「合格」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 合格とは

2018-06-24

特に理由もないのに周りから不幸を願われやすい人いるよね

良い人か悪い人かなんてわからない程度の浅い関係性の知人がいるんだけど、その人の親が亡くなったって聞いたときちょっと嬉しい気持ちになった。

その知人が結婚したとき幸せそうな顔してたからめちゃくちゃテンション下がった。大学落ちたときくらいエネルギー削がれて小さい声しか出なかった。

その知人が難関資格取ったと知ったとき周りが一瞬で凍りついて凄い空気になった。もちろん自分も。とにかく知人が受かった事実をなかったことにしたかたから、僻みもせず讃えもせず反応せずの「無」になった。

その後、周りのうちの一人がその知人と同じ資格取ったとき他の人達は「ちょっwww知人さん顔怖いって!!!自分だけの資格じゃなくなったからってそんな!!www怖い怖い怖い!!!」みたいに、なぜかその知人が内心嫉妬に狂って敵意を滲ませてるみたいな設定を捏造してギャーギャー囃し立ててた。

ちなみにその知人は合格報告受けたとき普通におめでとう!って言ってた。間違いなく本心から

でも、そういうストーリー創作してまで知人が腹黒で狭量ってことにして騒ぎ立てたくなる気持ちは分かる。

この知人みたいにこれといった理由もなく周りの嗜虐心くすぐっちゃう人ってなんなんだろうね?

ほんと不思議

何者かわからいくらいには自分を出さない控え目な性格のはずなのに、この知人にはとにかくニヤニヤ見守れる程度には不幸でいてほしい。

2018-06-23

15歳か18歳で一生を決めなければならない

高校入学高校卒業は当たり前で、大学は現役合格で、ストレート卒業の後すぐに就職、そのまま定年まで勤めあげるって

まり高校受験の15歳大学受験の18歳で死ぬまでの人生決めちゃうって大変じゃない?

高校卒業して少し働いてから大学に行くとか、大学行ったけどやっぱり辞めるとか、仕事就いたけど転職しますとかなんかもっと自由で良いと思うんだよな。

今でもできないわけじゃないしやろうと思えば出来るんだけどハードルがやたらと高い。

しか大学選びなんてお金とか今現在学力とか、首都圏住みにはピンと来ないかもしれないけど住んでる場所とか親とかによって自由に選べなかったりするじゃん。

18歳の未成年で、働いていたとしてもバイトのちょこっとした収入しかないような人間自分意思で全部決めますなんて実質不可能でしょ。

高校大学就職→定年の道を実際に歩む人がどれくらいいるのかわからないけど、それが理想大正解!ってなってるのはなんか違うよなと思う。

大学って年齢ごっちゃまぜで学びたい人間が行く場所ってなればいいな。そうあるべきだ。

今の就職予備校みたいな扱いは本当に謎。あと専門に関係ないバイト毎日埋めるのも謎。だったら1回働いてまた戻ってきた方がいい。

あと中学生に将来の夢を具体的に求めて、決まってないは許されないみたいな風潮も嫌い。中学生とき理学療法士って知ってた?国税調査官は?入国審査官は?

病院医者看護師だけじゃないし、公務員は見えないところで働いてるし、世の中は仕事でできてる。それなのになんもわから看護師になりた~いとかって言ってる方が正しい扱いをされる意味がわからない。(本当に心から看護師を目指している人を否定しているわけじゃないけど、もしかしたらその人が本当に望む仕事ができるのは理学療法士だという可能性もあると思う)

こういうことを言うと海外では~北欧では~って言われるけど、今の段階で話してるのは今自分が過ごすこの地でこの風潮は自分が生きる上でどうだったか、どう思うかという話。

海外の事例が必要になるのはなにか解決策を実践する上での成功(失敗)事例の情報集めの段階であって今ではない。

2018-06-22

[追記 04:30am]早稲田大学院試試験問題漏洩された時の話

http://president.jp/articles/-/25434

早稲田大学教授セクハラ問題記事になり、またまたハラスメント界隈が騒がしくなっている。

私もこの場で、私が受けた屈辱ネットの海に流して忘れようと思いこの増田日記を認めることにした。

もう10年も昔の話だからもう時効だろう。私は10年間秘密を守り続けてきた。

本当はもっと早くに公開すべき情報だったことはわかっているが、自分はずっと研究を続けている身だったから、

どうしても言い出せずにここまできてしまった。

これは告発であるとともに、私の懺悔日記でもある。

自分について

私は当時早稲田大学学部の4年生で、院進することに決めていた。

第一志望を東京大学、第二志望を早稲田大学の内部進学にして院試勉強に励んでいた。

ちょっとややこしいのだが、私が学部時代指導を受けていた先生所属が翌年度から他大に移るということで、

他の研究室を受験する必要が生じた。詳細は避けるが、院試では早稲田の同じ学科内の他の教授研究室を受験することに決めた。

院試形式院試問題バラされた時の状況

院試英語選択形式の専門科目、後日研究発表形式面接だった。専門科目は確か7問くらいから2問を選択して回答する形式だったと思う。

過去問を見る限りでは学科のそれぞれの教授が1題ずつ出題する形式のように思われた。私は自分比較的得意な教授の専門範囲に絞って院試勉強をしていた。

院試の2週間前くらいだっただろうか。私の受験先の研究室のボスから、「来年からテーマについて話がある」と呼び出された。

彼の研究の話はいつも刺激的だから、私はワクワクして教授室に行った。ひとしきり今の研究の進捗などを話した後、

彼がふと、「君はどの先生選択問題を解くか決めた?」と聞いてきた。私はなんでこの質問を?と思いつつ、「あー、はい、今この科目とこの科目をやっています」と答えた。

彼は「ふーん、あのね、僕、今から独り言うからね。メモは持ってるよね?」と言った後、その二科目の問題を全て読み上げたのだ。

何が起きているかからなかった。でも、私は愚かにもそれをメモに書き取ってしまった。そして呆然としながら教授室をでた。涙が出てきた。

指導教官に相談

私が聞いてしまった問題のうちの1題は、当時のボス(受験先ではなく、学部時代指導教員)が考えた問題に違いなかった。研究室に戻ると、彼がご機嫌で話しかけてきた。

涙が止まらなかった。ボス教授室に私を招き、どうしたのか聞いてくれた。私はことの顛末ボスに打ち明けた。

「私、先生院試で出題する問題を知っています。今、〇〇先生から聞いてきました。」

いつもはヘラヘラしているボスだがこの時は「なんで彼はそんな余計なことを?何もしなくたって君なら受かるでしょう?」と声を荒げていたが、

その後ひとしきり黙った後で「この話は、なかったことにしよう。君は普通に院試を受けるんだ、大丈夫試験問題を知ってても知らなくても君なら受かってたから。こんなのバレたら大ごとになる。」と説得された。

私はもう何も考えたくなかった。ボスの指示に従うことにした。それでいい。私が黙っていれば丸く収まる。早稲田院試の1ヶ月後には東大院試がある。それに受かればいい話だ。

院試当日

自分自分が、カンニング行為を行うことがどうしても許せなかった。そんなことは私の人生で一度もしたことがなかった。

一度はもう早稲田を受けるのすらやめようと思った。でも東大一本に絞るのは、院試はいえとてもリスクの高い選択に思えた。私は結局院試当日の試験会場にいた。

問題を漏らされてから2週間で、私は7人の教授の残り5人の研究範囲勉強し直した。漏らされた問題は解かないと決めていた。これで落ちたら仕方ない。そう思った。

かくして専門科目の院試が始まり、そこには、私が教えてもらった通りの問題が一字一句わずに並んでいた。

私はその2問には手をつけず、残りの5問から2問を選択して解いた。2週間の付け焼き刃だ。よくできたとはお世辞にも言えない。

後日の面接では、面接官の教授の一人に「これで東大受けるの?頑張ってね」と嫌味を言われた。悔しかったが黙って聞き流すしかなかった。

その後

結局、私は早稲田大学研究室に合格し、運よく東大の方にも合格し、未だになんだかんだアカデミックと細々とつながりを持ち続けている。

あの会場で、私は院試問題を知っていた。(おそらく、あの研究室を受けた全ての学生が知っていたと思う)。

その事実はずっと私を苦しめてきた。

もっと早くに、言うべきことだった。

院試の前に、言うべきことだった。

でも言えなかった。ずっと、後悔している。今も、後悔している。

もうすぐ院試の季節だ。彼はまだ学生に、問題を漏らし続けているだろうか?

追記

コメントをくれた人、見てくれた人、ありがとう

ずっと言えずに居たから、こうして匿名ながらも辛い経験シェアできて少し気が軽くなった。

それと同時に、「自分漏洩された」「院試ではよくあること」というコメント散見されるのは悲しくもあった。

私は潔癖でも真面目でもない普通人間だ。どんな試験であれ、一部の人間だけが問題を知っている状況というのは許されてはいけないはずだ。

院試形式でバレてしまうんだね、これは理工系研究科の院試で起きたことだ。

年度も言いたいところではあるけどさすがにこれ以上は勘弁してほしい。いや、もうこの時点でバレてしまうかもしれないけど。とにかく約10年前に起きた出来事だ。

私ともう一人、その研究室を受ける奴がいた。院試問題バラされた日、私が教授室に入るのと入れ替わりで、彼が出て行ったのを覚えている。

私は、彼とはそんなに仲が良くなくて聞かなかったけど、なんとなく彼もあの日院試問題バラされたのではないかと思っている。

なんであの教授がそんなことをしたのか、それは本当のところはわからない。

教授はすごく神経質なところがあって、教授室の鍵が閉まっているかを何度も確かめたり、officeファイルセーブを異常なほどこまめにとったりする人だったから、

念には念を入れて私が落ちないように問題を漏らしたのかもしれない。

あるいは、自分研究室を志望する学生に好成績をとってもらって、自分のところの学生が優秀だと自慢したかったのかもしれない。

教授間の仲があまりいい専攻ではなかったから。

私の現在幸せを祈ってくれた人たち。本当にどうもありがとう

結局あの院試のあと、私は当然、早稲田を蹴って東大に院進した。

研究分野は当時とはだいぶ離れて、その教授を目にする機会も滅多にない。

今は、自分良心を裏切らなくても良い場所で、同業者の伴侶とともに細々と研究している。

いつまで職があるかはわからないけれどとても幸せだと思う。

早稲田大学は、いろいろ言われてはいるけれど、私に科学者としての第一歩を踏み出させてくれ、

そして科学の厳しさや面白さを教えてくれた大切な大学だ。

どうか、進取の精神、学の独立を信念とする大学らしく、優れた学術機関として一から立ち直ってほしい。

学問に対して、社会に対して、誠実な場所であってほしい。

そして、院試漏洩ハラスメントなどをしっかりと調査処分し、学生を大切にする大学であってほしいと願っている。

2018-06-21

特に理由もないのに周りから失敗を願われやすい人いるよね

良い人か悪い人かなんてわからない程度の浅い関係性の知人がいるんだけど、その人の親が亡くなったって聞いたときちょっと嬉しい気持ちになった。

その知人が結婚したとき幸せそうな顔してたからめちゃくちゃテンション下がった。大学落ちたときくらいエネルギー削がれて小さい声しか出なかった。

その知人が難関資格取ったと知ったとき周りが一瞬で凍りついて凄い空気になった。もちろん自分も。とにかく知人が受かった事実をなかったことにしたかたから、僻みもせず讃えもせず反応せずの「無」になった。

その後、周りのうちの一人がその知人と同じ資格取ったとき他の人達は「ちょっwww知人さん顔怖いって!!!自分だけの資格じゃなくなったからってそんな!!www怖い怖い怖い!!!」みたいに、なぜかその知人が内心嫉妬に狂って敵意を滲ませてるみたいな設定を捏造してギャーギャー囃し立ててた。

ちなみにその知人は合格報告受けたとき普通におめでとう!って言ってた。間違いなく本心から

でも、そういうストーリー創作してまで知人が腹黒で狭量ってことにして騒ぎ立てたくなる気持ちは分かる。

この知人みたいにこれといった理由もなく周りの嗜虐心くすぐっちゃう人ってなんなんだろうね?

ほんと不思議

何者かわからいくらいには自分を出さない控え目な性格のはずなのに、この知人にはとにかく不幸でいてほしい。

派遣釣り求人に引っ掛かり登録に行って来た

本業仕事のつなぎのつもりで、ネット検索して条件がヒットした案件に応募した。

その案件は、1ヶ月前後ネットに出ていたし、6月1日スタート案件

6月はすでに半分過ぎていたので、

まずその派遣会社電話して、まだ募集しているか聞いてみた。

まだ募集中との回答。

早速、職務経歴書を添付して、ネットから応募する。

すると30分もしないうちに、電話がかかってきて登録社日を確定した。

この時点でおかしいと思わなければいけなかった。

登録日当日、

コーディネーターがその会社説明派遣システム説明をした。

そのときに強調していたのは、

前は駅の反対側の小さい事務所だったけれども、今ではここ(立派なオフィスビル)に移るまで成長した。

友達紹介制度があり、これで稼いでいる人もたくさんいるので是非紹介してくださいとのこと。

派遣会社というのはとにかく登録者の数を増やしたいらしい。

その後、スキルチェックと性格診断を合わせて20分くらいした。

次に営業がやってきた。

仕事説明をした後、募集案件は人がいなければなんとなるという性質のものではなく、

必ずそのポジションに人がいないと仕事にならない割りには、のんびりしている。

現在そのポジションに就いている方はなぜお辞めになるのですか?』

『うちの会社から派遣ではないので』と言ったあと、

目を斜め上にやったり、営業スマイルをしたりして考えていた。

『3年経って無期雇用という段階になったか、無期雇用希望しなかった』

言いづらい雰囲気で、要するに雇い止めになったらしい。その後続けて、

『でもうちはそんなことはないですよ、3年以上働けますから

何を根拠にそういっているのか判らないし、

ましてやこっちは3年も派遣で働く気はさらさらない。

次にまたさっきのコーディネーターが登場。

今までの職務経歴を詳しく聞いた後、

候補者はたくさんいるので1週間くらいしたら連絡します」とのこと。

わたし合格率4%くらいの試験をいくつか合格しており、

そんなに世の中にたくさんいないので、

派遣会社としては最初はそこだけ見て飛びついた。

募集スペックに合った候補者がたくさんいないのは明らかだけど、

思っていた人材と違うので、上から目線で来たというのもあるだろうけど、

6月1日から案件6月が過ぎようとするときまで引き延ばせるのものかな。

営業の怪しい受け答えなども合わせてみて、

友達紹介を強調して芋ずる式に登録者を増やしたい。

釣り案件に引っ掛かったなと思った。

翌日、メールで、

『昨日せっかくお時間を割いて頂き申し訳ないですが、

別件の仕事が決まってしまったので今回は辞退します。

たくさん候補者の方がいらっしゃるとのことですので、

良い方が見つかるといいですね』と言っておいた。

さらネットに1ヶ月くらい出ていたその案件は、

翌日にはきれいに消えていた。

応用情報合格したけど

転職考えた方が良いんだろうか。

普段業務ではあんまりIT関係に携われてなくて、このままズルズルやってると技術的に置いてかれるのではという不安がある。

なるべく追随できるようにそういう仕事を貰いに行ってるつもりなんだけど、人手不足普段業務から逃れられるわけではないし、会社ITに詳しい人間がいないに等しくて上司や同僚が頭脳労働を軽視してる感があるから、この一年仕事以外の時間勉強アイデア出し、コーディングに当ててしのいでる。

正直プライベートも何もない。

できれば仕事中にどっぷり頭脳労働がしたい…プライベート休みたい…それは贅沢な望みなんだろうか。

2018-06-20

若手俳優にはまった話

毎日学校に通い、テスト合格するために必死勉強し、気付いたら夜で倒れこむように眠る生活を何年も続けている。私の通ってる学校は厳しい。不器用な私はテストプレッシャーから自殺を考えることもよくあった。今死んだら楽になれるのかなと深夜の風呂上がり、髪を乾かしながら考える毎日テストって何年受けても慣れない。ある夏の日、映画を観に行った。夏休みに入っていたから、少し余裕があった。コメディ要素も、魅せる要素もある豪華セットみたいな映画だった。どのキャラクターもかっこよくて、面白くてスクリーンに夢中になった。私はあるキャラクターに惹かれた。彼は大人気なキャラクターだとあとでインターネットを調べて知った。気付いたらそのキャラクターを演じている俳優さんについて必死に調べていた。誘惑するような、とき哀愁を感じる美しい目に夢中だった。私は若手俳優についてあまり知らない。バラエティ番組番宣で来るような大人気な俳優さんは知っていても恥ずかしながら彼のことは知らなかった。インターネットを見ると彼は大人気な俳優さんらしく、まとめやファンが語る掲示板がいくつかあった。かっこよくて美しいだけでなく、人柄もいいらしい。平日は勉強に打ち込み、休みの日は加入している動画配信サイトで彼が出ている映画ドラマを観る日々が続いた。

なにかに夢中になることはときに良い効果もあるらしい。必死勉強した模試の成績が良くて、努力が報われる快感に味をしめて、ますます勉強に打ち込めるようになった。

美しい顔立ちと高い演技力を持つ彼はますます活躍の幅を広げ、テレビ雑誌露出も増えた。彼の活躍マイペースに追いかけながら、勉強を頑張っている。ファンレターとかはうまく書けないけれど、匿名のこの場にひっそりと言葉を書きたい。死にたいと思うこともあの頃に比べたら随分と減った。彼には体に気を付けてお仕事を頑張ってほしい。俳優という仕事を選んでくれてありがとう

奨学金借金1000万、無い内定19卒。希望が見えない就活生の吐き出し

吐き出し。

高校大学奨学金を借りて、返済額が1000万円近くある。

借りた当初は「どうしても学びたいことだったし、これは未来への投資」「就職したら頑張って返していこう!」そんな風に前向きだった。

元々母子家庭で、非常にお金がなかった。

運良く高校無償化の恩恵には預かれた世代ではあるが、制服代、教科書参考書代、その他施設費、そして受験費用……

結局奨学金を借りなくては高校卒業ができないような経済状況の家庭で私は育った。

このような状況なのだからそもそも大学お金がかからない国公立、もしくは行かない選択をするべきだった。

だけれども何を考えたか私立大学へ進学してしまった(今の大学を選んだことは全く後悔していない。質の高い、すごく良い大学だった。でもお金のことを考えるとその点では非常に後悔している)

結果、奨学金の返済1000万円を抱えることとなった。

最初のうちは「どうにかして上位の大学に入れたし、ここで頑張って勉強していい会社に入って奨学金を返そう!」「ちゃん就職したらお母さんも楽させたい」

そんな風に希望に満ちあふれていた。

でも、いざ就活が始まってみると、お祈り、お祈り、お祈り、お祈り……

少し長めのインターンに参加して「ぜひうちに来てください!」「あなたと一緒に働きたい」そう言ってもらえた会社からも当然のように不採用通知が届いた。

内定が欲しいのならより好みせず選考に参加しましょう!」「飲食や小売は狙い目です!」

その言葉を信じて飲食、小売の企業にも応募したが、祈られている。

企業研究だってエントリーシートの書き方だって面接対策だって、どれも一生懸命やってきた

勉強だっていつも頑張ってきた……

でもどれも結局は自己満足しかなかったんだろうな。

だって誰も、どこの会社も私のことを必要としてくれてないんだもん。私という人間は、必要とされない。その程度でしかなかったんだよな。

奨学金1000万円も借りるほどの人間なんかじゃなかったんだ。1000万円を借りてたくさん勉強するべきなのは、私みたいな人間じゃない。もっと価値のある、素敵な人がこのお金を借りるべきだったんだよ……この大学に通うべきだったのも、きっと私なんかじゃなかった……私よりも合格すべき人はきっといっぱいいたんじゃない?

なのに身の程知らずにも奨学金を借りて、大学にまで行って……

私って一体なんなんだろう……

今日、また一社から祈られた実家から通える範囲会社で、ここにもし受かれば実家に戻って、家族を支えながら働けるな…なんて思っていた。

そしてさっき実家の母から祖父がもうダメかもしれないと連絡がきた。

膵臓がだめになってたらしい。膵臓は異常に気づくのが遅くなりがちな臓器で、祖父発見がもう遅かったんだって

そもそもだって体調はよくない。もともと病気がちで、数年前に倒れてしまたこともあった。

そんな祖父や母を、私全然支えられてない……職すらまともに見つけられてない。借金けが残ってる。


奨学金、借りた本人が死んだ場合はチャラになるらしい。

私は機関保証制度を利用しているので、私が死んでしまったとしても親族には連帯責任が行かない……

大好きだったおじいちゃんももうだめかもしれないんだったら、もう私も死んでしまおうかな……

毎日そう考えて、毎日泣いてる。

2018-06-17

実家にいて鬱になったが、最近良くなった。

実家は狭かった、精神的にも経済的にも貧しかった、うるさかった。

自分の部屋がない、限られた小遣い、周りに合わすためのゲーム、両親の喧嘩、姉の癇癪。

学者が夢とか幼稚園とき言っていたけど、そんなことは誰にも聞いてもらえなかった。

高校まで地獄だった。

両親、姉、祖父母、教師クラスメイト、こんな繋がりしかなかった。

誰もかれも悪気はなかった。ただ中身のない、文脈のない乾いた笑いで過ごす。

いや、信頼を前提としたかかいというのに慣れていなかった、というか、信頼していなかった。

不毛承認ゲームに参加しないと生きていけないと思っていた。

大学に行こうといった。反対された。

とめどない姉の癇癪。父親うつによる自殺時代遅れ母親大学進学への無理解

死にたかった。やっぱり自分なんて、夢を持っても、こんな家庭に生まれしまって、何も抵抗できない。

他の家庭とは違う。子供の自立を考えようとしない。皆自分のことしか考えていない。

はい終わり。こんな世界もうイヤだ。生まれてこなければよかった。

結果的に推薦で大学合格したけど、溜まりに溜まった鬱が溢れて、学校に行かなくなった。

家に引きこもる。部屋のない実家騒音毎日聞かされる。

父の自殺もあり、死が近くなった。自殺しようと思ったが、できなかった。

本能で死んでないだけ、踏み切れる気力もない。

ただただ、植物状態になっていた。


生きる意味など無い。気づいたのは遅かった。

実家をどうにか出て、一人暮らしになった。

大学サークルにも入ったが、不毛承認ゲームしかできなかった。

講義は退屈だった。不毛すぎる。何もやる気がしない。

そして一年が経ち、すべての関係を切った。

ただ静かな場所が欲しかっただけなんだ。

静かな場所で静かに本を読む。

こんなことが自分の居心地の良い場所で、自分自身のことについて考えられるとは思わなかった。

難しいと思っていた学問も、時間をかければ自分で進めていけることもわかった。

実家おかしいこともわかった。不毛承認ゲーム無駄だとわかった。


育ちがいい家庭の重要な要因とは、「いつか自立するであろう子供」に対し、

自分経験他人経験、また、現在の様々な業界の情勢を織り交ぜた、極力客観的意見が言える親が居ることであり、

そんな人間、周りを見ても簡単に見つからないっていうことをやっと理解できた。

周りに居ないなら自分で獲得するしか無い。そのために本、映画音楽などというものがある。

作品というのは、絶対に全てを知ることのできない他人と、意志を共有するプロトコルにもなりうる。

そのプロトコルを作る人間、使う人間というのがあって、どちらが偉いというわけではない。

でも、意識しなくても、自分でなにかプロトコルを構築した人間というのは、

他人に対して謙虚になれる。自分意志自分で作っているわけだから自信もつくようになる。

そういう人間になりたいけど、文章がうまくまとまらない。

練習しような。今からでも遅くない。

ていうかなんか作ろう。創作なんて馴染みがなかった。

酔いどれ20歳児でした。

2018-06-15

デスペの公式回答が出たけど

TACもITECも間違ってる問題があって笑う

俺の回答あってるからしかしたら合格してるかもしれん

2018-06-12

通信制高校に行くより高認を使って大学、専門に行った方がお得な話

全日制で馴染めず通信制高校に行く人も居ると思います

みなさんは卒業までにいくら掛かるかご存知でしょうか?

大体年間50万円は掛かると思います

ですが高校認定試験かい文部科学省実施しているテスト合格すれば8500円で高卒と同等の学力があると認められ

大学、専門に進学することが出来ます

8500円ですよ?3年間で150万円以上浮く計算になります

正直言って通信制高校はusjに行ったら数学の授業、スクーリング会場から駅までが体育の授業と無茶苦茶です

そんな無茶苦茶な所にお金を払うなら高認試験を取って大学に進学することをお勧めしま

結論高校認定試験>>>通信制高校

更にテストで一発で8科目合格すればたった1回のテストしか要りません

学校にもスクーリングにも行く必要ありません

凄いお得ですね♪

anond:20180218122025

勉強」の定義あいまいからややこしくなるんだよな。この増田場合

合格ラインが、満点でない一定のところにある試験において、効率よく合格点をとるための勉強

なら、その要素はあるといえる。

「将来的に研究者的な仕事に向く」となると、細かいところにこだわるタイプ、かつ、試験クリアする効率的な勉強もできる、切り替え上手でかつこだわりタイプというレア人間が向いていることになるだろう。

2018-06-10

anond:20180610144850

しか医学科は、原因不明だが男子合格者の割合がとても高いので、

男の方が優秀だから

はい終了

歯学部みたいに産科学部医学部から独立させるのは?

現状の入試制度では、医学部医学科という枠に入らないと産科専門家に到達可能ルートに入れない。

しか医学科は、原因不明だが男子合格者の割合がとても高いので、産科にも結果的男性医師が多くなってしまう。

また医学科に入った女性すら、なぜか他の眼科内科といった分野を選ぼうとする人も多い。

受益者ニーズとして女性医師を望む声が多いにも関わらず、これでは需給が対応しないままである

そこで提案だが、口腔周辺の医療独立した歯学部となっているのと同じように、産科学部最初から独立させるのはどうだろうか。

分岐ルート学部入試の段階に移すのである

歯学部職人技術的要素が他の医学分野と大きく異なるという理由存在するが、産科ジェンダー社会背景の問題性が大きく、独立するだけの意義があると考えられる。

男女共通看護師資格別に女性限定の助産師という資格がある。

医学分野にもそれに対応した状態を作るということである

アファーマティブ・アクションの一環ではあるが、他の学問分野と比べても女性の利害に直結するため、男女枠を1:9に固定する施策必要だと思われる。

現状の産科医に男性が多数存在する現状、新制度から突然男性を完全に除外することは困難だろう。

しかし結局男性医師ばかりとなってしまうと、現状から何も変わらなくなるので、上で書いたような男女枠を設ける必要がある。

加えて言うと、ジェンダー面での問題解決に限らない。

産科医不足を解消するという面でも、最初からこの分野で従事する覚悟を決めた者だけが入ってくる点で望ましいだろう。

2018-06-08

日本裁判所は使えない

残念だが、日本人頭が悪いと思えるときがある。

過去の失敗例があっても、未来に活かすことはなく、破滅に向かって再び突っ走って行くのが日本人スタイル

 

性犯罪などでは被害者名を被告に伏せる運用可能だが、被告反論する権利との兼ね合いから実際は限られ、今回のケースは男に女性の氏名が記された起訴状が送達されていた。

男の発言を知った女性不安を抱いているといい、被害者保護の難しさが浮き彫りになった。

刑事手続きにおける被害者保護を巡っては、2012年に神奈川県逗子市であったストーカー殺人事件で、警察官被害者結婚後の姓や住所を読み上げ、加害者となった男に住所が知られたことが問題となった。

これを受け、警察検察当局は一部で逮捕状起訴状被害者氏名を記載しない運用を始めた。

 

一方、刑事訴訟法は起訴状でできる限り起訴内容を特定するよう定めている。

被告反論する権利(防御権)を保障する観点から被害者氏名の記載が不可欠との意見は根強く、ある検察幹部は「再被害の具体的な危険性について証明を求める裁判所姿勢もあり、実際は匿名にできることはほとんどない」と話す。

 

裁判長裁判を仕切っているんだから裁判官が必要判断したときだけ、被害者情報弁護士開陳すれば良いだけじゃないの?

ストーカー被害者個人情報を伝えたら、被害者が困るだけじゃんね?

 

この事例から日本裁判には、法治国家ルールに基づいた社会運営利害関係の調整機能が欠落していることが分かる。

ガリ勉司法試験合格しただけでは、人間としての賢明さは備わっていないのだろう。

 

日本法曹界って、知性のレベルが低いよね?(バカ丸出し

2018-06-07

anond:20180607172540

難関資格というのは世間的な「難関」ではなく「偏差値55の高校レベルから見た難関だと思うよ。

医師弁護士(司法試験)は偏差値55の高校レベルだとまず無理でしょ。難関大合格もおぼつかないのに。

はてな匿名ダイアリーでアウトプットするからね

とあるトマスホッブズの著書でこのような台詞があったようだ。

イノベーションを起こしたい私も、LGTMな人の前で「はてな匿名ダイアリーアウトプットする、それも強い正義感からね」とプレゼンしてみて、人生を変えたい。

そんなインスタンスしたらバンクラプシーすることは承知しているのかな、って。それでも、マサチューセッツ工科大学合格した私は現在ネットワークの歪さと愛おしさを知らしめ、ビジネス成功させたい。

あの顧客がどこまで経営戦略を『孫子に学ぶ私のことを気付きを得ていつつパラレルタスクを消化しているかは分からない。だからこそ、こういうTRIZを駆使して導き出したところで第2のジョブズとして歴史に名を残す私とアグリーインフルエンサー関係お話を『パワポ化』したらもしかしたら責任自覚をもって行動気付きを得てくれるんじゃないかなあと理想燃えしまう。

ソレしか皇族と繋がりのある私のビジネスモデルがないし、見る目がない、まずは些細な挨拶から

世界を知らないままの状態ユビキタスをくわえてペンディングするなりたい自分になれなくなるフォアラーがある。この案件におけるフォアラーこそ、ここで世紀末犠牲させてしまえたらなんて良いんだろうか。

…でもさ、逆にこの状況はチャンスだと考えられないかな?、それは今やるときではないのではなく、敢えてやらないと理性が抑えていつつパラレルタスクを消化している。ジョブズならそう言うよ。

あーあ。こういう日本を変えないといけない。仮眠する。

2018-06-06

anond:20180606154825

かに、こうすれば不幸な子供は増えないし、保育所だって空きがでてくるかもしれないね

でも、この世の殆ど人間ダメ人間だと思うし、優秀な、というか普通に考える頭を持っている人間が手足として使うような労働力はまだまだ必要だと思う。

そして、親になる試験合格してまで子供が欲しい!という大人が大多数を占めるとは限らないし、合格できない無職ヤンキーダメ人間にも参政権が与えられている限り、反論が出て無理だろう。

劣っている人間って、権利って言葉自分より優れた人間とは平等になろうとするから

アメリカでは養子制度が盛んで、親として不適格な人間の子どもは、試験というか研修合格した大人の元で養子として生活できる。

こういう制度日本にもあるだろうが、浸透はしていないんじゃないかな。虐待があろうが、学校をやめさせようが、肉親の親権が強すぎるんだな。

国による子供個人権利保護を浸透させるほうが、現実的ではないか、と思う。

2018-06-05

童貞という絶望

今年で20歳になる。

彼女いない歴=年齢のクソ童貞

彼女が当たり前にいる人間にとって、彼女どうこうなんて些細な問題に感じるかもしれないが、これは重大な問題である

まず、恋愛というものを知らない。

ベッドシーンのない洋画などなく、巷で流行る曲は全部恋愛がらみの曲だ。

僕にはこれらを理解することができない。

まるで色盲人間が鮮やかさを知らないように。

また、彼女の不在は、僕にとって自身を無条件で肯定してくれる存在の不在を意味する。ほぼ被害妄想ではあるが、世界から否定されている気分になる。君の居場所はないよと。

一流大学合格し、運動部に入り、充実した生活を送ってる。

でもたまに、時々、こんな絶望に襲われる。このまま一生誰からも愛されないだろうか。肯定されたい。

anond:20180605214047

それで合格する人がほとんどいないか教習所があるんだよな…

そりゃそうだ、一度も運転したことないのにいきなり乗って「完璧」のレベル運転しないといかんのだし

(実際は有料でコースや車を借りて事前練習はできる、親友人などの同乗も可能

素直に教習所代金払ったほうがマシである

通信制高校に行くより高認を使って大学、専門に行った方がお得な話

全日制で馴染めず通信制高校に行く人も居ると思います

みなさんは卒業までにいくら掛かるかご存知でしょうか?

大体年間50万円は掛かると思います

ですが高校認定試験かい文部科学省実施しているテスト合格すれば8500円で高卒と同等の学力があると認められ

大学、専門に進学することが出来ます

8500円ですよ?3年間で150万円以上浮く計算になります

正直言って通信制高校はusjに行ったら数学の授業、スクーリング会場から駅までが体育の授業と無茶苦茶です

そんな無茶苦茶な所にお金を払うなら高認試験を取って大学に進学することをお勧めしま

結論高校認定試験>>>通信制高校

更にテストで一発で8科目合格すればたった1回のテストしか要りません

学校にもスクーリングにも行く必要ありません

凄いお得ですね♪

必見】通信制高校に行くなら高認試験を進める理由

1:高校認定試験とは何か?

高認とは文部科学省実施している試験で毎年2回ほどやって

9科目に合格すれば専門、大学に進学出来る資格

1度合格した科目は次から免除され、不合格の科目全て合格資格取得とななる

2:なぜ高認を進めるのか

 費用が安いか

高認は8500円で受けれて、通信制高校は総額100万円以上掛かる

よってコスパ最強

3:高卒になるのか

 ならないが、専門、大学卒業すれば一気に二階級特進して

専門卒、大卒となる

必見】通信制高校に行くなら高認試験を進める理由

1:高校認定試験とは何か?

高認とは文部科学省実施している試験で毎年2回ほどやって

9科目に合格すれば専門、大学に進学出来る資格

1度合格した科目は次から免除され、不合格の科目全て合格資格取得とななる

2:なぜ高認を進めるのか

 費用が安いか

高認は8500円で受けれて、通信制高校は総額100万円以上掛かる

よってコスパ最強

3:高卒になるのか

 ならないが、専門、大学卒業すれば一気に二階級特進して

専門卒、大卒となる

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん