「たまたま」を含む日記 RSS

はてなキーワード: たまたまとは

2020-05-30

もう2年 全体では18年以上 損をしたやつがいから、その分特をしたやつがいる。18年なら子供一人違う。幸せだろうな、嫁さん美人だろうな。

でも嘘をついてでも、誤解を利用してでも、そうやって、のし上がれば美人の嫁さんげっとだぜ。

たまたま、そんな話ではないとしても。まぁ、気をつけないとなお互い。

高知白バイ事故冤罪説はマスコミ印象操作

こういうサイトを見つけたからだ。

 

【はじめに】 - 「高知白バイ事故」は本当に冤罪か?

 

私も一般的に流布している冤罪説を信じつつ、何か違和感を感じるところがないわけではなかった。

そんな裁判所って馬鹿なの? 警察は悪いやつばっかなの? あの運転手は嘘をついていないの? と。

特に裁判所であり裁判官がそんなに馬鹿だとはちょっと信じられない部分があった。

もちろん警察があくどいことをしたことは何回もあるし、裁判も何度も冤罪をやってるけど、それでも大体はそんなに無茶苦茶なことはしていない。

この報道をまっさきに大々的にやっていた鳥越俊太郎ザ・スクープ

この時からどーも引っかかっていた。

被告側に都合のいい情報ばかりのオンパレードいくらなんでもそれは変だと思ったし、タイトルに挙げたように印象操作を感じないわけでもなかった。

警察が疑わしい方向ばかりに引っ張っている演出

でも、日本人大勢これを信じるもんだから、私もそうかなぁと思っていたんだけど、たまたま検索したら上のページで徹底的にそれが違うという論証になっていた。

もちろん真相までは判断できないし、断定もしない。

でも、やっぱり印象操作が酷いとは思う。

よくよく考えてみたら、冤罪説はちっとも証明はされておらず、ただ疑わしいと言っているだけなのである

これに対し、足利事件では決定的証拠とされたDNA型鑑定そのものがきっちり否定されている。

興味があれば上のリンクを一度読んでみて欲しい。

特に鳥越俊太郎番組放送時のYouTube動画を見たけど、めっちゃ酷いぞ。あいつ何様やねん。流石にあんなヤツ東京都民知事にしなくてよかったと思う。

長文で語られるvtuber

己の実力と承認欲求釣り合わなかった結果生まれた哀れなモンスターの話を少ししようと思います

こう書くとvtuber全体に対して凄まじい憎悪を抱いているように思われそうですが、別にそういうわけではなく最近というかvtuberというコンテンツ流行りだしてから便乗して出てきた、いわゆる前世がある人たちの事に関して少し思うところがあったのでそれを文字にしてみます構成とか全く考えないで適当に書きなぐるだけなので、話が前後したり同じこと何回も書いたりするかもしれませんが大目に見てください。個人意見です。誹謗中傷ではありません。


まず抱いた疑問点として『virtualである必要とは何なのか』でした。

vtuberというコンテンツインターネットでよく目にするようになりだした頃は生身の人間じゃ出来ない事をすることに価値というか利点というかそのようなもの見出していたと思うのですが、最近人気な方々を見るとゲーム配信をしたり雑談配信をしたりというのが主な内容だと思うのですが、これってvirtual要素がなきゃできない事ではないですよね。

ではこの生身の人間でも、最低限のネット環境さえあれば大体誰でも出来るこの内容の配信をなぜvirtualのガワを被ってやるのかといったらそんなのは勿論決まってますよね。『より多くの人に見てもらうため』です。

多くの人に見てもらうことを目標配信活動に励むのはとても理にかなってることだと思いますが、そのために流行りに便乗するというのは違うような気がします。virtualというコンテンツ自分承認欲求を満たすための手段としてしか見てない節がある、結果このコンテンツ認知度を高めた先人へのリスペクトが足りなくなっているのではないかと思いました。今一度vtuberというコンテンツ流行りだした頃のコンセプトなりを考えてみてほしいですね。


というか少し考えたら気がつくと思うのですが今人気のvtuberがやってることってインターネット生放送文化全盛期の再放送にすぎないんですよね。萌え声イケボで異性リスナーを釣ったり、ゲーム配信をしてみたり、言い方は悪いかもしれませんが放送主同士で馴れ合ったり...。結局過去自分たちが人を集めていた方法をもう一度やるしか能がない、言い方を変えればタイミングが良かったかたまたま人を集めることができただけの人たちが自分能力があると勘違いした結果産まれモンスターコンテンツなんですね、vtuberというのは。要するに中身がないんですよね。中には人がいるけど中身はない、そんな不安定コンテンツなんだと思います。せっかくvirtualなのに雑談の内容は中の人間の日常の話ばかり、メタ発言連発、これでvirtualを名乗るのは無理がありますよね。どうせ守れないのにどこかで見たことがあるような安っぽいキャラ設定で売り出す必要があるのでしょうか。


何故そのようなコンテンツに人が集まるのかと、なんだかんだ言っても人が集まってる以上受け入れられている人気コンテンツなのではないかと、そのような意見があるのはごもっともだと思いますが、当時の視聴者再放送も見ている、というのが現実なのではないでしょうか。

vtuber生放送を始めるだけで赤スパ(赤色スパチャットのことらしい。金額によって色分けされていて赤色は一万円以上だとか)が送られてくるみたいなのですが、10代の学生にとって仮にいくら好きとはいえ知らない人に放送を始めた程度でホイホイ送れる金額ではないと思います

そもそも経済的余裕があったとしても友人との交際費に当てたりするのが優先されるのが自然なはずなので完全に自分のためだけに金を使える人間となるとやはり社会人ということになるでしょう。

試しに子供が見てるyoutuberランキングなるものを見てみましたがvtuber名前はありませんでした。これをうのみにする訳ではありませんが参考程度に一応見てみました。

しかし何故いい年の大人過去流行ったコンテンツ再放送に金をつぎ込むレベルでハマってしまうのでしょうか。個人的には現実逃避になのではないかと考えています

大人になれば色々嫌なこと辛いことも増えてくるでしょう。自由の代わりに責任を背負って生きていく訳ですから好きなことだけして生きていくわけにも行きませんよね。勿論全員がそうというわけではないと思いますが。

現実逃避したくなったときまず最初...かどうかは分かりませんが楽しかったあの頃というのは誰もが行き着く逃避先なのではないでしょうか。いわゆる懐古厨に似た何かですね。

結果面白い配信を見ていた楽しかったあの頃に逃避する層が出てくるという訳です。それは視聴者側に限った話ではなく配信者側にも言えることです。承認欲求を満たせていたあの頃を取戻せる上に今なら金まで稼げる。こんないい話あったら乗っかりたくなる気持ちも分からなくはない気がしてしまます。両者に今すぐ現実を見ろということはさほど難しいことではないのかもしれませんが、中にはこのコンテンツのおかげでなんとか自我を保っているスレスレの人もいるのではないか他人ながら心配してしまっているので、なかなかどうすることも出来ないですよね。


ところで、そんなこんなで配信活動動画投稿その他諸々に勤しんでいるvtuberの皆さんを一部の心無い人達キャバ嬢だの風俗嬢だのAV女優だのと揶揄しますがそれは違うと思います。生身の体を多くの人に晒して金を稼いでいる彼女らは、見ず知らずの他人に描かせた絵を画面端に置いて自らに課された設定も無視して深夜のよくわからない無名アイドルラジオ以下の話をし続けるvtuberとは比べ物にならないくら犠牲を払って生きているのではないでしょうか。自分が置かれている立場環境が逆風になったら即転生。飽きたら即引退。がまかり通ってしまうことがどれだけおかしいことか理解できている人がいったいどれだけいるのか非常に気になりますね。都合のいいときだけガワを利用するのはどうなんでしょうか。


さて、長々と駄文を書き連ねてしまいましたが結局何を言いたいかというと身の丈にあった幸せを掴みましょうということですね。ガワがないと振り向いてもらえない人はそれがあなた限界なのでそこを幸せと思う努力しましょう。それとどうかそのガワを安っぽいものにしてほしくない、そのガワは君たちの承認欲求を満たすためにあるものではない。ということでしょうか。それってガワ必要?と思わせないようなコンテンツになってほしいですね。まあもう手遅れでしょうけど(笑)

そろそろ終わります

anond:20200530132726

ブルーオーシャンなんてないよ。

ちょっとした思い付きをブルーオーシャンだって言ってるだけ。

実際はレッドオーシャンしかない。

銀行総合商社ルートが正しいとは思えん。売る商品ないじゃない。総合商社で扱ってた代物なんて自分商売で売らせてくれないよ。総合商社看板で扱わせてもらってただけ。銀行に至っては全く商品とは縁のない生活

本気で軌道に乗せようと思えば商品顧客よ。だけど思い付きと現実は往々にして違うからすり合わせが必要なんだけど、起業立場では一刻も早く売り上げを上げることを求めるからすり合わせなんかできない。

一億歩ぐらい譲ってアカデミック側に行けて科研費とかで研究ヒアリングを積み重ねた結果。だけど、今時アカデミックに進むこと自体レッドオーシャンだし。

そういう意味では、そういう現実も教えずに、起業しろ起業しろって若者にいってる奴らって犯罪教唆してんのと同じなんだよな

これについては全く同意しか現実知らんのに親が太かったとか、たまたま運が良かっただけの奴がハーメルンの笛吹き男みたいになって、うまくいかなかった奴を自己責任ののしり放題の世の中には反吐が出る。

彼女妊娠した

俺32歳 一人暮らし 会社員

彼女18歳 大学1年 親が若干モンスターペアレント 親はシンマザ アプリで知り合った

付き合って3カ月。まだお互いの親には存在は言ってない。というか彼女の年齢もあるのでしばらくは言えないと思ってる。

彼女生理が来なくて心配で、検査薬を使ってみたところヒット。危険日4日前ぐらいにたまたましたら、それがあたったみたい。

彼女と落ち着いて話して、タイミングが今ではないこと、大学生活を棒に振らせたくないことなから、辛いけど下ろすのは仕方ないねとなった。現在妊娠5周

本当は双方の親に正直に言ってごめんなさい下ろしますと言いたいが、彼女自身が伝えたくないと言ったのもあって、親の承諾がなくとも下ろせる産婦人科に行こうと思ってる。

色々教えてほしい

保険適用せずに病院で手術した場合彼女の家に連絡は本当にいかいか

・18歳以上は未成年でも親の承諾なしで下ろせる病院へかかろうと思うが、ググるとその病院はやめといたほうがよいと書く産婦人科医もいる。実際どうなのか

妊娠週が早いので、吸引するのが一般的みたいだが、手術の失敗などあるのか

彼女心のケアはもちろんするが、水子供養するのが一般的

緊急事態宣言解除の金曜の夜

東京緊急事態宣言解除後、初の週末。

既に先々週、解除が匂わされはじめてから感覚的には「もう終わった感あるな」とリラックスし始めてたんだけど、理屈では「終わってる訳ねえよな」と考えていた。

でも、そういう気分になっちゃったのは事実なんで、おそらく世の中の人々は俺と一緒で「もう終わったな」って感じて、それで俺とは違ってその気分のまま行動する人も増えるだろうなと思っていた。

別にそれで俺がスゲーとか思ってなくって、俺はたまたま職業在宅ワークに移行できた上、住宅事情性格も適性があったから深刻なストレスがなかっただけだ。

在宅ワークが始まる前週、3月末にこんな日記を書いたが、自分にとってこの2ヶ月は思ったより平和で平坦に耐えられるものだった。

https://anond.hatelabo.jp/20200329232753


とはいえ、ずっと家から出なくて平気な訳ではなく、時々夜中に自転車都内をぐるぐる走り回ったりしている。

GW明けにはこんな日記を書いた。

https://anond.hatelabo.jp/20200509173934


在宅ワーク中、仕事に使うのと別のPC都内各所のライブカメラを流しているのは相変わらずで、今夜もライブカメラが捉えるスポットを目指して自転車を漕ぎ出した。

目的地は渋谷スクランブル交差点

今夜もただ自転車を乗り回すだけで、人と話さず、何も食べず、コンビニ飲食店にも入らない。


自宅近所は金曜の夜なのにやはりまだみんな外出を控えているようで、人もほとんど歩いてない。みんな真面目じゃん。

しかし、しばらく自転車を走らせて百人町差しかるとルノアールがやってないだけで、人の往来は2ヶ月前に戻ったよう。


そのまま総武線を左に見ながら南下すると、新宿大ガードの下では、皆が開放感に満ちた顔で道を歩いていた。

20人ほどの男女の一段は2ヶ月の我慢サバイブしたことをお互い称え合うように、談笑しながら信号を待っている。

男同士、ガッツリ肩を組む。

5人ほどはマスクをしていなかった。


さらに南下して渋谷に向かう。

以前職場渋谷だったので、毎日通っていたのだが、職場が移ってからは足が遠のいていた。

久々の公園通り

以前、ホームレスのために社会活動家炊き出しをしていた宮下公園は、公園チューブのように覆う巨大建築物渋谷駅と一体化しようとしており、まるで要塞のようになっていた。

見ないうちに街って変わっちゃうな。


巨大建築のせいで記憶が切断されて、現在地を見失いそうになりながら、ライブカメラの捉えるスクランブル交差点へ。

そこでは、20から30代の人たちの友達グループ恋人で賑わっていた。

感染したらリスクの高いお年寄り外国人はいない。

まるで15年前の渋谷に戻ったみたいだ。

恋人同士が西武前で熱いハグを交わしている。


ざっと見た感じだと、新宿で5人に1人、渋谷では10人に4人はマスクをしていなかった。


20代・30代では感染しても重症リスクは低い。

彼らだけでいくら感染が広がっても、彼ら自身、深刻な健康被害は起きないかもしれない。

でも家に帰れば家族と同居している人もいるだろうし、普段利用している店や病院会社バイト先などに50代以上の人もいるはずだ。

中高年と全く触れ合わずに、若者だけで生きていくことは現実的ではない。


今日東京新規感染は22人。

GW感染者が減ってもまた増え始めたってことは、無症状の感染者はまだやっぱりいて、人の往来が増えれば、感染もまだまだあるってことなんだろう。

だって感染してない保証はないかコンビニの支払いもPeyPayにしたし、画面越しじゃない会話なんかほとんどしない。


専門家会議の人たちはずっと言っていた。

第一波で大波が来た後、中小規模の第二波がやってきて、またネジの締め直しと緩和が繰り返されると。

開放感に溢れる街の様子を見ていると、第二波はくるかもしれない。感染者の数は2ヶ月前の3月最終週と一緒くらいだ。

でも第一波ほどの感染爆発になるかと聞かれれば、その頃よりは、俺みたく在宅に移った人もいるし、真面目に家にいる人も多い。

最大規模で1日50人の感染くらいになって、慌ててみんな家に戻るって感じなるんじゃないだろうか。

まさに専門家会議グラフ予言したように。


もちろんこんな予想はいい方向に外れたら良い。

これで俺が予想をはずしても、せいぜいブコメで「2週間後はNYって言ってた増田、息してる?」と煽られて「おれニューヨークって言ってないし。それに芸人ニューヨークは粗暴な弄り芸であんまりきじゃないし。」って心の中で言い返してありゃりゃって思うだけで、そんなちょっと恥ずかしい気持ちは、人工呼吸器に繋がれる人が出る悲劇に比べたら何でもない。


西新宿都庁を見上げると、ツインタワー虹色ライトアップ

感染がすくなければ虹色、多ければ赤くなるという。

紅に染まらなければそれに越したことはないけど、虹色に照らされた都庁が見下ろす街で、多分今夜、第二波は始まっている。

ドトール緊急事態宣言の間もずっとやっていたけど、まだ店内でアイスコーヒーを飲む気分じゃないな。

2020-05-29

あるビジネスホテルの話

私は、十年くらい前までとあるビルメンナン会社の清掃部門で働いていて、そのある全国展開するビジネスホテルチェーンがそのビルメンナン会社のある地域運営する3店舗くらいのビジネスホテル業務委託契約元請けを通じて請け負っていて、その担当をしていた。

主に客室清掃と日常清掃、定期清掃の3つになる。

当然のことながら、ホテルの清掃と言えば客室清掃がメインで、請負金額が余りに安すぎて、客室清掃係のハウスキーパーさんには実質的最低賃金を下回る賃金しか払えず、部屋数の歩合制という悪しき偽装請負形式でやらざるを得なかった。

やらざるを得ない、とは、当然会社の都合でしかないわけで、犯罪行為であるが、実際のところ、それでも赤字だった。

赤字にしていても、元請けから他の仕事補填するという考え方で会社の方は請け負っていた。

元請けにしても利益は微々たるもので全く儲かっていない。十店舗くらい請け負ってやっと一人分の給料が出るという程度らしかった。

それくらいそのビジネスホテルオーナー会社はドケチなのである

どうしてそんなドケチ仕事を引き受けるのか? それについては少しカラクリがあるのだが、その話はややこしいのでしない。

から担当者の私は、そんな安い給料で働いてくれるパートパートとは言えないが)を確保するのにめちゃくちゃ大変だった。

そのホテルで働くのが好きな人や、働く仲間が好きな人時間の都合が合う人、そして他でもあまり雇ってくれそうにない人などが中心になる。

当然どの業界でもそうだが、私自身もしょっちゅう人手不足を補わざるを得なくなる。

ただ、そのホテル支配人業務委託契約で雇っていて、その支配人の方がもっと酷くて、住み込みで24時間365日(うるう年なら366日)×数年間、基本的にはほぼホテルにい続けなければならない(完全にい続けなければならないわけではないが実質的にはそうだった)。

数十室から百室を超える場合もあるのだけど、基本、それを夫婦二人で見なければならず、それでは当然賄えないので、自分たち報酬からアルバイト雇用経費を支払わなければならなくなる。

でも、金銭的にはどうしてもそこを抑えないと、自分たちの取り分が余りに雀の涙になってしまうので、支配人が受け持つ仕事はかなり多くなる。

稼働率によるインセンティブがあったかどうかまでは知らない。でもそんなの入れても、吃驚するくらい安いのは確か。賃金計算したら最賃を遥かに下回るだろう。

ここまで話すと、ひえーひでぇブラックだな、と思われるだろうが、しか待遇を除けば、実はそうでもない部分がある。

このホテルチェーン、地域場所にも依るとは思うけど、その支配人ピタッと嵌ると、楽勝らしい。

担当者をやっていた数年間で四人ほどの支配人と会ったが、うち二人はいつも上機嫌で、そのうち一人はほんとに「全然楽勝っす」と言っていた。

要は要領がいいのだろうけど、担当者の私がいつそのホテルに行ってもその支配人、昼間は寝ていたし、起きて出てくる時はステテコ姿が多かった。

 

さてそんなホテルだけど、どこのホテルチェーンかは私は絶対に言わないが、温泉付きになっているところがある。

温泉と言っても、温泉水をどっかから買ってそれを循環させている形式になっている。

この温泉水がやばい

温浴施設で最も恐れらているのはレジオネラ菌である

レジオネラ菌保健所検査で検出されてしまうと業務停止を喰らう。

感染者でも出したら報道されて一大事になる。

からどこの温浴施設でもいろいろな方法で殺菌処理をしている。

で、私が担当したあるホテル温泉、ここでは薬中ポンプと言って、温泉水にここから塩素成分を付加してレジオネラ菌を発生させない仕組みになっていた。

ところが。

私は、当時まだ新人で、そんなのあるなんて全く誰にも教わっていなかった。これ自体が酷いのだけど、ある日、そのホテル支配人から激怒して会社電話が掛かってきた。

保健所レジオネラ菌が検出されたと言われたぞ!どうなってるんだ?」

である

薬中ポンプだけでは防げない場合がある。循環経路の何処かで異常発生しているかも知れないからだ。だから普通一定規模以上の温浴施設では必ず毎週一回は、高濃度次亜塩素酸ナトリウム溶液を投入して、温泉水を循環させ殺菌消毒後、湯抜きをする。

そこはそんな規模ではなかったので、条例適用外だったが、薬中ポンプ必須だった。

この薬中ポンプが数年間に渡り、全く動作していなかったのである。俺はそんなの知らんし。

一体何故そんな事になったのか。

支配人も知らない。

薬中ポンプがあるのを知っていたのは、私の会社のもう一つの別の部門であった設備である。でも、設備には責任はない。定期メンテナンスをしているだけだったから。

で、その私の会社社長、大慌てで次亜塩素酸ナトリウム溶液のポリタンクを担いでそのホテルに馳せ参じ、会社社長の跡取り息子と二人、循環に依る殺菌消毒に取り掛かったのである

理屈は知っていてもやり方なんか知らんド素人社長必要量の何十倍か知らんけど、大量投入したもんだから、お風呂シャボン玉発生機と化した。だってジェットも回してるんだから

「おい!水入れろ!水だ水!泡を消せ!」との社長の怒号が飛ぶ。

息子は大慌てで、ホースを繋いでお風呂に水投入……したらしい。息子から聞いたんだよ、この傑作話

ともかく一旦はそれで落ち着いた。

原因究明すると、過去に誰かが、薬中ポンプ管理が面倒で、お風呂を洗っているアルバイトやらせようとしたら、うまく機器が扱えなかったらしい。

そこで、その薬中ポンプに投入する専用薬剤を、温泉タンクに定期的に一定量投入するという独自方法になっていたのだった。

誰やねん、そんなアホなことしたのは。それは分からずじまい。

ともあれ、これでは循環経路の温泉水に対しては何の役にも立たない。

で、まだ後日談がある。

その会社バカ社長、じゃー取り敢えず、一週間に一回はしなくていいけど、一ヶ月に一回だけ循環消毒しましょかと、激安の仕事にしやがった。確か一回2万円。

それはまだいい。だけど、ド素人ものから、適正な塩素濃度を知らない。

何処で調べたのか知らないが、今度は激薄を指示して私に教えた。おそらく自分がやった泡発生事件が怖かったのだろう。

で、激薄すぎて、その一年後、またレジオネラ菌を出したのである。で、その仕事はなくなった。

言い訳してたなー、そのバカ社長、「レジオネラ菌は外から持ってくる温泉水に入ってるんだよなぁ、防げない時は防げないよなぁ」なんだって

じゃぁ聞くけど、他の温浴施設はどうなってんだ? つーの。

 

で何が言いたいかと言うと、温浴施設では当たり前のレジオネラ菌という重大な問題すらも、支配人が知らないという杜撰なことをやっているというのがそのホテルチェーンの実態だ、ということ。

こっちはその管理責任契約すらないんだよ。上の時もたまたま慌てて対応に乗り出しただけ。

 

あそこは見た目は綺麗かもしれないけど実態はそういうホテルなんだよ。少なくとも私の知っている十年くらい前まではね。何処とは言わんけど。

人は、麻雀の話になると馬鹿になる

たとえば、「テニスの王子様」に出てくる必殺技の多くが現実には不可能であることは、別にテニスをやったことの無い人でも誰でも理解する。

一方、これが麻雀になると、たとえば「アカギ」の浦部戦の「二筒トイツ落としを読んで河底でロンする」みたいな芸当ができると思い込む人が発生する。東大とか出てる人でも、ふつうにいるのである

そもそも現実には無理なことをやってのけるからすごい」「理屈説明の付かない戦術に身を委ねても勝つからすごい」というのが、「アカギ」の趣旨なのだが……)

「流れ」とか信じてるのは論外として、多くの麻雀初心者は、「上級者は牌の切り順などから当たり牌を一点で読める」みたいな、ちょっと考えれば不可能と分かることを信じる傾向がある。

いや、実際は初心者でなくとも

  • 数十局に一回、たまたま当たるだけ
  • 数百局に一回、牌の組み合わせから実際にほぼ一点に読める
  • 定性的には危険度が上がる

などということと、

ということの区別がついていない。たとえば、自分が3枚持っている牌が当たり牌になる確率わずかに上がるが、それで3900リャンメンテパイを崩すかどうかの判断が変わることはない。つまり、そういう知識戦術として役に立たない。

anond:20200529150641

世の中全部がこうなる!ってもんじゃいからあまりこういう議論はどうかと思うが一応突っ込んどく。

スマホゲームの高コスト化はガチャありきのものからガチャ自体白眼視されつつある中でどこまでできるか不明瞭。二次創作と組み合わせて長期コンテンツ化をなしとげたfate艦これはまあともかく。

アニメなんか粗製乱造作画の良さが大前提ではあるが乱造過ぎて儲からなくて先が見えない。

ディズニーやネトフリの大作はまああるにはあるが、バズといえるほどじゃないだろう。そもそもあの辺りは一般サブカルとは一線を画している。

スマホゲームとネトフリがギリギリあり得るか程度だがさすがに君のは20年前のネット時代前の感覚過ぎる。

鬼滅の刃みたいにバズりかけのものを一気に物量でばずらせておしまい。というのがギリギリあるんじゃないかと思う。儲かるが長期的なコンテンツにはならない。

ただ昔のアニメのワンクールごとに嫁が変わるというのが、たまたまバズったもので嫁が変わるになるかぐらいだと思う。自称最先端を歩んでいるという連中向けに、コロコロ最先端コンテンツが変わっていってもらわないと困るから程度で。

君が大艦巨砲主義を夢見ている世界にいて「そう思いたいし思わないと自分たち商売が食いあげる」じゃないのか?

たまたま知り合った人が

お、なんか良い感じの関係になれそうと本能が感じた時に

もはやLINEとかメッセージのやりとりをするだけで

自分気持ちは無条件に昂っていき

仕舞いには画面上に流れる文字を見るだけで

仕方なく勃起までしてしまうのであった

anond:20200529065713

こういう状況だと運を天に任せる感じだな

コロナ感染したらたまたま運がなかった

コロナ感染しなかったら運が良かった

初めて会う人とマンツーマンで話す時こういうテンプレ会話には注意な

「こんな時期だし家で映画みたり日記書いたり本を読んだりかな」

「一人だと寂しくないの?」

「没頭するタイプから外大丈夫」

「そうなんだ」

休日は何してるの?」

フットサルとかバスケやってる!」

「ふーん、そういうチーム?みたいなのってどうやって見つけるの?」

たまたま知り合いづてで入って、いろんな職業とか年代の人がいるか楽しいよ」

「たまには運動でもしないとね、そういうの全然やってない」

「ところでお仕事は何?」

社員ウエディングカメラマンやってる」

「へーそうなんだ、いつかは独立したりするの?」

「そのうちね」

「それだったらやっぱりお客さんとか捕まえないとだめだよね」

「そうだね」

「でも独立した方が収入もあがりそうだね」

「頑張り次第ではそうだろうね」

「でもその為にはやっぱり人脈とか作ったほうが良いと思うよ」

「それはそうかもしれないね」

「今やってるフットサルをまとめているリーダーが」

「うん」

自分お仕事をされている人なんだけど人脈もすごくて」

「うんうん」

「一回遊びに来たらいろんな人と繋がれるよ」

「そうなんだね」

「そのリーダーも人脈が大切っていつも言ってるし私もそう思う」

「うんうん」

「来月も日曜日やってるよ」

「夜とか?」

「んーだいたい昼だね」

カメラマンから日曜日はもしかしたら仕事かも」

「いつわかるの」

「もう少し先かな」

「一回遊びに来てよ」

仕事がなかったらね」

「また連絡するよ」

「うん」

「そろそろ行こうか」

「そうだね」

「珍しくカメラマンの人に出会えたのでなんだかラッキー

「ありがとう」

あなた今日お話できたのはラッキーかもしれないよ」

「うんうん」

「じゃあまた連絡するよ」

「そうだね」

「またね」

「またね」

匂う・・・匂うぜ!!!アムウェイ匂いがプンプンとよォ・・・!!!!!

2020-05-28

推しのことが好きすぎて推しアイドル辞めてほしい

 前言撤回。私は自分が傷つくのが恐ろし過ぎて、推しアイドルを辞めてもらいたいと思っている。

 と言うのも、現在芸能界では、芸能人プライバシーは無いものとされていて、みなし公人なんて言葉もあるらしいが、私はこの世の中の考え方には反対なのだ

 私には好きなアイドルがいる。好きなアイドルグループがある。そのアイドル達の、いわゆる恋愛スキャンダルについてのスクープ記事掲載されたこともあるし、グループ脱退、所属事務所退所の情報公式発表よりも先に流されたこともある。どれも、週刊誌を始めとするメディアによるものだった。自宅までインタビューに来られたとアイドル自身が漏らしたこともあった。

 私は思うのだ。彼らが一体なにをしたと言うのだろう、と。話がややこしくなるので、恋愛スキャンダルに話を絞ろう。芸能人として、アイドルとして、恋愛をしたり、信用するに値しないとされる相手と遊んでいたこはいわゆる『プロ意識』が足りないのかもしれない。企業商品コマーシャルをすることもある芸能人が、イメージが何より大事である芸能人が、普段ファンに擬似恋愛させるようなことを口にするアイドルが、そんなことをするのは軽率なのかもしれない。

 しかし、違法行為ではない、芸能人プライベートで行われる恋愛は、そもそも週刊誌が追いかけて写真を撮ったり、それを文章にして掲載、発表しなければ、私たちほとんどが(たまたま居合わせしまう、出くわしてしま可能性を考慮する)知り得なかったことなのではないだろうか。週刊誌に撮られるようなところでそんなことしてるのが悪いと、本当にそうなのだろうか。私はそうは思わない。私は週刊誌になど追われたことがないので、どの程度、どこまで張り込まれるのか知る由もないが、だからこそ、そんな生活は異様だと思うのだ。

 確かに週刊誌に撮られるような芸能人で名の知れた方々は、我々が生涯働いても到底稼ぐことができないような額を手にしていらっしゃるのかもしれない。しかしそれは、プライベートまれ料なのか? いくら大金を稼いでいるからと言って、犯罪行為ではない行動を許可なく(記事掲載する前に通達がされるらしいとは噂に聞くが……)大っぴらにされるようなことがあっていいのだろうか。いつまでも、そんな職業選ぶ方が悪い、嫌なら芸能人なんてやめちまえ、で済ませていいことなのか? 何もこの話だけでなく、色々なところで被害者意識の低さに責任転嫁されるのを目にするが、被害者意識の低さだけを責めたところで、一体何になると言うのだろう。今後起きるかもしれないことを防ぐ手立てにはなるかもしれない。それを見たまだ被害に遭っていない人たちが気をつけようと意識を改める場合もあると思うからだ。しかし実際に被害に遭ってしまった人はどうするのだろう。悪いのは侵害している側の方じゃないのか?

 これが綺麗事なのは重々承知しているつもりだ。現状、推しプライベートは今も脅かされているし、それが改善される気配はない。推しプライベートが侵されて、バラされたものによってファンファンでない多くの人間からプロ意識が低いだの無いだの、してもいいから隠す努力しろだの、傷ついただの、と言われているのを見るのが嫌なのだ。言われているんだろうなと思うだけでも嫌なのだアイドルのままで、このままで推し権利が守られるようになる未来が、私には一向に見えてこない。だから私は、私のために推しアイドルを辞めてほしいと思うのである。心身共に健やかに暮らしてほしいというエゴを私もまた、彼らと同じようにぶつけるのである

 私がオタク辞めればいいのか。

2020-05-27

いまだに、世界の動きを日本が作り出しているときがある

今回、日本の緊急宣言全面解除前後で、各国の株価が急に上がりだした

「そういうときたまたまやったんだろう」という人もいるだろう

そもそもアメリカモデルナが作り出した動きだったが、いったんそれが落ち着いた後の急騰だ

これは2012年も同様で

アメリカFRBバーナンキが緩和終了を持ち出す時点で世界リスクオン雰囲気だったが、

二次安倍政権から黒田日銀砲で一気に世界は好況感に包まれ

こんな停滞国家になっても、円が特殊地位を保っていることが原因だろう

そのせいで時より日本の動きで世界事象が変わる。それを見ていると少し不思議気持ちになる

anond:20200527194818

小説を書くってのがあって、たまたまなろうを選んだだけだろ。

なろうの作風に合わせるのも一つだが、あんものジャンルのごくごくごく一部だ。

ついでに言うと「なろうはこういう作風から」ってのに合わせろと粋がってるのは馬鹿じゃない?とすら思うな。

おやじプリンター印刷出来ないというので

ネットで調べながら、プリンターの設定を見てみたり、ケーブルの抜き差し確認してみたりしたけど、プリンターが動かない、これはお手上げか・・・

と思いかけたところで、ふとケーブルを見てみたら途中で折れ曲がって切れかかってた、たまたま使ってないプリンターケーブルがあったから交換してみたら即治った・・・

30分以上格闘して、結果がこれかよ・・・疲れた・・・

anond:20200527181030

ドキュメンタリーなんていくらでもあるのに敢えてそれに注目するのって、

ドキュメンタリー普段見ない野球オタクがそれだけたまたま見たって感じなのかな…

もしかして俺も殺した事になるの?嘘やろ?

ぶっちゃけテラハあんまのれなくてろくに見たことなかったんだけど、たまたまワンカットだけ流れてきた。

「この女やべぇなw生理か?w」って書き込みました。今思うとアンチの加工なんだろな。

そのあとリスカの絵が出てきたりしてアワアワしてたら花ちゃん死んでるじゃん。マジかよ。

しかきっかけはSNSなんて言うじゃん。

俺の書き込みなんて十中八九見てないし、もっとやべーリプもたくさんある。あるけどじゃあ問題いねってならないんだろ?

というかしょーもない論争でゴミみたいな煽り送ったことも一回や二回じゃないし、そのうち全員が生きてるか死んでるかなんて知らんし。

しかしたら何人か知らんうちに殺してる説まであるじゃん。

何十人かでうっすらとした共犯関係を作ってる可能性ある。しか無自覚

いや怖いわ。

なんかこう、自分死ぬのとはまた違った恐怖心がある。

もっと怖いのは、たぶん来週くらいにはすっかり忘れて、また無自覚に誰か殺しちゃってる可能性があることだ。

その時お前が死んでたらすまんな。

マスクをつけてたり、在宅勤務してるけど

この仕事場合

別段このまましばらく在宅勤務でも問題ない。

成果のストックも隠しだまがなくはない。

たまたまめぐまれていた。プログラム関係は、粛々と技術を蓄積していく仕事からIT系はじつはそんなに仕事不安があるわけではない。

強度の不安というよりは通常よりも強い不安という程度。

問題は、それ以外のお仕事のほうが心配

anond:20200527043100

恋人セフレや金払った人とと痴漢プレイする人はいると思うが、掲示板ちゃんとした待ち合わせもせずに不特定多数募集する人の実在あんまり信じられないかなあ。

そりゃ有史以来一人もいないとは証明できないが。

男の側はたまたま乗った車内で目当ての女性を探せばいいが、女の側はいつ来るか分からない相手をたちぼうけでずっと待つハメになるかもしれないんだし。

母親が追い詰められてるからって子供に当たっていいのか

たまたまツイッター子供が泣きながら謝りながら2人で歩いていてその5m先に母親鬼のような形相で歩いていた、母親子供の声を無視しながら歩いている、母親がこうなったのは追い詰められたのは日本社会のせいみたいなツイート見たんだけど、なんで日本社会のせいにするの?

母親日本社会によって追い詰められた問題子供に対して酷く当たったり無視するのって別問題じゃん。これでこの母親はもし子供が車に轢かれたり誰かに連れ去られたりしても自分は悪くない、私を追い詰めた日本社会育児を手伝わなかった父親が悪いって言うわけ?目を離した母親責任でしょ?

誰かが人を殺した時、その誰かが虐待を受けていたとしても人を殺したその誰かが悪いんだけどどうしてこの問題では母親が追い詰められるのか分からないってなるのかが分からない。

育児ノイローゼがあるのだって知ってるし育児しんどいのは分かるけどだからって弱い存在である子供に対して当たってる時点でお前も加害者じゃん。被害者ぶんなよ。

母親だって人間だと言われましても子供人間の上に2歳3歳4歳くらいの子供にとっては親が絶対的存在ですがそこは無視してるんですね。

私を小さい頃傷付けておいてそれが原因で大人になってから私に責められた時に父親が悪いのって言われても困るんだよな。私を傷付けたのは父親じゃなくて母親であるお前なんだよ。謝ろうともしないその神経が余計に腹立つ。

まあ子供にあたってるのを日本社会父親のせいにしてる現状では母親によって傷付けられる子供存在って減らないんだろうね。

自分はどうせ良い母親になんてなれないし暴力を振るわれていたか暴力を振るう母親になるのが怖くて一生子供なんて作る気ないか母親気持ちなんて一生わかんないだろうけど母親だって傷つけられた子供気持ちなんか分かんないんだろうからどっちもどっちだね。

2020-05-26

たった40RTツイートが400ブクマトップエントリになってる……

はてな情報源にしちゃ駄目だ」

アタリマエのことなんだけど今までそれをちゃん理解なんてしてなかったことに気付かされた。

ヤフーニュースNHK朝日新聞自分のTLも、どれも独自の偏りがあって、それが映すのは世界の一側面でしか無いことは知っていた。

でも、はてながそれらと同じか、それ以上に極めて狭い景色しか切り取っていないことを理解してはいなかった。

それなりに大きなパイをそれなりに薄めたそれなりに全世界世論と近い何かが出力されていると思い込んでいた。

全然違う。

はてな世界』はそこら辺のまとめブログと何も変わらないぐらいに狭い。

世界全体の0.01%程度も切り取れていない。

そこにたまたまどの界隈でも話題になっているようなやたらと横幅の大きなレイヤーが幾重にも重なっていただけなんだ。

だってたったの40RTが400ブクマになって今最もホット話題として目に飛び込んでくるんだぜ?

信じられねえぐらいの偏向報道じゃねえか。

中学校の壁新聞で「野球部太郎君が1試合ホームラン2発!」と大見出しになっているような世界、それがはてなだったんだよ。

俺はもう絶望したね。

こんなの近所の井戸端会議と同レベルじゃねえか。

ツイッタートレンド欄やヤフーコメント欄は一部コミュニティの偏って抽出データ?は?はてなの方が100倍は狭っ苦しい世界の中での流行り廃りじゃねえか。

エコーチェンバーの恐怖を見たぜ。

だって40RTが400ブクマなんだぜ?

歌い手アンチ界隈にいたころの話

テラハの件でいろいろ思い出したので。まあテラハは界隈とかでなく一般視聴者悪口を投げつけてたパターンからじぶんのケースとは少し違うけど、誹謗中傷する人の心理話題になっているのをみてそういうのの当事者に近い人間として書くことにした。


からインターネットにはヲチ文化というものがあって、その界隈を覗くのが好きだった。ヲチされる対象は大体インターネットで「やらかした」人たちで、その対象やらかしているのを見るのも、ウォッチャーたちが執念でそいつのホラを見抜いたり追い詰めたりするのを見るのも楽しかった。

ずっとアカウントとかは作らずににちゃんねる(ごちゃんねる)のスレッドを見たりTwitterワード検索して叩いているひとのツイートを見たりするだけだった(Twitter身バレ防止のために語尾を変にしたりキャラ付けして話してる人も多く、そういうのも楽しい)のだが、ひょんなことからアカウントを作ることになった。それは、ニコニコ動画で某歌い手合作企画することが発表されたかである

その歌い手ははじめは実力派歌手として持ち上げられていたが、そのうちニコニコご意見番になって偉そうと叩かれはじめ、ニコニコにとどめときゃいいもの健康法てきなものを紹介してそれが危険民間療法だと叩かれ、そのうち歌も下手になり、可哀そうなことに最後写真から住所を特定されて引退した人物である。そのほかにもいろいろ言われてたけど真偽不明のを書いて地雷踏みそうだからここには書かない。

合作がおこなわれたのは引退からしばらくたったあとである。こんな死体蹴りが行われた原因のひとつに彼の主戦場ニコニコ動画だったこともあるだろう。淫夢などをはじめとするニコニコの「例のアレジャンル文化は、基本的に本人がいないところで好き勝手誹謗中傷する文化である。通常ヲチ文化は本人がいなくなるとすたれるが、この人のアンチスレ引退しても勢いはそこまで落ちていなかった。

合作企画アンチスレ主導で進んでいた。動画の提出方法TwitterDMで、はじめはそのために専用アカウントを作ったという風に記憶している。

ここでひとつ書いておかなければならないのは、自分基本的歌い手本人をターゲットにしていなかった。正直今この文章を書いているのは「自分歌い手から絶対に訴えられることはない」からである。まあグレーゾーン発言はあったと思う(彼をネタにした発言はしてたので)が、訴えられるとしても500番目くらいだろうし、そもそも開示期限なんてとうの昔に過ぎている。

合作に送った動画で扱ったのはアンチスレに出てくる某荒らしネタにしたものだ。彼は歌い手狂信者として振る舞い、突然自殺たかと思えば「生き返った」と書き込んだりして、スレ内の

名物キャラ存在だった。自分はそういう「そのヲチスレにもひとりはいる変なやつ」が大好きで、そいつの生態をまとめた動画合作に送った。(余談だが界隈ではその名物キャラ歌い手、という説が有力だった、ただ自分はそうではなくただの変な奴だろうと思っていた。)そいつは別の人にはっきり殺害予告したりしていたので、正直どんだけ殴っても法的に殴り返されることはないだろうという考えも少しあった。今思えばある意味普通に誹謗中傷する奴より卑怯かもしれない。

ネット誹謗中傷するやつは実生活が寂しいやつだ、なんて論調があるが、それは正しいと思う。当時自分私生活はうまくいってなかったし、それに伴って本来趣味も楽しめないでいた。そんな中で誰かを見下せば、それだけで自分存在を少しだけ肯定できる。その上、ヲチ界隈に入ってしまえばターゲット悪口を呟くだけで界隈の仲間から同意賞賛が得られてしまう。悪口というのは何かをほめるよりずっと楽にコミュニケーションをとれる方法であり(実社会でも悪口コミュニケーションをとる人たちがいるように)一度それでつながってしまうとなかなかやめられなくなってしまう。

動画提出のために作ったTwitterアカウント合作投稿された後も運営していた。他のアンチ交流したり、ごちゃんねる見ながらヤジ入れたり(直接書き込むことはほぼなかった)、なぜかTwitterアカウントまで作ってきた前述の荒らしくんとやりあったり、はっきり言ってしまえば「充実した」日々であった。アンチ仲間とは歌い手界隈以外のことも話すくらいには仲良くなったし、掲示板はいろんな話題であふれていて飽きなかったし、荒らしくんはいい感じにアホだったので空いた時間ちょっかいだして楽しんでいた。そりゃあ今考えれば異常だが、当時は本来趣味時間を費やしているときと同じような没入感と快感があったのだ。

そんな生活を数か月ほど続けていたものの、次第に心が離れ始める。理由は2つあった。ひとつは、界隈の雰囲気がどんどんおかしくなっていったことだ。私が絡んでいた荒らしくんだけでなく、ほかの荒らしまで正体は歌い手だったのではないか、ということが言われ始めた。確実な証拠があるわけでもない状況でスレッドは「それで確定だ」という方向に進み、異を唱えたもの弾圧しはじめ、だんだんアンチスレは「キ○○○の巣窟」と化していった。そんなスレをみても面白いと思わなくなり、界隈の出来事にたいしてヤジを入れることもなくなっていった。

もう一つは、同じくらいの時期に同じ名義で例のアレ内の別のジャンル投稿を始めたことだった。底辺投稿者ではあったものの、例のアレというカテゴリーはたとえ底辺であっても再生数やコメントが多少はもらえる世界であるささやか自己顕示欲が満たされるにつれ、歌い手アンチ界隈で得られる楽しみは自分にとって必要ではなくなっていった。

やがてアンチスレに触れる人も少なくなったころ、大きな事件が起きた。歌い手が復活したのだ。狂人のみが残ったアンチスレで日々考察という名の妄想が繰り広げられる「大型荒らし歌い手」説の払拭意味も込めた復活だった。やがて歌い手は開示請求損害賠償もちらつかせるようになった。そのころ自分は完全にその歌い手への興味を失っていて、一応「○○復活!!!」的なことはつぶやいていたものの、念のため過去自分ツイートチェックした(自己判断ではアウトなツイートはなかった)後はまた興味をなくしてしまった。結局自分のところに開示請求は来なかったし、ほかのアカウントやごちゃんねるの書き込みにたいして措置がされたのかは把握していない。

彼の復活の数カ月後、自分Twitterアカウントを消した。例のアレジャンル自体に飽きつつあったことと、自分投稿が伸びる気配もなかったこと、私生活回復しはじめ同時に本来趣味が楽しくなってきたことが原因だった。

それから数年たった。はじめはほかの人のヲチスレを覗いたりしていたが、しばらくすると楽しくなくなってやめてしまった。またニコニコ動画自体見なくなり(数か月に一度思い出して自分動画コメントが増えていないかチェックはしていたが)、歌い手文化にも例のアレ文化にも全く触れなくなってしまった。正直、テラスハウスの件で誹謗中傷の是非が話題になるまで「自分アンチ界隈用のアカウントを持っていた」という事実すら忘れていた。

今の自分は「ネット誹謗中傷なんて問答無用で法的措置でいいだろ」と思っている。でもそれはたまたま目を覚ますことができ逃げ切れた人間裏切りにすぎないなとも思う。やらかししまった過去は消えないな、と思いつつ、対して反省もしないまま自分記憶からは再び消えていくのを感じる。多分次にこういうことが話題になるとき自分は完全な善側のにんげんとして加害者非難するだろう。そしてこれは自分だけの話でなく、今回出演者暴言を吐いていた人や、ほかのヲチ案件ターゲットをたたいていた人たちもそうだろう。結局ネットで逃げ切れさえすれば、次の日から普通の顔をして生きていけるのだ。

島倉千代子人生いろいろ」の歌詞

「♪笑い話に涙がいっぱい 涙の中には傘☂️がいっぱい〜」だとずっと思ってた!!!

子供の頃から「なんで傘☂️☂️???」って思ってた!!!!!!

滅多に見ないうたコンをたまたまつけてて良かったよ!!!!!!あーーースッキリした!!!!!!

ZOOMであった本当に困った話

いつものようにZOOMオンライン会議をしていると、

突如全裸肥満体型の中年男性会議に参加してきた。

彼は血走った目で「死ね!」「死ね!」とこの世の声とも思えない声で絶叫すると、その陰部をカメラに押し当ててきた。

我々はその光景にどうする事もできず、ただ呆然と眺めるしかなかった。

そうすると、「そこまでだ」叫び声がして見覚えのある男性会議に参加してきた。

寺生まれのTさんだ。

彼はvimを開き目にもとらぬスピードでRustのコードを書いていった。

リターンキーを押し「波ぁ!」と叫ぶやいなや、中年男性まばゆい光が包んだ。

「あぁ・・・」と微かな呻き声を上げると中年男性は消えてしまった。

寺生まれのTさんによると彼は痴漢東大生によりM3株価暴落してしまったために自殺してしまったそうだ。

ネット企業に関することで未練を残してしまうとその魂は成仏するまでネットを漂い続けるらしく、たまたま我々のZOOMに遭遇してしまったそうだ。

寺生まれはスゴイ、俺は感動を覚えずにはいられなかった。

https://anond.hatelabo.jp/20200526182827

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん