「表現」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 表現とは

2019-02-19

anond:20190219010907

ヘイトスピーチ解消法成立】拡大解釈懸念する「外国人参政権ないのは差別」「強制連行否定侮辱」… 八木秀次・麗澤大教授 - 産経ニュース https://www.sankei.com/politics/news/160524/plt1605240045-n1.html

2016.5.25 11:50

 

 24日に成立したヘイトスピーチ憎悪表現)解消法は、国民の啓発、教育目的とした「理念法」だが、「不当な差別言動」とした対象にはあいまいさも残る。麗澤大の八木秀次教授に解消法が抱える問題点や今後の課題を聞いた。

田中一世

 

 「ヘイトスピーチをやめさせたい」というのは多くの人が望むことです。解消法は禁止罰則規定を設けず、国民の啓発、教育目的とした理念法であり、法律自体はそれほど問題ない。昨年5月に旧民主党社民党などが提出した人種差別撤廃施策推進法案からはかなり改善されました。

 

 旧民主党などの案は憲法保障する表現の自由に踏み込もうとする内容でした。与党案は保護対象を「適法居住する日本以外の出身者や子孫」に限定し、定義を「公然危害を加える旨を告知し、または著しく侮蔑するなど、地域社会から排除することを扇動する不当な差別言動」とした。表現の自由を脅かすものではありません。

 

 とはいえ、どんな行為ヘイトスピーチに該当するのかは依然不明確です。理念法だけに、具体的な取り組みは地方自治体に任せる部分も大きい。国が手を打たなければ、自治体教育現場拡大解釈過激化する懸念が残ります。一部の地方自治体は解消法を根拠条例を制定し、審議会を設置して“被害関係者”を委員に入れ、独自策を展開するでしょう。

 

 また、自治体学校現場が萎縮したり過剰反応する恐れもある。法律に「(ヘイトスピーチ解消のための)教育の充実」という項目がありますが、在日韓国朝鮮人の中には「戦時中強制連行されてきた」という主張があります。これを「歴史的事実として誤りだ」と教えることが「侮蔑」「差別言動」だと訴えられたら-。そんな心配があれば教えることもできません。

 

 地方自治体の萎縮や暴走を防ぐため法律運用を間違えないように気を付ける必要があります政府は「どこまでが不当な差別言動で、どこまでが許される表現なのか」を示す具体的なガイドラインを作るべきです。法律を作った国会には、それを求める責任があります

本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律

本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律平成28年6月3日法律第68号)とは、2016年平成28年6月3日公布された、本邦外出身者に対する不当な差別的言動ヘイトスピーチ)の解消に向けた取組を推進するため、基本理念および国と地方公共団体の責務を定めるとともに、国や地方公共団体相談体制の整備・教育の充実・啓発活動などを実施することについて規定する日本法律

略称ヘイトスピーチ解消法(-かいしょうほう)のほか、ヘイトスピーチ規制法(-きせいほう)、ヘイトスピーチ対策法(-たいさくほう)。

 

概要

在日韓国朝鮮人らに向けたヘイトスピーチ念頭に、適法日本に住む日本以外の出身者や子孫に対する不当な差別的言動は許されないとし、差別的言動について「差別意識助長する目的で、公然危害を加える旨を告知したり、著しく侮蔑したりして地域社会から排除することを扇動するもの」と定義した。

国が相談体制の整備や教育、啓発活動の充実に取り組むことを責務と定め、地方自治体にも同様の対策に努めるよう求める。

2016年平成28年)に同法原案与党自民党公明党議員立法として提出し、審議段階で野党の主張を取り入れて一部修正し、同年5月13日参議院本会議で可決され、同年5月24日衆議院本会議で可決し、成立した。

民進党など野党側はヘイトスピーチ禁止も定めるよう求めたが、日本国憲法第21条が保障する表現の自由などとの兼ね合いで禁止規定罰則規定は設けておらず、理念法に留まっている。

一方で、同法の附則事項では「差別的言動実態を勘案し、検討を加える」と明記し、将来の見直し余地を残した。

 

賛否

この法律の成立については賛否が分かれている。

 

本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E9%82%A6%E5%A4%96%E5%87%BA%E8%BA%AB%E8%80%85%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E4%B8%8D%E5%BD%93%E3%81%AA%E5%B7%AE%E5%88%A5%E7%9A%84%E8%A8%80%E5%8B%95%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%B6%88%E3%81%AB%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%9F%E5%8F%96%E7%B5%84%E3%81%AE%E6%8E%A8%E9%80%B2%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

2019-02-18

セックス必要としない同性愛存在するのか


異性愛だと夫婦セックスレスだなんだといいながらもなんだかんだで関係が続いているという話を、テレビや知人からの話、小説などからも知ることができる。おそらくセックス必要としない異性愛存在するのだろう。

そう考えるとき私の中に毎回疑問が湧いてくる。「これって同性愛場合どうなのかな?」と。いわゆるBL漫画小説セックスが必ずと言っていいほど絡んでくるのだ。これでは同性愛セックスありきですよと言われているようで、あんまりじゃないか

相手のことが好きだから結ばれてセックスするのと、性の欲求が同性にしか湧かないから同性の相手を好きになるというのは似て非なるものなわけで。あんまりそういう事例を聞いたこともないし。

あるBL小説恋愛心理も深く書いてあって非常に感慨深く思う一方で、頻繁に表現される性行為にガッカリした部分もある。

私はただ同性愛者にも性欲抜きの愛があるかどうかを知りたい。おススメの小説漫画があったら教えてね。

最後一言

セックス必要としない同性愛存在するのでしょうか?」

疲れてはてブを見られなくなった

あんなに毎日四六時中見ていたはずのはてブなのに、ストレスが重なったら見る気がしなくなった。

今の俺にははてブを見て男女差別人種差別に憤る体力はもう残っていない。

そういうわけだ、最近Yahooニュースを見ている。チョイスされている記事はどれも比較的に表現が穏やかで、見てもさほどストレスにならない。

あー暇な時間Yahooニュースみるとか、つまんない人間になったなーと思う。

数字を知らない人間と会話ができるのか?

1の次が2だと知らない人間がこの世には存在するらしい。

https://anond.hatelabo.jp/20190218155937

しかに、基数に対するサクセサが表現として、固定されていると考える必要はない。

から、2!と銘打ったものが1に対する加算的な位置づけにある必要性はない。

おそらく、集合論的な意味での濃さがけものフレンズ2に存在すれば、それは2という数字を含んでいても問題なく、2の濃さ(よさ)を理解できない「論理的でない人間」という判断を下されちゃっているのだと思うが、しかし、2が1の続きでないという判断を、その表現の濃さ(よさ)だけでどう判断すればいいのだろう?(2が現物として全く良くない、というのはおいといて)

「いやなら見るな!」という(死ぬほど頭の悪いと私は思っている)発言に通じるものがある気がする。

いやだと判断するためには、最低一回は見なければならない。

2を判断するためには、1を知らなければならない。

ここらへんは私にとって当たり前だと思うんだが、どうやら、そうでない人間がいる。

それらは、「最初からとんねるず番組や、”2”が、「自分にとって嫌かどうか」を判断できる基本的かつ前提的な思考他人には存在する」と考えている。

こういうある意味超常的な人間と、会話ができるのだろうか?

最近ツイッターくそ具合や、ここ、はてなくそ具合から、「インターネット」というもの、および、万人平等論的な思想がぐらついている。

ぶっちゃけ、2だけど1とは関係ないよ!関係あると思うやつは論理的じゃないやつだよ!とか発言できる人間と、ネットとはいえ、つながっている必要性があるのだろうか?

しかし、つながっているのだ。インターネットとはそういうものなのだ

…ここまで書いていて思った。インターネットってそういうものだっけ?ちがくね?

最初からインターネットって、障害耐性が主目的だよね?と。

だが、現在インターネット上のメインメディアは、障害浸食に耐性を持っていない。

この「インターネット目的」と書いた知的意味での障害耐性は、人間も持っていない。おそらく、KADOKAWA社内での会話は完全に障害状態だろう。けものフレンズ2の「売上」という数字が出て初めて、この障害に対する自己修復が始まる(か、もしくは単に無視され、角川自体崩壊まで進むか。ニコニコのように…)。

グロ表現を認めろ増田津波映像では途端に被害者の心情がどうのこうの

二枚舌の卑怯

ゲームアニメでは積極的に欠損表現をするべき

剣や凄い爆発魔法つかって「イテテ」で済んでおかしいだろ。

もっと四肢がもげる欠損表現しろよ。戦いはこんなに怖いんだなって植え付けろよ。

同じような事で言うと自動車学校工場教育でも、もっとグロ映像バンバン流すべき。

頭が半分無いような奴や、脳みそ飛び出てるようなやつ。

危機意識を持たせろ、もっと

anond:20190218114828

普通の人と比べて痴であるという表現ポリコレ的に問題になるはずなので、いずれ消え去る言葉だろうな

anond:20190218110304

相手によって表現を変えるということ?頭のいい人はそうしてるの多いな。

anond:20190218114452

手塚治虫オリジナルなのか、そもそもの仏の表現にそういうの表現があったのかどっちなんだろう?

anond:20190216081339

「と」「かく」は代名詞のようなもんで、「とせん、かくせん(あれをしよう、これをしよう)」「とせよ、かくせよ(あれをしろ、これをしろ)」みたいな表現古文には出てくる。

それを念頭に「あれこれ」という意味で「とにかくに」「ともかくも」という表現が生まれたのだが、同じ並列の効果を持つ助詞でも、「に」と比べると「も」は詠嘆の意味が強い。

そのため両者とも「あれもこれも下らない」という意味は持つのだが、話を打ち切る感嘆詞的な表現はより感情的ニュアンスを持つ「ともかく(も)」だけが担ったと考えられる。

anond:20190216230016

から表情が抜け落ちるさまを表現してるのだと思ってた。

anond:20190216230016

すん は興味がなくなり落ち着いた様子を表してると思うけどな

賢者状態からエロ要素を抜いた表現だと思う

2019-02-17

ガイジ」っていい言葉だよな

障害者」っていう言葉に付随するいろんなイメージの中から障害者に対する敵意や嘲笑だけを取り出した単語発明はどこかで必要不可欠だったんだよ。

今は「障害者」って言葉を使っている時はそこまで相手に悪意を持ってないんだなと分かるし、逆に「ガイジ」と呼んでいたら善意は持っていないなと一目で分かるようになった。

言葉の精度が上がったとでも言うのかな。

そのフレーズがどういった意味を持っているのかが分かりやすくなった。

こういう積み重ねって大事だと思うんだよな。

表現しないといけない概念ってのは文明の発達や時代の変化とともにドンドン増えてくわけだろ。

それをやたらめったら責任逃れでグレーゾーン作っては、いざ通じなかったら相手コミュ力不足のせいだと逆ギレするってのはどうかと思う。

その点「ガイジ」は素晴らしいよ。

その言葉がどういうシチュエーションで何を表したいのかがハッキリしている。

いいね

こういう言葉もっと作っていこう。

男を「物件」扱いするのってセクハラじゃない?

なんかネットでも雑誌でも普通に男のことを「優良物件」とか表現したりするけど、あれなんで誰も問題視しないの?

女のことを「パイオツカイデー」とか「高級アワビ」とか呼んでるのと同じじゃん。

ゴリラ大将に救われた話し

このゴリラ大将は昨年旅立った親父の後を継ぎ1人で居酒屋を営んでいる。現在嫁さん募集中だが絶望的にモテない。筋肉質で毛むくじゃらであり店は男専用居酒屋状態であった。

だが仕事ぶりは惚れる所がある。まるでゴリラが3匹ぐらい増えた錯覚を覚える程に手早くこなしてしまう。常連の間では『3匹ゴリラの店』として通っている。

また場所場所だけに客層がアレである。客同士の揉め事ゴリラに酔って喧嘩を売る野獣のような客もいる。だがゴリラ魔法が使え抑え込む。トークスキルは余り高くないが会話に覚悟めいたものをがあり何て表現したら分からないが野生ゴリラより強い精神なのだ。初めて入る店なので表現が難しいがゴリラに言われてやっとわかった。彼は重度のワキガである事、ゴリラトークでそれすら気がつかないのだ。そんなゴリラの話しには魔法がある事は常連でも気が付かないらしい。

大将ゴリラと2人きりになったときついつい会社揉め事があった事を話してしまった。そしたらゴリラ自分の事を話しだしたがその半分で別の客が入り森の賢者トークは中断する。

あいいか、また店に行こう。人間の悩みなんてゴリラから比べればちっぽけなものだろう。相変わらず仕事はゴタゴタだがまたゴリラに会える。サバンナを抜け森に入るとそこはゴリラ学校だ。今晩も黒板に教鞭を指しウホウホとゴリラの授業を受けに行く。

anond:20190217200342

ああ、今.NETというと.NET Framework同義なんだが

もしFrameworkがつかない.NETという概念のものが何なのか…という事を考えているなら

プログラミング言語、という表現も当たってはいないが遠からずといった感じか?

個人的には、.NETのもの意味するのは「Microsoft思想、構想」あたりが近いのではと思うけど。

論文でもコードでもパワポでもそうだけどさ

何かの表現を発表してさ、最初に出来あがったものに対して、受け手が「なんでこの表現にしたの?」と聞いた時に、表現者が応えたその内容の方が、表現者が表したかたことを、たいてい的確に表してる。

(「プレバト‼︎」の俳句なっちゃん先生の指摘とその後のハマタツッコミがいい例)

レビュアーはそれを知ってて聞いてくるからそいつらの鼻をへし折る答えをオレらは用意しとこうぜ!

(それを「自己レビュー不足」とか言うクソムカつくヤツもいるけど、最初の勢いもそれはそれで大事にしてあげた方がいいと思うよ!いわゆる「真夜中のラブレター」は明日の朝に一度推敲した方がいいと思うけど)

anond:20190216230016

むかしから、「うんともすんとも言わない」って表現あったじゃん?

あの「すん」が単独で使われるようになったんさ。

765ASはもう休んでいいんじゃないかなと思う

まず前提に置いてもらいたいのは、別にASが嫌いでこういうことを言ってるんじゃないってこと

ただまあ、13年以上も経ってまだまだやろうとしてるのはともかく、先輩面して出張ってくる(おもにPがね)のは疎ましく思うよ

13年の重み

2005年アイマスが始まってから13年が経ち、現在に至るまでシリーズとしては876、シンデレラガールズミリオンライブSideMシャイニーカラーズが出てきた

とは言っても、2012年アニメもやったし、2014年劇場版もやってることから、それらとはほぼ独立して展開を続けてきたのがAS

その間コンテンツとして拡大し続けてきたし、2015年のMOIW2015(西武プリンスドーム)では4万人弱も動員したライブが出来たのは当然のように凄いと思う

一方で、シンデレラガールズモバマス)では初期に客寄せパンダとして実装されてたり、ミリオンライブグリマス)では正統続編かのようにその存在ピックアップされてきたのはご存知の通り

ゲームではアケマスからステラステージまで、いくつものシナリオ存在してる

そこからやっぱり思うのは、アイドル13人を描くのに必要ものはすべて出し尽くしたと思うんですよ

ゲームもある、アニメ映画もある、ドラマもある、曲もたくさんある

今もASのPをしてる人の気持ちもわからないでもない。俺ももともとそうだったからね

飽きた、と言う表現はどうかなと思うけれども、個人的にはすべて(コンテンツの成長含め)見たいものは見れた、と満足してる

今でも曲は聴くし、別に嫌いになったわけじゃない

今はミリオンライブのPなんですが、やっぱりその根源からミリオンライブにはAS愛着を持ってる人は多くて、息苦しいなと感じることはある

13年と6年じゃそりゃそうなるわなとは思うけれど、やっぱり今頑張って欲しいのはシアター組の皆にだからなぁ

ASとシアター組の格差

よく言われるのは、ミリシタではAS冷遇されてる、って話

ミリオンライブASありきのコンテンツだという人もいるけど、んなこたぁないと思う

その根源の設定が、「765プロ劇場を作って、そこで新しいアイドルプロデュースする」だから、わからなくもないけど

やっぱりミリオンライブをここまで大きくしてきたのはシアター組の魅力によるところが大半を占めると思う

前述したとおり、元ASのPが多いっていうのは事実なんだけど、そこで止まってたらミリオンライブはここまで大きくなってない

一般的ミリオンライブ暗黒期と呼ばれる、2nd(2015頃)~4th(2017、ミリシタ発表)まで支えてこれたのはシアター組の魅力のおかげに他ならない

運営も頑張ったかもしれないけど、やっぱりユーザー側も散々な目(グリマス改悪等)に逢いながらもある程度耐えてきた

その間ASは10thライブゲームマストソングスプラチナスターズ、ステラステージ)の展開に恵まれてたし(そこについてとやかく言うつもりはない)

その一生懸命報酬ミリシタでシアター組が優先されることのどこが悪いのだろうか

何度も言うけど、ASはその年数から、何度も何度も出番を貰ってきて、たくさんのシナリオとたくさんの曲をもうすでに持ってる

わがまま言うな、という言葉しか出ない

結局つまるところ

俺はASにもう満足してる

アイドルスターは常に目標を目指し続けるコンテンツなんですよ

暫くの間、春香コミュからくるドーム公演を目標としており、その目標を達成した今

ASは何を目指すのか、それをもう一度考えてほしい

ステラステージではやよいの親がもし定職に就いていたら?という設定であるからも、もうシナリオ考えるのも難しいんだと思う

やっぱり今思うのは10thで一旦立ち止まってたらよかったと思うよ

カタルシスを最も感じる場所で最高の幕引きをしてたらまだよかったなぁと思います

最近10代凄すぎひん?

20年前の感覚だと、20代で活躍すると天才みたいな感じだったけど、最近天才は、10代で活躍するのがデフォルトって、なんなん?

400年に1人の天才とか、年数の表現カンストしてるやん。

今の時代が、日本人ピークなんちゃう

追記:20~30年前にも10代で活躍してたけど、いきなりトップと同等とかそれはなかったやん。張本選手とかグランドツアー優勝って、おかしいやろ。

片思いの子ラブレターを渡し続けた

片思いの子に振られたので短歌を見せて感想もらった」的なブログタイトルを見たとき、めちゃくちゃ心臓が痛くなった。最悪だ。あのとき気持ちをめちゃくちゃ思い出した

俺もすごく似た経験があるからな。正直これも書きたくない、恥ずかしいし

同じといっても、彼と俺とでは年季が違う。なんと15年もだ

忘れもしない、17歳ときだ。相手小学校中学校クラスは違えどずっと同じ女の子だった

ずっと好きだった。付き合ってください」

「ムリ」

一瞬だった

彼女一見飄々としていて、人を簡単に切り捨てることもあれば妙に情熱いところもあった。彼女のそういう矛盾までもが大好きだった。なんせ小学生ときからずっと好きだったんだから

振られて次の日に俺は何を思ったのか、彼女へのラブレターを書き始めた

ひたすら彼女への思いと世間話を書き綴った。もし今の俺が見たら俺の顔は核爆発を起こすであろう

手紙用紙5枚分位を毎日書き、相手に渡した。むしろ嬉しそうだった(そうであったくれ)

放課後彼女は「お返し」としてびっしり書いたラブレターへの感想を俺に渡してくれた

「〜って表現が良かった。私なら〜って書くかも

あと〜くんがーーー」

みたいな感じだ(今でもその手紙は全部保存してるよ)

もう一度言うが、彼女のこういうところが大好きだった

ラブレターはお互い17歳から始めて32歳まで続いている

大学生になっても近くに住んでいたので毎朝家のポストに届けに行った

夜には彼女も俺の家のポストに返事を入れてくれた

彼女は全てに返事をくれた。呆れ顔だった、「そこまでやるの?」とよく言った

それに対して俺が「好きだからしかたない」と返すのがお決まりだった

社会人になってから彼女上京することになり、ついにこれも終わるのか?と危惧された

結論から言えば、俺も金魚の糞のように一緒にへばりついて上京した

彼女の家の近くに住んだ

彼女も呆れ顔だった。しかし拒絶はしなかった

そしてラブレターを渡した。もちろん毎日

彼女への愛を書きまくった。とにかく書きまくった。好きだったから仕方ない

時が経ち、彼女には交際相手ができそのまま結婚した

俺も愛せる人を見つけて結婚した(その人にはラブレターは書いてないよ!)

段々、この関係フェードアウトしていった

徐々にレター内でもぎこちなくなり始めた

よく見れば、飄々としていた彼女はもういなかった。子を持つ母親の顔だ

やがてどこかへ引っ越ししまい、連絡先も繋がらなくなり、縁は断絶した

32歳になった今でもラブレターを書いている。もはや日課だ。渡す相手はいない

もう返事は帰ってこないが、それでもいい。好きだから仕方ないよね

アメリカでのヒッチハイク危険性を強調するあまりって感じと思われるけど、

日本におけるそれのリスクが過剰に低く表現されてる言説も大概やばいと思う。

アメリカに比べたらマシな要素も多いとはいえ、知らない人と密室空間にこもるのは原則として十分に警戒して行うべきではないかなあと。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん