「アクセント」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アクセントとは

2018-06-08

anond:20180608122627

個人的経験から言いますと、標準語を話す人が訛りの強い方言を話す地方に行くと、かなりの確率で訛りが伝染ります

逆に訛りの強い方言を話す人が東京に住んだりすると、今度は訛りが薄まります

訛り、つまり特徴的な言い回しアクセントイントネーション普段聞いている言葉の影響を強く受けるという事なのだと思います

10代~20代前半の若い方の場合、1年程度の期間でも大きな影響を受けてもおかしくありません

積極的に周囲と会話し、交流を深めた結果だと思いますので、個人的には喜ばしいことだと思いました

2018-05-25

靴下

洗濯した後にペアにするのが面倒で、なんとなく似た色合いのを履いた。

靴やスリッパを履いている間はもちろんだが、定食屋の座敷でも誰にも指摘されなかった。

それがきっかけで、左右で違う靴下でも気にしない生活をして、そろそろ1年。

実に快適だ。

これを書きながら、「アクセントになっていて、むしろオシャレなんじゃないか?」とか「仮面ライダーW とか ビルド っぽくて カッコいいかも」とすら思っている。

もっとも、揃っているのに越したことはないので、新しい靴下を買うときにはなるべく同じ色を買うという、弱気な面も持ち合わせているよ)



みんな、まだ靴下で消耗してるの?

2018-05-21

anond:20180520181403

キャベツニンジンだろう。ピーラーとかでがんがん削って、適当に細くカットして、ポン酢でもかけて食べるとうまいぞ。ごま油とかでアクセント付けるのもよし。

2018-05-18

anond:20180518111815

マジレスするとアクセントととか抑揚とか言葉の間とか、そういうのを維持しつつ声質だけ変えてくれる合成音声ソフトはまだ無い。

そういったものから当人個性がにじみ出ていて、それこそが視聴者の求めているもの

からボイチェンを使う。

もう少ししたら機械学習を用いてその人の話し方を再現しつつ声質を変えるソフトが出てくるとは思う(既に簡単ものはある)

2018-05-09

四角形を英語でどう言うか知らなかった

それも、三角形と、五角形から十角形までは知ってたのに!

はじめ square と言いかけて、それは正方形だなとその場で気づき、知らないことが発覚。

quadrilateral です。quadrangle とも言うそうです。普通 tetragon とは言わないそうです。

アクセント位置に気をつけて下さいね

それでは皆さん、さようなら・・・

2018-05-06

初めてピーマンの肉詰めを作りました

ピーマンをそんなに食べたことがないので、食べよう!と思って作りました(何せピーマンをそんなに食べたことがないので肉詰めくらしか思いつかず……)

ピーマンの肉詰めって、こんなにおいしいんですね!!

お肉のジューシーな旨味にピーマンの苦味がいいアクセントになります

同時に味わう楽しさよ!おいしい!!ご飯が進む進む。それと、ヘタまで食べられるなんて知らなかった。びっくり。油っぽいのがちょっと残念。

火の通りが心配でしたが、じっくり蒸し焼きすれば問題ないですし焦げることもなかったです。

ピーマン、おいしい!!

2018-05-04

anond:20180504015301

まじレスすると、ハンボァクみたいな感じかな。方言差が大きいと思う。

R音はいわゆる流音だから、元々のflap的な(日本語のラ行音的な)音が非アクセント位置では弱化して母音的になりがちではあるよね。

2018-04-22

チーター

チーターっていう言葉がある。動物じゃなくて、オンラインゲームなどでツールを使っている人を指す言葉のほう。

最初この言葉を見たとき動物の音で認識していたような気がする。セーターと同じアクセント新語だってからなかったから当然なんだけど。

でも、しばらくしてからチーターって表記が新しい意味を現す言語であることに気が付いた。なるほど、「チート」が擬人化(でいいのかしらん)して「チーター」になってるのねって感じ。

それとほぼ同時に、認識していた言葉の音が変化した。

どういうふうかっていうと、「チー」と「ター」双方にアクセントを置いた発音童貞と似たようなアクセントになると思う。

当時はそれほど意識していなかったのだけれど、つい今しがた、ふと二つの言葉を誤認しないよう無意識のうちに音を変えていたのかもしれないなあって思った。

人間ってすごいな。日本語って面倒くさいもんなって、ちょっとばかり感心していたのだけれど、まてよ、例外もあるじゃないって結構すぐに思い直した。

「きりん」であるアフリカサバンナに生息している野生動物十二国記にも登場した想像上の生き物。この二つはどちらも平坦な音を用いて認識していた。車輪みたいなアクセントで。

他にもあるかなって思って、少しのあいだ考えてみた。

夜間と薬缶は違う。マウス動物)とマウス機械)は同じだった。像と象も同じ。あとはあんまり思い浮かばなかった。疲れちゃった。あとで同音異義語サイトでも見てみよう。

人は同音異義語特別音を変えて覚えているようにはなっていないのかもしれない。いや、案外と認識の上では音を変えて覚えているのかもしれない。

日本語同音異義語は多様な気がするからちょっと調べてみると面白いのかもしれない。面倒だから多分しないけど。

チーターという言葉は、どうして認識の中で音を変化させたのか。

動物と人っていう違いがあったせいなのかもしれない。あるいは「ドラマー」っていう音と似ているからなのかもしれない。チーターチート擬人化しているからそう認識したのかも。

あとあと根本的な疑問になるけれど、他の人は「チーター」を「チーター」という音で本当に認識しているのかしらん。

チーターチーターもセーターみたいに発音してもおかしくはないはずだし。

日々新出する言語の音ってどうやって共有されていくんだろう。テキストだけじゃなかなか更新されないのがむつかしいところだと思った。

人と会話しなければだめね。

2018-04-16

俺が睡眠中にしていたらしい嫁との会話

俺「日本語アクセントって、どうでも良いと思う?」

嫁「え?」

俺「『どうでも良い』ってどう良い意味かわかる?」

嫁「うん」

俺「日本語アクセント、どうでも良い?」

嫁「どうでもよくない」

俺「じゃあ、『白い』と『多い』どっちを代表したい?」

嫁「『多い』?」

俺「ほんと? 本当に『多い』? 『白い』じゃなくて?」

嫁「じゃあ、やっぱり、『白い』かな?」

俺(ここで意識を取り戻す)「俺今何言ってた?」

2018-04-05

anond:20180405161025

いらない。女子大生バイトで勤まるお仕事

NHKのみ、正しい日本語アクセントを全国に周知する役割明治期より担っていた。

(当時は方言だらけで国家統一感がなかった)

2018-03-29

anond:20180328152929

蛇足になりそうだがタイ語での月の略称(英語で言うところのJan.とかSep.とかいうアレ)も一覧にして出す。別にここに書かなくてもWikipediaの「タイ太陽暦」にも書いてあるんだけど、

1月มกรา คมม.ค.モーコー
2月กุมภา พันธ์ก.พ.コーポー
3月มีนา คมมี.ค.ミーコー
4月เมษา ยนเม.ย.メーヨー
5月พฤษภา คมพ.ค.ポーコー
6月มิถุนา ยนมิ.ย.ミーヨー
7月กรกฎา คมก.ค.コーコー
8月สิงหา คมส.ค.ソーコー
9月กันยา ยนก.ย.コーヨー
10月ตุลา คมต.ค.トーコ
11月พฤศจิกา ยนพ.ย.ポーヨー
12月ธันวา คมธ.ค.トーコ

タイ文字上下左右に付く小さい記号(左右はちょっとわかりにくいけど)は原則として母音だったりアクセント記号だったりするけど月の名前にはアクセント記号ほとんどない。唯一「これは読まないよ」という印が2月の一番うしろに付いてるくらい。

タイ語略称作る時には原則として母音(と、アクセント記号)は省いて、母音がついてないときタイ文字原則の読み方「子音のみのときはオーで読む」を使って読むんだけど、ところが月の名前では母音含みで略称作っているのね。カタカナ表記を見ればわかると思うんだけど、マ行で始まる月が大の月小の月どっちにも複数あるから区別するために母音含みにしたみたい。

次に多いのがカ行とパ行だけど、これは大の月と小の月(もしくは2月)に分かれているので後半見れば区別可能から母音つけるまでもなかったみたい。右端に書いたカタカナでの読みを見る限りではタ行も10月12月複数あるんだけど、カタカナ区別表記出来ない差があるのでそこは大丈夫、もしくは日本人には区別がつかないかもしれない。ていうか略称をこういう風に読んでる人を聞いたことない。本当にカタカナ表記蛇足。現時点ではあくまで書く時限定の使い方だと思ってる。略称を読みに使ってるタイ人見かけたら教えてください。

なお、それとは別にタイ語が面倒くさい理由の1つとして、「本当に同じ読みの別文字がいくつかある」ってことがあって、どうもそれにはインド文字を元にタイ文字を作ったからという要因があるらしい。実はインドの方ではタイ語では同じ発音をする子音でも違う読みになることがあるんだとか。サンスクリット語あんまり詳しくない、つうかほとんど知らないのでどこまで本当かは知らないのだけど。

最初から追記)

ブコメで「シンハーシンハービールがあるから知られてない言葉例外」みたいなことを書いたけど、実はシンハービールってシンハーって呼ばないの。タイ語後置修飾だからビア・シンハーかと思いきや実際にはビア・シンって言ってる。ここまではたぶんタイ料理好きな人には有名なんだけど、8月は"สิงหา คม"シンハーコムって実際に言うのになんでビアシンはシンハーにならないのかなと思ったら、ビアシンのタイ語表記はเบียร์ สิงห์ で8月タイ語とはちょっと違う(hをあらわす文字のところに2月のところにもあった「これは読まないよ記号」が付いてる)。由来考えたら同じものなんだけど、月名が伸びるのにブランド名黙字になるのがなぜなのかまではわからないので、先々の宿題とさせてください。サンスクリット語起源だったりすると面倒くさいなあ。

2018-03-21

anond:20180321224320

アクセントが気になる

ヴァッシュ・ザ・スタンピードと同じ感じだろうか

ザッシュ・ザ・スタンピード……

2018-03-19

anond:20180319083449

俺も同じように驚いた。

どこのアナウンサー養成小学校だよと。

当該ブコメの人は、小学校アクセント矯正されたか音痴になったんだと思う。

anond:20180318161326

ブコメに、小学校国語の授業で音読するとき標準語で読むように指導されたと思われる大阪の人がいて、驚いている。

学校によって違うのだろうか?

私は大阪市の公立小学校だったが、先生音読アクセントについてはいっさい指導せず、京阪アクセントで読む子が40人中38人ぐらいだった。

(残り2人は関西以外から引っ越ししてきた子だったと思われる。)

2018-03-18

anond:20180318192621

敬語にすることで方言?(地方独自言い回しみたいな)語句回避することは出来るけど、イントネーションは直せない人おおいと思うけどな

例としてダウンタウン浜田は「はまださん」って呼ばれるとき関東だと「は」、関西だと「ま」にアクセントがあるとかね

まあ直せないから何だって話だけど

関西弁の人ってやるかやらないかは置いといて

いわゆる標準語イントネーションで喋れるの?

俺は関東で生まれ育ったか標準語イントネーションだけど関西東北なまりは学んでもできるようになる気がしない。

そういう風に考えるとやっぱり英語発音日本語訛りになるのも当然だなと思った。

ごくまれに耳がすごいよかったりモノマネが得意なタイプがいるけどそういう人なら可能なのかな

P.S.

適当に書いた文だったけど意外と見られていたので、指摘された部分を補足しておきます

この疑問は関東まれ関東育ちの、関西へは修学旅行しか行ったことがない一人間の素朴な疑問でした。

最近関西出身の方とはじめてガッツリ話す機会がありまして、生身の会話をしてみて関東アクセント京阪神アクセントの違いを改めて認識して、とても興味深いと思いました。

それでなんとなくこういう疑問を抱いたのだと思います

関西の方や関西弁を批判する意図は全くなく、むしろ好きです。関東でも直さずバンバン使って欲しいです。ウェルカムざんす。

あと、イントネーションアクセントの違いがよくわかってませんでした、私が言いたかったのはどちらかというとアクセントでした。

標準語という表記定義曖昧でした、自分が話すのは関西の方から見たら関東弁でしかなく標準語ではないのかもしれません。(自分が話している言葉標準語かと思ってました、おそらく標準語というのはアナウンサーが喋るような言葉なのだろうと思います

関東にも山手言葉とか下町言葉とか浜言葉とか方言はありますからね。

ちょっと自分にもてやんでいな部分があったと思いますなまら気をつけるっぺよ。

おおきに

2018-03-16

味噌汁レモン

https://twitter.com/i/moments/974466593001385984

これを見て。

味噌汁レモン汁をちょっとだけ入れると、えっ?って思うけど意外と味がキリっとしてウマい。

味噌が濃厚だとアクセントになる。

あと、真逆方向性として、バターを入れるとまろやかになってウマい。

北海道だとやる家庭もある。

2018-03-14

SIer

ずっとスラーって読むと思ってた。

SIは知ってたけど、スラーエスアイヤーは別物で、エスアイヤー=SI屋だと思ってた。

アクセントチョベリバみたいな感じだから日本語だと思っていた。

SIerならIにアクセントがきてerで下がるだろうと思ってたよエスアイアー。

ひとつ賢くなった。

2018-03-12

anond:20180312015742

「国が」っていう時のアクセント世界史を取っていない人のそれ

2018-03-05

anond:20180305083858

効率性?確かに変換がなければタイプは速くなるが、アクセント記号書くのが効率的とは思えないな。どうやってタイプしたらいいのかわからんぞ。既存機器入力できなくてもいいわけか。もしや手書き入力か?文字コード直打ちか?

Mac nara eigo Kiibóodo de boínnji wo nagaoshi surú daké desu. iOS demo onaji desu. Windows nara, Alt Kíi ka nánika to no kumiawasé de dékita to omoimásu.

同音異義語ってそんなに嫌うような代物なのか?全ての単語に固有の文字をあてれば解決だな。もっとチャイナは簡体を進めたために衝突が増えたはずだが。ハングルの導入も然り。

Douonn igigo no kotó wo shinnpai shinái no de áreba, tánn ni kunnrei shiki de wakachigaki wo suba íi daké na no desu ga, sou surú to, "douonn igigo ga..." to kanarazu iwaremásu.

Watashi ha douonn igigo ha sukoshi kúrai nara shikata ga nái to omoimásu ga, mattakú kúbetsu ga tsukánai no ha yóku nái to omoimásu.

学習コストって何のことかわからんが、日本人日本語書けないやつには会ったことがない。外国人が苦労するとは想像するが、それなら発音表記を揃えるべきだ。歴史的仮名遣いを取り込むとか、そうか、つまり趣味以上のものではないわけか。

Nihonnjinn ha nihonngo no kakikáta wo gakkou de nagái jikann wo kákete naraimásu. Sore gasuto desu.

Gakushuu Kósuto wo sakugenn shité, onaji jikann de gakkou de hoka no kotó wo oshierarerú yóu ni náreba íi to omoimásu.

ローマ字書きのメリットとして機械理解させたり、検索性の向上、合成音声への応用などあるわけだが、さういふ文脈無視して趣味性の追求のために時代に逆行する信念には敬服しますた。これからもかんはつてくたさい!

Soréra ni tsúite taisetsu na no ha, hyóuki wo míte dóno tanngo ka ga wakáru kotó desu.

anond:20180305075939

効率性?確かに変換がなければタイプは速くなるが、アクセント記号書くのが効率的とは思えないな。どうやってタイプしたらいいのかわからんぞ。既存機器入力できなくてもいいわけか。もしや手書き入力か?文字コード直打ちか?

同音異義語ってそんなに嫌うような代物なのか?全ての単語に固有の文字をあてれば解決だな。もっとチャイナは簡体を進めたために衝突が増えたはずだが。ハングルの導入も然り。

学習コストって何のことかわからんが、日本人日本語書けないやつには会ったことがない。外国人が苦労するとは想像するが、それなら発音表記を揃えるべきだ。歴史的仮名遣いを取り込むとか、そうか、つまり趣味以上のものではないわけか。

ローマ字書きのメリットとして機械理解させたり、検索性の向上、合成音声への応用などあるわけだが、さういふ文脈無視して趣味性の追求のために時代に逆行する信念には敬服しますた。これからもかんはつてくたさい!

anond:20180305072034

問題意識としては、効率性です。

日本語現在表記方法は、表記ゆれが多かったり、入力に手間がかかったり、学習コストが大きかったりと、問題が多いという認識がまずあります

この認識が共有できないと、多分問題意識も共有できないと思います

入力に関しては、コンピュータ入力ソフト進歩によって、少しづ改善していますが、まだまだ英語韓国語などの変換のない言語に比べると、入力速度は体感できるほどの違いがあります

日本語入力システム中国語に似ているというイメージがあると思いますが、実際には中国語入力システムの方がシンプル方法採用していて、その分、母音を省略して入力できたり、スペルミス自動修正してくれたりといった機能がよく整っています。(何がシンプルかというと、日本語入力ではまずローマ字ひらがな自動変換され、そこから手動でかな漢字に変換するという二段階の変換システムになっているのに対して、中国語入力システムでは、ローマ字から直接普通中国語に変換される、一段階の変換システムだという点です。)

また、そのようにして入力された文章に関しても、違う単語が同じ表記になってしまう(例:「行った」)とか、曖昧性があったり(例:「この先生きのこる」)など問題が多いです。

これらの点を改善する方法としては、色々と考えられます

などの方法があります

このうち、分かち書きはかな漢字のままでも可能です。

ローマ字採用する利点があるのは、後者についてです。ローマ字は、ひらがなよりも使えるパターンが多いです。ひらがな表現できるモーラパターンはたった115です(参考: https://ja.wikipedia.org/wiki/日本語音韻 )。ローマ字であれば母音5種、子音21と子音がないパターンで合わせて22で、これだけで110になります。私がやっている方式では、母音にはアクセントがあるものとないものがあるので10種類であり、さらに子音は2文字重ねるものshなど )があるので、使えるパターンは200をゆうに超えます

一口ローマ字表記するといっても、やり方によってその成果に大きな差が出ます訓令式ローマ字をわかち書きするだけでは、違う単語が同じに表記されてしまうケースは減らず、むしろおそらく増えるでしょう。

そのため、どんな方法がいいかを探求するために、色々と考えたり試したりしているわけです。

今のところやっているのは

などで、まだ決めていないことはたくさんあり、例えば以下のようなことを考えています

などなどです。

「違う単語が同じ表記になるケースがゼロ」の状態を「完全な表記法」とした場合表記の完全性と学習コストトレードオフになる場合があるので、どのへんがちょうどいい具合かも探っていく必要があると思います

論点散逸してる感があるのでまとめると、ゴールは次の二点です。

加えて

があるのですが、これはローマ字採用した時点でほぼ達成が約束されているので、割とどうでもいい扱いです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん