「自然」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自然とは

2018-04-24

anond:20180424231009

はなから濡れ衣を着させようとする女は、一般車両を利用し続けるのだろうな(そんな女がどれだけいるのか分からないが)。

だが、女性専用車両が導入されても一般車両を利用し続けるということは、一般車両内の冤罪発生率を変化させる条件にはならないということだ。いや、むしろ、導入されれば、そんな女も自重せざるをえなくなるだろう。濡れ衣を着させようという不自然な行動は、女性の数が減っているぶん、導入前より目立ってしまうためだ。

ともあれ、きみの視点から抜けているのは、冤罪が偶然や誤解からまれうるということ。これを避けるためには、男女が接触する機会を減らすこと。女性専用車両の導入はその点で効果なのだよ。

女性専用車両に乗りそびれた女をわざわざ触ってくる男はけしからん、と思われるだろうから、がんばって痴漢冤罪をかまそう」と考える女がいる可能性もある

これは意味わからん。分かりやす説明して。

あと

一般車両に乗る女性は多くいる。減らない。

これも意味不明。

失われているのは感動ではなく気付き

人間思考無意味に回転・反芻する癖が有る。

抑鬱的な人は特にこの傾向が強い。

たとえば未来不安過去の後悔に付いて何度も何度も考える。

これは考えれば考えるほど自分を痛めつけている。


ではどうすればいいか

まず思考の回転に気付く。

次に思考を止める。


どうやってそれを実現すればいいか

瞑想だ。

ただしxevraとは関係がない。

はっきり言えばxevraは瞑想をやっていない。

彼の軽口を参考にする必要はないし、瞑想をしたらxevraのようになるというのも間違い。



やり方を説明する。

まず椅子に座って背筋を伸ばす。

手は膝の上などに楽に置いて。

背筋は絶対に伸ばし続けておく。

それが終わったら動きを止める。

したいになったつもりで徹底的に動かないこと。

呼吸以外の動きは止める。唾すら飲まない。


姿勢を整えて動きを止めたら、

下腹部意識を集中してみる。

下腹部は呼吸につれて、息を吸うとき膨らみ、息を吐くとき縮んでいる。

これを意識の集中ではっきり感じる。

呼吸は自然に任せること。


次に下腹部が膨らんでいくとき「膨らみ、膨らみ、膨らみ」と心の中で言葉を念じる。

下腹部が縮んでいくとき「縮み、縮み、縮み」と心の中で言葉を念じる。

掛け声にならないように注意して、ちゃんと膨らみと縮みを心で感じて、念じる。


これをやるとどうなるか?

なんとちゃんと出来ない。

ふと気付けば余計なことを考えていて「膨らみ」「縮み」が中断されている。

これに気付く。

気付いたら「雑念、雑念、雑念」と念じてまた「膨らみ」「縮み」に戻る。

恐ろしいほど頻繁に勝手に余計なことを考える脳の習性に気付けるが、これが第一進歩

めげずになんどでも「雑念」と念を入れて勝手思考カットし、また膨らみ縮みに戻る。

これが第二の進歩


勝手思考の回転に気付き、すかさずカットすることを訓練する。

自分病態モニターし、まずい習慣が出たらカット

この繰り返し。


瞑想に取り組んでいると精神病は止まる。治り始める。

逆に言えば瞑想をしていないとたいていの場合精神病は進行する。

心を、脳を管理できるのは正しい仏教瞑想だけ。


仏教思考を止めることを目的とし、メソッドとしている。

これは悟りを開くための通り道であって

精神病が治るなんていうのはささやか副産物

でも治ってしまう。

精神病思考の回転と反芻で起きてるから


なぜ思考を止めるのか、

どうやって思考を止めるのか、

思考を止めるとどんな利益があるのか、

心療内科などには1つも説明できない。

仏教は2000年以上前に全ての説明を終わらせている。


からあなた瞑想に取り組むべき。

休んで居る間も脳の中で思考妄想が回転していればそれは休めていない。

脳を休めて正しい方向へ開発するのは瞑想だけ。

座る瞑想(30分)と歩く瞑想(1時間)に毎日取り組んでみて欲しい。


騙されたと思ってやってみても大した辛抱はかからない。

始めたその日、やっている最中から効果を実感できるから


歩く瞑想は座る瞑想よりも思考ストップには優れている。

歩きながら、左右それぞれの足の裏の設地を感じて「左足」「右足」と念ずるだけ。

念じながら歩き続けるだけ。

集中力が高まってきたら、

「右足」「持ち上げる」「運ぶ」「触れる(地面に)」

「左足」「持ち上げる」「運ぶ」「触れる(地面に)」

と歩行に伴う足の感覚を感じて念じていく。

これはちゃんとやれば大変忙しい。

脳がくたくたになる一方、脳を痛める無駄思考は完全にストップする。

時間やれば効果はビンビンに感じられる。

自分の立った今の行動にピッ!ピッ!と気付いてく。

疲れないし、記憶が抜けることもない。

https://anond.hatelabo.jp/20180424181125

野間オタク差別全盛期の差別当事者

される側のね。


1.苛烈オタク差別に直面した野間世代

そもそも野間がイキってる写真とか見るとわかる人にはわかる。

あれは不良のセンスではない。

しろオタクセンスに近い。

野間自分より一回り以上上の世代だが、あの世代のオタク独特の臭いが強くする。

エヴァ放映時に30過ぎだった世代エヴァに最も発狂的反応を示してた世代)だ。


あの世代の人達メインストリームから外れることに多大な勇気必要だった。

メインストリームで生きづらい人の大変さが今と比べても強かった。

いま30代後半の自分達は思春期にかろうじてその空気尻尾を感じた。

あれの空気本体思春期に重なったた世代はさぞ苦しかったと思う。


差別に直面し苦闘したオタクたちは色々とヘンテコリン自意識を生み出した。

いまギャグとして消費されてる「イキリオタク」はライト病理から誰にでも笑える(理解出来る)。

20代の小汚いオカマ氏が「要するに未充足、飢餓」とまとめてたが、それは多かれ少なかれ誰にでもあるものだ。


野間世代当時のオタク自意識とそこから生み出されるファッション自己演出は広く笑えるものではなかった。

オタク同士だと辛うじて痛々しさを理解できて笑えるようなものだった。

今よりはるか過酷環境下での切実な防衛のための自意識で、

情報入手手段も乏しく、「大人」になった先輩もまだおらず、

オタクとして見習える穏当なロールモデルがまだない。

みんなオタクとして社会に抗するためのスタイルを手探りで自己開発してたから。


その中の一派として、オタクでありながら不良っぽくイキるオタクが居た。


2.自意識武装するオタク

もう名前出しちゃうと有名どころでは大張正己とかだ。

当時スターアニメーターとしてメディア露出してた大張は袖の無いジーンズなんかを着てバンダナ巻いてた気がする。

「大張アニキ」って書かれてた。

ちょっと欧米パンクイメージも混ざりこんだ、オタク想像する精一杯のタフガイ

申し訳ないけど、当然ながら似合ってなくてすごく痛々しかった。


あとメタル音楽に傾倒するオタク

有名どころでは萩原一至とかだ。

あの世代には変に洋楽好き・メタル好きをアピールするオタクがやたら居た。

黒い服を着て怖いルックス外国人音楽聴くオタク発見した精一杯のタフガイ


みんなぶっちゃけ同じオタク気質の持ち主で、

でも当時馬鹿にされていじめられる対象として知れきってた「オタクであることを肯定できずに

メインストリームじゃないけど得体の知れないもの

メインストリームじゃないけど別の権威のあるもの

で身を固めてた。


バンダナとか指貫きグローブを装備するオタクが本当に居た時代の話。

彼等は普通になれない自分世間説明する為に「タフガイ武装をしてた。

それが見当外れで更に外面を異様にするものであっても。


いま野間説明しようとしたら大張・萩原という名前自然ポンポンと出てきたけど、

調べてみたら見事に同い年や同世代だった。(野間大張が1966年まれ萩原1963年まれ。)

勘で喋ってるけど大きくは外れてないんじゃないかという自信を得た。

野間は明かに大張や萩原のようなあの世代のオタク臭いが濃厚にする。

オタク気質でありながら自分オタクと率直に認められない。

タフガイを装備して自分説明しようとした。


3・サブカルというもう一つの(逃げ)道

オタクでありながら差別のせいでオタク自分を認められない人間

当人なりのタフガイ属性を装備した変なオタクになっていたという話をした。

しかしそういうオタク気質・強い自意識の持ち主の為のもう1つのパスが当時あった。

サブカルだ。

(ここで言うのはテクニカルタームであって、一般的意味サブカルチャーではない。)


サブカルとは何かを説明するのは難しい。

端的には「音楽映画についてマニアックなところ(最初から売れないマイナーなところ)に取り組み、

しかオタクではないことを強く自己規定する人達」とかになる。

この人達に無理があったのは、どうしようもなく存在意義他所依拠していたところだ。

メインカルチャーとは違うんだ、オタクとは違うんだ、という所だけで成り立ってた。

から非常にオタク意識オタクに執着してオタク蔑視して攻撃してたのもサブカルだった。

近縁種でありながら自分達ほど自意識が高くないオタクにつきまとって蔑視することで自己肯定感を得ていたから。


結果論から言ってサブカルは滅びオタクは栄えた。

オタクが堂々と自称できる世間になってしまった。


オタク自意識戦場から本格的に去ってしまった後はサブカルは空回りするしかなくなった。

そしてわりと自由創作や消費をし続けていたオタクの影響力経済力に勝てなくなった。

自意識問答にあまりに長い時間を割く人間は結局は敗れ去る種だったのだ。


これは後世の人間による傲慢歴史的結果論だが、

オタク丸出しでオタクをやれてたオタクや、バンダナ程度の武装自己肯定出来てたオタクは、

アニメを捨て馬鹿にされないための映画音楽に走ってカルト度外れ度を競うという

自意識の強さゆえに終始無理してるサブカルより強かった。


4.自意識から卒業できなかった方のオタク

もう結論が見えてきただろうか。

野間オタク差別全盛時代差別の脅威をヒシヒシと感じて育ったオタクで、

メインストリームでは生きられない自分の精一杯の防備を固めるためにサブカルオタク蔑視することで差別される弱者位置から逃れようとする生き方)に走り

サブカルをやってたせいでオタクにもたらされた開放に立ち会えずに

未だに自意識の檻に囚われ続けているオタクだ。


野間差別に強い関心があるのもオタクに強い執着があるのも理由が分かるだろう。

ずっと被差別感を持っていて、オタク蔑視する時にそこから逃れてきたのだ。

典型的差別被害者差別主義者だ。

今更そこは責めない。

まして彼等より安穏な時代を生きる世代断罪していいものと思えない。


ただし野間を長年苛んだ差別は明かに在日差別のようなソリッドでトラッド差別ではない。

80年代の「ネクラ」「ダサい」のようないじめ空気だ。

そのいじめ空気と格闘し続けて中年になったのはそれはそれで面白い人で、

そこを率直に出すことでメディアや論壇に居場所の確保が出来たと思う。


しか野間はまたしても自分肯定できなかった。

そんなことにクヨクヨと悩んできた自分を認められなかったのだ。

またもサブカル特有自意識の強さであり、あっさり被差別者としての言論を確保したオタクとは対照的だ。

サブカルオタクよりも弱い人達だった。

当人の心性も、結果的に追い込まれ立場も。


オタクが開放されて去ってしまサブカルとしての今後に行き詰まりを感じた野間

在日差別反対」という明かに当人が長年取り組んできたミッションとは違うものを掲げてしまった。

そして当人なりの精一杯のタフガイあの世代にとってのそれは不良)として革ジャンを着て釘バットを持ち中指を立てた。


差別反対を標榜すること、やけに暴力性をアピールすること、オタクに強い執着を持って追いすがり繰り返し侮蔑すること、

傍目にはヘンテコちぐはぐな彼の行動が、成分を分析すればいたって自然帰着なのだ


大張や萩原はとっくの昔に武装を脱ぎ捨てて普通のおじさんになった。

野間を追い込み続けるのは自分肯定出来ない弱さとその逃げ道としての自己欺瞞だ。


5.野間という人

プライドが高い野間には許せない。

世間空気いじめられて悩み続けてきた自分を。

あっさりと「いじめられた」と認めて被差別言論を獲得するオタクどもを。


野間は決して頭悪くはない。

抽象的な議論が出来ない方ではない。

なんたってオタクから。悩み続けてきた人だから

定期的にめちゃくちゃな暴論をぶつのはそれがタフガイ仕種から

「乱雑で悩みなんか持たない自分」を世間に表明する必要が定期的に生じる。

それは精神的な発作だと思う。


からおそらく、自分サブカル経歴が見る人から見たら弱点バレバレなのもたぶん自覚してる。

いま野間wikipediaを見たら、なんと前半生がまるまる削除されていた。サブカル時代の経歴の全てが。

45歳時点からまりそれ以前について触れないwikipedia人物記事って地味に異様だ。

もともと野間雑誌編集者とかギタリストとか紹介されてたはず。

学生時代から参加してるバンドサブカル界隈ではそれなりに有名で、

ミュージック・マガジン』なんていう典型的サブカル誌の編集者でもあった。


いったい誰の手の者が人の前半生をこんな風に抹殺したんだろう。

野間否定的な者ではあるまい。

野間肯定的な者でもあるまい。

このサブカル活動文脈理解できて、その裡のみじめな自意識の懊悩を理解できるオタク教養のある者、

そしてこの経歴にすら強い羞恥心を感じて肯定できなくなった者に違いない。


調べてみると近年の野間は「サブカル」を批判対象へのレッテルとして結構連呼しているらしい。

脱オタクしてサブカル立場オタク侮蔑し、

サブカルして活動家の立場サブカル侮蔑し、

まりいつまでも自分自身を肯定することが出来ない。


6.まとめ

一部にみられたこういうのがあまりにも見当はずれな分析なのでひとこと言いたくなりました。

野間氏は不良ではなくオタクです。

anond:20180424213741

からそこが一番難しいところだよね

そこが定義できればオタク定義自然にできるからなんとかやってみたいっていう話

せんべろしてたらマルチ勧誘された

先日友人と二人で上野せんべろをしに行った。

友人も私も割とお酒に強く、小洒落女子会もいいけどたまには酔うまで飲もう!みたいな趣旨で、まだ明るい時間から飲み屋はしごした。

安いし美味しいし、狭い立ち飲みなので自然と隣り合った人と話せる楽しい

三軒目で少し年上の女性の二人組と仲良くなり、連絡先を交換しようと言われた。

女子同士で珍しいなと思いつつ、社会人になると新しい友人が出来にくいし、職場女性が少ないので、自分より人生経験豊富であろう年上のお姉さんと仲良くなれたらいいなあなんて呑気に考えてLINEを交換した。

別れた後にすぐ連絡があってマメな人だー!と感心すらして、翌日改めて飲みに行こうと誘われた。

ただその誘い方がえらい積極的というか、がっつくというか、ナンパ男並みに押してくる。

文体顔文字の使い方もちょっと独特で、でもそれは私がオタクとかサブカルかぶれだからそう感じるのであって、普通OLはこれがスタンダードなのかもしれない……なんて思いながらLINEのやり取りを続ける。

次の予定をめちゃくちゃ近々から聞いてきて

「次の火曜日どうかな(*^^*)」

って週末に知り合って数日しか間空いてないやん?? しかも平日……そして何故か五反田……。そんなすぐ会いたくなるほど話盛り上がりましたっけー?! え、普通の人の距離感ってこんな感じ?? 私がおかしいんか???

ちょっと困惑しつつ

「平日は次の日心配なんで週末の空いてる日だと嬉しいです」

みたいに先送りにしようとすると

「早い時間だと19:00-20:35にあるよ!」

と食い下がり、謎の5分刻みの飲みのスケジュール。授業? しかも早い時間ということは一日に何回もやってるの??

一緒にいた友達と予定が合わないかも〜みたいに少しはぐらかしていたら

大丈夫o(^▽^)o 一人参の子もいっぱいいるよ!!」

いやいや、怪しすぎて一人で行くの怖いよ……。

もう探るのが面倒になってきてなんの集まりか聞いてみると

友達の輪が広まってどんどん規模が大きくなった会だから色んな人がいるよ☆ 人脈も広がるし、みんなエネルギッシュですごい元気出るの(≧∀≦)」

と、すごいふんわりした回答。

あっ、私これ知ってる。



マルチや……。



以前、売れない役者友達からニュースキン勧誘を受けたことがあってバッサリ関係を絶った。

の子の時もグループではたまにいっしょに遊んだり飲んだりするけど、二人ではあったことないって微妙距離感なのに、いきなり二人でご飯しようと誘われた。

さらに昔には私ではなく、躁鬱の母が躁状態の時に3回、アムウェイハーバライフ、ザンゴを勝手に始めて失敗している。

それも久しぶりの友人と会ってからだった。

マルチ擁護する人でモノはちゃんとしてる!とか言う人もいるけど、母が捌けずに売れ残ったもの家族で延々と消費し続けた身からしたら大した物ではなかったし、人の不幸を前提としたビジネスモデルの物を使いたいなんて微塵も思わない。

一瞬で心がスッと冷める感覚がした。

飲み屋では楽しかったのに。ただ新しい友達が出来たらいいなって思っただけなのに。同性だからって気を許してはいけないんだな。世知辛い

ネットで「五反田 マルチ 勧誘」で調べると「モデーア」というマルチ情報が出てきた。5chのスレもある。旧ニューウェイズ団体らしい。手口的におそらくこれだろう。

もう関わる気が失せてシカトに入る。でも、しつこくLINEは送られてくる。多分ほぼ100%マルチ勧誘だろうけど、決定的な証拠もないのにブロックするのはわずかばかりの良心が痛む。

許せサスケ……。もう普通人生で関わるマルチ限界量をはるかに超えているんだ。

ちなみに宗教勧誘経験済みだ。私のイラストブログによく遊びに来てくれて仲良くなった同い年の女の子だった。翌日アク禁にした。

私が不用心なだけなのかもしれない。でも、こうやって疑り深くなっていくのは悲しい。

みんなも少しでも怪しい気配を感じたら距離を取ってね。それでもしつこいようなら速攻で逃げて。関わると無駄エネルギー消費するだけだから

相手ホームグランドに行ったら複数で全力丸め込もうとしてくるんだ。悪いから一回くらい顔出すか……。とか危ないよ!

上野に限らず、渋谷恵比寿にコリドー街、色んな飲屋街で女性二人組で声をかけているらしい。今の時期は上京してきた人も狙われてしまいそう。

から積極的声かけてくる人と不用意にLINE交換しないでおくれ。まあ、してもいいけど最低でもLINE名前本名フルネームで入れない方がいいと思う。私はあだ名だったか大丈夫だけど、LINEブロックしてもFacebookとかまでつきまとわれたりしたら怖いから。

あ゛〜!! もうやだよ〜!!!ストレス解消しに飲み行ったのに逆にストレス溜まってしまった。

私はもうしばらく個室で仲のいい友達しか飲みません。

久しぶりにはてブログインした。でももはてブしたくない

なんで久しぶりにログインしたのか、答えは明白だ

仕事で凄まじく嫌なことができたからだ

数年前までも、はてブには入り浸ってた

だがある時から自然に遠ざかった

理由は考えてみれば簡単

仕事が辛いとはてブして、

仕事が順調だとはてブなんか読まない

パワハラ上司がいた時は毎日の様に入り浸っていた

だがあの糞上司左遷された

その時から仕事が充実してプライベートも楽しくなって

そうなるとはてブなんかいつもまにか見なくなった

それが

今週

2週間の研修で遅れて新たな上司が配属された

これがウンザリするほど粘着質の、正論で人を追い詰めるタイプの、

前のパワハラ上司よりも数段ヤヴァイやつだった

早速今週一気にどん底モードに陥った

明日までに仕上げる書類があるのだが、

やりたくなくて無駄サビ残してはてブしながらダラダラやってる

はてブ

現実逃避だったんだな

いや、嫌な不愉快上司ストレスを、

スターブコメを見てカタルシスで解消してたんだと思う

そうなると今私が心の底から望んでるのは


もう二度とはてブなどしない生活に戻ることだ

性的活動時間

自然分娩は深夜0時前後が多いらしいけど、性的活動にも体内時計的に最適な時間帯ってあるのかな。

昔見た何かの研究雑誌の図で、夕方の4時くらいが体力最高って書いてあった気がするので、その辺がいちばんパフォーマンス高いのかな?

「バーフバリ」に乗れなかった奴の愚痴

タイトル通りです。

一部の界隈で盛り上がっていたので、バーフバリ 伝説誕生を観たんですよ。

そして激しく後悔しました。

こんなもんを面白いとかもてはやした人たちに

もう少し自分発言によって不幸になった人がいることを自覚してほしいと思ったので書きます

伝説誕生がひどすぎたので、どんなに勧められても王の凱旋は観ません。

バーフバリ伝説誕生がつまらなかった理由を書きます

まずCGがしょぼいです。

冒頭の女性が河を流されるシーンからして、激流に流されてるのに真っ直ぐ立てていて不自然すぎ。

興が冷め、さっそく世界観に入り込めません。置いていかます

拾った仮面の持ち主の女性に会いたいあまり崖を登るというストーリーもよく分からない。

仮面から取った型なんかで持ち主の性別容姿特定できますかね?

結果的に当たってたから細かいことはいいんでしょうか。

アヴァンティカにタトゥーを描くシヴドゥのシーンはとにかく気持ちが悪いです。

意中の女性へのアプローチとしてここまで気持ち悪い行動に出られるのは素直にすごいです。

しかタトゥーのせいでアヴァンティカは一瞬戦士としての立場が危うくなります。もう迷惑しかかけてないです。

なのに両思いになります。ついていけません。

そして一番腹がたったのが終盤の王位継承のシーン。

「敵の大将首を取ったほうが王になれる」という話でバーフバリバラーラデーヴァが競い、

最終的にバラーラデーヴァが敵の対象首を取ります

民の支持を一身に集めるバーフバリもここまでか、と思いきや

シヴァガミの「バーフバリの戦い方の方が良かったからバーフバリの勝ち(意訳)」という発言勝敗が覆り、

民衆のバーフバリ!バーフバリコール。バーフバリ王位に。



なんだそりゃ。

ルール変わっとるがな。



多分この世界はバーフバリがいきなりバラーラデーヴァを刺して王位を奪っても、

みんなバーフバリ!バーフバリコールして褒め称えると思います

バーフバリから王にふさわしく、バーフバリじゃないから王にふさわしくないという世界ルールなんですよね。

ここまででバーフバリが王にふさわしい器だというのがきちんと描写できていればいいんですが、

暴力的で身勝手ですし、何につけてもバラーラデーヴァの面子を潰してはドヤ顔

宗教観倫理観が違うので納得できていない面はあるでしょうが、とても民の気持ちが分かる男には思えません。

最後まで観たことを褒められたい映画は久しぶりでした。

この映画を手放しにおもしろいと言う人は警戒していいと思います。かなり人を選びます

言いたい放題言ったので気が済みました。

くだらない愚痴にお付き合いいただいてありがとうございました。

anond:20180424122913

「お袋」に任せきりだったようだけど。

元増田が全く顧みてなかっただけで、他の家族は知ってたんじゃないの?

他の家族元増田との間のコミュニケーションはまともに行われていたんだろうか。

子供が生まれた途端に夫両親と同居させられた上に義父がアル中になった奥さんのストレスも相当なものだろうし、

アル中祖父が暴れる様を見せつけられながら育つ子供への悪影響とかもどうなのかと思うけど

元増田はそういう発想も無いみたいで、本当に全く家族に関心がないんだな…と。

喧嘩はまったくない平和家族だった。

ってのも、人が複数一緒に暮らしてりゃ喧嘩が無いのはむしろ自然で、

実際は喧嘩していたが元増田が気付かなかったのか、或いは喧嘩も出来ないくら没交渉・或いは抑圧された家族だったのか……

とにかくこの無関心っぷりが怖い。

「実際は元増田当事者ではなく、書いた内容は伝聞」ってならこの書き方も分かるんだけど。

anond:20180424164242

女を痴漢したい男と、男を痴漢したいゲイが集まる。

女を痴漢したい男は旨味がないので自然と男を痴漢したいゲイけが集まる。

まりただのハッテン場。

anond:20180424011916

ああそうか。でも顔の筋肉を直接鍛えたりはしないよね。力んで顔が歪んでるとき自然とついちゃうってことなのかな?

一緒にいると落ち着きすぎて、興奮しない

私は、アラサーの女。

5か月前に出会って、3ヵ月前に付き合った同い年の彼氏がいる。

土曜日にうれしはずかくも初めてエッチすることになり、挿入にまで至ったが途中で萎えしまフィニッシュはできなかった。

そして、タイトル言葉を言われた。

彼と付き合った経緯は、

お互いにグループ飲み会出会い、うれしいことに向こうが一目惚れをしてくれて

アピールしてもらい交際スタートした。

はいままで最長でも半年しか付き合ったことがなく、回数も少ない。と聞いていた。

「初めてこんなに真剣に人を好きになった」、「初めて会った時にこの人と結婚したいとビビビッときた」と言ってくれていて、

すっごくうれしくて大好きになった。

付き合って短いけど、「結婚したい」と私もすごく思っており二人でそういう話をしたりしている。

そういう状況で、土曜日に初めてお泊りすることになり二人ともすっごくすっごく楽しみにしていた。

有名な温泉地に行き、まったりゆっくりとする予定のお泊りだ。

宿を決めるにあたって、いろいろと候補を出していたが、

彼が「せっかくだから二人でお風呂に入りたい」と言ってくれて、貸切風呂があるお宿に決めた。

夜まではゆっくり温泉街を散歩して散策したり、お部屋でテレビを寝ころびながら二人でみたりと仲良くしていたつもり。

ご飯も食べて、お互い恥ずかしがりながら楽しくお風呂も入り、さぁいよいよお布団へ!となった。

ごく自然にそういう流れになって、お布団でイチャイチャしていたのだが、

彼のジュニアの反応が悪い。。

大きくなってるんだけど、持ちが悪くて入れれるほど固くない。

ぱくぱくしたり手で触ったりと私も微力ながらお手伝いをしたんだけど、挿入ができない。

結局2時間ぐらいすったもんだしたんだけど、その日の夜に一つになることはできなかった。

次の日の朝にチェックアウトまで時間があったので、昨夜の続きをってことになり、ようやく一つになることはできた。

が、15分くらい運動をしたんだけどフィニッシュを迎えることなく、私の中でちっちゃくなってしまったのだ。

そして「私といるとほんと心が落ち着いてしまって、興奮しないような気がする。」と言われた。

彼はその日いろいろと考えてくれて、そういう気持ちになってるのかもという結論にたどり着いたようだ。

「2人でいるとお互いに落ち着きすぎて不思議だね。」という話はよくしていたので、気持ちはわかる。

でも、興奮しないとなって現にジュニアの反応も悪いのを見てるとすごく焦るし、

私には彼を興奮させるほどの女性的な魅力がないのか。と思ってしまう。

好きだからこそ、エッチしたくなるものなんだと思ってた。

久しぶりで緊張してしまって反応しなかった、っていうならわかる。何回かしたら緊張も解けてできるのかな。とか思えるから

でも、落ち着きすぎて緊張もしなくって、常に冷静だったって言われてしまい、

あぁ理性が飛んじゃうほどでもなく、そんなときでさえも落ち着きが勝るのか。って気持ちになってしまった。

これは喜ばしいことなんだろうか。そこまで落ち着け存在ってなかなかないだろうし。

でも性的に魅力がないって言われてるようにも聞こえる。

はてなの皆様で、同じような経験&彼のこの気持ちがわかる人がいるでしょうか。

私はこれから彼のため、2人のためにエッチができるようにどうしていったらいいのでしょうか。

anond:20180424103142

人間自分認識したものしか考えられず、自殺した原因も、自殺した人自身経験したことからくるだし、自分とは関係ないよなあと思った。

正直家庭や学校での不満が父の自殺したあと、爆発して燃え尽きて、自分も死にたくなったなあ。

でもなんだかこれが整理できたら、今までにない認識ができるのかとよくわからない期待をして、生きようとして、何度もやらかしてきて、ようやく平穏になってきたという感じがある。

今は適当読書して、日記を書くのが楽しいかな。あまり人とは合わない。

書いてみて、だいぶ心の整理ができたと思う。ありがと。

生きるモード軌道に乗るっていうのはおそらく目指すものじゃなくて、自分自身の整理がついてから自然に行動してみてから、しばらくたって気づくことなんだろうなあ。

anond:20180424120521

結婚して子供がいる筈なのに、妻に対する言及が全くない&子供に対する言及殆どないのも

同居してても父親アルコール依存だという事に一年間気付かないのも

自然というか、家族に対して何か大きな問題が起こらない限り全く興味がないのか…

後者だとしたら怖い

anond:20180423203115

でも実際のところ、べつに困らなくね?

なんでそんなに必死なのか知りたい その理由が正しかったらおれも騒ぐ

でもメールとか電話とかエロ動画購入履歴とかそういうのが検閲されるなら困るけどさ

WEBサイトだろ? WEBサイトだろ? WEBサイトだよな? WEBサイト見れないとそんなに困る?マジで

行政が介入するのが気に食わないとか言ってもさ、それついこの前の仮想通貨の時はどう思った? 都合よすぎじゃね?

って思っちゃうよね これだけみんなが怒ってるとさ すっげえ不自然で笑っちゃうよ 

刀ミュ『結びの響 始まりの音』に陸奥守を見に行った感想

刀剣乱舞ミュージカル、​刀ミュ「結びの響 始まりの音」に行ってぐちゃぐちゃになったけど感想を書く場所がないのでここで書き散らかせて。

大量のネタバレを含むし、もうずっと会社報告書以外で長い文章を書いてないので、色々ご容赦頂きたく。

あと普通に気持ち悪いと思う。

前提として、筆者は2.5次元を含めてほぼ観劇経験なし。

今回の公演は陸奥守が出ると聞いて参戦した。

歴史クラスタではないし幕末知識は人並み程度。他の公演もみほとせ以外見ていない。

あと巴形はいない。来て。

クライマックスのシーン。

和泉守は土方をついに殺めることが出来ずに膝をつき、土方はそれを励ます。そして満身創痍のまま立ち去ろうとするが、そこに静かに表れた陸奥守が土方を撃ち殺し、歴史は元の流れを取り戻した。

新選組の刀たちは声を上げて号泣する。巴形はそれをただ見ている。

すごいシーンだったと思う。会場の至るところからすすり泣く声が聞こえてきた。

わかる。

でも私はそのシーンをただ呆然と見ていた。

何故だかなんか泣く感じじゃなかった。

舞台の幕が降り、少ない休憩時間トイレに走って並んで、戻ってきて、二部が始まって。

その間も、サイリウムを振りながらも、ずっと考えていた。

まらなかったとか泣くほどではなかった、とかそういうわけではない。

最近仕事が忙しすぎて自分感受性が下がったのかもとも思った。

でも、ライブ中ずっと考えてて、突然わかった気がした。

私は陸奥守担だ。担って今初めて使ったけど、公演中も自然陸奥守(以下、むっちゃん)の目線ストーリーを見ていた。

今回の物語主人公和泉守(以下、兼さん)だ。もう少し広げても、新選組の刀達。

兼さんたちはこの物語で、「刀の時代」の終焉に立ち会った。

最後の大号泣は、土方の死、新選組の死、新選組が守ろうとした時代の死、全部をまとめて悼まなければならなかった彼らの慟哭だ。

兼さん、もしくは新選組の刀の誰かに感情移入して見ていた人はそれは一緒に号泣すると思う。

ではむっちゃんが何だったかと言えば、主人公(たち)が直面する苦難を先に乗り越えた先人、ある意味ストーリーが始まる前に完成されたスパダリみたいな感じだった。伝わって。

竜馬はもう死んでるし、海援隊もないし(ないよね?)、やっとうの時代はもう彼の中ではとっくに終わっていた。

から終焉への立合い」をテーマの一つにするこの話の中で成長する伸びしろは無かったし、ある種完成されていて、主人公たちのサポーター役だった。

から物語の中でただこの一度だけ殺生をした最後のシーンでもむっちゃん感傷に浸ることは無かった。

冷静に主命を果たすことができた。

自然とむっちゃん視点にいた私も、若干冷静だったのだと思う。

そこまで2部のライブ中に思い当って、ようやく視点がむっちゃんを離れて現実に戻ってきたとき、やっと外からむっちゃんを見た。

そしたら急に泣けてきた。

今回の話は新撰組が乗り越える話だったけど、結局彼はどうやってそれを乗り越えたのか?

涙枯れ果て」、あんな風に表面上はカラッと明るく振る舞えるようになるまでに、一体どれだけの葛藤を誰と越えたのか?

前者はお願いだからミュでやってほしい。本当にたのむ。

でも後者はもう、どう考えても一人なのだ

むっちゃんは一人だ。

刀ミュの世界線で他の維新の刀が秘密裏実装されてでもいない限りそうだし、

あの笑顔で壁を作る姿は、一人で何かを乗り越えてしまった人のもの

つらい。

むっちゃんはこの話で最初から最後まで一人だった。

堀川のむっちゃんさんは彼らからの歩み寄りのサインとして、むっちゃんからの歩み寄りは結局なかった。

つらい。

ところでまたクライマックスのシーンに戻るけど、あの銃声が終わりの響きなら、

最後新撰組号泣は産声なんだと思う。

新しい時代の幕開け。始まりの音。

新選組の彼らは主人達の死を乗り越えて、時代と一緒に新しく生まれなおした。

むっちゃん龍馬の死を乗り越えた時、無事に生まれる事が出来ているんだろうか。

まだ歴史の胎内で燻って、燻ぶったままあんなに笑っていたりしないだろうか。

一人で。

孤独

結局泣きそうになりながら太鼓聞いてた。

堀川くんと巴形さんがすぐ近くまでファンサ来てくれた。二人ともめっちゃかっこよかった。ありがとう



むっちゃんメインのミュください。

2018-04-23

anond:20180423234013

私の母がこういう人だったんだけど、怒っていないくても、たとえば「不安」のようなネガティブ感情を抱いていると、雰囲気がピリピリしたものになるんですよ

優しい声で笑みを浮かべて淡々と話していても、何か不自然というかね

聞いている方にも伝わって、「お母さん怒ってる?」と何回も聞いてしまって怒られたものです

で、後で事情を探ると、やっぱりそのころの家庭には母がネガティブ気持ちになる背景があった

anond:20180423223041

お疲れ様。おばあちゃんは脳がバグってるからしょうがない。

イラつくのはごく自然なことだし、別に増田は最低ではない。

ところで、認知症介護についての情報収集はしているかな?

ご両親がネットに明るくないようだったら、増田が調べた方がいいかもしれない。

できれば介護初心者向けの紙書籍を買ってみんなで見て、今後の事を話し合うといいと思います

自分はてブの数が時々減る

消した記憶無いのだけど

そもそも普段さないし

なんか自然減少するような仕組みあったっけ

anond:20180422233623

放って置くと殺されちゃうような殺人よりは優先度低いと思う。

あとセクハラにも色々あると思う。重要度の違いが。

オッサンズボンのチャックが閉め忘れたんだから自然に開いたんだかでチラチラとパンツが見えていたのはセクハラ!みたいなのは、本当にどうでもいい話。

anond:20180423154006

生態学を学ぼう

森林だけでなくても、自然においていかに密に動植物が関わり合っていて、その恩恵人間享受して生きてきたかを知れるよ

anond:20180422154919

筆を進めて行きたい

不徳の致すところに依り

なんとも生き辛い

なんかもうピックアップするのも面倒なのでこのへんでやめるけど、表現が古臭くて回りくどくて陳腐

背伸びしてカッコイイこと書こうとしてる? それともわざと昭和レトロ文体気取ってる? どっちもうまくいってないから、もっと自然体で書いたほうがよいかと。

修辞テクニックあくまでも修辞テクニックであって、文の巧拙とは違う(一部をなすものではあるが)。読み手書き手文章力にはあんま興味はなくて、「何がか書かれているか」のほうがずっと大事

「うまくもないのになぜか自分文章力に酔っていて、しかも中身がほとんどない文」なんて、読まされて感動する人いないよ。

まぁ、フィクションの続きだから聞いてくれ

これを読む誰も覚えてないかもしれんけど…

anond:20180416142844

を書いた増田だけど、日曜にBに会ってきた

昨日とは限らないけど、まぁ日曜ね

Bは、落ち着いて話の出来そうな、半個室タイプカフェを予約してくれていた

こういうのに気を使ってくれるのはとてもBらしいと思っていたけれど、今考えたら私への好意がそうさせてきたのかもしれない

とりあえず落ち着こうと、二人ともその日のおススメと書かれた珈琲をたのん

酸味が強くて私の舌には合わなかったけれど、気分的にはぴったりだった

少し落ち着いて、まずは私から、私の気持ちについて話した

以前からAを好きだということ、

Bの気持ちを知りながら無視してきたこと、

4人で居られることを優先したいと思っていたけれどAとEが付き合いだした今それは難しくなったような気がしているということ

Bも改めて気持ちを話してくれた

学生の時からずっと(!)私を好きでいてくれたこと、

私のAへの気持ちに薄々気づいていたはずだけれど、自分気持ちもあって気づかないことにしていたこと、

AとEが付き合いだすまでは、4人で居られることを優先したいと思っていたこ

まぁ、似てるよね

あえて似るようにBが言ったんじゃないかとかちょっと疑ってしまったくらいに

そもそも、いったいなんでBは私のことが好きなのか、と聞いた

好きになってもらったのに申し訳ないけれど、私はEと違って決して美人ではないし

なので、Bの返事は意外だった

「F(私)は、俺にとっては、今まであった誰よりも可愛くて、気が合う女性なんだ」

そんなこと、他人に言ったらブス専だと思われるよ


私はこの時点で、やっぱりBと付き合おうという気持ちになっていて

こういう形で始まるお付き合いでも良いんじゃないかという気はしてる、と言ってみたり、

これで付き合わないとしたら理由は顔の好みくらいしかないよねと笑ったり(これ、今考えると顔が好みじゃないって言ってるに等しいな…ヒドイ…)、

から「お試しでいいから付き合ってみようよ」ってBが言ってくれるのを待ってた

……自覚なかったけど、私ズルいな……




で、そんな私を見越してか、Bが言ったのは

「すこし、時間をおこうか」

だった


今の状況は、Fに自分と付き合うように仕向ける条件が整いすぎてる

Fの性格からしてきっと、このまま押し切れば付き合ってもいいと言うだろう(正にそのつもりだった)

そもそもAとEがどこまで続くかも分からない(Eは割と付き合って分かれてを繰り返してる)

からちょっと様子をみよう、と

マジメか!



こいつ、ばかだなーって、思った

今、絶好のチャンスなのに、AとEがすぐ別れてこのチャンス流れたらどうするんだよ

私のこと好きなら、そこまで分かってるなら、今押し切ればいいのに

押し切って、私を連れ去って、Aへの未練なんか忘れさせてくれよ


結局そのままカフェを出てすぐお開きにした

なんか物足りない気分になっていたけど、これもBの作戦なんじゃないかとか疑って、

駅まで歩く間に、ちょっとだけ仕返しをするつもりで、自然な感じで手を握ってみた

そしたら、今まで見たことないような驚き顔して振り向くから

わず吹いちゃった

びっくりした演技かな

演技でも、演技じゃなくても、どっちでもいいや


改札くぐってから、改札が見えなくなる直前に振り返ったら、まだ見てて手を振ってた

どんだけ好きなんだよって笑ってしまった自分自身に、お前だって振り返ったじゃんってツッコミを入れた

anond:20180423131227

支出管理すると自然とそれくらいの節約はできるものですよ。

なぜなら、どこで何にいくら使ってるかがわかれば、

1万円くらいの無駄な個所はすぐに見つかります

支出管理するということはそういうことです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん