基準みたいなものを持たないといけないので、ともするとパターナリズムに陥りがちなんですよ。

荻上

こうしろ、とか、こうあるべき、とか。

永田

それはまぁちょっとそういう風な方向ばかりになってしまうのは、やはり望ましくないと。もちろん教育教育で一つの大事チャンネルなんですけども、情報をいろんなところから提供していくことで、より自分にしっくり来る情報自分たちが主体的に接することができて選ぶことができていく、っていうのが望ましいっていう風なことではあの一番大事かなぁ、ていう風に思いますよね。

荻上

こうしたその結果が出た時に、メディアで報じる際「こうなってます」だけじゃなくて、これをきっかけに、たとえばもうお昼の番組でもいいんでーー多分結構間違ってると思うんです、皆さんの知識って。土曜日にあったイベントでもコンドームの開け方付け方……。

永田

ああ、あれねー。

荻上

あれだけでも正しく使える人の方がむしろ少ないという現状があるということがわかった。包茎の人とそうじゃない人で付け方のポイントが変わるとか、そういったこと知らない人多かったりするじゃないですか。

そういったような事を細かく、そのちゃんチャンネルを含めて発信していくために、データ活用しながらいろんな現場と繋がっていきたいですよね。

永田

そうなんですよね。

そのためのエビデンスだと思います

単に興味本位でいくんじゃなくて、こういう状況だからプラスでこういう情報必要なんだ、って考えていくってことですよね。

南部

今夜は社会学者永田夏来さんをお迎えしてお送りしました。ありがとうございました。

永田荻上

ありがとうございました。

----------------------------------------

ラジオ「Session-22」書き起こし。https://www.tbsradio.jp/319359

"大学生デート経験率は過去最低" 草食化とも報道された「青少年の性行動全国調査」その結果から読み取れる本当に大事な事とは?

前:https://goo.gl/TnbHGW

最初https://goo.gl/aXvn3a

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん