「漫画」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 漫画とは

2017-08-21

ファミコンを隠されたり壊されたりしていた昔はなんだったのだろうか。

ファミコンを隠されたり壊されたりしていた昔はなんだったのだろうか。

あの当時のゲーム利用者に対する迫害ぶりは、今思えば異常そのものしかなかった。

今や大人も、プレイステーション3や4、ニンテンドースイッチスマホピコピコ♪とゲームする時代

昔を想うとしんみり来る。ゲーム理解のある大人たちに囲まれている今の子供たちは幸せだろう。

圧倒的な影響力を持っていたテレビに親が洗脳されていて、昔は、びくびくしながら、そして申し訳ない気持ちを頭の片隅に残しながらゲームをしていた。

スポーツをして皆でわいわいするのが"正義"であり、それが子供のあるべき姿だとされていた、あの時代

今は良い時代になった。ツイッターはてな匿名ダイアリー等のSNSを上手に使えば、世論を動かせるとまでは行かないが大きな一石を投じられる時代になった。

迫害弾圧は悪である多様性を大切にしよう、という時代になった。

まだまだゲームアニメ漫画等を、昔のテレビ洗脳じみた「ゲームは悪」「アニメは悪」「漫画は悪」な"色"を引きずっている大人は少なからず居るが、そういった声は少数派になっているのを感じる。

プロゲーマーという職業が生まれウメハラ や ときど といった、世界大会で優勝し、世界中尊敬と支持を集める者が出てきて、メディアへの露出も少しづつではあるが増えていっている。

ヤフーニュースにもその記事があるが「ゲーマーなんて・・・w」というコメントに低評価反論が大いにつく時代を、今生きている。

日本社会は少しづであるが良い方向に動いている。

テレビ新聞偏向報道の悪影響により反社会的で、堕落趣味かのごとく弾圧迫害じみた扱いを受けていたゲームへの理解が浸透し続けている今を見ると、そう感じる。漫画にしても、アニメにしても。

オタクオタク描いた漫画多すぎ

他に引き出しないのか

初対面で趣味の話を振るな

「ご趣味は?」


この質問をされるたびにうんざりする。

この質問から始まる会話で盛り上がれたためしがない。

正確に言えば、この質問が出てくるような状況で盛り上がれたためしがない。





「ご趣味は?」


簡単質問

とりあえず相手のことが知りたい。

この人はどんな人なんだろう。


この言葉にはそういった質問者意図が含まれているのかもしれない。

いいではないか。何もを悪くない。むしろその精神はすばらしい。褒め称えられるべきだ。


しかし。

回答者趣味が、ここでいう俺の趣味が、ちょっっっっっっとばかしディープだったときあなたのよく知らない世界のものだったとき

あなた困りませんか?困るでしょうね。いーや困るんですよ。困るんです。あなたは困ります。断言します。

だいたい「ご趣味は?」なんて聞いてくるあなたリア充ケイケさわやか元気くん(ちゃん)と相場が決まっているんですよ。

この話題そもそも困ったときに出てくるものなんですよ。

「なんか話題ねえかなー」って探した時にポンと、尻ポケットから出てくるようなテーマなんですよ。

で。そんな話題切れで困るような相手趣味の話を振るなんて論外。最悪の結果しか生まない。さらに気まずくなることこの上なし。

それで双方その場に居づらくなって、その後会うことがあってもやはりなんとなく気まずい。ゲームオーバー



これはちょっと極端すぎですね。

熱くなりすぎました。ごめんなさい。

変な二人称が出現してしまいました。

もううんざりなんだよ。趣味の話。

いつも気まずくなるから


だって気まずい空気にならないように努力はしてるよ。

とりあえず嘘をついてボロが出るのもまずいから「ご趣味は?」と振られたら正直に「漫画を読むことです。」と返す。他に特にないし。

するとまあ、条件反射で大方の人間は「何の漫画を読んでるんですか?」と俺に聞く。

で、こんな質問をしてくる奴は漫画なんぞ読まねえと経験上俺は知っているからとりあえず「進撃の巨人です」と答える。間違っても「エリア51です」なんて言わない。絶対に。

そしたらまあ進撃の巨人知名度もあるから相手は「あー、あの」となる。それだけ。これで大抵ターン終了。なんとか乗り切った。ありがとう進撃の巨人。いい仕事してる。

そうしてなんとかこちらのターンを終えたらあとはまあ礼儀としてというか、儀礼としてこっちから趣味を聞いて、そこを適当に掘り下げるなり下げないなりして、話題終了。お疲れ様でした。


これでなんとか、相手調子よくペラペラしゃべってくれれば無問題。よかったよかった。気まずさ回避成功

で、問題相手もそこまでうまく趣味の話をできなかった場合。残念。気まずさ回避失敗。あーあ。なんだこの空気

ほとんどのパターン後者だ。気まずさ回避率は著しく低い。うんざり




俺にももう少しコミュニケーション能力というか、相手が全く知らない、興味のない世界の話を面白く話す力があれば気まずくならなくて済むんだけどさ。

難しいよ趣味の話。

広げようにも失敗するリスクが高すぎる。

こんなん少なくとも初対面の奴としちゃいけない。

第一印象で気まずくさせてはいけない。


初対面で趣味の話を振るな。

ポリコレだろうが移民だろうが、日本は周回遅れで欧米規範を受け入れる

これは歴史証明してきたことだ

 

日本内需人口減でカツカツになるにつれ

海外に目を向けざるを得ない

国内ですら、技能自習生だからセーフ、等の霞が関文章

他文化を受け入れざるを得ないという事実がある

 

さらネットフリックスのような外資

アニメの独占コンテンツを作るようになり、強力(すぎる)なライバルとなるだろう

アニメ費用対効果のすばらしさを彼らは既に知ってしまい、注力すると宣言した

あらゆる機器に展開し、低スぺスマホでも見れるこのSVODは

日本企業がコツコツ築き上げてきた国外リミテッドアニメ市場を、一瞬で独占できる下地を有する

 

もはやポリコレの是非を問う哲学水掛け論よりも

いかにして異文化フェミニズムとの文化摩擦を回避

敵対勢力としてではなく、フロンティアとしてとらえる実益的な議論の方が

アニメ漫画界隈にはプラスに働く

 

潮流に乗り遅れても誰も助けてくれはしない

声だけ大きく、ソシャゲ以外ロクな消費をしない国内の男オタクとともに

ナショナリスティックでバカげた意地の張り合いをし

80年代内輪ノリいつまでも生きられると思うより

社会に認められた一大コンテンツとしての自覚を持ち、世界に目を向けていかなければ

日本アニメ漫画文化の行きつく先は死だ

ピジャ漫画が好きなんだけど

絵がそっくりすぎる腐女子見つけてしまった

一瞬脳がバグった

女のエロ絵だと思ってクリックしたら

体は女だけど首から上が刀剣男子だった

SEALDsですら抗ったのに、なぜコミケは抗わないのか

https://anond.hatelabo.jp/20170723170123の人です。

>>nicoyou えーと?コミケオタク表現の場というものを守るために相当戦っているんだが。ひとり犯罪者出せばコミケ存続できないかもしれない。それをみんなわかってるからやらないんだよ。コミケことみんな好きだからだよ <<

犯罪者を1人でも出したらコミケは存続できないのか?それだとしたら余りにもお粗末過ぎるし、それならいくらか犯罪者を出してもまだ一応存続できている中核派の方がマシだと思う(中核派シンパでもねーし、侵害行為正当化するつもりは無いことを前置きする。私は無政府資本主義者だが共産趣味者だ)。

私が言いたいことは、コミケは力を出して刑法175条に抗えば廃止に追い込めるかもしれないのに、それをやらないのかっていう話。

から私はクライフの息子の命名エピソードを抵抗権の例として挙げた。

不満があるのに守るのは、ちとおかしくないのか?

そこら辺はまだネット民の嫌いなSEALDsの方が弁えていると思うぞ。

精一杯声を上げたんだから

そもそもコミケって、日本漫画大会への対抗からまれた、コミケカウンターカルチャーじゃね?とは思うけどね。

>>hungchang 「マハトマ・ガンジーですら抵抗権を行使して不服従実践したのに、なぜお前らはやんねーの、って話」ガンジーを越える人材の集い。<<

なるほどね。その視点面白いかも。

https://anond.hatelabo.jp/20170729145909

それは何故ですか?と問いたい。

法を破るのが許せないからですか?

少年法を破って少年顔写真を載せる事には多くの人が賛同するのに、こう言うと犯罪者になってどうぞとかコミケに来るなとか普通におかしいと思うんだけど。

そんなんだから足利事件みたいな冤罪事件は起きるんだよ。

小休止。

私は、正直言って無修正でとやかく言われるのが嫌いだ。

よくこう言う奴がいる。

日本海外を見習って児童ポルノもっと取り締まれ!」

では、刑法175条を廃止しないのですか?と言いたい。

この手の海外厨は、自分利益だけに海外を使いたがる。

スウェーデンフィンランドを見習って腐苦死国家を!」とか言う人もそう。

からみんなに役立つ(という建前の)徴税と言って国家が人から泥棒して成り立ってるものだろう福祉国家って。

よく万引き犯罪ですって言うポスターあるやん?

万引き財産権侵害(わかりやすく言えば泥棒)だ。徴税泥棒なんだよ。リバタリアニズムでは。

海外厨の話に戻すと、「日本海外を見習え」厨は例えば緊急避妊薬のアクセスを諸外国並みにしろ、とか言わないんだね。

自分の都合のいい所に「海外は」を使う。

俺もそうだって自覚あるけど、海外を持ち出すならそれなりに筋は通してくれ。

一昔前ならアメリカ教育ガー、だったりして、それが今ならスウェーデンフィンランド

いい加減にしろって。

コミケから大きくずれたので話を戻すと、私は自前で同人をする事にした。コミでで売るとしてもそれはお試しサンプル的な感じかな。それと修正ありでもいいから買いたい人向け。

https://anond.hatelabo.jp/20170821143927

あなるほど。

最近の例だとあのなんだっけ、幽霊女の子が恥ずかしそうな顔して水着が取れちゃってる漫画な。

あれをポリコレ観点から見ると、「女性が不本意に恥ずかしい格好をさせられているのは、女性に対する侮辱」っていうことなんだっけ?

まあ確かに公衆面前で不本意に裸にさせられるのは、人権が守られてないな。

まあ作家場合は誰かの人権が守られてないことが物語になることもあるから登場人物全員の人権を確保してたら作品とかずいぶん作りにくくなるよねえ。

でも意図的にその人権が守られていないことを問題とする内容ならいいけど、人権が守られててもいいはずの人間無意味にぞんざいに扱われてたら、それはまあ作家登場人物に対して人権侵害をしてるねえ。

そんで、架空人物人権はないって話になったんだっけ。

でも特にそこに意図もなく問題にされるでもなく架空人物人権無意味に守られていない作品は、読んだ人間特に子供)に、他人をこう扱ってもいいんだっていう誤解を与えるのでよくないって話だったんだっけ。

なんかそういうのネットでよく議論されてるよね。

まだ明確には答えは出てないね

まあでもそんなわけで私の認識だと、ポリコレに準じてないものっていうのはよくよく考えると人権も大体守られてないっていう印象かなあ。

架空人物人権がどういう扱いになるのかは知らんけど。

FGOシャーマンキング

FGOというもの最近知って思ったのだが、このアニメクオリティシャーマンキングやってくんねえかな。

漫画しか読んだことないんだけど、シャーマンキングアニメ化された当時のアニメクオリティとか全然きじゃないし、ようやくアニメの水準が上がってきたと思うので、ぜひやってほしい。

ツイッターでそういう情報検索したところ、再アニメ化するならキャスト主題歌絶対変えないでほしいという声が目立つし、原作者もそれで断っているらしい。

しかし、当時のアニメ思い入れの無いものからすれば、ぶっちゃけキャスト主題歌あんま興味ないので、もったいないという感情しか湧かない。

封神演義も再アニメ化するのはかなりいいことだと思うが、キャストを変えることに不満がある人が多いようだ。

自分アニメオリジナルならまだしも、原作漫画小説ならば、どんどん映画でもアニメでも何度でも作ってみればいいと思ってるので、ぜひ時代が進むとともにブラッシュアップを試みていってほしい。

まあ再アニメ化はなさそうなので、これまで触れてこなかったFGOをやってみようという方向の気持ちになっている。

https://anond.hatelabo.jp/20170821104855

それが一番深刻な話やね

恋人達の消費や結婚出産が無くなれば日本は滅びる漫画

その通りだーって恋愛結婚出産に縁がなさそうな男達が喜んでるのは面白かった

わかってるなら日本を滅ぼすなよ

性欲が無くなった世界

では消費が無くなり経済ボロボロなるみたいな漫画を読み、いや今日日生涯未婚とか生涯彼女なしとかも多く居るわけで、そういう人達もちゃんと消費くらいしているのでは?

と思ったけど、そういう人達エロゲーとかエロ本とかで消費してそうだから消費しなくなり滅びるねと思った。

無断転載禁止とか言ってる絵描き

そういう人達に限って有名漫画の1シーンをツイート添付して得意げな顔してるのアホすぎて草も生えない。

自分二次創作著作権行使しながら他人権利を堂々侵害するとか控えめに申し上げて面の皮が厚すぎるのでは?

一次創作至上主義かいうつもりはないけど、どこまでいっても人の褌で相撲を取ってることを忘れてる(一部の)二次創作者は痛々しい。あくま原作サイド・権利から見逃してもらってるだけなのにね。そういうの忘れていくと最低限の配慮とかも一緒に忘れて増長して行くんやろうな。

自分二次創作物無断転載を禁ずるなら他人漫画だのアニメキャプチャだので画像レス(笑)とかしないでほしいわ。厚顔無恥擬人化なりきりbotじゃねえんだからよ。無断転載されて怒るなって言ってんじゃないんだよね。まず創作者の立場にいる自分らがお手本として無断転載を慎めないのか?って言ってんの。

心の穴埋め機でも別にいいじゃんね

https://togetter.com/li/1142123

人肌恋しい、恋愛飢餓感を解消することへの忌避感が強すぎるよこの漫画書いた人は

理想恋愛真実の愛」みたいな空想を人に押し付けんなっつうの

身体の穴埋め機は思いました

https://anond.hatelabo.jp/20170821081038

漫画って一冊に30分くらいしか時間からいから、ワンピースといっても大体40時間くらいで内容把握できるからそうでもないのでは。

あと漫画って映像よりはるかに消費するハードル低いし。

ワンピースアニメ作品のみだったらめちゃくちゃマニアック世界になってそうではある。

同人活動世界と繋がる唯一の方法だった話

もうすぐ30になる。

子供の頃から本や漫画が好きで、気がついたら中学高校では友達と絵を描き合って楽しんでた。

田舎高校生だったかコミケへの憧れが異常に強くて、大学秋葉原コミケに近い都内を選んだ。

大学でいわゆる漫研のようなサークルに入り、同人活動を始めた。

そこからはずっと同人活動が全てで。

友達は少なく、知人は全てイベント経由の人、恋人同人関係の知人から

イベントで本を出すために仕事をして。

自分表現できる場所同人誌の中だけだと、本当にタイトル通り、自分が周囲と繋がるには同人活動しかないと思っていた。

部数や数字で見えるものに悩んだり焦ったりしても、自分にはこれしかいからと続けてきた。

でも、最近転勤で地元に戻り地域活動を手伝うようになって、同人から足が遠のき始めた。

同人やってなくても、私が絵を描けなくても、飲みに誘ってくれる知人がいる。遊びに行く友達がいる。

Twitterも辞め、Pixivも辞めた。

未練も全くなく、今は好きなゲームや本を、地域活動や他の趣味の傍ら楽しんでいる。

二次創作一次創作もしていないけど、何も作り出していないことに焦りは無い。

あんなに同人活動固執していたのはなんだったんだろう。

承認欲求を満たす方法分散しただけ、それだけなんだろうか。

https://anond.hatelabo.jp/20170821003532

結局そんなもんなの?それに壁を入れたらもう自分判断できることのすべてだわ

でもそれだけじゃ限界を感じてるんだ なんか麻雀漫画みたいな高度な読みが迅速にできないもんかなー

https://anond.hatelabo.jp/20170820173249

マイナーものを中心に。

2017-08-20

2017年漫画家ネットで無邪気なままでいられる最後の年

最近アメリカヘイトスピーチに反対声明を出すアメリカコメディアンという日本語訳された動画ツイッターで人気になっていた。

これから時代公人にはこうしたポリティカルコレクトネスコミットした姿勢が求められはじめており、この動画賛同者も多く、ツイッターにいる漫画家たちも肯定的にこのツイートリツイートしていた。

確かに公人にはこれからこのような姿勢が求められていくのだろうということが、日本ネットでもこうしたアメリカコメディアンの態度に称賛を送る者が多いことからもそうした流れになっていくのが推察できる。

では、日本ネットで一番目立つ公人は誰かというと、これは漫画家となる。

ツイッター漫画家コスプレイヤー発言力が特段強いというのはすでに自明の理であるが、つまり、これから公人ポリティカルコレクトネスコミットする態度が求められていくならば、日本ネットでは真っ先に漫画家声明を上げていく必要があるだろう。

無邪気に表現の自由オタク立場がどうので内に向かっている場合ではなくなる。

インターネットで最も目立つ公人として、彼ら自身が真っ先にポリティカルコレクトネスコミットしていく必要があり、マスメディアにいるものたちにそうした役割を丸投げしている態度はいずれ批判されて然るべきものとなっていく。

そうしたとき問題となってくるのが、彼らのネットでの立ち居振る舞いとなる。

ポリティカルコレクトネスコミットする以上、言行不一致ではいられなくなる彼らにとって、ゾーニング不可能インターネットで行動を慎む必要も出てくる。

すでに先進的な欧米ではポリティカルコレクトネスに反した言動をとった企業役員著名人は相応の非難を浴びせられており、そうしたパブリック言動というものには一層配慮必要時代となっている。

そうした観点から日本漫画家ネットでの立ち居振る舞いというものを見てみると、ポルノゾーニングすることなく嗜む者や、また無遠慮、無責任自身見解を書き殴る者たちばかりである

彼らには公人としての意識が致命的に欠けており、ある時はネットに埋もれた一般市民として、ある時は漫画家として公人として振る舞う、そうした浅知恵を身に着けているのである

先述した通り、日本ネットで最も公人として力を持っているのは漫画家であり、これからポリティカルコレクトネスコミットすることが求められていくのは彼らだと考えて間違いないだろう。

公人ポリティカルコレクトネスコミットし、それ相応の立ち居振る舞いが求められていく中、ネットで最も公人として立場を強めている漫画家という職業が、一般市民の延長線上のような無邪気なままでいられることは、これから先の未来では子供駄々のようなだらしのない姿勢とみなされていくことだろう。

ネット一般市民のごとく自身の無邪気な思いを無邪気に書き殴ったり、またポリティカルコレクトネスとは程遠い人物と綿密に交流したり、ゾーニング無視した漫画自身の悩みを綴った軽い漫画をアップしたり、また宣伝に終始する今現在日本漫画家の在り方というものは、これから非難されても仕方がないものとなるだろうし、例えば、J・K・ローリングなんかと比べればいかに無邪気な態度であるか明らかだろう。

https://anond.hatelabo.jp/20170820173249

ラノベについては定期的に書店新刊売り場に行ってチェックする,これしかない。

面白いかどうかはイラストとあらすじ,著者の過去作,審尋の場合は受賞でチェックだ。

漫画についても新刊売り場に行くことが重要。まあこちらは雑誌連載からチェックする方法もある。

オタク差別するな!の意味

アニメオタク漫画オタクゲームオタクって十把一絡げにされるけど、

twitter見てると、当たり前だけどそれぞれ違っている。

アニメを見ているだけで、漫画を読んでるだけで、ゲームプレイしてるだけで

オタク認定されて差別されるなんてことは今ではない気がする。

それで問題になってくるのは二次元キャラ自慰行為をして、それをSNS公言するような

人達

そういう人達ありのまま自分達を認めてくれっていうのは我儘な気がする。

最近オタクは方って置いてくれでは満足できず、自分達の性欲を公共圏でも

認めてくれないと差別だと主張しているように見える。

https://anond.hatelabo.jp/20170820205304

ジャンプ+にコメントかきたいんだがスマホじゃないとかけないんだよね

読んでる漫画の作者や編集者に直接感想をいえるって画期的なんだけどなあ

https://anond.hatelabo.jp/20170820202517

ほんそれ

映画語る系漫画結婚適齢期OLが出てくる方がまだマシ

いやあっちも微妙だけども

あっちも微妙だよなー 本当に微妙

コンテンツ乗っかり系駄弁り百合漫画バーナード嬢曰くが一番クオリティ高いと思う

単純に漫画力の差な気がしなくもないけど

いやそれは漫画力とは違うよ

作者が面白いかどうか

たとえばバーナード嬢と、映画語る系結婚適齢期OL漫画(俺もタイトル覚えてない)と、この映画パンツ漫画で、

作者それぞれがなにかコンテンツを語るブログ書いたら、やっぱりバーナード嬢の作者が一番面白いだろう

後者2つはなんかつまんない通り越して、そもそも作者に語りたいことなんか何もないんだと思うわ

漫画泣かず飛ばずから「女キャラコンテンツ語る系の漫画受けるよ!」って企画に飛びついただけ

https://anond.hatelabo.jp/20170820201652

ほんそれ

映画語る系漫画結婚適齢期OLが出てくる方がまだマシ

いやあっちも微妙だけども

コンテンツ乗っかり系駄弁り百合漫画バーナード嬢曰くが一番クオリティ高いと思う

単純に漫画力の差な気がしなくもないけど

おっぱい漫画を読みました

http://storia.takeshobo.co.jp/manga/onelo/

低学年小学生女児妙齢女性おっぱいを触っていてエッチだなあと思いました

おみみのあなとおっぱいのせんたんが触れるのは完全にペッティングだと思いました

僕も女性になって女性イチャイチャしたいと思いました

自分男性的な部分への嫌悪感が募りました

嘘です

ちんちんも大好きっす

それはそれこれはこれです

パンティ漫画を読みました

女の子二人がパンティー丸出しで足を絡ませ合う漫画でした

いやそこはもうパンティーも脱げや汚れるやろ

と思いました

作者のツイッターではちゃんとパンティーを脱いでいたので汚れなくて良いと思いました

でもパンティーがツイッターおまけ漫画では見れなかったので星はふたつです

http://www.kurage-bunch.com/manga/otomari_movie/

スタイリッシュ武器屋面白かった

ひのきの棒しか売っていない武器屋主人公のなろう発のラノベトリップものではない)

たまにガバガバだし設定や読み始めはあんまり期待してなかったけど読んでるうちに面白くなっていった

このすばとは違う系統ギャグラノベだと思った(漫画でいうと「坂本くん」みたいな感じ)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん