「新道」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 新道とは

2019-05-19

貴乃花相撲協会にいた頃から

貴乃花新道設立話題になっているが、そのメンバーこちら。

理事長

松浦 晃一郎(ユネスコ第8代事務局長

理 事

貴乃花光司 (第65代横綱)

合田 周平 (公益財団法人日伊音楽協会 評議員)

岩下 昭一 (全国都市振政策研究会 専務理事)

田島 和雄 (社会福祉法人 洗心福祉会 理事)

渡  博文 (奄美観光ホテルグループ 会長)

監 事

神山 敏夫 (神山公認会計士事務所 代表)

監事に神山敏夫氏というのがいるな。この人は貴乃花貴ノ岩騒動ハブられてた頃に相撲協会の監事をやってた。あのとき、3人いる監事の中で一人だけ相撲協会理事運営法令違反があるという監事監査報告書を提出した。

それが影響したかどうかわからんが、直後に相撲協会の監事を退任している。

その後、神山氏の監事監査報告書について、相撲協会が外部の弁護士による法令違反事実無しの調査報告を出した。

当初、それは相撲協会隠蔽なのではとも思ったが、何やら今回の道場設立自分見方が違ったように感じた。

だって公益財団法人管理団体といえる内閣府公益認定委員会相撲協会への警告などを出していない。

それに元監事の神山氏と貴乃花がもともと仲睦まじい関係だったとしたら、貴乃花が劣勢に立たされていた2018年当時、神山氏が相撲協会批判する報告書を出すことで世論貴乃花の味方につけようという狙いがあったのでは、と考えるのが普通な気がする。

なんなら、神山氏は自分の監事監査報告書全否定されたのにどの媒体にも自分意見や主張を訴えてない。それは事実異なる報告書を提出したこと相撲協会から訴えられる恐れがあるからでは。

そんなきな臭い感じがするんだよなあ。

2018-01-23

[]1月13日

○朝食:なし

○昼食:味噌カツ弁当

○夕食:ご飯、卵、納豆ふりかけファミチキ

○間食:羊羹サプリメントマルチビタミンミネラル)二粒

調子

はややー。

昨日の夜ねれなくて、徹夜仕事行ったのでフラフラです。

さっさと寝て体調を戻したいので、もう寝ます

3DS

ポケとる

マリルリウィンク)、グソクムシャ捕獲

つかまえていないは37匹、アップデート入ったんで進行度的には巻き戻ったね。

ゲーム家計簿

ポケモン(530/5000 繰越0)

MS系(0/5000 繰越0)

・@(1500/5000 繰越0、ゲーム貯金21839、チケット8枚(実質250かける8))

・その他(5100/10000 繰越0)

先週金曜のYGを買い忘れてたので購入。

目当ては咲-Saki-の本編で、僕が応援している新道女子がかなり有利な感じなので、楽しい

もうすぐ決勝戦も始まるけど、こんどはどこを応援しようかなあ。

僕は咲-Saki-を読むとき応援する高校を決めて、読むのが好きなのです。

2017-07-06

正解するカドはどう終わればよかったのか

俺はあの怒涛のバトル展開で萎えしまった人間だけど、じゃぁ、どう終わればよかったのかってのが思い浮かばないんだよな。

徭沙羅花が出てこなければよかったのか?と言うと、少し違う。

新道彼女のおかげで「これから急激なスピードで成長していく世界」を考えて異方存在に与えられるだけではなく、より良い共存を望むようになる。

徭沙羅花が実は異方存在でした!がなければよかったのかというとこれもまた違う。

彼女が異方存在だったからこそ、上記の話につながるわけだし、あの段階であの世界では彼女けが異方存在を敵視していたのでその敵視がなければ新道はそのまま異方につれていかれていただろう。

なんというか、見ていてわからないことだらけだったのに、わけの分からない異方存在バトル見せられて萎えただけな気がしなくもない。

2017-06-17

馬鹿よ貴方は」の情報Twitter検索するときメモ

"馬鹿よ貴方は" OR "馬鹿あなたは" OR "ばかよあなたは" -"定期" -RT

"平井ファラオ" OR "ファラオ光" -RT

"新道竜巳" OR "新道辰巳" -RT

"新道さん" -RT

"ファラオさん" -"FGO" -"オジマンティアス" -"フレ" -"フレンド" -"【アカウント名がファラオID(結構ある)】" -RT

"馬鹿よの" OR "馬鹿よは" OR "馬鹿よが" OR "馬鹿よに" -RT

 

さん付けするとファン意見が引っかかりやすいから心穏やかになれる

ファラオ」は検索ノイズが多すぎて意外と「新道」の方が検索ワード向き(この字のシンドウさんは珍しいから)

 

情報源として目覚まし人間そう君のTwitterも使える

 

もっと二人ともテレビ出ねえかな

ファラオは無愛想と見せかけて意外と暴走するし演技力もある。声もいい。うらやましい

バクモン学園と被ってキングちゃん2期に出演できなかったのがホントに悔やまれ

 

新道はあの素のヤバさをテレビ向けに出力調整できるようになったら絶対ピンでも売れる

トークライブに行くと喋りのスキルが高すぎてビビる。あれは間違いなく重宝されるよ

2017-01-30

QUATTROが禁止されてる飛び込み買取営業みえたので

ここに書いておく@2017年1月30日月曜午前 愛知県豊川市新道諏訪住宅

QUATTROエコパートナー@静岡県浜松市 古物商番号・住所電番が書いてあるけど

2016-08-18

わかったぞ!日本を良くするたった一つの冴えた方法が!!

戦争しよう!

 

第二次世界大戦大敗した日本政治経済国民を再建させた!

今の日本改革では変化できないくら政治・経済国民性が低下しきっている!

ともすればこのまま衰弱していくばかりの欠食児童だ!

そこでまだ余力のあるうちに戦争を起こそう!

戦争すれば国民の団結心は固まるだろう!

ナショナリズムは最高を記録する!

そして大敗

今まで信じていたもの物理的に精神的に破壊する!

そして何も無くなってしまったところから新たなものを作り上げる!

新政府・新国民・新経済新道徳・新宗教・新・新・新・新・新・・・・・・!!!!!!!!!!!!

既得権益に縛られない自由社会自由日本!新しい!日本人が作れるぞ!

戦争しよう!戦争万歳戦争万歳

また戦争悲惨だった、私たち過去反省しなければならない!という美しい敗残兵たちを作れるぞ!

今みたいにネットでグダまいてるニート老害どもをどんどん戦地にお・と・ど・け!して綺麗にしていこう!

負けて心も体制も綺麗になった日本を作るために戦争しよう!

兎に角ボロ敗けして腐った大企業役人どもが機能しなくなるところまで行こう!

真の実力者でなければ再建できない荒廃した世界にしよう!

日本戦争させるんだ!戦争しよう!

戦後需要最高!戦争最高!産めよ増やせよ最高!

そうすれば戦後日本は今よりもっと良い物に生まれ変わる!!

日本人は負けるたびに強くなる民族なのに、負けれなかったから国力が衰退してきたんだ!

冷水ぶっかけて体を鍛えるアレと一緒だよ!いっしょ!まずは死人を造らないと!

黒船に負けて強くなる!米に負けて強くなる!今度は中国あたりに負けて強くなろうよ!!

みんな!戦争しよう!!

2016-05-21

[]咲 159局「準備」

僕の応援する心ちゃんの出番は……

ありませんでした!

ありませんでしたが、心ちゃんの保護者である遥さんの誕生日が昨日だったので、メデタイですね。

なんと作中登場時では25歳、現在のシノハユ時間軸だと26歳かな?


そして、本編では新キャラがたくさん出てきました。

新道寺の比与森さんは、久々の大人だしシノ世代可能性がありそう。

高知県に多い名字らしいですので、シノハユが全国まで進まないと出てくる可能性は低そうですが。

sakiの魅力は登場人物豊富な設定だと思っているので、こうしてキャラクタが増えると妄想の種がたっぷり撒かれた感じです。

あと、すばら先輩へのフォローが入ったのもよかった。

確かに言われてみると、高遠原中学団体で成績で残したわけでもないのに、九州の名門に越境する、すばら先輩は色々謎が深そう。

(そして、そこを目指して頑張ってる加藤さんも)

個人戦で結果を残してスカウトされた、とかありそうですね。

けど、すばら先輩の入学年は、二人一組の能力者の姫子さんが内定もらっているので、スカウト枠が実質一つ減っていて、みたいなことを妄想するの楽しい

すばら先輩の実力にもフォローが入ったことだし、

こりゃもう、新道五位ありえるんじゃないでしょうか!

大阪の二校はスピンオフがあるんだから、そっちで頑張ろう!

まあぶっちゃけ、勝ち負けよりも、ストーリーの量が僕の焦点なので、スピンオフ確定の大阪二校が素直に羨ましい。

2016-05-07

[]咲 158局「前夜」

僕の応援する心ちゃんの出番はーーーーーーーーーー

ありませんでしたー。

五位決前のキャラ紹介、って感じでしたね。

そろそろ試合が始まりそうですが、僕が今回応援するのは新道寺かなー。

新道寺の要である、リザベーションの始動役の哩さんが無双し、姫子さんがコンボを決める、という王道を見せて欲しいですね。

Aブロック準決勝あんだけ点差あっても哩さんが上がりまくってたんだから、今回はもっと行けると思う。

先鋒から僕の予想を書いて行くと、

○先鋒

無双でしょ。

能力が無くなってる説とかもあるけどね。

漫さんの爆発以外能力らしい能力もないしね。(すばら先輩の飛ばないは消極的だしなあ)

怜さんの能力は攻守共に優れてるから、漫さんが爆発したとしても、上手い事躱せそうだしなあ。


○次鋒

一年最強泉さんがまたもや全員三年と対局するのかあ。

能力持ちもいないし、実力通りな結果になりそう。

それだけに、中々読めないですね、個人的にはAブロ準決で頑張った美子さんにまた頑張ってもらいたいですね。

○中堅

火力のセーラさんと守りの愛宕お姉さんの大阪頂上決戦が見所ですね。

金は返してもらえるのだろうか?

僕は安倍政治評価がどうなるのかが、一番気になりますね。

政府は悪くないのだろうか?


副将

いやもう、完全に哩さん無双でしょ!

久保さんとの格付けはAブロ準決ですましてるし、

愛宕妹さんはまだまだな描写も多いし、

真屋さんは能力持ちとはいえ一度切りの使い捨てから、上手くそれを乗り切れば、リザベーションばんばんしまくりーのですわ。

ちょっと思いついたんだけど、哩さんがリザベーションを封印する流れもあるかもしれないなあ。

国麻が団体戦かどうかもわからないし、何とも言えないんだけど、

来年姫子さん1人で戦うわけで、いつまでもコンボの発動役じゃよくない、的なノリで?

とは言え、哩さん本人の実力とはあんまり直結しない能力なので、それとは関係なく暴れそうです。

大将

リザベーション!

ゾーン! 怜ちゃん!

カムイ

あーこれは、末原さんまたカタカタしちゃいますわ。

リザベーションを止められる感じの能力じゃないので(つうか止められそうな能力が作中に無い気もするが)、これはもう姫子さん頑張りどころでしょ。


○というわけで

五位新道寺で決まりでしょ!

頑張れ新道寺!

決めろ! リザベーション!

2016-05-06

日本会議研究」を読んだのだけど

菅野完著「日本会議研究」を読んだ感想、ではなく、疑問点をつらつら書いていく。ホントはまとめて読者お便りにでもしたかったのだけれど、切手代が惜しくなったので、気になった点を列挙していく。なお、これを読んで本書の内容を知った気になって恥をかいても知りません。

isbn:9784594074760

  1. P. 7, L. 2「この点に気づいた私は、保守論壇誌を手当たり次第に読み込むようになった」とあるが、保守を自認するはずの筆者は、これまで「保守論壇誌」と呼ばれるものを読んでいなかったということだろうか。一介のサラリーマン保守論壇誌に興味がなかったというのは別に問題はないのだけど、こと「『右翼であり保守だ』と自認する」筆者が論壇誌や内容の流行り廃りに興味を持っていなかったというのは、いささか不自然に感じた。
  2. P. 9, L. 11サンプルは、路上ヘイトデモであったり、保守論壇誌の記事のものであったり……」とあるが、「顧客アンケート従業員アンケートなどといった定性的情報に頼ることなく」と筆者が謳う「品質管理手法」に適用するサンプルとしては、定性的に過ぎるのではないか。無論、そこから人物相関を引いたり、時系列的に情報伝搬の順を推定したりするのだろうけど、「定性的情報に頼ることなく」と主張をするなら定性的情報と取られかねないものサンプルの例として挙げるのは不適当だ。
  3. P. 19, L. 12「おなじみの顔ぶれ」というが、誰にとっておなじみなのだろう。おそらく「(保守論壇誌で)おなじみの顔ぶれ」ということであろうが、この一語を省くだけで読者には敷居の高い本となってしまう。もっとも、筆者の処女作である保守の本分」は、ほぼ全編にわたって筆者と前提知識や思想を共有していない人には読みづらい不親切な文章であり、それに比べれば幾分改善されたと感じる。よく言えば一般向けでない、悪く言えば説明放棄した文章というのは、読者の読解力を無駄要求すると指摘しておきたい。
  4. P. 21 図表1 「新道議連」は「神道議連」の誤りか。この表だけを見ると、神道議連が9割、靖国議連も8割であり、日本会議国会議員懇談会所属閣僚が8割を占めるという点を「第三次安倍内閣の特徴」とするには、いささか不足を感じる。全国会議員や自民党所属議員に占める比率との比較や、歴代内閣との比較など、筆者の主張を裏付け数字は他になかったのか疑問である。これだけを根拠に「日本会議のお仲間内閣」と評してしまうのはいかにも牽強付会だし、今後の筆者が出す情報が総じてこの程度の根拠という印象を与えてしまう。
  5. P. 32, L. 14 西尾2005では「日本会議つくる会モラロジーキリスト教幕屋や……」と日本会議と並立して書かれているモラロジー研究所キリストの幕屋が、P. 31 の図表5 には日本会議役員として名を連ねている。この包含関係齟齬重要である。なぜなら、両団体日本会議からの働きかけを受け、役員を輩出する団体として西尾氏の活動支援している証左とも取れる一方で、日本会議に対して両団体独立して西尾氏を支援しているという根拠にもなりうるかである後者場合は、役員は「名義貸し」という解釈になるため、これをして「きわめて積極的運動に参画している」根拠とするにはいささか薄弱と言える。
  6. P. 69 L. 10 筆者は「なぜ日本会議とその周辺が靖国神社にこだわるのか」という疑問を述べているが、図表 2 にある通り、安倍内閣閣僚を見ると、日本会議国会議員懇談会所属議員靖国議連所属議員は大部分が重複している。靖国議連議員としてではなく、「日本会議の周辺」として「靖国神社にこだわ」っていると筆者が断じる理由がわからない。無論、思想的に共通する点が多く、日本会議の源流という文脈では筆者が主張するような解釈もできる。しかし、本書を読む限り、この疑問に答えるものはなく、前掲は問題設定として不適切ではなかろうか。
  7. 第三章全体に言えることとして、日本会議活動が、改憲夫婦同姓義務最高裁判決と同じ趣旨であることは論を待たないものの、日本会議の影響がどれほど大きかったか定量的評価がなされていない。日本会議に関心がなくともこれらの問題に関心がある、という分類の人は多数おり、日本会議活動が与えた影響の大きさを推し測れなければ、日本会議が時流を作ったのか時流に日本会議が乗っかったのかという疑問が解消されない。
  8. 四章は非常におもしろい。というのも、地方議会議員へ頻繁に請願アンケートを行うなど、組織バックボーンたる事務方能力が、ようやく採り上げられるからだ。連載の順序を踏襲して単行本を出すことは問題ないが、これまでの章立てでは、日本会議という組織がどれほどの規模を有するのか、なじみのない読者にはここに至るまで、とんと理解ができなかろう。少なくとも、これまでの各章を読み返す限り、日本会議が親睦会以上の実態を持った組織であることを示す根拠は極めて乏しいこれに対し、日本会議日本会議としての実態を伴った活動を例示しているのは、実はこの章が初めてである集会の開催といったものは、特段大きく固定された組織必要とせず、参加団体の持ち回りで運営できる。しかし、筆者が想定する規模の是非はさておき、定期的な請願署名アンケートといった活動継続的に行うには、HQとして一定程度の専従の職員資金的裏付け必要からである。このくだりを読む限り、専従者は数名で済みそうだが、真実や如何。
  9. P. 112, L. 9 「谷口雅春先生学会」は「谷口雅春先生学ぶ会」の誤りか。
  10. P. 113, L. 10 「ぷろでゅーす」は「プロデュース」の変換ミスか。
  11. P. 120 「『『決起』」と鍵かっこがダブっている。このあたり、推敲が不十分と思われる。連載中ならいざ知らず、単行本化に際しては校閲の不徹底を指摘したい。
  12. P. 161, L. 11 「……安倍政権は、このような人に支えられ、改憲路線を突き進んでいるのだ」とあるが、本章の後段はそれ以前の章と同じく、「このような人」の規模感がつかみづらい。証言依拠すればそれほど規模が大きいとも思えず、また知的水準も高いとはいえない若手世代排出が、日本会議にどれほど貢献し、ひいては安倍政権を支えているか認識できない。
  13. P. 185, L. 8「明治憲法復元のために」何十年と運動してきた人物さえ日本政策研究センター改憲優先順位を知らなかったという。一国の首相プロモーターが唱える政策が、一般どころか思想的に近いであろう人々にさえ知られていないというのは、いささか奇異に映る。ましてや、このような人々が同センター日本会議とをつなぐポイントだと主張するのは、説得力を欠く。つまり、同一の目標に向けて連動しているはずであるにもかかわらず、意思疎通が図られていないように読めてしまう。
  14. P. 212, L. 9 これまでも数度筆者はAmazon検索した結果を述べているが、インターネット検索した結果をそのまま典拠として用いるのは、本書の信頼度を大きく減殺する。取材しろとは言わないが、どの文献に載るプロフィールかまでは調べてしかるべきであり、雑な作業と映った。
  15. 第四章の途中から第五章にかけては、筆者の取材メモをそのまま写したかのような文章で、異常に読みづらい。筋立てて説明しているというよりは、手に入った資料と筆者の思考の断片を繋ぎ合せたような文章であり、筆者が明かした全貌が見えない。「一群の人々」の背後関係を調べるのであれば、各人物ごとに切り口を揃えないことには、理解の難しい内容となる。おそらく連載中は締め切りなどの関係もあり十分な推敲を経ずに掲載された回もあったのであろうが、単行本化に際してそれを放置するのは説明放棄といえよう。
  16. 第六章の真偽はさておくとして、単一運動を四十年続けるというのは、特段のカリスマ仮定しなくとも可能ではないかと感じた。例えば、会社員の多くは大卒の二十代から出世レースを始めるが、その中から六十代に勝ち抜けたもの会社経営者となる。終わってみればそういった経営者の多くは旧帝大を始め限られた大学卒業であるが、別に彼らは大学時代出会ったカリスマ的な人物の影響を受けて就職先での40年にもわたる出世レースを勝ち抜く決心をしたわけではあるまい。
  17. ただ一つ言えることは、長年知り合った思想的にも近いとはいえ高々10名ほどの人々が、四十年もの長きとはいえ緊密に連絡を取り合い行動していたとして、それが各々の所属組織に、ひいては現政権にどれほど影響を与えているかという点について本書は明らかにしていないのだ。無論、政治的組織のHQ に属する人々に影響力がないわけがないが、果たして国勢を壟断するに至るほどか、という恐らく本書を読み通した多くの読者が抱くであろう疑問に答えるには至っていない。その点、筆者の「日本会議が大きいわけでも強いわけでも」なく「他が小さく弱くなった」という結論は大いに説得力を感じた。


以上のように、筆者が単行本化に際して加筆修正すべきであった点を放置して世に出したのは、筆者と出版社の怠業である。一方で、本書を「巨大陰組織日本会議の全貌」のような内容という理解評価するのは本書を読んでいないか読解力が不足している。

感想一言で述べるなら「物理的にも内容的にも行間広すぎだろ」

2016-04-02

[]咲 157局「報告」感想

五位決定戦に向けての下準備回でしたね。

僕は咲本編の試合応援する高校を決めて「頑張れー!」って思いながら読むのが好きなんですよね。

五位決では新道寺を応援する予定なので、新道寺の描写も欲しいなあ。

新道寺は五位狙えると思うんだよね。

団体戦に特化した能力だけに、ガツンと爆発して大活躍して欲しい。

そのためには、中堅までの三人、特に中堅の江崎さんが、大阪二校でも特に強い愛宕姉、江口さんの二人とどう戦えるかが見物だと思う。

中堅までに勝ち越せれば、哩さんが無茶なことしなくても良くなって、

姫子さんがリザベーションの奴隷にならなくて、自分の闘牌を見られるってのも、注目したいしね。

江崎さんが活躍するためには……

やっぱり政治か、政治をよくしないと駄目なのか。

政剣マニフェスティアに課金すればいいのかな?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん