「身長」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 身長とは

2017-11-20

anond:20171120164737

収入が安定していて実家との関係も良いか結婚相手には良いけど、魅力度で考えると「無理!!」な男と

結婚につながらない交際を続けるのは損でしかないでしょ。

その男は私とそれほど年が変わりませんが、かなりの高学歴かつ稼ぎも相当良く、身長が高く、運動部にいたためガタイもよく、見た目や服装に気をつかえて、人の話を膨らませて聞き役に回ることが非常にうまく、連れて行くと女性が喜ぶお店をたくさん知っていて、またセックスもとても上手でした。

彼氏が持っていないものをたくさん、たくさん持っていました。

こっちは結婚展望など度外視しても、いくつかの素晴らしい贈り物をくれる関係だったわけだけど。

見た目に気をつかわず女性として扱われず、飲み会では自らを犠牲に笑いをとり、

女子大生なのに「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者」なんていうありえないほど卑屈な自己認識で腐って、

せっかくの若さ可能性、伸びしろ台無しにしようとしてた子が自ら変わることを望んだきっかけを作ったのは鼻毛元彼ではなくオフ会男。

大学4年生が経験した恋愛の記録

私には3年半付き合った彼氏がいました。

大学生になってから付き合い始めた初彼氏社会人

アラサーで、多忙職種の人で、仕事が大好きで、多趣味で、友達仕事人間との関係構築も良好で、兄弟実家との関係問題なし。

何より私が勉強したいことや興味のあることを応援してくれる、まさかこれまで彼女がいなかったとは到底考えられないほど素晴らしい人でした。

私はこの人と結婚するつもりでいました。

一人暮らしが長いため生活力があったこと、自分能力を以って稼ぎ続ける人だったこと、友人や家族上司・部下といった人間関係の構築に一切の難がなく人望が厚いこと、貯金ができること、何より私を心から気遣って大切にしてくれる人だったことです。

結婚相手にはこの上なく素晴らしい、最高のひとです。

そんな彼と私にはある共通認識がありました。

自分みたいな非モテなんかが、ここまで異性に気に入ってもらえることなんて今後ありえない」です。

彼はアラサーになるまで仕事一筋、恋愛にも興味がないため、モテの何たるかを一切心得ていません。

デートでも鼻毛は伸び放題、身体微妙にあっていないサイズの服。

でも私にとってそれは、好きな人と一緒に過ごす上では瑣末なことなので、鼻毛カッター買いなよと言ったくらいで別に気にしませんでした。

彼の誠実で実直な人間性を好きになったからです。

それゆえに彼は、彼のままでありつづけながらも離れない私を見て、前述した共通認識を持つようになりました。


一方私は、高校大学時代全然モテませんでした。

もっと言うと、女性として扱われることが少なかったです。

彼氏がいると公言していたり、飲み会では自らを犠牲に笑いをとって盛り上がる側になる他、見た目にもそれほど気をつかわずに生きてきた期間も長いものでした。

またそもそもの人相があんまり良くない上にそれをカバーすることも特にしませんでした。

そんな自分でも彼は私を好きでいてくれたからです。

それゆえに私は「自分なんかにはもう異性に言い寄られることなんかないし、それでいい」と思うようになりました。

まり、「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係の一致が、学生社会人カップルを長く続かせる要因になりました。

しかし、もうすぐ4年目にさしかかるところでこの関係は終わりを告げました。

原因は私の浮気です。


きっかけは某SNS

オフ会出会ってから仲良くなった男性がいました。

いい友達になれるかも!と思い、2回目に会って食事をしたときお酒の勢いで家に連れ込まれました。

なぜ断らずに家に入ったか

彼氏多忙でなかなか会えない寂しさをまぎらわせるため

・正直、男性に求められることが嬉しかった

彼氏以外の男を知る経験をしてみたかった

から、です。

寂しさを紛らわせるための浮気、よくありますね。

そこに、自分が信じ込んでいた「自分にはもう異性に好かれる可能性がない」という思い込みを壊してくれる期待が重なります

それに、男性経験が一人の人生でいいのだろうか…?という考えもよぎります

その上お酒の力で気分がいいので尚更判断力は鈍り、結果男の家にほいほいと入って行きました。

こうして私は初めて、彼氏以外の男と唇を重ね、セックスをしてしまいました。

その男は私とそれほど年が変わりませんが、かなりの高学歴かつ稼ぎも相当良く、身長が高く、運動部にいたためガタイもよく、見た目や服装に気をつかえて、人の話を膨らませて聞き役に回ることが非常にうまく、連れて行くと女性が喜ぶお店をたくさん知っていて、またセックスもとても上手でした。

彼氏が持っていないものをたくさん、たくさん持っていました。

ことを終えた後、酔いも覚めてきて、罪悪感に支配されました。

しかし男が持つハイスペックぶりと彼氏スペックを比べたり、「私を好きでいてくれる男がいる喜び」に味をしめるようになったり、これまで経験たことがない性的快感にハマったこともあり、オフ会で知り合った男に入れ込むようになりました。

何度も何度も逢瀬を重ねるようになりました。

何日か経って、彼氏に会った時、自分の中に異変が起きていました。

デートなのにあまりにモサっとした見た目… 行く飲食店も変わり映えのしないところばかり… セックスもあの男の方が全然気持ちいいじゃん… といったこれまで気に留めなかったことばかりが目につくようになりました。

私は彼氏以外の男と交わることで、初めて比較対象というものを得ました。

これによって私は、これまで良しとしていた彼を「無理!!」と感じました。

何より「もう今後誰にも言い寄られる可能性がない者同士」という利害関係崩壊たことが決め手でした。

こうしてもう彼氏として見ることができなくなり、気持ちが離れていきました。

3年半も付き合ってきたのに、あっけない終わりでした。

長かった彼氏との関係を解消し、オフ会で知り合った男にいよいよ本気になった私は徐々に、自分所詮セフレ以上の存在にはなれないことを悟ります

私以外にも同じように、オフ会で知り合ってセフレにしている女が何人もいたことを男本人から伝えられました。

私を好きになってくれたのではなく、ただの暇を繕う玩具として扱っていただけのことに気づきました。

まり経験が浅い私は、こんな人本当にいるんだ…というショックを受けました。

今まで彼氏は私一人を大事に扱ってくれたので、それと同じように、オフ会で知り合った男も私を大事にしてくれるのだと思い込んでいたのです。

私はやっと、彼氏がどれだけ愛情を注いでくれたか気づきました。

自分勝手な都合で、彼氏気持ち裏切りました。

男は私がだんだん本気になり始めたとわかると、連絡を無視するようになりました。

嫌われたんだというショックよりも、自分はもう用済みなんだという屈辱的な扱いに愕然しました。

何より「気持ちが離れたから捨てた」というこの男の行動は、私が彼氏にしたことと同じです。

因果応報、彼をいかに傷つけたかに気付きました。

なんとか彼女に昇格しようとして気を引くのも、気に入られようと努力するのも、全てが虚しく感じました。

こんなことをしても私は結局幸せじゃない。

結果として私は多くを失い、今フリーとして生きています

しかし、その最低と言わんばかりの男からは、いくつかの素晴らしい贈り物をもらいました。

・恋をしたので見た目に気をつかうようになった(事実母親女友達インターン先の女性社員から見た目を褒められることがグッと増えました。美容室で髪の毛を整えたり、自分に合うメイク研究したり、ジムに通い始めたのも、オフ会で知り合った男がきっかけです。)

・「私を気に入ってくれる異性なんかいない、私にはもう次がない」などという後ろ向きな思い込みを捨てさせ、未来希望を持たせたこと(穴扱いとはいえ、頭脳や見た目はハイスペックの選別するレベルにかなったようなので、私はちゃんとすればまだまだイケるんだ!と思うようになりました。これがたとえ盲信だったとしても、後ろ向きなまま生きるよりはきっと健康的です。)

・人はスペックではなく、人間性を何よりも重要視すること。スペックだけに目がくらんで作った人間関係では幸せになれない。

自分もまた、見た目やスペックに加え、最後人間性によって選ばれているということ。

・人から好かれるためには、まず自信を持つこと。その自信を持つために、自分がやるべき仕事をきちんとこなし、よりよい仕事をするための勉強を欠かさず行い、時間厳守挨拶気遣いといった人として当たり前のことを当たり前のようにやる。そうして昨日の自分より頭のいい自分になる努力を重ねていくこと。

フリーになって自分を見つめ直したとき、気づいたのはこれでした。

自分を無理やり切り替えて前向きに生きなおすための思い込みですが、「あの男との出会い自分を次のステージに進めるための必然出会いだったのだ。私はもう二度と同じような過ちをしない。これ以上不必要に人を傷つけずにうまくやっていくための気づきを与えてくれたのだ」と思うことにしました。

そう思いながら、学生の本分である勉強を、心を入れ替えて始めました。

そしてもうしばらく、恋愛はいらないなぁと思いました。

こうして大学生活、終わると思います。読んでくださってありがとうございました。

2017-11-18

結婚子なしには人権もないのかだの努力している人間ばかり金をとってふざけるな等とほざく在日朝鮮人どもに告ぐ

増税は大賛成だもっとやれ

そもそも今の日本で働いて金稼いでるような連中や

10万以上の現預金があるヤツ、手取り10万以上あるヤツ

大学出てる奴、身長が170cm以上あるヤツ

それにリア充などといわれて恋愛や、ましてや結婚してるような連中は、間違いなく在日朝鮮人朝鮮人に決まっている

平和を願う普通日本を愛する日本人である俺たちから搾取して私腹を肥やしているのを、安部総統閣下自民党国内寄生虫在チョン駆逐してくださってるための増税だろ?

年収300万届かない俺たちにはなんら関係ないのがその証拠

日本はオレたち日民族の国なんだよ

在日朝鮮人はいます日本国籍と全財産放棄してこの国から出ていけ

お前らがため込んでる金や、汚らしい9cmチンポをしゃぶらせてる上級国民お嬢様モデルアイドル声優大和撫子との恋愛や、リア充の座は

本来日本民族であるオレのものなんだよ

それでも飽き足らずに文句言うなら、返せよ、そして日本から出ていけ

anond:20171117124910

偏見でも何でもないよ。男の立場が女より上だった昔の男社会では、女が高身長の男を求めていた理由を考えてみればいい。

カップルで並んだ時、男の身長が女よりも低かったらみっともなく見えたからでしょ。

そして、女の経済力発言力が増えた社会においては、男から見て背の低い女は頼りなさそうに見えるよね。

女が経済力評価される社会においては、チビ女は限りなく低評価だよ。

だって女性社会進出と言う社会の変化に合わせて、価値観を変えているんだよ?

2017-11-17

anond:20171117122322

あと、二重の人と身長が175以上の人と天パじゃない人とズル剥けの人と・・・

課税されないほうがだんだんつらくなりそう。

anond:20171117124910

元増田男性だと思うけど…

背の高いことがコンプレックスであった女は、フェミニスト感謝するべきだと思う。

この他人事のような言い方からして、高身長女性ではない事は確実。

かと言って低身長女性にも見えないし。

anond:20171117112739

社会崩壊しつつある←わかる

経済力がなくなって追い詰められた男は、経済力のある女に頼るしか道がない←まぁわかる

頼りがいのなさそうな背の低い女の肩身が狭くなる←おっすごい偏見きたな

男に文句を言っても始まらない←いや、別に男に文句は言っていないぞ…強いて言えば元増田高身長女性)の意見に対して言っている…

「傾向がある」という言い方はされているけども、この言及みると、高身長女性マウンティングされただけ感がすごい

もしかしてコンプレックスがあるのかなと邪推したくなるくらい

稼げば自分より低身長男性におモテになる事が分かっているなんて良かったですねと言っておこう

anond:20171117112316

身長乙武さんが絶倫であったように、

基本的に背が低い人は成長・維持に生命エネルギーが使われない分だけ精力が増すんじゃないか説。

充実したセックスライフを送りたかったら、低身長男を選ぼう。

anond:20171117110443

日本でも、あなたより低身長男子はあまり見つけられないように、思うけれど……💦

うける





。゚(/□\*)゚。

anond:20171117095539

背の低い女だが、フェミニストに怒るべき?

って思ったけど、別にモテなくて困ったみたいな悩みを持ったこともないし、親姉妹みんなこんなもんだけど身長どうこうが異性関係で不利になった話は聞かないので、生まれ持った外面をそういう傾向があるのではって片付けられるのは割と悲しいものがある。

anond:20171117111512

そうだと思うよ。昔は、低身長の男は悲惨だったよ。

から恋愛対象にされていなかったし、男からバカにされていた。

金もいらなきゃ女もいらぬ、あたしゃも少し背が欲しい」なんてフレーズ流行たかな。

身長でも昔ほど割を食わなくなったのも、女性社会進出ゆえ?

anond:20171117105846

チビでも魅力がなきゃハロらない。要するに身長と魅力は比例関係特にない。

2017-11-16

ビジネス書を読む気になれない

父親からビジネス書を読んだほうがいいと言われた。

そして、自分会社バイトしろとうるさい。

理由としては、これから働くのに必要からだとかいう。

しかし、ビジネス書を読む気にも、バイトに行く気にもなれない。

ビジネス書というのは、どこか好きになれない。

自己啓発的というのだろうか、宗教的というのだろうか。

そんなものを感じる。

そして、経営者御言葉に有り難みを感じることが出来ない。

所詮は、自己利益しか考えていないものだし、カネをくれるわけではないのだ。

そして、自分容姿はどうにもならない。

バイトに行けない理由もそうだ。

父親会社バイトをした時に、何か容姿自分は違い醜いという感覚に陥った。

鏡を見るとやっぱりそうで、肌が醜いし身長も低く顔が大きいか相手不愉快になりそうだ。

そして、何だかんだ社員関係がぎくしゃくする。

多分自分は働くのに向いていないのだろう。

結局、光文社の『世界を揺るがした10日間』を買った。

これはビジネス書とは正反対で、ロシア革命ルポタージュみたいなものだ。

いつかは父親死ぬだろうし、自分もどうにかしないといけないのだろう。

そんなことよりも、どんなことよりも容姿をどうにかしたい。

それが、どんなビジネス書よりも効くはずだ。

anond:20171116102422

まぁ実際育ってきた環境とかも大きいと思うけどね。俺は割と女が多い幼少期だったし。

男同士だと対抗意識とかが強くなったり、自分にできることがなんでお前にできないんだってことになりやすいけど、女だと全然違う生き物だから、お互いの期待値も下がるし、出来ること出来ないこと、得意なこと苦手なことでうまく協力し合える感じがする。電球交換とか展開だけど、男同士だと身長差があっても、椅子でもテーブルでも持ってきてやりゃいいじゃんって思う。

家族愛恋愛の次の形だと思ってるから増田が男同士でガチ恋愛してるなら話は変わってくるかもしれないけど、そうじゃないならただ単に女慣れしてないだけじゃない?

2017-11-15

底辺人間はどうすれば平均になれるのか

ある日、大学の校門を皆の流れから逆らって出ようとしていた。

自分は授業が1限しかなかったし、寒かったから早くバスに乗りたかった。

その時、通り過ぎる女子大生の多くが同じ格好をしているように見えた。

顔を白く塗り、髪は茶色に染め、長いコートを着る。

靴は分厚いブーツを履いて身長を伸ばしたりと色々だ。

彼女たちから自己表現というものを感じなかった。

いか無難に、おかしく見えずに、平均的で、そしてセックスアピールも出来るかということを考えているように感じた。

彼女たちは自己ではなく、最適解を求めているようだ。

「お前が何もわからないだけ」と言われたら、そうかもしれない

ただ、就職活動で皆が同じような格好になっている様子に近いと感じた。

別に個性を欲していないことに対して、文句をいうつもりもない。

ただ、自分残酷さを感じる。

一番悲惨なのは個性を捨てたいのに、捨てられない人間が一番苦しいということを証明しているようだ。

それは別に偏差値でいう上の存在ではない。

上は別にどうにでもなる。

そうではなくて、下の存在である

平均的になりたくて個性が欲しいとは微塵も思わないのに、醜さがどうにもならなかったであろう人間はどうすればいいのか。

どうすればいいのか。

女というのは男を作ろうと思えば平均までなら簡単に出来るが、底辺に近いと無残な目に遭う。

彼女たちに性差別を訴えたところで、容姿差別のほうが深刻だと考えそうだ。

平均が平均以上になる技術はあっても、平均以下の人間が中間に属することが出来る方法がない。

平均以下、それも底辺に近い人間はどうすれば平均になれるのか。

anond:20171113221709

敵が巨人から、同じくらいの身長の人型兵器を作ったという設定ならある。

戦闘機から変形しちゃうんだけどね。

人型でなければならない理由として、近接戦闘が多発する設定を考えなければいけないけど、十分な説得力がある作品はまだ存在しないと思う。

ミノフスキー粒子があっても有視界戦闘できる距離が長すぎるので飛び道具有利は変わらない。

飛び道具有利なら関節機構はデッドウエイトしかならない。

2017-11-13

一昔前は3高男がモテたって本当か?

年収

身長

学歴

だったらしいが、真実身長の代わりにイケメンだと思う

金持ちイケメン高学歴」とか嫌味な存在しかないが、間違いなくモテまくりだろ

身長を入れて3高にしたは、その方がメディアで扱いやすいからだろう

金持ちイケメンとか、本当のこと言ったら身もふたもないから

相対値と絶対値では、別の形容詞を使いたい

言葉欠点だと思う

 

例えば

身長が2メートルのAさんと、身長が2メートル50cmのBさんが居るとする

もちろんふたりとも「身長が高い」

しか比較する時には、「AさんはBさんより身長が低い」となる

文脈上省略すると「Aさんの身長が低い」となってしま

この時、常識と照らし合わせて「低い」と言ったのか、相対的に「低い」と言ったのか分からない

 

これは単に誤解するだけでも厄介だが

形容詞というものは非常に感情と結びつく言葉

 

彼女料理は美味しいが、母親料理よりは劣っていた時

彼女料理は(母のより)不味い」なんて言えないだろう(そもそも不味いわけではない)

「美味しくない」すら言いづらいはずだ

じゃあどういうかと言えば、「母の料理のほうが美味しい」という方向性で言うしか無い

もし「彼女料理」を主題に話したい時は困ることになる

 

これは非常に不便なことだ

「今相対的比較をしている」というのを、語を省略したとしても分かる状態言葉設計されていれば

もう少し言葉が楽になると思った

2017-11-12

はじめてのオーガズム

askfmで質問があったので、はじめてのオーガズムについて書く。高3の夏だった。

受験ストレス真っ只中、前年の冬の初めてを捧げた彼氏との別れもまだ昇華できておらず、その抱え切れない不満は性欲に向かった。

その別れた彼氏とは、私から告白してなんとか付き合ってもらえたが、その頃はただただ恥ずかしくて素直になることができなかった。とにかく気まずかった。自分に自信がなかった。行為は一回だけだった。手で触られたとき、今まで感じたことのないゾワワっとくるようなビリリっとくるような何かを感じた。あれはすごかった。挿入はよく分からなかった。ブツは見なかったので形状が分からないし、射精イコール行為の終わりということが分かっていなかったので、なんで終わったのか分かっていなかった。知識がない人にとって、キスや胸を舐められたりは分かりやすいが、その先は分かりにくいと思う。交際最後は試すようなことをしてしまい、別れを切り出し、別れた。本当は別れたくなかった。もっと仲良くしたかった。でも恥ずかしくて恥ずかしくてもうどうしようもなくなってそうなった。

高3の夏、友だちに年上の男の人を紹介された。年齢は忘れたが身長は177cm。カッコイイ人だった。この人はあの頃は随分大人に感じたが、今の自分よりは年下だったはず。今、自分のことを大人だとは思わないので、子ども子どもが遊んでいたんだなあ、と、これを書きながら思った。この人とは付き合ったわけではないが、3、4回くらいセックスをした。空っぽ気持ちが少し満たされたような気がした。ここでも行為がなんで終わるかがよく分からないままだった。疑問に思ってても言えなかった。ただ、気持ちいいことは分かってきたし、ブツは暗い中シルエットだけ見た。

ようやくここでオーガズムの話になる。なんとなくセックス理解してきて、「イク」って何だろう?と興味が沸いてきた。ケータイチャットを探し、エロそうな人に言ってみた。『イッたことがない。』すると、相手は、教えてあげると言ってきた。テキストチャットなので文字だけ。ゆっくり指を入れて、奥まで届いた。チャットをやり取りする。ザラザラしてるから、そこをなでろ、と言う。本当にザラザラしていた。その時、急に体がおかしくなった。つま先から頭まで、意思とは無関係に、体の内部が震えた。股間からジ〜〜〜〜〜ンンン……と長い余波があった。ああ、これがイクってことなんだと朦朧と思った。長く感じた数秒の、味わったことのない快感のあと、怖くなってチャットのやり取りをブツ切りして、ブラウザ消して履歴消してメールアドレスまで変えた。ちなみにこの間、姉が横で寝ていた。

この日からオナニーの猿になった。教えてもらったとおりやっていたが、そのうちクリトリスだけでイけるようになった。指が汚れないのでこっちの方が多かったか、どうだったか

第一志望は落ちて、滑り止めの大学に進学した。

あのときチャットで教えてくれた人は今どうしているだろう。本当にイケたよ。すごいね。ずっと誰かに言いたくて、ここでようやく、はじめてのオーガズムとして、公開させていただきました。あースッキリした。

おわり

2017-11-11

身長185cmになった

つの間にか、そんな高さになっていた。

驚きだ。

僕の家の近所には巨大なお兄さんがいる。

小さい頃の僕は、お兄さんが大きくて怖かった。

お兄さんは180cmだと、母に聞いたことがある。

となると今の僕はあのお兄さんより巨大なんだ。

ふとそんな事を思った。

そして自分がひどく大きな力を持つ存在のように思え、怖くなった。

僕を見る人はみんな僕のことを怖そうなお兄さんだと思っているかもしれない。

からなるべく温厚にして、人に威圧感を与えないようにしないといけない。

お母さんが勝手制服を超ミニスカにした

冬服が必要になるので実家に置いてた冬服を持ってきてもらった

お母さんが「アンタ背が低いかスカートも少し切っといたよ」と言って差し出したスカートはめちゃくちゃ短くなってた

私以上にお母さんの顔が真っ青だった

 

とりあえず厚手のタイツに夏用スカートで誤魔化したが少し会ってないだけでお母さんの中で私がどんどん小さくなっていた事実に驚いた

家族でもちゃんと会わないと身長すら忘れちゃうんだな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん