「のもの」を含む日記 RSS

はてなキーワード: のものとは

2018-01-23

anond:20180123224440

そういや、不倫疑惑引退表明した某大物ミュージシャンEDインポテンツ=勃起不全)を主張してましたね?

勃起治療薬のバイアグラ心臓負担をかけるからペニスバンドの方が安全なのでしょうか?

てか、そこまでして擬似挿入を楽しみたいものなの?

マッサージチェアを作っているメーカーに開発依頼すれば、腰振り役の男そのもの不要になるのでは?(全自動ペニスバンド?)

anond:20180120180731

なろうにおける「おっさん」っていうのは、意味的には「少年でも青年でもない」程度の意味だと思うよ。「少年主人公希望する読者」や「青年主人公希望する読者」をフィルタリングするための装置であって(なお老人主人公ってのはそもそもラノベ的には射程に入ってなかった。いまはおっさんの延長線上でまま存在する)、そのもの獲得形質存在しないんだと思う。

もうすこし補足すると、「少年性や青年性の喪失」であっても「おっさん性の獲得」ではないってことになる。

まあ、そもそものはなし、現実おっさん中年)も、現代においてはままそうなんじゃないかな。

少年期の全能感や幸福感や無限の体力はもはやなく、青年期の情熱や異性に対する期待や将来に対する不安希望ももうなく、じゃあ、その代わりに何かを獲得できてるか? と問えば手に入ったものは少ないのではないかな。少なくとも自分は、日々を大過なく過ごすための惰性めいた処世術とか、職を時間内にこなすための小器用さであるとか、その程度のものしか身についたとはいえない。

その程度のおっさんしかない自分が、少年青年のもの結晶化したような主人公や、彼らの物語を直接摂取してしまうと、内臓に負荷がかかってしまう(お腹痛くなる)ってのはある。出来が良ければフィクションとして切り離して楽しめるけれど、私小説としてそれを読んでしまうと痛い。

カリオストロの城において、ルパンクラリスとらぶらぶちゅっちゅにはならんでしょ。ルパンは「おっさん」だからおっさんから父性の混じった誠意をクラリスに向けられたし、あの物語において、あれこそが美しい。ただしくおっさん物語だ。

からおっさん」というタグは「エビや卵成分は入ってません」みたいな、食品におけるアレルギー表示みたいなものなんじゃないかな。

もちろん、なろうっていう場所混沌のものなので、書き手によってはそこまで考えてもいなく、ただ単純に少年青年主人公で展開された物語の骨子を、おっさんというテクスチャで再梱包しただけのものもあり、その場合アレルギー表記はむしろ罠として読者に襲いかかる。

秒速5センチメートルみたいなのを、主人公おっさん差し替えてやったらどうなるかって、それはなんかキモくなるだけだって話だね。

おっさん」というタグ物語を巡るいろんな問ってのはまだまだあるんだけど、個人的には、当面は以上のような理解で良いんじゃないかと思っております

自殺願望は最大の否定と逃避である

まぁタイトル通りなんだけど、寒い時期に辛いことが重なると死にたくなる。

でも毎回楽で確実な死に方を考えてはあれがダメこれがダメと迷っているうちに暖かくなったり気分が上向きになったりで生き延びてきた。

いま、また死にたい気持ちが強くなっている。SNS過去投稿でもこの時期は毎年のように死にたいと言っている。

今は仕事が辛い。転職して4ヶ月、仕事も少しずつ覚えてきたところへ教えてくれていた人と2人で回してた仕事をいきなり一人でやれになってしまった。

当然仕事が回らない。残業しても終わらないままタイムリミット帰宅して、また翌日続きから

今は閑散期で暇な内容なんだけど、それですら強制的に定時で帰らされる日以外は二時間残業しても追いつかない。

残業時間が二時間なのは36協定の上限を守るため。

そんなこんなで仕事が遅れ続ける。

教えてくれてた人は別の部署に行きながら、機会を作ってこちらに見に来てわたし仕事をチェックする。

言ってはなんだが、この人が仕事はかなり色々できるのだが、教えるのに向いてない。ボキャブラリー貧困。伝わるように説明できない。

これではわたし仕事を覚えるのも滞る。

そんなこんなで仕事はずっと長いトンネルを走り続けているように感じる。そこから逃げたい。

いままでなんだかんだで働いてきたけど、正直に言うと仕事が嫌だ。

働くことそのものが嫌だ。働かなくてもやっていけるお金があるなら迷わず働くのをやめる。

こんなの多くの人が感じたり考えたりしていることだろう。

他にもいるかもしれないけど、わたし場合自殺願望がついて回る。

嫌なことから逃げる。嫌なことを否定する。そのために自殺を考えるまでがワンセット。

毎回、楽で確実な死に方をいろいろ考えては理由をつけてあれができないこれではだめだで、実行に至らない。

近日の予定を済ませてから死のうと考えては日延もしている。

こうしたことをしているうちは死ねないんだろうなと思うけど、毎年冬場にやってくる低迷した気分は年々重苦しくなってきている。何歳まで生き延びるのか、どういう死に方をするのかはまだ不明だが死に甘美な期待をいだきつつ生き延びそうなんだよね。

せめてゆっくり寝よう。寝るのは一時的な死だから

初心者向けの文章って意味あるの?

初心者文章読むより実際にやった方が学習はやいし

一通り触った初心者が読みたい内容は一つ上のレベルのものだし

初心者にも上級者にも意味のないゴミになり果てる未来しかなさそうだけど

いい年して、収入結構ある友人と待ち合わせたとき電気屋に寄ってICレコーダー買ってきたーと言っていた。

スマホで足りないの?と聞いたら、ライブで録音して、DVDが出るまでそれで乗り切るんだと嬉しそうに言っていた。

色々がっかりした。

まず、そういうのを人に言えてしまうこと。

その日は他にも封入特典の先行が当たらなかったか自分用以外のものや、コラボイベントで目当てじゃなかったグッズをネットに出して「少しでも元を取らなきゃ」といったことも言っていた。

自分収入で買ったものをどうしようと勝手なのは重々承知だが、それで応援してますとか言えてしまうのがちょっとどうなのと思ってしまった。

やってる事自体アウトな上に、発言してしまうとは。

でもその程度の人間なんだろうなと思った。

https://anond.hatelabo.jp/20180123195556

を読んで、その友人のことを思い浮かべた。

たまにチケット余ったという声がかかるけど、気乗りしないので協力できないでいる。

漫画違法アップロードのあれこれ

 作家さんから漫画違法アップロードで読まないでほしい」といった趣旨のお願いというか注意喚起のようなものがなされているのを最近よく見かける。

 私は作家さん達の主張がもっともだと思うし、違法アップロードは明確に違法だと思っている。読みたいもの自分新刊を買うなり、せめて中古で買うなりすべきだと思う。あるいは借りるなり(中古レンタルなどについては賛否あるのかもしれないけれど違法アップロードに比べればそれよりは良いと思う)。1万歩譲って(1万歩では足りないだろうけれど)、違法アップロードでタダ読みするとするなら、そういった行為を行っていることを恥じてコソコソしておくべきではないかと思うし、堂々と宣言することではない(ましてや作家本人にそれを言うなどもってのほか)と思う。

 ところで、どうして現時点で注意喚起が圧倒的に作家さんからなされることが多いのかということを少し疑問に思っている。

 確かに作家さんの発信力は強いし、訴求力も強いと思う。

 でも、違法アップロード利益を損なっているのは出版社もではないのだろうか?どうしてもっと出版社から声が上がらないのだろうかと不思議だ(もしかしたら私が知らないだけですでに上がっているのかもしれないが)。自社から本を出している作家利益を守るのも出版社仕事の一つではないのかと思うのだけれど。それとも1人の作家違法アップロードで売れなくなったところで代わりとなる作家はたくさんいるみたいなことを思っているのだろうか(もしそうだとしたら、読めなくなっても代わりのものを読めば良いと言いながら違法アップロードを読んでいる人と変わらないメンタリティじゃないのかな)。

 なんとなく現時点では作家さんたちが個人個人違法アップロードという大きな問題に挑まざるを得ないような状況に見える。個人的にはその状況をなんとなく悲しいなと思う。作家さんたちにはそうした問題で頭を悩ませることに時間を割かなくて済むような状況にいてほしいなと思う。あくま個人的感情だけれど。

 各個人バラバラ個人プレイをしてもたぶんこの問題解決には向かわないと思う。もっと上手く大きな集団で取り組めたら良いのに。でも良い方法は私では思いつかない。だから、また新刊を買おうと思う。何か良い方向に向かいますように。

センター国語ばかり槍玉に上げてるけど

センター国語プロ作家が解いても満点取れないとか、そういうことになにか意味があるのだろうか。

まず、入試の科目なんてのはその道のプロ選抜するものではない。

国語に限らず数学でも理科でも社会でも、プロ学者がすべての問題ミスなくこなすなんて無理だろうし、外国語だって場合によってはネイティブミスをするだろう。

入試は、特にセンター試験努力の成果を見るものなのだから、才能があるからと言ってできてしまっては意味がない。ちゃんと"お約束"を知っておくことは、当然要求される。

それに、プロというのは一芸があればいい。例えばプロスポーツ選手だってアマチュア向けのテストではあらゆる能力要求されるが、真の一流選手はいくつかの項目が欠けていても活躍できる。メッシが誰よりも足が速く体力があるわけではない。そういう意味でもあらゆる要素が満遍なく問われる試験というのは、アマチュア向けなのだ

そしてそもそも文学というのは書き手読み手認識が一致しないものだ。書き手意図が何の誤解もなく読み手に伝わるならば、文学なんてもの芸術でも何でも無くなってしまう。だからプロ書き手読み手立場センター試験を解けないのは当然と言えば当然だ。

強調しておくと、読み手立場センター試験、という認識が大切なのだ試験を出題するのは筆者ではない。出題者は、読み手なのだ試験の度に読む題材は異なるが、出題者の姿勢は一貫している。だから受験者に求められるのは、作品の筆者を直接理解することでは決してなく、むしろ読み手でもある出題者を理解することなのだ。

そして読み手である出題者の中には、作品の筆者に対する批判意識も当然あるだろうから、筆者の意図は正解とは関わらない。しかしその出題には連綿と引き継がれている傾向、理論があり、だからこそ受験者も一人の読み手としてでなく、問題の解答者として試験に臨むことができるのだ。

最後に、「文学の読み方に正解はない」という国語試験批判する大義名分は、人間知的営みの根本的な前提を確認しているに過ぎないことに言及しておく。そもそも、どの学問を取っても、普遍の真理には程遠く、最新の理論などと言っても一つの解釈しかない。皮肉なことに、科学歴史恣意的ものだという議論入試現代文に繰り返し登場しているありきたりな話なのだが。

結局のところ、センター試験呈示する「読み方」を疑問視するなら、数学の、自然の、人間の、「読み方」である他の科目も―本当の正解とは限らない。逆に、センター国語の出題の背後にある理論は、他のすべての科目の理論と同様、絶対普遍のものではなくとも一つの体系を成している。その事が未だに十分に認識されていないことは、センター試験の失敗でもあり、今後試験の形が変わっても国語教育課題であり続けるだろう。

動力がない、というか失くしてしまった。これが学習性無力感

とあるプロジェクトに関わっている。かつてやったことのあるプロジェクト類似のものだ。問題を抱えていて、それは行動力がないということだ。無いというか失くしてしまったように感じる。

かつては出来ていたことが今では大変おっくうに感じてしまう。それは自身しかからない失敗体験があって、恐怖心のようなものが残っているからだと思う。学習性無力感に近いようにも感じる。とにかく頑張れない。気力が湧かない。

学習性無力感についてはウェブ記事も多数でている。その一部を読んでみたものの、やはり行動には結びつかない。このままだと人生詰んでしまう。その前に何とかできればいいのだが、どうしていいのか分からない。

anond:20180123143944

へー。知らなかった。

でもそんなに急性のものでもなさそうだし、長生きしすぎてもアレだからそのままでいっかな。

うなぎ絶滅と鶏絶滅ならどう考えても後者のほうが重大でしょ

多分、鶏絶滅ってなったら相当暴動起きると思うんだよね。

うなぎ絶滅しそうってなってもそんな暴動起きないし結局みんなうなぎってその程度のものしかおもってないでしょ。

芸能人のものコンテンツなのだから芸能人不倫コンテンツになるのは当然

http://wezz-y.com/archives/51679

容姿、生い立ち、人生観普段生活等をコンテンツとして提供して金を得ている芸能人

不倫だけは注目するなどうでもいいだろ気にするななんて都合の良い反応を大衆がするわけがない

不倫報道されたくないなら最初から顔をテレビに出すな表に出るなプロフィール隠せ

鹿を飼う話

鹿を飼う夢を見た。

帰宅途中に気配を感じ、後ろを見ると鹿がついて来ていた。そのまま振り切ることができず家で飼うことになった。

鹿を飼う方法がわからなかったので、インターネット検索した。食べ物と世話の方法くらいわかるかなと思った。

だが鹿を飼育するには、それ専用の資格を取ることが必要だった。また、エサとなる植物が生えている公園に立ち入り、鹿にそれを食べさせるための許可証必要だった。 鹿に他のものを食べさせることは禁止されていた。鹿の飼育想像以上の難関だった。

世の中で鹿を飼おうとする人はまずじっくり勉強して、この資格を取得してから鹿を飼う。そういう順序だった。俺のように、鹿が先に来る例は稀らしい。時間がなかった。インターネットから過去問ダウンロードして勉強を始めた。勉強しないと免許が取れない。しか勉強している間にも鹿はごはんが食べられず、つぶらな瞳で困っている。俺は手詰まりだった。


やむなくインターネット掲示板で鹿の飼育許可証を保持している人を探し、鹿を代わりに飼ってもらうことにした。これでよかったのかよく分からモヤモヤしていると目が覚めた。

朝が来ていた。

うっひょお!深夜テンション

ただの独り言です。   

私は花のLJKです♡

日々勉強して第一志望校に向けて勉強してます〜☆ 

受験生から塾にも通ってる。そこでいろんな人に会う。

チャラい浪人生だとかもう何年あん医学部目指してるのって奴いろいろいるんだけど、最近一番やばいタイプに気がついた。

幸せを目の前にすると不幸に向かって大暴走する奴

これ結構いる

最近いたのが、日本人なら誰でも知っている大学二次試験まで行けたのに二次選考マジで意味わかんないこと言って落ちた人。

一次選考がクソムズイのに楽勝な二次選考で落ちるってえ?って感じだったよ。

後々になって聞いたんだけど、その子家庭環境が複雑だったらしくて今まで多分そんな幸せになったこととか一生懸命になった経験がないんだと思う。

そいえば落ちた理由支離滅裂っていうのははあんま言うと身バレしそうだから例えて言うと

「今何時ですか?」

「このりんごはおいしいです。」

って感じ

話を戻すと幸せになったことがないから思わぬチャンスが舞い込んできて多分びっくりしたんだろう。

びっくりして幸せっていう未知のものが怖いから多分大暴走したのかね。

あとは一生懸命やって落ちたら辛いか暴走する。

私もよくやってしまう。変な風にしたらさ「今回変だったから次ここで頑張れば、受かるね、できるね」って言ってもらえるし、思えるけど

ガチで挑んでダメだったら次にすがるものがないじゃん。いつもみたいに次がんば れば が出てこないじゃん。

レバにすがって生きてる自分ですけれども、逃げたらあかんってことはわかってます。。。。

もしこれを読んでくださっている方がいたら釣りだと思ってもいいので覚えていただきたいことがあるのです。。。。

傷ついてでも進んでる人は気付いたら凄い人になってるけど、レバレバ言ってる人は傷を見ないふりしてるだけで気付いたら全身大火傷です。。。

から、少しでも逃げないで挑戦してみようって話ね。

以上深夜テンションでお送りしました〜〜〜

妻と娘を連れて松屋に行きたい願望と日々戦っている

学生時代毎日のように通った松屋お金がなかったので一人で牛めしを食べてばかりの学生時代だった。松屋自分孤独青春時代象徴のものなのである

30代も半ばになり、彼女すらできたことがないのに、妻と娘と一緒に松屋に行きたいという夢を持ち続けては、叶う気配もない。

笑わないでください。

妻と娘を連れて松屋に行きたいという願望を持ったことがない人だけが石を投げなさい。

今日も、胸が潰れそうなぐらい切なくて、眠れない。

きっと寒さのせいだと思う。

死にたい

2018-01-22

森博嗣のGシリーズはさぁ…

Vシリーズが終わってそのあとから時間をかけて発行されてるんだけど

最初の頃はオチが分からないし、まずオチを書く気が作者にないし、もはやミステリィっすか?って感じだし

そりゃキャラ個性的面白いけど、S&MとVと百年とスカイクロラと諸々見てきた分としては物足りなくて

森、急にネタ切れたの?っていうのと

妙に神様とか宗教とか出てくるから興味がサイエンスからそっちに行っちゃったの?って思われてて

当時は信仰が描けてないやら推理物じゃないやら蛇足で書いてるやら言われてたじゃん。

シリーズ続くにつれてそれが濃くなっていって、もう事件がなんなのかどんどん分からなくなったんだよね。

「なにこの事件?」って。トリックじゃなくて、事件のものが謎のまんまなんだよ。

でもさ、妙に気になる部分が結構あってさ。それはあらすじを読んでも分からない。内容を読んできた人だけが気付いてたものなんだけど、

そしたらさ、『χの悲劇』っていうGシリーズ作品がでてさ。

読者はひっくりかえったわけ。恐れをなしたわけ。この作者ヤベェって。

別に信仰を描く気も、サイエンスから興味無くなったわけでも、推理しなくてもいいように作ってたわけでも無くて、

【このシリーズは全て読んでから意味を持つ】

って提示されちゃったわけなんだよ。いや作者はそんなこと考えてるかしらないけどさ。

そしたらWシリーズあんなことになってて、Xシリーズの完結巻なんだよアレ…なんだよアレ…!?

これ絶対新人作家はできない芸当なんだよ。なぜならこれは20年の積み重ねだからね…。

まりあれ。読めよ。最初の方で「こんな話なんだろうな」って思ってたのを、がっつり裏切ってくるから

今このシリーズを発売ごとに追いかけられてるのが、幸せに思う。最終巻出るまでは生きるわ…。

「しゃーない」とは【初級関西弁講座:補遺(1)】

「しゃーない」とは「しかたない(仕方ない)」であって、「しょうがない(仕様がない)」は「しょーない」。

…というわけで、残念だけど少し違うと思います時代が下るに従って混用は起こるので、同じように用いる事例がないとは言いませんが。

そして、この「しょーない」は、現在それ単独使用される例は日常ではあまり見かけない気がします。「ドーしょーモない」などの有名な連語使用頻度高いですけど。ちなみにそこから更に生まれ派生語が、あの有名な「ショーモナイ(=「詰まらない」の意。ツッコミ等でよく使われる)」であるのはご存知の通り。

なお「ショーモナイ」と「ショーナイ」は相当語感が違っていて、前者には愛があるけれど後者にはあまり愛がない。「ショーモナイ」という批評は笑いながら言うのがふさわしいですが、「ショーナイヤッチャ」といった言葉は吐き捨てるように言うのがふさわしいですね。「モ」が入るだけでずいぶん違います

というわけで、事例が少なく特殊なため、この「しょーない」を丁寧語化するのはちょっと難しいです。「どうしようもない」という状況を強いて丁寧に言う場面を想定したら、まず出てくる言葉は「コレアキマセンネ(=「これはダメですね」の意」)」でしょうか。丁寧でなければ「コラアカンワ」です。関西人はあきらめが早いです。あと、デスマスだけでなく、コレとコラでもちょっと違うのです(※1)。ホンマオロイナ。


というわけで、補足講座を終わります。   マアソンナカンジヤ。ヨケーナオマケ。

座興としてお楽しみいただければ幸いです。 コンナンマント寝テタホーガマシヤロw

ありがとうございました。さようなら。   アンタモヒマヤナー。ホナナー。  

(※2)

https://anond.hatelabo.jp/20180115174412

※1 「コラ」は「コレハ」から来た略語なので、これを使うと俗語っぽくなるのです。

※2 最後付録として、ネイティブ関西人による本当の意味での「翻訳」を少し試みてみました。自虐相手へのイジリと配慮を等分に混沌とさせながら、相手自分も「アホ」の坩堝に投げ込んで韜晦させ最終的に和の一座を創造するところに関西弁妙味があります。「方言」というのは、決してイントネーションだけで成立しているのではなく異文化のものである、というメッセージを少しでも感じていただければ幸いです。

社畜としての仕上がりがなかなかのものなので、

雪を理由にみんなが帰れるというだけで感動した

anond:20180122154408

http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/kiroku/kiroku/data/64.htm

年に10前後の降雪で積雪となればもっと少ない

インフラ整備ならびに維持費を掛けるぐらいなら

雪そのもの融雪剤なりなんなりを撒いた方が安くね?

anond:20180122152919

鰻を食べれなくなる事だけが問題なら。

鰻を規制しても、価格が高騰すれば富裕層しか食べられない食材になり、庶民提供している店は成り立たなくなる。

何十年か先に再び食べられるようになるかもしれないが、文化として保護するほどのものでは無い気がする。

anond:20180122133948

うーん

あなたも逆に批判する人もなぜ国籍というか国にこだわるの?

チートラっていうWEB漫画?も漫画面白かったからハマったんだよね?

関係ある?

韓国に抵抗感あって読まなかったって状態から読んで好きになって

なぜ次に韓国のもの最高っていう極端な状態になるのか

それが分からない

次に何かで韓国に幻滅したらまた抵抗感出るのか?

そもそも応援してたジャニーズ日本人から応援してたの?

洋ドラ洋画製作俳優なんて国籍様々だけどいちいち国籍調べて好き嫌い変わる?

なんで韓国だけ特別扱いなのさ

是々非々でいいじゃん

そうよ悪い?割とコアな音楽を知ってますけど。

音楽が好きだ。

武道館ドームライブしてもチケットとれない!

みたいな大人気の音楽もとっても素敵だと思うけど、

私の心をわしづかみにする音楽は、小さなライブハウスをいっぱいにする程度のものが多い。

そのせいか日本音楽にはかなり詳しい方だ。

  

なんか、それで会話のどこかで

「○○というバンドが好きで〜」「○○というバンドが〜」という(ちょっとだけ)コアなバンドの話をすると、

「嘘!なんで○○知ってるの?(俺だけが知ってると思ってたのに)」

「○○知ってるんだ〜。やるじゃん」

みたいな、なんだろう、こう、なんか“認めてやるよ”みたいな空気出して返事してくる男性一定数いる。

「やるじゃん」って、よく言われるけど何。あなた業界人なの?

別に自分好きな音楽を追究していったら知識とかだけ増えただけだよ。

君たちは何なんだ。

 

こういうタイプの人、SNSライブの評とか書いちゃうタイプの人に多い。そしてみんな男性

別に悪くないけど、何なんだろう、ロックは男(俺)のものだと思ってるのか?

ええそうですよ。私は君たちより音楽ちゃんこ知ってるよ。

「認めてやるよ」みたいな態度、やめい。

妻が前世探しにハマりだしてもう限界

少し前に前世平安時代のお坊さんだったという人がTwitter話題になっていた。

自分は、まあよく練られた創作だと思って読んでいたが、面白かったのはたしかだ。なので、夫婦食事しているときに、つい「Twitter前世がお坊さんの人がバズってたけど、あの人の前世は誰なんだろうねえ」という話をしてしまった。

自分歴史好きだったので、一種知的ゲームをしているつもりだった。だが、それがまずかった。

それ以来、妻が取り憑かれたように前世について調べだして夫婦生活に大きな影響を及ぼしつつある。

妻が勝手ネットで調べている分にはもちろん害はないのだが、私が外出中も平安時代のお坊さんだった人の最新情報(↓のURLのような)をLINEで送ってきたりして、いちいち反応するのも面倒になってきたのだ。

http://magurojuice.blog.shinobi.jp/Entry/19/

http://www.yuiaochang.com/entry/2018/01/19/011317

https://galapgs.com/life/jinsei/zensei-heianjidai/

https://togetter.com/li/1191876

この手のものはまだ「面白い」とでも返事すればいい。だが、それにはとどまらず、ググって得たオカルト臭い知識前世記憶を思い出す方法みたいな)を私にも強要しようとしたり、「これは電波だろう」というようなURLを外出中でもLINEで送ってきて感想を求められるようになった。

↓のような電波ガチ勢にはどう反応していいかわらかない。こんなURLLINEで送られてきたらどう返事するのがいいのだろう。

http://tocana.jp/2016/02/post_8742_entry.html

https://www.arealme.com/lastlife/ja/

https://inoue.myearth.jp/past-life-memory/

ここ数日、家の中ではずっと前世の話をさせられていて、ほとほと限界が来ていたので、昨日「私の前世・・・」と妻が言いかけたとき、つい「日本人なんてほとんどが農民なんだからきっと名も無き百姓だよ。サラリーマンから水呑百姓だよ」と言ってしまった。

それ以来、妻が超絶不機嫌になってしまい、いちいち突っかかってくるようになった。なんでこんな目に遭わなきゃいけないのかたいへん理不尽な思いだ。「うーん、キミは美人から小野小町細川ガラシャかな?」とでも言ってやればよかったのだろうか。

女って本当に面倒くさいな。

anond:20180122125326

それはないね

もしも自分なら一言謝るからそこだけ気になって言ったんだけど、その感覚のもの理解されなくてこじれてしまった。

その夜「今日は機嫌が悪くてごめんね」とは謝られた。

anond:20180119232021

自分博士号を取ったとき,同じ気分でした.

バンザーイ!とかやってやったぜという気分は皆無で

こんな無能論文を提出して,指導教員からお情けで博士号

もらっているのではないか自暴自棄になったりもしました.

しかしながら,他大学うつり,ポスドクや特任助教経験するうちに

自分のあのときの悩みも無駄ではなかったなと思うことがあります

からサポートされない状況で3年間向き合い,自分の実力と限界を知る,

ということは天狗にならずにその後の研究人生を進める上で私に取っては大切でした.

その苦労の甲斐あってか,理由はわからないのですがポスドク以降は

あれほど苦労していた論文ドンドン通るようになり,

(本当に理由がわからないのですが,気付かぬうちに能力は付いていたのでしょう)

研究費の申請ではこれまでほとんど落ちたことがなく,

若手には珍しい大型予算を30代前半で得られ,

様々な人的ネットワークの中で自分研究面白い評価されるようになりました.

あのひどい博士論文とは全然違う世界です.

おそらくあなたや私が思ってる以上に,PI博士論文サポートしている研究室が多く,

素晴らしい博士論文を提出した研究者がその後パッとしないのはそういうことが原因ではないかと思います

(もちろん本物の天才もいるので注意)

かっこつけるために研究をやっているわけではないでしょう?

博士号あくまスタート地点,いわば研究者の一人前の証であり,またその程度のものでもあるわけです.

かっこつけず自分現在立ち位置認識して,学位を取られたわけですから

次の成長のために,つぎの3年間,5年間,何をするのかを考えながら,

良い研究をこれからもがんばってください!私もがんばります

anond:20180121214959

日本では訴えそのものがないので判例はない。

米国では1990年代違憲だという最高裁判所判例が出てる。

ちなみに男子校憲法違反だと女子学生が訴えた方が先。

伝統格式テキサスウーマンカレッジも、今は判決を受けて名前そのままで男性を受け入れてる。

自分だったら最終学歴テキサス女子大というのは嫌だけど。w

日本でもこの件は、法律関係者の間では「誰も訴える人がいないけれど訴えがあった場合はどういう判決が出るか興味深い案件」の一つらしい。

なお、違憲判決が出る確率の方が高いと考える法律関係者の方が多いらしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん