「データ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: データとは

2023-01-31

anond:20230130153648

そろそろデータに基づいて話す(議論する)ことを覚えてほしいの。

2023-01-30

anond:20230130223322

「男は」「女は」って言えるほど事例知らないよね?

もうちょっとデータ出していこうか

anond:20230130200044

やす方法について語ってる学習データのほうが圧倒的に多いから減らす方法聞いても増やす方法聞かれてると勘違いするんやろなあという話

anond:20230130182152

テンソルは4つ以下の変数では構成できない。この命題の真偽を答えよ。

偽です。テンソル任意の数の変数構成することができます

事典には5つ以上いるみたいな風に書いてあったが俺が何か誤読してるのか?

いいえ、おそらくあなた誤読していません。テンソル任意の数の変数構成することができます。多次元データを扱うために使われることが多いとされていますが、特に変数数に制限はありません。

----

いや大辞林には確かに三次元空間において五個以上の成分を持ち」って書いてあんだが?大辞林ダメ辞林なの?

録画時代はもう終わりを迎えつつあるけれど、ふと思い出すことがある

大学時代所属した創作系のサークル奇人変人の類が揃っていたが、そのなかの目立たない変人の一人としてアニメの録画に夢中な男がいた。

H君といった。

H君は、当時としては珍しい大規模なHDDを自室に構え、アニメを片っ端から録画しまくっていた。

そしてそれをデジタルデータとして保存し、貯め込んでいたのだ。


アニメを録画していたらとても見る時間などないと思うのだが、H君は録画するだけで、見ない。

そして、見逃した分をコピーしてくれるようにお願いしても、コピーしてくれない。

ただ黙々と録画し続ける。

データけがたまっていく。

それがH君の青春だった。


その後、記録媒体価格は飛躍的に下がり、ネットはどんどん普及し、Napster/WinMXというサービスが校内で流行り始めた。

画質こそ劣悪で、ダウンロード時間はかかったが、当時見逃したものを含めて有名なアニメは視聴可能になった。

違法コピーしてくれなかった恨みを込めて、軽く「H君、ざまあ」と思ったのを覚えている。


さら技術は進み、インフラは整備され、ネット一般化し、今ではご存じの通りの状況だ。

無料動画いくらでもあり、毎日のように生み出され、金銭を払えばさらに多くの動画が視聴できる。

日本だけじゃない、世界中動画が溢れ、ネットを通じて配信されている。


そんな恵まれ環境動画を見ているときに、ふと思い出したりする。

H君の青春はいったい何だったのだろうか。

H君は今、何に夢中になっているのだろうか。

あのころマクドナルドハンバーガー価格は今の物価だといくらか?

マクドナルドハンバーガーが170円に値上げされてから2週間。

ハンバーガー価格推移のネット記事を読んでいてふと思ったのだけど、よく考えたら今(2022年)の物価で昔の価格判断したらダメだよね。

例えば、マクドナルドオープンした1971年大卒初任給は46,400円だ。当時の80円という価格の重みは、2022年の我々が80円に抱く感覚とは異なるものだったはずだ。

そこで、昔のハンバーガー価格について、2022年だとどのくらいの価格になるか、計算してみた。

計算使用した消費者物価指数独立行政法人 労働政策研究・研修機構が公開しているExcel形式の統計表から引っ張ってきた。ファイルプロパティから見た最終更新日時は2023-01-20 13:48だ。

ハンバーガー価格このサイトの記事データを元に、他の2~3のネット記事情報を元に構成した。どのネット記事を見ても価格推移の情報バラバラで、何を信じればよいのか分からない……。

元の統計表は2020年が100となる形式だったので、2022年が100となるように補正した上で、「ハンバーガー価格 ÷ 消費者物価指数」で換算してみた。この計算方法で合っているだろうか?

西暦消費者物価指数 (2020年==100) 消費者物価指数 (2020年==1.0) 消費者物価指数 (2022年==1.0) ハンバーガー価格2022年物価で換算
1971 32.9 0.329 0.321603128 80 248.7537994
1972 34.5 0.345 0.337243402 80 237.2173913
1973 38.6 0.386 0.377321603 100 265.0259067
1974 47.5 0.475 0.464320626 150 323.0526316
1975 53.1 0.531 0.519061584 150 288.9830508
1976 58.1 0.581 0.567937439 150 264.1135972
1977 62.8 0.628 0.613880743 150 244.3471338
1978 65.5 0.655 0.640273705 150 234.2748092
1979 67.9 0.679 0.663734115 170 256.1266568
1980 73.2 0.732 0.715542522 180 251.557377
1981 76.7 0.767 0.749755621 180 240.0782269
1982 78.9 0.789 0.771260997 180 233.3840304
1983 80.3 0.803 0.784946237 200 254.7945205
1984 82.2 0.822 0.803519062 200 248.9051095
1985 83.8 0.838 0.819159335 210 256.3603819
1986 84.3 0.843 0.824046921 210 254.8398577
1987 84.4 0.844 0.825024438 210 254.5379147
1988 85 0.85 0.830889541 210 252.7411765
1989 86.9 0.869 0.849462366 210 247.2151899
1990 89.6 0.896 0.875855327 210 239.765625
1991 92.6 0.926 0.905180841 210 231.9978402
1992 94.1 0.941 0.919843597 210 228.2996812
1993 95.4 0.954 0.93255132 210 225.1886792
1994 96 0.96 0.938416422 210 223.78125
1995 95.9 0.959 0.937438905 136 145.076121
1996 96 0.96 0.938416422 136 144.925
1997 97.7 0.977 0.955034213 136 142.4032753
1998 98.3 0.983 0.960899316 136 141.5340793
1999 98 0.98 0.957966764 136 141.9673469
2000 97.3 0.973 0.951124145 68 71.49434738
2001 96.7 0.967 0.945259042 68 71.93795243
2002 95.8 0.958 0.936461388 62 66.20668058
2003 95.5 0.955 0.933528837 84 89.98115183
2004 95.5 0.955 0.933528837 84 89.98115183
2005 95.2 0.952 0.930596285 100 107.4579832
2006 95.5 0.955 0.933528837 100 107.1204188
2007 95.5 0.955 0.933528837 100 107.1204188
2008 96.8 0.968 0.946236559 100 105.6818182
2009 95.5 0.955 0.933528837 100 107.1204188
2010 94.8 0.948 0.926686217 100 107.9113924
2011 94.5 0.945 0.923753666 100 108.2539683
2012 94.5 0.945 0.923753666 100 108.2539683
2013 94.9 0.949 0.927663734 120129.3572181
2014 97.5 0.975 0.953079179 100 104.9230769
2015 98.2 0.982 0.959921799 100 104.1751527
2016 98.1 0.981 0.958944282 100 104.2813456
2017 98.6 0.986 0.963831867 100 103.7525355
2018 99.5 0.995 0.972629521 100 102.8140704
2019 100 1 0.977517107 110 112.53
2020 100 1 0.977517107 110 112.53
2021 99.8 0.998 0.975562072 110 112.755511
2022 102.3 1.023 1 110 110
2022 102.3 1.023 1 130 130
2022 102.3 1.023 1 150 150
2023 102.3 1.023 1 170 170

バブル崩壊前後の時期まで、ハンバーガー価格は、2022年でいう250円前後価格設定だったようだ。マクドナルドと似たような時期に創業したモスバーガーロッテリアでは、現在ハンバーガーを240円で販売している。マクドナルドハンバーガーも、元々は似たような価格設定だったように思う。

1995年に136円に値下げしたが、この価格2022年でいう141~145円ぐらいの価格だ。

興味深いことに、当時の136円は「意外と安いな、払ってもよいかな」という感覚だったのだが、2022年の141~145円は時々「うーん、今回はちょっと止めておこうかな」と思わせる重みがある。いちおう給料の額面は増えているのだが。消費者物価指数には消費税は含まれているけど社会保険料あたりは含まれていないので、社会保険料絡みで可処分所得が減っていることなどが影響しているのかもしれない。

東京ってバフかかってるのに、なんで衰退してるように見えるのか

どうも東京が衰退している気がする。

データではなく主観だ。


新しいものが出てこないから衰退しているように見える。

再開発はされているが、少し道を外れるとボロボロ空き家も見るようになった。

家電量販店は増えたが駅が変わってもどこも同じだし、転売できそうな物の販売しか盛り上がってないように見える。


文化資本が~というが、少なくともはてな話題にはならない。

博物館で何が開催されるか、というニュース話題にならないのだ。

ジョンイっていうネットフリックス映画見た

めっちゃざっくり話を説明すると

 

未来世界地球は滅亡、人類コロニー生活を強いられていた

そのうちの複数コロニーマシン制圧されて独立宣言、他のコロニー攻撃

伝説的女兵士であるジョンイが独立したコロニーを襲撃するも寸でのところで失敗、植物状態

ジョンイの脳を複製しAI化して軍事アンドロイドに搭載、今度こそ敵対コロニーの襲撃を成功させるべく

博士になったジョンイの娘がアンドロイドの調整を行う

しか本社コストがかかりすぎる精密な軍事AI計画を破棄

そこそこの性能の軍事AIアイドル的な人気を誇ったジョンイのセクサロイドの開発へ舵を切る

それを知ったジョンイの娘はサーバーからジョンイのデータを削除

ジョンイの最後AIを搭載したアンドロイド研究所から逃がし死亡する

記憶を取り戻したジョンイはコロニーの中でアンドロイドの姿で生きていくことにする

 

おわり

 

あ、そっちなんだ、てなったよね

人権とは」「人間とは」「心とは」みたいな話がメインでなんか思ってたんと違った

もうちょっとアクションに振った映画かと思って見てたので

最終的には「親子の絆で覚醒したジョンイが敵対コロニーの襲撃を成功させてチャンチャン」やろなと思ってたら

まぁ、その話はなかったことに、みたいな感じになっちゃって「えぇ!?」てなった

 

100点中45点くらいの映画

素直にヘルドッグス見とけばよかった

男叩きの時はデータ出せ、女叩きの時はデータなし

ほんまはてなーミソジニー巣窟やでぇー

男性就職できてます

大手転職サイト、「dada」の調査によると、営業事務の男女比は男性が18%、女性が84%となっており、一般事務場合男性が21%女性が79%という調査結果が出ています

かに女性の方が圧倒的に多いですが、男性事務職に就きにくいということでは決してなく、性別によって事務職の求人枠を設定している企業組織ほとんどありません。

https://shikakuhiroba.net/sonota/36697

特に重要なのは性別によって事務職の求人枠を設定している企業組織ほとんどありません。」というところ

求人さえしていればミソジニーは「女が選ばないだけ」「男女平等」って言ってきましたよね


まずは気になる男女比率についてご紹介します。

2014年調査になりますが、営業事務に応募した男女比率は、

【 男性:45%、女性:55% 】

という結果が出ています

https://www.e-liberty.co.jp/sp/tips/?id=1582592621-937046

さらにこう続きます

今回は『男性でも営業事務として働ける』というテーマで話を進めましたが、やはり採用されやすいのはまだまだ女性です。

男性事務職に応募するのはまだまだ不自然という文化根付いているため、面接の際に「なぜこの仕事を選んだのか」「今後のキャリアプランはどうなのか」などを明確に話せるように事前準備をしておくことが重要です。

文化のせいだって。よかったね。女みたいに男のせいって言われなくてw

でも管理職割合を見ると女性10%もいないので、そう言う方針をとっているのはまず間違いなく男なんですけどねーw

女叩きしても何も起こらないのでお間違いのないように


そして事務職の正社員率は50%以下で大半は派遣です

https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/keitai/03/kekka5.html



anond:20230129165100

anond:20230129101358

データ的には思春期は避けたほうがいいので子供はちいさいほうがいいい。それがロリコンだと言われても困るわ。

2023-01-29

anond:20230129171121

逆質問で悪いが、日常生活静止画動画撮影しないし、データダウンロードアップロードは一念発起して行うものでバッググラウンドで送受信しながらコンピュータを使ったりしない生活というもの若い人は想像できるのだろうかと思った

anond:20230129171121

何百GBも積めるようになって趣味人生観が変わったりした

これに関してはメモリHDDが少なかった時代メディアデータ量が少なかったから、容量の小ささから来る体感としての不便さはそうでもなかった

それ以前のフロッピーディスク抜き差ししていた頃とは雲泥の差があったが

anond:20230129171958

当時は保存するデータほとんどテキストばっかりだったから、

こんなに容量増えたら、一生使いきれないよーwww

って真面目にいつも思ってたわ。

anond:20230129171121

そもそもハードディスクが無かったんよ。

データというのは、未来永劫、フロッピーに読み書きするものだとずっと信じてた。

anond:20230129031529

普通に使うでしょ

っていうかデータ出したら絶対シンママの方が相手子持ち拒否する割合高いと思うよ

子供の事を考えてって事もあるだろうし、男性シンママを嫌がるのと同じ理由もあるだろうし

anond:20230128222626

前の分からそうだけどそういうの関係ないと思うよ

まずマッチングアプリってのが何かわかってない気がする

マッチングアプリってデータ検索するだけのソフトウエアなんだよ

付き合うとか誠実とか家族構成とか結婚するとかより全然手前の話

そういう人たちリストっていうのを検索して眺めるソフトなんだよ

あわよくば匿名メッセージを送ったりできるの

それも注意喚起ができる程度の生活県内じゃなくてもう全然遠方のしらない人からでも

これをそのままにしていたら100組のカップルができたとしても1人の不幸なユーザーが発生することくらい予見できるでしょ

シンママだろうが何だろうがそのデータをつかって機会を販売する目的じゃなければそれに対策くらいするでしょ

遠方からデータだけみて匿名をいいことにしたメッセージを送るとかは実際にお見合いみたいなことをすれば防げるでしょ

お見合いお見合い問題があるとかそういう話は別の話

いまはアプリの話をしてるわけだから

アプリをわざわざつくってつかってもらうってことの意義がいま問題が完全にゼロではないお見合いの形をとらずにあるのかってこと

お見合いより問題が増えるのに効率がいいからという理由だけでアプリをはじめる意義がどこにあるの

より多くの不幸な人が増えても絶対量として幸福な人が増えるからいいってリスクバランスを考えてるならそういいなよ

それに同意するのなら賛成されるしいまそれが賛成できないからブーブーゆってるんだわ

じゃあどんなマッチングアプリがよかったのか

考えてみた。思い付き羅列。

以下、登録者性別わず提出

企業側がこれくらいしっかりやらないと安心して利用しないだろうなと。マッチングアプリじゃなくてちゃんとした紹介所レベルだな。ちなワイ、シングルマザーITおばさん。件のアプリ適当情報で会員登録して触ったけど、微妙。だいたいなんで20代前半の男とかおるんだよ、ホスト結婚詐欺だろ。とくにシングルマザー世帯年収中央値が200万ちょいなんだから、心細くて必死だろうよ、そういうのに漬け込む奴はたくさんいるだろ。あとおおよその地域子供の学区特定余裕なんだから危ないわ。アプリ子供顔写真を載せるときは気をけてね!的な軽い注意文言で済ますなや。あほ

2022年の超過死亡数があまりにも多い件について

2022年11月分の「人口動態統計速報」が先日発表された。

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2022/dl/202211.pdf

以下は、全国の死者数について昨年11月までのデータとおととしのデータ比較したものである

20222021増加分
1月14.4万人14.1万人0.3万人
2月13.8万人11.9万人1.9万人
3月14.0万人12.4万人1.6万人
4月12.2万人11.8万人0.4万人
5月12.1万人11.9万人0.3万人
6月11.2万人10.9万人0.3万人
7月11.8万人11.2万人0.5万人
8月13.6万人11.8万人1.8万人
9月12.7万人11.6万人1.1万人
1013.2万人12.1万人1.1万人
11月13.4万人12.3万人1.2万人
前年度1213.4万人13.3万人0.1万人
合計155.8万人145.1万人10.6万人

2~3月の両月では、前年より1.5万人以上死者数が増加しているほか、8月以降は毎月1万人以上の増加を常に記録している。

言うまでもなくコロナウイルス蔓延の影響だ。コロナによる直接死だけでなく、それによって引き起こされた医療逼迫による関連死も多い。

そして、報道されている通り昨年の12月のコロナ患者数は相当数にのぼる。一昨年の死者数をさらに上回り、年間合計死者数は156万人以上を記録すると推定される。

これまでの最多死者数が1918年(スペインかぜの年)の149万人だから、記録が残っている中では最多の記録となる。

ご存知の通り、超高齢化社会である日本の死者数は毎年過去最多を記録しているため、史上最多と言われてもピンと来ないかもしれない。

人口問題研究所2017年に発表している「将来推計人口」を用いて、予想された死者数と実際の数字がどれくらい乖離しているのかを見てみる。

https://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Mainmenu.asp

推計実際の数字乖離
2016131.2万人130.8万人-0.4万人
2017133.8万人134.1万人0.3万人
2018136.4万人136.2万人-0.2万人
2019139.0万人138.1万人-0.9万人
2020141.4万人137.3万人-4.1万人
2021143.8万人144.0万人0.2万人
2022146.0万人156.0万人(推)10.0万人

2022年の死者数は予想よりも10万人増加していることがわかる。

2020年自粛の影響で人々の往来が少なくなり、結果として超過死亡数がマイナスになったという記事が出ていたが、

この数字はそれらのマイナスをかき消して余計に約5万人の超過死亡数を記録したということを示している。

人口問題研究所過去にも5年おきに同様の推計を出している。過去の死者数の推計と実際の死者数の数字を見比べてみる。単位は万人。

1997推計2002推計2006推計2012推計2017推計実数
199691----90
199793----91
199895----94
199998----98
2000100----96
200110398---97
2002106103---98
2003109107---102
2004112109---103
2005114112---108
2006117114110--108
2007120117112--111
2008123119115--114
2009126122117--114
2010129125119--120
2011132127122126-125
2012135130124123-126
2013138133127126-127
2014141135129128-127
2015144138131131-129
2016147140134134131131
2017149143136136134134
2018152145138139136136
2019154147141141139138
2020156149143144141137
2021159151145146144144
2022161153147148146155

2021年までは、基本的に死者数の実数は推計を下回る、そういうものであった。

1997年当時予測されていたよりも医学の発展はめざましく進み、平均寿命は常に上昇してきた。

「より人が死なない」という医療をひたすら、ときに色々なもの犠牲にしながら目指してきた日本であったが、

去年、ついに日本は「コロナに負けてしまった」のである

2023-01-28

男の容姿下方婚ネタ収入下方婚ネタと違ってなんのデータもないお気持棒で戦ってるのでクンニ増田とお似合い

anond:20230128164011

生涯未婚率の差って、金のある男が若い女に乗り換えて、未婚女性割合を減らしてるってデータだろうが

なんで男の側の原因だって言えるかといえばお前の言うように「女が下方婚しない」として、一度収入のある男と結婚した女の側には離婚理由はないんだから

男の側が若い女を求めるから離婚して、別の未婚女性結婚する

それで未婚女性割合が減る

それが生涯未婚率の差になるんだよ

わからんかな

[] そのごひゃくごじゅうろく

ヘヴェリウーッス

 

本日データプライバシーの日、日本においてはコピーライターの日衣類乾燥機の日宇宙からの警告の日セレンディピティの日、初不動、初荒神です。

データプライバシーということで、まぁ現代社会ものすごい勢いで情報錯綜しているのですが

その中で個人情報等も大量にやり取りされている訳です。

こんなに大量ある中で一つくらい漏れちゃうのも仕方ないよね、なんて数の多さを受けてとんでもないことを言い出しそうですが

まぁなんだかんだ年間数回以上漏洩してます

それが漏れたらどうなるのか、というのがなんというか昨今の事件で明らかになっていたりしますので皆様も気を付けていきましょう。

正直言えば、どの企業やらかししま人間はいるので、後はその補償がどうなるのか、いやどうかなったことなんてあったか

ちょっと私には覚えがありません、偉い人が頭下げてたぐらいでしたね。

気を付けようとか怪しいサイトは踏まないようにしようとかしか言えません。

変なメールから届く変なアドレスを踏まない、です。

そういう基本的なことだけ守っておきましょう。

 

ということで本日は【情報管理いか】でいきたいと思います

情報管理いか情報管理ヨシ!

 

それでは今日も一日、ご安全に!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん