「物語」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 物語とは

2018-08-18

反体制フィクションを考えて挫折する

最近反体制的な内容のノベルゲームでも作ろうかという風に考えては一瞬で挫折している。

ネトウヨ気味の大学の友人がエロゲ作りに励んでいることから触発された。

彼と話すたびに思想の薄さが気になっていた。そして呆れていた。

そのため、対抗して「深みのあるもの」を作ろうかと考えたりするのだ。

予算は潤沢にあるし、行き詰った卒論を提出しなければ幾らだって偏差値大学色物学部にいる期間は伸ばせるので時間もないことは無い。

大学院やら留学という時間稼ぎも駆使できる。

ただ、反体制というので行き詰る。

ニュースを見ると、あまりにも行政司法立法が腐敗しているということが分かる。

テレビニュース番組すらエンタメに走り御用的なものになっているのではという意見すらある。

こんな社会をどうすれば良くできるのだろうか。

例えば物語において主人公驚愕事実を知ったとしよう。

ただ、それをどうすれば権力に立ち向かう力に変えられるのだろうか。

それを公開しても人々が真剣に騒がなければ、権力者は結局やりたい放題やるというのが現実社会で分かっている。

バカ国民が支持し続ければいい 選挙当選すればいい 捕まらなければいい それで終わりなのだ

どんなにスクープが飛び出ても、無関心に消費社会能天気に過ごしている低偏差値大学バカ学生を見ているとため息が出てくるものだ。

さら物事は複雑なのだ。そして、それは悲惨なのだ

容姿経済格差などが複雑に絡み合い人間権威に縋ったり、何も考えなかったり様々なのである

例えば、自分の別の友人はオルタナティブ右翼な話が大好きだ。

そして、リベラルバカにする。あれこれ理由を考えたが、恐らく容姿が醜いからに過ぎない。

やはり容姿が醜いと人間人間との交流というもの希望を見いだせないのだ。

から何だかんだ屈折したものになる。

自分容姿が醜いからわかる。

このような現実を目にしていると、権力を倒すフィクションを作るにはどうすればいいのか頭を抱えるのだ。

さらに付け足して言うと、容姿が良くなれば彼がリベラルになるかと言えば怪しい。

自分も彼も容姿が良かったら政治社会問題など気にしなかったはずだ。

高校の時に顔が良かった人間と同じように、ただ政治が腐敗しようが能天気消費社会で消費の自由で満足しているだろう。

そのため、えげつない内容な現実社会フィクションを超えてしまうのだ。

そこをどうすればいいのか。

さら必然的フィクション容姿の良い人間が出るわけだけども、容姿が良い人間反体制になりにくいのではないかとも感じる。

なぜなら現状に満足する傾向が強いだろうからだ。

まり反体制フィクションを考えるとき現実社会悲惨さが足かせになり、身動きが取れなくなる。

とりあえず、現実社会自分容姿が良くするのが先なのかもしれない。

[]ラジアントヒストリアパーフェクトクロノロジー体験版

最後までクリアしたけど製品版はやらなくていいか

つの並行世界アルファを行き来しながら世界を救うRPG

時間通常難易度プレイしたけど結構時間と手間がかかるから、すっぱりやめて最初からイージーでやりなおした

なんか物語がメインのゲーム

思ったよりも

ボタンポチポチで会話読む場面がかなり多くてだるい

ボイスと立ち絵はかなりいい

レイニーっていうなっつんボイスのポニテ巨乳キャラがいるけど、ドラクエのマルティナにクリソツ

3DSから下画面にマップが出るんだけど、このマップポンコツで使い物にならない

地形が出ないんだよ

真四角の中に入れる扉、マップ間の入り口出口がアイコンで出てるだけ

あとマップのつながりもみれるけどほぼ意味ない

ないよりはマシだけど

似たようなマップが多くて迷うからマップほしいのに中途半端イライラする

白紙録に記録されました 内容が更新されました

っていうアナウンスがいちいち出てうざい

誰々がパーティからはずれました

パーティに入りました

ってアナウンスもうざい

ともに割と頻度高いくせに設定でオフることもできないから余計イライラ

戦闘テンポが悪い

グリッドっつって3*3マスにばらけてる敵の位置をずらして複数の敵をまとめて攻撃できるのはいいけど、

ザコでもそういうことしないといけなくて時間かかる

経験値お金がたまりにくくてなかなか効率よく敵倒せないから敵の位置ずらしをほぼ必ずやんないといけないのもめんどい

BGMは悪くないけど空気

イベントでいちいちドットキャラが歩いて移動したりするのを見るのがだるい

下図みたいに部屋の真ん中に机があるようなとき。例えば。

 AB

机机机机

部屋の出口

AとBが話し終わって片方が部屋から出ていくんだけど、いちいち机を迂回していくから

それを待つの無駄時間待たされる気がして毎回イライラ

ワールドマップで途中経由する洞窟を毎回通らないとイケないのもめんどい

いやまあ現実的にはそうなんだろうけどもう一回通ったんだからそこはゲームスルーさせろよと思ってしま

お話自体もそこまでひかれるものはなかったし、イライラストレスのほうが大きいか製品版をかってまでプレイするほどのゲームじゃなかった

はてブは幼稚な俺TUEEEラノベと同じ

はてなには「これはひどいタグを付けることで何かマシなことをした気になってる人が多いが、単なる自慰行為しかないのは明らかだ。「これはひどいタグを付けることで“ほぼリスクなし”で“自動的”に優越感を味わえるという構造危険性がある。「ネット上の発言は全世界に公開されていて、全世界から批判されうるのだから炎上自業自得」などと言って炎上ネタに乗っかる自分正当化する連中は多いが、彼らは自分ブコメ自体批判されうるとはほとんど思っていないし、実際ブコメ自体批判されることはあまりにも少ないレアなケースとなっている。

ニュース炎上ネタを見ては「これはひどい」とコメント。「俺はこんなに賢いのに世間の連中はなんて愚かなんだ!」はてブとはそういう精神ポルノ、俺TUEEE、慰撫でしかない。毎日こんなことをやっていると全能感に支配されるようになるだろう。「俺はすごい」「俺は賢い」「世間馬鹿ばっかり」

タグ付けというのは情報の整理のためには有用ではあるが、物事の複雑さから目を背ける行為でもある。「これはひどい」とタグ付けされた時点でその情報は深くは掘られなくなる。「これはひどいタグをつけている連中は問題を深く知って真面目に考えようという姿勢を持っているのではなく、お手軽にタグ付けして分類し、物事のあらゆる側面をすべて見切ったと優越感に浸って、自信満々で無敵状態で一方向に突っ走りたいだけなのだ

そういえばはてなには他のインターネットコミュニティに比べてラノベオタクが非常に多い。ラノベといえばエンタメ小説だ。エンタメ小説といえば怠惰現実逃避ロマンを好む読者にとって都合のいい藁人形小説であり、その中でもラノベさら人間を簡略化された単純なキャラクターとして扱っているジャンルでもある。ラノベを好む人たちは物事限界簡単に見定め、気軽にタグ付けし、幼稚な理屈と雑な論理ですべてを見切ったと思い上がり、すぐ感情的になって爆発する、そんな習性を持ってはいないだろうか。

有無を言わさぬタグ付け、つまり「これは『これはひどいなのだ!」という思考習慣は人間堕落させる。たしかにその直感は外れていないことが多い。だが、タグ付けする前に考えてほしい。幼稚な物語を構築あるいは捏造してそれに甘えないでほしい。「これはひどい」というスローガンのもとに思い込み偏見助長させてはならない。はてブは幼稚な全能感から卒業すべきだ。

2018-08-16

なんで漫画は人気が出るとかさ増しして連載期間を伸ばそうとして作品ダメにするの?

なんで完結することを目的物語を書こうとしないの?

エンジニア邪魔すぎる...

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>


<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>


もし本当に世界平和を願ってるなら、みんなが邪魔だと思ってる記事を削除してほしい。


自分ビジネスを実現するために、質の低い記事SEO検索上位に来ることは構わないけど、それを善意偽装するのが許せない。


この偽装された善意は、プログラミングを始めたばかりの人にはわからない。どうか、この人たちの物語に飲み込まれないでほしい。

なぜ文章を書くのがうまい人はあんなにうまい文章が書けるのか。

増田しろブログしろtwitterしろ文章を書くのがうまい人がいる。

文章うまい具合にまとめて物語のように書ける人とか、まとまってないのになぜか熱量を感じる文章とか、いい感じに余韻を残せる文章とかを、普通の人が普通に書けているのはなんでなんだろうか。

僕は昔から作文とか感想文の類が本当に苦手で、ぜんぜん筆が進まない少年だった。

少年青年になっても同じで卒業論文なんてひどく、めちゃくちゃ時間かけた割には30ページぐらいしか書けなかった。

よく卒業させてもらえたものだと、この場を借りて当時の担当教官には感謝を述べさせていただきますありがとうございます

青年中年になってもやっぱり同じで、例えば会社で必ず出さなければいけない週報は何を書いていいのかわからなくて出したことがない。

とくに激しく怒られたこともないから、必ず出さなければいけないわけではないのかもしれない。

でも出せるものなら出したいものなのだけれども、なにせ文章を書くのがへたくそから、やっぱり出せない。

書いていて気づいたのだけど、なぜうまい文章を書ける人がこんなにいるのか、という疑問はつまり、なぜ僕は文章を書くのがへたくそなのかということだ。

文章を書くことが下手くそなだけじゃなく、御多分に洩れず話をするのもめちゃくちゃへたくそだ。

よく話をしていて、「ちょっと話が脱線してしまいましたが」という人にすごくあこがれる。

しかもその脱線したと言っていた話が、話の最後にはうまい具合に繋がってたりする。

さらに難しい用語とかトレンドワードなんかをちりばめて、「今僕かっこいいこと言ってますよ」感をまったくださないで話せていたりする。

なんて天才的なんだろう。

今こうやって文章を書いていて、やっぱりすごくへたくそだなと思う。

全然言いたいことが伝わらないだろうなと思うし、読んでくれた人すみませんでしたと思う。

なので、どなたかどうやったらうまい文章が書けるようになるのか教えてください。

読書感想文

わたし夏休みに『太宰治』を読みました。この本の表紙と背表紙には「走れメロス」という副題も付いていました。きっとこの物語主人公である太宰治さんがメロス応援する強い気持ち、それが表紙に念写されたのでしょう。誰が書いた話なのかはわかりません。作者不詳の民話のようなものなのでしょう。

いきなりメロスは怒っていました。わたし最近怒ったのは、お母さんが冷蔵庫アイスを食べてしまたことなので、メロスもきっとそれに怒っていたに違いありません。メロス気持ちはよくわかります

途中でセリヌンティウスという初めて聞く単語が出てきました。去年の夏からずっと居間ゴロゴロしながらワイドショーを見ているお父さんが、今日居間ゴロゴロしながらワイドショーを見ていたので「セリヌンティウスってなに?」と聞くと「知らん。牛の名前か何かだろ」と答えてくれました。わたしもいつかセリヌンティウス牛丼を食べてみたいと思いました。

ここまで読んだところで右手左手の握力がなくなってきたので、続きは明日読みます

明日になりました。続きを読みます。ページを開くと、冒頭に「恥の多い人生を送ってきました」と書かれていて「あれ?違う本かな」と思って表紙を確認しましたが、そこには昨日と同じく『太宰治』とあったので、同じ本でした。アイスの件で怒りがこみ上げていて見落としていたようです。

メロスセリヌンティウスに「ウザ。ウザ」と言われていて悲しい気持ちになりました。メロス自分の命をなげうってセリヌンティウスをわざわざ助けに行ったのに、セリヌンティウスはそれをウザいと唾棄したのです。まったく、この牛は信じられません。出荷されればよかったのに。

最後のシーンで、メロスが宿敵のカルボナーラ兄弟から魔法書「セリヌンティウス」を奪還し、スーホの白い牛に乗って火星に帰っていくところは30回読み返しました。泣きながらこれを書いています

太宰治』を読み終わって「これはわたしのことを書いている」と衝撃を受けませんでした。来年の夏は『夏目漱石』という本を読もうと思います

2018-08-15

anond:20180815223136

別にアダルトに限った話じゃないんだが、視点を動かせることに利点を感じない。視界全体に映像が広がること自体は利点があると思うが。

動画というアート否定しているように思える。VR空間内にどんな映像を配置しようとも、利用者がそれを見ていないという問題が生じてしまう。見せたいんだったら見せればいいし、見せたくないもの最初から作らなければいい。

空間があって、そこで様々な物語が展開しているときに、最適な視点自動で合わせるのが従来の動画メディアである物語が展開される空間を用意したから、自由視点を動かして楽しんでくれというのでは、視聴者はいつまで経っても物語を把握することができない。どこを見ていれば重要シーナが観れるのかがわからないし、やはり自動視点を移動させて最適なものを見せてくれという話になる。

もっとも、これが新しい形のアートなのだと言われれば、それにふさわしい作品が登場するのを待つまでだが。

読解力のある人に尋ねたい

夏目漱石虞美人草を読んでみた。ネット上で評価が良いし、青空文庫で読めるから丁度暇つぶしになるだろうと。

読み始めるはいいが、地の文が難しすぎないか意味理解できない語や例え、係りが把握できない文章、この物語評価できるのは相当読解力がある人又は全く無い人だと思える。

日ごと夜ごとを入り乱れて、尽十方に飛び交わす小世界の、普く天涯を行き尽して、しかも尽くる期なしと思わるるなかに絹糸の細きを厭ず植えつけし蚕の卵の並べるごとくに、四人の小宇宙は、心なき汽車のうちに行く夜半を背中合せの知らぬ顔に並べられた。星の世は掃き落されて、大空の皮を奇麗に剥はぎ取った白日の、隠すなかれと立ち上のぼる窓の中うちに、四人の小宇宙は偶を作って、ここぞと互に擦れ違った。擦れ違って通り越した二個の小宇宙は今白い卓布を挟んでハムエクスを平げつつある。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/761_14485.html

始めのほうに遭遇した意味理解できない文章スルーしたが、この段落は引っかかるところがあり、長々と理解しようと努めた。しかしすっきりとさせられなかった。

世界自体が飛び交わしているのか、小世界の中で飛び交わしているのか。天涯を生き尽くしたのは何か。行き尽くしたのに、尽くる時が来ないと思えるとはどういうことか。絹糸の細いのを厭わないのは蚕か人か。蚕は卵をくっつかないように産み並べるらしいがココでの例えの効果は何か。小宇宙と小世界は違うのか。「行く夜半を(中略)並べられた」の意味は何か。小宇宙が偶を作ったのは何故か。「ここぞと互に擦すれ違った」のここぞの理由は何か。

自分の読解力不足による多々の疑問がある。このような疑問は一体誰に聞けば解決できるのだろうか、高校現代文の授業のように一文一文丁寧にどういうことであるかを有名な物語であるので解説してくれるテキストでもあればよいのに。

anond:20180815075003

うん、「サブカルチャー批評は、戻ってこないと思う。

 

東氏は、最近カメラタッチパネルのことを論じているが、物語ファンタジーではなく、半現実アーキテクチャみたいな世界観の論評は、「サブカルチャー批評現代版なのではないかと思われる。

読書感想文って

私は『読書感想文』というやつが嫌いである。

現在学生なのだが、夏休み課題読書感想文が出てしまった。

から読書感想文を書くのがどうも苦手で半分以上あらすじで埋めてしまうような子供だった。

なぜ嫌いだと感じるのか?

読書感想文を書くよう指導する教師ネットで書き方を紹介するHP書き手は口を揃えて「心に残ったこと、自分に影響を与えたこと、自分体験、これからどうしたいかを書け」と言う。

物語を読んで人生が変わった!と言える人間はどのくらいいるのだろうか?登場人物と似たようなドラマチックな体験をしたという人間はどのくらいいるのか?登場人物の真似をしてこれから生きていきたいと思う人間はどのくらいいるのか?

私はこの本に影響を与えられた、人生価値観が変わったなんて感じたことは無い。

いや、もしかしたらそう感じていないだけで影響を受けている事もあるかもしれないが。

なぜ皆がみんな本によって影響を与えられた前提で『感想文』を書かされるのだろうか。

物語を読み終えて「あぁ、面白かった。」で終わる読み手マイノリティなのだろうか。

そもそも本を選ぶ時に表紙やタイトルの感じから選んでしまう傾向にあるので、前評判なんて知ったこっちゃない。

作文が嫌いという子が割と多いと感じるのだが、ことある事に感想文を書かされる環境のせいでは無いだろうか。

別に読書感想文自体否定する訳では無いが感想を書ける人と書けない人がいる、という事を知って欲しい。

女の子に振られた

数日前、食事に誘った女の子に振られた。飯はいいけど付き合うのはなし。一般的恋愛経験したことがない自分にとっては、食事を断らなかっただけでOKと受け取っていた。その後も嫌な素振りを見せる彼女LINEを送っていたが、最後はきっぱりと断られた。

スマホの画面が暗転すると、物語の中でしか存在しなかった滑稽な男の顔が見えて思わず振り替えてしまったよ。お前は誰だ。女性のやや遠回しな断りを受け入れずに自分エゴ押し付けようとした馬鹿なオスだ。相手の主張を受け入れる言葉を言いつつも、一向に頑なな態度を崩さない。彼女が男との付き合いに距離をおいているのは、お前のような存在じゃないのか。彼女には、お前の言葉がノコギリの刃に見えたんじゃないのか?


「本当は目立つのが嫌い」「でも人が元気になれるから目立つことをしている」


そう語っていた彼女をどうお前はみたんだ?ちょっと強引に行けば自分を見てくれる、そういう下心があったんじゃないのか。地下アイドルに声援を送るオタクを誰より嫌っていたお前は、現実の中ではそのオタクの真反対から同じ声を張り上げているだけじゃないか自分だけを見てくれる気がした。違うか?



お前は自身を、ビッグなことをした男とでも思っているのだろう。恋に敗れ、自分は傷ついていない風を装おって、相手も傷ついていないと思い込んで。

2018-08-14

タイトル結論を述べろ

タイトル結論を述べてほしいという気持ちを歌にしました。聴いてください

読みたくなるほうの記事タイトル

オレはコラムコラムもどきを読むとき

10年間付き合った彼女10分でフラれたたった一つの出来事」みたいなタイトルよりも

電車うんこを漏らしたら彼女にフラれた」みたいなタイトルのほうが好きだ!

同じ理由でもしも自己啓発本を読むなら

「デキる男の女性には言えないたった一つ特徴」よりも

「デキる男はうんこデカイ!」のほうがオレは読みたい!!!

デキる男シリーズは総じて胡散臭いが、「nつの◯◯」みたいなやつは飛び抜けて胡散臭え!


気になるのは結末ではなく詳細(主観)

結末が分かった上で、出来事のもの面白そうだから詳細が知りたくなる!面白い!

「たった一つの◯◯・・・その正体は?」

気になる◯◯はCMの後で!続きはwebで!会員登録で全文を読む!

結論を勿体ぶった挙げ句に結局納得いける結論を出さないまま終わる記事が多すぎる!

実際のところ当人結論は出しているのかもしれないが(あるいは意図的結論が出せないテーマを選んでいる)

最後まで読んだのにイマイチ納得できないとかだと徒労だ!落胆市場だ!

「~~な可能性も高いと思われますいかがでしたか?」じゃねえ!!!!思われるなら取材しろ!!!!!!!!!思われるだけの日記情報を名乗るな!!!!!!!!!

クソ記事書くならフィクション描け

テレビ書籍インターネットのクソサイト

1つ1つの勿体ぶりは僅かでも、見るたび積もり積もってゆくストレスにオレは疲れた!頼む!結論くらい先に言ってくれ!

勿体ぶりたいならフィクションが向いてるからそっちでやってくれ!!!!!!!!!

70巻目で主人公死神クインシーハーフだと判明してもワクワクしながら読むぞ!!!!!!!!!

結論を勿体ぶる人は物語主人公になりたい!?政治家TVに出たがる本当の理由

「正体」が分かってしまうと不都合な人が、結論を薄めて薄めて勿体ぶって

途中で本題とは関連性があるようで実はない色んな内容を読まる・・言うなれば

書き手自身物語主人公にしてスター性向上を重視してる人の執筆スタイルなんやろなあ

・・・スタイル可能性も高いと思われます!!

最後

いかがでしたか

皆さんも是非この機会にインターネットを楽しんでみてください♪

2018-08-13

anond:20180813114900

アドバイスにはならないかもしれませんが、「ライアーゲーム」と言うドラマを知っていますか。

日本漫画原作に、日本ドラマ化され、さらにその後韓国でもドラマ化された有名な作品です。

私は両ドラマ版を見て、漫画は知らないんですが、この物語象徴的なセリフに、「馬鹿正直」な主人公がいう「人が人を信じることは、間違っていますか?」と言うのがあります

主人公馬鹿正直で、人が言ったことをなんでも信じてしま女性です。一方で、もう一人の登場人物で、主人公助っ人として振る舞う詐欺師の男は、「長期的な信頼の構築には、信頼に報酬を、裏切りに代償を」と言います。なおこのセリフ韓国版ではあったと思うのですが、日本版にあったかどうかは覚えていません。

この詐欺師の態度は、一見すると人を全く信じていないように見えるかもしれませんが、彼の行動、発言通底しているのは、「人は合理的に動く」という信念です。正しい方法で対すれば、人は互いの期待通りに振る舞うことができるし、そうすることによって協働可能になるということ、また、人が言った内容をそのまま信じるのではなく、相手立場を考えて、発言動機や狙いを合理的に考えれば、信頼できるメッセージが得られるということを、作中彼は繰り返し実演します。

ここからわかることは、主人公女性詐欺師は、一方が人を信じ、他方は信じないという対照をなしているようにも見えますが、実はそうではなく、両者は人の「信じ方」が違うだけで、どちらも人を信頼しているのだということです。

我々が社会の中で人とうまくやっていくのに必要なのは相手言葉をそのまま鵜呑みにするような信じ方ではなく、相手立場発言事実背景を勘案し、そこから自分が本当に受け取るべきメッセージを導き出し、それこそを信じることではないか、と思います

ミッションインポッシブル フォールアウトに冷めた

物語の終盤まで瞬きを忘れるくらい見入った。それほど面白かった。

ただ、時限爆弾を解除した瞬間、あることに気付いて冷めてしまった。それは、そもそも敵はどうして解除できない時限爆弾にしなかったかということ。解除できてしまう時限爆弾を作った時点で敵の負け。

あー、気付かなければ良かった

2018-08-12

世の中は「自由」と言いながら、自由などない

現代社会というのは、一見自由なように見えるが自由ではない。

街を歩けば監視カメラだらけで、ネットを繋げばログを取られる。

結局、何が自由なのかといえば国家権力資本容認した消費を行うことだけだったりする。

まり、金がないと自由なんて言葉は何も力を持たない。

その商品というのも一見は多様でも割と似通ったものだったりする。

皆もスグに思い当たるものが見つかるはずだ。

さらに、カネがあっても「自由」は得られない。

というのも、「性的魅力」というもの必要なのだ

ウェブでも街でも容姿というものが大切だというのはよくわかるはずだ。

どうにかこうにか美の基準に向かおうとしたりして、自身価値を高めようとする。

これは資本主義の問題なのか。

そうではないだろう。反資本主義だろうが容姿がある一定以上にないと豊かな物語肯定感は得られないのではないか

現代身体を所有しているという思想はどうにもならないくらい強いし、不可逆だ。

容姿というもの人生を定め、選択肢事実上なくすということは永遠に続くのではないかとすら感じるものだ。

そして、自分容姿が醜いためにどうにもならなかったりする。

社会は今の世の中を「自由」と言いながら、実際は規制免許、約款のようなものガチガチで絞め上げたカスみたいな社会に放り投げられているだけなのかもしれない。

こんな社会に息が詰まりだ。ただ、皆は当たり前のようにそこで生きている。

自分は、自由になりたいものだ。

ただ小金があるから美容整形をしたいとも思ったりするものだ。

大規模なものをやりたい。親のコネで入れそうな就職をけりたい。留学学歴ロンダもしたい。

監視社会などに抗う物語を見ると、皆容姿が良かったりする。醜いものが何か言っても何か虚しいのだろう。

そして、自分はそんな気持ちだ。

オクトパストラベラー観測範囲女子がぜんぜんやってない

個人的にはオルベリク編でグレイグとホメロスの幻影に悩まされまくったからド11クラスタかにはやって欲しいんだが

しかしわたしには拡散力がない、どうしたもの

ゲーム全体の感触としてはフィールド操作感はスターオーシャン戦闘ジョブなんかはブレイブリーデフォルトって感じ

ただし自由度はそれぞれ上の2作に遠く及ばない

どこか懐かしさを覚える昔のRPGの要素が組み合わさって、全体として受ける印象はなんとなくアライアンスアライブって感じだ

アラアラも懐古を目指したゲームだったので、当然っちゃ当然か

ちなみにアラアラは途中で投げた、だいぶ後半になってやる元気がなくなった(そういうことはよくある、FF13もオーファンズ・クレイドルまで行ってクリアしなかった)

シナリオはそれぞれ主人公ごとにある感じで、8人はパーティーにはなるものの直接の利害関係になく、物語は「彼らひとりひとり」に焦点が当たっている

言うなれば彼らの旅はアンソロジーであって、昔ながらのJRPGのように仲間が出会いひとつの状況に巻き込まれひとつストーリーを織り上げていく、というスタイルではない

おのおの目的のために世界を回り、その時々で光が当たっていない別のパーティーメンバーは(特に利害関係はないが)それに付き合っている、という感じになる

それぞれのシナリオ台詞回しに違和感が少なく、入り込んで楽しむのを妨害しない

街の人々にもそれぞれ裏設定があり、フィールドコマンド対応してそれらのテキストを楽しむことができる

そのテキストもなかなか読み応えがあり、ライターの力量を感じさせる

こんな感じで、「それぞれ」を見るとタコ旅はなかなか面白い

ただしそれらを貫き作品をまとめる一つの軸が見えてこない、なんとなく世界個人散逸した面白い物語収集してひとつゲームに納めた、という感じだ

そういう意味アンソロジーと言った(とはいアンソロジーには大抵テーマがあるのだが)

素材はいいので、そこから想像を広げていくのが楽しいかどうかは個人趣味嗜好によりけり、となるかな

そういう意味では余白が多い作品を好む大友ジャンルオタクが向いていると思う

うーむ、女性に向けてPRするにはどうしたらいいんだろうな

こんな文章女子がやってくれるとも思わないし

自問自答

Q.まだあの女が好きなのか

yes.

彼女以来まともに尊敬できる女に出会っていないから。

彼女は僕の元からさったけど、それでも時折詩のような存在になって僕の近くに現れる。

そんな女性はなかなかいない。

Q.次の女はどうだった?

セックスしている時にああ、この女は今僕のことでなくペニスのことをかんがえているのだなと思った瞬間にその女がただの肉の壁に思えた。

マスターべーションをしている気分になって悲しくなって、それからその女に触れることはできなくなった。

一度だけ、コンドームをつけずに女の体内に挿入をしたことを覚えているけど、その瞬間に女がそれまでの喘ぎ声を止めて冷静になったことは忘れない。

とにかく、結局セックスに始まりセックスに終わった関係だった。

多分、そこに詩がなかったことがよくなかったのだと思う。

Q.子供みたいな女のことは?

いい子だとは思ってた。

でもなぜか僕をゴミ箱のように扱って自分感情を投げつけてくるようになって耐えれなくなった。

ああ、この女は僕だから良いのではなく、自分の捨て所のない感情を投げ捨てる空缶だから良いと思っているのだと感じた。

この頃特に僕はそのように扱われる傾向が強く、他の人からも君ならいいと思ってと色々な感情を投げつけられていた。

そういう扱いにうんざりして、僕は孤独を選ぶことにした。

Q.孤独はどう?

最初死ぬかと思った

なんせそれまでの10年くらいは毎日人に囲まれて、誰かに求められてたから。

或る日突然、誰もいないところに行って1週間声も出さないような生活になったのだからそれは驚いた。

でも、時間が経って大分慣れたし、よく考えるとそもそも僕はこういう生活をしていたのだということを思い出した。

今は月に一人二人僕が誰かを知っている人間と会うくらい。

毎回何をしているのかを聞かれるのがちょっと怠いけど、そういう刺激も少しはあってもいいと思ってる。

とりあえず今は前みたいに毎日が刺激的である必要はないと思っている。

いずれ大きくどちらかに振り切れる必要があることもわかっているけど、そのためには準備期間が必要から

僕はそれまでに少しばかりの準備資金と、振り切る為の体力をつけておくつもり。

Q.色は見えるようになった?

僕が世界の色をいつ失ってしまったのか今となってはよく覚えていないけれど、前よりは少しだけ見えるようになってきたように思う。

とりあえず今は音楽コーヒー物語が僕の生活に彩りを与えてくれている。

2018-08-11

メロス激怒した。

(要修正。いきなり何の前触れもなく、知らない固有名詞を出されても読み手に不親切な印象しか与えない。また、「激怒」という単語物語プロローグに持ってくるモノとしてはあまりにも刺激的暴力的単語であり不適切。)

必ず、かの邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意した。

(要修正。怒った理由を倒置的に書くのは読み手に不親切。「邪智暴虐」はメロス個人的意見であることを明確にすべきである。)

メロスには政治がわからぬ。

(要削除。この文は必要無し。)

メロスは、村の牧人である

(要移動。「メロス」の説明は冒頭に済ませるべき、でないと読者に不親切)

笛を吹き、羊と遊んで暮して来た。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった。

要出典

きょう未明メロスは村を出発し

(余りにも目立つ修正箇所が多数見られ、これ以降の文章は読む価値無しと判断しました。)

2018-08-10

三大俺が好きな作家エピソード

桜庭一樹空手が超強い

西尾維新京都に住んでて二十歳のときデビューした

法月綸太郎図書館の自由に関する宣言を知らず超怒られた

我孫子武丸盗作かと思われたヘロQを許した

霧舎巧キリン関係している(これだけ物語の中の話だぞ)

乾くるみ女性だと勘違いしている人たちが読むJの神話嫉妬事件

麻耶雄嵩作品を読むたびに「これは夏冬超えた」と嘯く俺

FGO大好きミステリ作家群の存在

北村薫覆面作家の頃マジで女子大生と思われていたってのがあるんだけど

これどう考えても嘘だとしか思えない

当時の人間マジで言ってたの? 冗談じゃなく?

そのデーモン閣下の年齢的なやつじゃなく?

ミリオンBCツイッター画像つきで語る行為

最近アイドルマスターミリオンライブ!Blooming Clover』、通称ミリオンBC』の感動的なシーンや物語の核心を突くシーンをツイッターで4枚も漫画コマが写っている画像を添付して語る行為を見かけることがあります。それも、最新巻や、連載中の最新話でです。

正直、私はこの行為不愉快で仕方ありません。なぜなら、漫画を初めて読むときの感動が損なわれる可能性が高い、いわゆるネタバレに相当する行為であるからです。

ネタバレが嫌ならツイッターなんて見るべきではないという方もいるかもしれません。しかし、『ミリオンBC』よりも人気のある漫画、例えば、『僕のヒーローアカデミア』『進撃の巨人』といった作品上記のように最新巻、最新話をツイッターで4枚も漫画コマが写っている画像を添付して語る行為をしている人がいますか?私はせいぜい物語に関与しないギャグコマが1枚程度貼られているぐらいのものしかたことがありません。ただし、それは『ミリオンBC』の方は1000RTぐらいされていることが多いからかもしれません。

何が言いたいかと言うと、P同士の自浄作用がないこと。これが私を不愉快にさせるもうひとつ理由です。上記の通り普通漫画の読者はネタバレ配慮してると思いわれますし、例えそれを見つけてもRTしたりすることはないと思われる。アイドルマスターファンライブでのコールが〜厄介が〜などと普段からヒリついているのに、なぜこういった問題には寛大なのか理解にくるしみます

あとこれは主題から逸れますが『ミリオンBC』はとても面白くて私自身めちゃくちゃ好きです。今現在3話まで無料で読むことができます。気になる方は読んでみてください。

まさかこの人のエッチな姿見れるとはみたいな作品教えてください

エロい作品エロくなさに、最初からやけにエロい格好してたり、エロいカメラ目線でその人を写していたり、この人のエロいシーンあるんだろうなって予感させといて、エロいシーンがあることです。

そうじゃなくて、エロを期待してなかったのようなキャラクターなり物語の中で、けっこうなエロいシーンのある作品ってありますかね?ちょいエロじゃなくて、ちゃんと感じてるようなエロいシーンが期待せずに見れるような作品をご存知なら教えてほしいです。

anond:20180810012418

 "Space, the final frontier. These are the voyages of the starship Enterprise. It's five year mission, to explore strange new worlds, to seek out new life and new civilizations, to boldly go where no man has gone before...

宇宙、それは人類に残された最後開拓地である。そこには人類想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは人類最初の試みとして、5年間の調査旅行に飛び立った宇宙船U.S.S.エンタープライズ号の驚異に満ちた物語である。)" (TOS冒頭のナレーションより)

http://amija.fc2web.com/st/startrek.html

🖖

東京地域による意識

上野以東

東京下町というブランドがありながらも、商業的には破綻

都心に近い都内ということで、住みたい人が多く、住宅地としては注目地。

問題は、千葉茨城に近いので、そうした人もまた多い点で、東京人として生きるなら、もっと南下、西行するべき。

新宿以西

昭和時代から平成初頭まで、かつて栄光を極めたプライドの高い地域

今は、技術知識は劣り、プライドけが残る。

ただし、栄光ある時代文化遺産が多く、人間性は高い。しかし、斜陽。だが人間性をとるか。しか斜陽

新宿から電車で1時間を超えるようになってくると、どこも、東京人ぶった田舎人なので、東京人に憧れる人は要注意。

品川以南。

古いITが多いものの、IT関連ではそう少なくない需要のある地域

はいえ、IT関連従事者は、若い人が多いので、神奈川県川崎市側に多い。

地域としてはつまらない場所

都心通勤するために住むなら、どうせなら、横浜に住むべき。

渋谷以南西。

最も華やかかつ神奈川県川崎側も取り込めば広大な新興地区

昭和時代より、相変わらず人気の場所都心近郊に住むのは実力者のみだが、

横浜への便利を考えれば、相応しい伴侶がいる人は、この地域を選ぶのは、平成東京人として中央値

都心

成功したベンチャー社長だけでなく、個人としてそれなりの収入があれば住む人も少なくない。

人間味あふれる人も多く、物語の中に生きたり、昭和の日本を求めるなら、都心を探すのも1つ。

ただし、酒が飲めることは最低条件で、金もそれなりにないと、数か月で郊外に消える運命だろう。

東京の何処に住むべきか。

物語に憧れるなら、都心から西側

合理性を追求するなら、南から西側

探究者だと自覚あるなら、東側

北側は、東京人というよりも、仕事生活東京だが、レジャー北関東東北から新潟長野を多用する人向け。成田も近く、旅行者向きの場所

2018-08-09

9月から始まる仮面ライダージオウって

もろディケイドじゃねえか。

でもメイン購買層の未就学児童は3年周期ぐらいで入れ替わってるはずだし、

5〜10スパンぐらいで同じネタ題材にしても別に全然問題ないんだよね。

大友は「これ前にやったよ!●●じゃん!」とか言いつつも結局のところ見るし買う。

もうクウガ〜剣ぐらいまでの「販促縛りの中でもちゃんとした物語を!」という気骨は残って無いしこれで良いんだろう。

てかさ、大体の特撮っていつもこのパターンで周ってるんだよね。

真面目に作った素晴らしい作品が大当たり、それに味を占めて続編を乱発するもネタ切れして客演などの使い回しが横行。

徐々に子供けが子供騙しにすり変わって終焉する。で、十数年ほど経って心機一転で真面目に作った復活作がヒット、てな感じ。

現時点でも新作が出続けてるウルトラマン仮面ライダーゴジラ、全部そうやって周ってる。直近だとシンゴジラが良い例だ。

数少ない例外戦隊シリーズで、最初から子供騙しと割り切ってる。平気で同じ題材使い回すしプロットも毎回陳腐だ。

車や恐竜忍者なんて何回モチーフになったかからないだろう。だからこそゴレンジャーからシリーズが途切れていない。

その代わり物語評価されることは殆どない。水戸黄門暴れん坊将軍みたいなもんだ。同じ時代劇でも黒澤映画等とはまるで違う。

この先、全部戦隊化してくのだろうな。なんか悲しくなってくるが、これも時代のなり行きなのだろう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん