「何だか」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 何だかとは

2022-05-26

東京にはこんなにも多くの女性が居るのに」

当方弱者男性。先日、野暮用で柄にもなく若者の街である渋谷を訪れた。

仕事は想定より早く終わったので、そこはかとない居心地の悪さから一刻も早く退避するために、さっさと駅に急ぐ。

安物の中華bluetoothイヤホンを耳にぶっ刺して、雑踏をシャットアウトする為のエクストリームメタル大音量で流す。

タイミング良く到着した電車にサッと乗り込む。目の前にあった片手で数え切れる程度の数の空席のうちの一つを選んで座る。

仕事の疲れもあり、乗り込んだ直後には気付かなかったのだが、数分も経たないうちにある違和感を覚えた。

「あれ?この車両女性しか居なくない!?」「やべっ!女性専用車両・・・?」内心、めちゃくちゃ焦った。

かましメタル殆ど聞こえなくなるぐらいまで、イヤホンの音量を一気に下げて、落ち着く為に軽く深呼吸をする。

顔をむんずと上げて、眼球をグリグリ左右に動かして、車窓や壁にその手のステッカーが貼ってないか必死で探すが、まったく見当たらない。

隣の女性も、向かい女性も、自分存在を別段気に留める様子もないが、念の為に「〇〇線 女性専用車両」と手元のスマホググる

「〇〇線の女性専用車両は、平日の7時〜9時半に運行中です。」現在休日夕方。うーわ良かった、やっぱ単なる偶然か・・・

「おい、ビビらせんなよ・・・」と、マスクの中でため息を吐きながら、周りをよく注意しながら見回すと、斜め向かい韓国系黒髪マッシュ男子

(最初一瞥した時点ではショート女性に見えた)が座っており、更にその向こうの出入り口付近には茶髪イケてる感じのおっさんこちらに半分背を向けて立っていた。

要は、焦った俺が自分以外の男の乗客を見落としていただけだったのだが、それを差し引いても、自分含めた男3人以外の乗客老いも若きも全て女性だった。

こんなことあるんやな。東京暮らしはそこそこ長いが、こんな経験は初めてだった。路線時間帯によってはあるあるだったりするんだろうか。

とりあえず一安心すると同時に「東京にはこんなにも多くの女性が居るのに、誰一人として俺の話し相手すらしてくれんなぁ・・・

という、我ながらメチャクチャ気持ち悪いグロテスク思考が、仕事終わりで疲れた俺の頭の中にモクモクと充満し始めた。こらマズい。

「ま、仕事終わりの電車でこんなキモい事ウジウジ考えてる奴、そらモテるわけないわな。」と、他人事のように無理矢理自分自身を突き放した。

気のせいか何だか頭がクラクラしてきたので、耳からイヤホンゆっくりと引き抜いて、眠くもないのに目を瞑って下を向いた。

2022-05-22

anond:20220522040125

女性生理に、平均月あたりいくら掛かるか、理解してる男、いるの?

以前、マンガの真似だか何だか知らないけど、平気で女子だけでソロキャンプに出掛けた人を、たしなめてる方がいた。彼女意見はさすがに杞憂だと思うけど、言わんとしてることはわかる。

実質的な、"女性税" があるんですよ。生理コストだけじゃなくて、自由制限が。

そういう理不尽な不平等も、理解を広めなければいけない。

闇と戦うのは、未来でもきっと避けられないけど、味方は多いほうがいいから。

2022-05-20

anond:20220520065746

は?

生きなくていいと思えよ

お前の分際何だか

わきまえろ

2022-05-19

anond:20220519065634

■我、処女。膣を弄ってみたら絶望感がヤバイ

タイトルから何を言ってるのか?って感じなんだけど、これ現在進行系の実話でありひたすら書き散らした絶望感の記録です。

私は処女であるしかしまあ、処女であることは別に恥じることではないと思う。

しかしこの度ずっと未使用のままであった膣が可哀想ではないか?と唐突に思い立ち、このままではいけないと一念発起した私は、数ヶ月程前に思い切って人生初の膣オナニーに挑戦してみることにした。

まあそんなこと言ってるけど、私は幼児の頃からクリオナニーしまくって親に見つかりクソほど怒られてもやめなかった筋金入りのエロ猿だ。

オナニーを覚えてから毎日のようにクリトリスをシコってきた。性欲はかなり強い方だと思う。

でも今まで何となく抵抗感があり、膣オナニーには踏み出せずにいたのだが、ついに決心がついたのだ。

クリトリスにばっかり構ってたら、まんこの真髄たる膣さんが可哀想でしょうよと。

しかしだ。

オナニー……いや、膣への挿入作業を始めた今、私は絶望している。

エロ漫画、エロアニメエロゲーにアダルトビデオ

とにかく私は色んな物でシコってきたわけだが、全部の夢が打ち砕かれた気持ちでいる。

なぜなら、膣が全く気持ちよくないからだ!!!

正直舐めてたわ。そりゃね、私だって耳年増なりに処女でも挿れてすぐアハァン気持ちいい!なんてのが夢幻だってことくらい知ってますよ。

だけどさ、クリトリス触っただけであんなにも気持ちよかったじゃねえか!?と。

そりゃあそりゃあ膣は訓練が必要だ何だと言ってても、なんだかんだ言って気持ちいいはずじゃんって思ってたよ。

でも違うんだよ!! 全然何も感じないんだよ!!!

そこにあるのはひたすらに「無」。何ならケツの穴の方がまだ気持ちいいまである

Gスポットってのがあるらしいじゃないですか。

どうやらネット記事によると、そこを押すとなんかおしっこが出そうなムズムズ感があるらしい。私はそれを期待していたんです。

特に気持ちよくはないけど尿意を感じてオッこれが始まりか、みたいな。そんな感覚を期待していたんですよ。

なのにさぁ…… 何も感じない。

え?Gスポットってそもそも存在しないんじゃない?本気で思った。

神様が私の身体に何か搭載し忘れてるんじゃないかと思った。それくらい何も感じない。本当にただの穴だった。耳かきしてるほうが気持ちいい。

いやいや指じゃ初心者には難しすぎるのかもしれんと最初は思ったね。

ローション使って痛くないようにした。膣イキ用のバイブまで買った。

その上で何ヶ月間も毎日何かあれと挿入し続けた日々。

もうね、「無」なんですよ。

オナニーにそんな情熱注ぐ?セックスしたほうがいいよ〜みたいな事思う人いるかもしれないけど、オナニーセックスって別腹じゃないですか。いやわからんけど。処女なので。

でもとにかく私は女の快楽を得られるならそれを得てみたいぞ!だから諦めないぞ!という気概があった。

体験談としてはセックス中の中イキよりもオナニー中の中イキの方が確率高いらしい。そういうデータもあった。

だけど結局、今日今日まで、何も感じることは無かった。

もうね、自分身体が欠陥品に思えてしょうがないですよ。

あとね、穴がバカ狭い。この穴を使って男根を受け入れるとか無理過ぎて泣けてくる。

でもね、ここまではまあ、いいんですわ。予想の範囲内。

たった数ヶ月で、セックスしまくってる人ですらイけてないという膣イキをキめられるなんて私も思っちゃいなかった。

穴が狭いのだって最初のうちはそんなもんでしょと思ってた。

本当に訪れた絶望はまあなんていうか、今まで使ってきたオカズ全然楽しめなくなったこと。

私ねぇ、本当に上の方でも書いたけど官能小説だとか抜きゲーだとかエロものとにかく全般マジで18禁解禁で咽び泣くほど好きだったんですよ。

それがもうね、今や全く興奮しない。

何回か試してみてわかったんだけど、そういうシーンを見てると段々頭が冷静になってきて、これはダメだなあってなるのよ。

膣でアンアン喘いでる女の子に全く共感できないのよ。

これ別に挿入すぐアンアン言うのはファンタジー!とか主張したいわけじゃなくて、楽しめてたはずの作品群が楽しくなくなってしまたことに絶望してるんです。

別に女の子共感してオカズにしてるつもり無かったんだけど、なんか、なんかね。自分の中で欠けてしまったんです。何かが。

自分の膣への希望を失ったら、エロに没頭することすらできなくなっちゃった

膣イキしてる女が羨ましい。私も女体でしか経験できない快楽を感じたかった。

膣イキできないならクリイキしとけばいいじゃんって思う人もいるかもしれないけど、クリオナニーも前より全然快感が得られなくなってる。

私の最大のシコりどころは何だかんだ言って膣に何かする場面だったんです。

だって大体の作品が、クリより膣じゃないですか。

最初クリに手を出しても膣のほうがもっとすっごいぞ、ヤバイパターンだと理性飛んで獣のように狂えるぜってのが定番の流れだし。

今までは膣をパコパコしてるシーンに思いを馳せながら「ああ、私もいつか膣イキしてみたいな」なんて思いながらクリでフィニッシュしていた。

ももうその流れが苦痛なんですよ。

だって自分まんこは何も感じないんですよ。それ思い出すんですよ。虚無の感覚を。

何ならAVとかでズポズポしてるシーン、あまりにも太い、いや一般男性サイズでも今の私には太く見えるだけなんですが、あんな物を受け入れて気持ち良さそうに喘いでみせるあの姿、演技かかそうでないかよりもずっと前の感覚で、別の生き物を見てるような畏敬の念まで湧くんですよ。

今まではちんぽは太ければ太いほど興奮するたちだった。でも、今はもはや一種ホラー映像に映るんですよ。

こんなに絶望的な気持ちになったのは生まれて初めてです。

なぜならどんなに絶望してもオナニーすれば快楽を得られたから。これ冗談抜きです。本当の話。

クリ責め作品は前から好きだったのでそっちで何とか気持ちよくなろうと思ったんだけど、やっぱりダメでした。

今まで散々気持ちいいと思ってたのに、今となっては全く気持ちよくない自分に気付いてしまいました。

後はもうおっぱいしかない。乳首オナニーしました。まあ当然のように感じません。

そりゃそうだよ。クリトリスですら今や機能が失われてんだから。もうね、嘘でしょ?

ていうか女体ってね、妄想力だとか雰囲気だとかに凄い左右されるらしいじゃないですか。膣なんてとくに。

もう根本的な話なんですけど、それ、マジでどうして???

なんで膣内を擦っただけですぐ気持ちよくなるような機能を搭載しなかった?私に絶望を与えたいのか?

それはともかくオナニー気持ち良くならないってもう、今まで毎日のように楽しんできたオナニーライフオナニーとのライフが一気に地獄になるんだよ!!!

オナニーしたいけど気持ちよくなれないとか、どんな拷問だよ!!

クリシコすら成功しないまま性欲だけが溜まっていく。

今まで楽しんでいたオカズ達が無用の長物と化していく。

嫌だ……

私は絶頂するのが大好きなんだ……

オナニー絶頂を迎えることこそ最高の娯楽でリフレッシュだと思っていたんだよ……

膣イキできるようにならないと今まで楽しんでいた作品達がクリイキですら楽しめないままになってしまう。

エロ猿として生きてきたこの私が。人一倍性欲に溢れていたこの私が……

でもシコれない。本当にシコれない。

膣に手を出してしまったばっかりに、最低の悪循環に陥ってしまった。

膣トレするにはまずクリイキしてから妄想力を高めてから!ってお前、こちとら膣の虚無感のせいでクリイキ妄想力も失われとるんですわ。

どうすればいいの?

クリトリスの刺激だけで満足できていたあの頃に戻りたい。

膣。マジで何もない。

クリトリスの脚が伸びてるから膣は気持ちいい、みたいな記事とかも読んだけど理論はともかく実践で何も感じなさすぎて怖い。

すればいいのか?セックスを?この虚無膣を抱えて?

相手方にも申し訳ないじゃないですかそんなの……

もう本当に助けてくれ。

私はただ、クリよりもゴージャスなオナニーをしてみたかっただけなのに

Permalink | 記事への反応(6) | 23:19

 

 

   

☝️

これとか実名と住所公表して書けんのかよおっさん

こんな下劣嫌がらせ、顔出しで書けるか?

ほんま陰湿いじめやれるよなー

性格ねじ曲がってるよほんと

2022-05-18

我、処女。膣を弄ってみたら絶望感がヤバイ

タイトルから何を言ってるのか?って感じなんだけど、これ現在進行系の実話でありひたすら書き散らした絶望感の記録です。

私は処女であるしかしまあ、処女であることは別に恥じることではないと思う。

しかしこの度ずっと未使用のままであった膣が可哀想ではないか?と唐突に思い立ち、このままではいけないと一念発起した私は、数ヶ月程前に思い切って人生初の膣オナニーに挑戦してみることにした。

まあそんなこと言ってるけど、私は幼児の頃からクリオナニーしまくって親に見つかりクソほど怒られてもやめなかった筋金入りのエロ猿だ。

オナニーを覚えてから毎日のようにクリトリスをシコってきた。性欲はかなり強い方だと思う。

でも今まで何となく抵抗感があり、膣オナニーには踏み出せずにいたのだが、ついに決心がついたのだ。

クリトリスにばっかり構ってたら、まんこの真髄たる膣さんが可哀想でしょうよと。

しかしだ。

オナニー……いや、膣への挿入作業を始めた今、私は絶望している。

エロ漫画、エロアニメエロゲーにアダルトビデオ

とにかく私は色んな物でシコってきたわけだが、全部の夢が打ち砕かれた気持ちでいる。

なぜなら、膣が全く気持ちよくないからだ!!!

正直舐めてたわ。そりゃね、私だって耳年増なりに処女でも挿れてすぐアハァン気持ちいい!なんてのが夢幻だってことくらい知ってますよ。

だけどさ、クリトリス触っただけであんなにも気持ちよかったじゃねえか!?と。

そりゃあそりゃあ膣は訓練が必要だ何だと言ってても、なんだかんだ言って気持ちいいはずじゃんって思ってたよ。

でも違うんだよ!! 全然何も感じないんだよ!!!

そこにあるのはひたすらに「無」。何ならケツの穴の方がまだ気持ちいいまである

Gスポットってのがあるらしいじゃないですか。

どうやらネット記事によると、そこを押すとなんかおしっこが出そうなムズムズ感があるらしい。私はそれを期待していたんです。

特に気持ちよくはないけど尿意を感じてオッこれが始まりか、みたいな。そんな感覚を期待していたんですよ。

なのにさぁ…… 何も感じない。

え?Gスポットってそもそも存在しないんじゃない?本気で思った。

神様が私の身体に何か搭載し忘れてるんじゃないかと思った。それくらい何も感じない。本当にただの穴だった。耳かきしてるほうが気持ちいい。

いやいや指じゃ初心者には難しすぎるのかもしれんと最初は思ったね。

ローション使って痛くないようにした。膣イキ用のバイブまで買った。

その上で何ヶ月間も毎日何かあれと挿入し続けた日々。

もうね、「無」なんですよ。

オナニーにそんな情熱注ぐ?セックスしたほうがいいよ〜みたいな事思う人いるかもしれないけど、オナニーセックスって別腹じゃないですか。いやわからんけど。処女なので。

でもとにかく私は女の快楽を得られるならそれを得てみたいぞ!だから諦めないぞ!という気概があった。

体験談としてはセックス中の中イキよりもオナニー中の中イキの方が確率高いらしい。そういうデータもあった。

だけど結局、今日今日まで、何も感じることは無かった。

もうね、自分身体が欠陥品に思えてしょうがないですよ。

あとね、穴がバカ狭い。この穴を使って男根を受け入れるとか無理過ぎて泣けてくる。

でもね、ここまではまあ、いいんですわ。予想の範囲内。

たった数ヶ月で、セックスしまくってる人ですらイけてないという膣イキをキめられるなんて私も思っちゃいなかった。

穴が狭いのだって最初のうちはそんなもんでしょと思ってた。

本当に訪れた絶望はまあなんていうか、今まで使ってきたオカズ全然楽しめなくなったこと。

私ねぇ、本当に上の方でも書いたけど官能小説だとか抜きゲーだとかエロものとにかく全般マジで18禁解禁で咽び泣くほど好きだったんですよ。

それがもうね、今や全く興奮しない。

何回か試してみてわかったんだけど、そういうシーンを見てると段々頭が冷静になってきて、これはダメだなあってなるのよ。

膣でアンアン喘いでる女の子に全く共感できないのよ。

これ別に挿入すぐアンアン言うのはファンタジー!とか主張したいわけじゃなくて、楽しめてたはずの作品群が楽しくなくなってしまたことに絶望してるんです。

別に女の子共感してオカズにしてるつもり無かったんだけど、なんか、なんかね。自分の中で欠けてしまったんです。何かが。

自分の膣への希望を失ったら、エロに没頭することすらできなくなっちゃった

膣イキしてる女が羨ましい。私も女体でしか経験できない快楽を感じたかった。

膣イキできないならクリイキしとけばいいじゃんって思う人もいるかもしれないけど、クリオナニーも前より全然快感が得られなくなってる。

私の最大のシコりどころは何だかんだ言って膣に何かする場面だったんです。

だって大体の作品が、クリより膣じゃないですか。

最初クリに手を出しても膣のほうがもっとすっごいぞ、ヤバイパターンだと理性飛んで獣のように狂えるぜってのが定番の流れだし。

今までは膣をパコパコしてるシーンに思いを馳せながら「ああ、私もいつか膣イキしてみたいな」なんて思いながらクリでフィニッシュしていた。

ももうその流れが苦痛なんですよ。

だって自分まんこは何も感じないんですよ。それ思い出すんですよ。虚無の感覚を。

何ならAVとかでズポズポしてるシーン、あまりにも太い、いや一般男性サイズでも今の私には太く見えるだけなんですが、あんな物を受け入れて気持ち良さそうに喘いでみせるあの姿、演技かかそうでないかよりもずっと前の感覚で、別の生き物を見てるような畏敬の念まで湧くんですよ。

今まではちんぽは太ければ太いほど興奮するたちだった。でも、今はもはや一種ホラー映像に映るんですよ。

こんなに絶望的な気持ちになったのは生まれて初めてです。

なぜならどんなに絶望してもオナニーすれば快楽を得られたから。これ冗談抜きです。本当の話。

クリ責め作品は前から好きだったのでそっちで何とか気持ちよくなろうと思ったんだけど、やっぱりダメでした。

今まで散々気持ちいいと思ってたのに、今となっては全く気持ちよくない自分に気付いてしまいました。

後はもうおっぱいしかない。乳首オナニーしました。まあ当然のように感じません。

そりゃそうだよ。クリトリスですら今や機能が失われてんだから。もうね、嘘でしょ?

ていうか女体ってね、妄想力だとか雰囲気だとかに凄い左右されるらしいじゃないですか。膣なんてとくに。

もう根本的な話なんですけど、それ、マジでどうして???

なんで膣内を擦っただけですぐ気持ちよくなるような機能を搭載しなかった?私に絶望を与えたいのか?

それはともかくオナニー気持ち良くならないってもう、今まで毎日のように楽しんできたオナニーライフオナニーとのライフが一気に地獄になるんだよ!!!

オナニーしたいけど気持ちよくなれないとか、どんな拷問だよ!!

クリシコすら成功しないまま性欲だけが溜まっていく。

今まで楽しんでいたオカズ達が無用の長物と化していく。

嫌だ……

私は絶頂するのが大好きなんだ……

オナニー絶頂を迎えることこそ最高の娯楽でリフレッシュだと思っていたんだよ……

膣イキできるようにならないと今まで楽しんでいた作品達がクリイキですら楽しめないままになってしまう。

エロ猿として生きてきたこの私が。人一倍性欲に溢れていたこの私が……

でもシコれない。本当にシコれない。

膣に手を出してしまったばっかりに、最低の悪循環に陥ってしまった。

膣トレするにはまずクリイキしてから妄想力を高めてから!ってお前、こちとら膣の虚無感のせいでクリイキ妄想力も失われとるんですわ。

どうすればいいの?

クリトリスの刺激だけで満足できていたあの頃に戻りたい。

膣。マジで何もない。

クリトリスの脚が伸びてるから膣は気持ちいい、みたいな記事とかも読んだけど理論はともかく実践で何も感じなさすぎて怖い。

すればいいのか?セックスを?この虚無膣を抱えて?

相手方にも申し訳ないじゃないですかそんなの……

もう本当に助けてくれ。

私はただ、クリよりもゴージャスなオナニーをしてみたかっただけなのに

よく分かんねー世の中が、更に分からなくなってきた

ちょっと前に話題になってた人、今更かもしれないけど...

https://news.yahoo.co.jp/articles/5110ba73504d2e210f2f31f7d2fe1f6a72dc72d4?source=pc-comment-subcolumn


ウィリアムトーマス=男

性同一性障害

リア・トーマス=女 :ここまでは何となく理解できる

ホルモン注射だか何だか治療を続けてるらしいが、まだブツは付いてるらしい。:?

女性競泳選手として米で活躍 :これ駄目じゃね? 

圧倒的筋肉量で女子選手は元より多くの人から非難される :やっぱそうなるだろ

性の対象女性 :えっ!? それなんかずるくね?


躰が男で性同一性障害者で性の対象女性って、それレズって言うのか?

ま、どーでもいーか。

2022-05-17

ヒット作には税制上の優遇しろとか言ってる赤松健やその支持者、

鬼滅の刃鋼の錬金術師みたいな女性作家かつライバル誌の作品何だかんだ言って認めなさそう

anond:20220517150521

五輪が終わると不況が来るって言われてたからだろ

コロナでそれどころじゃなかったから、何だかよくわからん状況になってるけど

いろんな節約方法を試したけど、何だかんだでシコるのが一番節約に繋がってる気がする

2022-05-16

あんのさんは

大人だよね

少なくとも破滅アーティストではない

世渡りうまい

人望もある

周囲のスタッフが、自分庵野氏のために働いていると口々に言う、そういう環境アニメ制作で稀だって誰かが書いてたな

カリスマというか、そういうところが良くも悪くもジョブズっぽくなった

自分作画の才能をあっさり見切って演出監督転向したのも正しかった

ぶっちゃけ絵コンテの絵はスゴい下手だと自分でさえ思ってしまったけど、

あれは宮崎駿系へのアンチテーゼなんだろう

絵コンテが正解になると、絵コンテ100点で、原画100点より落ちる、庵野氏本人もそう言ってた

逆に絵コンテポンチ絵で、原画に考えてもらう、

絵コンテ以降の工程原画などのスタッフを信用する、そうすれば絵コンテ10点でも原画100点になる

まり宮崎駿氏はスタッフを信用していない、任せきれない、自分側で正解を持っていてどうしても口出ししてしまう、

そういう制作スタイルの違いを昨今は更に明確にした感がある

から、そのデメリットとして庵野カラーとでもいうかが、自分には薄まって感じている

NHKでも、自分の考えてることは大抵他人からはつまらないことなんで、みたいに仰っていたが、

周囲の意見聞き取り入れることで、逆に物わかりがいいというか、

なんか我を通さなくなっていくなぁという感がなくもない

といっても、円谷仕事特に世界CGに向かう中、伝統芸能としての着ぐるみを貫くだの、その背後のお家騒動だの倒産危機だのあったわけで、

我を通して既存ゴジラウルトラマン破壊して、そこから再生させるというのは不可能だと思うし、

なんだかんだ、そういった周囲の顔色を見て作ってるので、安心していいんだか何だかよく分からんのだけど、

若さ故の過ちというか暴走スタッフに任せて、本人は暴走しなくなってしまったんだなぁという感が否めなくもないというか…

2022-05-10

邦画なのに日本語字幕存在する理由を知らない人っているんだね

たまたま映画を見に行ったら、コナン日本語字幕版が上映されていた

その表記を見てたカップルが「日本アニメなのに日本存在するなんてウケるwww誰見んの日本語の字幕なんて」って、2人して笑ってた

想像力働かせれば耳が不自由な人が見るんだってからないのかな?

今は、テレビ番組だって全部字幕あるしCMだって字幕付いてるのあるぞ?

何だかただ映画を見に来ただけだったけど非常に不愉快だった

本当に知らない人っているんだ

疑問に思うなら彼氏に聞く前に調べればいいのに

何のためのスマホだよ

いや聞かれて調べない彼氏彼氏だけど

2022-05-09

anond:20220509180304

何だかんだ男女共にジェンダーロールを保存しようとしてんだなぁ。

2022-05-06

元彼が灘コンプレックスだった。

やっと一段落ついて終わった話だから吐き出すけど、

結婚まで考えてた元彼一家が灘コンプレックスが強烈だった。


元彼一家母親離婚済(後に早逝)の父子家庭で、元彼元彼父、元彼父兄弟二人(元彼父は末っ子)が、皆灘の出身

話を聞いていた時は濃い家系だな~って軽く考えてたし元彼自身はそこまで灘出身だという事に拘りは無さそうだったんだけど

結婚挨拶に行ったりして色々話をする内に、「子供絶対に灘」である事を頑なに主張された。



まれても無いどころかまだ結婚する前から子供の進学先まで口を出される事に閉口したんだけど、何故か元彼父兄弟まで

出てきて灘にしろ、○○(元彼)の子孫なら当然灘だな、灘以外あり得ない、と色々言われて更にドン引き……

「今からそんな事考えられないんですけど?馬鹿じゃないんですか?」と言うと、

灘の男である○○(元彼)と付き合っている自覚は無いのか!?と愚弄されて私まで怒って口論になる事まであった。


元彼も怒って伯父達、特に下の伯父(三男兄弟次男)と激しく殴り合いまでしてたんだけど、喧嘩が終わった後に元彼

まさかから子供を灘に行かせようとか思ってないよね?」ってふと確認すると、元彼元彼

「いや、出来れば俺も灘には行かせてやりたいとは思っとるよ」と澄ましたさも当たり前みたいな顔で言われて本当に驚いた。

何でも、伯父らや父親に上から色々言われて灘出身にさせたくは無いけど、『俺達』(私達夫妻)が考えた結果、

子供が生まれたら灘人にさせるのは問題無いし寧ろ出来ればそうさせてあげたいらしかった。

元彼自身も、よくよく今までの話などを思い返せば、灘出身である自分結構プライドがある人だった。

実際に灘出身であるから自信も実力もあって、タフでそれなりに稼いでる人で、そこが魅力的で好きになった人だったし。


その後、灘出身で身なりもきちっとしてる元彼父とは違い、反社紛いの怪しい職業大金を稼いでいる元彼伯父次兄、

定職にも就かずにフラフラと何年も放浪しちゃったりする(の割には灘には異常に拘り口も出してくる)元彼伯父長兄、

そもそも元彼父と元彼とは血縁関係が怪しく、元彼母と元彼父兄弟は汚い話だけど穴兄弟で誰の子供かハッキリとは分からず(DNA検査もしてないとか)

とりあえず一番真面目だった末っ子元彼父が元彼の父となったという昼ドラみたいな歪な家庭環境や、父親かも知れない元彼伯父次兄には

本人にも良く分かってないぐらい複数血縁者(この場合、異母兄弟になるのだろうか?)がいて、灘にしたいという将来を考えると

結婚する前から遺産争いだの何だのと大いに揉める事が予想出来た状況など(元彼伯父次兄は何やかんやで元彼自身財産などを引き継がせたいらしい)

もう色々複雑だし灘コンプレックスも強烈だしで、一般人な私には元彼一族の一員になるの無理!!

ってなって別れる事になった。


まあ決意から別れるまでも色々あって、元彼自身最後の方には「灘を出る事が(私や子供も含めて)尊い、絆が深まる」

みたいな訳分からない事を言い出す始末だし、でもそんな私自身も元彼本人には好きで未練が凄いあってグズグズしちゃったりで数年かかったけど

ここ最近でやっとケリがついた……筈なんだけど、やっぱりどっかに未練があって連休で一人寂しく家で過ごしてると涙が出てくる。


コンプレックスが酷い元彼一家と、そんな彼らを異常な灘信者にさせる灘という存在と、

何だかんだで惜しい人と別れたかも知れないと、未練たっぷりで断ち切れていない私自身が悲しい。

もう同人誌頒布はしない

今回、初めてスパコミに出た。

初めて同人誌を作って、初めて頒布した。

好きなキャラへの愛をこれでもかと詰めて作った本で、そこそこの数を手に取ってもらえて、嬉しかった。はずだった。

私には同ジャンルCPで、苦手な人がいる。

その人はバドエンはもちろん死ネタグロ、スカ、割と何でもアリな人で、そういうのが好きと普段から豪語してた。でもジャンル内でも割と大手で、交流上手な人で、フォロワー数も多い。

私とは真逆の人だった。

もちろん他人趣味批判するつもりは一切無い。でもその人の描く本や話の傾向は私にはどうしても受け入れがたいものだし、大手だし人気な人だからと、しばらく見ていた時期もあったけど、結局その人の日常ツイも肌に合わなさすぎた。本当に苦手なんだと分かって、だから黙ってミュートしてた。

これが前提。

なんとスパコミのあと、その人からリプがきた。

あなたの本買いました!サンプル見たときから楽しみにしてました、とっても好きです、買えて嬉しいです!みたいなリプだった。ミュートしててもリプって通知くるし見られるんだな…と思った。

フォローもされた。本来なら喜ぶべきところだと思う。

でもすごく嫌だったし、正直ショックだった。

私にとって本当に苦手な死ネタとかグロ愛する人が、私が真剣に描いた本を楽しめるのか。そんなことあるはず無いって思ってしまう。私があの本に込めた思いを、きっと本当の意味では分かってもらえないと思う。

買えて嬉しいですとリプをくれたその人はとても善良で、一切悪気はないと思う。自分趣味と少しくらいズレてても気にしない、色んな本を楽しめる性格なんだろうし、きっとその方が幸せだと思う。

私は小心者なので、リプを無視なんて出来なかった。びっくりしました、手にとってくれてありがとうございます!と当たり障りのないリプを返した。フォローされたことについては触れずにおいた。私みたいな弱小がフォローしてもらったこと、普通なら喜ぶところなんだと思う。

でも本音を言うと、まったく嬉しくない。あの人のことブロックしたい。

せっかく買ってもらった本だけど、あの人の手元に自分の本があるのがすごく嫌だ。その人には私の本を触って欲しくないとまで思う。手元にあるなら燃やして欲しい。払い戻しなら喜んで受けるから、私の本を手放して欲しい。

私の推しキャラを殺して痛めつけて喜ぶ人に、私の本を渡したくない。そんな人に向けて描いた本じゃない。

二次創作で肌に合わないものに触れたとき、not for meで離れろ、という格言めいたものがあると思う。私の場合、not for youだった。

あなたのための本じゃない。

事前にブロックしておかなかった私もきっと悪かった。

ブロック相手存在否定するみたいで苦手だからしてなかったんだけど、ブロックひとつの優しさなんだと今なら思う。会話なしに、あなたのことは苦手なんですと事前に伝えられるから

あなたも私も趣味は違うけど、それぞれ関わらず楽しんでいればそれで良いよねと思ってミュートでとどめていた私が失敗したんだと思う。

タイミングの良いことに、ツイッターサークル機能実装されたと聞いた。

あの人にフォローされた瞬間から自分の好きにツイート出来なくなってたから、ありがたいなと思った。サークル機能なら自分が好きだと思う人にだけ自分ツイートを公開できる。

私のツイート、あの人には見て欲しくない。not for youだ。

頒布する相手を選べたらよかった。でもそんなことは無理だ。イベントだって通販だって相手が誰かなんて分からない。

でも、本を頒布するってそういうことだ。自分の手元を離れたらもう自分のものじゃなくなるんだなって思った。

今回の本、好きな人たちに渡せたのはよかったなと思う。普段から交流してた、趣味が合うなと思ってた人にも渡せた。嬉しいなと思った。

ももしかしたら、その人だって義理で喜んでる姿を見せてくれてるだけかもしれない。だってだって、あの苦手な人からのリプに「有難うございます」だなんて思ってもないことを書いた。他人が本当に何を考えてるかなんて分からないもんね。

イベント以降、こうやって悶々と考えて、何だか気が滅入ってしまった。

しかしたら、あの人は私の本を心から楽しんで読むんだろうか。本の読み方は自由だし、その人が楽しめるならそれはとても良いことだと思う、一般的に。

からそれを嫌がってる私の方が道理が通らないのは分かってる。おかしいよね。だって本は手に入れた瞬間からその人のものだもんね。著作権的な話じゃなくて、所有権の話。捨てようが燃やそうが、大事にしようがその人の自由だし、対価を受け取って本を渡した以上、私には何も言えることなんてないし。

もし、ものすごく楽しんだよって感想をもらったら、私のこの感覚も変わるのかな?私の描きたかたこと伝えたかたことを、その人が寸分違わず受け取ってくれてしまったら、私どう思うんだろう。伝えたいことが伝わるのはきっと嬉しいと思うけど、やっぱり、あなたに楽しんで欲しい訳じゃなかったって思うのかな。よく分からない。とはいえ感想なんて来ないと思うけど。

少なくとも、同人誌頒布は私には向いてなかった。もう頒布はしないと思う。今後も好きなものを描くけど、でも頒布に付随する色んなことに対する認識が私はとても甘かったなと思う。

同人誌、一度作ると次から次へと出したくなるよ!って友達に言われたけど、全然そんなことなかったし、たくさん手にとってもらえたら最高!だなんて、全くならなかった。頒布数が多くなったそのぶん、自分作品が知らない人の手元で知らない扱いを受けるんだなって実感して、怖さと生理的嫌悪感が先に立つ。

でも初めて同人誌を作ったのはとても良い経験だった。本自体は、私にとっては最高のものだったし、自分で描いておきながら笑ってしまうけど、何度読んでもすごく好きだし。解釈が合いすぎて笑ってしまう。その本に込められた愛も、自分が一番分かってるから勝手に感動しちゃうし。

から今後も自分で描いて、自分のためだけに印刷するのは続けようと思う。

でも頒布は、もういいや。

2022-05-04

そう思うのはお前が地方社会を知らない上から目線偽善者都会人だからanond:20220504094853

地方では大卒が少ないので高校偏差値が割と社会階級に関わってる。

更に田舎偏差値高校なんて動物園スラムレベル何だからこう言う感想になっても仕方が無いん。

お前は都会の常識を当然のように考えて押し付けるのやめろKS

2022-05-01

多数派が、彼らを戒めることをしない」どころかさぁ…

本当国連女性機関フェミニズムが『男性を憎むこと』『女性伝統的な役割放棄させる』と誤解されていますが、違います。」 

aa_R_waiwai 数で言うなら、「多数派」では無いだろうけど、「声がでかい」&「多数派が、彼らを戒めることをしない」の合わせ技で、こういった人々こそ「フェミニスト」として認識されつつある。

2022/04/30 リンク redyellow76yellow



はてな見てると、原理主義的で差別的過激ブコメに対してもそれなりにスター付くじゃん。

結局「自分では絶対にそのような発言はしないけど、賛意は示す」人がそれなりに居るから目立つんだよな。

発言リスク自分は負いたくないけど、単純な二項対立的に男性をこき下ろしてくれる意見何だかんだ心地良いかスターつけてんでしょ。

2022-04-30

農家おっさんトラクターから降りてきた彼女

俺が彼女と会うのは初めてだった。

彼女は俺の顔を見ると、「はじめまして、ってのもおかしいね」と言って笑った。

後ろには彼女が先ほど降りてきた車……というかトラクターがあった。

からみえ運転手は、顔がじゃっかん土で汚れていて、麦わら帽子を被った農家おっさんだった。

彼の存在彼女存在が結びつかなすぎて、俺は混乱した。

彼女が「じゃ、映画でも見ようか」と言っているところ、農家おっさんは俺に何やら微笑んで、手を振ってそのままどこかに走り去った。

彼女は結局その日、なぜその農家おっさんの車から降りてきたのかを一切言わなかった。

彼女はいわゆるSNSで知り合って、何気なく(といっても、俺に下心がなかったとは言えないけど)会話や通話をしていた。

当時、俺は19歳で彼女17歳だった。

会話の内容はその年頃にありがちなくだらないもので溢れていて、バイト愚痴だとか学校悪口だとか、そんなもんだった。

その会話の中でも俺の興味を特に引いたのが、昔(といっても、15歳ぐらいの時分だったらしいけど)、彼女援助交際をしていたという話だった。

夜が深くなり、会話の内容がまばらになると彼女はその話をポツポツし出すのだ。

後悔が大半だった。

彼女はどうやら、自分援助交際したことで、何かとてつもなく大きいものを失ったと感じているらしかった。

それは言語化できないものだったのだろうけど、彼女と歳が近かった当時の俺にはとても刺さるものがあった。

哀れだったし、惨めだったのだ。可哀想だとも感じた。やがて自分に対して同情する男を好きだと勘違いする少女特有脳内回路に電気が走ったようで、いつの間にか彼女と一回も会っていないのに付き合うことになっていた。

彼女は俺が住んでいる都会からは少し遠いところに住んでいて、こっちに来るには交通費がかさんだ。

そこで彼女は思いついたのだ。

そこら辺のおっさんの車に乗せてもらい、運賃の代わりに援助交際することを。

これを知ったのは別れ際だった。なぜあの時、農家おっさんトラクターから降りてきたのか、俺は初めて理解した。好きな男に会うために男に身体を許す矛盾、そんな少女身体を消費するおっさん何だかゾッとした。

「こんなことなら、あなたと付き合わなきゃよかった。やめとけばよかった」

彼女最後にそう言って俺と別れた。

今でも農家おっさんトラクターで走っているのを見ると彼女を思い出すのだ。

ピロリ菌の保菌者

って、何だかSFみたいでカッコいいよね

憧れる😍

2022-04-27

https://anond.hatelabo.jp/20220426121008

少なくとも文句を付けているのはあくまで人選についてであって

日本ナチスドイツファシストイタリアと並べた」事ではないのにそこを故意なのかそうでないのかは知らんがずらして糾弾している人が多くて何だかなあと思う

父が武術家なんだけどYoutubeではじめて尊敬されてるの知った

えっお父さん有名人だったん・・・
テレビとかネットでやるような試合とか出ないし、家じゃ猫へ顔をうずめて変な声出してるだけのオッサンなので何とも思ってなかった
けれど最近Youtubeに誘われるようになって「○○先生!」みたいにすごい勢いでコメントしてるお父さんのファン(教え子?)みたいな人がいっぱい出てきてビックリする

中学校へ入るくらいまでは道場へ行ってたけど次第に行かなくなり私は武術とは疎遠になって、ふと当時を思い出して突きをするだけで膝と腰と肩と肘と手首に激痛が走るほど弱ちんになっちゃってるくらいには武術まったくやってない
それをたまたまお父さんに見られると「弱っ!www」ってバカにされるんだけど、そのあと絶対に「道場来る?道場来る?」とウザいので「太くなるから絶対ヤダ」と言って断ってる

Youtubeで観るお父さんはなんだか人格者っぽくて「格好付けてるなぁ」なんて思うんだけど、共演してる武術家の人とかアシスタントの人とか門下生がするお父さんへの配慮を見ると「何だか私の知ってるお父さんじゃないなぁ」って感じ
なんかもっとこうお父さんはお茶目な人なので、イタズラとかしてあげたほうが喜ぶのに周囲は丁重に扱いすぎてるように感じちゃう

コメント見てて思った1つだけ気になった傾向と言えば「物凄いキレですね!」みたいなコメントする人いるけど、お父さんの動きは先生として基本に忠実で見えやすいようにやってるっぽいので、お父さんの動きの癖のまま本気出したらもっとキレて速いと思うよアレ

2022-04-26

データ」で「買い切り」が良いな

ググれカス

・そういうもん

実体買え

 

この辺は重々承知の上で。

承知してる奴はこんな事を書かねえんだよ」というのも、はい

 

 

電子書籍

配信元の会社が潰れたら見れなくなる。

 

曲、映画舞台とかの配信

データで買えるけど、視聴に有効期限がある。切れたら見れない。

iTunes Store買い切り出来る。助かる。でも欲しいもの全部は無いんだよな。

 

二次創作

本ならOKらしい。データだとダメらしい。

そうは言ってもなんか男性向けだと見る気がする。

女性向けだと全然見ない。

 

全部、実体なら、モノなら、永遠に自分のものになる。

データだと途端に自分のものじゃなくなる。何らかの制約が付く。

 

本だけは、どうしても需要量と物量に家が耐えきれなくて、途中から電子書籍に移行した。

何だかんだでAmazonは流石に生き残ると思ってるからKindleにした。

Amazonが良いとか企業として信頼してるとかそういう問題じゃない。この先残るかどうか。それも怪しいけど、消去法でここしか無いように見えた。

 

全部データ買い切りたいな。

値段とかどうでもいい。実体よりも高価でもいい。

ただ、データで、一度買ったら確実に自分のものになって欲しい。

実体リリースされる時、手段として当たり前のようにデータ選択肢があって欲しい。

モノは要らない。データけが欲しい。

そうなったらもっともっといっぱい買うんだけどな。

 

なんで無いんだろ。

メディア実体で買ったとして、メディアの正体は、データしかないのに。

 

実体を伴うための工程お金が掛かるのと、データ配信するサーバを稼働させ続けることの違いなのかな。

データだと、サーバをずっと動かし続ける必要があるから継続的お金を取る仕組みにせざるを得ない?

 

それとも何かしらの法律なのかな。

法だったとしたら、どういった観点からの制約なのかが気になる。

 

何も分かってない。

 

自分の見える範囲の話でしかないけど、

オタクの消費って「薄い本」とか「円盤であることが当たり前のように話が進む。

同じ疑問を持つ人、データけが良いなって人、なかなか見つけられない。

からとりあえず書いてみた。

 

もしバカ文章をここまで読んでくれていた人がいたら、ありがとう

2022-04-24

はてな見てると感覚麻痺するけど、

フェミニズムへの賛意が強い人ほど、

女性固有で、かつ、問題だという認知が広まっていないもの

について積極的に取り扱う傾向があるけど、

それってつまり活動に専念すればするほど、救済の範囲と程度がどんどん狭く、小さくなっていくということになる。

ちょっと考えればわかることだけど。

結果としてどんどんニッチに、マニアックになっていく。

選挙だと皆何だかんだ優先順位ちゃんと付けられるので、

「皆にとって重要だと思われることがら」

を扱う政党投票するわけだけど、

フェミニストやってると感覚がズレてきて、

「なんで女性固有の問題を優先的に扱う政党が選ばれず、皆の問題を扱う政党が選ばれるのか?」

自分を貴種かなにかだと思ってるのかのような認知に陥ってしまう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん