「実力行使」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 実力行使とは

2022-05-24

誤入金問題「法的に大丈夫?」って歯ぎしりしてるやつの滑稽さ

そもそも発端が実力行使での強奪なんだから阿武町もやれることをやればいい

「法的に大丈夫?」「法的に大丈夫?」ってすみっこでずっと負け惜しみ言ってろ

2022-05-23

阿武町への3500万円返還にぶつくさ言ってる負け犬

誤入金された他人様の金を「ほいっ、実際もう返せません、しゃーないね」つって実力行使自分のものにしたか

「じゃあ実力で阿武町に返しときますね、ほいっ、実際返しました、しゃーないね」ってやられただけの話じゃん

何はなくとも行政ケチつけないと気がすまないんだな

容疑者の「ミス」「負け」だよね

2022-05-17

anond:20220517092934

実力行使に出られるやつは最初からしてるんだよなー

自分で何かすることができないから仲間がいるところで一緒に悪口書いて

誰かがターゲットに何かしてくれるのを待ってんのよ

中には潜伏とかいってターゲットに近づいてハメようとしてるのもいるようだけど

誰かを陥れることに一生懸命になるくらい自分人生糞なのかな

可哀想人間の集まりだよ

anond:20220517092248

今の5chの同人板ってそういうので埋まってるからな。

もう半分ネタ化してると思ってる。

またやってるよと。

ガス抜きになってるというのは事実だろう。

ただ、この数あるスレの中から実力行使に出るやつがもし現れたりしたら…、という恐怖感は拭いきれんね。

2022-05-09

anond:20220509234937

嫌韓ネトウヨデモやったり実際に企業嫌がらせをしてたりしたんだが

JR恵比寿駅ロシア語看板撤去騒動のように、傍から見たらスルー安定のクレームでも

あれ元々撤去予定あったって話だろ

そもそも精々ネット文句言うだけのフェミがそこまで攻撃能力があるとか思ってんのがネット脳でしかないんだよな

世の中には実際に実力行使する奴がゴマンといるのに

ネット文句言われる程度の事がそこまで恐ろしいのかね?

いやその文句が「多くの賛同者がいると思われること」だったら評判を気にする企業としては恐ろしい事だろうが

お前の設定だと「ごく一部のフェミクレームつけてるだけで大多数の人は賛同してない」んだろ?

じゃあそんなの恐ろしくも何ともないはずなんだが?

2022-05-05

anond:20220505125222

🐻は基本的にはこっちを攻撃したくないんだよ

から、やんのかオラ🐻、の威嚇をまず最初に行う

威嚇が「効かなかった」場合はおもむろに実力行使に移る

これが「熊は威嚇だけして攻撃してこない」と「熊は威嚇して攻撃してくる」が両立する理由

2022-05-02

anond:20220502132448

熱海居酒屋とか近年のオタクはもう買わない通り越して、実力行使で潰しにかかっとったから例にあれかと思ってなぁ。

2022-05-01

Qアノンや反ワクチンデモ冷笑していなかったか思い返してください

あいつらは最終的に実力行使たから別物って思うなら

フジテレビ抗議デモとかでもいいよ

anond:20220501093108

黙らせたければ実力行使してごらんなさーい

ほらほら!

このアテクシのうつくしーかおをぶてまして!?

ほれほれほれ!

できませんことよねー

おほほほ

女に手をあげるなんてできないざんしょ

おほーほほほオホーツク海

2022-04-17

たわわがキモいならキモいでいいんですよ それを批判する自由はある

広告に出すなもまあいいでしょう それもまた表現の自由

でも実際に広告を取り下げさせるべく実力行使に出るのはダメ

それは弾圧です

2022-03-29

anond:20220329014242

アメリカ国内黒人差別問題にしても、問題提起するだけでは絶対解決しない。

いろいろ批判はあるけどBLM運動みたいに実力行使しないと、社会絶対に変わらないというのはある。

キャンセルカルチャーも「恐怖支配であるから私は批判的だけど、それを行使したい人間気持ちも分かる。

2022-03-16

実際問題としてゼレンスキー支持率欲しさにNATO自体全然認める気がない(というか、規約として認められない)NATO入りをちらつかせまくった結果、プーチンがプッチンしたって側面は否めないと思うんだよね。

ゼレンスキーも「言うてプーチン実力行使には出んやろww」と舐めてたんじゃないかと思うんよね。

はっきり言って政治家としてはマジで無能だと思う。

anond:20220316122420

マニュアルというか、マイノリティ実力行使運動はどこのも長年のノウハウが蓄積されてるよね。

問題トランス運動フェミニズムがぶつかるような同じ戦術同士の場合

どっちも引かないから恐ろしい罵り合いになる。

2022-03-10

ウクライナ戦争陰謀論

ウクライナロシアが攻め込んだ。

2月24日の昼間はそれでもちきりになった。

それ以来、ニュースから目が離せなくなった。

ロシア内部の怪文書まで出てきた。

anond:20220307185236

この文書面白いのは信憑性ではない。むしろ、いま起きていることがちゃんと過不足なくそのまま表現されているという印象だ。

私は一般人間でただウクライナ戦争に興味を持っただけだが、わたしの目からたこ戦争ポイントを書き残してみたいと思った。

指導者対決・プーチン対ゼレンスキー

現在諸国指導者の中でも、プーチンキャラトップクラスに立っているほうだ。

20年以上ロシア支配しているだけではない。

マッチョだし、ソ連時代スパイ組織KGBだった。

日本から贈られた秋田犬のユメを飼っている。

ウラでは、プーチンという権力にとって邪魔人間バンバン消えている。

事実がどうということはおくとしても、明暗コントラストというだけでもすごい。

しかし、対するウクライナのゼレンスキー大統領キャラも、ぽっと出にしては立ちすぎている。

ゼレンスキーは、テレビドラマ大統領役をやって好評を博し、そのイメージのまま大統領選挙に出たら通ってしまったという経歴だ。

しかもそのコメディアンであったとき持ちネタのことも散々話題になっている。

そのうえで、大統領として首都キエフに残って戦い続けるという姿勢を堅持していることから支持率も爆上がりしているらしい。

そりゃあそうだろうな、という気分である

いや、まったくキャラが立っている。

キャラという点では甲乙つけがたい。

プーチンというデフェンディングチャンピオンと、挑戦者ゼレンスキーの戦いという観点からするととてもいい勝負だと言わざるを得ない。

うその時点で目が離せない。

この対決で例えば普通指導者を失脚させるという場合には、よく、スキャンダルのようなものを引っ張り出してきてどうにかするということがある。

プーチンはもう20年もトップにあるので、あらかたスキャンダルのようなものは出尽くしてしまっているし、そのうえで、余計なものは洗い出されて消されている。

対するゼレンスキーは、Twitterでも散々話題になっているが、そもそもが、テレビに出て壇上で男性自身ピアノを弾くという、ある意味ノーガード戦法フル・モンティ戦術で立っている。

これを見て、内心で楽しまないひとというのはやはり人間として「どうか?」と思う。

国連安保理常任理事国ロシアNATOに入りたいウクライナ西側世界

ロシア他国に攻め込むということはもう言い古されたことだが重大すぎる意味を持っている。

ロシア国連安全保障理事会常任理事国だ。

常任理事国拒否権がある。

議決拒否権行使すると他のどれだけの国が賛成していたとしても否決される。

国連安保理意思表示しましょう、という議決があって、200近い国のほぼ全部が賛成しても、たった1国、常任理事国がNOと言ったらNOなのだ

それがロシアだ。

ロシア常任理事国から拒否権行使するだろうとみんな思ったし実際にそうなった。

ただ、今回の戦争で、この仕組みにも、ちゃんフェイルセーフがあることがわかって勉強になった。

まり、緊急会合という、常任理事国拒否権の及ばない形で、国連として意思表示ができる仕組みがあり、ちゃんとそれが発動したことは、よく考えられているなあと思った。

これはとても意味がある。

国連ロシアの行動を公式戦争と認めたということにほかならない。

明治維新で言えば、菊の御紋、錦の御旗だ。

こうなれば本人がどれだけ「特殊軍事作戦だ」と言い張ろうと、戦争戦争だ。

戦争というのは、実はまったく儲からない。

アメリカ第二次世界大戦のあと、何度も他国に軍を派遣しているが、朝鮮戦争以後の戦争でペイしたのは湾岸戦争である

これは国連からおカネが出たからペイした。

まり安保理が動かないことにはどんな国も動きたくないのである

そういう、世界安全保障に対して大きすぎる責任を負っている安保理常任理事国が、よもや侵略戦争をおっぱじめるなんて思いもしないことがおきたというわけだ。

侵略戦争というのはつまり、他の国の領土をぶんどろうということである

日本首相も「武力による現状の変更」と繰り返しているが、そういうことだ。

G7会合首相が、ロシア核兵器行使することをちらつかせることに対し、自分地盤である広島を持ち出して、反対の意思を表明したのはなかなかいいなあと思った。

結局ウクライナ戦争というのはNATOの話なので、日本としては関係ないのだが、まあ、そういう形で「核兵器は許さん!」と息巻いてもふつうならドッチラケになる。でも、ホームタウン広島ということになると意味が随分変わってくる。

から議論がどう変わるかということは一切ないけれど、「ああ、このひとはそういう強いお気持ちがあるのね」というのは伝わるだろう。

ヨーロッパ軍事連合体NATOロシアの拡大の可能性に対して身構えるなか、一気に大きな動きがあった。

諸国が一気に動いたことでわかったことは多い。

基本的EUだのNATOだのという国々はロシアが怖い。

歴史からすれば「まさか」ということがいくつも積み上がってコピペまとめになっていっている。

いくつかあるが「ドイツ軍拡を表明するレベル」「スイス中立を破って経済制裁に加わるレベル」というものだ。

個人的には、ドイツ連合国側に加わるというのはアツい。

ドイツ基本的ものすごい経済大国だ。

EUというけれどあれは要するにドイツ第4帝国だ。

ドイツが作った車を売る。

まわりの国はドイツに働きに行って車を作る。

第一次世界大戦も第二次ドイツは悪だった。

産業大国だったのは100年位以上前から変わってない。

ただ、その都度イキってしまって空気読めなくて調子乗って、それで戦争おっぱじめてボコボコにされるというパターンだった。

今回は満を持して、連合国側に入った。これがアツい。

経済規模として、ロシアにはほとんど勝ち目はない。

ただ、前史としてヨーロッパには大きな責任がある。

背景となったことで重要なのはロシアが、SDGsという国連の枠組みを追い風にして、他の欧州諸国に対して自分たちの輸出するエネルギー資源依存するように仕向けていった流れがある。

グレタ・トゥーンベリなんかに対してプーチンはずいぶん肩を持っていた。

「グレタ プーチン」と検索すれば山程出てくるだろう。

いまにしてみるとなるほどと理解できる。

SDGsから石炭回避して、天然ガスにしたいという世界というか特にEU欧州の流れを、資源大国であるロシアは歓迎していたのだ。

戦争の展開

展開としてひときわ興味を引くのは、その超大国ロシアに攻め込まれ小国ウクライナが、意外にも持ちこたえてしまたことだった。

ロシアロシアで、予想通りの大軍を突っ込んでいる。

ウクライナ攻略せんと投入された戦車は、道路をなんと64キロも埋めつくしているという。

なんという数の大軍だろうか。

その戦車は、なにをしているかというと、1週間以上待機している。

食糧と燃料とバッテリーが尽きているという見方もある。

なぜ道路しか通れないかといえば、ウクライナ平原現在の時期、雪解けのために泥濘になってしまっている。

この泥濘はいかな戦車といえど突入するやいなや沈んでしまい、行動不能に陥る。

補給のためのタンクローリー道路しか走れない。

しかもそのタンクローリーは、ウクライナ軍に狙い撃ちされてあえなく喪失してしまった。

なんだよ、このコントみたいな展開は。

戦車だけでなく、投入された兵士たちも練度が浅く、すぐに戦線離脱しているというウクライナ側の発表も続いている。

それを鵜呑みにするのではない。

アルファブロガーfinalventは、この戦争の基軸を、クリミアアゾフ海保全だろうJK、とYoutubeで言っていた。

これは3週間経った時点でもいちおう一定の見通しとしてはまだ成立してはいる。

彼以外でも、ロシアの動きとしては(ウクライナの)「北では雑、南は緻密」という見方が広がっているようだ。

北が雑と言っても、もう流石に北も飽和してきている。

攻撃まで時間問題だろうというのはペンタゴンも言い始めている。

やはり露助の物量はすさまじいので、おおかたのひとが予想したように、ロシアは悪虐街道を爆走中である

病院やら学校やらぶっ壊し放題だ。

しかもその悪虐を全部ウクライナ側のやったことだと主張している。

どうやらマンション地対空ミサイルが突っ込んだのはウクライナ側らしいとも言う。ただ、街の広場巡航ミサイルが突っ込んだのはロシアのものだともいう。

大事なのは、そうした主張・発表の整合性を、政権の中枢や、大本営発表だけでなく、駐日大使あたりまで全部整合性を取るように徹底している。

もちろん、古来、大使外交官という存在は、リモートかつオフライン状態でありながらも、自国駆動している根本論理を考え詰めて、どんな状況を突きつけられても、その場で取り繕えるような論理の訓練をしているのだということは、例えば佐藤優が書いていたように思う。

もっと佐藤優はこの事変のさなかで随分、親プーチン的な姿勢批判されているが。

専門家としてTwitterでながく生息していたミリオタのひとが有識者としてメディアに出ずっぱりになっているのも面白い

そのハンドルネームが「丸の内OL(27)」だったり「コスメ女子美容垢」だったりしてネタになることも華を添えている。

いまは「人」だ。

ただ、彼を中心とした専門家たちも結局ほんとうにどうして起きたのか、何が起きているのか、これからどうなるのかということはわからないでいる。

からないでいるのであれば何も考えなくていいいかといえば、そうではない。

事実として、現在進行系で、ひとは確実に死んでいるということがわかる。

これは重大である

開戦に至る前の経緯で面白かったのは、米国の動向だった。

米国は、ロシアが侵攻するまでの意思決定をかなりの精度で把握した上で、それをおおっぴらにすることで、かえって侵攻を抑止しようとしたと言われている。

そういうわけで、わたし自身は、基本的に情勢を、ペンタゴン分析を軸に見ていくのがいいと思っている。

ともあれ、現状では何もわからないままだ。

認知的不協和陰謀論

ウクライナ情勢にハマってしまったのは単純だ。

コロナ話題に飽きていた。

から、開戦1週間はずっとこのウクライナ話題を追いかけてしまった。

しかし、1週間をすぎたあたりから、戦況が膠着から、どんどんウクライナ市民被害が拡大していくなかで、冷静に恐怖が高まってきた。

停戦会議が進み、「人道回廊」という罠が明るみに出る。

そうして見えてくるビジョンひとつしかない。

どう考えても落ち目の国のロシアだが、資源と核を握り続けている分、他の国は手を出せない。

数日のうちにキエフは総攻撃を受けて陥落する。

ウクライナ蹂躙され、市民虐殺される。

そういう、暗い、なんというか耐え難いビジョンを前に、正気を保つというのはそれ自体が困難な挑戦だ。

さて、笑い話ではないところとして、この事例は、顔貌がよく似たひとびととの実力行使のうらで生じうる破壊工作がどのように起きていくかという現在進行系の事例であることだ。

そうした、個々の情報リアルタイムで出てくることに対して、どう反応するかということを自分で鍛える絶好の機会である、ということだ。

これは日本にとっても決して見逃してはいけない瞬間であると思う。

似た顔、似た容姿、深い断絶の関係から、潜入してくる存在にどう対処するかという格好の事例となるだろう。

特にSNS、つまりリアルタイム情報端末に全世界のひとびとがつながっている状態で発生した戦争ということで、乱れ飛ぶナラティブが、ロシアウクライナ側もすごい。

ロシアウクライナネオナチと呼ぶ。

ウクライナ大統領ユダヤ人なのに。

陰謀論はかまびすしい。

この二週間で、いろいろなプーチン擁護ウクライナ陰謀論が出てきた。

それがロシアから出てくるならわかるが、ぜんぜん関係ない日本タレント評論家勢がそうしたことをタレ流しているらしいことが伝わってくる。

肩を持たないまでも、「両論併記」のようなことをいう。

本稿はどちらが正しいかを論じるわけではないけれども、私は西側流派見解をいちおう沿って考えているので、そうした見方を、両論併記まで含めて、ある程度の陰謀論として遇する。

ただ逆の側から見れば私の見方もまた陰謀論に見えるであろう。

ここで言いたいのは、陰謀論というのは、「認知的不協和否認」として出現するのだなということがハッキリわかったということだ。

あと、歴史を除く人文の研究者らしきひとがTwitterかにでてきて「いまこそ思想研究大事なんだ」と絶叫する例が流れてきたりした。

そりゃないだろ、と思う。

思想無意味だと思う。

せいぜい役に立つとしたら、人間社会性にビルトインされたバイアスときほぐす、社会心理学のような取り組みにとどまるだろう。

つらつらと書いてきたが、おおっぴらに書けないことばかりなので、増田に上げる。

まず、「コロナに飽きた」ということからして、オモテでは書きづらい。

そもそもコロナ医者でないとなかなか信憑性がない。

医者からといってまともじゃないのもいっぱいいるが、医者からといってちゃんと考えられるわけでもない。

私がコロナについて知りたいのはもっとどうして発症するのかとか、どうして死ぬのかとか、そうしたメカニズム面でのことだった。

しかがっかりすることに医者は結局人命にしか興味がない。

それはそれで大事なのだが、その結果2年間なにもわからないままで過ぎた。

ましてウクライナ戦争は、さら差し迫った人命の問題だ。

であるにもかかわらずわたしは、諸賢がいみじくもおわかりのとおり、この状況を、楽しんでいるとの謗りを受けても、否めない。

2022-02-19

うるせぇ、藁人形ぐらい好きに使わせろ

最近議論で嫌いなものを叩く論法こじつけて敵を攻撃する論法をやれ藁人形だと揶揄するやつらばっかりだ

まあ実際?そういう論法を「ストローマン(藁人形)論法」って呼ぶらしいがな、そんなことはどうでもいい

うっせぇわ(一時期流行った若者年寄りにキレる歌のタイトル風に)

お前は正義モラル語るフリして、「嫌いなもの」を叩きたいだけだろ?だなんてしたり顔で言うけどな、その通りだよ

理屈はねえ、理論もねえ、本能に沿った感情論だよ、悪いか?悪いよな理知的な話じゃないんだから

でもな、そうしなきゃダメなんだよ、溜め込んだ怒りを吐き出せないんだよ、だから嫌いな存在藁人形として掲げ、そこに釘を打ち込むんだ

それに藁人形ではなく、攻撃対象本人に釘を打ち付ける行為(=暴力的実力行使)は傷害罪だの、殺人未遂罪だの、殺人罪になるだろうが

堕ちた人間だとしてもそこまで堕ちちゃいねえ、現実犯罪しなきゃ犯罪者よりはいくらかマシだ、それは事実

だが嫌いなものは許せない、ならどうすりゃいい?藁人形だ、嫌いなもの藁人形を仕立てあげて、親の仇の如く釘を打つん

こじつけて、罪をなすりつけて、そいつのせいにするんだ、怒りや憎しみをすべてそれにぶつけるんだ

俺が辛いのは俺が気に食わない○○のせいだ、俺がこんなふうになったのは○○のせいだ、○○は犯罪助長するから規制しろ、○○は不快から排除しろ呪詛を撒くんだ

そうでもしなきゃもうやってらんねえ、藁人形八つ当たりしなきゃその怒りで気が狂う、気に食わないモノへの呪詛を無数に連ね、何でもかんでもそれのせいにしないと無理なんだよ

呪詛を唱え続けりゃ自分を保てる、憎しみを藁人形に向ければ心が満たされる、怒りを向け続ければいずれ嫌いな存在ダメージが行く、そのための藁人形

藁人形をあげつらうな、藁人形揶揄するな、藁人形馬鹿にするな、お前らだって嫌いなものは許せないだろうが、憎いだろうが、消えてほしいだろうが

自分たちが理性的存在だなんて驕るなよ猿共、お前らも自覚してないだけで同じことをしている、俺もお前らも猿、本能に生きないと気が狂うんだよ!!!

2022-02-10

anond:20220210123319

ガソリン値下げ隊の出番だ!!!

この日、ガソリン値下げ隊が狙ったのは、衆院本会議の開会を宣言する河野議長監禁だ。

隊員は、院内議長控室や議長応接室のドアに数人ずつ陣取り、河野氏の出入りを封鎖。物理的に本会議を開会できないよう実力行使した。

 その当時も取材をしていた記者は、その後外相就任する民主党の重鎮が、力ずくでドアを押し戻すシーンを覚えている。

 約1時間に及んだ監禁劇は、あっけない幕切れを迎えた。国会内には隣室をつなぐ秘密のドアを持つ部屋が多く、河野氏は秘密のドアを開け、値下げ隊が無警戒のドアから脱出。「「あっちから出たぞ!」との悲痛な叫びこだましたが、後の祭りとなった。

2021-12-30

anond:20211230153133

話や対話が通じない相手に対しては、こちらも実力行使しないといけない。

半導体の輸出規制で、病的な反日韓国が少し大人しくなったでしょ?

2021-12-23

村上隆

ここはてな匿名ダイアリーにて誹謗中傷を年単位で受けています

法的手段に訴えます

って言ったら

村上隆増田はどうなるんだろう?

低能先生の様に「実力行使」に出るの?

それとも急に大人しくなるの?

2021-11-26

愛の受容

キューブラー=ロスの"死の受容"と同様に異性に対する"愛の受容"までにはいくつかのプロセスがある。

このプロセスパートナーの両方に発現する場合もあるが、片方にのみ発現する場合も多くそ場合破局に繋がる可能性が飛躍的に高くなる。

しかし、それを乗り切り受容まで至ったカップルはその後、継続的に添い遂げることが多くなる。

このプロセス画一的ものではない。いくつかのパターンに分かれるし、飛ばされる場合もある。

死の受容との根本的な違いとして、愛は不可避ではないことに留意してもらいたい。受容までに、そのプロセスは途切れることのほうが多いだろう。

初めて恋に気づく。

そこに愛はないが、本能的に異性の気をひくために行動する。

プロセスである独占の前段階である他者からパートナー候補隔離するため、なんらかの方法(それが非社会的であっても)で相手に決定的なアプローチを仕掛ける。

この時点では幸福感よりも、焦りや嫉妬に近い感情が強くなる。

  • 独占

前段階からプロセスが途切れなかった、つまりパートナーを得とくした場合、一時は幸福感が訪れる。しかしそれはあくまでその個体に対する独占欲をある程度満たしたにすぎない。

個体差異はあれ、数日ないし数ヶ月で絶対的な独占を得ようと行動する。今段階ではパートナーに対し、他の異性への接触を著しく制限する傾向にある。

この傾向により、妊娠を狙った"実力行使"によって相手強制的に独占するケースも少なくない。いわゆるできちゃった結婚である

独占欲が充分に満たされ、ある種目処がついた段階になると、今度はパートナーの荒が見えてくる。

それは自分との価値観差異であったり、仕事や交友関係などの周辺環境に起因する物から些細な癖まで様々である

いわゆる倦怠期は、独占期後半から次の依存期までということになる。

この時期は圧倒的に別れる率が高い。特に乖離期前、または初期に結婚した場合は直後にこの段階に陥り、マリッジブルーの原因となる。

また子供が既にいる場合には、子供に向けられないフラストレーション相手に対して向け、相乗効果で大変苦しい時期になる。

しかし逆に、子供乖離から脱する因子にもなり得る。

乖離期を乗り越えると、相手には自分しかいないし、自分には相手しかいないと思い込むプロセスへ移る。

ある程度相手欠点理解した上で、条件として自分欠点を認めてもらおうとする。

「この人はここがだめだか自分がしっかりしなきゃ」、というのは愛ではなく依存である

セックスは増える傾向にある。

  • 受容

依存期を越えると愛の受容に至る。相手自分人生の一部であり、恋人から家族に変遷する。

家族とみなしたパートナーについては婚姻関係なく相手を充分に理解し、自分相手の両方の利益総合する。

セックスは減るが、性欲が減退したわけではない。

パートナーに対して充分な愛を享受しあえたことで、別の個体に対してのアプローチ高まる傾向にある。

それは子供に対してであったり、別の異性に対してでも変わりはない。いわゆる浮気である

ただし浮気に関しては対象個体それぞれの受容プロセスがどの段階にいるかで大きく違ってくる。

まり浮気とはある受容プロセスにおいて、別の受容プロセス割り込みもしくは上書きされることによっておこるのだ。

2021-11-20

anond:20211120143817

今までそんな実力行使に出たフェミニストいたっけ?

サフラジェットならともかく。

近年ではせいぜい、自費で注文したお子様ランチについてる日の丸の旗にペンで✖️印を描いてツイッターにアップした例くらいしかない。

あとなんか、安倍太鼓叩いて重機運転したやつくらい。

2021-10-27

社会的合意主義と昔のいじめ社会

社会的合意主義、そんな名前があるのか知らんけど、共産党に問い合わせた人の記事が流れてきたので読んでみたら、そんな感じの内容が書かれていた。

https://note.com/takahashishogo/n/nfcacb9ba354c

確認をする限り、法規制代替のように『社会的合意』を求めている状態だというのが私の率直な感想である。それが国政選挙という日本の重大な岐路において行われているためだ。』

この一文から妄言を書き殴ってみようと思う。

社会的合意妥当形成可能か?」という疑問がこの記事論述的な到達点なので、ブクマとか言及ではこの疑問について回答いただくのがよいと思う。

社会的合意主義、って、率直に言って「便利」そうな気がするな。

だって狭くは家庭内の躾けから、広くは意思決定過程で「どうしてダメなの?」「素朴にみんなが悪いって言ってるからダメなの」で済むってことだよな。

当然「みんなって誰だよ」ってことになるんだけど、そこまで踏み込まれると「うるさい」って暴力が飛んでくるの。体罰いじめ蔓延期の20世紀末に見た。

あと便利なのは社会的合意サンドバッグが出来上がる」のが便利。もちろん実力行使に出ちゃダメだよ。でも直接手を下さなければいいよ。

そうやって「対象」が決まる。まあ昔の子どもはアホなのでバンバン手も足も出すわけだが。今の子どもは手も足も出さないと思うけど、口は出しそう。

いずれにせよ息が詰まる世界が出来上がっていたように思える。

たいていは社会的合意がなされている、と喧伝するほうが強くて、そういう喧伝をするのは、ネタを売り込まれマスコミとかの仕事だった。

昔の政治家は、なんか人が多そうだなあって思ったネタしか食いついてこない。

(今の政治家は、自分の動きで人が動かせると分かったら、すごくよく働く。)

今はなんですか、ユーチューバー?みたいな人の役割になってるのかな。

狭い世界ならその社会の「実力者」ってやつ。あるいは喧伝することで何らかの社会的合意形成出来た奴。

あとから「実力者」になるタイプね。今ならインフルエンサーって言われるんですかね。

ひどい話だと思わない? だってその後付けインフルエンサー気取りの奴から勝手に「おもしろい奴」「いじっていい奴」扱いされるんだよ。

そうなったらもう危険を察知して「どうぞここを殴って下さい」みたいな振る舞いでダメージコントロールすることを強いられることになる。

打たれ強くなると言えば聞こえはいいけど、まあ心を麻痺させて頑なになってしまう。

ありのままの心を守って、なんて贅沢なことは言ってらんなくなるよね。

そんな生き方にならざるを得なくなる。運ゲーってやつかもしれない。

そういう社会的運ゲーに巻き込まれると、だいたいそういう社会的理不尽から距離を置ける(と本人は思っている)分野に憧れを抱くようになって、

一方、評論家とかそういう輩は蛇蝎のように嫌うようになる、のかもしれない。なんとなく。今更ながらこのへんは隙自語が酷いかもしんない。

ここまで書いてみて、どうも自分は『社会的合意』とはどのように行われるものなのか? というところが分かっていないことに気づいた。

どうもこの元増田は「社会的合意? わからんなー、なんかいじめの対象決めるようなもん? みんながダメだって言っても文句言われないものを決めるようなもん?」としか考えられていないようだ。

なので、ここまでこれ読んだ奇特な人はもっと冷静に「社会的合意妥当形成可能か?」という部分を論考してほしいと思う。

元増田過去経験邪魔をしてうまく判断出来ない。分かっているのは「なんか危なそうだから回避しよう」くらいなものだ。

いたたまれない帰りの会を思い出すような、クラスのなんかうるさそうな奴らの匂いが鼻につく、そんな舌戦が、まあまあしんどい

2021-09-30

anond:20210930215134

信仰対象が神とかだと信者も本当にいると信じていても少なくともこの世の内側に物理的な存在としているものではないというのはわかってたりするわけじゃん。

その点、現実社会に対してカルト的な信念を共有する集団ってその辺の宗教より余計歯止めが効かないし、今のこの社会この現世を変えようと実力行使してくる怖さがあるよな。

宗教も存命する教祖だとかの個人信仰するようになると危険カルト宗教になるわけでさ。

2021-09-27

小室圭氏と結婚したら日本は終わりだ

くらいのことを言っている人。実力行使したらいいのに。生きてなければ結婚もできませんよ。

2021-08-26

anond:20210825071059

本当はムカつくやつ再起不能になるまでボッコボコに殴りたいけどそれやったら捕まるから余程のことがないと実力行使にはでないよね。

から口が上手いひととかこういう場で文章の書き方上手いひとは尊敬する。

そういうストレスの発散の仕方をしたほうが健全だ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん