「共通認識」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 共通認識とは

2021-05-13

anond:20210513142247

コミュニケーションだと思うならこんなに顔真っ赤にしてディスる必要なくない?

だってコミュニケーションなら大した共通認識も生まれないし、社会問題として大きくなっていくこともないんでしょ。ほっとけばいいじゃん。

だのになぜ、歯を食いしばり弱者男性叩きを続けてるの?

2021-05-12

anond:20210512202838

互いに理解できないな!と共通認識確認できる間柄はわりと貴重

学年一の美少女概念がどうにも苦手

ラブコメでよくある、学年(学園、クラス)一の美少女と呼ばれる存在いまいち納得がいかない。

整って見られる顔にはある程度の条件なり法則性があるのは事実だろうけど、一番とまで言われるレベル容姿個人的な好みとかじゃなく共通認識なるのが想像つかない。

読者だって設定上一番の美少女キャラじゃなくてサブキャラの方の容姿が好みだって人もザラにいるのに、テンプレになって使われる理由わからん。一番とまで言うメリットわからん

例えば現実浜辺美波が「日本一美少女!」みたいな扱いを受けたとして、積極的同意はともかく世間の扱いがそうなるのは納得できる。部屋にテレビがない自分でも結構頻繁に名前見るくらいだし。

でも学年一とかクラス一の美少女みたいな認識って共有するものなの?自分学校行ってた頃は聞かなかったけど、地域差とか世代差とか、もしくは交友範囲が狭かったから気づかなかったとか?

あんまり好かないテンプレで昔から気になってたけど、最近ラノベの長文タイトルでも見かけるになったのと、明らかにテンプレなのに存在が語られることがほぼない気がしたので書いてみた。

このあたりが気にならなかったキャラの例を挙げると青春ブタ野郎シリーズヒロイン桜島麻衣が出てくる。

国民女優かつ主人公である咲太の恋人なので、咲太が世界一かわいいなどと言って、周りがそれを肯定してもそういう扱いになるだろうと納得できた。

国民女優恋人になる方がよっぽどフィクション度合いが強いのにそこは気にならなかったので、自分の中ではかなりの重要項目らしい。

anond:20210512143531

2行目から3行目にかけて飛躍があるぞ。

筆者にトラウマがあるというのと犯罪者キモいと言うのをやめろとは言っている。しかしながら犯人弱者男性であると明言してはいない。

そのため、犯人弱者男性であるということを共通認識にするには、お前は以下のいずれかを証明しなければならない。

 ①弱者男性以外の男性キモいと言われてもダメージを受けない

 ②女はキモいという言葉弱者男性以外には使わない

ついでに言うと

 ③弱者男性ナンパをする

も他の実例を挙げて示してもらえるとうれしい。

2021-05-11

anond:20210510181328

より優秀な方に決まってんじゃん。いまどきまともなポリコレ観があれば育児休暇産休をとりそうという理由で減点なんてしない。

まともなポリコレ観がどこまで普及しているかという別の問題は当然あるが、普及すべきという共通認識はある。

男性差別は、まともなポリコレ観の枠組みではまだ扱いきれておらず、改善すべきという共通認識がないことが問題だってことがまるでわかってないな。

2021-05-10

男性が苦しんでいる理由はすべて男性自身が原因

はてブに上がってた記事https://note.com/mefimefiapple/n/n7d700fe79960)に載ってた一文だが。

これはその通りなんじゃないか

ただ苦しんでいる男性自身が原因という意味ではなく、男性社会を作ってきた過去男性が原因だ

そんな男性社会被害者は主に女性だが、勝手男性社会に配属されてしま現在男性被害者だろう

そういった意味で「男性社会が悪い」という共通認識は忘れないでおきたい

そして弱者男性話題でよく出てくる恋愛面は男女の経済格差によるところが大きい

男性社会では女性がなかなか収入を得られないのだから、より収入を得られる配偶者を探しはじめるのは当然だ

そして自己より配偶者大事になり、配偶者自慢へと繋がる(大袈裟に言えばだけど)

配偶者自慢へと繋がれば収入以外の優劣も重要になる(大袈裟に言えばだけど)

さらに言っちゃえば、男性社会で働く女性を100%とするなら

男性社会働く男性はバフォついてステータス110%状態みたいなもの

え?バフォありなのに収入低いの…と通常より下に見られる可能性が出るのもわかる

(実際は平均すると110%なだけで当然「人による」のだが)

から差別をしていいという意味ではないよ

そんな男性社会シミュレーションゲームをやったら「確かにそんな状態になるかも」程度の話だ


結局は男性社会崩壊させる=経済格差を無くすがスタートなんじゃないかと思う

その最中弱者男性無視されている!と憤るのもわかるのだが…

男性社会が悪い」という共通認識は忘れないでおきたい(2回目)

anond:20210509191502

皮肉な話だが、オタク趣味や娯楽って子供共通話題を与えて結束させるどころか

しろ階層コミュニティを明確に分けてしまうよね

 

こどもの頃を振り返ると、ドラクエをやってるジョックとやってないインキャの層で断絶が起こってたし

やってても続編かそうでないかでまた食い違いがおこった

あるいはゲーム機のものを持ってない子はとても浮いてた

金持ちグループソフトを仲間同士で融通させ更に違うソフトをどんどん手に入れて

(いろいろと不良まがいの行為ソフト手に入れられたし)

そうでないグループは金のかからない団地仲間と外で遊ぶ とかさ

 

漫画も地味にその片翼を担った

ワンピースも全巻揃えればバカみたいな金がかかるし、毎週ジャンプを買う&融通しあうのも

ブルジョアじゃなきゃ不可能

Toloveるのせいで親にジャンプをねだれない&見せられない根暗なヤツも沢山いただろう

漫画ブックオフから万引きして問題になった子供がいたのも覚えてる

 

では我々は違う部族どうし何でコミュニケーションとってたかって言うと

結局は「テレビ」なんだよね あれだけは貧乏人にも共通認識を得られるチャンスがあった

話してるない内容も大して中身無いから、ネタバレや視聴継続断ったことで仲たがい起こらなかったし

 

オタク制服が絡むジェンダー話題になると「学生服格差をなくす」とは言うが

彼らはむしろ今も昔も、娯楽で格差差別を作り出す側だ

 

どんな高尚な理想を語るオタク趣味も、残酷子供には明確な

グループ意識」のツールしかなかった

2021-05-09

すでに増田の中ではアスリート一般人を見下すという共通認識が出来上がっており、サイコメトラー増田の中にいるらしい

2021-05-07

強者はてなサヨク男性」と「弱者はてなサヨク男性」を分けよう

https://anond.hatelabo.jp/20210506195215

kurotokage いわゆる「はてサ」であり「弱者男性」でもある私には一連が煽り合いに見えたのでほとんど目を通してないけど、「誰でも無自覚差別をしてしまう」「差別是正すべき」がある程度の共通認識になればそれでいい。

はてなサヨクの中にも弱者男性がいることが確認されました。

真の敵「強者はてなサヨク男性」だけだ

2021-05-06

仲良しだったフォロワーと私の最後の一カ月(前)

 これからする話は、とあるさなジャンルの小さなカプの字書きである私がいかに身勝手だったかということを伝えるものである

 大多数の人間にとっては、読んでも糧になるものはなく、むしろ不快になるものだろう。

 それでも記事にしようと思ったのは、私の中で未だに蟠った昏い感情ひとつ文章として昇華し、過去出来事として今の自分から切り離し、客観的に見てみたいからだ。

 

 

 P氏と私の出会いは三年前。

 私はそれまで活動していたある大きなジャンルを抜け、小さなジャンルのABというカプで活動を開始した。

 前のジャンルを抜けた理由は、そのジャンル民が望むものが書けなくなって、しか自分がそれにショックを受けていたからというありきたりなものだった。

 二次創作は、当然ながら自分が望むものを作って楽しむのが正しい。けれど、あなたの書く○○が好きだと言われ、しかもそれが結構な人数いたとするなら、自分のためだけに書くのではなく、他人が望むものを書きがちになる。承認欲求というやつだ。

 当時の私は、自分の望むものではなく、他人が望む作品を作り出すことに腐心していた。厄介なことに、それが楽しいと思っていたのだ。

 しかしある日、私ははたと我に返った。

 自分のためにではなく、他人のために二次創作をしているということに気づいた私は、そのジャンルを去ることにした。

 

 そうして辿り着いたABで小説を書き始め、私は驚いた。

 文字が次々と紡がれていくのだ。

 私はあっという間に小説を書き上げて、某サイト投稿した。ツイッターも始め、このカプのここが好きだということを、誰のためにでもなく、私のために呟き続けた。

 それからは、毎日が楽しかった。

 千人近くいた前のジャンルアカウントに対し、今のアカウントフォロワーゼロ。私の呟きなんて、誰も見ていないから当然いいねもつかない。

 それでも楽しくて、私は呟きを量産し、小説を書き続けた。

 三年前の、四月の終わりのことだった。

 

 フォロワーゼロと言ったが、そもそもABの活動人数は少ない。

 活動を始めたばかりの私がフォローしたのは四人くらいだった。その内の一人がP氏だ。

 P氏はすぐにフォロバしてくれた。

 お互いに挨拶をすることもなく、話しかけることもない。いるけどいない、という関係だった。

 私自身、あまり積極的に絡みに行くタイプではなかったので、何人かの相互さんと話したこともなく、黙々と壁を打つ日々だった。

 相互になって二か月ほどした頃だろうか。P氏が私にリプを送ってくれた。私はABで初めて、同ジャンル人間としゃべった。

 嬉しかったが、それだけ。

 今から思えば、初めてリプをくれたのがよりにもよってあの呟きだったのはP氏の性癖が相当ヤバイことを示していると思うが、それはまあ別にいいだろう。

 初めてリプを貰ってから、P氏と私は一カ月に一度の頻度でやり取りをするようになった。

 どちらかが作品を上げると「素敵です」と言い、それに対して「ありがとうございます」と返す。それくらいだった。

 

 彼女と急激に仲良くなったのは、はじめてリプを貰ってから一年と少し経った頃だった。

 その時の彼女と私は、同じような人間関係問題で、同じように悩んでいた。

 その頃の私は人間関係に疲れて、殆ど誰とも繋がっていなかった。

 フォロワーはP氏だけ。正直、ABで活動を続けていくことに限界を感じていた。

 ただ、まだ書き続けていたいという気持ちもあった。

 私は彼女しか見ていないTLに、ABの小説投稿し続けていた。

 

 P氏初めて通話をしたのもその時だ。

 その時に私は、彼女二次創作で仲良くなったフォロワーとどう付き合いたいのかを教えてもらった。彼女は「同じ熱量の人と狂っていたい」と言った。私も同じだ、と嬉しくなったことを覚えている。

 二次創作をしていると付き物になるのが、熱量問題だ。

 なにが問題なのかというと、熱量主観的ものだということだ。

 ある人の、あるジャンルに対する熱量を、客観的に計る方法はない。本人が冷めたと言えばそうだし、冷めていないと言えば冷めていない。

 ここまでは、誰もが共通認識として持っていることだろう。

 P氏も、私も、そう思っている。

 ただ、私は、その先も考えていた。

 ジャンルに対する熱量主観しか計れない。決して、他人には伝わらない。他人に伝えるには、行動として示さなければならない。こうした時に言葉で伝えるのは逆効果であること私は思っていた。

 たとえば、あるカプについて毎日十以上の呟きをしていた人がいるとしよう。その人はある日別のジャンルにハマって、別ジャンルについて呟くばかりになって、あるカプについては殆どさなくなった。あるカプの絵や小説がTLに流れてきても反応しなくなった。以前なら、必ずその作者に感想を送り、フォロワーにその作品が素晴らしいからとプレゼンしていたのに、そうした反応を一切しなくなった。その人が唐突に「最近○○についてばかり呟いているけど、元のジャンルの熱は冷めてない。今でも大好き」と言ったとして、残念ながら私はそれを信じることができない。

 完全に冷めてはないのだろう。新しくハマったジャンルの刺激が強くて、元のジャンルへの反応ができなくなっただけだろう。ただそれは、見方を変えれば、「冷めた」ことにならないだろうか。少なくとも、以前と同じように反応ができなくなったということは、そこに割く労力を減らしたことに違いはない。

 

 別ジャンルにはまることも、そこに熱量を注いだ結果元ジャンルへの熱が冷めるのも、悪い事ではない。

 何を好きになるのかは、その人の自由だ。

 ただ私が、「冷めていない。今でも大好きだ」という言葉が出た時点で、その人はもう元のジャンルにこれまでと同じだけの熱量を注いでいないと思うようにしているだけだ。

 本当に元のジャンルにも今までと同じだけの熱量を注いでいるなら、わざわざ言葉にしなくていいはずだ。

 言葉にして、「冷めてないよ。だからこれからも仲良くしてね」と友情を乞うているような姿に、私は何とも言えない嫌悪感を覚えてしまう。

 あくまでも私がそう思うだけだということは、言うまでもない。

 人の考え方は人それぞれだ。だからこれは、私がこう考えたというだけの話であることを改めて記しておく。

 

 話を戻そう。

 P氏は私にこうも言った。

 

「別ジャンルにはまっても、そのジャンルで狂ってる君を見てたら私は楽しい

 

 使い古されたフォロワーへの言葉だった。

 ジャンル移動しても友達でいようね、と彼女は私に言った。

 別ジャンルに嵌って、別アカウントを作ってしまうと元々のアカウントフォロワーと疎遠になるのはよくある話だ。チェックするTLが二倍になるのだから当たり前だ。そして先述の通り、新しくハマったジャンルの方に熱量を注ぎがちになるのも明白。結果として、元のジャンル作品や元のジャンルで出来た知り合いの呟きへの反応は鈍くなり、その後ろめたさからアカウントを消すという人もいるだろう。

 彼女は私にそうなって欲しくないと言いたいのだろう。別ジャンルにはまっても、同じアカウント活動して欲しい、あるいは、別アカウントを教えて欲しい。たぶん、そういうことだと私は考えた。

 それで合っているかどうかは正直わからない。

 ただ私は、彼女言葉から彼女が望んでいることをできるだけ汲み取り、そうあるようにした。

 

 その頃は、多分、上手くいっていたと思う。

 彼女と私は毎日十や二十のやり取りをして、時々通話して、ABについてああだこうだと話していた。

 傍から見れば異常だったのだろう。言われるまでもなく、当時のP氏と私の関係は、正しく「傷の舐め合い」だった。

 それでも私たち毎日は楽しかった。

 少なくとも、私は楽しかった。今思い出しても、思わず頬が緩んでしまう。

 

 そうしている間に、秋が来た。

 最初通話から一年弱経った頃、私は別ジャンルにはまった。

 彼女しか見ていないTLで「○○にはまった」と呟き。ABと一緒に新しいジャンルについて呟くようになった。

 そのジャンル用のアカウントを作ったが、稼働させるのはすぐにやめた。

 新しいアカウント活動を始めると、熱量分散されることを私は知っていた。だから、元のアカウントで新しいジャンルイラストをリツーイトしたりしていた。P氏は私が新しくハマったカプについても「私は絶対まらないけど」と言いつつも好意的だった。私が新しいジャンルに狂っている姿を見て楽しいと、初めて通話した時に言っていた台詞を繰り返していた。

 

 彼女の様子が変わったと感じたのは、年が明けた頃。

 彼女はしばしば、創作モチベーションが上がらないと呟いていた。

 例のウイルスの件もあり、イベントは軒並み中止。ジャンル民の創作活動も下火になっていた。

 元々小さな規模のABというカプで、この一年コンスタント作品を上げていたのは、P氏と私だけ。

 その私も、昨年秋から色々とあり創作頻度は下がっていた。

 小説毎日書かないと感覚を忘れてしまう。私の執筆スピードは目に見えて遅くなり、大量の文章を、人様に見せられるほどの完成度に仕上げられなくなっていた。

 それがストレススランプに陥り、さら創作頻度が下がっていることを自覚していたから、呟きは多くするようにしていた。

 私がスランプに陥っている間、彼女はABの作品が増えないことに寂しさを募らせていたようだった。私は自分の不甲斐なさを痛感しながらも、スランプから仕方がないと自分を励ましていた。

 なんとか創作に集中できる環境を作りたいと四苦八苦していたが、そうこうしている間に彼女の方に変化があった。

 毎日二十近くやり取りをしていた彼女は、私の呟きにリプを飛ばさなくなり、彼女自身が呟くこともがくりと減った。

 私は彼女の行動に覚えがあった。

 彼女は、別のジャンルにはまったのだろうと思った。

 彼女はとにかく呟くタイプ人間だ。呟くことで、日々のストレスを軽減しているのだろう。だから、ここで呟いていないのなら、どこか、別の所で呟いているのだろう。そこで呟いているから、こちらで呟くことがなくなった。多分、そういうことだろうと私は考えた。

 少しだけ、私の心に靄がかかった。

 

「別ジャンルにはまっても、そのジャンルで狂ってる君を見てたら私は楽しい

 

 かつて彼女は私にこう言った。

 別ジャンルにはまって愉しそうにしている姿をみせてくれと言っていた彼女は、しかし、別ジャンルにはまって楽しそうにしている姿を、私に見せてはくれなかったのだ。

 

 春の訪れと共に、P氏と私の最後の一カ月が始まった。

2021-05-04

マクガフィンについて【2021/05/06誤字訂正】

 フランケンハイマー監督映画RONIN』は、ソ連崩壊の余波が残る90年代作品であるソ連崩壊した頃は、生活に困ったソ連の元・軍関係者兵器第三世界テロリスト密売する可能性や、ソ連という敵を失ったことで欧米諜報機関人間リストラされる可能性が取り沙汰されていて、そのような世相が同作品には反映されている。

 ロバート・デ・ニーロ(主人公)、ジャン・レノらが演じる「ソ連崩壊に伴って仕事を失った東西諸国諜報機関の元・工作員たち」が、アイルランド人らしき女性からリクルートされて、フランスニース滞在中の元・ソ連関係者と思しき男たちの持ち歩いている「怪しいジュラルミンケース」を強奪する非合法ビジネスに挑む…という話である

 このジュラルミンケースを巡る争奪線として物語は進行するが、その中身が何なのかは最後まで明かされない。ただ「非合法な真似をしてまで欲しがる人間たちが存在するような『物騒な何か』なのであろう」とだけ、観客には理解される。しかし、そのような理解物語の進行には十分なのである。この映画におけるジュラルミンケースのような、物語進行上の小道具マクガフィンと言う。

 マクガフィンマクガフィンとして機能しうるのは、物語の語り手と観客が「世界観」や「状況認識」や「常識」を共有しているかである新聞ニュースを通じて、冷戦下における東西諜報機関の暗闘や、北アイルランド返還要求してテロ活動をしていたIRA存在ソ連崩壊に伴う兵器拡散危機などについて既に了解しているからこそ、たとえジュラルミンケースの中身が判明しなくても、観客は物語を読み解くのに支障が無いのである。ちなみに、主人公たちをリクルートするアイルランド人らしき女性が、物語の冒頭で主人公たちに対して「私はディアドラ」と名乗る。これは、日本人に擬えると「私は花子」と言うぐらい「平凡な名前すぎて逆に偽名クサイ」という描写とのことである。「アイルランド人」らしき人間が「偽名」で接触して「非合法ビジネス」を依頼してくる。となれば、90年代フィクションにおいては「IRAか?」と推測するのは観客にとって極めて自然な成り行きであった。このような社会的知識認識を持たない人間が『RONIN』を観ると「何だかよく分からない話だった」となるかもしれない。

 さて、海賊漫画について言及したところ「『海賊王』の定義がハッキリしなくても、マクガフィンなのだから問題は無い」との意見が見られた。しかし、端的に言えば『海賊王』はマクガフィンとして機能していない。何故ならば、物語世界法則や状況に関する「確固たる土台情報」が与えられておらず、ジャンプ読者は共通認識を持っていないかである

 海賊漫画は、政治・経済軍事警察法律社会体制キャラの強さの根拠尺度海賊稼業が成り立つ社会の仕組みなど、全てにおいてアヤフヤである

 海賊漫画に比べると、まだ『パイレーツ・オブ・カリビアン』の方が、海賊冒険物語としてはマシな方である。それが成立するのは何故かと言えば、以下のような「世界認識」が朧げながら観客に共有されているかである

 我々の世界での海賊歴史は、ヨーロッパのような国々があり、中南米アフリカアジアのように植民地とされた地域があった。海賊たちは、国家の軍や警察の力が及びにくい地域で略奪・誘拐などを行い、時には国家から許可を受けた「下請け業務」として海賊業務を行っていた(このような海賊船は、所謂piratesではなく「私掠船privateer」と呼ばれて区別される)。

 国家下請け業者としての海賊が成り立っていたのは、ヨーロッパの国々が互いに覇権争いをしていたかである競争相手国の船が、私掠船にとって獲物であった。

 覇権争いをしてまでも植民地にした地域には、金銀や宝石鉱山が有ったり、香辛料農産物の産地であったり、サトウキビコーヒーなどのプランテーション農園を作って労働力に使う現地住民がいたり、宗主国がそこに侵出する様々な経済的動機があった。

 植民地域と本国との間で行われる貿易関税を逃れて密輸するのも、海賊仕事の一つであった。

 海賊が略奪した貴金属貨幣や物品、誘拐した人間を欲しがる人間が、宗主国植民地域に「顧客」として存在し、また略奪や誘拐ビジネスで富を手に入れた海賊が消費活動を行なって、植民地域の経済圏に金を落としたからこそ、海賊稼業も成立していた。

 海賊は、社会から孤立しては成立しなかった。

 このような大まかな共通認識が観客にあるからこそ映画パイレーツ〜』も成立するのである。これに比べたら、如何に海賊漫画がアヤフヤなまま連載を続けて、本来は連載初期に描いておくべきであった、読者が物語を読むための足掛かりにするべきことを何も描いてこなかったのが一目瞭然である

 「パンピレホニョンに俺はなる!」と言うだけではマクガフィンにはならない。

【2021/05/06誤字を指摘して下さった方、ありがとうございます。】

anond:20210504165014

金の匂いがする人脈に餓えたビジネスマン

気がふれた出会い某が入り混じっててあかんのや

友達を作りましょうという共通認識はやっぱ必要だとおもう。

anond:20210504001136

些末な指摘はあれどアイデアの根幹は否定されていないので(はてなでの共通認識に則った推論なので当然ではありますが)、

浸透するまで投稿する必要があると思っています

2021-04-28

anond:20210425130805

古今和歌集にも収められている「紫のひともとゆゑに武蔵野の草はみながらあはれとぞ見る」という歌がかなりバズってて

源氏物語の作中でもこれにインスパイアされて

「ねは見ねどあはれとぞ思ふ武蔵野の露分けわぶる草のゆかりを」なんて歌を光源氏に詠ませている

「露分けわぶる草のゆかり」ってのは、光源氏が思いを寄せていた藤壺の姪(ゆかり人物である若紫(後の紫の上)のことを指していて

こんな感じで、武蔵野といえば紫だし、紫といえばゆかりだよね、みたいな共通認識が出てきたんじゃないのかね

2021-04-27

https://anond.hatelabo.jp/20210427104030

首都高道交法で左側を理解して免許もらってる人が運転する場所、だから左側通行は当たり前。

電車左側通行はそういう共通認識を持つ事を前提にせずに勝手鉄道会社運行してるルール

全く当たり前じゃありません。

からだけどバカすぎるからツッコミ入れたわ。アホは死ね

せめて、男は元来集団になると閉鎖的で物わかりの悪い生物になる、という共通認識は持っておこうよ

人間は農耕より狩猟で生きてきた時代の方が遥に長いのは分かるよな? な?

 

その間、男は狩猟時によく言えばチームワーク、悪いく言えば集団心理が働く

一体になる生物として設計されてんだよ

まさにホモソしぐさの正体であって、男の政治家がバカ揃いでコンコルドしまくってるのもコレ

残念ながら農耕時代の政治には不向きなんだよ 世の中は複雑系だからね

 

アンチリベラルで俺分かってますよ感出してる君もさ

この生物学的な事実を受け入れることくらいは出来るでしょ?

恋愛工学()だなんだで生物学好きだもんな? 君ら

話はそこから始めようやん

2021-04-25

anond:20210425230743

増田だけど、ウマ娘検証されている最中から毎週環境が変わります。確かにスキル爆盛り期はあった

今は金スキル3〜5、銀スキル爆盛り、逃げ先行が序盤中盤の加速系スキルと終盤のデバフスキル意識して取得し、差し追込が中盤終盤に加速系スキルデバフスキル意識して取得するです(ただしダートだけはとことん加速スキル盛る)

回復スキルはスタミナと根性の様子を見て各ウマ娘でいい感じに取得しま

ウマ娘はそのレースゲーム仕様上、走った距離が長ければ長いほどスキルが発動しやすくなるという仕様存在しま

まりレース経過時間考慮すると逃げ先行がそのレース中に最も早い段階でスキルを発動するということになります

そこで逃げ先行へデバフスキルを付けることによってデバフスキルをそのレース中に最も早く発動させ、差し追込で1位を取るという戦略ですね

その結果として現在差し追込のウマ娘エースへ座っていることが多いです

ただこれはトッププレイヤー全体の共通認識なので、逃げ先行のデバフ役を1人にするか2人にするか、裏をかいて逃げ差し追込デバフ、先行加速で勝つみたいな戦略を取っている人も居ます

anond:20210425230743

増田だけど、ウマ娘検証されている最中から毎週環境が変わります。確かにスキル爆盛り期はあった

今は金スキル3〜5、銀スキル爆盛り、逃げ先行が序盤中盤の加速系スキルと終盤のデバフスキル意識して取得し、差し追込が中盤終盤に加速系スキルデバフスキル意識して取得するです(ただしダートだけはとことん加速スキル盛る)

回復スキルはスタミナと根性の様子を見て各ウマ娘でいい感じに取得しま

ウマ娘はそのレースゲーム仕様上、走った距離が長ければ長いほどスキルが発動しやすくなるという仕様存在しま

まりレース経過時間考慮すると逃げ先行がそのレース中に最も早い段階でスキルを発動するということになります

そこで逃げ先行へデバフスキルを付けることによってデバフスキルをそのレース中に最も早く発動させ、差し追込で1位を取るという戦略ですね

その結果として現在差し追込のウマ娘エースへ座っていることが多いです

ただこれはトッププレイヤー全体の共通認識なので、逃げ先行のデバフ役を1人にするか2人にするか、裏をかいて逃げ差し追込デバフ、先行加速で勝つみたいな戦略を取っている人も居ます

オタクコンテンツ炎上アルゴリズム

オタクコンテンツ内で何か内ゲバが起こる

 ↓

・まず運営コンテンツ製作者に迷惑かかってない、炎上してないポーズをする

 ↓

迷惑かかってることが発覚すると、晴れて『事件』として見なされる

 ↓

・『事件』内において、犯人が同じオタクだと分かると分が悪いので、ひとまず一般人寄りのアンチ仕業になる

 ↓

犯人オタクだと分かると『アイツはオタクじゃない』『木を見て森を語るな』的論調になる

 ↓

非難の矛先をそらすのに必死なので、事件面白がったり、一家言ある一般人を目ざとく見つけて罪を擦り付けようとする

 ↓

ほとぼり冷めたころにフェミリベラル仕業という共通認識が出来上がる

2021-04-24

anond:20210424131313

>かわいそうで模範的鬱病患者

大体これの共通認識があるせいで,本当ならうつ病だろうが何だろうが政治的意見はいくら言っても良い

私も応援する

2021-04-23

anond:20210423151119

コンピュータ好きには元来男性が多く」

ここに引っかかってる人がいるみたいだけど、何が悪いのかわからん

別に女性コンピュータ好きがいないなんて言ってない。あくま比率での話でしょ?

女性コンピュータ好きが少ない、という共通認識があるからこそ、増田も言ってるような「女性限定プログラミングコンテスト」があるんじゃん。

コンピューターに興味を持ってる人口学習している人口男性が圧倒しちゃうから

2021-04-22

anond:20200831221700

ネトウヨはてサは「こういう感じの厄介な人」って共通認識認定されてるみたいだから良いんじゃない?

保守ネトウヨリベラルはてサ区別されてる

2021-04-17

中国間抜け過ぎない?

中国にとって台湾統合したいというのは至上命題というか最重要戦略だとは思う。

だけど、一方で、台湾沖のシーレーン中国が扼することで日本海路が阻まれたら

日本石油オーストラリア南側回りで輸入するか中国の顔色を窺い続ける必要が出てしま

石油輸送費の増大は物価ガソリン代に影響して、深刻な問題になるのは予想できる。

輸出入品は何も石油に限らないし輸出入先はシーレーン上の各国で西アジアだけではない。

から日本米国にとっては、台湾沖を敵とみなした国が掌握する事は許せない。

関係諸国は、そういう共通認識を持っているはずだし、中国台湾統合したいなら

日本尖閣諸島問題などで刺激する事は、百害あって一利なしだったと思うんだよな。

しろ日本安心させて味方に付けて、中国台湾沖を握っても被害はないよと安心させて、

出来れば日米離間し日中という枠組みを作るべきだった。

だけど、日米離間どころか、長年にわたって歴史問題や、靖国参拝尖閣諸島問題日本を刺激し続けたので

今や日本人の8割以上は中国は敵、アメリカに頼るしかないという認識を持つに至った。

敵にシーレーンを握られれば終わりと恐怖を持たせてしまった。この現状変更には50年はかかるだろう。

日米が組むことになればファイブアイズはもちろん日米側、QUADも日米側、勝ち馬に乗りたがってEUが加われば

中国には三跪九叩頭が待ってるだけだ。そして実際に、もうそうなった。日米による台湾防衛宣言がなされてしまった。

間抜けだよなぁ。100年の大計ってものがなかったのかな?

すっごく不思議なんだけど、歴史を後から見ると、間抜け判断連続になる時期がある、そんなものではあるよね。

スカートをはく男の例でスコットランドを挙げるやつ馬鹿じゃないの?

そもそも文化が違う国を比較対象にするなよ。

男女平等LGBT問題世界共通認識になりつつあるけど

男がスカートをはく文化が元からある国とそうではない日本とを比べるのがおかしい。

日本日本人がスカートはいてるから一部の反対派が煽ってるのにスコットランド?は?

馬鹿じゃないの?

2021-04-10

anond:20210410115059

いや、「バーべーキュー感染リスク的にどうかと思う」というのが事実かどうかはとにかくな・・・(いろんな観点があって難しい問題から)。

仮に、その考え方が日本国民多数の共通認識だとして、それを知人に伝えることで何がしたかったんや・・・? 断るのに絶対必要一言じゃないやろ・・・

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん