「プロ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プロとは

2019-02-20

本当にあった働きが悪いバイトによくある職歴

役者

ミュージシャン

ボクサー

漫画家

小説家

美容師

料理人イタリアンが多い)

お笑い芸人

自称投資家

Youtuber

プロゲーマー←New!

基本全員に「売れてない」がつく。

かい夢を見て自分ビッグだと信じているのでまず人の話を聞かない。

時間お金ルーズなので必ず揉め事を起こす。

突然休む。

よほど人手に困ってなければ採用見送りおすすめします。

新人エンジニア事業会社ベンチャー企業オススメしない

以下エンジニアITエンジニアプログラマーSEWeb系などとする(呪い避け)

___

 

事業会社の方が優秀な人が居るだろっつって入る新人多いと思うんだけど

プロジェクトの基本とか、いろは受託会社の方ができてる

何社も見てきたけど、事業会社プロジェクトマネジメント力はぶっちゃけ低い

受託が糞なのは間違いないが、3年目くらいまでは大変基礎が勉強になる、責任も重い

一番まずいのは常駐で事業会社ってパターンかな

 

事業会社プロジェクトがだいたいクソなのって、理由は様々だけど

ディレクションマネージャーが不在

 変に優秀な人が中途半端に回してる

プロジェクト境界曖昧

プロジェクト単位が1個のプロダクトではない

ぶっちゃけ責任が軽い、納期コスト意識も甘い

 (外注するときだけ重くなるw)

部署担当者が多すぎてカオス解釈できない、勉強にならない)

プロジェクト成功可否が結構曖昧大本営発表だったりする)

重要指標を見れないことが結構ある

従業員レベル思想バラバラすぎる

・だいたい偉い人がシステムわかってない、CTOが居たとしても何かIT宗教やってる事が多い

何だかんだ言って発注者に当たる人が身内であり、訴えられるようなこともない

 

あ、RやDやCやRみたいなところは良いと思う、同じ粒度案件ゴロゴロ存在するから

10年はどこまでも成長できるいい環境だと思う、知らんけど

今言ってるのは単一サービスみたいなところ

検査受けさせない親

白血病の疑いがある乳児の親に、精査が必要だと説明したのに、こんなに元気なのに白血病だなんてありえない、自分の子どもがそんな病気だとは信じたくないか検査をせずに様子を見ますって、、、検査拒否された。

じゃ、セカンドオピニオン行って他の施設意見を聞いて考えて欲しい、と伝えたら、今はまだその時期じゃないのでいいです、って、じゃあいつ行くんだよ。明らかにおかしくなってから行くんかい

我々は医学プロなんだよ。そりゃ人間から誤診もあり得るし、検査してみて白血病じゃなかった、という可能だって十分あり得るしその説明もしたけど、逆の可能性がそれなりにあると思ってるから必要から検査勧めてるんだよ。あんたらは親だからの子育児プロかもしれんけど、医学に関しては素人だよ。他人ブログに載ってる同じような検査データ赤ちゃんは、皆今元気だからブログ続けてるんだよ。検査遅れて、結局白血病と判明したけど助かりませんでした、なんて、不特定多数に顔だしてブログに書くわけないじゃん?

早く見つかったのに助からなかった子だって、何人も我々は経験してるんだよ。あんたのお子さんがそうだったら困るから、早く発見できるメリットが明らかにかいからプロとして検査を勧めてるんだよ。検査して異常がなければ、それも大きなメリットなんだよ。検査自体一般的な手技で、後遺症が残るような大変なものじゃないんだよ。って何回も説明したけど、自分達の聞きたいこと、見たいものしか認識しない親に何を説明しても無駄だったのか。

検査を受けさせない方が可哀想なことになるかもしれない、とは思えないんだろうか。

今元気だから白血病じゃない、なんて、医学的には何の根拠もない理由で、素人検査必要性を判断していいわけないじゃん…。大人なら自己責任かもしれないけど、乳児なんだよ。

2019-02-19

オタク砦がまた陥落する

信長の野望大志

信長の野望シリーズ光栄がその名を知らしめた大作

いまだにファンは多い

しか光栄大衆路線へと舵を切った

今や主力をスマホゲーに位置付け、信長の野望に力を割かなくなった

"旧態依然"とした信長の野望チームは、新たなプロヂューサーによってライト路線

こういう意見はあるけれども私は信長の野望は確実に進化していると思う

武将個性で戦う」から、「シミュレータ操作する」への変革

なぜ信長が強かったのか?その理由を、武将の強さから地理的な強み、戦略の卓越性へ根拠を求めている

こうした感覚を掬えないオタクども

新たな変化を拒み、砦にこもり総括を繰り返す

こんな畠山家臣団は、能登追放されてもさもありなんとしか言えない

戦いはライトvs.コア層ではない

ただのオタクものこしらえた砦が陥落する様は、「必然」の一言に尽きる


「我らを見限ったコーエー

そいつらが順調に発展し最高益を更新する姿は、彼らには見えないのだろう

anond:20190219145935

ギリ健でもメンヘラでもないごく一部の女優がこういう綺麗事プロバガンダ要員に当てられるんだよねえ

anond:20190219151701

ゲームツールとして謳っていながら裏でマイニング」と

ブログ記事と謳っていながら裏でマイニング」と

素人/童貞AVと謳いながら実際はプロの演技」

どれも罪の重さは同じくらいちゃうか?

anond:20190219150329

これがコインハイブじゃなくて、JavaScriptでただ円周率πを計算してたらどうなのか

とか、

短い計算だったら?とか、それも駄目なのか?

CPUとか熱とか言うなら、程度を明確にしろよと。

そして、国際的ルールとのズレはいいの?

日本独自制限を設けるならOSメーカーブラウザメーカーだって対応必要になるんじゃないの?とか

そういう話にならないとおかしいわけで。

とにかく、これまでなんの問題にもされていないスクリプトとの線引きを明確にしてから動いてもらわないと、開発者としては困るわけだよな。

プロ開発者だけじゃなくて、趣味ウェブに何かを公開したい一般クリエイターだって、困るわけだよね。

anond:20190219130711

プロ目指すなら一番盛り上がってて金になるのはMOBAっていうかLoL,dota2

安定のCS:GOそこそこ定着したOverwatch

格ゲーなんていうガラパゴゲーはオワコン

anond:20190219125344

でもだいたい持ち込み可じゃねえの?

プロゲーマーだと選手個人スポンサーがついてるわけだし、

いちばん注目される大会でそのスポンサー周辺機器が使えないなら金出す意味ねえじゃん。

「信念もってAV女優やってます!」みたいな業界プロバガンダ要員をやたらともてはやすはてなー

あれは後ろめたさを感じずヌくためにそうあって欲しいという願望なんやろなぁ

イキイキと働いて毎日充実してます!っていうワタミ従業員インタビュー信じてるようなもんやで

2019-02-18

東京ってもう偉い人は一人も生きていないよな

 ここは、戦後の混乱期、それを叩き潰すために1000万人の英雄が暴れ狂った場所

その英雄は一人も生きていない気がする

 狂ったように道路を整備し、学校設立し、ガチプロの執念で児童生徒を教育していたような

ガチプロ先生いたことなんてもう誰の記憶にもない気がする

 もはや人の気配すらないし、いたとしても、誰もついていかない悪い者しかいないし、

善人はほとんど気配がないから、こうなってるわけで、東京は、昭和天国から地獄

また平成天国から地獄に落ちていて、昭和の最高も平成の最高も消えていて、墓場になっている

何を見ても、何の思い出もないし、もう人格破綻してるのがばれてるから公務員をみても

感慨というもの特にない

暴れていて力があるのは失敗作のキチガイばっかだし、気配のする人がいるようにみえないし

仮にいたとしても考えが下衆すぎて尊敬できない、要するに時代を作れない悪い者しかいない

anond:20190218171134

処方箋薬局ならただの店員じゃなくて薬学プロだぞ

会話しながら処方のチェックしたりアレルギー反応起こしていないか確認している

ゲームガチギレする人って、大丈夫

子どもならまだ分かるよ。

でも、成人している人がガチギレしていたらちょっと笑うわ。

たかゲーム、されどゲーム」って言う人も居るんだけど

プロゲーマーでもないかぎり、ゲームって「暇つぶし」にやるものでしょう?

それにガチギレしちゃうってもう本末転倒じゃない。滑稽すぎる。

さすがに「俺の沸点低すぎ……!?」って自分ドン引きするレベルだと思うよ。

やばいって。ゲームときにマジギレって。プロでも無いのに。

主演男優賞

ニュースワイドショー主演男優賞とか夫婦ダブル受賞とかで初めて知った映画タイトルだけどもう忘れた。

それくらい知らない映画なのに受賞作、その映画って大衆向けじゃないプロ向けの映画なんだろうね。

2019-02-17

裁判所の信頼がなくなったから潰れて消えた

 昔から刑事訴訟法など、特に警察が間違わないよう、民法商法などよりも丁寧に判例を積んできた

実績があったが、10年前に、警察関係ない風呂場で遊んでいて、空に向かって

国家幹部殺害する~♪」と歌っていただけの奴を逮捕したり、書類送検したり散々間違いをしたか

もう信頼はない。今の時代警察検察裁判所を信頼している者はいいから、事務所も潰れて

必死で書いてきた判例も多くが消えてなくなった。偽物女がやってたのがばれて、本物のプロ

書いてた判例以外は消えた、今は、そのプロ女は国家はいないし、誰もそのプロ脳みそ

思い出す者はいいから、最悪すぎて、他界した。

anond:20190217115229

頭の中で、ループ再帰に変換するのが一瞬でできるようになればいいだけだしな。

関数型のプロ最初から再帰ロジックが思い浮かぶらしいけど。

anond:20190217110401

からすまんけど

角川は具体的な事は何も言わないからわかんないけど

昨年のブロッキング案件みてても、コンテンツ制作者(権利者)とコンテンツ消費者を明確に分けたいって意志を感じるんだよね

二次創作みたい権利曖昧なのは権利者が許す範囲コンテンツ消費者がやるもので、コンテンツ消費者自分と神の違いを常に認識してるべきと

そこへ、コンテンツ制作者が権利がまさにありそうな人が、コンテンツ消費者と変わらないことをされるとコンテンツガバナンスが効かないと

製作者は権利者側ではあるけど、ちゃんと神のように振る舞い、一般人とは異なると

あくまで、高度な技術をもったアマチュアなのかプロなのかわからなくなるようなやり方をしたくないと

でも、それって角川みたいなコンテンツ大企業からすれば、当然そうなるだろうけど

小さい制作会社や才能ある人は、自分たちの中に才能ある人がいてその人を上手に使って大きくなりたいと思ったら

同じやり方してたら、大きくなれるチャンスを逃しちゃうかもしれないんで、無茶をした方法を選びがちになる

そういう衝突だったんじゃないか

2の5話で、あえて、前作のオリキャラがでてきたのは、権利があるのは角川だという意思表示にも思えるんだな

コンテンツガバナンスを明確にして、コンテンツ権利者が、神が誰なのかをはっきりさせるためとも

anond:20190216233234

さっきこういうことがあるってのようやく知った

斜め読みしかしてないけど日本一周ではもうなんの話題にもならないんだなという感想

Twitterの初期のころ日本一周するといって話題になって本まで出した女の子どうしてるんだろう、ちゃんインフルエンサーになれたんかな

中学生アメリカ横断だと次は中東横断くらいしてくれないと話題にならないかもね

なんにせよ俺が知るところまで情報が届いたんだからすごいと思う

ちゃんと末端まで届いてるんだから

やってることはゴープロ持って鉄塔の先っちょにぶら下がってる青年たちと変わんないような気がするけど、死なないように頑張ってほしい

2019-02-16

anond:20190216170225

真面目にしんどいのにすまなかった。

気にするなといいたいが、気にするよな。

認知のゆがみもあるんじゃないだろうか。

心配だったらメンタルヘルスGO

色々相談乗ってくれるよ、プロだし。

ここで書くよりプロに聞いた方がええで。

ダウンロード違法化について

 ダウンロード違法化話題になっている。

 このことを考えるには「本とは何であるか」を今一度考える必要がある。

 本はもともとは「情報を記録してより多くの人に伝達する」ためのものだろう。

 「作者が金銭を得る」ことは本来なら「副作用」に類するものだ。

 「本とは何であるか」を見失ってしまたから複製が罪とされるのだ。

 もちろん、これは個人の感想に過ぎないが、もし間違っているなら教えてほしい。

 本とは一体何なのか?

 なぜ本を複製することが罪となるのだ?

※なお「本」をテーマとしているのは真偽は不明であるダウンロード違法化出版業界要請であるとされているため。

 もはや、この前提が正しくないのかもしれない。

 ミリオンセラーを出せば巨額の富を得ることできたのが、よくない。

 「良い商売」になってしまたか権力構造が生まれることになる。

 当初の目的は忘れ去られ、一部の人間のための理屈が全体を支配する。

 かつては「製本コスト必要」だったから、その費用請求したに過ぎない。

 しか現代ではデジタル技術によりゼロコストでの複製が可能だ。

 複製コストがかからないのなら読者は料金を支払うのはなぜか?

 「本を出したい側」すなわち「情報を記録したい側」「情報を伝達したい側」にとっては「無制限いくらでもデジタル複製できる」現代の状況は本来ならば喜ぶべきことではないのか?

 記録性や伝達性を高めるために生み出された手段としての本だが、逆にそれらを喪失しつつある。

 商売邪魔になるからと記録されなくなる。

 これでは本末転倒ではないか? 方向性を見失ってはいいか

 複製が悪と言うならばテクノロジーは間違った方向に進んでしまったのだろうか?

 複製コストだけじゃなく作者の生活費必要

 「本を売る」ということで作者の生活保障するシステムだ……、というのは一理あるだろう。

 だがシステムとしては欠陥まみれだ。拗れすぎてしまった。まるでスパゲッティコードだ。

 通説では「本を売るだけで生活できるようになれば生活のすべてを本を作ることに費やすことができる」とされている。

 しかし「売れること」への強迫観念質的変化をもたらしてしまった。

 競争はとても過酷だ。限られた人間けが「作者」になれる。

 「売れなければならない」から表現たかたことを切り捨てる。

 だというのに本は売れずに儲かりもしないなら怒りも沸くだろう。

 一体誰が得をしているというのだ?

 「本が売れなければ作者は生活できない」とは作者になれた側の理屈だ。

 現在システムでも切り捨てられている人間はいる。

 日の当たることのないものは闇の中へ葬られ、なかったことにされているだけだ。

 「本を出す」ということが「競争勝利した」という別の意味合いへと変容しつつある。

 半ば競技化した出版競争というもの他人を踏みつけた上にある勝利だ。

 ジャンルにもよるが、作品の中でどれほど綺麗事を語っていても、背景にあるのは血生臭い権利の獲得競争だ。

 トロフィー価値が下がるから「本は売れなければならない」という逆説的理論が構築される。

 目指すべきは「本が売れなくても生活できる」社会ではないのか?

 なら、いかにしてそれが可能なのか?

 ここで映画音楽の例を見てみよう。

 ところで映画音楽はいち早くダウンロード違法化を取り入れた。

 しか音楽なら公式MV公式無料配信され、映画なら地上波で放映されるものも珍しくない。

 有名な作品ほど、そうなる。

 結局はダウンロード違法化とは裏腹に無料デジタルコンテンツ提供されている状況だ。

 その一方で知名度の低い作品は人に知られることもなく消え去っていく。

 ダウンロード違法化によってデジタルデータ販売収益が得られるようになったのだろうか?

 どうやら、デジタルデータ販売とは別に収益を得ている様子だ。

 映画音楽と本の違いはなんなのか?

 キーとなるのは「施設」だ。

 映画ならば映画館が、音楽ならばライブハウスコンサートホールがある。

 他にもスポーツ場合でも施設があってプロがいる。

 野球ならば野球場、サッカーならサッカー場、バスケットボールならバスケットコートプールならプールゴルフならゴルフ場といった具合にだ。

 お金が欲しい人とお金を払いたい人が施設に集まる。

 施設を基点とする集金システムは、強い。

 「他人土地に無断で立ち入ってはいけない」という始原的なルールに基づいているためだろう。

 うまくいっているファンビジネスには施設があって、うまくいっていないファンビジネスには施設がない。

 本は施設との結びつきが弱い。

 「基盤となる施設の不在」こそが本の作者の食えないことの最大の要因であるとは考えられないだろうか?

 本にも書店図書館漫画喫茶といった関連施設があるにはある。

 だが、それらは作者の収入に直接的に結びついてはいない。

 デジタルデータのない時代、本は書店に行かなければ入手することができなかった。

 書店は「発売日に本を手に入れる」という日常の中でのプチイベント提供する施設であったといえる。

 しか現代ではデジタルデータがある。

 しかも売る側の人間が「本と電子書籍は同じ価値ですよ」と宣伝しているのだ。

 実物とデジタルデータは本当に同じ価値なのだろうか?

 書店でのサイン会のようなイベントは「宣伝になるから」という理由無償であることが慣例となっているらしい。

 むしろデジタルデータ無料サイン会が有料であるほうが直感的ではないか

 テレビ放送されてこそ「遊園地で僕と握手」というシステムがなりたつ。

 アニメ業界も同様に施設を持たないか金策に苦労するのではないだろうか?

 イラストレーターならアトリエアニメならアニメスタジオのような施設はあるが、これらは工場に近い。

 売れないといわれているアニメ業界だが、一部のアニメ映画はその例外のようだ。

 映画館という施設のパワーを借りたからうまくいったのかもしれない。

 それでは、どんな施設を作ればいいか

 それは出版業界人間が考えるべきことだろう。

 もし何のアイディアも思い浮かばないようであれば出版業界になんの存在意義があるのか?

 出版業界などダウンロード違法化と一緒に崩壊してしまえばいい。

 もしも作者と読者が直接的に結びついてしまえば出版社はお役ごめんだ。

 今後の生き残りを狙うなら出版社にも施設を用意する動機はあるはずだ。

 商業施設というのはただそこにあるだけでなく「関係性」を提供するものだ。

 演者と観客、対戦相手講師と受講生、提供する側とされる側といった関係性だ。

 お金を持っている人、お金を使う人、あるいは大勢の人との「関係性」を提供する「施設」だ。

 もしくは公共性を持った施設でもいいかもしれない。

 ここでいう施設というものはまったく新しい概念でなくてもかまわない。

 地図でも開いて目に付く限りの施設を本と結び付けて考えればアイディアひとつも思い浮かぶことだろう。

 本が売れないかダウンロード違法化というのは根本からしておかしい。

 それよりも適当施設を用意するほうがよっぽど現実的だと思うがどうだろうか?

anond:20190216100139

許すも許さないも、他人にはその権限がないから無力だよね?

他人の弱みに付け込む男を選んでしまうのは、人を見る目がなかったという他はない。

自分洗脳されていたことに気付いた時、やっと離婚できるだろう。哀れな女だ。

 

2019-02-16

■有安について

匿名で書きなぐりですので、話半分で。

わたしモノノフで、どちかというと有安が苦手でした。

2012年からだったか

透けて見える打算的なところなど、見てられないことが度々ありました。

でもそれは期待の裏返しでした。

私がそこまで有安に期待してしまったのは、彼女プロ(のアイドル)だったからです。

孤立することを選んでいたときも、ももクロにいる間はもう少し夢を見させてほしいと思っていました。(在籍中に男が居たとかはどうでもいいです)

なんだかんだ、やっぱり奇跡の五人だと思っていたので総合的に見たら大好きでした。

アイドルという存在尊敬の念を抱いているからです。

でも有安は多分、多分ものすごく悲しいことに、それが辛くて辞めました。

ももクロ過酷職業だというのはファンの皆さんが一番知ってると思います

からこそ、それをやってのける彼女らを応援していました…

これは勝手憶測です。主観です。

フォーク村のあの事件を見たとき、有安は不安発作を起こしているのではと思いました。

もし違ったとしても、とにかく「辛そうだ」と思いました。

精神的に不安定な人に期待をし、求めすぎることの怖さを痛いほど知っています

私には、ももクロ応援しわちゃわちゃや華々しい活動を期待する自由があると同時に、向こうにもももクロをやらない自由があると思いました。

「逃げ出したいほどももクロが辛い」っていう人を止めることはできないと思いました。

逆に、四人はそれをやり遂げ続けているんだから本当に尊敬してます

でもいつやめると言われても受け入れる気でいますし、その先にやりたいことがあるなら、犯罪じゃない限りはまず最初応援します。

有安さんには、ももクロで頑張ってくれたこと本当に感謝しています

相手について。

主治医(かもしれない)倫理的にどうなのとかいうのについては

ソロ活動について。

私は杏果推しではない普通のTDFですが、サクライブに申し込んだりもしています

在籍中のソロコンは、全く興味ありませんでした。

有安の歌が聞きたい人は有安の歌に投資をすればいいというのを読みましたが、私は別にそこまで求めていません。

ももクロアナザーストーリーを悪く言えばコンテンツとみなし、お金を払って見たいと思っています

アイドルをやるのが辛くて駆け落ち同然で辞めたと世間に思われてる女の子が、いつから計画してたかからない復帰ライブをやる。

果たしてどうなるのか。

なんか、ドラマみたいで面白いと思っています

何なら消費者立場としてTwitter応援コメントも書きます

あの絶賛に見えるコメント欄に、それくらいの温度感人間もいます

というか普通に、彼女の見るところに批判コメントは書きません。

そういえば、少し言いたいことがあります

有安批判ネット上ですることについて。

5chはまぁしょうがないとして、TwitterInstagram等の、有安が見るかもしれないところで批判してる人。

いくら批判をしれっと受け流しているように見えてムカついたとしても、相手人間です。しかも弱ってるかもしれない人間です。

叩いてる人の多くはかつての所属グループファンで、中には有安のファンだった人も居るでしょう。

でも、彼女は一度は好きだった人のはずです。

何かあってからでは遅いです。

空気にのせられて気軽に叩いてる人は少しでいいから考え直してみてほしいです。

心療内科いってたかもしれない若い女性です。急に何万人に敵意を向けられて、いつ何があってもおかしくないです。私にはちょっと出来ません。

かに本能的に受け付けないって人も居るかもしれません。そこの感情はもうしょうがない。気持ち悪いと感じてしまうんだから

でも出来れば大きく発信しないという選択肢をとることはできないだろうかと。

何より、本能的に拒否してる若めの女性男性批判雰囲気にのまれ

同調して叩いているオジサン、オバサンたち。一番タチが悪いというか、若者あなたたちは違います

違っていてほしいだけですが。

ファンが内紛というか内ゲバ起こして、かつてのメンバーが総叩きされてるとかいう状況、地獄です。

一番近くの笑顔を守りたいかなこちゃんおよび四人の為にやっているなら、正直どうかと思います

いくら事務所代表彼氏」「精神科医」「48歳」のどれかや全部に対して経験から何かしら嫌な予感がしても、

一人の人間である有安の将来を勝手に案じることなんて本来出来ないはずです。

一般論で「不幸になるかも知れないから」「有安のためを思って」と縛ることは、無意味です。

そして最後に。

有安が幸せならそれでいい、と思っています

これは、別に盲目ではありません。

幸せになってね。

ももし泣かせたら許さん。

2019-02-15

同人誌が高すぎ問題は「商業書籍が安すぎ問題である

ちなみにジャンプコミックスは200ページで450円だ。

それでも「フルプライスは高すぎる」とか「電子書籍なら割引がないと買わない」とか言われている。

「120p1200円でも気にしない」と言ってるこのツイッタラーも、

「ヒロアカコミックス2000円に値上げします」と言われたら「高い」と文句を言うんだろうな。

もちろん同人誌が高いのは量産効果が働いてないとかいろいろあるわけだけど、

そんな事情は買い手には関係のない話。

同人誌が高くても売れるのは「そういうものだ」という空気があるからで、

その空気が壊れれば「高い」と言われるのも不思議はない。

というか、いまはプロ漫画家はまったく儲からなくて

同人で稼いだ金で生活してる」みたいな話さえ聞こえてくるけど、

そうなると「なんで商業漫画はこんなに安いの?」

「それこそ2000円くらいに値上げすべきじゃない?」って思えてくるよな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん