「温泉街」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 温泉街とは

2021-07-29

ツーリング行ったら山の中で猫にあったんだが

ツーリング九州とある山道を走っていたときのこと

走行中にナビとして使っていたiPhoneからライトニングケーブルが外れていたことに気がついたので

付け直すためにちょっと駐車できるスペースを見つけてバイクを停車した

それで、ごそごそとケーブルをつけ直していたんだけど、どこからともなく「ニャー…」という鳴き声

あたりを見回したらガードレールの向こうの森の中から猫が出てきた

子猫というには大きいが成猫ではない

餌をねだっているのかなんなのか、ニャーニャーと鳴きながらめっちゃ足にまとわりついてきて

歩き出せばそれについてくる

  • 野生化した猫にしては人になれているような?あと毛並みもきれいだった
  • 捨て猫かとも思ったがわざわざこんなところに捨てるか?首輪もなし
  • から歩いてきたにしてはやや離れているところに温泉街があるぐらいで、人里とは距離がある
  • この辺の誰かが餌をやっている?

猫になつかれるのはうれしいが、ツーリング中だし本州在住で海を越えて連れて帰るわけにも行かないしやや途方に暮れた

離れた温泉街まで連れて行ってもいいが、住民には迷惑なような気もするし交番(あったか不明)に連れて行っても困られそうだし

ここで人に餌をもらっているとしたら逆に生存確率を下げるかもしれない

結局、バイクから少し離れたところにまで歩いて行って、猫がついてきたのを確認してからダッシュバイクに戻って発進した

発進時に後ろを見たときにはすでに猫の姿はなかった

どうすればよかったのかまだよくわかってない

2021-07-05

熱海って山奥だったのか

熱海って海が見えて海の近くに温泉街があると思っていた。

夕日ガッツみたいな感じで

2021-06-19

昨日みた夢の覚書

 夢のはじまりは夜だった。私は友達三人とどこか温泉街のような場所旅行に来ていて、ホテルチェックインを済ませたところだった。私に一緒に旅行ができるような友達は三人もいないはずだから、その友達が誰だったのか、どんな顔だったかはもう思い出せない。あるいは高校修学旅行で同室になった同級生たちだったかもしれない。

ホテルは十四階建てくらいの、温泉街にしては大きくりっぱなホテルで、私たちは四人で一部屋の和室に泊まった。皆で浴衣に着替え、宴会場のようなところでにぎやかに夕食を食べた。酒を飲んで心地よくなった私は「先に部屋に戻るね」と言って、友達三人を残して宴会から抜け出した。私には昔からこういう空気が読めないところがあって、だから友達もいないわけで、やっぱり三人もの友達旅行になんて行くわけがない。

部屋に戻ると、すでに四人分の布団が敷かれていた。食事の間に用意してくれていたようだ。私は自分の布団に潜りこんだ。眠気はすぐに訪れた。

さらに夜が深くなり、あのまま眠ってしまったらしい私はうっすらと目を開けた。部屋の電気はついたままで、けれど室内に他の三人の姿がみえない。敷かれていたはずの他の布団も見当たらない。まだ微睡んでいる意識の端でふと、私はもどる部屋を間違えたのかもしれない、という可能性を考えた。アルコール思考が鈍麻していた私は、それでもいいかと思ってそのまま目を閉じた。

翌朝、目を覚まし、今度は完全に意識覚醒した状態で室内を見渡した。何度みてもやはり、其処には私一人しかいなかった。

思ったとおりだ。私はもどる部屋を間違えてしまったんだ。

とくだん焦ることもなく私は冷静に自分荷物をまとめ、スマホの充電がいっぱいになるまで少し待って、部屋のドアを開けた。

ホテル廊下が続いているはずのそこには、明るい外の景色があった。それも、よく見慣れた、私の実家玄関を開けたときに見える畑と砂利道と住居と、そういう眺めが目の前に広がっていた。

私はさすがに驚いて、たった今まで自分が寝ていた部屋を振り返る。ホテルの部屋だと思っていたそこは、私の実家に替わっていた。もう誰も住んでいない、置いていかれた家具がなんとか朽ち果てずに残されているだけの、異質な存在感を放つ廃墟が私の背後にあった。

私は酔っぱらって、ホテルの部屋に戻ったつもりが実家に帰ってしまっていたんだ!

情けない気持ちになりながら、とりあえずホテルまで戻ろうと外に出たところで足が止まる。実家からあのホテルまでのルートなど私が知るはずもない。途方にくれたが、私はそれでもホテルを目指して歩いた。そしてすぐに気づいた。あのホテルは私の実家ほとんど真裏に建っていた。

視界にあらわれたホテルは来たときよりも小さく、ペンションのような見た目に変わっていた。

しばらくホテルを見あげて立ち尽くしていると、入り口から引率の先生のような中年男性がでてくるのが見えた。いなくなった私をさがしに来てくれたらしい。友達四人の小旅行だったはずの旅行がいつの間にやら、修学旅行か何かに変わっている。気づけば私は当然のように学生服を着ていた。

「一体どこにいたんだ?」

小走りで駆けよってきた先生が私に尋ねる。私はその瞬間、廃墟となった実家で一夜を明かしたことを話せば奇異の目で見られるのではないか不安になり、曖昧に口ごもった。まごつく私に先生もそれ以上追及することはなく、私をホテルロビーまで連れていってくれた。

ホテルロビーでは、先生に付き添われて私は誰かを待っていた。友達三人のことを待っていたような気もするけれど、はっきりとは分からない。それでもただ、私は待った。ロビーには私のように先生に付き添われ誰かを待っている人が他にも何人かいた。あてどないような、茫洋な表情を皆そろって浮かべている。それを見るうちに私は、昨夜の出来事をすべて先生に話してしまいたくなり、これまでの経緯をとつとつと先生に打ち明けた。

「私、本当はやっぱり、実家出るの嫌だったってことなのかなぁ」

最後にそうつぶやくと、先生は私を見て黙った。それからゆっくりと、正面の大きな窓に目をやり、その向こうに見える立体駐車場を指さした。あの駐車場は昔は駐車場じゃなかった、あそこには誰かの住居があった、でも今はもうない。そうやってすべては変わっていくものだと、先生はしょぼくれた私を励ますように喋り続けた。

私はぼんやりと、良い人だなあこの人、でも、たとえ話は上手くないなあと思いながら、熱心に語られる話を右から左へ聞き流した。

 

目が覚めた。今度こそ本当に、そこには現実の朝があった。

まだ夢の記憶が鮮明な私はしばらく体が弛緩したようになり、とても起き上がる気になれなかった。まったくなんて夢だろう。

来月、転職が決まっている。新生活スタートだ。もうあと半月と経たずに、私は生まれから二十数年を過ごしたこの家を出る。夢の中ではすっかり空っぽ廃墟になっていたあの家に、現実の私は今、まだ、あともう少し、住んでいる。

住み慣れた我が家の廃れきった姿、それでもそこに帰ろうとした夢の中の自分を思うと、切ないような気持ちがこみあげてたまらない。

そう遠くない未来に私が抱く郷愁の味を、私は既に知ってしまったのだ。

2021-05-27

しなびた個人vtuberが好き

2018年vtuberブームになり

ポっと出の個人勢でも人気者となる例が続出した

2019年以降、vtuberブーム企業によるアイドルライブ配信vtuber箱推しブームへと変化していくうちに

人気個人勢の勢いはそれ以上上がることがなくなり

やらかしたり飽きられたりして人気が下降、活動が停滞していった


そんな落ちぶれてしまった元人気個人vtuberが好きだ

等身大の魅力を感じる

廃墟化しつつあるようなしなびた温泉街のわびさびを感じる

そんな人気だったvtuberを何人か書き残したい


バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん

ブームを作った立役者だが、Twitterでの発言が物議を醸すことも多かった

爆発的ブーム後に人気は急降下し始め、それを悟ったのかyoutubeからは早々と撤退

チャンネルをどこかの企業譲渡した

その後同チャンネルでは半年ぐらいvtuberバラエティのような動画が公開されたが

人気がでることはなく終了し、チャンネルは完全な廃墟化へ

今は再びチャンネルを取り戻して活動を再開している

あのときの人気はないがコアなファンもまだいる

のらきゃっと

のじゃロリおじさんの友達。VRChat勢

ブーム初期にリアル男性顔バレハプニングが起きたことで有名

そこで人気は落ちなかったが、そこから人気が伸びることもなかった

動画機械音声で致命的にテンポが悪い

今もほそぼそと活動中だが再生回数は減少していってる

3Dモデルの売上が好調らしい

リン

vtuberとしては数少ない動画

勢いのある動画が特徴で、再生回数がとても多かった

動画公開が一ヶ月に一回あるかないかぐらいまで頻度が下がり

騒音問題を起こしたり、嫌われ者vtuberコラボしたりして人気が下降していく中

一念発起して仲間を募集し、起業した

しかし数ヶ月で会社は瓦解

一緒に起業した仲間が「活動姿勢人間性に疑問がある、関わるべきではない」とボロクソに言い残して去っていった

動画方向性を変えるためチャンネルを新設したいというツイート

1000万円でチャンネルの売却をしたい旨のツイート投稿したり(今は削除済み)

これからも迷走を予感させる

ふぇありす

女声を出せる巨漢が中身のvtuber

リアルyoutuber的な動画を出したりと迷走感があった

ドッキリのし掛け人として出演することもあった編集Kと2人で専業vtuberをやってたようだが

いつから編集Kが出てくることはなくなり

動画の公開頻度も専業とは思えないほど減少

特に今年はほとんど何もしてないに等しいぐらい活動していない

このまま完全にフェードアウト引退しそう

馬犬

ハイポーション作ってみたという動画で一昔前人気だった人が

vtuberとして再活動

注目されチャンネル登録者もあっという間に20万人突破したが

その後特に目立った活動をすることはなく現在に至る

楠 栞桜

企業勢だったが個人勢化した

個人勢化する際のドタバタで、アイドル部という勢いのある企業vtuberグループの人気を瓦解させた

今日のホロの躍進はこの騒動がなければなかったかもしれない

個人勢化したこvtuberファンがついていって大人気だったが

5chで自演してる証拠が見つかってしまい一気に嫌われ者

完全に引退したのかも

追記

ふくやマスター

福山雅治の声真似のvtuber

以前は他のvtuberとのコラボ配信がかなりメインだったが

コラボしすぎだという批判が出るようになり

不義理さ、傲慢さを感じさせる発言が切り抜かれたりして、どんどん人が離れていった

得意としていた歌ってみたもさほど伸びず、ゲーム実況雑談も人が集まらずで

低迷化しそのまま消えていくとみていたが

プリコネと原神の配信に特化することにより

今は固定ファンを掴んでいるよう

プリコネや原神に特化し始めてからは活気も出てきて

自分の好みからは外れたため、それからまり活動を追ってない

2021-05-06

旅館に2泊くらいしてぼんやり過ごしてみたい

旅館に2泊ってしたことないんだよね、同じところでさ。でも2泊したっていいよね。

山奥の温泉とかで、温泉街とまではいかなくともちょっとした集落になっているようなところでさ。

朝晩の食事付きで、温泉も2種類くらいあると嬉しいな。

初日はとりあえず17時とかまでに到着して、お風呂のち食事お酒頼んじゃったりしてさ。普段あんま飲まない日本酒とか頼んじゃったりして。多少強い酒でも旅館からそのまま寝られるしいいよねって。

でもほら、旅館食事って18時とかからだったりするから結構夜は暇だったりしてさ。

テレビでも見ながらぼんやり過ごしたら、ちょっと腹ごなしもかねて外を歩いてみたりしてさ。

星が見えても見えなくてもいいか適当になんか散策できる天気ならそれで良いいよね。

それで寝る前にもう一回露天風呂とか行って、それでまた部屋でぼんやりしてから就寝だよね。

1泊ならそれで翌日帰るわけだけれど、2泊なら1日暇な時間が丸々あるよね。

普通ならそういう時、登山に出掛けたりハイキングに出かけたりするんだろうけれど、そういう「頑張る」やつは極力控えめにしてさ。なんかちょっとした地元温泉神社とか行って見たり、川に降りて行って見たり、小さな資料館に顔出してみたりさ、そういうのでいいよ。ああでも、外湯とかがあるとそれはそれで嬉しいな。お昼ご飯時間だけ考えて、あとはもう適当に過ごすのがいいよね。

行きたいところは多少ピックアップしておくけれど、別に行けなくてもいい。それくらいの気持ちで、ゆっくり歩く。

近所に道の駅みたいな場所があればそこでコーヒーでも飲んでもいいし、そういうところがないなら宿に戻ってお茶を飲んだりしてもいいよね。地元お菓子なんか買ってみたりしてさ。自由だよ自由。本当に自由

夕方になったら部屋に引っ込んで、眠くなったらちょっとお昼寝したり。眠気覚まし温泉に行ってもいいよ。

そしたらもうほら、また夕ご飯だよね。2連泊だとちょっとメニューが変わっていたりして、そういうのもいいよね。お酒ちょっと変えてみたりね。

翌朝の朝ごはんもしっかり食べてさ。旅館朝ごはんってのは美味いよなあ。前の日に食べたエビの頭とかが入った味噌汁とかそういうのも憎いね。2泊目だから飽きているかと思いきやそんなことはなく、お代わりしちゃったりしてさ。卵かけご飯とか久しぶりに食べるよ、ってなったりしてさ。近所の生みたて卵だったりするんだよな。あとは烏骨鶏の卵だとかさ。

もうなんて言うか、普通でいいんだけれど、普通の贅沢がしたいんだよね。3万とか出したら2泊でこんな旅館に泊まれるかなあ。行きたいな。

2021-04-16

全旅連から抗体検査キットの販売斡旋が来た。

全旅連は各都道府県支部があってさら都市とか温泉街かに末端の支部がある。

私はコロナ仕事が入らなくなったところをその末端の支部に拾ってもらった身なので、その辺の組織のこととかきちんとした知識もないし、この増田を書くにあたってちゃんと調べることもしてないしで、不確かなことは謝っとく。

で、私のパートである支部にも、検査キットのサンプルと注文表が持ち込まれた。

組合の加盟施設(旅館とかホテルとか)1軒につき2回分の検査キットをサンプルとして配り、注文を取りまとめて販売元の企業FAX せよとのこと。

もし私が感染してたら元も子もないなと思いつつ20回分入りの箱を開けて2回分ずつを封筒に入れて宛名を貼り、加盟施設メール便で送った。

20回分を税込2万2千円で売るそうだが、このタダで配ってるサンプルのお金(2回分だから2千2百円か)は、各支部から集めている上納金から出ているのだろう。ちなみに送料は末端の支部持ちです。

くっそ、そんなもん配るなら現金で返してよ。あ、1施設2,200円じゃあ返しようないか。でもなんかあるやろ。

カビマスクビジネスモデル彷彿とさせるやり口で、なんか嫌になる。検査キット売ってる会社は丸儲けやろ。病院とかでは使えないシロモノだから全旅連使って売りつけてくるんでしょ。

使用説明書には「診断には使えません」ってちゃんと書いてあったもんね。じゃあ何なん。全国の宿泊施設に2回分ずつ送りつけてるやつは。

そういや第3波が落ち着いた頃に、GoTo 復活までの繋ぎとして都道府県に1泊5000まで宿泊費用を補助しますよ使い方はそっちで考えてねつって国がお金配ってくれたみたいけど、県の方でその使い道をどうすんべか、って考えてるうちに第4波ですよwww さっさと現金給付すればよかったのにね。

とかグダグダ考えながら検査キットのスポイトとかを分けて封筒に入れてたら、二階から目薬って諺を思い出した。なんか違う気もするけど。

2021-04-08

30人も出席した総務省キャリア課長の「道後温泉愛媛県庁送別会

これもう「飲みニケーション」をやめるしかないっていうことじゃないかな。

仕事終わりにみんなで飲むことと仕事効率化は無関係だよ」ってことじゃないかな。

それに気づいていない人たちが感染していくと。

3月下旬に深夜まで行われた23人が参加した厚生労働省老健局の宴会に出席していた3人を含む6人が新型コロナウイルス感染した問題で、田村厚労相国会火だるまとなっている。

写真送別会舞台となった有名温泉街こち

 厚労省とほぼ同時期に30人もが参加した総務省出身愛媛県庁キャリア課長送別会が開催されていたことが、AERAdot.の取材でわかった。

 関西変異株が猛威を奮う中、大規模な送別会が開かれたのは、愛媛県松山市道後温泉の超有名旅館「A」だ。道後温泉夏目漱石小説坊っちゃん」の舞台として知られるが、著名建築家設計した旅館Aはひと際目を引く豪華さだ。

 その宴会場で愛媛県庁送別会が開かれたのは3月24日夜――。参加したのは愛媛県庁職員30人で、主催したのは同県市町振興課だった。

「課を離れる人が3~5人おり、その送別会でした。送られる主賓は総務省から出向中のキャリアのB課長でした」(愛媛県関係者

 先の関係者によれば、和室テーブルが4列並べられて、料理8000円のコース飲み放題が3000円プラスされ、消費税込みで1人12000円ほどだったという。旅館Aのホームページをみると、春の会席料理メニューは、地元名産品、オレンジ食前酒前菜刺身、鍋、デザートなど12品と豪華なコースだ。

 愛媛県では送別会が開催された前日の3月23日、松山市内の歓楽街クラスターが発生し、23もの新規感染者が出ていた。開催当日の感染者は24人、翌25日には県内では過去最多、59人まで激増していた。

 愛媛県中村時広知事3月24日の記者会見で「松山市では第4波の入り口にいる、本県最大のクラスターになる可能性がある」

「影響を最小限に食い止めるために、感染の広がりを何としても食い止めなければなりません」と危機感を訴えていた。

 その舌の根も乾かぬうちに決行された送別会には、問題点が多々あった。

 愛媛県庁では県職員への「飲み会の場での注意事項」として、<大人数、長時間とならないように年度明けの歓迎会等は、おおむね10人以内に留める>などと周知していた。

2021-04-03

コスイベント主催イベントやります、ただし更衣室用意しません!宿着替えOKです 」参加者「車で着替えよ!」

どうして…

車で着替えて問題あったら来年からイベント無くなるとは思わないだなって。

田舎温泉街からコスイベントで人が来るのは住人も毎回喜んでくれてたんだよ。

ホテル側も臨時駐車場とか作ったり「それ○○ですね」とか話しかけたりしてくれるし。

コロナ禍で観光客も居なくなったし、お金落としてほしいんだなって思うじゃん。

なんで、そんな金使わない方向にシフトするの。そこで宿に泊まる程の金額使えないならコスプレはするなってことでしょ。

書いてないからって、やっていいことじゃないじゃん。

温泉街からって住民住んでるんだよ…

迷惑だって思わないのか

2021-03-21

anond:20210321190550

あとは亜熱帯火山のちかくとか温泉街に住んでいるとか、まぁ温泉卵の例もあるしなくはないが

チャビチャになりそう

2021-02-20

anond:20210218230048

遊郭問題あるとしてリメイクするならどんな設定がいいんだろか。

温泉街とか?

兄は地獄ゆで卵を茹でる係。

妹はゲイシャガール

ここでのゲイシャガールはもっぱら三味線プレイヤーであって風俗的な位置づけではないとする。

2021-01-28

anond:20201212205256

ソープランドがなければ存在できないと市の職員公然学生の前で発言するような温泉街は滅びた方が良い。

2021-01-10

anond:20210109233028

無予約でいった温泉街フラフラ歩いていたら夕方になってしまった

旅館を手あたり次第にあたったら全部断られて、

夕方に1件だけ、おじいちゃんがやってるところが1泊1万円で受け入れてくれた

少し高えなと思ったけど、選択肢はなかった

メシが出てくる時刻をすぎて2時間待たされたけど、寝てたからちょうどよかった

するとえらく豪華な食事で、想像以上のものだった

翌朝、おじいちゃんが「食事はどうでしたか?」と聞いてきたので

「すごく美味しかったです」といったところ、誇らしいというか、満足そうだった

思い返せば、あの2時間でいろんな店に買い出しに行ってくれたのかもしれない

もうおじいちゃんは生きていないだろうけど、なぜかたまに思い出す

2020-12-24

プレゼントは貰う側のスキル大事

4℃や似た話を聞くにつけ、こういう愚痴を言う人はプレゼントというものはあげる側のセンススキルが試されるべきもの、と思っているのだけれど、それは間違い。

欲しいもの自分で買え。

貰って嬉しいもの、嫌でないものを貰うには普段から回りに「これを貰えば満足」アピール重要

  

それを気づかしてくれたのは高校以来の友人で、「世界の猫コレクターだ」と言っていた。

曰く、旅行に行くたびに現地で見つかる猫の置物を集めているのだそうだ。だから、もしプレゼントしてくれるなら、たまたま見つけた猫系の小物にしてくれ、と。

「え、必ずあるわけじゃないじゃない?」と聞くと、

「あるんだよ、それが」と友人。

  

実際、海外旅行いっても、田舎温泉街に行っても気にしてみると必ず変な猫の小物があった。数百円で買えるようなものだけれど、

ちょっとしたお礼とかにあげると非常に喜ぶので、こちらも注意しておくようになった。

  

「猫の小物集めが趣味なのは本当だよ。分かってくれていると思うけれど」とある時打ち明けてくれた。

アピールするようになったのは、中学生の時にちょっと仲良い子からどうしても好きになれない〇〇をプレゼントされて嫌になったら、母がアドバイスしてくれた」

  

それ以来自分も周りの人にちゃんアピールするようにしている。

・・・この日記へのコメントと、この記事コメントくれた人にスターを上げてください。

  

メリークリスマス

2020-12-18

GoToトラベル以外にいい施策ってあったのかな

最初に言っとくけど俺はGoToトラベル続けろって言いたいわけじゃないよ

ただ観光業とその周辺産業を守るために他にどんな方法があったのかなあってよく考えるんだよね

仕事関係上地方の観光業と関わることが多いからね

観光業特に地方温泉街なんてのはこの状況においては絶対的弱者なわけだけど

コロナ禍という緊急事態なので弱者は助けられません、死んで下さい

ってのは絶対間違ってると思うんだよね

ましてや地方温泉街で働く人たちって決して裕福とは言えないシングルマザーみたいなただでさえ福祉の助けが必要な人たちが結構いるわけだしさ

でもやっぱ旅行ガンガンして下さいっては感染拡大防止のためには真逆方針だし

かといって苦しんでる観光関連の事業者従業員全てに充分な金ばらまくってのも現実的じゃない

そもそもどこまでが観光関連業か決めるの難しすぎるしね

(例えば観光地で売ってるお土産の箱を製造している会社観光関連業かというと俺にはわからない)


そういう意味GoToトラベルってまあまあ悪くない案だと思うんだよね

もちろんベストじゃないかもしれないけど

一緒に旅行する関係ってもともと日常的に濃厚接触する関係場合が多いと思うし

事業者としてもばら撒きじゃなくて、通常業務の中で金が入ってくるわけだしさ

でも結果的GoToトラベルキャンペーンは一時停止になるわけだからやっぱ良くなかったってことだよなあ

俺にはこれ以上いい案が浮かばないんだけど、このコロナ禍の中観光関連業とその従業員という弱者を救うためには何が正解だったのかな

からない

2020-12-12

anond:20201212204553

そうですか。

私の知っている事実として、ほとんどの温泉街には、温泉の近くにソープランド存在する事があります

この二つを合わせると何が見えてくるのだろう?

2020-12-08

anond:20201208102956

長野原草津口駅温泉街玄関口とは言え草津町といういち「町」の玄関口でしかない、でも東京から特急草津が相当新幹線と重複しながら走ってくる

富山駅県庁所在地中核市代表駅、電車で乗り換えて宇奈月温泉玄関口と言えないこともない、でも対大阪は乗り換え必須


富山東京からは乗換なしなのも踏まえるとやっぱりなんか首都圏ならではって感じの差を感じるわ

anond:20201207064047

草津温泉ってだいぶ寂れてたな

どこの温泉街バブル崩壊

復活したところはあまり無い

2020-12-07

anond:20201207064844

やすまん、そもそも温泉街ならではの特別施設とかで発展してるんだし

温泉街の中だけを見たってそこまで大げさな田舎とは感じないわ・・

2020-10-06

追記しました)Gotoトラベルのせいで友達をなくすかもしれない

現役大学生同士、友達と二人で旅行した。コロナ禍なのを考慮して、電車を乗り継いでいけるぐらいの近場に、あえて車で行った。運転自分がした。

 

車を自分が出すので、友人には宿の調達を頼んだ。友人曰く「ちょっといいプランの部屋がとれた!コロナのおかげかも」とのことだったので、どんな眺望が待っているのかドキドキしていた。

 

ところが、宿について案内されたのは低層階。部屋に入るとすぐベッドが2台。窓を開けると、温泉街(の大通り)が一望できる。いや、これ、どっちかというと安い部屋なのでは?しかし友人は「大きいベッドで寝れるのは旅行特権だよな!」と上機嫌。でかいベッドって……そんなでかくないぞ?いや、部屋が広くて小さく見えているのか?あれ?と湧いて出た違和感を拭って、ひとまず風呂へ行くことにした。温泉地なだけあって、風呂は抜群によかった。

 

問題食事だ。友人のいう「ちょっといいプラン」は地元食材天ぷら鉄板焼きが加わったものだったらしく、他の卓より2品多かった。比べられている時点でお気づきかもしれないが、個室食ではなかったのだ。ソーシャルディスタンスを保ちつつも大部屋でチマチマ食べていた。ちょっといいプランなのに?食事自体もまあ、まずくはなくおいしくもなく……という具合だった。

 

ベッドが主役の部屋に戻ったあと、主役に横たわってテレビを観つつ、もう1回風呂にいくかな〜とダラダラしていたら眠りに落ちていた。

 

次の日の朝の食事ビュッフェスタイルだった。そこも「ちょっといい」部分があった訳ではなかった。朝食後チェックアウトをする際にびっくりした。自然に「一人あたりの値段だよね?」と聞いてしまった。「これで二人分だよ」。なんとなんと「めっちゃお買い得な」お値段だったのだ。なんかいたたまれない気持ちになった。普段旅行といったらこの倍ぐらいの値段を使うなあ…というぐらいの価格

 

……旅行の帰りに、友人おすすめの店に立ち寄って遅めの昼食を取った。肉と野菜食べ放題で頼めるしゃぶしゃぶ屋さんだった。野菜の質はよかったが肉がどうも美味しくなく、灰汁ばかり出るので、中途半端に腹を満たして解散した。

 

 

 

そもそも自分普段価格感ってなんだ?そうだ、家族旅行だ。子供の頃は親子揃って。高校生ぐらいになったら兄弟たちと。海外国内わず色々行ったものだった。ベッドルームと食事する部屋はセパレートだった。そういうもんだと思っていた。そういう常識を友人にも一瞬求めてしまった。友人の家族がどういう旅行をしてきたかも知らないのに。

 

食事もそうだ。しゃぶしゃぶといえば、あらかじめ野菜などの具材を入れて用意された鍋に、大きめで薄い肉を少しだけつけて食べるものだと思っていた。だが友人にとってのしゃぶしゃぶは違った。しゃぶしゃぶ用とは思えない野菜を山ほど入れて、寄せ鍋のようにして肉を煮込んで、灰汁がついても気にせず食べるものだったのだ。

知らなかった。無知とはなんと恐ろしい。

 

姉と妹にこないだこの話をしたら「兄ちゃんは塾ばかり行ってて、友達ご飯食べに行ったことないから仕方がないんだよ」と慰められた。親から押し付けられた適当勉強なんかサボって、社会性を学ぶべきだった。後悔しかない。

 

 

友人とはそれから当たり障りのない会話しか出てこない。旅行話題はなんとなく出してはいけない気がしている。出した瞬間友人とは切れてしまうような気がする。自分から断絶してしまいそうだ。

 

 

こういうとき増田のみんなならどう話しかける?逆にどう話しかけてほしい?

俺にはわからない。誰か教えてくれ。中高生放課後に学ぶべきだったことを教えてくれ……。

 

 

追記 10/7 0:23

みんなコメントありがとう。たくさん来ててびっくりしてます。いくつか抜き出して返信します。

予算のすり合わせはナシかよ?

まったくしてませんでした。すみません

テレビ見ながらLINE通話で飲んでる(一人暮らし同士、結構頻繁にやってた)ときに、家族しか旅行したことがなくて……と言ったら、「Goto使って、俺と行こうよ!」と誘ってくれた。俺にはそれが嬉しくって予算どころではなかった。

 

プランの発案してないの?

友人が「一人旅趣味」だそうで、率先してプランは任せて!という流れになり、じゃあ俺は足になるよと。穏便に決まりました。おすすめがあるならついていきたいなと。もっと今度は調べたり協力しようと思う。

 

 

 

……この投稿のあと、友人に久しぶりにLINE飲みを持ちかけてみた。ごく自然にまた飲めた。酒の力を借りつつ、友人にここに書いたようなことを話したんだ。「俺が不自然なことして○○(友人)が不愉快になっていたら、本当にごめん」と。

そしたらそいつ、「道理でお前、ずーっと無口だったの!未知との遭遇だなw」「じゃあ今度は○○(俺)の好きなとこにしよ!俺は車がないから、新幹線チケットを抑える。そしたらお互い知らないことが知れるし、とても楽しみだー!」とか言うの。もう、友人いいやつ過ぎで……。今度こそ予算を聞いて、いくつかプランを考えつつ友人と相談して決める予定だ。

 

 

うそう。コメント欄に書いてあったしゃぶ葉っていう店も検索してみた。昼飯に行ったのはこのチェーンの大型店舗であってる。

あいつ色々教えてくれてたんだよ。「用意されてるタレ用の皿は小さすぎるからお茶碗につけだれを入れな。引き上げた肉を休ませるのに調度いい!」とか「ゴマダレにきざんだオクラがめちゃめちゃ合うからロースと食ってみ!」とか。

思い出しつつ、一人で予行演習でもしてこようかと思う。一人客もいたか別に変じゃないよな?

 

おまえらありがとな

2020-09-23

果名温泉あゆみ

果名温泉の泉質は硫黄泉で酸性度は高く石膏分を含み、典型的には乳白色の湯を湧出し、皮膚疾患や自律神経不安定症、冷え性に効くとされる。現在の果名温泉にあたる場所湯治が行われはじめた正確な時期はわかっていないが、戦国時代には国衆の松影氏と配下武士戦闘時に受けた傷を癒すために東屋を建て、熱した岩に湯をかけて出た蒸気を浴びる療法を行った記録が残っている。

旅館の立ち並ぶ温泉街が発展を始めるのは果名駅が完成し鉄道が停まるようになった大正初期以降で、大正年間には山形屋、鳳萊館、飛雲閣、梅風館、寶山閣が温泉旅館として営業を開始している。昭和初期には湯治客の増加に伴い、月風荘のように高層化した木造建築旅館が現れた。昭和10年発行の果名温泉旅館協同組合名簿には27件の加盟旅館記載されている。

温泉街は一大経済圏形成し、湯治客のみならず温泉での働き手を引きつけた。特に昭和恐慌時には各地の農村から子女年季奉公旅館に送り込まれ仲居あるいは酌婦として住込みで働いた他、「即席御料理」の看板を掲げた曖昧屋も複数存在していた。

温泉街でありながら閑寂な山居の趣を味わいうる果名温泉は多くの芸術家たちを魅了した。志摩名護也の「果名にて」や葛西前後の「波浪」といった小説は果名温泉旅館執筆されており、当時の果名温泉での生活垣間見ることができる。作曲家和賀英良の名曲「疑問」は、鳳萊館の露天風呂で着想を得たとされる。

戦時中には物資の統制や倹約奨励温泉旅館営業一定の影響を被った他、温泉街は疎開児童集団受け入れの場となった。終戦直後の乏しい物資供給を乗り越え温泉街の旅館営業を続けたが、高度経済成長期には急峻な地形に鉄筋コンクリート高層ビルを建てにくかったこから果名温泉団体旅行の受入地とはならず、鄙びた温泉地の形態を留めた。

今世紀に入って旅行者の嗜好が変わるにつれ、果名温泉街の伝統的な景観旅館木造建築が再び脚光を浴びている。経営者高齢化、湧出量の維持といった課題を抱えながらも、温泉旅館協同組合が主な担い手となり、地域産業振興策と一体となった新たな温泉街の魅力づくりに取り組んでいる。平成10年には青年会により温泉街で第1回オメガラーメンまつりが開催され、果名村が発祥とされるオメガラーメン温泉とともに楽しんでもらう行事現在に至るまで毎年秋に行われている。

(『果名村史 近代編』、果名村史編纂委員会、2018、p.201-203)

https://anond.hatelabo.jp/20200922195023

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん