「調理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 調理とは

2017-10-17

はてなブックマーク - 映画「肉が焼ける」公式サイト

はい。」

って映画作ってただドームさんの調理風景を録画したものを流すだけで人集まるよ

そのままオフ回しようぜ

2017-10-16

anond:20171016075924

排水から油脂をとるくらいなら、調理前の油を直接使った方が安そう…^^;

[]10月15日

○朝食:なし

○昼食:ケンチキ

○夕食:鶏肉鍋(鶏肉、つみれ、白菜人参ニラ豆腐しめじ)、おじや(ご飯、梅干し、卵)

○間食:スライスチーズ

調子

はややー。

今日デッドライジング2クリアした。

それと、買い物に行ったり、出張の準備をしたりといろいろしていた。

午後2時ぐらいから、妙に調子が悪くなってきて、風邪っぽい感じなので、

鶏肉鍋を頑張って作ってみた、頑張って、というか別に煮ただけなのだけれど。

生姜を山ほど入れたので汗だくだくでいい感じにスッキリできた。

あとは早く寝ようと思います

そうえば、ゲーム日記アンケートで選んでもらったゲームは、なんかすごいモチベーション高くプレイできました。

デッドラ2を選んでくれた増田さんありがとうございます

このシステムは今後も使っていこうと思います

ただ、今週の木曜日から、来週の金曜日までは出張で自宅にいないので、アンケートはお休みします。

地元に戻って来るぐらいのタイミングでまたやろうと思います

360

デッドライジング2

オーバータイムクリアして、自分の中では一通り遊び終えた。

レベッカの死や、サリバンが裏で製薬会社と通じていたり、

TK一騎打ち決闘をしたりと、いろいろあった。

うーん、正直ちょっとシナリオ的には、あまり滾りが足りなかったかなあ。

サリバンたち製薬会社が奥さんを失うことになったラスベガス事件にも関与していたときとか、

TKを倒して家に帰ろうというところとか、

要所要所滾りそうなポイントはあったのだけど、いまひとつ乗り切れなかった。

ただ、シナリオでない部分だと、やっぱりこの広いマップがいつのまにか自分のよく見知って見慣れた街に思えてくる感覚はとてもとても楽しかった。

「同じところを何度も行き来するゲーム」って一見すると悪口のように見えるんだけど、

これをきちんとゲームとして楽しいもの調理していて、とても好みの味だった。

まだシリーズ作品をたくさん積んでいるので、これらも遊んでいこうと思う。

ストーリーにはちょっと否定的に寄った感想になってしまいましたが、肯定的に捉えてる自分もいて、

その方向から感想anond:20171015164645 で書いて見ました。

この世から料理なんてなくなればいいのに

息子ができてから、妻の機嫌が悪くなることが増えた。

あれほど穏やかだった妻ですらこうなるのだから子育てとはかように過酷ものなのかと実感する。

日常の様々なシーンの中で、特に私が気を使ってしまうのは食事の時だ。

家事育児に追われ、時には子供の泣き声をBGMにしながら、それでもなるべくきちんとしたものを貴重な30分や1時間を費やして用意してくれる。

それは本当にありがたいと思っているのだが、私は食べるのが比較的早いほうで、作るのにかかった時間の何分の一の時間食事を終えてしまう。

できるだけ感謝気持ちは表すようにしているつもりだが、それでも体調が万全でなかったり子供の世話がいつもよりかかった日などは、

こいつ私が大変な思いをして毎日作っているのを当たり前のような顔して平らげやがって、と思われていないか不安になる。

でも私としては、それを妻に強要しているつもりは一切ない。

いくらでも手抜きをしてもらっていいし、何なら毎日手料理でなくとも構わないとも思っている。

そもそも食事とは単なるエネルギー補給手段であって、呼吸や排泄と同じように、生きるために必要不可欠だから仕方なくやっていることではないのか。

動物だって、肉食なら狩りのために動く必要があるが、獲物が手に入れば後は肉を食らうだけだし、草食動物はそこら辺に生えている草をのんびり食べて生きている。

なぜ人間けが、わざわざ余計な時間と労力をかけて調理などというまどろっこしいことをして、そのために心の余裕を失わなければならないのだろうか。

そのことが私はいつも不思議でならない。

からしばらく前に、カプセルを飲むだけで栄養源が取れて食事をしなくて済むソイレントという画期的商品が出てきた時は本当に心が踊った。

そういうものがあれば、私たち食事を作る手間と片付ける手間が省ける上に、消化に無駄エネルギーを割かなくても済むようになる。

それが人類スタンダードとして市民権を得ていけば、日々料理に拘束されている膨大な時間を開放することができ、まさに革命的な出来事になるだろう。

まだ商品としては不完全なようだが、今後の開発が進んで実用的なものになってくれることを待ち望んでいる。

そうなれば、料理なんてものは好き好んでやりたい人間けがやるような高尚な趣味に置き換わっていくはずだ。

レシピを考え、必要食材吟味して調達し、それを加工するための器具を揃え、熱や電気を使い、時間をかけて調理し、きれい盛り付けテーブルに並べ、食べ終わったら後片付けをする。

しかも、この一連の膨大な作業は、料理スキル一定以上なければまずいものが出来上がるだけで全て無駄になってしまう。

冷静に考えて、日々生活の上で必ずしなければならないこととして、料理はあまりにも過剰な負担と言うべきなのではないだろうか?

最近はクラシルなどという新しい動画レシピサービス広告を見るが、あんなに楽しそうに料理ができる美人主婦なんて空想上の生き物、完全にファンタジーだと私は思う。

なのにどうして私たち料理から離れることができないのかと言うと、それが社会通念上健全日常生活の一風景として規定されているからに過ぎない。

しかし、時代が変われば暮らしも変わる。

今は昔のように、男が稼いで女は家のことを黙々とこなすという生活様式ではなくなった。

から私たちの考え方もそれに合わせて変えていく必要があるのだと思う。

例えば料理スキーと同じように考えてみればいい。

わざわざ寒い冬を選び、高速を飛ばして都会から離れた山まで行き、年に数回しか活躍の場がない用品の手入れをして、お金を払ってリフトに乗り、怪我や最悪遭難、転落死などのリスクを抱えながら、わずか数分の滑走を楽しむ。

興味のない私からすると、準備の困難さから時間の経過まで、まるで料理みたいなもんじゃいかと思ってしまう。

そういうことを、私たち日常生活の中に組み込んでおく必要性がどこにあるのだろう。

人間が生きるために必要なのはエネルギーであって、料理のものではない。

美味しいものが食べなくなったらレストランに行ってお金を払えばいい。

そういう考え方が広まれば、生活がずっと楽になると思っているのは私だけだろうか?

2017-10-13

え、売ってないの!?

最近YouTube海外料理動画を見ることが多い。

そこでよく見かける、オーブンとコンロが一体になった、ステンレスの質感がイカスデザイン調理器。

あちらのご家庭では一人暮らしの小さな賃貸なんかでもわりかし標準的に備えている雰囲気なので、そんなに高くないのだろうと導入を検討

しようとしてみたものの。

まず名前がわからない。英語で「built-in oven」などで検索し、どうやらfreestanding cookerと言うらしいことが判明。(ついでに、1000ドルくらいのユニットだと判明)。

こりゃ違うだろうなあと思いながらも一応カタカナで「フリースタンディングクッカー」と検索してみると、直訳っぽいマイナーサイトが多少引っかかるだけ。

仕方がないので別の言葉検索し、色々試行錯誤した結果、日本では「フリースタンディングガスレンジ」という名前で知られていたことを知った。

そう、知られてい「た」のだ。

今はもう売ってないから。

 

日本では年間にガスコンロを原因とする事故が約5,000件と他国より多く、その対策に”導入された温度センサー規制のために、海外メーカーフリースタンディングガスレンジは日本で売れなくなってしまったのだそうだ。(http://www.well-reform.com/reform-blog/staff/6273/

そして当然の如く、日本製フリースタンディングガスレンジも存在しない。

まりどうやら、今では海外製のfreestanding cookerをウン十万かけて輸入しないと日本では手に入れることができないらしい。

”《約5,000件》と他国より《多く》”ねえ……

日本衰退の原因がなんか色々わかりつつある昨今であるよ。

2017-10-11

anond:20171011080608

レンジ「チン」の由来は、たぶん日本最初期に電子レンジを発売した松下電器(現パナソニック)の製品「エレック」だな。

うちのばーちゃんの実家が、けっこう裕福な家だったんで、そのエレックを真っ先に導入した。小学生だったオレも実際に稼働するところを何度か見せてもらった。

ダイヤル式のタイマー調理が終わると「チン!」と綺麗な音が鳴った。ヤキイモがほんの3分ほどで出来るのに感動した。

anond:20171011183735

じゃあお前をどう調理するのか考えよう

ミンチにするのがいいか

2017-10-09

anond:20171009013919

しろ子育てに関しては、共産的に近づけたほうがいい。

保育所公園と住居を全部一か所に集めた、未就学児用の共同マンションか専用住宅地で、家事などを分業しながら子育てをする。

出張掃除仕事洗濯宅配調理製菓ベビーシッターなど、基本的にその地域から離れずに、家事を分業する仕事を短時間ずつ行う。

仕事の時だけ保育所に預け、あとの時間は家や公園施設子供と一緒に過ごす。

空いた時間家事育児家計に関する学習も行える。

サービス原則無料だが、仕事原則無給。仕事をしないならば料金が発生する。

赤ん坊とき仕事はなしか、一緒にいれる簡単ものになる。

仕事は、未就学児がいなくなって出ていく時に備えて、数カ月ごとに移動していく。

出ていくときは、料理洗濯掃除育児に関して基礎的なことはできるようになっていてもらう仕組み。

育児や子作りのために住居の防音はしっかりと。

まあ今の人間自由謳歌しすぎて無理だな。

不味いカレーを美味しいという美男美女がいた

最近、あるカレー屋に行った。

ルーは苦くて味が薄くて辛いだけの水みたいな味だった。

旨味とかコクとか、そういうものが全くと言っていいほどない。

その隣で美男美女が美味しいと言いながら食べている。

自分がビーフカレーを選んだことが間違いだったのだろうか。

しかし、他を頼んでも同じ人間調理しているなら味は大きくは変わらないだろう。

食べ進めるが、やはり辛いだけの水だ。

美男美女自分容姿比較する。

同じ種族とは思えない。

顔が小さい、肌が奇麗だ。

背が高い。

話を聞く限りカップルではない。仕事帰りの同僚みたいだ。

次第に自分は顔だけではなくて、味覚もおかしいのではないかと思い始めた。

結局、勿体無いので殆ど食べて帰った。

容姿が良いと何でも肯定できるようになるのだろうか。

自分が惨めになってくる。

2017-10-08

いきなりステーキで納得いっていない話

突然だが、私はいきなりステーキが好きだ。

ランチやディナーの選択肢として真っ先に候補が上がり、

今いる地点から一番近いいきなりステーキに入る。大抵の店舗位置は把握している。

少食なので300gのワイルドステーキを頼む。

最初レア気味の肉を何もつけずに肉本来の味に、それを引き立てる塩・コショウとのバランスを楽しむ。

一口噛むとその弾力と肉の旨味に思わずため息がでる。

フェーズ2はステーキソースをつける。程よく鉄板で温められた肉がまた別の顔を見せる。

フェーズ3及びラストフェーズは少し多めの塩・コショウを用いて心地よい刺激と残った甘みのある脂身を味わう。

このように食べ方にもこだわり、そしてプライドを持っていつもいきなりステーキを食べているのだ。

今日も近くのいきなりステーキに入った。

18時台ともあってあまり混んでおらずコンディションも良い。

いつものように300gのワイルドステーキを頼む。

待っている間も当然シミュレーションを行う。

そして到着したステーキ驚愕した。

塩・コショウが明らかに「かかりすぎている」のである

まずはそれを嗅覚で感じる。

ツンとつくコショウに顔をしかめる。

「なるほど、この店ではこの量が標準なのか」

と思いながらステーキを改めて見る。

すると新雪のごとくコショウが層になっているのだ。

これはもはやステーキという料理ではない。

ただ、味も見ずにクレームを出すのもおかしいと思い、恐る恐る口にする。

初めて海水を飲んだ時を思い出させるような味だ。

これはもう食べれない。そう思って、店員さんに

すみません、これって標準的な塩・コショウの量でしょうか?少し濃いような気がして。。。」

と訪ねた。

少し間をおいて「はい、標準です。」と答える。

その表情から確信を得た。調理ミスだと。

「標準なのですね、ではこのまま食べます。」

と、納得は行かなかったが、このまま食べることに。

すると、

「あの、、、お口に合わないようでしたら取り替えましょうか。。。?」

店員は言った。

「いやいや、お口に合わないとかじゃなくて、明らかにコショウかけすぎているものを出してますよね?」

「いえ、標準なんです。。」

「標準ならいいですよ、このまま食べますから。」

「いえ、お取り替えさせていただきます、、、」

いやいやいや、じゃあ調理ミスを認めろや!

そもそも標準じゃないですよね?食べて見てください。」

「いえ、店内では食べれなくて、、」

「これ標準じゃないですよね?これ標準だとしたら人の腎臓リソースなんだと思ってるんですか!?

「標準なんですが、お口に合わないようなのでお取り替えさせていただきます、、、」

「、、、じゃあお願いします」

というやりとりがあり、結局取り替えてもらった。

その後出てきたステーキの塩・コショウの薄さにまたイラっとしたが、

薄いぶんにはカスタマイズできるので何も問題ない。

しかし、持ってきた店員も一様に

「標準の塩加減なんですよ」

という。

なんなのか。

もしよ、もし仮にすぐに調理ミスだと認めてくれるなら、

すみません、これって標準の塩加減ですか?」

「あ、、すみませんこれはかけすぎですね、、すぐにお作り直します」

はい〜」

で終わるからね!

それを無駄に、問答させるかね。

そもそも明らかに塩加減を間違えているものを客に出すんじゃないよ、

っていう話もあるけど、ミスは仕方ない。誰にでもある。

ただ、それを認めず、

こちら側を「いきなりステーキの味にフィットしてない客」みたいに

やれやれ仕方ねぇな変えてやるか」じゃないんだよ!

というわけで、未だに納得いかずに悶々として記事を書いた次第である

2017-10-06

人の目を気にして生きている

私はとある病院調理仕事についています。朝昼晩の3食、患者様に提供するお仕事です。この職種を選んだ事、かなり朝の早い仕事になった事、特に不満はありません。まだ社会人ひよっこという事もあり、まだまだこれからだと前向きに考えています

けれど一つだけ。たった一つだけ、生きる事さえ辛いと思う事があります他人の目です。評価という言葉の方が分かりやすいのかもしれません。

職場には歴のある古株の調理師さんがいらっしゃいます。その方はとても技術知識も優れ、臨機応変対応して下さるのですが、何故か私への態度がとても冷たいのです。確かに不器用で慣れるのにも時間の掛かる石頭な性格なので、一重にその方が悪いという訳ではありません。寧ろ原因はこちらだと重々承知しています

ですが、何か小さなミスをした度に大声で名前を呼びつけ、間違いでなくとも問い詰め、去り際に耳元で「使えない奴」「ほんと何も出来ないね」と言われる事が一年以上続いたら流石にメンタルも異常をきたすのではと、数ヶ月前まで鬱に近い状態まで追い詰められていた自分を思い返しました。

つの間にか、その人の目を気にするようになりました。指摘されないように、完璧にこなすように。そんな事ばかり考え、また呼びつけられると血の気が引くような思いで出向いて。気付けばほかの職場の方の目も気にしてしまっていました。

怖い、死にたい、消えたい。これが職場毎日の様に思うことです。何もなくとも勝手自分を追い詰めて、勝手に落ち込んでいる自覚はあります。ですが、息苦しさや言葉が出にくくなってしまうのはもうどうしようもないのかと思うようになりました。

からいじられキャラとして生きるしか無かった身の上で、肩身の狭い思い、他人から評価悪口陰口の被害妄想などなど、それらが今になってさらに根強くなってしまいました。生きるだけで精一杯だなと、今これを書きながら思います

しかしたらもうとっくに精神が危ないのかもしれません。けれど、友人と話したり遊んだり、自分から出掛けようとする前向きさはまだまだ変わらず残っているので、大丈夫なのかなとも。ですが、どこへ行っても誰と話しても目を気にして恐ろしく思ってしまうのはもう諦めています

人の目、人から評価は変わらず恐ろしく、職場では言葉に出来ないほど、何かが積もっている気がしています。けれど、まだ笑えるなら生きているのも頑張れるかなとも思います

長く、後ろ向きな吐き出しですみません。誰かに聞いてほしいでなく、また一歩踏み出したかったので、筆を取りました。

少しずつ、私自身にも変化があればと願います

2017-10-05

Re:「まずい」食べ物って世の中にそんなにある? そんなにない

世の中、「自分は好きじゃない」という意味で「まずい」っていう奴らは昔っからいる。

そういうのは、周囲から鬱陶しがられていることに気がつかない鈍感な連中なんで、どうこう言うだけムダ。

お里が知れるよ。

それはそれとして、現実に、まずい食べ物に遭遇する確率は減ってきている。

まずひとつ工場マニュアルに沿った調理場で作られた食べ物は、まずかったら売れないから、必ず一定数の人々には「うまい」と思ってもらえるレベル、少なくとも「まずい」という評価はされないレベル製品に仕上げている。だから、そういうのは、よっぽど変な食い方しない限りは、「おいしくない」カテゴリーには入っても、「まずい」ところまではいかない。


そうなると「まずい」カテゴリーに入るのは個人経営飲食店で出されるものか家庭調理になってくるわけだ。前者は長い目で見ると淘汰されるから出会確率は低い。

で、後者の家庭調理だけれど、むかしは特に、まずいものが出てくる場面が必ずあった。

というのは、「それを食わなきゃ生きていけない」レベルになったら、味は二の次で食べなきゃならんから

農家なんかだったら、出荷できないハネモノとかね。よっぽど余裕があったら食わんかもしれないけど、そうでもなきゃ、工夫してでも食う。

たとえば、保存状態の悪いサツマイモとか、ふつうに「まずい」レベルだけど、生きるためには食うよ。

いまはそうじゃないけど、昔の農家絶対新米は食べなかったもんだ。昔はいまみたいに低温倉庫とかないから、古米で虫が食ったりしたら、はっきりとまずい。けど、そういうのばっかり食う。

町で生活してても、「安いから」という理由でまずいもの流通する余地があった。だから貧乏人はまずい飯を食ってた。

けど、いまはそういう本質的に「まずいもの」の量が減ってきているし、特に都会では、そういうものがまず流通しなくなった。

から、まずいものは、よっぽど料理が下手じゃなければ発生しない。


ま、ウチの台所では日常的に発生してるけどな。

2017-10-01

専業主婦家事の分担

はてブでもよく、夫の家事についてあれやこれや意見が出てますが、だいたい共働きの話ですよね?

労働時間収入に大きな差がなければ、家事は50:50でいいと思うんですが。

うちは専業主婦子供二人ですが、土日の昼ご飯、晩ご飯調理(皿洗いは妻)、アイロン、靴磨き、ゴミ出しは夫、風呂洗いは息子がやってます

これは十分なのか?

はてブ議論になってるのは、いつも共働きの話なので、比較基準が欲しい。

2017-09-28

もったいないとは。

職場。ヤラかした人が遠方に飛ばされた。

飛ばされた人の私物冷蔵庫にちまちま残ってた。その中にパスタ(開封済み3束ぶん)があった。

捨てていいか?って社長が聞いた。

概ね頷いてた。僕だっていつ開封したかわからんような食いさしさっさと捨てるべきだとおもう。

でも料理好きな30中盤事務さんが手を挙げた。「それ使います」と。いやな予感がして僕は逃げた。正確には逃げようとした、だ。逃げる前に「増田さん」と呼ばれた。「明日の昼は予定ありますか?」と。

事務さんがパスタを作るのははじめてではない。

似たような場面で冷蔵庫パスタがあったとき、その場にいた社員事務さん手作りパスタが振る舞われた。

パスタレンチンする調理器具わかる?百均で売ってるやつ。

あれって早茹でパスタ対応してないんだね。あのとき初めて知ったわ。

それはそれは悲惨な味だった。ドロドロ。パスタがだよ、ドロドロ。ソースじゃなくてパスタがドロドロ。金曜の終電のあと、駅前に広がってる吐瀉物のようなパスタ。味は薄くてまずい。よく言えば、素材の味が活きている。(パスタとお湯の)

2回目は市販ソースを用意してたのに、必要分量の半分しかなくて無理矢理絡めるもんだからやっぱりパスタの味を感じられる一品だった。

あるときはなぜか張り切って唐揚げを作ってきてたときは髪の毛が入ってた。

そんなことがあって僕は人が作ったものを食えなくなった。

1番腹がたつのは、冷蔵庫放置されたパスタが「もったいないから」と調理を名乗り出るんだが、自分ダイエット中だとかほざいて食わない。絶対に人に食わせる。

昼飯はほぼ食わないのに、ずっとオカキだセンベイだばりばりさせながら仕事をしている。

そんな経緯があるから、今回のパスタは辞退した。事務さんと仲がいいひとから「冷たい」「寂しい」と言われたがならあんたらが食べればいい。フロアがちがう後輩も、苦笑いしながら断っていた。

もったいないから押し付けるのはやめていただきたい、ってだけなんだけどあまりにも腹が立ったのと匿名なのとで長文書いちまった。ごめんなさい。

anond:20170928145824

女の言う事は死んでも信じない男っているからなあ。

女に「とんかつ簡単な訳ないだろバカか」と言われても

「そんな訳がない、とんかつ簡単なのにこいつはそれすら出来ないのか」ってなるやつ。

「俺より女の方が知識があるなんてあり得ない、それを認める事は俺のプライドが許せない」ってなってんの。

こういうのは、例えとんかつ調理過程とそれにどれだけの時間がかかるかを親切丁寧に説明されても絶対に持論を曲げない。

でも同じ事を男に言われるとあっさり認めるのもあるある

2017-09-22

健康食事

色々調べたところ、肉(魚)1:米1(調理後重量)で適度に野菜で彩る、くらいの方針で良いようだ。

総量で言うと最低肉100グラム(毎食)くらいは食わないといけないようだが、このバランスが取れてる限りはよっぽど油っぽい調理をしたりしない限りは仮に一食1000キロカロリー取ろうとすると米肉300gずつ食わないといけないのでカロリーオーバー心配はあまり要らない。

肉の替わりになるもの乳製品や卵の白身などだが、まああまりシンプルな話じゃなくなる(タンパク質の含有比率が違うので単純に重量計算できない)。

野菜は生の重量で色々取り揃えて一日350gという大変アバウトな基準しかなく、三食で割るとトマトタマネギ半玉で100gだからトマトソースを一から作れば十分取れてしまうことになる。まあだから、色で取り揃えて一部生で食ったりバリエーションを増やすのが一番大事

結局量的に足りないのは肉だ。タンパク質

具体的な計算根拠(興味のある人向け。)

バランスの良いエネルギー摂取は、炭水化物5:タンパク質3:脂質2(重量比)とされている。(脂質とタンパク質が逆転してるものもあるが、より「健康っぽい」基準採用する)

また、成長期やトレーニング中でない人は一日体重×0.001(つまり体重g)のタンパク質摂取するのが望ましい。よって体重60kgならば60g。

牛豚鳥魚などの肉には概して20%ほどの良質なタンパク質が含まれいるから、60g摂取するためには一日300g(一食100g)が最低。

これに対して米や麺類は概して乾燥重量で70%ほどの炭水化物が含まれるため、一日150g(うち炭水化物100g)、炊き上げると約300gとなる。

ところで各エネルギー源によって取れるカロリーは、重量(g)に炭4、蛋4、脂9をかけたものであるからタンパク質60gを摂取したい場合には合計で

100*4+60*4+40*9=1000kcal

とちょうど良い数字になる。

あとは摂取したいカロリーにあわせてこの一日300g:300g(一食100g:100g)を適当に倍すれば良い。

その他

タンパク源について言えば、もちろん肉以外もあるのだが、いわゆる良質なタンパク質アミノ酸化100、人体に必要アミノ酸が十分含まれるということ)は肉が一番手っ取り早い。大豆は良質なタンパク質は肉と同じだけ含まれるのだが、大豆イソフラボンの取り過ぎは良くないなどの話もあるようだ。

チーズヨーグルトも同じく良蛋20%だが、脂肪も多く肉のように大量には食えない。

野菜については上にも書いたように基準自体がアバウトなので「色々な野菜を色々な方法で食う」以外に対処法はない。

カロリーに関わらない微量な栄養素はまあ適当に補え。以上。

ルース・ベネディクト菊と刀

本屋で冒頭数ページ読んだら、「『菊と刀』とは、一見繊細で芸術を愛するように見えるのに、ふとした局面に途端に暴力的で強権主義的になる日本人の、二面性の著しさの象徴である」(要約)と書いてあって、もうそれだけで「この人はわかってるなー」と思って買わずに帰ってきたんだけど。

 この、70年前の戦争記録から日本人分析した論文と、ほぼ同じような感想を、現代日本を観察する欧米人の多くも持っていることだろう。日本に生まれ育った俺でさえ、これがまったく不思議しかたない。

 多くの日本人は、俺やこの種の欧米人にとっては当然のように「あわせて備えているもの」と感じられる性質のセットの、どちらかが平気で欠けていたりする。たとえば理系芸術分野に携わる人間の、社会的理想像の幼稚さ……なんて言うと文系はてなサヨクは小躍りしてそうだそうだと言いそうだが、逆に言えば、歴史社会を興味対象にする連中の、創造活動への関心の低さも異常なのである

 ネット大人気の「自炊は高くつく論」なんかもこの例である

「生まれて初めて料理ハンバーグ)をするために調理器具から小麦粉から買ってきたら1まんえん以上した!自炊は高い!」なんて、冗談としても発想が小学生レベル稚拙記事を、いつもは『吾輩は知的である』なんて顔をしてる連中が「そうだ自炊は高いんだ」と拡散したりする。

 まず、こんな記事を書けるような年になるまで、本当に一回も料理をしたことがない人間なんて、その時点でただの教育の失敗とは思わないのだろうか。

 良い年して現代史もまともに知らず、ネットで感化されて修正史観にハマってしまネトウヨと、低レベルさにおいて何が違うんだそれは。

 欧米の「リベラル」はこんな中庸に欠ける連中ではない。少なくとも、主流の「スタイル」はこれほど低レベルではない。

 人権意識を持ち、環境配慮をし、知的好奇心に溢れるインテリからこそ、「自分でやる」ことへの情熱を失わない。下手でもDIY自炊への憧憬を見せる。

 一方で、アーティスト職人肌のギークたちが、社会環境配慮したものづくり意識し、積極的メッセージを発信することも、ごく当然のように行われる。ギーク系のニュースサイトブログでも、人道/環境配慮科学技術政策のあり方(政治議論)に、正面から切り込んでいく。

 これらは日本ではほとんどみられないものだが、本当にその理想を追求したのなら、人を知ることはものを知ることであり、ものを知ることは人を知ることであるといずれ繋がるのは、このように論理的には必定に思える。欧米では「当然あわせて備えているべきもの」と(少なくとも至上の理想レベルでは)見なされているこの両輪に、何故日本ではこんな断絶があり続けるのだろう?

 『菊と刀』の奇妙な同居は、結局のところ、ものごとを薄っぺらな表層レベルしか装えない、日本人精神性の貧しさの現れでしかないのではないだろうか。

anond:20170922102959

今住んでるところは新しい二口コンロが付いているが調理スペースがない。

流しのすぐ横がコンロ。

仕方がないから流しにまな板渡しを付けているが、

流しが狭いので調理しながらの洗い物ができずストレスが溜まってしょうがない。

頻繁に料理するつもりはなかったがキッチン廻りがだめだと炒め物すら面倒になってくる。

俺も今後気をつけたい。

みんなそんなに料理しないの?それとも、一口でもいいの?

都内一人暮らし引っ越し先を探してるんだけど、

どこもかしこキッチン料理するための空間として考えられていない。

 

一口コンロはもちろん、調理スペース(というか包丁置き場すら…)はないし

キッチン冷蔵庫置き場がなかったり、キッチン洗濯機置き場があったり……

私の予算が安いのもあるんだろうけど、

ちょっと予算を上げても二口はそうそうない。

綺麗な玄関オートロック、1K、部屋も綺麗…お、これは…と思っても、一口…。

私は普通の炒め物とか煮物を毎朝つくるくらいで、

すごく凝ったものをつくるわけではないけれど、

料理するとき、一つじゃやっぱりちょっと不便だよね。

と私は思うんだけど、みんな違うのかな…。

 

2017-09-18

そろそろ包丁を買いたいかもしれない

一人暮らしを始めて一年半ぐらいになるのだが、

そろそろ包丁を買ってみてもいいのではと思っている。


今までも簡単料理は作っていたが、

使っていたのは親から渡されたステンレス製フルーツナイフで、

フルーツナイフだと千切りができないなど切るのに時間がかかるなどの不自由はしたものの、

そこまで買おうというモチベーションも湧かず、結局この初期装備めいたフルーツナイフをずっと使い続けていた。

フルーツナイフでできないことに直面している訳ではない。

ただ、なんとなく買ってみようかと、

他の調理器具は買い替えているのだから包丁も買ってみようかと、

買うことによってこの生活に変化が出てくるものだろうかと、

そんな適当なことをちょっと思っただけだ。

https://anond.hatelabo.jp/20170918140915

調理器具も一緒にしちゃ駄目なんだよなぁ……

から下手すると肉の入っていない料理でも食べられない事態になる。その野菜パスタ料理した器具で以前豚肉料理してないとは限らないからね。

ムスリム向けメニューコスト価格転嫁したら差別扱いになるのか

醤油アルコール分がハラールにひっかかるって記事を見てちょっと気になってググってみたんだけど、ホントかいのなハラールって

特に関係はやっぱ厳しい

豚肉料理を一度でも乗っけた皿は洗ってもダメなんだそうだ

まあ宗教的忌避感だから洗ってもダメという事自体は分かる

ただそうなると店からするとムスリムの客専用の皿を別に用意しなくてはいけないことになる

豚を使った料理を乗っけた皿と洗うのもダメから食洗機別に用意するか、皿洗いスペースを余分に取るかしないといけない

もちろんメニューも専用品を作らないといけないので当然ながら一皿当りのコストは増大する

ではこのコストムスリム向けメニュー価格転嫁しても問題ないのだろうか?

例えば揚げ物メインのランチメニュー一般客用が1000円、ムスリム向けメニューが1500円だった場合ムスリムに対する差別批判される可能性はあるのだろうか?

この店はムスリム向けメニューを作るに当たって調理器具食器類を新調し、割高だがハラールに引っかからない食材仕入れバイトも含めた従業員への教育コストかけていると想定する

その場合価格ムスリム向けメニューを作る為にかかったコスト転嫁するのは不当な行為なのだろうか?

この店とは別の飲食店店頭に「申し訳ありませんが、当店ではムスリムの方向けのメニューをご提供できません」と書いてあったとする

これだけ見ると差別的意図があるように取る人はいるだろう

しかしその店は元々客数が多く回転も早くまた調理場も狭い為に、人員的にも調理スペース的にもムスリムメニュー提供することが困難だった

だが人気店である為にガイドブックなどを見てやってきた外国人観光客も多く訪れ、その中にはムスリム一定存在トラブルになる事が頻発した

その為、ムスリム用のメニュー提供できないという旨を店頭提示した

これはトラブル防止の意味合いもあるし、なにより間違って入ったムスリムの客ががっかりして帰る事を防ぐ為でもある

これは差別にあたるのだろうか?

こういう問題個別店舗事業者個別対応解決すべき事といえるのかちょっと疑問に思えてきた


追記:タイトル長過ぎて「差別扱いになるのか?」が「差別扱いになる」になってた。全然印象違うやん!

ニュースになっている大磯町学校給食原価計算

大磯町学校給食の原価を計算してみる。

給食費は、生徒1人あたり月額4,900円  

生徒及び教職員 870食

中学校給食・調理配送等事業者を募集(募集を締め切りました)/大磯町ホームページ

一度、計算

① 4,900円×870食×12ヶ月=51,156,000円=5,115万6千円

② 4,900円×870食×11ヶ月=46,893,000円=4,689万3千円 8月徴収しない場合  

一日あたりに再計算

年間の給食実施日180日

中学校給食・調理配送等事業者を募集(募集を締め切りました)/大磯町ホームページ  

① 5,115万6千円÷870÷180日=327円

② 4,689万3千円÷870÷180日=299円  

牛乳価格

47.71~47.98円  切りのいいところで、48円

学校給食用牛乳  

牛乳価格を引いた食材

① 327円-48円=279円

② 299円-48円=251円 8月徴収しない場合  

食材仕入れる際には消費税がかかるので、

実際には上記金額から消費税分引かれた金額食材費、すなわち原価となります。  

① 原価258円、消費税21円

② 原価232円、消費税19円 8月徴収しない場合  

給食における、一般的な原価率

一般的な、飲食関係の原価率は30%と言われています

仮に30%で計算すると

① 860円相当

② 770円相当 8月徴収しない場合  

仮に40%で計算すると

① 645円相当

② 580円相当 8月徴収しない場合  

飲食で2年ほど働いたことがあるので、

この原価であの給食は、ぼったくりです。  

食材の購入明細は精査した方がいいでしょうね。

《 注 記 》

給食費食材費のみに使用しているようです。

中学校給食Q&A - 大磯町

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん