「創作」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 創作とは

2017-09-24

anond:20170923132630

創作現実主義主張と無縁ではいられないんだなあ。当たり前だけど。

音楽系の話題を扱っていた人が突然二次創作に関して言及し始めた。

恐らくそう言った創作活動経験はない筈だ。最近サブカルが頻繁にメディアで取り上げられネット上でも簡単に見られる為か、こういう中途半端な興味を持ち皮肉る輩が増えてきた。既存キャラクターを動かす難しさ、その中で生まれ他人との軋轢創作の苦しみ。そんなもの列挙する暇もないくらいある。

半分尊敬していた人が、良く知りもしない分野に関して上から目線で物を言う。侮蔑されていると感じた。

ああ、この人との関係も長くないな。まあ、もしかたらこれも見られてるのかも知れないけど。

こんなアイドルプロデュースゲームは嫌だ

(本文中に登場するゲーム架空アーケードゲームアイドルマスターシンデレラガールズ」であり、実在するソーシャルゲーム並びにスマートフォンアプリとは関係ありませんので、ここが間違っているという指摘には応じられません)

今私はあるゲームセンターにいる。久しぶりにこんなところに来たもので、見覚えのある筐体もあるが、多くは初めて見るものだ。

その内の一つである、「アイドルマスターシンデレラガールズ」というゲームに目が止まる。どうやらこのゲーム、私も知っている「アイドルマスター」の後継というかスピンオフというか、まあそのようなゲームで、システムはだいぶ変わっているようだが、とにかくアイドルプロデュースするゲームらしい。

周りの説明を読む限り、本家作品との違い、この「シンデレラガールズ」というゲームの売りは、とにかく沢山のアイドルがいることらしい。なんとだいたい180人くらいいるとか。この数により、どんな人がプレイしても自分好みのアイドル出会えるという訳だ。

なるほどそれはいい。私も、友人に本家が好きな者がいて少しやってみたのだが、好きなキャラクター、というのはいてもどうも「プロデュースする」という気持ちにはなれずあまりハマる事が出来なかったのだ。これならきっとそういう娘に出会うことが出来るだろう。

そう思った私は、早速プレイすることにした。友人からアイドルマスター」は非常に金のかかるゲームだと聞いていたが、私にはこれといって趣味もない。酒は好きだが飲み会は嫌いであまり金は使わないし、たまには娯楽に思う存分金を使ってみるのも良いだろう。

ゲームプレイし始めると、少々目に悪い黄緑色の服を着た女性が話し掛けてきた。どうやら彼女が私のアシスタントをしてくれるということらしい。それにしてもこの声、聞いたことがあると思ったらどうやら有名なあの声優が演じているようだ。アシスタントからしてこれほどの声優が演じているのだから、きっとアイドル声優もそうそうたる人物が演じているのだろう。

少しばかりの説明を受けた後、三人の娘が登場した。とりあえずこの中から一人選んで欲しいとのこと。180人では無いのか...?と思いつつ話を聞いていると、どうやらチュートリアルの延長のようなものらしい。どうせなら最初から全員から選ばせてくれればよいものを、と思うが、まあそれは仕方がない。何かシステム的な障害があるのだろう。とりあえずは笑顔の眩しいピンク色の衣装を着た娘を選んでみる。

それから暫くばかりその娘と共に仕事をこなしたり、Liveバトルという対戦イベントをこなしたりなど、基本の操作をいくつか行った。その過程で何人かのアイドルプロデュース可能になったが、彼女達は自分が選んだわけではない。勿論このようかゲームキャラクターである以上みな可愛いのだが、やはりどうもピンと来ない。ゲーム上では、どうやらチュートリアルが終わったらしい。だが、肝心のプロデュース対象アイドル選択することについては、結局最後まで触れられなかった。

その後少し色々と弄ったり、ネット情報収集したりしたところ、どうやらこのゲームゲーム中には自分アイドルを選ぶという操作は無いようだ。自分の好みのアイドルプロデュース可能にするには基本的にはガチャと呼ばれるランダム要素に頼るしかないらしい。それも、性能の高い状態プロデュースするには特別ガチャを利用しなければならないのだが、そもそもその対象となっているアイドルとなっていないアイドルがいるとか。

色々調べるうちに、私は一人のアイドルに強い興味を持った。彼女は18歳。身体付きは非常にセクシーだが性格はまだ幼く、アイドルを目指したのも母親の影響。アイデンティティの多くを母親依存しているため自分に自信が無いが、ふんわりとした性格ゆえにそれを表に出すことはあまり無い。そんな娘だった。

正直、実際に居たら苦手なタイプだろうと思う。話し方もきつい。だが私は彼女の危うさに非常に魅力を感じたし、自分が支えてあげたいという思いに駆られた。

このゲームの遊び方として、好きなキャラクターだけ選び、ゲーム外で色々と妄想したり、創作したりして楽しむといったことも主流らしい。だが私はせっかくだから、このゲームを楽しみたかった。そこでまずは、先程のガチャを利用してみることにする。

残念ながら彼女現在特別ガチャのほうでは登場していないらしい。そこでまず一般的ガチャを利用することにした。幸いこちらはゲームクレジットを利用するタイプであり、最初の娘と稼いだクレジットで何度も回すことが出来た。かなりの試行回数の後、私のプロデュース担当となる彼女は現れた。

だが、私の前に現れた彼女は喋ってくれなかった。台詞はある。画面上に表示されている。だが、声は流れない。はじめ、私はゲームバグか何かかと思った。だが、アシスタントの声、始めに選んだ娘の声、途中で加入した娘の声は正常に流れている。どうやらバグでは無いようだ。

調べたところ、どうやらこのゲームには、cv実装されている娘とされていない娘がいるらしい。私が今まで出会って来た娘たちはみな、たまたま実装されている娘たちばかりであったために気付かなかったのうだ。

アシスタントcv実装し、肝心のアイドル実装しない。なぜそのようなことになっているのか私には分からなかった。しかし一つ確かなこととして、例えcv実装されていなくとも、選んだ彼女の魅力は薄れていない。実世界では経験した事が無いが、これが一目惚れという奴なのかもしない。

声が無いのは仕方ない。それなら、より彼女の事を知る為に台詞をより聞く、いや見るしか無いだろう。そう思い、私は彼女台詞を集めることにした。これがなかなか大変であり、私がプレイする以前に期間限定で発せられていた台詞を手に入れるにはこのゲームプレイしている他者と交換しなくてはならない。交換と言っても、ゲーム通貨として流通しているアイテムにはお金がかかる。ここに来て友人の言葉を思い出したが、すっかり彼女に惚れ込んでしまった私にとっては最早そんなことはどうでもよかった。

それなりにお金を使い、なんとか彼女の全台詞を集めることに成功した。彼女言動は一々私の心を震わせ、より一層彼女が愛しくなった。

だが台詞を一度全て集めてしまうと、その後は辛い時間だった。台詞ゲーム中で期間限定で開催される「イベント」またはガチャに登場することによって追加されるのだが、それに私の担当が登場するのは非常に長い間隔を必要とした。

更にイベントの中には、「アイドルプロデュース」という、まさにこのゲーム本体とも言えるものがあったのだが、私の担当は一向にそれに登場しない。それどころか、登場することを期待さえ出来ないような状況であった。

では、このゲームのもう一つの遊び方として紹介されていたゲーム活動はどうかといえば、それも辛いものだった。

絵が沢山描かれたり、漫画に登場したり、小説が書かれたりするのはいずれも、cv実装されているアイドルや、そうでなくとも特別な人気があり、登場頻度の高いアイドルばかり。私の担当と来たら、自分以外で彼女担当としている者を見つけるのにも苦労する始末だ。


ゲームプレイし続けているとある日、大きな機能追加があった。アイドル達が画面中で踊るようになるというのだ。友人の言うには、本家の魅力の一つは3Dで踊るアイドル達であったらしい。

これまで一度も、実際の画面上で動くことの無かった私の担当アイドルが、ついに踊る。言葉に出来ない嬉しさが身体を駆け抜けた。3Dモデル実装順次行われるということで、その順番は案の定といったものだったが、それすらも気にならなかった。

だが、すぐにその喜びは失われた。

確かに実装された3Dモデルは素晴らしく、私は画面上で踊る彼女に涙した。だが、アイドル生命線の一つである衣装。それが私を苛んだ。一部のアイドルには次々と衣装実装されていくなか、私の担当アイドルには一向に追加される気配が無い。また、この大型機能追加以降急激に増えたプレイヤーの多くはそんな多くの衣装を持つアイドル達を気にいることが多く、ゲーム外での扱いの格差もどんどん広がっていった。

また、そもそもcv問題もより大きくなった。私の担当アイドルがどんな曲を踊ろうとも、その曲を彼女が歌うことはなく、聴こえてくるのは他人歌声だ。そのうち、私は彼女に踊らせることすら苦痛になっていた。

機能追加以降のプレイヤー人口の増加でかなり儲ける事が出来たのか、ゲームはどんどん発展していった。有名なタレントを用いたCMを見かけるようにもなった。アイドル達による新たなCDシリーズも発表された。だが、どんなに儲かっても私の担当しているアイドルに声が付くことは無かった。

それでも、私にはこのゲームを止めることは出来ない。完全に彼女に惚れ込んでしまった私には。

ゲームセンターに行き、彼女の登場しないイベントの予告を確認し、彼女の登場しないガチャ更新確認し、彼女の登場しないCD試聴ページが出来た事を知る。自衛のため、CD試聴は聞かない。そしてゲームを終了させる。

筐体の周辺には、このゲーム制作会社広告が並んでいる。

どうやら今度、新たな「アイドルマスター」が制作されるらしい。そこに登場するアイドルには、cv実装されているそうだ。

こんなゲーム出会わなければよかった。

そう思いながら、私は静かにゲームセンターを後にした。

2017-09-23

ぱぷりこ 妖怪妖怪女 本 note 正体 2ch

創作実話アカウントなかでもぱぷりこほんま嫌い。人の悪口しか受け狙えないの人間として最低。」

若い頃でさえダメ男しかつきあえなかったブス喪婆のくせに説教魔でキラキラ垢やナンパ師垢とやたら絡みたがるぱぷりこの文体オタク丸出しで凄くキモいわお前自身が痛すぎることに気付け」

「りちゃこにコケにされてる自称バリキャリ()のぱぷりこも痛いよブスでキモオタ女だからゴミみたいな男としか交際できなかっただけなのに被害者ぶって過去彼達の酷さをブログに書き殴ってるけど、結局は破れ鍋綴じ蓋でしょブログ文章からしてオタ女丸出しで超キモいw 」

美女スペックも中身も良い男の中から選べるぱぷりこのようなオタクのブスは喪女人生か、他の女なら避けるようなブログに書かれているモラハラクズ男としか交際できない 」

クズな男にしか相手にされたことがない底辺のぱぷりこが恋愛結婚を語っても、並以上の容姿で男を見る目もある女子は「そもそもそんなクズ男選ばないしw」と感じるので会話が噛み合わないよ 」

「まともな人格ハイスペには相手にされてないくせに上から目線のぱぷりこも頭悪いって話でしょタラレバ娘読んでショック受けてるような非モテで未婚の婆が結婚語るなよ 」

「ぱぷりこってタラレバ娘のキャラ以下の勘違いBBAだね大体、離婚見据えて好きな女に結婚申し込むハイスペ男はいないだろ稼いでいることしか取り柄ないモテないBBAが小姑目線モテ女の粗探ししてるだけ 」

「ぱぷりこは此処よりこじらせ女子スレ向けかなーブログのノリがオタク臭いのは分かるはてブで書いてる人って何故か総文字数をドヤる不思議

キラキラではないかもしれないけどト○アンナ、ぱ○りこなどの恋愛指南垢が苦手正直20代上から目線結婚指南って薄っぺらいやたらハイスペ指向避難してるけど所謂ハイスペと結婚してうまくいってる人だっているわけだし 」

「ぱぷりこやトイアンナは本人達学校職場ハイスペに囲まれ環境なのにブスだからマトモなハイスペには相手にされないせいで鬱憤Twitter上で発散させてる印象こいつらもこじらせ女子

「ぱぷりこうざい男に相手にされない女の説法なんて価値無いのに偉そうトイアンナも同じで自分面白いと思ってそうで自意識過剰

「ぱぷりこさん時折流れてくるんだけどみていてきついので吐き出したくなってしまったわ。

オタクのブス喪BBAなのね。じぶんがまともなハイスペに相手されないだけなのに、上から目線で男を分類、女に説教彼女ネットで吐き出したいのかな。ほんと他人の粗探しと貶めるような捏造ばっかり。ルックスも心も彼女が一番妖怪女。」

「「お焚き上げ人生相談」もぱぷりこの創作実話らしいのね…オタクくさい外資バリキャリとあるけど執筆量が半端無いのはどうして?」

「ぱぷりこ、コンサル自称ロジカル男が嫌いというわりには偏見や断定や創作で男女の分類ってまさに自称ロジカル女なんじゃ?どうして自分恋愛相談なんてできると思うのかなあ。早稲田卒のコンサルってとこかな。説教くささは職業?」

大学友達の具体的な話が欠如しているのにもかかわらず恋愛市場精通しているかのよう服装もオタっぽいのよねえ。ど不細工ではない比較的ブス?の社会人でびゅーのイメージ元祖きらきられいことまゆみや東京姉妹トイアンナさんも化粧してちょっとブスとした普通の顔ああい恋愛相談聞きたがったり筆者への幻想はどんな層がどうして需要しているのか疑問だわ」

しかあんな太い脚よく出せるよなぁ、スゴイ性格とか扱われ方がオタサーの姫っぽい自由奔放にしてるっぽいけど旦那にバレたらヤバイみたいな呟きもあったね」

「ただ服装文体思考オタク臭くて恋愛相談してるからどんな人生か興味あるじゃない?はぷりこプライド高くて理屈っぽいか自作自演ぐらい普通にしそう」

「後ぱぷりこ本人が降臨して必死に流れ作ろうとしたように俺も見えたwあんなんブスの非モテオタクに決まってんじゃんw作り話がいてーんだよw」

「ぱぷりこや自称キラキラKY相手にされないか誹謗中傷繰り返す 現実見えてないオタサーの姫なんだろうな」

「ぱぷりこ性格悪そう」

「ぱぷりこの妖怪女よんだ創作実話でも酷すぎない?

どこにいるの?って無理やりひねり出したステレオタイプ

週刊誌エロ親父の女はこうだ~って決め付けや分類みたい」

オカルト系以外「そこそこ成績よくて堅実なキャリア」+「奥手(もてない)でも乙女」ばかりで本人なんじゃ…同じ自尊心の低い人に駄目だしして食い物にしてる?って思った

後はハイスペ狙いのきらきらのこき下ろしで下馬評どおりに嫉妬でなくても何様感だった」

「「ウネウネ筆圧音頭を踊ってしまった」

気色悪い。しか創作なんでしょ?」

「筆圧音頭(笑)パプリコほんと会話がオタクくさい読解ミスなんて口語でいう?」

「ぱぷりこって女子出身なんだ。オタサーの姫丸出しなのも別学出身は大概こじらせてるし納得。

コンプレックス空想しかないのは本人そのもの。」

「「@papupapuriko

大学心理学やったのと信頼できるカウンセラーに会えたのと、友だちいたの大きい。海外ちょっと住んだのもよかった。」

ぱぷりこさん心理学専攻だったんだー。絶対この人職業コンサルよねw

大学生相談ASK創作かな?」

つぶやきだとぱぷりこはIT系コンサル(文系も多いよ)のイメージ

「ぱぷりこ[相談37]推定相思相愛だった後輩と自然消滅して立ち直れない。トラウマを乗り越えたい

相手妖怪とも思いきれず」そんなきもいこと考えるか?ww

常識常識言うやつなんていないし妄想上の人間を叩くための妄想上のわら人形って感じて耐えられなくて書き込みました」

「ぱぷりこ[相談38]自己肯定感が低すぎハイスペ女子ハイスペモラハラ夫と離婚すべきか現状維持判断できない。

「よく分かったね。女の子でこれ言って分かった人、初めてだよ」こんなこというやついるか?それで惚れる女も。ぱぷりこって創作にしても頭おかしいんじゃねえの」

アラサーすっぴん慶応外資系OLって嘘だろトイアンナ

ありえねー」

anond:20170923005921

創作である必要あるの?

スポーツ系なんて最近流行りの運営系も含めて大体そうだと思うんだけど

偉人伝みたいなのじゃあかん

anond:20170923010140

つまんない創作系実話は勘弁してくれ。せめてもっと人物キャラ立ててくれ。彼女うんこ食いたがってるくらいパンチがあっていい。古着屋勤務のオタク美女ウンコ食って頭がおかしくなって籍入れる話で再提出して

2017-09-22

anond:20170922180351

女性男性創作的であることに対して結構ポイント加算するけど、男性女性創作的であることに対して全然ポイント加算しないよ

女性が、自分創作的から男性にも創作能力を求めるのは、「男性から見て良い物件ってわけじゃないのに狭量」になるだけだよ

婚活相手に求めるものを絞ったうえで譲らないということが一番大事

創作能力があるならキモい無職でもOK!ぐらいまで大事な要素ならもう止めはしないけど

個人的には「定職についてて普通に会話ができて生理的OK容姿である」ぐらいに絞り、創作能力はあきらめた方がいいと思う

創作の話は女性友達同士でも盛り上がれるじゃん

結婚する男性に求めるのは生理的OK容姿精神的・経済的負債にならないことでしょ?優先順位大事

彼氏のせいでEDになった

私、彼氏、お互い大学4年生。私は中2の時にいわゆるオタクになって腐女子になった。もともと漫画が大好きだったけど、二次創作という趣味範囲漫画を描いている人が世の中にはこんなにたくさんいるなんて!って初めて同人誌を読んだときは本当に感動した。それ以来ずっと一つのジャンルが好きで、たまに他のジャンルにハマったりしながらも推しカプのことを毎日考えて幸せ暮らしていた。

でも今の彼氏と付き合ってから性欲に目覚めてしまった。一目惚れのような形で彼が私にアプローチし、キスされてセックスしてこんなにも幸せかと思ってしまった。彼氏童貞だったけど私は処女じゃなかった。だから技術云々ではなく、本当に彼のことが好きで彼とするキスセックスが好きだ。もう彼氏のことが好きで好きで仕方ない。でも彼とは大学が違うし、私は文系で向こうは6年制の理系。忙しさが全く違う。連絡頻度も会える頻度も、私的には満足ではなくここ数カ月はもやもやしている状態が続いている。もともと彼氏は性欲がたくさんある方じゃなくて、求めてくることはあるけれどその頻度が私のしたい頻度とマッチしていない。

で、まぁ、そんなでも自分には趣味があるから何も彼氏だけに人生を費やすことはないと思っていた。

ところが本当に悲しいことに、推しカプを見ても以前ほどキュンキュンしたり「この2人のあれやこれやを想像したい!」欲が激減した。商業BLでもそうだ。大好きな作家さんの、あんなに素晴らしい漫画も、何を読んでも以前ほどの輝きがなくなった。まだ半年足らずしか付き合ってない男なんかに、私の今までの趣味は全部だめになってしまった。

いわゆる腐女子EDだ。

無性にイライラするし、モヤモヤする。自分でも手を動かそうとムリにでも創作したことはあったが、以前は飛び上がるほど喜んだ感想をもらっても…もちろん嬉しいがその嬉しさは以前ほどじゃない。

そしてサイアクなことに、宝のように大切にしていた男性向けのようなノリの推しカプ薄い本を読み直したところ、気持ち悪さすら湧き上がった。絵柄もストーリーも、なんなら描いている人の人柄だって大好きだったのに…!!!

人生が一気に暇になって、私にはもう大好きな彼氏しかいないんだという謎の焦燥感胃痛らする

同じような経験をお持ちの腐女子いませんか?今の推しカプには見切りをつけて、新しいジャンル開拓したほうがいいでしょうか…。

追記(9/23)

「控えめに言って〜」の方が面白くて元気が出ました!笑 自分も、自分みたいな女が同じ界隈にいたら嫌だなぁと思う気持ちはわかります。でも今はイベント参加もしてないので界隈に迷惑をかけているわけではないです。そもそもそこまで大手じゃない笑 でもその言葉で凄い救われた、ありがとうございます

彼氏依存は残念ながらしてないです。お互い実家暮らしから生活面で依存とかもないし。いつかまた、素敵な推しカプに出会って楽しく創作したいなぁ。

ホルモン云々の件、たぶん腐女子にしては珍しくセフレが数人いるんですけど(一応モテるんです)彼のことを好きになってから他の男の子に一切性的魅力を感じなくなってしまったんです。これも、性的相性がいいってだけで彼の人柄は関係ないのでしょうか。ちょっとそこを考えながら今後接してみますね。

anond:20170922161306

全てに同意すぎて笑った。

とらのあなの中でも秋葉原男性向けフロア臭いがするよね。もしくはメロンブックス

私も創作したりサブカルに詳しかったり、そういうクリエイティブな人との出会いを期待して行った。

私の周りの女オタクはみんな絵を描いたり本出したり話が上手かったり何かしら面白いモノへのアンテナが鋭い人が多かったから、世間一般オタクに対する認識がズレてたのかもしれない。

ある意味「ただ受動的に消費するってこういうことなのか」って初めて知れてよかった。

女性参加者は私のとき普通だったな。

有名な同人作家さんとかも来てて、「えっ◯◯さんなんですか〜!?知ってます!神〜〜!」とかやって、女同士だけで盛り上がった思い出。

アニメ以外のオタ系趣味を追加で持つか、

創作をしているってのがオタ同士で彼女作るなら強そうな気はする

少なくとも創作してる女は一般創作してる男性には

割と好感度初期値が高いところから始まる人は多いんじゃないかな…

やっぱ同好の士ってのは強いと思うんだけど

どうよ?

オタク婚活捗ってます

https://anond.hatelabo.jp/20170920231138

↑触発されたので、自分場合を書いてみることにしました。

オタ婚活やってました。というか、今もやってます

ただ、言うほど苦労したことはないです。ジャンルのおかげかもしれませんが。俺は、創作オタなので。アニソンバンドボーカルやってるのと、たまに虹で漫画とか小説とか出してます。消費専門の友人らには負けるけど、アニメも大好きです。小説漫画はくっそ読みます。オタ道から外れたことはいっさいしてないと、胸を張って誓える人生

BL適正あるのは大きいかもしれません。うちは三歳上の腐女子の姉貴がいて、英才教育をほどこされたので、大体の話はついていけます。なんなら、俺も時々BL虹で本出すくらいです。一般誌とBL誌でペンネーム使い分けしている作家トークだけで、30分くらいは持ちます。余裕です。逆に、一般女子と何話していいかわからんです。(そもそも一般女子って実在するの?

スペック的には、チビデブハゲオッサンメガネ、上から下までGUコーデのいいところ無しですが、がんばって生きてますダイエットしてます体臭気を付けてます。服も清潔なことだけは確かです。私服なんて土日の外出する時くらいしか着ないもの。で、土日で外出する時=婚活の面会だもの。そりゃあ、清潔だよねっていう。

ありがたいことに、今は毎日婚活楽しいです。LINEやりとりしたり、週末面会したり。何人かと今続いているので、このまま先に進めたらいいよなと思います。先に進めなかったとしても、既に一生分くらい女子と関われてるので、別にいいです。童貞なので、幸せ閾値がくっそ低いです。お手て繋げればそれで満足です。オタク婚活に悲観的なテキストが多かったので、書いてみました。

うまくいってるアピールだけだとアレなので、いくつか。

・オタ以外にパラメータ振り分けなくても、なんとかなる。ソースは俺

容姿がアレだったとしても、センスがなかったとしても、清潔さだけは努力でなんとかなる。汗止め塗れ、歯磨け、フリスク買え、風呂入れ、髪切れ、爪切れ、洗濯しろ。できれば痩せろ。

家族親戚友達に一人でも女がいるなら、全力で頼れ。アドバイスもらえ。百年悩む答えを五分でくれたりするから

BLはいいぞ。

二次創作炎上

二次創作についての炎上最近見かける気がするので具体例を上げつつ当事者や周りの反応とかについて考えてみる

以下は具体例、固有名称はなるべく隠すが分かる人は分かると思う











近年の出来事を中心に集めてみたが、実際に当事者企業トラブルが起きたのがA、D、Eで、起きてないのがB、Cの例

これらの事例の面白い所はDを除いて前者は基本的第三者擁護意見存在していない

そして後者は必ず「事を荒立てるな」「まだトラブルが起きてないのだからいいだろう」「製作者に対する恩を忘れたのか」と言った類の擁護意見が必ず出ている

酷い場合には批判側をアンチに仕立て上げることすらある

で、後者擁護意見が出て来た理由は火を見るよりも明白な話で「ジャンルのものや他のユーザー側に被害が及んでなかったから」である

Dは改変者と改変元とのトラブルで収まっていてジャンルのものには被害が及んでいないから、擁護意見が介在する余地があるのだろう

また、大体どこも製作者側が何かそのジャンルで功績を残していてその功績と問題を切り離して考えられない、と言うのもあると思われ

あと調べていて個人的に思ったのは二次創作関係トラブルユーザーが配布物を使って遊ぶジャンルに圧倒的に多い気がする

ただ、ちゃんと統計取って調べていないから断言はできない

と、まぁここまで書いて思ったけど炎上した時点で十分トラブルな訳だから事を荒立てるも糞もない気がしてきた

二次創作関係炎上が起きたら原因となった人間がさっさと出てきて謝罪なり説明なりして自分達側に火の粉が掛からない事を祈るしかないという妙な結論になるが

たった一人のイカれた製作者次第でそのジャンルの存亡が十分掛かり得ると言う時点で理不尽ここに極まれりと言った感じなのでどうしようもない

2017-09-21

創作記事が書けるあなた

人生に余裕がある人ですね

絶対鬱ではないですよね?

うらやましいです

2017-09-20

anond:20141012111937

自分理解さえできないものを高く評価したり羨ましがったり妬んだりするのがいかにもそこら辺にいる凡庸人間て感じだけど

でもすごいといってる対象描写全然すごそうじゃないからやっぱり創作かなあ。

よくあるよね。

お話の中で超天才キャラを出したくなるんだけど天才って何がどうすごいのか分からいから、他の登場人物に「これはすごい!」とか「天才だ!」とか言わしてお茶を濁してるの。

そんな感じ。

2017-09-19

創作しないという創作活動をしよう

ネットには創作が溢れている。

うそれを受け取る器もなくなりつつある。

創作しないでいよう。

違うことで創作してみよう、とか思ったり。

2017-09-18

https://anond.hatelabo.jp/20170918045855

これのこと?

この人そんなセレブだったのか

以下コピペ

お座敷遊びをしたことがない監督、これから日本創作内の世界はどんどん貧しくなるのではという呟きが流れてきて。そういえばアニメでも「宮殿での華やかな宴(立食式)」で、ピザいかにもなフライドチキンが描かれていて仰天したなあ…もっとこう…自分が見たことなくてもご馳走って描けない?と。

お座敷遊びにしろ豪華な食事しろ、実際に作り手が接したことなくても良いと個人的には思うんですよ。ただ、想像で見る側に楽しみを与えることはできるじゃないですか、それが創作者なんだし。

最近創作者はお座敷遊びをしたことがなく発想が貧困である。例えば豪華な宴の席の場面でピザフライドチキンのような大衆料理が描かれる。もう少し努力したらいいのに」

という内容の呟きを家に外商がお伺いに来て高い化粧品を買ったり平日の朝っぱらから連ドラの実況ができるご身分の方がしてた。

文化資本時間も有り余ってる人に比べてアニメーターがどんだけ貧困か知ってるのかね…

anond:20170918032706

創造なんてものは無いよ

創作なんて詳しくなればなるほどコピペしかないってことが分かる

ピカソだってアフリカ美術コピペだしビートルズだってパクリまくってるしやってることはただの上手な盗作しかない

幻想を有り難がる意味なんてないよ

クリエーターなんてならずにやってて楽しいことやるのがいちばんだと思う

2017-09-17

anond:20070625024626

うん。創作で良かった。

すらすらと読めた。

誰にも感情移入が出来ないので、気楽。

☆気になったこと☆

この彼女おかしいと思います

期待されても、しんどい気持ち。それだけ伝えればいいのに。

増田さんて。

彼女に言われたから」が理由なところ、凄い違和感ある。

増田君がソープに行くというなら別れる」。

それなら、彼女さんの気持ちわかるのだけど。

現実はたいがいの男性風俗に行くのかな(?)世間知らずな意見ならごめんなさい。



エロス(欲)とお金(欲)と復讐(怒り)、の話。

増田さんは、風俗を愛してる人なんだなって思った。

エロスお金プライド>>>>>>>>>>>>女性

こんな印象。

ここが駄目だったよRe:CREATORS

最終話

築城院真鍳ちゃん野放しだけどいいのか国外逃亡したしもうどうでもいいのか

官僚天下りしてハッピーエンドっぽい感じでいいのか

・被造物を安易に元の世界に戻していいのか

・多元宇宙論がどうこう言ってるが多分誰もちゃんと理解してないけど本当に大丈夫なのか

メテオラずっと残るらしいけどこれは世界の歪み的にはセーフな範囲なのか

適当に話でっち上げて終わらせたぜってセリフスタッフ本音漏れてないか

チャンバーフェス

・ソノウソホント奇跡を起こして解決物語的にどうなんだ

・真鍳ちゃん>アルタイル>>その他作中の全て みたいになってないか大丈夫なのかマジで

クリエイター雁首揃えて考えた攻略法アルタイルを倒すためにアルタイル下位互換を用意したましたは流石にショボくね

・セレジアの恋人カロンハゲにかました皮肉を見事にスルーするハゲ創作者としてどうなんだろうかお前の話ワンパすぎんぞって言われてるぞ

・トレパク疑惑のある絵師自分創作キャライチャイチャしてるのを真剣に見守る統率の取れた観客

承認力作中最強クラス 電車

そもそも承認力って何だったんだろうね

アルタイルベース二次創作から何でもありだぞというギミックに追加の説明は無かったですね

承認力で全部説明つくならステマしてバズらせさえすりゃスーパーシンジやU1みたいな感じで他のキャラチートし放題じゃねえか

・だが最強なのはからチートの真鍳ちゃんなのだ

デウスエクスマキナクラスキャラを都合よく使ってはいはい辻褄合わせましたよは本当よくないよ創作者の怠慢だよ盛り上がれないよ

ソレ以前編

・もう疲れたので一言だけ

あじゃらかもくれんきゅうらいすは台詞がダサすぎて何でバズったのか不思議でならない

・というか承認力による設定改変をもっと積極的にやれよそれがこの作品の肝だろ

・どうせ設定の雑さなんて浮き彫りになりすぎてこれ以上どうしようもないんだからもっと派手に動くべきだったんだよ

チャンバーフェスネタを取っておこうとしたんだろうがそれならもう1クールでまとめろよ

・22話って中途半端だな本当に


下駄

いやーとりあえず最終話終わりましたね。

ラストを見るまでは分からないという事で今まで色んな事言うのは我慢してきましたが流石にもう言います

ひどかったね今のアニメ

最終回で大逆転することはなくて、やっぱ駄目だったかとため息がでるような話でした。

とりあえあず個人的評価を100点満点で言えば40点ぐらいの作品でしょう。

そのうち大部分がネットでわいわい語り草にするのが楽しかった事による点数ですので、人に薦める場合の点数は100点満点で10点ぐらいです。

嫌いな奴に時間無駄に使わせようって時か、糞アニメ好きな人アニメ紹介する時ぐらいしか名前を出すことはないでしょう。

放送前の期待値は70点ぐらいだったのでそこからかなり下がってます

自分もまだまだ見る目無いなぁ。

1話の段階で「ん~~~~???これって伸びない可能性のほうが高いのでは~~~????」と思うには思ったのですが、それを放送前に感じ取れないと駄目ですね。

伸びないにしてももう少し低空飛行しそうに予想してたのですが、気づけば地中を潜っていたレベルになったのは予想外。

全体的な造りも荒いし細部の枝葉も荒かったですからねー。

たまーに細かい話を掘り下げようと頑張っていたのは見かけたんですが、世界観の造りが荒いせいかいまいちピンと来ない話ばかりになってた印象です。

そんな中でも作画音楽は頑張ってた事が多いと思います

「落とした?」としか思えない放送スケジュールもちょくちょくありましたけどねー。

内容の割にはリッチな絵作りしようとしてましたからねー。

そこまで頑張らんでいいのにと思って見てました。

あいいやこの辺で話終わりにします。

どこまでもやり続けるとヘボット放送時間なっちゃう。

2017-09-16

オタク妄想するエロはつまらない

オタクからこそ確信を持って言えるが、オタク妄想するエロはつまらない。

その理由もはっきりしている。オタク三次元に対してあまりにも無関心すぎることだ。

例えば、女性器と肛門はすごく近い位置にあるということを知らないで女体を描くオタクは珍しくない。

もちろん、それ自体は必ずしも重要なことではない。

しか問題なのは三次元即ちリアルに縛られていないからといって、二次元世界自由に飛び回れるわけではないということだ。

しろ三次元が狭いために、二次元でもごく狭い範囲しか動くことができていないのが現実なのだ

抽象的な話はともかく、三次元エロというのは本当に奥が深い。

まず情報量が多い。二次元では情報量の少なさがむしろいいわけだが、まだまだその取捨選択ができていない。

まり三次元から切り捨てた情報があまりにも多すぎる。もっと多くを二次元に輸入しなければならない。

そして、多様性がある。多様性なら二次元の方に分がありそうなものだが、なぜか。

それは、三次元ポルノではできることが限られているからだ。

何でもできる二次元とは違って、三次元では何でもはできないからこそ、その中で創意工夫が生じる。

その成果の数々に、オタクはまだまだ目を向けていない。

情報量と同じく、もっと輸入すべきものがあるのだ。

今や、二次元で性に目覚め、二次元エロばかりを消費し、二次元エロ創作している若者は珍しくもないだろう。

しかし、それでは二次元エロ世界は広がらない。

肉体がなければ性は存在しない。エロの本場はやはりまだまだ三次元なのだ

見たこともない生物デザイン出来る人間って消えたよね

昔はスライムとか土下座衛門とか誰も見たことがない生物デザイン出来るモンスターデザイナーがいたけど今はすっかりいなくなったね

現実で見たことがある

創作で見たことがある

現実で見たことがあるものキメラ

創作で見たことがあるものキメラ

現実で見たことがあるもの創作で見たことがあるものキメラ

このどれかしかいねーわ

2017-09-15

anond:20170915173701

創作自体見世物小屋であり、我々はそれをそれぞれの楽しみ方で眺めているだけ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん