「つくえ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: つくえとは

2019-10-07

[]

きのう

あさ8じはんおきる

ゆで卵1個たべて会社往復

風が強くて自転車きつかった

帰って昼飯

10円のむしちゃんぽんめんをいんすたんと袋ラーメンに入れてたべた

キャベツも少し入れた

炭水化物とりすぎ

これで袋ラーメンなくなった

机のかたづけ

勉強机のライトとか本立てとかがついてるけどそれのせいでつくえのスペースがせまくなってるブツをとりはずした

子供用だから足もともせまいけど引き出しははずせないからこれが限界

そんでたまってたごみとかすこし掃除

これでがんばってペンタブもつかいたい

15時半すぎからトリアス

そのまえにセリアいったけど食品まったくおいてなかった

トリアスグミたくさんあってよかった

輸入品のもかなりあったHARIBOもどきとかコーラアップもどきとか

それで80g100円だから書いてくなったけど我慢

うーんダイソーもっと家の近くにあったらなあ

いか節約できてるといえばそうだけど

ブコフよってオールラウンダーめぐる立ち読みしかけて数ページであきらめる

そんでかえる

かえりGEOよると小学生の女2里がおいかけっこしててうざい

スーパーいくけどまだ安い時間じゃなかった

半額のパンもあったけどもとが高くてたいして安くなかった

かえってなんかそわそわしてなにもできないのがつづいたか頓服薬つのんだらそのままねてた

きょう

さむくて途中で暖房つけた

朝方消した

2016-09-12

[] 言語論的転回

言語論的転回(げんごろんてきてんかい、英:Linguistic turn)は 20世紀西洋哲学における重要な展開である。その最も重要特性は、哲学が、またその結果として他の人文科学が、現実構成するものとしての言語へ関心を集中させたことである

まず最初に、実際のいすのようなものがあると思われ、それに続いて「いす」という言葉が参照するいすという意味があると考える。しかし、「いす」と「いす」以外の言葉(「つくえ」でも何でもいい)との差異を知らなければ、私たちは、いすがいすである認識できないだろう。以上のようにフェルディナン・ド・ソシュールによれば、言語意味は音声的差異から独立しては存在しえず、意味差異私たちの知覚を構造化していると言う。したがって、私たち現実に関して知ることができることすべては、言語によって条件づけられているというのである

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%80%E8%AA%9E%E8%AB%96%E7%9A%84%E8%BB%A2%E5%9B%9E

2014-04-09

http://anond.hatelabo.jp/20140409101606

そのエントリーそのまま印刷して朝つくえの上においとけよ。死人まではでないと思うぞ。

2013-04-06

ちはやふるの真島部長がもう切なすぎてつらい

最近見はじめた「ちはやふる」「ちはやふる2」がもう、なんだか心をわしづかみにして放してくれない。切なくて切なくて、見てて辛いんだけど、でも気になるし、なにしろ面白いからちゃうんだけど、いいかげん黙っているのが苦しくなってきたので、ここで思いの丈をぶちまけさせてください。

具体的になにがって言うと、真島部長がとってもせつないです。結論としては、真島部長はあの新しく入ってきた後輩の女の子と付き合っちゃったりすればいいと思うの。だからそこまでの紆余曲折を書きます

千早ちゃんは恋愛とかあんま頭の中にないんです。いるよこういう子。天然なんです。。カルタのことしか頭にないの。許してあげて。そんな女の子千早ちゃん、一つのことに一生懸命になっている千早ちゃんに惹かれる男子、真島部長、あんたは素敵な男子です。おれはあんたが好きだ。応援する。たとえ、にくまんくんとかつくえ君にあれはないなとか言われちゃっても、真島部長あなた純粋なおもいはとても美しい!!自分に素直にいてください。くぅ、青春だぁ…。

でも残念、千早ちゃんは天然だからね。ずっとひとときも忘れずに千早ちゃんを思っている真島部長の気持ちは、いつまでたっても届きません(断言)。そりゃー真島部長が一念発起して、千早ちゃんの両肩に手を置いて、目をまっすぐに見ながら、好きだと伝えてキスの一つでもしてやれば、そこまですりゃーまー、きゃーってな感じで、一応一般的な意味で好きらしいっていうことには気がついてもらえるかもしれませんし、そんな展開も、いや、それはそれでいいか。そんな男前の真島部長もみてみたいか!よし、いけーっ!真島ーッ!!…いやいや、そうじゃなくてですね、それは漫画の展開的にもありませんし、真島部長的にもカルタに集中している千早ちゃんにそんな無粋なアタックはしないでしょうから、あり得ないのは分かってます。でも、逆にそれくらい流れをぶった切る行動でも起こさない限り、思いが伝わらないのも、分かってるんでしょ、真島部長。あー切な。

新入生が入ってきてすぐのミーティングで、太一A級とることが大事(のうちの一つだったわけだけど)って言われた後、自分のことに集中するようになりましたよね。自宅で部活のみんなで名人クイーン戦を観戦している時に、千早ちゃんの言葉を聞いていながら、聞こえていないふりをしましたよね。振り回されまいと覚悟しては、気がつけば見つめていて、また覚悟しては惹かれていて…。真島部長、うふぅ~、せつない。千早ちゃんは、もうホントかるく殺意を芽生えるくらいに悪女小悪魔系?天然だからいかんともしがたい。いや千早ちゃんは悪くないんだ。むしろそういうトコまで好きなんだ!真島部長あなたが言っていたのは、すごく、すごーく分かります。恋なんて全然思い通りにならなくて、よくもなんともないみたいな、あれ、なんて言ってたんだっけ?忘れちゃったけど新幹線の中で言ってたそんなやつね(まぁ案の定千早ちゃんにはまったく響いてませんでしたけど、千早ちゃんったら、て・ん・ね・ん!(ハート))。だから、いいんだよね。だからこそ、いいんだよね。真島部長千早ちゃんのことが好きだけど、それを追いかけるだけじゃなくて、ただ自分を磨いて、結果的に千早ちゃんが振り向いてくれるかもしれないけど、それはとりあえず脇に置いておいてカルタに集中すんだ!ってね。あーせつねぇ、青春だ…。おれは真島部長こそ正当派青春青年だと思うね。まぁ千早ちゃんもあれはあれで青春を謳歌してると思うけど。

はい。でも千早ちゃんは天然だから真島君のことは振り返りません(ジャジャーン)!残念!てかね。それとは別におれ一つ思うことがあるの。たぶんだけど、もしかしたらだけど、ちょっと思うのはね。真島部長は認めないと思うし、こんなこと言うのもしょうがないと思うんだけど、でもおれがここでお節介なこと言ったとしても、幸い真島部長アニメ中の人から夜な夜なエゴサーチとかしてないじゃん、だから言っちゃうけど、真島部長ってカルタ一生懸命千早ちゃん、その横顔とか後ろ姿とかが好きなんじゃんないのかしらね。ちはやちゃん本人よりもっていう意味よ。いやもちろん千早ちゃん本人のこと好きなのは分かってるけどさ。で、その上でね、でも千早ちゃんカルタやってる最中は真島部長の気持ち気がつかんよ、って言いたい、もちろんそんなこと言ってもどうしようもないけれども。だって真島部長じゃなくて新君だ、とかそういうようなもんでもないわけじゃないですか。それでね、気がつくとしたらカルタ一息ついた時って可能性があるわけですけれども、つまりもう負けちゃって燃え尽きちゃったときとかに、カルタと違うものが目にはいるとかはあるかもしれませんけれども。でも、千早ちゃんのいいところってそうじゃないじゃん!今、このときカルタ以外目に入らないで、回りの声も聞こえないで、この世にあるのは読手の声とあたしだけみたいなそんな千早ちゃんじゃないですか!!だからさ、真島くん。そんな千早ちゃんでいるうちは千早ちゃんは振り向かないし、振り向いた時はそんな千早ちゃんじゃなくなってるってことじゃん。そんな千早ちゃん、たぶんあれよ、もちろん相変わらずすごく可愛いとは思うけど、でもちょっと違う…。分かるでしょ。あぁ、切ねぇ。

千早ちゃんはね、もうああいう子だから、無理なの、真島くんあきらめて、もうこれ以上自分を傷つけないで…(涙目)いや、いいんです、これも青春ですから、真島部長は精一杯、自分の思うとおりやればいいと思うの。あぁどうなるんですかね。どう決着をつけるんですかね。作者さんはどうしてくれるのかしら。もう目が離せないのね。どうなってもいいと思う。おれはオープニングの「離れては寄り添って」っていうところを聞くたびに切なくなるんですけど、でもね。なんていうかな。いや、真島部長千早ちゃんハッピーエンド的なのも見てみたくないかって言われたら、そりゃー見てみたいよ。真島部長が報われる瞬間がきたらいいなぁって思います。でも、少なくともいまんとこ想像できん。まぁそんなのっていくときゃコロっていくもんだから、ころっていってもいいです。でもね、やっぱ、こういう酸っぱいのって、酸っぱいまま終わるんじゃないかな…。だからね、真島部長千早ちゃんとの距離をたえず模索してるわけなんですけど(そして千早ちゃんはそういうのガン無視してもうすごい勢いでタオルとかなげちゃったりするんですけど。あーっくそっ!千早っ!おまえいいかげんにしろ!)、そんでそれはとっても甘く苦しい過程なんですけど、そんな揺れ揺れの青春の中でも、やっぱ時間は着実に過ぎていっているわけ。それは真島部長にとってはまずは何よりも時間けが過ぎていってしまうという焦燥なんでしょうけれども、でも同時にみんな成長してっているってことじゃん。なにしろ真島部長が。そしたらね、これまたすっごく切ない話なんですけど、きっといつかは真島部長千早ちゃんとの距離をうまくとれちゃう日が来ちゃうと思うんだな。なんか、あきらめるんともちがうと思うだけど、なんだろ、あれ?なんでおれ千早のことなんか必死に追いかけてたんだろ、みたいな、そういうふうにふと冷静なるときが。おほーぅ切ねぇ、見てられない…。そういうふうに、ぐふぅ、真島くんにとって、千早ちゃんが、特別じゃなくなっちゃう日が、いつかはきちゃうんじゃないかなぁって。うぅ…。そんで、それは少なくとも千早ちゃんが真島くんに気がついて振り返ることになる時よりも早く。

あぁぁぁぁぁ切ねぇー。

それでね、さいごは千早ちゃんにスポットが当たるんですけど、千早ちゃんだっていつまでもカルタバカじゃないんですよ。もちろん、ずっとカルタやってくんでしょうけど、この青臭い青春カルタというか、ちょうどあの何だっけカルタ会のボスの知恵のあるゴリラとかひどい呼ばれようをしていた先生が、これだから高校生は目が離せないとかおっしゃっていた、その特別な時間、というのが、いつか終わりを迎えるんです。そのときに、千早ちゃんにはなにが残っているか。そこにはもちろんカルタ部の仲間が、当然真島部長だっているんだとおもうのですけれども、その時になってはじめて真島部長存在というに気がついて…。となったとして、仮に、なったとしてですよ。仮にですよ。そのときは、もうね。真島部長は、千早ちゃんにね、振り回されてはいないんだ。そこにもう歯車はない。人生ってだいたいそういうもんじゃない?

からね、もうおれはですよ、ちはやふるから目が離せなくなっちゃったのは、決して交わらない二人の人生(っつったら大げさだけどさ、そう見えちゃうんだよね)を見せつけられてるようで。切ねぇなぁって。もちろん、そうじゃなくて、うまい具合になんかいくのかもしれねぇ。それはそれですごくいいってか、その積んだ状態からの一手を(あれ、ここにきて将棋アニメに…)むしろ見せてくれって期待もあったりとかもするし。ただ、おれは、おれの中では、そういうのはもう絶対交わらないまま平行線ってか、平行ですらなくてねじれてるって言うか、自分経験上そういうことになってるみたい。なんかみてて色々長い間使っていなかった感情の箱があくのな、具体的になにがあったとかじゃないんだけど。だからこっからどうなんのかなーって、興味津々。真島ぶちょー、もうさー、千早ちゃんとかいいからさ、後輩の名前忘れちゃっけど、あ、すみれちゃんか(ニラちゃんかじゃねぇよ…もう千早ちゃん最高だぜ)、あの女の子とかと付き合っちゃえばいいじゃん。別にやけでってわけじゃないんだよ。あの子だってきっとすごくいい子なんだぜ。じゃなきゃもう苦しすぎるわ。

2010-11-23

小学校の思い出

ぼくは学校がすきです。ともだちがいるし給食もおいしいのでたのしいです。でもひとつだけいやなことがあります。それはいじめです。

ぼくはいじめられたことはありませんが、3年生のとき、ともだちのたかはしくんがいじめられましたたかはしくんは学校に来なくなりました。ぼくはいまでも遊ぶけど、たかはしくんはがっこうの話をするとかなしそうな顔をします。だからぼくはいじめがきらいです。

4年生のとき、クラスメイトのおかだくんがいじめられていました。ぼくはいじめをやめさせようとしました。でもどうすることもできませんでした。いじめっ子のいわたくんに話しかけても話を聞いてもらえません。おまえもいじめてやるぞと言われるだけです。いじめを知っているクラスメイトに話しかけても同じでした。自分いじめは好きじゃないんだけど、つぎに自分いじめられるのが怖いから知らんぷりしなきゃいけないんだと言われました

おかだくんも学校にこなくなりましたいじめがはじまってから止めるのはむずかしいとぼくはわかったので、つぎのいじめられっ子が決まるまえになんとかしなくちゃと思いました。そんなとき社会の授業で国連のことを習いました。これだ!と思ったぼくはさっそくクラスメイトを説得しにまわりました

クラスメイトを説得してまわってから1ヶ月後。いじめっ子のいわたくんはまた誰かをいじめようとして、ターゲットをさがしはじめました。そしていわたくんは、ながたくんをいじめはじめました。でも今度はいままでとちがっていました。いわたくんがながたくんをいじめると、いわたくんの教科書ランドセルがかくされたり、いわたくんのつくえ落書きされるようになりました。やったやつだれだよ。おまえか。おまえか。いわたくんはまわりのクラスメイトにどなりました。でもみんな知らんぷりです。みんなもだれがやったのかなんて知らないんですから。

ぼくがみんなに説得したのはこういう内容です。みんなもいじめがきらいなら誰かがいじめられたらいじめっ子に仕返しをしようよ。それにこれに入れば自分いじめられたとき、みんながきみを助けてくれるんだよ。やることはかんたん。ぼくが今度、いじめ同盟に入ってるクラスメイトリストを持ってくるから、その子がいじめられたらいじめっ子に仕返しをするだけ。仕返しといっても本人にちょくせつやるわけじゃないか大丈夫だよ。本人がいないときにこっそりひとりでやるんだ。あとぼくに何か相談があるときもひとりっきりできてね。

みんな半信半ぎだったし、なかに同盟に入らないでようすを見るだけのクラスメイトもいたけど、いじめっ子のいわたくんがいじめられるようすを見てからは、じぶんも同盟にいれてもらおうといそいでやってきました同盟に入っていればみんながまもってくれるけど、同盟に入ってなければだれもまもってくれないのが、よくわかってたからです。

いわたくんは学校にこなくなりました。まずはじめに教科書をかくしたのはぼくだけど、それ以外のことは知りません。半信半ぎだった同盟が本当に実行されているのをみて、みんなすすんでいじめるようになりましたランドセルカッターでぼろぼろにしたり、机にマジックでわるぐち書いたり、体操服をトイレのべんきにつけこんだり。あのつよいいじめっ子自分の手でいじめることができるのがみんな楽しいようでした。

それからはいじめはありません。いじめっ子もいなくなりました。いたのは、こんなすばらしい同盟のわるぐちをいったわるいクラスメイトだけです。いじめかどうかを決めるのは同盟をつくったぼくです。みんなぼくにいじめかどうかを聞いてきます最初にきめたように相談するときもみんなひとりです。だから他のクラスメイトと一緒にぼくのわるぐちをいってたわるいクラスメイトもすぐにわかりました。そしてわるいクラスメイト学校にこなくなりましたいじめっ子も、わるいクラスメイトもいなくなって、クラス平和になりました。これがぼくの小学校の思い出です。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん