「直ちに」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 直ちにとは

2020-05-25

Vol.106 政府による布マスク生産調達について、皆様の疑問にお答えします。

医療ガバナンス学会 (2020年5月21日 06:00)

 

経済産業省 政策統括調整官

江崎 禎英

2020年5月21日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

 

新型コロナウイルスへの対応のなかで、その危機シンボルのように扱われてきたマスク。ここに来て仮設店舗飲食店などでも50枚入りが一箱2000円前後販売されるようになり、ひと頃のようなマスク不足の状況は改善しつつあります

そうした中で、政府実施している一世帯2枚の布マスクの配布について、これを疑問視する意見が増えています。配布されたマスクに髪の毛や糸くずが入っていたり、カビと思われる変色したマスクがあったとの報道を耳にされた方もいらっしゃるでしょう。問題のあるマスクは速やかに交換する対応を行っているところですが、実際に手にされた方に不安と不信感を与えてしまいましたことは、心からお詫び申し上げたいと思います

 

マスクを巡る一連の対応への批判は、政府としてこれを真摯に受け止めるのは当然です。しかしながら、実際にマスク製造した事業者にも厳しい批判の目が向けられていることは、この作業をお願いした立場にある者として誠に申し訳なく思っております。今後市場に出回るマスク供給量が増え、マスク不足に対する危機感が薄れるにつれて、今般の布マスク生産に携わった事業者に対していっそう厳しい目が向けられる可能性があります緊急時対応平時基準によって評価されることは往々にしてあり得ることですが、懸念すべきは、そうした評価が広がることによって、今後、国の緊急事態に協力しようとする企業が現れなくなってしまうことです。

先日の国会審議の中では、「政府が配る布マスクはその大半が不良品であり全て廃棄すべき」といった趣旨議論が展開されたため、その経緯を理解していただくために、質疑に割り込む形で答弁をさせていただきました。しかし、私の答弁は通告された質問に答えるものではなかったために、怒号と叱責の中で十分にお伝えすることができませんでした。そこでこの場をお借りして、多くの方の疑問にお答えする形で、その背景と経緯について書き記しておきたいと思います

 

<なぜ、布マスクだったのか>

再利用を前提とした長期間使用可能な布製マスクを大量に生産調達することによって需給ギャップを埋め、使い捨てマスク医療関係者等に優先的に回せる環境を整えようとしたのが、布マスクに取り組んだ最大の理由です。

本年1月から、それまで国内供給の8割程度を占めていた中国からマスクの輸入が途絶え、マスクの品薄状態が始まりました。このため2月にはマスクを求めて早朝から店舗の前に行列ができる状況となり、国会等でもマスク供給を増やせとの指摘が相次ぎました。2月下旬には、マスクの買い占め防止のためにネットオークション自粛を求めると共に、国内生産設備の増強を含めた供給量拡大に取り組みました。

しかしながら、当時の国内におけるマスク供給能力は月産4億枚程度であり、その殆どが不織布を用いた使い捨てタイプでした。国内生産力増強のための補助金に応募した企業も全て不織布を用いた使い捨てマスク用の設備投資でした。この頃、感染症専門家などからは、使い捨てマスク再利用を行うべきでない旨の見解が出されており、需給ギャップは拡大の一途を辿るおそれが生じていました。

このため、ハンカチキッチンペーパーによる手作りマスクなど、使い捨てマスク以外の対応を考える中で、政府としてたどり着いた結論が、ガーゼマスクでした。かつて小学校などで給食当番の際に使っていたガーゼマスクは、洗濯して何度も利用されていました。そこで「健常者による飛沫感染に対する予防としては、手すりやドアノブなどに触れた手で自らの鼻や口に触れないことが重要との観点から、布マスクによっても有効対応可能である」と医療関係者確認し、布マスク生産調達プロジェクトスタートしました。

 

<布マスクは何時までにどれくらいの量を調達しようとしたのか>

マスクが手に入らないことに対する国民不安を軽減するためには、繰り返し使用できる布マスクを来月(4月)末までになんとか1億枚規模で調達できないか」というのが当時の認識でした。私自身がこの布マスク生産調達プロジェクトに参画し、事業者との調整に携わったのはまさにこの頃です。

本年3月には、ドラックストアやスーパー店頭からマスクが消え、一日中マスクに関する報道が流れ、国会でもマスク供給不足に対する政府対応非難する質問が続き、マスク供給のためにあらゆる手を尽くせと責め立てられる状況でした。全国民が一斉にマスクを買い求めるというこれまでに経験したことのない爆発的な需要増の一方、中国からの輸入が全く見通せないなかで、1億枚という規模の目標形成されていきました。

 

<なぜ、日本製マスク調達しなかったのか>

そもそもマスク材料となるガーゼ中国しか生産しておらず、ガーゼ国内在庫殆ど存在しない状況でした。

このため、国内供給できる布マスクは、せいぜい1万枚から多くても10万枚のレベルで、およそ1億枚といった規模には届かない状況でした。仮になんとか国内材料となるガーゼを持ち込んでも、布製マスクを縫製する設備ミシン)や人員を揃えることも困難な状況でした。現在でも、「布製マスクを作るなら日本生産すべきだ」との意見も多いのですが、国内生産設備殆どが不織布を用いた使い捨てマスク用の機械装置です。

 

<なぜ、「興和」を始めとする特定企業とだけ契約したのか>

今年3月時点で、海外で1億枚規模のマスクガーゼ調達するネットワークを有し、布製マスク材料調達から裁断、縫製、検品、袋詰めまでを一貫して行える企業は、興和しかありませんでした。

ただ、興和単独では1億枚規模の生産は困難であったため、中国で縫製関係業務経験のあった伊藤忠とマツオカコーポレションの協力を得て生産体制を構築したものです。

当初、これら3社からは、4月末までに1億枚の生産など到底無理だと言われましたが、日本の窮状を救うためにあらゆる手を尽くして目標を達成して欲しいとお願いしました。結果、ベストシナリオで約9千6百万枚まで積み上げ、1億枚規模の目標達成の可能性ありとして、直ちに材料の確保、製造ラインの立ち上げをスタートしていただきました。

 

<実際のマスク生産体制はどうなっているのか>

4月末までに1億枚規模の生産を行うために、興和だけでも中国において約20カ所の縫製工場と約1万人の縫い子と検査要員を確保しています

これには、興和中国に有する様々なネットワークを駆使して、尋常でないスピードでこの体制を整えたと聞いています伊藤忠やマツオカコーポレーション独自ネットワーク東南アジアの国々に縫製工場人員を確保し、生産を行っています

これだけの人員を集めても、縫い子さん1人当たり1万枚ものマスクを縫製する必要があり、24時間体制での生産を行っています。各工場一定量生産が進んだ段階で検品梱包し、直ちに航空機日本に運ぶといったオペレーションになっています

 

<なぜ、不良品が発生したのか>

当初、興和からは「興和名前が出る以上、従来通りの国内検品を行うのでなければこの仕事は引き受けられない」と強く言われました。しかし、興和国内検品は、一旦全てのマスクを一か所の検品施設に集め、1ミリ程度の縫い目や折り目のずれ、布のほつれも不良品として弾いてしまうというレベル対応です。このため従来どおりの国内検品作業を行っていたのでは目標の半分も達成できない可能性があり、緊急避難的な対応として現地検品を基本とするオペレーションに変更してもらいました。

日本に持ち込んだ後は、配布準備段階で最終チェックを行うのですが、ここでのチェックをすり抜けた不良品利用者の手元に届いてしまたことは誠に申し訳なく思っています。また、自治体によっては、こうした作業保健所に依頼したことで、保健所職員作業を増やす結果になったことも反省点として認識しています

ちなみに、特定医療マスクを除き、マスクに対する国際的品質基準存在しません。また、国内におけるマスク業界団体が出している品質基準ホルムアルデヒドの検出基準が示されているだけで、各社毎の自主基準による検品が基本となっています

不良品報道を受けて、現在では事業者においても自主的に国内検品実施していただいているところです。「受注した以上、企業完璧製品を届けるのが当然だ」といった意見もっともですが、それはあくま平時における常識で、緊急事態対応にまでこれを要求することは酷だと思います。それ故に、これを補う形で国が改めて検品を行っているのですが、この費用に国費を充てるのは問題だとの意見が寄せられているのが現在の状況です。

 

<なぜ、配布が遅れているのか>

4月末までに1億枚の布マスク生産して国内に持ち込むというのは、元々極めて厳しい目標でしたが、緊急事態ということで各社全力で取り組んでいただきました。しか現実には、急遽集めた1万人に及ぶ縫子さんの教育からまり中国国内での物流障害企業活動制限)、更には中国政府によるマスクの輸出規制によって通関で止められるなど次々に問題が発生しました。

しか入国制限によって、これらの問題解決するための職員中国派遣することができません。大使館の協力も得ながらなんとか通関を突破しても、日本へ運ぶ航空機の確保ができないといった状況にも見舞われました。生産物流、通関等々、二重三重障害を乗り越えて国内に持ち込む中で、スケジュールが後ろ倒しになる状況が続いてしまいました。

これに加えて、今般の不良品問題の発生によって、メーカーが全量回収の上国内検品を行うとともに、更に万全を期すために国による検品も行っているために、配布スケジュールしわ寄せが生じる結果となっています

 

最後に>

現在も、関係者尋常ならざる努力によって布マスク生産調達が続いています国民マスク不安を解消するための布マスク生産調達でしたが、状況が落ち着くにつれて、「量、スピード品質」全てに完璧が求められるようになりました。まだ全体のオペレーションが終了していませんが、こうした一連の作業の結果、事業者にとっては大きな持ち出しになることを懸念しています興和では今も職員を総動員して布マスク検品作業を行っています

また、現状では不良品や国による検品費用ばかりに議論が集中し、こうした布マスクの取り組み自体が全て失敗であったかのような議論がなされているのは誠に残念なことです。特に日本危機的な状況を救うために協力してくれた事業者が、結果的社会的批難を受けることがあってはならないと感じています。また、日本のために今も昼夜に亘って布マスク製造してくださっている1万人を越える海外の縫子さん達のためにも、是非事実を知っていただきたいと思い、筆を執りました。

もちろん、だからといって不良品が許されるわけではありません。現在検品には万全を期していますが、万が一不良品が届いた際には速やかに交換させていただきますのでご協力をお願いします。その上で、不良品の状況はきちんと確認評価し、今後の反省材料にしてまいります

なお、まだ一部の方々にしか届いていない布マスクですが、実際に手にされた方からは良い評判もいただいております新型コロナウイルスへの対応は長丁場になる可能性が高いと言われています。是非、多くの方々の努力によって届けられる布マスクをご活用いただき、この災禍を乗り越えていただきたいと思いますよろしくお願い致します。(令和2年5月18日

2020-05-24

Vol.106 政府による布マスク生産調達について、皆様の疑問にお答え

医療ガバナンス学会 (2020年5月21日 06:00)

 

経済産業省 政策統括調整官

江崎 禎英

2020年5月21日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

 

新型コロナウイルスへの対応のなかで、その危機シンボルのように扱われてきたマスク。ここに来て仮設店舗飲食店などでも50枚入りが一箱2000円前後販売されるようになり、ひと頃のようなマスク不足の状況は改善しつつあります

そうした中で、政府実施している一世帯2枚の布マスクの配布について、これを疑問視する意見が増えています。配布されたマスクに髪の毛や糸くずが入っていたり、カビと思われる変色したマスクがあったとの報道を耳にされた方もいらっしゃるでしょう。問題のあるマスクは速やかに交換する対応を行っているところですが、実際に手にされた方に不安と不信感を与えてしまいましたことは、心からお詫び申し上げたいと思います

 

マスクを巡る一連の対応への批判は、政府としてこれを真摯に受け止めるのは当然です。しかしながら、実際にマスク製造した事業者にも厳しい批判の目が向けられていることは、この作業をお願いした立場にある者として誠に申し訳なく思っております。今後市場に出回るマスク供給量が増え、マスク不足に対する危機感が薄れるにつれて、今般の布マスク生産に携わった事業者に対していっそう厳しい目が向けられる可能性があります緊急時対応平時基準によって評価されることは往々にしてあり得ることですが、懸念すべきは、そうした評価が広がることによって、今後、国の緊急事態に協力しようとする企業が現れなくなってしまうことです。

先日の国会審議の中では、「政府が配る布マスクはその大半が不良品であり全て廃棄すべき」といった趣旨議論が展開されたため、その経緯を理解していただくために、質疑に割り込む形で答弁をさせていただきました。しかし、私の答弁は通告された質問に答えるものではなかったために、怒号と叱責の中で十分にお伝えすることができませんでした。そこでこの場をお借りして、多くの方の疑問にお答えする形で、その背景と経緯について書き記しておきたいと思います

 

<なぜ、布マスクだったのか>

再利用を前提とした長期間使用可能な布製マスクを大量に生産調達することによって需給ギャップを埋め、使い捨てマスク医療関係者等に優先的に回せる環境を整えようとしたのが、布マスクに取り組んだ最大の理由です。

本年1月から、それまで国内供給の8割程度を占めていた中国からマスクの輸入が途絶え、マスクの品薄状態が始まりました。このため2月にはマスクを求めて早朝から店舗の前に行列ができる状況となり、国会等でもマスク供給を増やせとの指摘が相次ぎました。2月下旬には、マスクの買い占め防止のためにネットオークション自粛を求めると共に、国内生産設備の増強を含めた供給量拡大に取り組みました。

しかしながら、当時の国内におけるマスク供給能力は月産4億枚程度であり、その殆どが不織布を用いた使い捨てタイプでした。国内生産力増強のための補助金に応募した企業も全て不織布を用いた使い捨てマスク用の設備投資でした。この頃、感染症専門家などからは、使い捨てマスク再利用を行うべきでない旨の見解が出されており、需給ギャップは拡大の一途を辿るおそれが生じていました。

このため、ハンカチキッチンペーパーによる手作りマスクなど、使い捨てマスク以外の対応を考える中で、政府としてたどり着いた結論が、ガーゼマスクでした。かつて小学校などで給食当番の際に使っていたガーゼマスクは、洗濯して何度も利用されていました。そこで「健常者による飛沫感染に対する予防としては、手すりやドアノブなどに触れた手で自らの鼻や口に触れないことが重要との観点から、布マスクによっても有効対応可能である」と医療関係者確認し、布マスク生産調達プロジェクトスタートしました。

 

<布マスクは何時までにどれくらいの量を調達しようとしたのか>

マスクが手に入らないことに対する国民不安を軽減するためには、繰り返し使用できる布マスクを来月(4月)末までになんとか1億枚規模で調達できないか」というのが当時の認識でした。私自身がこの布マスク生産調達プロジェクトに参画し、事業者との調整に携わったのはまさにこの頃です。

本年3月には、ドラックストアやスーパー店頭からマスクが消え、一日中マスクに関する報道が流れ、国会でもマスク供給不足に対する政府対応非難する質問が続き、マスク供給のためにあらゆる手を尽くせと責め立てられる状況でした。全国民が一斉にマスクを買い求めるというこれまでに経験したことのない爆発的な需要増の一方、中国からの輸入が全く見通せないなかで、1億枚という規模の目標形成されていきました。

 

<なぜ、日本製マスク調達しなかったのか>

そもそもマスク材料となるガーゼ中国しか生産しておらず、ガーゼ国内在庫殆ど存在しない状況でした。

このため、国内供給できる布マスクは、せいぜい1万枚から多くても10万枚のレベルで、およそ1億枚といった規模には届かない状況でした。仮になんとか国内材料となるガーゼを持ち込んでも、布製マスクを縫製する設備ミシン)や人員を揃えることも困難な状況でした。現在でも、「布製マスクを作るなら日本生産すべきだ」との意見も多いのですが、国内生産設備殆どが不織布を用いた使い捨てマスク用の機械装置です。

 

<なぜ、「興和」を始めとする特定企業とだけ契約したのか>

今年3月時点で、海外で1億枚規模のマスクガーゼ調達するネットワークを有し、布製マスク材料調達から裁断、縫製、検品、袋詰めまでを一貫して行える企業は、興和しかありませんでした。

ただ、興和単独では1億枚規模の生産は困難であったため、中国で縫製関係業務経験のあった伊藤忠とマツオカコーポレションの協力を得て生産体制を構築したものです。

当初、これら3社からは、4月末までに1億枚の生産など到底無理だと言われましたが、日本の窮状を救うためにあらゆる手を尽くして目標を達成して欲しいとお願いしました。結果、ベストシナリオで約9千6百万枚まで積み上げ、1億枚規模の目標達成の可能性ありとして、直ちに材料の確保、製造ラインの立ち上げをスタートしていただきました。

 

<実際のマスク生産体制はどうなっているのか>

4月末までに1億枚規模の生産を行うために、興和だけでも中国において約20カ所の縫製工場と約1万人の縫い子と検査要員を確保しています

これには、興和中国に有する様々なネットワークを駆使して、尋常でないスピードでこの体制を整えたと聞いています伊藤忠やマツオカコーポレーション独自ネットワーク東南アジアの国々に縫製工場人員を確保し、生産を行っています

これだけの人員を集めても、縫い子さん1人当たり1万枚ものマスクを縫製する必要があり、24時間体制での生産を行っています。各工場一定量生産が進んだ段階で検品梱包し、直ちに航空機日本に運ぶといったオペレーションになっています

 

<なぜ、不良品が発生したのか>

当初、興和からは「興和名前が出る以上、従来通りの国内検品を行うのでなければこの仕事は引き受けられない」と強く言われました。しかし、興和国内検品は、一旦全てのマスクを一か所の検品施設に集め、1ミリ程度の縫い目や折り目のずれ、布のほつれも不良品として弾いてしまうというレベル対応です。このため従来どおりの国内検品作業を行っていたのでは目標の半分も達成できない可能性があり、緊急避難的な対応として現地検品を基本とするオペレーションに変更してもらいました。

日本に持ち込んだ後は、配布準備段階で最終チェックを行うのですが、ここでのチェックをすり抜けた不良品利用者の手元に届いてしまたことは誠に申し訳なく思っています。また、自治体によっては、こうした作業保健所に依頼したことで、保健所職員作業を増やす結果になったことも反省点として認識しています

ちなみに、特定医療マスクを除き、マスクに対する国際的品質基準存在しません。また、国内におけるマスク業界団体が出している品質基準ホルムアルデヒドの検出基準が示されているだけで、各社毎の自主基準による検品が基本となっています

不良品報道を受けて、現在では事業者においても自主的に国内検品実施していただいているところです。「受注した以上、企業完璧製品を届けるのが当然だ」といった意見もっともですが、それはあくま平時における常識で、緊急事態対応にまでこれを要求することは酷だと思います。それ故に、これを補う形で国が改めて検品を行っているのですが、この費用に国費を充てるのは問題だとの意見が寄せられているのが現在の状況です。

 

<なぜ、配布が遅れているのか>

4月末までに1億枚の布マスク生産して国内に持ち込むというのは、元々極めて厳しい目標でしたが、緊急事態ということで各社全力で取り組んでいただきました。しか現実には、急遽集めた1万人に及ぶ縫子さんの教育からまり中国国内での物流障害企業活動制限)、更には中国政府によるマスクの輸出規制によって通関で止められるなど次々に問題が発生しました。

しか入国制限によって、これらの問題解決するための職員中国派遣することができません。大使館の協力も得ながらなんとか通関を突破しても、日本へ運ぶ航空機の確保ができないといった状況にも見舞われました。生産物流、通関等々、二重三重障害を乗り越えて国内に持ち込む中で、スケジュールが後ろ倒しになる状況が続いてしまいました。

これに加えて、今般の不良品問題の発生によって、メーカーが全量回収の上国内検品を行うとともに、更に万全を期すために国による検品も行っているために、配布スケジュールしわ寄せが生じる結果となっています

 

最後に>

現在も、関係者尋常ならざる努力によって布マスク生産調達が続いています国民マスク不安を解消するための布マスク生産調達でしたが、状況が落ち着くにつれて、「量、スピード品質」全てに完璧が求められるようになりました。まだ全体のオペレーションが終了していませんが、こうした一連の作業の結果、事業者にとっては大きな持ち出しになることを懸念しています興和では今も職員を総動員して布マスク検品作業を行っています

また、現状では不良品や国による検品費用ばかりに議論が集中し、こうした布マスクの取り組み自体が全て失敗であったかのような議論がなされているのは誠に残念なことです。特に日本危機的な状況を救うために協力してくれた事業者が、結果的社会的批難を受けることがあってはならないと感じています。また、日本のために今も昼夜に亘って布マスク製造してくださっている1万人を越える海外の縫子さん達のためにも、是非事実を知っていただきたいと思い、筆を執りました。

もちろん、だからといって不良品が許されるわけではありません。現在検品には万全を期していますが、万が一不良品が届いた際には速やかに交換させていただきますのでご協力をお願いします。その上で、不良品の状況はきちんと確認評価し、今後の反省材料にしてまいります

なお、まだ一部の方々にしか届いていない布マスクですが、実際に手にされた方からは良い評判もいただいております新型コロナウイルスへの対応は長丁場になる可能性が高いと言われています。是非、多くの方々の努力によって届けられる布マスクをご活用いただき、この災禍を乗り越えていただきたいと思いますよろしくお願い致します。(令和2年5月18日

2020-05-23

ちょっとだけバラエティADやってたけど

テラハに出ていたプロレスラーが亡くなった件、

クソリプ送りまくってたひとや死ね消えろと呟いてたひとが彼女を死に至らせたのはもちろんだけど、両輪でテラスハウス彼女への中傷を煽るような演出編集したことについても考えてほしくて短い経験だが現場で働いていた身として書きたい。

私は2年程度バラエティADをやっていたがメンタルがあれしてしまったので今は違う部署仕事をしている(業界ではよくあることだ)。そんな短い期間で2つの番組にいたんだけど、片方はTHEお笑いバラエティで片方は生活に役立つ系番組だった。

お笑いバラエティの方は見ていた時の印象と同じく強烈な人たちが作っていて、酷い時は週に1人はADが飛ぶ(突如来なくなる。業界ではよくあることだ)みたいなレベルだったのでそれはそれで酷かった。

生活系の番組に来た時ここなら過酷ロケもないしと思ったら意外にもこちらのほうがやらせが多かった。

やっぱり日常系とか生活系だと淡白ものになりやすいので、そこに見ごたえをつけようとするとありもしない歴史を創成したり、極端な説を取り上げたり、片方を持ち上げる時にもう片方を過剰に貶すような表現を使わないといけなかった。でもどちらにも生産者とか関係者がいるわけでたまにクレームが入ったりするんだけど基本謝らない撤回しないが鉄則だった。(業界ではよくあることだ)

ただの生活情報教養を当たり障りなくご紹介してもつまらないのと同じで若い男女を一つ屋根に済ませたところでそんな頻繁に面白いことが起こるとは思えない。というか人間恋愛がそんなに面白かったら日常に転がってるんだからわざわざ番組で見る必要がない。

リアリティーショーでは時々「やらせがあった」「台本があった」なんて話が出てくるけどその度にうやむやになるのは

一般的想像される台詞が書いてあるような「台本」は無いからだと思う。

別に何かを読ませてはいないけど、ゲームでいう「イベント」が起こるように「仕込み」をしているのが実情だと思う(業界ではよくあることだ)。

「仕込み」と「やらせ」って何が違うのと言われると線引きが非常に難しいんだけど、全員が把握してるわけではない細工とか、番組として美味しくなるように焚きつけておくとかその類を仕込みと呼んで、あくまで俺たちがやってるのは演出でその結果生まれ出演者たちの言動リアクションリアルなんだからやらせじゃない、みたいなとこだ。

スタッフにも当然「仕込み」をしている自覚はあるので作為的にやってる認識もあり、それが当たり前になっているんだけど、意外にも視聴者マスゴミやらせと叩く割に目の前に流れている映像結構ガチ」だと思っているし、信じているなというのが辞めて視聴者に戻った今の印象。

本題に戻るが正直言って彼女は広く有名人でもないしデカ事務所に入ってるわけでもないし、プロレスを広めるためにこの番組に入ってきたという経緯がある。これをきっかけに新規層を切り開くという期待と責任があっただろう。

そして何より彼女ヒールとして、レスラーとして優秀だった。演出意図を汲むことも難しく無かっただろう。スタッフからしたら立場的にも性質的にも1番使いやす存在だ。

そしてバラエティ世界である程度生きているスタッフ例外なく不眠不休、(物質精神的)暴力、驚くほど低いモラル(モラハラセクハラ)に耐えた、耐えたというか自分麻痺させることでそれを消化したサバイバーだ。

これは私のいた番組共通していた。ほのぼの系だろうが過激派だろうがお役立ち系だろうがベテランAD以上はみんなこれを経験している。

サンプルが少ないわ!一絡げにするな!と思うかもしれないが偉いひとであればあるほど過酷経験をしているので、そこが受け入れられない新人は「面白くない」「面倒くさい」と毛嫌いされ、若ければ若いほど社会人になるまでに学んできたリテラシーとかモラルとのギャップの激しさ、あと純粋ブラック環境に苦しみドロップアウトする(業界ではよくあることだ)。

更に局員・非局員というエグい格差存在するのでここでは説明しないけど、とにかく「まともな奴から辞めていく」と口を揃えて言うのが番組制作現場なのだ

から彼女のこと駒として重宝していたとしても、人間として大切にしていたひとがどれくらいいたのかと思ってしまう。

断言できる、編集1つ、演出1つで煽り制御できた。スタジオで見守る芸人たちのコメントの切り取り方1つでも印象は絶対違ったはずだ。

一丁羅が滅茶苦茶になってキレたとはいえ帽子飛ばしたのはやり過ぎかもしれない、相手男性を追い出したようなものかもしれない。

でもリアリティーショーとしてのイベント面白みを残しつつ、ここまで叩かれないような編集をすることは可能だったと思う。

私はバイアスがかかっているのでもはやコスチュームを誤って縮めたこ自体、または派手に怒ること自体が「仕込み」だとしても驚かないんだけど。監視スタッフがこのまま一丁羅が縮むのを知っていて洗濯を止めなかったならそれもある種「仕込み」と言えるかもしれない。

テラハファンからは「でも番組として面白かった、楽しませてもらったよありがとう」みたいなコメントもあったが

番組面白さのために人が死んでいいわけが無いし、番組面白くしているのは間違いなく制作側の演出で、さじ加減1つで人は死ぬのだ。

誹謗中傷したひとたち、見てないと思って書いてしま私たちへの戒めは必要だ。私刑ではなく。

ただ両輪で番組面白くする演出のために人が死んだことについても議論されて欲しいと思う。人が死ぬという人権侵害が起こっているうえに他の出演者への誹謗中傷も広がっている状況を見るとBPO番組構造としての問題を探ることがあってもいいと思う(少なくとも警察公的機関より先に動かないといけない)。

現場で働いていたときは色んなことに(業界ではよくあることだ)をつけて納得していたけど、辞めて時間が経った今、どう考えても業界でよくあることは一般的によくあることじゃないし、それを放置していい時代も終わっている。

演出1つ、編集1つで防げた事態だ。コメントや表情の切り貼りなんかしょっちゅうやってるんだから緩和させるように編集することもできたはず。仮にそこが譲れなかったとしてもAPとか演者フォローを手厚くするとかできたことはあったはずだ。

番組制作に携わる人たちにもネットは怖いね!で片付けないで向き合って欲しい。他局だが既に演出に触れず誹謗中傷についてのコメントだけしている制作者がいて強い危機感を覚える。

ネットの闇」なんてワードで片付けないで、両輪でこの死に向き合いたい。

p.s.プロレス観戦が趣味だったので1回だけ新宿FACE彼女を見たことがある。メインマッチとかでは無かったけど印象に残っていて、たまーにインスタとか覗いていた。だから名前を見たときに本当に驚いた。当時撮った写真を見返したらまだ現場で働いていた頃の試合で、確かにその日の自分を救ってくれた1人だった。レスラーとして愛されて、確実にスターへの階段を上っていた彼女

バラエティ現場には年配を中心にプロレスファンも多い。もしかしたらプロレスのつもりでやっていたのかもしれない。でも結果として人が死んでいる。加減を知らない演出とショーと現実を知らない視聴者リング禍でもない、誹謗中傷で人が死んでいる。これはプロレスじゃない。

彼女にはリングで、プロレスをして、プロレスラーとして、輝いてほしかった。

ご冥福をお祈りします

補足:彼女誹謗中傷による自殺で亡くなったとは不明というブコメがあったので、私が投稿時で把握していた情報を並べます。今はスポーツ新聞とかで書かれているようだけど一応。

追記(2020.05.27)各所で彼女の死について取り上げられており、詳細を提示する必要が無くなったと判断したため、投稿が削除されているものに関しては引用を取り下げます

彼女Twitter最後投稿(削除済み)

彼女のインスタの最後投稿に「(飼い猫に向けて?)愛してる。長生きしてね。ごめんね」

・先輩レスラーであるカイリ・セインTwitter

「時差でアメリカ昼過ぎだったから(日本時間は夜中)彼女ツイートにすぐ気付くことができて、イオさんと一緒に直ちにジャングル叫女ロッシー小川さんに電話しました。

きょうなは全力で向かいました。

だけど…

間に合いませんでした」

他にも同じ所属団体レスラーなど既に沢山のコメントが出ていたので、そこから判断して投稿しました。

公式の発表を待たずに書くのが好ましくないのはわかっていました。しか彼女の元々の知名度もあってこの時すでにトップエントリに入っている記事も1つ2つ。発表を待っているとこの件が既に話題として流されてしまったり、ワイドショー等で「ネットの闇」的取り上げられ方ばかりされた後だと届かないかな…と思い、先走りですが投稿した次第です。すみません

2020-05-22

anond:20200522182841

それはおかしい。少しでも数が減っているのならともかく、減っていないのなら効果がないという事なのだから社会的効率問題から直ちに中止しないと

自意識過剰な方々のために輸送力を無意味に割かれるとしたら、それを是とする勢力社会迷惑をかけている

2020-05-21

政府による布マスク生産調達に関する質問にお答えしま

経済産業省 政策統括調整官

江崎 禎英

2020年5月21日 MRIC by 医療ガバナンス学会 発行  http://medg.jp

新型コロナウイルスへの対応のなかで、その危機シンボルのように扱われてきたマスク。ここに来て仮設店舗飲食店などでも50枚入りが一箱2000円前後販売されるようになり、ひと頃のようなマスク不足の状況は改善しつつあります

そうした中で、政府実施している一世帯2枚の布マスクの配布について、これを疑問視する意見が増えています。配布されたマスクに髪の毛や糸くずが入っていたり、カビと思われる変色したマスクがあったとの報道を耳にされた方もいらっしゃるでしょう。問題のあるマスクは速やかに交換する対応を行っているところですが、実際に手にされた方に不安と不信感を与えてしまいましたことは、心からお詫び申し上げたいと思います

マスクを巡る一連の対応への批判は、政府としてこれを真摯に受け止めるのは当然です。しかしながら、実際にマスク製造した事業者にも厳しい批判の目が向けられていることは、この作業をお願いした立場にある者として誠に申し訳なく思っております。今後市場に出回るマスク供給量が増え、マスク不足に対する危機感が薄れるにつれて、今般の布マスク生産に携わった事業者に対していっそう厳しい目が向けられる可能性があります緊急時対応平時基準によって評価されることは往々にしてあり得ることですが、懸念すべきは、そうした評価が広がることによって、今後、国の緊急事態に協力しようとする企業が現れなくなってしまうことです。

先日の国会審議の中では、「政府が配る布マスクはその大半が不良品であり全て廃棄すべき」といった趣旨議論が展開されたため、その経緯を理解していただくために、質疑に割り込む形で答弁をさせていただきました。しかし、私の答弁は通告された質問に答えるものではなかったために、怒号と叱責の中で十分にお伝えすることができませんでした。そこでこの場をお借りして、多くの方の疑問にお答えする形で、その背景と経緯について書き記しておきたいと思います

<なぜ、布マスクだったのか>

再利用を前提とした長期間使用可能な布製マスクを大量に生産調達することによって需給ギャップを埋め、使い捨てマスク医療関係者等に優先的に回せる環境を整えようとしたのが、布マスクに取り組んだ最大の理由です。

本年1月から、それまで国内供給の8割程度を占めていた中国からマスクの輸入が途絶え、マスクの品薄状態が始まりました。このため2月にはマスクを求めて早朝から店舗の前に行列ができる状況となり、国会等でもマスク供給を増やせとの指摘が相次ぎました。2月下旬には、マスクの買い占め防止のためにネットオークション自粛を求めると共に、国内生産設備の増強を含めた供給量拡大に取り組みました。

しかしながら、当時の国内におけるマスク供給能力は月産4億枚程度であり、その殆どが不織布を用いた使い捨てタイプでした。国内生産力増強のための補助金に応募した企業も全て不織布を用いた使い捨てマスク用の設備投資でした。この頃、感染症専門家などからは、使い捨てマスク再利用を行うべきでない旨の見解が出されており、需給ギャップは拡大の一途を辿るおそれが生じていました。

このため、ハンカチキッチンペーパーによる手作りマスクなど、使い捨てマスク以外の対応を考える中で、政府としてたどり着いた結論が、ガーゼマスクでした。かつて小学校などで給食当番の際に使っていたガーゼマスクは、洗濯して何度も利用されていました。そこで「健常者による飛沫感染に対する予防としては、手すりやドアノブなどに触れた手で自らの鼻や口に触れないことが重要との観点から、布マスクによっても有効対応可能である」と医療関係者確認し、布マスク生産調達プロジェクトスタートしました。

<布マスクは何時までにどれくらいの量を調達しようとしたのか>

マスクが手に入らないことに対する国民不安を軽減するためには、繰り返し使用できる布マスクを来月(4月)末までになんとか1億枚規模で調達できないか」というのが当時の認識でした。私自身がこの布マスク生産調達プロジェクトに参画し、事業者との調整に携わったのはまさにこの頃です。

本年3月には、ドラックストアやスーパー店頭からマスクが消え、一日中マスクに関する報道が流れ、国会でもマスク供給不足に対する政府対応非難する質問が続き、マスク供給のためにあらゆる手を尽くせと責め立てられる状況でした。全国民が一斉にマスクを買い求めるというこれまでに経験したことのない爆発的な需要増の一方、中国からの輸入が全く見通せないなかで、1億枚という規模の目標形成されていきました。

<なぜ、日本製マスク調達しなかったのか>

そもそもマスク材料となるガーゼ中国しか生産しておらず、ガーゼ国内在庫殆ど存在しない状況でした。

このため、国内供給できる布マスクは、せいぜい1万枚から多くても10万枚のレベルで、およそ1億枚といった規模には届かない状況でした。仮になんとか国内材料となるガーゼを持ち込んでも、布製マスクを縫製する設備ミシン)や人員を揃えることも困難な状況でした。現在でも、「布製マスクを作るなら日本生産すべきだ」との意見も多いのですが、国内生産設備殆どが不織布を用いた使い捨てマスク用の機械装置です。

<なぜ、「興和」を始めとする特定企業とだけ契約したのか>

今年3月時点で、海外で1億枚規模のマスクガーゼ調達するネットワークを有し、布製マスク材料調達から裁断、縫製、検品、袋詰めまでを一貫して行える企業は、興和しかありませんでした。

ただ、興和単独では1億枚規模の生産は困難であったため、中国で縫製関係業務経験のあった伊藤忠とマツオカコーポレションの協力を得て生産体制を構築したものです。

当初、これら3社からは、4月末までに1億枚の生産など到底無理だと言われましたが、日本の窮状を救うためにあらゆる手を尽くして目標を達成して欲しいとお願いしました。結果、ベストシナリオで約9千6百万枚まで積み上げ、1億枚規模の目標達成の可能性ありとして、直ちに材料の確保、製造ラインの立ち上げをスタートしていただきました。

<実際のマスク生産体制はどうなっているのか>

4月末までに1億枚規模の生産を行うために、興和だけでも中国において約20カ所の縫製工場と約1万人の縫い子と検査要員を確保しています

これには、興和中国に有する様々なネットワークを駆使して、尋常でないスピードでこの体制を整えたと聞いています伊藤忠やマツオカコーポレーション独自ネットワーク東南アジアの国々に縫製工場人員を確保し、生産を行っています

これだけの人員を集めても、縫い子さん1人当たり1万枚ものマスクを縫製する必要があり、24時間体制での生産を行っています。各工場一定量生産が進んだ段階で検品梱包し、直ちに航空機日本に運ぶといったオペレーションになっています

<なぜ、不良品が発生したのか>

当初、興和からは「興和名前が出る以上、従来通りの国内検品を行うのでなければこの仕事は引き受けられない」と強く言われました。しかし、興和国内検品は、一旦全てのマスクを一か所の検品施設に集め、1ミリ程度の縫い目や折り目のずれ、布のほつれも不良品として弾いてしまうというレベル対応です。このため従来どおりの国内検品作業を行っていたのでは目標の半分も達成できない可能性があり、緊急避難的な対応として現地検品を基本とするオペレーションに変更してもらいました。

日本に持ち込んだ後は、配布準備段階で最終チェックを行うのですが、ここでのチェックをすり抜けた不良品利用者の手元に届いてしまたことは誠に申し訳なく思っています。また、自治体によっては、こうした作業保健所に依頼したことで、保健所職員作業を増やす結果になったことも反省点として認識しています

ちなみに、特定医療マスクを除き、マスクに対する国際的品質基準存在しません。また、国内におけるマスク業界団体が出している品質基準ホルムアルデヒドの検出基準が示されているだけで、各社毎の自主基準による検品が基本となっています

不良品報道を受けて、現在では事業者においても自主的に国内検品実施していただいているところです。「受注した以上、企業完璧製品を届けるのが当然だ」といった意見もっともですが、それはあくま平時における常識で、緊急事態対応にまでこれを要求することは酷だと思います。それ故に、これを補う形で国が改めて検品を行っているのですが、この費用に国費を充てるのは問題だとの意見が寄せられているのが現在の状況です。

<なぜ、配布が遅れているのか>

4月末までに1億枚の布マスク生産して国内に持ち込むというのは、元々極めて厳しい目標でしたが、緊急事態ということで各社全力で取り組んでいただきました。しか現実には、急遽集めた1万人に及ぶ縫子さんの教育からまり中国国内での物流障害企業活動制限)、更には中国政府によるマスクの輸出規制によって通関で止められるなど次々に問題が発生しました。

しか入国制限によって、これらの問題解決するための職員中国派遣することができません。大使館の協力も得ながらなんとか通関を突破しても、日本へ運ぶ航空機の確保ができないといった状況にも見舞われました。生産物流、通関等々、二重三重障害を乗り越えて国内に持ち込む中で、スケジュールが後ろ倒しになる状況が続いてしまいました。

これに加えて、今般の不良品問題の発生によって、メーカーが全量回収の上国内検品を行うとともに、更に万全を期すために国による検品も行っているために、配布スケジュールしわ寄せが生じる結果となっています

最後に>

現在も、関係者尋常ならざる努力によって布マスク生産調達が続いています国民マスク不安を解消するための布マスク生産調達でしたが、状況が落ち着くにつれて、「量、スピード品質」全てに完璧が求められるようになりました。まだ全体のオペレーションが終了していませんが、こうした一連の作業の結果、事業者にとっては大きな持ち出しになることを懸念しています興和では今も職員を総動員して布マスク検品作業を行っています

また、現状では不良品や国による検品費用ばかりに議論が集中し、こうした布マスクの取り組み自体が全て失敗であったかのような議論がなされているのは誠に残念なことです。特に日本危機的な状況を救うために協力してくれた事業者が、結果的社会的批難を受けることがあってはならないと感じています。また、日本のために今も昼夜に亘って布マスク製造してくださっている1万人を越える海外の縫子さん達のためにも、是非事実を知っていただきたいと思い、筆を執りました。

もちろん、だからといって不良品が許されるわけではありません。現在検品には万全を期していますが、万が一不良品が届いた際には速やかに交換させていただきますのでご協力をお願いします。その上で、不良品の状況はきちんと確認評価し、今後の反省材料にしてまいります

なお、まだ一部の方々にしか届いていない布マスクですが、実際に手にされた方からは良い評判もいただいております新型コロナウイルスへの対応は長丁場になる可能性が高いと言われています。是非、多くの方々の努力によって届けられる布マスクをご活用いただき、この災禍を乗り越えていただきたいと思いますよろしくお願い致します。(令和2年5月18日

暗記数学が正しい

受験生諸君は、悪質な情報に惑わされないように。

暗記数学の要旨

和田秀樹らによるいわゆる「暗記数学」の要点をまとめると、以下のようになるだろう。

数学重要なのは、技巧的な解法をひらめくことよりも、基礎を確実に理解することである

これは従来、数学入試問題を解くのに必要なのが曖昧模糊とした「ひらめき」や「才能」だと思われていたことへのアンチテーゼである。「暗記」という語はその対比であり、特別な才能がなくとも、基礎事項を確実に習得することで、入試を通過できる程度の数学力は身に付くことを主張している。

そもそも大学入試大学研究をする上で重要知識や考え方の理解度を問うているわけであって、徒な難問を出して受験生を試しているわけではない。したがって、そのような重要事項(つまり教科書の基礎事項や、数学活用する上で頻繁に出てくるような考え方)を身に付けるのが正攻法である

そのための教材としては、エレガントな別解や難問に拘ったものよりも、基礎事項や入試頻出の問題網羅したスタンダードものが良いとされる。

数学理解するには、具体的な証明計算例を通じて行うのが効果である

これはいわゆる解法暗記である。なぜ、具体的な実例を学ぶのかと言えば。数学に限らず、具体的な経験と関連付けられていない知識理解できないためである

実際、教科書を読んだばかりの人の多くは、自身知識入試問題との間にギャップを感じる。たとえば、ベクトル内積定義線形性等の性質を知っただけでは、それを幾何学問題に応用するのは難しいだろう。教科書を読んだばかりの段階というのは、将棋で喩えれば駒の動かし方を覚えただけのようなもので、実戦で勝つのは難しい。実戦で勝つには、定跡や手筋のような、ルールだけから直ちに明らかではない、駒の活用法を身に着ける必要がある。

将棋の定跡を初心者独自発見するのが難しいのと同様に、数学自明でない実例を見出すことも難しい。そのほとんどは歴代数学者が生涯をかけて究明してきたものなのだから、当然であるしかし、現代高校生には既に教科書入試問題がある。特に入試問題は、数学専門家が選りすぐった、良質な実例の宝庫である受験生はこれを通じて数学概念活用のされ方や、論理の展開等を深く理解するべきである

そしてこれは、大学以降で数学工学を学ぶ際も同様である特に大学以降の数学では、抽象的な概念が中心になるため、ほとんどの大学教員は、具体的な実例を通じて理解しているかを非常に重んじる。たとえば、セミナー大学入試等では、以下のような質問が頻繁になされる。

  • ある概念(群やベクトル空間など)の具体例を言えるか。
  • 逆に、そうでないものの具体例を言えるか。
  • ある定理を具体的な状況に適用すると何が言えるか。
  • ある定理仮定を除いて、反例を構成できるか。

論理ギャップや式変形の意味等の不明点は曖昧なままにせず、人に聞いたり調べたりして、完全に理解すべきである

教科書記述や、解いた問題は完全に理解すべきである。つまり

といったことを徹底的に自問するべきである自分理解絶対に正しいと確信し、それに関して何を聞かれても答えられる状態にならなければいけない。「微分極値が求まる理屈は分からない(或いは、分からないという自覚さえない)が、極値問題からとりあえず微分してみる」というような勉強は良くない。

そして、理解できたと思ったら、教科書の一節や問題の解答を何も見ずに再現してみる。これはもちろん、一字一句を暗記するということではなく、上に書いたような知識有機的な繋がりを持って理解できているのかを確認することである。ある事実が、どのような性質を前提としていて、どのように示されるのかという数学ストーリー理解していれば、何も見ずともスラスラ書けるはずだ。

また、問題を解く際は、いきなり答えを見るのではなく、一通り自分で解答を試みてから解答を見ることが好ましい。実際に手を動かすことにより、分かっている部分とそうでない部分が明確になるからである

以上のことは、何も受験数学に限った話ではない。他の科目でも、社会に出て自分で調べたり考えたりしたこと他人に発表するときでも同様である

暗記数学に賛成している人・反対している人

一般的に、暗記数学に賛成している人。

要するに、数学の専門知識社会的常識のある人は暗記数学に賛成しているようだ。

逆に、反対している人。

反対しているのは、金儲けが目的で目立つことを言っているか、何かをこじらせて勉強法に無駄な拘りを持っている人たちのようだ。

----

追記

思うに、アンチ暗記数学派というのは、精神根底に以下のような考えを持っているのではないのだろうか?

一部の人は、大学入試では「ひらめき」「発想力」「頭の柔らかさ」「地頭の良さ」などを試すために敢えて典型的ではない問題を出しているとか、「天才」を発掘するために常人には解けないような難問を出題していると思っているのかも知れない。しかし、先にも述べたように、大学入試は、大学に入って研究するための基礎学力を測っており、入試問題は、そこで問われている知識や考え方が重要から出題されるわけである。したがって、そういう重要知識や考え方を十分に身に着けていれば受かる。ただそれだけの話である。そして、良識ある教育者は、数学重要なところが分かっているから、それに基づいて教材や予想問題を作っている。そうでない人はもしかしたら、大学普通受験生には解けないように徒に問題を複雑にしていると思い込み、ひねくれた問題を教えているのかも知れない。

また、「数学自体重要ではなく、数学を通じて思考力を鍛えることが重要」とか「受験勉強社会に出て嫌な仕事我慢するための訓練」等と思っている人もいるかも知れない。特に前者は、自称数学好きにもいるようだ。しかし、深く考えるまでもなく、大学受験数学が課せられるのは、大学研究するために(少なくとも、教員が望む水準で)絶対必要からである。そして何度も言うように、入試で問われるのは、研究のために必要知識や考え方であり、「頭の柔らかさ」などではない。また、数学をそれほど使わない学部にも、受験数学が課せられるのは、多くの大学には転部等の制度があり、文学部から経済学部とか、農学部から工学部に転部するような事例は珍しくないかである

上記2つに共通するのは、「理解」よりも「ひらめき」等のオカルティックなものを重視することである。これは、上に述べた胡散臭い教育業者や、受験生に絡んでる学歴コンプが暗記数学に反対する理由と符合する。金儲けがしたい受験業者にとって、「基礎を確実に理解することが重要」と言うよりも「入試本番に典型問題は出ないから、ひらめきが大事(。そして、ウチの教材を使えば、それが鍛えられる)」などと言った方が、客は集まりやすいだろう。また、SNS等で受験生教員などに絡んでる奴にしても、数学本質理解できず霊感的なもの価値見出しおかし勉強理論かぶれてしまったと考えれば納得がいく。

繰り返しになるが、受験生諸君はそういう悪質な情報に惑わされてはいけない。

2020-05-15

ナウ!ナウ!シフトナウの歌

それはそれは とても許せないお話

例え例え 国の美学だとしても

危ない事が 起きてしまったのに嘘ついて

直ちに生活に 影響はないなんてネ 

それがそれが 素晴らしい戦術だとしても

それはそれは 習わない言葉が溢れ

オーバーシュート パンデミック ロックダウンに3密

自粛要請に ストレス PTSDもう

☆{忘れないから  経済至上主義

安全だったら  あなた証明してよ

みんなに迷惑かけちゃって

未熟な大人で  はずかしいよネ

ナウナウナウナウ!   シフトナウを!

ナウナウナウナウ   大きな声で

世界へ向けて叫ぼう    危険現実を}

こんな時も アメリカさんはダメですネ

いつもいつも 富と名誉のことばかり

自然を生きる 動物たちには想定外

自粛解除が  どこでいつだかわからない

もう 忘れないよ  コロナウイルスのこと

覚えておこう    被害の大きさ

都市故郷

2次災害

人の心にまで

☆{ }Repeat

2020-05-13

anond:20200513134845

イケてるスタートアップ」ってどっかから資金調達してしばらくは赤字垂れ流しながらどこかで一発当てるってビジネスモデルじゃないの

そうすると景気が落ち込んだからって直ちに倒産とかはないんじゃない

(社説)コロナと日韓 危機をバネに協調を

 新型コロナ禍の世界的な広がりにどう立ち向かうか。アジア代表する自由主義の主要国として、日本韓国は共同歩調に乗り出すときである

 文在寅(ムンジェイン)大統領就任から3年を迎え、今月の演説コロナ対策の成果を強調した。韓国の徹底した検査と追跡、治療体制が、国際的成功例として評価されていることを意識した。

 任期5年の韓国政権は、後半は人気が下がるのが通例だ。文政権も一時は陰りが見えたが、最近調査では7割以上の支持率へと息を吹き返した。感染症対策への国民の信頼が強い追い風になったのである

 ただ、韓国も偶然に対策を編み出したわけではない。5年前に別のコロナウイルスで起きる中東呼吸器症候群(MERS)が流行し、多くの被害を出した教訓の上に構築されたのが今の体系である

 個人情報の扱い方など、国によって考えや事情は異なる。韓国でも規制の緩和後に再び集団感染が起きるなどしており、最終的な評価はまだできない。

 だとしても、韓国経験対策が、日本を含む国際社会重要実例情報をもたらしているのは間違いない。

 ところが今の両国間では目に見える協力が乏しく、嘆かわしい状況が続いている。

 協力を阻む背景の一つは相変わらず歴史問題と、それに起因する折から対立である

 両国間には、韓国から医療物資日本に送ろうとする動きがある。だが、韓国政府は一部市民による反対運動意識せざるをえない状況だ。一方の日本政府も、韓国への支援要請に慎重な姿勢を崩さない。

 深刻な事態の中で、不毛駆け引きに陥る余裕はない。両政府は防疫問題政治化を避けねばならない。体面にとらわれず情報を共有して物資を融通し合い、危機を乗り越えるべきだ。

 文氏は今回の演説で、世界感染症対策リードする目標を示した。安倍首相も先月、東南アジア諸国連合日中韓会議で、「ASEAN感染症対策センター」の設立提案し、情報共有の大切さを強調した。

 中国感染源に近い最前線の国として、日韓両国国際貢献を誓うのは評価できる。その実現のためにも両国間で知見を高め合うために担当閣僚同士の対話を始めてはどうか。

 先の韓国総選挙圧勝した文政権は、残り任期対日政策での大胆な決断をするべきだ。安倍政権も、昨年導入した対韓貿易規制強化を直ちに取り下げ、関係を立て直す必要がある。

 この危機をむしろ日韓関係リセットの契機にする。そんな知恵を絞ってもらいたい。

安倍政権も、昨年導入した対韓貿易規制強化を直ちに取り下げ、関係を立て直す必要がある。

ほんと悪い意味でブレないよなこの新聞

2020-05-12

anond:20200512192211

効果は分からないし、効果検証するつもりもありませんが経済活動は引き続き自粛ください」なんていう理屈がいつまで通るだろうか。

ていうか、効果が分からないのであれば、こんな経済破壊直ちに終了すべきだ。

2020-05-08

転売ヤーから反論社会不適合者への宣戦布告

(出典)ヤフオク! - パルスオキシメーター(血中酸素飽和度数計)を購入する方法 https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t723743678 より

 

念のため先に言っておくとパルスオキシメーターは、中国通販サービスAliExpressで定価で買えます

日本転売されている中華製品はボッタクリ価格(原価の2~5倍)なので、中華製品でもOKな人はAliExpressで直接買った方が安いです。

販路を失った反社シノギに金を払う必要はありません。

https://www.aliexpress.com/wholesale?SearchText=Oximeter

 

【まず、違反報告しかできない社会不適合者に~】

真夜中でも必死になって、この出品が違反だと報告している奴がいるが戦後最大の国難と言われている今、自分のやっている事が社会の役に立っているか?」考えた事はないのか?

 

ヤフオクは「マスクの高額転売」の時も独自規制対策により多少は抑制できたのに何もせず、政府から要請で、ようかく、禁止した事からヤフオクは「社会的な意義」より「己の利益しか考えていない事に気が付かないのか?

 

違反報告をするとヤフオクから何かメリットが得られるので必死になって違反報告をしていると思われるけど、そんな(孫氏の)下働きをして満足なのか?

もし、「違反報告をしてもヤフオクから何のメリットもない」と言うのなら質問」などで堂々と反論しなさい。

また、違反報告をする前に「出品者への質問から「ここが問題なので、ここを変更する必要がある」と連絡をしたら訂正するよ。

そんな事をしても1円の得にもならないし、アカウントがバレるのでネクラな連中は、そんな事をする訳はないだろうね。

 

もし、輸入パルスオキシメーター問題があるのなら「(この機種で)こんな問題があった」と調べて、多くの人に公開するのが「社会に役立つ活動」ではないか

また、ヤフオクは2020年2月以前は「輸入パルスオキシメーターの売買は野放し」だったのに「当時のヤフオク対応不適切だった」とヤフオク謝罪させて「ヤフオクで売買された問題のある機種は使わない様に~」と公開させる事が「社会に役立つ活動」とは考えないのか?

 

ヤフオクでのパルスオキシメーターの高額転売」は反対で、真夜中にも必死になって違反報告をしている連中の活動が「パルスオキシメーターの高騰」に拍車をかけている事に気が付いているのか?

孫氏の太鼓持ちとして生きるしか脳のない連中ばかりなのか?

 

以前、出品した時、『商品が手元にない、手配ができていない』という理由違反報告があってけど、「購入する方法情報」なんだから商品が手元にない」という状態でも問題はないし、『メールアドレスURLなどを表記して、ヤフオク!の外での取引誘引すること』という理由違反報告があったけど、文中には「高値落札されたヤフオクURL」を1ヶ所表記しているだけなのに違反報告している連中は●●ばかりか?!

いくつかのテレビ番組に『新型コロナウィルスの混乱に乗じて荒稼ぎしているので、取材して報道して欲しい』と連絡したので、もし、取材依頼があれば違反報告している連中の中に取材に応じてくれる奴はいいるかな?

匿名でこそこそと違反報告してないで堂々と自分の主張を述べる人間はいないのか!

 

【これは情報販売です】

これは情報販売で、このカテゴリーに出品しても違反ではありません。

「買える所を紹介する」と言っても「違法な物(ピストル違法ドラッグ)」を紹介するのは法律的にも問題があるでしょうが、今回は「輸入パルスオキシメーター」が買える所を紹介する情報なので法律的にも問題はありません。

(この出品を1円で落札しなくてもグーグルで探したら、おそらく、見つかる情報なので「探す手間が省く」値段として1円にしています

 

「(日本で認可されていない)輸入パルスオキシメーター日本で売る事」は法律的に「グレー」で「禁止する法律」も「問題ないという法律」もありません。

体温計は製品規制はありますが誰が売っても問題はなく、パルスオキシメーターも昔は「採血して測定する機器」なので「注射針」の様な医療機器規制必要だったでしょうが、今は「指に挟んで測定するだけ」で体温計と変わらないのに規制は昔のままです。

 

外国から個人輸入する事は認められており、Amaz●nで販売されている「日本で認可されていない外国パルスオキシメーター」は外国から発送することで個人輸入の形を取っていますが、品物が届くまでに1週間以上かかるのは当たり前で1ヶ月以上かかる事も珍しくない様です。

 

ヤフオクでのパルスオキシメーターの売買実績】

「輸入パルスオキシメーター」は2020年2月までヤフオクでも多数売買されていましたが、2020年4月中旬から急にヤフオクは「パルスオキシメーターの出品削除」や「アカウントの出品停止」を始めました。

 

もし、「輸入パルスオキシメーター」の売買が違法なら、2020年2月までヤフオクは、長い間、違法行為を容認していた事になるのに、どうして、2020年4月中旬からヤフオクが急に徹底的に輸入パルスオキシメーターの出品の削除する様になったのでしょうか?

 

この時期は、いくつかのテレビ番組で「新型コロナウィルスによる肺炎兆候を知るのにパルスオキシメーター効果的」と紹介されて、購入希望者が増えて、あちこちで売り切れが続出した時期と一致します。

価格が高騰すればヤフオク手数料を稼ぐ事が出来るけど、それと関係があるのでしょうか?

 

【孫氏の商法

マスク転売によりマスクが高騰した時、ヤフオク社会的な責任や影響を考えて独自対策をする事は出来た筈です。

例えば、マスクの出品の際は「いつ、どこで、いくらで購入したか明記」し、「必ず、即決価格を設定」し、「ヤフオク不適切判断した出品は削除する」という規約を作って、独自対応をする事です。

 

「いつ、どこで、いくらで購入したか」わかれば高値転売しているマスクを買わずに、その店に行くでしょうし、「購入価格の1.5倍以上の値段の転売の出品を削除」すれば転売目的の連中は「儲からない」と判断して転売目的行列に並ぶ人は減るでしょう。

 

しかし、ヤフオクは「マスクの高額転売」を野放しにして、政府から要請があり、ようやく、マスクの出品禁止をしており、「高値転売されればヤフオク手数料で稼げる」と考えて、政府要請があるまで野放しにしていたと思われます

 

【2020年4月中旬以降のパルスオキシメーターの出品】

2020年4月中旬以降、ヤフオクでのパルスオキシメーターの出品は次々に削除されましたが「(ヤフオク社員無能なので)削除漏れがある」のか、「袖の下を払えば見逃される」のか、高値で売買が成立している事例がいくつかあります

(なぜか、安い値段の出品は削除されて、高い値段の出品は削除されずに売買が成立しているみたいです)

 

パルスオキシメーターが出品されても次々に削除され、次の5つのどのケースでも削除されています

 

(1)出品中で落札前(終了前)に削除

(2)落札されて落札者が「かんたん決済」で落札代金の支払う前に削除

(3)落札者が落札代金を支払って、出品者が品物を発送する前に削除

(4)落札者が落札代金を支払って、出品者が品物を発送した後で削除

(5)落札代金の支払い、品物を発送し、落札者が受取連絡をした後で削除

 

(1)(2)(5)のケースは、特に出品者や落札者に損失はありませんが、(3)のケースで「落札者は代金を支払ったのに品物が届かないし、ヤフオクから返金されないし、ヤフオクに問い合わせても返事がない」、(4)のケースで「出品者は品物を送ったのに落札代金が支払われない」という事例があり、落札代金をヤフオクネコババした状態と不満もあります

 

本来ヤフオクが「徹底的に出品を削除する」のなら「(3)や(4)のケースで、どういう処理を(自動的に)するか?

」決めて、体制が準備できてから実施するものなのに「問い合わせても返事がない」という状態実施するべきではないです。

 

【2020年4月25日放送の「朝まで生テレビ」でも話題に~】

2020年4月25日放送の「朝まで生テレビ」でもパルスオキシメーターの話があり、要約すると次の通り。

 

大塚議員が「ニューヨークタイムスに『ほとんど自覚症状のない人達が低酸素状態になっていて、突然、苦しくなって死んだ人が何人もいて、普段からパルスオキシメーターを使って血中酸素濃度(SPO2値)を確認していると防止できる』と紹介されていたが、そういう事を国民に周知する事は大事ではないか?」と発言

 

それに対して、二木医師は「パルスオキシメーターは安いものだと2千円くらいからあり、簡単に測定できて、肺の働きを確認できるので、自覚症状のない人でも肺の機能が低下していて、急激に症状が悪化する人もいるので、1家に1台とは行かないでしょうが、色んな所で測れる様に普及すれば効果的~」と言っていました。

 

この発言を私なりに解説すると日本で認可を受けたもの安価な機種で安い時でも5千円程で(今では売り切れて高値転売)、2020年1~2月頃、ヤフオク中国製が多数出品されて2千円以下で落札された例もあり、「2千円くらい」というのは米国豪州で認可を受けた中国製で、日本で認可を受けたものではないと思われます

 

医師立場で「日本で認可を受けていない安価な物でも使える」と公の場で発言できないので、この後、司会の田原氏が「自分で買った方が良いですよ~と言った方が良い」と言っても「いえいえ、肺の疾患のある人は(医師指導で)買っている人もいる~」とお茶を濁していました。

 

「安いものだと2千円くらい」と言った後、「安いものダメだ」と言っていない事から医師として、それなりに使える」と判断していると思われますが、ハッキリと言えば問題があるので「お茶を濁した発言」になったと思われますが、田原氏は、その辺の知っていて、突っ込んだのか、どうかわかりません。

 

【自宅待機者にパルスオキシメーター配備

2020年4月22日に『埼玉県で新型コロナウィルス感染しているが軽症と判断されて「自宅待機」していた感染者が死亡した件で「軽症者の症状も把握する必要があるので、血液中の酸素濃度を測る測定器(パルスオキシメーター)の配備を急ぐ」と発言』と報道されたので、さらパルスオキシメーターの値段が高騰し、入手が難しくなると思われます

 

このニュースに関連して、日本メーカーコニカミノルタの人のコメントも紹介していましたが、マスクをしていましたが明らかに「笑いが止まらない」という声で「売れています」と言っていました。

コニカミノルタは、昔、カメラを作っていたメーカーデジタルカメラに押されてジリ貧だったので『新型コロナウィルス』のおかげで久々のヒット商品になって笑いが止まらないのでしょうが『新型コロナウィルス』の影響で大変な人達の事を考えると笑い声でコメントするのは顰蹙でしょう)

 

【2020年4月29日に厚生労働省が発表】

「軽症の自宅待機者が容態が急変して死亡する事例」が報告された事から厚生労働省が新型コロナウィルスに関して「12の緊急性の高い症状」として「こういう症状があれば自治体の連絡窓口に連絡」という項目が発表されましたが、その中の「顔色が明らかに悪い」「唇が紫色になっている」「急に息苦しくなった」などの症状は肺炎が急激に悪化している症状と専門家解説しています

国会でも「パルスオキシメーターの配置」が議論されています

 

パルスオキシメーターによって急変を先読みする事ができる」「一部の施設で配布されている所があるが、そういう所はは安心できる」とある解説者は解説していました。

これらのニュースを見て「自分で買っておきたい」という人が増えてパルスオキシメーターの売り切れが続出しています

 

【どうして、この時期にヤフオクは徹底的に出品の削除を始めたのか?】

多くの人がパルスオキシメーター存在を知って、必要性を認識し、「パルスオキシメーターがあれば救える命がある」と言われる様になった今、どうして、ヤフオクは徹底的に出品の削除を始めたのでしょうか?

 

唯一、納得できる理由としては『輸入パルスオキシメーターは性能的に問題がある』と発覚したからでしょうが、それなら「2020年2月以前にヤフオクで輸入パルスオキシメーター取引されるのを野放しにしていたのは間違い」と認めて「以前、ヤフオクを通じて輸入パルスオキシメーターを購入した人は直ちに使用をやめて下さい」と公表するべきでしょう。

もし、「一部の機種に問題がある」と判断したのなら「この機種には問題があるのでヤフオクでの取引禁止」と公表するべきでしょう。

 

下記のページで「パルスオキシメーター 新品」が「27,555円」で落札されていますが、これは国内で認可を受けたものではなく、中国のもので、ヤフオクは削除せず、売買は成立しています

 

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l595877368

 

「この機種はヤフオク問題はない」と判断しているのかと思って、同じ機種をほぼ同じ説明文で出品しても削除されます

 

ヤフオクに出品を削除されている例の特徴】

ヤフオクに出品を削除されている例の情報をまとめると次の様な特徴がありました。

 

・22時から7時までの間、出品の削除はされない。

・22時から7時までの間、「利用者から違反申告」の自動送信メールが次々と送られてくる。(多い時は1晩に10件以上)

・夜中に「利用者から違反申告」の自動送信メールが来た出品は7時過ぎに削除される。

 

これらの事から次の事が推察されます

 

ヤフオク社員政府の在宅勤務の要請無視して(満員電車の乗って)出社して出品の削除の作業をしている』

 

違反報告をするとヤフオクから何かメリットが得られる人間が多数いる(普通の人は違反出品があっても自分の損も得もない事なら無視するもので何かメリットがないと深夜に必死になって違反報告はしないでしょう)』

 

ヤフオク政府要請無視する企業

ヤフオクは「問い合わせの返答が遅れているのは、政府要請により出勤する社員数を少なくしている為」と言うかも知れませんが「出品の削除」は午前7時以降(午後10時頃まで)、毎日、確実に行われており、22時から7時までの間は出品の削除が行われていない事から「在宅勤務」ではなく、「出社した社員」が作業をしていると思われます

(もし、「出品の削除は在宅勤務で実施している」と言うのなら反論して下さい)

 

今、新型コロナウィルスの影響で懸命に働いている人は多くいます

医療関係者はもちろんの事、日々の生活を守る仕事をしている人や休業を余儀なくされて他の収入を確保する為に懸命に働いている人達は数多くいます

 

そんな中でヤフオク社員は「2020年2月以前は野放しにしていたパルスオキシメーターの出品」を、今、必死になって削除して「どんな風に社会の役に立っている」と考えているのでしょうか?

パルスオキシメーターがあれば救える命があるかも知れないのにパルスオキシメーターの入手が困難になるだけです)

 

ヤフオク社員がやるべき事】

輸入パルスオキシメーターの出品の削除は「上(孫氏)」から命令かも知れないけど「輸入パルスオキシメーターに性能的な問題があるのなら削除すれば良いが、今まで野放しにしており、まず、やるべき事は輸入パルスオキシメーターが性能的に問題があるか実験確認をする事ではないか?」と「上(孫氏)」に提言する事がヤフオク社員のうあるべき事ではないでしょうか?

 

パルスオキシメーターがあれば救える命があるかも知れない』という事なんか関係なしに自分が儲ける事だけを考えるのが『孫氏の商法』なのかも知れません。

違うのなら「どうして、2020年2月以前は野放しにしていたのに(政府の在宅勤務の要請無視して)急に出品の削除を始めたのか?」みんなに説明するべきです。

 

医療関係者や家族偏見差別にあっているみたいですが~】

医療関係者や家族偏見差別にあっているみたいですが、私はヤフオク社員に対して「●●の言葉」を浴びせたいです。

パルスオキシメーターは容体の急変を先読みできる」と言われているのに、それを削除する事に、どんな意味や意義があるのか、よく考えてみるべきです。

 

もし、輸入パルスオキシメーター問題があるのなら「問題がある事例」を紹介して、すでに(ヤフオクを通じて)買った人に警告するべきですで、それが「世の中の役に立つ事」です。

 

(続き https://anond.hatelabo.jp/20200508164541

anond:20200508154304

キスコロナウイルスが映るからだろ

日本では結核とか一般人は知らないけどアジアではメジャー病気でみんな警戒してるんだろうね

肝炎HIVなっても死ぬのは10年だからどうせ売春婦関係ないけどコロナ肺炎直ちに風俗労働できなくなるのだから家族に送金できなくて困るじゃん

2020-05-06

汚さの基準って生得的なのかな

もの食うときクチャクチャ言うのとか、ガキの頃はむしろうまそうだとさえ感じてた クチャクチャ食うのは行儀が悪い・汚い・最悪って教育を受けてそう思うようになった

昔の賎民ってすげえ飯こぼしながら食ってるイメージ いや実際貴重なメシにそんなことせんだろうけど、食い方が汚いって印象はある

でも彼ら同士は汚さを感じ合ってるのか?

メシの食い方だけじゃなくて無駄毛とかもそうだな すね毛ボーボー!汚い!って言うから汚い気がするだけで、別に気にしなかったら気にならないんじゃないかって気はする

つかあらゆる衛生系マナー自縄自縛感がある 「身嗜み・テーブルマナーを守れない奴は汚い」のはそもそもそのマナーがあるからなのでは?という疑念 なぜわざわざ不快を生み出す枠組みを作ってしまうのか

ヘイト種族人類直ちに謝罪せよ!

2020-05-05

anond:20200505020952

パラパラと見ていたら今日の俺の献立が書かれていた。方法はわからないが、俺の思考を読み取って掲載しているのか?直ちに閉鎖すべきだ。そうでなければ法的な対応を考えなければならない。裁判無為時間を割くことは互いのためにならないと思うが、どうか?

2020-05-03

anond:20200503214030

じゃあいってみるわ。

違法からとはいえない。

なぜなら善悪概念法体系を超えたところにある。

たとえば倫理道徳がある。

人権のような普遍的価値も法を超えている。

以上を踏まえた上で「自力救済」について言及する。

自力救済の認められる範囲は国によって違う。

まり同じ行為でも住んでる国によって違法になったり適法になったりする。

ということは違法と悪は=で結べるものではないと考えられる。

から自力救済違法だとしてもそれが直ちに悪と断ずるのは早計だといえる。

そのうえで今回のような法が機能していない状況下での緊急時自力救済は悪ではないし、もしかしたら違法でもないんじゃないかと主張する。

なーにがTwitterデモだよ

なに?なになに?

コロナで外出できないかTwitterデモしましょう?

ハッシュタグつけて安倍やめろコールをして国民の声を届けましょう?

いやね、もうね阿呆ここに極まれり、ってやつで。閉口しますよ、本当に。

扇動者は多分ちっとも現状を考えてないと思う。


かに反政府デモを行うのは大事ですよ。特にこの抜き差しならない状況。

一歩間違えば(既に五歩くらい間違えているのはさておき)日本が滅亡するライン

そんな中で政府に声を届ける私たちまで間違ってどうするんですか。

ネットってのは不特定多数賛同が得られる一方で匿名性が高いんですよ。

私たちの声を大きくできる、拡散して味方を作るにはちょうど良いんですが、デモには不向きです。

Twitterなんて、それこそアカウントなんて無限に作れること、先日のランサーズ事件でよくわかっているでしょう?

ついでにネットなんて恒久的な情報じゃあありませんから、多少騒いでも揉み消される、ということも。

(もし分かっていない方がいたら、それは救いようのない馬鹿です。自民党鞍替えしてしゃぶり尽くされなさい!)


「今だからこそ」現実デモを起こすんですよ。国会議事堂前、いや正直都内の目立つ所ならどこだって構いません。

やれコロナだ三密違反だ言われるでしょうけど、まず話題性の確保はここで担保できます

加えて「それらを乗り越えてでも伝えたいことがある」覚悟が伝わるわけです。

勿論中止を呼びかけ食い止める方々もいるでしょうが、彼らも手出しは出来ないでしょう。

お上宣言した「密」を乗り越えることは、政府の犬ことには到底不可能なので。

え、もし参加して万一コロナになったら?

好都合じゃあないですか。政府を叩くいい口実ができますよ。

「こうやって苦しんで訴えかける人々がいるのに直ちに動かない政府は腐っている!」と改めて世に知らしめることができます

重篤者・死亡者なんか出たならもう政府はたじたじですよ。実害が出た以上は対策を早急に打つ必要がありますから

ちゃん私たち映像を記録し、その様をばらまき、政府を動かす。

「外出できない、してはいけない」そういった政府の思惑を逆手にとって、行動する絶好のタイミングなんですよ。


それをまあお手頃だインスタントだってTwitterで済ませるからこそ簡単にあしらわれ、バカにされるんですよ。

コロナにかかる恐怖と政府がこのまま補償リカバリもなしにのさばられる恐怖、貴方はどちらがマシだと考えます

賢い貴方であれば、きっとすぐに自身勘違いに気付いて判断できると思います

私たちの声を、届けましょう。貴方が協力してくださることを、切に願っています

2020-05-01

なんだかズルズルとゴールポストを動かす現閣僚より「直ちに影響を及ぼす数値ではない」言ってくれる閣僚の方が今の日本にとって幸せなんかじゃまいか

2020-04-30

anond:20200429194230

(※解説追記

字下げ増田が今よりも調子が良かった(?)頃に書いた日記の断片を見つけた。

2002年4月10日から2003年3月11日まで,九州北部の某予備校で寮に入って勉強し,一浪の末,ついに東京大学文科Ⅰ類に合格した。

寮での生活規則正しいもので,出発前の僕の生活とは正反対のものであった(一年前の日記を参照)。おかげでスランプ体調不良もなく無事に受験生活を終えることが出来た。

僕の人生でこの一年ほど充実した一年はなかったであろう。一年前,入寮した時はウツであった。何せパソコンがないのである

直ちに禁断症状が現われた。しばらくは勉強できず,書店で「2ちゃんねる」という本を買って読んだり,プリントの裏にモナーの絵を書いたりしていたのであった。

しばらくすると,寮の生活に慣れた。これほどよい生活はない。早朝起床,散歩に朝食,登校して授業ないしは自習,下校して夕食,入浴,そして夜自習して就寝。

これを一ヶ月ばかり繰り返すと,精神・体調ともに安定し,頭はスッキリし,プラトンのいうイデア世界透視できるようになるまであと一歩という,清澄健康な心身の状態に到達していた。

また,現役時代と違い,予備校でのそれ相当のレベルの授業に毎日欠かさず受けることにより,学力底上げ精神の安定がもたらされ,7月のYゼミ東大プレではA判定で成績優秀者ランキングの上位に掲載された。

また8月の河合OP駿台実戦でもA判定を得ることができた。秋のOP,実戦では解答欄ミスが目立ちB判定と不本意に終わったものの,12月のYゼミ東大プレでは総合300点近くを達成し,全国で50位になった。

センターは645点で不本意に終わったが,その後の追い上げによりセンターでのビハインドカバーできるくらいの二次力をつけ,結局合格した。とにかく最高の一年であった。

これほど生活メリハリがあり,また自分でよく考えて受験計画立案と実行をおこない,それを完遂して見事合格したという経験は以後の人生のための大きな糧となるであろう。

2020-04-28

口語からみるコミュ矛盾(雑感)

かつては嫌いだった、というべきかも知れない口語

~じゃね。

~(だ)(なる)からな。

~だろ。

おまえは~。

2ch・5ch由来の、一様に皆同じでイキった喋り方をする口語

なぜ皆一様に同じ喋り方なのか当時は疑問だった。

というより、今でも多少疑問はある。

悪口を言われた際彼らは一意の人格性を自らに認めている。すなわち反論する。

みな名無である自覚するならば、単なる群れの一種である彼らに個別性など存在しないはずだ。

ところが彼らは同じように他人に合わせながら自分個別であるというおかしコンプレックスに陥ってる。

スタンドアローンコンプレックスといえばまるで攻殻機動隊だ)

コテハンなど個性があればそれを否定しにかかるが、レス番付きの「我」のことになるとコテハンのごとく振る舞う

このダブルバインド矛盾は柔軟性として機能していない。したがってあの場所ではよく闘争が起こる。

あの場所方向性を二分化してみよう。

一つはまるでAIのような群体としての5ch、もう一つは匿名なだけで個別しかない5ch。

後者コテハン叩きが矛盾するが、実際にはこちらがより近い。

個別しかない連中が「荒らさない」という共同作業するには「押さえ込み」しかない。

したがってここに「空気」という不気味な概念が浮上する。

いまならTwitterプロフがそれに近い。話しによれば、どうやらプロフでは以下の者達がNGらしい。

曰く、

見ての通り3,4番目は相反する。1,2に至っては思い込みしかない。

あるいは傾向がある、程度の話だ。ここでも個性に対する検閲が入る。

しかし一方でTwitterはそれぞれが個性を発露してユーザーを獲得するという大矛盾した構造がある。

その割に上記「押さえ込み」により発生した「空気」により同調圧力を強いられる。

ここに至りSNSで疲れは発生する。言い合うときは「空気」が恐ろしいので集団で襲いかかる。

いわゆる炎上である。抑圧が「空気」を発生させ、その空気炎上火種になるとは、まさに化学反応的ではないか

空気は抑圧の結果生まれるので、水面下では皆本当の自分容認されたいという承認欲求を抱えることになる。

日本人ディスカッション文化ではない、ディスカッションが苦手であり訓練されていないという。

日本人の多くは反論敵対という判断を取る。

もちろん嫌味や嫌がらせも多くあるためこの可能性は除外できない。

しかしながら、反論直ちに人格攻撃ではなく、意見の穴に対する指摘であったり、改善案であったりする。

ディスカッションが苦手となると、結果的にお互いを傷つけない「大人対応」という欺瞞を皆実践することになる。

結果的に当たり障りがないが、腹では何を考えているかからない社会形成される。

正しく言い合わないので、推測によりレッテルを貼る文化も強度を増してしまう。

2020-04-17

緊急事態宣言でなんとかできなかったら

緊急事態宣言って国民が頭良い前提で考えられたもの。今のままだと効果はなかったと位置付けられそう。

次は法的拘束力を持たせなきゃならんけど、閣議決定はすぐ出来ないか直ちに議論を開始すべき。

2020-04-15

今すぐ外出8割減らすなんて無理

ちゃん勉強すれば満点取れるはずのテストでなぜか満点じゃない人がいる。

どんなに簡単クイズでも誤答が存在する。

どんなにガバガバ詐欺でも引っかかる底なしのアホがいる。

言われた通りにやるだけなのにできない人がたくさんいる。

そう考えると日本人全員が直ちに同じ目標を達成するなんて無理難題だと思わないか

不可能目標を立てたら最初から全部投げ出すだけだよ。

少なくとも日本人台湾人ほど優秀で民度が高いわけじゃないんだから

しか目標を下げるとコロナ収束はおぼつかない。

外出8割目標最後の手段ダメ元で奇跡に賭けてみたってところだね。

2020-04-14

パチンコ嫌いな人間みんな死ね

日本クラスターを追ってそこを潰しつつ生活は続けますって戦略だって何度言えばわかるんだよ

どの報道パチンコ危険なはずだ!って言い続けてるけど、未だにクラスターは発生してないですよね

そりゃそうでしょう

パチンコ屋の空調はタバコ対策のためにほかの業種よりもかなり強力だし、パチンコ台に座って遊技するんだから距離は適切だし、遊技中はしゃべったりものを食べたりも少ないかそもそも感染リスク自体が低いし

朝の行列だけ切り取ってさも全国のパチンコ屋がそうだみたいな報道に騙されすぎ

テリー伊藤だって県境を越えてパチンコ中毒がー!とか言い出す始末

お前その番組スポンサーどこか知ってんのかよ?って

何の根拠もなく「はず」だけで自分の嫌いなパチンコ攻撃するのはもうやめてください

結局世論に押されて休業要請されて明日から休業ですよ

休業中の給料雇用調整助成金のみ最大でも8330円

その説明したら従業員泣いてたよ

今年父親になったばっかりの若手社員

住宅ローン払うために若い人間に負けないで走り回ってる50すぎた中堅社員

育ち盛りを2人も養ってるシングルマザー

日本で生まれ日本で育って日本に娯楽を提供してきた彼らが何をしたっていうんだよ

震災の時、避難所必要とされてたものってなんだか知ってるか

娯楽だよ

トランプとかボードゲームとかのアナログゲーム

娯楽がないと人は生きていけないんだって

その娯楽を真っ先に不要だって切り捨てるのはどうなんだよ

弱小店の店長から減額とか伝えるのが自分役割だけど、本当に胸が痛い

独り身だから失うものがなくて少しはましかもしれないけど、働いている人の未来を考えると本当に生きる希望を見失いそうになる

嫌いってだけでデータを見ようともせず事実を捻じ曲げようとする奴らは本当に死ね

お前らが俺らに死ねと言っているのと同じだってことをわかれ

みんなで頑張って乗り切ろう?

なんでみんなから自分好き嫌いで人の命を勝手に除外してるんだよ

コロナで一度でもパチンコ文句を言ったやつら、お前ら全員人殺しから

忘れんじゃねえぞ

追記

あのな、朝鮮金言ってる奴らはイメージだけで人の命を選別してるって言ってるのと一緒だってことを早く理解しろ

三店方式がグレーって言ってる奴らもいい加減に風営法許可営業たる根拠ちゃん勉強しろ

刑法賭博罪抵触しないようにいろいろな規制のもとに許可されている営業パチンコだよ

世の中の情勢を鑑みて規制はいつも変わってるの

その上で許可されているんだから合法

お前らが言うグレーはその規制が変わる部分

直ちに違法とは言えないっていう法解釈ちゃん理解しなさい

追記

君等が言いたいことはわかる

命の選別は医療現場じゃなくても始まってることを言いたかっただけ

先日まで弱小のパチンコ店長だった自分まさか命の選別を迫られるなんて思ってもなかった

自分が命の選別をされている中で、さら他人の命の選別をしなくてはならない辛さくらい吐き出させてくれ

明日は我が身の話だよ

追記

イメージが悪いならイメージが悪いと言えばいい

それは自分たちの責任でもある

自分たちが不利益を被ってるのに駅前ネオンを光光とさせてるのが気に食わないってなんで言えない

自分がつらい思いをして働いているのにのうのうと朝から行列作ってるやつらが気に入らないってなんで言えない

それを危険なはずだ!と勝手根拠を並べて正義のフリして攻撃してくることが気に入らないと言っている

行列は基本屋外。距離を保ってるし一人客が多いから会話も少ない。感染リスクゼロではないが多くはない。)

追記

お、おう、、、大御所まで違法賭博言い始めたな

三店方式の是非について議論することは構わないけど、違法だと決めつけるのは議論が何にも進展しませんぞ

法律で定められていることに違反していない以上それは合法

三店方式を守らなかったり風営法で定められている規制を守らなかったりしたときに初めて違法

自分解釈だけで合法違法にしちゃうとか、まさか憲法改正に反対したりしてませんよね?

追記

もう追記しないつもりだったけど一応これだけは書いておくよ

賭博だって言っている人は概念なのか法律なのかまずは自分の中ではっきりとさせてください

法律の話なら現時点においては合法です

ただし、許可営業として風俗環境を乱さないように日々変化する規制で縛られてます

三店方式が認められるのはそうした規制のもとにあるからで、規制無視して三店方式だけを取り出せば違法です

その法のあり方について議論するのは構いませんが、それを違法だと言われても困ります

概念として賭博ギャンブルというなら業界やそこで働く人間を責めるのではなくて法律を責めてください

それを認めているのは国であり法律です

そうして認められている世界の中で一生懸命に生きている人間を、自分違法だと信じているという理由で責めることは醜くて野蛮な行為以外の何ものでもないです

そういう言葉を発する人間がどうしていじめ非難することができるんでしょうか

あと依存症についてはトラバにも書きましたが次のとおりです

パチンコ依存症を生むんじゃない

依存症傾向にある人間パチンコを好むというだけ

そうした売上が一部あることは認めるけど大半の売上は健全に娯楽を楽しんだことの対価でしかない

からそうした人間経済的破綻しないように取り組みましょうというのが最近の考え方

パチンコがなくなっても依存症の人は減らない

公営ギャンブルガチャアルコールホストキャバクラいくらでも依存できる先はある

そうした傾向をいかに早く見抜いて、治療施設へのトスを行えるかどうかが最近専門家に一致する意見

そもそもそうした傾向にある人は家庭に重大な問題を抱えている場合が多く、それを解決するのは福祉仕事であって義理問題ではない

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん