「現代社会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 現代社会とは

2017-11-24

anond:20171124014509

そもそも八つ当たりで書いたわけじゃじゃないですし・・・

どうせ元増田今日の昼には削除するの知ってるから

元増田自分を受け入れてくれなかった現代社会への呪詛を新たに語るだけ

2017-11-17

[]よくある質問

真面目に答えず、出来る限り嘘と虚構を織り交ぜて答えていきたい。

Q.お腹の中の赤ん坊が蹴ってきたとき、蹴り返すにはどうすればいいですか。

手っ取り早いのは酒を飲むことだな。

いい感じに体が柔らかくなって、自分の腹に蹴りを入れられるようになる。

ウォッカオレンジスクリュードライバーが至高。

忘己利他

Q.3万円と、3万円分の石は同じ価値ではないと以前に回答していましたが、同じ価値にする方法はありますか。

この手の質問よく来るな……。

答えはNOだ。

それを同価値だとするには、“3万円の分の石”で3万円を交換できないといけないし、“3万円の分の石”を3万円払って欲しいものかという条件もいる。

だが一応、例外というか、“3万円分の石”を同価値として扱う方法はある。

そもそも金という貨幣のものが交換のための道具だが、この“3万円分の石を貨幣として扱う”とするならばどうだろう。

現代貨幣で様々なものが買えるというのも、ある意味で“社会というゲーム”に参加しているようなものだ。

それに参加した以上その石が貨幣、同価値だと了承しているというわけだ。

当然これは運営、つまり社会における強者の決めたルールしかない。

だが社会における強者の決めたルールに従うのは、電子ゲームでも同じことさ。

ジェットコースターと同じ、乗った人間は笑って振り回されるしかない。

弱者はそれを享受するか、或いは・・・・・・。

まあ自由参加なだけ、現代社会よりはマシなんじゃないかな。

自由だと無秩序になりやすいという意見もあるが、そんなこと私は知らんよ。

流水行雲。

Q.ワンタンメンはカツカレーになれますか。

なれるわけがないだろ。

何を言っているんだ君は。

脳みそ発酵しているのか?

Q.『飲む、打つ、買う』の人が精神的に未熟であるならば、そうじゃない人は精神的に強いことになりますか。

現代的な話で例えようか。

ゲームで欲しいキャラがいるとして、それをガチャ課金で手に入れるとしよう。

この時に「もう手に入れること前提で課金する」、「○円払っても出なかったら諦めよう」、「そもそも課金しない」、「というかゲームプレイしない」には決定的な違いがある。

俯瞰して見てどれが良いかというのはともかく、少なくともこの中で最も耐え忍んでいるのは、理屈の上では「○円払っても出なかったら諦めよう」の人ということになる。

そもそも酒を飲まない人間を、「我慢強い」とは言わないからだ。

耐え忍ぶというのは、酒を飲みすぎないことをいうんだ。

「酒は飲んでも飲まれるな」、つまり“飲むな”とは言っていないわけである

本当の意味我慢強い人間とは、飲まない人間ではなく、飲んでも飲まれない人間だということだ。

臭い言葉ではあるが先人から学べることは未だ多い。

……「分かっちゃいるけどやめられない?」

学ぶ対象は選びたまえ。

子虚烏有。

2017-11-16

anond:20171116154015

課税なら私有財産権を侵害することにはならないし。

そこは勘違いだよ。徴税私有財産権の侵害にほかならない。ただ、私有財産権は公共の福祉制限を受けているから、実際的には私有財産権の完全な発露を抑制されている状態ってだけなんだよ。公共の福祉のためにということで個人財産の一部を徴収するのが税というシステムだと言いかえることもできる。

税金を払いたくない(多くの人はそうだろう)に対してそれを徴収することができるというのは、これは前記事でも触れたとおり「暴力」なんだよ。前記事やここで「暴力」としているのは「対象意志無視して自分意志や行動を強行/強要する能力行為全般」だ。

もちろん公共の福祉という概ね良い目的のために、国民監視可能な形で、適切に運用されているか課税徴税現代日本において「悪い暴力」ではない。

でも歴史を見れば分かる通り、財産徴収国家独裁者一方的な都合で行われて、戦争などに使われた例なんてざらにあるわけ。だから、「徴税暴力ではない」なんて詭弁だよね。まさに暴力にほかならない。大多数にとって納得できて現代日本社会では善として扱われている(あるいは近代国家運営のための必要悪)だけであって、暴力であるのは否定できない。これは警察治安維持)なんかもそうで、僕らの日常にも暴力は溢れているわけ。

選挙を始めとした多数決だってアレは暴力だ。数が多い事をてこにして少数者の意見を踏みにじるためのツールだ。もちろんその暴力が適切に、みんなを幸せにするために使われることはあるし、事実現代日本では多くのケースでそうだろう。でもだからといって、そういう暴力性を無視しちゃいけないんだよね。無視したところから民主主義崩壊は始まる。だからこそ多数決で勝った側が負けた側

少数者)の声に耳を傾けることが重要なわけ。民主主義多数決ではなくて、むしろ多数決をした後あるいはする前の合意形成技術や、それを支える民度民主主義の精髄だ。

さらに例えば、経済的地位濫用して企業労働者搾取するってのも(経済的あるいは社会権力的な)暴力だ。暴力からこそ法で規制する必要があるわけだよね。またその逆側の、労働者が数を頼んで選挙やストなどで他者(多くは富裕層)の財産権利を奪おうとするのも、これまた暴力だ。

人間社会は(先進国では概ねちゃんと制御された)暴力応酬で形作られている。長い歴史の中で人間は(人間政治は)暴力範囲限定してきた。ロングソード農民頭蓋骨を数個割れば村の徴税権ゲットだぜ! なんて時代に比べれば文明的になった。

でもブコメなんかに見られる「現代日本暴力駆逐された」みたいに信じている人のそれは正しくないんだよ。むしろありとあらゆる接触に暴力が上乗せされているのが現代社会というものだとおもうよ。

多少ひねくれた表現が許されるのならば、政治とは「利益の異なる個人集団暴力相克を、なんとか社会崩壊しない範囲内で収める術」だと言いかえることもできると思う。それに失敗すると、ベネズエラとかジンバブエになるし、その手前の「社会の分断」段階でもEUやらアメリカみたいになる。

富裕層から税をぶんどれば良いんだ」「AI課税してしまえばいいよ」「共産主義にして金持ち資産国有化しよう」これらはすべてコメにあった無邪気な意見だけど、それらは「あいつを殴って奪おうぜ」という暴力肯定意見だとちゃんと自覚して発言しているのか、そこが疑問だ。別に富裕層かばうつもりは全然ないんだけど、「あいつを殴って奪おうぜ」に賛成するのならば、当然に「自分が殴られてすべてを奪われる」覚悟必要だよね。

一番最初記事https://anond.hatelabo.jp/20171115141727)に感じたのもそういう懸念だったんだ。「俺はあいつを殴っても殴り返されないし許されるだろう」みたいなふわっとした(悪い意味での)信頼感。

いやいやとんでもないそれ暴力から記事中ふれたように暴力社会のあらゆる場所に(表面的にはあたかもそうではないようなカモフラージュをされて)存在するものから、殴るなとも暴力を振るうなとも全く言わないのだけど、でも振るうのならばせめて自覚しないと危険だよ? と思った。

全力で殴り返されて半死半生になった後に「そんなつもりはなかったのに」って言っても手遅れなわけで。

2017-11-11

女ってずるいよな

男よりか弱いんだもん。

か弱いってことは優しく扱わなきゃ駄目じゃん。

その割にか弱いかどうかは現代社会を生きる上での優劣にほぼ影響出ないじゃん。

なのに優しく扱わなきゃ駄目なのは変わらないじゃん。

ずるいよ。

2017-11-10

現代の子供はファンタジー系の漫画を読むのか

私はもう良い大人なので最近漫画事情はわからない。自分子供の頃は超人的な能力を持った主人公が悪と戦い世界を救うような話が主流だったがテクノロジーが発展した現代社会でそのような話は受け入れられているのだろうか。なんとなく友情恋愛趣味歴史など現実的な話が好まれている気がする。

アキバ加藤の時も、自分の不満を事件に仮託したような言説は多かったよな。

現代社会に対する警鐘だの、非正規雇用がどうとか非モテがどうとか。

2017-11-09

増田に限らず毎日のように育児夫婦生活に対する愚痴を見るにつけ

家族ってもはや現代社会に適してないんじゃね?

2017-11-05

男性の加害性、ポリコレ道徳、罪悪感、など

『男として生まれただけで生物学的に加害性があるって気づいてくれ頼むから。』 - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1168000

 男に生まれただけで加害性がある、とわかりやすく言ってしまえばさすがに大体の人はオイオイオイとなる。

 でも言い方を工夫すればそうでもない。

 現代社会では、基本的道徳として「力のある人はない人を傷つけやすいから、大いなる力には大いなる責任を持って、強い側は弱い側に配慮し優しくしましょうね」みたいなことが広く教育されている。

 その上で「男性は平均して肉体的強さがある」「年収が多い」「職に就きやすい」「性犯罪を起こしやすい」「セックス苦痛を与えやすい」「妊娠の際に逃げやすい」「男性社会グループが多いのでそれらに馴染みやすい」など男性の強さ(実際これらの強さは傾向論、マクロ論としては間違っていないと思う)を指摘されれば、基本道徳と結び付けて「男性は傾向として強さがある。強いということは加害危険性が高い。だから人一倍気を使って暮らせ」という、「男に生まれただけで加害性がある」とほとんど変わらないメッセージが受け取れてしまう。

 それは男性側も「自分たちがそういう風に責められてる」と感じうるし、女性側もそういう風に受け取れるわけだが、受け取った人がこの分割を己の中で繋げて縮めて「男に生まれただけで加害性がある(みたいに責めるのはやめろ or だから反省しろ)」と言ってしまえば冒頭リンクのように叩かれる。

 分割された状態での主張にオイオイオイというのは、アンチフェミアンチポリコレみたいな層が多いけど。


 利益対立する側の行動を縛る時には、道徳による罪悪感ってのがめちゃめちゃ便利に使える。

 ただしそれが有効に働くのは、相手道徳テーブルについてる限りであって、責められすぎて「うるっっっせえーーー!! なにが道徳じゃ正義じゃ善じゃボケーーー!」と逆ギレしだしたら話は変わる。

 それでも道徳で圧す側に無理矢理テーブルに座らせ続けるパワーがあれば構図は変わらないが、縛られてきた側に席を立って殴り合いをできるくらいになるとわやくちゃだ。

 言ってみれば、毒親に「ちゃんとしなさい、親には従いなさい、孝行しなさい、悪い子ですね」と道徳され続けた子供が、やがてブチ切れて親をめちゃめちゃ憎悪し、自活能力を得ているならば親を捨てようとするようなものである

 そしてこれは「貞淑でありなさい、はしたない」と道徳されてきた女が男性嫌悪ミサンドリストになるのとも同じであるが、果たして女が道徳テーブルを蹴り上げて好きな場所に行ってしまえる力があるかが注目点だろう。

 一方、男側の一部も道徳テーブルを蹴り上げようとしている。

 弱者男性フェミニスト共闘できるということを言っているのは、男女双方の道徳テーブルに着くことを嫌がる層に着目した人なのだろうが――この二者が着くのを拒んでいるのは、それぞれ違うテーブルではないか


 昔の社会は野蛮だという風に言われがちだけれど、多分何千年も前から、「できるだけ道徳的でありましょう、正しく良い人間でありましょう」という道徳的意識は色んな社会で行き渡っていたのだと思う。

 現代と大きく違うのは、何を「道徳的」とするかの規準だ。

 今までの何千年だか何万年は「弱いものは強いものに従え、さもなくばみんな死ぬ」というのが基本道徳で、それにより様々な弱きもの、たとえば女性病人子供などを罪悪感を縛りコントロールしてきたんだろうけど、昨今は「強いものは弱いものに優しくしろ」が道徳として力を持ち始めたので男性特にシスヘテロ成人男性か)を罪悪感でコントロールすることもできるようになりつつある。

 でも、これは決して、対立相手道徳の罪悪感で縛るという構図そのものから脱出できたわけではない。

 とはいえ罪悪感での縛り縛られを完全放棄し、自分はいかなる道徳テーブルもつきません、相手道徳テーブルにつけることもしません、としたならば、その先には何でもって自分たちの生きやすさを交渉するのかはわからない。

 それってアノミーとかアナーキズムみたいな世界になるんじゃないか


 蛇足として自分語りをさせてもらえば、弱く生まれつきたかったとは思わないけど、強く生まれつきたくもなかった。


男やオタクに罪悪感を植え付けてどうしたいの

女はああだこうだ言われてないし罪悪感を植え付けられてないとは思わんよ。

俺が年老いる前に順番待ちと満員電車を撲滅してくれ

先日、自覚した。

俺は確実にイラつきやすくなっている。今35だ。若いころはもっと鷹揚に構えていられたが、そうではなくなってきている。

朝のコンビニで、50台と思しき店員さんがレジにもたつき、長い行列ができた。長いといっても5,6人分だが。しかもそういう時に限って、おでんダース単位で買っていく人や、数万円分の公共料金支払いの人がいた。出社まで分単位で行動しなければならない現代社会でこれはキツい。

その時俺は舌打ちをした。十数年ぶりに。たぶんそのくらいだ。

で、気づいた。俺はまずいことになっている。

このまま、50台、60代、70代になって、これが悪化しないはずがない。

その前に死ぬのがベストだが、どうやらこの国ではそうそ死ねないらしいしな。70、下手すれば80まで働かなけりゃならない感じだ。80の人間が100歳の介護をしたりな。そういう時代だ。

から頼むから、順番待ちと満員電車、その他のトラブりそうなあれこれを撲滅してくれ。頼む。

電子マネーとかぬるいこと言ってないで、すべてをETCみたいに通りすぎるだけでOKにしてくれ。あと満員電車何とかしろ。おい小池

というかもう東京じゃなくていいだろ。っていうかもう出社しなくていい職種は自宅で仕事するべきだろ。さらに言えば、ぶっちゃけ働かなくてもよくねぇか?ある程度は。

まぁ、手段はどうでもいいんだ。解決を俺は望んでいる。

俺、あるいは俺と同じような誰か、おそらくはほとんど全員だとは思うが、日常無駄ストレス人格破壊され始めている。

今、団塊の世代は壊れてきている。団塊でこれだ。これに加えてバブルやら氷河期やらが壊れていき、人口の8割を占める老人が壊れ出したら、もうこのままの社会システムはキツい。

から今の若い人、あるいは技術力のあるやつ、アイディアのある人は何とかこの状況を打破する何かを考えてくれ。

俺はしがない営業から売ることしかできん。しかし何か解決になりそうな考えは支持するし、応援もする。

頼む。

anond:20171105115351

18歳未満のセックスしたい子とセックスしたら犯罪になるのが現代社会から

18歳未満の自殺したい子を殺したら罪に問われるんだよ。

2017-11-02

テレビワイドショー批判する人たち

ワイドショーネット上の匿名掲示板のようなアケスケで忌憚のないことを言い出したら

今度は良識風を吹かせて批判しだす。

テレビの影響は大きいからー、ってじゃあ現代社会でのネットの影響ははっきり調べたのか?

ネットテレビの後ろに隠し続けて権力を保持しようとするやつら。

2017-10-30

オナ禁の決め手は解剖学

性欲を刺激する要素はいくつかあるけど、視覚的要素の対策として「解剖学」の学習お勧めします。

偏った見方が性欲の原因

男も女も、相手の顔や体のスタイルを見て、「オッパイを揉みたい」「ケツをなめたい」等と考えますね?

まり、顔やスタイル=「体の表面部分」を見て、欲情しています

しかし、これは裏を返せば、一部分のみで評価してるだけで、体内や体外の全てを含む総合的な評価は行っていないのです。(片手落ち

従って、体内も含めた「体の全体」を吟味した上で、相手に対して欲情すべきか否か?を検討した方が、判断ミスが減ります。(いい相手だと思って飛び付いたら、実は胃腸が弱くいつも下痢気味でオナラが臭かった等)

 

解剖学総合的な理解

頭の天辺からつま先まで、骨や筋肉、神経、内臓など、全ての構成パーツを把握しましょう。

「髪の毛の下には頭皮があり、その下には頭蓋骨があって、その中には大脳が入っている…」という具合に、体の構造が分かるようになってください。

すると、美人イケメンを見たときに生じていた性的魅力がかなり減るはずです。

「このオッパイは確かに大きいけど、年をとったら垂れてくるに違いない」「このチンポは太いけど、海綿体に十分な血液供給されなければフニャチンだろう」等と、以前よりも対象を正確に理解できるようになり、幻滅するからです。

 

期待はやがて失望に変わる

「幻滅」というと、「解剖学を学んだら欲情する楽しみが減って、人生がつまらなくなるんじゃないか?」と心配するもいるかもしれません。しかし実際はその逆なのです。

錯覚を取り除き、真実を知ることによって、人生における判断ミスを減らせます未来に生じるであろう不幸を、あらかじめ察知して回避できるようになります

なぜ、世の中には別れたり離婚するカップル存在しているのでしょうか?最初は好きでくっついたのに、後になって「やっぱイヤだ」「他の人がいい」と評価が変わってしまうからです。そうなる前に、最初から相手長所短所も両方知った上で判断していれば、このような心変わりは未然に防げたかもしれません。

ですから、恐れずに「異性の真実」を見て知ってください。今あなた欲情して、飛び付きたいと思っている相手は、本当に夢中になるだけの価値があるのか?と。

未来に生じる不幸を回避するために、先に欠点を把握しておくことは、損失ではないのです。

 

解剖学参考書

さて、Amazonなどを見ると、様々な解剖学参考書があることが分かります

もしも、医療従事者や医学生の友人がいたら、どんな本が良いか聞いてみてください。

 

お勧めの本

(1) 薄い入門書

この本はDVD付なので、映像学習することもできます

 

(2) 厚い専門書

この本は医学部等でも使われている解剖学の専門書です。とても詳細に各部位の説明がなされています

 

医療関係学生なら、他に「骨の本」「筋肉の本」など、個別の専門書を利用します。

学ぶ順番は「骨→筋肉内臓」と、土台となる骨格から学べばスムーズだと思います

 

生理学

解剖学よりも細かいレベルで体内の仕組みを理解するには、「生理学」の知識が役立ちます。余力があれば、解剖学を学んだ後は、その発展として生理学も学んでみてください。

 

解剖学効果

解剖学を学ぶことで、ある程度性欲をコントロールすることができるようになりますが、エロ情報に溢れている現代社会では、残念ながらその効果は、即効性が不十分でしょう。

比喩として、工事現場で泥水を貯めているバケツを考えてみますバケツに泥水を入れる作業員バケツから泥水を捨てる作業員が2人1組で働いていた場合、泥水を入れるスピードの方が、泥水を捨てるスピードよりも速ければ、いつまで経ってもバケツの中の泥水は減りません(むしろ溢れるでしょう)。この比喩の泥水がエロ情報で、バケツが頭の中、泥水を捨てる作業解剖学学習など性欲を分解する訓練です。

解剖学を学び外科医になった人でも、体内と体表は別物として見る習慣が身についています外科医をやっていても、交通事故でグチャグチャになった患者を手術した後ですら、イイ女から誘惑されたらやはり欲情してしま場合もあります。ましていわんや、素人ちょっと解剖学つまみ食いしたぐらいでは、体内の構造を瞬時に思い浮かべて、欲情を鎮めることな至難の技なのです。

相手の体を見た瞬間に、パパパっと骨や筋肉内臓の様子を思い浮かべるには長年の訓練が必要なのです。

 

副次的効果

もしも、解剖学知識で性欲を十分にコントロールできなかったとしても、無駄にはなりません。

病気病院に行ったとき専門用語を知っていれば医者説明がよく分かるようになります

質問するときも「腕のこの辺が痛い」というより「上腕二頭筋の停止部に鈍痛がある」という方が正確に伝わります

専門用語を使うことで医者も「こやつ、只者ではござらぬな!?」と気付いて、手抜きをせずに対応してくれることでしょうw

 

まとめ

体調やメンタルヘルス管理のために、オナ禁する人は多いと思いますが、オナ禁が辛くて長続きしない場合は、実践方法に不備があるのではないでしょうか?

まずは、エロ本エロ動画を見る回数を減らすことから始めて、その上で解剖学生理学学習を併用されることをお勧めいたします。

皆さんのオナニー中毒寛解して、冷静な目で相手を見られるようになることを期待いたします。

(重度のオナニー中毒場合は、一度専門医相談されることをお勧めいたします。)

anond:20171030170259

医師看護師サーバ管理警察・警備・監視インフラ保守点検etc.

パッと思いついただけでも、夜じゃないとダメ仕事ってあるのに。夜勤頑張ってくれる人がいなきゃ現代社会は成り立たない

増田は、病院入院不可ね、もちろん夜間外来救急ダメ電気もガスも道路も使うな。インターネットも22時でストップな。

そりゃ店舗にもよるんだろうけど深夜営業=悪みたいな言い方はやめてほしい

http://b.hatena.ne.jp/entry/business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/102700177/102700002/

現代社会では夜勤業務必要不可欠なんだから

夜勤勤務者のためにもういういつでも開いてる店の存在はありがたいんですよ

2017-10-28

anond:20171028121057

1のように特定の人にだけ負担をかけるがその必要性が認められる場合

現代社会でそれやると差別って叩かれるよ

2017-10-25

anond:20171025135631

お前は自分が働きたくないあまり現代社会現実が見えなくなっちゃってるんだよ。

そんなんだと議論スタートラインにも立てないぞ。

元増田読む感じだと若さルックスには自信があるみたいだから勉強がんばれ

ミクロ弱者マクロに救われるとは限らない

anond:20171023212011

弱者であれ強者であれ個人ミクロ存在なので、マクロから見た場合統計的しか補足できない。

「(マクロ意味で)弱者(の総体を)救えば、(マクロ意味で)強者であるあなた(の属する強者総体)も(一定範囲内で)利益を受ける(可能性が高い)」ってのが真実で、()の中が省略されているだけだよ。

でも個人人生あくまミクロベースなので、個人レベルでの生活論で言えば上記理論に私財(生命しろ財産しろ自由にせよ)を投入すれば、多くの場合不利益のほうが大きい。例えば金持ちが全財産をまるごと寄付して、即座に寄付総額よりも大きな利益を受け取れるってのはまあ、概ね間違いだ。そんな事例は検討する必要が無いほどレアだ。

どっちかって言うと確実なのは弱者虐待しすぎると自暴自棄になった弱者強者をぶち殺しに来るぞ」ってことで、宗教テロにせよ経済格差テロにせよ本質的にはこれだ。強者弱者に気を使う必要があるのは、別の、そして決定的レイヤである物理的な暴力」で逆襲をされないようにするという一点にかかっている。

そもそも最初の「弱者を救えば強者も救われる(利益がある)」ってのにおける「強者が得る利益」ってのは「殺されない(その可能性が低下する)」って言う利益だ。文明が進んで先進国になった現在個人間の格差ジャンルによるけれど、数十倍から数百倍にたっする。例えば資産とか、生涯賃金(稼ぐ能力)とかがそれ。先行者富裕層)絡みて一番イヤな種類の公平はファイトクラブ的な裸で拳な暴力世界であって、その世界では彼らのアドバンテージはなくなってしまう。それはある意味とても公平ではある世界だ。そして現代社会だって一皮むけば中身は全くそのまんまなのだ

でも「すべての人民の間には物理暴力がある」っていうただの現実は、先進国において強者(多くの場合経済的知的富裕層)にとっても、弱者(同じく経済的教育貧困層)にとっても不愉快事実だ。強者から言えば自分たち脅迫されうるっていうのはストレスだし、そもそも弱者側にも武器があるってことを知らせるのが不都合だ。弱者の側から言えば自分たち要求武力を背景にした強請りたかであるってのは不都合な事実だし、人権だとか考えておいたほうがストレスがない。そもそもこの件をほじくり返せば共同体(この場合国家)に「分断」が発生してしまって、それが国力低下を招くのは西欧見ればあきらかだ。臭いものは蓋をしてなあなあにしておいたほうが全員にとって都合が良い。

みんなが自分利益を最大化したいと思いつつも、自分以外の参加者を決定的に怒らせて団結を壊すのは全員の不利益であるので、なあなあでみんなが少しずつ我慢できる結果を模索する――その現場福祉政策政治的合意をさぐる国会であり、今回のような選挙だよ。

2017-10-24

anond:20171024230403

ウォーキングあたりで消化するカロリーなんてたかが知れてるのです

いや本当

基礎代謝もたいして上がらない

それは現代社会食生活カロリーがそれらに比べてすごい多いか

なので、取る道は3つ。

1つ。すごい運動量に変える。

2つ。食べるのをすごい制限する。鬱になったり、高血圧の薬の副作用とかで食欲が失せたりしたら、すごい痩せるから、やっぱり食べるのが根本問題だって判るよ。

最後。精根尽き果てないセックスの上手い男に抱かれる。3時間ぐらい離してくれないやつ。もう疲れて動けないとなっても犯してくるようなの。強制的カロリー使う。

2017-10-23

新卒1年目から見た社会

新卒1年目。

早いもので、新社会人半年が過ぎました。

新天地での生活から新人教育、配属発表、工場研修と、何かと息つく暇もない日々を送ってきましたが、ようやくこれが社会人生活か、というような、一日の流れというものが定まってきたと思います。だからこそ、今の部署での日常を冷静に受け止めきれるようになってきましたが、私には、日に日に、これから日常健全に過ごせる自信がなくなって見えてきました。とかく、サラリーマンという生き方は消耗から避けられないのだと。

部署の忙しさは日を追って増してきています。チームのみなさんもひどく消耗していて、心配でなりません。

私は、大学院研究生活を経験していますが、あの時代は、朝から深夜までがんばれていました。それは、頑張った次の日は、午前休んだり、リフレッシュしたりと、学生ならではの融通がきいたことが大きいです。さらに、お金にはならないけれど、だれも知らないことを自分けが解き明かせることへの、好奇心があったからとも思います。私は、そういう経験からも、活動時間が長い環境でも頑張れる自負が少しはあったと思っていました。ですが、会社に入ってからは、全くそうは思えなくなりました。いかに定時で帰られるかばかり考えています。ですが、もうすでに定時退社は幻想となり、これから先、ますます、消耗する日々がやってくることに、軽く戦慄しています

私が不思議に思うのは、こうした日常が、全国各地、かれこれ何十年も繰り広げられているという現実です。私の先輩方は、このような消耗戦をどうやって乗り切り、はては、充実させているのか、不思議でなりません。朝7時前に起きて、夜早くて9時過ぎに帰る日常の中で、どうやって自分自分として楽しませられるのか。趣味や交友関係のために、お金のために仕事をする、と割り切ることは大事だと思いますが、そのような余暇を考えることも段々と消耗していくと思うのです。

私に今後求められるのは、仕事以外の生きがいでしょう。ですが、その生きがいを見つけるための時間はあまりなさそうです。先輩方がどのように現代社会に立ち向かっているのか、関心があります

2017-10-22

https://anond.hatelabo.jp/20171022214742

追記の追記

他者とのつながりが自我の基盤だった時代など、当の昔に終わっている。誰もがシステムに見守られ、システム規範に沿って生きる社会では、人の輪なんて必要ない。皆小さな独房の中で、自分だけの安らぎに飼いならされているだけだ。

PSYCHO-PASS」の世界観現代日本で受けたのは

そのストーリにおいて「自己決断機械(シビュラシステム)に任せ、自己に決定・決断放棄した時に何が起こるのか」というテーマ

一見すると思考実験的な仮想性を持ちつつも

その実、現代社会における個人主体性問題と深くリンクしていたがために現代オタクの興味関心を惹いたのだろうという自己的な指摘をしておきたい

結局、現代においては「透明な存在であることが求められてしま

人は人と付き合うのではなく、機能と付き合うようになる

「”運命果実を一緒に食べよう”と言ってくれる誰か」はこの世界には存在しない

からこそ、僕らは「落とし穴の中で幸せそうにしている人が描かれた物語」を読みたくなる

狭い二者関係の中で起こるテンプレート化された会話劇ですら、この世界には実在しないのだから

僕らが求める対人関係という“真理”は実在しない

それは吊るされたニンジンに過ぎず、世界神様人間に興味がない

2017-10-15

anond:20171015130832

高校にもなれば体格なんてクラス内の権力に一切関係ないのに何で濡れ衣被害者を気取るのかわからん

暴力で飯食ってる航空自衛隊だって論文で降格されるまで戦闘員みえない小柄な田母神キングだったし

現代社会で優秀じゃないのに背だけ高くても逆に増田みたいな無根拠濡れ衣被せて来る加害者被害者になるだけ

2017-10-05

村上春樹ノーベル文学賞またまたまたまた逃す!!!

ということでここ10年のノーベル文学賞受賞者の受賞理由をご紹介します。

ボブ・ディランなど、小説家以外は抜いてます


ドリス・レッシング 「女性経験叙事詩的に描いた。懐疑と激情、予見力をもって、分裂する現代社会〔分断された文明〕を吟味し、題材にした」

ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ 「新しい旅立ち、詩的な冒険官能的な喜びの作家であり、支配的な文明を超越した人間性の探」

ヘルタ・ミュラー 「韻文の濃密さと散文の率直さをもって疎外された人びとの風景を描き出している」

マリオ・バルガス・リョサ 「権力構造を明確に描き出し、個人の抵抗と反抗、挫折を鋭く描写した」

莫言 「幻覚を伴ったリアリズムによって、民話歴史現代を融合させた」

アリス・マンロー 「現代短編小説の名手」

パトリック・モディアノ 「とらえがたい人間運命を想起し、占領下の生活を明らかにする記憶芸術

だめだ……大学生の身辺雑記ちょっと軽妙に、ときには意味ありげに書けるに過ぎない作家が受賞できるわけがない……

anond:20171005122458

都合なんて悪くない

現代社会絶対採用されることのないありえない人権侵害制度を絶賛してる人がいたら自演を疑うのは当然

そんなバカたまたま同じ場所に二人いるなんて考えられないってだけ

まあ、そんな奇跡が起きたならそれで別に構わんけど恥ずかしいからやめた方がいいよ

2017-10-04

anond:20171004184522

別に白眼視文句言ったつもりはないが? 屁でもないしな。

オタクときが何を世間視線が辛いなどと泣き言を言ってるんだ、と言ってるだけ。

俺等はその何倍もの白眼視を笑って蹴りのけて現代社会謳歌してるんだよ。

2017-09-29

話を大きくし過ぎでは?

ヤフコメは保毛尾田保毛男擁護ばかりでウケる

フジ社長 「保毛尾田保毛男」批判に陳謝「大変遺憾 謝罪をしないといけない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000109-spnannex-ent

ツイッターでは不快というツイート抽出されモーメントになっていた。

しか野獣先輩画像を使って悪ふざけしている。

そんなに目くじら立てるようなことじゃないと思うのだけど。

あれ見て同性愛者をバカにしたり変な目で見るわけないじゃん。

不快と叫んでいる人達ちょっと敏感過ぎでは?


ちなみに保毛尾田保毛男がキャラとして現代社会でウケないことは

重々承知している。

宇多丸批判している内容に賛同するけども、敏感過ぎて怖い。

生活で誰かがLGBTを差別しているような発言をしていたら、

その場で不快だつって理詰めにしてボコボコにするの?

怖い。


というか、上司に送るメール打ちながらこの文章打っていたせいで、

間違えて上司に「保毛尾田保毛男 様」でメール送っちゃった

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん