「文脈」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 文脈とは

2020-06-03

同性愛なんて小児性愛と同じ」は同性愛差別であって、それを同性愛差別と指摘することは別に小児性愛差別ではないんだけど。

小児性愛も(文脈によっては)同性愛と同じ」は同性愛差別ではないし、それを否定することは小児性愛差別になるんだよな。

数学的には同じ論理を表していても、文脈言い回しによって言葉意味は変わる。

2020-06-02

サンクコストコンコルド効果意味が分からなくなった

なんかざっくりと

今までかけてきた金と労力がもったいなくて

損する事業なのに継続ちゃう

みたいな事は聞いたことがある

オリンピックは中止したら損失が大きくて

延期開催したら損失が小さい

もったいなくてやめられないって状態には当たらないんじゃないのか?

中止した方が損失が大きいから中止したくない

開催した方が損失小さいから開催したい

ってそれ普通のことだよねw

みんなどういう文脈サンクコストとかコンコルド効果とか使ってるの?

なぜ女は小室圭の話題が好きなのか

小室圭と言っても、男や、はてなにいるような人たちからすれば

あーそんな人もいたよなあ

ってくらいの存在かもしれない。だが特定メディアでは未だに超人コンテンツハイパーバズワードなのだ

その特定メディアとは、昼のワイドショー女性週刊誌等の女性向けメディア

(正確には中年以上の女性向けメディアかもしれないが日本人女性過半数中年以上の女性なのだから女性向けメディアと言っても差し支えないだろう)

そういった女性向けメディア小室圭の名前を見ない日はなく、少し前までは新型コロナウイルス話題に押され気味だったが、最近ではすっかり話題の中心は小室圭に戻っている

もともと皇室関係女性週刊誌などでは定番ネタとはいえ

女性向けメディアほとんど一般人と言ってもいい小室圭という人物の動向にここまで粘着するのかは流石に理解不能だ。もう何年も女性向けメディアでは少なくない誌面、あるいは放送時間を費やし小室圭に対してあーでもないこーでもないとやっているので確固たるニーズがあるのだろう

インターネットではもちろん、テレビニュースですらほとんど目にしない小室圭という人物女性向けメディアの中では長年話題の中心に君臨しているのだ

いったい小室圭の何が女性たちを惹きつけるのか

どういった文脈で生きていればそこまで小室圭に対して興味を維持できるのかまったくわからない

anond:20200602175148

アニメ批判文脈では「アニメを通して現実の異性もモノとして扱ってしま精神が育まれる」みたいな意味だろ

anond:20200602001302

そういう人達は「反安倍」の文脈で反対し続けているだけの話。

本心で言っているのではなく、野党支持のポジショントークで言っている。

2020-06-01

anond:20200529164938

これは誰に対する言及なんですか?

前後文脈でわかるけど

ANTIFA

所謂極左勢力最近保守政党に対するフェイクニュースワイドショー占拠など拙速活動をしていて

ついに暴動の引き金を引いたってことになってしまいました。当然支援していたところも明るみになるので

某国パブリックエネミー評価が一気に吹き上がりますまさか泳がした上でテロとの戦い文脈に落とすとは。

anond:20200531141733

そもそも火元はこっち↓なので根本から間違ってる。

https://twitter.com/kazuuuuuuuus/status/1262321710990348288

無知意図的かはわからないが、デマを広めたのは↓こいつ。

https://twitter.com/giro_switch/status/1266001706669584384


そもそもの話の始まりは「法的規制のための署名活動が始まったこと」であり、すなわち「数の暴力差別的法制度を実現させようとしたことである。反応がある程度ヒステリックになるのは当たり前。それでも当初からアンテナ感度の高いLGBT女性立場からも「これを許したら私達の権利も危うくなる」という極めて理性的批判殺到した。

ぶっちゃけて言えば今になって騒いでいるのはアンテナ感度の低い人たちだし、その論も稚拙なのだが、それでも元々の文脈があって今こうした騒ぎになっている。断じて個人の感想クソリプ殺到した」という話ではない。

anond:20200531192842

カツラハゲを隠すのは恥ずかしい、ブルースウィリスを見てみろ、堂々とハゲているがかっこいいぞ、

などと言われる文脈で見落とされているのは、ハゲてもかっこいいのは多くの場合白人または黒人という点である

渡辺謙なども彫りの深い濃い顔であり典型的東アジア人の顔立ちからはかけ離れている

辮髪などを見ても、顔の凹凸の少ない平たい顔族ハゲを装飾に昇華する傾向がある

これはやはり身分の高い中年男性ハゲ散らかすことで威厳を失うことを防ぐ文化なのではないだろうか

ハゲ散らかすとみっともなく威厳が消え失せる東アジア当事者による伝統的な装飾ハゲ文化

現代アジア人白人黒人などハゲが似合う人種によるナチュラルハゲ文化侵略され、

元来のアジア人に似合うはずの装飾ハゲは野蛮で恥ずかしいことだという価値観強制され抑圧されてる

東アジアハゲ当事者によるフェミニズムのような運動が起こってもいいはずなのだ

現代アップデートされたハゲ装飾肯定運動

東アジアハゲたちよ、今こそ立ち上がれ

 

まあ俺はフサフサだから知らんけど

2020-05-31

はてブ非表示機能を使わないようにしている

非表示を使った方が精神衛生上は良いのだろうけど、もっぱら以下の理由

・気に入らない相手や、変だと思った相手非表示にしてると、そのうち自分と会う意見けが表示されるようになるので、自分意見大勢と同じ意見だと錯覚するかもしれない。

自分に対して攻撃してくる人もいて当たり前なので、自分への逆風ぐあいを量るためのバロメーターとして残しておきたい。

・他のブクマカが、自分の見えていないブクマを前提に書いたりした場合に、文脈が分からなくなる。下手すると何か誤解するかもしれない。

という事で、非表示使用しないがスルーはする、という技が要求されている。

ラブドール嫌悪感情を持つ女性立場に立ってみる

ラブドールなるものがあるらしい。おっさんなのでへー以上の感想はないが、法規制すべきとまで激しく爆発している女性とか多いらしい。

そこに論理的説明を試みる人たちが結構いるが、そういう人らの立場に立つとなんか分かる気がした。

女性からすると嫉妬して怒ってるのではなく、彼女らの認知のどこかにあるスイッチを押してるから怒るのだ。

それはおそらく二つあり

私たちの体や精神工業製品ではないが、そのように扱われてきた」

「男は工業製品と実際の女をきちんと分けるべきだが本能的にできない悲しい生き物」

ではないだろうか。

前者は正しい、が、もしかしたら過去にそのように扱われていなくとも、扱われたことにさせるような洗脳が施されている可能性はある。

後者は大きく間違っているが、過去経験や周囲の情報によってそう思わされている可能性はある。

ここであえて洗脳と言ったが、おそらく彼女らの人生の中で自然に植え付けられていると思う。少女漫画とかトレンディドラマに出てくる理想的男性こそが男性の正解であり、そうでないならおかしいというような洗脳

さて、昔はオナホというような明らかに器具として穴が空いたシリコンの塊」でしかなかったが、ラブドールともなるともはや人間の、それも男性の都合と性癖だけを取り入れたかなり美しいものができてきて、かなり自分たちによってきている。

男性は結局ちくわみたいなシリコンの塊では満足できず、限りなく自分たちおもちゃを寄せたいのか、この文脈の先にあるのが我々女性なのか」

そう思わされてるのではないだろうか。

客観的に見てそれは間違いだ。男性おもちゃおもちゃであり、人間人間という区別がつく生き物だ。ラブドールを買って使ったとしてもそれは人間ではないか人間として扱ってないのであって、実際の女性ラブドールにしたいけど捕まるからお金を払って渋々ラブドールを買っているわけではない。

つかない男性もいるがそれは男性の全てではない。だが、そういう性質男性を捕まえて「これが男性一般が持つ男の本性」みたいに歪めて伝えている人がいるのだろう。

願わくば彼女らがそういう洗脳から逃れられることを祈る。

あと興味をもってる男性、はっきりいうがそんなめんどくさいもの手に入れてもめんどくさいぞ?手作業に勝るものはないぞ?

2020-05-30

小児性愛カジュアル化」とは何か?それは問題なのか?

概要

小児性愛カジュアル化」に問題があると考えるのは、対人性愛優位を自明視した認知の歪みでしかない。問題があるとしたら、「性愛カジュアル化」にある。セクシャルマジョリティが主導して守ってきた性の規範を、マイノリティが拒絶することにより、「性愛カジュアル化」が現象として起こっているという事実はあると思う。しかしそれ自体セクシャルマイノリティの「政治活動」としての側面があり、一方的断罪することはマジョリティ傲慢である。「批判するな」とは言わないが、慎重になるべきだし、そうした政治性に注目することなく「批判」に終始するなら「ただのポジショントークだ」との誹りは免れないだろう。

小児性愛カジュアル化」は問題か?

批判者が「小児性愛カジュアル化」と呼ぶものの一つに次の事例がある。

しかし、これは所謂「キャットコール」と呼ばれるセクハラ一種であり、「対象児童から問題なわけではない。批判者も、「対象がもし成人ならば何も問題はない」とは言わないだろう。このような事例は「性愛カジュアル化」によって支えられる悪しき文化であり、批判すべきは「性愛」であり「小児性愛」ではない。これを以って小児性愛批判するのは無理があるし、「小児性愛は悪だから悪なのである」というトートロジーに陥ってるようにも見える。では、なぜ彼らは小児性愛を殊更に敵視するのか? 以下は既存議論焼き回しである

小児性愛と成人性愛本質的な違いはただ一つ、「児童との合意は(少なくとも現代倫理規定では)成立することがあり得ない」という点である児童との間に「合意のようなもの」がいくら存在したとしても、それらは全て「合意」とは見なされないし、見なすべきでない。(「合意」の定義児童保護について慎重に議論を重ねた未来では何らかの変化があるかもしれないが、それについて議論するにはあまりにも論点がずれているし、ここでは触れない。)しかし、「故に小児性愛は許されない」と主張するには論理の飛躍がある。ここまでの前提の下で自明と言えるのは、「児童との性的接触は許されない」という一点である

児童との性的接触は許されない」と「小児性愛は許されない」はもちろん同値命題ではない。彼らがこれを同値と見なすのは何故か?それは彼らが、「性的欲望とは常に性的接触によってのみ満足するものであり、それ以外の性的行為は全てその為の準備に過ぎない」という偏見を抱えているからであろう。今回、多くの人形性愛者、フィクトセクシャルさらにはアセクシャルを自認する人々から批判殺到した理由はそこにある。

「(実在児童対象としない、無機物対象とした)児童ポルノは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」と主張する人々は、「成人と性的接触を行うことは、児童との性的接触を実行するトリガーとなる」とは言わない。なぜなら、彼らにとって「性的接触」はそのまま「性的満足」とイコールであり、それが「ゴール」であると無根拠にも信じているかである

性愛カジュアル化」に問題はある。しかし、

前節では、問題本質は「小児性愛カジュアル化」ではなく、「性愛カジュアル化」であると言った。では「性愛カジュアル化」は本当に問題なのか? 結論としては、確かに問題であると私は思う。うぐいすリボン荻野さんも以下のように言っている。

その理由としては例えば、①性的プライバシー問題、②依存性の問題、などが挙げられる。あるいは、「そのような問題内包する言動」こそを「性愛カジュアル化」と呼ぶべきである、という定義づけも可能だろう。

①を語る言葉として「性的自己決定権」「私の身体は私のもの」などがある。余談だが、これは、ラブドールのような性的表象、および自慰を愛好する人々にとっても重要概念である。実際、他人自慰制限しようという試み自体が「性的自己決定権」の侵害であり、セクハラだという批判もあり得る。(参考↓)

話を戻そう。性とはそれ自体が深くプライベートものである。故に、他人性的領域に、物理的にも精神的にも安易踏み込むことは許されない。「性愛カジュアル化」には、その越えてはいけないハードルを下げてしま効果があるのではないか。自らのプライバシーを切り売りしている限りは「下ネタ」であっても、他人プライバシーを暴いたり、そこに土足で踏み入るような言動は「セクハラ」になる。(「下ネタ」を話題にすること自体話題への参加を強要し得る文脈において、それらの区別曖昧だが、それを語り尽くす労力は私には残っていない。)お互いのパーソナルスペース尊重する文化を守るためには、適切なゾーニングを守り、強行的な「性愛カジュアル化」を防ぐことも大切だと私は思う。

②の問題は意外にも語られることが少ない。これは、「ポルノにはなぜ年齢制限が設けられるか?」の問いに対する答えでもある。逆に言えば、「未成年ポルノを見せるべきでない」理由として、「正しい性教育」的なものを挙げるのは、性のスティグマ化に資するのみで未成年に良い影響を与えはしないだろう。

ここまで、「性愛カジュアル化」は問題であることを述べた。一方で、それらを安易断罪することもできない事情もある。それは次節で述べよう。

政治表現としての性表現

荻野さんは次のようなことも言っている。

ここで、各国のゲイ・パレードプライドパレード(LGBTパレード)の様子を見てみよう。

https://www.huffingtonpost.jp/letibee-life/taiwan-lgbt_b_8448268.html

https://lifevancouver.jp/pride_parade_vancouver

https://rocketnews24.com/2012/06/30/224561/

https://www.youtube.com/watch?v=MWiZwUFWs5E

やはり、非常に過激セクシーファッションに身を包む参加者のことが目に留まるだろう。しかしだからと言って、彼らに向かって「ゾーニングを守れ!」と叫ぶことがどれだけ暴力的か、理解していただけるだろうか?

彼らがこのような「性」を明け透けに表現しているのは、それ自体政治意味合いを持っているのである。それ自体政治表現なのである。そして我々の「性」の表現にもまた、そのような側面があることは決して無視できない。対人性愛的なものに背を向け、「オタク」的な性表現をオシャレなものとして、隠語的なコミュニケーションのために消費する文化がウケた理由は、人々がそのような政治性を間違いなく見出したかである。それは単なる「ポルノ」ではなく、「我々の性のあり方」をありのまま表現した、アイデンティティのものなのだ

とはいえ、我々の消費する全てがそのような政治性を帯びているわけでもないし、また全てがポルノ的でないわけでもない。実際のところ、単なるポルノが悪ふざけで表に出てくることもあるだろう。しかし、それらの区別は決して容易ではない。物理的には全く同じインク配列であるものが、文脈や作者の意図次第で、時にポルノであったり、時に政治的であったりする。それらは私やあなた独善的基準で決めつけていいものではない。「法的規制に反対する」という言葉は、私刑を推奨する標語であってはいけない。表現の正しい用法用量というのは、表現者と受け取り手一人一人の良心に委ねられるべきなのである

さらに言えば、政治性とポルノであることが、多くの場合両立してしまっているところにこそ問題の複雑さがある。その区別について「語るべきでない」とは言わないが、本質的に「区別不可能である」ことを前提に、慎重に語る必要がある。そのような必要な慎重さを欠いた言説こそが、「差別だ」と糾弾される所以なのである

誤謬見出し批判することは容易であるしかし、否定することが目的化した人々で集まって、こちらの政治性を矮小化するような言説ばかりぶつけられては、議論にならない。「我々が言いたいこと」は、この文章を通しても伝わるはずであると信じている。

anond:20200530103727

オタクって言葉が元々はオタクとされるもの同士がお宅と呼びあったことが元だったと思う。

地下アイドル場合ファンとの距離が近いし、その世界でのオタク呼びもある種の仲間内での呼びかけみたいなものなんじゃみたいに感じる。

オタク界隈の外からオタク蔑視するみたいなのとは違う文脈な気がする。

第二波

みなが好き勝手新型コロナウイルスの第二波を決めているため

今のところ三つくらいの「第二波」があるようで一応整理しておきたい。

1.今北海道北九州市あたりで発生しているもの

2.今年の秋から冬に再度の流行があると心配されているもの

3.中国から日本に持ち込まれウイルス第一波、欧米から帰国者が持ち込んだ第二波とするもの

1は私から見ると「第一波の取りこぼし」だと思うのだが、「第二波」と呼んでいる人が目にとまる。

はてなブックマークブコメや身近なところでちょくちょく見たり聞いたりする。

これは、緊急事態宣言後かなり抑えこたことで、次回に起きる再流行を第二波と呼ぼうと考えているのだと思う。

2は、スペイン風邪SARSの記録から、大規模な流行が数ヶ月~年単位であとに来るものを第二波と呼んでいるのだと思われる。

経験的に、一度流行が収まったあとに二回目の流行が起きるものであるため、二回目の流行を第二波と呼んでいるのだろう。

3は、リンクを貼る。

https://www.niid.go.jp/niid/ja/basic-science/467-genome/9586-genome-2020-1.html

リンク先にあるとおり、昨年末くらいか中国より入ってきたもの第一波、欧米を経由して帰国者が広げたものを第二波と呼んでいる。

私がこれを書き始めた経緯としては「1を第二波と呼んでいるやつが多すぎる!2が第二波だろう。

一度収まった後に突然変異が起きたウイルスが広がってくるから第二波になるのだ」と思って調べてみたのだが、

3を見つけたあたりから自分の考えも間違いだと分かってきた。

スパッと「全世界で第二波流行中」ってわけにはいかず、

地域や別種の動物感染していってそこでウイルス変異した結果がまた戻ってくるのを繰り返して、

日本にとっては第三波、米国にとっては第二波」みたいなのができていって、

最終的にあとから振り返って初めて「あれが第二波だったか」と分かる性質のもののようである

コミュニケーションコストが増えるのは残念だが、「第二波」という言葉を聞いたら自分文脈を推測するか聞き直す必要があるようだ。

2020-05-29

上司工数を出したら〜のやりとりについて思うこと

こういう記事を目にした。ちなみにこのQuoraというサイトについては初めて見るのでQAサイトなんだろうなという事以外は何も分かっていない。

上司工数を出したら「私なら半分で終わる」と言われ工数を削られました。それならあんたがやれと思うのですが、こんなときどう捉えるべきですか?そもそもあんたが作ったんだから速いだろと反論したくなります

https://jp.quora.com/%E4%B8%8A%E5%8F%B8%E3%81%AB%E5%B7%A5%E6%95%B0%E3%82%92%E5%87%BA%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%89-%E7%A7%81%E3%81%AA%E3%82%89%E5%8D%8A%E5%88%86%E3%81%A7%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%8B-%E3%81%A8%E8%A8%80%E3%82%8F%E3%82%8C

(本当はリンク先の該当する回答を全て読んで欲しいのだが)

私が覗いた時点で1番上に来ていた松本 祐司さんという方の回答(この表示順のルールについても知らない)を読んで自分なりに思うことがあったのでそれを書きたい。まずは客観性のない私の主観でその方の回答を要約してみる。

・確かにその上司コミュニケーションスキルが足りない

しか解決策は己のあらゆる能力をあげることしかない

・逆の立場になって考えてみると相手あなたに期待していたともとれ、結果的に残念に思われたとここでは規定する

・残念に思われた結果、回される仕事雑務、誰でもできることになっていき、次第に年齢がいけば、リストラ候補にもなりうる

上司の期待に応えられていない現状を素直に認めて、自分能力を上げることを勧める

最後に「上司避難する気持ち仕事をするな」という言葉を教えてくれた(今では成功して偉くなった)昔の上司とその言葉をまもって今のポジションにいる自分自身の美談が語られている

よく見る模範解答だと感じるし、正直なところ5年前や10年前であれば特に違和感もなかったろうと思う。

現在の私はこの回答自体にも違和感を感じるが、この回答が1番上、つまり1番多く見られる(おそらくベストアンサーだろうと思わされる)回答になっていることにも違和感を持った。自分が働く側にまわってそれなりに経ったからだろう。この方が会社上司側の視点で多くを書いているので私は個人や部下側の視点で書いてみようと思う。

端的に「能力を上げることしか解決策がない」とする意見だが回答に書かれている文脈においてこれは非常に危険な考えだと思っている。

かに質問者にとって現実的有効であると思われる解決であることには同意するが、能力をあげることしか解決策がないというのはいささか恣意的ではないだろうか。そして「能力をあげる」という言葉方向性は最終的に上司の想定の半分の期間でものごとを終わらせることを目標例にしている。つまり上司意向に沿って現在仕事成功していくことを質問者が望んでいる前提となっている。

質問自体も前提条件や背景など分からない部分が多いのである程度想定で書くしかないということも分かっているが

こういう上昇志向個人能力を鍛えることで何でも解決しようとする考えを勝手ドラゴンボール思想と読んでいる。

質問者が本当にそれを望んでいるならそれで構わないし、そうであればこれ以上ない最良の回答だろう。

しかし本当にそうなのだろうか。分からない。

質問者ドラゴンボールで言うZ戦士系譜であれば少なくとも質問者回答者という単位では問題ない。

そして実際にZ戦士達はそのせいで(おかげでとも言えるが)永遠に続く戦いの螺旋に身を投じることになる。

しか多様性が叫ばれ、日本経済落ち目となり、これまで力を持っていたものが弱体化し、疑われ、多くのものが見なおされている昨今、日本で働いている人間多数派悟空ベジータのように己の適正を理解し、適切な職場業界位置しており、そこで仕事における能力の(殆ど無限と言ってもいい)上昇とそれによる出世を望んでいると同時に望める状況にあるとは到底思えない。

そもそも人間自分自身の求めていることを正確に把握していることの方が稀だとすら思っている。

そして我々の世界マンガではない。我々の肉体をはじめ、現実のあらゆるものは有限だ。

そして最後に加えられた物語美談)がより一層この回答の訴求力を強めている。人間にとって物語というのは劇薬だ。

しか人生というもの物語解釈意味づけしようとする考えに対してそれは物語である限り間違えているとユヴァルノアハラリ氏は21Lessonsの中で説いている(たしか)。

大事なのは上司と部下、組織個人いかバランスを取っていくかに思えてしまう。

バランスを取るには適切なコミュニケーション必要だ。

適切なコミュニケーションを取るには信頼関係必要だ。

信頼関係を構築するには適切なルールシステム機能していることが必要だ。

例えば頑張ってもそれに見合った対価がもらえなかったとしたらどうだろうか。

仕事は多くの場合上司社長株主がおり、ある種彼らの都合のいいように時間能力リソースを奪われていると考えることも出来る。

仮に上司人間的に信用できたとしてもルールシステムがそれを阻む場合もある。

から言われている昇給と昇格が切り離されていなかったらどうだろうか。

会社側で重要ポストというのは限られているし、自分の適正が管理職にあるとは限らない。

そもそも成果の分だけきちんと利益還元されるというのは基本的に国や世界経済が上向きになっている必要があるし、人間による評価というもの構造的な欠陥を持っている。

そして対価が自分の望むものではなかったとしたら。

まり以前は有効機能していたとされる構造システム問題が生じてきていることの方が多いのではないかと思う。

そしてそこに健全であると思えるよう)なシステム環境がないと人間の行動はなるべくリスクを取らず、なるべく仕事の量を増やさず、なるべくストレスを避けるといったものになるか、あるいはその逆になるのは自然だろう。いずれにせよ多面的かつ長期的な利益追求のために目指すべき形ではない。

もちろん営利組織利益を拡大していかなければならないので能力向上や納期短縮は重要だろう。

それを否定するつもりもないし、不真面目な社員がさぼるのを助長するという意見もあるかもしれないが、まずそんな人間採用する仕組みに何かしらの問題がある。

個人の持つあらゆる能力をあげておくに越したことはない。それには自分同意する。

しかしそれと同時にお互いの利益がなるべく一致するような新しい評価報酬システム環境がつくられ、健全コミュニケーション信頼関係がなければいけないはずだ。

それにはトップが牽引して組織的に動く必要があるし、個人能力向上だけでは解決できないだろう。

個人レベルでは比較的それらのシステムが整備されている場所へ移ることも手段の1つだ。

いずれにせよどちらか一方的という所があるならそれが問題のように思える。

我々は有限な血と肉で覆われた不完全で複雑な動物であることを忘れないようにしたい。

2020-05-28

anond:20200528162936

〇〇のお店を17:30から予約しても良いですか?

と聞かなかったお前の落ち度やな

さすがにこの文脈で「予約している」とは思わん

anond:20200528141840

別人の振りをしているのなら性格悪いし、

から入って来てるなら文脈読まずに横入りしてて頭が悪い

anond:20200528141410

読んでー!

知りたいって言ってるよ。突き放してないよ。

自分の大切な人が「男」に含まれ攻撃されてるのを見ると悲しいんだよね。

お茶を組ませる奴、性的暴行する奴って文脈だと賛成してるよ

anond:20200528140801

つか初恋に思いを馳せる=浮気された怒りを思いだす、って意味なら

https://anond.hatelabo.jp/20200528134344

あいうのの9割は年を取って落ち着いて、しんみりと初恋に思いを馳せてたりする

ってのは歳を取っても浮気された怒りを思い出している落ち着かない人、って事になるんだがw

それはしんみりとは言わん

この文脈なら初恋=良い思い出、って意味しかならんよな

でも良い思い出の初恋って女は大体忘れてると思うw

anond:20200528121543

増田文脈Vtuber話題に対して「なんだろう、この異性慣れしてなさそうな感じ」は揶揄以外ないだろ

2020-05-27

anond:20200527153032

彼はとても素晴らしい人物でとても尊敬しています、なら別にいいんだろ、結局文脈だよ

そうでもないと思いますけど。この場合でもその素晴らしい人物がとても偉い大学教授とかであれば、分かりやすいかと思います

その場合は「彼」ではなく「先生」と言ったりするのではないでしょうか?

日本語の繊細さと申しますか、英語の he とはやや違うと思います

ともあれ、日本語はその言葉の中に非常に身分制度を感じさせるニュアンスを残していると思います

anond:20200527150513

そりゃ増田感覚おかしいだけだ。

彼はとても素晴らしい人物でとても尊敬しています、なら別にいいんだろ、結局文脈だよ

anond:20200527135544

鉄道オタクなんかはちゃんと鉄オタって呼ばれて区別されてるし

アニメゲーム文脈タダ乗りしようとしてるせいで個性が足りないのが原因じゃないの

2020-05-26

はじめて声つけをやったとあるPの感想

デレステをはじめて2年ちょっと。だからそこまで新規らしくはないかもしれないけれど、SNSなどでまま見かける文章文脈でいえば新規かもしれません。モバマスはやっていません。

今まで総選挙では普段通りイベントをちょこっとやってたら投票券が渡されて、気になるアイドルガチャがきて課金しても投票券が渡されて、そのほとんどを担当に突っ込んでいます。結果が発表されたら担当順位を見て喜んでみたり、トップ10や歌う人くらいは見て楽しみますし、総選挙イベもそれなりにやります

SNSは多少見ますアイマス垢のようなものはありません。

新規にはこういう人が〜」なものをそれなりに見るので、私がそこでいう新規かはよくわからないのですが、一応、そういう点も含めて今回のボイスオーディション関係することを書いてみようと思います

今回も総選挙は大半を担当投票し、ボイスオーディションではあかりあきらに半々で投票しました。票数は総選挙とボイスオーディションそれぞれ約1000票ずつです。フェスを回しましたが全回収ではありません。

どちらも新アイドルとして知っているし、音ゲーではない方に先に実装たからか声なしだった3人組で、去年りあむに声がついていることも知っています。新ニュージェネのような感じで、揃って歌うのが楽しみなので、2人に半々にしました。

2人が揃って合格したので、素直に嬉しいですし、今後の展開が楽しみです。

ただ、来年も同じようにボイスオーディションがあったり、今回あかりあきらがいなかったらどうしていたか、とも思います

あかりあきらを選んだ理由の一端でもあると思いますが、もともといた声なしアイドルについてはほとんどわかりません。その中には今回一緒に合格したつかさなど、名前やなんとなくのキャラづけまで知っている人も若干いますが、顔や名前がパッと思い浮かばなかったり、見たことはあるかもしれないけれど知らないといってよかったりとそのレベルも様々です。

自分の町にある店だけれど「あそこの交差点のあたりにこれこれこういう店ないか?」と聞かれてやっと「ああ、なんか見たことあるわ、◯◯の隣あたりかな。行ったことないし店の名前も知らないけど。」となったり、「そんなのあったっけ?」となったりする感じです。

今までの総選挙でも、中間発表でその声なしアイドルを初めて知ったりします。

そこでなぜ知らないんだと言う人もいるでしょう。

SSRがあるのなら、ガチャ更新ときに見たことがあるのかもしれませんが、人数が人数というのもあり、回さなガチャピックアップは覚えていません。アイマスに限らずガチャ自分が欲しいキャラでなければすり抜けですし、デレステではスコアのために好きな子以外を性能で使うということもあまりないので、特に興味のないキャラはすり抜けてきたとしても基本放置です。

スシローキャラバンもほとんどやりません。これらをやるより他のゲームをする期間です。他のイベでもコミュは好きな子たちが喋っているのを見るくらいで、特にそうでもなければじっくり見ているかといえばそうではありません。

入り口はあるのかもしれませんが、何歯科名前を覚えていないし行ったこともない歯科医院が近所にあるように、入り口があるなら知っているだろうというのは違うと思います

それならもっと興味を持てとも言われるかもしれません。

デレステをはじめたら、まずニュージェネを見て、次にPCSTPポジパ、そしてLiPPSなどの人気どころを見ます。そこから(一部並行で)周年や総選挙の曲や、季節曲などの人気シリーズや、ソロ含め有名曲・人気曲に触ります。メインのユニットを軽くなぞってからは、アイドルへは曲からアプローチになります

もちろんガチャや別のところで一目惚れなんてこともありますが、この最中にいわゆる担当担当までではないけど好きな子知識として知っている子が相当な人数並びます。そしてお腹いっぱいになります。好きな子が十分な厚さで固まるからです。その子たちさえ追えば大体満足するようになります

なので声ありの子でさえ全員をよく知っているわけではありません。コミュをまだ見ていない人も多くいますそもそも、そのあたりまでいくと、もう声の有無はあまり関係なく、特に興味のない集団というくくりです。その中には、曲が好きだったり、それを歌っているユニット全体としては好きだけれども、そのうちの1人1人みんなについて興味があるかというと、知ってはいるけど特に興味があるわけではない、というのもありますリアルアイドルでもそうではないでしょうか?

そこでさら音ゲーの中で、あるいは別のアプリゲーをはじめて、曲のない人という属性ピックアップして調べるというタスクをこなそうとはなかなか思えないのです。

また、ユニットリーチだといったことを言われることもありますモバマスイベント対バン形式?の敵役として出てくるもののようですが、正直なところ、そういうところに広げるより、2曲目などを欲しいと思うので、あまり惹かれません。ユニットとは言いますが、コミュなどでは言及があるにしても、ほとんどがシングルCD1枚出して音楽活動終了のような感じなので、もっと活動してほしいのです。LiPPSの2曲目などは私以外にも待っている人が多いのではないでしょうか。

そういう意味では新信号機な3人にも、声が出揃って1曲出したらもう……、というのではない活躍を期待しています

なので、あかりあきらがいたからボイスオーディションを楽しめたのだろうなというのが一つの感想です。

もし来年もボイスオーディションがあるのなら、投票券を余らせたくはないけれど、わざわざよく調べてまでというほどでもないし、票交換をアイマス垢をつくってまでやろうとも思わないので、結局どうしたものか……。SNSを軽くさらってなんとなくで選ぶことになりそうです。

中間発表があればとも思いますが、中間を見てその上位をそのまま通すというのもそれはそれでという感じもします。難しいですね。

ただ総選挙人気投票らしくなったのは面白いので、来年も分けてほしいと思います

ここまで、あくまで私のデレステの触れ方ですから、はじめた時期も含め、こういう人がボリューム層かはわかりませんが(おそらく私程度でもSNSを多く見ている方でしょう)、そんな人の紹介と、そんな人がボイス実装のために投票するというのをはじめてやってみて思ったことです。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん