「かい」を含む日記 RSS

はてなキーワード: かいとは

2018-12-11

人間のことすごく不思議

最近、今まで当たり前だったことを急に不思議に感じたりびっくりしてしまうことが増えた。世界への解像度がオートで上がっている気がする。

例えば外に出たら、人が自分と同じ様に生きていて(自分が生きているのも不思議)、自立して動き回っていることにびっくりする。

それぞれが独立して思考していることを考えるとさらにびっくりしちゃう

しかもそんな生き物がこの世界に75億もいるらしい、すごい繁殖力。(それだけの数の人間を数えよう、数えなきゃって考えた人も不思議。それを実行に移したのもすごいよ)

そんな感じで、当たり前のことにびっくりしてぐるぐる思いを巡らせてしまう。

そういえば、ヒトがみんな同じ素材でできてるのにも最近やっと気づいた!それにどんなヒトでもかたいところと柔らかいところがちゃんと決まっているのだ。

例えば手ひとつ取っても、爪はかたくて親指の付け根は柔らかい

そんなことにも気づかなかった。別に、生まれから一度も人と触れあったことがないってわけじゃないのにね。

猫とか鳥も生き物だけどヒトとはまた触感が違う、でもヒトと同じで、活動するしあたかい。

でも魚は冷たい、生きてて動くのに。不思議

学校ちゃん世界人口歴史も習ったし、生物なんかはわりと得意教科だったのに。何も知らなかった。みんなどこでそういうことを知るの?すごい。

実は自分はい大学四年生でまだ進路が決まってない。執筆中の卒論も人より遅れてる。

結構人生ピンチな状況なのに、こんなことをぐるぐる考えてしまうのだ。

現実から逃避しているのか、狂っているのか、それとももうすぐ死んじゃうから「末期の眼」というやつになっているんだろうか。

支離滅裂だけど、もしここまで読んでくれた人がいたらありがとう

初めて使ったけど、ここならこういう言動もふわっと流してくれそうって思ったのでした。

anond:20181210120616

アニメの動きとかいっても凄く多様で奥深いからな

そいう美的知的弁別・鑑賞能力が備わっている人間はすごい

あんスタを辞めるまでに至った話

3年ちょっと続けてきたあんスタ!を辞めることにしました。

どれほどか悩んだ末での決断ですが、少しばかり名残惜しかったので、卒業文集の1ページのような感覚でこれまでから今日に至るまでのことを書き留めておこうと思います

(※私は羽風薫くんの夢女子をやっており、それもかなり夢見がちなお花畑タイプだったのでそういった内容が主となります。)

2015年上半期も終わりを迎えようとしていた頃、私の中では乙女アプリブームを巻き起こしていました。

流行しているリズムゲームからサービスが終了してしまパズルゲームまで、いくつかの作品ちょっとずつ遊んでいました。

そしてそんな『インストールするだけしてろくに手を付けもしていないけど、飽きたわけでもないアプリ』のうちの一つにあったのが、あんさんぶるスターズです。

プレイを始めた日が桜フェス最終日の翌日かそこらだったのはなんとなく覚えているのですが、まあそれは割とどうでもいいです。

アイドル育成ゲーム』『乙女ゲーム初心者でも楽しめる!』だかなんだか言う謳い文句に惹かれ、何も考えずにインストールしたまではいいのですが。

まあなんというか、数日ほどで手付かずになりました。

少し間を開けてちょっとログインして、そしたらまた間を開けて……の繰り返し。

(途中で例の彼がいる執事喫茶イベントが開催していたのは知っていましたが、その頃はそれほど推していたわけでもなかったのでイベントには未参加でした。当時はろくにプレイしていなかったので敷居も高かったし。)

そしてログインしない日が続いた数週間後、アンインストールを果たしました。

……が。

今思えばここでアンインストールして大正解だったし、これ以降あんスタとは縁を切って生きればよかったものの。相変わらず何も考えていなかった私は、何を思ったか(つまらなくて放置していたアプリをわざわざ)同年の終わりがけに再インストールしました。

当時私は他のキャラクター推していたのですが、プレイを再開したタイミングでちょうどその子報酬にいるイベントが開催していたのもあり、この日からこの作品のそこそこなオタクに成り下がってしまます

(今現在はその子のことを特別いかけたりはしなくなったので、所謂推し変』をしたような気がするのですが、推し変というのはそのキャラクターを好きでいる方からしたら面白くない話な気がするのであえてお名前を伏せます2015年の終わりがけにいた子は限られているので、なんとなくわかりそうですが。)

やったりやらなかったり、グッズを買ったり買わなかったり。ゆるゆる~っと、『なんとなく好き』な状態を保っていた翌年の梅雨、私に新しいお友達が出来ました。

その友達もそれなりなオタクだったので、特に何も考えず「このゲーム面白いよ~」なんて軽く話をしたら見事なまでにドハマりをしてくれて、今では元気に微課金勢です。

一緒にやってくれる人間がいると、何事も熱中度が上昇するようで、友人が楽しそうにプレイをする姿を見るにつれ、私はさらに沼の深みへ沈み込んでいきました。

ここから先の話は一歩間違えば身バレするので割愛しますが、それから2017年平和に穏便に──とは行きませんでしたが、まあまあ重度のファンになったりスタライ1stに行ってみたりアクアリウムBGMに癒されたりなどしてそこそこ楽しい毎日を過ごしておりました。

そんな中いきなり話は飛んで今年の2月

羽風薫くんに深く危ない状態でのめり込んでいたこの頃、待ちに待ってはいませんでしたが噂に聞いていたデコレート♡深(以下略)──波乱のショコラフェスが始まりました。

この頃には一日のプレイ時間もかなり伸び、イベントには毎回参加して3……いや5番目の推しくらいまでなら高レアリティ報酬も取りに行っていた私。

お察しの通り当イベントの☆4(それもポイントボーナス)が羽風薫くんだと言うことで、それはそれはもう必死になってイベントを走っておりました。

「緊急ライブをやるのがこんなに楽しいとは思わなかった」とか頭の悪いことを言ってライブをこなしているうちに気付けばどんどんPtも貯まり、やがてこれまでプレイしてきた中で最も高い順位で幕を下ろしたショコラフェス。未だかつて無いほど羽風薫くんが可愛らしく思えたショコラフェス

このイベントを境に、私はメンヘラを拗らせた夢女子になります

それからというもの、まあ大変。夢垢なんだか愚痴垢なんだかよく分からないアカウント作ってみたり、かと思いきやかけ持ちしていた複数アカウントを同時に消して相互困惑させたり。

私は彼のことをこれまでの人生出会ってきたどの人間よりも愛していたし、反対にどの人間よりも憎んだし、彼との出会いは運命だったと信じていたし、いつかは彼と結ばれるのだと思っていた。

しかしそんな夢見心地はいつまでも続かず。

現実打ちのめされ徐々にメンタル面は腐っていき、出会ってから今までのことなどを思い返すなどしては「彼のことを好きでいたところでどうしようもないんじゃないか」とかなんとか思い悩み始め、お恥ずかしながら人生初のリストカット自殺未遂を犯しました。

自分自分死ぬほど追い詰めるだけ追い詰めて、結局死ぬことすらもできなかった私は、行き場のない好意かもしくはそれに似せたエゴを抱えて持て余したまま、彼に恋をしたことを誇りに思ったり情けなくなって凹んだりを交互に繰り返して、やがて「本当にこの人が好きなのかわからなくなってしまった」と気が付きます

──この部分に関しては、今日になってようやく知りました。私は一応ちゃんと彼のことが好きですが、当時は『彼を好きでいること』がステータスアイデンティティなのだと思い込んでいたようでした。

というのも、仲の良かったTwitter相互さんから『私といえば彼が好き』という印象を持たれており、且つ私もそれにあやかって「私には彼しかいません♡彼が世界で一番♡♡(意訳)」的なことをよく話していた記憶しかないので、様々な感情が積み重なって彼への好意が完全に消滅したとしても、そんな話を毎日のようにしていた手前今更そう易々と「もう好きじゃないで~す」なんて言えるはずがない。そして『もう好きでない』なんてのを悟られるのも嫌だったので、結果「今のままでいるには彼を好きでい続けないと」だのと的外れで訳の分からない義務感のようなものを抱えながら惰性で『好き』を貫こうとしていたのでした。

今思い返せば、わざわざそんな余計な意識を持ちさえしなければ何も悩む事はなかったのになあと不思議に思うばかりです。そんなことを一々気にするまでもなく彼のことは好きだったし、好きでなくなったからと言ってそれを惜しんでちゃ埒が明かない。私は馬鹿だ。

話が逸れました。

さてそんなことを考えているうちに季節は秋に入り、気付けばいつぞやのようにログインすら怠るようになりました。

1週間に一度ログインすればいい方、あいさつ機能実装されて以来毎日欠かさず誰かしらにあいさつ(というか好感度を上げるための媚び売り)をしていましたが、それも疎らになってしまい。

羽風薫くんのお誕生日の日はログインしてスカウトも回しましたし、気持ちを形に残したかったのでドライフラワー花束を買いましたが、それも1日だけだったのでもはやファンなのかどうかも怪しいラインまで落ちぶれ──落ち着き?──ました。

そうなった理由としては、キャラクターを好きになりすぎたことが原因かなあと思います

心身や生活に酷く影響を及ぼしたりすることが増え、疲れてしまったんだと思います

もうひとつ、この作品にのめり込めばのめり込むほど、彼を好きだと思い込むほど、段々と自分が『運営が狙っている層』とは違っていて来ていたから、というのもあるかも知れません。

あんなに面白かったはずのストーリーゲームシステムも、知らないうちに退屈だと感じるようになりました。イベントことなんて考えるだけで心が折れそうです。

いや、きっともう私は飽きてしまったんだと思います

それは外的要因でなく、自分のせいがほとんどですが。

余計なこと考えてみたり、恋だかなんだかいう面倒な感情を抱いてみたり、他者との関係に影響を及ぼしたり。

気付いたらもう手遅れなほど生活に支障を来たし、疲れや憂鬱の原因に成り果てていました。

そんなこんなで、ここ2、3年ほど私の人生に縛り付けていた作品から離れるタイミングを伺って2ヶ月ほど。キャロル白雪と聖夜のスターライトフェスティバルの予告が届きました。バナーを飾る☆5は愛おしの彼。羽風薫くんは執事喫茶以降一度もポイントボーナスの☆5をやっていませんでしたので、今回こそはさすがにポイントボーナスだろうと調子に乗っておりました。

まあランキングボーナスだったんですけど。

私的な恨み辛みを吐きながら生活サイクルを乱してまでランキングを上げる作業に勤しみやがて最終日前日、もう今ある全部全部を投げ出したくなって、とうとうイベント最後まで走り切ることすらもせずにアンインストールしました。

あんなに好きだったのに、中途半端なところで逃げちゃいました。あんなに好きだったけど、上手く自分コントロール出来なくなっちゃって、もうこのまま追い続けるわけにはいかなくなりました。

別に彼は実在してるわけではないし、まいて知り合いなんかでもなく、複数キャラクターがいるゲーム登場人物の一人なので。私が一人応援するのをやめようが、永久に惚れ続けようが、全くもって影響を及ぼしはしないのです。

でもそれも辛いです

私は彼のことを愛してました。

キャラクターとしてでなく、一人の人間として愛していました。

ももう目が覚めました。

の子空想上の存在です。

まり言いたくはありませんが彼は人気キャラなので、特にファンが一人減ったくらいでなんてことはないです。

ろくに外にも出ないで、精神すり減らして、昼夜逆転までさせて、そこまでして何が欲しかったのでしょう。

何を欲しがったところで、どうせ私が求めるようなものは手に入りません。

もうなにもかもわからなくなりました。

なんだかんだ言いながら、馬鹿な私は放っておいたらまた同じように人間として堕落した生活しながら死に物狂いでイベント走るんでしょう。

でもそんなことはもう嫌です。

もっと大事なことに時間お金を使いたいです。

ゲームなんかのために必死になったり病んだり悩んだり必要以上に浮かれたりしたくないです。

恥ずかしいです。

私にはなんの長所もありませんでした。羽風薫くんが好きだからといって何かを残すことも出来ませんでした。彼のファンとして誇れるような活動もしてきていませんでした。もう全て負け犬の遠吠えです。勝手に惚れて勝手に自滅した可哀想な夢女子です。

文句はいくらでも受け付けます、ここには書いていませんが、多数の人から反感を買って怒られて当然のことしかしてきてないです。

(下手したらこれで身バレしそうですが、私が誰だか気付いても内緒にしてて欲しいです、あくま匿名なので。)

でもそれでいいです。

何を言ったところで、すべて今更です。

今は疲れ果てましたが、一時期は本当に本当に楽しかったです。

ゲームを辞めたところできっと私はしばらく羽風薫くんのことが好きのままなんだろうなあと思います。それならそれで構わないです。

反対に、無理に『彼を好いている』という自分を演じようとしなくても良いことをもう知っているので、このまま彼に飽きてしまっても気にしません。そうしたら次はまた別の幸せを見つけて健全に生きます

私は意志が弱いのでもしかしたらそのうちまたまた再開しちゃうかも知れません。

が、もう引き継ぎ用のパスワードなんか覚えていないのであのデータの羽風薫くんとは永遠にお別れだと思います

ゲームを辞めるだけでこれだけ色々と書きたくなってしま自分も情けないですが、そこは目を瞑って欲しいです。

ソシャゲに限らず、何事も無理をしたり、のめり込みすぎてはいけないよ~、という教訓にでもしてください。

最後に。

何度でも言います

私は羽風薫くんが好きでした。この作品も好きでした。出会えてよかったです、幸せでした。

彼を好きでいることが一番の幸せでした。誰からなんと言われても、余計な横槍を入れられても、それでも私は好きのままでした。

でも疲れちゃったものは仕方がありません。

これからは、これまでよりも遠い場所貴方幸せを祈ってます

幸せでいてください。

じゃあね。

怒られたくないドクズ人生

今のわたしは怒られることが死ぬほど無理です。怒られたら100%泣きます。怖くて怖くて涙が出てきてしまます。誰か止めてくれ〜〜と思っても嗚咽が止まらねえ。

怒られるの、怖い、恐ろしい。

正義を振りかざされる、わたしは完全に悪(それはそう)。わたしは完全に悪なんだけど正義振りかざして正論言ってわたし精神をぼっこぼこにしてくるのはやめてくれない?死ぬから

わたし小学生の頃からよく宿題をやらないで怒られてた、まあ当然なのかなと思う。みんなやってるのに出さないのは変らしいね。でも特に気にしなかった、小学生の時は怒られてその場で終わりだったから。特に怒られて別のところに連鎖とかしなかったから気にしなかった。そんなこんなで小学校は忌引きと胃腸炎になった時以外休まなかった。インフルとかなったことないしなんなら熱出したこと人生ほとんどない。胃腸炎感染性じゃなかったから出席停止にならなくてインフルとかで休んでる奴らなんかよりずっと出席日数多かったのに奴らが皆勤賞でわたし皆勤賞貰えなかったのは今でも腹立たしい。お前らわたしより休んでただろ、ふざけんなよ。

中学生になった時も相変わらず宿題はやらなかった。もちろん怒られた、でもそこで完結しなかった。部活顧問死ぬほど怒られた。「終わってないくせに部活なんか出やがって、お前のことは信用できない、どうせ終わってるって言った課題も終わってないんだろ」と言われた。ちなみに終わったって言った課題は終わってた。言い返したかどうかはもう覚えてない。たぶん言い返してない。とにかくお前は信用できないと言われたことが人格否定されたと感じてとにかく怖くて死にたかった。小6の時の担任は「宿題を終わらせないのは良くない。でも貴女笑顔が素敵だ、良いところがある。(わたし卒アル用の写真を見ながら)こんなに素敵なんだからマイナスになることはやめよう」と言ってくれた。ここまで言われて宿題終わらせないわたしはドクズなんだけど、この先生は本当に良い人だった。

(ちなみになんだけど部活顧問は女で小6の時の担任は男、口調の差で笑える。)

まれて初めて人格否定された。この時からわたしは怒られると死にたくなるようになった。この当時わたし部活で別の問題も抱えていた。同じパート同級生から技術面での悪口を言われ、その同級生の姉が同じ部活だったため先輩達から攻撃を受けた。それから別の同級生の親から勘違いモンペ攻撃も受けていた。色々重なってとにかく部活が怖かった。中学部活強制だったため学校に行く=部活に行かなくてはならないという式が頭に浮かんだ。学校に行くのは怖くなかったけどとにかく部活が怖かった、放課後になるのが怖かった。最初のうちは放課後になると具合が悪いと言って帰った。でもいつまでもそれが通用するわけじゃないとわかっていたのでもう休むしかなかった。

行きたくないと言って親と喧嘩した。ごめんね親、短大入った今でも引きこもりだよ。

結局途中で学校が退部させてくれた。でも休むことに慣れてしまってもう学校殆ど行かなかった。3年間。

なんとか高校に入った。相変わらず課題ダメだ。親と先生方がたくさんサポートしてくれた。冬になると学校に行けなくなった。親と先生方がたくさんサポートしてくれた。なんとか3年に進級させてもらった。3年の7月、入った高校を辞め通信制転入した。3年の初っ端から学校に行けずになんか諦めてしまった。1年と2年の時は冬だったからなんとかなったけど初っ端から休んだら確実に冬も休むのにもうダメだと思ってしまった。でもなんとか現役で大学に入るために通信制卒業した。短大にも受かった。憧れの大学に受かった。

前期はなんとか1単位以外は落とすことなく終えた。でも前期の最後めちゃくちゃ嫌なことがあったな〜と今思い出した。そう、怒られた。もちろん泣いた。思考停止して泣いた。課題が出てなかったそうな。本人には言えないが完全に教授側の伝達ミスわたしに伝わっていなかった。理不尽だと思った。死ね理不尽単位落とされそうになった。死ね。まあ単位はなんとか貰えたんですけど。

そして今後期なんだけどほっとんど行ってねえ。殆ど全て行ってねえ。後期の始めに体調を崩した、とにかく体がだるくて何もできなくて気がついたらアパートで失神してたこともあった。わたしの通ってる大学には欠席課題かいうクソみたいなものがある。これを出さないと単位が貰えない。クソ。後期の始めから体調崩しまくりの女、欠席課題がすぐにたまった。あ〜〜〜〜人生終わったなと思った。さてここで問題です。わたしは欠席課題をやる気になると思いますか〜〜〜〜??やる気になるわけねーーーーーーだろ。馬鹿か。わたしは授業の担当のことをよく知らない、だって出てねえもん。よく知らない担当職員の中に怒るやつがいるかもしれない。怖い、怖すぎる。本当に恐怖だ。

つーわけで今日大学には行かなかった。休みすぎて単位は落ちることが決定している。わたしはある職業に就きたくて短大に入ったがもうそ職業への興味が微塵もない。やりたいことは特にない。強いて言えば美味しいものが食べたい。

明日寿司が食いたい。

anond:20181211022522

これ好きかなってレベルでよくない?

100点なんか目指さないでいいし、目指したくなったら目指せばいい。

必要なのは、好きなものが見つけられるかどうかじゃないかな。

これなんかいいかも?って思ったら追求してみてもいい。

日常結構何気ないひと時に見つかるよ

2018-12-10

キー局全国紙って東京メディアじゃない?

前々から思っていたんだ。

中の人はもしかしたら、特定地域に根差さない『全国メディア』だと思ってるかも知れないけどさ。

TV局の在京キー局新聞全国紙って、明確に東京の『地方メディア』だよね。

まず夏休みの期間が東京基準

夏休みの期間は地域によって大きく違う。

8/31になると新聞4コマTVニュースなどで夏休み最終日ネタをやるのを何度歯痒く眺めたことか。

なんかいきなりネタくさいなと思ったかも知れないけど、もうひとつ理由の方が本題だ。

もうひとつ理由とは、『東京以外の地域だと色を付けて報ずる問題』だ。

どういう事かと言うと、例えば大阪が顕著だけど、東京以外の地域にはステレオタイプを強く求める伝え方をしていると思っちゃうんだよ、地方民としては。

いわゆる『大阪のおばちゃん』的な人を選んで街角インタビューで取り上げたりだね。

さすがに真面目なニュースでは大分減った気はするけど、ワイドショーバラエティーではまだまだ根強いと思う。

確かオレオレ詐欺の予防啓発CM大阪のおばちゃんじゃない人たちを大阪のおばちゃんとして起用してた事例もあったよね…。

まあでも下らないワイドショーバラエティーなんかはそんなもんだろと思えば大して腹も立たない。立つけど立たない。

東京以外の地域だと色を付けて報ずる問題』にはもうひとつあって、事件事故があると、東京と他地域だと報じ方に差があるってことだ。

東京以外の地域場合、必ずと言って良いほど最初に県名を付けるが、東京都内で起きた場合は「東京の○○区で起きた監禁致死事件ですが~」とは言わないんだよな。

これ、意識してやってるなら悪質だと思うし、無意識でやってるならそもそも『全国メディア』を名乗る資格がない。

そこんとこ、どーなんですか?全国メディア中の人

anond:20181210215217

ロマンかいいんで。リアルは女かどうかくらい答えられるだろ。

行政不服審査かいうクソ制度

 こんなのが昭和時代からあったのに驚くよな。一応できることにはなってるが認容率は

極めて低い。しか審査期間がたいてい3か月。そういうものに、更に再審査制度があって

これも同じくらいの期間。それを経てから裁判所に、行政事件を提起できるというが、

行政処分に対する訴訟費用は160万円だと。これで一応、高裁最高裁まで争えるように

なっているとかいうが、誰もやるわけねえじゃん。アホかと。事実上行政庁の決定が出たら

それをうのみにするしかなく、昭和時代から不服審査制度とか行政事件訴訟とかしてたやつ

いんの?こんないかにも一般市民メリット無くて、はじめから行政庁の決定には逆らうなと

いわんばかりの制度法律の信用が維持されていた時代があったというのが信じられない。

落合陽一って誰だよ

なんかいつの間にかみんな知ってて当然みたいな場所にいる気がするけど、

少なくともこの人はてな話題になってたことって無いよね?

テレビ見てないか分からん。だいたい何した人?

ごめん調べる気にもならない。

でも増田は書く。心というペニスをムキムキすることでブコメをいただくのが僕のささやかな楽しみなので。

言いたいのは、みんなやっぱテレビ見てるんじゃんってこと。

僕は知識人ですので、テレビは見ないんです。この俗物たちめ。増田を読め。

anond:20181210205104

本当は情熱あふれる医者だったとしても、患者に伝わらなかったら信用できない医者あつかい 

ずっと付き合いがある同期や恩師からあいつは愛情深い医者だと評価を得ていても意味なし

逆に正体が冷酷でビジネスライクでも、外面はいジョイのほうが職場でも患者でも関係がうまくいくと思います

anond:20181210200141

なんかいいな

美味そう 今度試してみるわ

ただただ、おねーさんと話したいお

「もー、ばかじゃないの?」とかいっぱい言われたい

オタク口臭すぎ問題

若手俳優してます

舞台とかイベントとかでファンの女と話すんだけどマジで何でオタク女って口臭いの?マジで何で?

オタクの男とも話すけどさ、オタクの男はある程度見た目で予想つくんだよ。

見た目にも気を使えてない奴は普通にもう体臭から臭いし、ちゃん美容院かいってそうなのは臭くない奴が多い。

でもオタク女は見た目はふつうで化粧も髪の毛もバッチリ香水のいい匂いなのに息臭いヤツが多い。なんで?マジでオタク女は10人中7人は臭いマジで

昔はファンの子と繋がったりしてたけど可愛くてもいざSEXってなると喘いでるうちに息が臭くなるやつ多くて止めた。

見た目普通に擬態してるくせに近寄ったら臭い息かけてくるって最早モンスターだろ。


友達地下アイドルとかバンドマンとかレイヤーに聞いたけどやっぱそうだって言ってた。オタク女は口が臭いって。

多分俺を前に緊張して口の中が乾燥してるってのもあるとは思うんだよ。

にしても普通何とかして臭い消そうとしない?

なんで推し臭い息かけに来るんだよ。


男同士だと口臭する時は言うから気を使うようになるけど女同士だと言わないし、筋肉も少なくて代謝いからそうなるのかなって思った。でもプライベートで会う女の子口臭いな何て思うことほんと滅多にないからやっぱオタク女は特殊なんだとも思う。

友達そもそも口が臭くてまともな友達が出来ないかオタクになったんだって言ってた。それにも納得した。


俺の仮説ではオタク女は趣味に金をかけすぎてて歯医者に行ったり運動したりしてないせいで体内環境地獄から臭いってのがある。


まあどっちでもいいんだけどさ、せめてチェキ撮る前とか握手する前に歯医者行ってきてくんねえ?

なんでアンクとかハニシナとか着て髪巻いて見た目に気を使うくせに口は臭いんだよ。

頼むわ。歯磨きしても臭いから、何とかしろオタク女同士で注意しあえ。3ヶ月に1回は歯医者に行け、毎日運動して腸内環境を整えろ、便秘なやつはたいてい臭いからな、気をつけろよ。

冬場に活躍する電気ポット

お湯がいつでも出るので、温かい飲み物で体を温められる。

ポカリスエットホットで飲むこともできる。

 

https://pocarisweat.jp/products/faq/

Q ポカリスエットを温めて飲んでもいいですか?

A ポカリスエットは温めても成分が変化することはありませんので、お好みの温度でお飲みいただけます。ただし、煮沸するとビタミンCが壊れる可能性があります。尚、電子レンジをご利用になる際には、お飲みになる量を電子レンジ使用可能な別の容器に移し替えて温めてください。

anond:20181210133559

私もそんなに紀平が美人だとは思わないけど、むしろあれだけ美人のザキトワを相手にしてちゃんと紀平の方に高い点数を付ける審査員平等で偉いと思った。ロシアマスコミちゃんと紀平の実力を評価しているようだし、フィギュアスケートが美醜に関係なく技術力や表現力を評価するスポーツなのだということが証明されて良かったと思う。

どっちかといえば成績よりも容姿フィギュアスケート選手の人気が決まるのは日本の方じゃないか浅田真央引退してからフィギュアスケート雑誌の表紙はほとんど羽生結弦だし。羽生は結果も出しているから出るべくして出ているのかも知れないけど、宮原知子なんかいくら頑張って日本一になってもほとんど雑誌の表紙とかにならなかったよね。業界的に羽生を表紙にする方が売れるという話かも知れないけど、どうしても見栄えありきという感じが消えない。

フィギュアスケート羽生結弦も好きなんだけど、スポーツ観戦というより美しい踊りを鑑賞する感覚で見てしまう。女子なんか日本代表よりロシア代表が見たいと思っちゃうし。紀平の人気がこれからどの程度まで行くのか見ものだなと思っている。

新年に出て行った弟の話

もういくつ寝るとお正月ですね。まだ気が早い?そうかな…

この時期になると去年出て行った当時社会人2年目?の弟を思い出すんでその話しますね。

私が年越し夜勤で休憩中にだらだらしていた時。

から「家を出ていく」というLINEが届いたので新年早々めんどくせえなあと思いましたね。

小学生時代に親が離婚して高校生時代母親が死んで父親はどっかいったので母方の祖父母と私と弟とペット1匹の4人と1匹暮らし

親が残した家のローンを祖父母年金収入と私の収入で払いながら暮らしてたんですね。

元々祖父と弟は折り合いが悪くなんやかんやと喧嘩してたのは知ってたのでまたそこでやらかしたんだなあと思ったわけですよ。

祖父は弟が働き始めたのに家にお金を入れないのが気にくわないらしく(弟は後々入れるつもりだったらしい)

比較的家に帰ってくるタイプの私と違って弟が遅くまで遊び歩いてるのも気に入らないらしい。

(言っておくと私は他人が嫌いだから家に帰るのであって祖父母に懐いてるからとかではない)

まあ古いタイプ人間の考えだし永遠に相容れねえよなあ~とは思ってましたけど、大晦日にその齟齬がついに爆発。

祖父に部屋の掃除しろと言われながら後回しにして遅くまで自室で友達と遊んでた弟のところに祖父が乗り込んだと。

そして掃除しない弟を叱ったうえに遊んでる友人まで侮辱したと。

弟はそれを聞いてブチ切れちゃって売り言葉に買い言葉でじゃあ出てくってなったと。

経緯を聞いた私はあ~~~やっちゃったな~~~~~って気分ですよ。

弟としては掃除は後でやるつもりだったしそこを叱られるのは(気にくわないけど)いいとしても友人を侮辱されたのは許せないと。

一理ある。

祖父としては大晦日なのに夜遅くまで他人の家に上がりこんでる奴はろくな奴じゃないから弟の為に叱ったと。

発想が嫌だけど言いたいことはわかる。

そんなお互いのディスコミュニケーションが発端で起きた別居兼断絶が1年経っても解決できてないんですよ。

祖父母としては手塩にかけた孫が出て行ったのは(金銭的にも人情的にも)辛いか呼び戻したい。

弟としては自分の友人を馬鹿にした奴とは一緒にいたくないから帰りたくない。

そこで板挟みにされてるのが私です。

祖父母はなんとか連絡を取ってくれできればかけた金を取り返したいとオブラートに包んで私に迫ってくるし

弟は祖父母を寄り付かせるなと言いながら私物を取りに帰るために私を頼ってくる。

もうね、めんどくさいですわ。ほんっとめんどくさい。私も暇じゃない。

お互い顔合わせて話しろって気持ちですよ。でも弟は断固拒否祖父母言葉を濁すけどお金の為に弟に会いたい。

どっちも考えてることがわかる分尚めんどくさい。

老い先短いから孫が出て行ったままなのは寂しいという祖父母には人情として弟を合わせたいけど蛇蝎のごとく嫌ってる奴に会わされる弟がどんな気持ちになるかは考えるまでもない。

いや書けば書くほど祖父と弟で話して解決してくれよって思ってくるわ…めんどくせえ…

弟は出て行った先で良い女性を見つけたようで結婚するらしいです。

小さい頃は親の離婚があったからお互い一生結婚しねーななんて笑ってたのにね。正にお笑い種。

奥さん連れてきて「俺は幸せだよ」ってマウント取られましたよ。

そりゃ幸せだろ家のローンも祖父母の将来の介護ストレスサンドバッグも全部私に押し付け自分自分の面倒だけ見ればいいんだから

いきなり見下されてとってもびっくりだよ。

しょうみな話弟には嫉妬してますよ、私と違って仕事ができてコミュ力もあって適応力もあるし何しろ家族との縁を切れる強さがあるから

私も祖父母を置いて出て行って一人暮らしできればもっと気が楽だろうと思いますけど、どうにも後ろ髪を引かれてできない。

祖父母自分の娘=私の母親が死んだあと頑張って育ててくれたのもわかってますし。まあ弟も分かってるとは思いますけど。

これでお金心配がなければもっとスムーズ解決するのになあと思います

自分たちが汗水たらしてお金をかけた財産=弟が恩返しせず出て行った!という気持ち祖父母にありますがこれそもそもうちが裕福ならあまり出てこない発想ですし。

弟の学費やら生活費やらを将来返してもらおうという思惑も分かりますが5000兆円くらい貯金があればまあいっかって気持ちになると思うんですよね。

祖父母時間はないですが弟には時間があります。将来っていう時間

しかしたら弟は祖父母時間切れを狙ってるかもしれないですね。常考してないとはいえ一度も考えたことが無いとは言わせねーからな。

何が言いたいかっていうとお金がないって悲しいなって話でした!終わり!

死体蹴りはすべきでないという文化

死んだんだからとやかく言うなとかいう風潮が嫌い

原因は原因として追求するべきだし、死人が悪かったならある程度叩かれてもしょうがないだろう

国家かいう終わっている組織

 もう狭い範囲でやっている時点で全てがウソだし、その狭い範囲

で通じている理由しか通用しないので、正義はない

ついていっても何のメリットも魅力もないし、全て公務員の悪質なご都合主義

正義正論は通らないから、誰も裁判審査請求をしようとしない。やったところで

通らないから。

anond:20181210171825

あいつらはビートルズジローズに、国境軍隊があるせいで戦争が起きる、とかいウソ教育された青春を過ごしたうえ、抑止力っていういのは核兵器しかないものしかもその抑止力は無くすべき悪いもの)だとも教わったからな。

新しい知識を学ぶ気がないとそうなる。自分ジジイになったときは気を付けたいものよの。

anond:20181210165933

しかに明文化すればウザいとかい次元じゃなくなるよね。ありがとー!

大掃除以降運用できるようにルール考えとこう。

サイバーマンデーかいう単なる在庫処分セール

なんでいきなり盛り上がっとんの?

いらんものまで買わされて結局損するだけやん

anond:20181210161348

そのいちばんでっかい嘘を正当化するために設定でガチガチに固めていくといつのまにか作品世界が完成している、というのがロボットアニメの魅力なんやで。

まりガンダム矛盾を補完し続けるといつのまにかミノスキー物理学という巨大な設定集が生まれとるんや。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん