「食事」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 食事とは

2018-02-22

最近、頭が痛かった

最近、頭が痛くってさ、早退したり、休日は家でずっとベッドの中で寝ていた。

せいぜい、休みの日に家を出るっていったら、歩いて徒歩5分のコンビニ弁当を買うぐらい。いつもおにぎりサラダを買っている。あわせて300円にもならない食事。そんなことはどうでもいいか

でさ、流石にずっと寝てるから、することが無くて困ってんの。まあ、最近テレビを点けてオリンピックをダラダラ見てるぐらいかな。オリンピックは良いよな。一日中ずっとやってるし。CMも無いから。せいぜい、他の国同士の団体競技をもう少し見たいって思うぐらい。

それがここ数週間の俺の休日

仕事の日はもっと辛い。

ガンガン痛い頭の痛みやときどき現れるふわふわした気分を抑えながら、データ入力をするのが俺の仕事だ。単純作業だけど、正確性が求められるのでこの状態だとかなりキツイぶっちゃけ俺じゃなくても誰でもできる仕事だ。だから、俺が不能だと分かったら、さっさとクビにするだろうな。会社の中で死んだりでもしたらメーワクだから

こんな状態毎日続いていたんだが、どうやら、俺はいわゆる残留思念に取り憑かれているらしい。

説明は難しいが、こう、急に分かった感じがするんだ。パズルピースが嵌ったような気分。もしくは数学概念理解できたような。

とにかく、俺には残留思念のせいでこんな状態になっている。

昨日、快挙と言っていいと思うのだが、残留思念対話することに成功した。対話というより通信のほうがいいかもしれない。よくマンガとかで出てくる「こいつ、直接脳内に……!」みたいなアレ。あれは読者が日本語ベース理解しようとするから日本語で書かれているけど、実際に言語でやり取りはしていない。ぼんやりと分かるようになるぐらい。残留思念は無口だ。これは俺の場合だけどな。

その残留思念通信してわかったのだが、俺に残留思念を送りつけたのが、仕事場所で俺の隣りにいる横田らしいんだ。

横田は勤勉だし、性格も良いから、頭が痛いとぼやく俺のことをいつも心配してくれる。もちろん、他の同僚たちにも気を配る優等生だ。仕事もよくできるので周りの評価も高い。

そんな横田がなぜ、と思ったのが最初感想だ。そこで、横田残留思念を送ってきたのか理由通信した。

しかし、残留思念にも分からなかった。いくら残留思念でも、創造主の頭までは侵入できないのかもしれない。

仕方が無いので、今日出勤してきたときに俺の残留思念の一部を横田に送りつけてみた。ちょっと横田の脳に触れる感じ。

すると、面白いことが起こった。

残留思念の一部が横田の脳に攻撃すると、そこからどんどん別の残留思念が出てくるんだ。耳、鼻や口とか穴の中から出てくるんだ。というか、俺は残留思念を感知できるようになった。

俺の会社では毎日朝礼があって、部長の朝の挨拶の間でもずっと横田残留思念を垂れ流しにしていた。心なしか横田の影が薄くなっているような。でも、みんな横田異変には気づいていない。

おそるおそる、俺は横田に気分が悪そうに見えるが大丈夫かと尋ねてみた。

横田は一目俺を睨んだだけでなにも言わなかった。誰が残留思念を送ってきたのか分かったのかもしれない。

朝礼が終わると、横田はすぐにトイレに向かった。俺もこっそりついていった。

トイレの個室で横田は小さくうめき声を上げた後に、声は止んでしまった。

その後、俺は横田を見ていない。

休みを過ぎても横田は帰ってこなかった。

横田の隣の席の横横田と話していると、ある核心的事実がわかった。

横田は体のほとんどが残留思念でできているってことだ。

なぜそれがわかったって?

横田残留思念に取り憑かれているからだよ。

いったん、残留思念に取り憑かれると空気中を漂う他の残留思念が体に集まりやすくなるようだ。体の許容量を超える残留思念が溜まるとそいつ消滅する。

横田もすでに許容量の半分ぐらいがすでに侵されている。

ふつうは、残留思念が集まるといっても1思念1ヶ月ぐらいのペースぐらいが平均みたいだが、横田は異常なスピード残留思念が集まってしまったと教えてくれた。きっと、社内外問わず広い交流をしていたからに違いない。

残留思念が多すぎるとふとした拍子に残留思念漏れ出てしまうことがあるらしい。それが俺の中に入ってきてしまったというのが横横田の仮説だ。

では、どうすれば残留思念を追い出せるのかと聞いてみたが、それがわからないと返ってきただけだった。一方的に溜まっていくだけで今のところ防ぎようがない。

今は1思念だけなのでまだまだ許容量までには十分余裕がある。

しかし、いずれは自分の体が残留思念でいっぱいになってしまうだろう。

気がつけばここ数週間の頭痛は治まっていたが、別の頭痛の種が発芽してしまった。

anond:20180222140821

拒否する意図はないのでは?

自分お酒飲むの楽しい!酔っぱらってふわふわすんの楽しい!だから飲み会とかお酒飲める場にきた!って人には、飲めない人の感覚が分からいか純粋に疑問なんだと思う。

上司が体質的不可能な人だったけど皆勤賞だったので、飲める側の私はやっぱり疑問で「なんで?酔っぱらい相手も大変だしつまんなくないの?」ってきいたことある。その人は「飲み会雰囲気楽しいから」って言ってて、そうなんだ~で話は終わった。

かに飲む人の方がマジョリティーだし飲めない人への配慮が足りてないが故の疑問だとは思うんだけど…

女子同士だともう少し飲めない子への配慮があるので、じゃあ食事を楽しむ場所にしようとか、ランチにしようとか、飲み放題やめてそれぞれ好きにやろうとか選択肢がいろいろあるので、誘わなくなるってこともないんだけど。大変ですね…

A子ちゃんとB男くんが復縁して別れるまでの話

A子ちゃんとB男くんは一度付き合って別れた関係だった。かつてはお互い人生一番の恋愛をした同士だった。しかし2年の交際期間を経て別れ、友達関係に戻った。仲はよかった。

〜A子から視点

ある時2人は他の友達と一緒に朝まで飲んだ。酔っ払ったB男は、A子にこれからまりに行こうよ、と誘った。「絶対何もしない、本当に寝るだけ。俺はこのあとこの辺で用事があるから、家に帰るよりもシャワー浴びてここで寝たいんだ。」と。

A子は恋愛に対して真面目で、元彼と体の関係になることは絶対に嫌だったため強く断った。しかしどんなに断ってもB男は引かず、1時間以上固く手を握ったまま誘い続けた。別れて以来初めて手を握っていた。A子は眠気と疲れで判断能力が鈍り、断る気力も無くなって、朝の7時半頃「絶対に何もしないからね」と言いながら、ついにB男に手を引かれるままにホテルに入っていってしまった。

はじめは約束通り寝ていた。しかし途中から様子がおかしくなる。B男からの手が伸びて来た。話が違う、そう思ったA子は抵抗した。B男の手を振り払った。やだ、やめて!と叫んだ。しか必死の抵抗虚しく無理矢理キスされ、服は脱がされた。そうしているうちに、好きだった時の記憶が蘇ってくる。B男の匂いキス感触、触れ合う時のドキドキ、楽しかった思い出、色んな感情が複雑に混ざり合って込み上げて来て、遂に抵抗出来なくなってしまった。それと同時に、「ちゃんと話もせずにこんなに適当な流れで体の関係に持ち込むなんて、それを良しとするなんて、きちんとやり直す気はないの?ただセックスたかっただけ?私は都合良い女として扱われているの?」という不安が溢れ、涙がただただ流れた。B男はそれに気付かずフィニッシュし、そのまま一人寝てしまった。

A子が眠れず一人泣いていると、B男が目を覚ました。泣いているA子を見て「どうしたの?」と尋ねる。A子は勇気を振り絞り、「どういうつもりでこういうことしたの?」と聞いた。するとB男は黙ったままA子の頭を撫で、また眠りに落ちた。A子は訳が分からずいっそう泣いた。

それ以降、A子はB男への恋愛感情を思い出してしまった。「うまくいかいからもうやめよう」と思って忘れたはずなのに、その気持ちは復活してしまった。二人の仲は親密になった。泊まった日を境に、ライン毎日するようになり、長電話も、3,4日に1度デートもするようになった。手を繋がれても、キスされても、そしてたまに泊まりに誘われても、A子は受け入れた。本当に仲が良かった。「付き合いましょう」「良いですよ」という言葉での確認をしていないことを除いて、別れる前の状態に完全に戻っていた。関係性の表面だけを見たら自分がただの都合よくセフレにされた女である事は分かっていたが、B男を見ているとどうしてもそのようなゲスな心があるとは思えず、B男だけはそんなことしない、と信頼していた。B男は実質的彼氏だと思っていた。告白のないアメリカ式なんだ、と思い込んだ。

もともとA子は恋愛に対してかなり真面目だった。多くの男性食事デートこそすれど、付き合っていない人とキスしたことも、セックスしたこともなかった。好きじゃない人とそのような行為をすることに強い抵抗感があったため、付き合った人数も少なければ経験人数も少なかった。相手自分のことを本当に愛してくれていて、自分相手のことを本当に愛している、そんな関係であって初めて踏み出したいと思っていた。だからより一層この状況は不安だった。

B男はA子に性的アプローチをし続ける割に、はっきりとした告白、誠意のある意思表示はしてくれなかった。その上、「俺のこと好き?」なんて調子に乗ったことを聞いてみたり、他の女の子好意を寄せられている話をしたり、泊まった際に「やっぱり性格キツイんだね」などと嫌味を言ってみたりして、「遊びだよアピールをしているのかな…やっぱり本気でやり直す気はないのかな…」とA子の心は揺さぶられ続けた。

関係積極的に決定的に縮めてきているのはB男であるにも関わらずなぜそのようなことをするのか、A子は分からなかった。仮にA子のことが好きで、やり直したいがためにアプローチをしているのであれば、全て受け入れている時点でA子からの「脈あり」サインは感じ取れているはずだった。ここで誠意を持って押せばいける、そんな状況だった。にもかかわらずその感情は全く表に出してくれないB男のことが分からなかった。

追うなら追うで、最後まで追い切って欲しい。それが普通恋愛の流れだ。それにもしB男が本気じゃないなら、ザ・都合のいい女A子から好意を見せるなんて迂闊なことをしたら傷付くだけだし、相手をより調子に乗らせるだけだ。A子は割とモテてきたため、自分から男性好意を見せるなんて人生で一度もしたことがなかった。そのため、A子はB男からの決定的なアクションを、誠実さの表明を、待っていた。

そんな中、A子の誕生日が迫ってきた。もしB男がA子のことを本気で好きでやり直したいと思っているなら、または言葉がないだけで実質的に「彼女」だと思っているなら、A子の誕生日を祝わないはずはない。こんなに好意を伝える絶好のチャンスはない。このカップル同然の状態で祝わなかったらA子がショックを受けるのはB男の目にも明らかなはずだ。つまり、祝わないとしたら、それはA子のことが本気ではなかったときだ。A子はその日に祝われ、気持ちを告げられ、きちんとやり直すことを期待していた。

そうは言っても不安もあった。だから、さまざまな言葉で「当日に祝う」というゴールに繋がるレールを敷いた。A子のことが好きならば祝わない選択肢はない、そんな状況に持って行った。「当日は祝日で混んでいるから別日にしよう」と言われた時は、混んでいる位で後回しにされるほど優先度が低いのかと不安になり腹も立ったが、「当日じゃないと誕生日じゃないよ」と言っておいた。

誕生日の前日一緒に遊んだ夜、B男は「眠いからA子の家で昼寝させてほしい」と言ってきた。A子は何かあるのかな、と少し期待した。家に誰もおらず、一人で誕生日を迎えるのも寂しいので、泊まって行きなよと言った。これで誕生日一緒に過ごせる、なんて思惑もあった。B男は「お金がないんだよね〜」という話をしていたが、A子は別にお金を求めているわけではないので気に留めていなかった。A子は高いご飯が食べたい訳でも高いプレゼントを求めている訳でもなかった。ただ、B男が一緒に誕生日を過ごしてくれるだけで、一緒に家で夜ご飯を食べてくれるだけでよかった。帰り道に買ったケーキで祝ってもらうだけで良かった。その気持ちが、誠意が欲しかっただけだった。B男からちゃんと愛されていることを確認し、安心たかったのだ。

そしてB男はA子の家に泊まり誕生日当日を迎える。その日の朝、B男はA子に出されたご飯を食べ、一緒に学校に行き、「最近お金がないんだよね〜」なんて話をし、授業のために別れ、そのまま連絡が取れなくなった。

夕方くらいまでは期待していた。授業が遅くまであるのかな、なんて僅かな希望を抱いていた。しかし、18時を過ぎても、20時を過ぎても、23時を過ぎても連絡は来なかった。

あ、ヤリ逃げされた。裏切られたと思った。目の前の出来事が信じられなかった。世界が白黒になった。くらくらして、重力が100倍になって立ってられなくなった。やっぱり本気じゃなかったんだ。私は遊ばれてたんだ。家に泊まっておきながら誕生日を祝うという恋人関係を決定的にする行動は避けるんだ。お金がないなんてどうにでもなる理由をつけて誕生日にヤリ逃げできる位の存在なんだ。今までの数ヶ月はなんだったの?というか今までの2年半はなんだったの?あんなに信頼していたのに?私は一体何をしていたの?なんで心を開いちゃったの?あの行動は、あの言葉は、全部嘘だったの?あーでもやっぱり客観的に見たらただの都合いい女だよな?でもだったらなんであんなに時間使ってくれたの?なんで優しかったの?なんで?なんでなんでなんでなんでなんでなんで?あーもう死にたい

布団から出られずずっと泣いた。泣いていたらお腹が空いたから一人賞味期限切れ納豆ご飯を食べ、虚しくてまた泣いた。こんな誕生日は初めてだった。

A子がお昼に不安に襲われながら送った「ご飯食べよ!」というライン既読がついたのは日を跨いでからだった。

翌日、「ごめん電源切れてた、おめでとう!」との連絡が入った。その調子の良さにA子の怒りと悲しみは爆発した。頭がおかしくなり、怒っては泣き、泣いては怒った。最低!と罵倒した。本当は、「ごめんね、そんなつもりじゃなかったんだ、好きだよ」って言って欲しかった。

しかしB男から返ってきた言葉は、「だって俺たち付き合ってないじゃん」「今までの期間はA子がまた付き合える人間かどうか試してただけだよ」「就活時間を割いてあげてたのに無駄にされた」「俺は別にすぐ他の女の子に行ける」という、A子の頭を駆け巡っていた最悪の予想を裏付けものだった。

やっぱりそうだった。私はただの都合のいい女だった。本当は分かってたのに。なんて馬鹿だったんだろう。

人生で一番好きになり、信頼していた相手にこれだけの仕打ちをされ、あまりの辛さと自己嫌悪でA子は1週間布団で泣く以外のことができなくなった。

落ち着いてきた頃A子は気持ちを懇切丁寧に説明した長文ラインを送った。すると、B男は理解したようで謝りたいと言ってきた。

会うと、B男はプレゼントを渡して謝ってきた。以前デート中に、A子が値段を見て諦めたものだった。

B男の言い分は、「付き合っていないから祝う必要があると思っていなかった」「誕生日当日の重要性を理解していなかった」「就活後でお金が本当になかった」とのことだ。

正直あまり意味はわからなかったが、B男は悪気なく本気でそう思っていたことが伝わった。A子はB男のことが好きで信じたかったため、なんとか納得した。

B男は誕生日ディナーをやり直すことを約束してくれた。

B男はそれと同時に、A子とまた付き合いたいと思っていることを伝えた。

A子は嬉しかったが、誕生日という一年で一番楽しみにしていた日に地面にあれだけ強く叩きつけられた直後のことだ。心の整理がまだ付いていなかった。B男のことを心から信頼することができなかった。誕生日ディナーをやり直すと言ってくれていたので、一度そうしてB男の誠意をきちんと見せてもらい、ひどく傷付いた心をリセットしたいと考えていた。誕生日の思い出を塗り替えたかった。A子のことが本気で好きであることを目に見える形で表明して欲しかった。

また、やり直すならばしっかり区切りをつけてからやり直したいと思っていた。別れる前、喧嘩が絶えず話が永遠に平行線となり、どうにも上手くいかないと思ったから別れたのだった。そんな二人がやり直すなら、建設的な話し合いが必要だと思った。

以上の考えから告白の返事は保留した。

まずご飯に連れて行ってね、その時に話そう。そう伝えた。

それ以降仲直りした。A子はB男がすぐにご飯に連れて行ってくれると、そこで一からやり直せると、そう信じていたからだ。

しかし、待てど暮らせどB男はそれをしてくれなかった。たまに「今年まだ誕生日ケーキ食べれてないの寂しいな、ケーキ食べたい!」なんてアピールをしてみたが、B男は笑うだけで何も言ってくれなかった。

そんな中、B男が「俺たち付き合ってるってことで良いよね?」と聞いてきた。結局まだご飯にも連れて行ってくれていないのになんだそれ、と思ったが、誕生日から1か月ほど経ちA子は意地を張るのも疲れてしまっていた。やけくそで「良いんじゃない、もうそれで」と言ってしまった。

そうして晴れて「付き合う」という体裁を得た二人だったが、A子の不安は増すばかりだった。

どれだけ時が経ってもB男はご飯に連れて行ってくれなかった。A子はいつまでたっても心の傷が癒えないまま、B男への不信感が拭えないままだった。その頃には頻繁に「ご飯いつ連れて行ってくれるの?」と聞いていたが、B男は「お金がない」と言って頑として連れて行こうとしなかった。A子は何度も「自分にとってはご飯に連れて行ってもらうことがどれだけ重要か」を説いたが、やはり約束をしてくれることはなかった。

それほど大金必要になることを要求しているわけではない。バイトを1日すればできることであるしかも、お金がなくなった元凶である就活の時期はとっくの昔に過ぎていた。「お金がない」という言い訳をするのは、A子のためにバイトを1日多く入る、または友達との飲み会を1回我慢する、それすらもしたくないという意思表示のように思えて、B男への不信感は募っていく一方だった。

A子はだんだん普通なら許せる小さなことすら怒ってしまうようになった。何かあるとすぐにそれが起爆剤となって「まだきちんと誠意を見せてもらっていない。あの時辛かった気持ちリセットできていない。自分からし約束を守ってくれていない。これだけ私の辛い気持ちを伝えているのに、あんなに訴えたのに、それでもなお、ご飯に行くというただそれだけのことをしてくれないなんて、私は結局蔑ろにされている。」という怒り・悲しみがこみ上げた。A子が怒るとB男も必ず応戦するため、喧嘩が絶えなくなった。かなり傷つけあった。何度もひどい喧嘩をし、その度A子はご飯に連れて行ってくれないか誕生日の時のまま辛い気持ちであることを伝え、B男は最終的には決まってご飯に連れていくね、と約束してくれた。その度A子はB男を信頼し、仲直りした。しかしその約束は果たされないまま同じことを繰り返し、時は過ぎた。

誕生日から3か月ほど経ち、何度も喧嘩を通り過ぎ、なんとかようやくご飯の約束を取り付けた。A子は嬉しかった。この辛かった日々がようやく精算できる、そう思った。すごく楽しみにしていた。

しかし当日、A子がカフェ約束時間まで暇を潰していた時、B男から「体調が悪くなった」との連絡が入り、延期となった。

事情はわかる。わかるが、なんでこの日なんだ、なんでこの日の夕方なんだ。ここまで信用して我慢して泣いて待って待って待ち続けて、結局ドタキャンなんて。一言言いたくなったA子は、数日後B男と電話した際に自分気持ちを涙ながらに語った。すると、電話から寝息が聞こえてきた。

信じられない。そう思ったA子は、怒りのラインを送った。自分気持ちを荒々しくぶつけた。それ以降、B男からの連絡は来なかった。

連絡が取れないまま約束し直した日になった。その日の夜、A子から電話してもB男は出なかった。やけになって何度も何度も何度も電話した。途中から着信拒否された。そうしてその日が終わった。

そして翌日、B男から連絡が入った。

見てみると、「A子は自分に甘く人に厳しい。人間として尊敬できなくなったからもう終わりにさせて」との内容だった。

もう涙は出なかった。


〜B男から視点

ある日目が覚めたらホテルにいた。元カノのA子が横に寝ていた。酔っ払っていたため前の晩の記憶は無い。でもそれ以降A子がやけに親しげに接して来るようになったから、きっと流れで上手いこといったんだと思う。

B男はA子がまだ好きだった。未練があった。だから電話もしたしデートもしたし、相談にも乗ったし泊まりにも誘った。なぜならそうしたかったし、楽しかたから。

しかし、A子は全く感情を表に出してくれないため、B男は不安だった。B男は一度振られている状況だ。ここで告白してもう一度振られるのが怖かった。泊まった夜、勇気を出して「俺のこと好き?」と聞いてみたが、「ううん」と言われた。それ以降、何も言えなくなってしまった。

A子の気持ちはよく分からないが、一緒にいるのは幸せなため、その関係を続けていた。

そんな中、A子の誕生日が近づいてきた。A子はよく誕生日話題を出し、楽しみにしているようだった。B男はA子のことが好きだったため、祝おうと思っていた。しかし壊滅的にお金がなかった。付き合っている訳ではないし、A子が自分のことを好きであるかどうかも分からないため、当日に祝う必要性があるとは思わなかった。そのため、「当日は祝日で混んでいるから次の週あたりに」と苦しい言い訳をしてお金が入る頃に約束を取り付けようとしたが、「当日じゃないと誕生日じゃない」と断られてしまった。A子はB男に祝われることをそんなに期待していないらしい。

A子の誕生日の前日遊んだ際、眠かったし少しムラムラしたので「ちょっとA子の家で昼寝したい」と言ってみた。すると「家に誰もいないから泊まって行きなよ」と言われたため、その言葉に甘えて泊まりに行くことにした。一応「お金がない」という話はしておいた。

翌日、A子は誕生日であると盛り上がっていたが、B男はお金が本当になかった。期待されることを避けようと、一緒に登校してそのまま別れ、A子からの連絡には既読をつけなかった。

翌日「電源切れてたごめん、おめでとう!」との連絡を入れたところ、A子はなぜかブチ切れた。「人として最低!!」なんて、すごい剣幕でB男のことを責めた。

正直そこまで切れることか?と思った。なんで彼女じゃない人間誕生日を祝わなかっただけで、ここまで人格否定されないといけないのか。しかも別日に祝うつもりはあったのに。A子が自分のことを好きじゃなかったとしたら祝うお金無駄になるけれど、それでも祝うつもりはあったのに。付き合ってもいない人間に、誕生日を当日に祝わなかった、ただそれだけのことでここまで責められる義理はないはずだ。

A子が自分勝手なことであまりにも怒るから、B男もつい応戦してしまい、「また付き合えるかどうか試してただけだよ」とか「就活時間無駄にされた」とか「俺は別に他の女の子にすぐいけるけど」とか思ってもいないことを言ってしまった。

その後、ひどく泣きながらどれだけ誕生日大事に思っているか説明され、想像以上に傷付けてしまたことがわかった。後日無いお金をはたいて買ったプレゼントを渡して謝った。当日お金が本当に一銭も無かったこと、誕生日当日の重要性を理解していなかったこと、付き合っていないから祝う必要性があるとわかっていなかったことを伝えたら納得してくれた。

そしてまた改めて食事に連れて行くね、と約束し、同時に付き合いたいと思っていることも伝えた。しかし、その答えは保留されてしまった。

それから仲直りは出来たが、告白の答えはなかなかくれなかった。

そのくせ、「ケーキ食べたいなぁ」なんてアピールはしてきた。付き合う気が無い男に対して、高いご飯を奢らせようとしているのか。B男は不安だった。そして、お金は本当になかった。

A子は告白の返事こそくれないものの、自分のことが好きなように見えた。1ヶ月半ほど経った時、いよいよその関係性に耐えかね、電話をしている時に「俺たち付き合ってるってことで良いよね?」と聞いてみた。すると、「じゃあもういいんじゃない、それで」なんて適当言葉が返ってきた。B男はその適当さに不安を覚えたが、何も言わなかった。そうしてヌルッと寄りを戻した。

時が経つにつれ、A子は細々したことでキレるようになった。B男のほんの小さな間違いに対してひどく怒り、決まって最後には誕生日を祝わないことを責めた。

B男はA子の悪いところもたくさん許しているのに、なぜ毎度毎度こんな小さなことで強くキレられないといけないのか。この喧嘩の繰り返しに、B男は疲弊していった。A子のその自分への甘さと他人への厳しさに、A子への不信感が募り、恋愛感情だんだんと冷めていった。どんなに言われても、いや言われれば言われるほど、お金をはたいてA子の誕生日をやり直してあげる気力が起きなくなった。

そもそも誕生日プレゼントもあげているのに、未だにこんなことで強欲に怒り続けているのが理解ができなかった。A子は強く怒ってばかりで、B男は想われているようにも、大切にされているようにも感じない。なぜB男ばかりが与え続けなければいけないのか。

まりにA子がご飯をおごれとうるさく言うので、約束をした。しかし運悪く約束の日に熱が出てしまった。悪いことをしたとわかっているが、B男も体調が悪く辛いのに、電話でA子はそれを気にかけることもせずにB男を責めた。やはり人にばかり厳しい人間だ。自分ばかり辛い辛い言うのを聞くのも疲れたな、なんて思っているうちに寝てしまった。

起きるとA子から沢山のラインが入っていた。B男を責める内容だ。B男はもう疲れてしまい、連絡する気が起きなかった。そのままリスケ日になったが、このような精神状態でご飯をおごる気にもなれず、自己中なA子に会いたくもなかったため無視していたら、沢山の着信が入った。その自分のことしか考えていないメンヘラ具合に怖くなり、着拒した。

そしてA子の誕生日から3ヶ月後、別れを告げた。もう限界だった。

2018-02-21

食べ物ダメメモ

人と食事するときかにあいまいにこれダメなんですよ~と言わないためのはっきり名言メモ

・嫌いまじダメ:鶏皮

アレルギー的にまじダメキウイメロンいちご柑橘系、殻つきカニエビ

・嫌い系食べたくない属:とんそく・すっぽんなどぷるぷるしたもの、豚の内臓生野菜ブリかんぱちサーモンなどの生魚、甘いパンパウンドケーキクッキー

・食べれるが嫌一族:食べにくい肉類(すじとかホルモンとか脂身とか)、貝全般キノコ全般野菜おおよそ、お菓子全般、もち

・ほぼ無。なんとも思えない:肉類全般、魚全般パン

・すき:うどんそば古今東西スープ全般

・愛している:卵、とうふ・おから・ゆば系、お漬け物雑炊古今東西の酒

若者日本好き😘四季があるし食事も美味しいし治安がいいから😍」

日本「じゃ、じゃあ結婚💑して子供👼作っ…」

若者「それは嫌😦」

日本「えっ!?😌でもこのままじゃ少子化移民入れるしかなくなって日本が滅んじゃうよ!お願い!!!結婚して!!!子育てして!!!助けて!!!😭😭😭😭😭」

若者拒否する!🙅」

なぜなのだ?😡

anond:20180221132237

そうだと思うよ

アラサーでいくつか結婚式披露宴は出てるけど、呼んでない夫婦は一組もいなかったなぁ

でも、式・披露宴はやらず2人とか親族のみで挙式とか食事会っていうのはいくつか聞いた。(会社の人を呼びたくないからなのかどうかはともかくとして、だけども)

やるからにはやっぱり呼ぶことが多いんじゃないかなぁ。それが当然とか普通とか言うつもりは無いけどね。

600km離れた土地で暮らす親戚から連休初日結婚式に呼ばれそうで吐きそう

今年、我が家から600km離れた土地で暮らす親戚が、連休初日結婚式をする事になりました。

結婚する親戚の母親から「ぜひ家族全員で参加して!!」と言われたのですが、素直に喜べません。

喜べない理由と、結婚式前日当日のシミュレーションを、普段生活から予想して書くよーーー!!!!

家族構成

夫:電@以上にブラック企業社畜中間管理職毎日深夜〜明け方まで残業帰宅は2〜3日おき。残業代なし。

妻:グレー勤務。ワンオペ家事育児

幼児の子複数人保育園児。

シミュレーション開始〜

某月某日(金)

18:00

妻、子供達を保育園まで迎えに行く。

保育園玄関子供がぐずり、無理やり自転車チャイルドシート子供を突っ込む。家に着いても駐輪場子供はぐずる。

18:30

妻・子供達、自宅に到着。

子供達に手洗いうがいをさせる。たったこれだけの作業も、かなりの重労働

子供達に軽い間食を与え、風呂準備をし、イヤイヤ期の子供をなだめながら地獄の夕飯作り。途中何度も夕飯作りを中断される。

19:20

妻・子供達、ようやく夕飯。妻、帰宅後初めて着席。

20:15

妻・子供達、風呂。妻、ひたすら自分子供達の体を頭を洗い続ける。

20:50

妻・子供達、風呂から出る。妻、子供達の頭を乾かし、保湿クリームを塗ってやり、水分補給をさせる。

21:15

妻、洗濯機をまわしはじめる。...と同時に、妻は子供達を寝かしつけ。「絵本読んでー」「ねむたくなーい!!」と、子供達がそれぞれ騒ぐ。

22:10

ようやく子供達が完全に寝る。

妻、洗濯物を干しはじめる。

22:30

の子夜泣き。妻、洗濯物干し作業を中断。寝室に戻る。

23:00

の子が落ち着く。妻、残りの洗濯物干し作業を再開。

夕飯の食器調理器具を洗い、残飯処理と生ゴミ掃除シンクとコンロを掃除...している最中に、また下の子夜泣き

妻、寝室に戻る。

23:20

の子が落ち着いたので、そろっと布団を出ようとした所で、下の子がそれを察知し泣きはじめる。(夜泣き:3回目)

★夫は残業中で、まだ帰らない。連絡もなし。

0:00

ようやく、下の子が落ち着く。

妻『明日、8時に家なんて出れない...。まだ荷造りできていない...。幼児達と荷物を担いで電車乗り継いで15km先の駅から新幹線乗るとか...吐きそう...』

妻、片付け、荷造り作業

(ここで、『結婚式の日分かってたんだから、荷造り前もってやっとけよ!』って意見あるかもしれないけど、毎日毎日こんな生活してて、荷造りする時間も体力もねぇよ!!!!!)

2:30

妻、就寝

6:00

妻、起床。

子供達の朝食、新幹線で食べさせる食料、水筒を準備。

夫は帰宅できず。

妻、夫に電話

妻「...帰って来れそう?」

夫「がんばるわ...。しんどい...頭痛い...ハァ...」

夫、中間管理職の為、仕事のできない部下の尻拭いと、無計画上司フォローと、とんちんかんクライアントの突発的な思いつき対応に、毎日死にかけ状態

7:30

子供達の好きなTV番組をつけて、起こす。

ぐずる子供達。

夫に電話するも通じない。

8:00

妻、夫に電話

夫「ごめん、あまりにもしんどくて、仮眠とってしまった...」

妻「帰れる?」

夫「うーん..頑張るよ...」

妻「式、間に合わないよ?」

夫「仕方ない....」

妻「式の参加...断ればよかったよね...私もしんどい...」

夫「まぁ...祝い事だしな...仕方ない...」

夫婦ともに疲れきって、険悪状態

(※普段夫婦の会話と、夫の状態から予測。)

そして、妻一人で子供達と荷物を抱えて電車を乗り継ぎ、新幹線に乗り込み、一人で子供達が新幹線内で騒がないかイライラグルグル緊張しっぱなしの約2時間半過ごす。

新幹線から降りたら、今度は慣れない土地の駅で式場まで電車乗り換えかタクシーで移動。

タクシーだと、子供達は車酔い確実。介抱しながら移動。

式場に到着したら、休む暇なく目的の部屋まで行って着替えて用意してフラフラで...初めての場所テンション上がって騒ぐであろう子供逹を注意して怒りまくって...

そんなグダグダ状態結婚式始まって......

結婚式披露宴最中に、夫がそろーーーっと入場...

シミュレーション、ここで一旦終了~

こんな疲労続きの中、ご祝儀 約70,000〜100,000円、交通費往復 約90,000円、宿泊費 約25,000円、その他滞在中食費・雑費 約30,000円...

合計:約215,000〜245,000円。...多分、というか絶対、これだけじゃ済まない。そもそも結婚式に参加する為の、家族全員分の服代・美容室代も発生する。

実質、『この結婚式に参加する為の出費合計』は、【300,000円】にはなると予想。

私の1ヶ月分の収入より高いね。私が毎日汗水流して働いて稼いだお金が、一瞬で消える。。。

こんなにフラフラしんどい思いして、大きすぎる出費で、休む暇すらない中、新郎新婦の門出を笑顔で祝う余裕なんて、全くない!!!!!!!!!!!!!!!!

もし、金銭的な余裕があったとしても、こんな慌ただしい毎日なんですよ、うちは。

休む暇が全くないワンオペ妻と、働き方改革されないブラック企業社畜夫と、暴れたい盛りな幼児の子供達ですよ。

シミュレーションしただけで、グッタリだよ。

倒れるわ!!!!!

...ってことで、今回の結婚式は、欠席させて下さい。

あと、欠席したいもう一つの大きな理由は、子供達がまだ幼児という事です。

結婚式人生で一度だけです。(再婚とかは置いておいて)

幼児ってのは、今回結婚するあなた達が思う以上に、突発的な行動を、普っ通ーーーーに起こします。親の育て方とか、普段の躾とか、そんな事も関係なしに予想外の事を普通にします。

我が家事情もありますが、せっかくの大切な式に、私は我が子を連れての参加を遠慮させて下さい。

これから親戚関係になるのですから、お会いする機会は沢山あるでしょう。

どうか、子供達がもっと成長して落ち着いてから、改めて一緒に食事談話をさせてください。

若い新郎新婦の門出に乾杯!!!!!

全国の医者が言ってるが

これ実践すれば、風邪インフルエンザもかかりにくくなるし、肩こり腰痛も軽減するから

それを薬でどうにかしようという浅ましい考えが愚か。とりあえずスマホゲー止めて早めに寝ろ

anond:20180220015905

まずは料理を作ろう。それも、いつもの義務感に迫られる料理ではなく、自分へのご褒美のための料理

作らされる料理と違って自分のために作る料理楽しいぞ。

まずは何が食べたいのかを決めるんだ。すでに料理はここから始まっている。

今の自分の気分はどう?夜になったらどんな気分に変わっている?

その気分の移り変わりを予測しながら料理を決めよう。

自分の胃袋には限界がある。この限られた胃袋の中に、何を詰め込んだら幸せになれるのかをじっくりと考えるのだ。

お腹が空きすぎていてはいけない。すぐ作れて食べごたえのあるものをばかりが食べたくなる。

まずはお腹を温めるために、インスタントでもかまわないかスープを飲もう。

それと少しの炭水化物パンでもおにぎりでもクッキーでもいい。そうしてお腹を温めて、脳にも糖分を送るのだ。

そしたら温かい飲み物を一杯入れよう。

ゆっくり深呼吸をして、リラックスした気分で自分の心の奥底と会話をする。

今日は何を食べたい?」

食器棚を思い浮かべて、食べたい料理にふさわしいお皿をイメージする。

次に一緒に飲む飲み物を考える。一杯目に何を飲んで、二杯目からは何を飲もう。

グラスはどれにしようか。一人で食べようか、誰と食べようか。

その食事自分にとって一番のご褒美になるように想像をふくらませるのだ。

それが決まったら次はレシピ検索

料理名レシピだけでは選びきれないほどの結果が表示されるので、そこに一言自分の好きな食材アレンジ、めんどくさがりさんは”簡単”とか”火を使わない”とかを加えてみるといい。

そうしたら次に買い出しだ。

いつものスーパーで人混みに揉まれるもよし、せっかくのご褒美なのだから普段は買わないようなお店に言ってみるもよし。

それだって外食に比べればたかが知れている。なにせ自分へのご褒美なのだ。ここでケチ必要はない。

お買い物が終わったら少し休憩。

ここでもう一回温かい飲み物を飲んでリラックスしよう。

もし疲れたとおもったらお昼寝も大切だ。先にお風呂を済ませてしまうのもいい。

美味しい料理を食べるためには、肉体にも最高のコンディションが求められる。

疲れて急いで作ったのでは料理も美味しくならないし、体も美味しさに鈍くなってしまう。

味気ないご飯なんてそんなもの料理の味そのものより、その時の空気やコンディションのほうが味には大きく影響するものから

さあ。準備はできた?

ここから調理開始。でもちょっとまって。

せっかくのご褒美をどんな演出で食べたらふさわしいか考えてみて。

テーブルセット、照明、BGM、一緒にみるテレビ番組映画、静寂だってかまわない。

大切なのは自分料理とちょうどよく向き合える雰囲気作り。

そして次に大切なことは、これから作る料理、できたてをすぐに食べること。

ゆっくり呼吸を整えて、何から手を付けて、何で終わればぴったりに食べることができるかをよく考えよう。

使わなくなった調理器具はすきを見てすぐに片付ける。

料理ができて最後に残る調理器具は、思い切ってあとで片付けるように諦めよう。

今日の料理自分へのご褒美なのだから明日自分に甘えてしまおう。

いよいよ実食!

出来た料理が美味しくても思った味と違くても、今日一日頑張った自分を褒めながら食べよう。

頑張った自分のために頑張ってくれた自分を褒めるのだ。

自分のために頑張った自分自分が褒めなくて誰が褒めてくれるというのか。

そしたら自然と出てくる言葉

自分に向けて「ありがとう」

いつもなかなかもらえないけど、何よりこれが一番のごちそうさま。

明日の朝の片付けが少し面倒くさいけど、明日自分にも先に「ありがとう」といって放っておこう。

自分のために一生懸命に作る料理はいいぞ。

過去未来がつながって、すべての自分自分のために一生懸命になるから

そうして心も体も栄養を蓄えたら、また未来自分のために頑張る。

料理は数ある自分エコシステムの中でも飛び抜けて優秀なものだよね。

疲れた料理。すべてを忘れて料理

おすすめは、ちょっとむずかしい煮物スパイスから作るカレー、失敗しない鍋、ホットプレートでなんでも焼肉

スイーツ楽しいけど、かなり難しいからいきなりはおすすめしない。

まずは自分レベルにあった料理に挑んでみよう。


最後簡単メンタルにも効果的なステーキの作り方を置いておくね。

簡単に作れて、香辛料と肉の焼ける匂い幸福度MAX。

用意するもの

ステーキ肉(厚さ1.5cm以上がおすすめ

・塩、胡椒

・お好みでカラシ醤油ポン酢など

キッチンペーパー、アルミホイル

・食べる1時間前くらいか冷蔵庫から出して常温に戻す

・肉の片面にまんべんなく胡椒を振る

フライパンを温めて、大さじ一杯程度の油を敷く

・油が温まって水のように柔らかくなったと思ったら、胡椒を振った面から肉を焼く

アルミホイルを肉の大きさより2回りほど大きく切って、肉の上に軽くかぶせる

・強火のまま3~5分待つ

アルミホイルをどけて肉をひっくり返し、塩を肉の重さの3%ほど振る(300gなら10g

・再びアルミホイルを乗せてそのまま強火で2分ほど焼く

・お皿を用意して、肉を一旦お皿に移す

フライパンの油をキッチンペーパーで拭き取り、再びフライパンを熱する

胡椒を振った面から再び肉をフライパンに乗せて、アルミホイルを被せて強火のまま3分焼く

アルミホイルをどけて肉をひっくり返して1分ほど焼く

・お皿に移して完成

フライパンはとりあえずそのまま。さっさとお皿をもってテーブル直行

カラシ醤油ポン酢をお好みでかけながら、一気に平らげる!

肉だけはコゲが美味しく感じる不思議食材

でも、油を敷かないと鉄板では温度が上がりすぎて炭化してしまう。

かと言って油が残るとあとで重たい。だから表面をカリッとさせるために油のあるなしで二度焼き。

そとはカリカリ、中はジューシーステーキが完成!

時間でここまで幸福度が振り切る料理も珍しいってくらい簡単にうまくできます

美味しさに占める味覚の割合って、実は2~3割しかないそうですよ。

他の7~8割は、それ以外の要因。

誰とどこで誰が作ったものをどういう出会い方をしてどんな雰囲気の中で食べるか。

先味(料理との出会い方)、中味(食事中)、後味(食後)、全てが揃った料理出会えると、人は幸せを感じるそうです。

いつも頑張ってる自分への最高のご褒美を見つけてください。

あなた幸せを心より願っています

趣味のことすらしないで悶々頭痛とともに考え事しながらベッドにこもり、食事も1日1回とるのがやっとみたいな生活が一週間ぐらい続くことが多い

痩せるために必要なのは

食事の摂り方と軽い運動でいい。

朝なり昼なりに白米を茶碗一杯食べる。

おかずは普通に食べていい。一般的な量で大丈夫常識的な量だよ。

デブ常識的な量は非常識なのでアウトだよ。

ジャンクフードは食べない。食べるとしても週に一回程度に絞る。

夜の食事は白米は食べない。ベストサラダチキン二個くらいで良い。あとはスープ春雨スープは駄目。

甘いもの糖質脂質吸収を抑えるチョコレートか、あとはプリン程度なら大丈夫

全然食べないのは逆効果。欲しくなってしまうし、食べないと食べないで身体おかしくする。

ヨーグルトなどは食べやすいのでベスト

とにかく食事は昼間に少し多めに食べる。

運動は軽いものでいいよ。ストレッチでもいいしラジオ体操でもいい。10分くらいやるだけでいい。

これを続けていると身体が軽くなるのが分かる。分かるようになるのは個人差があるけど、最短だと10日かからないで分かる。

腕を回したりしたり足取りが軽くなるようなら効果があった証拠。わかりやすい人だとベルトが締めやすくなったりするからすぐ分かる。

無理にダイエットと考えるより、このくらいで大丈夫から根を詰めすぎないで挑戦してほしい。

みんなからやめとけって言われるのに好きな人をあきらめられない

同じ職場仕事終わりの食事は週に2、3回行くし、支払いは毎回割り勘

彼女の家で食事したことも何度かある

嫌々付き合ってもらってるって感じじゃなくて誘わないと何で声かけないんだとスネられる事もある

誘って断られたから帰ったら、なんで一度断られたくらいで帰るのかと怒られた事すらある

その一方で休日デートほとんど行ってくれない

一年で3回くらいかな、そのうち二人だけってのは1回だけ

誘っても二人はダメデートっぽいことはダメ一点張り

断られても断られても誘うがこっちは本当に行ってくれない

告白っぽいことして、その後ちゃんとした告白もして、都度都度こちらの気持ちは伝えてる

でも毎回はぐらかされる

はぐらかされて離れていくならあきらめもつくが、はぐらかされたうえで態度は変わらない

こちらの告白の返事を悩んでいる風もない

こっちの気持ちを知ってるくせに同じ職場のだれそれがイケメンだ、どこのお店の店員かわいいと他の男を褒める

記念日やら旅行お土産やらこちらは相手にだけ買ってくるが、相手はみんなに配る分だけ

都合よく使われてるの状態なのはわかるんだけど

相手恋愛に対して本当に奥手で、別にこっちをキープしたりしてるつもりじゃないのもわかるから割り切れない

相談した友人たちには全員に「やめとけ」「次にいけ」と言われる

でもあきらめられないし、可能性があるはずとすがってしま

何より自分の中の問題が俺が30代後半の童貞で、恋愛に関して自分に自信が一切ないこと

嫉妬やら卑屈なところは極力相手に見せないようにしてるつもりだけど、それでも辛い

自分恋愛経験が無いかダメなのか、自分恋愛する資格のない屑なのか

もうしばらくは頑張るつもりだけど

これで彼女があっさり他に彼氏を作ったりしたら自分がどうなるかわからなくて怖い

anond:20180220015905

下記、エビデンスに基づく

 

食事

魚→DHAEPA。各種アミノ酸ミネラル自炊が苦手なら鯖缶を食え。

肉→各種アミノ酸ミネラルレバーが最強だが、レバーばかり食ってるわけにもいかいか松屋豚丼食え。

納豆日本世界に誇る大発明。それと大豆最強。アミノ酸ミネラル

野菜→今は高いから難しいが、きのこなら安価だろ。食物繊維効果で腸を整える。

卵→とにかく最強。1日2個食うと健康が目に見えて増進される。

ナッツ類→カロリー高めだが栄養豊富。間食に落花生食え。

 

サプリメント

チロシン→非必須アミノ酸。即効性があってやる気が出るとして評価が高い。

ロディオラ・ロゼア→鬱の改善効果があるとのエビデンス多数。

コリンアメリカでは必須栄養素とされる。メンタルの安定。

マカ→精力増強として過剰に宣伝されるけれど、健康効果も侮れない。

DMAE→脳がクリアになる。集中力増進ならこれだ。

ビタミンDイギリスでは摂取が推奨されている。鬱から骨を強くする作用まで多岐にわたる。日光を浴びることで作られるので、1日10分でいいから外に出て日光浴をしろ。無理ならサプリだ。

他人事ながら

100kg近い体重で糖尿を患っているにも関わらず、好きなものを食べて痩せると主張しながら日々おぞましい量の食事記録を上げているブログがある

そのブログを見ているだけで胃もたれになりそうなのでダイエットしたい人は見るといいかもね

本人は、誤差の範囲しか減っていない場合でも、さもダイエット成功たかのように書き

逆に増えた場合筋肉量が増えたと信じてやまない

このままだと手足が腐り落ちそうなんだけれど、いつ己の体が置かれた状況に向き合うのだろうか

まあ、他人事なんだけどね。

2018-02-20

anond:20180220015905

チョコレートバレンタインにもらったのがいっぱいあるだろ?

チョコレートが苦手でなければそれを食え。

あとね、テンション上がる食事って「あなたの好物」ですよ。

精神疾患に対しての食事療法は今のところトンデモ系以外には存在しないので、栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしようね、としかいいようがない。

こっちからラインしないと返事は来ないし、返事も必要最低限だし

だけど、ごはん誘うと来てくれて

けど、食事中返事はそっけないし笑顔はない「ああそうですよねー」って感じ

雰囲気は悪くないが、どっちもテンション上がらない感じ

なんか、悪い子じゃないけど、微妙に合わない

なんで来てくれたのか意味もわからず、平熱で食事を済ませた

なんだこれは

喫煙習慣はニコチン中毒のせいではなかったことが判明

ソースは俺

最近至るところが禁煙化されてなかなか過ごし辛い状況となった喫煙者である俺。

まずは引っ越した先が「東京ルールとは別にタバコで汚した分の補修費は別請求ね☆」と言ってきた。そこでついに家も禁煙という決断にいたったわけだ。そして気がついてみると食事中は禁煙喫茶店禁煙職場禁煙トイレ禁煙と相成って、今のところ最後の砦としては酒を飲む時だけはやめられない。とまあそんな状態なので昼間に喫煙者が疎まれ理由もよくわかるし一方難民化した喫煙者気持ちもわかるという蝙蝠さん状態だ。

しかしそこでわかったのはこれまで自分も「喫煙ニコチンが欠落したため中毒症状的に欲しくなる」と思っていたが意外とそうでもなかった、という事だ。吸わない期間は1日~3日程度あっても大丈夫

でもそこで飲みが入ると止まる。この繰り返しだからあいつかはやめるんだろうなあというイメージはある。

でもやっぱり酒飲むところだけは勘弁してやってくれないか。他は我慢するからさ。

要因から行動は推測できるが、その逆は可能か?

よく「△△をする男性は○○な性質がある」「××をする会社仕事は□□だ」みたいな法則ってあるでしょ?

過去に本やブログなんかでも取り上げられることあるけど。

例えると、

食事メニューいつまでも決められない男性決断力に欠ける」

トイレが汚い会社は、仕事杜撰

みたいな法則、見たことある人も多いと思う。


だがよく考えてみて欲しい。

あなたが”決断力に欠ける(が決断力があるように女性に見せたい)男性”だったらどうするか?

また”仕事杜撰(だがキッチリ仕事をすると思われたい)な会社経営者”だったらどうするか?


更に、この情報に溢れた現代において、冒頭のような法則さえもあなたは既に知っていたらどうするか?

食事メニューを速攻決められるように、事前に行き先のレストランメニューネットでチェックした上で、注文する料理を予め決めておく」

事はしないだろうか?

「客が来る直前、もしくは前日にトイレ(の目立つところだけでも)綺麗にする」

事はしないだろうか?


ここまで読めばわかると思う。

かに、”決断力に欠ける男性食事メニューを決められない”し、”仕事杜撰会社トイレが汚い”事もほぼほぼ間違いないだろう。

だがだからと言って、”食事メニューを決める男性決断力がある”、”トイレが綺麗な会社仕事も丁寧”とは限らないのだ。

ただし、”行動から要因を推測する”事が可能なケースもあり、それは”対象がその法則性を知らない”事が前提となる場合だが、そのような”相手の入手情報”など知る由もないし、そもそも情報化社会においては全ての人間が全ての情報アクセスしている事を前提にするべきだろう。


以上の点から、多くの本やブログで紹介されているような、

「△△をする男性は○○な性質がある」

「××をする会社仕事は□□だ」

といった法則は、飲み会ネタ程度としては面白いが、生涯のパートナー探しや投資企業の選定にするべきではない、とオレは思う。



ところで、こういう現象って既に理論化されているのだったら、理論名や法則名を誰か教えてほしい。

家族が頼りにならないので一人暮らしする事にした

 大学進学を期に一人暮らししたが、いろいろ思うところあって、卒業したあと、実家に帰った。

 数年経って、また一人暮らしを再開する事になった。

 いま自分入院しているが、退院したらそうするつもりだ。

 病み上がりに、大丈夫か。

 家族と一緒にいた方が支えになってくれないか

 また具合悪くなったらどうする。

 自力病院に行かれないときのために家族を頼った方がいいんじゃないか。

 仮に他人相談したら、きっと上記のようなことを言われるかもしれない。

 だが考えてみてほしい。

 自力病院に行かれないときタクシーに乗ればいいし、本格的にやばくなったら救急車を呼べばいい。

 体調が悪いとき家事など後回しでもいい。

 食事レトルトでもお弁当でも買えばいい。

 意外にどうにかなるのだ。

 寂しい考えかもしれないが、家族よりも、お金を払えば言うことを聞いてくれる他人タクシーなど)の方が頼りになる場合もある。

 というのも、私が入院しているのだって、具合悪くなっても家族が助けてくれなかったからだ。

 他人がみてはっきりわかる症状がなかったり、あまり有名じゃない病気だと、家族が笑って「大げさだな」とバカにして話をまじめに聞かなかったりする。

 逆に、死にそうなこっちを気遣ってくれないばかりか「寝てばかりいないで動け」などと嫌みをいってきたりする。

 病気自分が、健康中年の親の代わりに、料理家事をやらされるはめになる、なんておかしな話になったりする。

 ただでさえ年寄りは、自分たちの方が老いているのを理由に、やたらこちらに寄りかかってこようとする。

 病院に連れて行ってくれたり、救急車を呼んでくれるなど、夢のまた夢。

 家族が支えになるどころか、足をひっぱってくることもある。

 入院はすばらしい。

 具合悪くても、自分料理しなくてもご飯が運ばれてくる。

 おなかは減ってるけど、具合悪くて作れない。食事より寝ていたいので、一食抜く。ということをしなくていい。

 寝ていても誰にも怒られない。

 看病するのにいやな顔をされない。

 困ったとき、笑わずに話を真面目に聞いてくれる。

 具合悪くなったらナースコールを呼べばすぐ来てくれる。

 薬がなくなったら言えば、次の日には病室に処方されるので、いちいちつらい体で病院帰りに薬局に寄らなくていい。

 人の出入りが多いので気遣ってもらえる。

 たすけてくれ、といったときに逃げられたりしない。

 家事やってやるのが看病だ、などと家族にいわれたりしない。

 結局、親すら面会謝絶にして、洗濯物の交換はナースステーション任せにした。

 親が寂しそうな顔をしながら、ナースステーション洗濯済みの服を持って週に二回来るが、詳細は聞いていない。

 家族いるか安心、などと思っていると、こういう落とし穴があったりするので、大人になってから病気になった人は、気をつけた方がいい。

 特に女性は、家事をやらされる可能性が高くなるので、注意だ。

anond:20180220044941

かにランチお金をかけるか、夜の交際費お金をかけるかのバランス大事ですね。自分はお昼に結構使ってますが、夜の飲み会食事会はほとんどないので、トータルではそんなに使っていないといえるかもしれません。

生理前にすっごくお腹が空くタイプなんだけど、この食欲にしてもダイエットにしても、

『3食分の食事を5回位に分けて食べて、間食を避けるといいよ』

っていうのを見るとすごくもやっとする。実現不可能すぎて。

というのも、朝昼晩以外の食事10時のおやつと15時のおやつタイムに充てるとして、「ちょっと休憩入ります」って席立つ難易度が(自分の中で)高いのだ。

いや、おやつタイムでないにしても、小休憩をちゃんときっちり挟める職場事務職)ってそんな一般的なのかなって思う。

実際うちの職場をみていると15分位ふらっと喫煙タイムを取りに行く人もいるわけで、それを羨ましがっている間に、ふらっとロッカー行って休憩すればいいんだろうけど…自分にはなかなか難しい。

ちなみに軽い間食くらいならこそこそっと自分デスクでしちゃう(うるさい人に見つかると怒られちゃうけど)。

そんな風に、今日も間食で食欲を満たしている。猫食いに効果が無いことを信じる…

anond:20180220020953

ご丁寧に計算ありがとうございます朝ご飯あんまり外食してません。ロールパンとかまとめて買っておいて、野菜ジュースカフェオレ(レンジでチンした牛乳+ドリップコーヒー)と一緒に食べる程度のことが多いですね。ランチは元投稿に書いたとおりですが、昼間に職場自販機で買っちゃう飲み物の本数が多いかな。あまり夜に飲みに行ったり食事に行ったりしないので、交際費は少ないと思います。よくスーパーのお惣菜とか買って食べますが、だいたいその日の分だけじゃなくて、朝食用食品ちょっとした嗜好品(ヨーグルトとか)も一緒に買うので、支払っている金額からすると定食屋とかで安いメニュー食べた方がいいかもです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん