「人間」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人間とは

2019-05-24

anond:20190521184029

4.非暴力で育てた子供が駄目な人間になる(暴力犠牲を払わず失敗を手に入れる)

桑田マットの事例は重要

anond:20190523021636

好きかどうかって最終的に

製作者の人間性人間観が合うか合わないかに行き着く感じがする

ストーリーテリングうまいとか

演出うまいとか

画力とかのクオリティについては

客観的批評が望まれるが

そんな客観的批評は実現し得ないだろう

anond:20190524014325

その論理だと知り合いの犬を助け、知らない子供を見捨てるのは倫理的に許される、と考えていることになる。

この場合、たしかに種差別を行っていないが、動物権利を優先することで、間接的に同じ種である別の人間権利侵害されてもよいと考えている倫理観だということが分かる。

ありがとう。参考になったよ。

食人間に掛ける言葉はない

雑食のカラス食糧が足りているにもかかわらず肉を食うが、カラスに肉を食べないように説得することはない。

なぜ同じ人間からといって肉を食う人間を説得しようとするのか。

まさか言葉が通じるとでも思っているのだろうか。

同じ人間のように見えるが、肉食ですっかり脳みそが腐り果て、常識を疑いもせず進んで罪を犯し続ける人間言葉が通じるわけがない。

奴らに菜食主義を説くのはカラス菜食主義を説くのと同じだ。

動物権利の件

反論を見ると割と哲学倫理学人間権利のものに密接に関わってて

ヴィーガン支持するような無学な女層をあざ笑ってたインテリ男が

持ち前の学識的側面であっぷあっぷしてるの最高にサーカスティックだよな

anond:20190524012427

まあ平均的な人間が持つ不健康さを金でリセットできるとすれば年100万くらいの価値はあるんじゃないの。

絶対病気にならない権利」にいくらまで出せる?とかって話なら億までいくだろうけど。

anond:20190524012215

別の場合は別の場合で話をしようよ。

ヴィーガン問題で相反してる権利って、

動物の殺されない、産ませられない、管理されない、自由に生きるっていう権利と、

人間の安い肉をいつでも食いたい、常に充分以上の量を供給したいっていう権利と、

が相反してるわけだろ?

これ比べられるの?

人間動物自由蹂躙できるって思う?

anond:20190524011526

動物権利人間権利の相反が起きるってのはこういうエッジケースだけじゃないと思うのよ。

どこまでも論理的説明してくださらない?

それをするのは種差別必要ではないとするあなた方の責任じゃないの?

人間の本性「自分さえ良ければ他者はどうでもいい」

人間傲慢以外の何者でもない。

人間真実直視しよう。

anond:20190522170902

100%採用してくれないんだったら絶対面接行きません」みたいな人間だな

「1年以内の黒字化を100%保証できないんだったら新規事業稟議絶対に通しません」とか

ポジティブ退職エントリ

退職エントリを書く優秀な人は

という状態で「辞めます!クソお世話になりました!」って転職してるけど、退職する会社に不満がない状態転職するってすげえよな。

ブラック企業に勤めているんだが辞めたら次がない人間とは大違いだ。

肉を食べるのは良くないことだからやめろと言われても反論できない

はてなでは最近ヴィーガン話題だ。自分も肉は食うのだが、しかし肉を食べるのは良くないことだからやめろと言われたら反論できない。

まず環境に良くない。同じ量の栄養を持つ食品を作ろうとすると、牛や豚を育てるのと豆を育てるのでは環境への負荷が数桁違う。牛が出すげっぷに温室効果ガスが含まれていて、世界中の牛が出す量を合計すると地球温暖化無視できない勢いで影響しているという話もある。肉を食べるのは環境に良くないからやめろと言われると反論できない。

また健康にも良くない。脂身の多い肉は心疾患のリスクを高める。加工肉や赤身をとると発がんのリスク高まるWHOも言っている。肉を食べるのは健康に良くないからやめろと言われると反論できない。

さら日本人としても良くない。日本で牛や豚の肉を食べることが全国で一般に広まったのは明治以降の話だ。肉を食べるのは日本人本来の姿に反するから良くないからやめろと言われると反論できない。

そして倫理的に良くない。動物愛護法は「生命尊重友愛及び平和の情操の涵養に資する」ため「動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめること」を禁止罰則も設けられている。動物を苦しめるのは良くないことだという倫理は既に日本法律に組み込まれているのである。そして、人間も犬も猫も食べてはいけないのに牛や豚は食べていいというのは一貫していない。哺乳類全般は食べない、あるいは恒温脊椎動物は食べないという風にした方がルールとしても一貫している。肉を食べるのは倫理的整合性がとれていないからやめろと言われると反論できない。

肉を食べるのは正しいことだと主張する方法ほとんどないが、肉を食べない方が正しいと主張する方法はいくらでもある。ヴィーガンの主張をはねのけることができたとしても、このままではいつか何らかの形で肉食反対派が勝利を収める日もやってくるのではないだろうか。

anond:20190523170050

差別だよ。逆に聞きたいんだけど、そこで人間選べると思うの?

でも自分のじいちゃんが飼ってる牛と、ハロウィン渋谷ヤンキーの2択とかだったら牛選んじゃうだろうな

ヴィーガニズムアニマルライツへの違和感メモ

「スー・ドナルドソンらは、先住民族土地ヨーロッパ人植民地支配したのは不正であるという例を引き合いに出し、野生動物は領内で社会を作る利益を持ち、侵略者から彼らを保護するために主権を認めるのは有効であると指摘している。」

人間権利動物に拡大するというより、先住民族権利野生動物と同格に置いたという感じ方をしてしまうのだが俺だけ??

救命ボート問題

もし救命ボート転覆して人間赤ん坊と犬のどちらか一方しか助けられないとしたらどうするかと聞かれて、PETA動物倫理的扱いを求める人々の会)のアウトリーチ・コーディネーター、スーザン・リッチは「はっきりとは分からない…赤ん坊を助けるかもしれないし犬の方を助けるかもしれない」と答えた。動物権利哲学者のトム・レーガンは、たとえ犠牲になる犬の数が何匹であろうが、赤ん坊の方を助けるべきだと述べた。これはカント以来の伝統的な義務論の延長上に権利論を展開した、レーガン立場を示すものと言える。」

差別を全く行わない立場なら、犬を助け赤子を見捨てるのは倫理的問題ないはずでは?

人間を常に救うのであれば、種差別を行っていることになるのでは?

人間だけを特別視する宗教的な考えを拒否すれば、重度脳障害または重度知的障害を持った人間を、同等の精神知的レベル動物峻別することが困難になる、とシンガーは表明する」

まり知的障害者は同程度の知能の動物と同格に扱ってよいことになる。

別のところでシンガーは、痛覚を感じない障害もつ人間は、痛みを感じる実験動物より実験対象として適格であるような意味のことを述べている。

こういった考え方は差別的ではないのか?

anond:20190522224201

2019-05-23

オレはダメ人間から

自分より下の人間を見るとつい安心するんだよね。

からそういう人らを怒りを込めて叩くより、このままでいいんだよと温存したくなる。

他人に厳しい世界を望んだら自分他人から厳しくされる。

オレはできるだけゆるく生きたいんだよ。

馬券の下手な奴も、センスない奴はやめちまえとマウントを取って追い出すより、大いにやりなさいと保護しておけば、当たり馬券配当が旨くなるわけでね。

anond:20190523233718

自白強要があって冤罪になってるってことが分かってる事件では、少なくともその自白無効になってるっすよね?

可視化されてない現状では、強要があってもほぼ分かりはしない。

しかも「強要された」と証明しなければならない。無実の人間にとっては連行されるだけでも不当な損害なのに、だ。

協力したくないってお気持ち問題は、分からんっすな。痴漢対策に協力したくないって話も初めて聞いたし、共感も得られれそうにない意見っすな。

共感?要らんよ期待してないしそんなもん。

協力してもあちらさんは増長するだけで、男性側に何のメリットもない。協力する理由もないしそんなことに労力払うのも、差別押し付けられるのも真っ平。

本来痴漢でない俺は無関係だってのに、ろくに犯人区別もつかない女やその証言鵜呑みにする司法のせいで怯えなきゃならん。やってもない痴漢のせいで車両から追い出され、しかも女はそのくれてやった女性専用車両に乗りすらしない。

anond:20190523234404

家族以外の人間の前で体の恥ずかしい場所を見せなきゃいけない、アダルトビデオ作業

anond:20190523234047

9:3

すべて生きて動くものあなたがたの食物となるであろう。さきに青草をあなたがたに与えたようにわたしはこれらのものを皆あなたがたに与える。

= 青草は殺してOK。→ 食物とすることは選択であり義務ではないというヴィーガニズム立場根拠

9:4

しかし肉を、その命である血のままで、食べてはならない。

= 踊り食い禁止敷衍して不要な苦しみを与えることは禁止。→ 苦痛を与えるべきではない・浪費すべきではないというヴィーガニズム立場根拠

9:5

あなたがたの命の血を流すものには、わたしは必ず報復するであろう。いかなる獣にも報復する。兄弟である人にも、わたしは人の命のために、報復するであろう。

= 人間神聖。人の生命は全てに優先する。 → ヴィーガニズム反論根拠としてほしい節

9:6

人の血を流すものは、人に血を流される、/神が自分のかたちに人を造られたゆえに。

→ 前項の続き。詠嘆。人間神聖、人の生命は全てに優先する、なぜなら優先するからというトートロジー(定義なのでこれでよい)

9:7

あなたがたは、生めよ、ふえよ、/地に群がり、地の上にふえよ」。

人間生殖は常に肯定され人間自己保存は常に免責されることの再確認

引用元https://www.wordproject.org/bibles/jp/01/9.htm

[]5月23日

○朝食:なし

○昼食:大戸屋

○夕食:外食予定

調子

ウォーターフォールの上流に居る人間は、下流に居る人間に対して、横柄な態度を取っていいし、スケジュール感を無視しして無茶なことを言っていいし、理想を語るだけで何も具体的なことを言わなくての良いんだなあ、と思うことが多くウンザリしてきた。

極論、俺が客に聞いてその場でコーディングしたら10分で終わるんじゃ無いのか?

なんなんだろうな、いやこれは良くない発想で留保の無い生を肯定してくれるタイプの人に言うと笑われてしまいそうだ。

当たり前だけど、エンドユーザー開発者の間に何社も何社も何社も何社も入ってるのは当然意味があって、それぞれみんな自分仕事を頑張ってるんだもんな。

あーあ。

なんか人生って虚しいな。

こうやって俺はずーーーーっとウォーターフォールの最下流でそのまま溺れて死ぬんだろうな

なんもやる気ないわ。

コマスター

とか言いつつ遊ぶ。

暁、アルセウスセレビィギルガルド任意枠、任意

みたいなデッキよく見かけるんだけど

前4匹の強いだけじゃなく、これらのメタ有効なのがこれらってのがヤバい

要するにミラーにして立ち回りで勝ちを狙う方がいいみたいな話ね

このメタミラーを使うのが良いって環境クソゲーなのか良ゲーなのか判断ムズいよね

anond:20190523232316

割合問題を考えて、仮に高卒が世の中の多数派だったとしても、そんなやつを人間としてカウントするのは抵抗がある。

キモチップがキモがられてるけど、自分独演会を聞いてくれる人間感謝さえしない軍装コスハゲに比べたらマシ。

話の良し悪しはともかくインパクトに残るシーンがある作品が見たい

遊星からの物体X人間の生首からカニみたいな脚が生えて走り去っていくシーンとか、

ドント・ブリーズで女強盗がスポイトで冷凍精液注入されそうになるシーンとか

AKIRAで鉄雄が巨大な肉塊に変貌していくシーンとか

ひあーずじょにーとか、

別にエグい奴にも映画にもこだわってないんだけど、

話の良し悪しはともかくとして一回見たら忘れないようなシーンがある作品ってなんかないですか

anond:20190523215246

矛盾してるんじゃないと思う。「人は獣・鳥・蛇・魚の上位者であり草は生命ですらない」という”間違った”信念が増田民の99%と衝突してるだけ。

上位者として劣ったもの搾取しない心がけは正しい」「生きていない草だけを食べて生きていけるならその方がいい」というのは全くおかしくない。ただ人間上位者とか草は生物じゃないとかいった傲慢な性根の歪みが表層まで現れているだけのことだよ。

管理職が内輪の会話で「部下をこき使わずコンピューター活用しよう」と言ったら間違いだとは思わないだろ? でも自分管理職だと思ってる平社員が言ったらどう思う? 「コンピューター」だと思っているものが実は「低賃金バイト」だったらどう思う?

仏教/神道では神はせいぜい管理職だし、お前は平社員だし、草も平社員なんだよ。当たり前の真理だよな?

あるいは歪んだ性根も極めれば似通ってくると批判することはできるかもしれない。いずれにしろ、これは極めて根の深い宗教的対立なんだよ。

何かを愛することと『しもべ先生尊い生活 DEATHLESS』

我妻命先生の『しもべ先生尊い生活DEATHLESS』をやっと通販で購入でき、読了。本編同様号泣したのでこの感情激流のままに感想を書き殴ります

元々商業版の『しもべ先生尊い生活』が大好きで大好きで、自分にとってあまり大事作品で、紙の単行本が発売されなかったことは未だに悲しんでいて私が権力か財力か名声を手に入れたら絶対に紙の単行本にするよう出版社圧力をかけるんだと心に決めているし、電子版も分冊じゃなくてまとめて出してよ〜!!と未だに祈ってる。そもそも好きすぎてなるべく早く電子版手に入れたくて、kindle追加が待てずにしもべ先生の為にkinoppyダウンロードしてkinoppyで購入したんだよなという甘酸っぱい思い出。

諸々の思い出はさておいて、『しもべ先生尊い生活』がなぜ私にとってこんな大事作品なのかというと、この作品はあまりにも何かを愛するということを真摯からなように思う。私は所謂厄介解釈厨みたいなタイプ人間で、なにかを好きになると1人でどんどんどんどん解釈純度をあげる方向に向かい、誰に見せる訳でもない感想解釈を何万字も書き殴る、そういうタイプ人間だ。だからこそ迂闊に他のファン意見をみることすらできないし、公式メディアミックスかに結構傷つく事が多くて、1人静かに黙々とオタク活動をするしかない。そもそも好きになる作品は、例えば漫画なら重版からないような漫画ばかり。重版がかかろうがかからまいが私にとってはその漫画世界一売れてて世界一素晴らしい漫画だと思ってるけど。

しもべ先生という作品は、何かを愛するということに対してあまり真摯だ。漫画アニメに限らず、何かを愛する、何かに救われる、何かを崇める、何かを祈る、ということに、あまり真摯なのだ

本編で私が一番好きなのは(いや全話一番好きだけど)第5.5話で、かなりザックリ言うとこれは自分気持ちが恋なのか?と悩むしもべ先生辞書の恋という定義に当たるものの……という話なのだが、これ、何かを愛する人、本当にみんなに読んでほしい。特に女の子が好きな女の子に。上手く言えないけど、あなたの好きは変なんかじゃないんだよということを、好きにまつわる苦悩から逃げないままに、全身で訴えてくれる、それがしもべ先生なのだ

そう、しもべ先生という作品は、力強く好きという言葉肯定する一方で、好きということが引き連れる苦悩から決して目を逸らさない。だからこそ、好きというものに救われながらも苦しむ私達の、私の、救いとなるのだと思う。

本編の話は無限になってしまうので置いておいて、さて、同人誌版『しもべ先生尊い生活 DEATHLESS』について。

この本も相変わらず、何かを愛するということに非常に真摯だった。

「しもべとベアトリクス様」は、人間が何かに救われ生きるということ。ふと、何かに救われる瞬間、救われることで世界がきらめく瞬間、社会という苦悩、こういうものをこんなに上手に表現できるのかと。我妻命先生モノローグが本当に好きなんですが、まさしく我妻命先生の最高モノローグや最高画力、最高画面構成なんかで、この苦しい社会の中で惨めで空っぽ気持ちで生きる人間が、ふと何かに救われる瞬間について丁寧に丁寧に描かれている。苦しい人、悩んでいる人、何かに救われた経験のある人、みんなに読んで欲しい。愛することができるというのは、愛させてくれるというのは、やはり救いで、祈りだ。

そして、「しもべと舞台 その2」。これは本編でも描かれていた舞台化についての話だが、本当に、本当に私が抱えてきた公式メディアミックスやなんかによる傷つき、けれどどうしようもなく愛することはやめられないこと、祈り、それらに対する救いだった。

例えばアニメ化が嬉しいこととは限らない。もちろんそれで売れてくれれば嬉しいし、好きな作品が多くの人の目に留まるのは嬉しい。私は、連載で、続きもあるのに、続きの単行本を出すこともできない作品をたくさんたくさん知っていて、たくさんたくさん好きになった。一冊しか漫画を出してないまま漫画を描かなくなった(描けなくなった)漫画家さんの漫画を、いっぱい好きになった。だからこそやっぱり好きな作品が有名になるのは嬉しい。

けれど、作画だとか、脚本だとか、演出だとか、声だとか、演技だとか、そういう色々な要素に時々どうしてもひっかかってひっかかって飲み込めないやつがいて、アニメ化関連のグッズやなんかを買うし録画もするけれど、結局アニメ本編はみられなかった、ということが往々にしてある。そういう時は、アニメ良かった〜というファンニコニコ眺めて、私はひっかかって飲み込めないやつをどうにか外に出さないように、1人で消化できるように、頑張るしかない。

舞台化もそうだ。いや、舞台化やアニメ化に限らず、どうしてもどうしても大好きな作品でも、メディアミックスかなんかでどうしようもなくひっかかってしまう瞬間というのがある。

けれど、ひっかかってしまう、全ての展開を全肯定してニコニコできるような、謂わば〝模範的〟なオタクではないけれど、けれど私はどうしようもなくそ作品が好きだし、例え私にどこかひっかかるところがあったとしても、やっぱりメディアミックスしかりで作品に関わってくれた全ての人には言葉に尽くしきれない感謝はあるのだ。

好きという感情は、どうしようもなく厄介だ。必ずしも、幸せだけを連れてきてくれるわけではない。好きになればなるほど、モヤモヤも苦しみも一緒に連れてきてしまう。けれど、それでもやっぱり私はその作品を、その何かを愛して良かったと胸を張りたいし、愛していると叫びたい。

しもべ先生は、そういう、好きというもののどうしようもなさも、しっかり向き合ったうえで、けれど好きというものの美しさを語りかける。だからこそ、私にとってこの作品は救いだ。色々苦しい想いをしてきたけれど、けれど私の愛した様々なものを、私は愛して良かったと思わせてくれる。

漠然としていて抽象的な書き殴りの絶叫だが、本当に素晴らしい漫画だった。

我妻命先生、本当にありがとうございます

anond:20190523223031

養育費が捻出できないか出生率が下がってるんだが?

後先考えない連中と、金のある人間けが子作りしてるのが現状

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん