「エアガン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: エアガンとは

2020-09-09

大麻を吸うよう彼女洗脳」 “大麻逮捕伊勢谷友介の闇

エアガン交際女性を撃ちまくり……“大麻逮捕伊勢谷友介のひどすぎる“DV疑惑

伊勢容疑者逮捕「全く驚かない」 一緒に仕事した芸能人、数年前から「薬物」の噂

 伊勢容疑者は発表されているだけでも来年に3本の映画出演が決まっており、これがお蔵入りや再編集なんてことになれば、多額の違約金・損害賠償金が発生しかねない。また俳優のほかに映画監督、さら実業家としても活動していた。

株式会社リバースプロジェクト」の代表を務め「人類地球に生き残るためにはどうするべきか」をビジョン活動環境配慮した雇用制服を広めるプロジェクト全日本制服委員会」として、様々な企業雇用制服担当していた。

2020-09-02

少年ラブドールのすゝめ、最大の汚点

Twitterにてトレンドを風靡した「少年ラブドールのすゝめ」的某漫画

度重なる賛否両論罵詈雑言及び誹謗中傷があり、とあるnote記事も瞬く間に拡散されていくのは、いかにもTwitter現象と言って良いだろう。


ぶっちゃけ、なかなかに主観的倫理を試されるお話であり、明確にあの漫画が法的に引っかかっている事はなにもない。

(いや、Twitter利用規約には引っかかっているかもしれない。これは俺はよく調べていないので、各自で良きTwitterライフを得る為にも確認しておくべきだろう。)


あの漫画の最大の汚点は、公開アカウントで公開した作中のこの文言だろう。

実在児童に手を出す前に、ぜひラブドールを」


さて、この記事で問いたいのは以下だ。

少年少女を良識を持ってこよなく愛す人たちへ、この言葉を発した人間を本当に擁護する気なのか?」


彼らからの返答はだいたいこうだろう。

「実際に児童に手を出していないんだから、なにも問題ない。」



さて、以下からは俺の理論である

上記発言意図を知りたい方は「石の上にも三年」、乱筆をご容赦いただきたい。


まあまあ先進的な国においては、きちんとした両者の承諾があれば相手が異性であっても同性であってもセックスに及ぶ事は全く問題はない。

では言葉を置き換えてみよう。

「実際の成人女性に手を出す前に、ぜひラブドールを」

「実際の成人男性に手を出す前に、ぜひラブドールを」

※尚、本記事において「手を出す」は「両者同意の上でセックスに及ぶ」と定義する。


別にこれは何ら問題はない文章に見える。

なぜなら、女性に手を出すことも、男性に手を出すことも法律的には無問題からである


では、相手児童にしてみよう。

ちなみに、児童とは日本において「小学生」を意味する。

国語辞典をひかなくとも、一般的には黄色帽子ランドセルを背負った子供たちをイメージするだろう。

まあまあ先進的な国においては、たとえその「児童」本人の合意があったとしても、セックスに及ぶ事は禁止されており、犯罪行為とされている。

上記認識した上で、もう一度先の文章を読んでいただきたい。

「実際の児童に手を出す前に、ぜひラブドールを」


この文章に含まれている要素は以下だ。


発言者=犯罪者ではない一般人

・「実際の児童に手を出す」=犯罪行為

・「ぜひラブドールを」=犯罪行為ではない

欧米各国では未成年ポルノ規制が激しく少年少女を象ったラブドール販売・購入が規制されているが、日本はその限りではないので犯罪行為としない。



では似たような要素で他の文章作成してみよう。

下記の文章は、「人生においてなんら犯罪行為を犯していなかった人達」が発言したと思ってほしい。

「実際に人を撃ち殺す前に、ぜひFPSを」

「実際に動物虐待する前に、ぜひ犬猫ぬいぐるみで」

「実際に銃を購入する前に、ぜひエアガンを」


FPSプレイして楽しむのも、犬猫ぬいぐるみを切り刻むのも、合法エアガンを手にするのもするのも、なにも違法行為ではない。

問題なのは「まるで犯罪行為入り口・捌け口としてそれらの合法行為勧誘していること」なのだ


先に言ったようにこれは犯罪を一度も犯したことがない一般人言葉だとするなら、彼らは

・銃で人を撃ち殺したこともない

動物虐待したこともない

・本物の銃を購入したり所持したりしたこともない


そしてあのアカウント

児童に手を出したこともない


そういう人間なのである



さて、本題に戻ろう。

少年少女を良識を持ってこよなく愛す人たちへ、この言葉を発した人間を本当に擁護する気なのか?」


「本当に銃で撃ち殺すわけないだろう」

「本当に動物虐待をするわけないだろう」

「本当に銃を持つわけないだろう」


「本当に児童に手を出すわけがないだろう」


その言葉は内輪以外には通じない。

その言葉を見た所謂マジョリティに属する人々はこう思うのだ。

「彼らは犯罪行為入り口・捌け口としてそれらを嗜むのか」


まるで犯罪行為入り口・捌け口のように少年ラブドール体験談を語った表現者は、果たして擁護されるべきか?


一般人の目に触れるほど拡散されるとは思っていなかった」

それは結果論に過ぎず、非公開アカウントで防げた筈である


Twitterレギュレーションがあり、児童は見ていないのだから無問題である

これは児童への問題だけではなく、児童を持つ保護者達、そして児童を守らなければならない我々成人を迎えた人間にも問題となりうるのである


かのアカウントは非常に直接的に言葉児童の恐怖をあおり子供を守る立場にある成人に不安を生み出したのだ。


ただ単に「児童とのセックスフィクション漫画を書いた」のではない。

ただ単に「少年ラブドール体験談漫画を書いた」のではない。

実に直接的に、かのアカウント

「まるで少年ラブドール犯罪行為入り口・捌け口のようにして体験談漫画を書いた」

である


たった一文、されど一文が、あの体験談の意義をあらゆる方面へ確かに変えてしまった。



腐ったお姉さま方がたまに使う言葉をここにあげよう。

ホモ、を侮蔑言葉として使ったわけではないし、当事者達に言っているわけでもない。(だからこれからも使い続けるつもりである)」


だが、男性同性愛当事者は往々にしてホモ侮蔑として受け取るし、傷つく人まだまだ存在するのだ。

なぜその言葉を使い続ける?

この世界には他にも男性同性愛者を指し示す言葉があるのに、当事者でも嫌がる人が存在するのに、なぜその言葉をあえて使い続ける?


あの体験談を描いたアカウントにも同じ問いを投げよう。

「なぜあらゆる人を傷つけかねないその一文をあえて使った?他に誘う言葉ごまんとああるのに」


繊細なジャンルを扱ういかなる表現者も、実在する当事者・該当者たちに相応の敬意を払わなければならない。

我々表現者はその義務を決して放棄してはならず、傷つける言葉をあえて使用するのなら、相応の意味を持って発さなければならないのだ(例えば差別の現状を知らしめたり、時代考証等でリアリティを彫り込んだりする為に)。

とても厳しい言葉ではあるが、こんな些細な事にさえ想像力を働かせられない表現者に、マイナー性的嗜好を扱う資格はないと、同じヲタクとして俺は考えている。


最後にもう一度。

少年少女を良識を持ってこよなく愛す人たちへ、"あの言葉を発した人間を"本当に擁護する気なのか。」

2020-09-01

サバゲーサンドバッグラブドール

「実銃で人を撃つ前にエアガンを是非・・・!」

「人に暴力を振るう前にサンドバッグを是非・・・!」

児童に手を出す前にラブドールを是非・・・!」

何も変わらないじゃん

なんで小児性愛者のラブドールだけ批判されなきゃいけないのか?

実現のコスト

だったら人を殴るのだって簡単なんだからそれを誘発するであろうサンドバッグ規制しなきゃいけないよね?

2020-08-14

anond:20200814110226

横だけどエアガンロケット花火無意味。当たっても我慢するから

強いて効果があるのは電気柵だけどそれすら慣れて乗り越える。

anond:20200814105828

エアガンで対抗するしかないらしいね

それでもまたすぐ食べ物を求めてやってくるし(しかあいつら家族単位集団で)、性格は凶暴だし、雑食だからなんでも食うし

動物としては知能も高いか駆除も予防も難しいらしいし

途中からブクマカの特徴になってしまったけど猿被害めっちゃ大変って聞く

2020-08-07

anond:20200807071257

ロードバイクエアガンとかボウガンと同じ

かいきり立ってる男が持つ道具

自転車レースの中限定で、そのために用意されたステージの中で脚力アピールしていればいいのに、

なぜか平時公道でやるのが連中の喜びなんだ

2020-08-05

猫をエアガンで撃つようないじめっ子の親ってどんな人間なんだろうと思ってたけど

ガチで「子供にはよくあること、当たり前」と思ってるんだなあ

父親学校に知らせた被害者家族情報を探るくだりも

そんな父親に「旦那さんは冷静に作戦を練って反撃してる」と感心してる母親

被害者が引っ越す結末も全部恐ろしい

出版社は何考えてるんだろう

2020-07-30

なろうの猪とか

※いつもの愚痴と不満です

  

そこそこの頻度で登場するのがこの猪である主人公狩猟され解体され食肉となる運命

大体どの作品でも一緒だろう。

なろう作品の中で狩猟されやす動物としては兎と同程度だろうか。兎の次に鳥といった所か。

一方、鹿や熊はあまり食べられない。ジビエ的にはもっと出てきてもいいのではないかと思うのだが

頻度は極端に少ない。

  

狩猟後、多くは解体講座があり、血抜きだとか熟成の話などが出てくる。なろう作品を沢山読むと

たかこの展開と言いたくなるものだ。異世界の猪が現実の猪と同じようには思えないのだが、とり

あえず猪である

※馬の時も書いたが現実とほぼ同じ生命体がでてくるところはやはり違和感がある。

  

筆者としては、主人公が猪を狩猟出来るようになった頃で、比較的満足してしまうところがある。

貴重なたんぱく質が定期的に摂取できるようになるということにどこか安心してしまう。

しかし不満と言えば、猪を狩猟し過ぎなのではないのかと思うところだろうか。実力を身に着けたと

思ったら、ガンガン狩猟していくので、ここが少し恐ろしく感じる。生態系が崩れるのではひやひやしてしまう。

  

日本での狩猟冬季限定だが、そのようなことを考慮するとやはり狩りすぎではと感じてしまう。

もっとも、数が増えすぎたとか狩猟できる人が少ないという理由であれば、もっと狩ってもいいとは思えるが

そういう狩猟生業としている者も多いので、主人公けが狩っていいわけではないのではと思う。

  

そして狙ったように猪。狩るのは猪。鹿や熊などもっと狩猟して欲しいし、狸だって食べられるだろう。

このように思ってしまうのは筆者は「ハントクック」というアプリプレイしていたのだが、この作品

鹿や熊や、ラクダやらバイソンやらそしてワニやらピラニアまでを狩猟するというのがあったので、

このくらい幅があってもいいのではと感じてしまうのである

  

猪か、やっぱり猪か、また猪か、そんなに好きなのか猪。もういいよ猪は。なんてなってしまう。

兎についても割としつこい気がするが、猪の解体は読み飽きてしまった。

また、猪について不満を覚えるのが、どちらかというと弱者のような扱いである。

猪に体当たりされると危険だというとても当たり前のことが書かれているが、犠牲になる人は少ない。

  

もっと死者がでてもいいのではと思うのだ。というのも、なぜか、なろう作品では猪相手に近接戦闘を仕掛ける

ことが多く罠を仕掛けるとか弓矢で遠くから攻撃するといった事をあまりしないからだ。

主人公場合魔法攻撃してあっさり倒すというのもあるが、大人がいる世界で弓があるような文明なのに

どうしてそこで弓を使わないんだ!とツッコミをいれたくなる。

  

魔法一般人場合使うのに詠唱時間がかかるなんて設定があるが、なら奇襲をしかければいいだろうと思うのだが

ほとんどの場合ない。しかし何故か猪は速い。詠唱する前に突撃される危険性があるなどと言われて魔法は役に立たない

という扱いをされることがある。

声を出さなければいけないので位置がばれると言うのであれば、それこそ森なら木の上にでも登ってそこから魔法

唱えればいいだけの話では?などと思ってしまう。

  

異世界なのだから基本的に禁猟法などは存在しないだろうから、やれることはやるべきではと思ってしまう。

猪を安全に狩ろうという意識が欠如しているように思えるし、一度狩れるようになったら今後はどのようにしていくのが

いいのかというのを共有するべきではないかとも思うが、そういった事を主人公主人公の周囲は特に何もしない。

主人公が狩れるからいいよねみたいな感じで話が進む。筆者はそこが気に入らない。主人公がいなくなったらどうるすんだと。

  

ギルド受付嬢「本当にワイルドボア(猪)を倒したんですか!?

主人公はいたまたまですが。これが証拠です」

ギルド受付嬢「こ、これは、本物です!凄いですよ主人公さん!期待の新人ですね!」

ざわ…ざわ…

  

幼い主人公が猪を倒すとこういう展開などになることが多い。(猪以外も多い、というかこの場合ドラゴンが多い)

筆者はこのような展開で、主人公評価されていく一方で、無謀な猪狩りが大量発生するのではないか危険視している。

自分でもできると思いあがった者が多いなろう世界住民ではそのような事態が起こり得るだろう。

それなのに、受付で、ワイルドボアを倒したんですか!なんて叫びだされることがみんな馬鹿なのかと思ってしまう。

  

狩猟は命の危険があるんだということを口を酸っぱくして言い聞かせなくてはいけないだろうに、それはどうなのか。

若い命を散らすことにもなるかもしれない。新人を讃える前にやるべきことがあるのではないかと思ってしまう。

猪がどれだけ危険なのか分からずに、年齢1桁代の子供がやみくもに突っ込んで死にましたではお話にならない。

そもそも猪だけでなく兎だって危険動物でもあるからだ。

筆者は10歳の時に北海道で兎に左腕を噛みつかれて大量出血したことがある。猛烈に痛かった思い出が残っている。

大粒の涙を流して泣きわめいていたのは今でも鮮明に思い出せるのである

  

ここまで書いたが、筆者は猪や兎にそこまでの恨みはない。恨みはむしろ鳩にある。

異世界に鳩がいたら真っ先に駆除しまくることを決意しているくらいには鳩に恨みがある。

先日、キジバドがうるさいという増田があったが、あれと同程度、いやそれ以上にキジバトに、そしてドバトにも恨みがある。

猟友会に片っ端から駆除を依頼したいくらいである。

  

余談だが

筆者の母も「エアガンであのハトどもをみなごろしにできないの?」というくらい過激思想を持っている。

筆者の祖父は猪に畑を荒らされたので、生かしてはおけないという程度の思想を持っている。

まぁ、そんなところである

  

貴族編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200706225819

王族編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200707102749

奴隷編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200707174539

竜編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708062743

商人編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708131233

馬編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708203845

獣人編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200709092800

エルフ編 :ttps://anond.hatelabo.jp/20200709173538

勇者編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200710134123

ドワーフ編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200710201957

神編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200711222724

悪役令嬢編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200730063046

2020-07-20

お兄ちゃんの話

高校中退してからずっと実家にいて働いていない、今年38歳。(私は今年33歳)

親が放任主義というか、時代も古いし、田舎からなのか、そういう診断は受けてないけどたぶん発達障害だったりなんからコミュニケーション障害だと思う。

中学でずっといじめを受けていたらしいがそれを知っているのは父母ではなく祖父母で、私は成人してから祖母からその話を聞いた。

父親幼稚園の私と小学生の兄にエロゲやらせていたし(といっても旧時代のなので脱がしピンボールとかすごろくみたいなやつのえろコマでお姉さんのえっちな粗い画像が出るくらいのやつ)、性欲が強く、ポルノ小説読み、テレビを見ながら「やっぱり裸に白シャツっていいよな」と言い、幼少期から不眠だった私の横で母親と週2くらいでセックスしていた。普段から怒鳴るか不機嫌に黙っているかの人で(ただし職場ではにこにこして昇進もかなり早く受けがよかった)、そのストレスはだいたい全て「出来損ないの兄」に向かっていた。

兄とは私が小学四年生の頃くらいから会話が通じなくなっていた(おそらく私以外の人間とも)。三年生くらいまではよく一緒に遊んだし、遊びに見せかけて、一方的に私が殴る蹴る、エアガンで撃たれるなどの暴行を受けることも多かった。(私はただ謝りながら耐えていたが、そういう場面を父親たまたま見ると「どうして自分は悪くないのに謝ってんの?」と言って笑われていた。)

母はあまり強いひとではないので、というか、父も母も育児にはあまり興味がなかったので、全くネグレクトとは関係がないが(きちんと育ててもらった)、躾的なことはされたことがあまりないし、父の爆発や兄の暴力については感知しないようにしていたと思う。

17歳の時に、私には好きな人ができたが、兄が完全にニートだったし、男性恐怖症のようなパニックのようなものがあったので、みんなみたいに付き合ったりはできないなとその時に強く感じて、私は人と付き合ったことがない。(ちなみにこの前「32歳腐女子ヒャッハー毎日」に自分性的な遍歴については詳しく書いた)

正確には、好きな人が出来ても結婚はできない(私は兄や親を養うべきだし、そこに好きな人を巻き込んではいけない)と思ったので、相手時間を奪いたくなくてそもそも人を好きになるという機能を捨てようと努力してきた。

私の話が混ざってしまったが、兄は本当に実家から出ずに生活している。そのことによって生じる実害としては、少しの食費が親にかかること(だが親にとってはこれは全くたいしたことではない)、私が恋愛および結婚をできなくなったこと、くらいで、とくに兄が悪いわけではないし(私は結構親が悪いと思っている)、むしろ兄の分の学費スライドされて私は大学に行けたし、持ちつ持たれつだなと思う。

親2人は、兄と私の人生を(私の場合は家庭のストレス病気になり15〜25までほぼ正常な意識がなかったのと、寿命が60まで減ったくらい)潰して、普通生活というのをなんとか維持し、いまや65歳で悠々と暮らしている。私達を育ててくれたのは親だし、こういうこともあるんだな、と思う。

少し前までは、職場家族話題が出たり、家族構成について聞かれたりする度に泣いていたけど、さすがに歳もとって処し方もわかってきた。

ニート引きこもりの人、状況が許すなら無理に就職しようとか自分を追い詰めなくてもいいと思う。一生引きこもっていてもいい。許される場合だけだけど。

みんなあんまりカリカリ考えなくていい、のんびり迷惑をかけたりかけられたりして生きればいい。私は家族好きだ、私が家族を好きなほど、家族は私を好きになってはくれなかったけど、それでもお兄ちゃんが生きていていいと思う。昔は家族全員殺して家に火をつけようと度々思っていた。

たくさんの時間や一部の選択肢家族から奪いはするが、引きこもりたいならそれでもいいよ。だけど、自分のように苦しむ子供が少しでも減るといいなとは思う。

引きこもるよりは社会と関わった方が幸せも大きいんじゃないかな?と私は思ったりもするが、人それぞれだろう。

徒然なるままに書いてしまったので何が言いたいんだこの増田という感じになってしまったが、まあ、たしかニート引きこもりは減った方がいいのかもしれない。でも家族にくらいしか迷惑をかけないなら、引きこもりのままでも別にいいと私の場合は思える。

そういう考え方もあるということを、引きこもりの兄の妹の視点からインターネットの海に残しておきたいなと思った。

2020-07-07

anond:20200707012417

昭和まではそんな文化あったよ。

田舎でやることな子供ミニ四駆や缶蹴り、エアガン遊びや相撲をしていた。

ファミコンが出たばかりに時期だったので名頃があったというか。

2020-04-28

烏丸

京都烏丸本拠地にする暴走族

獣の皮革でできた衣服を着てバイクに乗りながらエアガンを撃つライディングショットを得意とする

2020-03-29

まだコロナが出ていない県の者だが。

 俺は大都会が大嫌いだ。

 パンパン満員電車に朝っぱらから満員電車しんどい~」みたいな阿呆ヅラしてるような連中が何千万人いるのか知らんが、とにかくうじゃうじゃいまくる。

 そもそも大都会在住の貴様らや、大都会に憧れを持つ馬鹿どもがウイルスの温床みたいなところに集まって案の定ウイルスの苗床になってそれぞれの生活圏に帰っていく。

 貴様らがそんな馬鹿丸出しな行動をするせいで死んだり、入院したりする人々が続出しているわけだ。

 それに比べて俺たち田舎者は違うぞ?

そもそも歩くことがない。なんでかって?歩きたいと思える場所観光地ぐらいのもんでそんなこと行くことはない。自分の住んでいる地域観光なんて行きたくないし、行っても自分の住んでいるところ以上の「更に自然」な場所なだけだからだ。

 移動も基本車だし、一日1キロも歩くやつのほうが少ないんじゃないか?と思えるレベルだ。

 しょうもないベンチャーテーブル上ですべて完結するような、生産性のない仕事をしてるに決まってるアホの大都会野郎テレワークとかなんだか知らんが最高の職場環境で働いている中、俺たち田舎者毎日あくせく製造業やそれに付随した工事をして生きているわけであるコロナにかかったら生活リアルで終わる。会社も終わる。クソだろ。笑えよ。

 もし、俺たち田舎者の住むところだけが世界で唯一のコロナの無い楽園になることがあれば俺は、村の境界物見櫓双眼鏡の覗き、外から歩いてくるコロナ野郎が村に助けを求めて俺に声を掛けた瞬間にスナイパーライフル処分する役をやりたい。

 だから、俺の大嫌いな大都会がめちゃくちゃになってみて欲しい。ちょっとスナイパーライフル(エアガン)が実家タンスにあったか確認してくる。

2020-01-25

いくら腹立っても幅寄せする奴は公道を走ってはいかんよ

そのうちエアガン撃ったり路肩に車止めさせてトラック突っ込ましたりするんだから

ガイジに免許証を渡すな

2020-01-02

anond:20200102155816

軍隊ではむしろ率先して太鼓を持つのが正しいと建前からしてそうだ

企業戦士という言い方は実態に即したものだった

エアガンを持たないだけで日本企業は立派な軍隊

2019-12-17

anond:20191217162404

サバゲだとBB弾相手の体にあたって跳ねるとこが見えるのでよく分かる

普通エアガンだと威力がなく、ある程度距離があると当たった感覚がなくなるのでゾンビが出やす

2019-11-30

anond:20191126144157

真面目な話、秋葉原通り魔事件以前の歩行者天国オタク狩りオタク狙いの職務質問ローアングラー過激コスプレーヤー電車男で発生したにわかブームとそれを好奇の目で見るマスコミ、なんか踊ってる人(警察が近づくと逃げていく)、エアガン乱射事件となかなかの地獄っぷりだったぞ

2019-11-07

ニュースでやってたけどエアガンいいなぁ

もう何年も前に買うのやめたけどまた出戻ろうかな

めっちゃかっこええわ

anond:20191107103055

そうだね、エアガンじゃなくて食べるものを与えてなかった可能性のほうが高いよね でも虐待たから死んだんだとおもうよ

anond:20191107102752

今日父親による虐待死はエアガンで1歳児を死ぬまで撃ったやつだったね

2019-11-05

anond:20191105231025

エアガンって肛門に突っ込んで死んじゃうやつでしょ?

エアガン」「空砲」

小学生のころは圧縮した空気を弾として放つものだと思ってた ドラえもん空気銃みたいな

トリガーを引く力で空気圧縮して…みたいな 射程も威力全然ないけど、でも紙コップくらいは倒せる感じ

結局弾がいるんだもんな ガックシ

(追記)

あるんだあ!かっこいい… でも充電とかチャージみたいなのの手間がデカくてなあ それこそトリガーを引く力だけで弾ができるみたいな、弾数無限のやつを(かつては)想像してたから…

2019-10-27

国家公務員を2週間でやめた

新卒で入った国家公務員を2週間でやめた。

私は大学工学系を専攻しており、国家公務員にも技術系の職種採用された。(建築土木電気機械のどれかです)

配属されたのはもちろん技術系の部署だった。その部署では職種仕事が別れており、オフィスの島も職種ごとに固まっていた。

他の職種の人とも関わるが基本的に同じ職種仕事を進めていく。ここでの私と同じ職種(建土機電のいずれか)の人たちの雰囲気問題だった。

その職種の人たちの文化として飲み会が非常に多く、私が入社する前の3月には週5で飲み会をしていたらしい。また、飲み過ぎで肝臓を壊している人もいた。

そんな中に新人である私が入社し、当然だが歓迎会が開かれた。

その内容は、50代、60代のベテラン上司、先輩十数人がいる席で”その職種で代々受け継がれてきた伝統的な酒の作り方”を教わり、「遅いぞ」やら「周りをよく見ろ」やら言われながら酒を作って回るといったものだ。自分で書いていて誰の歓迎会だかわからなくなってきた。

加えて、先輩方のありがたいお話(昔は悪かった、やんちゃした、俺はコイツを昔泣かせたといった内容)を拝聴した。

この時同じ店に他職種の同期が居たらしく、後から話を聞いたが、他職種上司方はドン引きしており絡まれないように早めに退散したとのことだった。

その同期もアレはやばかったと語っていた。

このような飲み会が何回か続き、1週間程度の短い新人研修が終わったあと、お疲れ様会に連れて行かれた。(お疲れなんだから放っておいてくれ...)

ここでも上記のようないつもの流れで会が進んでいった、ありがたいことにお疲れ様会だからといって酒を作るのは免除された。

ありがたいお話パートでは、昔の新人研修でこんなに羽目を外しただとか、夏に同じ職種の人たちで行く旅行新人エアガンで撃っただとかそんなお話を拝聴した。

もちろんドン引きしたし、ここで半分退職意思が固まった。

私は作り笑いを顔に貼りつけながらまずい酒と腹の足しにもならないつまみを食べて過ごしていたが、ここでは上司から「食べ過ぎだ、飲み会なんだし。なんで大先輩より食べてるんだ」などどありがたい指摘を頂戴した。

この飲み会をなんとかやり過ごし、二次会回避し(同期は一人連れて行かれた)帰路についた。

その道中、こんなことを何年も続けるのかという絶望感と空腹からくる惨めさに襲われ、誰もいない深夜の夜道で涙を流しながらカバンを地面に叩きつけ暴れた。

何度もカバンを踏みつけたし、電柱を蹴った足はとても痛かった。(あとイヤホンが壊れた。後悔した。暴れるのはやめようね)

ここで退職を決意した。次の日は休んだ。

私は忍耐力がなかったのだろうか。これが社会というものなのだろうか。これが一般的社会だと言うのならば私は社会不適合者なのだろうか。

これくらい耐えろ、みんな我慢してるぞとか言われたらやだな〜〜〜〜〜〜〜〜怖い

現在彼女にお世話になりながら、大学でちょこっと触った時に面白く感じたプログラミングでもやってみるかということでプログラミングを独学しながら気ままに過ごしている。

PaizaはSランク簡単スクレイピングならできます。誰かバイトか何かで雇ってくれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

終わり

  • 補足-

国家公務員なので異動がある。なので異動まで耐えれば...と考えていたが、お疲れ様会でその職種は全国で同様の雰囲気だということ、もっとキツイところもあるということ、むしろここは優しいからいいだろ?という主旨の発言飲み会に参加しないやつは顔を覚えられないし使えない奴が多いといった発言などを聞き希望も消えた。

2019-10-25

https://anond.hatelabo.jp/20191023162907

みんなでエアガンを買って夜中の高速のSA部隊を展開して撃ち合いをしました。

多分、もう社会人になってからはできない。

そういうこと。

かな……??

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん