「酒の肴」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 酒の肴とは

2020-09-12

そんなに政治って自分生活関係ありゅ??

政治の話なんか酒の肴適当にべしゃってる分にはいいけどさ、思想だなんだってアイデンティティレベルまで話されても困るんだよな

こちとら自分自分の周りの人間幸せになることを考えるだけで十二分に脳みそ使い切ってるから

首相潰瘍性大腸炎理由に辞任したのにコース料理完食したとか、レンホーがリコンしてて夫はペット以下って言ってたとか、ゴシップとしては面白いけど、それについて熱く語る要素は1ミリもねーのよ

仮に自民党国民税金の一部をちょろまかしたとして、そりゃ法で裁かれるべきだよ でもシロでもクロでもお前には何の関係もねーよ?

まず政権が変わることで自分生活に変化が起きるかもしれないレベルに稼ぐなり地位を築くなりしてからだろ?

自分がいるポジションが「正解」で「正義だって自分を説得するために毎日毎日SNSで何やってんのよ

右巻きにしろ左巻きしろさ、それでメシ食ってる連中のいいカモにされてデモだのネット工作のしてねーでよ

もっと楽しいコト探せって、キミが生きてきた十数年~数十年 首相が変わって生活が激変したことがあるかい? 政権交代も一回あったけどキミの生活は変化したかい?

関係ないんだってww アベが何食ったとかレンホーがリコンしたとかさ、そういう話をツマミに酒なりコーラなり飲んで自分のために勉強するなり働くなりしろってw

2020-08-07

仕事の才能がない人

運動美術とか持って生まれた才能が重要視されている分野がある一方、大多数の人が当たり前にやっている「仕事」にはあまり才能とか意識されてないと思う。

しかしながら、仕事をし出して何年かたって「仕事」に才能のある人というのは存在すると思う。

※ここでいう仕事はいわゆるオフィスワークのこと

単純に記憶力や理解力が高い人、理不尽なことだも受け入れて淡々と進めて行ける人、仕事終わってから飲み会自己学習が出来る人、、、等

どれも自分にはできないこと。

ただ、自分の今の会社では才能、能力の差がそこまでの賃金の差にはならないので、もったいないとも思ったり。

逆に、なぜそんなに要領が悪いのか、手順が覚えられないのか、を出来る人から叱責されたり裏で文句言われている人がいる。

出来る人からするとなぜ出来ないのか、が理解できないのだと思う。

また、出来ない人ができない・やらない分を補填していることに対する不満、怒りから来ているのかもしれない。

仕事」ができない才能を持って生まれしまった人は本当に不幸だと思う。

仕事をせずに生きて行くことはできず、仕事という自分にとって不利な状況を受け入れてやって行くしかない。

勉強運動、絵の才能がないことよりも大多数の人にとっては影響の大きいことだ。

出来ない人、やらない人の文句職場飲み会酒の肴になることもよくあるが、出来ない人にもそれなりの事情や背景があることを忘れてはいけない。

普段からの不満はあるにせよ。

2020-07-28

25歳 女 彼氏いない歴=年齢

 初恋すら経験しておらず、勿論処女だ。

 そしてこのことは私史上最大の秘密であり、母親すら知らないトップシークレットだ。普通親なら気付くはずだと思われるだろうが、何故か母はいもしない男の気配を私から嗅ぎ取っており、男受けしない娘だが最低限の経験はしていると今も信じ切っている。

 母ですらそう思い込んでいるのだから、友人や同僚ともなると私が魔法使い一歩手前の希少種だとは考えもしないのだろう。それどころか身に覚えのない彼氏話題を振られることさえある。その度適当な嘘をつき、ボロが出る前に別れたことにしてその場を乗り切る。時にはワンナイト相手を登場させたりもしている。今ではすっかり恋人と長続きしない自由気儘な人物像だ。処女のくせにな。

 周囲にそう思われている理由はなんとなく分かっている。単純に遊んでそうな容姿性格なのだ

 濃いメイク身体ラインを強調する強気な服、それからアクセサリーが大好きだ。爪はいつでも長く伸ばし濃い色のジェルネイルをしていないと落ち着かない。着けている指輪の数も多い。服飾にこだわることが当然とされている職場ということもあって、毎朝時間ギリギリまでその日着けるピアスを選んでいる。誰かのためではなく自分の気分を上げる武装のようなものだ。

 そんな見た目に加え、夜遊びも嫌いではない。

 居酒屋バーは勿論、JISのような異性と出会う為だけに存在する店に行くこともある。声をかけられれば会話をするし、とりあえず連絡先も交換する。大学時代に友人とふざけて始めたマッチングアプリで知り合った相手デートの真似事をしたこともある。

 ちなみに初めて男性と手を繋いだのもキスをしたのもその時だ。余りの虚しさに頭の悪い女の笑い話として友人達との飲み会酒の肴にした。実は初めてだったなんて口が裂けても言えない。これも墓まで持っていく。

 ここまで書けば分かると思うが、私は派手な見た目とそれなりに釣り合いの取れた非常に厄介な性格をしている。私自身が見た目にこだわる人間である以上、そこから得る印象の重大さは理解している。誰だって全く逆があり得ると分かってはいても、清楚な格好をした人間からは楚々とした印象を受けるし、派手な格好をした人間からは奔放な印象を受けるだろう。なので人から向けられる目に対して文句はない。

 正真正銘性に奔放な友人もいる中で、私は25になっても未だ男性とお付き合いをしたことがない。それどころかそろそろ26になる。アラサーと呼んで差し支えない年齢だ。

 自分のとっつき難い外見や不誠実な言動学生時代から現在まで異性が殆どいない環境生活していること。言い訳ならいくらでも用意できるが、最大の理由私自身がそれ程他人との関わりを強く求めて生きていないことだろう。

 基本的に私はプライドが高く、ありえない程に気が強い。性格も悪いが、そもそも根本人間性に難があるタイプ人間だ。親しい相手を除いた自分以外の人間に無条件でいつでも害意を抱いている普通ヤバいやつなので当然モテない。もしくは見た目だけがモテる。断っておくがこれは外見が性的対象として見られているだけなので人間として好まれているわけでは決してない。

 そんな中、学生時代からの友人がついに全員既婚者となった。高校大学など出会った時期は違うが全員同じ歳だ。それぞれ卒業後も定期的に連絡を取り、お互いの近況を報告し合っていた。そんな友人達が一人残らず結婚した。相手は私と知り合う以前から付き合っていた彼氏であったりよりを戻した元彼であったりと様々だが、とにかく全員が全員結婚したのだ。

 すでに数年前から母として育児に励んでいる友人もいるが、これから自分の周りには家人として家庭を守って生きる人間ばかりになっていく。何故か旦那さんのお義母さんとまで引き合わせてくれる彼女達とはこれから友達でいられると思っているし、こんな気難しい私を受け入れてくれる奇跡のような友人達幸せちゃんと喜ばしく思えている。

 だが同時にとうとう1人になってしまったと漠然とした虚無感を覚えている。やはり家庭を持つ人間自分1人を生かす為だけに活動している人間との間には価値観において決定的な隔たりがある。

 これから先、私は彼女達の気持ちに寄り添えない瞬間が多くあるのだと思う。旦那さんのことか義実家のことか子供のことかは分からないが、とにかく今まで雑な嘘で取り繕ってきた私では到底慰めきれない何かがきっとある自発的家族を作っていない私では今の時点でもう想像すらできない。

 彼女達の人生幸せだと思うし、私の人生も勿論幸せだ。

 でも赤の他人に大切な相手として想われる人生とは一体どんなものか、知りたくて堪らない瞬間がある。しかしその愛情を受ける為に言動に気を使い、相手を思い遣ることを考えるととてつもなく面倒に思える。つまり私は恋人が欲しいわけではなく、無条件で自分肯定してくれる生きた人形が欲しいだけなのだろう。人はどうか知らないが、私の場合他人に情を割くには体力がいる。

 恋人、あるいは結婚という誰かと共にある形の幸せを手にした人達には私にはないある種の才能がある。

 26歳を目前に自分処女であるという事実は人には言えない重荷になっているが、本当に人に知られたくないのは私が誰かに感情を向けられたことも向けたこともないという現実だ。

 全くの孤独であるか身近に同じような人がいれば気にならないのかもしれないが、残念ながら私はそうではないし、周りにもそうは思われていない。可哀想なくらいプライドが高い私は自分の見た目と現実との乖離をせっせと埋めるしかない。

 それに人が複数集まって会話する時、過去交際経験という経験値がないのは少々脆弱だ。決して色恋の話ばかりしているわけではないが、一度目の人生の転換期になる25歳で彼氏いない暦=年齢の女は少々浮いた存在だろう。当たり前に過去何人もの恋人がいた友人や同僚達にとっては尚更。何より過去経験はそのまま発言力と説得力に直結する。

 現在私には彼氏がいない。最近別れたのだ。そして今は作る予定もない。友人全員の結婚を期に、もういいかと思うようになった。話の流れによってはまた適当な嘘でその場を受け流すだろうが、これからリアルタイム話題必要になる程恋愛経験が会話の中心に上がることはないと思う。友人達はみんな過去の話よりこれからの話をする。きっと今までのような遊び方をすることもなくなるだろう。

 週が明ければ私は26歳になる。仕事だけで終えてしまった25歳の頭を整理したかった。色々考えたが結婚願望や恋愛願望以前の問題で、自己愛自己嫌悪が強過ぎる余り他人に情を向ける余裕がない私は恐らくこのまま歳を重ねていくのだと思う。きっと精神リスクのない無条件の愛情を求めて停滞したままだろう。

 まだ職場では小娘扱いして貰えているが、最近妙に結果を残さなければいけないと思えて気が逸っている。分かりやすきっかけはなかったが、私も友人達と同じように立派な大人になっている。歳取るって大変だわ。

2020-07-19

久しぶりにスーパーに行った

普段ネットスーパーだけどリアルの方に久しぶりに行った

閉店間際だったせいか半額惣菜めっちゃあって

普段作らない・食べないものコロッケとか天ぷら)を大量に買ってしまった

とりあえず天ぷら酒の肴にしてやっつけたが、まだまだあるぞどうすんだこれ…

ちょっと航海してる

2020-05-10

Twitterで某法改正案の対立したハッシュタグ流行しているけど

プラ○ゥーンのフェスくらいのノリでやってるよね?

まさか本気で、たかTwitter内の流行とき政治に影響を与えられるなんて考えているのだろうか。

本当にお偉方が叩き潰されるべき邪智暴虐の権力者だったら、この流れを酒の肴にして楽しんで終わりでは?

皆が皆でコロナでヒマだから、そういうエンターテインメント提供・参加して騒ぎたいだけなのだろうか。

お遊びにしても無駄現実味の帯びた諍いを生んでるだけにしか見えないし、煽っている連中も本気で参加している連中も遊びで参加している連中も迷惑この上ない。

そんなに煽り合いたいならそれこそスプラトゥーンでも遊んでろ。

2020-03-13

anond:20200313000650

≫私の周りの女オタクたちも大半が不快だと声高々主張をしていた。

あなた基準とした半径n(ヒトケタ数値)㍍での話、という前提条件、ね。

≫私が気持ちが悪いと感じたのは、宇崎ちゃんポスター批判していた女性達がヒプノシスマイクのコンセプトに一度も切り込んでいない事だ。

女性で宇崎ちゃんポスター批判していた方々⇒ヒプノシスマイクのコンセプト切り込んでいた人、の繋げ方が乱暴だと思う。

個人的には納得出来ないし、納得していない)

そういった前提に立った上で

≫何かを読んで不快だと、問題があると感じた時、強い語調で主張を書き込む前に一度でいいから別の表現がないか検討してほしい。

≫私はできれば、誰かの好きな作品を無闇に嫌いになりたくないのだ。

と言う話の〆方については、

結論については言及を避けて、疲れた社会人が週末に呑む酒の肴さかな)にはちょうど良い話だよなー(ぼうよみ)

と言う結論に至ったw

2020-03-09

2月中旬あたりまでの出羽守日本コロナ対策Disってたネット書き込み

だれかまとめて(他力本願)

それと現状の各国のコロナ感染グラフを対比しながら酒の肴としたい

2019-12-10

大学時代全裸事情と今

余興は女子制服で縄跳び…大学サークル理不尽な慣習:朝日新聞デジタル

https://digital.asahi.com/articles/ASMCX4218MCXOIPE00M.html

俺の大学時代って、もう20年以上前だけど、未だにこんなのあるのね。

俺は、そもそも宴会芸とか嫌いだから

なるべくおとなしめの文化系女子が多いサークルに入ったから、

性的宴会芸は、直接には経験していないかな。

ただ、新入生は、新歓で一発芸をやるっていうしきたりで、

どうしても入りたいサークルだったので、

やるしかなかったな… 苦い思い出。。

大学生って、現役で入学すると18歳になるのかな、

まだ思春期の延長だし、自分の恥ずかしい部分を見せるのって、

結構屈辱だよね。

あるときサークルのみんなで、社会人がくるような

少し高めのお店に飲みに行ったとき

隣の部屋で会社員の人たちの飲み会で、男性全裸芸をしていた

のが見えた。

一緒に行ったサークル女性達は、露骨に嫌な顔をしていた。

俺は、社会人になったらこんなことをしなきゃならないのかと

思って、就職したくなくなった。特に大手企業はそんなイメージだった。

事実就職活動はしなかった。とはいえ、今は会社員

今回の女子制服で縄跳びってのも、

男子からしたら、そりゃ楽しいし、パンツが見えたら、

その日友達同士で、だれだれのパンツが見えたとか、

酒の肴にするだろうけど、

これを男子に置き換えて、自分がやるっていうとなると、

つらいよね。

もちろん、男子場合下着が見えても面白くもなんともないので、

全裸ペニス露出してっていうことになるわけで。

自分ペニスが大きいとか小さいとか包茎とか

前を手で隠してて往生際が悪かったとか

酒の肴にされるのも、ちょっとつらいよね。

ただ、実は自分も先輩ぐらいの立場になったとき

ある別の集まり合宿で、男女混合で部屋飲みをしていたとき

後輩の男子に、つまらいから君だけパンツ脱いで飲もうか

って言ってしまたことがあって、

その男子は、ノリが体育会系だったからかすぐパンツを脱いだのだが、

今考えると、その男子にも周りの女性にも申し訳ないことを

したと後悔している。

宴会芸っていうのは、過酷現場を乗り切るために

あえて恥ずかしいことをして、自分さらけ出して、

結束を固めるっていうことだと思うので、

お上手な芸よりも、恥ずかしい、エグいほうがいいと

いうことになるんだと思う。

から体育会系営業系、医者外科系っていうのは、

そういう傾向にあるのかもしれない。

いわゆる大手広告会社出身の人に聞くと、

まぁ、俺にはついて行けなかったなと思う。

女子は、ビキニとか野球拳

(さすがに女子全裸はないようだが、その場合男子が身代わりに全裸になるようで)

それから思い出したけど、

大学で父母も集まるような公式行事で、

全裸芸をした男子がいて、ちょっとそれはどうかと思った。

それから最近だけど、

ホテルニューオータニ用事があって行ったとき

披露宴で、全裸ではなかったけど、パンツ一丁にタイツを履いて

芸を準備している男子グループを見かけたけど、

厳粛な行事で、こういう下品な芸ってどうなのって思ってしまった。

かに皆を楽しませる芸を持つっていうのは、

なかなか難しいことで、

それだったら脱いだり、一気飲みをしたりするほうが

なのは確かだよね。

まぁ、今ぐらいの年齢になれば、

脱ぐだけで、仕事がどうにかなるんであれば、

喜んで脱ぎますが。オナクラ大好きですし。

サークルなんて、仕事じゃないんだから

嫌ならやめろっていうブコメがあったように思ったけど、

まぁ、大学生にとっては、サークルバイトゼミは、

それぞれウエイトのかけ方は違っても、

大事な部分ですから自分もそのサークルに入りたくて、

その大学入学した面もあったので、やめるなんて考えられなかったな。

社畜も一緒ですな。損得だけで行動してるわけではないし、視野も狭いからね。

今の自分は、幸い会社宴会やるかやらないか

決めることができる立場なので、やっていません。

年に一度、食事会(それも昼間)をやるぐらいかな。

前は、夜に忘年会とか納涼会とかをやっていたんだけど、

会社飲み会って、みんなが共通話題をもっているわけでもなし、

仕事の話をするのも疲れるしで、

結局夜に開催すると、性的話題になりがちなんだよね。

つい自分もそういう話をしてしまう。

それから若い新人男性が入ってきたときに、

年配の女性その男性に、彼女はいるのかとか聞いてしまって、

その新人男性からクレームが入ったこともあった。

それを聞いたとき俺はびっくりしたけど、

うそういう時代なのかもね。

それからは、年に1回程度、昼間に、なるべく高級なお店で食事会を

するだけにしている。

昼間で、しかも高級店だと、下ネタが出にくいからね。

ただ、会社としての一体感はでないよね。

でも、そういう時代の流れかな。これから転職も副職も当たり前になってくるし、

体感っていうのは、必要なくなってくるよね。

─原文─

罰ゲームは、10メートルほど先にある袋に向かってハイハイして進み、

袋の中のバナナを食べるというものだった。」

これは何? フェラチオマネってこと? よく分からん

以上です。疲れた

2019-11-16

これだけは勘弁して欲しい米飯のおかず

おでん

湯豆腐

これはご飯が進まないです、母さん。

追記1

米飯おでん米飯湯豆腐は合わないという見解に基づく書き込みです。

追記2

分かってない奴らが多いぞ・・・

・フリカケかければええやん

→それ言ったら、オカズ立場無いでしょ。確かにリカケでごはん食べてもいいけど、それは別の話。

おでんのだし汁ぶっかけて食べる。

→分かるけど、純粋オカズとしての役割から一歩踏み出してないかな?この辺は、人それぞれだけども・・・。 個人的には、あくまで、ご飯みそ汁に加えたオカズとして成立しにくいものを、挙げてみた。

追記3

おでんおでんと呼ぶからややこしいのであって、大根煮物練り物煮物としてそれぞれ単体で見れば合うのではないか。」

けだし名言なんですが、個人的には(味覚も食事も、地域個人性が強いから、以下省略で!)、大根煮物も、すごく濃い味に煮つけられてないと、オカズにはならなくないかな~。

練り物も、水餃子みたいなもんで、オカズというよりは、酒の肴に近い気がするよ。

薄いだし汁にひたった野菜練り物ごはんは進まないよ!

追加4 とうめしは、アレ用に濃い味をしみさせてるでしょ。肉豆腐豆腐みたいなもんだ。そら食えるよ。

ただ、ランチにあれに行列してる意味わからん

追加5 「味がないとご飯が食べられないのが分からない。美味しいご飯ご飯だけで旨い」・・そんな関係ない話してない。調和の話。

追加6 甘い豆は苦手派が少なからず居るのに驚いた。味覚は色々だなあ。面白い

追加7 冗談通じないヤツが居るようだが、実在する母に文句言ってる訳ではありませんので(自分で作るし、仮に母に言うなら直接好みを伝えるよ。)。

追記8 xevraクンに敬意を表して特別個別追記。 ご提案はありがたいが、全然提示してる論点とかみ合わない話なので、世間話として受け取った。

GI値でも他の指数でもいいけど、それで白米を止めるってのも寂しい狭量な生き方じゃないか。美味しいものは、適量食べたい。

ちなみに頭脳労働だけど、通勤自転車で、行きか帰りにに水泳やってくるので、今のところ健康

まあ、ゼロベース検討という表現をしているので、一概に否定していないというのは分かるんだけども、噛みついてみた。

追記9 『「おかず力」という概念がわからない日本人がいることに驚きを隠せない』というコメントありがとうございます。まさにそれ。

相対的な、おかずとしての力のことを言いたい。

追記10 案外、おでん湯豆腐をおかずに、炊いたご飯を召し上がる方も少なからず居るというのが面白い発見だった。 それも良いと思いますよ。

ちなみに、俺は、おでん外食する派かな・・・。 新橋の「かま田」っておでん屋が好きです。

追記11 「おいしいおでんを食べたことがないのでは? 」というのは、美味しいおでんならおかずになるし、美味しくないとならない、って考えなんでしょうかね?意味が分からない。

それを言ったら、美味しくない副菜はすべてダメでしょう。

追記12 「Hige2323 濃い味じゃないとおかずにならないと思い込む味覚障害者だなこの増田」 想像力豊か過ぎ。

2019-10-15

anond:20191015145406

また「俺は悪くないアピール」しだした

うんうん悪くないか他人を責めるのもやめようね

メンヘラ同士いじめあう地獄見ても酒の肴にもならん

2019-09-24

よっしゃ、恋愛コンテンツとして消化してやっぞ!!

同じサークル人間に好かれて困っている話なのですが、内容が内容だけに吐き出すことろもなくストレスが蓄積されていくのが辛いので増田書いてネットに流していく。

ことの発端はよくある話でサークルイベントの開催中。たまたま待機時間に2人で話す時間がありお互いの趣味の話をしていた。会話を重ねるうちになんとなくこの人は「おねロリ好きの百合男子」なのではないかということに気がついた。

気になったが最後事実を確かめたくなった私はこともあろうことか「伊藤ハチ先生って知ってる?」と聞いてしまった。

思えばコレが人生分岐点だった。完全に選択肢間違った。

そして彼の答えは「作家とか知らないんだけど...この人、ああ、Twitterいいねしてるわ...」だった。そのタイミングでお互い百合ジャンルオタクだということで打ち解け、その場はまぁまぁ盛り上がった。ここでまぁまぁとしたのはそもそも私はおねロリジャンル地雷でありその時点で私と彼は同じジャンルだけど宗派が違うなと感じてしまたかなのだが、どうやら彼はそうではなかったらしく、同じ趣味の友人を見つけてしまったと認識してしまったようだ。

こうして始まった私と彼のDis communication現在まで約1年続き耐えきれなくなった私がこうして増田を書くに至ってしまった。とはいえ最近は一周回って増田にかけるくらいには相手気持ち自分の状況、感情コンテンツとして消化できるくらいには愉快になってきているので、ここ1年で限界だったエピソードを書くので、これを読んだ人には是非愉快な気持ちになっていただきたい。

商業百合やがて君になる」を貸したら「槇くんに共感したし好きだわ」と感想を頂いた。

ちなみに、私は槇君のこと超怖いし苦手です。

映画リズと青い鳥」鑑賞後、「1回じゃ感情機微とか全然わかんなかったから何回か見直したわ」と感想を頂いた。

私は1回で映画内の感情が整理できなくなり2回目を見るまで半年要した。最近またリズの話をしたのだが、みぞれピアノを引きながら幹部が会話するシーンを私が恐ろしいよねと評したら「そうかな...?」と帰ってきた。そうか?

映画ラブライブ!サンシャイン!」 誘いを断れず一緒に見に行ったのだが、私がようちか推しとぼやかして話していたら「俺もようよし好きだよ」と言われた

俺「「「「「も」」」」」ではないが。

映画「響けユーフォニアム 誓いのフィナーレ」の感想が「今回あん百合って感じじゃなかったね」

やたら気合の入った高坂と黄前のシーン、多分寝てたんじゃないか

LINEオススメされた作品が全部おねロリ

すみません、おねロリ地雷です

・会話の流れでFree!の話をしたら「そういうのも見るんだ...」と言われた

いや、見るが?!

そもそもTwitterで流れてきた絵を適当いいねしており作家を知らない

知れ

Twitter所謂リアルアカウント創作イラストいいねしている

解釈違いです

星新一をしらない

無理

と、ここまで解釈違いを起こしている私と彼だが、私自身、人の好きを否定してはいけないという信条があるため曖昧な態度でごまかしていたら彼の中では「趣味が同じで気があう人」として処理されてしまったらしく、なんと私不在の飲み会で私のことが好きだという話をしてしまったらしい。周りは面白がって私達をくっつけようとするが、私は相手のことが無理で無理でしょうがないので困っているというのが現状だ。

困った果てに相手に嫌われようと画策して、LINE既読無視したり、挨拶程度しか会話しなかったり、業務連絡も敬語で行うようにしたりしたのだが、周囲に「最近敬語で話されるけど、敬語もいいよね」ともらしていたというタレコミを受けてからは恐怖を感じてやめた。どん詰まりである

この状況が苦しくて、なんとか現状打破を試みようと会話を重ねるとどうやら相手自分のことを1つのコンテンツキャラクターのように消化しているのではないかという考察を得た。

そうと決まればこっちのもんで、こっちがその気ならこっちもその気になる。お前のことをコンテンツとして消化してやろうという気持ちになってきたのでこうしてインターネットで筆をとっているし、フォロワーマシュマロ投稿しているし、居酒屋フォロワーと合う時酒の肴にしている。

とりあえず、サークル引退するまであと半年、何事もなく無事終わればいいなと願うばかりである

2019-05-31

セクハラするやつは撲滅してくれ

会社女子先輩がビッチと呼ばれている、

美人で明るくて面白くていい人だ。

彼女私生活がどうなのかは知らない、もしかしたら男性と沢山付き合ってるのかもしれないがだからって「ビッチ」と呼んでいいのか?

とんだセクハラだろ。

それを笑って受け流す先輩はすごいと思う。

ビッチって呼んでもおこんねーのお前すげえよ!」

っていうなら呼ぶのをやめろ、50代のクソジジイ

会社の後輩がなにかにつけて

「お前童貞だもんな〜」と言われてる、

彼が童貞なのかは知らない。

メガネかけててちょっと大人しめだが、

仕事は真面目だし素直に聞いてくれるし良い子だ。

彼が「童貞」って言われるたびに困ったように微笑んで

「やめてくださいよ〜」と受け流すのを見るのが本当に辛い。

性的経験仕事関係あるのかよ。

会社の同期のイケメンは、イケメンから何をしても許されると思っているのか「女と遊んできたんだろ〜」とか「彼女との性生活」を根掘り葉掘り聞かれている。経験人数を発表させられていたこともある。

イケメンも良い子だから困った顔しながらちゃんと答える。

なんで酒の肴にそんなこと発表させられなければいけないんだよ。

かわいそうだろ。

とにかく男にも女にも性的なことを聞いたり笑いの種にするおっさん多すぎだろ。良い加減にしろ

これが大手広告代理店の話だってんだから世も末。

倫理観も何もないよ、CM炎上するのも仕方ないねって感じ。

就活現場セクハラ話題になってたけど、普通にあると思うよ。

こんなのが業界大手なんだからさ。

セクハラするやつ撲滅してくれ。

2019-05-03

日本海北上している。

今年のGW10連休ですね。

みんな旅行とか行ったのかな。

移動時間がひたすら多い電車の旅をしました。

積ん読してた本が2、3冊消費されたところでたまらなくなってエッセイ紛いのものが出来上がったので、どこに書くにも場所がないのでこちらに。

増田初心者なので不手際あっても許してね。


秋田行きの特急列車に乗っている。

新潟駅発の特急いなほ5号である

運良く窓際の席を取れたが、ゴールデンウィークしかも異例の10連休である故か通路には立っている人が端から端まで広がっている。自由席からなのだろうが。

当日に特急券を購入するという考えが甘かったと悟ったのははるばる新潟駅に到着したその時である。慌てて自由席チケットを購入し、1時間も前からホームに並んで電車が到着するのを今か今かと待っていた甲斐があり、無事に窓際で座り込んで駅弁を食べる贅沢をする権利を得た。

窓の外には平野の田園風景が広がっている。その遥か向こうにそびえる奥羽山脈の頂には、5月にもなろうかというのに相変わらず雪が降り積もり白く輝いていた。

奥羽山脈は手前の山に阻まれ隠れ、そしてまた姿を見せる。手前の山には仄かに淡い白さが点在している。どうやらあれは山桜のようだ。

そう、窓際の席とは山側なのだった。

初夏の日本海の底知れぬ青黒い美しさはえもいわれぬ郷愁が湧くが、遠く高くそびえる山脈の頂上の銀色もまたノスタルジーである

列車が北に向かえば線路は海に近くなっていき、奥羽山脈は遠く離れて行く。その遥か向こうに見える頂に銀色が輝いていればいるほど、胸の奥が詰まってたまらない心持ちにさせられるのだ。あの山の上から下に降りてくればきっと緑が増えるのだろうが、初夏になろうとしている時季に尚白く輝く凛とした佇まいが胸を打つ。これを横目に眺めながら移動するとはなんとも美しい初夏の電車の旅である

新潟らしく広く大きな田んぼの中ではトラクターが動いている。ちらほらと水が張られた田んぼも見られ、秋になればここ一帯は美しい金色の広がる風景が見られるに違いない。

さて、新潟平野自然の豊かさ美しさは想像するに難くない。今回は駅弁をただただ食べている1人の女の話である

そもそもの旅の出発点は京都なのだが、本日の始まり富山からだった。富山発、始発の電車に揺られて向かったのは直江津である。つまり日本海側を延々と北上していくのが今回の旅の目的なのだ。というか、それだけである日本海側を北上して秋田に向かうのを目的とした旅だった。どこに書くにも宛がないし、需要もなにもあったものでないからこうしてつらつら散文を書き連ねている。

富山駅を出たのは朝5時台の電車でだった。

富山駅前に24時間経営または早朝から開いているお寿司屋さんなんかがあればおそらく私はそこに直行しお寿司を朝からとはいえお腹いっぱいいただいていたと思う。しか富山駅前には何もない。朝5時から、もしくは6時から…更に粘って7時なんかにも開いている店、更にいうならば寿司屋なんて存在しない。7時台から開くのはチェーン店モーニングをやっている喫茶店か何かだけである。そして元気に営業していたのは24時間営業吉野家のみであった。

その時点で私は富山で味わう海の幸の幻想を頭の中から叩き出した。白えびの軍艦唐揚げ、新鮮な蛍烏賊踊り食いや辛子味噌和え、ずわいがにや幻魚、その他内陸では食べられないお魚などなどである。食べたかった。

しかしそうも言っていられない。猶予はあまり無いのだ。今日中に秋田のその先まで着かなくてはならない。家族と合流する予定がある。そのためにただ日本海を傍目に北上しているのだ。

あいの風とやま鉄道に揺られて泊駅に着けば、1時間近くの待機時間の後に直江津行きが発車する。その頃には7時も回っており、ワンマン運行の1両のみの車内には案外人がいた。

さて直江津に着くまでに私がしていたことといえば、ただ海を眺めることだった。

日本海は海が近い。個人的感覚だがみんなそう思うのだろうか。太平洋側の事はあまり詳しく無いが、日本海の海は近く深くあるような気がする。その黒く光る朝の海の美しさと言ったら!まるで海の表面にも溢れそうに青魚の群れが泳いでいるかのように、白く立った波が時々日光を浴びて生き物のように揺れている。青さの深い、銀と灰色と藍と黒が混ざったような深い深い海色は、海から随分と離れた所に行ってしまった私の目にも優しく映った。遠く沖には白い漁船が横切って行った。すわ喘ぎそうになる郷愁を感じる。胸の奥に響いて打ち震えるかのような懐かしさと海への憧れが込み上がっては目の奥がじいんと熱くなった。

電車の揺れが心地よくてどうやら眠っていたらしい。これは最近しばらく満足に寝られていないせいだろう。気がついたら直江津駅に着いていて、次の電車が出るまであと1時間の間があった。

直江津駅には立ち売り駅弁がある。

大正時代の立ち売り衣装に身を包んだおじさまがいるということをきちんと事前に調べておいた。スマホでなんでも調べられるとは便利な世の中になったものだ。

到着するのが9時前でなくお昼時だったなら今度こそ寿司を食べに行っていたが、時間がないのでそうも言っていられない。

電車旅の楽しみは駅弁である

電車好きの皆々様が声高らかに宣言するように、私ももれなくそうだと頷くことにしている。車窓から見える景色楽しいものだが、そこにご当地駅弁が加われば怖いもの無しであるし何よりお腹いっぱいになって幸せになる。

朝ご飯代わりに駅弁を購入する事を楽しみに直江津駅に降り立った。

改札口に向かうと、出る直前の部分にこじんまりとしたささやかな売り場がある。まあ何がどうなっているかは気になった人が各自で調べればいいので詳しくは書かない。

しばらく待ってもおじさまが来ないのでどうしようとウンウン首をひねっていたら、親切な黄色ジャンパーの方が声をかけてくれる。同じ会社の人のようで連絡を取ってくれた。すぐに戻ってくるそうだ。どうやら弁当が残り少なくなってきたから補充をしに行っていたらしい。

いただいたのは鱈づくし弁当であるしかし、戻ってきた駅弁売りのおじさまが持ってきた物の中にさらに目を惹く物が存在した。上越名物(?)スルメ天ぷらだった。本当にこれが名物なのかもわからないがとにかく美味しそうなので購入してしまった。繰り返すようだが朝9時前である。少しというか結構重たいラインナップなんじゃないか?との一抹の不安と、大人になった事によって気になったものをパッと買える喜びで押し挟まれながらわくわくと胸を躍らせた。

味や中身の紹介は調べればいくらでも出てくるので割愛するが、鱈づくしの弁当は珍しいものだし鱈子も入っていて味も良い。スイスイ食べれてしまう。しかスルメ天ぷら、これが1番の食わせ者だった。とにかく美味しい。お酒飲みたい。これを文字通り酒の肴にすればいくらでも日本酒が進むこと間違いない。移動距離が長いため朝の脳内では流石に自重してしまったのだが、どうせ移動中に転寝するならお酒を嗜むのを選択するのが大人の行動だったと今になって反省している。今度こそは間違わず躊躇わずに酒を購入する事をここに誓います

流れる景色を眺めながら食べる駅弁の味わいの乙な事と言ったら!と満足ながらもやっぱり少し重たかった。行儀が悪いのは重々承知で半分残し、今度はお昼ご飯にするためにとっておいた。

そして今、新潟発のいなほ5号に揺られている。

今が秋ならば目の前一面に稲穂の海が広がっているだろう。田園風景の美しさとは未来が楽しみなことにもあるかもしれない。

点在する民家の遥か向こうに山々がそびえている。その更に向こうに相変わらず悠然と存在する白い山脈の頂きを眺めながら駅弁の蓋を開けるこの瞬間の静かな興奮である

わず口元も緩んでしまう。

駅弁とは随分と贅沢なものだ。

美しい景色を眺めながら、その土地食べ物いただき、更に移動までさせてくれる。電車の旅でなければ味わえない幸福感覚に1人で酔いしれながら最後まで食べきったが、終わってしまうのも少し物哀しい。

ここが機内食やなんかと違う所なのである駅弁は去り際に満足感と一緒に微かな残り香を置いていく。決して美味しい匂いが残るわけではない。なんだか少し物足りないような、それでいて胸がいっぱいになるような、この土地に少し近づけたような、微かな証を残していく。

反対の窓の向こうには日本海が近づいてきていた。人と人の隙間からちらちらと光る海が見える。

また美しい旅は続く。少し眠ったら山形に入り、そうしたら鳥海山も見ることが出来るだろう。

長い文章を読んでいただいてありがとうございました。

2019-03-08

ぼくがなりたかったさいきょうのおとな

世界を飛び回るジャズミュージシャンバーでの演奏を基本として、たまに大舞台演奏をする

英語はもちろん喋れて、中国語などその他言語日常会話程度なら喋れる

・女遊びをするけど一線は超えず、常に女性に敬意を持って接する

ワインウィスキーにこだわりがあり、利き酒もできる

酒の肴タバコも嗜み、葉巻や高級タバコの味を楽しむ

げんじつのぼく

・飛び回るのは県内にとどまるサラリーマン機械売ってる

・会話するとき敬語しか喋れない。サラリーマンとは喋れるが、職人系の人とは喋れない

・遊ぶどころか話しかけることが苦手なので喋れない。おばちゃんには好かれるのかよくお菓子とか貰う

お酒弱いのであんまり飲めない

タバコは吸ってたけどどんどん経済的にきつくなり、わかばに移行して最終的にはタバコを辞めざるを得なくなった。

書いて気付いたけど、どん底まで落ちぶれてなくて、普通に仕事をしてて生計を立ててるあたり、良くも悪くも"現実"って感じがする

2019-02-26

人夫婦に産まれ女児DQNつけられていた

先月、友人夫婦に待望の赤ちゃん誕生した。

女児

名前は『翠月』。

え???

なんて読む???

旅館名前???蕎麦屋名前???源氏名???

正解は『みつき』。

『翠月』が『みつき』だ...と...!?!?!?

クソダセェ上に読めねーよ!!!!!!!!!!!!

もともと頭が悪い夫婦だったが、結婚して最初犠牲者が我が子かよwwwwwww

つーか、この夫婦旦那がアウトなんだよな。

低学歴、低職、バカ浮気性。

嫁、いくらバイト仲間でズルズル付き合って結婚した流れでもさ、コイツ結婚したせいで嫁の価値観おかしくなってる。

現に、旦那と付き合う前の嫁を知っているが、この旦那と付き合い始めてから思考劣化して異様行動が増えたんだよな。

これは友人知人内では有名な話。

もともと、嫁も頭がバカ方面だったけど、非常識な行動が多くて酷すぎる。

そろそろこのDQN一家とおさらばすっかな。

酒の肴にできるバカネタ提供してくれる分には美味しいんだけどね。

2019-01-17

酔ったイキオイでカキコ(古っ

NGT問題波紋 定着し始めた「新潟の顔」 CMPR動画放映中止に 知事も会見で言及 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20190116/k00/00m/040/208000c

「無理をすると、あちこちに歪が来るよねー」

AKB商法懐疑的立場人間としては、年寄りじみたことを呟きたくなる一件。

グループ運営組織の粗から、文春との蜜月?とかに飛び火して、これまた酒の肴には良い案件にwwww

門外漢としては、新潟出身のアイドルと言うならNegiccoねぎっこ)使ってあげたら?、と思う

2018-12-13

二年半後。旦那同人活動をしてみようとした結果。

https://anond.hatelabo.jp/20160622100234

また昔書いた記事が取り沙汰されているのに気付いてしまいました。

上げられるたびに背中にじわりと嫌な汗をかきます

この記事自分人生の写し鏡のようです。事実を曲げず素直に書いた分、読んだ感想として幸せ結婚もあるよ書き手クズだよとマウントを取られたり叩かれることには結構ダメージを受けます。著書買ってるような名のある作家さまにまで叩かれてたときはさすがに少し泣きました。でも大ファンです。人生の内に貴殿文章を読んで貰えて光栄でした…といきなり誰ともなく私信失礼。

ただ、部分部分では共感して頂けたり、書いてくれてありがとうと仰ってくれる方もいることを考えると、決して書いたこ自体無駄ではなかったのだと、一旦は縮み上がった心臓の辺りを撫で下ろしています

そんな筆者のそれから二年半後の話です。

この旦那とは別れることなく続いています

金銭感覚に関しては自分がだいぶまともになったため、小遣い制も続行ではありますがその範囲内で収められるようになりました。

同人活動に関してですが、これも公認の上続けております

完全なる理解を得ることに成功しました。

やはり私の人生から絵を描く、文章を書くということを取り上げることは難しく、どれだけそれが大切なことであったかを話し、どうしてもやめられないのだと謝罪しました。出会ってから丸4年かけて。何かあるたび、ことあるごとに。離婚の話も時々しながら、それでも私は彼と分かり合いたかったのです。

旦那守銭奴でもあるので、イベントの度に黒字を出さないと、というプレッシャーはないことはないですが、趣味なのにかけたお金にリターンがあることがプラスに働き、その点でも理解を得るのに成功しました。私は少しずつ趣味で得た収入活動を回し、今では毎回イベント黒字を出せる位までになりました。(家計電気代、通信費自分持ちで、税金もペイしてます)

とそんなある日に、旦那が突然こんな事を言い出しました。

「俺も同人活動やってみようかな」

どうやら、私の活動を観察し続けた結果、副収入になりえる趣味があるのを羨ましく思ったようです。原作はお前と一緒に観ていたのでわかるし、文章ならば俺も書けると。同カップリングで書けば私の取ったスペースに置いて貰えるのでわざわざ旦那が申し込む必要はない。萌えいるかどうかは微妙なところであるが、金になるならやってみたいとの事でした。

私は大賛成でした。収入を得るのはとても難しいことだけど、世の中に自カプの本が増えるのは喜ばしいことだ。自分活動を見ていて刺激になったのならばこれほど嬉しいことはない。是非私のオススメ同人誌も見てくれと、旦那相手に全力で布教しました。旦那はとりあえずそれを全部読んでくれましたが、わかりやすく絵がきれいエロい内容の物を良いと言うタイプで、個性的な絵柄、作り込んだ話の物はぴんときていなかったようです。ロム専の心理の参考になるな…と思いながら布教を続けました。

「これ全部プロじゃない人が書いたのか?」と彼はとてもびっくりしていました。プロも含むけど、大体の方がアマチュアで、カップリング萌えた結果本を出さずにはいられないで書いたものだよ、と教えると彼は随分悩んだような顔をしていました。

しばらくそのままほっておいて、創作をするかどうか様子を見ていましたが、その後も別に忙しいというわけではないのに書き始める様子が全くありませんでした。気になって聞いてみると、やっぱやめたとの事。

私は旦那が書く自カプの小説がどうしても読みたくてリアル土下座してお願いしたのですが、言い分を聞いてそれ以上何も言えなくなりました。

「正直舐めてた。でもやってみようと思って触れてみて初めてわかった。これは、俺のような半端な好きじゃ出来る物じゃない」

彼は、打ちのめされていました。その気持ち、私もわかります。好きだという想いが強く、愛の伝わる同人誌との出会いで、如何に自分表現力が拙いか、愛し抜き方が足りないか、実感するんですよね〜。

「お前よくこんな趣味で心折れずにやってるね?辛くない?」

「辛いよ。誰よりも自分が下手で情けなくて嫌になる夜もある。でも何百回そういう思いしたとこで、結局書くのが好きって気持ちが強くて次回作を書いてしまうんだ」

そんな会話を交わすと、彼はふっと笑い、急に昔話を始めてくれました。

それはまだ出会って間もない頃、私がまだ嬢で向こうが客のとき。私はてっきり容姿に惚れたのかと思ってたのですが、もっと何気ない、私が発した一言に彼は惹かれたんだそうです。

「私ねー、この仕事やってんのには目的があるんだ。やりたいことやるためにやってる。だから全然仕事が苦じゃない」

このセリフを聞いて、彼は雷が落ちたような衝撃を受けたらしいんです。なんでも、その頃の彼は何もやりたいことがなく、ただ漠然仕事をし、婚活をし、人生の空しさを埋めるためだけに風俗に通っていた。だから、その私の発言が輝いて見えた。その輝きをずっと傍で感じていたいと思ったんだそうです。(とはいえ同人活動のことだとは露ほども思ってなかったらしいですが)(なんせ同居してからはしばらくやめてしまってたので)(よってあの輝きはなんだったのかしばらく悩んでいたらしいです)

「俺と一緒にいるということはあなた自由度を下げてしま人生幸福度を下げているのかもしれない。だってあなたは形に残るほどすごいものを作れる人なのだから。それでも俺は好きな物を作って輝いてるあなたが魅力的だと思う。やってみてはじめてわかった。もっと自信を持っていいよ」

…まー、これを言われたとき号泣しました。私は旦那センスを信頼してるので是非自カプ小説を書いて貰えたらなと思ってたのは事実ですが、それを差し置くくらい嬉しかったです。わりとこのときはじめて「この人に私をわかってもらえた」という感覚になりました。

世の中には色んな夫婦がいると思います。お互いの人格の完成度が高く、なんでも尊重し、協力しあえる夫婦趣味価値観は会わなくても、子供架け橋努力している夫婦。互いの趣味嗜好には立ち入らない距離感を正しく保てる夫婦最初からそうだった人たちからすれば、最初エントリー私たちなんて機能不全夫婦もいいとこで、嬢をやってた社会不適合者とドケチ旦那のギスギス話なんて叩いてなんぼ、まともな人間もっとまともな夫婦関係歩めるからね〜ウチみたいに…と、酒の肴に楽しむ人の不幸扱いされても仕方ないなと本気で思います。(傷付いてないわけではないのですこーしだけ悪意込めてしまいました、すみません)

私の想いは文章として私の手を離れた瞬間からのものになります。その文章に記したドラマがどう思われるか、どう受け止められるかは受け取り手次第になる。たぶんあのころの私はとにかく辛くて、そんなことまで考えられないくらい捨て身で文章を書いた。だからこそこう何年経っても読まれてはバズってしまうような文章になったんだろうなと思います。誰かを気遣わない文章からこそ、あの文章のなかの二年半前の私は時を経た今でも生々しく悩み、精神DVを受け続けています

受け取る側の精神状態にまで気を遣えるようになった私の今の気持ちは、分かり合えるか合えないか自分の頑張りもあるけど、旦那も歩み寄るかどうかにかかってるから正解なんてないのだよ、ということです。

あの文章を読んだ人の中ではその後の私のの人生はあそこで止まってあとはただの評価場となりますが、あの文章を書いた私の人生はその後も続きます

そこでどんな努力をするか、どう生き方を変えるか、パートナーを諦めるという選択肢もありました。人生自体を終わらせる選択肢だって。全部選んだのは私です。

その結果、私の「好き」は正しく相手に伝わりました。四年くらいかけてようやく届いた。それでよかったなぁと心から思います

ちなみに、私が彼を好きだった理由は、名前で呼んでくれることと同人活動気持ち悪がらなかったことでした。でも今ではそこに、私を正しく理解してくれることが加わりました。

彼は私の全てを知ってもなお好きでいてくれます。なんだかんだで、私の神様なのです。愛を持って私をある程度正しい人間へと導いてくれました。彼が完璧人間かと言えばそうじゃないですが、私にとってはこの上なく必要な人だったのだと自信を持って思います

また、最初エントリーも私にとって大きな転機になりました。自分人生一般的でなかったことに気付くきっかけになり、びっくりする位批判マウントをとられ、本当にショックでした。でもその悔しさは逆に、二度とあの世界に戻らないという誓いにもなりました。堕落した生活を送った過去は変えられないからこそ、正しく幸せを手に入れた人に叩かれたからこそ、何がなんでも幸せになってやると思いました。

今、自分がまともな人生を歩んでいるとも、素敵な旦那に恵まれて楽しく同人活動継続できてますよとも言うつもりはありません。ここに至るまではご覧の通りです。沢山の苦しみや痛み、驕りや嫉妬、あと絶望がありますもっと器用に生きれるなら生きたかった。でもその度に私は自分でなんとかして生きてきました。だからこそこれだけは自信を持って言います

自分好きな物を諦めなければ、いくらでも人生は変わります絶対

同人活動結婚なんて多分天秤にかけるものじゃなかった。

好きを貫いたら、好きなことができるようになるのが人生

結婚生活破綻するかどうかはそれに付随する事象しかなかったんです。

から結婚生活を無理に続ける必要もないし、同人の優先度が下がればやめてもいい。人生ってもっと気楽に、好きな物に忠実に生きて良いんだと思います。どうせ死ぬまで続くんだし。

努力したら分かり合える人もいるけど、努力してもわかり合えない人もいて、袖すり合いつつ生きていく。

結婚同人も全部自分人生の一部。どれが欠けても終わっても続いても、自分人生自体は続いていくんだから大丈夫

そう思うことで、とても楽になりました。

こういうこと書くと、また同人に対する重さとかのほうが取り沙汰されそうで心境的にはちょっと嫌だな。

あんまり深く考えないで、いかれた生き方している一個人日記程度に留めてほしい。間違っても同人女の一般化なんかしようとは思ってないから。結婚こわくないよ。でも結果として別れるかどうかは運次第みたいなとこあるよ。

自分にとって何が一番人生を豊かにしてくれるのか、ぶれずに行動すれば必ず思ったように人生は回っていくと、それだけは言わせてください!

2018-12-06

anond:20130818033214

https://diamond.jp/articles/-/148119 次は2000円の宿。女性就活生が酒の肴にされてる。(この増田は二度とやらなそうだけど)

2018-11-19

大学時代サークルの先輩でアラフォーバツイチ子持ちのシングルファーザーの人がいて、SNS上で承認欲求ゾンビになっていて非常にみっともない。

・元奥さん浮気が原因で離婚したのだけれど、離婚に至る経緯を全てFacebook上で報告してた。その際元奥さんへの罵詈雑言を大量に書いていいねを稼いでいた。元奥さん下着サイズまで暴露してた時は流石に引いた。

毎日のように保育園児の娘の写真をインスタとFacebook連動で投稿。同じ構図同じポーズ似たようなコメントで見分けがつかない。

離婚後しばらくしてから再婚へ向けて婚活を開始したのだが、それも実況中継状態。いい感じの相手が見つかるたびにFacebook上で報告→振られて相手disるを繰り返す。シングルファーザーなことにうまくいかない原因を求めていたが、SNS上の承認欲求ゾンビっぷりに相手が引いたんじゃなかろうか。

婚活の成果が出て最近彼女ができたようだが、彼女とのデートも当然実況中継。デートの日は最低3回はインスタ更新彼女の部屋に行ったとか、これからホテルでお泊りですとかまで投稿。40過ぎのおっさん高校生かよ…。

他にも色々痛い投稿を多数繰り返す。投稿数が多いので結構ウザいが、ミュートとかはせずにニヤニヤしながら眺めてる。この間大学時代の友人と飲んだらこの先輩の痛い行動が話題に上った。まぁいい酒の肴になったな。

2018-09-27

anond:20180925183624

麻婆焼きそば ×

1970年代前半に、仙台市内の中華料理店「まんみ」にて賄い料理として提供したのが始まり

//ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E5%8F%B0%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E7%84%BC%E3%81%9D%E3%81%B0

せり鍋 ○

河北新報の「仙台やすこ歩き」によると、

発案者が思いついたのが10年前と言っていたので、

2000年代の真ん中から広まったのではないでしょうか?

//detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11156573366

ただし他にも元祖を名乗る店がある。

チーズタッカルビ

16年2月に「チーズタッカルビ」を発売

//www.itmedia.co.jp/business/articles/1802/20/news021.html

塩焼きそば ×

1959年 4月

清ちゃん1959年4/10開店となる!

ここから小松名物塩焼きそば伝説が産声をあげる!

//www.sio-yakisoba.com/

ツナマヨおにぎり ×

1983年(昭和58年)に「ツナマヨネーズおにぎり」を発売

//q.hatena.ne.jp/1256202677

パン

14〜15年前ですかね。パンって、夏は本当に売れないんですよ。暑いからみんなソーメンを食べたり、おやつスイカになったりしてね。なんとか夏に売れるパンができないかなぁと思って開発したのが、塩分補給もできる塩パンだったんです

//tabi-labo.com/287605/painmaison-yawatahama

2018年のインタビューなので2003年頃か。

ししゃもっこの軍艦

1970年代以降、シシャモ代用魚として輸入が急増

//ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%B7%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%A2

寿司メニューになった時期は不明

豆乳鍋

当店が1991年に開発したオリジナル

//irori.owst.jp/foods

ただし他にも元祖を名乗る店がある。

おにぎらず

【第22巻・第213話】いま話題おにぎらずクッキングパパ発祥

//cookpad.com/recipe/2831394

第22巻は1991年発売。

フルーツグラノーラ

91年にフルーツを加えた「フルグラ」(当時のブランド名は「フルーツグラノーラ」)を発売

//www.cross-m.co.jp/column/insight/insight82/

恵方巻 ×

1970年代半ばからマスメディアに取り上げられるようになり、以降は再び定着するようになった。

//ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%96%B9%E5%B7%BB

ご存知のとおり発祥には諸説ある。

魚のカルパッチョ ×

落合「僕が帰って来たのが1981年で、前のお店を開けさせていただいたのが1982年ですから

(中略)

干場「実は、魚のカルパッチョを作ったのは落合さんなんですか!?

落合「実はそうですよ(笑)

//www.tfm.co.jp/cruise/index.php?itemid=91890

1982年に魚のカルパッチョを作ったとは語られていないが、近い時期であることが示唆されている。

塩麹 ×

古くは本朝食鑑の鱗部の巻「鰯」の箇所に「或有甘塩者有糟漬者有塩麹漬者号曰黒漬」という下りがあり、「塩麹漬」という文字列が見られる。

//ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E9%BA%B9

本朝食鑑は1697年刊行

レバ刺し ×

日本人はいから牛の生肉生レバーを食べるようになったのか。

焼き肉などの食文化に詳しい滋賀県立大鄭大聲(チョン・デ・ソン)名誉教授は「戦後在日韓国朝鮮人が家庭で食べていたもの焼き肉店で出すようになり広まったのではないか」という。

//sankei.jp.msn.com/life/news/120428/trd12042822020023-n1.htm

万葉集内臓生食示唆する歌があるとの話もあり。

魚介つけ麺

つけめん」が定着するきっかけとなったのは2000年頃からのことです。つけめんの考案者である東池袋大勝軒の店主 山岸 一雄氏のお弟子さん達が独立し始め、大勝軒系列の店が増えたこと、大勝軒常連から人気店になった「べんてん(高田)」、「道頓堀(成増)」といったお店が繁盛したこと、そして川越にある「頑者」が「自家製極太麺×魚粉×濃厚つけだれ」という新しいジャンルつけめんを生み出したことが影響し大きなエポックとなりました。

//web.archive.org/web/20130622095039///www.asahi.com/business/pressrelease/ATP201005190013.html

サーモン寿司 ×

プロジェクトが始まったのは86年。当初の計画では、輸出の要はカペリン(カラフトシシャモ)だった。しかし、その前年、時の漁業相らが日本を視察して方針が変わった。日本には生のサーモンを食べる文化がない。江戸前寿司にもない生サーモン握り寿司を考案し、試食会を重ねた。

//trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/061500791/

ティラミス ×

日本イタリア料理史の中で、最大のブームとなったのは「ティラミス」と言って間違いありません。80年代半ばから評判を呼び、90年に雑誌Hanako」で特集が組まれるや、人気は最高潮に達します。

//www.metromin.net/feature/15133.html

アボカド ×

日本の輸入量は1970年代までは微々たるものだったが、1970年代後半から増え、1980年には479トン、1990年2163トン、2000年14070トン、2005年は28150トンと急増している。

//ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%82%AB%E3%83%89

オリーブオイル ×

1908年明治41年)、魚の油漬け加工に必要オリーブオイルの自給をはかるため、農商務省アメリカ合衆国から導入した苗木を三重県鹿児島県香川県試験的に植えた。香川県小豆島に植えたオリーブけが順調に育ち、大正時代の初めには搾油が出来るほどの実が収穫された。

//ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB

バターコーヒー

「朝はヨーグルトより、バターを食べる」

//www.amazon.co.jp/dp/4478039674

チキンタツタ

1991年4月期間限定商品として初登場

//ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%84%E3%82%BF

単なる竜田揚げとして見れば×。

油そば ×

1952年昭和28年)に創業した国立市一橋大学そばの「三幸」が、のびたラーメンをヒントに昭和30年代前半頃から酒の肴として提供を開始したとする説や、同じく昭和30年代武蔵野市境の亜細亜大学そばの「珍々亭」が中国拌麺をヒントに油そばを発売したという2説が存在している。

//ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B9%E3%81%9D%E3%81%B0

火鍋 ×

火鍋唐代に普及

//ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E9%8D%8B

日本のしゃぶしゃぶは火鍋をもとにして作られたとの説も。

発泡酒 ×

新規企業の太洋醸造が当時自由販売化していたイモとホップ使用したイモ・ビール試験醸造申請して認可され、1950年昭和25年)から新発売され、日本市販発泡酒第1号となった

//ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E6%B3%A1%E9%85%92

食べるラー油

垣島在住の夫婦(夫は中国陝西省西安出身の辺銀暁峰、妻は東京都出身愛理)が、具材を食べるタイプラー油を開発し、2000年(平成12年)、石垣島にて開催されたイベント販売したのが始まりである(ただし、具の入ったラー油のもの中国にて古くから存在している)。

//ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E5%B3%B6%E3%83%A9%E3%83%BC%E6%B2%B9

2018-09-10

[]しがむ

京ことば。

くりかえし強くかむ。かみしめる。「酒の肴スルメを―・む」

2018-09-05

anond:20180905091016

細田守とか悪い意味酒の肴にされてるんだろなあ。

「アwwwニwwwメwww監www督www」

かいって。

2018-09-02

「猫死んじゃった」のあとのこれから。(お礼とかコメント返し的な)

猫死んじゃった を書いたものです。

たくさんの言及コメントありがとうございました。

まさかホッテントリ入りするとは思ってなかった。

昨日の午前中に斎場で「行ってらっしゃい」と送り出すことができた。

数日内に私が選んだかっちょいい紺の袋に入って帰ってくる予定。絨毯にヒゲが1本ちょこんと落ちてたのでこれは保管。

斎場でもお姉さんに「しっかりした猫ちゃんですね~」と言われてちょっと笑った。

うちの猫を見た人の感想はだいたいそうだったし、私も形容を問われた場合存在かわいいが見た目は・・・うん、しっかりした猫」だったから。

5kg超えの猫をキャリーじゃなく箱で抱えて行き来するのは運動不足の上腕にはかなりつらくて、受付で腕がプルプルして受付票書くのにかなり苦労したのには参った。

夕方から夜中にかけて、コメントをちょこちょこ覗いて都度泣いてた。

えぐられたような痛さが和らいだ。本当にありがとう

おかげで今日は穏やかに目を覚ますことができた。

あの姿を見た瞬間の衝撃と、一晩で酷使した上腕二頭筋はまだ熱をもってじくじくしているけど、「いってしまった」ことに対する事実に対しての感情は落ち着いてしみじみしたものになりつつある。

一人暮らし動物飼いの必須条件は「動物より先に死なないこと」なので、少なくともそれは果たせた。それだけは頑張った、私。

気づかぬ間にいかせてしまったけど、じゃあ、それを目前で見てたらどうだったか考えたら、ヘタレな私はもっと耐えられなかったと思う。やっぱりあいつは空気読むやつだった。大体接し方が保護者チックだったし。

とにかく良い猫だった。本当に良い猫だった。

 エイズキャリアなのは引き取った後の検査で判明したことなので、「あちゃー」と思ったし怯えもしたがもう縁を結んだものなのでそんままズルズルの10年だった。ので、その辺は特に偉くないしいいやつではない、です。

 奴が頑張って発症させずここまで来れた、人間換算70代で、周囲の70-80代が元気だったし「何なら、このまま猫又クラスいっとく?」とちょっとかいてた。甘かった。反省

  • 増田の分までいちゃいちゃ」

 おう、ぜひそうしてくれ、いや、ください。もふもふいちゃいちゃしてイラときた猫に蹴り飛ばされるor噛みつかれるまでセットで。

 ほんそれ。実感。飼い始めた瞬間「私、なんかすごい飛んでもないことに手ぇだしてる?」とちらりと思ったけど、こういうことだったんだな。

 昨日1日ほんと辛かったけど、365日×10年+α(計算できてない)の間すごい楽しかたから、その楽しさ幸せ時間の長さと比べたらその代償としては「この痛み、なんぼのもんじゃい」とも言えるのかもしれない。

  • 「踏んじゃった」

 踏んでない。踏まれたほうが多い。

  • 「硬くなるとスーッと」

 面白くはなかったが、体は入れ物と感じた瞬間。物事こんなあっけなく終わるんだな感。

 何故、カニ?と思ったら、カニいた。確カニいたよ!笑った。ありがとう

 正直すみません。でも「死んだ」「死んでしまった」よりも一番その時しっくりきたので。

 こればかりは縁次第。辛かったけど「だから、もう二度と飼わない」とは現時点では思ってない。ただ40代一人暮らし、今後を考えると迂闊なことはできない。ひとまず保護ボランティアさんに支援差し入れするつもり。

明日は、興味はあるものの飼い主馬鹿が過ぎるようで手出しできなかったフォトブックサービスチャレンジ予定。端末いろいろ漁ったら、幸いに自撮り機能のお試しで2ショット撮ったのが残ってた。撮っててよかった。

あと獣医さんいお礼を言いに行かなけらばならない。緊急時はかけて良いといわれてはいたが、夜中0時という超非常識時間電話したのに周囲から犬猫の声が聞こえてて残業中の模様だった。うちの子入院時はそうやって手厚く診てもらってたんだろう。激務だ。

最後に繰り返しになりますが、コメントを寄せてくださった皆さま、本当にありがとうございましたモニター越しの多数の声がこんなに心強くて支えられるなんて思ってもみなかった。ただただ吐き出したいだけだった。今までこういうエントリは読むだけだったけど、これから自分も何か返していければ、と思います

再び猫へ。お前は本当に良い猫だった。幸せだった。ありがとう。お前のちょっと良い話やアホエピソードは、ネットのどこかに書き散らせてもらうし酒の肴にもする。見守ってなくてよいから、ただただ飼い主の心の肥やしになるがよい。ありがとう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん