「こち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: こちとは

2018-10-15

救急車を呼ぶか迷った時の相談窓口

数年前に1回だけかけたことがある。

夜に突然呼吸が苦しくなって胸の辺りが締め付けられるような痛みを感じた。

ひとまず横になってれば大丈夫かと思って寝てみたけど悪化する一方でこのままでは呼吸ができなくなるのでは…?

と思い検索して見つけた救急相談電話番号にかけた。

電話には落ち着いた感じの女性が出て症状を伝えると

救急車を呼んだ方がいいと思いますが、東京都の方にかけてますのでこちからは呼べません。電話を切って神奈川の方に掛けてください」と言われた。

判断してもらったら向こうで掛けてもらえると思ったのでこの時点で少しひるんでしまい、ひとまず電話を切った。

しかし良くならず結局自分で119にかけて救急車に来てもらうことに。

サイレンてお願いしても消してもらえないんだねー。うざったそうにされたの今でも覚えてる。

夜間の救急に運ばれて血液検査とかCTとかとったけど異常なし。呼吸は相変わらず辛かったけど異常がないなら仕方ない。

そのときちょうど隣に自殺未遂したらしき女の子が寝ててそっちに看護師医師もかかりきりで面倒をかけてしまったなという覚えしかない。

朝4時ごろ異常なしで帰っていいですよと言われてタクシーを呼んで帰った。めちゃくちゃ高かった。

後日救急車代(と言うのか?)と夜間外来費用で3万ちょっと請求されて支払った。

なんでもなくて良かったのかもしれないけど呼ばない方が良かったなぁといまだに思う。

多分今度は呼ばないだろう。誰かの手を煩わせるのは本当に嫌だなと思った。

バイトの分際だけど

アパレルの某路面店バイトしてて思うことが増えてきたので書く。拙い文章ではあるが、読んでもらえると嬉しい。




まず特に思うことが、(店員に尋ねさせて接客チャンスをつくりたいのかわからないけど)もっと細やかな案内を書いても客数減少、売上減少には繋がらないと思うということ。


いちばん意味がわからないのは営業時間を張り出さないこと。閉店5分前でも1分前でも集客したいのか知らないけど、それによって生まれるのは

・入ったばっかりなのに閉店時間なのでと追い出されるお客さんのストレス

・閉店なのでお帰りくださいと来たばかりのお客さんに言わないといけないストレス

従業員の帰る時間が遅くなるストレス

しかないと思う。

(そしてこれを言うのは絶対的バイトフロアに出ている下っ端スタッフな訳で…)




ということで、会社側にやってほしいことを大なり小なり書き出してみたらまあまあ多くなってしまった。

営業時間を張り出す(外に必ず。大型店なら各階に。それで客が減るなんてことはないように思う)

・呼び込みは閉店30分前まで(そして店内に戻るとき閉店時間を書いた立て看板入口に置く)

・照明が無いところに商品を展開しない

什器の向きや雰囲気統一(代わり映えしない空間になってしまうかもしれないが、この会社はかなりの商品数があるので、逆に商品以外の部分に統一感を持たせた方がスッキリと見やすくなると思う)

ジャンルごとに商品を置く(アウターインナーボトムス、バッグ・アクセサリーの4つで良い。できればどこがどのジャンルなのか、スーパードラッグストアのように上の方に案内を設置する)

・大型店は同じ商品を各階に散らばらせない(これは単に案内や説明が面倒ってのもあるごめん)

セール内容をさらにわかやすく(期間を書いてほしい)

パクリを作るな(まじで水面下で対応してくれてるパクリ元さんに感謝して。オリジナルでいい商品もあるんだ…自信を持ってくれ…)

トイレを清潔な香りにする(甘いのNGグリーン希望。これ意外と重要じゃないかなと)



かなり小言っぽいところもあるが、照明のことや案内のことなど、本当にかなり重要なんじゃないかと思うところもある。

バイトにはわからない実はそう簡単いかないことや、大人の事情があるのかもしれないけど、こちらは某県の最低賃金で働いてるんだしもう少し働きやすく、流行を取り入れるアパレルらしいかっこよく合理的経営をしていってほしいものだ。

でも上がまあまあ怖くて言えないよなあ…

自分もっと屈強だったら良かったのに…





以上です。読んでくれてありがとう

anond:20181015205524

一般会計税収合計がほぼ50兆円程度で変化ない

こちらの嘘については?

anond:20181015202342

社会人サークルにあちこち顔出しに行け。

あれは半分出会いの場だ。

ただし、今まで色恋で失敗したことないのなら、失敗するのは今だから多少の失敗は覚悟しとけ。相手との相性、自分の失敗含めてフィードバックを忘れるな。

失敗して、でも起き上がって、たまたまうまくいった人と添い遂げるのが人生ってもんだ。

anond:20181015182207

相手の持ち駒に同程度に収束した自分由来の駒と相手由来の駒があった場合に、どちらが打たれたかこちらにはわからない」

これはシステム上の問題であってルール上の問題じゃないから敵味方の駒を色分けするだけで解決するし、完全情報ゲームといっていいと思うけど

anond:20181015173739

見に行かなくもこちらに侵攻してくるじゃん。

キズナアイ然り、ラノベ然り、その他多くの罪なき先行事例然り。

ゴキブリはほっといても何もしない。不快なだけ。

しかフェミ二ストは違う。放っておくと表現を殺し、人を家畜にする

こちらははてなサポート窓口です。

はてな匿名ダイアリー投稿された下記の記事につきまして、

フィッシング詐欺の疑いがあるメッセージ転載されておりました。

誤って被害を受ける方がおられる可能性があること、また、間接的に

サイト宣伝ともなりかねないことを鑑み、当該記事を削除しています

ご了承いただきますようお願いいたします。

anond:20181015164028

一応これがソースです。あとは誰か詳しい医師解説を待ちましょう! この増田ホッテントリ入りしているので、詳しい医師コメントしてくれるかもしれません。

「ちゃお」を読まなくなった日

誰に語る機会もなく、ずっと一生心に残っているであろう出来事を消化するために、この「はてな匿名ダイアリー」を使ってみようと思う。

私は物心ついた頃から「ちゃお」を読んでいた。毎回あの分厚い雑誌地元本屋さんに買いに行くのが楽しみだった。

そんな毎日の楽しみなんてものは、他人の影響でいとも簡単に無くなってしまう事を思い出しながら書いていこうと思う。

小学5年生の私の家庭環境は、少し特殊だった。

母は近くのアパートに別居したばかりで、夕飯を作りに夕方から夜にかけてだけ母がやって来る。

その間父は何しているのだろう、とその頃は思ってもいなかったけど、仕事が早く終わった時は色んなところで時間を潰して待っていたらしい。

父や周りからは、「母はおかしくなった」「精神的な病になった」と聞かされていても信じられなかった。

だって、夜にご飯を作りに来る母はおかしいところが見当たらなかったから。

最初は母が一緒に住まなくなった事に混乱していた日々も、段々と慣れてきた頃、突然の訪問者が現れた。

ある日、母から一通のメールが送られて来る。

「会わせたい人がいるから、今日の夕飯に連れて来るね。」

会わせたい人、その文字を見て、もう小学5年生の私は「もしかして恋人だろうか」と自然に思い浮かぶ

それとも友人だろうか…。

その日発売のちゃおが入った袋を持ちながら、母の言う「会って欲しい人」を思い浮かべながら帰路についた。

家に着いて、地下から見える明かりをちらりと見る。

この頃、中学生の兄は不登校で、地下の部屋にこもりきりだった。

特に会話は無かったけれど、お互い家庭環境不安がある中過ごしている同士だから、何か通じ合うものだけは感じていた。

きっと兄にも、母からメールは届いてるはず。兄はどう思っているのだろう、そう思いながら母が来るのをじっと待っていた。

ガチャガチャ、と玄関が鳴った時、今までで一番くらい心臓が飛び跳ねた。

階段を駆け下りて母と訪問者を迎える。

見た瞬間、予想の1つも当たらなかった訪問者だった。

年齢は20代くらいの女性で、髪は短くボーイッシュなだらしない格好、金髪に近い明るい髪でピアスをいくつか付けている。

母との共通点が何1つ見つからなかったから、どこで会った友達なのか想像もつかなかった。

挨拶もそこそこに怠そうに椅子に座るその人を、ただ凝視するしか無かった。

母も「友人」としか説明しないものから、謎が深まる。

そもそも子供に紹介したいほどの「友人」とは思えなかった。

キッチン鍋料理を用意する母の物音を聴きながら、食卓でその人と2人。この時なんの会話をしたかは、何も覚えていない。

お鍋の用意が出来、兄も部屋から食卓へとやって来た。

そして、母、謎の母の友人、私、兄の食事が始まる。

訪問者にお茶を用意しようとすると、「あ、いい。」と一言で断られる。

そして、持参した2Lペットボトルお茶をおもむろに出し、そのままラッパ飲みし始めた。

軽いカルチャーショックを受けながら固まっていると、母が口を開く。

「いつもこういう人なの。お茶はラッパ飲みで…。」

いつも、ということは頻繁に会っている人なんだ。と引っかかる。

明らかに主導権は、その年下の「友人」のようで、全てを母が許して甘やかしている構図。

その食事最中だけで嫌というほど分かった。

こちない気持ち中食事を終えると、そそくさと自分の部屋へと逃げ込むように入りに行った。

そう、今日発売日の「ちゃお」をまだ読んでいない。早く読みたい一心で部屋へ向かう。

すると、後ろから訪問者が付いてきた。部屋に来ていいよ、とも付いて来ていいよ、とも言っていないのに。

さすがに、初対面の人に「付いてこないで」と言える強い心は持っておらず、付いて来るその人を渋々受け入れた。

部屋について、早速本屋の袋からちゃおを出し、読み始める。

この際、訪問者が居ても関係ない。

その時だった。

「わあ、まだそんなの読んでるんだ。」

予想もしていなかった打撃が自分へと向かって来る。

訪問者がニヤニヤとしながら、悪びれもなく言葉を続ける。

「オレこういう雑誌苦手だったわ〜。」

今だったら、心が強くなった今だったら、「お前の事なんて知らねえよ」とか「うるせえよ」とでも言い返せたはずなのに。

小学5年生の私には、10歳以上年上の大人であるはずの女性に、母の自称「友人」にそんな事を言われる衝撃が強かった。

その時は、「そうですかね」とか何とか、当たり障りのない返事をしたんだと思う。よく覚えていない。

その後、母と訪問者は一緒に帰っていった。2人とも母のアパートへ行くのか、別々に帰るのか分からないけど。

未だに共通点も、2人が一緒にいる意味も分からないまま、帰っていった。

2人が帰った後、無心で雑誌を紐で縛っていた。今まで集めた「ちゃお」を全部捨てるために、縛っていた。

その訪問者に言われたことがショックで、未だに読んでいることの恥ずかしさで捨てているのか。

なにかが自分の中で壊れたのか、理由は分からなかった。

ただただ、体が勝手に動いていた。

その最中メールの着信音が鳴った。母からメールだ。

今日、どうだった?』

どうだった?だって

母はうまくいったとでも思っているのだろうか。

人の家に招かれている態度とは思えなかったし、私の部屋であった事も知らないくせに。

沢山言いたい事を我慢して、ただ一言

『あの人嫌い』

と返事をした。

ああ、母はきっと兄にも同じメールを送っているだろう。心が優しい兄はどんな返事をしたのかな。10年以上経った今もそれを知ることはない。

「ちゃお」を全部縛り終わった頃、母から返事が来た。

『何かあった?別にあの人は恋人とかでもないし、友人だよ。』とか、聞いてもいない事をペラペラと書いている。

恋人であろうと、友人であろうと、どちらであろうと論外な事を何故母は気づかないんだろう。

私は、母からのその弁解メールには返事をしなかった。

後日、母から『この前の人とはもう、会わなくなったよ』と報告メールが来た。

心底どうでもよかった。

------




10年以上前のことを吐き出してスッキリしました。

後に、その訪問者はヒモのオナベ(言い方が古い)で、母が経済的支援してたことが分かりました。

しか自分の金じゃなく父のカードで。

オナベとお鍋を囲んでいたのか!と今は謎の感動を覚えています

しばらくイキッた女性同性愛トラウマになって、偏見がすごかったのですが、今は無くなりました。

精神病になってしまった母に振り回される父、可哀想と思っていましたが、父も父で隠し子を作っていました。ウケ倒すわ。

そんな、誰にも話せない話でした。

男性セラピスト 調査結果(注*サービスを受けに行くのはこれから

男性セラピスト、及び、女性風俗

調べてみた結果を記したい。

あくまで【調べただけ】であって、サービスを受けたわけでは無い。

口コミを読むのであれば、他をあたってほしい。

■種類

男性セラピスト風俗ではない、らしい)

 ・アロママッサージパンツ一枚でオイルを使ったマッサージを受ける。

 ・添い寝サービス時間単位イケメン添い寝。話し相手など。

出張ホスト(種類によっては風俗

 ・レンタル彼氏デート相手になってくれる(性的サービスなし)

 ・レンタルホスト性的サービスあり(本番なし)

3性感マッサージ風俗

 ・男性セラピスト性的サービスがメイン*レンタルホストは顔、こちらは技術を売りにしてる?(詳細不明

          「ボランティア」という名目無料で行う人もいる

処女卒業サポート風俗:本番あり)

 ・ボランティア無償ホテル代のみなど)でやってるところも多い

 ・基本的に、どこも胡散臭い。。

 ・マッサージカウンセリングカフェでのお茶の後、リラックスしてから挑む、とかなんとか。

レズ風俗

 ・レズ女性のための風俗

 ・ビアンじゃなくてもいいらしい。(私はストレート

体験したサービス

・アロママッサージ

 これは、過去二回受けた。一人目は昔からの知り合いセラピストによる施術

 施術する場所以外はタオルで隠すのだが、逆に知人に自分の肌を見せる方が恥ずかしく、肩から背中のみにした。

 たぶん、上手だったんだと思うけど、恥ずかしくて覚えてない。

 二人目は、ネットで見つけたセラピスト

 ブログ口コミが多数紹介されてあり、評判が良かった。

 「さわやかなお兄さん」のはずが、待ち合わせに現れたのは、部屋着?のような服装セラピスト

 これでプロ?と思いつつ、施術室に案内されたら、フツーのアパートの一室。

 紙ショーツ要求されるまで出されなかったし、大画面のTVをつけっぱなしでの施術

 マッサージも下手くそだし、タオルのかけ方も雑。ブチ切れて途中で帰った。

■教訓

実際に受けたサービス上記のみになるので、信ぴょう性が薄いと思うけど、サイト口コミなどをつぶさに

調べた結果、興味のある女性のために注意すべき点を記したい。

1お店のHPはきちんと作られているか(すべてのサービス対象

ポイント

独自ドメインの有無

更新頻度

デザインセンス

施術に関する説明が詳細かどうか

口コミの有無(外部サイトでも必ず探すこと!)

セラピストプロフィール

写真(嫌いなタイプに触られたくないなら必須。)

動画(話し方などチェック)

プロフィール内容

3注意書きは特に熟読!

・体形、年齢制限の有無

  →普通マッサージなのに、標準体型で24歳以下限定などの表記があって愕然とした。

   下心、見えすぎ…。

・「紙パンツサイズ問題があるので、極端に太った方は事前にお知らせください」という表記も。

 一見、なるほど、と思うけど、紙パンツ、相当伸びるはず!!

 女性セラピストのお店ではまずそんな注釈はない。(客のふるい分けしてる?)

セラピストスケジュール

・公開されていたら、希望日以外の予約状況も確認

・【注】スケジュール非公開で、予約フォーム個人情報名前住所電話すべて必須)を記入して

問い合わせなければならない店があった。それで時間が合わず諦めたけど、私の個人情報は?となった。

捨てアド、偽名が必須!!)

店舗がきちんと存在するか

・店で受けるのはちょっと…という人もいるかもしれないが、店舗(=お金がかかってる)分

 信頼性が増す。ただし、ちゃんと「お店」であること。施術室=個人宅の場合は注意。

セラピスト複数の方がいい

・一人でやってるところは、予約が取りづらい。

偏見かも知れないけど、競争がある(=複数在籍)の方が、腕が磨かれてる?客を選ばない

7問い合わせ時の対応

電話メールの文面、声の印象、言葉遣いが丁寧か?

・予定が合わない場合代替日の提案があるかどうか?

メディア露出

・やっぱりある程度は信頼がおける

特にロママッサージ(NOT風俗)に関しては。

 ※ただし、すべてではない(下記参照)

■一番大事なのは、事前の問い合わせ

都内の有資格者心理学視覚も持つという、イケメンセラピスト氏が

行うプライベートサロン(アロママッサージ)の話をしたい。

注意すべき点をほぼクリアしているように見えたこのお店。

しかも、イケメンなだけでなく、資格もあるちゃんとした技術者ということで

信頼できると思って予約を入れようとしたのだが。

・予約フォーム個人情報名前住所電話すべて必須)を記入して

問い合わせなければならない店があった。スケジュールが非公開のため、予約時に確認するしかできない。

・「紙パンツサイズ問題があるので、極端に太った方は事前にお知らせください」という表記があった。

何となく、嫌な感じがした。

でも、メディアyoutuber動画)に露出してたし、雑誌にもちらっと出たらしい。

それにやっぱり資格者、と思ったのだが。

メールで日程希望入力して、予約を申し込んだところ、その日は無理。

仕方ないから、調整できそうな前後の日程ではどうかと聞いたところ、その日も一杯、とのこと。

代替の日程提案もなし。

二度目のメール返信には、その日も無理、という事実のみ。

接客業10年以上やっているが、はぁ?!と思った。

仮にも癒し商売にしてる店が、そんなつっけんどんな対応って何?

そもそもこちらの個人情報をここまで聞き出しておいて、それだけ??

こちからメールちゃんメールマナーに基づいた丁寧な文面だったにも

関わらず、あちらからは数行のみ。

申し訳ありません」とかなし。

よくよく考えると、動画セラピスト、おもっきしため口

youtuber女性と話してたし(フレンドリーとも取れるけど)、

会話の合間、ずーっとスマホを持ってたのが気になった。

人としてのマナーも終わってない?何らかの必要があったのかもしれないけどさ。

結局その対応に幻滅して、有資格者マッサージは諦めた。

どんなに上手でも、そんな対応されたら癒されない。

で、結局、私が選んだのは、一番有名どころ(笑)

イケメンのアロママッサージ店。

電話メールで問い合わせたのだが、偽名OKで、個人情報

一切聞かれず。

なにより、電話男性(声が20代前半くらい?若い子)の対応

丁寧で、迷ったとき提案も的確で親切、メールも「お待ちしてます」なんて

書かれていて、すごく感じがいい。

ホームページ更新も頻繁だし、各セラピスト動画ブログ

ツイッター、インスタなども豊富

さすが大手?!

怪しげな掲示板口コミには、「過剰」サービスの話もあったりしたけど、

眉唾物として。

基本、そんなに嫌な口コミはなかった。

マッサージ普通~下手という声はチラホラあったけど。)

その掲示板のほかにも、プロ女性セラピストブログなどの口コミ

多数あって、総じて高評価

お店は決まった。

セラピストを決めるのにまたすごい時間がかかった。

けど、もう、あんたに賭ける!!と一人を選び出し、予約。

で、ここで、施術に関する口コミが書ければいいんだけど、まだ受けてない。

予約したのは月末。

仕事関係で、まとまった時間上京する必要があるため)が取れなかった。

他の日記では、この決断に至るまでの心の葛藤を描いたけど、せっかくこんなに調べたことを

取っておくのは勿体ないと思ってここに残す。

・・・というか、書いてて思ったが、こんなことを私は真剣に調べていたのかと思うと

なんか、もう泣けてくる。

笑わば笑え。

ただ、本気で悩む女性たちが、無駄な調べもの時間を費やさないように、そして、後悔なく

自分らしい選択ができるように願っている。

その一助になれば、私の労力も報われるかもしれない。

[] #63-7「イタガリアン」

サッカー選手において痛がることは1つのトリックプレーである。転倒時に大げさな痛がり方をすることを批難する者もいるが、それはその選手が下手くそからだ」

ジパング代表監督言葉らしい。

その言葉体現するように、転倒時の痛がりっぷりが抜きん出ていたのがイッタ・イマージだった。

彼のサッカー選手としての実力は決して華やかとはいえなかったが、痛がり方だけは圧倒的な存在感を放ち、その様子がカメラに映されることが多かった。

それを見た他の選手たちや観客の中には「見てるこっちまで痛くなる」と、痛みを錯覚する者もいたのだとか。

その割に、彼は現役時代に一度もケガが原因で交代したことがなく、故障したことがない恵体。

そうして15年間ずっと現役で居続けた、ある意味ですごい選手だったという。

「……で、引退後は自国観光大使として隣国を巡り、今に至るというわけっすね」

カジマの説明を話半分で聞いていたが、つまり痛がりのプロってわけだな。

ボーナスチャレンジの話を聞いたときは、ローカル番組にしては大盤振る舞いだなと思ったが、そういうことか。

これを企画したヤツ、どうやら俺たちを勝たせる気は毛頭ないらしい。

いわばプロモーションの一環だ。

テーマは“フリースタイル”です。お好きな方法で痛がってください。では先攻カジマ選手、どうぞ」

全国を魅了するほどのイタガリアンに、一般人の俺たちが勝てるわけがない。

これじゃあ勝負はやる前から決まっている。

「えー……どうしよう」

さすがのカジマも、この状況に相当なプレッシャーを感じているようだ。

この状態では、ちゃんと痛がることは難しいだろう。

これ以上、恥をかかせないためにギブアップさせるべきか。

半ば諦めていた、その時。

兄貴ー!」

弟の声が聞こえたので、その方向に視線を向ける。

すると、俺の目の前に「賞金2倍」の文字が書かれたフリップが目に入った。

諦念の相が出ていた俺を見かねて、どうやら弟が書いてくれたらしい。

そして、それは俺の思考を正常に戻すには十分なものだった。

……そうだ、つけ入る余地はあるはずだ。

いくら痛がることが上手いといっても、それは元サッカー選手としての副次的能力であり必須スキルではない。

リアクション芸人みたいに痛がりのプロというわけでも、面白いわけでもないだろう。

ならば俺たちが勝負すべきは、その“面白さ”だ。

そうと決まれば、まずはカジマの調子を取り戻させよう。

「カジマ、これはチャンスだ。痛がりのプロともいえるイッタ・イマージに、お前の痛がりを見てもらえるんだぞ」

「そ……そうか! これを機にオイラスターロードが……」

カジマの頭の中で、随分と前向きな解釈が行われているようだ。

あいいや、そっちのほうが都合がいい。

「よし、じゃあ1回戦でやった木の棒、その“応用編”で行くぞ!」

「おっす!」

「じゃあ、行きまーす!」

俺は1回戦と同じように木の棒を構える。

「くたばれ!」

そして、ほぼ同じ動作で木の棒を振りぬいた。

「あ``あ``!?

脛めがけて振りぬいた木の棒は、誤って狙いより上に当たってしまう。

股間にある“第三の足”にだ。

「ああ~っと! これは痛そうだ~~!」

「~~~~っっっ、ちょっとマスダぁ~!」

カジマは俺に怒りの声をあげるが、その姿と声量は情けない。

ハハハハハッ!」

そんなハプニングに会場は盛り上がる。

当然、これはワザだ。

同じテーマが出てきた時、二回目はコレで行こうと以前から決めていた。

同じことはやればやるほど退屈になりやすい。

だが変に奇をてらおうとするくらいなら、同じことをやったほうがいいのも確かだ。

期待はそう簡単に裏切れない。

だが予想は裏切れるんだ。


「ははは……さぁ~て、ちょっとしたハプニングはありましたが、気を取り直して後攻イッタ・イマージ氏、どうぞ!」

俺たちのやれることはやった。

後はイッタ・イマージ次第だ。

俺は彼の痛がりを知らないから分からないが、いくらサッカー選手とはいえ先ほどのカジマを超えるのは難しいはず。

ダイ……ジョブ……本気で」

イッタ・イマージがつたない日本語で、痛めつけ役のスタッフと喋っている。

今回のために覚えてきたのだろうか。

大げさに痛がるサッカー選手なんてロクなもんじゃないと勝手に思っていたが、意外と真面目な人なのかもしれない。

「じゃあ、行きます!」

どうやら俺たちと同じ木の棒で行くらしい。

カジマのを見た上で、あえての真っ向勝負か。

よほど自信があるとみえるが、さすがに見くびりすぎじゃないか

「おりゃあああ!」

「~~~~~~っっっ」

しかし、見くびっていたのは俺のほうだった。

それを思い知らせるかのように、その実力を見せ付けたんだ。

「お~~! さすがのイッタ・イマージ! 貫禄の痛がりっぷり!」

イッタ・イマージはその場に崩れ落ちると、殴られた足を押さえてもがき苦しむ。

生で見ているせいもあるのかもしれないが、圧倒的な迫力だ。

まるでサッカーグラウンドがそこにあるかのように錯覚させるほどに迫真の痛がり。

会場の盛り上がりも最高潮を迎える。

エンターテイメント性という意味では、カジマの痛がり方も負けてはいない。

だがリアリティの差は歴然といわざるをえなかった。

「ねえ、あれって本当に痛いんじゃないの?」

「確かに、そう思えるほどだ」

「いや、そうじゃなくてマジもんの……」

本当にあそこまで痛がるほどなのだと、俺たちまで思ってしまった。

その時点で、自ら敗北を認めているようなものだ。

「これは文句なしでしょう……イッタ・イマージ勝利です!」

完敗だ。

俺たちに悔しがる資格はない。

こちらの小細工を、単純な地力の差でねじ伏せてきやがった。

所詮リアクション芸人の真似事でしかない俺たちでは勝てるはずもなかったんだ。

「いや~、素晴らしいイタガリアンっす」

そう言いながらカジマは、握手目当てにイッタ・イマージに近づく。

だが彼の顔を見た途端、なぜかカジマの動きが止まった。

「ん? どうしたカジマ?」

「イッタ・イマージさん……き、気絶している」

…………

後に知ったことだけど、イッタ・イマージは痛みを感じやすい体質だったらしい。

彼の痛がり方にリアリティがあるのは必然というわけだ。

俺たちがそこまで痛いと思わないレベルでも、イッタにとってはリアルに痛かったんだから

あなたたちは痛みに慣れすぎて、鈍感になってるのよ……』

少し前に母が言っていたことを思い出す。

痛みってのは、さしずめ身体から発せられる救難信号だ。

その痛みに鈍感であることは、それ自体危険だと言える。

今回の一件で、俺たちは“痛みに鈍感”であることの意味、その危険性を改めなければならなかった。

「ねえ、いまさら気づいたんすけど……」

イッタ・イマージ救急室に運ばれていくのを眺めていると、ふとカジマが呟いた。

隣国観光大使をこんな目にあわせるのって国際問題になるんじゃ……」

こいつにしては珍しい、目配りのきいた意見である

だが生憎、俺はそれに答えられるようなものを持ち合わせていない。

「……どうだろうな。まあ少なくとも、それが国際問題になると思っている人たちの間では問題になるだろうとは思うが」

「え、どういう意味? なんかの言葉遊び?」

「違ぇよ。つまり俺たちが気にしたところで仕方ないってこと」

今回、痛くも痒くもなかった俺では、そう言うのが精一杯だった。

結局、痛みを知らなきゃ本当の意味では学べないのかもしれないな。

まあ、そのためにわざわざ痛みを知りたいとも思わないが。

(おわり)

あなたに届いてほしい。

僕は30歳になりました。

まだ大学勉強しています。なかなか学位が取れなくて独立するか、拾ってくれるところで働こうかと考えているところです。

あなたはどこでなにをしているんでしょうか、最後にあったのは小学3年生の頃ですからあの頃のままかもしれませんし、あるいは、違う場所にいるのかもしれません。死んだあとのことなんて考えたってわかるわけがないので、僕は想像するだけです。

仮に、僕があなたに会えたらまた公園道路で遊ぶのでしょうか、僕は18の時に上京しました。僕らのあの場所は一時間に車が数台ぐらいで見通しも良くて道路サッカーなんかしても轢かれることはなかったけれど、こちらでは家にいても車の音がずっと聞こえます

あの頃の友達で、もう会わない人なんてたくさんいるけれど、あなたが亡くなった事実けがから離れません。

話したいことがいっぱいあります。でも、もしかするとあなたは興味がないかもしれません。

また会えたらと思いますが、もう叶わないのでしょう。

虚偽の進捗報告に対する対策

虚偽の進捗報告をする人に対し、どうやって真相をたずねたら良いのだろうなぁ。

虚偽報告の防止策として、日頃から「When(いつまでにできそうか)」「What(何をしているのか?)」を注意深く聞くようにしているが、聞かれる側が反発してくるようなケースがある。

そのため、こちらの聞き方にも問題があるのだと思っている。

相手が「When」「What」などに答えなくなってくるとき、聞いてることと違う回答してくるとき、やたら言い訳が長いとき、などは虚偽の報告のサインかなあと思い疑ってかかっている。

相手自尊心配慮して虚偽報告をさせないためにはどういうアプローチがよいのだろう。ちなみに虚偽が疑われるメンバーには、個別ヒアリングしている。

夢で好きな人が出てきてたくさんお話しできた

次会う約束するときもなるべく早く会いたい、できればこのままずっと一緒に居たいと言ってくれた

もちろんこれは夢なので現実は違う

現実は会話を交わしたことはない

4年くらい片思いしてる相手

いつもいくスーパーで働いてる相手

こちらのことを認識すらしてないと思う

遠くから、あるいはレジ打ちの姿をチラチラ見るのが精一杯

本当はどんな人かわからないけど見た目通りの可愛い子だと思う

しかけたり接点を持つ気はないのでこのまま気持ちはどこにも行かずもやもやとしたまま終わると思う

しかしかわいいな

きっとすでに相応しい相手がいると思う

また夢で会えたらいいな

2018年秋の連ドラの第1話をいろいろ見ていく

まだ未消化のや未放送のが多いがひとまず。

あくま1話感想なんで、2話以降どうなってるかは関係なし。

特に気に入ったのは◎、まあまあ気に入ったのは○。

 

まんぷく

<あらすじ>

インスタントラーメン発明するらしい。

感想

15分では特に良いとも悪いとも。

アラサー安藤サクラは役柄の18歳に見えるとまでは言わないにせよ年齢不詳な感じに頑張っているが、姉のアラフォー内田有紀は素で下手すると安藤サクラより年下に見えるくらい年齢不詳なので、なんだか不思議な感じになっている。

 

警視庁捜査資料管理室(仮)』

<あらすじ>

捜査資料データ化する男が安楽椅子探偵……ごっこ?

感想

一人芝居の分量が多い分、説明ナレーションを多用したり、主人公推理の酷さを本編内でツッコまず予告でメタ的にツッコんだり、かと言って一人芝居を貫くわけでもなく……ならずっと二人芝居にした方が無理がなかったんじゃ。

 

PRINCE OF LEGEND』○

<あらすじ>

王子キャラの男達が伝説王子の座を競う現代逆ハーレムものってことでいいのか?

感想

逆ハーレムに興味なくても楽しめる程度にきちんと馬鹿馬鹿しい。

1話のメインの王子の、死んだ母親から酷い夫の代わりに理想王子として育てられたという設定はグロテスク呪いに思えたが、作り手は自覚的っぽく、ヒロインについて心酔する母の生まれ変わりかもなどと多くの女性が引くであろう台詞まで彼に言わせてるあたり興味深い。

14人の王子ドミノ倒しみたいな壁ドンアイキャッチは絵的には面白いが、王子の、延いては女性の好みの多様性否定に思える。

 

『天 天和通りの快男児

<あらすじ>

ざわざわ賭け麻雀

感想

麻雀がわからないとやっぱりもどかしさがあるのと、人生を賭けたドキドキとかべつに味わいたくないなぁというのと。古川雄輝の役も、思い上がった若者鼻っ柱を折られてスッキリという役割なのだろうがあまり酷い目にあってほしくない。おかやまはじめの追い詰められた小市民役はハマっていたが。

 

ブラックスキャンダル

<あらすじ>

木村多江の次は山口紗弥加復讐するよ。

感想

下世話な面白さは『ブラックリベンジ』同様。夏恋(字面込みで憶えやすい役名だ)って女優スキャンダルの餌食にならなかったのは都合が良すぎだが。整形前のヒロイン松本まりかの熱演もいいが、悪役平岩紙の「しろなんて言ってないよぉ」「夏恋、頑張って」の言い方がツボ。

 

このマンガがすごい!

<あらすじ>

このマンガキャラを演じたい!

感想

出来あがった実写作品(とあれで言えるかはわからないが)よりも制作過程のアレコレがメインで、テレ東一連の人気役者を使ったドキュメンタリードラマっぽいな。……このシリーズ、わざとらしくて苦手。

ガラスの仮面』でキャストにド素人集めて上手くいく話があったけど、やっぱり素人素人だと思った。

 

結婚相手抽選で』

<あらすじ>

オトナ高校』や『恋と嘘』のシリアス版。

感想

主題歌が『オトナ高校』と同じ高橋優っていいのだろうか。こちらの暗さの方が彼に合っているかもしれんが。

シリアスな分、非現実的な設定が飲み込みづらい。いや、現実にあの法案が通ることはなくても、本音では肯定ちゃうような政治家結構いそうではあるが。

主人公に真面目に申し上げておくと、恋愛できなくても欠陥品ではないし、合コンの女は酷いが、劣等感を埋める為に結婚を強いられる社会を望むのは相手のことを考えてなくてアウト。

 

深夜のダメ恋図鑑

<あらすじ>

だめんずぶったぎってすっきり。

感想

うーむ、原作から大きな改変はないけど、原作面白さが再現されてるかは微妙な感じがする。「もうちょっと聞いて貰えます?」って、ほんと、何故もうちょっと聞かずに話の流れを止めたのだろう。あと現実感がないとすっきり感も薄れるという点で、コメディ的な誇張も注意が必要だと思った。

 

『SUITS/スーツ

<あらすじ>

弁護士織田裕二が、ちょっと悪どいけど勝つ。

感想

原作海外ドラマは知らない。織田裕二が少々ダーティなのだが、準主役的な子分中島裕翔もぶっとんだ設定かつ強かさも気の毒さも欠いた微妙問題児で、感情移入のやり場に困った。

 

『過ちスクランブル

<あらすじ>

社員社長と客の三角関係

感想

仕事能力が低いからといって恋を成熟させる資格がないわけではないが、しかヒロイン応援したくなる要素が恋敵が悪女であることくらいしかないのはつらい。

 

『僕らは奇跡でできている』○

<あらすじ>

一風変わった動物行動学の先生

感想

やたら地味な企画だが、『ざんねんないきもの事典』のヒットあたりから企画だろうか。まったりと楽しくはある。あの宿題は調べるなと言われてもみんなネットで調べちゃうだろうと思ったが。あと動物行動学+人間ドラマって自然主義誤謬っぽくなりそうと思っていたが、1話童話うさぎと亀って動物行動学と関係なかった。

 

中学聖日記

<あらすじ>

高校じゃなく中学教師と生徒と恋愛もの……って今までにあったっけ?

感想

センセーショナルに思われそうな題材だが、パスワードが盗まれたりとかボヤ騒ぎが起きたりとか、高尚ぶらず普通にセンセーショナルな作りであった。

夏川結衣池谷のぶえと紛らわしい感じになっているのは役作りだろうか(年相応なだけではあるが)。

 

『GAKUYA~開場は開演の30分前です~』

<あらすじ>

演劇開演前のドタバタ

感想

会話劇としてクスリとくるところはあったもの脚本の妙を感じるまでには至らず。男二人の髪型被りに意味はなかったんだな。

 

『獣になれない私たち』◎

<あらすじ>

恋人社長も同僚も営業先も両親もみんないっぺん母ちゃんの腹の中からやり直してきな!!とぶち切れられない理性の人。

感想

いや父親は死んでるし母親は縁切ってるし会社最後に少し救いが見えたが、それにしてもヒロイン境遇のしんどさに震える。救いが見えたと言ってもタイトルからしてどこまでヒロインが戦えるかわからんし。ぐいぐい引き込まれたのはさすがの野木脚本で、今クール本命だろうという予想はクオリティ的には全く裏切られてないけど、次回以降の視聴率大丈夫か。いやここで脱落する方が後味悪いからみんな見続けようぜ。

 

リーガルV ~元弁護士小鳥翔子~』

<あらすじ>

鉄オタの元弁護士弱者を救って金儲け。

感想

主人公珍名を付けようと思いながら小鳥遊というド定番を選ぶ思考回路の謎。

初回の題材が痴漢冤罪なのはいいとしても、自称被害者は真面目な女子大生「と見せかけて実は」ホステスで金目当ての狂言でしたって世間バイアスに全乗っかりだな。次回予告でもハニートラップなんて文字が踊ってたのはまあ、次回を見てからコメントすべきかもしれないが。

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』

<あらすじ>

Pure Soul』とその韓国リメイクの『私の頭の中の消しゴム』は憶えてるがその日本リメイクの『私の頭の中の消しゴム』というのが思い出せないが本作はべつにリメイクじゃない。

感想

合理主義的な松岡昌宏婚約する戸田恵梨香合理主義っぽいが、癒し系ムロツヨシにほだされていくのかな……と思いきやムロツヨシは捻くれてて、なのによくわからんけど戸田恵梨香が菊地・獣・凛子もびっくりの理性のなさでムロツヨシに突っ走ってて理解不能だったのだが、あれはひょっとしてアルツハイマーの症状として理解不能な感じなの? それとも単に大石脚本ヒロインから理解不能なの?(『コントレール』の肉食系で済ませられないヒロインを思い出した)

 

忘却のサチコ

<あらすじ>

大変旨~私は忘れる君を。

感想

婚約破棄、小説家長谷川朝晴、そして忘却……って紛らわしいけどアルツハイマーものではなく、グルメものというあまり興味のないジャンルだが、たしかに美味しそうだし、グルメ以外のパートコミカル演出も効いている。

君らフェミオタク嫌いとか言うけどさ

あと痛ましい事件について「フェミはこういうのはなにも言わない」だの「フェミ萌え絵なんかより実際の事件に抗議しろ」だののコメント必ず見るけど、してるよ⁉

一体どの界隈見てるの?

少なくともフォロワー四、五千ぐらいのあちこちアンテナ張ってる人は相手企業だろうが国外スターだろうが政治家だろうが燃やしてますけど。

萌え絵にまつわる性的表現問題視あくまでそのごく一部なんだよ。

ただ単に君らが萌え絵に関する話しか興味ないからそれを批判された時だけ気づくってことでしょ。

から正しくは「フェミオタクのみ燃やす」じゃなくて「フェミオタクだろうがそうじゃなかろうが燃やす」です。

君らにだけ配慮したりするわけないじゃん。

もっと言うと、ネットやってるとオタクヤバいイキリ文化にぎょっとすることは多いし、オタクやってると更に多いから、自分の身近にある女性蔑視をあげるとどうしてもオタク的風潮への批判は避けられないという面もある。

ネットはほぼせずに体育会系コミュニティで生きてる人とかなら当然体育会系的な女性蔑視への批判が出てくるだろうね。

2018-10-14

プラスチックフォルダいらない

書類封筒で送る際、書類を透明なプラスチックフォルダに入れて送ってくる人がいるが、出来たらプラスチックフォルダには入れないで欲しい。

こちらで使わなければフォルダが増えてしま無駄になる。

対策か何かで入れざるを得ないのだろうか。

さて、

幾つ持っているんだろう、と気にはなるけれども。

それぞれ異なる面を持つ「私」を表現する場所があちらこちらに点在している。

しかし非公開設定のメモ書きに過ぎないものばかり。

匿名なのを良いことに、公開設定でも気が向くままにつらつらと書いてみようじゃありませんか。なんて。

セックスが下手な僕に居場所はない

初めての彼女に、セックスが下手くそだと言われてからペニスがうまく立たなくなった。

自分なりにいろいろ勉強して、愛撫の仕方やセックス体位、腰の動かし方なども勉強した。

でもダメだった。

次にできた彼女の時は、自分ペニスがうまく立たないことや、動きがぎこちないことから

空気微妙になって、結局それが原因で別れてしまった。

友人に相談もできない。情けなくて。

セックスがしたいけどへたくそで、練習しようもない僕はどうしたらいいんだ。

いまの年齢じゃあ周りにセックスが初めてですって人なんてほぼいないと思うし、

またセックスの時になったら相手から残念な感じで見られるのが耐えられない。

本当に生物として僕は終わってる。

そのひとたちはフェミニストではありません

https://anond.hatelabo.jp/20181014112046

まともかどうかはわからないけど、一応フェミニストを名乗るものとして言わせていただくと

増田様が取り上げられている方々のほとんどはフェミニストではありません。

ただのミサンドリスト、あるいは反アンチフェミニストだとしかおもっていません。

これは私がそうおもっているだけではなく、ご本人たちがそう言ってます

ほとんどの方は、御本人自らがフェミニストであることを否定していたと記憶しています

切断処理と言われるかもしれませんが、

本人がフェミニストではないと言ってるもの勝手フェミニストに含めるわけにはいきませんし

いくら一人一派だといっても本人が否定しているのにフェミニスト認定するのはおかしいでしょう?

ですのでフェミニストとして責任を求められても困ります

ただのミサンドリストフェミニストとは関係ありません。

彼女たちをフェミニストと呼ぶのはフェミニストに対して失礼だと認識してください。

この方々はただはてブ男性憎悪を垂れ流しているだけです。

反論されても決して答えません。

まり会話が成立しない以上人間とみなして扱っても損するだけです。

スパムAIと同じだとおもって非表示にしてくださいとしか言いようがありません。

また、某野菜瞑想運動さんなどを放置しているはてなの人に言われてもな、という気持ちもあります

なぜフェミニストけが身内でもない汚物の処理をすることを求められなくてはならないのでしょうか。納得がいきません

フェミニストとしてもこの方々の存在迷惑だとしかおもっておりません。

この人たちをフェミニストに結びつけようとするのはやめてください。仲間でもなんでもありません。

https://anond.hatelabo.jp/20181014141123

一人一派とはいえ最低限満たすべき条件はあり、この人たちはそれを満たしていません。

少なくとも自分がそう名乗ることは必要でしょう。

増田で取り上げられている方々は、ほとんど自分たちのことをフェミニストではないと述べています

決められるのは本人だけという観点で言えば、確実に違うと言えます


追記

dark 「一人一派とはいえ最低限満たすべき条件」というのを明示して欲しい。それが言ってもらわないと、本当にこの人たちがフェミニストではないと判断できないです

書いてありますが……。なぜこのコメントが人気コメントになるのでしょうか。

はてなブックマークの人たちは文章ちゃんと読まずにスターを付ける癖があってよくないと思います

追記

ソースを見せろとおっしゃる方が複数いらっしゃいましたが、探せばすぐに見つかりますよ。

すぐに探せば見つかるものを、探そうともせずに

「私は正しい。ちがうというならソースを持って否定してみせろ。そうでない限りお前は間違いだ」

とでも言いたげな態度は極めて傲慢ですし失礼ですね。

例えば1名の方は今回の増田様へのコメントでもこのように書かれています

http://b.hatena.ne.jp/entry/372656039/comment/white_rose

あと私別にフェミとやらじゃないです

それでもなお彼女フェミニストであると呼ぶのであれば、

それは、あなた方が彼女意思無視して勝手フェミニストだと認定しているだけです。

他の人もちゃんと言ってますから自分で調べたらいかがでしょうか。

追記3 

本人がちゃんと自らがフェミであることを否定したソースを示しても

「こいつらが(自分の思う)フェミっぽいことを言っているかフェミニストだ」

「本人が否定していても俺たちがフェミニストだと思ったらそうだ」

とでも言いたげなコメントを書かれているひとがいますね。

Androtest 無理! その切断処理は無ー理ー! そのひとたちはラディカルフミニストなのでフェミニスト一種です

ミサンドリストかつフェミニストもありえるから 無理ですぅぅぅ! ミソジニストかつオタクもありえるしな

散々「ゴールポストを動かしている」ことを批判しておきながらあなた方も同じことをされるのですか。

それは、本人たちではなく周りが勝手彼女のことを勝手に決めつけているだけです。

今回は、彼女(?)たちのそういう決めつけがよくないという話だったのではないのでしょうか。

彼女たちの決めつけに苦言を呈しておきながら、あなた方も同じことをされるのですか。

追記

yujimi-daifuku-2222 はあ、ちなみに彼女らが単に性別が同じという括りで、not all menなどと言って男性全体を雑に殴りつけていた時

真っ当なフェミニスト様はどこで何をしてらしたんですか? 山にでも篭っていらした?

これについてですが少なくともわたしおよびわたしの周辺はきちんと批判しておりました。

私のツイッターアカウントは150人程度のフォローフォロワーですし影響力はありませんでしたが

きちんとみなさん批判されていましたよ。 視界に入らなかったからなかった扱いにするのはひどいと思います

それを仰るのであれば、アンチフェミニストの人たちも、声が大きい人達

過剰に女性誹謗中傷する人が多いのに、それを諌める人は殆どいらっしゃらないと思うのですが。

こういった批判は、あなた観測範囲を示しているだけで、視野が狭い人だなという印象しか与えません。


こういってはなんですが、発端であるキズナアイ問題フェミニストである太田弁護士発言でしたが

少なくともこの増田は、取り上げられている人たちの支離滅裂発言問題としているのですよね?

太田弁護士は今回の話を否定されたりしていませんよね?

まりアンチフェミニストと、彼女たちのようなミソジニスト /反・アンチフェミニストの醜い争いですし

そもそもフェミニズムは全然関係ありません。この件についてフェミニズムの責任を問われても知りませんとしか言えません。

本当に、本当に巻き込まないでほしいです。

追記

フェミニスト」の定義は「フェミニズム思想研究者or支持推進者」以外無いと思うんだけど。

言動や外見的な振る舞いで見分けたい」というニーズはわかるけど難しくね?

おっしゃる通りです。

今回指摘されている人たちに関してはそれ以前の問題だったのでまず本人がそもそも否定しているという話をしたまでですが

ましてこういうコメントをする人は思考レベル幼稚園児なみに幼いといえます。いい大人が情けない。

mu_minnnida 自称したらフェミニストなんですか? じゃあ私も今日からフェミニストです。よろしくね。

一人一派」については、大学等で学問として修めていない人にもフェミニズムは門戸を開く、という意味しかなく

そもそもフェミニズムについて学ぼうとしていない人が名乗っても意味がありません。

みなさんこういう言葉について文脈を考えずに表面的な表現だけ見て思考する人が多いですよね。

そういう意味でも今回例に挙げられた人たちは全くフェミニズムについて学習などせず

単に自分たちの感情で気に入らない人たちを叩いているのですから、こういう人をフェミニストと呼ぶのはおかしいでしょう。

本人たちもそれを理解してフェミニストであることをきちんと否定している訳です。

そういう人を勝手フェミニストのくくりに入れて叩くというのは藁人形論法以外の何物でもないと思いませんか?

追記6 

フェミニストでないと言ってるからフェミニストではない、はとても明瞭な回答だが

みんなが期待してたのは「フェミニスト標榜するミサンドリストが現れたらどう見分ければいいか」だったんだろうな。

これについても理解はしています

フェミニズムとミサンドリは排他的概念ではないため

実際にフェミニスト自称し、フェミニズムについて学んだりフェミニズムを応援する活動をしながらも

どうしてもミサンドリ的な発言がやめられない人たちもいます

ちなみにミサンドリとラディカル・フェミニズムを混同している人がいますが少し認識が雑ですね。

この件についてですが、フェミニズムはそれを許容していると言わざるを得ません。

ミサンドリは不毛からやめようというのは簡単ですが、

実際に被害が起きているケースも有りそれをなかったことにしたり、フェミニズムから切り離すことは難しいです。

実際に理不尽から女性の権利を守り、女性自由応援することがフェミニズムの目的からです。

それらが侵害されたときに抗議の声を挙げることはむしろ重要なことだと考えています

ですが被害の訴えや、不条理糾弾を越えて、

私怨一般的男性に対する攻撃につながっていたり、男性へのヘイトにまで到達している場合に、

フェミニズムとして」それを支持する人が多いわけではありません。

申し訳ありませんが、これについては私としてもどうすれば収まるのかはわかってはいません。

みなさんとても簡単フェミニスト過激な奴らを批判しろとか取り締まれとおっしゃいますが、

少なくとも私やその周りの人たちはそういう人を批判したり距離をとっていますが、それだけではどうにもならないと感じています

正しいフェミニズムとはこうだという話をしたくとも、広範に広がりすぎてこれがフェミニズムだということを示すことも難しいです。

これについては、フェミニズムと男性側の双方の歩み寄りが必要問題だとしか言えません。

女性男性を打倒して世の中を変える」というイメージではなく

男性女性が手を取り合わなければ世の中は変えられない」というイメージにならない限りなかなか現状は変えられないと考えております

現在フェミニズムの中でも男性に対する失望感から社会全体を変えるより個人主義的なものが強くなっており、

こうなると男女が手を取り合う未来は遠ざかっていくかもしれません。

そうならないように双方が歩み寄りを示せるように何をすればよいか、みなさんもぜひ考えてみていただければ幸いです。

アンチフェミニストと反・アンチフェミニストの戦いばかりが目立っている現状は、一人のフェミニストとしても胸を痛めております

追記

mventura チキさんとか野尻さんの言ってたことは聞いてて納得できた。潜在的問題を指摘しつつも制作者や文化なりに配慮があったから。ネトウヨオタク男との戦いになっている言論かにがっかりした。

このコメントはとても私が言いたかたことに近いですね。

キズナアイさんの話題については、問題を指摘する側の人たちが、相手に対する配慮が欠けていたのが最大の問題であると考えています

私自身も、フェミニズムの立場から今回の件について思うところはあるにはあるのですが

問題点を指摘する際に、まず相手に対する文化への敬意や勉強配慮があって然るべきだと考えております

こちらの話ばかりしても相手は聞く気にならないでしょう。

こちらが先に敬意を示すことで、はじめて他の人達フェミニズムについても敬意や関心を持ってくれるはずです。

今は問題をいきなり指摘し、それを理解されないと逆ギレをするような流れが多く、これではりかいされないどころか反発を招くばかりになりそうでお互いに不幸な関係になっていると思います

追記

EnergeticDuck 武蔵大学 女性千田 有紀教授フェミニズムがご専門です。『フェミニズムは関係がない』という、あなた追記は流石に無理ありすぎでしょう

追記4をもう一度お読みになってください。 元増田様が例に挙げられた方はフェミニズムの責任ではありませんとは述べましたが太田先生千田先生やを擁護するなどとは一言も書いておりませんし、フェミニズムが無謬だとも書いていません。

本日はもうネットを切断するため返信はここまでとさせていただきます

まともなフェミニストはこれをどう思うの

追記

cAUmin 女性の権利としての服装自由と、男性向け萌えキャラ服装が同列に語られることが本気でわからん現実女性が同じ服装をしていたとして、自分で選んだのか男性強制されたのかでフェミの反応は変わるんじゃね

asherah "こいつらの発言が「若い娘がチャラチャラした格好をするな」という意味に読み取れる"果たしてその読み取りは正当か。言ってもいないことを勝手に言ったことにしていないか



言いたいことが伝わってなくて歯がゆいので。

現実女性服装萌えキャラ服装の話」「「若い娘がチャラチャラした格好をするな」という意味に読み取れる」は自分根拠もなく勝手に言っていることではなく、実際にそう読み取って不快感を示してる女性がいて、それを元に語っているんです。

https://togetter.com/li/1272944

この人たちの読み取りが不正確だとしても、「ハラスメント受け手が感じるかどうか」という話ではないのか?

では不快感の訴えを知っていながら(このまとめにブクマしていながら)改善しない態度はどうなのか?ということです。

togetter以外でも指摘する人はいました)

togetterはこういう内容ですよ。

えぇ…キズナアイでさえ「乳袋」扱いなの…えぇ…ふつう存在するサイズ感だと思うけど…深く傷ついた…

ほんとこれ。実在女性女性キャラクターのことや服装をいちいち「性的」「性的に強調」って表現されるの本当に不快

理系の女(学生)だけど、千田有紀記事を改めて読むと怒りしか湧かない。

理系からすると、キズナアイに関する技術の高さに驚くし、その仕組みを知りたい。性的だなんてとんでもない。

・女はそんなに主体性がないものなのか。支援しなければならない存在なのか。過剰だ。そんなこと気にしていない。

胸が強調されててヘソが出てて脇も出てるから性的だと思われてるのか…私は胸が大きくてファッションとしてヘソや脇や足を出したりしてるんだけど、キズナアイを見て男性性的に喜ばすために作られたキャラクターだと思う人達には、男性性的に喜ばすための格好だと思われてるのかと思うとツラァ



そして、こうして不快感を訴える女性がいる(今は鍵かけてる人がいたりと、もちろんフェイクの可能性も0ではないが)ことを知りながら、

「わざわざ女性にこんなコメントさせるのがせこい。」

女性を矢面に立たせて」

ジェーン・ドゥ案件っぽく。」

と言ったり、

zyzy でたミソジニーの謎翻訳!!/言ってもいない事を勝手に読み取ってしまうのならそれはフェミ問題ではなく君の脳内を反映しているだけだよ/自己決定権問題だと理解する機能は多分ついてないんだろうなぁ……この人



などとコメントするのは、それこそ自分達の加害性に無頓着すぎないですか?という話です。


追記

maruX 企業によって運営されているキズナアイの着る服を決めるのは誰なわけ?そしてその企業の決定は誰を意識したものなの?なんでそれと女が主体的に決定したファッションとを混同できる?


それとは別の話です。

企業男性向けに採用たからといって、その衣装を「揶揄」したら現実にそういう格好をする女性が傷付く可能性が大いにあるということです。

あなたたちが批判してるのと同じような被害を、新たに生んでいるということです。

maruXさんも発言している「乳袋」という表現騒動を語ることに不快感を示す女性もいる、という例が文中のtogetterです。

そういう女性の声を聞いてなお(コメントされてるので少なくともうっすらと内容を把握してると思いますが)、わざわざ「乳袋」という言葉を使い続けておきながら、女性尊厳が低いなどのコメントをするのは変だと思います

oka_mailer 個人趣味サービス作るのと個人サービス残業することの違い。キズナアイに関しては労働なので個人問題ではなく起用する側の問題


こちらも同じ返信で足りるかと。

追記

ラクバックよりこのうち数名はただのミサンドリストと見なしているとのコメントいただきました。

https://anond.hatelabo.jp/20181014141021

フェミニストの方々には大変失礼いたしました。

この文章は「ミサンドリスト」の話であると思って読んでもらう方がいいかもしれません。そうすると本文の大半が意味を成さなくなりますが。

また、

なぜフェミニストだけが身内でもない汚物の処理をすることを求められなくてはならないのでしょうか。納得がいきません



こちらもすみません押し付ける形になったのは申し訳ないのですが、はてなSNSだけではなくネット上の多数を巻き込むかたちで「フェミニズムの話題」(これも間違っているかもしれませんが)の大規模な炎上が続き、

また本文中で問題にしているような発言もかなり蔓延している印象のため、批判はしておいた方がいいと思ったのです。

追記

個人的に気になったので。

inumash ”キャラクター批判すると現実女性が傷付く”のなら、当然キャラクター性的・陵辱表現等に晒されていた場合現実女性も傷つくってことでOKだよね?

"二次元三次元は別”という正当化論は否定すんだよね?



コメント内容には半分ほど同意なのですが、前提が少し違うと思います。単純に誰かが傷つくからやめろという話ではないです。

今回は「ある表現に傷つく人がいるという批判をする側が、他の人を同じように傷つけていて矛盾している」という流れでの批判なので。

傷つける範囲にも、その評価にも色々あり、認められるものとそうではないものはケースバイケースじゃないでしょうか。

最初にされた「ある表現に傷つく人がいる」という批判にも、ある程度の正当性があると思います

「"二次元三次元は別”という正当化論」が理解できていないのですが、性的・陵辱表現二次元)をする人は必ずしも現実の誰かを傷つけたい(三次元)わけではないし、中にはそうではない人だっていると思います

しかし内心は裁くことはいけませんし、そこを問題にすべきではないと思います

違う話ならすみません

コンテンツ女性二次元)と現実女性三次元)という話なら、キズナアイがどちらに入るかは議論余地があると思います


本題

まともなフェミニストは糞フェミについてどう思うのだろうか。

まずここのブコメの並びを見てほしい。

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/PKAnzug/status/1050549848158560257

ブクマページがわかれているので別のページも

http://b.hatena.ne.jp/entry/twitter.com/pkanzug/status/1050549848158560257

キズナアイ騒動からこっち、フェミニストとされていた人たちから若い娘がチャラチャラした格好をするな」という今どき珍しい封建的昭和頑固オヤジ思想が次々に飛びだしてきてるの、控え目に言ってもすごく面白い



相変わらず自分たちが何言ったかを都合よく忘れる糞フェミたち。

rci そんなフェミニストいないだろ、で終了。

oka_mailer そんな人いたっけ??

quick_past こういうレトリック名前を付けたくなるな。若い子がチャラチャラするな」と言う話をしてることに、すり替えたいわけか。

white_rose そんな人どこにいるんだろう。ほんといくら説明しようと謎の翻訳機にかけて藁人形叩きってのすごい当たってるわ



おまえらだろ。

そもそもフェミ側が批判してる今回のキズナアイ騒動って、男性おたく側が「女を搾取してやる」「女は相づち役でいろ」なんて誰も言ってないしそんな話してないんですが。

そういうメッセージが「読み取れる」って主張だろ。

上のツイートも、同じようにこいつらの発言が「若い娘がチャラチャラした格好をするな」という意味に読み取れるから批判してるのに、何とぼけてんだよ。


実際に、こんなtogetterもある。

女性の声「キズナアイすら性的批判するフェミ迷惑だし傷つく」

https://togetter.com/li/1272944

そのコメントがこれ。

rci わざわざ女性にこんなコメントさせるのがせこい。

maruX 女性を矢面に立たせて「俺たちの目を楽しませる表現批判するなあ〜!」と吹き上がるの卑怯すぎませんか。

zyzy ジェーン・ドゥ案件っぽく。



女性だって萌え絵くらい楽しむのに、女性自発的発言だということすら認めていない。

ありえないくらい抑圧的。

自分はこんなこと言ってるのに。

rci 気楽に議論すればいい、っていうのに本当に同意。こういう議論を経て、世の中の「当たり前」もどんどん変わっていくと思うから

rci 女性を傷つけるフェミニストって一体どんな藁人形? 女性の権利擁護する立場フェミニズムだよ。




では、「そんなフェミニストいない」らしいので、ブコメ人達が今回の騒動でどんな発言をしていたかを一部コピペ

モロにチャラチャラするなと言ってる上に「ネット娼婦」とまで呼んでる。

quick_past 胸強調した服にミニスカとか、日本テレビくらいじゃないの?タイ番組でさえパンツスーツやで。

quick_past ネット娼婦じゃないんだと言うなら、ネット娼婦にさせない運動必要だし、ましてや昔から薄い本の餌食になってきたNHKアニメは数ある。



ミニスカは男が喜ぶ服装からやめろ」って意味に取られてもおかしくない発言だろ。あの程度のデザインvtuber自身を「ネット娼婦」扱いだよ。

かにキズナアイ服装揶揄するコメント群。

maruX 「女の敵は女論法〜!男性性的に楽しませる意図がある不自然衣装キャラクタノーベル賞解説サイトに置かなきゃいけない理由って何

white_rose いろんなポーズ見るとやっぱりNHKにふさわしい感じはしないな。スカートみたいなホットパンツ?とか(なにあれ?)オタク女子ニーハイとか好きだし嗜好が特殊よね

white_rose 谷間がないし球体でないから世に溢れているいかにもな乳袋ではないけど服としておかしレベルではあると思う。



oka_mailer ポルノコード抵触しない範囲どれだけ性的要素を盛り込めるかみたいなテクニック

oka_mailer イベントコンパニオン呼んできて大学先生接待、みたいなこと



キズナアイ衣装を「裸に近い格好」と呼んだ上に、そういう服を着る現実女性存在すら抹消。

zyzy 裸に近い格好を平気でする人と違って、あれ連載開始当時いたんですよ。原作サザエさんは当時のファッションなどの風俗を残す記録としてとても有用

kiku-chan アメリカだとセクシー服装が当たり前とかいコメントあるけれど、全年齢のアニメコミックでもそうだっけ?



これでも女性の格好を抑圧する主張をしてないと言うのだろうか。そういう風に読み取る人間おかしいと無視できる発言か?

都合が良い時には「被害者がハラスメントと感じたらハラスメント」と言ってたくせに、冒頭ツイートみたいに自分が言われると知らん振りするのか。

oka_mailer ハラスメント受け手が感じるかどうかなんだってのは厚生労働省なんかのガイドラインにもある



キズナアイ性的だと批判されると迷惑だし傷つく」って女性存在無視してよく言うわ。

cleome088 女の性は複雑なんよ…昭和の親父みたいな貞淑さも正しいし自分プロデュースするセクシービームも正しい。一番大事なのはそれを女自身で選ぶこと。

quick_past デザインしたのが女性からどうのとか、まさにテキサス親父案件



女性自身で選ぼうがデザインしようが糞フェミからは叩かれるし、女性自身が好きだと言ったものすら男側から言わされたことにされるんですが。

わざわざ女性にこんなコメントさせるのがせこい



他人表現にはすぐ本来と違う意味見出し炎上させるくせに、自分達の発言には無自覚批判を受けても無視

まともなフェミニストはこの糞コメント集をどう思うのだろうか?

それおしりだったの・・・ (´∀`(⊃*⊂)

anond:20181013234906

増田でこれが、「顔と尻をこちらに向けてさらに手で尻を広げて肛門を見せつける」AAだってことに初めて知った。

右側の(⊃*⊂)は泣いてる人で、

左側の (´∀` は泣いてる人の後ろから

「まあまあ、元気だしなよ」って励ましか

「ねぇねぇ、今どんな気持ち?」って煽りかと思ってた。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん