「皮肉」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 皮肉とは

2018-04-26

「※ただしイケメンに限る」の終わり

名実共にこの言葉は終わった。

喜べお前ら。

お前たちの願いはようやく叶う。

皮肉ではありません。

anond:20180426132316

いい年した大人が語尾に「にゃ」とか付けてたら常識的に考えて幼児退行しちゃったと思うのは別にスキルでもなんでもない一般常識だと思うんだけど

それで皮肉になってると思っているのだとしたらあなたもなかなかユニークな発想をお持ちですね

オタク差別について見てきたもの

オタク差別の件について色々の論点があって、まずネトウヨ死ねって点には、自分も完全同意だし

CRACには是非頑張って欲しいなというか、自分も周りの差別的言動に染まっちゃったオタクを注意したいなと思うんだけれど

オタク側の事情を知ってほしいよなあ、これ書いてないとこの後オタク周りの状況が随分後退するよなあ、ということを思ったので書きたいです。

文章とかあまりかかないので、正しく書けるかは分からないんですけれども。

オタク定義に関わるから自分認識しかないけど歴史を書きたいわけです。

まず自分は「君は根暗だね」と周囲の人々から言われるようになってから、「オタク」として自覚しなければならなくなった一人。

そういう一人のオタク認識しかないものなんだけど、自分の見てきた物を自分視点で書きたい。

(正しいことが違うなら、正しい歴史情報がほしい。ただし、今でも昔の新聞を調べると「根暗オタクという人たちがいます」は見かける。)

自分は何の根暗だったかというと、"コンピュータに周りよりも詳しい"ということで根暗と言われた人です。

もともと自分にとっては大体、小学校高学年〜高校生くらいの頃のことなんだけども

当時はコンピュータを触る人とか、上手な漫画風のイラストを描く人とかは根暗というのに、その人が名乗らなくても分類してよいという風潮がありました。

自分の従兄弟の兄もコンピュータが得意で、それもやっぱり根暗と呼ばれていましたから、これは子供だけの世界じゃなかったと記憶しています

からコンピュータお下がりでもらったんですけれど、今では仕事にしてやってます大事な兄でした。

ちなみに従兄弟の兄はその後自殺しました。まだ20代だったと思います

で、根暗と呼ばれるというのが唐突にされて、その後に「根暗という分類を与えられた人は、感じの悪い暗い人です」という

根暗」という言葉の響きについてる意味でもって、自分のことを解釈されるようになるんです。

根暗=悪い人」 かつ「(何かの能力を持ってる)=根暗」かつ「自分=(何かの能力を持ってる)」よって「自分=悪い人」

・・・って形のイコール勝手につながる感じなんですね。

この(何かの能力を持っている)の部分は、はじめからすごく曖昧に広く取られていて、

コンピュータとか、数学とか、絵とか、化学とか、カメラとか、大体そういうところに優れている人は根暗だった。

あと、こういうのとはまたちょっと趣が違うところでは

(何かについてとても詳しい)人たちも根暗と分類されていて、アニメとか、電車とか、そういうのに詳しいことが根暗だった。

実際には自分コンピュータが得意なだけでしたし、それまでは友達とかも居たんですけれど、根暗と分類されてからはそういうのはダメでした。

ちなみにコンピュータは確かに趣味でしたけれど、それを辞めてみせてもこの根暗って評価は消えませんでした。

実際に「暗い感じの雰囲気を持っていたから」なのでしょうか。

しかしそうだとして、カツアゲを受けたり、教師から「君が根暗なのが悪い」と言われる理由としてはおかしいんじゃないのかと思う。

で、これ自体イジメなんだけど、イジメというのは、基本的学校社会イジメという構造があって

そこに"イジメても良い人の分類"を書き加えることができて、

"イジメても良い人の分類という扱いを与えておくと社会的に得をする人たち"というのが居て、

ある日突然そういう人たちから、新しい"イジメても良い人の分類"が立ち上げられることによって、

そういう分類に位置づけられた人たちが全員、お金学習する機会を毟り取られる、という仕組みになっているように自分には思えてなりません。

なんというかあれは、自然発生的なイジメと違って、テレビ根暗と言う言葉が出てきてから

一斉にどこの学校でもその分類が理由イジメられるみたいな状態になってたと思う。それでテレビが嫌いだったりするんですけれども。

あと、兄についていうと「コーダーさんたちは"根暗"なので給料を安くてもいいし、"根暗"ってサボッてるようにみえからもっとコキ使ってもいいよね」という趣旨お話は、面と向かってあったようです。そういう取扱が苦しかったんだと思います別に兄は話したら数学とかわかりやすく教えてくれて聡明な人だったし、職場でのことは知らないけど、悪い人じゃなかったとは思う。

今でもプログラマってそういう扱いがあって、本当に上位1%みたいなハッカーたちとか、

スーパーエンジニアって言われるいかにもイケメン写真写りの良い特別扱いの人として分類されなければ

専門技術提供していても給料安いんですよね。多分、絵描きさんも。ただしこれは何故かWeb系は違うかもだけど。外資が強いから?

といっても今は比較的マシにはなったんじゃないかな。これはそういう形で根暗って言葉が、なんというか、社会的に「活用」されていたことの爪痕なのだと思います

それから何処かのタイミングで、オタクって言葉が出来た。

それまで自分たちは世の中に"根暗"って言葉でまとめられる感じで、

根暗には最初から心魂が暗く悪い人間であるという意味が入っているんだけど、

オタクって言葉はそういう響きだけは、とりあえずない。

から自分オタクと言う言葉自分を呼ぶことに飛びついたわけです。

それからパソコン通信とか、その後のインターネットで見つけた仲間の間では「自分オタクで」って名乗るようになった。

自分が「オタクで」って名乗るのは、「根暗で」っていうようで、少し抵抗もあって、皮肉意味を乗せながら「オタクで」って名乗ってた。

このオタクって自分を呼んで集まれ場所パソコン通信だったと思うんだけど、それで当時凄い自殺考えてたのが救われた。

この辺でハッカーって言葉もよく耳にする用になった覚えがあって、詳しく調べて自分グルーになりたいなとか思ってたのを覚えてる。

ただこれもテレビですぐに「根暗」と同じような報道があって、「オタク社会問題です」って言われだすと状況が凄い悪くなって

自分は人よりも少しだけコンピュータに詳しいだけだったんだけど

ロリコンなんでしょう?」と言う質問を貰ったり「犯される」とかいって逃げられたりするようになった。

こういうとお前もロリコン差別するのかとか言われそうだけど、そういうことじゃなくて、

自分はそういう人じゃないんだけど、そういうものだって勝手に分類されてしまう。

それにこれには「だから君を殴っても良いよね」とか「だから君はパシリに応じるべきだ」とか

「だから君は不採用だ(技術オタクはほしくないんだよねえ)」とかそういうことが、言葉の後ろについてきてるって経験をした。

高校卒業社会人くらいの頃だと思う。

自分というもの意味勝手に定められる感じだったし、経済的にも、その技術に「長けている人ほど」安い給与でも仕方ない、みたいな取扱があった。

理不尽なのは技術を持っていることをアピールするほど就職面談とかで、弾かれることが増えるということで

技術のことは皆目分からないけどコミュニケーション自分は優れていますオタクじゃないです、というアピールをしないと仕事が手に入らないフィルタがかかってたんです。

オタクだと弾かれる。

後これに関連するところで、隠れオタクみたいな人たちがいて、あれって隠れないと何か言われるから隠れているんだけれど、

隠れるって、ただオタクと名乗らないとかじゃなくて、

人々が「君はオタクだね」と呼ぶ能力を隠して見せないようにしてるわけです。

コンピュータ詳しいのは、最近すごく状況が良くなって、隠さなくても良くなったけど

昔はコンピュータ詳しいこととか、コンピュータに関心あること自体さないといけないことで、

見せたら絶対にまずかった。でもそれ自体理不尽じゃないですか。

それでこの辺でオタクコミュニティみたいなのに自分も入るようになってくんだけれど

当時のオタクコミュニティってそうやって根暗って勝手に呼ばれて押し込められた感じの人たちの、いろんな個性が集まってる凄い場所だった。

自分比較メジャーオタク(コンピュータオタク)だったけど、そうじゃない人もたくさんいて。

で、そういうオタクたちが、たまたま持ってる能力理由オタクとして押し込められていたから、インターネットで一箇所に集まることができて

その押し込められる原因になった能力をつかって「作る」ようになってったというのを覚えてる。CGIで作られた掲示板とか、そういうのがたくさんあった頃。

しぃお絵かき掲示板とか、そういうの。自分も設置して絵を描けるようにして絵描きさんとかたくさん集まってもらってワイワイやってたことを覚えてる。

それにインターネットじゃなければ、コミケットみたいな場所とかあって、それでとにかく集まって作るみたいなのがどんどん活発になって。

で、作るならもちろん好きなものについて作るのがよいわけで、魔法陣グルグルファンサイトとか、えここのファンサイトとか、

プログラマならCGI掲示板作る方法でKentWebとか改造するの楽しんだりとか

「何か with 偽春菜」でSSTPBottleみたいな名前サイトとか、名前忘れちゃったけどDelphiコンポネント集まってるサイトとか、

そういうのがすごく混ざって出てきた記憶がある(どういう順番でどういうのがあったのかもう覚えきれてなくて時代曖昧なっちゃうんだけど。)

そこの中には、あめぞうとか、2chとかもあったみたいなんだけど、自分はその空間はいなかったから分からない。語れる人に語って欲しい。

なんというかそうやって、僕らはインターネットに住み始めた。リアルではひたすら抑圧されていた色んな力を発揮できる初めての空間に感動していた。

で、で、この中で出てきたのがネットマナーみたいなローカルルールの考え方だった。

ネットマナーの要旨は2つあって、1つは他の人に自分がされたら嫌なことはしないようにしましょうね。という普通マナーなんだけど

もう1つがオタク向けのサイトで語られる物で「オタクはただでさえ偏見の目で見られやすいから、むしろ人間的にまっすぐありましょうね」と言うもので。

オタクである管理人さんが直接これを言う。例えば「トップページ」があって「このサイトで見たもの理由犯罪を犯す人間はこのサイトを見るな」って必ず書いてあった。

場合によってはそういうの無視して変なこと言い出す人とBBSで戦ったりもしてた。

これはリアルで色んな人に会う時にも必ず口にすることで、オタクかくあるべし、とオタクの中でルールが決まっていったのを覚えているし、

自分もこれを新しく迎え入れたオタクに語った覚えがある。これが自分たちオタク社会への反論だったと思う。

オタク(根暗)=悪い人」の部分のイコールを崩したいというのが根底にあったと思う。そういう戦いだった。

この頃に、ああこれまで受けてきた仕打ちや、兄が死んだのって、これが差別だったんだなあと、じんわり理解するようになった。

基本的にこの戦いは

1.押し込められた能力を発揮して「良いもの」を作る。

2.「悪い」と看做される要素を可能な限り排除する。(オタクならマナーを守る)

3.「オタク」になりたい(=オタクの生み出す「良いもの」を取得したい)人たちを迎え入れ、自らもオタクと名乗るように促す

という3本柱だったと思う。「オタク=悪い人たち」のイコールが、イコールじゃないことを社会に示すのが目的の戦い方だった。

こういう戦い方をしてるからオタク自分自身の人権を守るのに、表現の自由がとても重要になる。

戦いで根底にある「良いものを作る」が塞がれると何もできなくなっちゃうから

それでこの戦いなんだけれど、なんというか、ある程度は勝ったんだと思う。だから今、当時からすると信じられないくらいに、暮らしやすい。

ただ一方でこれは自分が "プログラミングオタク" だからかもしれないと、思うことがある。まだアニメオタクたちは、暮らしづらいんじゃないか

なんというか、プログラマって、格好いい職業として「オタク」たちから、切り離されたんじゃないか

つのまにかプログラマはいわゆる「名誉白人」になってないかな?って。

で、勝っていく過程で、3本目の柱が理由で、オタクコミュニティに人が集まりだした。

それで方針通り、全ての人を受け入れるのが基本で、オタクの持ってるものの良さを知ってもらい

あなたもまた自分たちと同じものが好きな「オタク」だね。って。マナーだけはなるべく守ってね。と

これはこれでよかったんだけど、じわじわと1と2の柱を守る意味が分からないオタクが増えていくんだよね。

そういう人たちは当時は"ニワカ"って呼ばれてた。ここでディープオタクとそうじゃない人の間に衝突が結構あったよね。拡大に伴う内戦みたいなもので。

なんで衝突したかっていうと、多分彼らはオタクって言葉自分選択した人たちだからだと思う。

この戦いでオタクになった人たちは、社会からギュって押し付けられてオタクになったわけじゃない、純粋趣味なのよね。

から彼らは確かにオタクであることを辞めることができる。自分たちとはそこがちょっと違う。

はいオタクとして、彼らを受け入れたコミュニティの流れを恥じるつもりはないし、

"ニワカ"だって立派に自分たちと同じものが好きな同じオタクだと自分は思うんだけど。

社会には色んな人がいていいし、それは自分たちも含めてそうだし、オタク度の深さで区別される必要はないし、

今で言えば在日の方への差別とか、そういうのはおかしなことだ、というの、そもそもハッキリ当たり前のことなわけです。

でまあ実際そういう議論をたくさんしながらオタクコミュニティって、進んでいったと思うんだよね。

明確な中心はなかったけど、そういう言葉が広がってたのは覚えています

でもそうだなあ。どの辺だったかな。前後するかもしれないんだけど、どっかのタイミングからじわじわとこのコミュニティ侵食されてったのは覚えています

剽窃みたいなことをして、描いたキャラ絵に政治的文句乗っけて勝手に使うみたいなのをいろんな場所で目にしたよね。

コラージュから凄い下手なんだけど。凄い最近だとComiPoとか使ったりしてそういうの描いて出してて。

なんていうか二次創作で盛り上がってるオタクが言うのもどうかと思うけれど、

あれは二次創作じゃなくて、オタク文化の剽窃しか言いようがなくて、独特の下手なデザインで、

キャラについて、特にこだわりを持っていない人がやってるのが分かるというか。これがいわゆるネトウヨ

(なんというか、上手く言えないんだけど、彼らは本当に"オタク"なの?少なくとも社会からオタクと言われてオタクになった側の"オタク"なの?彼らをオタクだと認識したことすらないよ。自分らの描いた画像勝手に持ってった人たちじゃん。)

それでオタクコミュニティでは、そういうの追い出す目的で "政治の話はこのサイトではしないでください。" みたいなネットマナーが増えてった覚えがある。

ただ政治的主張について考えることが好きな一群が段々彼らに説得されて盛り上がりだした。

それが現在状態で、で、いつの間にか自分たちオタクは "彼ら" の政治上の肉の壁みたいになってる。

この状態をなんとかするにはどうするのがいい?

周りの注意くらいから始めるのがいいかと思うんだけど、初期の政治が混ざってくることへの対策もあって

"政治的な話は違うサイトで"がデフォルト認知になってるので話せる場所がまず難しい。

あと自分プログラマコミュニティにいて"もはやオタク認識されていない"というのも厳しい。

なんか思い出すと、かいててすごくつらい。雑文になってしまったと思うのだけど、とにかくこういう経験はしたよってこと。

同じ経験をしたオタクと名乗らざるを得なかった人って、たくさんいると思う。

今ではコンピュータに詳しい人は攻撃されて当然って状態じゃなくなったのは本当に良かった。

けども、同じオタクたちに、道義的責任も感じてしまう。

コンピュータを扱うのはオタク定義からはずそう、というのはなんというか

オタクコンピュータって技術を握ってる状態は不味いって考えで、

オタク定義から外すのを社会側がやってったって感じが強いのが不満。

色々な所でプログラマオタクは違うんですよ、プログラマからといってオタクとは限らないんですよって言葉を聞く。これは逆だよね。

オタクというと、具体的にはプログラマとか、そういう人たち。。。だったのを切り離して自分らだけ違うって言っちゃってるよね。

あとは一般オタク差別主義者だってことになってしまうと、基本的に"オタク"のうち少数派になってしまっているであろう

"社会からオタク認定されていて、オタクであるということを自らの意思で辞められないオタク"だけがダメージを食らうことになる。

まり社会から認定された"オタク"の定義は"ある能力があること"なのであって、"趣味を持っていること"じゃない。

"政治のためのオタク者"が逃げられるのに対して"オタク"は逃げられない。そうしてオタク差別が始まる懸念が強い。

とにかくとりとめがなくなっちゃったけど、ともかくこういうサンドバック状態にあって、

一度押さえ込んだオタク差別が復活するかもしれないなあという懸念と、

そういう状態にしてくれたネトウヨ許すまじって気持ちとがあるんだよなあ。。。

2018-04-24

anond:20180424233647

では4回目を投稿しま

皮肉でなく事実として受け止めてほしいです

anond:20180424164209

二重投稿になってしまったので、せっかくなので3回投稿しま

皮肉でなく事実として受け止めてほしいです

anond:20180424164209

皮肉でなく事実として受け止めてほしいです

anond:20180424164209

皮肉でなく事実として受け止めてほしいです

anond:20180424163937

そう言う皮肉をここで言う君も暇だね。

anond:20180424162714

皮肉な話ですが与野党政府わず自身作成した法律理解していない人間も多いみたいですし、ある意味ではもう法律自体形骸化しているんでしょうね。

2018-04-23

会社組織じゃなく個人で決済を後回しにするメリットって何?

anond:20180422023020

上記増田皮肉かどうかは知らんが、ドヤ顔ブコメ見てマジで一つもメリットが思い浮かばない。

分割払いしたいならわかるけど、大元増田だとコンビニ決済の例が出てたか日常ちょっとした買い物とかでの

決済に関することだと思うんだよね。それを後回しにするメリットって何?

ポイントが付くとかそういう話だったら「決済を後回しにすること」は別にメリット何もないよね。

しろポイントのために「決済を後回しにして資産把握を面倒にする」っていうデメリットバーターで受け入れざるを得ないってことだよね。

でもブコメにはそういうニュアンスじゃなくて「決済を後回しにすること自体メリットがある」って書き方だったから気になった。

オタク人間じゃないか差別にあたらないってやつ

「俺は差別と黒人が大嫌いだ」とかいうの皮肉かと思ってたけど普通にこのレベルの主張する人居るんだな

2018-04-22

anond:20180422213351

Gレコは他ならぬ冨野自身が「地球vs宇宙植民地」図式に飽きてる証左と思った

宇宙時代カースト制度による差別マスク出身種族)とか、さすが御大、考えることが違う。ちゃんと、一見古くさいようで人類史的に変わらん(現代でも有効な)部分が分かっとる。

そーいう発想が見たいんだよ、福井晴敏みたいに律儀に大真面目にファースト以来のニュータイプ論なんかやらなくていいから。

その意味で鉄血が「ニュータイプ的なもの」を、少年兵をこき使うための違法改造という生臭いレベルに引き下げた(実際、現代中東アフリカ中南米とかの子ども兵士問題あんな感じ)のは皮肉な小気味よさがあった。

anond:20180422101333

最近の事例だと法廷全然関係なくて、もうカメラの前だけで勝ち負けが決まっちゃってるもんな

しかペンスなんて宗教右派ガチ保守なのに、女性の権利棍棒にした結果、最後はこいつが笑うハメになるとは皮肉なもんだ

2018-04-21

増田わたモテマニアック百合妄想部】俺=ゆりちゃんは、もこっち率いるギャング集団の扉を叩く

はじめは足がすくんだが、ジントニックを飲み交わしたらすっかり溶け込んでいた。

都会のまずまずの大学出身の俺=ゆりちゃんは、

気がつけばまこっちの推薦により参謀ポジションになっていた。

この銀行は警備がザルなのだ

この河川敷はちょうど複数警察盲点になっており、一時的拠点として優秀なのだ

などなど。

俺=ゆりちゃんらは、吉田さん率いる車にのって強盗を繰り広げる。

セクハラ汚職に塗れたクソブルジョア親父をブッ殺し、

良心的に見えながらドス黒い官僚人質に金を奪う。

その金を、スラム街の貧しき人々にバラ撒くのだった。

金は天下の回り者、その言葉を愚直に実行しただけだ。

もこっちがお望みの言葉で言えば、リア充爆発しろ

そしてその炎で、何ヶ月かぶりステーキを食べよう。

しかし、そんな苦しくも楽しい日々に終わりがくる。

ちょっとした手違いで、警察に囲まれる。

全員覚悟を決める。

今日死ぬうってつけの日、そう信じようと思えば信じられる天候だ。

銃口がもこっちに向けられる。

いつものように皮肉っぽい笑みを浮かべるもこっちを見つめ

初めて気がつく。

俺=ゆりちゃんはもこっちを一度たりとも抱きしめたことがなかったと。

ああそうか、私は、もこっちのことが・・・

幻想のなかで、もこっちを抱きしめる俺=ゆりちゃん

そんな甘美な映像流れる間もなく、腹の底を冷たい空気が包む。

撃たれた。

何回も夢に見た感触

からよく分かる。

いやー、それにしても、あの日は笑ったよね、黒木さん。

あれだけ車内でイキってた吉田さんが、真っ先に逃げるんだからさ。

おいお前、逃げるのか?なんつってね・・・

ざっとこんなところか?

黒木智子となかまたち=少年臭くてピュアギャング集団

って構図を打ち出したところが

俺なりの新しさだな。

これはなかなかいい線をいっていると思う。

anond:20180421095134

まあ「わざとらしい口調にすることで冗談皮肉であることを強調する」という用法普通に生き残ってるんだがな。

2018-04-20

anond:20180419150715

独身者結婚できない自分に自信をなくしているため、結婚子供話題を振られると深く傷つく」

という前提を共有している事で初めて通じる皮肉であって

共有していない限り「は?」という感想しか出ないよな

攻撃性を無くして弱みを見せれば幸せになるよね。

プライドなんて害悪なだけだし。

皮肉でもなんでもなく真実だし。

攻撃性なんて人を遠ざけるだけだよ。

トランプ大統領と並んで様になるのは安倍総理だけ」

っていうのは一瞬皮肉かと思ったわい

2018-04-19

学生現在進行形黒歴史チェックシート

テストの隅の落書きSNSで公開している

・思いのほか上手く描けた落書きSNSアイコンに設定している

オタクなので好きなキャラに対するいかがわしい空想ノートにしたため友人に読ませている

・「少々ネタマニアックすぎたかな」と反省したことがある

グロやデスゲームはわりと好きw

・難しい言葉はかっこいい

社会不正と不合理に満ち満ちているがほとんどの人間はそれに気付かずのんべんだらりと暮らしていると思う

他愛もない議論の中で「論破」という言葉を使ったことがある

・時折ウィットに富んだ皮肉を織り交ぜつつ至極論理的に論敵を言い負かしたい

自分ってサイコパスなのかも?と思ったことがある

日常は退屈だしクラスの連中はつまらない

・顔は悪くないほうだが誰も気付いてくれない

モテしかるべきマインドの持ち主だが誰も気付いてくれない

自分と違う思想の連中はなぜか全員馬鹿ばかりだ

・誰にも秘密自分だけの「日課」がある

・突出していたい

誰も知らない音楽を聴いている

自分個性的だと思う

・誰も気付いてくれないが自分はかなり知性的なほうだと思う

難解な語句体言止めと倒置法を多用した小説を書いている

小説はまだ未完成だがとても面白いと思う

・少数派のほうがかっこいい

自分はもう成熟している


0コ当てはまったあなた大丈夫かな?心配です。

1~4コ当てはまったあなたはまあそんなもんです。みんなそうです。

5~14コ当てはまったあなたは厳しいので頑張ってください。

15コ以上当てはまったあなたは強く生きてください。これから大変ですよ。

anond:20180419162930

皮肉を言うような知能と権利があるのは自分だけだといつのまにか勘違いしてしまった可哀そうなサルがいますね…

anond:20180419162727

皮肉で言ったのに全男性女性代表面されたわwww

心配しなくても世の中の大半の男性紳士的で自制ができて、性犯罪予備軍はお前くらいのもんだってわかってますよ。

2018-04-17

皮肉っぽい性格を前向きポジティブ性格に変えるなら

自分の書いたものに思いの外ブコメトラバがついていたのでもう少し語ってみる。

anond:20180330200246

もし皮肉から性善説家にジョブチェンジしたいなら、コツはただ一つ。

相手の行動の結果を考察するのが皮肉屋。過程考察するのが性善説家。

例えば「あの人怒ってる」と怒ってる人を面白がるのが皮肉屋。「どうしてあの人は怒ってるのだろうか→何か事情があるに違いない」と想像するのが性善説家。

誰かが起こしたこ行動について、何か然るべき理由があるんだという前提で考えていく癖をつけると、世の中は割りといい人ばかりに思えてくるし、他人に苛つく頻度が減る。

宗教の人っぽくてキモいかもしれないけど、こうしていくと確実に自分自身が生きやすく、ストレスも軽減する。怒りっぽい人、イラつきやすい人はぜひ地道に試してほしい。

2018-04-16

皮肉だしwマジレスとかwっていう人の本音を教えてやる

ふええ~ん怒られた~(つд⊂)エーン

責められると詰まっちゃうよお~そだ!ネタってことにしよ♪

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん