「食事」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 食事とは

2018-11-12

anond:20181112222236

食事すると血糖値が上がって膵臓インスリン濃度を上げて制御する デッドタイムが長いか血糖値のランプが急激だとオーバーシュートとアンダーシュートが発生する このアンダーシュートは空腹による血糖値低下と区別が付かないので空腹感が発生する

オーバーシュートが多いとゲイン自動で下がって定常状態が維持できなくなり他の臓器で障害が出て、これをII型糖尿病って言ってる I型はゲイン設定か制御が生まれつき不調のケースな

そんで血糖値のランプを緩やかにして満腹時の制御量を減らして膵臓を温存するために玄米全粒粉赤身肉野菜を食うと健康に良いと考える人もいる

食事をした直後に

また無性に何かを食べたくなるのは精神病

試しに腹がパンパンになるまで食ってみても起こる。

デブの魂が宿ってるだけだと思ったが何かおかしい気がしてきた

マメであること(頻繁に会う、連絡する、プレゼントをあげる、食事をする)と

相手が望む態度をする(いてほしいときにいる、一人にしてほしそうな時には絡まない、アドバイスがほしそうなときのみアドバイスをするなど)

の2つがあれば、狙った女性と付き合えたし、もっと言えば並行して付き合うこともできた。

バレて大変なことになったけどね笑

自分は真の恋愛とは何か、愛とはなにか、とか大きなことをいうつもりはないけど、

この2つのことをすれば、だれかと付き合うということは難しいことじゃないと思う。

世の中を見てみればわかるけれど、とても綺麗なorかわいい女性の隣にそんなにイケメンではない男性がいることも多く、

ただしイケメンに限るっていうのは都市伝説高校生までの話じゃないかな。

そのあとで、「相手が望む態度=自分の素に近い」である女性と付き合うのが

長続きする秘訣だし、結婚しても仲良くやっていけるんじゃないかな。

anond:20181111063412

ていうか、婚活あぷりなんですよね?

考えてみて?仕事から帰ったら、年代出身地も何もかも違う赤の他人の異性がそこにいるんですよ?

その方と一生、亡くなるまで一緒なんですよ。

短期間に15人と、あって食事して、というのも凄い。

どーでもいい人と食事ってきついですよね。気を遣うし砂でも食べてるような気分になりそう。凄いです。

一生一緒にいるかもしれない。それが結婚相手でしょう。

「家に帰ったらこの人がいる暮らし」をまず想起できるならいいけど、

それが15人もいたなんてすごいですね、

私だったら、マッチングの数を眺めて、うわぁってなっちゃうかも。

2018-11-11

夏の時間の終わり

配送仕事が遅くまで続いた日は近所のコンビニ唐揚げ弁当チューハイを買って胃に流し込んでから寝る。ケイタはずっとそうやって暮らしてきた。今日もそうやってベッドに体を沈めよう、そう思って帰った部屋には万能家事ロボット「キョウコ」がいた。

 

※ ※ ※

 

「始めましてケイタさん。万能家事AIロボのキョウコです」そう話しかけられてケイタは思い出した。先週スマホSNSで見かけたロボットモニターに応募したのだった。広告など普段は見逃すのに、ロボットの薄い緑色の瞳と淡い栗色の髪に惹かれてしまった。そして目の前に少女の姿で現れたそれは生き生きと動いていてとてもロボットとは思えない。

 

ケイタさん、お食事は買ってきたんですか?」ロボットに話しかけられて、ケイタは「あ、はい、いつもこれなんです…」と曖昧に返事した。そういえば部屋に帰って誰かと話すなんて慣れてない。いくらロボットとはいえ誰かが見てる前でいつものようにスマホ片手に食事するのも変だ。なんだか落ち着かない気分で黙々とご飯を食べる。自分にはロボットとの生活は向いてないんだろうか。

 

「あの、お風呂入るんですけど」食事ケイタロボットに言った。「はい、お背中しましょうか?」ロボットは躊躇なく、にこやかに答えた。笑顔が眩しい。「いや、あの、やっぱりいくらロボットでも女の子がいる前で着替えるの恥ずかしくて、どうしようかなって思ってて…」ワンルームの部屋には隠れて着替えする場所はない。女の子ロボットに来てもらったはいいが生活をどうするかなんて全く考えていなかったのだ。

 

はい、失礼しました。では本日はこれでお休みさせていただきますね。」少女は答えると、部屋の隅の3Dプリンター場所まで移動した。この前のボーナスで買った最新モデルで、小さな冷蔵庫くらいの大きさの物ならネットからデータを読み込んで数分のうちに組み立てる高性能モデルだ。「明日は朝からお伺いします。朝食はお作りしますか?」

 

お願いします、とケイタが答えると、少女おやすみなさい、と一言そえて3Dプリンターの樹脂ボックスの中に立った。カタカタという静かな音と共に少女は樹脂ユニット還元されていった。そうだな、あれはやっぱりロボットだったんだ。ケイタは妙に納得して、シャワールームへと歩いた。明日トーストがいいかな。ケイタパンの袋を棚の奥から前に出した。

 

※ ※ ※

 

「ケータ最近元気そうじゃねえか」運転席の西田先輩にそう話しかけられて、少女が来てから自分の変化に気づいた。「彼女でもできたか?」

「いやぁ、先月あたり家事ロボットが家に来てですね。生活リズムが整ったからですかね」

「へえ、よく聞くやつ。あれやっぱ便利なのか?」

「便利っていうか、生活に潤いが出ますよ。家に帰ると誰かがいるって思うと」

「ハッ!こりゃ当分結婚できねえな」

西田先輩に言われたくはないですね。と、軽口を言い返したものケイタの心に引っかかるものはあった。家にいる少女はやっぱりロボットだ。いつまでも頼っていたら彼女結婚も遠くなるばかりだ。今の自分は、まるで家電名前をつけて愛情を注いでいる哀れな独身男性じゃないか仕事を終えて少し肌寒くなった空を見上げながら、ケイタは考え込んでしまった。

 

「おかえりなさい。今日ケイタさんの好きな麻婆豆腐ですよ」家に帰るとロボットがいつもどおり夕飯を作ってくれていた。いつも今日あったことを話しながら楽しく食事をしている時間だが、今日からケイタは一人の生活に戻ることにした。スマホを片手に黙々と食事を取る。ロボットはいつもと違う雰囲気を察して、今日なにか嫌なことがあったのか、食事が気に入らなかったのか、など話しかけてくれたが、ケイタが何も喋らないところを見てやがて黙り込んでしまった。

 

「すいません、明日からまり喋らないようにしますね」ロボットはポツリと言った。「ああ、そっちの方が楽だね」ケイタスマホから目を離さず答えた。「必要なことだけ話してくれればいいか

はい、わかりました。今日は後片付けだけしたらお休みさせていただきますね」ロボットはそう返事したあと、一言付け加えた。「あと、明日モニターの最終日です。延長して契約いただけるようでしたら、アンケートに延長の回答していただけますか?」

 

モニターの期限は1ヵ月だったことをケイタは思い出した。これでもう終わりにしよう。ケイタは延長しないことをロボットに伝えた。ロボットがどんな返事をしたのかは覚えていない。ケイタはまるで味のしない麻婆豆腐を掻き込み、シャワー室に行った。

 

※ ※ ※

 

次の日は朝から小雨だった、体が芯から冷え込む。いつものトーストを平らげて出勤しようとすると、ロボットが声をかけてきた。「今日最後ですね。利用延長はしないことをセンター申請しました。でも、」ロボットが続いて語りかける。「もし気が変わったら、今日の夜11時までに、直接私に伝えてください。スマホから申請できなくても、私なら申請できます。」

ありがとう、でも延長はしないよ」ロボットにそう伝えて、ドアをあけた。ロボットは少し寂しそうに頷くと「了解です。今までありがとうございました。ケイタさんと1ヵ月過ごせて楽しかったです。」

そう答えた。

 

雨は昼を過ぎると本降りになってきた。道路が少しずつ混み始め、配送作業も思うように進まない。運転席の西田先輩も少し苛ついているようだった。「これじゃ寝る頃には日付変わっちまうじゃねえかよ。ケータには世話してくれる彼女いるからいいけどよ」

「いや、ロボットモニターもう今日で終わりなんですよ」

「まじかよ。寂しくなるよな。1ヵ月も一緒にいたんだろ?」

いやロボットですから。そう答えたものの、今までの1ヵ月、家に帰れば少女がいる生活にすっかり馴染んでいたことにケイタは気がついた。このまま少女を喪って、本当によかったんだろうか?

ロボットっつっても一緒に過ごしてりゃ家族みたいなもんだろ。俺の愛車みてえなもんだ。モニターったってせめて期間延長とかさせてもらえりゃいいのになあ」

その権利はつい昨日自分で捨てたのだった。いや、まだ間に合う。今日の夜11時までに、家に帰って少女に告げるのだ。もう少し君と過ごしたい。

 

日が暮れて雨は一層強くなってきた。荷物はまだ残っている。道路渋滞し、赤いテールランプが蛇のように列をなしている。家に11時までに帰れるだろうか?ケイタは少しずつ焦ってきた。最後荷物を届け終わったとき時計10時を過ぎていた。事務所パソコン日報を書き込むと、ケイタは矢のように事務所を飛び出した。今から電車に乗れば11時5分前に駅につく。そこから走れば間に合う・・・

 

しかし家まであと一駅のところで電車は突然停止した。先行車両の遅延が原因らしい。どうにか間に合ってくれ。スマホを握りしめたケイタ祈りも虚しく、電車の中で時刻は11時を過ぎていった。

 

※ ※ ※

 

ケイタはのろのろと暗い部屋を開けた。もう扉の向こうにキョウコはいない。ようやっと電気をつけ、すっかり濡れた服を脱衣所に放り込んだ。「キョウコ・・・ケイタは思わず一人呟いていた。「もう少し、君と暮らしたかった・・・

「おかえりなさい。お背中しましょうか」聞き覚えのある声が部屋の奥から聞こえてきた。まさか。もうキョウコはいないのに。そう思って振り返ると、そこには見覚えのあるキョウコの姿があった。

「キョウコ!11時になったらいなくなるんじゃなかったのか?」ケイタは驚きの声をあげた。「よかった、まだ間に合うんだ。延長したい、いや、ずっと一緒に暮らしたいんだ。いいかい?」

 

「もちろんです。ありがとうございます!」キョウコは晴れた空のような笑顔で答えた。「だって、まだ9時過ぎですから。間に合ってくれてよかったです。」そう、部屋の時計は21:21を指していた。ケイタはすっかり忘れていた。去年からのあの法律のことを。

 

20XX年、何度も廃案になったサマータイム法が成立した。その年から1111日 午後11時は2回時を刻む。

anond:20180906085723

anond:20181111232303

食事もしないで付き合ったりセックスしたり出来ると思ってるほうがよっぽど喪

anond:20181111163845

「よく考えると異性と二人で食事に行ったことが仕事で一回しかない」

とか言っておいて。

そこら辺の適当男子と付き合いまくってそう。食事はしてなくてもwww

anond:20181111205223

今までの人生

それをやってもまるで成長しない人とか壊れる人も結構見てきているので

結局元から人間性なのだろうかと思う

寝てる時と食事以外は好きな仕事に没頭してるようなADHD気質の奴が一番強いんだが

ああはなりたくねえしな

anond:20181111161044

老人が多く寿命が長くてBMIが低いことが食事に脂質とタンパク質が少ないことと結び付けられたか

めちゃくちゃ喪じゃん

異性の友達小学校から友達ツイッターで繋がってるだけの人一人しかいない事に26歳になって気付いた

これ自分の中では普通だったけど世間の平均からしたらめちゃくちゃ喪じゃね?

びっくりしたわ

友達結婚したり恋人作ったりしてるけど何か自分とは遠いものだと思い込んでいた

よく考えると異性と二人で食事に行ったことが仕事で一回しかない

びっくりすぎた

折りたたみ机と折りたたみ椅子を買った

椅子は折りたたみだけど木製でお尻の当たる部分は布張りでクッション製があり座り心地もいい

自分の部屋には長らく机がなかった

テレビ用の低い棚にパソコン置いて、余ったスペースにコップ置く程度

書類なんか書くときは厚手の冊子を探し、膝の上で書くが

まりうまくできないので、基本 職場飲食店など外で書くようにしてた

作業する時はパソコン持ってネットカフェに行く

ということを何度かするうちに 自宅に机あるほうが安上がりだと思った

とはいえスペースはないので小さめの机で折りたためるもの

買って使ってみて、なんて人間らしい生活なんだ!と感動した

テーブル食事をする

テーブルコーヒーを飲む

健康文化的な、とはこういうことかと思った

椅子と机って大事

ほとんどの人はふつうに家にあるのだろうが

anond:20181111093410

夫の食事の用意をしなくてはならない

必然性はありません。

なぜ妻は

夫の食事の用意をしなくてはならないのか

夫という生き物は 生活スキルが低いことに対して何も感じないのか

金稼ぎだけなら 今の時代 そんなに難しくないよ

わたしも外で金だけ稼いで 家でエラそうにぐうたらしたい

完全童貞の32歳が彼女を作ろうと婚活恋活アプリを使ってみた結果

https://anond.hatelabo.jp/20181110151336を読んで書きたくなったので

彼女どころか女友達すらおらず異性と手をつないだ事も二人きりでどこかへ行ったこともない完全な童貞です

転職を期に出来た空き時間で一念発起してアプリを2ヶ月ほど使ってみたので淡々と結果だけ書いていきます

スペック

32歳男

170前半

マーチ正社員年収400万

2つのアプリを使い800人ほどとマッチング100人程度とメッセージのやりとりをし最終的に15人と会いました

1人目

ディスプレイ業界に勤めてる33

二人で考えてドリア専門店へ、初めて女性と二人で食事に行ったので会う前からめちゃくちゃ緊張、会ってからもキョドりまくる

相手トイレに行ってる間に会計を済ませる、店を出たところで相手があーしまったーみたいなノリで「会計どうしましょう?」と言ってきたので

震える声で「ままま、また次はお願い、し、します!」と何回もイメトレした脳内イケボで伝えた所「そうですね🎵」と言われその後、音信不通

-5000円

2人目

転職したての看護師28

俺が決めてエスニック料理店へ、店に着いてそうそう「私カービィに似てるってよく言われるんです!」と軽くジャブをもらう

仰る通りまんまるな見た目だったが、それが功を奏したのかとても話しやすく前回よりも会話が弾んだ

トイレ中に会計を済ませる、会計について相手が触れることは一切なくそのまま帰宅こちから連絡することもなく終了

-4000円

3人目

遠方から引っ越してきたばかりの女医31

雰囲気の良いイタリアンレストランへ、待ち合わせ場所が分かりにくくて会うのに時間がかかり店の予約時間に遅れる

単純に医者という仕事に興味があったので前半は質問攻めにしてしまう、後半は逆に相手から質問攻め

トイレ中に会計を済ませる、店を出たところで会計どうしたんですか?と聞かれ払ったことを伝えるとなぜか笑われる、その後少しだけやり取りするもフェードアウト

10000円

4人目

化学メーカーに務める29歳

ネットで見つけた半個室のダイニングバーへ、これまで以上に写真とまったく違う相手が来たため「ついに着たか」となんとなく感動する

アニメ大好きなオタクだったため多少話が合うもよくよく話してみると腐女子だった、なぜかBLクイズを出題される

奢ろうと思ったがタイミングを逃し割り勘に、その後また会いたいとメッセージを貰うも良い友達になれそうとの注釈付きだったので答えに窮しのらりくらりしている内にフェードアウト

-2000円

5人目

遠方から来た家事見習い25歳

前回使った半個室のダイニングバーへ、雨が降っていたため傘を買いに待ち合わせ場所を離れてしまい5分遅刻

遅刻こそしたもののお店も2度目だったり色々慣れてきたため調子にのる、ギャグでもかまそうかと思ったら相手から「実は難病なんです」と逆にかまされる

ほとんど真面目な話しかしなかった事もあり流れで割り勘に、そもそも遠方住みのため会う機会もなく「病気良くなるといいね」と掛け値なし本音を伝えてフェードアウト

-2000円

6人目

飲食店に勤めるフリーター23

半個室のダイニングバーへ、プロフィール写真と一切遜色ない美人が来てキョドる

意外にもアニメ好きだと言うのでアニメの話をしてるといきなり元カレアニメを見た話をされて更にキョドる、ついでにキャバクラで働いていたけどコミュ障なんですと謎の身の上話をされ「俺もコミュ障だよ」とカミングアウトしてしま

絶対に次はないと思ったので割り勘に、意外にも相手からメッセージが来るもなんと返したら良いか考えてる間にフェードアウト

-2000円

7人目

音大に通う大学生19歳

半個室のダイニングバーへ、お店についてから未成年だったと思い出す

男向けのアニメが好きだったため今までで一番話が盛り上がる、実は男の人と食事に行くのは初めてだと言われ「マッチングアプリなんか使わないで大学で良い人探したほうが良いよ」といらぬことを言ってしま

割り勘にしましょうと言われたが全額出す、アプリはやめると約束してフェードアウト

-3000円

8人目

看護師25歳

半個室のダイニングバーへ、いきなり彼氏持ちですと申し訳なさそうに謝られる

終始彼氏が如何にクズかを聞かされる、別れたら?と月並みなことを言ってみるも借金を返してくれるまでは別れられないと言われる

割り勘で良いよねと伝えその通りに、彼氏と別れられるといいねと送りフェードアウト

-2000円

9人目

保育士24

半個室のダイニングバーへ、お店につくやいなや「お酒めっちゃ飲むんですけど割り勘でいいですか?」と聞かれる

宣言通りの大酒飲み、結婚願望が強いことを聞かされる

これなら飲み放題にしとけば良かったなと後悔しながら割り勘に、また食事に行こうと約束するも予定が合わずフェードアウト

-4000円

10人目

コーヒーショップに務めるフリーター25歳

半個室のダイニングバーへ、出会い頭にいきなり「車持ってないんですか?」と聞かれる

年収職業結婚観や恋愛遍歴について質問攻めにされ、はじめてうんざりする

絶対に奢りたくなかったので割り勘に、相手からメッセージが来るもそれとなく断ってフェードアウト

-2000円

11人目

イラストレーター31

半個室のダイニングバーへ、お店に入る前になぜか服の裾を持たれ困惑する

個人事業主の大変さを教えてもらいとても勉強になる

もはや毎度の事だったのでいつも通り割り勘に、また食事にと言って別れるも相手からメッセージが来ないためこちらも送らずフェードアウト

-2000円

12人目

大学生20歳

半個室のダイニングバーへ、事前に知っていたが相手は整形手術を受けた帰り

念願の二重を手に入れたためか異様にテンションが高かった

大学生だったので奢る、整形に偏見はなかったが遠方住みだったためお互いそれとなくフェードアウト

-3000円

13人目

休職中の看護師26歳

半個室のダイニングバーへ、「ここ来たことある」と言われはじめての展開だったためキョドる

席についた途端「何人と並行してるんですか?」と言われ更にキョドる、「私も並行してるんで気にしないでください」と正直さをアピールされる

相手提案もあり割り勘に、「ビビっとこなかったらフェードアウトしてください」と言われたからではないがなんとなくフェードアウト

-2000円

14人目

美容専門学校へ通う24

半個室のダイニングバーへ、化粧品を抱えていたため「もしかしてマルチビジネスの誘いか?」と思ってビビ

メイクしてみますか?と言われ少ししてみたりと思いのほか盛り上がる

割り勘で良い?と聞いてその通りに、また会おうとメッセージもしていたが会うことなフェードアウト

-2000円

15人目

小学校教師28

半個室のダイニングバーへ、待ち合わせ場所につくと同時に電話を掛けてきたためキョドる

もはや行きつけレベルになった店だったが、その経験が役にたたないくらい先手先手で色々決められてキョドる

相手から割り勘を提案される、次の約束を日付と共に具体的に立て実際会うことに、その後もやりとり継続

-2000円

反省

やればやるほど要求レベルがあがっていく、もっと良い人と出会えるかもと思いだらだら続けてしまった

彼女を作ることではなくよりスペックの高い女の子約束を取り付けることが目的化していた

そこまでするのであれば、どうせなら次の段階の誘いをしてみてもよかったが断られるのが怖くて出来なかった

残り15人ほど会う約束をしていたが良いタイミングだったので全員にキャンセルメッセージを送った

後悔はないし、やってよかったと思う

もしも今の人と付き合えたら大事にしたい

ただしこの先の進め方が分からないので教習本がほしい

追記

マッチングの内訳ですが

とりあえずどんな相手だろうとイイねするチャンスがあればイイねする→800人とマッチング→うち半分に最初メッセージを送る

→更に半分の200人からメッセージが返ってくる→但し1、2通で終わるパターンがまた半分あるので最終的にやりとりしたのは100人

って感じです

800人もマッチングするわけないって意見についてですがアプリを2つ使っていたので一つのアプリで400人です

最初の週にこちから出来る限りのイイねを送りまくって100程度イイねがつくと、あとは女性の方からイイねがどんどん来ました

おそらくイイね数順でソートしてるんだと思います

プロフィール写真人生で初めて行った川遊びのリア充っぽい写真をメインにあと数枚、プロフィール文章女性ウケ狙って盛ってました

ナルシストっぽくなるので書きませんでしたが容姿はよく褒められます客観的指標だと兄弟イケメンの触れ込みでモデルをやってました

アプリ宣伝とかは全くありません

使ってみて分かりましたが最終的に女性の見た目と年齢しか見なくなってました

残りのアポ女子大生から20代前半の美人かばっかで自分クズ化した気がして内心やめたくなってました

友達相談されてもアプリは勧めないと思います

2018-11-10

anond:20181110220517

がんばってるね

食事食事の間のおなか空いたタイミングとかどうやりすごしてる?

anond:20181110001043

想像しただけでつばがわいてくるくらいワタも好き。もちろん必ず全部食う。

自分はあの苦味や食感が好きだが苦手という人がいるのもわかる。

自分ちで食うなら残すなりなんなり好きにすればいいと思う。

でも人んちの夕食に呼ばれてサンマの塩焼きが出たら無理して食っといたほうが無難だろうな。

人の家の食事で皮やワタを残して「行儀が悪い」「育ちが悪い」と思われるかどうかは確率まかせだが、完食しとけば確率は常にゼロから

ちなみに俺がホストだったら口には出さずとも「行儀わりーな」と思う。

思い出した話

ビッグコミックスピリッツの連載(今もしているかは知らない)「気まぐれコンセプト」を描いてるホイチョイ・プロダクションズ

ベストセラーにもなった「見栄講座」の流れとして通ぶるためのコラムがあった。

回らない寿司で1番効率がよくて見栄をはれて、なおかつ損のない食事と言って、中トロだけ延々と注文しつつうんちくを垂れるというもの

これが「グルメ」の本質だなと。

ニートしてる方が働くよりもQOLが高かった

ニート時代生活

働き出してからニート時代のことを振り返って良かったなと思うこと

  • 働き出してからニート時代のことを振り返って良くなかったなと思うこと
    • 親に仕事心配をされた。
    • お金がなかったので付き合いも悪くなり疎遠になる友達が多かった。
    • お金がなかったので遠出したりすることが出来なかった。
    • 家族以外と喋らなくなり口語能力が圧倒的に落ちた。

働き出してから生活

総括

anond:20181110122251

食事や排泄を一人でできない」赤ん坊や「食事や排泄を一人でできない」青年中年層もいるんだが老人って何歳から?おまえが医者になって全員無料診断して決めてくれるの?

 

おまえの考えたことは社会では20年前にとおりすぎたんで社会宿題してろ。

後期高齢者胃ろう人工透析廃止すれば教育予算を上げられるのでは

例えば胃ろう患者現在、全国で30万人とも40万人と言われており、

そのほとんどが、80を過ぎた認知症の寝たきり老人とのこと。

胃ろう患者生命を維持するためには、一年あたり4、500万円ほどの税金がかかり、

また老人であれば年金生活保護受給しているわけで、さらに多額の税金がかかってしまう。

本来寿命を終えた人間を無理やり生かし続けるために、兆単位税金が毎年使われているのだ。

 

私としては胃ろう人工透析以前に、食事や排泄を一人でできなくなった老人を強制安楽死にしてほしい。

私は介護などしないし、他人にもさせたくない。

2018-11-09

anond:20181109203911

おいkawango仕事に戻るか金曜だし食事でも行ってろ

このナンパ師のやつ読んで思い出したんだけど

https://maeharakazuhiro.com/anokoro/

昔、恋愛シミュレーションゲーム同級生や下級生)が流行ってた頃に、

効率的画像集めるために1回のプレイで何人かのキャラクターを同時攻略してたんだよね。

で、最後の方のセーブ分岐から一気に複数人エンディングを見るというやり方で。

よく「実際の恋愛ゲームのように選択肢が現れない」っていうけど、

恋愛ゲーム選択肢って結果として好感度が上がる選択肢と下がる選択肢があって、

好感度が上がる選択肢って彼女が求めてる態度なんだよね。

まり攻略のためには相手ごとに態度を変える必要がある。

冷静に自分プレイをみると、サイコパスぽいんだけど

(たとえば年上の女性に対しては年下っぽく甘えて、そのあとで妹キャラと会うときは男らしく演じる)

当時は早くクリアすることしか考えてなかったわけ。

大学に入ってから自分非モテだったんだけど、大学デビューして

番役に立ったのは上記恋愛シミュレーションゲームだったわけだ。

まりマメであること(頻繁に会う、連絡する、プレゼントをあげる、食事をする)と

相手が望む態度をする(いてほしいときにいる、一人にしてほしそうな時には絡まない、アドバイスがほしそうなときのみアドバイスをするなど)

の2つがあれば、狙った女性と付き合えたし、もっと言えば並行して付き合うこともできた。

バレて大変なことになったけどね笑

自分は真の恋愛とは何か、愛とはなにか、とか大きなことをいうつもりはないけど、

この2つのことをすれば、だれかと付き合うということは難しいことじゃないと思う。

世の中を見てみればわかるけれど、とても綺麗なorかわいい女性の隣にそんなにイケメンではない男性がいることも多く、

ただしイケメンに限るっていうのは都市伝説高校生までの話じゃないかな。

そのあとで、「相手が望む態度=自分の素に近い」である女性と付き合うのが

長続きする秘訣だし、結婚しても仲良くやっていけるんじゃないかな。

うちは同棲して4年、結婚して5年だけど、毎晩、修学旅行中の中学生みたいに会話が盛り上がってるよ。

こんにちは増田のみなさん

今日自分が住んでいるところでは雷がなっていました。

皆さんは災害の時どうやって行動すればいいかシミュレートしていますか?

ところで、食パン冷凍して保存できるらしいですよ。

私は食パンを毎朝2枚食べるので、冷凍ができない生活は考えられませんね。

といっても、冷凍ができない生活だとオーブンも使えませんから食パンどころの騒ぎではありませんね。

私はタバコを吸うので頑張ればまともな食事ぐらいできるかもしれませんね。

そもそもネットもできないか増田なんかしている暇はなさそうです。

普段からシミュレートすることが大切ですね。

 

意図的にある言葉を外して書いています

anond:20181108225749

先日復活の奇跡を起こしたこと話題になったかなた氏が

絢辻かなた @kanata_ayatsuzi

きのう、とある映画館の隣のフードコート食事してたら近くにいた男子中学生くらいの4人組が「女子の着替え、下から見るか?横から見るか?」とか大声で騒いでいた。覗きネタで大盛り上がりする浅ましい品性。こんな子どもが育つ国。

みたいに言ってたけど、事態小学生まで及んでいたのですね……。こんな子供が育つ国。

アイドルライブに行ってマサイに怒りを覚えた話

私は女性アイドルが好きだ。

彼女たちが歌やダンス真剣に取り組み、パフォーマンスをする姿が好きだ。

からPVを見たり曲を聞いたりするのは勿論、彼女たちの披露する生歌が聞けて、トークが聞けて、パフォーマンスを直で見られるライブに行くのが好きで、度々足を運んでいる。

ある時、某女性アイドルグループ(以下、Rとする)のライブに行った。

Rは最近気になり出したグループで、ライブに行くのはこれが初めてだった。

どんな雰囲気なのかドキドキしたけれど、演者パフォーマンスは予想以上に素晴らしかったし、推しグループの他の子もすごく可愛かった。

セトリセットリストライブでやる曲目)も良かった。楽しかった。

ただ一点だけ不満があった。

それが、マサイの存在だ。

マサイとは、アイドルライブイベントで見境なくピョンピョンジャンプする人のこと。

跳躍力が優れていることで有名なマサイ族になぞらえて、そう呼ばれている。

当然、アイドル達が壇上に居る時に飛ばれたら、後ろの人は視界が遮られてしまい、せっかくのアイドルが見えなくなる。

故に、運営や会場によっては迷惑行為として禁止されたり、「マサイをしたい人は、迷惑にならないよう後方へ行くように」とアナウンスされている場合もある。

このマサイが、Rのライブには存在していた。

それまで行ったことのある他のアイドルライブでは(今思うと幸運なことに)一度もマサイを見たことがなかった。

Rの姉妹グループや同じ事務所所属するアイドルライブには複数回行ったが、いずれも目立ったマサイ行為はなかった。

場合によってはアイドル自身がマサイ行為禁止を呼びかけており、ファンもそれに従っていた。平和だった。

から、いちアイドルオタクとしてマサイという言葉は知りつつも、実際にどういう行為なのかは知らなかった。

だが、実際に目にして、どれだけそれが不快行為なのか思い知った。

整理番号が前だったり、マサイより前の位置に立っていれば問題はなかったかもしれない。

しかし、不幸なことにその時の私の整理番号は、会場キャパから考えても後ろの方だった。

そして、更に不幸なことに、その会場では最前列近くに複数人のマサイが居た。

ただでさえ後方で、人の頭の合間を縫って、ようやくアイドル達の上半身が見えたり見えなかったりするレベル

それ自体は混雑しているから仕方ない。自分は背が高くないし、よくあることだと我慢できた。

けれど、そんな狭い視界の中で、ようやくソロパートを歌う推しが視界に見えたと思ったら、見知らぬ野郎の頭が下から飛び出して、推しの顔が見えなくなる。

これが複数回繰り返された。

その結果、私は否応無く怒りを覚えた。

腹わたが煮えくり返り、キンブレ(キングブレードという市販サイリウム。15色発色可能推しメンバーカラーを点灯させるのに便利)を持つ手が震えた。

出来るならば、能天気ジャンプしているその頭をキンブレで殴り倒してカチ割ってやりたい。そんな暴力的衝動すら浮かんだ。

だけど、私とマサイ野郎たちの距離は数メートル離れているし、人がごった返していてそこまで移動することも困難だ。

何より、もし自分のすぐ近くにマサイが居ても、注意して揉めたりするのが怖いチキンなので、実際には何か言うことすらできなかったと思う。

まり現実はただ黙ってマサイの暴虐に耐えるしかなかった。

会場やRのメンバーからマサイが明確に禁止されていないのも、辛さに拍車をかけた。

こんなに迷惑に感じているのに、自分が出来ることは何もない。

無力さを感じながら舞台を見つめた。

誤解されそうだが、ジャンプする行為を一切やめろと言いたいわけではない。

曲によっては、演者が観客に「みんな一緒にジャンプしてね!」と呼びかけるものがあるからだ。

他にも、振り付けアイドルが一斉にジャンプする時、観客もタイミングを合わせて一緒に飛ぶことが恒例になっているナンバーもある。

そういった、いわゆるお決まりジャンプパートでは、私も飛ぶし周りの人も飛んでいるが、それを不快に思ったことはない。

しろ、みんなで一斉にジャンプすることで、一体感が感じられて楽しいし、会場の雰囲気も盛り上がる。

だが、マサイは上記の「みんなで楽しむためのジャンプ」とは違い、「自分けが楽しむためのジャンプ」だと思う。

自分が楽しければ、平気で後ろの人の視界を遮る。周囲の観客に迷惑をかけても御構いなし。

自分さえ楽しければいい。その自己中心的な考えが嫌なのだ

ただ、後で知ったのだが、マサイを迷惑行為だと思わずに行う人もいるようだ。

ライブが終わって憤懣やる方なかった私は、インターネット上のファンコミュニティを見ていた。そこにはライブ感想が書き込まれることがよくあったので、自分以外の観客の意見が知りたかった。

すると、自分と同じ公演に行ったと名乗っている書き込みの中に、

ライブを盛り上げる為にマサイをした」

というものがあったのだ。

信じられない言い分に目を疑った後、沸々と怒りが湧いてきた。

ライブを盛り上げるために?マサイをした?はぁ〜???

あのな、お前は目の前の奴にピョンピョン飛ばれたら嬉しいか

アイドルを見に来たのに、よく分からないマサイ野郎に視界をチラチラチラチラ何度も何度も遮られて嬉しいか

気持ちが盛り上げるか?「フゥ〜〜!」ってなるか?

なるワケねーだろ馬鹿野郎

ただただ迷惑に感じてイライラするだけだよ。

美味しい食事を食べたいのに小蝿がまとわりついてウザいのと同じ。邪魔迷惑なだけ。

それなのに、まるで会場にいる観客のため、アイドルのためを思ってマサイをしたかのような恩着せがましい言い方をしないでいただきたい。

お前がマサイをしたのは、「自分の」雰囲気を盛り上げるためだろ?

自分が」テンション上げて楽しむためだろ?

日本語は正しく使えこのマサイ野郎

だいたいな、マサイなんぞ居なくたってライブは盛り上がるんだよ。

今まで行ってた他のアイドルライブは、マサイが居なくたって充分に盛り上がってたし楽しかった。

Rだってパフォーマンス自体は魅力的なんだし、観客だってRを見たくて来てるわけだから、仮にマサイが居なくなったところで会場の盛り上がりにそこまで影響するとは思えない。

そもそも最前列のマサイがあまりにウザくて忘れかけてたけど、全体としてマサイなんてせずに見ている観客の方が多かったんだよ。

正確な人数比は分からないけど、300人くらい入ったライブハウスで、マサイやってたのは10人足らず程度だったと思う。

人数としては大したことないんだ。ただその10人足らずが見境なくピョンピョン飛んで視界に入ってくるからウザいだけで。

からマサイをやる人が居なくなったところで、ライブが盛り下がるわけではない。

しろ、マサイが居なくなった方が、余計なことに気をとられずライブに集中できて盛り上がれると断言できる。少なくとも自分はそう。

それだけマサイの存在は鬱陶しいのだ。

自分たちが盛り上げてるなんて思い上がるんじゃねえぞ、このマサイ野郎

というわけで、結果的に、Rのパフォーマンス自体はすごく良かったものの、ライブのことを思い出すと、あの時マサイに視界を塞がれたイライラ不快さまでもが一緒に蘇ってしまい、単純に「楽しかった!」と言い切れない複雑な気持ちになる。

好きなアイドルライブに行ったのに、アイドル以外のことに気をとられて不完全燃焼になってしまったのは、正直言って本末転倒だと思うし、こんなに気にする自分は心が狭いのかもしれないとも思う。

それでもウザいのだ。嫌なのだ

マサイをやる奴は、ライブ前後左右を自分より身長の高いマサイに囲まれて、いくら飛び上がっても周りのマサイが壁になってステージが見えない無間マサイ地獄に落ちればいいのにと考えてしまう。

ただ、マサイが明確に禁止とされていない以上、今後もRのライブからマサイがなくなることは恐らくないだろう。

から、私がマサイを止められるわけではない。

個人的にはマナー違反だと思うが、明確なルール違反ではない以上、マサイをやっている人に「やめろ」と言える筋合いもない(言いたいけど)。

ただ、こうやってマサイによって被ったストレスを吐き出すくらいはさせて欲しい。

というか、散々マサイに対する恨みをぶちまけておいて今更だが、そもそもマサイという名前自体がマサイ族に対する風評被害だし失礼である

どうせなら珍走団みたいな、もっと格好悪い名前にしてほしい。ピョンピョン族とか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん