「好奇心」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 好奇心とは

2021-05-07

anond:20210507155919

からファミレスにはもうめったなことでは足を運ばないし、コンビニ弁当を買うこともない。

ただ、自分好奇心は殺せなくてな。

ニュースになったりネットバスっていると気になって食べてしまときもある。

コンビニスイーツ系は今でも1か月に1、2回は食べてしまうな。ピエール・エルメコラボしてたりするから

2021-05-02

から夏への扉』はロリコンじゃないって言ってるだろ!

論拠1 『夏への扉』は名作だから

名作がロリコンなはずがあるか?

夏への扉』はSF文学史に名を残す名作だ。

なんかこうタイムマシンが出てきたりして、タイムスリップして恋愛要素があったりしてヒロイン複数いて、こうシュタゲみたいな?

とにかく名作なんだよ。

名作だからロリコンなはずがないんだ。

論拠2 ヒロインは実質21歳

いか

主人公リッキーに「21歳の姿で待っていろ」と伝えたんだ。

ロリコンだったら「12歳の姿で待っていろ」っていうはずだろ?

約束したとき相手が9歳だったからってなんだ。

まあ9歳児に対して恋愛感情を抱く時点でもう人間としてヤバイんだが……。

いやだが待ってくれ、肉体目当てじゃないんだ。

ロリコンってのは肉体目当てだろ?

肉体目当てじゃないってことはロリコンじゃないんだ

論拠3 他にヒロインがいないか

夏への扉に出てくる女性キャラが少なすぎるんだ。

まずメインヒロインぽかった大人の姉ちゃんは色々あって寝取られるし、ソイツを許す度量は主人公にはない。

そんで途中でできた未来人妻だが……恩人の人妻を寝取ったらいよいよこの作品が単なるNTRマニア向けのポルノなっちまう

もしも家政婦ロボットメイドロボだったら、これはもう間違いなくメイドロボと結婚だ。

これが出来たら話がスムーズだったんだがなあ……。

マルチエンディングならぬマルチENDってか……はは……ときメモはともかく東鳩なんてもう皆覚えてねーか……斜め2ミリふんふふふふーーん

論拠4 サイエンスフィクションであってポルノノベルじゃないんだ

まりだ。

夏への扉』はエロゲだとかギャルゲーだとかじゃなくて、サイエンスフィクションなんだ。

そうなると作品テーマサイエンス的な想像力であって、スケベな好奇心を満たすことじゃないんだよ。

年端も行かぬ幼女の肉体や感情の揺れ動きなんてのはこの作品においてはオマケなんだ。

ぶっちゃけ最後に出てきたヒロインなんて単に主人公勝利したこと演出するためのトロフィーだ。

トロフィーワイフなんだ。

そしてそこに真実の愛を演出するために12年+コールドスリープという縛りを設けたんだな。

まったくもって……クソだな……。

主人公勝利エンドのために子供から恋愛をする権利を取りあげるなんて。

正直、主人公ロリコンで12歳の姿でコールドスリープしてろといって未来世界ロリ婚するのとどっちがマシか分かりっこねえわ。

なんだこれ……駄作だわ。

反論1 『夏への扉』は名作なのか

そもそも俺が『夏への扉』の肩を持ったのはSF界の名作だからだ。

名作がロリコンじゃあSFクラスタであることで他の文学クラスタマウント取ってる身としては都合が悪いんでな。

でも、今さっき気づいたんだが、『夏への扉』って別に名作じゃないんじゃねえか?

シュタゲみたいだって話をしたが、そんな作品腐るほどあるし、そもそもそれって『タイムマシン』のパチモンの域を出てねえってことじゃねえか。

それこそ家政婦ロボがメイドロボだったりしたら、カルチャー界におけるちょっとした発明だと言えただろうが、結局コイツは単にタイムマシンで行って帰ってきただけ。

未来世界では車を作っては壊して増田の、金が安くなりましたよだの、大した想像力の働かせ方もしてねえ。

それこそ時をかける少女レベルマクガフィン的なタイムトラベルしかねえわけだ。

これ、名作か?

2021-04-29

好きなものを好きって言いたかった話

20年近く経った今でもたまに思い出す。中3のときのこと、塾が終わった帰りだった。

そのころ通っていた塾は地元駅前で、帰り道はいつも駅を北口から南口に通り抜けていって母の迎えの車を待つのが常だった。塾には友達がいないわけじゃなかったけど、帰り道は方向が違っていたのでいつもひとりだ。

その日もいつものように駅を通り抜けようとしたら、珍しくストリートライブをやっている人がいた。男の人がひとり通路に座り込んで、ギターを弾きながら歌っている。知っている曲、というか、当時の自分の好きな曲だった。LOVE PSYCHEDELICOの「your song」。姉がCDを持っていて、よく借りて聴いていた。ギターの音は閑散とした駅の構内に響き渡って、気持ちが良かった。歌声についてそこまで明瞭には覚えていないが、もっと聞きたいと思った記憶はあるのでたぶんそれなりに上手だったんだろう。

立ち止まってそれを聞いて、その曲わたしも好きなんですって伝えられたらいいな、と思ったけど、思っただけだった。歩みをすこし緩めたくらいで、立ち止まることもしなかった。

だってほら、ひとりで聴くのも恥ずかしいし、母がもう迎えに来るから中学生女の子が夜中(時刻は21時を過ぎている)に知らない大人男性声かけるとか、いかにも危ない。母は絶対心配する。言い訳をたくさん心に浮かべながら、駅を南口へ抜ける。駅の外に出たら、歌声はもう聞こえなかった。

我ながらつまらない人間だと思った。この先もこんなことばっかりなんだろうかと思って、変に苦しかった。

弱い人は好きなものを好きと言うことも許されないんだろうか。

心配性の母を意味もなく恨んだ。仕事が忙しいせいもあってか、彼女リスク回避したがる。飼っている猫が車に轢かれたら嫌だからと家に閉じ込めるような人なのだ。猫はずっと外に出たがっているのに。私も猫と一緒だった。危険に会う可能性のある行動は全部嫌な顔をされて、反抗する気力も湧かない私は諾々と従った。全てを理屈判断する母に反抗する手段が見つからず、自分好奇心を閉じ込めた。

いまから考えれば、馬鹿だと思う。

私が自分気持ち自分の行動を決められるようになったのは、その後5年以上経ってからだ。大学文学部に入って、いろんな人からいろんな話を聞いて母の言う理屈以外の言葉世界を見ることができるようになって、それからようやく息ができるようになっていった。周りより精神的に幼くてずいぶん馬鹿にされたけど、じっさい馬鹿からそれでいいやと思った。なにより、自分も他の人と同じように行ってみたいところに行ったりやってみたいことをしたりしていいんだ、と思えた開放感に勝るものはなかった。そんな無邪気さを許してくれる人が周りにいてくれて、楽しかったし幸せだった。

好きなものを好きって言えないから弱いままだったんだな、と気がつけた。きっと中学生の頃も、母相手に「私はこれが好き」とそう言えればきっと少しは違ったんだろう。

いまはインターネットが普及したので、知らない人にも好きって言いやすい良い世界だと思う。知らない人の危険さは変わらないけど、少なくとも今すぐどこかに連れ去られるような心配はしなくていい。そして、知らない人同士でも同じものを好きって言い合えるのは幸せだとみんなが知っている。ほんとうに良い世界だと思う。

おばさんの思い出供養話でした。ここまで読んでくれた人、どうもありがとう

2021-04-23

スナッフフィルムについて書く

 「スナッフフィルムって知ってますか?」


 そう呟いたのは多分六年前だか五年前だったかと思う。その時俺達は喫茶店で、世の中の悪が何かについて話していた。

 その場には男の先輩が一人と女の子の後輩が二人いて、先輩は「知ってる」とぽつり。女の子二人は「しらなーい」とぽつり。

 勿論、俺と先輩はその話を掘り下げたりせずに、穏当に元の話題路線へと戻り、「やっぱ世の中気を付けて生きなきゃだめよ」みたいなことを言っていた。女の子二人はケラケラと笑っていた。


 ◇


 何で今更になってこんなことを思い出したかというと、当時テーブルを囲んでいた後輩の女の子が先輩と付き合って、破綻して、今朝がたtwitterで僕を含めた当時の関係者に対しての呪詛を書き連ねていたかである


(後輩のプライバシー配慮して中略)


 多分こういうのは、よくある話なのだろう。勿論僕はその後輩に横恋慕していて、そして二人の関係とか、あるいは時折後輩の見せる刺すような発言と態度に傷を負ったりしながら生きてきたのだけれど、そんなことは些事である。一々考えるようなことじゃない。

 ともかく、今僕がこの文章を書いているのは、後輩の女の子が僕と先輩を含む当時の関係者SNS呪詛を連ねているところを見たかである

 その呪詛がどんなものだったかというと、彼女曰く、「悪を糾弾できない存在も悪だ」、とのことであった。

 全くもって僕は彼女同意する。

 そう、悪を糾弾できない存在は悪だ、と。

 つまり彼女はこう言っているわけである。当時、破壊性向を持っていた先輩のことを僕を含む関係者は止めることができなかったし、そして、物事が落ち着くべき位置に落ち着いてなお、僕を含めた関係者は先輩のことを表立って糾弾したりするでもなく、あるいは罰したりするでもなく、淡々と日々を送っているのだと。つまり、先輩が悪であると同時に、先輩を裁くことなく静観していた、僕を含めた関係者もまた悪なのだと。

 全く以てその通りだと思う。僕は悪の片棒を担いでいるのだ。物事を正しく裁こうとなど決してしなかったのである


 一応、僕は見知っている後輩らが先輩に対して好奇心なり何なりを持っているのを見咎めると、「先輩は悪人から近付かない方がいいよ」と度々言及していた。(「悪」の具体的な内容についてはここでは伏せるが)

 とは言え、一見インテリジェントで気が利いて、かつある分野において顕著な業績を収めた人物である先輩に対して、後輩たちは僕の忠告をあまり深刻には受け止めなかった。あまり僕の忠告は功を奏さなかった。後輩たちの中には、今でも先輩に連絡を取り続けている子もいるようである。まあ、それはそれで良いのだと思う。僕は別に彼女たちを悪し様に思っていないどころか、先輩にだって悪感情を持っていない。彼女たちはそれなりに幸せそうであるし、今でさえ僕は先輩と時々食事をしたり、ボードゲームに現を抜かしたりしている。


 ◇


 さて、今からするのは「悪」の話である

 そしてスナッフフィルムの話である

 スナッフフィルムについてご存知だろうか?

 それは、快楽目的とした殺人行為撮影した映像作品のことを指している。特に商業意図を以て撮影されたものを指す。スナッフという言葉は、「ロウソクを吹き消す」という意味を持つ動詞であり、同時に「殺人」のスラングでもある。

 勿論僕も現物を見たことはない。そもそも、「スナッフフィルムは単なる都市伝説で、実在しない」という論も根強い。

 ただ僕は、二十年近く前にアングラサイトで「衝撃! 少女公園殺害される映像! 購入は以下のアドレスで!」的な宣伝がされていたのを見たことはある。そのサイトによれば、外国人少女公園で刺殺され内臓を引きずり出された後に、ガソリンによって燃やされるとのことであった。そういう宣伝を実際に目撃した人間からすると、スナッフフィルム実在するという立場から主張するほかない。

 (また、中東ロシアでの拷問処刑映像も広義のスナッフフィルムとみなすことができると思う)


 スナッフフィルムにおいて撮影されるのは、主に少年少女である

 主なスナッフフィルムの内容は、少年少女麻薬を与え、性的に高揚させた後で凌辱し、その後に殺害する、といったものであるそうだ。僕もよく知らない。正直この知識既存創作物から得たものなので、信憑性においては幾分問題があるかもしれない。

 いずれにせよ、仮にスナッフフィルムが伝聞の通りに存在するのであれば、それはこの世の悪を煮詰めた存在であると思う。

 何故そんなもの存在するのだろう?

 それは、恐らくそれを求める人間存在し、また、それを供給し得る人間存在しているからだと思う。仮に、ある人物が何かを要求し、その対価としての金銭を十分に示せるとして、何者かがその要求された何かを提供できるとすれば、多くの場合そこには商業取引が実現してしまう。可能物事が、不可能であり続けることは難しいのであるマーフィーの法則を引くまでもない。

 つまり、そのような商業的なやり取りは、人の意志を超えてしまうのだ。それが可能である限りで実現してしま事柄に、人の意志関係ない。そこにはある種のシステムが構築されてしまうのである

 そのようなシステムに根差しているのは、明らかに人間欲望暴力である人間にとってのある種の欲望暴力可能である時、そこにはシステムが出来上がる。システムは、金銭欲望達成を媒介に、暴力的に成立する。そして、人の意志とは関係くそシステム自己増殖し、その体系をより確固たる存在へと変えていく。

 「人々が欲望し、かつ金銭的対価を支払える事柄は、それが不可能でない限り実現する」これが、欲望暴力システムにおける定言命法である。そこでは人の意志に関わらず淡々物事が実現する。一度実現したシステムは、当事者意志で止めることはできない。金銭媒介に、システム機能し続ける。

 というわけで、世の中にはいわゆる悪が蔓延ることになるわけである。勿論、繰り返すようにスナッフフィルム存在都市伝説に過ぎない。「スナッフ」と銘打たれて販売された商品の多くが、作り物であるとも言われる。しかし、僕は「スナッフフィルム都市伝説に過ぎない」という発言に対して、どうしても疑義を覚えてしまうのである。そう、人の意志とは関係なく機能するシステムが世の中には既に構築されており、そのシステムの内部においては、可能である事柄はすなわち実現するのである。そういった原則を振り返った時に、快楽としての殺人不可能であると断じることが僕にはできなくなってしまうのだ。

 まあいい。とにかく、世界においては、可能である限りで、そしてそこに人の欲望存在し、金銭的な対価を示せる限りで、ある種の悪や暴力必然的に実現してしまうという、悍ましいシステムができている。我々は、そのようなシステムに向き合わなければならない。そのようなシステム糾弾し、ハックしなければならない。その在り方を上手く変更せねばならない、はずだ。

 とは言えそのような決意が実現されることは稀である。何故だろう? 我々は多くの場合悪を放置し、看過するしかないのである。それが不可能であるからだろうか? 我々に内在する欲望媒介機能するシステムを、我々自身が変更し、打破しようとする行為は、そもそも自己矛盾的だからだろうか? よく分からない。

 いずれにせよ、自身欲望に根差しシステムに変更を加える行為は、決して簡単ではない。我々は、そのような欲望暴力システムをどうしても看過せざるを得ない。


 それは、スナッフフィルムに限った話ではない。ある種の極度に暴力的なコンテンツに限った話ではない。我々の身近には、その手のシステムが息づいている。我々は、日常的に、そのようなシステムに触れることになる。我々は暴力欲望に根差しシステムに、普段から関与し、触れることになる。

 例えば、不均衡なコミュニケーションもそれだ。一方の話者の力関係が他方の話者優越しすぎたコミュニケーションは、暴力的な影絵を描く。そこには権力の不均衡が生じ、そして暴力欲望充足を生じさせることになる。そのようなシステムが我々の日常では機能しているし、何なら我々はそのようなシステムに組み込まれている。

 例えばそれは企業個人の力関係においてそうであるし、あるいはある種の閉じたコミュニティにおいてもそうである。そのような力関係において、いわゆる弱者欲望充足の手段とされることは珍しくない。我々の身近に、そのようなシステムは往々にして存在している。

 我々はそれを看過しながらに生きている。あるいは、そのシステム自身の一部として受け入れながらに生きている。

 何故なのだろう?

2021-04-22

セキュリティキャンプパワハラ

ざっとTwitterをみていても誰がやったみたいなのは出てこなかった。

そもそもセキュリティキャンプ全体の雰囲気ハラスメントギリギリなことが多いのが個人的には苦手で、変な正義感が働いてしまったのもあるが、こういうのをみる深堀りしたくなってIPAプログラムのページを見に行って web.archive.org で同じURLを開いて差分目視確認していた。プロデューサーの部分の差分があるのがわかって「もしかして...この人?」という予測を立ててしまったんだけど、いやいやそんな...。となってしまいかなりショックが大きい。別に犯人探しがしたいわけではないが、好奇心で調べてしまってなんかショックを受けてしまった...。

「髪切った?」くらいは言いたいですよ!

褒めたいとかじゃなくて純粋に気になるんですよ

俺が言う「髪切った?」は、コミュニケーションとか褒めとか下心とかそういうんじゃなくて、「あなたは髪を切りましたか?」なんだ

全然いつも通りで完全に俺の気のせい

・セットが違うから見た目は変わってるけど切ってはいない

ちょっと切った

このうちのどれかわかんねえな!と思ったときに、純粋好奇心から言いたくなるんだ

そういう好奇心を抱くのもセクハラだったりする?

もしかしてそうなのかもなあ

セクハラに老若男女は関係ない以上、俺の散髪に関する好奇心は今後いっさい満たせないと思った方がいいのかしら

くそ〜っ!

あいいけどさあ!!!

2021-04-20

私をフィクションにするな

フィクションキャラクター定番属性の一つに『極端な低身長天才』というものがある。

実年自体が周囲より低い場合もあれば同年代にも関わらず異様に身長が低い場合もあるが、どちらの場合も非現実的存在フィクション性の高い存在としてキャラクタライズされているケースがほとんどだ。

何故非現実的存在として扱われるのか。フィクションと異なり現実日本教育制度は年齢主義であり、優秀な生徒の飛び級存在しない事も理由の一つとして挙げられるだろう。しかし、本質はおそらくそこにはない。

天才』『極端な低身長』という属性がそれぞれ独立している状態なら「身近にはいなくても、一つのパラメータが極端なだけなので現実の延長線上で想像がつく」が、『天才かつ極端な低身長』ともなると「極端なパラメータ複数あるので人となりを想像出来なくなる」、これが本質ではないだろうか。

ゆえに、フィクション性を纏わされる。謎のひみつ道具を持ち歩かされ、こんな事もあろうかと用意周到が過ぎる人物にされる。

だが、私はそのようにフィクションを纏わされる『極端な低身長天才』達に、親近感を覚える。

何故なら、私がそうだからだ。

私は極端な低身長だ(った)。

「成長ホルモン分泌不全低身長症」、これが私の健康診断票にいつも書き込まれていた病名だ。

症状は文字通り。原因は分かっていないらしい。

治療法も、成長ホルモン製剤の注射という対症療法的な物だ。極度の低身長という症状が明確に現れないと発覚しないものから身長一般的範囲に盛り返すまで時間がかかった。故に少年時代チビショタだった。治療を終えた今でも、身長は低く童顔な方だ。

毎晩の成長ホルモンの皮下注射というものは、子供心に結構辛かった。自分けが遭わされる不条理というものと隣り合わせで育ったものから、随分世の中は不公平ものだと絶望してしまった。

あと注射をしていたケツと太ももが心なしかデカくなった。安産体型ショタだぞ、抜けよ。

そして、私自身これを自称するのは鼻について好きではないが、少なくとも周囲から評価総合すると、私は天才だそうだ。

個々人の積み上げた好奇心歴史研鑽努力と熱意を不可視化し、天からギフトなどと矮小化する天才という単語はこの世で最も嫌いな単語なのだが、はてさて秀才ではつよそう感がイマイチ足りないので仕方なく天才という単語を使う。

3歳の時には、お遊びでジグソーパズルを裏面を向けたまま完成させて大人を驚かせたそうだ。私自身、出来そうだと思って挑戦し実際に成し遂げて満足した記憶がある。

看板から成分表まで活字があれば何でも読み込む子供で、よく迷子になっていた。漢字自然に覚えたため、小1の時点で小6の教科書漢字含め読めていた。

大人しくさせるために買い与えられたマンガ百科事典国語辞典の類は、それはもう食い入るように読み込んだ。寝食を忘れて読み込んだ。寝食忘れの自己最高記録は、確か留守番中に叩き出した27時間連続だったか中国の8日間絶食読書兄貴には敵わないが、中々な記録だろう。勿論それが健康に悪いことも理解していたので、以降は気をつけるようにしたが。

全国模試でも算数理科で何度か1位を取った。満点なのだから当然同率1位だ。中高以降は恩師のおかげで現代文も得意になったので数学現代文物理経験した。

そんなんだから、大した勉強もする事なく通学圏内最高峰、数十年東大学者首位開成中学校に受かった。なんか受かったから行くわ!wが正直な感想だった。

真剣受験勉強をしていた、しか活字中毒などの変態性はなかった学友が残念ながら麻布東邦まりで(勿論これも十分凄いのだが)、この時に適性の無い者へも無意味な苦難を強いる学歴社会への明確な嫌悪感を覚えた。

開成同級生は大きく3タイプに分けられた。勉強する事が大好きで大好きで仕方がない変態と、私のように勉強は好きでも嫌いでもないが活字知識にのめり込む気質のある変態と……学歴の威光に取り憑かれた愚かな親の犠牲者となった、凡人だ。

学歴主義を刷り込まれた凡人達に、私は恐怖と憐れみを感じた。真面目に勉強した事もなく学校や塾も寝がちだった私にとって、青春を擦り潰して校外でも毎日8時間勉強するという価値観理解出来なかった。

そこまでして一体、一体何になるというのだ。毎日1時間、1ヶ月ほど勉強するだけで適当資格は彼らなら余裕で取れるだろう。職に困らないために学歴を取る、なんてのはおよそコストとリターンが釣り合っていない。

私は彼らが怖くて、大学は全く関係ない某美大学歴パンチで進学した(ここを詳細に書くとマジで特定されそうなので勘弁してくれ)。そもそも私の夢自体漫画家とかゲームクリエイターとかのクリエイター方面だったし。

私が開成に通った途端に学歴に取り憑かれた金だけしかない親には美大進学は猛反対されたが、教育虐待警察に駆け込むと脅したら反対しなくなった。中高当時に親から受けていた拘束を思えば、実際駆け込めば成立していただろう。

ここまで見て分かるように、私の『極端な低身長属性と『天才属性に、一切の因果相関関係はない。だからこの属性が偶然重なる確率は非常に低い。

開成中学合格者数は一年ごとに400人弱、当時の小6男児日本人口約60万人で割ると1500分の1。そこに成長ホルモン分泌不全低身長症の15000分の1を掛けると2250万人に1人となる。ちなみにそこに、『開成高校から私の行った美大にいく変人』の数、大体3年間……1200人に1人ぐらいらしい?を掛けると270億人に1人だ。地球人口こわれる!

2250万人だか270億人だかはもう大差ないし、スキーn級とか小4?だっけ?で夏富士登山完遂(同級生の平均よりも遥かにちっこい身体でだぜ!すごくね?)とか付け足せばいくらでも数字を伸ばせるのでもうどちらでもいいが、まあとにかく私は客観的に見れば超激レアキャラだという事になる。オラッ喰らえ世界に一つだけの花パンチ

ただ、これらは全て私の大事アイデンティティの一つだ。私にとってのそれらは見たことのない激レア属性ではなく、いつも自分自身と隣り合わせのアイデンティティだった。

どんなに希少な属性が重なっていようが、偶然の悪戯が起こればSSRキャラクターはこの世に生を受けてくる。アフリカの貧しい子供達にもたまたまマックにいた桜蔭JKにも想像を及ばせられない、二つ要素が違うだけです〜ぐ想像出来なくなるインターネッツ愚か者共に嘘松呼ばわりされようとも、激レア属性たまたま重なった私は今ここに間違いなく存在している。マックにも行くし高校生時代時代遅れな価値観のオッさんに物申した事もある。喝采ってほどじゃないけど周りの人本当に拍手してくれるんだね。

だというのに、ロリショタ天才達は常にフィクション上の、架空存在として扱われている。

ならば、ここにいる私は一体何なのだ

私はフィクションなのか?匿名増田ですらない、完全なる架空存在なのか?

有り得ない嘘松だけの存在として、想像力の埒外にいなければいけない存在なのか?

ただのゲームきな子供だった私はここに、この世に存在してはいけない存在なのか?

なあ。答えてくれよ。

長くなったが、言いたい事は一つだ。少しの想像力を働かせてほしい、これに尽きる。

そこの道を歩いているくたびれたオッさんは、もしかしたら自由研究で賞を取った事があるかもしれない。そんなちょっとたかもしれない運転が、他者への敬意を払う第一歩となる。勿論何も前提無しに他者歴史人生に敬意を払えられれば、それが一番だ。

空腹を感じた時には、アフリカの貧しい子供はいつもそれ以上の飢餓に苦しめられている事に思いを巡らせてほしい。そして思い出した時にでも、コンビニ募金にお釣りを入れてくれればいい。

レア属性天才や奇才たちと接しても、更なる激レア属性の……私含めた疾病や障害を抱えた天才や奇才たちと接しても、たまたま希少な属性を引いただけの、ごく普通のありふれた存在として接してほしい。

本人が殊更に主張しているケースでも無い限り、恐らくわざわざ言い出したりはしたがらないはずだろう。傷に触れないであげてほしい。天才たちは目立つこと、特別扱いによる疎外にもういい加減ウンザリしているだろうから

というか私の知人の天才たちは大体皆そうだった。そして私もそうだ。もう、奇妙奇天烈見世物小屋人外として扱われるのは沢山だ。

目の前にいる相手雲の上の存在ではなく、マリオポケモンが好きだったり、でんぢゃらすじーさん爆笑したりしていたかもしれないただの人間だと思って接してほしい。

フィクションの箱に押し込んで、相手を遠ざけることをしないでほしい。ロリショタ天才を、フィクションだと思わないでほしい。

私をフィクションにするな。

私をフィクションにするな。

私をフィクションにするな。

2021-04-19

子供ハーネスニュースを見て思ったこ

子供ハーネス批判している人の意見って何なんだろうと思った。

自分4月19日スッキリ子供ハーネスについて取り上げているところを見ていたが、たいていの批判は見た目に対するものだった。

ペットみたいで可哀想」「見た目が悪い」

かにぱっとみたみ、犬のリードに似ているが用途が違うように感じる。

子供というのは、好奇心旺盛なものだ。

歩くということを覚えたての子はいろんなところに行きたいと思っているだろう。

それは、大人になってもおんなじで車に乗れるようになったらいろんなところに愛車で行きたいと思うのと同じ。

でも、大人子供で違うのは危機感だ。

子供自分道路が危ない場所であること、飛び出していけないことを理解するには時間がかかる。

それを毎回親が注意することも大切だと思うが、親も人間だ。見ていないときだってある。

その時に子供ハーネスというのは役に立つのではないだろうか。

実際子供ハーネス用途というのは飛び出す子を守るためにある。使っている人も自分の子供をペットのように扱っているのではない。【守る】ために使っているのだと思う。

ペットのようだ」「犬みたいに子供を扱うな」という前になぜ子供ハーネス存在しているのかを考えてみるのはどうだろうか。

つける、つけないかは親次第だが、私はつける人が批判に合わない社会になってくれることを願っている。

2021-04-17

好きな漫画のクソみたいなエロ二次創作

をわざわざ探してしまうことがある

作品内ではあんなにかわいかったり気高かったり熱い展開を支えてくれたりしていたキャラ

1000件は同じ構図があるようなエロ漫画あるあるポーズをさせてる絵だとか

マニアック度を競うかのように美形以外の女キャラショタキャラエロを描いてるのだとか

キャラをただの棒みたいに扱ってたり

それでも作品内の設定に準拠してればいい方で下手したら一人称が違ったり

そういう二次創作をなんとなく延々見てしまときがある

上手いやつも下手なやつも一通り見てしま

BL二次創作も嗜まないではないがそれを見るのとはすこし違う

BL二次創作キャラクターの解釈や絵の上手下手を選別して好みに合うやつだけを見るが

キャラへのエロ二次創作は下手でもキャラ解釈適当でもまったくかまわない

しろその作品愛のなさみたいなものが見たくて見てる節がある

エロに興奮してるかというとゼロではないがメインでもない

同じ漫画を読んでここまで注目するところやアウトプットするもんが違うのかという好奇心も半分はあるけどそれだけでもない

なんというのか、自分にとって大好きで心を動かされた大切だと思う作品

一方でひどく下卑た稚拙な消費のされかたをしているのを見たいみたいな

なんか嗜虐なのか自傷なのかよくわからん心理がたまに発動する

なんなんだろうなこれ

文系は○研究者になるやつ以外は専門でいい

理系でも結局研究しないなら専門でいいんだよな

逆に文系でも研究者になるような才能と異常な好奇心高校レベル研究で成果を出したやつは大学に行くべきだろう。アリの研究してた高校生がアメリカ大学行ったじゃん。ああいう子だけを大学に入れる

人文学とかゴザとかさえぼうとか正直全くわからんが、よくわからんことを研究する上で大学という機関必要だ。だから少数精鋭で一年の全学部入学者も選別された数十人程度でいい。文系ではなく研究者になれないやつは専門でいいと言うべきだろう

好奇心が働いたので、職務権限で知人の家族を調べる。

ふむふむ、あそこの家は子供一人暮らしを始めたんだな。

あそこは兄と弟がいると言ってたけど、弟とはこのくらい離れているんだな。

勿論全部履歴には残るけど、それが悪い事とは思わない。

数少ない自分の知り合いだ。別に職場の誰かを調査している訳じゃ無い。

2021-04-14

マッチングアプリ中年男性好奇心旺盛です」「心を開けば話します」

性別逆でも同じかもだけど、

好奇心旺盛です

感受性豊かです

心を開くと話しま

奥手ですが話しかけられると喜びます

〜な生き物です

みたいなプロフィール男性が38歳とかだったりすると、おっさん感受性なんか知らねえよ!!ってアプリを閉じてしまう。中年女性プロフィールもそんな感じなのかな。

何歳ならアリかと言われると難しいけど、「小動物の生態みたいな書き方されても!」ってちょっと面白なっちゃうんだよね。なんだろう、ちょっと繊細な生き物の説明ぽい。

逆に、何が正解かってか言われると難しいからこれが無難なのかもだけど。

2021-04-12

anond:20210412113532

そこまで計算する人はいないのでは。特に若い子は。

タワマンって行ってみたい、上から眺める景色!、セレブリティー、とかが頭を占有するのでは。つまり好奇心

おじさんはその好奇心搾取しているのだろう。

2021-04-11

大麻を吸うと幼少の気分が蘇る

思い出じゃなく、気分だ。

あの頃のワクワクしたような、ジーンとしたような、そんな気分。

ただ、その気分も一瞬だ。

大麻を吸ってやっと一瞬、忘れていた子供の頃の気分を一部体感できる。

多分他の薬物も大なり小なり似たような作用があるんだろうね。

そうやって好奇心に駆られて色々やり始めるのがゲートウェイドラッグと呼ばれる所以かも知れん。

大麻合法から投稿しています

2021-04-10

anond:20210410145714

わかる。

好奇心強くて色々なプレイを楽しめたりすると最高。

学歴ロンダをした者だが、何か問題があるだろうか?

私はそれなりの有名私大から有名国立大学院に学歴ロンダリングした。

研究の道に進みたいと思うようになったからだ。

元いた私大大学院に進んでもよかったが、やはりとりわけ理系では、国立優位なことは認めざるを得ない。

さて、人間、上昇志向があるのはよいことだ。

貧乏だった人が裕福になることを目指し、何か問題があるだろうか?

立場が弱かった人が権利を主張し、責められることがあるだろうか?

いや、ない。むしろ何もせず怠惰である方が恥ずかしいとされる世の中だ。

しかし、学部から異なる大学院に進む話になると、学歴ロンダリング!!!と喚き出す人間存在する。

なぜ。。。

どれも努力した (そして今後もするだろう) という点で、本質的には同じはずなのに。

しか面白いのが、学歴ロンダリングを叩く人々は、中々の割合地頭信者なのだ

彼らの言い分は大抵こう。

大学入試問題 (特に数学物理) は地頭がよくなければ解けないが、大学院入試簡単で誰でも解けるからバカなお前でも入れる裏口入学のようなものだ!



少し自分語りをしたい。私は大学に入るまで、勉強というものが嫌いだった。

多少賢い方だったので、小学生時代学習塾で受けた模試でよく冊子に名前を連ねていた。中学受験を勧められていたが、家庭の事情地元公立中に進んだ。

小中と勉強しなくても学校テストの点はよかったので、勉強しない癖がついた。好奇心は強い方だったと思うが、私は怠惰人間なので、目先のゲームの方や部活の方にばかり気持ちが寄った。

その後進学校自称進学校の半ばくらいの高校に、そして某私大に進学した。私はやはり怠惰だったので、高校受験大学受験もさして勉強はしなかった。

勉強嫌いは治らなかったが一般受験というもの経験してみたかったので、大学受験は推薦などは取らず一般で受けた。

高校受験は舐めてもなんとかなったが、流石に全国規模の大学受験は思うようにはいかず、諸々の大学不合格を貰い某私大に進んだ。

勉強関連で大した失敗経験がなかったので、困らないくらいの学歴は手に入るだろうというバカな考えがあった。まあ正直今でもそう思っているし、有難いことに一応はそうなった。

この某私大一般的に M*RCH と同程度か超えるくらい難しいところだと思う。ネット上では M*RCH は 3 ヶ月!などと暴論をかます人がいるが、私に言わせればまだ甘い。M*RCH も某私大も 0 ヶ月だ。

そしてこの某私大は、私の感覚的に、研究員になれる最低ライン大学なのである。この大学合格していなければ、恐らく研究の道に進もうとは思わなかっただろう。

もっとも、出題によっては、M*RCH にも落ちたりした。運のよさだけが取り柄である

念のため付け加えると、上記をみれば明らかなように、私は学歴などには大して興味はない。大学受験努力できた人の方が、人として私よりも圧倒的に優れていると思う。努力した人をバカにする意図はない。

また、自分を稀代の天才などと思っているわけではない。だいたい研究の道に進めば自分より優秀な人なんて山ほど出会うし。入試だって東大 0 ヶ月を主張する者さえいる。

この某私大で、転機が訪れた。大学勉強楽しいのだ。なんということだろう。

私は情報系の学生である小学生の頃にゲームを改造するという形で情報技術に興味を抱き、高校まで趣味プログラムを弄っていた。

高校までの授業は、特に普通科高校などでは、まずやっておけば間違いない (悪く言えば当たり障りのない) 教科ばかりで構成されている。生徒が卒業後どの分野にも進めるように組まれているのだから当然だ。

大学研究機関であり、かつ専門教育を行なう機関なので、高校までとは毛色が違う。

大学講義研究は私の興味に合致した。このまま進みたいと思うようになった。楽しいから仕方ない。この後の進学までの流れはどうでもいいので省略するが、結果、学歴ロンダリングの道を選択した。

自分限界を感じて諦めるかもしれないが、それならそれでも構わない。ロンダロンダ煩くされるなら、院の名前は出さず某私大名前だけで生活してみせよう。学歴自体にはさして関心がないのだから

少し話が逸れてしまったが、したがって、

大学入試問題 (特に数学物理) は地頭がよくなければ解けないが、大学院入試簡単で誰でも解けるからバカなお前でも入れる裏口入学のようなものだ!

に対する私の答えはこうだ。

大学入試神格化しすぎ。解こうと思えば誰でも解ける。地頭とか関係なし。大学院に進もうと考えるような人なら尚更

地頭」で能力の伸び方は変わるかもしれないが、上限は関係ないと思う。

現役 MARCH 全落ち 1 浪東大の人とか知ってるし。なんなら多浪高学歴 YouTuber とか何人もいるし。

逆に、浪人して俗に F ランなどと呼ばれる大学に行った人も知っている。でも彼らも伸びが遅いだけで、特別知能で劣っているのではないと思っている。

もちろん言うまでもなく、難関大学合格する人は凄いです。私にはできなかったことなので、その賢さと努力は素直に尊敬します。

これを読んでくれているみなさんには、大学院に進む者の中には大学で目覚め研究者を志した者もいることを忘れないで欲しい。

まあ確かに、確かに東大生を主張していた人が学歴ロンダだったら、あれ?って感じるのはわかる。明らかに元いた大学を隠しまくってたら私もうーんって思う。わかる。

全く誰から批判されない人など居ないので、批判したければ常識範囲ですればいい。でも、主語を大きくしてロンダは全て悪!は間違っている。

例えば気に入らない中国人がいたとしても、すべての中国人バカにすべきではないだろう。

中国人採用しない!とか発言して東大から解雇された某最年少准教授の例とかあったじゃん。

なんだか、人を叩いて気持ちよくなりたいタイプの方々が、若い芽を摘んでいるだけな気がしてならない。

しかもそれが割とスタンダードな考え方なことに、失望を隠せない。

前述の某最年少教授処分にあたってそれとなくロンダバカにする反応をしていた東大教授さえいたし。

プライドがあるのは結構だが、選民思想はいかがなものだろうか?

18 歳で頑張ったかそれ以降で頑張ったか区別、そんなに重要だろうか?

anond:20210410112711

好奇心がなくて積極性がないと若くても老害同様鬱陶しいしあった方が良いとは思うで

好奇心を持とうとする老害

好奇心があれば老害にならないと思ってる年配の老害っているよな。

痛々しいからやめてほしい。

興味は若さとは関係ないのだけど。

2021-04-09

突飛なことがしたくなる

表題の通りだ。

私は定期的に突飛なことがしたくなる。

ゲームをぶっ通しで10時間やったり、(倒れた)風呂で長時間耐久一人カラオケをしたり、(意識を失いかけた)酷いときにはODまでした。(病院に運ばれた)

ここで特記して起きたいのは、別にゲーム特別好きなわけでも、カラオケの達人になりたいわけでも、恒常的にODをするメンヘラという訳でもないことだ。

ただただ定期的に強い刺激がほしくなり、思い付いたことを衝動的に試してしまう。

あり得ないことをやったらどうなるのかという好奇心に負けるのだ。

思い返せば学生時代も、別に普通にやればやれるはずなのにわざとギリギリテスト範囲を暗記してスリルを味わうような奴だった。

あらゆる事に対し切羽詰まればつまるほど興奮を覚えた。

汚い話になるが切羽詰まった状況というシチュエーション想像するだけでヌけた。

落ちたら浪人確定の入試で、早く教室に行って爆睡していたら自分は開始時刻に起きられるのかどうかどうしても試したくなってしまい実行したこともあった。(起きられたし受かった)

小学生の頃は校舎のベランダの外側を歩き親が学校に呼ばれたこともある。

幸いその衝動性は仕事で発動せず、勿論のことだが突飛な行動をして困ったことはないしやってはいけないことだとちゃんと分かっている。プライベートだけだ。

だが、いつかとんでもないことをやりそうで怖い。突飛なことをしたくなりそれを押さえきれなくなる現象は皆さんもたびたび普通に起こることなのだろうか??

2021-04-08

弱者男性って話題流行ってんの?詳しい人教えて欲しい。

フェミ系のテーマ(?)で弱者男性っていうのが流行ってるらしくて少し調べてみたんだけど、

手の届かないおもちゃが欲しいってグズってるガキと何が違うん?これ。

カスみたいな主張がそれなりの勢力を持ってることに驚いてるんだけど、

カスみたいな主張"、”それなりの勢力”、どちらかについて俺の所感が間違ってる?、それともそれを成り立たせるだけの理屈がある?

詳しい人≒この主張寄りの人だと思うので悪く言って申し訳ないんだけど、ざっと見た感じ率直にそう思った。

もし単純な好奇心でよければどんな人達がどんな主張をどんな理屈でしてるのか詳しく教えて欲しい。

あとすげー金になりそうなテーマだなって思ったら一番詳しそうな人が有料で主張発信してて笑った。

anond:20210408175638

親はそういうことを一切気にしない。

たとえばオーガニックから良い、高いから美味しいはずだといった価値観を聞いたことは一度もない。

しろジャンク系でも喜んで積極的に手を出す。ただ常食はしない。

 

まり親が、

もともと生活水準が高い家に生まれ育ち、

食事食文化と社交と捉え、

強い好奇心を持ち、

高学歴高収入なので子どもに与えるのもそれなりの食材になっただけだ。

 

そういう親元で育った結果、自分も食の嗜好はかなり引き継いでいる。

マクドナルドはなんというか、使っている食材からして自分普段食べなれているものとかなり違う感じがする。

ジャガイモ小麦粉のものはまだ耐えられる範疇だが、何かこう、味付けに使っている何か(調味料とも違うと思う)に

今まで食べたことがほとんどない何かをまぶしているような。

味つけ目的じゃないから味はほとんどしないんだけど知覚はする何かが入ってるような…完全な思い込みだだけど。

フライドポテトなんかジャガイモと油、塩だけのはずなのに何か違うでしょ。

でもたいていのコンビニ冷凍の総菜もそういう味するよね。

最近の叩き合いみてて疲れる理由わかったわ

「(私は怒ってないけど)怖い人に怒られるよ」

ってスタンス人間まりにも多くないか

ファミレスバイトして時のクソ親(子供自由にさせといて何もしない親と定義します)と同じなんだわこいつら。

ファミレスからそりゃ子供が騒ぐのは覚悟して仕事してるし、ある程度子供の動きをコントロールする構造になってるからいいんだけど、

待ち時間で暇な子供好奇心から厨房とかレジ置いてある机の中に入ってこようとする。それは流石に「だめだよー」って諭しながら押し返すわけよ。

すると大体の親は「すみませんすみません コラダメでしょ!」みたいなフリはする。まぁ良い親だわ。

でもクソ親はだいたい「お姉さん怒ってるからこっちに来なさい」って怒り方をするの。もうこれが本当に嫌で嫌で「別に怒ってないですけどね」って言い返してやろうと何回も思ったんだけど、

最近の叩き合いほとんどこれじゃん。

架空実在かはしらんけど「傷つく人」や「権利者」を持ってしか相手を叩くことができないのか。

まだ「自分が🍤」とかいってた頭ふわふわネットフェミのほうがマシだわ。

要するにあれだろ。当事者じゃない方発言無責任になれるからだろ。カウンターは受けたくないけど攻撃しかけたい。

そのために傷つく人や弱者権利者を武器としないでいただきたい。反論とかする気も失せただただ疲れるのみ。

老い

白髪が出始めて、ほうれい線が出始めた

風邪の治りがすこぶる悪い

好奇心や関心が薄れていく

子供の成長を感じるたびに自分が老けていくのを実感する

2021-04-07

猫を鍛える

とあるボカロPが若手の歌い手コラボして作った5年前の良曲スコップしてここ一、二週間ずっと愛聴してるのだが、流れるコメント自分敬遠して一度も能動的に聴こうとしたことのない著名バンドじゃねぇかwというのを二つも見てしまって以来、好奇心が猫を殺さないように、前にもましてそのバンドの曲を検索して聴こうとする気持ちを抑えている。。。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん