「普遍的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 普遍的とは

2017-09-25

せむのせむは許せる理由

アイドルマスターSideMを、サービス開始から細々と続けている。

といっても最初チュートリアルの途中でエラー、途中でエラーといった感じにろくに繋がりもしなかったので、サービス再開してからユーザーのようなものだ。

で、最初は声もなかったアイドルたちに徐々に声が実装され、CDシリーズも出た。私も周りのPも大いに沸いた。

ああ、本当にアイドル達はCDを出せたんだ、と喜ぶ一方で私には懸念があった。

メタ歌詞がすごく多い。

JupiterドラスタST@RTING LINEはまだふわっと関連キーワードが出てくるくらいだ。だがそこからメタが留まるところを知らない。

たとえば他に初期の曲だと筆者は想エタなんかが大好きだ。でもそれもメタい。

パスポート」はピエールを想起させるキーワードだろう。それはいい。パスポートなんて歌詞として普遍的ワードだ。歌う人物の実際の渡航歴は関係なく使える。

でもタイムカードて。タイムカードて。

ランティスCD購入者アンケートに「メタくない歌詞の、あの世界で歌っていると思える曲を増やしてくれ」と書いて送ったこともある。結果はお察しください。

メタ歌詞乱舞にがっかりしている人を見ると二言目には「キャラソン嫌いなんか」と言ってくる人がいる。

キャラクターソング自体は大好きだ。遡ればシャーマン比較最近ならバスケ部員など、いろいろ聴いた。

ただ、彼らはアイドル。客の前で歌うことが生業なのだ。そんな彼らはなぜか目の前の観客ではなくて次元の向こうのP(ユーザー)に語り掛けてくる。

それでも、こういうキャラソンなんだよと思うことができれば納得できたかもしれない。

が、ゲーム内寸劇を見るに、どうあがいても我々の住む現実で発売されているCDと彼らが作中の仕事で歌っている曲が同一なのだ

舞台袖のPを見るな!観客を見ろ!客に届けてなんぼのアイドルが内輪で完結してんじゃねえ!

と思ったことが一度や二度ではない。

で、こう言うと確実に「現実アイドルだって自己紹介曲歌うじゃん」と返ってくる。

うん。多少は歌うだろうさ。

でもAKBチームBが延々と『チームB推し』だけを歌い続けるか?

嵐が延々と『A・RA・SHI 』だけを歌い続けるか?

んなこたぁーねーだろ。

そもそも自己紹介を通り過ぎて内情丸出しの歌がとても多い。

これもまた、「Pに向かって歌ってないかこいつら」と疑念を持つ要因になっている。

ここで表題。せむのせむ。正しくはS.E.Mの『Study Equal Magic!』。

この曲はもうメタ中のメタ、完っ全に前職ありきの歌詞だ。

教師の三人が、自分担当教科を交えて授業を展開していく。

これは許せたのだ。というか、「S.E.M、こんな曲をもらえてよかったね」とすら思った。

何故か。前職ありきでありながら、この歌詞は確実に観客の方を向いているのだ。

S.E.M、特に言い出しっぺたる硲さんの目的は生徒を導くこと。若者情熱を持ってもらうことだ。

まり彼らの主たるターゲット層は学生。せむのせむは、そこにがっちり嵌った歌詞なのだ

彼らが観客に向かってしたかたこと。それを実現させる曲だと思った。だからメタくても好きになった。

※ちなみに、同じCDに収録されている∞ Possibilitiesともども、S.E.Mの通常雑誌を読むとより楽しめると思う。

メニュー雑誌→通常号→Vol12でどうぞ。情熱ポーズもここが初出だ。

だらだら書いてきたが、何が言いたいかというと、ちゃんと客に向かってる曲が増えるといいね、ということだ。

そういう意味ならカフェパレカフェパレ(これはタイトルもまんま『Café Parade!』だ)なんかもすごくいいと思う。

せむのせむが観客に授業をする自己紹介曲なら、カフェパレカフェパレは観客をもてなす自己紹介曲だ。

観客への向き合い方が窺い知れる曲っていいよね。

2017-09-24

anond:20170924065734

傘はまだシンプル構造でいいじゃん。普遍的というべきか。

テレビのほうが原始的だと思う。

むこうの都合で一方的コンテンツ流れるんだ。

みたい番組があっても、その時間に合わせるなんて時代錯誤だろ?

録画してまで見るか?ネットだったら見たい時に検索してポンっだ。

さら偏向報道がひどい。もうこれもスポンサー都合とか。コンテンツ制限があるなら、何でネットに勝てるんだ?

ネットだったらより多様性があり、比較しながら判断できるだろう。

トドメモンスター視聴者によるクレームだ。

もう主観にそぐわなきゃ即クレーム日本人はきっと病気だと思う。

もうテレビは息してない。

2017-09-18

anond:20170918034231

確かに、言われる通りピカソビートルズ過去オリジナルの上塗りだと思う。

ただ、悲しいがなそれらは時代が進むにつれてオリジナルからコピーへと進化し続けるしかない。

現代技術発達に伴いもうオリジナルがどうとか盗作がどうとかい時代ではない。

過去トリスタン・ツァラが唱えたダダイズムからまれた、デュシャンレディメイドにしても既製品という概念オリジナルと捉え、それを開き直って芸術しか呼んだ。創造概念として独り歩きし始めたのだろう。ましてや写真映画は複製芸術という言葉通りオリジナル芸術作品なんてものは、今の現代はほぼ存在しない。ご存知の通りそれらを皮肉ってアプロプリエーションという表現もある。

オリジナルが正しいという概念を捨て、オリジナル過去の作者の人生観経験普遍的観察を植え付けて概念を形や文章にして創り上げていくことが現代創造である個人的には考える。


コピーすらも創造だと思う、自分も親のコピーもの

2017-09-17

anond:20170917135039

差別禁止普遍的ものじゃなく

単なるもの見方の違いなら

差別撤廃条約なんて批准しない方が良かったな

モスクの中なら同性愛者が抑圧されるのももの見方の違いでしかいからあり(まさか日本イスラム信者同性愛者がいないとは思ってないよな?)

イスラム棄教したい日本まれ日本育ちの二世三世信仰強制されるのもあり(まさかそんな人いないなんて思ってないよな?)

自由服装で出歩きたいムスリムに嫁いだ人がそれをする自由がないのもありなんだな

差別差別であって差別しかない

から普遍的人権法整備可能だと思えないって凄いな

2017-09-16

ガチャは悪い文明だと思ったけど、お金を使わせる構造MtGと同じなんだよな

アプリゲームガチャを見ていて、これまで日本が生んだ悪しき文明だと思っていたけど、ゲームの中身をよく見ると課金ロジックマジック・ザ・ギャザリングと同じなんですよね。

どこが同じかというと、


このようなゲーム性だと、ゲームにはまる人は自分デッキをできる限り理想に近くするために、ランダム要素のあるカードパックにお金をつぎ込むし、かつ、自分の頭を使う要素もあるので、飽きることなゲームを続けられる。(自分の頭で最強のデッキを考えたら、その考えを実現するために、自ら進んで課金するといういい方もできる)

しかも、お金をつぎ込んでもゲームの際に出るカードランダム性を入れることで、弱いデッキが強いデッキに買ったり、運に大きく左右されるデッキを組んだりできるので、勝者が固定され切らないので、新規参入継続的に期待できる。

また新しいカードを入れたりすることで、ゲームバランスを変えると既存ユーザカードさらに買う必要が出てくる。


こういうゲーム性は、日本だけに限らない普遍的ものだったという発見は、日本けが悪いわけではないという点では救いだけど、そういったオリジナルシステムを作れておらず、結局は成功例を真似して、データ分析射幸心を最大化して課金をしやすくしただけでしかないという絶望的な面もあり、なかなか割り切れない。

ふと思い浮かんだのでメモ代わりに、この日記に記録しておく。

2017-09-13

物語におけるキャラクタ能力のパラメタ化への違和感

もしくはキャラクタスキルシステムについて。

つのからか分からないけれど、物語(特に世界転生系)の中でスキルという概念確立されてきた。最大公約的に説明すると、スキルというのはその世界存在する剣技とか魔法とか料理の腕前とか、なんらかの特別能力のことだ。そして重要な特徴として、

というものがある。例えばスキル 絶対結界であれば、このスキルを持つ相手対峙したキャラクタは「ふむ、"絶対結界"か。これはちとやっかいじゃ」なんて相手評価したりする。

どうにも、このパッケージングされた能力としてのスキル物語中に出てくると、キャラクタリアルを感じない。キャラクタがそのスキルを使える理由が納得できない。

逆に、ちゃんと一般人キャラクタ魔法を使える理由があるのはいい。例をあげると、マンガ図書館Zで読むことができる「轟世剣ダイソード」(http://www.mangaz.com/book/detail/74251)は普通学校が、校舎もろとも剣と魔法ファンタジー世界転移してしま物語だ。この中で、魔法は、才能があるもののみ使える精神力のようなもので、主人公を含む何人かの生徒が使い手になる。注目して欲しいのは主人公魔法を使えるようにある理由だ。もともと主人公は超強いトランスフォーマみたいなロボットの搭乗者に選ばれていて、魔法の才能もあるはずだと周りから思われていた。しかしそれに反してなかなか魔法を使うことができなかった。そして、物語も佳境に入ってきた時このセリフがあった。

会長・・・ぼくはゆうべ夢を見ました 元の世界普通に学校に通っている夢・・・ぼくが魔力を使えないのはどこかでそれを使いたがっていないから 怖がっているから それがあまりに強大であったから 自分が望まないのに与えられた力だったから どこかでダイソードと自分区別したがっているからです 魔力を自分のものだと認めてしまったら 自分自分でなくなりそうな気がして」

このセリフのあと、満を持して魔法を使うシーンが描かれる。

このセリフを読んだ時、この魔法主人公から使えるようになったんだと深く納得できた。ただの中学生だった主人公が、異世界冒険して、命をかけて戦って、誰かを守って、だから力を使えるようになったんだと。翻って、このようにキャラクタとその特殊能力が密接に結びつくことには全く問題を感じず、すんなりと納得することができるのだけど、特殊能力パッケージングされたスキルとしてキャラクタから分離され、単なる普遍的キャラクタラメタとなってしまうとどうにも無味無臭に思えてしまう。スキルがあるから強いとかって書かれると、絵の才能がある人だって、絵の練習しないと安定していい絵はかけないだろうって思う。もっと言ってしまえば、スキルシステムがある時点で、どうにもゲームみたいに、定義されきった世界に思えてしまうのだ。誰がスキルシステムを用意して、スキル確認できるような仕組みを作って、新しいスキルとかを管理しているんだよと。デザイナでもいるのかって思う。

以下余談

anond:20170912230910

結局、集団利益(=婚姻外交)より個人利益(=近親相姦)を優先する奴がリーダーになって、かつ近親相姦禁止することによってそれを防げる状況って、かなり少ないと思うんだよね。

それだけでは、普遍的ルールとして人類社会に定着するには弱いんじゃないか、という印象を受ける。

というか議論してて思ったけど、近親婚の禁止あるいは推奨によって血縁関係コントロールして集団利益をもたらすことと、倫理道徳としての近親相姦禁止は、やはり別の問題ではないかと。

レヴィ=ストロースは前者の禁止パターンを上手く説明しているけど、でも後者理由を考えたときには「近親相姦したら障害児が生まれた神の怒りじゃー」とか、もっと素朴に「息子/娘に妻/夫を奪られたくねえ」みたいな感情を原因としたほうが、どうにも納得はしやすいよなー。

まあ、所詮根拠のない印象論なので、建設的な議論にはならなさそうだが。というわけで終わり。

2017-09-10

https://anond.hatelabo.jp/20170910134931

感情移入」といっても

「その女性に成り代わったかのように想像する」わけじゃなく、

傍らからその女性の心情を強く想像する、という感じだと思う。

で、そういう女性視点を強く想像する見方

NTRに限らず男性向けエロ話に対する割と普遍的な読み方だと思うのだけど、

これは別に女性立場になることを望んでいるということではない。

例えばエロではないけど、『カイジ』に出てくる

有名なビール焼き鳥のくだりが分かりやすい。

強制労働施設からいち早く出ないと命も縮めると悟ったカイジは、

受け取る金を貯金していくことを決意するが、

班長の甘言もあり結局ビール焼き鳥に散財してしまうというエピソード

脱出のために貯金するという強い決意が揺らいでいけばいくほど、

強制労働の疲労や質素食事による飢えの強さが想像され、

決意を反故にして食べた焼き鳥ビールのうまさもまた想像される。

これってエロマンガとかで女性が堕ちる話と類似構造なのだけど、

カイジの心情や食事のうまさを強く想像しながら読んだとしても、

それはカイジ立場に成り代わって読んでいるとか

カイジ立場になりたいということではない。

それと同じように、

女性側の心情を強く想像するという意味で「感情移入した」読み方をしても、

それは自分がその視点に立ちたいとかその役割をしたいということではない。

じゃあ何で想像する対象が男でなく女なのかというと、

男の性的興奮や性的快感

自身にとってよく分かっている上に不満足なものから

(強い性的興奮はピー前後のごく短い期間しか持続しない上に

ピークのあと急速に収まってしまう)

一方、女性の性欲関連のことは、男性から見ると、

ブラックボックスで不可解で多種多様に見える。

男性場合は興奮対象が多様なだけで、

興奮に至るプロセス画一的な感じがあるけど、

女性場合性的感覚欲求の強弱から指される範囲まで

個人差が大きいのか不可解な感じがある(男性から見ると)。

ブラックボックスで多様に見えるからこそ、強い性的な興奮や快感女性側にたくして

その強さを読み手想像させるように書く、というのが男性向けエロ典型手法で、

それを「女側に感情移入」でまとめてしまうと何かズレている感じがする。

2017-08-31

極右マフィアは、いくら正義があってもダメ

組織というのは結果と普遍的評価を出すことがすべてである。その悪しき組織の例としてふさわしいのが極右でありマフィアである

私は両者について、極めて否定的にとらえているし、現実の彼らは正義すらないし動機においても誤っている。

2017-08-29

さて、ここに常識非常識があります

形としてはそう、大きな透明な球といったところでしょうか

中心に行くほど常識、外側に行くほど非常識です

ある人はここから非常識だといいます

ある人も少し違った地点から非常識だと考えているようで

人それぞれ、大きさも形すら少しずつ違うようです

そうこうしているうちに普段は仲の良い2人が

普遍的常識」についての話を始めたところ

言い合いになってしまいました

曰く、ここから常識だなんて常識

ここまでするのは常識だなんて常識的じゃない

普段はそこまでできないけどここら辺までが常識だと思う

これが常識だなんて、非常識

とうとう自分たちとは関係ない常識について

喧嘩が始まってしまいました

次に彼らは「2人の常識」について話をしました

ここまでは常識だと思うんだけど

え?そうなの?常識はここからだと思ってた

あ、そうなの?へぇじゃあこの辺でいいよ

まぁそれなら大丈夫かな

じゃあこれは?

これは非常識でしょー

2人の話し合いは続きます

2017-08-27

コミケ肛門図鑑を売りたいかクラウドファンディングで金集めようかな

まだまだ肛門の魅力が世間認知されていないことが残念で仕方ない

機能美もあり、娯楽の面でも優れてる

誰もが漏らしそうになったことがあり、肛門の強度に自分人生を委ねた経験と共に生きている

人類誕生以来の普遍的ストーリー性があり、エンタメの要素も兼ね備えてる

この魅力を世間に伝えずして人類未来はありえない

お前ら寄付頼むぞ

2017-08-26

CM広告会社時代に追いついていないだけだと思う

別に男がいて、女がいて、その子どもがいただけじゃ問題にならないんだよ。

でも、そこで現代社会通念上間違っていることだったり、特定の層を傷つける内容を表現すると、問題になる。

女性用品のCMで言えば、あたか女性男性に振り向いてもらうために使ってるかのように表現して、問題になってる。

これがビールCMだったら、「まずいけど、上司のために飲もう」みたいな感じになるんだろう。

正直言って、説教モデル提示型のCMは、多様性が重視されてる現代に合わない。生活者普遍的問題に寄り添う姿勢必要なんだ。

夏休み

夏休みをとった。

平日2日だけだけど。

車を借りて適当に長い長い距離を走らせた。

あんまり有名じゃない、ニュースでもほとんど名前もみないような、すごく普遍的などこにでもありそうな特に特徴もないなんというかとらえどころのない名前の「市」にいった。

そしてルートインというどこの市にもあるビジネスホテルに泊まった。夜、ぶらぶら散歩に出てラーメンを食べた。スーパー炭酸を買った。でかいスーパーだった。良いスーパーだった。

風呂に入って寝た。

翌朝、テレビをつけると見たこともない地図天気予報をやっていた。

2017-08-22

https://anond.hatelabo.jp/20170822170547

だって昔の時代の話を現代政治的に正しく直しちゃったらSFじゃん。

今ならありえないけど昔はこういうこともあったっていう前提で、その時代に懸命に生きる人々の姿に、現代人にも通じる普遍的人生との向き合い方を学ぶとか考えるとかじゃダメなの?

時代物とかみんな焚書ちゃう感じ?

2017-08-21

政治的正しさではなく普遍的正しさを目指したいと思っていますけどね私は

2017-08-18

https://anond.hatelabo.jp/20170818211313

ただの匿名掲示板主観的意見を発信してはいけないという根拠はなんでしょうか?

ただの主観をただの主観として発信することには何の疑義も唱えてないよ。だってそれは「まあただの主観からね」で終わる話だから

だけれども、それを

今も思い切り許されてますよね

とさも「現在でも女性による男性への中傷はひろく容認されている」という増田主観普遍的事実かのように書いたりするなら、それは許されることじゃないし論拠を示してから言ってほしいと言っているだけ

主観普遍的事実として書くことが許されるなら「あらゆる男は女を軽蔑していて、性欲のはけ口としてしか女性を見ていない」みたいなミサンドリスト偏見まで一般論として許容されることになるんだけど

https://anond.hatelabo.jp/20170818205340

そうやって許されているの定義問題に持っていってうやむやにしようとしている時点で許されまくっていると思います

定義ではなく、「何をもって、何を論拠にして“これは**である”と断定するにいたったか」と聞いてるんだけど

逆に、論拠もなにもないただの主観普遍的事実として語っていい理由って何?

https://anond.hatelabo.jp/20170818153818

つーか父の日のための動画からお父さんが主人公だけど扱ってるのはもっと普遍的テーマだろ

なぜかフェミさんが「女の方がもっと苦労してるの!!」みたいな奴隷の鎖自慢始めただけで

2017-08-17

[] #33-5「結婚はゴールじゃない!?

答えにたどり着いた俺はその喜びを分かち合おうと、まずは母さんにそれを話した。

「……って、結論になったんだよ」

「相変わらずの知的好奇心

母さんの反応は感心半分、呆れ半分といったところだ。

俺にとってはかなりの大発見なのだが、思いのほか薄い反応に肩透かしを食らった。

「という割に反応薄いね

「いいえ、側面的には意義があることだと思っているけどね」

引っかかる言い方だなあ。

もしかして本当のゴールを知ってるの?」

「知っているというか、そもそもゴールがあるかも疑わしいから」

ドッペルが言っていたことだ。

だが、その結論では俺は満足できない。

「或いは複数あるのかもしれない」

なんじゃそりゃ。

「いわゆる“人それぞれ”って奴よ」

「え~、その結論は嫌いだなあ」

『人それぞれ』ってのは便利な言葉だ。

けど、それは何も考えていないことを宣言するのと紙一重な言葉でもある。

なので俺はその結論簡単に持ち出すことが嫌いなんだ。

「そうは言ってもねえ。人によって違う場所や方向を進んでいるし、その臨み方だって違うんだから、ゴールの設け方だって変わるわよ」

「じゃあ、結婚はゴールって可能性もあるの?」

「まあ……例えば『婚活』という枠組みで考えるなら、結婚をゴール地点に設けることは理屈の上では妥当でしょう」

ちぇ、なんだよ~、最初にそういう言い方してくれれば、こんなに無駄なことしなくて済んだのに~。

「前提そのものあやふやでロクに共有されていないものだし、普遍的な答えは出ないでしょ」

「じゃあ、結婚はゴールだっていうのも間違っていないってこと?」

「正解でもないけど、間違ってもいないかな」

「そういう文言、煙に巻かれているみたいで嫌だなあ」

だって問題本質はそこにはないもの。いずれにしろ他人の設けたゴールを腐したりしないことが大事ってこと」

あ……。

俺は確信してしまう。

あいつ、それっぽいこと並べてただけで、やっぱり大してモノを考えてなかったんだ。

それに乗せられて、必死に探そうとしていた俺も大概なんだけど。

俺はうなだれた。


結局、今回の捜索で何がゴールか、ズバリと言えるものは見つからなかった。

けど、その道筋がどう出来ているかってことは少しだけ分かった。

もしゴールがあっても、そこにたどり着けるかは分からない。

でも、人はそこに向かって進むことで人生謳歌しているんだ。

あの結婚式での新郎新婦だったり、課題の提出期限のために頑張る兄貴だってそうなんだろう。

たぶん、俺にだってある。

それが他の人とは同じなのか、違うものなのかは知らない。

けど自分のゴールが何であれ、走ることを応援したり、ゴールを祝福することはできるんだ。

「それはそれ、これはこれ」ってこと。

あ、このセリフも大概便利だな。

(おわり)

2017-08-16

例のCMは人は守るべき価値のある存在なのか?って悪堕ちする話

あの父親が「自分家族思いのいい父親だと思い込んでる」「家事を言いつけられるのに不満を持っている」とかいうのは全く逆。

「妻に言いつけられたことしかできない自分」をダメだと思っていて、受動的に動くだけで本当の意味家族思いのいい父親になれてないことに悩んでる。

正義の味方人間のために戦うも力が及ばなかったり、自分のしたことが新たな問題や争いを産んでしまったりすることに悩んでるようなものだ。

そんな時ふと脳裏によみがえるのがかつて自分が悪として打倒した奴の姿。

果たして俺がやってきたことは正しかったのだろうか・・・もしかして奴の方が正しかったのでは・・・

そんな迷いの中で普段理想とは違う行動を取ってしまった正義の味方はそのことで村人に責め立てられますます葛藤を深める。

果たして俺の目指してきた理想は守るべき価値のあるものだったのだろうか・・・

そんな時に牛乳石鹸ソウルジェムの濁りを洗い流して明日からまた理想自分を目指して頑張ろう!

そういうCM

理想の姿になかなかたどり着けない時にその理想のものが目指す価値のあるものなのかと疑問を抱いてしま

人が陥りがちな普遍的な悩みとそんなこと言わずまた明日から頑張ろうよっていうのを描いたショートストーリー

[]2017/08/10

ブックオフ児童書コーナーに行った

マナ結婚!?絵本を読んだ

映画は見てないけど、さすがに映画をこのレベル絵本にまとめるのはムリがあるよなあと思った

その次はおたまじゃくしの101ちゃんを読んだ

やっぱり暗い水底にむかうシーンは怖いなと思った

俺が読んでる後ろを夏休みの子供がワーワーといいながらやってきた

黒い本ある?黒い本と言っていた

レストランレストランたくさんある!といって立ち読みしていた

子供がハケたあと見に行ったら、怪談レストランというシリーズだった

数年前の認識だとゾロリが人気あると思ってたけど今はこれなのか

それにしても怪談ねえ・・・妖怪ウォッチもあったし、そっち系に興味もつのは子供もつ普遍的な興味なのかなあ

自分がこどものときトイレの花子さんだったな

ぽんきっきのなかでアニメやってたやつ

あとは学校の怪談実写映画がすげー人気あったと思う

実際面白かったし

DTBムックを2冊買って帰った

消失ガイドブックも100円だったけど、もうそこまでのハルヒ熱ないから買わなかった

[] #33-4結婚はゴールじゃない!?

とりあえず、近場にいる色んな夫婦生活を密かに観察してみることにした。

けど、その夫婦の様子がちょっとおかしい。

「あれは……夫婦じゃなくなったっぽいね

離婚しちゃったのか」

捜索開始から、いきなり出鼻をくじかれた。

だがシロクロは意外にも喜んでいる。

「そうか、つまり離婚がゴールってことだ!」

自信満々にそう言ったシロクロを見ながら、俺たちはため息を吐いた。

私、女だけど、その結論おかしいと思う」

タオナケの言うとおりだ。その結論だと、離婚するために結婚していることになってしまう」

「シロクロには難しい話かもしれないけど、離婚ってのはしないに越したことはないものから。そんなものをゴールに据える位なら、最初から結婚なんてしなければいいって話になっちゃう」

「つまりシロクロの結論破綻しているってこと。それに結婚した後の生活もあるなら、離婚したってその後の生活もあるだろ。だから離婚はゴールじゃないよ」

「うーん、それもそうか」

ミミセンの話をシロクロが理解できたとは思えないが、納得はしているようだ。

「次だ! 次いってみよう!」

====

「あそこの人たち」

「いわゆるホームレスってやつだね」

「私、聞いたことがあるんだけど、ああいう人たちを“人生終わってる”とか言ってる人もいるらしいわ」

生きているのに人生終わってるって、よっぽどのことだ。

「そうか、つまりアレがゴールだ!」

「うーん、でも皆がみんなああいった風になるわけじゃないでしょ」

それもそうか。

一見すると人生終わっているように見えるが、あれでも生きていることには変わらない。

ホームレス例外処理できれば、ここで結論を出してしまってもよかったのになあ。

「……ひょっとして、ゴールなんてないんじゃないかな」

こういう時、割と核心をついたことを言うのがドッペルだ。

俺も何だかそんな気はしていた。

けど、それではあまりもつまらない。

私、女だけど、そんな頭カラッポ結論は嫌よ」

その気持ちはみんな同じだった。

けど、いつまでも見えそうで見えないゴールラインに、みんなヤキモキしていたんだ。

「そんなこと言っても、こんなに探しているのに、まるで見つからないじゃないか

「ゴールのないレースなんて走りたくない!」

「シロクロ、僕たちはレースの話なんてしていないよ」

だが、意外にも一理ある考えだ。

シロクロは何も考えずに言ったのかもしれないが。

ゴールもなしに人は走り続けられない。

ペース配分できないからな。

「うーん……」

この時の俺たちはさしずめランナーズハイで、いつまでも走れるような心地だった。

だがそれは、そう遠くないうちに息切れすることを意味していた。

それまでに、何とか結論を欲しい。

====

「なんか、あそこ騒ぎが大きくなってるな」

ホームレスの溜まり場で、やたらと人が集まっている場所があった。

ちょっとかめてくる」

変装が得意なドッペルに様子を見てもらう。

服をどこで用意していたかは知らないが、たちまち風景に馴染んだ見た目になる。

しばらくすると、俺たちが思っていた以上の成果報告をもって帰ってきた。

「……どうやらホームレスの人が誰か死んだらしい。原因は分からないけれども」

死。

それは、とても普遍的概念だ。

「となると、ゴールは死ぬってことか」

「うーん、確かにもう先はなさそうだよね」

「それとも天国とか地獄とかが実在するなら、死ぬこともゴールじゃないのかな」

「とは言っても、それは実在するか分からないしなあ。それに、もし輪廻転生かいうのがあったりしたら、ゴールどころかスタートに戻ってるよ」

「うーん……」

俺たちはゴールの見えない袋小路に入ってしまった。

走るのをやめて歩いている状態に近いかもしれない。

俺たちは走る体力も気力もなくなっていたんだ。

皆でしばらく唸っていると、ドッペルが何かに気づいたそぶりを見せる。

自信はなさそうで、恐る恐るその可能性を口にした。

「……なんだか“ゴール”って、候補含めてロクなものじゃないよね」

発想の転換に感動した一同は、まさに答えを見つけたといわんばかりに喜ぶ。

実際は何も導けていないんだけど。

「なるほど。そう考えると、結婚をゴール扱いされるのは確かに不服かもしれない」

私、女だけど、その考えに賛成するわ」

カンコン! ソウサイ!」

皆も迎合する。

「きっと、このまま探し続けても有るかどうかすら分からないし、あったとしてロクなものじゃないよ。そんなものを無理して暴いても、誰も得しない」

こうして、俺たちのゴール探しは、ゴールかどうかはともかく終着には向かったのである

(#33-5へ続く)

2017-08-13

https://anond.hatelabo.jp/20170813083706

フェミニズム批判をしたいなら、せめてもう少し勉強してからにしなよ、馬鹿丸出しだよ…

普遍的に「女性は守られるものだ」という固定観念

少なくともこの馬鹿さ加減じゃ、増田にゃ↑は無理無理無理www

https://anond.hatelabo.jp/20170813080656

そりゃ女性責任を負わせるのが難しいからでしょう

左右とか男女とか関係なく普遍的に「女性は守られるものだ」という固定観念がある限り、

責任を負う、他人を守る、そのためにリスクを負う、そういうポジションからも遠ざけられてしま

こういう風潮は薄れつつありますがまだまだ根強くて、例えば電通の一件みたいに、

何かの間違いで女性被害に遭おうものなら大騒ぎになって、関係ないとこからも袋叩きにされる

だったらいくら死んでもなかなか騒がれない男使った方がずっと楽じゃないですか

性別ではなく当人能力と意欲に応じてリスクを負い、もし非道な行いをすれば等しく糾弾される、

それで男女平等が成り立つわけです

なのにフェミの皆さんって女性が今まで通り男や社会から守られるのは当然の前提にしときながら、

性差別すんなだのキラキラした席を半分よこせだの都合のいいことわめいてますよね

そんなの無理に決まってるじゃないですか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん