「引きこもり」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 引きこもりとは

2017-09-21

ソシャゲしかやることがないという人。

実際は自分視野がそれくらいにしか広くないという証明をしているだけだよね。

自分自分視野を狭めて、やることがないーやることがないーって言ってるから無駄課金を続けるんだと思う。

引きこもりニートとおんなじじゃん。

2017-09-18

https://anond.hatelabo.jp/20170918103237

うるせーよこの糞引きこもり

男モンの下着を買う女、女モンの下着を買う男、常識的に考えて、どこにでも山程いるわ

世の中の99.999%は、お前ほど自意識過剰じゃないので、世の中はお前のような異常者に付き合う義務はない

2017-09-17

かのぼるにも限りがあって何処かにまとめられているわけでもない

長期引きこもりでもして張り付いてないと分からない用語でやり取りすること自体嫌がらせだと思うが…

そもそも造語も言い換えも必要無い話題なのに無駄創造性発揮してどうする

anond:20170916102756

問題は使えるか使えないか、だからね。使えるのなら喜んで雇用継続するんだけどね。

もともと引きこもりというマイナスしか持っていない人をプラスにする為に育成に力を入れたのに

それがちょっと指摘された事に気に入らないと腹を立てて辞めるというのが若者の特徴になってしまうのなら、

しかしたら日本人雇用しないという事につながってしまうかもしれない。

まぁ、それほど日本人は愚かでもなければ、若者も愚かではないのも事実だよ。

今回はたまたま、使い物にならないハズレを育成しようとしてしまったという結果だね。

ただ…これは今回の勉強として受け止めるから、今後はこのタイプ雇用は難しいかもしれない。

慈善事業でもないし、本人が言葉で小突かれた程度で泣き言うようじゃ、企業側もやりようがないもの

2017-09-16

20代も終わりの人がうちに面接にきた。

今まで働いたことがまったくないらしいその履歴書は清々しいくらい真っ白だった。

履歴書自体を書いたことがないらしく、見本を見ながら書けばいいものなのに

学歴も書いておらず、職歴も書いておらず、志望動機も働いてみたかったのみ記載

資格も何も持っていないのは良いけど、自分の住所すらまともに書けない人が入れて当たり前の顔で我が社にくるという不思議

面接では目を見て話すこともできず、質問には答えられず、椅子にかけるときも帰る時も一声入れるのもできず、

敬語もしどろもどろ、こんな人がいるんだなと思ったが。

これが引きこもりからの脱却になって、頑張れるのなら教えていこうと試用期間で色々教えていくことになった。

が…いざ実践でお客さんに間違いを指摘された事が気に入らないと辞めていった。

うちは時間に終わって、残業もなく、給料は別としても退勤後は自由時間満喫できるようにしてる会社

そんな職場でもろくすっぽ働けないとは…。

やっぱりある程度バイトなり、常識を学んでないと使い物にならないね…。

こちらもいい勉強になった。

今後はこういう引きこもりニート入社させない。

2017-09-15

anond:20170915061235

子供のうちに自立支援してあげなよ

学校に無理に行かせろっていうことじゃない

医者カウンセリング行ったり

特殊学級とか引きこもりワークショップに行けるようにしたりさ

親が立ち直る道筋作ってやらないと

子供自分でなんとかすることなんてできないのだし

中学で引きこもった30過ぎてニートが身内にいるけど

年齢がいくほどに何を始めるのも困難になる

本人にとっても家族にとっても負担が大きくなる

なるべく子供のうちにどこかの社会に関わる活動

参加できるようにフォローできたらと思う

休ませるな厳しくしろと言ってるのではなくて

立ち直るにもそのきっかけと道筋がないと

そのきっかけをなるべくいろいろ提供してやれたらと思う

自分メンタル病んで引きこもった時期がある

長く休んだ後、社会復帰するのはやっぱり負担大きいよ

でも数年なら、それも子供のうちなら、対応やすいと思う

2017-09-12

プログラマーに向いてると思っていた

子供の頃ゲームクリエイターになりたかった。

中学高校時代ゲーム製作部(もちろん仮初の名はコンピューター研究部だ)でエースポジションとして活躍していた。

そして調子に乗り専門学校に入り、

プログラマーになり、

た。

挫折した後は数年引きこもり、もうプログラムは懲り懲りだと思いながらも、コンピューター知識を少しは活かせる仕事につこうとしてPCセットアップ仕事をしていた。

単純かつ重労働な上に無茶振りが割りと頻繁に飛んで来るのに疲れてそれもやめた。

今はコンビニで働いている。

俺の人生を狂わせたプログラムが許せない。

anond:20170912103426

残念だが君の今後は今の日本社会だとこうなる。

ブランク派遣介護ばっかりの求人でろくに就職できない→就活疲れで鬱、世間体悪く引きこもり→人と喋れなくなる、自然友達が離れていく→いつの間にか数年→自分に自信持てずなかなか結婚もできない→いつの間にか婚期逃してる→仕事結婚も上手くいかず苦悩→精神病みすぎて薬漬け→訳が分からなくなり発狂して電車の下敷きか飛び降りか、衝動的に発作が起きてしま

いか?何でもいいから早く就職しろ!!!やりながら自分探ししろ。本当にこのパターン多すぎる。今から職安行ってこい!急げ!!!

2017-09-11

強みがない

引きこもりでずっとパソコンばかりやっていたかタイピングだけは早いが、業務ソフトプログラムには全く詳しくないので仕事では特に役に立たなくてガッカリされる。

なにか強みがほしい

痩せたい

俺は非常に太っている しかも無色で鬱で引きこもり

やることっていうか「できること」が鬱のせいでなさすぎて

結局過食に走ってしまう 今日セブンで買った蒙古タンメン中本というおいしいカップラーメン

三つ食ってしまった、、朝から

今日もまた、どうせ最悪な一日になりそうだ。

2017-09-07

【アイ増田五十嵐響子政治的に正しくない

五十嵐響子料理が得意で、「お嫁さんにしたい」アイドルという肩書きを持つ。ポリティカルインコレクトの化け物だ。彼女には、消えてもらった方が都合がよさそうだ。

でも、五十嵐響子を消すことは最適解ではない。本当に政治的に正しい決断は、五十嵐響子他者欲望を前提とした料理から解放することだ。

しかに誰かを思って料理を作ることは大事だけれども、誰かを思うことが料理に先立つと、意味合いが変わってくる。この人は料理がしたいのではなく、作らされている。そう思えてしまう。

「私は料理が好きだから作る。相手がそれをどう思おうと関係ない。」

そういう気持ち料理に向き合えば、ポリコレ棒で叩かれることはなくなる。

あと、料理が得意なことと結婚することに関連性はない。スキルだけで結婚が決まってたら、今頃、全国の料理が得意な引きこもり結婚してる。

もし五十嵐響子料理狂人であれば、ワンチャンあるかもしれないが、料理だけでアイデンティティを構築できるほどキャラが濃いわけではない。

五十嵐響子は、そんなにハンバーグが好きなら、餃子声優ならぬハンバーグアイドルにでもなればいいんじゃないかな? お嫁さんになる必要はない。

2017-09-06

父に復讐をした

父に向かって、大学生からずっと、風俗で働いていたことをバラしてやった。

いつも通り、モノに当たって壊して恐怖政治でなあなあに済ませようとする汚い肉塊の動きがピタッと止まったのが面白くて、笑いそうになった。

父は私が生まれる前から風俗通いだの女遊びがひどかった。物に当たる形での暴力が多くて、酒を飲んで暴れるから物心つく前から女と酒の話で家庭内はぴりついていた。

幼稚園も、義務教育中も、すべてにおいての学校行事地域の参画しなきゃいけないイベントだとかに来てもらったことも、お休みに遊びに連れて行ってもらったことも無い。父としてなにをしたかといえば、金だけだと思う。それだって、何度目かの浮気がバレて、厨二病真っ盛りだった私が父の会社に乗り込み受付で父を出さないと自殺すると大騒ぎした際にその場で書かせた誓約書によるものだ。

だいぶ昔に、産まなきゃよかったと言われた。髪を引きちぎられて、湯船に顔を沈められて怖くて、お父さんに殺されると言って警察を呼んだことを覚えている。まずそもそも産んだのはお前じゃねーんだけど。

そこから完全に私の意識はどうにかしてこの男に絶望させてやりたい、の一心だったように思う。

そこそこな高校大学に行って真面目ちゃんのふりをして司書教諭とか教員免許とかもろもろ、色々と資格をとった。こんな人間は人を教える資格がないことは自覚していたので教員にはならなかったけれど、それなりに名が知れている大手就職した。別に自分の育てた子供でもないのに、地元底辺おっさんどもに吹聴して回るこのクソ男が憎くて仕方がなかった。

それでもここ数年は酒の量は増えても女が見当たらなかったから、50手前で離婚のために奔走するのも母が疲れてしまうだろうと思って特にアクションは起こさなかったのに、5年以上前にバレた外人パブの女とまだ繋がっていることが判明した。「◯ちゃん、おやすみ(ハート10個くらい)」のLINE送信せず寝落ちしていたのを見られる、という無様な姿だった。

もう限界だと母が言ったので、それならきちんと腹を割って話しをして終わらせよう。ということになったけれど、あの男は自分存在が上でないと許せない人種で、自分の納得のいかないことはすべて陰謀にする人間であるので、まともに自分の非を認めるはずもない。

逃げに逃げを重ねるのをみかねたので、お前の父親稼業の成れの果ての私はここまで落ちぶれてるんだけど、それでもこんな態度をとるの?と聞いた。

小学生に上がる頃には父に対し憎しみしか抱かなかったこと。友達のお家に土日に遊びに行ってお父さんが普通に在宅している家庭に負い目を感じて引きこもりになったこと。父方の実家に送られた際に祖母や叔母に円満な家庭であると嘘をつくことが辛かったこと。やりたくもない行政書士とのやりとりを代行させられて精神的にストレスであったこと。産まなければよかったと言われた中学生の当時からずっと向精神薬睡眠導入剤が手放せないこと。どのようにして生きれば父に復讐ができるかを考えて、「夜の女にうつつを抜かすなら私もそこで働いてやろうかな、ちょうどお金もないし。」と夜職を選んだこと。

おおかた吐き出してやったのになんにもスッキリしなかった。自分のやって来たことに対しては顧みず、ただ自分の娘が夜をやっていたこにのみショックを受けているようだった。すべてお前がやったことが原因なのに、本当にクソ男だと思う。

うっかり社会人になったので風俗はやめたけど本当はオナクラヘルスソープと在籍を変えて行って円光もしたし今だってソープから引き抜いた毎回8万くらいくれるパパ(笑)がいる。それでも恥が勝ったのか、ただ風俗で働いた、ということしか言えなかったけど。自分がここで働いたことは別にお前のせいだ、と正当化するつもりはない。ただ、精神的にショックを与えられたらいいなとは思った。

離婚をしたら母の戸籍に入り、やがて母の戸籍からも抜ける。子供も産むつもりもない。正しい家庭と正しい父親を知らないからきっとろくな家庭にならないと自覚している。なにより私は一人っ子から、このクソ男の血縁は私の代で終わらせなければいけないと思っている。

まだ序の口だ。自分のしでかしたこと、20年以上ずっと家庭に与えたダメージを気づかせられている気がしないから、これ以上の絶望を与えるにはどうしたらいいのか、ばかりを考えている。

2017-09-05

引きこもり生活をしている。

寝ていない時はネットで何か見ているが、何を見たかはよく覚えていない。

パッとその気になった瞬間に服を着て、コンビニに行く。

コンビニでは3食分の食糧を買う。

食事する気ににならない日は、砂糖水を飲んで寝る。

さっきコンビニに行った帰りに、道端で隣の家で飼われている猫に会った。

猫はおれにはあまり関心がないのだが、おれにとっては、今日一番いいできごとだった。

2017-09-04

あの時逃げてよかった

高校一年生の4月半ばにして私は学校へ通えなくなった。

いじめられていたわけでもハブられていたわけでもない。

家庭が不安定で、父は何か気に触ることがあると、声を荒げ、物に当たり散らす人だった。

食卓をひっくり返されることは日常茶飯事だった。

母は子どもたちを守っては白い肌にアザを作っていた。

そんな家庭で育った私は妙に達観した子供で、大人におもねるのがうまく、空気を読むのが得意だった。

家庭では自然自分が調整役を担い、何でもない風に明るく振る舞うようになった。

中学校では同年代の子との付き合いに苦手意識がありつつも、部活部長も任されたし、友達とはなんとなく合わせてうまく付き合ってきた。

同級生女子の好む話題に乗れないのと、女子のねっちょりした付き合いが苦痛だった。)

そうやって家でも学校でもいい子の仮面を付けてうまくやってきていたのに、次第に身体の方が拒否し始めた。

大きな物音や男の先生の大きな声を聞くと、震えが止まらなくなった。

次第に朝、息が詰まって動けなくなり、無理やり足を一歩踏み出すたびに涙が出た。

もう無理だった。

当時、たった1年間だけスクールカウンセラーを配置しようという試みが私を救った。

カウンセラー先生は「とりあえず休もうか」と休学を提案してくれた。

行きたくなったらもう一回1年生したらいいんだよ、フリースクールだってあるし、大検受けたら大学にも行けるよ、と。

「このままだとこの子は死にますよ」と母を説得してくれ、私は1年間の休養を与えてもらった。

そして、母もまた父を説得してくれたのだと思う。

1週間に1回、カウンセラーが来る水曜日には登校して面談する以外は、ひたすら寝て、ひたすら本やマンガを読みまくった。

働く母に代わって家事をしたり、一日本屋や図書館で過ごしたりもした。

どう見られているかはあまり気にしないようにした。

誰も何も言わなかった。そっとしておいてくれたことに感謝している。

あるとき学校に行ってみようかな、行けるんじゃないかなってふと思い、次の春から二回目の1年生に挑戦した。

精神的に不安定になることも多かったが、たくさんの先生の助けや、理解ある友人を得て、休みがちながらも卒業することができた。

大学でもカウンセリングを利用して、自分を噛み砕いて受け入れコントロールする術を身に着けていった。

なんやかんやで、就職もしたし、今では結婚して子供もできた。

今では死にたくなることも、精神的に揺らぐこともない。

大人になれないと思い込んでいた、あの頃には信じられない。

一度止まってしまったらなかなか戻れないのが日本学校制度であり、高校ドロップアウトした者が休学留年してまで、やり直すケースはあまりないと思う。

希死念慮自覚していなかったが、ここで止まってしまったらもう将来は無いのだから自分は死なないといけないなと漠然と思っていた。

当時は大人になって社会人になる自分なんて全く描けなかった。

カウンセラー先生はその絶望をすくい取って「ちょっと休んで、力をためて、それから次に進んだらいいんだよ」って言ってくれた。

この逃げは、将来のことを何も考えていない、その場限りの無責任な勧めだとあなたは言えますか?

追記

確かに最後の一文は余計だった。実に創作っぽく見える。

安易に逃げろなんて言うな」って流れにちょっと意見したくて書いてしまった。

家庭環境や復学以降の流れは冗長なので省略した。

もちろん、復学は容易ではなかったし、たった一年で容易に自分が変えられたわけではない。

復学初日自己紹介で「留年して二回目の一年生です」ってさっさとカミングアウトしたら、周りに無駄に人が寄ってこなくて楽だったのは作戦勝ち。

クラス替え初日、仲良く慣れそうな人を見極めババっと磁石がくっつくみたいに、グループ作る流れが苦手だったので。

女子は初めての昼休みに誰とお弁当食べるかがその先を決定するんだよね。

1年の休学という区切りがあったのも良かったと思う。

母も先生たちも一年休学したところで、そのままドロップアウトして引きこもりコースかなって思ってたと思う。

何よりも自分が一番状況を打開しないと、という焦りがあったけど、区切りがなかったら外に出るのが怖くなって惰性で引きこもっていただろう。

逃げる、休む、戦略的撤退でもなんでも、それは一時的もので、元に戻る道、別の道を選んでいかないといけないことには変わらない。

少しずつでも挑戦して、自信をつけていくことが大事で、あまりに長い休養はかえって毒になると思っている。

とにかく私は周りの人に恵まれていたのだけは確か。

でも、自分でも心の許せる人を周りに集めて、自分の居心地の良い環境を作るのが大事だと思う。

優しい言葉をかけてくれる人ではなくて、ときに叱ったり発破をかけてくれる人。

ちなみに父自身も癇癪を抑えられない自分が嫌だったのか、少しずつコントロールできるようになり、力も衰えた今ではすっかりおとなしくなった。

私も父を客観的に見れるようになって、距離を保ってうまく付き合えるようになった。

昔のことは許せないけど、父を受け入れることは私の成長の一部となったと思う。

2017-09-03

小学生に「逃げてもいいよ」と言うこと

魔法言葉だよね。これ言うだけでノーリスクで優しい人アピールできる。

緊急避難死ぬよりマシだからいいだろって言うバカもいる。

でも逃げることを妨げてるのは現実的不安なんだから現実的対策無しでこの言葉言っても無意味なんだよ

例えば職歴なし30代になったらどう生きていくの?

ちなみにこれは俺の状況。

学校逃げた結果、社会的に死んだよ。

無理にでも学校に行っておけばよかった。

食える資格でもとっておけばよかった。

今の状況で残ってるのはキツくて低賃金派遣しかない。

学んだことは低賃金からラクなんて仕事存在しないこと。

低賃金仕事ほど人権が無くなってく。

そして年齢を重ねるごとに更に労働環境は劣悪になっていく

一度ここに落ちるとスキルを身につけて抜け出す余裕なんてなくなる。

中学までは海外文学が好きで読み漁ってただったのに今はもう仕事の後マンガ1冊読む気力すら出ないよ。

人生詰みました。

あ、親が子ども引きこもり無職になっても一生食わせてやるから安心しろ、と伝えるなら有効かもね。

日本アゲアゲが恥ずかしいケース(海軍編)

数年前に流行り、今も続いている艦これのお陰で、日本海軍軍艦が一部で話題になった。

確かに日本海軍世界3大海軍に成長したわけだし、艦にも技術面・戦略面で色々野心的な試みが散見される。


しかし、である

「それで、実際その艦達はどれだけ役に立ったの?」と訊かれると、世界屈指レベルで凄いのはいない」と言わざるをえないのだ。

嘘だと思うなら、艦これ中華パクリゲーとして出発し、今やタバコに対する電子タバコくらいのポジション確立した、戦艦少女wikiでも読んでみるといい。

で、そんなヒマすらない人のために書くと、以下のようになる。


まず大型艦というくくりでのみならず、普通の人にとって軍艦の筆頭として思い浮かぶ戦艦だけど、ビスマルク級ドイッチュラント級フッドクイーンエリザベス級といった欧州勢存在感が輝きまくっている。

次点アイオワ級ノースカロライナ級といったアメリカ艦が来る感じ。

金剛型飛行場を艦砲射撃したけどあっさり復旧された、霧島ワシントンと夜戦で戦って結局沈められた、以外になんかあったっけ?

大和型…と書いて「無駄に温存された挙句ワンサイドゲームで沈められたデカい艦」と読むんだっけ?

長門日本の象徴という名の引きこもりだって同じ象徴艦でも七つの海を行幸し、海戦で華々しく(?)散ったマイティフッドと比べたら格が違いすぎでしょ。


戦艦と並ぶもう一方の大型艦で、事実上現代海戦王者として君臨する空母は、これはもう完全にアメリカ一人勝ち

だってニミッツ級エセックス級比肩する空母なんてある?

赤城加賀蒼龍飛龍は、結局ミッドウェーで「大正義ヨークタウン級に沈められたことが一番大きな記録になってしまっている。

翔鶴型は「数の暴力には勝てなかったよ…」を戦歴証明しただけ。結局太平洋戦争MVP瑞鶴じゃなくてビッグEだったわけだし。


最後中小艦艇だけど、これまたアメリカフレッチャー級タイコンデロガ級だけでお腹いっぱいという現実

特型陽炎型?雪風みたいなごく僅かな艦を除いて次々戦没したよね。

その他、世界最強と言われ、夜戦がお家芸だった日本軽巡駆逐も、レーダーを用いた遠隔攻撃潜水艦の群狼戦術艦載機空襲の前に全て敗退。

悲しい話です。


というわけで、軍艦日本アゲアゲ結構難しい。

少なくとも戦歴で自慢すると墓穴掘ることになると思う。

未だに「日本スゲー」系番組で取り上げられていないのが救いではある。

妹はサボり体質とでもいうのか、幼稚園行きたくないと言い張って休んだことがある

その後、小学中学は真面目に行っていたが

高校の時にしれっと何日かサボったらしい

親にバレてしこたま怒られたそうだ

大学留年した

詳細は聞いてないが、大学辞めるとかいう話もあったか

いつものサボりからくるなにかだったんだろうと思う

大学は無事卒業就職した

ある時、妹の勤める会社から電話が来た、休んでいるけど連絡がつかない、と

風邪で寝込んでいたらしいが、電話もできないほどではなかったはずで

何かのストレスだったんだろうと思った

そんな妹が結婚した

仕事の忙しさや愚痴をさんざん聞いており、結婚理由に辞めたかったのだろうと感じた

妹は地元で落ち着いた事務仕事に就いた

妹の嫁いだ家には引きこもりがいる

旦那の妹さんで、中学で引きこもって以来30になるまでずっと引きこもりらしい

将来にわたって引きこもりの面倒をみたくない、自分の子供に面倒見させるとか絶対嫌だと妹は言う

逃げるのがどうとかいホッテントリを読んで、妹宅の引きこもりと妹を思う

https://anond.hatelabo.jp/20170903001633

引きこもり政治を語るはよくあること

自分のことを棚にあげて批判ができるから

批判をすることで自分価値を見出そうとする

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん