「グループ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: グループとは

2020-07-09

anond:20200709095745

そもそもグループLINEに言うってのがちょっとおかしいよね

返事を期待しすぎてるし……

なんか「おめでとうって言え」って感じする……

anond:20200709093625

ありがとう

いま何気なく言ってくれたと思うけど「おめでとう」がすごく嬉しい

他の、一緒に喜んでくれた友達大事にするよ

高校LINEグループは「退会しました」のログを残すことすら怖いから、通知切って非表示にして忘れるよ

anond:20200709090126

そういうのは今後の人生でもちょくちょく起きるであろう。

今のうちに慣れておこう。

何、配偶者を得て子孫を残すところまで到達できず、友人もおらず、LINEグループにも入っていない人間だって大勢いる。

増田人生スタートダッシュまでは成功したと考えて、前を向こうよ。

嫌われてたんだなぁと実感した瞬間(追記した)

待望の第一子を妊娠した。

早くいろんな人に言いたいのを我慢して、安定期に入ったタイミング高校とき友達LINEグループ投稿した。

正直、お祝いされると思ってた。

転職した友達にみんなで「頑張ってねー!」と盛り上がってた話題がひと段落したタイミングだったし、近況報告の流れなら…と投稿した。

そしたら、1件の返信もなかった。

既読だけはついた。でも2日間誰からの反応もなかった。

そしていつの間にかK-POPアイドルの話に流れていった。

しかしたら誰かの地雷踏んだのかもしれない。

妊活で苦労してる子だったらいやな気持ちになったかもしれない。

でもそしたら関係ない子はグループLINE外で個人宛にお祝い言ってくれたりしない?

そんなのもひとつもなし。完全スルー

私、嫌われてたんだなぁ。

知らなかった。

もう消えてしまいたい。

■■追記■■

コメ見て思ったけど、「そんなんいちいち言うなや」的な意見普通にあるんだね

あとふつうコメントすらめんどいほどどうでもいいとか

いままで、

「褒めて欲しい/一緒に喜んで欲しいってときは匂わせや察してちゃんをせずすっぱりシンプルに報告して(もちろん最大限言い方や相手の状況は考慮する)、誰かがそういう報告したら全力で祝う」

ていうのが気持ちいい人間関係必要だと思ってたし皆もそうしてると思ってたけど、意外とそうでもなかったんだな。

からそいつの間にか嫌われてたんだろな。


スイーツブッフェ写真絶妙に少しだけ左手薬指のダイヤが映るような匂わせとか

つのまにかある程度育った子供写真が何かに映り込んで「あれ?子供まれてたん?」くらいの距離間が要るんだったか

もしくはそういう社会的なことが一切ない、無難話題のみが許されるんだったのか

(それはそれで居心地良さそうだけど)

どのみちそのへんの空気読めなかったわたし彼女たちのグループとは相入れなかったんだな

なんだかスッキリした

ちゃんとお互いにストレスない付き合いできる友達だけ残していくわ

おけパ島の概念を知ってから生きづらくなった

今はやりの自分語りお気持ち表明します!

苦手な方は帰ることを強くお勧めします。

深夜テンションで書いているためただでさえつたない文章さらしっちゃかめっちゃかになってる。つまりはとても読めるような文章ではないです。

もうこうでもしないと私は私の中にあるこのドロドロがずうっと中に残っててしまう。

まず自己紹介

どうもこんにちわ。私はyoutubreやゲーム実況者、音楽グループを押している(実在している方達同士の恋愛、いわゆるnmmnは好んでいない)オタクです。

ツイッター推し達の活動ポロリ感想を呟いたりファンアートを描いたりしています

ツイッターフォロワー人数は一桁というほんのごくわずか。そのごくわずかというのはフォロバ100%する人たち(大体タイムラインを見ない人たち)やスパム疑惑がある人程度だけだった。それでも1年前ぐらいの0人よりはマシな方だった。

推し活動などを拝見したとき自分の中に生まれ感情や興奮を紙やキャンバスにぶつけて昇華して絵に残していけば、そして滅多にないけど極まれ投稿したイラストいいねがついてたら、それだけで幸せだった。

とある漫画ツイッター上でバズっていた。

字書きのオタクが神と出会い、その人に近づこうと創作意欲を燃やし、時には神の相互フォロワー嫉妬しながら、一度は神をブロックしようとするも同人誌欲しさにイベントに行ったら神に認知されていた(しかも褒められた)というお話である。私は版権二次創作も好んでいたが同人誌を出したことはなかったので、その漫画を読んだ時は「同人イベントって出す側になると好きな作家と会話するチャンスが訪れたりするのかな」と思うだけだった。

バズった漫画の続編が現れその漫画もバズった頃、その続編の漫画にも出てきた登場人物「おけけパワー中島」が徐々に女オタク達の中で認識されるようになった(ように感じる)。神の相互フォロワーでもあるおけけパワー中島(以下おけパ)は女オタク達の中で嫉妬対象になったりあこがれの対象にもなったりした。僕はおけパに対して嫉妬憎悪と憧れ半々の感情を持ってます

ツイッターで「おけけパワー中島」と検索をすると「わかるわーおけパ悪くないけど嫉妬してしまう」「おけパがうらやましい」「おけパ絶対ソシャゲにハマってるだろ前世はあのジャンルで~」「俺がおけパだ」「なんだよおけパって!?!?!?!?!?!?検索しても元ネタが何かわかんねえ!!!!!」等様々な意見が飛び交っていて面白かった。そして私も最後のやつ以外それらの意見賛同していた。ノートとかはてな匿名ダイアリーとかも読んだ。多分私も酸っぱい思いや悲しい話が好きなんだと思う。

ドロドロとした感情嫉妬や愛憎、その他もろもろのくそデカ感情。それらが一定数の女オタクの中にあることがツイッター内で露わになっていった。

今まで感じていなかった概念名前が付いただけでそれはいとも簡単に顔を出し、感情の主を飲み込んでいった。

それをヨシとする人もいるだろう。それは自分が生きやすくなる為のヒントかもしてない。自分を知る事は生きやすくなる為の処世術にもなるからだ。

しかし知りすぎると毒にもなることを、この時の私はまだ感じていなかった。

おけパについてサーチしていると、とある記事を見つけた。おけパとバズった漫画を例にした人間関係と対価システム記事だった。

他人記事リンクをここに持ってきていいのかわからなかったので気になった方は自力で調べてください。すいません。

その記事はバズった漫画主人公達が行っている行為危険性や陰キャがやりがちな行動などを述べていた。

概要をできるだけざっくり言うと、主人公サイドの人間こと陰キャ自分を低く見がちな為神や憧れた人物には同レベル以上の力を得ようとする。しかし神側はそんな重いメンヘラ望んでいない。といった感じだった。(もしいい感じに言えてなかったら申し訳ございません)

記事の補足も読んだ。その記事陰キャオタクがどうしてそんな行動をとってしまうのかがよく解説されている文章だった。

心当たりが山ほどあった。辛くなっていった。でも読むのはやめなかった。自分がどうしてこうなっているのか処世術を知りたかった。

そして、読み終えた。



私は報われることのない、自己肯定の低いオタクであることが痛いほどわかった。

記事曰く対価システムを持ち出す人間は神にもほかの絵師達にも好かれないようだ。道理フォロワーはおろかいいねも増えないわけだ。

現状この状態解決する方法自己肯定を高めるかカウンセリングに行けとのこと。無理ですまずカウンセリングの予約がもうかなり先に入れてしまったので変更できないです。自己肯定も今更高められない…怖くない!?自分のことどれだけ振り返っても多くの生命にひどい迷惑をかけただけで他人に褒められたいてよかったといわれたことなんて一度もないんですよ!?どうしろ

さらに最悪なことに今まで見ないふりをしていた欲望がはっきりくっきりと形になって表れた。

私は三度の飯より推しが好きだ。推し推し続けたい。推しの絵をいっぱい描きたいと願っている。それが一番だ。でも、

推しについて感想を語り合う人が欲しい、共感してくれる人が欲しかった。描いた絵にいいねが欲しかった。推し達の最高な絵をポンポンと出せる素敵な人達と肩を並べて推しの絵を描きたかった。でも私の絵は良くてもイキリ小学生ペンタブを使った様なクソみたいな絵柄だった。まだまだ努力が足りない。もう21歳なのに情けない。でももっと絵を描いて描いて描きまくって成長してセンスを磨いたらいつか自分の描いた絵が多くの人にいいねされるかもしれない。きっと私のことを見てくれる。私を認知してくれる。そう思いながら描いていた。でも周りの絵師やそうじゃない人達簡単他人と話している。ひどいことを言うが私よりは絵があまり上手くないあの人なんて多くのつながりを得ている。楽しそうだな。なぜメンヘラ気質あいつとあの人はリプライため口で話せるんだろう。うらやましい妬ましい妬ましいでも彼女センスが高いからな、私にはなにもない。まだないから頑張って技術を上げればきっとみんなのようにちやほやされるはずだ。

うわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー嫌だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー気づきたくなかった事に気が付いてしまった。自分の嫌な部分を嫌というほど知ってしまった。

嫌な真実にも気が付いてしまった。

私のアカウントフォロワーが増えないのは技術力の問題じゃなかった。おけパみたいに好印象の陽キャじゃないからだ。

てか私は下心満載で創作してたのか。承認欲求がすごいあった。タイムラインに流れている神とおけパの会話に嫉妬してた。嫌な奴だーーーーーーーーー!!!!!!!!

繋がりたいタグとか怖すぎてできないもんな!やったことない。リツイートした人いいねした人と会話ずっとしなきゃなんかな、いいねしてフォロバしないと乞食かいわれるんだ。繋がりたいタグ陽キャがやるもんだと思ってた。その通りだった。道理で私を見る人なんてまっっっっっっっっっっっっっっっったくいないわけだ。

みんながおけパに嫉妬する理由理解できた。同時に学生時代にどうしてクラスの中心でもあったオタク女が期待だったのかきはっきり理解した。誰ともつながれる陽キャからだ。陽キャは私のような陰キャを一切かかわろうとしない。仲良くなろうとする素振りすら見せずにクラス団結とか言っていた。同じオタクなのに私のことを下に見ていた。そりゃそうだこんな根暗友達になろうと一切思わない。当然の思考だったんだな。

脱線しまくった

こんな調子なので私のアカウントフォロワーは増えない。今日気が付いてしまたことだが、フォローしているとあるアカウントがほかのフォロワーフォロバしていたが、私にだけフォロー返しをしていなかった。

実在する人物を扱うアカウントからフォロー慎重になるのは仕方ないとして私のアカウントそんなに危険なのか。確かに無言フォローしたけどそれがいけないのか、挨拶しないとはぶられるのですか。それにしたって私だけはぶられているってなんなんですか、ほかの人だけフォロー返しているのに、フォロー数とフォロワー数が一桁だけ違うのはさすがにみじめですよ。自業自得ですが。そんな人が合計2人いました。すっごく嫌われている。かなしい。






なんかもう、こんなに嫌われていて、描いても描いても無意味だった。私は望まれない陰キャ。誰からも愛されることなんてない。こんなことが一生続くのか。

絵師同担の人たちと肩を並べるのは一生無理みたいです。

所詮私は虫けらだった。仲間たちと思っていた人たちはみんな私を一切見向きもしない。声をかけても振り向いてはもらえない。バズった漫画主人公のような力もない。だれも私を認知しない。

ツイッターに絵を上げても、まったくの無意味だった。

私は、価値のない、生産性のないことしかできなかった。






底辺オタクって辛いね







「お前はなにを言ってるんだ」「ポジティブになればいいじゃん」「言いがかりやめろ」「ナマモノ界隈にいるんなら迷惑かけんな自重しろ」「途中からおけパ関係ないぞ」「インターネットやめろ」

至極全うな意見です。すいません。

言い訳なんですけど深夜テンションかいたのでこうなりました(インターネットマジでやめろ)

私は一生こんな惨めでくだらない思いを抱えながらツイッターをつかうんだと思います

ツイッターはやめられません。例え私のことを心の底から軽蔑しているとしても好きな絵師の絵はとても好きですし。そもそも推しグループ情報発信大体ツイッターなんだよな。推しツイートが見たい。オタクは強欲。

それに、推しへの想いを吐き出す場所はやっぱり欲しいのです

さっきあれだけ承認欲求のために絵を上げてたとかいってましたが、幸い私は欲求ではなく推しへの想いを糧に絵を描いていて、それを昇華するためにツイッターに吐き出していたのも事実っぽいです。私は何でもいいから想いを吐き出さないと気が済まないタイプなので、これ幸いにとツイッターで絵や感想をぼろぼろとこぼし続けるでしょう。

この想いも承認欲求に塗りつぶされたとき、もう私には自殺選択肢しか残ってないでしょうね。





それでは。ここまで読んでくれた人なんているわけないと思いますが。ありがとうございました。

やっっっっっっべ朝だ(社会的死)

2020-07-08

anond:20200708174827

ライブラリ機能ダメシリーズがまとまらないし自分グループ分けすることもできない)というのはよく指摘されていた

一時期はPCアプリバグバグで、一度ダウンロードしたはずの書籍ランダムに消える現象が頻発していたのも印象が悪い

職場LINEグループを作らされた

今後は通話着信音、メール着信音に加えてLINE着信音にも怯えることになるのか

七瀬もおパ中もきちんと倫理観がある人だから羨ましい。自カプ界隈は地獄絵図でしかなかった

最近お気持ちツイートブログを見かけることが多いので自分に整理をつけるためにもここに書き記す。文章を書くのに長けていないため乱文であることはお察し願いたい。

私はとあるジャンルのA×Bが好きなロム専だった。ABには素敵な絵師さんや文字書きさんがたくさんいて、さらにありがたいことに公式から供給も多くABがCPとして盛り上がっていた。これはいオタクとして本当にありがたいことだ。

しかしながらある時、界隈でよく自カプの発言をする人達が騒ぎ始めた。それもただの発言ではない。自カプを攻撃するような所が多々見受けられる発言だった。私はそのグループを「過激派」だと感じた。

まりは5桁フォロワーがいる大手の何気ない発言だったように思う。Bに新衣装(ここではB’とする。当ジャンルシリーズ毎の衣装がIF作品としてよく使われる)が来て「B’はA×Bの子供みたい!」と、界隈全体と言っても差し支えないほど皆んなが盛り上がっていたときに、大手は「ABの子供系苦手なんだよね」とTLで発言した。何せフォロワーが5桁もいるのだ、その発言を受けた界隈の絵師文字書きは皆んな途端に口を閉ざした。新しい供給で騒いでいた界隈が静まり返った。ここで私は「わざわざ界隈に水を刺すことを言う必要はあったのか」と疑問に思ったが、もちろん思うだけに留まった。だって別に苦手だと発言することは止められるべきことではないのだ。個人がそう思ったとしても何ら不思議ではない。(界隈に水を刺すような大手という認識が生まれたが。)

しか大手のこれを機に何かと不平不満を漏らす過激派大手だらけのグループができてしまった。その過激派グループの内輪と界隈には溝ができ始めていた。

ここで私が使っている「過激派」とは固定厨であり(グループの中には雑食もいるが)尚且つ自カプ界隈を攻撃するグループを総じて過激派と呼んでいる。

私もロム専なりに自カプABに対して解釈を持っていたが、過激派は中でも生粋解釈厨で

「〇〇なAっていう解釈するやつは頭悪いの?」

「〇〇なAまじで無理、気持ち悪い、安易解釈

「××なAじゃないとAじゃない。〇〇なAが解釈違いすぎる」

解釈違うやつは虫と同じ。みんな視界に入れたくないよね?」

「ABで検索したんだけど解釈違いで発狂してブロックしまくってる」

というような発言大勢の目の前で言ってしまうような人々が集うグループであった。(もともと逆カプに対しても死ねや殺すと言ってしまうような人達であったので当然だったのかもしれないが…)

もちろんABの二次創作には「〇〇なA」という解釈作品として確立していた。話が戻ってしまうが、5桁フォロワー大手が苦手だと言った「ABの子供系」という作品も少なから存在する。これらの呟きを図らずも見てしまった(表垢でわざわざ見えるように発言するのが過激派グループだ)絵師文字書き、〇〇なAを好きだった人は萎縮した。そういう作品を上げていた絵師さんたちはABの話をしなくなった。そしてフェードアウトするかのように何も言わずに黙ってこの界隈から去っていった。

ある時は、グループの中でも1番と言っていい過激派のXがTLに流れてきたとある絵師さんのイラストに対して直接文句をつけ始めた。

「〇〇なAとかどうしたらそうなるの?Aは高等な教育を受けていて教養が身についてますけど。朝から変なものを見た最悪」

流れてきた地雷イラスト無視するのではなくわざわざ口に出して言ってしまう。それに賛同する信者の数も一定数いる。このような雰囲気が何ヶ月も続きついに界隈は大炎上した。



名指ししてないよと言うもの

炎上したきっかけは私と同じとあるロム専の人のお気持ちツイートだった。

「界隈内でこの解釈が無理だのこれは読めませんだの自分の界隈の身内の書き手以外を攻撃してくのおかしい。こんな界隈見たことない。」

このツイートにはロム垢とは思えないくらいたくさんのRTいいねがついた。これに賛同する絵師さん文字書きさんも多く、過激派グループに属していない大手絵師さんたちの一部もお気持ち表明ツイートをした。かなり安易に「大手」という言葉使っているがフォロワーが4桁以上の人を私はそう呼んでいる。実際にお気持ちツイートした人は3000人また5000人ものフォロワーがいる人であり、このお気持ちツイートは界隈の末端の発言であるとは言い難いものである

しかしながら過激派グループは腐っても過激派なのだ比較過激派ではなかったYに「あなた過激派グループの1人ですか?」「自分たちのことを過激派だという認識はないのですか」という内容のマシュマロが届いた結果、グループ全体で逆ギレし始めた。

別に名指ししてるわけじゃないでしょ」

感受性豊かですね。被害者妄想が過ぎる」

「どっちが界隈を廃れさせてるのかわからないの?」

「好きなことだけ呟けばいいよ…」

ここでまず疑問に思うのが過激派グループは揃って「名指ししてないよ」と言っている点だ。たしかに「名」指しはしていないが本当に指してないのか?そんなわけがないだろう。

〇〇なAが嫌いだという結論に至るのは〇〇なAという作品がありそれを認知しているかである。ABが好きな界隈の人であれば、どのような作品示唆しているのか、果てはどの絵師さん文字書きさんを言っているのかがわかってしまった。その結果、絵師さん文字書きさんが悲しんでこの界隈を去って行ったのである。そしてこの「どちらが界隈を廃れさせてるのか」「好きなことだけ呟けばいいよ」というお気持ちツイート。5桁フォロワー大手が言っていたものもあり、いずれにせよ、過激派グループが言える立場にあるのか、甚だ疑問に思う。

界隈が「怖い」

当事者である過激派グループと界隈の一部を除いて皆んなが見て見ぬふりという態度をとったため数日後には炎上はおさまっていた。しか過激派グループとそれ以外の溝は確実に深まっていた。根本的な解決には至っていないのである。水面下で皆が皆、不安を抱えて過ごしているように感じてしまう。

もともと過激派グループの声が大きくなってきた頃から、AB界隈は他B受け界隈から「怖い」という印象を持たれている界隈だった。自カプを攻撃するようなグループが中心に居座っているのだからこれは当然のことであろう。そしてこの炎上以降「界隈が怖い」という呟きをするひとがぽつりぽつりと増えた。

その結果、ぼや騒ぎが常に起きているかのような界隈になってしまった。いちロム専としてこんな悲しいことはない。

だが過激派グループは「界隈が怖い」と言われることに憤怒しているようなのだ逆ギレしたようなお気持ちツイートもたまに見かける。そして何より恐ろしいのが「怖い」と呟いた人に対して「そのツイートは界隈のためにならないので消してください」という旨のご意見DMが届いたというのを耳にした。自分がそのようなDMをもらうと考えると怖い。これを怖いと言わずしてどうしろというのか。消せ、と言われた人はやはり悲しみながら萎縮してしまっていた。

このような環境が長いこと続く界隈である過激派グループ以外の絵師さん文字書きさんは、

「人気のある人たちだから嫌われると怖い」

「気軽にRTできない」

「ABを書きづらい」

「ABをかくこと自体が怖くてできない」

と言った具合の心境らしい。らしい、というのはあくまでも私がロム専に留まっているかである

怖くて「何も」発言できないのである発言をした人は過激派グループから除け者扱いされる。恐らく過激派グループはこれを末端の声程度にしか思っていないのだろうが、きっとそうではない。

内輪と界隈の溝を全く理解していない。新規参入さんにはわからいかもしれないが、長いことABを推していた人はその威圧感をひしひしと感じ取っている。主語をでかくするななどと言われるだろうが、過激派グループとその信者を除いて、界隈の多くが思っていることである。近い将来また炎上しそうなことなんて誰の目にもわかり切っている。

どちらが界隈を廃れさせてるのかだなんて少し考えてみれば一目瞭然ではないだろうか。これは価値観の違いではなく単に道徳心の程度の差だ。良識のある無しとも言えるだろう。

いっそのこと界隈の皆んながおパ中みたいな人だったら楽しそうと思ってしまうくらいには疲れてしまった。同じABというCP推している者同士、こんな内戦が起こらなくても良いではないか。その界隈の作品に対して全肯定botなおパ中がいるような界隈が羨ましい。

なので私はこのお気持ち表明を最後に界隈から去ることに決めた。自カプ早く自滅しろという気持ちを持って。

気づいてないでしょ、その妬み

ハタチを超えた頃に気づいたことがあるので備忘録


から「いい子」が嫌いだった。

誰にでも優しかったり、性格が明るかったり、みんなから好かれてる、そんな子が大嫌い。

理由は嘘つきみたいだから。本当は私のこと嫌いなくせに、いい子でいたいがために私に優しくするんでしょ?気持ち悪い。なんて思ってた。


仲良しグループの私以外はみんな就職上京したので、私以外で遊んでる写真SNSでよく見かけるようになる。

都会で遊んでるアピールをそんなにしたいか?!と嫌悪感が降ってきた途端、私は気づいたのだ。


私の感情は間違ってる!

嫌悪感じゃない、嫉妬だ、妬みだ、なんてことだ!

今まで嫌いだったいい子たちにも、嫉妬してただけなのか!


思い返すと、嫌いだった「いい子」はみな、母が褒めていた子だった。

ただ私も褒められたくて羨ましいだけだったはすが、嫌いという感情となって現れてた。

こんなことに気づくのに20年以上もかかったなんて、馬鹿げた話だ。


気をつけてね、嫌いな人への感情自分嫉妬かもしれないよ。

SNS向いてない

これぞ!という投稿したあと思ったような反応がないと恥ずかしくて消したくなる

LINEグループでも自分発言飛ばして前の発言コメントされただけで死にたくなる

向いてないんよな

2020-07-07

絵師に何を期待しているのか

最近話題になったおけパ島や神絵師お気持ち表明、それらを見て思うところがあるので私も拙いながら文章を残しておこうと思う。


私は時々絵を描いてTwitter投稿している腐女子だ。基本は日常ツイートが主であるが、結構大きなジャンル活動していることもあり有難いことにフォロワーも5桁を超えている。

自称するのも如何なものか、とは思うが「神絵師」と持て囃されることも度々ある。


正直言って神だなんだと崇められるのは気持ちがいい。作品にたくさんの評価が付くのを見るとやる気が出るし、一時期はまさに「承認欲求を満たされるのがうれしくて」創作していたこともあったと思う。


しかし、決して承認欲求の為だけに描いている訳ではない。自分の好きなCPについて話したり、創作したり、それを仲のいいフォロワー達と語り合うのが楽しくてTwitterをやっているのだ。

見知らぬ人々からいいね感想を貰うのはもちろん嬉しいが、それはあくま付属物でしかない。創作する人なら分かって貰えると思うが、いいねの為だけに描きたくないものを描くことは出来ないのである


感想評価絵描きモチベーションに多大な影響を与えることは明白であるが、それ自体にそこまで大きな価値は無いのだ。



ジャンルで仲良くしていたAさんという人がいた。彼女フォロワー1万人以上のいわゆる神絵師で、週に2.3件というものすごいペースで漫画投稿していた。

当時は私と彼女を含めた数人の「神絵師」たちで仲良しグループのようなものが出来ていて、よく作業通話をしたり、Twitter上で他愛もない会話をしたりしていた。

皆同じCP(〇×△とする)を推していたし、全員がフォロワー5000人以上を抱えていたので当然共通フォロワーは何千人といたと思う。

するとTwitter仕様上、私やAさんのリプライ応酬は彼らに全て筒抜けとなる。

なのでおそらく私とAさん、他の神絵師達が仲がいい事は界隈に周知されていた。




そんなある日、事件が起こった。

Aさんのトレパクが発覚したのである



Aさんはいわゆる常習犯というやつで、色々なところからイラストトレスして投稿していたようだった。結構炎上して、彼女批判する捨て垢なんかも出来ていた。

彼女は次の日にはアカウントを消し、仲良しグループで毎晩通話していたdiscordからも退会してしまった。

その日はいものように萌え語りだとか、何かをツイートする気にはなれなかった。それに、何か下手に言及すればこちらに飛び火しかねない、という不安もあった。おそらく仲のいい他の神絵師たちも同じだったのだろう、その日のTLはやけに静かだった。



何か呟く訳でもなくぼんやりTLを見ていると、こんなツイートが流れてきた。

「仲のいい神絵師たちがだんまり決め込んでて軽蔑する 数万フォロワー抱えてるんだからちゃん説明しろ

「影響力のある大手たちが“トレパクはダメ”って宣言しないと界隈の質が下がる」

大手批判して貰わないと自浄作用が働かない」

というものだった。

何言ってんだこいつら……と思った。



恐らく彼らの言い分はこうだ。

大手は“フォロワー数”、“評価”という報酬を受け取っているのだから、その分界隈を代表し、界隈に貢献するべきである。」

驚くべきことにこういう考えの人間はひとりやふたりでは無いようで、同じような内容のマシュマロが私のところにも何通か届く有様だった。




私たち別に界隈の代表になりたくて絵を描いていた訳じゃない。

フォロワー数のために絵を描いていた訳でもない。

私が私のために絵を投稿して、それを見た彼らが勝手フォローしただけだ。

そもそも感想だって評価だって、「作品」に対する善意報酬であるはずだ。見返りを求めるのは間違っている。どうして求めてもいない報酬に対し責任を負わなければならないのか。



昨今、創作者に対する「感想評価」の大切さが叫ばれている。私だってそれに異議を唱える気はない。感想を貰えると嬉しいし、何度も救われている。

しかし、感想評価に対価を求めるのはおかしい。神絵師だって大多数と同じ、ただ趣味として作品を楽しんでいるだけのオタクなのだ。そんな人に大多数のオタク以上の責任を負わせないで欲しい。




私は図太いので今でも元気に創作をしているが、上記のようなマシュマロがたくさん来たせいで仲良しの神絵師の1人は筆を折ってしまった。「絵を描くことで余計な責任を負いたくない」との事である

オタク最高ハッピーという話です。


私はオタクで、ある男女コンビ推している(仮にXとする)。

家族愛に近く微笑ましい関係の二人だが、諸事情公式から供給が途絶えて今春で丸3年、X推し界隈は完全に干上がっていた。昨年暮れにデジタル環境を入手して以来人知れずほそぼそと絵の練習をしていた私は、コロナ禍で暇を持て余す4月半ば、急に思い立った。「Xを描いてTwitterにあげよう」。

その時点で、コンスタントにXの創作をしている人は多分ひとりもいなかった。誇張抜きで。どちらか片方を描いている人は割といたものの、Xセットでとなると、半年に一枚更新があればいい程度のものだった。そのぶん気楽に描けたというのもある。

その日のうちに、2時間ほどかけて描いた2ページの漫画を軽い気持ち投稿した。これは今見ると本当に拙くて恥ずかしい出来のものだが、当時の解釈すべてを込めた。投稿したあとしばらく落ち着かなくて立ったり座ったりしていたのを覚えている。

半日くらい経って初めて通知が来た。RTされていた。思わずホームに飛ぶとものすごく好意的な反応をもらっていて、いやもうめちゃくちゃにびっくりした。

私は3歳の時から毎日10枚ずつくらい絵を描いているが、ずば抜けてうまいというわけではない。才能がないんだと思う。美大に行くのも悩んだけれどやめた。それに重ねて言うが最初漫画は本当にひどい出来だった。

それを見て、顔も名前も知らない人が「これを求めていた」とまで言ってくれた。なんなんだこれはと思った。

軽くXの話をするけれど、Xはかなり可愛い系のコンビで、Xが所属するグループの中では癒し要員である。ほのぼのした会話が魅力のふたりだ。しかし実はふたりともかなり暗い過去を持っている。

私はこの過去を掘り下げる創作をした。ふたりの抱える鬱屈不安、後悔や嫌悪を、ひたすら表現した。漫画ほとんどすごく暗かったし、会話が多くて地味だったし、それでいて言いたいことが全然まとまらなかったりもした。ほのぼの系コンビとしてXを捉えていた人からすればハァ?というものだったと思う。でも私は奇をてらってそういう創作をしていたわけではなく、心の底から真剣に描いていた。

それが伝わったんだと思った。

2日後に4枚の漫画を描いて投稿し、その次の日に一枚絵を投稿した。そこでひとりフォローしてくれた方がいた。X推しの方で、それ以来投稿してから5分以内にいいねしてくれたりして、もうものすごく励みになった。最初RTしてくれた方にも事あるごとに話題にしていただいた。私を神絵師とか呼ばわるのは後にも先にもこの方だけだろうと思う。

7月頭までおおよそ3ヶ月間Xの創作をしていたことになる。大学オンライン授業になったこともあって時間があったので、その80日間で150枚ほど描き、そのうち80枚ほどをTwitterにあげた。もうずっと描いていた。本当に馬鹿だった。すごく楽しかったけれど。

ただ、6月に入って、ぱたりと筆が進まなくなった。まあ端的に言って燃え尽きたんだと思う。描いては投稿し、ごはんを食べて、描き、投稿し、寝て、起きて、描いていた。表現したいことがいくらでもあった。優しいけど仄暗い会話とか、過去とどう折り合いをつけて未来へ歩むのかとか、周りの人との関係とか。しかしそれも尽きてきた。3年間溜め込みつづけていたものを全部出しきって、もうカスしか残っていないと思った。

私はかなりネガティブな方で自分の絵をいいと思ったことは一度もない。私のアカウントを知っている友達が一人だけいたのだが、1ヶ月間その子と顔を合わせるたびに筆を折りたいと愚痴っていた。いかに私の絵が下手で、表現が拙く、ゴミであるかというのを、LINEでも長々と愚痴った。相当しつこく面倒臭かったであろうにも関わらず、その子が辛抱強く励ましてくれたので、私は創作を続けていた。

最終的に、梅雨が終わった頃、思いつきで描いた一枚絵を最後に、私はアカウントを消すことにした。


私は本当にXが好きだし一生好きだと思う。でももう描くことが何も無かった。ずっと表現たかったものをすべて出し切った。我ながら情熱的だったと思う。絵はほとんど1〜10いいねフォロワーだって10人もいなかったけれど、全然かまわなかった。とにかく追い立てられるように描いて、それが終わったので、消そうと思ったのだった。

私が求めていたのは、言葉は悪いがデトックスみたいなものだったのかなと思った。多感な高校生の時期にずっと大好きだったXを、それに費やした情熱を、あらかたアウトプットし終えて、その次にはそれを消さないといけなかった。そうでなくても私はSNSアカウント放置しない方だったけど、とにかくそういう儀式的な側面があった。

午前1時に「今日アカウントを消す」とツイートした。べつに前もって宣言するほどのことじゃないだろうとは思ったが、まあ自分へのけじめというのもあった。そしてなんなら寝る前に消してしまうつもりだったのだけど、なんとリプライがきた。二つも。

で、それが最初RTしてくれた方と最初フォローしてくれた方だった。私の創作のこんなところが好きだった、解釈が合ったのは初めてだ、おかげでXがもっと好きになれた、という内容がとても丁寧な言葉で綴られていた。

あの嬉しさをなんて言ったらいいのかまるでわからない。単純な自己顕示欲自己承認欲求ではなくて、なんだろう、わかりあえた感って言ったらいいのかな。それとも許された感かな。そしてものすごく申し訳なくなった。底が浅くてすみませんという感じだった。長いこと創作をやっている他の人みたいに無尽蔵に表現したいことが湧いてきていくらでも描き続けられる人だったらよかった。もちろんそれは私のせいじゃないんだけども、謝れるものなら謝ってもよかった。そのくらい申し訳なかった。

私はそれぞれにリプライを返して(かなり抑えた文面にした。よくがんばったと思う)、昼を待ってアカウントを消した。


なんかもう空っぽになってしまって今は何も描く気が起きない。来し方20年近く続けていた、絵を描くという行為を、ここまで遠く感じたのは初めてだ。一旦冷却期間を挟んで、また何か描きたいものが生まれたら少しずつ描いていこうとは思っている。

ただとても清々しい気分である。やりきった感があって、もうこれ以上何もないというところまで走り終えたような。そういうスカッとした気分の中でひとつ心残りなのが、私の底の浅さのせいで誰かを惜しませたという負い目であって、私はそれを放流するためにこの文章を書いた。

私はたぶん変わらないと思うし、今後Xと同じくらい好きなものができて何かを表現したいと強く感じ筆をとったとしても、全て出しきったらまたアカウントを消してしまうんだろうなと思う。更新しないアカウント放置するのはやっぱり嫌だし、かといって、長期的に描き続けられるほどアイデアがない。変なこと言ってるなあと自分でも思うのだけど、とにかくストレスのない方にいこうとするとこうなる。

まあそんな面倒くさいことはおいといて、今はただ満足感に浸っていたい。そんなわけで2週間ぶりに買い出しに行き1ヶ月ぶりに冷蔵庫をいっぱいにし、メロン半玉買ってきた。おつかれ私。本当に楽しかった。みなさんのおかげですありがとうございました。

深澤辰哉くんの不細工扱いやめてくんないかな!

そりゃ佐藤勝利中島健人永瀬廉平野紫耀の4人と5人グループ組まされたらそれは大半の人が公開処刑みたいになるけどさ、

ぶっちゃけSnow Manのなかでの深澤くんは、目立って不細工でも顔デカでもないから!

恒例の不細工ネタ面白くないから!すべってるから!もうそろそろそういうサムい容姿いじりやめてくんないかな!

まず芸能人の顔の大きさが一般人よりだいぶ小さいじゃん、中央値がね。

からその中で顔でかいっていっても、一般人と並ぶと全然でかくなかったりするわけよ。

野外ロケ一般人と絡むと普通に一般人のほうが顔でかかったりするわけよ。

デカいじりやめてくんないかな。シンプルにつまんないし、いじれない感じの人が深澤くんより顔デカかったらもうどうにもなんないくらい気まずいから。

その手の容姿いじり、最近お笑いの人ですら古いしつまんないしやめろって言ってんのよ。

やめてくれよアイドルなんだから

いい歳して腐女子になった

いかん。これはいかん。

自分がどうしてこんな気持ちになってしまったのか全く分からない。

気持ちの転がるスピードについていけなくなっている。落ち着くために増田を書く。

まれて初めてBLにハマった。

もともと周囲に腐女子は沢山いた。学生時代は常にクラスで一番おとなしい女子グループ所属していたし、芸大に進学するとそれはそれは沢山いた。だから友達おすすめのカプ本を見せてもらったりしたことはある。でも何を見せてもらっても、どれだけ魅力を熱弁してもらっても、全くテンションが上がらなかった。女の子が出てくる恋愛漫画はいくらでも面白いものが見つかるのに、なんで…といつも思っていた。

オタク友達に囲まれているのに自分けがオタクになりきれなくて、疎外感ゆえに八つ当たりして「これ男同士である必要あんの?」とまで思っている時期もあった。

から2ヶ月ほど前。

旦那とあるゲームを買ってきた。数年前に発売されたゲームで、自粛要請間中にやってみようかなと言う。せっかくだから私もやってみることにした。

うん、結構面白いキャラクターデザインなかなかいいな…と思いながらプレイしていると、一人のメイン登場人物、Aのイベントシーンに目が釘付けになった。

なんだこれ。なんだこれ。えっっこれは……かっこいい……………。

急に画面を直視できなくなった。自分心臓ものすごいスピードで鳴っているのが分かる。なんかめちゃくちゃ暑くなった。

その日はなかなか眠れなかった。目を閉じると例のイベントシーンが浮かんできて、また暑苦しくなってしまう。

翌日の仕事全然集中できず普段絶対にしないようなポカミスをした。家に帰るととりあえず例のイベントシーンの動画を見た。昨日に比べると少しはマシになっていたがそれでもまた同じように心臓がドクドクしているのが分かった。

それから数日、一人になった時間を狙ってイベントシーンの動画を繰り返し、繰り返し見た。見ていない間は思い返した。

そのイベントシーンは時間でいうと非常に短いもので、シーンが終わるとロードを経て通常のプレイ画面に戻る。

何度も何度もシーンを思い返すうちに「画面が戻る間、彼は何をしているんだろう」という疑問がわきあがってきた。

ピクシブで誰か描いてないかな…

気が付くと数年ぶりににピクシブアプリダウンロードし、「A」検索をかけていた。案の定シーンとプレイ画面の狭間時間に何があったのか想像して描いている方がいた。貴女が神か。ありがとうございますありがとうございますと、いいねをした。

そこからタグを辿って延々とAのイラストを見続けた。最高。最高すぎる。かっこよすぎる。なんだこれ。男性キャラでこんなにかっこいい人がいるなんて。

タグの中でも特に沢山Aのイラストを描かれている方は、BというキャラカップリングさせたBL作品も描かれていた。

B?あぁー最近攻略したとこでちょっと出てきたな…と思いつつ、美しいAのイラスト表紙に吸い寄せられて思わずタップしてしまった。

読んだ。感動した。泣いた。なんて美しい愛。なんてピュアな恋。

まりにも美しいキャラクター達の恋心の発露に、いびきかいて寝ている旦那の横で声を押し殺して泣いた。

B、何者なんだ。気になる。Bも最初は気づかなかったけれどめちゃくちゃかっこいいじゃないか

こっそりベッドを抜け出して、ゲーム機を起動させてBがメインで出てくるところまでぶっ通しで攻略した。もう完全に眠気は吹っ飛んでいた。

AとBが会話をするイベントシーンを見て、例の同人を思い出してまた涙ぐんだ。もう私の中でAとBは完全に運命恋人同士になっていた。

それからというもの暇を見つけてはピクシブでAB作品を探し(もちろん原作ゲームはあれから速攻でクリアした)、ニヤニヤする生活を送っている。

本も買いたいけれど、数年前の作品からか軒並み完売しておりどれも手に入らない。仕方ない。

とにかくネットでAB作品を見るのが楽しい。読むと、温泉につかったときに「あ゛~~~」と言いたくなる、あの染み渡るような感じがする。ABに自己投影しているというよりは、ABの2人が幸せにしている空気に「あてられる」感じがする。

なるほど、色んな友達が壁や観葉植物になりたいと言っていたのは、こういうことなのかもしれないな。

人生で初めてBLにハマッたことを私はまだ誰にも話していない。

なんだか少し気恥ずかしい。自分でもまだ気持ちの整理ができていない。腐女子友達にもABに大して興味が無いならば言わないほうがいいのかしらとも思っている。

周回遅れ感半端ないけれど、今はとにかく楽しい

…落ち着くために増田に書いたけど、全然落ち着いてないなこれ。まぁいいや。

もう10年以上前のことだけど

タイプーケットに行って島周回ツアーみたいのなのに申し込んだ

朝、集合するとうちら日本人夫婦と、フランス語を喋るうるさい西洋人家族っぽい5、6人のグループ中東の人のグループ4人くらいだった

2、3、島をめぐりスノーリングなどした。スノーケルなどの道具は店の人が用意したものだ。すべて同じ見た目をしている。

ある島で昼食をとり、船にもどった。ここで中東の人たちはスケジュールが別らしく島に残った。

借りたスノーケルは船の上で乱雑に置かれ、どれを誰が使ったのかわからなくなっていた(と俺は思った)。

店のタイ人が「よし、もう終わりだから貸したもの戻してくれ」といって、自分が使ったと思われるスノーケルを適当に戻そうとした。

するとフランス語を喋るグループの一人のお姉さんが、スノーケルにマジックで書いてあった管理番号らしきものひとつづつ読み始めた。

(そんなもんが書いてあるのに俺は少しも気付かなかった)

はい、番号A154は?」「あ、おれのだ」みたいな会話をしてスノーケルを使った人に戻していく。

えぇ~?そんな番号あったの?!と思いつつおれは自分の使ったのがどれだかわからなくて焦る。

掃けたスノーケルはもうなくなってた。俺が使ったのはどこかいってしまったのだ。

店のタイ人に説明する。

すみません。ここに置いてたんだけど、なくなってしまった」

店の人は「オーケーオーケー、島に残ったアラブ人が持ってったんだろ」 といって全く気にしてない様子だった。

しかしこれはとても恥ずかしかった。

ああやって一見乱雑に貸し出されてた、同じ見た目をした物のID確認して覚えておくという習慣が俺にはなかった。

内心、ペチャクチャうるさくて、うぜえなと思っていた、あの西洋人たちがしっかりとそういう習慣を身に着けてたことに驚いた。

すいませんでした。

ファンボックス商品を全て購入し、他のサポーターコミュニケーションを取ってきた私は、の商品は買わないことをお勧めします。

理由は3つあります

まず第一に、価格が高すぎる。他のFUTANARIのアーティスト比較すると、AYAやBosshiのようなクオリティの高いアーティスト比較すると、は常に5~10倍の値段を設定しています。つまり、同じ金額で5人以上のふたなりアーティスト応援することができ、を応援するよりも、アーティストコミュニティの発展のために良い結果が得られるということです。しかも、の作品平等性は他の多くのアーティストよりも劣っています(そう、私もPatreonやEntyでAYAとBosshiを応援しています)。

第二に、にはモラルが欠けている。最近、のQQグループに参加した多くの人と話をした。その中で、誰一人としてについて肯定的コメントをしてくれなかった。一番多かったのは、「お金を払ったのに委託拒否された」、「いつも個人的理由お金要求してくる」、「また作品を送ってくるのが遅れたが、数ヶ月前にお金を払った」などの言葉だった。このように、は自分言葉絶対に守らない。

最後になりましたが、はファンボックスモザイクをかけることを宣言しました。それが私がの応援をやめる一番の理由です。誰もモザイク検閲なんて見たくないでしょう。

要するに、をサポートしないでください。もしあなたがすでに彼のサポーターになっているのであれば、どうか支持をやめてください!

anond:20200707055643

コロナの発生が3月 いま7月 4ヶ月 給付金国民全部に配布するレベル給付金が遅配

うちらグループでは緊急性を鑑みて まちがえて 一人に3回配布することになっても 第2段で話し合えばいいから そりゃ受け取った人はわかるだろうし 口座には入金されている

から、 2銃配布でもいいから 押し付けろ とにかく 現金10万円をわたせ というのが 俺らチームの意見 そこまでやっても 遅配する

ましていわんや 口座に不備が出書類支えせるレベルなら 遅配率40%超え 4千万

2020-07-06

日本語(略)日本人超訳版)

日本語(略)日本人超訳版)

.

 日本語をまともに使えない日本人というのがいる。お前らは遭遇したことは無いかもしれないが、俺はある。(俺の予想に過ぎないが、日本中に数千人いても良いと思う。)

 敬語が使えないだとか、読解力に欠けるだとか、そういうレベルの話ではない。

 「おはよう」「こんにちは」くらいしか語彙がない子。

 例えば、書類の欄に「名前」「氏名」とあったとき、「ここには、(自分の)名前を書くべきだ」と考えるような人は、日本語理解していると言って良いと思う。こういう人が日本語じゃなく、例えば、スペイン語書類名前を書いたとしても、日本語理解して書いたことには変わらない。

.

(原文を読むのに疲れたゆえ、今宵はここまでにいたしとうございまする)

.

.

(残りノルマ)読んでて気が狂いそうになってくる

そうじゃなくて、日本語がわからない日本人。語彙は100に届かない。「名前」が読めない。外国語もっとダメ

移民の子にごくたまにいる。

まれた時から日本にいるのだから日本語くらい覚えそうなもんだが、全く覚えない。

母語がない孤立した子。

まだマシなのは日系人グループではコミュニケーションとれてる子。ポルトガル語日本語も今一つだが、日系ブラジル人の間では話せるような子は比較的マシ。

孤立してなければどうにか生きていける。その移民コミュニティが、日本寄与する保障は全くないし、余り幸せにも見えないが。

移民社会にも日系人社会にも日本人社会にも不適応を起こしてる家族がある。

母語のできない子は孤立してる。大抵全く友達がいない。話せないから。

彼らにとって同年代の子危険存在しかない。世話焼きな子感謝要求して怒るから危険。まともな子はそもそも彼らを避けるから見えてない。まともじゃない子はまともじゃないので危険

母語のない子は悲しいほどに察しが良い。察しの悪い子はどこへ消えていくのか俺もわからない。

~の子と書いてきたが、成人しても問題解決しない。

職場での評判はすこぶる良い。働いてるうちは。

寡黙で人懐っこく、文書が読めないから法外に安く使える。突然のドロップアウトや、誰も原因の把握できない暴力沙汰は多い。意味不明タイミングで泣き出す子もいる。

時間を守れない子が圧倒的多数マジで時間理解できない子もいるだろうが、恐らくうつかそれに近いんじゃないか

メンタルという単語も知らない。下手するとココロも知らない。訴える方法がないだけでメンタルボロボロなんだろう。

増田たちの感覚では日本人とは感じないだろうが、国籍はあり住む意思があり職があったりなかったりし、日本祖国だと思ってる。

顔は違うし、文化にいたっては存在すらしない。

被害者はもちろん、加害者にもよくなる。

優しい子でも凄まじく残酷になる。他人に優しくなるには教養がいるんだろうな。

人権最高人権最高、お前も人権最高と叫びなさい。

新型コロナ重症化率って5%もあんのかよ

この間の新型インフルエンザですら重症化率は70代のグループで0.8%最高

ただの風邪……?

2020-07-05

選挙気持ち悪いと思った出来事

田舎に住んでた時、投票所の受付に顔見知りの役場のおじさんがいた。投票の帰り、「今日誕生日だったんだね、おめでとう」とLINEが来た。グループLINEでの交流だったので連絡先を知ろうと思えばできた。誕生日は受付表でチェックした時に知ったんだろうなーと…このゆるさ、田舎だもんな、と。何かしらの情報がこうしてお役所さんでも漏れていくんだろうなと感じた。

・4年前夏の参院選職場グループLINE40代男性の先輩が「この人を支持する」とアツイ一人議論を展開。その候補者はないでしょ(もちろん落選)、って感じだったので未だに選挙がくると思い出す。15人くらいのグループなのに特に誰も反応してなかった。やっぱり宗教観政治の話ってリアルにするとどこか気持ち悪さ、居心地の悪さを覚える、タブーだよな。わたしの考え変じゃないよな、と安心。数人がグループを抜けたのでわたし安心してグループを抜けた。

先程TwitterTLで「組織から特定候補者への投票指示には従わなくていいよ!」を見かけて「自分意思以外で投票するやつなんているわけないやろ!」と思い返した次第です。

anond:20200705115043

自覚していないようだがかなり読みにくい。

逐一挙げていくから覚悟して読んでくれ。

まれによくいる。

これはまだ理解できるからいい。ネットスラングでもあるし。

美しい日本語とか読解力とかそういうレベルではない。

おはよう」「こんにちは」で日本語力の限界に達する子。

名前」「氏名」と書かれてて、スペイン語で書いても平仮名で書いても良い。

五感四肢の先天後天どちらかのトラブルであっても、場合によっては知能の問題でも仕方ないと思う。

この辺の主語と述語の混乱がすごい。

この4行それぞれの、主語述語が省略されていない形を自身イメージできるだろうか?

3行目などは、文の途中で主語が切り替わっている。「名前」「氏名」と書かれているのは何?スペイン語平仮名で書くのは誰?「良い」とは何が「良い」のか?

日本語は省略が許されてるしいくらでも省略していいと思うけど、完全な形をイメージしてそれから省略したほうがいい。でないと読み手に混乱をきたす。

それに一般的日本語としてもこれは省略しすぎ。勢いで書いた文を推敲もせずそのまま投稿していないか

そうじゃなくて、ホント日本語がわからない日本人

移民の子にごくたまにいる。東アジアの子では知能が問題なければ見ない。

まれた時から日本にいるのだから日本語くらい覚えそうなもんだが、全く覚えない。

ここもそう。この1行目を見ると特に感じるが、あなたの使う体言止めは、全体的に非常に違和感があって文意もとりにくい。

それは何故かというと省略されていない形が直感的に復元できないからだと思う。

じゃあポルトガル語ペルシア語がわかるかと言うともっとからない。

まだマシなのは日系人グループではコミュニケーションとれてる子。

たいがい母国言葉も知らないが、それでも所属するグループのなかなら日本語くらいわかる子がいる。

この辺は文自体比較的読みやすいと思うが、全体としての文意が全く取れない。

ポルトガル語ペルシア語はわからない」

日系人グループではコミュニケーションがとれる」

母国言葉も知らない【が】、日本語くらいわかる」(この【が】も相当変だ。前後が逆接になっていない)

まりこれらを総合すると、「まだマシな子」はまだマシな子同士では日本語コミュニケーションを取れている、という意味でよいのだろうか?

そうであれば冒頭の「日本語力の限界に達する子」とは違う集団のことを言っているのだろうか?

文中で逆の例を言うことはもちろんありうることだが、この文章でこの位置に反例を出してこられても、シンプルに読者が混乱する以外の効果はないと思う。

めちゃくちゃ問題なのは核家族かつ両親は移民で、子供家族内でしかコミュニケーションがとれない。

義務教育はもちろん受けるが、授業が理解できない。簡易な単語は覚えるが、そこまで。

読み書きが壊滅的。

東京静岡ではそういう子のためのカリキュラムを組んでるとこがあるとかないとか。

ここが主張したいメインの部分なのだろうか?

この「めちゃくちゃ問題な子」の家庭内でのコミュニケーションは何語によって行われている?

ポルトガル語ペルシア語がわかるかと言うともっとからない」のではなかったのだろうか?

このあたり、何か大きな前提が書かれていないように感じてしまう。

そして、今更だが、この辺りでようやく、日系人日本まれの子がうまくコミュニケーションをとれないという問題主題なのかとわかってくる。

タイトルを読んで、本文を数行読んで、「ん?スペイン語??なぜ急に?」ときて、「移民の子」というキーワードが表れて、その上でここまで読んでようやく話の全体像が掴めてくる。

正直、ここまで読まないと全く頭が話に入っていけない。構成を工夫した方がいいと思う。

初めてあなた文章を読む読み手の、何も入っていない頭の中を想像しながら書き進めたほうがいいと思う。

子供日本人社会適応してれば問題ないが、もちろん適応してない。日系人社会でもベトナムフィリピン系の子ブラジルの子いじめられてたりする。

華僑の子ベトナムの子で、俺の方を指差して笑ったり、怒られるのを嫌がってこそこそ隠れたりする。

一行目。日本人社会日系人社会が立て続けに出てくる。

冷静に読めばここの文意は取れるが、親切でない。ここまでの文もそうだけど、近接する文どうしで急に話が変わるのは本当に読みにくい。

もちろん、対比したいとき、強調したいとき、逆接したいとき、隣り合う文の内容が変わることはいくらでもある。だがそういう時のために接続詞はあるのだ。

そして二行目。「俺」が突然登場する。

これは一般的日系人の子問題について語っている文章なのだと思っていたら、急に体験談が出てくる。

かといって今後またしばらく「俺」は登場しない。この文章を、論説・エッセイ体験談のいずれの性格を持ったものと思えばいいのか、この後ずっと混乱が続く。

子供が群れて大人悪口を言う。健全コミュニケーションであると思う。それはそれとして行儀が悪いが。

「誰」のこと?文脈から言って日系人ではない日本の子供たちの話?また説明不足のまま話が変わっている。

日本語のできない移民の子は全く違う。子供同士で話すところを見ない。話せないから。

大人を見るとニコニコ笑って、飛び付いてくる。

子供残酷からいじめをせずとも仲良くはできない。世話を焼きたがる子ほど、感謝要求するから尚更よく怒る。

結果して同年代の子危険存在以外の何者でもないので、隙あらば大人のところへ行く。

彼らは悲しいほどに察しが良い。興味を引くためのイタズラも行わない。

ここはわかる。文脈が繋がっているし、主語統一されているし、これまでの主張から裏切られることもないからだ。

~の子と書いてきたが、成人している子も多い。

「~の子」とは?上で書いている「日本語のできない移民の子」を省略して書いたという解釈なのか?

このような略し方は本当に見たことが無いし、めっちゃくちゃわかりにくい。変な表現を使わず普通に書けば良かったのでは?

働いてる子の評判はすこぶる良い。少なくとも俺へ悪口を吹き込まれるような関係を築いてる子はまずいない。働いてるうちは。

実は「子」ではないんですよ、という話をしたあとにまた「子」。

そしてまた出てくる「俺」。「俺」とは誰?あなたはどういう立場のどういう人間として何を伝えようとしてこの文章を書いているの?

それを最初に開示した方が圧倒的に読みやすくなると思う。

寡黙で人懐っこく、文書が読めないから法外に安く使える。突然のドロップアウトや、誰も原因の把握できない暴力沙汰は多い。

時間を守れない子が圧倒的多数マジで時計理解できない子も多かろうが、恐らくうつかそれに近いんじゃないか

内科外科存在は知ってても(たぶん読めないが)メンタルという単語も知らない。

増田たちの感覚では日本人とは感じないだろうが、国籍はあり住む意思があり日本祖国だと思ってる。

幼い子は突然ふさぎこむ事がある。何かあったのは容易にわかるが、決して言わない。隠す事もできないが話すこともできない。

そして加害者にもよくなる。

ここはまだわかる。

加害者にもよくなる。」は日本語の文として若干の怪しさを感じるけれど、まあわかる。

人権平等ゴミだ。誰かの前に飛び出してかばってくれた事なんてない。

「くれた」の使い方が変。誰かの前に飛び出すのなら、かば対象は「誰か」なのだろうけど、「くれた」は普通自分自分の身内がかばわれることに対して使うと思う。

そしてまた主語行方不明。「かばってくれた事なんてない」のは誰?

直前にある文章は「加害者にもよくなる」だから、これが繋がっていると考える?

それともそのもうちょっと前に出てくる「増田」がずっと隠れ主語として残っているのだろうか?

うーん、どうとっても不自然だなあ。

日本語のわからない日本人(割りと直した)

まれによくいる。

お前らの視界には一人も入っていないだろうが、地方都市にも何人かいる。全くの体感だが、日本中に数千人いても驚かない。

敬語とか、読解力とか、そのレベルの話ではない。

おはよう」「こんにちは」でボキャブラリー限界に達する子。

名前」「氏名」と書かれてて、名前を書くべきとわかるなら日本語がわかってる。スペイン語名前を書いたって日本語がわかってる。

そうじゃなくて、日本語がわからない日本人。語彙は100に届かない。「名前」が読めない。外国語もっとダメ

移民の子にごくたまにいる。

まれた時から日本にいるのだから日本語くらい覚えそうなもんだが、全く覚えない。

母語がない孤立した子。

まだマシなのは日系人グループではコミュニケーションとれてる子。ポルトガル語日本語も今一つだが、日系ブラジル人の間では話せるような子は比較的マシ。

孤立してなければどうにか生きていける。その移民コミュニティが、日本寄与する保障は全くないし、余り幸せにも見えないが。

移民社会にも日系人社会にも日本人社会にも不適応を起こしてる家族がある。

母語のできない子は孤立してる。大抵全く友達がいない。話せないから。

彼らにとって同年代の子危険存在しかない。世話焼きな子感謝要求して怒るから危険。まともな子はそもそも彼らを避けるから見えてない。まともじゃない子はまともじゃないので危険

母語のない子は悲しいほどに察しが良い。察しの悪い子はどこへ消えていくのか俺もわからない。

~の子と書いてきたが、成人しても問題解決しない。

職場での評判はすこぶる良い。働いてるうちは。

寡黙で人懐っこく、文書が読めないから法外に安く使える。突然のドロップアウトや、誰も原因の把握できない暴力沙汰は多い。意味不明タイミングで泣き出す子もいる。

時間を守れない子が圧倒的多数マジで時間理解できない子もいるだろうが、恐らくうつかそれに近いんじゃないか

メンタルという単語も知らない。下手するとココロも知らない。訴える方法がないだけでメンタルボロボロなんだろう。

増田たちの感覚では日本人とは感じないだろうが、国籍はあり住む意思があり職があったりなかったりし、日本祖国だと思ってる。

顔は違うし、文化にいたっては存在すらしない。

被害者はもちろん、加害者にもよくなる。

優しい子でも凄まじく残酷になる。他人に優しくなるには教養がいるんだろうな。

人権最高人権最高、お前も人権最高と叫びなさい。

追記

わかりにくい分かりにくいうるせーんじゃ。

まれると思わなくて書きなぐってしまった。ごめんね。

追記

あちこち削ったぞ。

2020-07-04

FF14やりたくなさについて

FF14、すごく面白そう。

FFシリーズはいくつかプレイしたしどれも好きだ。

過去オンラインゲームを楽しんだ時期もある。

人間関係で嫌な目にあうということも特になかった。

そもそも自身ネット上でのコミュ力に然程大きな不安は無い。

現在私生活時間的金銭的余裕もまあまあ足りそう。

TLに流れてくるスクショは綺麗だし、音楽もカッコイイ。

ゲーマーの友人たちはハード無料トライアルのことを教えてくれる。

ゲーム内での日々の愉快な出来事や凝った遊び方も絶妙ネタバレを避けて(ここに鉄の意志が伺えてみんなのFF14好き度の高さを感じる)紹介してくれて、お前もいつでも迎え入れようと何度も言ってくれる。

基礎的な世界設定を教えてくれて、キャラを作る妄想を一緒に楽しんだりもした。

そんなユーザーフォロワーに何人もいる。

いいゲームだなと思う。

自分がやり始めたら、毎日遊んでくれるであろうグループ複数思い浮かぶ

誰かを選ぶことで誰かを選ばないことになってしまうのが嫌で、やりたくなさが募っている。

やり始めない限りは全員とシュレディンガーFF14友達でいられるから

周囲は気にしないよと言われるだろうが、スタート地点に心残りがあるとすべてに斜に構えてしまい飽きやす自分を知っているので、自分ちゃんと楽しむ為に拘りたい。

いつかは心からFF14やりたくなりたいなと思っています

2020-07-03

女友達が少ない女の特徴

前提として


これらの特徴がある女は、男女どちらにも好かれる傾向があります

これから書くのは、女と友人関係になれない女の特徴です。

なぜかこのような人は自分欠点(あるいはコンプレックスであるはずなのに

女の子に嫌われる」「女の子友達欲しい」と自ら公言します。

男性とは表面的には友人関係になっているように見えるかもしれませんが、異性なので相手に求めるハードルが低くなっているだけです。

男性側が女性側を潜在的に弱い、あるいは幼稚な存在として見なしていて、多少失礼なことをしても許されます

対等な友人関係とは程遠いと言えるでしょう。

1. 自分の話ばかりする

常に自己紹介だけしている人です。

自分趣味や興味の範囲以外には何も話題を振ることができません。

相手共感しにくい(立場を考えられない)という特徴も併せ持っている場合が多いです。

2. 謝罪(自省)しない

常に自分が正当だと考えます

相手の失敗は許しませんが、自分が失敗したり、嫌なことがあると反省ではなく被害者立場とります。

例えば、自分失言により相手の機嫌を損ねたような小さなことでも、

お互い様」の精神はなく「なぜ自分がこんな目にあうのか」という発想になります

3. 本音を言わない

上記の2点と方向性は異なりますが、YES, NO の意思表示意見を述べない人も同性と友人関係を築くのは難しいです。

よくある、「グループ」には入っているけど、単体で誘われない存在です。

(番外)女に好かれないと思われがちだが、実際には関係ない特徴

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん