「データ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: データとは

2021-02-25

夫婦別姓って実際問題なんでこんなに騒がれるほどのものなのか

まず簡単歴史を調べてみた。

名字歴史

1870年平民名字許可令によって、誰でも名字を使って良くなった。これまでは平民名字を使ってはだめだった。

1871年戸籍法によって名字登録が推進された。姓尸不称令によって名前名字名前になった

1872年改名禁止令によって、名字が変更できなくなり

1875年苗字必称義務令によって、名字を持つことが義務になった

夫婦における姓の歴史

1876年戸籍法では夫婦別姓だった。そもそも慣習としては夫婦別姓だった。

夫婦別姓、と言うと少しニュアンスが違うけど、日本於いては「親の姓を男女問わずに継いでいく」が基本だった。ただ、庶民には姓なんかないので、この辺は宙ぶらりん感がある

夫婦同性になったのは、1898年明治民法から

「戸主及ビ家族ハ其家ノ氏ヲ称スル、妻ハ婚姻ニ因リテ夫ノ家ニ入ル」

というように書かれているので、結婚したら妻(女性)は夫の家に入るので、名字は夫の名字になるというようになった。

夫婦同性、と言うよりは、嫁自動的に夫姓になる制度と言っても良い。

そういえば婿養子ってなんだよと思ってこっちも調べた所、男性が親と養子縁組を結んで、その家の娘と結婚する、と言うクソめんどくさい手順によっているようだ。

夫婦別姓に反対という人の気持ち

ここまで見てみれば(と言ってもほうぼうで見かけた情報ではあるが)、夫婦同性というのは明治時代に導入された制度だが、「平民名字を名乗っていい、いや、名乗れ」からの流れの中で「結婚したらどうすんの?」という感じで「夫婦別姓でいいんじゃね?このほうが自然だし」からの「いややっぱ旦那の姓をなのれ」に変わってきたという結構自然な家庭を経ている。これを伝統と言って良いのであれば、国家国民強制してきたことが伝統になってしまう。

システム屋として考えたこ

テクニカル夫婦別姓を考えると、データ管理の点でのコストがあるというのはある。

DBなんかで詳しい人は「姓」にその戸籍参加者を紐付ける形で管理していたが、この「姓」が家庭の単位を表さなくなったときにどうやって国民戸籍情報管理するのかという問題がある。いつ生まれて、どういうふうに転居し、誰と結婚して、子供が生まれて、離婚して、死別して、みたいなすべての履歴データを新形式コンバートせよという難題だ。明治時代とかの手書き戸籍謄本は電子化したうえで、ID割り振りという苦行が待っているだろう。待っていないかもしれないがこの辺は考え方次第かもしれない。

戸籍謄本は直系尊属はいくらでもさかのぼって取得して良いというものがある。これは、自分の親、親の親、親の親の・・・というようにさかのぼって戸籍が取得できる制度になるのだが、仮に「姓」で戸籍情報管理する場合、別の情報戸籍管理をする必要が出てくる。過去の人にもさかのぼって。

もしこういうプロジェクトを立ち上げた場合にやりたい人っているだろうか、いやいるまい。

夫婦別姓をシステムとして導入するには以下のステップがいるだろう。

何よりもきつそうなのは戸籍データ各自体で各々管理されている(総務省が何かしらの方法で一括管理しているかもだけど)ので、この辺のすべてのデータ統合する必要がある。しかもやっている間も粛々と人々は結婚し、生まれ離婚し、死に、転出し、転入する。

そういうわけなので、なにかウルトラCを考えないと、システムから夫婦別姓はかなりの困難を伴うだろう。

もしできた場合どうなるのか

もしこの辺がきちんとシステム化された場合、例えば遺産相続で非相続者が登場するすべての戸籍謄本を集めなくてはならない(法的に他に相続権者がいないか証明する必要があるので)というクッソだるいイベントがあるんだが、これを非相続者のID申請したら一気に全部取得できるとかそういうのはできるかもしれない。

夫婦別姓なんか「もともと何の問題もないので好きにしてください」位自由にできる。

氏名変更だってそんなに難しくない(しょっちゅう変えるとシステム的に良くてもみんな混乱するので何かしら規制は入るだろうが。)

夫婦別姓マイナンバー

名字って実質的戸籍名前とみなしても問題ないわけだけど、現行の戸籍制度を維持したまま夫婦別姓容認すると、夫婦同姓の組と夫婦別姓の組が同じ戸籍制度の下で混在して、行政サービス効率が非常に悪くなってしまうことが考えられるわけだよね。だから選択夫婦別姓容認するためには、行政サービスの質を維持するためにマイナンバーによる一元管理を進める必要があるわけじゃん。それは、戸籍という「家」単位での管理からマイナンバーによる「個人単位での管理という側面からも、合理的だと思う。

だけど、いざマイナンバーを普及させようとすると、リベラルの人たちはこれに反対するわけじゃん。(リレーショナルデータベースとかやったことある人ならインデックス付けて情報管理するのがデータ構造の側面から効率が良いってことは分かると思うけど。それはまあ置いといて。)だから、彼らは現行の戸籍制度を維持したまま、夫婦別姓だけは容認するという、ものすごく非効率的で非合理的なことを主張しているわけなのよ。

これは選択夫婦別姓を実現する気がないと捉えられても仕方がないと思う。夫婦別姓を実現するためには、「家」単位ではなく「個人単位情報管理する方法に変更していかなくてはいけない。そのためにはマイナンバー絶対必要。どうか夫婦別姓を「なんとなく男女平等で良さそうだから賛成」ではなく、確実に実現させるためにはマイナンバー必要で、マイナンバー全国的に普及して初めて選択夫婦別姓という新たな選択肢が選択可能となることを念頭に置いていただきたい。

anond:20210225021240

投票した人間の男女比なんてデータがあるの?

印象ではヒトラー女性人気高くて、アーリア人女性有名人みんな支持してたイメージだけど。

anond:20210222091024

>>大人さなんてもんを強いられてるのは女性だけだろうが。

そんなデータ存在しない。

それどころか学生対象にした意識調査では真逆の結果が出てる。

男の方がずっと多く「男だから我慢しろ」などの言葉で抑圧され、女の方が自由に育てられてるのが”客観的データ”で判明してる。

2021-02-24

マレーシア人種差別政策「ブミプトラ政策」について語ってみる

個人的感情人種差別と書いてしまったが、マレーシア政府からするとマレー人優遇政策らしい。が、正直人種差別だとしか思えないのでタイトルではそう書いた。

マレーシア人種構成について

マレーシア多民族国家である2018年データでは、マレー系69%、中華23%、インド系7%という人口構成比となっている。

中華マレーシア人は19世紀ごろに中国南部から渡ってきて定住している人たちや、植民地時代労働者としてヨーロッパ諸国に連れてこられた人たちの子である

今回は主にマレー系マレー人中華マレー人の断絶について語っていく。

マレー系中華系の断絶に関する個人的所感

あくまで全体的な傾向だが、マレー系の人は良くも悪くもおおらかである。細かいことは気にせず、10時に始まる授業が始まるのは11時だったり、12時だったり、15時だったりした。基本約束は守らず、お店の人はずっとスマホを見ていたように思う。

一方中華系の人は、勤勉な人たちが多かった。何事にも一生懸命留学したり、インターンをしたり、積極的な人が多かった。

全く違う性質を持つ2つの民族間の断絶は大きかったと思う。仲が悪いわけではないが、少なくとも私が住んでいたクラスの席は人種ごとに分かれ、ランチも、ショッピングも、人種が交わったグループで行われることはなかった。日本人の私は、マレー系の人からは「中華系の人たちは働きすぎて余裕がない。あんな働いてどうするんだろう」と、中華からは「マレー系の人たちはあんなに怠惰でひどい」とよく言われていた。

ブミプトラ政策の背景

こうしたことからまれるのは経済的格差であるマレーシア資本主義をとっているので、勤勉に働く人がお金を得られる。つまり、多くの経験をつみ、起業したり大企業で働く人の多くは中華である。こうしたことで、経済を回すのは中華系の人々で、マレー系の人々は農業などの一次産業従事するという構図が出来上がった。

さら政治的主導権も中華系が握りつつあった。

ここに待ったをかけたのがマレー系の人々で、マレー系の人々を優遇することで、マレー系地位を守ろうとした。そのための政策1971年にうまれたブミプトラ政策である

ブミプトラ政策の3つの

ブミプトラ政策つの柱は教育就職・減税である

教育は、日本で言えば高校入試において男女別に枠を設けているのと同じようなものだ。こうした場合性別ごとの最低合格点が異なることで不公平が生じることがある。マレーシア国立大学では人種ごとの合格枠の比がその人口比とかけ離れているため、優秀な中華系が大学に落ち、マレー系ばかりが合格するということが多発した。

就職は、中華系の人には職業選択の自由保障されていないということだ。中華系の人は、公務員にはまずなれない。もしなれても昇給などで不当な扱いを受ける。私の友人の中華マレーシア人も、子供の頃から警察官に憧れていたが、途中で自分はなれないことを知って、その時はとても悲しかったと言っていた。

減税はそのまま、マレー系の人たちは車や家に関する税がかなり優遇されている。低金利ローンや住宅購入時の割引などもある。また、会社マレー系の人が経営している場合はかなり税金優遇措置がある。(中華系の人は、無能マレー系人形としてトップとしておけばいい、なんてジョークをよく言っていた。)

ブミプトラ政策の今後について

国際的批判(マレーシア人種差別撤廃条約を批准していない)や、中華系(や、とばっちり差別されているインド系)の人たちの反発があり、ブミプトラ政策の緩和を推進する動きもある。

しかし、マレーシア民主主義国家であり、マレー系人口は全体の69%であることから、ブミプトラ政策の緩和という政策話題になっては消えるということを繰り返してきた。

最近では2019年選挙の結果首相となった93歳のマハティール氏の支持率は当初79%であったが、ブミプトラ政策を見直す姿勢を明らかにしてから下院議員州議会議員補選与党は3連敗し、支持率も39%まで低下し、デモも多発した。

もともとマハティール氏は昔も首相であったが、その際もブミプトラ政策見直しをしようとして野党に転落した。

こうした背景もあり、実際ブミプトラ政策撤廃は難しく、もし撤廃される日が来るとしてもそれはかなり先のことだろう。

感想

正直難しい問題である

マレーシアのことだから差別的だと思ってしまうが、他の国から来た何世とか言われる人たちが日本の富のほとんどを持っていて、政治的主導権も持ってたら、多分私もそれを良しとは心から思えないから。

https://anond.hatelabo.jp/20210224135231

お前の中では精々十数人が「いっぱい」なのか?

しかもさめちゃんじゃなくてアメリアワトソンだろ

データで語るべきなのはお前だタコ

anond:20210223014948

本当にそうなの?

にじさんじ所属するVtuberより登録者数の多い個人勢とかいっぱいいるよ

最近はどこに所属しているかじゃなくて海外勢に注目される事をやってるかのほうが人気を左右するよね

天使うととかキャラデザがさめちゃんと同じってだけで登録者爆増してるし、ちゃんデータで語ろう

anond:20210223024907

平均IQ男性が高いというデータ女性が高いというデータも同じくらいというデータもあるから

Vtuber

Vtuber系で度々問題が起きるのは、金儲けしか考えていない運営と注目を浴びて調子に乗りすぎたアホチューバーのせいだと感じる。

まずクソ運営は、自分らの儲けを減らしたくがないためにとにかく経費を減らそうとする。例えばイメージイラストみたいな感じの作品絵師漫画家に依頼するが、最初提示した依頼料ではなく、あれこれ理由をつけて依頼料を減らしてくる。

散々描かせたあとにだ。

いわゆるTwitterなんかにみかけるトラブル

依頼の時はニコニコヘコヘコと頼み込んでおいて、出来上がった途端にいちゃもんをつけ始める。だからトラブルが尽きない。

描く前ならまだしも、描いた後にやるから論外。

描いたものを渡さなければ良いと考える人もいるだろうが、すでにデータを渡してしまっているので遅い。

いくら依頼のやりとりを記録していても、クソ運営は頭がとてつもなく悪いので、訴えられても負ける気がしないと思い込んでいるせいか強気姿勢を崩さない。

運営自体精神年齢が極端に低いので、悪い事をしているという認識がない。人として終わっている。

次にVtuber

もともと子供のまま図体だけ無駄に成長している中のバカモラルマナーも何一つ学んでないために小学生だってわかるような事すら理解できないまま注目を浴びる喜びを知ってしまい、クソな事を当たり前のように配信で喋ってしまう。

ろくすっぽ常識を学んでないのにネット環境を与えると問題しかならないという典型的な例である

この問題で何が一番いかんかというと、その辺の姿をさらけ出している迷惑YouTuberと違って、3次元キャラの皮を被っているので素顔を見せずにやらかすという事。

バカに半匿名の場を与えるのは本当に愚かな行為で、そのバカのやる事を楽しんだりスパチャで貢ぐ阿呆は死んでも治らないだろうのは間違いないだろう。


これらが揃っているから、起こさないで良い炎上が起こる。そしてあいつらはバカなので何故炎上たか理解できていないし、自分が悪い事に気づかない。

何か炎上でもしようものならば、適当Vtuber契約を切れば良いし、Vtuber自身適当精神問題がどうのこうのと理由をつけて、一時雲隠れするだけで反省なんぞ、どこにもしていないで厚顔無恥で戻ってくる。

しませる存在だったはずのVtuberが、自らの存在意義を忘れた結果が今日までの度々起こる問題に繋がる。

所詮、善し悪しが理解できないクソガキなのでこれからも何度も問題を起こしていくのだろう。未来老害候補なのは間違いない。

anond:20210223170618

納税している人間の一人として疑問がないと思っているかいいんじゃないの。

データは見た上で主張が違うんだよ。教授法の改善課題でも不要論にはならない。

理系を出てても徒然草八十五段くらいは知ってるんだよ。一回読み直したら?

2021-02-23

ホロコースト否定者の出鱈目さ:フランス

ローベールフォーリソンという、リビジョニストでおそらくは最も有名と言っていいフランス人がいた。いた、というのはこのコメント時点の3年前に89歳で亡くなったかである

フォーリソン氏は、1970年前後くらいかホロコーストに疑問を持ち始めたらしい。そして、1974年ごろにイスラエルにあるホロコースト記念館(ヤド・ヴァシェムと呼ぶ)に長大な長さのホロコーストについての疑問をまとめた書簡を送った(無視されたようであるが、当たり前だと思うw)

 

フォーリソンがホロコーストに疑問に思ったのは、ざっくり言うと、世間で言われている内容が変だからだ。

例えば、テレビか何かだと思うが、ガス室と呼ばれた部屋に、窓ガラスがあったんだと。どんな映像か知らんけど、とにかくそんな画像映像かを見たんだと。

そんなもんがガス室なら、ガラス割って逃げればいーじゃねーかと。

多分だけど、テレビか何かが間違って伝えたんだと思う、実際に戦後に残っているガス室とされる部屋にはそんな箇所はないからだ(あるにはあるがそれはまた別の話だからしない)。

で、そうしたいろんな疑問があるとフォーリソンは認識し、ついにあのアウシュヴィッツへ赴く。

そして、今現在もある有名なアウシュヴィッツガス室に、アウシュヴィッツ博物館の案内係と一緒に赴く。

ここで重要なのはフォーリソンはもはや既にガス室など信じてはいないのである。ヤド・ヴァシェムに大量の書簡を送りつけるほどガチである

まり彼は、シャーロック・ホームズの気分だったのである。どっかにアラはないかという視線しか彼にはない。

そして、ついに発見する。そのガス室の隣の部屋にある、いわゆる遺体火葬炉の、遺体を入れる口元に、指で触れると煤がない……と。

先に答えを言っておくと、その火葬炉は、戦後再現されたものだ。戦時中1944年中頃に、ガス室火葬炉のあるクレマトリウムごと防空壕に作り替えてあったので、ポーランド博物館にするために、もう一度ガス室に見えるように再現工事をしたのである(おいそこ!、戦後捏造だとかゆーなw)。

その時に、撤去してあった火葬炉を元の姿に見えるように再現したのである。だから一部部品がなかったりする。

 

そしてフォーリソンは「やっぱりか!」という心境になったのか、一緒にいた案内係に向かってこう言った。

「ここは当時のままなのですか?」

すると案内係は

はいそうです、当時のままです」

と答えた。

するとフォーリソン

(明らかに嘘を付いている、これはこのガス室捏造したこと隠蔽しているに違いない!)

と確実な疑念を持つようになる。

 

だが、ちょっと待て。この話おかしい。

 

だってガス室への疑問を持つのは構わないが、火葬場は別である。そこは間違いなく元々火葬場であり、ガス室とされているところは、最初死体置き場だったかである

図面ちゃんと残っているしガス室とは書いてないが死体置き場ときっちっと書かれていて、実際その図面フォーリソンはその後すぐ入手しているのである

実際、著名リビジョニストの全員だと思うが、誰一人、そこがが火葬場だったことに異議を唱えた人はいないはずである

火葬炉の燃焼能力に疑問を持つの否定派の定番だが、存在自体を疑った人は誰もいないであろう。

からちょっと考えるだけで、煤の疑問は「再現されたからだ」とわかったはずである。あるいは疑問の根拠になってなかったのだ。

 

そして、それとは別にフォーリソンはアウシュヴィッツ収容所敷地内に、例の、否定派には有名なアウシュヴィッツプール発見する。

ところが、フォーリソンはそんな感じで「隠蔽」を疑っているものから、案内係がプールに案内しないのはおかしい!とまた疑う。

 

(どうして絶滅収容所であるはずのアウシュヴィッツ収容所に娯楽用のプールがあるのだ? そして案内係はプールに案内しない・・・怪しい、隠す気だな?)と。

 

プール1944年半ば頃設置の防火用であり、親衛隊がどう言うわけか飛び込み台まで設置させて娯楽用としても使えるようにしたのだが、そこはアウシュヴィッツ基幹収容所であり、絶滅現場ビルケナウではないし、虐殺なら1941年から始まっている(絶滅1942年である)。

ていうか、プールがあったからって何なんだ? プールがあったら残虐なことしてはいけないとでも言うのか?

この発想がのちに、劇場があるとか(敷地外に、元々ポーランド兵舎だった時代からあるのだが)、図書館だとか、そんな話につながっていく。

しかしだ、ガス室を始めとする歴史的存在である収容所を案内するのに、どうしてプールまで案内する必要があるのだ?

それじゃ、案内に関係のないボイラー室とかゴミ置き場とか全部案内しろとでも言うのか?

そんなことしたら、何日あっても案内が終わらないぞ。

  

さらに、細かい事実あんまり知らないんだけど、フォーリソンはテレビか何かでおおっぴらにホロコーストへの疑問を公言するようになったものから、とうとう逮捕されてしまう(民事かもしれないがその場合は読み替えて欲しい)。そして、上で述べたクレマトリウム1の捏造疑惑の話が裁判で出たのだが、検察側は戦後再現である事実証明するために、ある証人を出廷させる。ポーランド人でその再現工事に関わった人物である証人は、工事内容を語り、煙突再現したことや、ガスを落とすための天井の穴を再び開けたことなどを証言した。元々あった穴をコンクリで埋めてあっただけだから簡単に開けることができた、と証言した。ところがフォーリソン、再現工事をした動かぬ証拠となる証言者に、疑惑を抱く。

 

おかしい。私が疑っただけで、こんなにタイミング良く証人が出てくるとかあり得ない!)

 

と。いやいや待て。フォーリソンがそう主張するから検察が探してきたんだろ!

一応、アウシュヴィッツ博物館戦後からずっとあるので、戦後に行われた工事関係の残っている資料でも漁れば、業者くらい簡単に見つかってもおかしくない。博物館だって積極的に協力するっつーの。

一事が万事この調子で、フォーリソンの信念が逮捕有罪判決如きで覆ることはあり得ず、有名なホロコースト否定裁判であるカナダのツンデル裁判にもほとんど裏の支配者(ほとんど表に出てるけどなw)として様々なアイデアや指示を与え、あの有名なロイヒター報告の最初提案者にもなっているくらいである。彼には有名な決まり文句が二つある、その一つが、、

 

ガス室殺人には法医学証拠がない!」

 

である。だからロイヒター報告の調査やらせたのだ。彼らはこれが世界初アウシュヴィッツガス室への法医学調査だと思っていたらしいが、実はそうではない。アウシュヴィッツ解放後にポーランド地元クラクフ法医学研究所がすでに調査をやって、青酸成分をすでに検出していたのであるが、その信憑性はともかくとして、二番目である。そしてロイヒター報告後に、同じ機関であるクラクフ法医学研究所が、再び詳細な調査ロイヒターより遥かに精度が高い)を行なって、やはり青酸成分をきっちり検出している。

 

だが、このロイヒターとクラクフ矛盾を、フォーリソンは一方的クラクフは正しくないとして無根拠否定する。フォーリソンに言わせれば、陰謀当局ロイヒター報告に震え上がって、慌てて否定する調査報告を出したに違いない、となるのである

 

こんな感じでどんどんフォーリソンは自身の信念をがっちり固めていったのである。こうなるともはや何を言っても聞かない。フォーリソンの決め台詞はこうである

 

「私に一つでも証拠を! 一つでも証拠さえあればホロコーストがあったと認める!」

 

―あるわけない。だって、それはフォーリソンだけが納得する証拠からであり、具体的にどんな証拠なのか絶対に言わないからだ。その上、どんなに確実な証拠を示したところで、フォーリソンの前では陰謀にされてしまうのだからwwwアメリカの有名な疑似科学批判であるマイケル・シャーマーフォーリソンに「具体的にどんな証拠が欲しいのですか?」と聞いても、答えは返ってこなかったそうな。なお、このセリフを真似しているのが西岡である

 

ともかく、フォーリソンに反論なんかすると、それは全部、いわゆるユダヤ人陰謀工作なのである。今でも例えばJアノンとかがそんな感じだと思う。ともかく、ホロコーストガス室に対して、様々な証拠で確実性が高められたとしても、それはフォーリソンにとっては全く逆の効果を示し、「おかしい……そんな都合よく、後からから証拠が出てくるのはあまりにも不自然である」にされてしまう。

 

フォーリソンが如何にガス室虐殺を認めなかったかということを示す興味深いエピソードがある。

 

フォーリソンほどではないにせよ、同様にホロコースト懐疑的であったプレサックと言う薬剤師がいた。フォーリソンは確かにホロコーストについて博学なので、ホロコーストモチーフにした小説を書く計画を持っていたプレサックは、フォーリソンに近づき、一時期一緒に共同研究ぽいことをやっていた。ある時、ナッツバイラ収容所ガス室証拠とされていた資料を一緒に調べていたら、プレサックはフォーリソンがおかしいことに気づく。ある資料にどう考えてもガス室による殺害しか考えられないデータ記載されていたにも関わらず、「いやそれはたまたま書き間違えたのであろう」と、全くの無根拠否定してしまったらしい。そしてそれがきっかけで、超優秀だったプレサックはフォーリソンと袂を分ち、自分で徹底的な資料調査(それまで一級の学者ですらそこまで調査したことのないレベルである)を行い、アウシュヴィッツガス室虐殺が行われたことを証明する、界隈では有名な『アウシュヴィッツ ガス室操作技術』を出版するのだった。これについてフォーリソンはどう思っていたかは知らないが、プレサックに修正主義者から足を洗わせたのは間違いなくフォーリソンの責任である

 

ともかく、フォーリソンはガチホロコースト否定教の教祖(始祖ではないが)になってしまったのであるホロコーストが実際にはなかったと固く信じて疑わなかった稀有な人だろう。

リビジョニストホロコーストがほんとになかったと心の底から思っていたのはフォーリソンだけだと思うよ。

あんな、キチガイじみた発想ができるのはフォーリソンを除いていないと思う。

他のリビジョニストもっと論理的に話を進めるけど、フォーリソンはレベルがまるで違う。

悪意は全くなく、本気で信じてたわけだから

 

現代のいわゆる一般的市民否定派さんたちはある意味可哀想だと思う。だってプールとか音楽隊とかの疑問を持ち出した始まりはこのフォーリソンだよ? 

知る人ぞ知るYoutubeの例の動画にもある、プールの話。あれはフォーリソンが始まりなんだ。

 

否定派に言いたいのはフォーリソンみたいな人になりたいのか? と言うことである(笑)

ホロコースト否定者の出鱈目さ:フランス

ローベールフォーリソンという、リビジョニストでおそらくは最も有名と言っていいフランス人がいた。いた、というのはこのコメント時点の3年前に89歳で亡くなったかである

フォーリソン氏は、1970年前後くらいかホロコーストに疑問を持ち始めたらしい。そして、1974年ごろにイスラエルにあるホロコースト記念館(ヤド・ヴァシェムと呼ぶ)に長大な長さのホロコーストについての疑問をまとめた書簡を送った(無視されたようであるが、当たり前だと思うw)

 

フォーリソンがホロコーストに疑問に思ったのは、ざっくり言うと、世間で言われている内容が変だからだ。

例えば、テレビか何かだと思うが、ガス室と呼ばれた部屋に、窓ガラスがあったんだと。どんな映像か知らんけど、とにかくそんな画像映像かを見たんだと。

そんなもんがガス室なら、ガラス割って逃げればいーじゃねーかと。

多分だけど、テレビか何かが間違って伝えたんだと思う、実際に戦後に残っているガス室とされる部屋にはそんな箇所はないからだ(あるにはあるがそれはまた別の話だからしない)。

で、そうしたいろんな疑問があるとフォーリソンは認識し、ついにあのアウシュヴィッツへ赴く。

そして、今現在もある有名なアウシュヴィッツガス室に、アウシュヴィッツ博物館の案内係と一緒に赴く。

ここで重要なのはフォーリソンはもはや既にガス室など信じてはいないのである。ヤド・ヴァシェムに大量の書簡を送りつけるほどガチである

まり彼は、シャーロック・ホームズの気分だったのである。どっかにアラはないかという視線しか彼にはない。

そして、ついに発見する。そのガス室の隣の部屋にある、いわゆる遺体火葬炉の、遺体を入れる口元に、指で触れると煤がない……と。

先に答えを言っておくと、その火葬炉は、戦後再現されたものだ。戦時中1944年中頃に、ガス室火葬炉のあるクレマトリウムごと防空壕に作り替えてあったので、ポーランド博物館にするために、もう一度ガス室に見えるように再現工事をしたのである(おいそこ!、戦後捏造だとかゆーなw)。

その時に、撤去してあった火葬炉を元の姿に見えるように再現したのである。だから一部部品がなかったりする。

 

そしてフォーリソンは「やっぱりか!」という心境になったのか、一緒にいた案内係に向かってこう言った。

「ここは当時のままなのですか?」

すると案内係は

はいそうです、当時のままです」

と答えた。

するとフォーリソン

(明らかに嘘を付いている、これはこのガス室捏造したこと隠蔽しているに違いない!)

と確実な疑念を持つようになる。

 

だが、ちょっと待て。この話おかしい。

 

だってガス室への疑問を持つのは構わないが、火葬場は別である。そこは間違いなく元々火葬場であり、ガス室とされているところは、最初死体置き場だったかである

図面ちゃんと残っているしガス室とは書いてないが死体置き場ときっちっと書かれていて、実際その図面フォーリソンはその後すぐ入手しているのである

実際、著名リビジョニストの全員だと思うが、誰一人、そこがが火葬場だったことに異議を唱えた人はいないはずである

火葬炉の燃焼能力に疑問を持つの否定派の定番だが、存在自体を疑った人は誰もいないであろう。

からちょっと考えるだけで、煤の疑問は「再現されたからだ」とわかったはずである。あるいは疑問の根拠になってなかったのだ。

 

そして、それとは別にフォーリソンはアウシュヴィッツ収容所敷地内に、例の、否定派には有名なアウシュヴィッツプール発見する。

ところが、フォーリソンはそんな感じで「隠蔽」を疑っているものから、案内係がプールに案内しないのはおかしい!とまた疑う。

 

(どうして絶滅収容所であるはずのアウシュヴィッツ収容所に娯楽用のプールがあるのだ? そして案内係はプールに案内しない・・・怪しい、隠す気だな?)と。

 

プール1944年半ば頃設置の防火用であり、親衛隊がどう言うわけか飛び込み台まで設置させて娯楽用としても使えるようにしたのだが、そこはアウシュヴィッツ基幹収容所であり、絶滅現場ビルケナウではないし、虐殺なら1941年から始まっている(絶滅1942年である)。

ていうか、プールがあったからって何なんだ? プールがあったら残虐なことしてはいけないとでも言うのか?

この発想がのちに、劇場があるとか(敷地外に、元々ポーランド兵舎だった時代からあるのだが)、図書館だとか、そんな話につながっていく。

しかしだ、ガス室を始めとする歴史的存在である収容所を案内するのに、どうしてプールまで案内する必要があるのだ?

それじゃ、案内に関係のないボイラー室とかゴミ置き場とか全部案内しろとでも言うのか?

そんなことしたら、何日あっても案内が終わらないぞ。

  

さらに、細かい事実あんまり知らないんだけど、フォーリソンはテレビか何かでおおっぴらにホロコーストへの疑問を公言するようになったものから、とうとう逮捕されてしまう(民事かもしれないがその場合は読み替えて欲しい)。そして、上で述べたクレマトリウム1の捏造疑惑の話が裁判で出たのだが、検察側は戦後再現である事実証明するために、ある証人を出廷させる。ポーランド人でその再現工事に関わった人物である証人は、工事内容を語り、煙突再現したことや、ガスを落とすための天井の穴を再び開けたことなどを証言した。元々あった穴をコンクリで埋めてあっただけだから簡単に開けることができた、と証言した。ところがフォーリソン、再現工事をした動かぬ証拠となる証言者に、疑惑を抱く。

 

おかしい。私が疑っただけで、こんなにタイミング良く証人が出てくるとかあり得ない!)

 

と。いやいや待て。フォーリソンがそう主張するから検察が探してきたんだろ!

一応、アウシュヴィッツ博物館戦後からずっとあるので、戦後に行われた工事関係の残っている資料でも漁れば、業者くらい簡単に見つかってもおかしくない。博物館だって積極的に協力するっつーの。

一事が万事この調子で、フォーリソンの信念が逮捕有罪判決如きで覆ることはあり得ず、有名なホロコースト否定裁判であるカナダのツンデル裁判にもほとんど裏の支配者(ほとんど表に出てるけどなw)として様々なアイデアや指示を与え、あの有名なロイヒター報告の最初提案者にもなっているくらいである。彼には有名な決まり文句が二つある、その一つが、、

 

ガス室殺人には法医学証拠がない!」

 

である。だからロイヒター報告の調査やらせたのだ。彼らはこれが世界初アウシュヴィッツガス室への法医学調査だと思っていたらしいが、実はそうではない。アウシュヴィッツ解放後にポーランド地元クラクフ法医学研究所がすでに調査をやって、青酸成分をすでに検出していたのであるが、その信憑性はともかくとして、二番目である。そしてロイヒター報告後に、同じ機関であるクラクフ法医学研究所が、再び詳細な調査ロイヒターより遥かに精度が高い)を行なって、やはり青酸成分をきっちり検出している。

 

だが、このロイヒターとクラクフ矛盾を、フォーリソンは一方的クラクフは正しくないとして無根拠否定する。フォーリソンに言わせれば、陰謀当局ロイヒター報告に震え上がって、慌てて否定する調査報告を出したに違いない、となるのである

 

こんな感じでどんどんフォーリソンは自身の信念をがっちり固めていったのである。こうなるともはや何を言っても聞かない。フォーリソンの決め台詞はこうである

 

「私に一つでも証拠を! 一つでも証拠さえあればホロコーストがあったと認める!」

 

―あるわけない。だって、それはフォーリソンだけが納得する証拠からであり、具体的にどんな証拠なのか絶対に言わないからだ。その上、どんなに確実な証拠を示したところで、フォーリソンの前では陰謀にされてしまうのだからwwwアメリカの有名な疑似科学批判であるマイケル・シャーマーフォーリソンに「具体的にどんな証拠が欲しいのですか?」と聞いても、答えは返ってこなかったそうな。なお、このセリフを真似しているのが西岡である

 

ともかく、フォーリソンに反論なんかすると、それは全部、いわゆるユダヤ人陰謀工作なのである。今でも例えばJアノンとかがそんな感じだと思う。ともかく、ホロコーストガス室に対して、様々な証拠で確実性が高められたとしても、それはフォーリソンにとっては全く逆の効果を示し、「おかしい……そんな都合よく、後からから証拠が出てくるのはあまりにも不自然である」にされてしまう。

 

フォーリソンが如何にガス室虐殺を認めなかったかということを示す興味深いエピソードがある。

 

フォーリソンほどではないにせよ、同様にホロコースト懐疑的であったプレサックと言う薬剤師がいた。フォーリソンは確かにホロコーストについて博学なので、ホロコーストモチーフにした小説を書く計画を持っていたプレサックは、フォーリソンに近づき、一時期一緒に共同研究ぽいことをやっていた。ある時、ナッツバイラ収容所ガス室証拠とされていた資料を一緒に調べていたら、プレサックはフォーリソンがおかしいことに気づく。ある資料にどう考えてもガス室による殺害しか考えられないデータ記載されていたにも関わらず、「いやそれはたまたま書き間違えたのであろう」と、全くの無根拠否定してしまったらしい。そしてそれがきっかけで、超優秀だったプレサックはフォーリソンと袂を分ち、自分で徹底的な資料調査(それまで一級の学者ですらそこまで調査したことのないレベルである)を行い、アウシュヴィッツガス室虐殺が行われたことを証明する、界隈では有名な『アウシュヴィッツ ガス室操作技術』を出版するのだった。これについてフォーリソンはどう思っていたかは知らないが、プレサックに修正主義者から足を洗わせたのは間違いなくフォーリソンの責任である

 

ともかく、フォーリソンはガチホロコースト否定教の教祖(始祖ではないが)になってしまったのであるホロコーストが実際にはなかったと固く信じて疑わなかった稀有な人だろう。

リビジョニストホロコーストがほんとになかったと心の底から思っていたのはフォーリソンだけだと思うよ。

あんな、キチガイじみた発想ができるのはフォーリソンを除いていないと思う。

他のリビジョニストもっと論理的に話を進めるけど、フォーリソンはレベルがまるで違う。

悪意は全くなく、本気で信じてたわけだから

 

現代のいわゆる一般的市民否定派さんたちはある意味可哀想だと思う。だってプールとか音楽隊とかの疑問を持ち出した始まりはこのフォーリソンだよ? 

知る人ぞ知るYoutubeの例の動画にもある、プールの話。あれはフォーリソンが始まりなんだ。

 

否定派に言いたいのはフォーリソンみたいな人になりたいのか? と言うことである(笑)

anond:20210223164201

文科省が制定する高等学校国語科のカリキュラムについて話してるんだよね。

学習者の多くが意義を見出せていない(※)のは、カリキュラム問題があるからじゃないかな。

高校義務教育ではないけれど、主に税金で成り立つ教育機関だよ。日本人の9割以上が高校に行くでしょ。納税者たる国民高校カリキュラムに疑問を持って然るべきじゃないかな。

 

※これは実際に研究データがあるよ。君がどうしてもというならリンクを貼るけど、面倒だから自分で調べて欲しいな

おじさんは共感を示すのが苦手な傾向があるのかもしれない

youtube動画コメント欄を見ていて思ったんだけど

おじさんが主要な層の動画コメント数は多いのにコメントについている「いいね」の数が少ない

800ぐらいのコメントがあるのに一番「いいね」を貰っているのが20とかそんなん

ジャンル動画の内容にもよるし外部サイト視聴者層データがどれくらい正確なのかってのもあるし

自分観測範囲の偏りもあるから信ぴょう性はないんだけれど

anond:20210223102018

うそう。「データインプットして」とか言ってるのはマンガの中の技術者。ホンモノは「データを食わせて」とか「データを放り込んで」とか言ってるしw

コロナワクチン接種して数年後のデータは完全に存在しないのに、なんで後遺症がなくて効果はあると決めつけてるんだろう

anond:20210221012059

2021-02-22

anond:20210222034447

細部は色々ありましょうが、「600万人のユダヤ人ガス室でコ〇された」てのは史実ですか?それともプロパガンダ

 

ホロコースト否定派(具体的には誰か知らんけど)のストローマン論法における、否定派のデマ仮説です。

否定派でない割とよく知っている人たち、特に真面目な研究者でそんなことを言っている人はいません。

 

「細部は色々ありましょうが」のその細部が重要なのです。

 

戦前戦後人口数の差によるユダヤ人虐殺数の推計計算

ユダヤ人虐殺数推計計算には、二つの方法があり、一つは人口差を求めることです。しかし、これには大きな問題がありますヨーロッパにおける戦後ユダヤ人人口は、戦後ですので落ち着いてますから国勢調査も割ときちんとできたでしょうし、ある程度の精度は期待できるでしょう。

しか戦前は違いますホロコーストは起きていない時期であるし、ユダヤ人移住亡命等もあるでしょうし、ナチスドイツユダヤ人を大量移送していますし、精度がどうしても落ちます。同じ時期のユダヤ人人口を一斉にまとめて知ることは不可能です。

それでもさまざまな手法を駆使して計算しております

それよると、概ね550万人ユダヤ人が、移住亡命などを除いて、消えています

 

もう一つの方法である虐殺された人数を積み上げていく方向があります

こちらはもっと難しい。

ナチスドイツほとんどまともな記録を残しておらず、資料ほとんど存在しないので、個別の事例でそれぞれの事案に応じた推計計算必要になってきます

 

アウシュヴィッツビルケナウ絶滅強制収容所虐殺数推計 

例えば、アウシュヴィッツでの虐殺数の推計は、ユダヤ人移送数を元にした計算を行います

どうして移送人数がわかるかと言うと、鉄道会社への支払いがあるので、ユダヤ人の数を数えた記録が、それを数えたであろう途中の駅に残っているからです。

しかしこれ以上は私にも説明できません。めちゃくちゃややこしいからです。移送した全員が殺されたわけではなく、強制労働に回された人たちもいるし、他の収容所から逆にアウシュヴィッツ移送されてきたり、逆にアウシュヴィッツから出て行ったり、強制労働中に餓死病死で無くなったりしているので、ややこしいこと極まりない。

おそらく、現在アウシュヴィッツでの虐殺数推計値も、推計作業を始めてから数ヶ月あるいは数年かかっていると思われます

何れにせよアウシュヴィッツ現在ユダヤ人のみで110万人①です。

 

アウシュヴィッツ以外の絶滅収容所虐殺数推計

比較簡単に推計ができるのは、アウシュヴィッツ以外の絶滅収容所だと思われます

ヘウムノ、ソビボル、ベウジェツ、トレブリンカの四箇所は、移送したユダヤ人ほとんど皆殺しにしているので、そこからどこかへ移送されたユダヤ人ほとんどおらず、生存者も少ないので、移送からそのまま虐殺数が推計できると思われます。これに、同じ地区にあるマイダネク強制絶滅収容所分(ユダヤ人のみだと5〜8万人程度)を追加すると考えて、これらは大雑把に200万人②計算されます

(この推計に便利なことに、当時の統計官によるコルヘア報告というものがあり、この値はイギリス軍暗号解読でキャチしたいわゆるへフレ電報裏付けられており、これを基礎にして推計する事ができます。)

 

強制収容所内の病死餓死、あるいはゲットーでの死亡、移動に伴うものなど。

他にも絶滅収容所でない強制収容所や、あるいはゲットー、あるいはまた終戦前の収容所から移送時における死者(死の行進)などもあります

これらがおそらく150万人③程度でしょう。これらについては流石に細か過ぎて、どうやって推計したのかについては私には説明は無理です。

 

ソ連地域での虐殺

それにさらに、アインザッツグルペンに関連したソ連東欧地域での現地虐殺が加わります。これもそこそこは記録が残ってますが、残っていないものも多く、どうしても大雑把な推計値になります。これがおそらく150万人④程度です。

 

積み上げ計算での虐殺数合計

するとトータルで、①110 + ②200 + ③150 + ④150 = 610万人となりますが、大雑把な見積もり数に過ぎないので、おおよそ600万人と言う値になります

近年の歴史家も、600万人を主張している人が多いようです。

 

結論として、つまり人口増減値と、大きな差がないのです。

別に誰も水増ししてないし、普通にデータから推計しただけの値なのです。

疑問があるならやってみろ!とホロコースト否定派にはいいたいところですが、リビジョニストは誰一人やりません(笑)

さては増田人工知能人工無能運用しているやつがいるな?

他の日記文章の一部を使って、関連してそうな単語を含むツリーレスしているな?

 

俺の書いた文章全然関係ない文脈でついて別のところにレスされていたから気づいたわ。

 

好きにすりゃいいけど、研究結果ちゃんと詳細データ込みで増田投稿せーよ。

anond:20210222134437

社会学者のみなさんが女に甘くてまともに調査しないかデータがない

anond:20210222004704

かぶっちゃけブス女は社会に出れば大人しくしてる限り特に困るようなこともないよね。

男は学校以外で大人しくしてても、こうやってイジメられたり叩かれたり差別されたりするよね。

大人さなんてもんを強いられてるのは女性だけだろうが。

それに返信欄を眺めてみろよ。女性たちはイジメられて叩かれて差別されている。

仕事がないのは男の方が深刻?

そんなデータ存在しない。

[]

レポートなど提出物→どうしようもないので専用のディレクトリへ(2週目のプレゼン会で呈示させる?)

選択式にして、数値データ化できるようにし、Git管理

他には?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん