「絶望」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 絶望とは

2019-01-20

anond:20190120075131

楽しんで絶望してくださいって感じやね

45歳でジャニーズ退所ってどうなんの

絶望しか感じない

金髪ハイネケン豚野郎絶望女性の夢を見ない

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59443

まず、この文章論点がとっちらかっていて何が言いたいのかわかりにくい。

「大柄」は、そこに恐怖を感じたという表現が後に出てくるからかるとして、「40前後」「金髪」という形容必要か。

こうした特定の要素を持ち出すことにより、「40前後」「金髪」というクラスタ攻撃する意図を感じてしまう。

このように書くと、「40前後」「金髪」が問題であるかのような印象を受けてしまう。ITジャーナリスト金髪豚野郎を思い浮かべてしまい、頭から離れなくなってしまった。

ハイネケンを飲むような金髪豚野郎は許せない。筆者のそんな強い思いがビンビンに伝わってきた瓶ビールだけに。

ハイネケンを飲むようやつは最低である。男は黙ってバドワイザー? よほどハイネケンに恨みがあるらしい。

無駄クラスタ特定して恨みを飛ばすので、本編に入る前にうんざりしてしまった。もう「ハイネケンを飲んでる金髪豚野郎は最低だな」で終わらせても良いかと思ったくらいだ。

まあ、めげずに読みましたよ。しかし、終始主観的感情しか語っておらず、筆者自身もおっしゃる通り「それが何か?」としか思えなかった。

私ですらそう思ったのだから、この方が怒りをぶつけたい「女性をモノ扱いする男性」たちからすれば、「女に生まれたことを自己嫌悪しているのかな?お気の毒さま」くらいにしか思わんのではなかろうか。

少なくとも、何を怒っているのかわからないはずだ。そのくらい常識で考えろ? 空気を読んで察しろ? 無理でしょう。それができるくらいなら、彼らは最初から女性無礼などはたらかない。

もし、私が筆者の立場だとしたら、酔っぱらい中指で差されて「3番」と言われたら、「酔っぱらいウゼえ」と顔をしかめて終わりである

こんなに何日も何日も恨みがましく思い続けて、あまつさえ文章に起こしてハイネケン名誉を傷つけてまで記事にしたりはしない。

私が男だからからない? 他人から? そりゃそうだ。他人が何を感じたかなんてわかりゃしない。男だ女だというのは大して関係ない。他人気持ちはわからない。

もちろん金髪ハイネケン豚野郎にもわかるはずがない。ましてや、そいつ酔っ払いだ。自分自身言動さえも制御できていない。もしかしたら記憶にすら残っていないだろう。

これは、ハラスメントにも通じる。ハラスメント加害者は、その多くが自分行為ハラスメントだと理解していない。自然生活する中で、ハラスメントがにじみ出るのだ。

なぜなら、何をもってハラスメントなのかは、時代によっても違うし、環境によっても違う。それを受け取る人によっても違ってきてしまう。

例えば、私が生まれるずっと前の通勤電車は、女性が一人で乗ることはほとんどなく、もし乗車したなら100%痴漢に遭うことを覚悟しなくてはならなかったそうだ。

電車に乗った時点で周りの男がほとんど全て痴漢をしてきたらしい。それは、悪いことだと考えられておらず、一人で乗ってきた女性が悪いという感覚だったらしい。

私が若いころでも、未婚の女性に対して「行き遅れ」みたいなことが会話の中で普通に出て来たりしていた。女性の前で卑猥なことを言ったりね。

今だと「女子力がある」みたいな言い回し普通に使われているが、これもセクハラ発言と言われるようになってきている。(LGBT的にも問題がある。)

何が言いたいかというと、ハラスメントは、被害者が「嫌だ」と意思表示をしないと改善していかないのである

「察しろ」とか「空気嫁」とか「こんなに呪っているのに」とか、そんなもの通用しない。

怖くても気まずくても、泣き寝入りせずに意思表示していかなくてはならない。

もっとも、ハイネケン豚野郎は酔っていたようなので、言っても無駄だったかもしれないが。

そういう意味では泣き寝入りしたくなかったからこのエッセイを書いたのかもしれないが、こうやって感情的になって呪詛を吐き出すような文章は、読み手が素直に受け入れ難い。

ましてや、増田などではなく歴としたゲンダイ記事である。しっかりと要点を整理して、他人にも何が問題かわかるように論じるべきではなかろうか。

ぶっちゃけて言ってしまうと、「やはりフェミニストヒステリックで話しても無駄」と感じてしまった人もいるのではないか心配している。

世の男性の多くは話してわからないケダモノではない。

話せばわかるが女性が話してくれないかわからんのだ。

私たちエスパーではないから、他人の心の中は容易に理解できない。

ちなみに、私の元カノはMっ気があったので、「もっと乱暴にしてほしい」とか「縛ってほしい」とか「なじってほしい」とか、よくリクエストされていた。

そういう女性がいるのも確かで、そういう女性とばかり交際している男性がいたら、そりゃ女性に対する敬意が失われていくのも無理はない。

やはり、一人ひとりが嫌なものは嫌だと意思表示していくことが重要ではないかと思う。「言わなくても察しろ」は乱暴

2019-01-19

腐女子カーストはあるとして、男オタクカーストはあるのか

件の漫画で一番しんどかったのが、最近はおしゃれな腐女子が増えている、見た目が酷い女子オタクは減少傾向にある、のくだりで

「えーッ よくそのカッコで出歩けるー!!」のセリフ

私は腐女子(BL好き)ではなく女オタク(百合/漫画/ゲーム好き)なんだけど、

容姿コンプレックスがあることと、ごく普通女子とのコミュニケーションが苦手(目を合わせられない、お世辞の可愛いに対しての正しい返し文句がわからない、根暗であることをいじられる)であることをきっかけにオタク趣味に傾倒したので、

せっかく見た目の無い世界に逃げてきたのに、結局見た目はどこまでもどこまで行ってもついて回るんだ……って強い絶望を感じた。

オタクの皆さんにも見た目のマウンティングカーストはありますか。

女性弱者男性をいたぶる構図がよくわかる

見知らぬ金髪男性から「単なるモノ」として見られた私の絶望

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/59443


悪いのは金髪男性のはずなのに店員の兄ちゃんまで悪モノにされて笑った(笑えないけど)

ようは自分差別を受けて戦えないから別の弱い人間を叩きのめしストレス解消してるんだよね。

なんで兄ちゃんと一緒になって戦えなかったんだろう。

戦えなくてもなんで兄ちゃん共感できないんだろう。

本当は共闘できたはずの人を叩いて、分断して。

この記事を見てると社会からマチズモを緩和する、失くしていくことがどれだけ難しいのかわかってくる。

しろ俺も絶望したよ。


まぁ社会なんてこんなもんなんだろうね。

若いセックスレス女性と話をした

※ この話は、特にセクシー記述もなければ、展開もないよ。

20代後半の既婚の女性と知りあって、話をした。

継続的に話をする中で、女性は長い間セックスレスという告白をされた。

ご主人に何度もお願いしてもダメなんだそうだ。

あ、これは何かのフラグなのかなと思ったのだけど、そういうことではないらしい。

誰かと触れ合いたいけど、他の人とセックスをすることは倫理的に許せないとご本人は泣いていた。

今後何十年もこの悩みを抱えていくと考えると絶望する、と悲しそうな笑顔を見せた。

綺麗で、ある意味褒められるような倫理観を持っている女性が、幸せ結婚をした後にこんな状況に陥るのか。という驚きと、

浮気離婚もしたくないという場合、この牢獄からは抜け出す術はないのかなという感覚があった。


この話はどこにもいかない。

「お前がしたらいい」という話や、「セックスレス離婚理由になり得る」という話も、今は必要無い。


ただ、とても悲しい話だなって思ったことと、気付かないだけでこういった涙はたくさんあるんだろうなと思ったというだけ。

映画刀◯乱舞を観てきて

絶賛の声しかないツイッターからも逃げてきた。

合わない。全然合わない。

戦隊モノも好きで観てるし。

2.5はステもミュも大好きなのに。

絶望感抱えて映画館出てきた。

多分1番大きいのは刀◯テと別本丸って言いながら、◯テの美味しいところだけ持ってきてる感が拭えなかったから。

ラストで足元がグラグラした。

別って言ってたのに。

みんな絶賛してるけど、私は無理だった。

いいな。私もただ楽しみたかった。

2019-01-18

私のなかで毎日私が死につづけている

 トランスジェンダーという言葉すら長いこと知らなかったし、いまだに自分がそうなのかもよくわかっていない。伏線のような違和感は至るところにあったが、これが本当にそうなのだ、という確信を得られたことは一度もない。いわゆる「男体持ち」として生まれ差別的蔑称であるらしいことを知ってはいても、響きがかわいいよな、軟体動物みたいで、と思うことがわりとある)、当然のように男性として長いこと育てられてきた。私の実名には「お前は死ぬまで男として生きていくのだ」というメッセージ刻印されている。「剛」「太郎」「大輔」みたいな雰囲気言葉ミキサーにかけたようなものと思ってもらえばよい。最近の子供の名前ランキング中性的名前が多くて、本気でうらやましくなる。DQNネームの話しかできないおっさん、逝ってよし。

 ツイッターというのは便利なもので、トランス女性自分が女風呂侵入する性犯罪者予備軍ではないことをマジョリティ証明しなければ生きる資格がないっぽいという知見を得られたりもする。へえーっ。関係ありませんが、個人的風呂の♨想い出♨を書きます。小中高と継続していじめを受けていたので、解離状態っていうのか、はっきりとした記憶ではない。ぼんやりとした空白感のなか、自分は二十代になってからまれてきたような感覚がある。断片的で雲のかかった記憶のなかでも、はっきりと覚えているのは男子寮男子風呂のこと。

 家から離れて全寮制の学校に入れられていた時期、この頃のいじめはかなりきつかった。学校でのいじめが寮まで継続するので、二十四時間どこにも逃げ場がないのだが、特にきついのが、時間制で必ず入らないといけない浴場で……書こうと思ったがやっぱり書けないので詳細省きます。私は男子風呂に入るのがいつも異常につらく、その原因がずっと分からなかった。他人の裸を見るのも、自分が見られるのも好きじゃない。この嫌悪感それ自体は、性自認に関わらずわりと見られることかもしれない。しだいに風呂からは足が遠のき、体臭に関するあだ名を無数につけられ、だからといって浴場に行っても時間制のためほとんどの場合いじめメンバーに遭遇し、脱衣場で半笑いのささやき声がうずまき、例のあだ名と笑い声、その後は誰でも想像がつくようなひどいことをされ、その繰り返し、要するに地獄であったわけです。

 性自認に関する違和感はいくらでもあったはずなのだけど、いじめを受けていたせいで、かえって「なぜ男子浴場が不快でたまらないのか」の違和感は別の問題に棚上げされてしまった感がある。自分は生まれつき風呂が嫌いなのだと思い込もうとしたけれど、転校してからは、家の風呂ならいくらでも入れることに気づいた。男/女限定風呂場という場所は、「どちらでもないかもしれない人」が社会的存在しないことになっている。そんなところ、私はわざわざ自分から入ろうとは思いませんが、強制的規則によって毎日放り込まれ場合、ごらんのように悲惨なことになるわけである。誰も見ていない実家の一人の風呂場は、どちらでもないかもしれない人がそのまま入れるのだな、という当たり前のようなことに気づいたのは、ようやく最近のことだった。

 ある時期までの私は、自分とは生まれつき髪型にも服にも興味がない人間なのだと思いこんでいた。そんなことに悩むのは時間無駄死ぬまで自分には関係のない問題なのだと。個人的ひとつの転機は、近所の理髪店改装して遠方に引っ越したこと。髪は自然と伸びてくる。ある日、鏡を覗き込んだ自分は、はじめて何かに気がついた。この肩まで伸びてる黒いやつ、これって意外と……いやいやいや、確かに爆発に巻き込まれ金属バット丸坊主じゃない方みたいな感じではあるけど……フーーン、でも、いいんじゃないですか、ねえ? 試しに髭を剃ってみる。おやおやおやおや?? これはいったいぜんたい、どういう種類の感情なんだ???

 このとき気持ちを誰かに伝えられたらと思うし、わかってたまるかという気持ちも少なからずある。はっきりとした絶望は、親にバレない範囲で、下着などから女装をはじめたときのことだ。ずっと、服に興味がないと思っていた。なのに……ずっとすぐ近くにあったのに、毎日ここを横目で素通りしてきた。女性用コーナーには、自分がずっと着たかった服が無数に並んでいた。「そうなれば話は違う、ここに並んだ大量のおつまみがすべておかずとして立ち上がってくる」!!!! 黄金でできた大陸を見つけたような境地。そして、その気になればいつでも手が届いたかもしれないのに、ここにある小宇宙のような無限のかわいさを私が着てきた過去はこれまでほとんど存在してこなかったという事実ディック短編みたいな悪夢。私はずっと、私として生きたことがなかった。ずっと他人身体で、他人人生を送ってきた。……こんなことってあります? まあ、あるんですけど。

 そして、私はいまだに他人人生を送り続けている。誰にもこのことを相談したことがない。〈消えた天才〉を見ていた母が横目で、「あんたが女だったら、私の夢を無理やり投影してたかもしれないわ」などと言う。「男でよかったわあ」。苦笑いする。この微笑みは〈わかってたまるか〉寄りだ。親の扶養ぬくぬく実家の飯を食い、その代りに心の自由を売り渡し、ちんぽのぶら下がった肉体を着たまま大学に行き、男子トイレウォッシュレットを最強設定にする。大学を離れ、いつか一人暮らしができれば、ホルモン治療やら手術やらができて、現実人生が始まるかもしれないのだが、ただでさえ不景気なのにトランスが就ける職はろくにないというウワサであるし、そこまで辿りつけるかは不明。髪を束ねて、髭を剃り、周りをキモがらせない程度の微妙なかわいさである髪留めを装着し、なんとなくキショいけどどちらかといえば男だよなって感じの顔で毎日歩きまわる。トイレの前で、たまに立ち止まる。少しずつ自分が嫌いになる。

 人生は日々、すり減っていく。制限時間が近づいてくる。いじめから遁走した転校のときごっそり遅れた年次と限界になった休学が挟まり、すでに私は25歳になりつつある。私はまだ、生まれてすらいない。

anond:20190118104400

ガジェオタは大体浮気してsurfaceとかを買うのは良いが色々あって絶望してAppleに戻るってのを繰り返すからだよ(マジ)

NGT48メンバーへの暴行事件

自宅も実家もばれて安全な居場所がなく、グループ運営会社はなんら対応をしてくれずに被害隠蔽され、犯人は不起訴釈放

ファン向けのメールマガジン検閲をされ送れない

声を震わせ涙を流しながら告発したライブ配信もぶつ切りで強制終了

そして被害を公にしたこと謝罪させられる

こんなひどすぎる

暴行で口を塞がれたのみならず助けを求める声までもが封じられるなんて、彼女の恐怖と絶望がどれほどか想像もできない

告発配信の「真面目にやってる子たちが私と同じ怖い目になるのはもう耐えられない」という彼女言葉通り、けっして繰り返させちゃいけない

そのためにはしっかりと原因究明と再発防止策をしてほしい

第三者委員会日弁連ガイドラインに沿ってきちんとやってほしい

メーデー航空機事故調査TV番組)並みにやってほしい

ただね、正直信用してない

事件当時の支配人説明しないまま異動になってるし、事件に関する初めての記者会見成人式イベントのついでだし、対応が後手後手なせいで噂や憶測がえらいことになってる

黒い噂を抜きにしても運営とことんおかしいよ

メディアに大きな影響を持つ会社から都合よく捻じ曲げられないかとか、第三者委員会が本当に利害関係のない第三者なのかって不信もある

調査結果がでるのはきっとだいぶ先だろうけど居ても立っても居られなくて少しでも行動を起こしたいと思い増田の場をお借りしました

偶然これを読む人がいたらおねがい

過去にもいたであろう同様の被害者のためにも、今回の勇気ある告発無駄にしないためにも、これから先同じことを起こさせないためにも、この事件を風化させないで関心を持ち続けてほしい

ねがいしま


最後にまほほんへ

CNN記事にしてくれたか世界中に味方がいるよ

まほほん、一人じゃないからね

大人になったと思ったけど、いろいろこんなにつらいのか

自分が若かったとき大人だと思っていた年齢くらいになった

その時は大人というのは、年齢だけでなくもっと精神的にも成熟していて

仕事平常運転問題なくうまく回る。仕事ができないストレスはない

みたいな存在なんだと想像というか期待していた

しか全然そんなことはない

自分はしっかりやっている、そこそこできていると思っても

周囲からの期待と評価意識してみるとどうやら全然だめだ

年取った分自分にも行動規範とか価値基準みたいなものができ

それが暗に否定されるともうどうしていいかからないようなかんじ

落ち込むし絶望する。昔も同じように感じていたが、今はそれが歳のせいで

修正しにくいような気がして(実際そうだと思うが)危機感を感じる

大人でもみんなそんなふうに感じるのか

周りの大人も辛くて、でも歳のわりにそんなこと言えないから言わないのか

そのへんどうなんだろう

ああ辛い

全く違うことをやってみたほうが良いのか、みたいな半ば逃げな発想にもなる

それなら可能性あるかもしれないし、0からスタートから

変なプライドとかやり方みたいなものはなくガンガン進められるかもしれないと

2019-01-17

留年確定した しにたい

私は留年が確定した4年生だ。しにたさ以外の感情が持てずにいる。しにたい。学費を捻出してくれている両親に今からなんて言おうものか。

留年の要因はなんてこともない、テスト受験することができず、単位が入手できなくなることが確定したためだ。

テストを受けることができなかった原因というのは、テストの時期になると時間割が変化するということを失念していたという、自分能力不足によるものである

本当に私はクズだと思う。バイキンで、存在のものが悪。

昨年失恋就活を契機に精神を病んで、半年間休学してからのコレということで、もう自分では「しにたい」の四文字以外にどう表現すればよいのかわからない感情に心が支配されている。しにたい。

両親になんて言われるんだろう。周囲の人たちに知れ渡ったらなんて感情を持たれるんだろう。能無しだとか、失敗作だとか思われるのかと思うと、ひたすらにしんしまいたいという感覚が心の底から間欠泉のように攻め上がってくる。

再び病気にすらなりながら獲得した内定先には辞退の断りを入れた。特に相手方が引き止めてくれるということもなかった。涙が止まらない。

学費はどう捻出しようか。9月卒業するとして、次年度が始まるまで必死に働けば前期分なら間に合わせることができるだろうか。生活費はどうしよう。

将来はどうなるんだろうか。就活なんてもう本当にしたくないがまたしなくてはならないのだろうか。ああ…

どうして私の人生はこうもままならないのだろう。親による虐待と周囲からいじめの日々から、あの地獄からやっと、やっと抜け出せると思ったのに。

何をやっても人並みのことができない。どこへ進もうといつもその道は遠回り。しにたい。しにたい。本当は悔しくて悔しくてしにたくなんかないけど、この恐怖と絶望からすくい上げてくれる薬が死しかないのであるならば、私はそれを救済として受け入れるしかないのだろう。

希望が欲しい。生きたいよ。

anond:20190117150608

phpが使えない人生を選んだ時、使えるのは perl だけと知ったら絶望しそう・・・

anond:20190117062603

絶望の朝を感じる前にもう一度目を閉じるんだ

願わくばそのまま目が覚めないように

しあわせな夢だけを見ることができるように

アニメドラマを毎週待って見るというスタイルはもうキツいな(個人的に)

なんというか、毎週待たされた挙句酷いオチだと若い頃なら「酷いもん見たな……仕方ない、違うの見よう」と切り替えられるけど

今だと「(1クールなら)今まで待つだけ待った三ヶ月間返してくれ…」という絶望的な気分になる。

そういう意味では円盤やら配信やらで全話終わってから一気見すると色々と楽で助かる。

こういうのを考えると、Netflix等でやっている新作だけど全話一挙配信はとても理にかなっているなと思う。製作側は大変だろうけど。

2019-01-16

私とアニメ

私が子供の頃、スレイヤーズNEXTが午前5:45から放送されていた。

私の住んでいる地域にはテレビ東京系列局がなかったのが理由だ。

新世紀エヴァンゲリオンについては、深夜に放送していたのを覚えている。

私はテレビ東京存在を知ったとき、私の地域アニメ放送されていないことに愕然とし絶望した。

当時なぜテレビ東京系列アニメを早朝や深夜に放送したのかは疑問に思っていた。

例えば、ロストユニバースや、フォーチュンクエストなども放送されたのだが選定の理由が今でも知りたいくらいだ。

なお、仮に放送されたとしても、テレビ東京放送された回よりも遅れて放送するのが常だった。

私は地方在住であることが悔しかった。それと同時に関東在住者が羨ましかった。

私が見れないアニメをたくさん見ていると思うと悔しくて羨ましくてたまらなかった。

VS騎士ラムネ&40炎が観たかった、セイバーマリオネットJが観たかった、アキハバラ電脳組が観たかった

少女革命ウテナが観たかった、エデンズボゥイが観たかった、星方武侠アウトロースターが観たかった

エルフを狩るモノたちが観たかった、はいぱーぽりすが観たかった、ふしぎ遊戯が観たかった

バトルアスリーテス 大運動会が観たかった、万能文化猫娘が観たかった、TRIGUNが観たかった

ロードス島戦記-英雄騎士伝-が観たかった、時空転抄ナスカが観たかった、ヴァイスクロイツが観たかった

SHADOW SKILL -影技-が観たかった、快傑蒸気探偵団が観たかった、ゴクドーくん漫遊記が観たかった

天使になるもんっ!が観たかった、仙界伝 封神演義が観たかった、セラフィムコールが観たかった

沢山のアニメが観たかった。

アニメージュやアニメディアなどの雑誌掲載されているのを見て本当に羨ましく思った。

私と似たような思いをした地方在住の方は多かったのではないだろうか。

だが、そんな羨ましい気持ちにもピリオドが打たれた。

それがインターネット、今の時代だ。

今の時代では様々な動画サイトアニメが観られるようになっている。

一挙放送なんかもたくさんやっている。実に素晴らしい時代だと思う。

私が子供の頃はテレビ放送されていなければ見ることができなかった。

それが今の時代ではインターネットで視聴できる。素晴らしい環境だと思う。

私は、私がアニメを見られなかった日々を忘れない。

忘れられないからこそ今の時代が素晴らしいのだと思える。

地域間での不平等が「ほぼ」解消されたのだから最高だと思っている。

地方に住んでいることを恨めしく思うこともなくなったのも素晴らしい。

おかげさまで私は、転生したらスライムだった件ゴブリンスレイヤーゾンビランドサガなどを

観ることができるのだ。素晴らしいだろう。

私はこれからアニメを見続けるだろう。

なぜなら私はアニメが大好きだからだ。

アニメをたくさん見られるような世の中になって、私は今幸福だ。

すっごい不謹慎だけど

今回のNGT騒動とかNMB引退騒動起こした人(名前忘れた)とかのツイートに対するメンション見て、今までファンだった人の失望ツイートとか検索するのめっちゃ楽しい

今まで金も時間も注ぎ込んで応援したアイドルに裏切られた絶望、それでも最後まで信じたいという葛藤、憎さ百倍で猛烈なアンチツイートとかしてるのめっちゃウケる

大人は全員絶望しているわけであって

 若い中学生とか高校生がやっていない時点で終わっているし、悪い大人がさせないように

しているんであればなおのこと悪い。まだ絶望してない若い人に、どんどん食べさせて勉強

させてまた昭和みたいな奴を違った形でやればいいんだけど、そうなるようにしてないし

何か悪い奴がいるんだろ

俺の若い頃なんか、頭のいいジジイは、俺らはもうできないからお前らがやれみたいな感じだったか

若者が、うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおってトチ狂って、夢求めて自然に興奮して

やってたけど、今はそうしてないか若いのが狂わないし、萎え

今年のセンバツ中四国枠どうなるんだ

創志西くんは絶望的っぽいが

2019-01-15

anond:20190115222550

支配自殺生活保護

支配

ゴミゴミ

>暴れまくって、支配裁判官検察官発狂

キチガイ廃人自殺暗殺、他殺

>暴れまくって、ガチヤバ系、裁判官

くそ偉い人、苦死、キチガイ

>暴れて、正義をやってやってやりまくって、日本を一気にまとめあげたリーダー

絶望マリアナ海溝よりも深く、憎悪しか

トップリーダー死ぬほど貢献、人生絶頂

>凄まじいキチガイ

日常的にこういう刺激的な言葉を散りばめなければ話を聞いてもらえない環境にあるというのは辛いことだと思いました。

本当に社会支配できる裁判官はいなくなったか、いても自殺たか、生き延びた奴は生活保護を受けている

 結論から言えば現職の裁判所には何もないし、支配してないし、かつてどっかの社会で生きててそんときにつけた

文章作成能力適当感想文書いてるだけのゴミ利活用して社会形式を整える仕事しかしてないしゴミしか残ってないし

本当に暴れまくって社会支配してやろうという裁判官検察官は、発狂してやる気なくして色々な事件起こしたりして

退職してもう人生どうでもよくなったキチガイ廃人になっている。中には自殺した者や暗殺、他殺されたのもいる。

本物で、本当に昭和時代社会で暴れまくって活躍して、一時代を築いたガチヤバ系の、ガチでやっていた裁判官

くそ偉い人は、仲間の減少や不人気のために苦死したりして、全員、もう人生投げたキチガイになった

昔さんざん社会内で暴れて、正義をやってやってやりまくって、この日本を一気にまとめあげたリーダーを務めていただけに

インターネットがこのようになったおかげでその絶望の度は、マリアナ海溝よりも深く、もはや本物系には憎悪しか残っていない

なぜならこいつら、我こそはの者は、若いときに、トップリーダーとして死ぬほど貢献して人生絶頂だったのに報われなかったからな

今は凄まじいキチガイになっている、察しろ

大熊信の記事気持ち悪い

「愛をあるだけ、すべて」というタイトルの大熊信のnoteを読んだが、虫酸が走った。

なにが愛だ。現実は愛ではどうにもならないんだよ。

理想を語るのは誰でもできる。綺麗事を語るのは誰でもできる。

この記事女性が書いてたらまだ耐えられていた。産んでもない父親が愛を語っていたのが気持ち悪かった。

そして、自分の子どもが障がい者になってからでないと、障がい者自体意識できない人間が多いことにも、絶望した。

大熊が障がい者障害者と書いていることも笑った。よくそれで編集者やってんな。

理不尽世界と分かっているのに、子どもをこの世に産み落とすことも意味がわからないし、この記事に感動している人間24時間テレビを観て感動している人間と一緒だ。

他人である傍観者にとって、障がい者とその親の話は美談コンテンツ感動コンテンツらしい。お気楽いいね

なあ、新人、お前は十分よくやっているよ

もうすぐ1年目も終わるな。

周りの奴らの中には「あとちょっとで2年目なのにこんな簡単なことも出来ないのか??!!」って平気で行ってくる奴もいるだろ。

そうやって言われ続ける内にお前も「なんで俺はこんな簡単なことも出来ないんだろう……」ってみるみるやる気や自信を失っていることだろう。

あのな、お前は十分にやってるよ。

お前がやっていることは確かに一見すると大したことねえよ。それは事実だ。

でもそれでもお前が十二分によくやってるよ。

お前が今やっていることが上手くいかないのは、お前がそれを上手くやるための手段が不十分だからだ。

そして、その責任会社上司や先輩や、ないしは誰の責任とも言いようがない所にある。

お前がそれを気に病むのはただメンタルを損失してるだけだ。


たとえば、今NHKでやってる大河の中で滅茶苦茶走って通学してる人がいるだろ?

お前があれみたいに毎日走って通勤するとしたら、20kmぐらいの距離でも十二分に地獄だろうよ。

でもお前が自転車に乗ってればまあなんとか耐えられる程度の距離にもなりうるし、電車や車で通勤するんだったら何の問題もないような距離になる。

お前は今、その道を必死に走っているようなもんだ。

それを毎日電車に乗って通勤してる奴らが「なんでアイツは20kmの通勤がそんなに辛いんだろう……なんでこんな事にそんなに時間がかかるんだろう」とか抜かしてるのが今の状態だ。

遅くて当然なんだ。

遅くてもなんとかそれで食らいついてる時点で十分凄いんだ。

それが分からない奴らは、単にもの考える力を失っているだけだって割り切っちまえ。

ゆくゆくは手札を揃えてまともに勝負できるようにならないといけないし、その手札も自力調達できるぐらいになる必要はある。

でもそれはもっと先の話だ。

今すぐやる必要はない。

まだまだ焦る必要はない時期だ。

そこで焦ってくたばるのは単なる損失だ。

貰っている給料に対する裏切りだ。

お前を裏切らせようとしておきながら、そんなお前を裏切り者と呼びたがるキチガイが身内にいる不幸に絶望しなきゃならないだろうが、それは受け入れるしか無い。

世の中の職場はたいてい地獄なんだ。

なぜなら渡る世間は鬼ばかりから


おあとがよろしいようで

給料が上がらない

俺は中小で働く新卒採用マン

給料が据え置きな現状に暗い展望しかみえない。

最近気づいたが新卒は一握りのとても優秀な人物を除いて、ほとんどが雑用で終わる。その雑用から評価も低く、チャンスすら与えてもらえない。当然給料もひくい。よって将来に絶望したできる奴ほど転職していくようだ。天才レベル会社が残す。

一方で人手不足中途採用が増えている。中途組はスキル関係なく、なぜか給料が高い。それゆえ雑用はなく前向きな仕事が多いようだ。前向きな仕事から評価もそこそこで元々高い給料さらに高くなる。

新卒派遣として扱っている今の会社がにくい。

早く転職しよう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん