「たまたま」を含む日記 RSS

はてなキーワード: たまたまとは

2017-10-17

未完成品を完成品だと勘違いされたときイライラ感は異常

職場で、こっちはあえてざっと作って、別に提出とかせずに置いておいただけなのに、

それがたまたま目に入った人から「こんな適当な作りじゃダメだよ!」とかって

注意されたときイライラ感は異常。

こんなんでいくらなんでも完成なわけ無いだろ!

anond:20171017133050

あほか。

ほんとにうまい魚食いたかったら漁船乗って釣り上げるのが一番だろ。

それと同じだ。

たまたま説明に横文字が並んだだけだよ。

anond:20171017013803

このブログは色々なズレを感じた。

希望の党排除された旧民進リベラル勢力というイメージだった枝野立憲民主党弁士小林よしのりという取り合わせはそれ自体事件だった。

さらには「小林よしのりが何を言うか」という素朴な興味が群集を新宿に参集させた。

そして新宿南口アジ演説薬害エイズ事件の際に厚生省を取り囲んだ時はこんな感じだったんだろうなあと想起させるほど迫力あるものだった。

単純に小林よしのりのあの演説は広範な人の胸を打ったのだ。

小林よしのり安倍政権に真に怒ってる、そしてそれを伝えるアジテーション能力がある。

現役感を感じたからこそ増田氏は筆を執ったのではないか

「わりに無批判小林よしのりを受け入れる立憲民主党支持者は、若い人が多い」わりに「若い人は小林よしのりなんて知らない」というのも当たっているのかどうか。

田舎町の高校だったからなのかは知らないが、たまたまクラスで数年遅れで流行った」そうだが、今も『戦争論』が出版から20年経とうとしているのに増版・増刷を重ねている事実を知っているだろうか。

ゴー宣シリーズ自体出版社を変え今は文庫化されているはずだ。

このことは出版不況現在においてさえ新規読者が参入していることを意味している。

過去の人残照ではない。

今だバリバリインフルエンサーアジテーターとして機能している。

グローバリズム安倍政権の軋みの中でそれとは違った方向性ナショナリズムを訴える小林よしのりの年来の言説がわりあい素直に受け入れられているのではないだろうか。

小林よしのり本人の批判も大いにすればいいと思うが、そのことが世代闘争立憲民主党評価に直結するなんてことは考えにくい。

西田氏のツイートもTLに上がっていたので見たことは見たが、この日記投稿で「官能小説家」だということを初めて知ったくらいだ。

SNSを主戦場にしてる限り記名性も存在感もその程度。

小林よしのり評価を巡るSNSでの世代バッシングなどはたとえあったとしても若い世代に何がしかの影響をもたらすだろうか、と首をかしげしまう。

要らぬ心配しか思えない。

「立憲民主」の旗の下の君に告ぐ

 この増田は、立憲民主党好意的で、強く支持している(17/10/17現在人間によって書かれたものである。そのへんの是非はすっとばして本題に入るので、そのことを念頭に置いてください。

 小林よしのり立憲民主党演説会に現れたということで、お前が言うなとかまずいままでにやったことについて反省しろとか、とても、もっともな罵声が投げつけられている。まったく同意である

 一方で、これを割と素直に受け入れてる立憲民主党支持者もいる。右へのウィングを広げて支持者を増やす良い機会じゃないかという反応もある。一理あるとはいえ、なんせ小林よしのりなのでそのため、そういう人に対する疑問の声も上がった。

 官能小説家の西田三郎氏は、こんなツイートをしている。

いまの若い世代自称リベラル小林よしのりを赦すなら、俺はおまえらを許さん。奴は安上がりなレイシストロジックを基礎から作った。覚えておけ。これがお前らが声援を送った男だ。

https://twitter.com/nishida33336/status/919556721546108928

 気持ちは、とてもよくわかる。

 ただ、ちょっと待って欲しいと思うこともある。

 俺の観測範囲問題もあるんだろうけど、わりに無批判小林よしのりを受け入れる立憲民主党支持者は、若い人が多い。アラサーを少し超えた程度の俺から見ても、若い。つまり20代だったり、もっと下も混じっているかもしれない。上の西田氏のツイートでの呼びかけも、若い人に対してである問題はここにある。

 小林よしのりは、はっきりいって過去の人である。いい年をした人にとっては、昔楽しませてもらったり黒歴史の源泉になったり、インフルエンサーとして、あるいはアジテーターとして思いが深いんだと思う。でも、いま2017年という時点では過去の人だ。

 考えても見てほしい。東大一直線から35年、おぼっちゃまくんから25年、薬害エイズから20年。歴史修正主義運動の前面から消えてから(おそらくこのとき最後の「第一線」にいた時期)ですら、もう15年くらいたつ。その後も小さい話題引き起こしてるとはいえ、すでに知ってた人にとっての話題くらいにしかなってなかったのではないか。「わしズム」で初めてはまった人とかいるのだろうか。

 個人的な話をすれば、高校時代ゴー宣クラスちょっと流行たことがあった。オタクっぽい、本好きの間だけだったけど。

 気になって最新刊立ち読みしたら、すでにつくる会がぐだぐだになってた時期だった。つくる会という運動はともかく、小林よしのりのマスへの影響力自体はもうほとんどなくなってたんじゃないか、当時。

 まあ、それでも無印時代~新の初めのころまではおもしろかったのでよく読んだ。部落差別についての一連の話も、興味深く読んだ(同和教育のない地域だったので)。無印に登場する時事的な話題は、高校生にとっては、そこで扱われてる話題ほとんどは「小学校のころ見聞きした事件」だった。薬害エイズも、オウム真理教も、おぼっちゃまくんPTA白眼視されたのも、小学校のころニュース番組から流れてきた話題である。今くらいの年齢なら数年前もなんとなくつい最近と思えるけど、高校生にとっての小学校時代は「大昔」だ。田舎町の高校だったからなのかは知らないが、たまたまクラスで数年遅れで流行たから、手に取ってそれなりに影響も受けたけど、そうじゃなければ小林よしのりなんて大して意識しないまま大人になった可能性が高い。

 例外もあるだろうが、自分体験を鑑みても、ゴー宣に「ピンと来れる」のは、ほぼほぼ俺くらいの世代最後なんではないか。扱われてる人物の盛衰もあるし。小林よしのりにちゃんと接した世代というのは、俺かもう少し上の世代までじゃないだろうかと思うのだ。つまり、30代以上である

 だから若い人は小林よしのりなんて知らないのだ。あるいは名前くらいは知ってて、「保守の大物文化人」くらいは認識してるかもしれない、でも近年のアイヌ否定のことだって知らないし、昔のことなんてもっと知らないだろう。認識の外のものはどうやったって外のものである若い人のせいじゃない。吉本隆明なんて読んだことはなくても名前だけはわかる。そんな感じ。

 さらにいうなら、おそらく小林よしのりが「やばい」というのも通じないのだ。小林よしのりに怒ってる人は、歴史修正主義運動カジュアル化した極右、くらいに思ってると思う。

 でも、そうじゃないのだ。多分、若い人には、歴史修正主義極右のやらかすような、行き着きすぎたところにある行動だと思っていない。それは、保守を認ずる人なら、当たり前に身につけることだ、と思われてるんではないだろうか。

 回り見回したらわかるではないかネット出版業界も、そういうふうにできているのだ。これも、若い人のせいではない。

 間接的な話をすれば、2001年つくる会教科書が検定を通っている。2002年からは、新しい指導要領の下での教育が始まりつくる会教科書はその指導要領の下で採用されている。いわゆる「ゆとり教育である2002年中学入学したのが89年度生まれ。それ以後は地域によっては小林よしのり的なもの教育現場浸食されはじめた後の世代である被害者なのである

 数年の差はあるけど、くっつけて言ってしまえば、ゆとり教育世代(以降)は、小林よしのりを知らない。小林よしのりのことをよく知らなければ、そして、歴史修正主義学校から世間までが侵食されきった状態普通世界人生を送ってきていれば、そりゃこんなに「普通保守」までウイングが広がった、と喜ぶほうが普通決まってるではないか普通保守、そのものがそういうしろものまで後退しているのである

 いや、なんだかヘン、というのはわかるのだ。でも、それを安易に難ずることは、つまり「よくわからなくても批判せよ。俺たちが駄目だと言っている」と言う話なわけで、こんなのは典型的パターナリズムであるリベラル思想をともにする人のやるべきことではない。こういうレトリックは、自称中立とか冷笑系といわれるような連中みたいで嫌なんだけど、もちろんあの手の連中みたいなことをいいたいわけではない。

 かといってほっときいいとも思わないので、ちゃんと小林よしのりがどういう人かを(むやみに相手を傷つけないよう)継承するしかないだろうけど。引用した西田氏などは乱暴な口調ながら説明はしているだけ良いかもしれない。

 もう一つ心配になることがある。上にも少し触れたけど、小林よしのりを知るか知らないかは、「ゆとり世代」前と後に、偶然ほぼ重なっている。ゆとり世代なるレッテルをふりかざして、インターネット内外でどういうバッシング世代叩きが起きたかゆとり世代以前の人間なら知らないはずはないだろう。若者叩きというと新聞TVや「リベラル文化人」の責任押し付けておいて素知らぬ顔の人も多いかもしれないが、これはインターネット2chまとめサイト利用者テキストサイト個人ニュースサイトなどの運営者に重なる集団大手を振って謳歌していた「バッシングであるゆとり叩きをしていたネット民、について彼らが何かを総括したという話は寡聞にして聞かない。匿名ほとんどなのでそんなこと期待するだけ無駄であろうが。

 話がそれたけれど、世代バッシング被害者世代がその上の世代をどう思っているかは、俺にもよくわからないところがある。ただ、目に見えないところに微妙な反感が潜んでいても、あまり非難はできない。

 なので、たまたま分断ラインがほぼそれとかぶっていると思われるこの小林よしのり評価をめぐる見解の相違は、乱暴に扱うととんでもないものに着火させるような気がする。

 むやみに相手を傷つけないよう、などと注釈したのも、そういう理由であって。

 若い人はともかく、小林よしのりのものには擁護余地はない、大いにバッシングすべきだ、という意見もあろう。すごくわかる。

 ただなあ。

 小林よしのりって、自分の見込みからズレるとすぐ相手罵倒しはじめるじゃん。事例はそれこそ星の数ほど。

 うかつに叩きまくると、蛇を出してきそうでめんどくさそうなのだ。一方、↓みたいな危惧もある。菅直人が手のひら返されたのなんてそれこそあっという間だったわけで(しかゴー宣見る限りでは、主なきっかけは「対談を断ったから」)。

 バッシングするなとはいわないが、いろいろと腫物扱いしておくべき人だな、という気はする。

 今回の選挙は、多分、立憲民主党議席を伸ばす。とはいえ、自民党も伸ばすのだろう。希望の党がポシャったので。安倍晋三の顔にタテ線を入れるという意味ではもう少し希望の党が持ちこたえて欲しかったが、それ以外の意味では希望の党がしぼんでくれて良かったわけで、まあしょうがない。

 なので、これから大事だろう。立憲民主党いつまでも追い風なわけもない。これからさまざまな合流もあるだろうし、いろいろな批判も出てくるだろう。すでに公明党が目の上のタンコブを検出してロックオンしている。

 立憲民主党Twitterはやけに上手い。きっとネットに造詣のある人がやってるんだろう。でもそういうさばけた感じでうまくやる人と、やらかす人が紙一重なのはネットウオッチャーには常識である。何とか炎上させるための火花がほしくて仕方ない人はきっと与党支持者を中心にいっぱいいるわけで、上げ潮だからこそ心配、な案件かもしれない。

 というわけで、あんまり立憲民主支持者がのんびり自分たち陣営が予想以上に多いことを喜んでる場合ではあんまりない(連日TLで見かける立会演説写真は、うぉーっとは思うけどそういう意味でつい一歩引いて見ている自分がいる)。そこに安易世代バッシング火種を投入するのは、いま立憲民主党に期待している人にとって、まったくいいことがないと思うのだ。もうちょこちょこと局所的なディスカッションが発生しているのは自分観測範囲でも見かけるし、わかるんだけど、これが躓きの石になったら、さすがに残念すぎるだろう。

2017-10-16

anond:20171016230416

お疲れさま。

ルービックキューブのことはしょうがないよ。たまたま手元にあったから投げちゃっただけだよ。お子さんにちゃんと謝ってあげれば分かってくれるはず。

旦那全面的に悪いのは明白なのでちょっと時間を取って落ち着いてから話し合って自分の思いをぶつけてやって。

結婚したいなら30歳までとか言うのをやめてほしい

人気占い師ブログたまたま見てゲンナリした。

35歳を過ぎると男性から選ばれなくなるのは常識だと書いてあるのだ。

こんなことを書いたら、35歳以上の独身女性が生きてちゃいけないのかと思うではないか

35歳を過ぎたら妥協するしかないとか変な人しか寄ってこないとか、年齢差別がひどすぎる。

日本の年齢至上主義は何とかならないのか。

女性にだけ若さを求めるのがおかしすぎる。

昨日夜テレビつけたらたまたまナダルvsフェデラーやってたけどフェデラー強すぎた

ちょっとみただけでも 強いのがわかる

サーブもクソはえーし、それ以外も強すぎる

素人が見ても力の差がわかるってどんだけ強いんだよ

右手左手比べたらめっちゃ右手太いし

膝の上の筋肉もすごかった

いやーマジでやべえな

anond:20171016071958

考えられるのは、そのフローの途中で割り込みが入ってしまい、いつもと違ってしまったのではないかな。

家を出る時にたまたま郵便が届いて、直接受け取ったらカギをかけ忘れる。

着替えている最中電話がかかってきて、話しながら着替えてたらボタンかけ忘れる。

なんてことは、よくある。

2017-10-15

anond:20171015172626

あなた文化資本を測ることにもなりますし、

書名を出すと、その場で検索して、適当にあらすじだけ読んで、

頓珍漢ないちゃもんを返してくる人がネットには大勢ます

自分たまたま読んだ本を周囲が知らないことを理由に「文化資本がない」とはこれまたおそれいったわ。

単に同じ本を既に読んだことがある人がいて、細かい突っ込みされるのが嫌だったってだけだろ。ばーか

粘着レスきもちわりーし、お前やっぱキモいババアだわ。確信を得たわ。

2017-10-14

anond:20171014164356

いやそもそも民進党崩壊するのは秒読みだったので希望の党関係ない。

たまたま希望の党が出来たからそこに集結しただけ。

なければないで新党作るか維新あたりとくっついてた。

単純に

another2017 「「その時たまたま手に取った作品自分ターゲットにしていなかったので、主語を大きくしてジャンル全体を否定してみた」は老害化じゃなくて幼稚化だと思うんですよね」

ぼく「◯◯化という言葉は以前にそうなっていなかったものがそうなったときに使うのでその例だと「化」をつけないほうが…あっ」

フミコフミオかい馬鹿ブーメラン過ぎてひくわ

求職営業マンらしいが、たまたま偶然にちょっと自分が詳しい界隈の話がネットで話題になったからといって有頂天になっているが、正直救いがたい

ずいぶん前から、何度も、いろいろな人から改行しろ段落わけしろと言われても無視しておいて、自分が強い立場になったらイキナリ

僕が給食営業マンだった頃、「少しは学習しなさいよ。もしかしてバカなんですか?」と文句を言ったことがある。

http://delete-all.hatenablog.com/entry/2017/10/13/073013

からな。阿呆馬鹿間抜けすぎて言葉にならない

2017-10-13

anond:20171013204851

近年のゆるやかな好景気たまたま周期の波の高潮時であったため(むしろ悪政が上げ幅を小さくした)ともいわれるよ。

2018年までは、どんなまぬけな政策をとっても好景気だと。逆に2020年くらいのあとは、戦前世界恐慌と重なるヤバさになるとか。銀行関連の人が小島嵩弘氏の番組ベイエフエム)で語っていた。

松旭斎すみえ師匠の功績を「風評被害」とかいうな

オリーブの首飾りの「風評被害」について、いろいろと盛り上がっているけど、(https://anond.hatelabo.jp/20171012190403 とか anond:20171013062716

そもそもマジックと結びついていなければ、日本であの曲がこれほどまでにポピュラーにはなっていないだろう。

この曲をマジックBGMに使い始めたのは、現在日本奇術協会名誉会長である松旭斎すみえ師匠だが、たまたまカーラジオで流れていた曲が自分舞台にあっているのではないかと思いBGMにつかってみたところ、あまりにも評判がいいので定着し、ほかの奇術師もどんどん使い始めたのだという。

昭和50年代の話だ。

以来、完全に「手品師テーマ」として定着し、40年近くがたっても、その結びつきは色あせることがない。それは、あの曲があまりにもマッチしていたから。

作曲者意図とは違うのかもしれないが、もはや「江頭2:50布袋寅泰の『スリル』」みたいな、唯一無二、不即不離の選曲というしかない。

師匠は、この曲のポテンシャルを引き出したのであって、もし師匠とこの曲が出会っていなかったら、ポール・モーリア音楽なんて、日本では昭和遺物として忘れ去られてしまったはずだ。

イージー・リスニング」なんてジャンルがあったことすら、もはや中年以上の人間しか覚えていないのだから

師匠舞台は、10年くらい前に鈴本演芸場でみたきりだが、その時もこの音楽が定着する経緯についてはネタにしていた。

なにしろ、あの曲のイントロ流れるだけで、「ああ、これからマジックが始まるぞ」という期待感に客席がつつまれ師匠が登場して花束の一つでもだすだけで、会場は沸くのである

「ああ、定番のあれを見た」という安心感

こんな幸福な結びつきは、音楽にとって、断じて被害」なんぞではない。

死刑廃止国の人の本音と建前

死刑廃止国の人と話した結果の本音と建前

社会人大学生として、その大学で知りあった死刑廃止出身留学生たまたま日本の政治の話になり、なぜか死刑の話までひろがったので。その際のメモ

死刑廃止国では凶悪犯、無差別殺人、幼い子供女性凌辱、なぶり殺すなどした場合現場判断で射殺する場合もある

死刑廃止国では警察官特殊部隊の人が現場判断で「射殺」することがあるという。

世間的に大きな事件被害者子ども性犯罪被害者家族が一生悲しい思いをする。

生きて逮捕してしまえば犯人は天寿を全うするのだからはっきり言ってクソだという。でも死刑廃止は賛成しているという。複雑な心境だそうだ。

そのため、現場忖度して犯人が抵抗したとか、銃を持っていた、攻撃しようとしてきたというテイで射殺しておくそうだ。

なんとも言えない気持ち本音と建前とはよく言ったものだ。菊と刀という本を読んだことのある留学生日本のことがそれなりに好きなようで仇討ち制度はいつまであったんだというのも興味津々だった。

しか日本人の私が仇討ち制度はいつまであったのか?後日ググるハメになった。

善意に群がる者共が醜い

タデクーポンという取り組みがあることを知った。

貧困家庭中学生に塾に行ける機会を与えようという取り組みで、取り組み自体は良いんじゃないかと思う。

塾に行かないとまともな勉強ができないっていう根底にある考えはよくわからないのだけど、学校教育に期待できず、塾の方が進学的な意味で良い教育を行なっているのは事実だと思うから意味のある活動なんじゃないかと思った。

https://camp-fire.jp/projects/view/42198

関連する記事を読んでいると、主催者の人はなんらかの原体験があってこの取り組みを行なっているらしい。

よくもまあこんなお金につながらないことをやるよなと思いながらも、なんらかの原体験に突き動かされて金銭利益につながらない行動を取る気持ちはなんとなくわかるし、応援したいなとは思う。塾代のカンパっていう手段なのかと言う問いは一旦おいておくとして、直接お金を渡すよりもクリーンだし、用途も限られているし、生活保護とかとは違った仕組みとして成立できるし、良いと思う。お金が余ってる富裕層な人々は支援しまくれば良いと思う。

なぜかたまたま主催者の人とSNS的に知り合いの知り合いくらいだったりして、その人の投稿を読んでいた。

熱い想いでやってるんだなと思ってすごいなと思いながら、コメントを見ていたらこいつらほんと巫山戯んなよっていう気持ちになった。

「何か手伝えることがあれば言ってください」と、普通の人が言うのはいいんだ。

そこに自分サービス宣伝を混ぜようとした奴ら、全員恥を知れって思う。

お前のサービス宣伝のためにやってんじゃねーんだよ。

なんでこう、新しい取り組みをビジネスチャンスしかみれないのかな?

それを起業家だと思ってるのかな?

コラボでもなんでもねーんだよ。ただの売名だよそんなの。

ほんとに支援する気があるなら、持ち出しで勝手にやれよ。

かにお金を稼ぐことは大事だし、こんな取り組みを行うにしたってお金が続かない限り、取り組み自体も続かない。

お金があるというのは大前提だし、取り組みを継続させるためのお金を生み出す仕組みを作る必要があることも重々承知している。

から、中心になってやっている人が、多少なりともお金を生み出す行為時間を使うことはすごく大切だし、やるべきだと思う。

でもなんだよこの周りに掃いて湧くように出てきた奴らは。

自分が稼ぎたいがために、自分の虚栄心や承認欲求を満たすために、善意に群がって好き勝手荒らして。

本当に醜いと思うから、心当たりのある奴は1000万くらい支援したら良いんじゃないかな。

それくらい払っとけば、多少好き勝手やっても誰も文句いわねーだろ。

艦これアズールレーンをほとんど遊んだことがない人の感想

どちらも3日ほど遊んだ程度での感想なので、何がわかるかって怒られるかもしれないんだけど。

どっちも同じようなゲームに見えます

ジャンルが違うってだけで、擬人化されてるのは同じだし絵は可愛いと思う。

正直、艦これの人があれだこれだと怒る理由が分からない。

中国ゲームから怒るっておかしいと思うんです。そんな事いったら人気オンゲとか向こうのアジアが作ってるゲームあるでしょ。

運営日本からって開発はあちらのアジアさんって、よくある話。

グラフィックだって日本アプリから必ずしも日本人グラフィッカーやってるわけじゃないんです。

そういうの理解してるのかな?と。

それにグラフィックに限らないんですよ、プログラムのものもそうですし、企画だって日本人オンリーで作られてるわけじゃないんです。

艦これ日本人オンリーなんですか?紙面でインタビューされているような人たちは日本人なだけで運営の中に一人も海外の人いませんかね。

極論で言えば、誰か一人でも海外の人が携わっていれば、それは日本だけのゲームじゃないって事です。

艦これユーザーがね、アズールレーンを毛嫌うのを見てると理由が本当に情けないです。

個人的にも中国だったり韓国だったりとあちらのアジアさんたちが、いろんなことで騒いでるのを見ると呆れますけどね、

それって全ての国民がそういう人たちじゃないんですよ。

あちらの方たちも日本好きな人が多くいるでしょ。Pixivなんか見てみるといいですよ、日本が好きで日本絵描きさん大好きですって言ってる人結構ますよ。

TwitterとかSNSでもそう。日本の文化が好きですと言っている方が多いです。

そういう人たちもいる国なのに、中国が作ったゲームから…とかね、そういう理由誹謗中傷するような人をあちこちで見かけます

そのやりとり見てると、どこかの掲示板とかで時々やりあってる東方艦これの醜い争いに似てるんですよね。

東方好きの人が艦これ面白いって言っただけで裏切り者扱いしたりね。ホント醜いですね。

それと同じように艦これやってた人がアズールレーンに手を出したら裏切り者扱いです。

なんですかね、自分たちが正しいことをしていると勘違いしているんでしょうかね?

この人達は、自分が好きなゲームを貶されたら冷静にいられますかね?

アズールレーンが好きな人も居れば、艦これ好きな人もいます。どちらも好きだって人もいるでしょう。

当然、好きなものを貶されたら不愉快になると思うんですよ。

ここ数日色々見てきたのですが、艦これユーザーアズールレーンとそれをプレイしている人を散々中傷しているのを見ましたが

自分たちが同じようなことをされたら、どうなんでしょうね。私だったら不愉快イラときます

幸い、私は艦これアズールレーンも数日遊んだ程度なので愛着もわかないまま終えました。

最初艦これユーザーアズールレーンはうんたらかんたら文句ばっかり言っていたので

そんなに酷いゲームなのかって思いプレイしてみましたけど、別に酷いというか日本艦隊が敵なんだねー程度でした。

別に日本艦隊が敵でも問題ないですよね。

それが問題というのならば、ゲームに限らず日本でつくられた作品で出てくる敵が外国人だったりする物は全て問題の有るものになりますよ。

でも、そんなことないですよね。外人さんがその手の作品を見てヒステリックになってますかね。

なってないですよね。よっぽど奇特な人が居ない限りニュースにも出てきませんね。

要は何がいいたいのかというと。

艦これユーザーアズールレーンユーザーも仲良くしなさいという事です。

好みが違うのは人それぞれ当たり前です。

たまたま好きになったのが海外ゲームで、敵が日本の登場物だっただけって事です。

それを気に入らないって理由だけでグチグチと毛嫌う理由を述べて徹底的に敵視するというのは

昨今のゲームプレイヤーの醜い部分だと思います

敵視・差別攻撃、やってることは海外と変わらないではないですか。

なんでもっと純粋ゲームを楽しもうとしないのか。

コンシューマープラットフォーム戦争みたいでホント醜いです。

他人の遊んでいるゲームケチ付けるという権利はないんです。

ゲーム自体がつまらなかったのであれば、どこかのレビューサイトで公平なレビューを行えば良い。

Twitterなんかで、さも自分が正しいように他人の遊んでいるゲーム中傷するという行為人間性の醜さを露わにしているようなもんだと思います

途中にも書きましたが、ゲームもっと純粋に遊んで純粋に楽しみましょうよ。

いつからゲームのものを貶し合うという世の中になってるんですかね…。

合い言葉振り込め詐欺対策ってよくCMやってるけど

逆に危険じゃないかな、、

SNSで分かるような合い言葉だったら簡単突破出来るだろうし、数撃ちゃ当たるでたまたま突破できてしまうかもしれない。

んで、突破されたら合い言葉なしの場合より信じてしまって振り込んじゃいそう

2017-10-12

他人ブログを見るのもいいけど参考程度に!とにかく人より3倍書くことが大切

inoueのスキルアップブログです。

ブログで成果を出したいなら、他人ブログを見るのもいいけれど参考程度にして、とにかく人よりも3倍書くことが大切。

それでも結果が出なければ5倍書きましょう。確かにブログをただ書くだけではダメですし、収益もそんなに発生しません。

初心者ブロガーにとって大切なことは正しい知識ですが、それ以上にブログ記事を書くことに慣れるということ。

ブログは楽しむことが長続きの秘訣!」とか、他人ブログを見るとよく書いてあります

もちろん、それは間違いではありませんが、それは何もブログだけとは限らない話。何かを成功させるためには継続が命ですが、いつも楽しいとは限りません。

他人ブログ(ベテランブロガー)を見ると、人によって書いていることが同じこともあれば、正反対のことも書いてあります

一体どれが正しい「ブログ論」なのでしょうか。


他人ブログを見るのはモチベーションアップが目的




他人ブログ論というのは、所詮他人たまたま通用した方法ということ。

からこそ、むやみやたらと信じてはいけません。もちろん、この記事ブログ論もそうです。別にこのブログ論が嘘とか間違いということではありませんが、見るだけで同じような結果が出るとは限らないということ。

基本的他人ブログ無料で読めますが、たまにnoteなどの有料ブログもあります。わざわざ、他人ブログを見るためにお金を払う必要はありませんが、払いたい人は払ってもいいでしょう。

しかし、それを見たからといって収益が発生するブログは作れません。

結果を出すためにはブログを書くしかないということを肝に銘じて下さい。そういう意味でも、他人ブログを見る目的は、「ブログを書く」というモチベーションアップが1番ですね。


ブログ論にはレベル別の段階がある




世の中には様々な「ブログ論」がありますが、そのブログ論にもレベル別の段階があります

初心者ブロガーブログ10年のベテランブロガーブログ論を読んでも、まだ早いですし、理解できないことが多いもの

読んでいて何となくわかったつもりになっていても、おそらくは90%以上理解していません。

初心者ブロガーは、自分よりも少しブログで結果が出ている人のブログ論を読みましょう。少しずつ成長していきながら、現レベルの段階に応じて他人ブログ論を見ることが大切。

ブログサロンなどに入っても、なかなか結果が出ないのはそういうことです。


とにかく他人の3倍以上書いていく




本気でブログで何かしらの結果を出したいのなら、とにかく他人の3倍以上書くこと。

書くためにはネタ仕入れなければなりません。それが体験談でも、ネット上にある他人ブログを見ることによって得られた知識でも構いません。

もちろん、コピペ(他人ブログパクる)行為言語道断ですし、それをしても得られるものは何一つありません。

モチベーション向上のためにブログサロンもいいですが、入るだけでは結果は出ません。結果を出すためにはブログをとにかく書くこと。こんな感じで同じフレーズを何回も書く記事でもいいんです。

大切なことは何回でも書きましょう。くどくない程度に。

他人ブログを見るのもいいけど参考程度に!とにかく人より3倍書くことが大切のまとめ



このように自分なりの「ブログ論」を記事にすると、人によってはスラスラと書けますし、気持ちがいいものです。

そうすれば私レベルアクセス数に到達することも不可能ではありませんよ!

けれども、基本的ブログ論のジャンルはあまりアクセス数が伸びません。ブログ収入も発生しにくいのが難点。

書かないよりはマシですが、ブログ論は時と場合によっては廃っていきます。ずっと通用するブログ論はありませんからね。

自分なりのブログ論を書くにしても、やはりブログを書き続けなければ「ブログ論」は生まれません。そういう意味でも、ブログを3倍以上書くというのはある意味では正しいブログ論です。

anond:20171012203116

たまたまそういうの知ってる立場にいる時に

新しい技術とか説明しても見た目がダサいとか的外れなことしか言われないからガッカリするんだよな

ソシャゲ業界の仕組みが分からない。

ソシャゲ業界の仕組みが分からない。

どんなキャッシュフローになっているのか全く分からない。

詳しい人教えてください。

先日、今更ながらソシャゲにハマった。

今までパズドラとかツムツムには全く興味が無かったが、たまたま見たソシャゲ広告に興味をそそられて

無料だしダウンロードしてみようかなと思い、始めたら面白くてハマってしまった。

わずかだがお小遣い程度の金額課金もした。

ゲームプレイのためのスタミナ回復時間を待つためにももう一つのソシャゲも始めた。

2つのソシャゲを交互に遊びながら、みんなが夢中になってるソシャゲって確かに楽しいな!

と思い始めた矢先に「サービス終了」のお知らせがあった。

その翌週にはもう1つのソシャゲ終了のお知らせ

メインでやってたゲーム来年1月まで、サブで遊んでいたゲームは今年11月まで。

どちらもゲームサービス開始から1年もたたずにサービス終了だった。

「金返せ!」ってほど課金した訳でもないし、金額分は楽しめたと思うのでそれは良いのだがサービスの終了は残念だった。

どちらのゲームもこんなに面白いのになんで終了するんだ??と素人ながらに疑問に思った。

儲かってなかったようには見えなかった。(根拠は全くない。)

終了する理由はどちらも、お客様に楽しんで頂ける品質を維持できないうんぬんである

結局本当の理由はなんなのだろうか?儲かっていなかったのか??

知り合いのIT系人間が言うには運営費バカ高いそうである

運営費とは、宣伝広告費サーバー代、人件費、開発費だと思う。

その中でもサーバー代が特に高いらしい。知り合いは得意げにそう語る。

月額数千万円だとか。本当なんだろうか?都市伝説的に、伝言ゲーム的に、金額がどんどんでかくなってるんではないか素人は思ってしまう。

サーバー運営が高価なのは分かっているつもりだ。

ただ50万人がダウンロードしたゲーム同時プレイは多くても1万程度と予測するが、

それでもサーバー代はそこまで高価なのだろうか?

どんな会社にどんなプランいくら発注しているのだろうか?

知らない世界でもあるので純粋に知りたい。

そしてソシャゲが終了した会社倒産するのか?(そのゲーム1本しか運営してない会社

全然そんな気配はない。社長を調べてみたら終了発表後もfacebook普通にレストラン料理写真をあげてる。

いいね!で繋がっている人も違うゲーム会社社長さんのようで2016年初頭に同じように半年程度でソシャゲを終了していた。

その会社は今はVRゲームを開発中だそうだが、いつどんなタイトルリリースするのか、どこにもまったく情報はない。

それまで収入源がないまま港区の高級オフィスでやっていけるのだろうか?と余計なお世話だが気になってしまう。

そんな会社ちょっとググっただけで数社は出てきた。

そういった自社サービスを謳うが自社サービスが終了しているソシャゲ会社

wantedlyあたりで探せばいくらでも出てきそう。

そもそも自社のサービスである数年の歳月と数億の開発費をかけたソシャゲ、なんでそんなに簡単に終了できるのか?と不思議に思う。

ソシャゲの開発には平均2億円程度の費用がかかるそうだ。(知人情報で真偽は分からないが、相場だろうと思う。)

もしかしてソシャゲリリースしたらすぐに元が取れて十分に儲かっているのか?だから早々に撤退してしまうのだろうか?

何年も前から宣伝費をかけて事前予約で人を集めておいて、1年持たずに終了することこそ計画通り

リリースと同時にいきなり投資分の回収モード全開なんだろうか?

それともソシャゲ会社経営者投資金額が消えても大丈夫なくらい鉄のメンタルなだけなのだろうか?

中小システム開発会社社畜である自分にはどんな仕組みでどんなキャッシュフローになっているのか全く分からない。

詳しい人教えてください。

anond:20171012154755

俺は日本人だけど、たまたま聞いた曲のイントロだけで

これって日本のじゃね?って大体予想つく

前にレンタルで借りた洋楽CDが中身間違って日本メタルバンドCDが入ってて

気付かずに再生したんだけどすぐに邦楽っぽいなって感じた

音が何か違うんだよね

ガシャでまだ出してない人に直接「出しました」と報告するのはやめて

 ガシャで欲しいカード(キャラ)がまだ出せてない人に対して直接「出しました」と報告する文化は無くなって欲しい。

 SNSで誰にとも向けず「無償石で出ました!」とか「おは60で出たラッキー」とかは良いんですよ。「やったああああ出たあああああ!!!!!」なんかは本当に嬉しかったんだなぁってほっこりするんだ。そういう人達には素直におめでとうって言うし、ポジティブ感情で見てられるんだ。

 でもさ、「xx万かけても出なかった…」とか「うわあああでないいいいいあああああ」とか言ってる人宛てに直接言うのは本当にやめて欲しい。

 以前、これを本気の善意で言ってる人がいることは聞いたことがある。でもね、これ見て元気出してって意味らしいけど、ネガティブになってる人にその行為ダメです。その人の気持ちが潰れてしまうよ。元気の出る言葉は個々人で違うから、1パターン覚えて使いまわすのは危険だよ。

 冗談が通じる友人との間で言ってる人、その人の本気度合いの見極めは怠らないで。そのカード(キャラ)への気持ちが本気すぎると友情が壊れるよ。あとそういうのは積もるものから、いつか爆発するかもしれないから気をつけて。

 赤の他人に煽るために言ってる人、よかったですね効いてますよ。あなたの性根が素晴らしくねじれ腐ってることもよくわかります。きっとあなたの周囲ではそれが挨拶代わりなのでしょうね。そこから出てこないでくださいますか?

 あとこういう記事たかデータ大金つぎこむとかバカなのですか?とか言う人、本記事対象外です。きっと何か物申さなくてはいられない人種なのでしょう。でも他人を煽ろうとする人とご同類ですね。そこから出てこないでくださいませ。

 たまたま昨日ガシャ更新で欲しいキャラが登場してさ、私が回す前におは60で来たぜって連絡してくれやがったオトモダチがいたんですよ。そのときは平静を保っておめでとうって言ったよ。でもさ、オトモダチよ、私がそのキャラ大好きなの知ってるよな?その後回して出たからいいけどさ、出なかったときはどうするつもりだったんだよ。

 嫌だわ、早く磨り潰さないと。

日付みようとしてPCみて、時間を見て10/12って書いたあと、ん?って思って見直したら、たまたま時間と日付が同じだったから感動した

吃音のある就活生はなぜ障害者手帳を持っていない?人事採用戦略の話

吃音のある就活生はなぜ障害者手帳を取らないのか 人事採用戦略障害者雇用、法定雇用率が重視されていることを知らないのか? 発達障害学生達の方が障害受容をできている件

2017年10月11日NHKEテレ放送したハートネットTVを見終わった。

吃音のある大学生就職活動だった。番組は「私たち就活 —吃音とともに生きる—」

>http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/program/index.html?id=201710042000>

今年もスタートした就職戦線社会に出る期待と不安に揺れる大学4年生。近年、売り手市場が続くなか、取り残されそうな若者たちがいます吃音症のある就活生たちです。吃音症とは、発声の際、第一音が出ない、繰り返す、引き延ばすなど言葉を円滑に話せなくなる症状。全世界人口100人に1人が吃音者であり、日本では120万人以上の吃音者がいると言われています吃音は、その場の状況によって不規則に変化していき、家族や周りの人も理解しづらい上、本人すらもいつどこで吃るのか、わからないといいます医学的にも、その原因や本態は分からず、完治も困難というのが通説です。多くの吃音者が、自分障害と正面から向き合わざるを得ないのが就職活動の時。言葉によるコミュニケーション能力要求される面接は大きな壁となっています言葉が円滑に話せないことで、コミュニケーション能力が不足していると判断されることも少なくありません。夢を抱くことよりも、吃音による障害が頭をよぎり、話すことの少ない職業を選ぶ吃音者も多くいます吃音への理解が乏しい状況で、生きづらさを抱えながら、社会に旅立とうとする姿を追いかけました。<<

これを見てショックだった とても不憫に見えた

なぜ、一般枠の就職活動吃音があることをカミングアウトしているんだろうか。自殺行為だ。吃音のある人を採用できない理由になってしまう。はっきり言って多くの採用側が不採用決定するだろう。もちろん宝くじに当たるような確率でどんな障害をもっていても障害者手帳必要ありませんという事業者もいるだろう。だがそのような奇跡に巡り合うのは就職活動期の短期間ではありえない。新卒という大事な時期を逸してしまうだろう。もしも吃音障害などをカミングアウトしても大丈夫という企業名や団体名が存在するならインターネット上でリスト化されているはず。逆に名称を教えてほしいくらいだ。

病気障害があることは隠し通せるなら隠してよい。どうして正直に話してしまうのか。職場配慮してほしい事なんて告白されれば、配慮必要ない人を採用したいと思ってしまうのが本音だ。採用側としても法定雇用率にすら計算できない状態の人を採用すると吃音のある学生達は本気で思っているのか。

障害者手帳を持っている状態吃音がありますカミングアウトするならまだ理解余地はある。吃音のある就活生は障害受容が足りないと感じる。障害受容をしないで吃音がありますカミングアウトをするのが逆に怖い。職場内の環境を整え配慮をする採用側はその分、法定雇用率にも計算したい。ウィン・ウィンの関係だ。吃音のある学生は正直にカミングアウトしてくれるわけだから採用側の考えはカミングアウトをするなら障害者手帳をを持ってきてくださいだ。あとでコピーを提出してくださいだ。今ここで正直に吃音のある学生告白します。

面接ときだけ、就職活動ときだけ上手く吃らないように話すために練習しても意味はない

吃音のある人の発声練習面接練習をしている場面がハートネットTV放送内であった。どこかの就労移行支援事業所だろう。

だが。はっきりいってこれは無意味面接ときだけ運良く何事もなくても、結局社会人として働くことになってからありとあらゆるコミュニケーションがある。仕事業務のみではなく、お客様取引先と友好な関係を構築維持する。理不尽要求対応することもある。社内でも決まりきったルーチンワークだけではない。イレギュラーもある。面接ときだけ上手く乗り切ってやろうという魂胆もいただけない。面接ときから嘘をついているのは評価できない。そのまま絶対にバレないなら問題ないが吃音は必ずわかってしまう。素直に障害者手帳を持ってきてほしい。そしてどのような場面だと吃音がでるのか。どういう人と話す時に吃音がでるのか。どのくらいの時間吃音になってしまうのか。吃音になった場合どう配慮をしてほしいのか。そういうことを面接で教えてほしい。発達障害学生が提出してくる私の取扱説明書という障害特性や苦手な部分を表現した資料必要だ。こういったことも吃音のある学生には就労移行支援事業所で学んでほしい。

発達障害のある就活生はこうやっている

例えば、発達障害のある就活生なら障害者手帳発達障害場合精神障害者保健福祉手帳交付される)を取得して新卒障害者枠で応募をしてくる。社内でも発達障害のある新卒学生で入ってきて新人として働いている。とてもいい子たちばかりだ。本当に発達障害があるのだろうか?と思うくらい大人しい真面目な子もいる。最初ちょっと???な部分が多かった子もいる。障害者就労支援職?ジョブコーチ就労移行支援事業所スタッフなど外部の人間が間に入って、お互いの距離感を埋めてくれる。邦人外国人文化や考えの違いによって驚くようなこと最初理解し難いことを通訳してくれる感覚だ。入社してきた新人さんに教えてもらったことだが、新卒就職活動一般枠と障害者枠を両方やったそうだ。一般枠でもいけるかもしれないと頑張りつつ、障害枠もしっかり考えて人生設計をしたという。

発達障害のある人に吃音の人がいると思う

そしてこの放送をみてわかったこと。吃音を持った発達障害の人もいる。あの放送に登場したどこかの就労支援施設で訓練していた訓練生達、男子学生女子学生、彼彼女らの特徴的な喋り方話し方、微妙につまる間が有る、時間が停止し沈黙をする場面。これらを持った発達障害の子が社内に存在する。会話をする時に視線が合わないところ、首や頭を不自然に動かすところも酷似している。瞬きが多いことや、あのー、そのー、えーっと、うーんと、なんであの、などなどを話す時に使う子もいる。障害者雇用セミナー吃音発達障害者支援法に含まれており、軽度でも精神障害者保健福祉手帳を取得できるという説明を受けた。その際、アスペルガー症候群広汎性発達障害ADHDLDなどの発達障害と一緒に吃音を持っている場合もあるとのことだった。

吃音のある就活生は一般枠だけに目を向けるのを止めたほうがいい 障害者枠でもいいか社会に出て

放送の中で吃音のある学生マスコミとかメディアシステムエンジニアになりたいとか語り一般枠で吃音カミングアウトしながら就職活動していた。発達障害のある障害者手帳を持った学生障害者枠でスムーズ希望する業界内定が出ている現状を知ったらどう感じるのだろうか。もちろん障害者枠のためできる仕事一般枠と比較すれば限られている。ただ、新卒として社会人になることの重要性と意義は気付いてほしい。障害者枠でもいいか新卒ブランク無しの状態社会に出てきてそこから成長してほしい。障害者枠でも新卒入社できれば新人教育プログラムを受けてどこに行っても通用する最低限の知識を得られる。その後、会社職場で幅広い年代の人と仕事をする。これを経験する方が圧倒的に重要だということを気付いてほしい。就活に失敗して非正規フリーターになってしまうとこういった貴重な機会すら巡り会えない。

今回の放送を見たところ吃音のある学生吃音障害者ではないと思ってこだわっているように私には見えた。吃音のある人達吃音以外の障害がある人を低く見ているのか?自分たちはそうじゃないよアピールをしているようにも見えた。繰り返しになるが発達障害のある学生障害者枠で就職活動をし内定もらってマスコミメディア業界に、システムエンジニアになっている子もいる。学生側有利と言われている2017年現在内定が無い、新卒就職失敗して履歴書に空白ができるのは長い人生で見て大きな損失だ。障害者枠でもいいか社会に出てこいとしか言えない。おそらく吃音のある人たちは障害者イコール給与が安いとか考えているんだろうけど、弊社は違う。仕事できるならチャレンジできる。さらに元々いた社員にあとから発達障害があることが判明し障害者手帳を取得した立場の後輩もいる。発達障害によって発生するかもしれない部分は対策をして今まで通り働いている。その後輩もパッと見、発達障害があるとは思えない。ただ独特な価値観センスがあるのは知っていた。たまたま普通の人が絶対にしないであろう事を失敗したのがキッカケで発達障害がわかっただけだ。

吃音のある人も変わろう そうすれば社会も変わる

話をもとに戻す。

吃音のある人が障害者障害者枠に偏見があるならなおさら障害者手帳取って社会に出てきて結果を出して吃音のある自分のためにも後輩のためにも道を切り開いていけばいいじゃないかというのが正直な気持ちだ。そういう道が既に存在していればそもそもハートネットTV取材対象に選ばれることもないだろう。なぜなら就職活動で困らないからだ。そうなっていないかハートネットTV放送されるようになってしまっている。今回ハートネットTV吃音のある人を取材対象にしたのは吃音のある人以外にも吃音を知ってもらう意味もあったのだろう。NHK障害受容の難しい発達障害もあると伝えたかった意図もあるだろう。私も思い切ってここに書こうという後押しをハートネットTVにしてもらった。吃音のある学生は素直に障害者手帳をもって就活してみなさい。そして社会吃音のある人も仕事できるじゃん!と思わせてもっと一緒に働きたいと思わせなさい。吃音のある人側が障害者だと思われたら嫌だからという理由一般枠にこだわって就活を頑張り続けるのは自由だけど発達障害学生がどのような就職活動をして人生計画を考えているかも知ったほうがいい。障害受容のできた発達障害学生吃音のある学生はどんどん差が開いていると思う。発達障害のある人の雇用事例や合理的配慮事例はたくさん考えられている時期。吃音のある人も雇用事例がどんどん集まってくれば就活が少しやさしくなるかもしれない。発達障害のある人の雇用事例、発達障害のある先輩の声コーナーの中に吃音が全くないか採用側もどうしていいのかわからないということもあるだろうけど今がその時だと思われる。吃音のある人、吃音のある学生はどのような合理的配慮をしてほしいのかどんどん情報を発信してほしい。

最後に人事採用戦略の話

2018年から精神障害者保健福祉手帳をもった人(発達障害も含む)の雇用義務化が開始される。

ここで人事業界、採用側は新卒入社してしまうと流動性が無い身体障害者で法定雇用率を達成するのは難しい。知的障害のある人も流動性が無い。

精神障害者はどうかというと勤怠が安定しない場合がある。そこで発達障害者が出てくることになる。

発達障害ビジネスチャンス認識して発達障害者を扱う職業訓練所も乱立している状態だ。発達障害向けの就労移行支援事業所ピンキリ発達障害のある人、発達障害のある学生はK社経由の発達障害の人が多いのではないか

法定雇用率の引き上げ。ダイバーシティサステナビリティCSRというワード報道消費者に触れる機会が多くなっている。

そのため採用側も障害者雇用積極的に行うところも増えてきている。

そこでちょうど障害受容ができている発達障害者重要視されている。

障害者雇用関連のイベントセミナーでもそもそも発達障害とは何か?の説明から発達障害者特性を学ぶことも多くなっている。

広汎性発達障害アスペルガー症候群などの自閉症スペクトラムADHDLDトゥレット症候群吃音などは厚生労働省内閣府発達障害説明として具体的に明記している。採用側の人事採用担当障害名、病名や特徴を把握している。

そんな中で私は吃音があります。と一般枠でカミングアウトされてもその後の展開が良い方向に行かないこと、難しいことを吃音のある人にはよく理解してほしい。

前のほうに書いたが、本当に発達障害があるの?ってくらいの人も障害者手帳を持っている。吃音障害者手帳を取得してから就活戦線に来てほしいと思う。

ハートネットTVの冒頭でどこかの合同就職説明会でどこかの会社の人事採用担当者コミュニケーション能力重要性を解説していたように。その要求水準に吃音のある人が応えられないならば

障害者手帳を持っていてほしいというのが本音だ。何度も繰り返し書いているが、これが採用側の本音だ。吃音のある人よ。吃音のある学生よ。採用側は法定雇用率に計算したい。このような背景があるわけだから一般枠で病気障害があります!とカミングアウトしても不採用通知の来る可能性が高くなるだけなのでそこの部分をよく考えて行動してほしい。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん