「差し」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 差しとは

2018-05-23

ドキッ!美人女将は見た!ぶらり秘湯混浴露天風呂連続殺人事件グル

メもあるよ

ルポライター増田徳明は、警察庁生活巡査で兄の増田大ありきの作文に嫌気が差し出奔すいとんが美味しいと評判の南伊豆に来ていた。 下賀茂熱帯植物園時間をつぶしていた増田は、元植物学者の草野博と同行する怪しげな美女・綾らと出会う。 この出会いがFマウント標準単焦点レンズを巡る悲惨事件の始まりとは、増田はまだ知る由もなかった…。  


anond:20180518012247

ヤフコメ地獄。やはり日本世論セカンドレイプだった。

酒に酔って意識ない女性路上に…暗がりでわいせつ行為 容疑の男逮捕 防犯カメラなどから特定東松山

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00010007-saitama-l11

米欄セカンドレイプばかりだ。

女も悪い、女も同罪、女も罰しろ、俺も魔が差してやるかもしれない、触られただけで感謝すべき、男が可哀想、女が倒れていても無視するべき…。

こんなのばかりだ。

被害者いくら不注意だろうが加害者100%悪いに決まってるだろうが!!

そして極まれにあるそういうコメントには青ポチ

「30代のババアは襲われないから警戒するのは自意識過剰」じゃなかったのか?「女が夜一人で歩いていても安全な国」じゃなかったのか?

日本中からバッシングされる被害者、同情される加害者

山口の件と言い、被害者叩きが日本世論でありマジョリティであるらしい。

1918年の新入社員

昼食時以外は何も飲まない

会社で寝て会社で起きる

出勤という概念がない

退勤を拒否

パソコンを使わない

歓迎会では水すら飲まない

楊子でシーシーする

給料は賭けマージャンで全部差し出す

ガムを知らない

手紙の住所が会社

退勤簿をつけて残業

電話を見て高級品だと騒ぐ

anond:20180523185145

非モテを「頑張ってないだけ」と放置した結果、インセルが現れた。

これを避けたい。


非モテは男女両方いるので、「女だけ」差し出す話でないのは何回も書いてる。

要は、非モテに行き渡らなかった性を再分配するため、全員ある程度の不幸?負担を受け入れる、という施策

お前は「非モテ犯罪者」と決め付けるクズだということに変わりは無い。

非モテ理由にした殺人が、思考きっかけと言ってるのに何言ってんだこいつ

その理由を取り除く、そもそも非モテを生み出さな方法を考えてる訳なんだが。

非モテ増田

クッソつまらないレッテル貼り野朗ってのは理解した。

単に「お前が頑張ってない証拠」だぞ。

お前が何を思って「女差し出せ」って言ってるのか分からないし、理解しようとも思わない。

差し出したらそれだけさら被害増えるっていうことを予想することも出来ないのか?

そのかわいそうな女共はどうすんだよ。


分かろうとしている、と口だけ言うが

お前は「非モテ犯罪者」と決め付けるクズだということに変わりは無い。

非モテだろうと、なかろうと「誰だって犯罪者になりうる」のに何言ってんだこのカス

いい加減失せろ。上っ面だけ良くしようとしたゴミクズが。

ずっと非モテdisってんじゃねーよ氏ね

anond:20180523184203

今、非モテだけを犠牲にしてることを、全員少しずつ犠牲になるように改めようとしてるだけだ

非モテは男女いるんだから、「女」だけ差し出すとも言ってない。

そもそも殺人できる人間なんて元々なにか抱え込んでんだよ。

何かってなんだよ。

それが非モテだと私は考えてるんだよ

話聞いたって無駄。何も話してくれるわけが無い。

こうやって決めつけて、何が分かるというのか

あと、小銭の件は私の経済力でできることをしている。

それをとやかく言われる筋合いは無い

anond:20180523184007

お前は考えようとしているだけで人を犠牲にしようとしてんの分かってんの?

自分以外の「女」を差し出せば解決すんだろとかい安直な考えで笑う。

そもそも殺人できる人間なんて元々なにか抱え込んでんだよ。

話聞いたって無駄。何も話してくれるわけが無い。

たかが小銭の募金くらいで笑わすなアホ

anond:20180523164519

違うな。

非モテには、女性非モテだっている。

から自分も含めた男性差し出すべきだと思ってるよ。

anond:20180523164642

誰も非モテに手を差し伸べなかったし、それどころか唾吐く者さえいた。

いやさ……………

めっちゃモヤモヤすんだけど上手く言葉に出来ないわ。

とにかくお前は間違ってる。

anond:20180523164223

そうやって今まで誰も非モテに興味を持たなかった。

誰も非モテに手を差し伸べなかったし、それどころか唾吐く者さえいた。

インセルの件も、加藤の件も、前兆にすぎないだろうよ。

もう、この自由恋愛システム限界なんだって

資本主義ににてるけど、再分配システムがない分限界が早く来ちゃったんだよ。

anond:20180523164427

お前の言ってる事は「周りの女全て差し出してセックスさせようぜww」って言ってる。

お前の犠牲は1mmもない。

anond:20180516233626

自分の子も3歳になって自閉症っぽいのが辛くて検索してたらこ増田に辿り着いた。

3歳になっても全く話さないし、指差しもしないで手を引っ張るし、少しのことで癇癪を起こして延々と泣き続けるし。

そのくせブロックとかはすごい綺麗に色分けして並べるんだ。

並べ終わった後に自慢げな顔してたな。「すごい!天才だ!」とか思ってたけど、あれが自閉症のせいだったなんてなあ。

うちは奥さんが気にしてて、自分は「まあそのうち話すだろうし、大丈夫じゃね?」くらいに思ってた。

療育みたいな話が出ても「プロに任せられるなら任せればいいじゃん」くらいに思ってた。

でもいよいよ自閉症になると幼稚園に通っても行事に参加できなかったり、治らなければ普通小学校にも通えない。

この辺りの事実から「あ、この子普通じゃないんだ」って思うようになってきて、精神的に辛くなってきた。

そんなことを考えてたら、元記事増田さんと同じような夢を見たよ。

息子がべらべら話しはじめて、指差しして「あれもこれも」って要求してくるんだ。

俺はうれしくなって、「パパ、困っちゃうな」とか言いながら、喜々としてひたすら要求に応えるんだ。

目が覚めたら、いつも通りで、辛くなる。

そんな夢をみて、「あ、おれ気にしてるんだな」って思って、流石に泣いたよ。

記事増田さんもいい人だよ。

色々あるけど、やっていこうな。

anond:20180523125302

机と机の間にベニヤ板差し込んで書類とか付箋とか貼っておけばみんなマネするようになってぴんふ

anond:20180523105640

手切れ金のつもり(関係を切ることを目的として)で金を投げてるならそれも結局愛情ではない。

非対称であれ対価を求める関係所詮友情範囲であり、愛は本当に自分性癖関係なしに左のほっぺをビンタされたら右のほっぺ差し出すくらいの狂気があってこそよ。

オタク向けコミュニティ店舗考えた

まず、ゲームレンタルショップ経営する。

1時間PS4を2000円で貸出、ゲームソフトなら1時間300円とか。もちろん、ボードゲームなども貸出。

そしてその店舗建物内に「ゲーマーカラオケ」を出す。

この店舗ではカラオケディスプレイHDMI差し込むことができるようになっている。

お客様ゲームレンタルショップゲームを借りてきてたまたま近くにあるゲーマーカラオケゲームプレイする事もできるし、自宅に持ち帰ってレンタル期限内に遊んで返してもらうもよし。

anond:20180523073847

特攻隊自分の考えを差し込まない連中がやってたとかアホかよ。

あれ志願拒否しても苛め抜かれて家族非国民と蔑まれ挙句結局行かされることになるんだぞ。

あっちはただの殺人じゃボケ

anond:20180523063338

働いたら負け」は名言だった

反則選手謝罪会見動画を見た。

日本では、命令従順で、自分の考えを差し挟まない人材が登用される。

 

神風特攻隊お国に命を捧げた若者も、「こういう人たちだったんだろうなー」と納得した。

現代日本人も、企業のために過労死するまで働くことを美徳として教え込まれている。

 

(つまり鬱病になって仕事ができなくなる人が正常。犯罪に手を染めて利益を生み出すサイコパス従順社畜が異常だったとw)

2018-05-22

よくわかんないんだけど

なんで新幹線の駅はよくて、獣医学部ダメなんだろう。大学ってもう斜陽産業だろ?

籠池についてはアレすぎるのでコメント差し控える。

吹部出身者がリズと青い鳥が見て(ネタバレ有)

ネタバレ有なのでそれでも構わない方のみご覧下さい。






昨日レイトショーに駆け込んで観てきました。

まず初めに、私は吹奏楽におおよそ10青春を捧げた男です。担当楽器ユーフォニアムトロンボーンでした。

映画感想一言、素晴らしかった。

久しぶりにパンフレットを買いました。

吹奏楽出身者として映画を観ながら思ったことを書いてみたいと思います

まず、冒頭のシーンからずっと希美さんとみぞれさんは少しずつ演奏がズレています

音程(ピッチ)が悪いと希美さんは言っていましたが

二人で吹いていればそれとなく寄せて合わせていこうとするのが普通です。

冒頭の演奏ではそういった様子が2人からは感じられませんでしたし、

からだけでも2人は、ほんの少しだけずれた

平行線を辿っているような、

そんな印象を受けました。

吹奏楽部において人間関係不和が音に影響する、というのは良くあることでして、

ある程度歳を重ねると人間関係音楽に持ち込まない、ということが出来るようになったりもするのですが、

高校生というのはその辺りむき出しです。

感情がそのまま音に出ますし、

技量的にも不和による練習不足から

すぐにアンサンブルに支障をきたすようになります

しかし、だからこそ面白いという部分もあります

良い演奏を聴いて耳が肥えてきても

お世辞にも上手とは言えない高校生演奏に胸を打たれることがあるのは

の子たちがどういった高校生活を送って来たのか、それが演奏から透けて見えるような気がするからです。

まり上の話とは関係がないですが

冒頭のシーンを見たときに、

みぞれさんは、美人だなと思いました。

オーボエファゴットなどのダブルリードという楽器アンブシュア(吹く際の口の形)がやや特殊でどう頑張っても横顔が若干不細工になってしまうんですよね

アニメ表現ですから現実とは違う部分もあります

みぞれさんが楽器を吹く姿は美しかった。

話が逸れました。映画の話に戻ります

吹奏楽出身者として、

新山先生の件はちょっとないなと思いました。

いくら他に目にかけている生徒がいるとはいえ、

3年生の、しかフルートという花形楽器の中心人物で、コンクール自由曲でソロがあるような子の名前トレーナー先生うろ覚えだということは、まずあり得ません。

しかし逆に、あり得ない状況だからこそ、

希美さんの挫折感を更に煽る結果になったとも言えるかもしれません。

あそこまでの状況はないにせよ、

他人の才能に嫉妬する瞬間、というのは吹奏楽をやっていると感じたことがある人は多い気がします。

先輩、同級生、後輩、講師先生指揮者

この人には敵わないなと思わされた経験

私自身何度もあります

もちろん、他人との差に愕然としたとしても

その後、諦めず努力して、上手くなってやろうという気持ちはとても大事ですし、

高校生であれば追いつき、追い抜くということも不可能ではないでしょう

しかし、高3のコンクール、これで最後だというタイミングでそれを見せつけられることは

絶望です。

そして決定打になったあのオーボエソロのシーン。

希美さんの心情を考えると胸がしめつけられるような気持ちにはなりましたが、

あのシーンはただ、ただ素晴らしかった。

アニメにさほど詳しい訳ではありませんが、

後世に残る映像なのではないでしょうか。

京アニ楽器演奏シーンというとやはり思い出すのは涼宮ハルヒの憂鬱God knows…のギターソロですが、あれから10年が経ち、ここまで表現進化したのかと、圧倒されました。

みぞれさんや希美さん、その他の部員の表情だけでなく、

被写体深度が次々と移り変わり、映像がボヤけ、直接希美さんの視界を映している訳ではないのにまるで泣いているかのような表現

そして涙を堪え切れなくなった希美さんのフルートが息絶え絶えになってしまって音がかすれ、抜けてしま表現

そして何より、あのオーボエ

上手なオーボエは、

音が飛ぶんです。浮くんです。

それこそまるで鳥が飛び立ち、自由に空を舞っているような、本当にそんな音がします。

あのシーンはそれまでのみぞれさんの音にはなかったオーボエの独特な浮遊感が表現されていました。

名演としか言いようがないです。

音響の良い映画館であればオーボエの音が上から降って来るような感覚に襲われた人もいるかもしれません。正直、あの演奏聴くだけでも映画館に行く価値があると思います

あのシーンを見たとき

「音だけで、こんなにも繊細にものを語ることが出来るんだ」と、

そう思いました。

エンドロールに奏者の名前がありませんでしたが、あれはどなたが吹かれたものなんでしょうか。

あの演奏は、音で、芝居をしていました。演技をしていました。ブラボーと言わせて下さい。

最後に、

この映画ラスト差し掛かった辺りで

劇場版けいおん!!が公開された後に、宇多丸さんがラジオ評論していたのを思い出しました。

宇多丸さんは映画を観るにあたってTV版も全て視聴されたらしいです。

概ね絶賛されていましたが、一つだけ、

軽音部の面々が同じ大学に進学するという選択したことに苦言を呈していました。

というのも、軽音部は本来高校だけの期間限定、終わりがあるからこそ、儚いのだと

まぁそんなようなことをおっしゃっていたような気がします。(記憶曖昧なので大分脚色が入ってる気がします)

私も当時その通りだと思いました。

高校部活動には終わりがある。

からこそ楽しくて仕方ない一瞬一瞬が

一種の切なさを纏うのだと。

リズと青い鳥の終盤、希美さんとみぞれさんは各々別の進路選択します。

そのことがハッピーエンドなのかどうなのかというのは微妙なところだと思いますが、

この選択によって

リズと青い鳥という映画の切なさ、儚さ、美しさ、そういったものは際立ったのではないかなと

また、平行線だった2人が別々の方向を向くことで、コンクールに向けて1つに交わることが出来たんじゃないかな、と、そう思いました。

以上です。

とにかく、映画館で観ることが出来て良かった。機会があればもう一回観たい。

とりあえずサントラを買おうと思います

ごはんを食べて「おいしい!」って言う癖

子供の頃からかにつけて「おいしい!」を言っていたな、と最近気付いた。

未就学とか、小学生低学年とか、それくらいから。実際母の作るごはんはおいしい。それを差し置いても私はしょっちゅう「おいしい!」と言った。

きっかけや理由曖昧。母を褒めようとしていたような覚えはある。だから、無理のある「おいしい!」もあった。

キュウリトマトレタスハムをよそっただけのサラダに「お母さんがスーパーで選んだキュウリおいしい!」って言ってた記憶がある。我ながら苦しい理由だ…。

大学に入った時、一年だけ一人暮らしをした。その間、実家は母と父だけの二人になった。

父は、あまり料理感想を言わない。味音痴ではないし美味しいものは美味しいとわかる人だけど、言わない。既製品に対する文句ダメ出しはするあたり、美味しいイコール味が気にならないからわざわざ口に出さないのだろう。が、悪く言うと、母の料理には無頓着のように見えた。

それが関係しているかどうかは微妙なところだが、私が実家に戻ってきてから、母は何度かこう言った。

あんたがおいしいって言って食べてくれるから作りがいがあるわ」

私の「おいしい!」はもう癖になっていたから、そうなの?としか思わなかったけど、あとからちょっと照れた。

そんなことを言われたので、「おいしい!」は積極的に言うべきなんだなーと思う。なにも作り手のためだけじゃなく、自分のためにも

美味しいものをおいしいと言うと、さらにそれが美味しく感じられる。言葉を発した口の動きで、音を捉えた聴覚でオイシイという情報が脳に入ってくるので。て塾の先生が昔言ってた。

でもおいしくなければ言う必要はない。

私は「おいしい!」と言ったその口で、「煮物ちょっとからいよね」とか「今日味噌汁薄くない?」とかわりと言います

それで、うるせえ文句あんならテメーが作れや!てブッ飛ばされてもなにも言えないけど。

2018-05-21

anond:20180521124517

メガネの兄ちゃん恵方巻きみたいの頬張ってるアレのこと言ってるんだろうなーと思い、自分同意なのだ不倫食堂普通に集めているダブスタ具合に嫌気が差し

2018-05-20

ある能力

 その青年特に際立った特徴もなく、かといって不真面目と呼べるような人間ではなかった。ようするに平凡な人物なのだ。ある日、青年がいつものように会社への道を歩いていると、突然、青年の心に語りかける声が響いた。

あなたは惜しいことをしている。あなたには時間をさかのぼ能力が生まれつき備わっているのだ。こんな素晴らしい能力を埋もれさせていたのでは実にもったいない

「そんなにいうのでしたらどうです、ひとつ証拠でも見せてもらえないだろうか」

「いいでしょう」

 そんな声がして、視界は一変して青年の部屋の天井へと移った。青年はベッドに横になっていた。

「これはどういうことだ」

 青年は首を傾げた。確かい会社への道にいたのだ。どうして自分の部屋に戻ってきたのか。これは夢なのだろうか。そう考えるのが一番自然だろう。青年は確かにベッドの中で横になっているのだ。

 しかし、青年テレビをつけて驚いた。なんと今日ではないか青年はいつも出勤前にニュースを見る習慣がある。キャスターあいさつをして、今日が何月何日なのかを告げる。すると不思議なことにほんの一時間前にみたものと内容がぴったり一致する。新聞の朝刊をみても確かに同じ日付…正夢になったとはいいがたかった。

「どうしてしまったんだ」

 しかしそんな青年の問いかけに答えてくれる人物などどこにもいない。答えられるのは…

「どうです…?」

 青年の心にまたもや声が響いた。

「これは信じるしかないようだな」

「分かっていただけましたか

「ああ分かった。それじゃあ早くそ能力を僕にくれないか

「ご安心下さい、その能力は初めからあなたに備わっているのです。戻りたい時間のことを強く念じていただければそれだけでよいのです。ちなみに先程やったのはあなた潜在意識に呼びかけて…」

「そうなんですか」

「ただし、注意していただかないとならない点が一つあります。それは残り一度きりしか使えないということです。それではよく時を考えて…」

 そこまで言うと、声は響かなくなった…

「これは素晴らしい能力に目覚めたぞ」

 青年は胸をワクワクさせ、この能力をどう使ったものだろうかと考えはじめた。

 それからも、青年は色々とこの能力の使い道を考えていた。そして考え付いた結果が、出来るだけたくさんの知識を持ち、もう一度過ぎ去った時をやり直すというものだった。はじめから何が起こるかを予め知っていれば、どうしたものかと考えられる。これから先、いつそんな事件があるか分からないのだ。そのような点に注意深くならなければ…

 青年はそんなわけで何事にも注意深く、積極的に、熱心に取り組むようになった。すべて未来のためにと思っての行動だが、青年のまわりの人間はその変貌ぶりにただ驚くばかりだった。あれほど平凡でパッとしなかった人間が、様々なことに情熱を注ぎ、そして意欲を持ち、いきいきと取り組んでいるのだ。友の中には、どうしたらそんなふうになれるのかと問いかけるものもあった。そんなとき青年は決まってこういうのだ。

「素晴らしい未来のためだよ」

 もちろんこの言葉意味するところはもっと別のところにあるのだが、その言葉に感動し自分目標を持って生きようと意気込むものもあった。

 しかし、やはりそんな目先だけの目標はいつまでも長続きするはずもなく、途中で音を上げてしまものほとんどだった。

 そんな生活を続けて数年たったある時、青年は重大なことに気がついた。それまでは知識書き込みという作業によって蓄えられたと考えていた。しかし、良く考えてみると過去に戻れるのは自分記憶だけなのだ。つまり、こんな紙っ切れに書き込んだところでどうしようもない。

 そんなわけで、さら青年の熱心さは増していった。記憶法を学び、なるべくたくさんの知識記憶に詰め込むことに努めるようになった。多方面のことに手を出し始め、ついには新聞社に転職した。そのほうが情報が入りやすいと考えたのだ。そして着々と成果を上げていった。

 いまや青年新聞社の社長にまでなっていた。青年としてはそんなつもりはなかったのだが、その熱心さやら積極性やら努力やら、他色々と認められ、驚くほどのスピード出世劇をやってのけた。世の中からも注目を浴び、いまやテレビにも度々登場する有名人となった。多くの業界知識人とも知り合いになれた。そうなると、入ってくる情報量もますます増え、青年にとっては嬉しい限りだった。

 能力に目覚めてから色々なことがあった。いまではそれを全て覚えている。これだけの知識があればそろそろ…とも思いもしたが、いざ能力を使おうとすると、もう少し待ってから使ったほうが賢明というものだと考えてしまい、知識は溜まる一方だった。

 もちろん青年もその間人並みに恋をし、そして結婚にまでこぎつけた。社会的地位は高いのだ。自分から求めずとも自然相手は寄ってくる。その中で互いに心惹かれる相手出会い、そして結婚した。青年はやり直したその時も、この人とまた結婚したいと考えていた。子供も二人産まれ、まさに幸せ絶頂といえるであろう状態になれた。

 気がつけばもう50代後半になっていた。青年はもう青年とは呼べなかった。青年は夕日が差し込む社長室の椅子に一人で腰掛けていた。

 どっと疲れた感覚、体内の節々が老朽を訴えていた。世間一般からみればまさに恵まれ人生だっただろう。幸せな家庭を築き、社会的には高い地位に就いている。子供らもスクスクと成長していく。

「さすがに疲れたな。そろそろあの若き日の自分に帰るとす…」

 しかし待てよ、いま思えばそんな事をする意味はあるのだろうか。そんな事をすれば、確かに今より遥かに多くの金や地位を手にすることだって出来るであろう。

 しかし妻はどうなる?会社は?子供は?この世界はどうなる?青年はふとそんなことを考えて始めていた。こんな寂しい事は今までなかった。今までやってきたことを全て捨て、全く新しい世界果たしてうまくやっていけるだろうか。そんな気力が果たして残っているのだろうか。

 突然秘書が部屋に入ってくる。そしてこう言った。

社長の奥様とお子様二人がたった今、交通事故に遭われまして…重症で三人とも助かる見込みは…」

 いよいよ決断に迫られたようだった。しか青年の心は既に決まっていた。青年はほんの数時間前に戻り、買い物に出かけようとする妻と子供らを止めた。もちろん事故も起こらずに済んだ。妻と子供らは不満の声を漏らしたが、青年はただ優しい微笑みを浮かべるばかりで何も言わなかった。妻はこんな微笑み方をする夫を見るのは初めてだと思った。

 その一年後、青年は長年の疲労などが祟り、病に伏しそして逝った。

 これで良かったのだ。人生なんて一度きりで十分だ。この世界を離れるなんてこれ以上の哀しみはない。最期青年はこういい残した。

「素晴らしい未来のために…」

2018-05-19

anond:20180518182011

ikihaji_kun cloqさんが憤死しそうなブコメだと思った >俺のどのコメント不愉快になったか知りたい感

cloqさんスターを付けました。

↓↓↓

b:id:Cunliffe オタクちゃんたち、コロッと騙されるんだろな。

b:id:cloq ゴミ死ねカス

b:id:Cunliffe カドカワ、というかドワンゴですかね。Kawangoのass lickerの野尻抱介せんせいの反応がまあ楽しみ(棒/半年もすりゃオタクちゃんたち何もかもわすれてたのしブヒブヒ言ってるんじゃないの

b:id:cloq 死ね

b:id:Cunliffe これまで、もう本当にどうしようもない社会不適合者のオタクってのに会ったことがなくて、噂に聞くダメオタってどこにいるんだろうと思ってたんだけど、こういうので炙り出されてくる

b:id:cloq 死ね

b:id:Cunliffe 数少ない経験から言うと、これ身も蓋もない真実ってやつ(オタクが好きなやつな)だと思うわ~。

b:id:cloq 死ね

b:id:Cunliffe カタログミリオタいからね。

b:id:cloq 死ね

b:id:Cunliffe うすうす感じてたけど、やっぱりオタクって頭の悪い差別的宗教者で、コミケってそいつらの集会なのね。

b:id:cloq 死ね

b:id:Cunliffe エロにだけは敏感過ぎる反応する言論の自由戦士下半身、ピクリとも反応しないだろう。

b:id:cloq 死ねスタメン死ね

b:id:Cunliffe 俺たちの麻生(爆笑)ほんとチョロいよな、あの脳ミソの代わりに精液が頭に詰まってるバカども。

b:id:cloq 死ね

b:id:Cunliffe さすがニセ科学批判教団兼反表現規制かい自分のズリネタ守るためなら何でも差し出すアホは一味違う。

b:id:cloq 死ね

b:id:Cunliffe 弱者男性って、フェミニズム叩くために燃やされる藁人形からなあ。

b:id:cloq 死ね

b:id:Cunliffe 暇潰しに良さそう。

b:id:cloq 気持ち悪い

b:id:Cunliffe ホント酷い。余計なお世話

b:id:cloq はてなアカウントわたしバカですって書き残して死ね

b:id:Cunliffe SF警察滅びて欲しい。

b:id:cloq お前が死ね

b:id:Cunliffe 日本酒ちょっと濃い原酒は水で薄めると旨くなったりするよねえ。

b:id:cloq 酒飲むバカ死ね

b:id:Cunliffe 出町柳スリージェのカス

b:id:cloq 気持ち悪い

b:id:Cunliffe 貧乏学生感強くて良い。合わせんのはションベンビールだなあ。

b:id:cloq 気持ち悪い

b:id:Cunliffe やはり彼氏のベッドテクかに言及して新婦激昂というのが面白そうです。

b:id:cloq 気持ち悪い

b:id:Cunliffe 今度知り合いの女子高生に聞いてみますね。

b:id:cloq 気持ち悪い

b:id:Cunliffe ほんとお美しい。

b:id:cloq 気持ち悪い

b:id:Cunliffe べつやくさん美人だよなあ…

b:id:cloq 気持ち悪い

b:id:Cunliffe わりと実用的かな?

b:id:cloq キモ

b:id:Cunliffe いやその、とても素敵じゃないですか。趣味も、お姿も。

b:id:cloq キモ

b:id:Cunliffe サヨクが嫌いなオタクのみなさん、良かったですね。

b:id:cloq 冗談じゃねえぞ。死ねゴミ



なかなか死なないね

anond:20180519163909

そんな方法あったら人類困らないよなぁ

魔が差した時に踏みとどまれ理由として、何かがある人は強い気がする

人との繋がりや知識や逃げ場とか

選択肢の無さに追い詰められて行き止まりを見ると、無謀なことするんじゃない?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん