「ドメイン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ドメインとは

2019-02-15

[]2019年2月14日木曜日の増減

サイト\日付2019-02-082019-02-092019-02-102019-02-112019-02-122019-02-132019-02-14合計
共同通信 ttps://this.kiji.is/4654870249741388425293648
時事通信 ttps://www.jiji.com/6394100146135328371753
AFPBB ttp://www.afpbb.com/168234179224253226240919130
Bloomberg 日本 ttps://www.bloomberg.co.jp/2352291120908591184955
Yahoo! Japan Headline ttps://headlines.yahoo.co.jp/15821154758418264217817813125317
Yahoo! Japan News ttps://news.yahoo.co.jp/707472110994122192153520004
Livedoor News ttp://news.livedoor.com/721841298354906361659990418
マイナビニュース ttps://news.mynavi.jp/33242011476480633725
J-CASTニュース ttps://www.j-cast.com/199131545177366699
NHK ttps://www3.nhk.or.jp/2887127912697771278157913392436825
読売新聞 ttps://www.yomiuri.co.jp/17041523383191421540158
日本経済新聞 ttps://www.nikkei.com/29312890-407115586971501963
毎日新聞 ttps://mainichi.jp/2312031702243595106501726720
朝日新聞 ttps://www.asahi.com/111813201348487759225517364067459
産経新聞 ttps://www.sankei.com/694624721457252664603923
東京新聞 ttp://www.tokyo-np.co.jp/3042114634220259287295
東洋経済 ttps://toyokeizai.net/11610674158118125122746072
文藝春秋 ttp://bunshun.jp/3935844828817216121886
現代ビジネス ttp://gendai.ismedia.jp/27310112261417859124558158
日経ビジネス(旧) ttps://business.nikkeibp.co.jp-2-2-18-1-7-3-81032917
日経ビジネス(新) ttps://business.nikkei.com/161394586602214
ダイヤモンド ttps://diamond.jp/16858-1711190199626076
JBPress ttp://jbpress.ismedia.jp/3881145448163366786
日刊ゲンダイ ttps://www.nikkan-gendai.com/96171822743708863702
赤旗 ttps://www.jcp.or.jp/akahata/81610201412190528
BBC NEWS JAPAN ttps://www.bbc.com/japanese/4092136191066947108218
CNN.co.jp ttps://www.cnn.co.jp/50532253997368287858
Wall Street Journal 日本 ttps://jp.wsj.com/4042101327178494
スプートニク日本 ttps://jp.sputniknews.com/636113424924896
朝鮮日報 日本 ttp://www.chosunonline.com/5105133547374
ITmedia ttp://www.itmedia.co.jp/894362893997515949722623832
ねとらぼ ttp://nlab.itmedia.co.jp/24835767190625298515887729
CNET Japan ttps://japan.cnet.com/5519341943982841301929
TechCrunch JP ttps://jp.techcrunch.com/986854461071731321107566
engadget 日本語版 ttps://japanese.engadget.com/107105224974490211176865828
Gigazine ttp://gigazine.net/692355133712433368752624802
電撃オンライン ttp://dengekionline.com/3310411304140145455
AUTOMATON ttps://jp.automaton.am/-3-6-20-100141898
4gamer.net ttps://www.4gamer.net/802911436446119450637
natalie ttps://natalie.mu/3436828191656338493026
オリコンニュース ttps://www.oricon.co.jp/2210111383029121912
lifehacker JP ttps://www.lifehacker.jp/3017-931636023401844214
ハフポスト JP ttps://www.huffingtonpost.jp/1206198117416331557640
Publickey ttps://www.publickey1.jp/37820-162638105414211
Twitter ttps://twitter.com/864108783670089677511494121208
togetter ttps://togetter.com/30271655223532202870263020494499274
Facebook ttps://www.facebook.com/24465282494128381673
Instagram ttps://www.instagram.com/18922152534613156270
Qiita ttps://qiita.com/5113491021413107013477491759641
note ttps://note.mu/43754568680010311378730529670
noteドメイン ttps://note.com/000000015
NAVERまとめ ttps://matome.naver.jp/7-3213-18442962627567
ログミー ttps://logmi.jp/3411838181228147187453
YouTube ttps://www.youtube.com/2852893443041202612452919347
ニコニコ動画 ttps://www.nicovideo.jp/8612815913910168462865900
Pixiv ttps://www.pixiv.net/1-1-118-29-49-26190359
はてなブックマーク(メタブ) ttp://b.hatena.ne.jp/-83-76239813069178904383
増田 ttps://anond.hatelabo.jp/25063055171112893243298632596029837
はてなダイアリー ttp://d.hatena.ne.jp/-4721-3090-12044-12692-4041-17657-756325965584
Livedoor Blog ttp://blog.livedoor.jp/1292372674412485191418116481
アメーバブログ ttps://ameblo.jp/2033109314062742662132078127
gooブログ ttp://blog.goo.ne.jp/9697100135828686879615
Yahoo! Japanブログ ttps://blogs.yahoo.co.jp/37475265476245427527
楽天ブログ ttps://plaza.rakuten.co.jp/44616467553423218385
Medium ttps://medium.com/101435251606851104215478
LINE BLOG ttps://lineblog.me/8-1-2018-1476716
Blogos ttp://blogos.com/1329129442948-2355888
Wikipedia 日本語 ttps://ja.wikipedia.org/126951551119738601252870
GitHub ttps://github.com/203129217371183407132531803
cookpad ttps://cookpad.com/313027232239-1940345
食べログ ttp://tabelog.com/20652461241639168960
青空文庫 ttps://www.aozora.gr.jp/-160120120525
小説家になろう ttps://ncode.syosetu.com/314883151050053
カクヨム ttps://kakuyomu.jp/7-3-1268219906
Amazon.co.jp ttps://www.amazon.co.jp/13167408711889531481017
人力検索はてな ttp://q.hatena.ne.jp/2-6-3405-1213403
はてなフォトライフ ttp://f.hatena.ne.jp/-1-4-10-1-2-2103835
はてなハイク ttp://h.hatena.ne.jp/01-130445750959

2019-02-12

anond:20190210211243

クランチロール配信予定が書かれてるのはありがたい。

クランチロールって日本からだと視聴ページに限らずドメインごと全部ブロックしてるから配信スケジュールも見れないんだよな

キャッシュとかで無理やり見る方法あるけど、何時に配信(日本から時間遅れか)を全部チェックするのは骨が折れると思ってた

2019-02-08

[]2019年2月7日木曜日の増減

サイト\日付2019-02-012019-02-022019-02-032019-02-042019-02-052019-02-062019-02-07合計
共同通信 ttps://this.kiji.is/297169609588654327243290929
時事通信 ttps://www.jiji.com/515430612965741371058
AFPBB ttp://www.afpbb.com/264227188204273283217917606
Bloomberg 日本 ttps://www.bloomberg.co.jp/93381159575157184194
Yahoo! Japan Headline ttps://headlines.yahoo.co.jp/1787173111028381327153917753116201
Yahoo! Japan News ttps://news.yahoo.co.jp/262340302430538710900516309
Livedoor News ttp://news.livedoor.com/852208148200231256338986278
マイナビニュース ttps://news.mynavi.jp/263546246331897633446
J-CASTニュース ttps://www.j-cast.com/82981316814366574
NHK ttps://www3.nhk.or.jp/22271816114911621696207712242426417
読売新聞 ttps://www.yomiuri.co.jp/33268195630639611539618
日本経済新聞 ttps://www.nikkei.com/23182131791792301521499526
毎日新聞 ttps://mainichi.jp/1027178932303215647841724373
朝日新聞 ttps://www.asahi.com/8578808481469170417797464058436
産経新聞 ttps://www.sankei.com/2051486212311063125602113
東京新聞 ttp://www.tokyo-np.co.jp/6269312117523638286743
東洋経済 ttps://toyokeizai.net/308454735202248197180745253
文藝春秋 ttp://bunshun.jp/106315027043038274121204
現代ビジネス ttp://gendai.ismedia.jp/1075876112108297346556687
日経ビジネス ttps://business.nikkeibp.co.jp-92120-1-51032958
ダイヤモンド ttps://diamond.jp/108013328383161103174625444
JBPress ttp://jbpress.ismedia.jp/6116522642737366460
電気新聞 ttps://www.denkishimbun.com/1000100187
日刊ゲンダイ ttps://www.nikkan-gendai.com/32531715464663143
赤旗 ttps://www.jcp.or.jp/akahata/1551411221-1190466
BBC NEWS JAPAN ttps://www.bbc.com/japanese/432294955272194107709
CNN.co.jp ttps://www.cnn.co.jp/5559129105201443123287440
Wall Street Journal 日本 ttps://jp.wsj.com/84415206178434
スプートニク日本 ttps://jp.sputniknews.com/916222344624803
朝鮮日報 日本 ttp://www.chosunonline.com/35171103825647324
ITmedia ttp://www.itmedia.co.jp/5022038911506347959632619771
ねとらぼ ttp://nlab.itmedia.co.jp/130245268367161104403884925
CNET Japan ttps://japan.cnet.com/110202284130123501301377
TechCrunch JP ttps://jp.techcrunch.com/17720123135168124641106888
engadget 日本語版 ttps://japanese.engadget.com/1213426298199362135863469
Gigazine ttp://gigazine.net/813275276236193297952622097
電撃オンライン ttp://dengekionline.com/106310322314145286
AUTOMATON ttps://jp.automaton.am/-39-1-20-70-1141910
4gamer.net ttps://www.4gamer.net/211192345212785450245
natalie ttps://natalie.mu/182372538719084113492302
オリコンニュース ttps://www.oricon.co.jp/2456196312121771
lifehacker JP ttps://www.lifehacker.jp/4647358091101751843974
ハフポスト JP ttps://www.huffingtonpost.jp/-4912181018136557064
Publickey ttps://www.publickey1.jp/-1920-614120795167413639
Twitter ttps://twitter.com/4531013145914211300165311674114901
togetter ttps://togetter.com/16012135345535341831208524634481588
Facebook ttps://www.facebook.com/33563545465515381297
Instagram ttps://www.instagram.com/20591251483631155966
Qiita ttps://qiita.com/687633653102886272512931754181
note ttps://note.mu/767114810329023365717284524063
noteドメイン ttps://note.com/00101015
NAVERまとめ ttps://matome.naver.jp/2457160484756522627518
YouTube ttps://www.youtube.com/2806023183723363693332917499
ニコニコ動画 ttps://www.nicovideo.jp/-3992527035996891012865173
Pixiv ttps://www.pixiv.net/1020-1-3155-2190466
はてなブックマーク(メタブ) ttp://b.hatena.ne.jp/224127348354216229-132904044
増田 ttps://anond.hatelabo.jp/41393488393045565323446445496011788
はてなダイアリー ttp://d.hatena.ne.jp/-3084-46615-4490-39272-19016-3785-16096095461
Livedoor Blog ttp://blog.livedoor.jp/202632073002491921088114499
アメーバブログ ttps://ameblo.jp/15362272675393103592682075524
gooブログ ttp://blog.goo.ne.jp/4962230162958598878933
Yahoo! Japanブログ ttps://blogs.yahoo.co.jp/33638459634961427172
楽天ブログ ttps://plaza.rakuten.co.jp/30747440563446218037
Medium ttps://medium.com/9971523332631478763214408
LINE BLOG ttps://lineblog.me/-14297141111-1176716
Blogos ttp://blogos.com/2818159722312338355598
Wikipedia 日本語 ttps://ja.wikipedia.org/1161121401571501231021252188
GitHub ttps://github.com/150178116158184168144530161
cookpad ttps://cookpad.com/13233317153319940174
食べログ ttp://tabelog.com/24303820161221168711
青空文庫 ttps://www.aozora.gr.jp/010311-120516
小説家になろう ttps://ncode.syosetu.com/17157811349992
カクヨム ttps://kakuyomu.jp/11724159719885
Amazon.co.jp ttps://www.amazon.co.jp/408274747117421480432
人力検索はてな ttp://q.hatena.ne.jp/4204-310213402
はてなフォトライフ ttp://f.hatena.ne.jp/0100000103846
はてなハイク ttp://h.hatena.ne.jp/200001150495

2019-02-06

凄いドメイン空いてるの見つけた!

minimonitelephone.comが空いてる!

ミニモニ信者は今まで何してたんだよ!

今すぐ取れよ!

minimoni-telephone.comも空いてるぞ!

anond:20190114233836

よし、みんなこれだと悪いところしか出てこないので、俺がエホバ擁護するぞ。

エホバの証人は新興宗教の中でトップクラスIT化が進んでる団体

jw.org というドメイン公式サイトがあるが、とてもしっかりした作りなのが見て取れるはず。

言語対応だけでなく、手話にも対応しているし、ブロードキャストとして動画配信もしている。そしてデザイン面においても、ブランディングが各地で揃っている。

昔の印象で「雑誌や本を配る」団体のような印象を持ちがちだけど、実は聖書書籍などは全て電子化されてる。

信者の集まりなども基本的にはみんなタブレットを持ち寄ってそれを参照してやってる。信者向けにバルクiPadを売るプログラムなんかもある。

また、例えば App Storejw.org で検索するとわかるが、たくさんアプリが出てくる。

書籍などはもちろん、賛美歌なども全てアプリになってる。子供向けの教育アプリもある。

そもそも基本的信者から任意寄付だけで回している団体なので、物理的な書籍をなくすことで大幅にコストカットができるため、世界的に見てもだいぶ早い時期からIT化に踏み切った唯一といっていい団体なのだ

そこらの日本中小企業もこの辺を見習ってほしい。

スタートアップVCを間違えると辛い

僕は東京スタートアップで一応CEOをやっている、とは言ってもまだ1年も経営してないが。

スタートアップでまだサービスも開発中でろくな利益も上げられていない、そのような時期があると思う。そうなると基本的スタートアップエンジェル投資家VCなどから投資を受けることになるだろう。

端的に言うと僕はこのVC選びを間違えた。その一部始終を後の人の戒めとして残しておこう。

あ、ちなみにこれは個人バイアスが掛かりまくった意見からな!!参考程度にしとけよ!!

去年の9月、僕は起業しようと決意し、いろいろエンジェル投資家を回った。

その時、会ったのが問題VCだ。

僕は、僕の知り合いがこのVC調達しており、このVCの内部の人間から出資提案が会ったため受けようと思った。

そして、最初ピッチ

ピッチ資料も作った、デモも会った、アイデアも僕は世界を変えれるほど素晴らしいものだとおもっている。一般的エンジェル投資家やシードメインVCのへの対策完璧だ。

しかし、ピッチが終わって言われたのは

P/Lはどうなの?」

ということだった。

向こうはまだこっちが1ヶ月も経っていないことを、まだP/Lを作る段階にすらいないことを知っているはずで

正直僕はこの時

「何いってんだ…?このハゲは…」

と内心思っていた。

しかし、言われてしまったものは仕方ない。再来週までに作っておいてと言われたので、僕はいくつかの仮定から収益に関する数理モデル(Not 統計)を構築しそれをもとに想定されるP/Lを作った。

そして、再来週のピッチでその想定P/Lをみせ、収益が上げられることや将来性があることを頑張って説明した。

それで言われたのは

「それ確実なやつじゃないよね(意訳)」

だった。

正直僕はこの時

「何いってんだ…?このハゲは…」

と内心思っていた。

まあ、数理モデル統計データから作ったものではないし、この微分方程式はそこそこ難しかったと反省し、類似サービスに関する統計データからもう一度モデルを作り直し、再来週もう一度ピッチした。

データソースも見せ、これから作られる想定P/Lも、改善したデモも見せた

それで言われたのは

もっと信用できるものを出して」

だった。

正直僕はこの時

「何いってんだ…?このハゲは…」

と内心思っていた。

正直、この時点でここから受けるのはやめようかな…と思っていた。

このVCはいくつかの問題があることがわかった。

このVCには三人の人がいて、

一人がエンジニアで、サービス開発会社をやっている方だ、エンジニアとして素晴らしい方だと思う。この人をTさんと呼ぼう。

一人が元投資銀行の人で、気さくで知識豊富で信用できる人だった。この人をKさんと呼ぼう。僕はこの人がいるからこのVCから受けようとおもったところはある。

問題はもうひとりの方だ、この人をSさんと呼ぼう。

もう一人は元日銀行の人で、とにかく融通がきかない、リスクを取らない、意思決定が遅い、自分の考えが絶対正しいとおもっていて、お金周りしか見ない(サービスに興味がない)と、なんでこの人シードに投資してるんだ…?という感じの人だった。

実際、KさんSさんに関して思うところがあったらしい。

また、投資意思決定権はSさんが持っていた。

しかし、正直あまりサービスを見る目がないらしく投資の失敗例の方がよく聞くぐらいだった。

またKさんSさん投資先の選定基準も違ってたらしい、Kさんが良いとおもったところでも独断でしないことを決定したりしたらしい、その逆もしかりだ。

今思えば、この時点で個々からは手を引いたほうが良かったのかもしれない。しかし、当時の僕はKさんにいろいろ恩が会ったこから恩返しも含めここから受けようと思っていた。

しょうがないと思った僕は類似サービスデータのみを出した。正直スライドを作るのめんどくさくなっていた。

次に言われたのはCPIを出してということだった。

かにCPIとかわからないと戦略立てづらいよなぁと思った僕は、僕のチームの人にマーケッターの方を紹介してもらい、類似サービスCPI収益率などを教えてもらい、それをまとめ次の週に説明した。

そして言われたのが

ちゃん計算して出して」

だった。

正直僕はこの時

「まだデータもないのに、何いってんだ…?このハゲは…」

と内心思っていた。

まあ、マーケッターが信用出来ないんだろうと思った僕は、CPI計算式で使う各種値をデータから試算し、また説明した。

そして言われたのが

「それ信用出来ないよね」

だった。

正直僕はこの時

「何いってんだ…?このハゲは…」

と内心思っていた

その後、次週また話すことになった。

ここですでに最初ピッチから2.5ヶ月ぐらい経っている。

サービスの開発も、バックエンドレコメンドエンジンの開発を覗いてストップしたままだ。

正直疲れ果てていた。

次週の話し合いでは今までと打って変わって、どのような内容で契約するかという話になった。

ちなみにどうやらKさんの強いすすめで手のひらを返したらしい。

今までのは何だったんだ…と思いながら、契約書のテンプレートを元に話を進めていった。

ここでも一悶着が起きる。

なんと向こうが提供する、起業に関するサービスを使わないかということを勧められた。

このサービス株式VC33%、協力開発会社33%渡すことで、開発やマーケティングを勝手に行ってくれて企業価値を早く上げるというものだった。

ちなみにこのサービスSさんが思いついたらしい。

…正直使いたくない。VCが出すお金も少なく(200万程度)、僕の会社テクノロジがコアの会社なので協力会社はいらないし、もっと言うと、協力会社Tさんがやっている会社なので実質このVCに66%株式を渡す形になる。

これは僕達みたいなお金がないスタートアップが使うサービスでは無いと判断した僕はこの提案を断った。

しかし、向こうはグイグイおすすめしてくる。しかも向こうの言い振りは「このサービスを使えば企業価値簡単に上がるのに使わないのは馬鹿だ」といったカンジダ

ちなみにこれを勧めてきたのはSさん

とりあえず僕は来週もう一回回答するという形で先延ばしにし、次週にもう一度使わない旨を伝えた。

このときも前の口ぶりで勧めてきた、めんどくさい。

なんとか使わない形にでき、5%で200万と言う契約になった。

ちなみにこの時、いろいろ支援してくれていたKさんはすでにこのVCはいない。投資銀行からスカウトされ投資銀行転職したのだ。

Kさん私物をまとめている時、僕も手伝っていたのだが、Sさんに対してかなりアレなことを言っていたので、やっぱり他の人のSさんの印象もそんな感じらしい

さて、投資周りの話もいろいろ終わり、開発と追加調達に向け動いている最中にそれは起こった。

サービス変えない?」

と急に言いだしたのだ。

どうやら某検索大手のG社のサービスが僕たちと類似サービスを行っている(ちなみに内容はぜんぜん違うサービス)ということで勝ち目が無いので変えようと言うことだった。

しきりにSさんはこのサービスを褒め、G社が作ろうと思えば僕たちのサービスなど簡単に作れること、このようなサービス最近ローンチされたのだから、僕たちのサービスいか勝機が無いか語っていた。

ちなみにこのサービスはすでに4,5年前に存在している。

僕は提供する内容の違いや、UI/UXの違い、アルゴリズムの違いなどを説明した。

多分僕の言ったことの10%も理解していなかっただろう

いや今でもしていないかもしれない、していたらまともに話せそうだから

たこの時、もう一つSさんが言っていたことが

toBサービスにしよう」

ということだった。

話をしていて薄々感じていだが、Sさん絶対toBサービスにしてほしいらしい。

おそらく、企業価値が上がりやすことなどが理由だろう。

サービス説明も、戦略も、違いも何度もせつめいした。また取ったアンケートも見せ説明した。

そして帰ってきた言葉

「君はこれが失敗しても会社を畳めば良いが、私は200万というお金を失う、リスクは取れない」

という言葉だった。

正直僕はこの時

ハイリスクハイリターンなのがシード投資なのに、何いってんだ…?このハゲは…」

と内心思っていた。

もっというと

「なんでこの人は投資家をやってるんだ…?」

とも思った。

現在もこの話し合いは続いている、正直今は投資契約白紙に戻す可能性の方が高い。まじでSさんはめんどくさい。

今考えると引き返すタイミングはいっぱいあったと思う。

1.P/L見せてと言ってきた時

2.想定P/Lにいろいろ言ってきた時

3.マーケッターのCPIについて信用出来ないと言ってきた時

4.変なものを勧めてきた時

などだ

からはこういうサインが出たときは注意しようと思う。

他の人もこの投稿が参考になれば幸いである。

2/15 追記

このVCとの話し合いがまとまり投資の件は白紙になりました。

別のVCからもっと高い企業価値でいい条件で出してもらうことになったので、別に痛くないですが。

2019-02-03

ANIME」という概念はいつ生まれたのか?

YouTuber」という言葉和製英語で、それが近年本場アメリカ逆輸入されているという話を聞いてあらためて思ったんだけど、なぜ海外では日本アニメーション作品を指して「ANIME」と言うようになったんだろうか。

アニメ」という言葉日本においては単純に「アニメーション」の略語であり、国内外わずアニメーション作品全般を指す言葉なのに(例:ディズニーアニメなど)、海外では日本アニメーション作品を指して「ANIME」と称することが定着しつつある。

日本における「アニメ」と海外における「ANIME」は別の概念になっているといってもいい。

近年では「ANIME」という表現日本逆輸入されているような状況も一部見られる。たとえば日本アニメ業界ではドメインなどでもこの表現をよく用いているし、たとえばNetflixインタビュー記事を読むと「ANIME」という意味合いで「アニメ」という言葉を使っていたりする。

この「ANIME」っていう表現は誰がいつ頃どういった意図をもって輸入した(あるいは輸出した)ものなんだろうか。

このことに関して詳しい経緯を知っている人は教えてほしい。

経緯は知らない人も、いつごろからANIME」という言葉を見かけるようになったのかを教えてほしい。

ていうかなんで誰もこのことに言及しないのか不思議しょうがなかった。

anond:20190131164910

エクセルスクショについて一言言っておくか

ワードスクショパワポスクショも含む)

大前提として、PCでやる以上改竄はなんでも出来る。

作業風景モニタごと動画撮影する?その画面が本当にPC本体に繋がってる証拠は?

実は画面はずっと動画が流れてるだけでそれに併せてマウスキーボード操作していたら?

マウスキーボード無視するフルスクリーン動画プレイヤーなんて簡単に作れるよね。

alt+ctrl+delはOSキャッチされるから握りつぶせないけど、じゃあキーボードが信頼できる根拠は?キーボードカスタム基盤なんて手のひらサイズだよね

最初の1回だけalt+ctrl+delをとおして二回目以降は無視するプログラムが無い根拠は?

ヨドバシで新品のキーボードを買ってきて繋げるところまでをノーカット動画で記録する?

もちろんそんなのやってらんないよな。だから"流石にそこまではやらんだろう"暗黙の了解スクショエビデンスとして使われているんだろう。

からdevtoolで改竄できるからスクショエビデンス効果がない。という主張は正しくない。

システムが正しく動作たか顧客証明する目的であれば、結果ではなく検証をする方法提供するべきではないかというのが私の意見です。

納品時に検証した事をどうやって証明するの?

納品の時に「今から検証を行いますので確認してください」と言うの?

運用時にトラブルがあった時「納品時のテストでは確実に動いていた」事をどうやって証明するの?

自動テストは全て通っていました。だから大丈夫です!」って言われる立場だったらそれ信じるの?

結局、なんらかの方法で「システム納品時、ちゃん要求機能は満たしていました」という事を証明して記録する必要があるわけ。

で、前述の通り悪意を持って改竄されたらわかりっこないのはその通りだ

そのボーダーラインが「スクショの記録」なんだろう。

何々は改竄できるから意味がない!ってのは、ブロッキングとかダウンロード違法化の時でもよく言われたけどエンジニアの悪い癖だよ。



おまけで、Excelスクショが非効率って意見もあるが

じゃあ画像に再編集可能テキスト、図形をオーバーレイで表示し、かつ複数枚の画像をある程度自由レイアウト出来て、

特別ソフトインストール必要なくて、少なくとも10年前のファイルも開くことが出来る方法は他にあるの?

何々のサービスを使えば楽々ドキュメント!ってよくはてブで上がってるけど、それ何年使えるの?

エクセルファイルサーバに放り込んでおけば20年前のファイルでも何もせず開ける(今はエクセルスクショの話だからembedの話はしない)けど

オンラインサービスなんて10年どころか5年でドメインごと消えるのもザラだよね

エンジニア大好きなmarkdownは良い線いってるけど、オフィスに比べたら表現力弱すぎるよね

画像テキスト重ねることも出来ないし、目次は無いし、表もセルのalignと太字、斜体くらいしか指定できないし。

そもそもオフィスしか知らない事務方にどうやってmarkdownの書き方教えるの。文言の変更くらいなら出来るだろうけど、それどうやってhtmlに変換させるの

まさか全員にnpmとかvscodeを入れさせる?

頑張ってサティア・ナデラを説得してwindows updateで全pcvscode強制インスコさせてくれ。

それでもmarkdown表現力弱すぎてオフィスの代わりにはならんけどな。

2019-02-02

重要】お持ちのドメイン[n件]に制御設定をお済ませください

いつもお名前.comをご利用いただきまことありがとうございます

─────────────────────────

お持ちのドメイン[ n件 ]は

制御設定が<< 未完了 >>です。

─────────────────────────

お名前.comでは、ドメイン管理におけるセキュリティ対策

より強固にするために、「ドメインプロテクション」の設定を

推奨しております

ドメインプロテクションにより

万が一の発生が考えられる第三者による不正操作

未然に防ぐことが可能です。

ご利用いただいているドメイン[ n件 ]に

お早めに制御設定をお済ませください。

▼▼ 設定はこち

https://www.onamae.com/domain/navi/domain.html?link=domain/navi/domainprotect/input

※お名前ID(会員ID):XXXXXXX

ドメインプロテクションとは?】-----------

管理画面内で行う設定変更の操作制御ができます

さらに、設定変更時にはドメイン登録者宛に送信される

認証メール承認する必要があるため、ドメイン

複数管理されている場合でもドメイン毎の管理者を

より明確にすることができます

---------------------------

昨今、「ドメインハイジャック被害を避けるべく

ドメイン管理におけるセキュリティ強化が非常に重要視されています

ご利用されている管理ドメイン[ n件 ]には

セキュリテ対策の一環として前もって

ドメインプロテクション設定をお済ませいただくことをお奨めいたします。

▼▼ 設定はこち

https://www.onamae.com/domain/navi/domain.html?link=domain/navi/domainprotect/input

※お名前ID(会員ID):XXXXXXX

サービス詳細

https://www.onamae.com/service/protectoption

───────────────────────────────────

ドメインプロテクション 注意事項 □

───────────────────────────────────

ドメインプロテクションは有料サービスです。別途消費税を申し受けます

コンビニ支払いを選択されたお客様コンビニ支払手数料が発生します。

※お申込み時の制限項目の初期設定は全て「OFF(無効)」の状態です。

お申し込み後、ドメインプロテクション詳細設定画面より

別途設定をお願いいたします。

───────────────────────────────────

今後ともお名前.comよろしくお願いいたします。

───────────────────────

「済ませろ」と言いつつ最後に有料表記

つーか二要素認証が有料とかワロタ

anond:20190202020411

なるほど、そういった逃げ方もありますね...

ありがとうございます



記事 A と記事 B どちらが検索意図に適っているかからなければ、

他の方からご指摘いただいた通り URL重要なので、

ドメインを元に優劣をつけるというなら分かるのですが



ドメイン有りきで勝負が決まってる気配を感じます

特に日本語検索では(Google Japan は)



いままでの被リンクを捨ててまでも

ドメインを移行するという意思決定を下したのが、正直信じられません。



Googleはウェブを安全にするために「URLをなくすべき」と考えて いるそうです。

これはもちろん、人間のためで、検索エンジンやその他の機械が読み取るためのもの施策ないし方針でもないことは承知しています



しかし、それにしても、日本語での検索は、

まりにも SEO脆弱すぎるのではないかという気がしてなりません。



それはちょうど、もう WELQ 問題と同じようなことが起こらなければ良いやくらいの意図

持って Google Japan は動いているのではないかという気がしてならないのです。



もちろんもう市場は寡占してしまっていますから

ユーザにとっての不利益を解消することが

優先順位の下の方に位置付けられるのはわかります



しか検索が行われるたびに Googleブランドを傷つけていることを考えれば、

これはあまりナンセンス意思決定と言わざるを得ないのではないかと感じます




anond:20190202013727

ドメインには本来強い意味がある

example.jpよりもexample.co.jpのほうが信頼度は強い

jp日本ドメインだしmuはモーリシャスドメイン

それをサイト制作者が蔑ろにしてきただけだ

WebURLドメイン名は本来規定された形に戻りつつある

好ましいことだ

いかGoogle Japanクズ

昨今 Qiita はおろか侍エンジニアにさえ SEO で負ける

Google の面汚しこと Google Japan被害者が、また一人でてきてしまった。

ところが、この .mu ドメイン。昨今のGoogle的には覚えがよろしくありません。

どうやら、「あ、アフリカサイトだ。日本検索順位を下げちゃお♪」と判断されるらしいのです。

note が note.com のドメインを取得。サービスURLの移行も検討。



こんなにドメイン名のインパクトが、でかい日本だけじゃないですか?

Qiita で書けば、どんなダメ記事でも上に上がってくる。

ドメインパワーが強すぎるのは以前から感じていた。

英語検索するときは、こんなことにはならない。



移行費用もさることながら

note.mu で受けていた被リンクだってなくなるし、

これまで note.mu で築いてきたブランドイメージだってやり直さなきゃならない。



というか被リンクよりもドメインパワーが強いってどういうことですか?

Google Japan さん^^

いい加減、本当にいい加減に何とかして欲しい。



市場が寡占されると本当に悲惨だなと感じます

2019-02-01

ドメイン長者っているの?

note.muがnote.comになるらしいけど、今でこそその意味は肌感覚でわかるというか、そりゃ金かかりそうだなとすぐわかるわけだけど、

ドメインって大昔はポンポンお安く取れたじゃん

その頃に先見の明で大量に取得してひたすら寝かし続けて、あるいは投資目的にして大金持ちになってる人っているのかな?

これが会社だとつまらないけど、個人ですげえドメイン持ってて億万長者になった人とかいそうだよね?

2019-01-28

1年前の「MMD日本3DCG破壊した」について

https://anond.hatelabo.jp/20180207165151増田だ。見覚えあるエントリタイムラインに現れ、なんで今拡散されているんだと驚いた。

色々ブコメやらツイートやらの反応があったので興味深いと思った反応に対する意見とかを落書きがてら書こうと思う。このエントリも書ききれなかったことを何度か加筆していることは許してほしい。

ブコメよりもTwitterでの反応が多いようで、以下の内容はエゴサした中から拾ってる物が多い。(https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=MMD%E3%81%AF%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE3DCG%E3%82%92%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F&src=typd)

全体的にはTwitterMMDerが多く、ブコメOSS系の開発者が多いように感じた。

また、記事を読まずにタイトルだけでMMD自体への批判である条件反射している人も多かったようだ。

明らかに煽るタイトルにしたのは増田のせいなので仕方ないのだが、MMDについて全否定しているつもりは全く無いので前のエントリ最後まで読んでほしい。いっそ記事名を「ガラパゴス化した」に書き換えるべきかもしれないがもう遅いか

逆に、あのような煽るようなタイトルの中で冷静に読んでくれてブコメなりTwitterなりで意見を書いてくれた人には本当に感謝している。

なお、ここに書いていない反応に対しても賛否わず理解を示したものもある。

「今のVRC/Blenderを中心としたモデリング技術について、まったく知らなそう」「VTuber全盛期で皆がUnity使ってる時代に何を言ってるんだ」

これは申し訳ないとしか言いようがない。1年前は一過性ブームだろと思ってたがVR ChatもVTuberも一大ジャンルになった。それにも関わらず自分VRC界隈の情報を追ってないのでその辺で認識が不足しているのは言い訳できない。

VR Chat周りのモデルに関する雰囲気自分でも調べてみるが、気が向いた人がいたら教えてほしい。

「敷居を下げたのは事実」という趣旨の反応

同じような反応が多数あったが、それには同意する。そもそも先のエントリでもそれは否定はしていない。

ただし、下がった敷居から入った人がMMDからツールに移った瞬間に見向きもされなくなるのが3DCG動画画像コミュニティにとって問題だと思っている。

Blenderを使えばもっと凄い作品が作れるような動画投稿者でも、再生数を集めるには「MikuMikuDance」というタグに縋るしかない。

MMD視聴者は「制約が多いMMDで作ることが凄い」「MMDでここまで作れて凄い」というメガデモに近い発想を持っているので、BlednerとAfterEffectsで美麗な映像を作ったところで「MMDじゃない」として一蹴されるだろう。

実際、アイマス動画でPMXデータをBlenderか何かに読み込ませた動画において「でもこれMMDじゃないじゃん」といったコメントを何度か見かけた。もちろんそれが全てのユーザスタンスではないのは承知しているが、一定数そういった声がある時点で投稿者障壁になるだろうと思う。

3DCGMMDが分断してしまっているこの状況を「MMD3DCG破壊した」と書いたつもりである

これもVRCの活発化で状況が変わるといいんだが、どうなるかわからない。いや、もしかしたら既に変わっている可能性がある中、昔の認識でこのようなことを思っている可能性があるのでそうであれば申し訳ない。

追記)「MMDerを批判してるというより、MMD作品しか伸びないからどんなにすごい技術を持ってる人でも次のステップに上がらずMMDに留まってる→この現状が『日本3d技術破壊』している。…という解釈であってるかな。」

まさにその通りで、ちゃんと読んでくれて嬉しい。

増田もこの人みたいに整然とした文章がきちんと書ければよかったなという反省があるし、書けていれば炎上はしなかったんだろうなと思う。

「いまだにIE使ってる人が多くてヤバいって話してるときにおまえ一人がChromeインスコして解決すんのか?」

まさにそうで、MMDマジョリティである時点で一人がどう動こうと変わらないのが現状。

MMDを超えるプラットフォームが作れない時点で敗者」

同意。確かに負けは負けだしBlender等が勝っているとかは思わない。

日本企業でWindows XPIEが使われ続けるのと似たようなもので、劣っているものでもそれじゃないと満たせないニーズがあるんだなと思う。

アマプロをごちゃまぜにして『3DCG』って考えるのは良くない」

昔のニコ動もそうだが、最近アマプロの境目が曖昧じゃないか

アマチュアが作成したデータプロが使うこともあるし、アマチュア投稿者商業案件を請けてプロになる機会も増えているだろう。

「じゃあオープンソースMMD互換ソフトウェア作ってよ」

文句を言うなら作れ」って子供かよ。仮にMMDOSSになればコミットするつもりはあるが、それでは不十分か?

樋口が秘匿している仕様を解析してフルスクラッチするスキルがないとMMD界隈に疑問を呈することもできないのだろうか。

追記)「MikuMikuPenguin等のOSSがあり、それにコミットせずにこういう記事を書いているのは口だけであり甘え」という指摘があった

開発が4年前に停止したこと宣言されたOSSコミットするのは難しいだろう。そもそもサードパーティOSS開発が停止してしまう状況自体に苦言を呈している。いや、元のエントリではそう書いてなかったか後出しするのは卑怯だな、すまない。まあとにかくそういう風に考えている。

本家OSSに動かない限り、「MMD」のOSS化は進まないと思っている。

追記)「これ(MMDの外部レンダラー連携ツール)すら知らなかったみたいだしOSSのこともろくにしらなそー。OSSは『自分要望を投げつけたら勝手に好みのものが出てくる打ち出の小槌』じゃねーぞ。」

そんな革新的ツールがあったのは知らなかった。偉そうなエントリ書いたわりにリサーチ不足なのは申し訳なく思っている。

しかし、MMD固有のサードパーティツールを知っているかどうかとOSS分野に詳しいかは全く別ではないだろうか。議論すり替えだろう。

増田は確かにMMDBlender関連のOSSコミットしたことはないが、某Webフレームワークコミッタである。もちろん匿名なのでこれも嘘と思われても仕方がないのだが。

そのフレームワークに限らず、Issueで提案した改善点を議論の末にwont fixにされた経験もあるので打出の小槌のようには捉えていない。特にコミッタの人数が数百に上るようなコミュニティではIssueやPull Requestの多くがwont fixになるのは知っているつもりである

MMDは他のソフトに比べて低品質からオープンソースにしてどんどんアップデートしろよという話かな(自分がするとは言ってなかった)」

これもOSS自体に馴染みがない人には分かりづらいかもしれないので補足しておきたいが、「オープンソースにしてほしい」という話は他力本願で「アップデートしろよ」というスタンスになるのではなく、「自分も開発に関わらせてほしい」という意思である

スキルドメイン知識問題コードに落とし込めない部分があってもIssueで議論に加わることはできるし、それがオープンソースの強みである

これは私のような文句を言いたがるタイプ人間だけでなく、純粋MMDファンである動画作成者たちが抱いている不満やバグ報告も反映されやすいことを意味している。

現時点でMMDerの方々もMMD完璧ツールだとは考えていないだろうし、OSS化されるとユーザにもメリットが増えると思うのだが何故これを否定するのかがわからない。

もちろん、開発者である樋口氏が「OSSにしたくない」と意見を表明するのであれば分かるのだが、何故MMDユーザまでOSS化を否定するのだろうか。

神格化とは言いますが、自分が大いに楽しませてもらってるツールしか無料)の開発者に敬意を払うのは当然では」

敬意を払う事と批判的な立場を取ることは別では。

コミュニティのためにならないことであっても盲目的に肯定するのは敬意ではないと思う。

「いわばMMD文化の外の人と意見が相容れないのは、彼らは利用していないか感謝気持ちがない」

まず増田MMDやPMX Editorの利用者だったことが伝わっていないせいもあるだろう。利用した上での弱点を述べているのだが、それは感謝が足りないということになるのだろうか。

「不備や弱点を指摘することはそのソフトウェアが好きだから行う」というのはOSS特有文化なのか?よくわかっていない。

「大多数がアニメゲーム二次創作から モデル作ってる人はあまりオープンにして欲しくないだろう」

モデルライセンス曖昧なのはこれが一番大きい理由なんじゃないかと思っている。CCライセンスなんかで二次創作モデルを配布すれば大問題だろう。

ただ、モデルではなくMMDソフトウェア自体オープンにしても問題ないんじゃないかとは思う。

「「基本的無料」で手に入る大量の『MMD用3Dモデル存在する』ってーのが妬ましいんじゃないかなぁ。勝手に羨んでて良いから、こっち来んな。」

前の記事でも上にも書いている通り、自分が主に問題だと思っているのは「MMD」と「3DCG」が分断された点である

これは個人的な話になるが、自分自身が動画を作ったときモデルデータをすべて自力作成していたので潤沢なリソースがあることに魅力は感じていなかった。

もちろんリソースを魅力に感じている人も居ると思うので「妬ましいんじゃないかな」という指摘自体否定できないが、増田が指摘している内容とはズレているのでちゃんと読んでほしかったと思う。

記事冒頭に貼ったTwitter検索リンクを見てもらえれば分かるが、このツイート以外でもMMDerからは「羨ましいんだろう」という反応がかなり多かった。少なくともこのエントリはそういう意図ではないのだが、どうしてそう解釈されたのかはわからない。

「件の記事の方はじゃあ自分ではモデルを作って配布したり作品を完成させているのか?」「書いた人MMD弄った事ないでしょw」

おそらくエントリの中身を読んでいないと思うからもう一度書くが、先のエントリではモデリングソフト〜PMX Editor〜MMDワークフローが面倒であるということを書いている。弄ったことないのに知っていたらそれはそれですごい。

増田は数は少ないがニコニコ動画、BowlRollにPMXデーはいくつか上げたことがある。その上で思った事が先のエントリである匿名日記だしID晒すつもりはないので「嘘乙w」と言われたら反論しようがないのだが。

実際、この経験からボーン入れ・リギングが大変面倒なことを痛感し、キャラクタモデリングキャラクタアニメーションをやっている人には頭が上がらないなと思うようになった。

からモデラーMMD自体貶めるつもりはないし、むしろ尊敬している。あくまで先のエントリコミュニティ雰囲気MMDのものが孕む問題についての指摘である

MMDCGに不満があるなら貴方の素晴らしい作品を見せてもらいたいなぁ。CGにはCGで殴るべきでしょう。」

CGがわからないくせに文句を言うなと言いたいのかもしれないが、素晴らしい作品を出しながらコミュニティのあり方について文句を言うのは気が狂っていると思う。それただのマウンティングゴリラだろ。

BlenderMaya作成し、レンダリングした画像を添付しながら「MMDオープンソース化すべき」と主張する人間が来た場合自分だったらキレてしまうと思う。

「変えたいのなら記事を書いた貴方が頑張ればいい。偏見しかない意見しか言えない人には無理だと思う」

現にこの記事でも「勝手に羨んでて良いから、こっち来んな」という反応を受けているし、以前はVR系の開発者がPMXを読めるようにしただけでMMDerがブチ切れている。(https://togetter.com/li/984614)

そんなコミュニティに対して「頑張ればいい」って無理だろう。北センチネル島先住民に会いに行くような真似は誰もしたくないし、したところで何も変わらない。

自動車でいけば速いのに自転車(MMD)を限界チューンして走ってるみたいなところは確かにある」

すごく的を得ていると思う。

もちろん「趣味なんだから自転車に乗りたければ乗れば良いじゃん」「お前は車でも飛行機でも使ってりゃいいだろ」っていう話は分かるのだが、前述のVRの件のように自転車乗りが車道を塞ぐような事は避けてほしいとは思う。

追記)「ただ的は射てほしかった」

増田ドヤ顔誤用をやってしまったのかと思って焦ってググったのだが、どっちでもいいらしい。(https://twitter.com/IIMA_Hiroaki/status/412139873101807616)

勉強になった、ありがとう

のじゃおじの信者かよ

彼(彼女)には申し訳ないのだが、のじゃおじ氏はむしろ好きではない方だ。彼が批判されたことに怒りを覚えてエントリを書いたわけではない。

2019-01-27

Webサービスの試作品

なんか毎回同じことやってると飽きてくる。

当初のワクワクする感覚モチベーションを取り戻したい。

2019-01-24

フェイクニュース親玉といわれたSpeee社での思い出

https://www3.nhk.or.jp/news/special/net-koukoku/article/article_02.html

言及されたSpeee社に所属した事がありその時の所感を述べてゆきたい。(そこそこ長くなったので時間がない人は総括だけ読んでほしい)

高学歴者で構成されていた

創業者のH氏からし名古屋大の物理学部であり、理系高学歴が立ち上げた企業だった。H氏は理系卒だが営業経験があり20代前半でSpeee社を起業した非常に優秀な人間であった。

ざっと思い出すだけで、東工大早稲田慶應京大と言った世間一般でも高学歴と呼ばれる人間が中心に構成されていた。

基本は学歴不問で高卒叩き上げみたいな人もいたが高学歴者が中心であった。

開発部には、商用コンパイラ作成経験があるという本当に優秀な人もいたし、高学歴で優秀な人が多かった。

また、人柄も多くは世間的には「いいヤツ」と呼ばれるような前向きで、気さくで親切な人が多かった。

ただ、私の在職中に敏腕営業マネージャーパワハラが発覚し、飛ばされかけた事件もあったことにはあったので、演じることがうまい人も多かったのかもしれないが。

まぁ聞いた話によるとSpeee社は一度派閥争いにより乗っ取られかけたことがあるので、人柄重視の採用をしていたらしい。

当時の業務

私が在職中のSpeee社の事業の柱はSEOだった。当時はまだページランク存在していて、それをあげるに被リンク有効だった。

なので何をするかというとお客さんのページにリンクするためにブログなどにツールを使ってリンクを貼りまくるという結構グレーというか、

今なら完全にブラックな事をしていた。

他にもページランクが高いドメインが売られていると自動的に購入するツールや、

意味のないワードサラダまみれのサイト自動生成しそこからお客さんのページにリンクするツールなどを作成していた。

かにもお客さんのページの検索順位を記録するために、グーグル検索結果をDBに保存するため、レコード数は数十億とあった。そのため大量レコードを捌くノウハウみたいなのは結構蓄積されていた。

私が所属していたのは開発部だったので、ここらへんのツール作成メンテを行っていた。

当時のSpeeeの中心は営業部であった。前述したように創業者のH氏からし営業出身であり、創業必要資金を貯めれるくらいには優秀な営業であった。

そのため、営業部はH氏のお目にかなう優秀な営業部員で構成されており放送局など大手企業から案件を受注していた。

Speee社の営業部には他のWebSIerにはない特異な風習があった。

それは大手案件を受注した営業オフィスの中心で受注報告を行い、それを全社員が聞き拍手喝采を行うというものだった。

おそらく営業になろうという人間は他の部署人間に比べて目立ちたがり屋が多いのでこの風習麻薬的にモチベーションを爆上げしたものだと思われる。(もしこれを読んでいて営業成績に悩んでいる経営者かいたら参考にしてほしい)

あと、SEO分析する部署もあり、この部署には東工大数学科出身人間などがおり、コンサルティングと数値分析を行っていた。

このように営業部的な雰囲気が私に合わなかったが、基本的には働くには良い会社だったと思う。業務倫理的にグレーな事を除けば。

総括

当時の事を総括すると高学歴かつ優秀で人柄もいい人たちが、情弱を騙すような倫理的にグレーな事をして結構利益を上げていた。

その有様はスタンフォード監獄実験のようだった。

これが資本主義で金を稼ぐという事がどういう事なのかを実感できた。

WELQ事件などを通してグーグル検索結果はゴミばかりと認知されてきたが、Speeeでの経験はそれを予想するには十分であったし、個人的にはそれほど踊ろなかった。

そして、ネット理想とか良心資本主義の前には、あっさり敗北するものだと認識できた。

だって、すごく優秀な人たちがフルタイムで壊しにかかっているのだから

追記

イニシャル間違ってたので修正した

2019-01-22

anond:20190122095340

ドメイン独自ドメイン使ってる?

その場合はお前がSSL使う手続きせんといかんはず。はてブロ仕様はよくわからんけど。

とりあえずお前のはてブロURLhttpsにしてみて「保護されてねぇよカス」みたいなエラー表示されたらおまえから手続き必要パターンだとおもう

2019-01-15

anond:20190115134207

なるほどー

あとドメイン切れた後でも乗っ取られず復帰なんてできるの?

anond:20190115131905

サイト名でググったら自分のがドメイン切れで出てこない代わりにそっちがでてきた

以前に練習がてらで作ったネタサイトが3日前にドメイン切れしててさっき復旧して気づいたんだが

これが別ドメインで丸々完コピされて公開されてるんだが自動保存サービスとかじゃないよな?

ソースgithubにあるから探そうと思えば探してコピペできるんだけど

なんでアクセスほぼゼロサイトをコピったんだろう

whoisしたらどっかのウェブ制作会社出てきたがどうしたもの

2019-01-14

anond:20190114214356

将来的には「🐈.com」みたいな絵文字ドメインができるようになるのだろうか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん