「東大」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 東大とは

2022-05-26

anond:20220526194818

立憲民主党は、何年待ったら「自民党逆張り」以外の政策を出せるようになるんですか?

これ、政党構造不可能でしょ。

自民逆張り以外の政策を、まあ出すでしょ。

出しても、支持が得られないんだよね。

「つまんねー」って。それが今の日本40代以上の本音

40代以上は残念ながら教育程度が低い。

低いので、自民党逆張りで受けを狙うことしか出来ないんだよ。

国民教育程度の問題なんだよ。


私も田舎に居て「高卒でも素晴らしい人がいる」とか色んな話を聞かされた人間だけどね。

ほんとに居たのは東大の進振で勝ち残った同級生たった一人だけだね。

その人は優秀でしょうよ。

でも高卒じゃないでしょ。


国民ってね、自分教育程度を正義だと思ってるんだよ。

思ってる奴らがいる限り、立憲民主党はあのスタンスを変えられない。

anond:20220526104642

東大にいくような子は高校の頃から優秀。

30年前の話だよ。

いまはぜんぜん違う。

SAPIXと鉄、それにおちたら駿台でえっさほいさ組が東大ボリュームゾーン

いまや指定国立大学を目指す奴らは、高校から優秀でもなんでもない。

高校から指定国立大学の進み方を教えてもらってる」人たち。

それは優秀とは言わない。

調教だ。

   昔、養老ありけり。  東大解剖学教官時代、恐ろしいオヤジの男なるも、平成に入りて元に戻り、段々に女性的になりて麻原彰晃と経緯同じ。

     学生試験の採点は階段から答案をまき散らし、一番遠くに飛んだのを優にしていた。

    学生に対し若いのにこんな穴倉にいないで遊んで来いと檄を飛ばす平成中期、様々なエッセイを書いて人気を博す。

     鎌倉の自宅に大量の書庫を備え、書庫が倒れて本に潰されても本望という。鎌倉から電車東大に通い、その最中に本を乱読す。

   昔から法律などの人定法を嫌い、あんもの人間が作ったもの政治ゲームに夢中になる時点で頭がおかしいと豪語し、自然を愛し昆虫採集に励む

     自分が金をもらったら風を喰らって行方をくらすといふ時代もあり。

    

少子化って企業高卒を雇えば解決では?

卒業までの1年間で共通試験を受けてもらい、成績をもとに採用判断

東大にいくような子は高校の頃から優秀。

大学特別身につけるような技術はない。

あってもうちの会社では使わせない

なら高卒から雇うようにすれば

大学に使うはずのお金まるまるういて

子供ぽんぽん産むと思う

優秀な子は大学行かせて

優秀な発見して貰えばいいんよ。

anond:20220526094424

いや何時もの創作増田ブクマカ大好き東大って思ったので読んでない。佐々木望を見習え

こういう妄想しがちなのって自己愛性なんちゃららしいぞ

自称自己肯定出来ないマン自己肯定自己定義客観的事実は要らないって言ったら

現実齟齬が出て精神病む』とか言って発狂してたけど

そりゃこういう妄想してりゃあ病むでしょうよって思う

万能的な自己像が損なわれることを恐れて、対人関係回避する、

試される場を回避するといった風になると引きこもりになるそうな

 

まぁいろいろあるかもだが焦らず行ったら?

みんなドヤ顔してたって今の生活レベル落とさないで老後を迎えられるヤツなんて1割いない

お互い今の生活レベルを落とさずに、なんだったら老後は今より裕福に過ごせるよう頑張ろうぜ

30代のおっさんのなんの変哲もないかもしれないけどコンプレックス

父はインフラ勤め、母は専業主婦普通の家庭に生まれた。両親はふたりとも高卒20代後半で結婚してわたしが生まれた。

小学生の途中で、父はローンで家を買い、社宅から出た。

住まいは社宅から一軒家になり、リビングのある1階と寝室のある2階の家になった。

父は酒を飲み、タバコを吸う男だった。そして母は一滴も酒が飲めなかった。

父は暴力は振るうことは一度もなかったが、酒を飲むと、少し語気が荒くなった。母はそれを毎日避難し、毎日2階に逃げた。

子供の頃のわたしは、母を2階に呼びに行かなくてはならなかった。

母は常にわたしに、年をとったらわたしが母を介護するのだと毎日言い聞かせた。

子供であるわたしは、毎日父の不満しか口にしない母に媚び、慰めないといけなかった。

そしてたまに1階でわたしは父が酒を飲んでこぼす母への愚痴を聞いてあげないといけないのだ。

わたしは2階の自室で部屋のベッドで小さくなりながら布団を抱きしめて毎晩過ごした。

わたしは体が小さく、運動はできなかった、また容姿もよくなかった。しか勉強はそれなりにできた。

わたしは近くの中学校を経て、県立の進学校に進学した。わたしは少しだけやっていたスポーツをやめ、ガリ勉になった。

わたし学力は上がった。地元医学部の推薦を受けることの出来る成績であったし、父はわたし医者になってほしかったようだった。

しかしわたしは官僚になりたかった。文部科学省で、子供未来を司る教育を作りたかった。思い返すと、子供である自分が満たされていないことの代償行為かもしれない。

官僚になるには学歴必要だ。しかし私は東大に落ちた。

慶応には受かったのでそちらに行くことにした。当時は家がおかしいとは思っていなかったが、家で浪人はできる精神状態ではなかったというのは無自覚ながらあったのかもしれない。

滑り止めは大阪大学の予定だったが受けなかった。そのとき父が単身赴任大阪に行っていたので、やはり避けたかった思いがあったのかもしれない。

大学は刺激的だった。

わたしはいわゆる陽キャに分類されるであろうサークル所属し、おそらく人生で一番楽しく充実した毎日を送っていたと思う。

そこにいた彼らはみな優秀で誠実で、親の愛と期待、また財力もあった。彼らのほとんどは期待と自信に満ちあふれていた。

彼らは本当に善性に満ちあふれていて、世の中を肯定的に見ることが出来るのだ。育ちが違うというのはこういう事を言うのだろう。昔話題になった低学歴の世界高学歴の世界はまさしくこれである

そのうち、わたしに初めての彼女ができた。今思うと浅はかな考えだが、わたしは全くもてなかった、だから当時、彼女さえいればバラ色の人生とは行かずとも人生好転すると信じていた。

しかし、それは何も自分渇きを癒やしてくれなかった。自分の持っている悩みは解決されないまま恋愛関係という新たな悩みをわたしにもたらした。

わたし彼女と別れた。そして気まずくなりあまりサークルに行かなくなった。

そして彼らはみんな海外留学していって、疎遠になった。

年次が進みわたしは就活に向けて、大学向けの官僚の話を聞きに行った。そしてショックを受けた。そこに来たのはみな東大出身だった。自分大学向けの講演であったにもかかわらずだ。少しは慶応出身のひともいるはずなのに。

わたしは後悔し、東大に行けなかった自分を恥じた。そして受ける努力もせず官僚を諦めた。

わたし堕落し、成績はどんどん低下した。お金もなかったが留学するだけのGPAも全く確保できていなかったと思う。卒業はぎりぎりだった。

わたしインフラ企業就職した。安定した企業地方転勤がない会社に入りたかった。NGけがあってやりたいことが思いつかなかったので公益性などを考えた、いや就職のための美辞麗句として使用しただけかもしれない。自分でもわからない。なんだかんだで父を尊敬していたのかもしれない。

しかし、コンプレックスは拭えなかった。先輩方はみな電通博報堂入社していた。そもそもわたしは受けもしていない。

同じサークル出身でまさに文部科学省に入った同期もいた。ハンデを乗り越えて入省した彼は本当にすごいと思う。しかしわたしは怖くて彼と連絡をとることはできなかった。

わたし会社体育会系部署に配属され、不眠症になった。不眠症は一項に改善されず処方される薬はどんどん増えていった。

わたし仕事やりがいも見いだせず、また傍目にも優秀とは言えなかった。当然ながら、出世コースに乗ることはできなかった。

他の会社は違うのかもしれないが、この会社出世ルートから1度でも遅れたらもう二度と追いつくことはできない仕組みになっている。

しかしやる気はでなかった。そもそも出世したいかしたくないかもわからなかった。しかお金必要だった。

わたしはそのうち花形部署に配属された。それなりの残業代を得て、それらはすべてソーシャルゲームに消えた。

そこではわたし評価勝手に上がるようになった。私は上位の等級に選ばれ、少し位が上がって係長になった。同期では真ん中くらいか少し遅いほうかもしれない。

昔の部署自分より年下の後輩が係長になっていたのを見て、ショックを受けていたわたしは少し持ち直した。

そもそもそれでショックを受けるまで出世がしたいとも思っていなかった。もはや取り返しのつかないことだが。

わたし奨学金を借りていた。そして、借りたお金を利子がつかないよう両親が建て替えて両親に返す形になっていた。

なぜかそれが親の好意みたいな形になっていたし、そもそも払えるじゃないかとも今は思う。そして母は利子をつけない代わりに、支援機構の倍の速度での支払いを要求した。

わたし10年かけてそれを返した。そして最後に振り込みをした日に両親と絶縁した。

わたしは外から見たら、おそらくそこそこ恵まれているように見えているのではないかと思う。

部屋は最新のガジェットデザイナー家具で溢れている。椅子アーロンだし、キーボードRealforceだ。Alexaは一声かけるだけでシャンデリアを操作してくれる。なのに、わたしは大枚はたいた高級ベッドの上で、大の字で寝ることもできず、子供の時と変わらず隅っこで布団を抱いて眠ることしかできない。しかも大量の睡眠薬必要だ。

わたしは人の顔を思い出すことができない。父も母も妹も昨日あった同僚でさえもゼロから顔を思い浮かべることができない。

風景も覚えておくことができず、すぐに迷子になる。車のナンバーを覚えていないと駐車場の車に戻ることすらできない。

これはおそらく普通のことではないのではないかと思う。

わたしはなんのために生きているのかわからないし、何がほしいかもわからない。

2022-05-25

anond:20220525091428

NTTって学歴主義っていうか学閥とかあるの?

NTTじゃない情報系の会社にいたけど、東大京大出で業務知識無いくせに理想論ばっか語って役に立たない新卒は何人かい

凍り付いたのはそういうエリート意識を持ったまま社会人になったって事だよね

内定式を凍り付かせる奴

そういや昔、NTT研究所内定式に参加して

その後の懇親会で同期になる奴と話してたんだけど

その中の一人が

「いやーたくさん受けたんだけど全然からなくて、最後最後にここが採用してくれて良かった!」

とか言ってて場が凍り付いてたの思い出した

周りは東大京大とかからエリートとか言われて来てるのに

地方大の田舎者で他が蹴ってるような人材採用してるのか、みたいな感じになってたな

入社式そいつを見かけてないからどうなったのかは知らないけど

2022-05-24

  平成18年以降になると、 下坂は精神的におかしくなった。  東大法学部行政法教授太田すら統制できない。 平成18年5月に秋田県児童死ぬほど

    ブサイクと言って連呼する事件があると、教員だった畠山鈴鹿殺害を指令し、完全に犯罪者になった。

   既に最悪になっていたので、平成19年、延岡キラキラネーム流行し、  南方小学校に対して周辺住民から攻撃が入り当時の南方小学校教員が全滅した。

   下坂は2ちゃんねる独自資本主義論を提示したが、東大から、ださすぎなどと言われてバカにされ狂って自殺

      平成19年1月、渋谷の姉のマンから警察官志望の兄は終わっていると言われて発狂し、マンコに対する殺害を指令。そのため、下坂が完全な悪であることが露見し

   全国的な総攻撃が入った。延岡でも、平成18年8月、ドキュン高校生殺害事件で、 何も悪くない人に対し平気で懲役26年の実刑を指令。この頃には下坂の子供嫌いとか

     暴走には凄まじいものがあった。 平成20年6月、東京女子供からインターネットブサイクへの猛攻撃が入り、秋葉原トラック事件を指令。

   既に人格が変わっていた。

   下坂は俺が北予備にいた平成14年の間に大志寮にいた高橋虎雄寮長を監督していただけで、北予備本部ではチューター塩塚にたまに何か

     やらせていたがそれ以外のことはしていなかった。あの時代はイケイケンドンドンであまり悪質でなかったので下坂も悪質な指令などはしてなかったか

   しようとしてもできなかった。北予備本部では、講師に何かを言わせても、ぺち見拓士に、「はい、こんなところには来ないでくださいね」と言わせただけ。

    後はほとんど何の影響力もなかった。当時はマスコミがかっていたので、下坂がそこに最低限の規制をかけようとしてもできなかったかである

   当時は若者の力が強く、若者に逃げられたらおしまいなので、東大にしても、文Ⅰ名前だけを知らせていて法学部に進学することに関しては下坂は

    当時の若者には何も言ってなかったし、他の悪人の手下にやらせていた。それだけ当時は悪人が世で、悪人面白い人が勝っていたので、下坂のような

   セーターを着ている丸いのは勝てなかったかである教養学部進学以降も、駒場では若者が暴れ狂い、悪人だらけ。下坂はそこに何も介入できない。

     法学部高橋和之に駒場に行って来いと指令した程度と思われるが、当時の駒場には下坂などはいなかった。

2022-05-23

   我が国社会ただちに金が全てになったわけではない。昭和53年までは法権力が全てだったので、学歴とか裁判官が力を持っていた。しか昭和54年から一気に

  だめになり、権力は、国家から株式会社医療社団法人などに移行し、そこの専門家プロ活躍していた。

    確かに加藤周一も、相当前から消費社会だと言っていたので、昭和40年代からは既に金が全てになっていた側面もあり、バブル経済ときも確かに金が全てになっていた。

      株式会社イオンは、東大法学部社長が作った会社なので、東大法学部経済的にも終わるということが考えられない。

   しかし、金が全てという社会が進展した結果、本来、  文Ⅰ東大法に行った人は、金がもらえるはずだった。しかし、平成中期に、文Ⅰ東大法に進学した人に何もいいこと

    がなかった

      更には、金の亡者時代の寵児であるホリエモン長野刑務所に行った。この辺りから社会は金が全てという神話崩壊した。一体誰が真犯人なのか?


    俺が法学部から無理なんだけど、延岡の奴に、法学部の話をするとキレてつっかかってくる奴がいるからな

   東大法学部の話をすると勢い、勉強することになるが、今の西階中学校のこうちょうや、南方小学校校長がそれが認められない


  高野もぐら    東大  64歳  厚生労働省

2022-05-22

    平成17年前は、国家はどうでもよかったから、受験生などを遊ばせていただけ。  なぜなら当時の東大関係者などは善良だったから。

    お前が悪人から最近になって仕事仕事とうるさいだけ。ゴミが。今の重要問題点は、 平成17年以前のことを覚えている者が誰もいない事。

      ぺち見拓士が北予備にいたときも、井上修二が平成11年に延岡西にいたときも、そのときから仕事とかどうでもよかった。だから右田明子の世代には人気があった。

      特に  安徳の嫁のゆきのきもさは異常。  こいつ、若くて働ける男が欲しいだけだから。  キモババア死ね

https://anond.hatelabo.jp/20220522135853


  お前は俺とHしなかったら生存権を1ミリも具有しない東大経済卒、進研模試がよくできた最近の新入生。

https://anond.hatelabo.jp/20220522170044


  平成20年に東大法学部卒に法が殺されたのは、それ以前から法なんて誰も知らなかったし最悪なのは当然だからだろ

    東大出て法を殺して何が悪いの?  最近は法が最悪という常識が無くなってきてんだよ

    いい加減にしろやザコが  以前は色々言っていたくせに何も言わなくなった 

隣の人が弱くなると気が強くなる雑魚いるよな

近所にクソ雑魚がいたんだけど、

こっちが浪人中は毎朝予備校の登校時に、ナメた態度でニヤつきながらチラチラ見てきたんだけど、

東大受かったら家から出てこなくなってワロタ

2022-05-21

入試統計重要視してない東大京大

東京大学入試の今年の数学問題見たら

指数関数三角関数辺りまでの主要な関数・座標幾何微積分・立体幾何整数論確率辺りの知識要求される問題だけ出てた

統計知識なんて初歩的な確率論以外一切要求されてない

京都大学入試も同様

https://www.densu.jp/index.htm

というサイトで今年の問題確認出来たのは他にも北海道大学一橋大学大阪大学があったが

あとは複素数問題があるくらいは一緒(東大京大に今年は複素数問題なかったのか…)

要はどの大学統計学なんて数学知識としてそれ程要求してない

大学入学共通テストでカバー出来る範囲で十分って考えてる訳だ

政治家世間統計学をもっと重要しろなんて意見大学側はあんまり沿ってないみたいだね

偏差値65の人生

座右の銘は「人畜無害」。褒められもせず、苦にもされない人生だと思う。

まれ地方の小さな町だけど、高校県内公立トップ校に進み、大学東大京大はいかなかったが東京の上位私大に潜り込んだ。

就職も志望していた大手企業に入って、マイナー職種のため大出世こそ望めないものの食うに困らない賃金を得ている。自分部署の中ではまあまあ重宝がられてるとも思う。

年齢=彼女いない歴童貞非モテだけど、男女問わず飲みに行ったり遊びに行ったりしてくれる友達はいる。

趣味といえるほどめちゃくちゃに凝ってるわけではないけど、旅行も好きだし展覧会観劇に出かけたりもする。運動はそんなに好きではないけど、太りすぎも痩せすぎもせず、まあまあ健康だ。

両親も健在で実家地元に残った兄が継いでいるし、家族仲も大してよくはないけど致命的に悪いわけでもない。いまはコロナ禍もあって景気は悪いらしいけど、少なくとも外の学校に行かせてもらえるくらいには経済的に恵まれていた。幸いなことに両親とも毒親ではなかったと思う。

東京まれ東京育ち、親が大企業勤めや官僚とかで自分東大海外有名校を出たというような偏差値70超えの人生ではないけれど、経済的に困窮したり家庭が破綻してたり、ものすごいハンディキャップを背負ったりしているというわけではない。

たから見ても悪くない人生だなと思う。

それでもときどき、生来のものさな性格からか「生きるのめんどくさいなあ」と思う。将来に対するただぼんやりした不安というのも多少はあると思うけど、そういうのも含めて「なんかめんどくさい」のだ。

よくも悪くも自分能力はわかっているし、自分性格もよく理解しているから今後も突飛なことはしないだろうなと思う。結局のところ、生まれて飯を食ってクソして死んでいくだけなのかと思ったりもする。

とはいえ自殺する気も今のところない。安楽死は悪くないなとたまに思ってしまうけど、死後というものが(観念的なものとして)どういうもの想像できないだけに積極的に選ぶような勇気はない。

特定宗教を厚く信仰していて死後の世界を信じられていたら(宗教における自殺の是非はともかくとして)もう少し楽だったのかもとも思う。しかし今さらになって急に何かを信奉するのは難しい。

自分のことはよくわかっているので、何かアドバイスが欲しいわけでもない。たいていのことは「自分でもわかってはいるんだよね。でもそうするのは難しい」って思ってしまうのだ。

何かわかりやす解決策が見つかるでもなく、これから淡々と生きていくんだと思う。

自分でも贅沢な自慢話だと思うけど、なんとなくよく眠れず、ぼんやりと考え事をしていたアラサーたわごとだと思って聞き流してほしい。

https://anond.hatelabo.jp/20220521025928


  俺には金はないし、俺が持っているもので一番価値があるのは、東大法学部の成績証明書だけだから

     俺はお前じゃねえんだよゴミ

     俺は平成19年に東大法学部卒業できるくらいに勉強した偉人

     法学部ではないお前とは全然違う。

2022-05-20

エッセイ漫画って少数の作者がローテで描いてるのかな

毒母親がしんどかったという漫画を見たら、夫を殴ってしまう妻の漫画と画風が同じだった。

エネ夫に心しぼられる漫画主婦東大目指した漫画と同じだし。

社会学部ではないのに社会学を語るだと、専門性軽視だ!けしからん!」

みたいなの、東大出身の偉い学者先生はみんな文学部社会学科とか出身で、そもそも東大社会学部がないことはどう考えてるんだろう

実際社会学部社会学文学部社会学科とか社会学専攻とかってどう違うの


 とりあえず延岡警察署川端木田死ね

     また平成8年~17年の間にあったことや、法学部のことを何も覚えていない霞が関東大法学部卒(36歳~49歳)

   何考えてんだこいつら


    下坂のお前が考えないような素晴らしいことは既に明治天皇昭和天皇がやり尽くしたんだよ。

    お前は平成5年頃の東大法学部卒で残念な奴だからどうしようもない。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん