「大量生産」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大量生産とは

2017-11-21

anond:20171121165542

楽に労力なくそこそこの質の絵を大量生産する方向に努力を向ければこれから時代マッチするだろ

いらすとやだなこれ

2017-11-16

https://anond.hatelabo.jp/20171115141727

労働者からみればだれが生産しようがほかの世界流通うごけば富ができるしだれかが受け取るみたいに思うだろうけど

資本家という単位生産をしたいという欲求について労働協力者に協力を依頼して貢献の対価に給与を払っているの

大会社社長がでかい工場大量生産して売りさばくのと

自分ちの庭でとれた花を街で売ってきてくれたらお小遣いあげる自分の子供とは構造的に同じ

自分ちの花が人気になってみんなが売りに行かなくても買いに来てくれるになると子供お仕事はなくなるわけ

工場が全自動化したら業績達成という目標について人がいらなくなり人件費がうくわけ

じゃあその浮いたお小遣いと経費を働かずにいる子供に「再配分」しよっかってなるのん


富豪生産機械になったら貧しい人に再配分しても損じゃなくないってちょっとどうかしてない?

がんばった人に重税をかけて「なんかしらんが平等の旗のもとに努力結果を再配分しよう」ってどうなの

機械ががんばっているからおまえががんばってるわけじゃない不労所得だろってそれ権利権限私有化阻止だよね

共産主義なわけ?労働以外の資産価値はみな国有共有化がいいの?個人でもてないよね?もったら重税で再配分なんだから

もとより持つ意味もないし持ちたくもないよね?


ミクロマクロ齟齬がでて同じものではないということで家計マクロ経済が違うものだと思考停止してるのをよくみるけど

計測範囲、起算地点と決算位置比較位置がちがうからずれているだけで生産消費清算について同じ範囲でくらべたら同じ

かいから把握しきれず中途で家計とかさねるからおかしくなる

結局は家計とおんなじでみてもおかしくない

国という単位は家の敷地と同じ 政府単位は家庭の大きさ 土地をつかったり土地の労力をつかって生産したり換金したりする

たからずに国をうごかさずに収入があったらどうなるよ

日中ネトゲとか配給日にパチンコにならぶ人になるよ

そうならないためには支給される資金を経費として消費につなげないといけない

支給される資金が余剰資金はいけない 生活に最低限必要ものは対価であるべきで 努力コストを0にするための支給でなくてはならない

でなければ遊ぶだけ

遊んで金がまわることが大事だというならはじめから使う先に補助金ダイレクトに出してやった方がいい

機械化が進んで労働力不要が大きくなればさぼっていいではなく労働に対する補助が大きくなるとか

行動 活動 経費についての支援を大きくしていくべきでそうなれば個人で富が多ければ動く数は相対的に小さくなるため支援も小さくなり

個人の富がすくなければ行動しただけ補助される大きさは大きくなる

うごきもしないものにあまったとはい資金をながす意味がない

はたらかざるものくうべからずとはこういう意味だとおもうしこうであったらいいなとおもう

anond:20171116162606

いや、手順とかタイミング問題とかね。

殆ど作業って「どんな状態の時に」「何を」「どれだけ」するか

っていう事の結果が重要になるし

タイミングが0.01秒でも前後すれば不良品一歩手前とかね

 

「❍❍の時に行動Aをしなさい」

という学習で60点以上が合格にしてた場合

そのAI大量生産工場使用された場合

60点代の製品ばかり作るAI

時々90点代を叩き出すAIとで分かれると思う

2017-11-15

anond:20171115000746

どうせ納品したところでバグ修正と言う名の仕様変更が入る

メンテナンスを誰がするかもわからないし、

可読性の高いソースを書いとけって話だよな

プログラマーになりたてのころは行数を減らすのと速度向上に躍起になってて

芸術的メンテナンス性皆無のプログラムばかり組んでた思い出

ところが業界でもとめられてるのは職人的な大量生産のできるコード

2017-11-09

日本税金無駄遣いは兆レベルなのだが。。。

税金無駄遣い」874億円指摘

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23244570Y7A101C1CR8000/


いやいや、たったこれだけなわけないでしょ。

国をよくするはずの政治家が、愚策ばかりに金を投入して、日に日に衰退している有様。

税金大量に投入して世界一高齢社会を作るなんて、国賊というか死刑囚より罪が重いと思うのだが。

人殺すどころか国を殺すんだぜ??

過剰医療で大量の介護必要な老人を大量生産介護必要な老人増えまくり

年金必要

介護費は必要

医療費必要

介護必要人材必要

資源国でもないのに医療費公的負担比率の高さはすさまじい。

https://www.globalnote.jp/post-10288.html

安倍汚職隠蔽による解散で600億もふっとんだよな。これって無駄遣いじゃないの?

少子化対策無視し続け人口減の最中地方創生という名の無益な開発、本音地方の老人票ほしさ。

人口減で地方開発したって、人が仮に来たところで、別の地方が衰退するだけだ、馬鹿。短絡的すぎて知恵遅れが権限持つことがどれほど怖いか恐れ入ったわ。

将来人口減+老人だらけで破綻寸前の日本金もない、人もいない状態で、インフラ維持も難しくなるんだ、この時代はむしろ人口を点在させないで集めたほうがいい。

この金額無駄遣いの金額として計上しなくてはいけない。

大学無償化?それやると何?ただでさえ日本大学生勉強しないのに、教育困難なんとかって言われてるFラン卒増やしてどうするの?税金で。

形だけの大卒社会に何の影響を与えるんだって聞いてるんだよ、馬鹿安倍少子化対策にもなりゃしない。

そこじゃねーんだよ、やることは。子供を産んだ家庭の母親が働かなくても生活できるよう予算を組めば、経済的問題を抱える家族でも子供を養うことができるから少子化対策にもなろう。

2兆円近く定員割まくりF欄大学ビジネスに費やされるわけか。そりゃ国力も転がり落ちまくりだな。

もうさあ、愚策だらけで、無駄遣いが甚だしい。

高齢化社会意図的に増進させる。

少子化対策はしない。

抜本的な対策は何もしない。短絡的で表面的な薄っぺら政策ばかり。

この結果あと20年やそこらで国は沈むだろう。教科書日本破綻させた戦犯は、このご時世時代錯誤政策と保身しかやってこなかった安倍の名を載せてもらいたい。

やっぱただでさえ安倍頭が悪いのに、年取ったじいさんに頭を使う仕事は無理だわ。なんで政治家って頭は悪いが、金と権力好きな人しかまらないんだ?

一番のムダはこの愚策を行う政治家給料だわ。

2017-11-04

ネタばれブレードランナー2049の感想とアラ探し

すっかりおっさんになってしまい、映画の出来・不出来を語り合う友人も周りにいないので、ネットに書いてみることにした。

ネタばれ多数。未見の人、傑作だと思っている人は読まない方がいい

結論簡単にまとめると、映画的に正当な続編になっていても、あの時代設定のSF的な延長になっていないと思った。「メッセージ」は傑作だと思ったんだけどなー。

ブレードランナー(第1作)

自分ブレードランナーを見たのは、初回公開時の16歳のころ。名古屋で「燃えよドラゴン」と2本立てだった。

当時、ブレードランナーには2つの画期的な点があったと思う。

ひとつは、地続きの未来バラ色じゃないというビジョンを、明確に具体化したこと。

それまでの地続きの未来イメージは、2001年宇宙の旅(1968年公開)とか2300年未来への旅(1976年公開)とかに描かれた、ピカピカのスゴイ科学世界だった。

2300年未来への旅ディストピア映画だけれど、誰も見たことがない輝かしい世界を描くとき、ピカピカに描くのが当時は当たり前だった。

それに対して、文明が衰退した未来を描く映画SF小説は、あくま核戦争でという分断された未来位置付けられていた(地球燃え尽きる日:1976年公開、マッドマックス21981年公開)。

スターウォーズ(1977)やエイリアン(1979)で描かれ始めたように、スゴイ世界なのに汚い・ポンコツ世界が地続きで存在しているという、(当時にしては)画期的ビジョンブレードランナーで完成した。

ブレードランナー未来が暗い理由は、原作小説とは違い環境破壊のせいだった。いつも酸性雨が降っているという地球温暖化を先取りしたような設定。

そのために、人類の多くが宇宙移住して、それでも残っている人々は人口過密の大都会で生き延びている。

自然破壊が進んで本物の動物ほとんど死に絶えていて、映画で登場する動物ほとんど全てレプリカントという世界だったんだよ。

もうひとつインパクトが強かったのは、レプリカント(ネクサス6型)の設定。人間よりも肉体的にも頭脳的にも優れているけれど、感情移入能力が著しく低いというあたり。

コミュニケーション能力問題を持ち、常日頃から疎外感を感じている世界中オタク琴線を捉えたんだと思う。

ただし、ディガードがレプリカントではないか、なんてネタディレクターズカットあたりが公開されるまで考えてもみなかった。

で、ブレードランナー2049がどうなっていたかというと

大目
「あ、続編なんだな」と感じさせる作りになっているのは良いんだけれど、それがホウボウありすぎてなんだかナーという印象。
イモムシ
食料不足の解消のために、太陽光発電で大量のイモムシ(プロテイン)を育てている・・・しかに、映画的なインパクトはあるけれど、それは絶滅してないの? と真っ先に思ってしまった。エサはどうするのとか。せめて、ミドリムシのほうが良くないか太陽光発電はエサになるのか。
停電(Blackout)
前作からストーリを分断する仕掛けにしか見えないので、個人的には興ざめ。
ネクサス
作られたのは、大停電の直前?ってことだよね。ネクサス6で設けた短寿命のというセキュリティ制限を外したの? 頭が悪すぎる。そして彼らが、レイチェル出産に立ち会ったのだとすると、デッカードたちの逃亡から後だよね。第1作の当時は、ネクサス7が試作段階でネクサス8はリリースされていないんだから(2022年らしい。あれ、出産2021年6月10日では?)。
ジョイ
あなた特別」なんてセリフ、全てのお客につぶやいているだろ。Kも、それを真に受けるなよ。当然、みんなレプリカントプロジェクションマッピングして性交に使っているんだろ。あんなにカワイイ献身的AIがいたら幸せじゃん。すでに、現代においても「俺の嫁」とか言っている奴がいっぱいいるんだから、Kが孤独感を感じている気がしない。
Kの自宅の前の浮浪者
30年たっても、まだ浮浪者あんなにたくさん生き残っていけるのはどんな社会だ。公共事業は、レプリカント一部の人間が引き受けていて、オフワールドには行けないけれど、ベーシックインカムとか実現されて人間であれば死なずに生きていけるということか。天国じゃないか
マダム
なんで地球に残っているの。オフワールドに行けばいいのに。いったい、どんな秩序を守っているのさ。前作の警察署長は、もっとやる気のないデブで、やるせなさがあったのに。今回は、美人でやる気ありすぎ。
レプリカントの性欲
なんのために、そんな機能がついているの?生殖能力もないのに。他の性的サービス担当レプリカントとやる必要があるの?
スキンジョブ
自分レプリカントと気付いているなら、たとえ共感能力があっても、罵倒も気にならないようにしてあるのでは?人間の側も、本当にレプリカントを嫌っているなら、時計仕掛けのオレンジのような、もっとひどい事するだろ。
ラブ
なんで、ばんばんしまくるの。自分と同じ顔をしたレプリカントが虐げられるのをみて、あんたが一番動揺するんじゃないのかね。
ラブの命令を受ける娼婦
なんで、あんたが寄りによって、ラブの命令を受けるの?
スクラップ
衰退している地球で、どこからあんなに大量に回収してくるの?
孤児たち
なんで、そんなに大量の子供がいるの? あんな軽作業は、頭の悪いレプリカントを作ってやらせろよ。
デッカード
誰に何を教え込んだの? 自分の子供ではないよね(出産には立ち会わず立ち去っているから)。
木馬
出産に立ち会っていないなら、デッカードは、いつ渡したの?
核爆発
前作からストーリーを分断するために、安易採用されている気がするんだよな。チェルノブイリ(1986)とフクシマ(2011)を経て、メルトダウンが実際に起きた地続きの未来に生きている我々にとって、その程度で困る気がしない。
成長するレプリカント
Kは、成長するレプリカントだったってこと? それ自体奇跡なのでは。そんなすごいもの、誰がどこで作ったのか。ネクサス8が自分たちで用意したのか。すでに革命成功しているのでは?
レイチェルの復活
そんなに驚くネタかなー。だってレプリカントなんだから、同じ型からいくらでも再現できるでしょ。それは、愛情を注ぐ同じ対象のはずがない。大量生産された製品を見て、同じ製品ができてきたからって動揺するか? ウォレスも、そのくらい気づけよ。あのVFXがすごいというネタも見かけるけれど、そっくりさんをもう一度出すなんて、そんなに難しいかそもそもスタイリッシュ記号的な意匠だし、映画館で直接見比べているわけではないんだからターミネータでもやってたじゃん。映画的にもオーバースペック
前作の引用
多すぎるし。ネットの評判をつらつら眺めると、それに言及している(というかそれにしか言及していない)のが多いけど、そのせいでストーリ破綻しているんじゃないか
そもそも
なんで、あんなに特別レプリカントが2体も、LAPDに配置されているのサ?

結局のところ

ビジュアル的には、現代の当たり前をひっくり返しているところがまるでなく、前作のインパクトに及ばない。

そして前作では、人間であるかないか関係なく、自分生命にジタバタすること自体が生きること、だったはずなのに。

今作では、誰かのため、大義のために生きて死んでのが人間という話になっていて・・・それって、非人間的な重労働を強いられるレプリカント存在のものじゃん。

メッセージ矮小化しているだろ。

2017-10-24

anond:20171024102515

は?俺の話じゃなくて世の中のお前含む偏差値40以下のゴミクズ事情説明してるんだが

昔は情報を入れようとしたら教科書図書館という専門家の眼が入ったツールしか確認できなかった

※例えそれが間違っていたとしても解釈の違いや、研究が追い付いていないだけの話で、何の根拠もないデマとは違う理由のある間違い

ネット黎明期先駆者は基本お前とは違う能無しじゃなくて最低限の知識は持ち合わせていた

今ではネットキュレーションサイトゴミWikiゴミまとめとお前がお前を騙すためのノイズ大量生産するノイズジュラ紀

こんなんでノイズを除去できないとかーみたいな意識だけは高い偏差値40のお前は騙され続けるだけだろ死ねカス

2017-10-18

anond:20171018073154

教育

製品大量生産時代がとうに過ぎ(機械が担い)、社会価値観ニーズ多様化しており、大集団で授業や指導をするのは小学までにしてほしいもの。

井の中の蛙にならぬよう、それから自分他人のことを知るために、集団で過ごす時代自体はかならず要るとは思うけど。

中学、せめて高校以降は、教員さんの人数を増やして、かわりに給与普通にして、せいぜい10人くらいの学級にしてほしいもんだ。上級生が下級生の面倒をみる構成にすれば、それ自体教育になるし、上級生も役立っている自尊心高まるし、生徒どうし(保護者どうし、保護者保護者)で課題に向き合うことになり、教育者も多少ラクになるのでは?この方針は一部の保育園でもう取り組まれていることで。

余談だが、中学高校との意義の違いが、学力集団になった以外に見いだせない。

2017-10-11

セブンスイーツが美味すぎる

カスタードアンドホイップシューの、クリームのコクやホイップとカスタードバランス絶妙な甘さは本当に素晴らしい。

チョコミント抹茶といった「もちとろ」シリーズの口どけは食べていて本当に幸せ気持ちになる。

まっちゃもこ・さつまいもこといった「もこ」シリーズは、エスプーマのようなクリームが口いっぱいに広がって素材の味を存分に楽しませてくれる。

自分大阪在住で、仕事の都合で神戸京都に行く機会も多い。スイーツが好きなので、神戸の有名洋菓子店京都の老舗和菓子店にも結構行った。

それらと比べても、セブンスイーツは美味いと思う。はっきり言って、互角以上だ。ここまで美味しいものを安く大量生産されてしまったら、個人店に勝ち目はあるんだろうか。スイーツってラーメンとかと違って個性を出しにくいと思っていて、相当ブランディングに長けた所以外は淘汰されるんじゃないか

あと、セブン弁当とかは全然美味しくないのにスイーツだけ美味しいのはなんなんだ。

anond:20171011060428

健康な肉体にほどほどの知能のジムが9割

とびきり優秀なのや支配階級ガンダムみたいのが1割(もっと少ないと思うが)

ぐらいの比率でないと、うまく世の中回らない

しろ人間みたいに社会構築までやり始めてる生物としては理想

日本なんか、高齢問題とか引きこもりいるのにコンビニ回すために外国人使う事になったり

構成比率に見事に失敗しとるやろ

スペック上はガンダムに比敵する高機能ジム大量生産しか戦争は終わっていた」みたいな微妙立ち位置人間作りすぎたんや

ここにいっぱいいる、けものフレンズ監督についてポエム書いてるやつとか、

たとえ1万人いても社会的に使い道ないやん

2017-10-08

資産しか日本でもう生き残れない

日本社会が日に日に衰退していくのが明らかすぎて辛い。

あらゆる領域途上国と思ってきた国々に横並びどころか抜かれるまでになった。

別に不思議じゃない。

日本人は非合理的なことでもステレオタイプによって、思考抜きで正しいと盲信する。

まるで日本社会合理性論理性がないんだもの

政治家政治家で、誰も未来に対しての政策を取らない。もう政策バカすぎて絶望しか感じない。

いつまでも医療期間に金をばらまき、老人の寿命を引き伸ばすことに今なお大量の税金を使い、健康寿命そのまま、死に損ないを大量生産し、少子化無視だ。

少子高齢化をどんだけ進めたいんだよ。俺が日本を内部から破壊するなら、今の政治家がやっていることと同じことをする。

ちょっと洗脳してしまえば、この少子高齢化意図的であることを隠せるからね。

自民カスだが、希望も負けじとカスだ。能無しだが金への執着が強い人しか政治家を志さな日本は終わってるよ。

2050年には日本崩壊すると言われていたが、それどころか2040年ですら怪しいらしいじゃないか

それでも政治家はせっせに老人の靴をなめて票を稼ぐ。

この先予測されることは、平均年齢が若く人口増にある国は内需に頼ることができるが、日本真逆。あと数年足らずで2人に1人が50歳以上という異常事態だ。

内需絶望的、さらにもう既に国際競争力はない。日本って世界で最も未来のない国なんじゃなかろうか?

まりこの先、仕事社会保障もなくなる日本で生き抜くということは、既に資産をつくりあげた資産家だけ。

こんな地獄のような国ができあがるくらいなら、ヒトラーみたいな非人道的だが超合理主義人間日本を立て直してもらいたい。

極限状態において、それもやむを得ないよね。

まずは過去20政治に携わった人間極刑を課してもらいたい。

2017-09-26

anond:20170926030457

たつきおばあちゃんの手作り田舎みそをたくさん作れば儲かるしみんなも喜ぶしそれに儲かる」と考えて《大量生産》に舵を取るKADOKAWA自体を責める気はあんまり起こらない

もともと大会社の都合で作られていたものから

生産機械生産に切り替えても好評さが維持されうまくいった例なんてないよ、という指摘はあちらもわかってるし空虚だろう

(我々はモノの名前自分の聞いたものと同じで中身がウマい本物の3割くらい入って値段がお高め程度であれば話題のアレなのだとみなして満足してしまう悲しい生き物なのだ

今回のアレは経緯が劇的というか劇場的なのが問題なのだろうな

なんでツイッターで発表したんだか

いや、わかるよ、特段それほど何も考えていないのでしょ

わかるよ

つらいね

2017-09-25

シン・ゴジラから見える日本という国

去年にシンゴジラが大ヒットして題みたいなタイトル

シンゴジ素晴らし~日本とは~みたいなレビュー大量生産されてたよね

という訳でシンゴジラをみて日本という国を考えてみた

 

問題点を見つけるのは上手いのよね

現代日本ゴジラが出てきたらどうなるのか?

ゴジラ被害以前にここが問題だ、ここがうまくいかない

なぜかとてもリアリティがある

 

じゃあそれをどうするのかって説得力のなさは

皆、解決策は知らないって部分をよく表してたと思う。

Q.ゴジラビーム東京わっちゃった!この後どうするんだろう?

A.いや、そんなことないし業務差し支えありません!

 

Qとりあえずゴジラをどうすればいいんだ?

A.丁度解決策みつけるまで止まります

 

このあたりから苦しい薄っぺらくなったのは

結局提示された困難に目を向けたくないからだろうね。

全力でごまかし、日本はすごいんだから問題ない!で逃げる

 

日本はもうおしまいだ系のネガティブ評論家

色々うんざり悲観論をかまして

何言ってんだコイツ日本はすごいんだから問題ないんだとつぶやく構図にそっくり

2017-09-24

日本工作機械がどうなってるかというと、

大量生産はとっくの昔にできなくなって、

主要な一点モノの製造で生き残っていたのが、

あらゆる冶具が中国で作れるようになってるので、

残りカスみたいな一点モノの製造に移りつつありますね。

2017-09-17

右翼であることは致命的

太平洋戦争前に右翼事実に基づいて過信してなかったら戦争に負けなかった。

その結果があれだ

少なくとも開戦以外の選択肢を取れた。要は右翼頭が悪いってことだ。黒いものは黒いし、無理やり白だと思い込もうとしたら失敗するのは当然だ


最近中国テクノロジートップ(ボトムは知らんけど、重要なのはボトムじゃなくてトップだ。大量生産に至るのはトップからだ)は日本より遥かに上を行ってる

無人コンビニとか顔認証ケンタッキーフライドチキンとか個人的には最近市販されてる無線ルーター価格対性能は中国製ベストだった

もうすぐ文化の部分でも遅れをとるだろう。人口10倍ってことは生み出される芸術10倍の競争を勝ち残ったものだ。繰り返すけどボトムは知らんが、大量生産されるのはトップ部分だ


中国トップ部分の技術力が日本よりずっと先を行ってることを考慮した上で取れる戦略があるんじゃないかと思う

短所長所になることがヒントなんじゃないかと思う。人口が1/10なら舵切りが容易かもしれない。いや、そういう意味なら韓国とか台湾の方がもっとうまく立ち回れるんだろうけど...

それが何かは自分にはすぐには思いつかないのが問題

2017-09-16

頭の悪い人(ばなな)の再ブレイクきっかけは何だ?

twitterで今「頭の悪い人(ばなな)」が再ブレイクミームと化している。元々今年5月にバズった「頭の良い人と悪い人の物の見方の違い」の改変ブームに乗った亜種派生ネタの一つでしかなかったのが何故か今になってその派生ネタ中心に大ブレイクしているのだ

とりあえずツイート検索して直近できっかけっぽいもの確認してみた

↓(9/4)が伸びて5000RT

https://twitter.com/bot_swift16/status/904700686859767810

↑に感化された↓(9/5)(ツイート直前に↑をRTしてる)が60000RTとなって大ブレイクに繋がったのかねぇ

https://twitter.com/icit1132/status/905080426796007424

これ以降このフォーマットに近い形の改変ネタ大量生産大量RTされる。またばななキャラ単品での利活用がされたツイートも大ヒットしてる

元々のばななは2次創作しかなく、そこから派生ほとんど無かったが、今このタイミングで本ネタの中にばななを組み込む新しいフォーマットツイートが伸びて、それがテンプレートとして再ブレイクしたのかな。それと本ネタ由来のテンプレート関係無しにばなな単品でもとても面白派生ネタも作りやすいことが発見されて単品としてもブレイクしてるのが現状なのだろうか

元ネタ自体は当初からウケていたのにブームが去ってだいぶ時間が過ぎた今新たな発見とともに再ブレイクするのはかなり珍しい気がする。「三銃士を連れてきたよ」「全部同じじゃないですか」ネタとかも時間が経ってから再ブレイクした例だと思うけどあれは別の場所流行ったものが輸入された例であってちょっと違うんだよね。同じ場所再ブレイクする例は他にあったかなぁ

簡単に調べただけなので何か指摘や良い情報あったらトラックバックブコメで教えて下さい

2017-09-15

映画ワンダーウーマンを見た

ワンダーウーマン」を見たので感想。と言うか考えたこととかのメモネタバレ気にしてないのでそういうの嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので、見た人向けだと思いますフェミの話とかも出てくるんでそういうの苦手な人も回避でよろしくっす。

総評

まず最初に、「ワンダーウーマン」、個人的にはそんなに評価高くない。少なくとも世間で(特に欧米で)いうほど大絶賛、大感動をすることはできなかった。これは映画を見終わったあとのファーストインプレッション

しかしじゃあ評価低いのかというとそんなこともない。

「1800円という価格&2時間という投資に見合った体験できるのか?」という視点で自問したところ、その答えは「100点」なのだ。十分高評価だろう。いい加減な脳みそだなあ、オレ。とも思った。

なんでこんな評価のすれ違いが発生してしまったかというと、今年見たアメコミ映画の先行2本、すなわち「レゴバットマン ザ・ムービー」と「スパイダーマン:ホームカミング」の評価が高すぎた、というのが原因であるらしい。前出の基準で言うと、「レゴバットマン」も「スパイダーマン ホームカミング」も200点くらいの評価なので、「ワンダーウーマン」はタイミング的に損をしてしまったのかもしれない。これが「ドクター・ストレンジ」のあとだったら感激できてたのに。

「100点である理由」としては大きく2つ。

まず「予告編で期待される要素が全て入っている」。無垢主人公ダイアナの島での生活スティーブとの出会い、「外の世界」への出発、人間社会との交流、第一次世界大戦の泥臭い戦争描写、圧倒的な戦闘シーン、ど派手なCGバトル。主人公ダイアナの衣装替えもアマゾン戦闘服マント姿→1910年代のヴィクトリアンはいったロンドンファッション→鮮やかな青のナイトドレス神の子戦闘服と飽きさせない。

そして「アメコミ映画ありがちなダメダメ要素を極力入れないようにしてある」。とくに3点「主人公の不幸描写に力点をおいたヒーロー誕生秘話」「クリフハンガーの繰り返しによるピンチ感の陳腐化」「取ってつけたような絶対悪敵役」の排除には成功している。そういう意味では、既存作品の悪いところがよく研究されているのだ。これは簡単なことじゃない(アメコミ映画はこの3つの罠によくハマるのだ)。

要約すると、よくできている。期待通りの作品だ。

一方で「100点でしかない理由」としては「取ってつけたような批判回避策」、「人物描写の底の浅さ」だろうか。

主人公ダイアナスティーブ自分たちの定めた使命を果たすためにチームを結成して第一次対戦の最前線に向かうのだが、そのチームは「絶海の孤島で育った主人公の女戦士ダイアナ」「イギリス軍諜報部に協力中のアメリカ外征軍大尉スティーブ」の2名を中心としているのだが、それ以外の参加者が3名いる。

フランス領モロッコ諜報員サミーア(おそらくイスラム系)」「ネイティブ・アメリカン密輸業者で通称酋長」「スコットランド人の酔いどれ狙撃チャーリー」この三人なかなか個性豊かで好感がもてるにはもてるのだが、「イギリスvsドイツ塹壕戦」にたいしてイギリス陣営でこれを主人公チームにするのは、いかにもPC的な取ってつけた感があった。

それを言うと映画冒頭のアマゾン族が暮らす絶海の孤島にも、白人だけじゃなく黒人アマゾンが配置されてたりして「こんな風に色のバランス取っとけばいいよね」的なそれを感じる。

この種の気遣いがあるのはもちろん良いことなのだが、それが気遣いの要素を超えていない、多様性テーマに対して踏み込んでないという部分があったせいで、浮いて見えてしまっている。またそれに対応するドイツ軍が通り一辺倒な描写で(つまりは白人集団なので)片手落ちに見えてしまう(ドイツ下げをしたかったわけじゃないだろうに)のも気にかかる点だった。

総じてエンタメ作品として秀作ではあるけれど、秀作止まりというのが個人的評価である

無垢子供ダイアナ

たぶんこのPC的なディレクション――批判に対して自覚的で先手を打って内容を適正に作っていこう――は最近ハリウッド映画では多かれ少なかれあるのだと思う。ただ、そういう制約(どういってもある種の制約ではあるだろう)を逆手に取って笑いやネタにしたり(デッドプールにおける「女性も男同様にブン殴ったほうが公平じゃない?」)、むしろそこに正面から踏み込んでえぐり出す(スパーダーマン:ホームカミングの敵役ヴァルチャーはいま注目されている「見捨てられた白人労働者」)のにくらべ、ワンダーウーマンのそれは踏み込みが浅くどうしても「そういうルールなので設置しました」感が出てしまっている。

重ねていうけれど、これは減点部分だという話ではなく、加点はなかったという話だ。

おそらく「ワンダーウーマン」という作品――つまり女性戦場に出て戦うという作品を作るにあたって、制作側は、(フェミニズムを中心に)炎上の可能性を覚悟して作ったのだと思う。だから、予め潰せる問題点は潰しておいた。

それは主人公ダイアナの人物設定にも反映されていて、彼女美女で、アマゾン族の王女で、めっちゃ強い。すごい跳躍力や筋力を持ってるし、噛み殺しの特殊能力を持つスーパーゴリラだ。だが多分そのままだと脳筋批判も巻き起こすだろうから、島で英才教育を受けてた設定になっている。作中でも数百の言語を操り、古典に詳しく、第一次世界大戦当時の最先端化学式を読み取るなど知能面でも卓越している。(第一次世界大戦当時の)女性だからといって馬鹿ではないのだ!

しかし、だからこそというか、逆説的にというか、なんだかすごく残念な人物描写になってしまっている。

彼女世間から隔絶された島で育ったので無垢だ……という設定なので、物語終盤になるまで「人間は悪神アレス洗脳されているせいで地獄のような戦争をしているのだ。悪神アレスさえ倒せば人間は正義と慈悲に立ち返り戦争は即座に終わる」と信じ込んでいる。ここは物語のテーマなので、外せない重要な要素だ。

それはそうで、重要に間違いはないのだが、それってどうなのだろう。

言語というのは必ずその文化を含んでいる。外語を学んだことがある人ならわかると思うけれど、外語を学ぶというのはその言語を操る民族や地域文化を学ぶということをニアリーイコールだ。文化も歴史も言語には含まれているからで、そこに理解無くしては言語の意味を理解するなんてできない。ましてや古典まで学んだダイアナが、人間の持つ二面性や、善悪といった内面を「全く理解してない」なんてのはありうるんだろうか? いやまあそこが物語のキーなわけだから、理解していないということにしないといけないのはわかるのだが、そういう描写にしてしまったせいで作品は別のメッセージを持ってしまった。

すなわち「知識も教育も倫理や人間について理解の助けには全くならない。世界を良くするという意味では、教育は全く無意味である」というメッセージだ。多分これは随分うがった見方だろうし、制作側はそんなメッセージを発信するつもりはないだろう。けれど、物語上ここでねじれが生じているために、そう取られかねない「隙き」が生じてしまっている。批判される要素をなくそうと頑張っていた制作陣が、塞げなかった穴に見えてしまうのだ。こういうねじれが、どうも彼女をそこの浅い子供に見せてしまっている。

ワンダーウーマン」は「(邦画では珍しくもないが)戦う女性主人公」「女性が監督した初めての大手スタジオによるスーパーヒーロー映画」という点で、フェミニズム界隈から賞賛を受けた。

けれど、個人的にはダイアナ女性ではないのだと思う。すくなくとも、フェミニズムが想定するような「解放されるべき女性」ではまだなくて、子供なのだ。まだ思春期すら迎えていないような子供で、世界に対して良く言えば無垢だし、シニカルに言えば無知無責任だ。

ダイアナに強い好感を覚えられなかったのがこの映画評価に加点が少ない理由だと、整理した今なら自覚できる。

善き大人スティーブ

多分、自分にとって不幸だったのはこの部分で、それは「ワンダーウーマン」を観るまえに「ウーマンリブ的な文脈でフェミニスト絶賛」みたいな評価を知ってしまった点だ。「そういうつもり」で見てしまったせいで捻じれが目についてしまった。

しかし、見終わったあとに思い返してみると、魅力的な部分がいくつもある映画だ。その最大のものアメリカ外征軍大尉のスティーブトレバである

彼はドイツ軍スパイした結果恐るべき毒ガス計画を知り、逃亡の最中に絶海の孤島アマゾン島に漂着し、主人公ダイアナを「外の世界」に連れ出す役目をする。無垢美女ダイアナエスコート役であり物語最終局面まで彼女を支えて導き続ける。

ぶっちゃけ、序盤はただのイケメン俳優だと思っていた。

いやイケメンなのは最終盤まで変わらないけど。

ヌードシーンがあったりもするので、女性向けの眼福要素も担当させられたイケメン俳優だと思っていたのだ。二回もイケメンって言ってしまったよ。

彼は優秀な軍人でありパイロットなのだが当然人間なので、スーパーヒーロー神の子であるダイアナに比べたら喧嘩においてはまったく弱い(軍人として適正に強くはあると思う)。おまけに非文明圏であるアマゾン島では虜囚に近い扱いも受けていたし、さらにいえば彼はアメリカ軍大尉であり、物語中盤の舞台イギリス(&イギリス議会イギリス軍)では大きな権力を持っているわけでもない。上司に対しては愛想笑いを浮かべたり、自分意見をひっこめたりもする。

物語中盤、未知の世界である外界に出たダイアナは完全にお上りさん状態であり、大都会ロンドンにおいて常識を知らないことから、スティーヴに迷惑をかける。それにたいしてスティーブはなだめたり、すかしたりしてダイアナに行動を抑制しようとする(そして失敗する)。スティーブダイアナに「外の世界常識や考え」を事細かに説明して理解を得ようとはせず、断念する。命の恩人ではあるし天下無双の戦闘能力を持ってはいるけれど、「面倒くさい子供」でしかないダイアナに呆れているように見えることもある。

こうやって説明すると際立つけれど、スティーブイケメンが売りなだけのダイアナの介添に見えていた。

しかし、上映後に振り返ってみるとこの映画の中心はスティーブだと思う。

ド派手なCGバトルアクションとか、世間フェミ的な評価を全部取っ払って、個人的に「ワンダーウーマン」の感想を述べるならば、「ワンダーウーマンスティーブ映画なのだ

全般的に人物の内面描写が浅いきらいのあるこの映画だが、スティーブに関しては脚本も俳優も素晴らしい仕事をしている。

彼は心の中にロールを持っている男だ。それは「善き男」であり「善き大人」であり、おそらくだけど「善きアメリカ人」であり「善き隣人」だ。彼はそういうふうに生きたいのだ。正しさや信念というよりも、自分の中に理想像ロールモデルがあると表現したほうがしっくりくるのがスティーブである

彼が軍に身を投じたのは、混迷続く世界情勢の中で、善きアメリカ人として社会に奉仕しようとした時、そのモデルが軍人だったかである。今の価値観で言えばもちろん異論はたくさんあるだろうけれど、その当時の常識で言えばそれは愛国心であったし、善き市民の善き行動だった。

ドイツ軍に密偵した結果、彼は恐るべきマスタードガスの開発と、それが講和間近のイギリス軍へ向けられていることを知ってしまう。彼はこの情報を持ち帰るために命を捨てるような危険を犯す。それもまた、彼の中にある「それが善き男の行動」だからだ。

その過程ダイアナに命を救われ、彼女の「外の世界戦争を止めたい」という希望を叶えるためにも、一緒にイギリスまで情報を持ち帰ることにする。

しかし、イギリスにそれを報告したが、結果ははかばかしくない。講和が間近に迫ったイギリス軍は、ドイツ軍(の一部)に災厄的な行動があったとしても全面攻勢には移りたくない。スティーブ情報事実上握りつぶされる。

彼はここで彼自身の行動規範である「善き人」を曲げられる。軍の階級差という世俗の権力構造のせいで、彼がすべきだと信じる行為を行うことができない。

講和のためとは言え、前線舞台をマスタードガスの脅威の前に放り出してよいのか? 良いはずはないが、議会や政府の決定に従うのも「善き国民」の義務ではあるのだ。

でも隣には精神的に子供ダイアナがいて「ねえなんでなんで? なんで正義しないの? まさかここでやめるわけ? 処す? 処そうか?」という視線で見てくる。彼は、その結果、軍の命令を無視して、私費で(というかボランティアのつもりだった?)傭兵を雇い前線に向かう決意をする。彼は心の中にある「善き人」の指し示すところに従ったのだ。ダイアナがあんまりにも無垢なので引っ込みがつかなくなったという側面があったにせよ。

前線に向かい、血みどろの後背地を抜けて塹壕にたどり着き、取り残された村をダイアナ神話的な能力にも助けられて開放して、ダイアナスティーブの関係は接近する。男女間の性愛的な意味での愛情もあったような描写だったけれど、個人的にはスティーブ父性も強く感じた。その父性というのは、子供しかないダイアナに「善き大人」を見せるというものだ。戦争なんて醜悪なものなのだけれど、それだけではないということ、世界には「善き隣人」の「善き努力」もあるということを示したかったように見えた。孤島から世界に連れ出した人間として、世界に失望してほしくなかったのかもしれない。

終盤。マスタードガスの大量生産はすでに完了しており、その暴挙を止めるために一行は秘密基地に忍び込む。ダイアナはその中で、アレス化身だと思われるドイツ軍ルーデンドルフ総監を倒すことに成功する。ダイアナは「これで悪神アレス洗脳は溶けて戦争は終了する!」と歓喜するが、兵士たちは戦闘をやめない。殺戮の準備を辞めない兵士ダイアナパニック状態になる。ダイアナにとっては今まで信じてきた世界観が崩れ去った瞬間なのだ

そのダイアナに向かって、スティーブは今まで何度も説明しようとしてしきれなかったことを告げることになる。

それは「この戦争は人間が開始して人間が拡大させたものなんだ。神はいない。僕たちの責任だ」ということだ。その告白はとても辛い。「善き男」として生きたかったスティーブは、まったく「善き男」ではなかった。戦争をしちゃってるのだから極悪人なのだしかし、スティーブは「この戦争は僕達の罪なのだ」ということを認める。なぜなら、戦争の責任を誰かに転嫁するのは、戦争を始めるよりも更に恥ずべきことだからだ。「善き男」として彼は、世界の醜さの責任を取らなければいけないと決意する。

スティーブダイアナの間にあったものは多分とても複雑で、男女でもあったし、父と娘でもあったと思う。でもその一部には神と人間というものもあった。

彼女の戦闘能力があまりにも隔絶してたかスティーブもその視点を持たざるを得なかったのだろう。

ダイアナの考えは「神が神の邪悪を振りまいたせいで人間が迷惑をしている」から「神の使命を持つ私が人間を救う」というものなわけだけれど、スティーブはこれに「善き人間」としてノーを叩きつける。ダイアナの考えはある種のパターナリズムだが、スティーブの答えはそこからの脱却だった。

神々の戦いは神々であるアレスゼウスの娘ダイアナが決着をつけるだろうし、人間であるスティーブは戦闘能力の関係上そこには関与することができない。しかし人間の始めた戦争であり、人間の悪意であるマスタードガスは人間であるスティーブが止めなければならない。筋としてそれが正しい。

ダイアナの戦闘能力やスティーブたちの状況を考え合わせると、彼らはここで戦闘を放棄すれば逃げて安全に暮らすことは十分に可能だったように見える。その場合はもちろんマスタードガスで前線の部隊は凄惨なことになるのだけれど、倫理的に考えてスティーブが彼らを救う(その結果命を落とす)絶対的な義務があったわけではない。戦争の悲惨すべてを、個人であるスティーブが背負う必要はないからだ。

スティーブが命をかけた動機として、父(先行者)として娘(後続)に「この醜悪な外の世界にも善はあるのだ」という事を示したかったのか、人間として神に「あなただけにすべてを背負わせない。人間は弱いけれどそれでも自分たちのしでかした行為の責任は取る」ということを示したかったのか、それとも男として女に「俺も戦う」といいたかったのか、それはわからない(そこが返ってスティーブという男のテーマとしてよかったと思う。彼の愛情には名前がつけられない)。

けれど、スティーブは「自分の戦い」として今まさに離陸していこうとする毒ガス満載の爆撃機を止めるために飛び出す。そして乗り込み、爆弾を抱えて、前線を救って、結果としてダイアナを残して死ぬ。

こうやって思い直してみると、中盤、ロンドンの街で常識知らずにうろつくダイアナに手を焼いていたのも、「善き大人」として子育てに苦労してたんだなあ、と思える。

スティーブは大尉だからおそらくエリートなんだろうけれど、まだ若いし、それ以前にすべての人間がそうであるように、不完全で未熟だ。しかしそうであるからこそ、彼には「こんな存在でありたい」という理想像があった。そして常にそうであろうと、努力していた。都会ではトラブルメーカーダイアナを「善き保護者」として(オロオロしつつも新米父親のように)導こうと思ってたし、最前線では「善き戦友」として肩を並べて戦った。戦火から救い出した村でチャーリーが歌ったときは「善き男」としてダイアナを熱っぽく見つめた。彼は最終的に、「惚れた美人との安全な生活」よりも自らの役割を優先した。自分自身の信じる正しさに殉じた。それは「善き人間」として神の前に立った時、他の誰でもなく自分が、人間すべての代表として神に「人間の誠実」を見せるべきだと思ったからだ。

それは上野千鶴子あたりの言葉を借りると「男性の安っぽいヒロイズム」であり「戦争に興ずる幼児性」なのかもしれないけれど、物語としてみるとスティーブの人物描写はこの映画の中で一番複雑で深みがあった。魅力的だった。

そんなことを考えると、「ワンダーウーマン」はウーマンリブ的な価値観映画というよりも、男性的な価値観の、そして「神(あるいは超越的な力を持つスーパーヒーロー)の前に立った『善き人間』の覚悟と誠意」の映画だと思う。そして、そこがこの映画の美点だと思える。

2017-08-30

なんでヒロアカってめちゃくちゃ叩かれてんの?

いつ何がアンチ大量生産してしまったの?

2017-08-28

https://anond.hatelabo.jp/20170827105358

ほんとう、そういうところに税金を回してほしい。

しか政界医療機関との癒着がでかすぎて資源大国でもないのに、ほぼ医療機関への税金投入で我々の血税がふっとぶ。

税金を大量投入して長寿の老人を大量生産だ。

少子高齢化ブースト政策、これが日本政界が長年やってきた愚策です。

http://www.globalnote.jp/post-10288.html

2017-08-15

家でダラダラ過ごしてしま増田住舞う増し手死語すらだラダで栄(回文

いや、

もう完全お休みモード最近はお寝坊が多いわ。

こんなのも今のうちっ!

そろそろ休みモードも解除よっ!

でもさ、

休み最終日になると、

あれしたかったこれしたかった!って

出てこない?

私それをやめようと

心の中では1日速い休み明けにしてるのよ。

でも結局寝坊ちゃうけど。

うーん。

ビデオもさ見たいから録ったのに、

録れたと分かった瞬間、

もう見たくなくなるのって何なの?

とにかく、

朝方にチェンジよ!

いやだわっ!


今日朝ご飯

モーニングに行きたかったけど、

もうモーニングが終わってしまってる時間帯な

アンアーリーモーニング

関口宏もびっくりだわ!

あるあるあるある

ブッブー!って。

どんだけ盛り上げるのよ、って。

デトックスウォーター

かろうじて水出しグリーンウォーラーよ。

これは大量生産日産ガロン

安定供給よ!

うふふ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

anond:20170812201709

ネタにしているのが「ホモであることではなく「下手な演技」だったとしても

顔写真とか音声を使用した動画コラ画像大量生産して嫌がらせしているのには変わりないだろ

クッキー☆、ハセカラ、syamuもそうだが)完全に悪質ないじめ まっとうもクソもない

2017-08-13

MAZDA SKYACTIV-X

将来のMAZDASKYACTIV-Xのエンジンについて思ったことは、デミオアクセラアテンザCX-3CX-5ロードスターの全部の乗用車に対し、一気にMAZDASKYACTIV-Xのエンジンを搭載して、一気に発売し、一気に大量生産すればいいと思います

将来のMAZDASKYACTIV-Xのエンジンについて思ったことは、MAZDA独自の軽乗用車の全部の乗用車に対し、一気にMAZDA自動車SKYACTIV-Xのエンジンを搭載して、一気に発売し、一気に大量生産すればいいと思います

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に地球大掃除ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に地球温暖化の削減ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に資源節約ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に燃費の削減ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に燃料の節約ができると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に楽しい車になると思ったからです。

なぜなら、MAZDASKYACTIV-Xのエンジンが、世界中で一気に自動車生活環境が良くなると思ったからです。

2017-08-05

性の対象とされる比率に男女差はあるか?

性犯罪被害率などから一般的には男性より女性の方が性の対象として見られる比率が高いと思われているが実際はどうだろうか?

確かに、性犯罪被害にあったことのある女性は、性犯罪被害にあったことがある男性より遥かに多いが、

それらのケースの殆ど若い頃に被害にあったという話である

「性の対象にされる」というのを性犯罪などの「行為」を行う対象ではなく、いわゆる「性的まなざし」を向ける対象という意味で捉えると、

男性女性に向けるまなざしよりも、むしろ女性から男性に向けられるまなざしのほうが広く深い用に思える。

例えば、男性向けのアニメ漫画アイドルなどのコンテンツで出て来る女性の多くは若く、目が大きく、髪が長い。

年増キャラなどにおいても、見た目は現実女性に比べてだいぶ若くがかれている。

一方で女性向けのコンテンツに目を向けると、そこで消費される男性像は少年から壮年まで幅広く、

ハゲやちびやデブといった一般的マイナスと言われる要素もある種の清潔感がある前提ではあるが許容されている。

近年で言えば星野源のようなイケメンとは言えない男性が人気を集めていることからもそれは伺える。

これらのことを考えると、性的対象とされる比率を単純な数で表したならば、そこに有意の差はないと思われる。

しろ結婚などの社会的な状況においては、年齢や容姿などの変えられない資質努力次第で美点に変えられる男性の方が有意であり、

タイムリミット存在し厳しい、ルッキズムさらされる女性の方が不利と考えられる。

しかし、現実には実際には男性の方が未婚となる傾向が高い。

理由は少し考えれば分かることである

いくら需要となる容姿や年齢の幅が広くても、男性自身対象範囲が狭い以上、小さいパイを奪い合うことになるのは必然である

まして若い女性は同世代若い女性のみをライバルとしていればいいのに対し、男性はほぼすべての同性がライバルということになってしまう。

かくして男性の方が需要が高いにもかかわらず、恋愛弱者男性大量生産されるのである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん