「個人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 個人とは

2019-05-23

[]

1. 功利主義行為制度社会的な望ましさは、その結果として生じる効用苦痛快楽)によって決定されるとする考え方

2. 苦痛快楽評価する際に人のそれと人以外の動物のそれを区別する合理的論理的理由がない。(種差別)

3. 個人間の効用比較不可能性に対して

国際医学団体協議会International Guiding Principles for Biomedical Research Involving Animals の中で、“動物が感じる苦痛の程度はヒトが感じるそれと同等と考える。”としている

4. 個人の嗜好によって得られる快楽に対してその為に他人を殺すことによって生まれ苦痛の量の方が多い。(快楽殺人は認められていない)

年金欲しければ子供産めよ

将来の納税者を生み出す。

これが個人でできる最善のことじゃん。

デモとか安倍とか言ってないで捨ててもいいから産んだ方が良い。

チケットの定価以上の転売個人でもサービスでも滅べ

はじめてイベント仕事をしてる

予算もないか手弁当でみんながんばって、少しでも楽しんでもらおうといいイベントにしようとしている

チケットも全部はけた

ツイッターでの交換とかは目をつぶることにして、行きたい人がいけるようになればいいなと思ってた

そんな時に見つけてしまった定価以上の転売容認チケットサイト!!!

うそうお前だよお前チケット◯通センター!!!!!!

なんと3倍以上のチケ代で取引完了になってて白目むいてひっくり返った

その金額あれば定価ならイベント間中毎日イベント参加できたし物販も全部買えた

その金額が正しく得られるはずだったその人の楽しみから搾取されたのだと思うと腹が立って仕方ない

もちろん、小さいキャパチケット売り切らないと赤になっちゃうようなパワーしかないこちらも悪いんだと思う

ごめんな、これが成功したら次大きくできるかもなんだ

それにしても転売は悪!!!!!イベントに限らず中身考えて準備しての労力をなんもしないでかっさらっていく!!!蛆虫どもが!蛆虫の方がマシ!あいつらは立派に仕事してる!!!お前らは違う!!!

買う側だったら買い占め死ねよ〜と思うだけだったけど

そのかっさらい、出す側にしたらマジで殺意しかない

どこかのサイト転売禁止法律施行されても正しい価値で届けてるだけから違法じゃないもん!とか書いてたけど

バカか?なんで正しい価値とやらを

赤の他人がかっさらってくんだよ

せどりとかも悪

チケット転売も悪

ルールを守った人たちの流れにたかハエどもは滅びてくれ

おしまい

anond:20190523141906

ONE OUTS面白いよね。

最初の方の監督試合放棄した場合スコアの付き方とか、それによって個人選手の成績がどうなるかっていう人情を利用した所ですげーと思った。

最後の終わり方もサラっとしてるものの、リカオンズの選手陣がまとまっているか気持ちがいい。

[]

久々にこっちで雑感。

ツイッターとかの明示されたアカウントで語るには取り扱いに困る、そんな話をしたかったのが理由。「お前は敵がつくりてぇの?」って聞かれたら、作りたくもないし、作る意義もないからね。とはいえ、やっぱり語りたくなる。今回の『青のフラッグ』の44話には、そういったパワーがある。

各々に考えがあり、理由がある。そこに普遍的な是非を求めることの危うさ。

いやあ、ほんと。本作は漫画という媒体で、どこまで多元的な考え、人格描写するつもりなんだっていう。面白いかっていわれると、愉快ではないんだけれども。安楽椅子状態での会話がメインって絵的には面白みが薄い。どうしてもセリフばっかりになるし、読者側にエネルギーを要する。しかも本作はスッキリしない。わかりやすく間違っている人間に対して、正しいことを言って溜飲を下げるだとか、そういった明瞭な快活さを与えてくれないのでストレスたまる。それでも評価せざるを得ない話ってこと。

本作は各々が自分なりの考えを持っていて、そこに明確な是非を要求すべきじゃないってのを逐一訴える。今回の女子高生二人の言い分も間違ってはないんだよね。むしろ現代社会の通念上は、正しい寄りの考えと言ってもいい。じゃああの丸刈り君は偏狭性差別者で、“普通じゃない、間違っている人間”なのかっていうと「ちょっと待った」ってなるわけ。私も同性に痴漢されたことはあるからからなくもない。そういった経験から来る嫌悪感普遍的な通念では拭い去れない。読者の中には今回の話を読んでなお、あの丸刈り君をただのクソ野朗で終わらせる人もいるだろうけれども、作中ではそれこそ狭量ではないかと指摘しているようだった。

安易善悪二元論の懐疑。ああいった問題で、正しいだとか間違っているだとかの線引きで考えたり、分かりやす悪者を作り出すことの危うさを作者は知っているんだと思う。作劇として見た場合言語化しすぎてて読み味も良くないんだけれども、本作はそういうのを妥協したくないんだろうなあ。『鈴木先生』を思い出す。大衆が受け入れがたい、スッと入ってこないであろう考え方を大げさに、だけど真っ向から長々と語る。

「何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよ」は名言でも正論でもない。

「好きって感情はいいけど、嫌いって感情ダメ」みたいなセリフが劇中に出てきて、私は「うげえ、また“ツギハギ論”かよ」って思った。「何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよ」。『ツギハギ漂流作家』という漫画打ち切り間際に描いたあのセリフ。あの漫画顛末を踏まえた場合逆ギレじみた言い分に近い。けれども、なんだかセリフだけ一人歩きしてしまって名言になった。なってしまった。だから私は“ツギハギ論”って呼んでいる。実際このセリフ安易引用する人間の主張にはツギハギ感があるので、その点でも“ツギハギ論”って呼び方は適格だと個人的に思ってる。

で、ちょっとウンザリしたところで、「好きって感情は良い感情、嫌いって感情は悪い感情って考えは雑すぎる」といった指摘が入る。ああ、そこも言語化ちゃうだっていう。もう完全に私はこの作品に踊らされている。「何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよ」の歪さを分かってる。あのセリフが憚って10年以上も経っているのに、まだあれを正論だと思っている人がたくさんいる。あれが大した理屈じゃないことは、好き嫌いについて向き合っているのなら自ずと分かるはず。けれども、好きなもの他人に嫌いだって言って欲しくないという自己保身のために、あのセリフを都合よく使う人は後を絶たない。

好きという感情肯定する以上、嫌いという感情肯定しなきゃ辻褄が合わない。まあ、肯定否定個人感情によるところも大きいので、各々がどういうスタンスをとるかまでは是非を問えないけれども。そのせいで、意見の不一致による衝突は出てくるし、それを避けたいのも人間本能だしね。だからだって、こういう話は後腐れのないところで書く。とはいえ感想書きは、結局この“好き嫌い”を様々な言葉で紡ぐ表現手法の一つなわけで。好き嫌いのものを、片方だけ是としたり、有耶無耶にしたりすると評論としてはむしろ信頼できない。

とはいえ、これを完全に理解するには面倒くさすぎる。

そんなわけで評価はしているけれども、本作はかったるい。言語化しすぎというか、野暮ったいセリフ選びも多い。セリフの少ない場面とかはすごくエモいだけに尚更そう感じる。エンタメという枠組みで見たとき、あれは愉快な描き方ではないし、上手い描き方でもない。「悪役が何かエグいことをやっている」だとか、そういう“エンタメ的には良い不愉快さ”みたいな意味ですらなく。飲み物なしでビスケット食っているみたいな感覚

例えば、同サイトで読めるのだと、『さよならミニスカート』は分かりやすい。あれは良くも悪くも複雑じゃない。いや、人によってはあれでも余剰過ぎるくらい複雑かもしれないけれども、訴えていること自体はすごくシンプルなんだよ、あれは。基礎的なジェンダー規範を取り扱って、それをテーマにしている作品。様々なマンガで、以前から脈々と語られてきたジェンダー論をメインに、現代の人たちに刺さるようドラマティックにリブートしている。だから陳腐とまではいわないけれども、やや表層的ではあると思う。ああいったテーマを多側面的に考えたことのない、一般大衆向け。それ故に刺さりやすいし、読み味も良い。『青のフラッグ』もウケてはいるけれども、作者が想定しているであろう理解力の読者はそこまで多くないと思う。

その点で『さよならミニスカート』は多くの読者に色んな意味で優しい。まあ、テーマ的に何かすごいことをやってる~みたいに持てはやしだしたら危ないと思うけれども。『サウスパーク』とかで登場する、ソーシャルアジェンダに踊らされた大人たちみたいになってしまう。「私たちはそういうのに理解があるよ」といったスタンスゴリ押すことに一切疑問を持たない、実際のところ無理解人間。「社会正義から」、「一般の善良な考えだから」といった、誰かがあらかじめ作っておいた前提で理屈を紡ぎ出す。だから一見すると尤もらしいんだけれども、ちょっと小突かれただけで論理破綻してしまう。

とはいえ、そういった指摘をフィクション世界でわざわざ言語化しても、ほとんどの人はそこまで様々な視点から物事を考えないので伝わりにくい。一般社会の善良そうな考えで生きれば支障はまずないから、考える必要がない。むしろ考えすぎて自我袋小路に入ってしまうこともあるからちょっと無思慮なくらいが丁度良いまである。色々考えていたとしても、個々人の規範一般社会規範をすり合わせる他ないから。『青のフラッグ』のセリフからとるなら「お前は敵がつくりてぇの?」となる。私は御免こうむるし、多くの人も「そんなつもりはない」と言うはず。自覚しているか、実際の行動と矛盾しているってパターンは多いけれども。敵味方っていう構図の作り方が、そもそも履き違えているのを大体の人は分かっている。前提を共有をしていなければ主張の押し付け合いにしかならないし、かといって論理ゲーム本質から遠ざかっている。

そんな感じで、私の中でもまとまっていないので、ここで雑感は終了。ここまで語っておいてなんだけど、こういう特定作品を基に社会論をアレコレ語るのは、どこぞのサブカルくそ野朗みたいで我ながらアレだと思ってる。自分ツイッターじゃあ、絶対こんなこと呟けない。あれこれ考えてしまうから吐き出して解消したいだけで、漫画もっと気楽に楽しみたい派。ぶっちゃけ私は『むとうさとう』レベルの軽いノリでジェンダー取り扱ってる漫画の方が好きだ。

anond:20190522224201

ヴィーガンの人に限らないけど増田って「俺ら一枚岩さあ反論しろ」みたいな意見を堂々といっておいて

結局「※個人お気持ちです」の免責かかずに煽りたいだけの匿名バカなんですよね

僧侶インド人や食物アレルギーのことを勉強意見統一して建設的な議論してほしいのはそっちだよな~

 

サボテンだって苦痛を感じているよ

一方でクロレラミドリムシなどは苦痛を感じてるか人間が感知できてないね

ドラゴンフルーツうめ~

死刑反対派「娘を持つに至り、最近性犯罪限定なら死刑必要悪だと思うようになってきた。 」

げに。以前は杓子定規にわけもわからず「しけいはんたい」叫んでたんだけど、娘を持つに至り、最近性犯罪限定なら死刑必要悪だと思うようになってきた。

2019/05/22




クソ過ぎるでしょ…。

いやこいつ個人を叩きたいんじゃなくて、進歩派っていうのはこういうクソが多すぎるという話。


そもそも制度に関する進歩的な主張って、

人格的な進化が伴うことを不可欠とするものが多い。

死刑反対」も、憎悪復讐心から手を切って慈悲や理性で判断する人間にならなければ本当には言えないこと。

でも世の進歩派っていうのはそういう自覚覚悟も無いのに進歩的なこと言ってる。

まさに「わけもわからず」もしくはええ格好がしたくて言ってるだけ。


から死刑賛成派という意見を異にするだけの陣営にすら物凄く憎悪や見下しを見せるでしょ。

自分と同じこと言わない奴が腹立ってたまらないし、自分より遅れてると思えば見下して興奮と快感を感じるわけだ。

人格はそういう憎悪に満ちたもののまま1ミリ進化せず、主張だけ進歩的な主張をしてる。

自分の主張がどういう意味を持っててどういう要件で成立するのか、きちんと考えたこともない。


から「娘を持ったら性犯罪者は死刑でいいと思うようになった」なんていうことを堂々と言える。

こんなん「自分が可愛がってるものを傷つける奴は憎む!」っていう動物的なお気持ちを表明してるだけ。

娘をむごたらしく殺されて犯人死刑を望んでる死刑賛成派とか絶対いるぞ?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%97%87%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

↑例えばこれの、いきあたりばったりの強盗殺人で娘を殺された母親犯人死刑を望んで会見してた。)


君は自分の娘が可愛いというお気持ちに少しも抵抗せずに憎悪復讐肯定するならば、

死刑反対派やってた時に娘を殺された遺族のお気持ちを踏みにじったことについて深い後悔ぐらいもたないのか?

なになんか、「娘を愛して人情にめざめたじぶん」みたいなかっこいいもの風に発言してんだよ。


死刑反対っていうのは

自分の親しい人の生命が踏みにじられてもそれをした犯人を許すって言うことだ。

それは素の人間とは隔絶したレベルまで人格進化させた立派な人間だ。

死刑反対を唱えるならそのレベルまで自分人格を鍛え上げる覚悟必要なんだ。


なのに世の進歩派を自負する人間の大半はそれしきのことも考えず

ぼくちんかっこいいアテクかしこいというお気持ちだけで「しけいはんたーい」、

娘生まれたとたん「この子を傷つけたやつはぶっ殺してやるう」、

異を唱えられたら「ばか!」「はんどう!」「うよく!」、

その場その場のお気持ちだけで生きてるただの動物だ。


動物お気持ちのまま生きるなら進歩派っぽいことなんか一切目指したり装ったりするなよ。

お前らは動物だ。動物でいいか人間ごっこをするな。


追記

ChieOsanai 逆に、死刑賛成派は、自分誤判死刑になったとしてもしょうがないって覚悟してるの?

このエントリの主旨とは大分ずれてるけど

それをドヤ顔で言うあほにも一度聞いてみたかったんだ


おまえはさ、

自分誤判死刑になるのは許せないけど、

誤判無期懲役になって獄死したり70歳ぐらいで名誉回復して出所したりするのはOKってこと?


俺が何に突っ込んでるかわかる?

あほは1から10までくどくど説明しないとわかんねえから念を入れないとな

お前のそれを正しく訂正するならこうよ

刑罰賛成派は、自分誤判される可能性も飲んでるの?」


どう?逆にChieOsanaiに聞きたい

お前は刑罰自体を反対するアナーキーなのか、それとも誤判可能性を受け入れて刑罰を支持してるのか、どっち?

べつにどっちでもいいんだけどね

言われてることわかるかな


ついでに何より大事なことだが

このエントリ読んで「書き手死刑賛成派なんだな」って思ったならお前は頭がいい方の人間ではない。

頭がよくはないという自覚を持って謙虚姿勢で生きていけ。

それはお前にとって死刑賛成反対なんてみのほど外れたこと考えるより大事なことだ。

anond:20190523100022

ヤフコメ 1000万人

ちゃん  500万人

小町    300万人

教えてgoo  100万人

はてな    10万人

はてなに書き込む人100人

業務時間中に遊んでるとAI仕事取られますよ。

・知り合いが見て個人特定されることは、

まずありません。

ちょうど一年前のこれぐらいの時期にここに日記を書いたと思う。

そしてその時も彼氏の話だったなあなんて思っている。

21日、明けて22日に約二年近く付き合った彼氏と別れた。

理由は正直うすぼんやりとしたものである


昨年ここに新卒就職した遠距離彼氏会社合わなすぎて自殺未遂しててどうしよう!みたいな日記を書いたのだが、

その後彼は何をきっかけにか私がその日記を書いてから2週間後程度に無事退職した。

私はひどく安心したし、再就職活動の開始タイミングまではよく話もしたものである

しかし、再就職活動をがっつり始め、9月頭に再就職を無事果たし、新しい仕事にも慣れたであろう12月

退職してから12月になるまでの間、それまでほぼ日だったLINEは週2、3回となった。(それでも大体おやすみを言うまではやり取りが続くのである。)

仕方がないよな、忙しいだろうし落ち着くまではそっとしておこう、そうして私は12月まで辛抱したのだ。


9月就職して、12月までなら3カ月ある。

多少なり仕事にも慣れて余裕ができただろうか?、半年程声も聞けていないしとそろそろ通話をしたいな、なんて滅多にない我儘を言ってみた。

私は彼氏の声が、声フェチとして大変好きである

しかし見事に私の年に1回あるかないかの我儘は「忙しいから」との理由で断られてしまった。

忙しい。そうか、深夜に共通ネットのフレンドとゲームをしているのが目に見えていたが、忙しかたか

今まで彼氏シフト休日に合わせて、夜勤上がりでも日中話したさに健気に起きていた私の気も知らないでギャンブルに勤しんでいるのも知っていた。

そうか、忙しかたか。遊んでいるように見えたんだけど、忙しかたか

いや、休日に起きているのはあくまで私の「あわよくば声が聞けたらいいな」程度だったのでそこまで不満ではなかったのだ。

しかし、それまで休日日中にあった通話は彼がギャンブルを覚えてからめっきりなくなっていった。

「ああこの人は日中どうせギャンブルに出かけるのだな」と思うと、夜勤上がりの私はそのまま日が落ちるまで寝潰すことを覚えた。

思えば、今まで通話の催促を相手からしてきたことが最初しかなかったように思う。

元々話下手な彼であったのと、LINEだけはべらぼうにしていたので個人差の範囲だろうと解釈していた。

しかし女心とは面倒なものでつい「ああこの人は私の声を聞きたいとか思ってくれないんだな」とか思い始めてしまうのである


年が明ける頃にはどうしたものかと友人やネットのフレンドらにも愚痴まじりで相談することが増えた。

2月の末に彼氏が私の居る東京に会いに来てくれた。

その前に会ったのは昨年の3月なのでほぼ一年越しである

一緒に出掛ける場所の話をしている段階から、そこは無理、駄目、お金が、気持ちが、そういう話ばかりが出てきていて、言い訳がましい人だなと急に思った。

昨年は会う前はもううきうきで、捻くれた性格の私が朝一緒にTVを見るだけで幸せ認識できて、帰り際なんかは駅で1時間泣くぐらい好きな人だったはずなのに、

今年会う時は、会う前から憂鬱で、会ってからも気を使ってばかりで、すけべをしようもんなら催促するまでキスもなく、仕舞いには早く帰りたいな、なんて思う始末であった。

でもやはりまだ好きな人だったのか、すけべの時にキスもしてくれないのね~!なんて冗談めかして言った時に、

ふざけつつ抱きしめられたのは正直今思い出しても、キスもなく事に及ぼうとする無神経さを差し置いても、嬉しく思ってしまうのだ。

帰り際に寄った出店で買った揚げ餅を美味しいねなんて言いながら食べた記憶を思い出して泣いてしまうのだ。

結局会っている最中にそれまで感じていた不安感情晒すことはできなかったが、

彼が帰りの飛行機に乗っている最中LINEのやり取りでひとつぽろりと零したものが溢れて大体そこで伝えた気がする。

仕事を辞めた経緯であったり、声が聞けなくて寂しかたこと、声を聞きたいとか思ってもらえなかったんだなと不安になったこと、

泣くほど心配していたのに状況や近況の報告がなかった時期にどれだけ苦しかたかとか、大体そういう私の気持ちを感じろみたいなクソ内容だった気はする。

概ね彼は自分の非を認め、通話に関してはそれから改善努力をしてくれていたように思う。(結果通話は別れるその日まですることはなかったが。)

しかし、私としてはやはり欲しい時に欲しいと自ら言わなかったのも悪いとはいえ、もう今その段階ではないんだなあとか、

結果的に彼が何をどう思っているのかの意見は聞かせてくれないんだなあとかそういうことを考えていて、ふんわりと別れを意識し始めていた。


彼氏との薄い連絡を続ける日々が続き、次に会ったらどうしようかという話題が出るたびに心に針が刺さった。

そして、彼氏休みと私の休みが会うその日、じゃあ通話しようかという話になった。

私の心は別れようと決めていた。

29日の彼氏誕生日より前には終わらせて気分良く生まれた日を迎えてほしかった。

通話が始まって、手汗をじっとりとかきながら、雑談しつつ一緒に出会ったきっかけのゲームをした。相変わらず好きな声だった。

いつまでも話出せず、「次の一戦が終わったら寝ようかな」というので話があるのだと言ったら「どうしたの?何かあった?」と心配する素ぶりを見せられて心が痛んだ。

喋り始めたら、それまで楽し気にしていた彼は大人しくなり、色々諦めたような、それでいてしっかりとした喋り方になった。

ちょっとだけ告白してもらった時を思い出した。

ざっくりと、憎しみや負の感情は最早ないが、日頃のやり取りを踏まえて、友人としてでも差支えない関係なのではないか、別れたいと思っている。

そういう感じに伝えたら、向こうはいつ言われてもおかしくないなと思っていたし、ショックは受けているけど分かったと答えた。

正直その時の細かいやり取りの最中でさえ「ああこの人は私のために何か大きなアクションを取る気は元よりなかったな」と思って悲しくなった。

別に引き留めてほしかったとかではなく、

たとえば仕事中に今後のことを考えた時に、じゃあ改善するにあたってこうするか!と勢いづいてアクションを起こす気が起きないのだなと思ったのだ。

私は大変に甘え下手な人間なので、この部分に関してはアクションを起こす気にさせる可愛い彼女の振る舞いができない私にもきっと問題があったのだろうとは思っている。

世代の親戚が結婚ラッシュでさ、みたいな話をした際に彼は「現状変わることがないからなあ」と言ったのだ。

やっぱりな、と思ってしまった。悲しかった。

結局私は大事な時に限ってへらついて物が言えないので、言いたいことの3割しか喋っていなかったかもしれない。

しかも、結果としては彼がどう思って何を考えていたのかは分からずじまいに終わってしまった。


多分、別れた今でも、振った側だというのに私は彼をまだ少し好きでいるのだと思う。

仕事終わりの帰り道であったり、この日記を書きながらうざくも泣いてしまうのだ。

相手改善余地もっと与えることもできたはずなのに、クソの掃き溜めのような頭で勝手に悲しんで泣いている。

あれだけ不満を抱えていた彼氏に対して、今になってもっとうまく可愛く立ち回ってやればよかったなと思うのだ。

もっと好きだとか、寂しいとか、構ってほしいとか、いい子ちゃんな振る舞いだけでなくそういう彼女らしいことをしてあげれればよかった。

でも私は私で人に甘えるにあたってこの人なら大丈夫だろうという安心感が無いとそれができない。

精神面が明らかに虚弱な彼に対して過剰に気を使い過ぎた結果の今である

私にも責任がある。喧嘩の一つにも至ったことがないのだ。

お互い特にブロックなどをする気がない、共通の友人が多いなどの理由からSNSはそのままだ。

別れて数時間後のtwitterで、私と会うための旅費を普段使いの口座に移しただとか、つい衝動でそのお金を持ってギャンブルに行っただとかという話を見た。

休みを寝潰すようになった話をしてから、多分彼はギャンブルには行っていなかったように思う。

彼は彼なりに心や行動の隙間に私をきちんと意識してくれていたんだよなと再認識した。

今になって二人で行った場所や楽しかった出来事を思い出して、どこでどうすればより良かったのかなんて考えるのだ。

でもいくら考えても、休日の朝にベッドで適当な朝食を食べながら一緒にTVを見て未来を語った幸せ時間は戻ってこない。


せめてお互いに今後よい時間を過ごせたらと思う。

あのときのいんたーねっとはもう来ない

 私は今30台前半で90年代小学生中学生だった。あのときインターネットは本当の黎明期ではなかったかもしれないけど、そんな感じがまだあった。

個人ホームページ手打ちで作り、掲示板を建てていた。http普通だったし、FTPが当たり前だった。Yahoo検索正義だったしIEで見るのが当たり前だった。

そして誰も本名インターネットをしていなかった。違法ファイルはありまくりだし、著作権など存在しなかった。ファイルを分割して画像に埋め込むツールとかあったりした。なによりもあのときインターネットネット先が誰かなど気にしたことがなかった。だから平気でクソみたいなことをやれたし、言えた。ほんと最低の時代だ。

 それがいつの間にか、検索Googleになり、httpsじゃないと弾かれるようになり、Chrome覇権をとって、違法ファイルは表から見えなくなった。

わかるよきれいになったよインターネットは、あの時と比べて。でもなんとなく歩きにくいんだよ。少し前に二子玉川人生が正しくない人には辛いみたいな記事があったけどそれと似てるかもしれない。この原因はわかってる。ネットの先の誰かを気にしないといけなくなった、それが理由だ。現実が嫌でインターネットを見始めたのに、いつの間にか現実インターネットを飲み込んでしまった。いまじゃ愚痴一ついうのに気を使う。こんな掃き溜めのような増田も2chもいつまであるかわからない、現実がすべてを飲み込むのも時間問題だろう。

 でもわかってほしい、自分が求めているのは深層webみたいな世界じゃないんだ。自分が求めているのは分化されていない、ありのままの、ごちゃまぜのインターネット無造作にポンっと置かれていたあのときなんだ。

2019-05-22

引退している80代くらいだと高卒の元重役とかもいる。

anond:20190522154809

1960年代くらいだと、まだ大学のものが珍しかった。

県内トップクラス高校卒業生だと、都市銀行みたいな一流企業就職する人はたくさんいた。中には一部上場企業の重役になった人もいる。

工業系の県立高校など、高度成長期工場を起ち上げて大成長した人もいる。

中卒で土木世界に入り(家が貧しかったせいもある)、今、年商20億の土建会社会長になっている人もいる。(もちろんその人が起業して社長になって、高度成長に乗って経営を拡大した。)

今はもう70代後半から80代くらいの人たちだけど。

その人たちが今生まれていたら、東大なり京大普通に進学していたと思う。

今はどうなんだろうな。

の子世代が今50代くらいで、リストラの嵐。よっぽどうまく立ち回れた人でないと洒落にならない状況になっている。

一流大学卒で超一流企業就職した同級生子供大学進学を目前にして、あきらかに肩たたきと思える無茶な転勤(当然単身赴任)。

その一方で、中学の実力テストで学年最下位を取っていた同級生は、これはレアケースだとは思うけれど、中卒で料理人を目指して神戸中華街で下積みして、ラーメンチェーン店に引き抜かれ、そこで才覚を現して店長を任された。今は独立して個人経営ラーメン屋をやっているが、昨年「孫が生まれた」。自分が25歳でデキ婚で、娘が25歳で結婚したので。ちなみに学年最下位を競っていたもう一人の問題児は、家業飲食店を継いでうまくやっている。去年、アルファードを買った。

で、何が言いたいかというと、「パパ」や「ママ」だけを基準にするより、「パパ」や「ママ」の同級生の「過去」と「現在」を色々聞いてみるといいと思う。

といっても結局、「やれるだけの範囲で、やりたいことを徹底的にやる」以外ないんじゃないかな?

もちろんそれで成功する保証はない。でも人生の「納得度」は違うと思う。

自分のやりたいことを徹底的にやるために「勉強」が必要なら、頑張って勉強するといい。色々知っていることが多いと、何かと便利なのは事実だし。

やりたいことのために「勉強」が必要かどうかは、子供次第。

もっとも、子供の頃から「何をやりたいか」なんて分かっているかというと、まあ、分からん子が多いんだろうけど。

そういう私も、30歳になるまで「何をやりたいか」ということを真面目に考えたことはなかった。

動物権利に対する稚拙反論について【追記あり

はてなブックマーク - 「動物はおかずだ」デモに関して(1) - 道徳的動物日記

これね。

本当に毎度毎度アニマルライツヴィーガン話題になると同じ稚拙反論をする人たちが次から次へと湧いてくる。

何度説明してもどこ吹く風で延々と無知再生産がなされてる状況、いい加減どうにかならんもんかね。

という事で、ブコメにある典型的無知勘違いに基づく反論たちをピックアップして解説していきます

植物も生きているという反論

もうさ、これに関してはヴィーガンに関するブコメブログTwitter等様々な所で説明されてるので

知らないなら少しは自分で調べろよと。相手意見理解してから反論するなんてのは最低限のマナーでしょうよ。

とは言え、せっかくなので説明するとそもそもアニマルライツ運動ヴィーガンは「命を大切にしろ」なんて主張していないです。

大体「命」って何?定義できないでしょう。そんなあやふや運動主義ではないんですよ。(仮に一部にそういう人がいたとして決して主流ではない)

じゃあ彼らが主張しているのは何か?それはあらゆる動物における苦痛回避です。

なので、必然的対象は痛みを感じる動物基本的には大脳を持ち自由神経終末のある脊椎動物に限られてくる訳です。(対象範囲についてはいくつか議論あり)

更にこの「苦痛回避」の元になってるのは、皆さん大好きトロッコ問題でお馴染みの「功利主義」という考え方で

最大多数の最大幸福とは何か?→それは苦痛の最小化ではないか?→苦痛を感じるのは人間だけではないのでは?という発想から

まあ、この辺については掘り下げると大分話が逸れるので、興味のある人はそれぞれで調べてくみて下さい。

とういうか「植物も~」系の反論する人って実際自分植物権利を主張してるわけじゃないよね?

植物権利があると思うなら「動物植物も共に食べるな」と主張すればいいだけだし

そんな主張する人がいない以上それは屁理屈以下の空論に過ぎず、その虎を屏風からだしてみろってな話ですよ。

野生の肉食動物はどうなんだという反論

これもよくある反論なんだけど、そもそも「どうすべきか」という価値判断ってのは人間行為への言及でしょ。

野生動物行為人間価値判断押し付けようったって不可能だよね?言葉が通じないんだから

人間がどう行為すべきか」の話だからこそ「人間動物回避可能苦痛を与えるべきではない」と言ってるんですよ。

それに野生動物が捕食するから人間もしていいって理屈なら人間人間を捕食しても構わない事になるけどそんなはずないよね?

ここまで説明すると次に出てくるのが「動物植物の間に線引するなんて恣意的だ」という反論

これも「だからなに」としか返せません。人間人間社会にある倫理的線引をするならそれはどうやったって恣意的になるでしょ。

あなたは猫を食べますか?野菜クジラは食べるけど猫は食べないってのは恣意的ですか?

日本には動物愛護法ってのがあり、野菜のように生きたまま茹でたり切り刻むような事を動物にしたら逮捕されるんだけど

それは恣意的から不当な権利侵害ですか?だったら動物植物を同等に扱えるよう主張・実践してくださいよ。陰ながら応援しますので。

権利の衝突だからどちらも正当だという反論

今回の元ブログを読んで汲み取れなかった人へもっと噛み砕くと

する権利とされない権利、侵す権利と守る権利、これらが衝突した時に後者を優先してきたのが我々の文化進歩だったでしょ?という話。

例えば「Aが他者を侵す権利」があったとして「Bが他者に侵されない権利」があったら「Aが他者を侵す権利」が肯定された所でAはBを侵せないですよね?

で、ここで問題にされてるのは「Bが他者に侵されない権利」についてなので、「Aが他者を侵す権利」は反論にもなってなければトレードオフ関係でもないんです。

ここに関して「B本人がそれを望んだのか?ヴィーガン第三者じゃないか」という反論があるけど

だったら子供権利については子供が集まって主張しなければ獲得出来なかったのかと、動物には自主的に主張する術がないからこそ擁護するべきであって

子供権利獲得を大人が主張したっていいわけですよ。権利当事者以外が主張できないなんて勘違いは一瞬で更新してください。

あと、「動物はおかずだデモ」に関して言えば、動物権利を主張してる人たちの前でわざわざ肉を焼いて食べるなんてのは

愛猫家の前でわざわざ「猫を食べる権利行使」したりヌーハラが苦手な外国人の耳元で蕎麦をすすったりするようなもの

これらは権利の主張ではなく相手不快感を与える事自体目的となった加害行為で、ほとんど暴力だよね。

仮に2つの権利がぶつかり合い拮抗したものであったとしても、こんな明確な悪意・嫌がらせ肯定される事はないでしょう。

雑感

まあアニマルライツ動物権利)とアニマルウェルフェア(動物福祉)、ヴィーガンベジタリアン、そこには実際様々な主張のレイヤーがありますよ。

なのでそれぞれに反論するには、具体的に相手がどんな主張をしているか文脈含めまず知らなければならないし、それはとても大変なこと。

でも、理解できない以前に知る気もないって言うんなら一丁噛みしてくるのはやめようよと、議論ノイズしかならないんだから

「生まれた時からそういう環境だったからそれが正しい」という動物的な気持ちもわからなくはない。

けどせっかく人間なんだから一定の折り合いをつけるために建設的な議論をしたってバチは当たらないでしょう。

それにはまず知ること、知ってるよって方はどうもご苦労さまでした。

追記

押し付けんなって話じゃないの? 知らんけど

権利の衝突ではないという部分読んでいただけましたか?Aの権利自体を直接否定してるなら押し付けだけど、AとB両者の権利肯定してるだけなので押し付けではないです。

トラバにも書きましたがAの権利はBがいないと成立しないがBの権利はAがいなくても成立するからAとBは入れ替え可能概念ではなく

どちらかと言えばAこそが権利侵害的だという話です。自然権など他の生得的な権利もそうだったでしょう。

ちなみにヴィーガンがその主義に基づいた生活をする事と、社会に対しアニマルライツ運動をする事の是非はまったく別なので。

よく分からんけど苦痛回避されれば屠殺でもオッケーって主張なの? ネットの論争ってなんでもそうだけど人によって「ここが論点」つって挙げてくるものそれぞれ違って反応に困るんだよな

苦痛屠殺だけに伴うものではないので強制給餌や狭いケージなど飼育環境改善社会に求めている場合ほとんどかと。

ネットに限らず例えば「保守主義者」と議論しようとしても個人によって経済外交安全保障などイシューごと考えは様々ですよね。

なので○○主義個人議論する事は可能ですが○○主義のものについて論じようとするなら、その主義すべてを網羅する知識必要なので研究者レベルでないと不可能でしょう。

えっじゃあ苦痛を与えなければ肉食っていいって主張なのって読めるんだけどこれ。ペット子供への菜食強制問題とかも華麗にスルーしてるね

功利主義で扱う「苦痛」は単純な痛覚だけではなく五感感情を含めたものです。植物にも感情がある!とか水にも感情がある!系の人はちょっとわかりません。

ペット子供への栄養ネグレクトについてはヴィーガンだけに存在する問題ではないですよね。

植物に関してはこういうのがあります>‪食べられると野菜も痛みを感じる?米国ヴィーガン論争を巻き起こした日本研究者大発見

「多くの人に伝えたい。だから論理的には飛躍しているかもしれませんが、「痛い」といったキャッチー言葉を使って説明しました。」と研究者本人が言ってる通り

これは植物の外部刺激に対する反応の研究であって、生化学的な研究定義される「痛み」とはまったく別のものです。

というかスター付けてる人も含め本当に記事読んだのかな。

anond:20190522210154

極論だが、それは恋愛だろうと、『人間扱い』した対応だろうと同じだな。

全然違うね。

用を足すマシーン扱いと言うことは、必要のない場合相手にせず、排除すると言うことだ。

人間の部分ではなく「用」の部分以外は尊重してない。

俺は徹頭徹尾君にしか言ってるつもりはないけどな。

君は何でも総体的な話に持っていくけども。

俺は徹頭徹尾総体の話しかしてない

君は対人論法で逃げるだけだけどな。

ああ、悪かった。「半分いちゃもん」は訂正して「全部本音」に変更するわ。

本音で言ってもいちゃもんはいちゃもん

では何だと?君から具体的な被害の話を聞いたことが1度もない。『非モテ』『女からの加害』と言うが、恋愛以外の話とは具体的に何か?

人間扱いの話だよ。

そして個人の話はしてないしする気もない。君はマウント材料を探してるだけだし、俺はそれを与える気は無い

そして全体が救われるべきだというなら、ひとりひとりの人間に求める必要がある。

誰か一人で良い。それだけの事。

誰か一人すらいないか総体問題と化す

恋愛上の事なら無視排除も加害ではないとは言ったが。興味のない男の視線をかわしても、そもそも恋愛対象から外しても加害ではない。

恋愛だろうがなんだろうが、全体から無視排除するのは加害以外の何者でもない。

そして非モテは全体から無視排除をされている。恋愛的にも、そうでなくても。この加害に対して恨み憎しみ怒りを抱くのも非モテ権利復讐される事だけが君達の権利だ。

Windows10のクソな所

・各Verのサポート期間がリリース後18か月(1年半)しかない

まり会社で利用されているWindows10は、最低でも1年に1回大型アップデートを行い

VerUPする必要がある。しかし、毎回ソフトウェアシステム動作検証をするのに多大な

時間を消費することになるので、ふざけるなレベルである

  

グループポリシーの設定名称が変わる。

例えば、WindowsUpdate区分CBCBBなどの名称だったが、semi annual channelなどと

名称が変更されている。このほかにWindows Defenderが、Windowsセキュリティ Defenderなど

微妙名前が変わっているのでいちいちそれを調べないといけない。

  

更新時間がかかる。

大型アップデートは1時間~以上かかるので、WSUSで配るタイミング重要になる。

また、トラフィックの増大が懸念される。特にVPNを利用したWAN環境場合は各拠点WSUSサーバー

を設置でもしないとネットワークに遅延、最悪停止が発生する恐れがある。

  

Microsoftアカウント

グループポリシーで設定を禁止することができるが、これがないと、便利なストアアプリ

インストールができなくなるなど問題が発生する。だがこれを使わせると、個人所有のMicrosoftアカウント

使われてしまうかもしれないので、ドメイン環境ではうっとおしい事この上ない。

anond:20190522202931

まあ、むっちゃ稼いでるエリート女性上方婚志向は、「大事に育てた娘の生活水準を落とさせたくない」という親の圧力が強いんじゃない?

下方婚しようとすると大反対されるらしい。

都合よく人のせいにしても結局自分でそういう選択をしてるんじゃないですか

選択個人自由なんで、せめてその他責思考をやめましょうよ

ブコメのもの批判対象のものだと気付かないブコメ

意味わかる?

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/blog.tinect.jp/?p=59908

ブコメ記事批判してるんだけど、そのブコメのもの記事批判してるものになってるんだけど、ブコメはそれに気付かない。

記事は、個人意見が全体の意見よりも尊ばれることで起こることを憂いているんだけど

主旨ではなくて、記事の枝葉を捉えて、それはおかしいとそれぞれに個人としての批判が成立すると信じてブコメしてる。

でもそれが成立してるのは、この現代がそういう個人主義を拡大的に受け入れた結果なんだけど、ブコメはそれに気付けない。

自由奔放に意見が言えることと、咎められもせず自省する必要もないということは別の事なんだけど、

ブコメは、それを同時に成立する物事だと信じている。

もしそうでないと知っていれば、これに関しては、ブコメとして個人意見を書くことができない。自ら書くことは咎められないとの表明と同じなんだから

そして、自己正当化が成立したブコメは、記事によって再帰的に批判されるんだけど、ブコメは気付くことができないのでただ恥ずかしい姿を晒してるだけになる。

anond:20190522170459

とりあえず生涯未婚率でも見ろ。

大体23%くらい。

でもそれだけだと非モテから生涯未婚なのか、敢えて結婚を選ばないのか分からんからなー。

世の非モテ男性が如何に虐げられているかも、これからは見えてこない。

世に遍く非モテ怨嗟も。

ええ…、だって君さっきは女のそういう声を「ウソじゃん」で切り捨ててたじゃない。

それに個人体験談はどこまで行ってもミクロ情報じゃん。

俺はもっとマクロデータに基づいて非モテへの仕打ち可視化して欲しいんだが。

anond:20190522155126

まあそれを女個人意思やらせるのは無理があるので、社会全体で仕組みをデザインせんといかんなとは思う。

anond:20190522151742

まり非モテは女全般をいつ攻撃してもおかしくないテロリスト予備軍だと?

 

「俺を振った女個人」への恨みなのか、「女全般」への恨みなのか。

攻撃後者に向かうのは復讐ではなくテロだぞ。

イスラム教徒キリスト教徒の殺し合いと同じだぞ。

恨むエピソードのある個人ではなく、グループ攻撃するのはテロ

anond:20190522151516

「ドブスババアすぎて男と接点のない女」などそうそういない。木嶋佳苗がいい例だ

そして「小山という男にプレゼントして踏まれた女」は小山個人問題だろ。

非モテはその人生において、一人ならぬ女から接点をなくされ続ける人生対象個人にあらず。

anond:20190522151254

ドブスババアすぎて男と接点のない女も、「接点をなくされた」だと思うが?

あと小山という男にプレゼントして踏まれた女も、不本意な扱いをされていると思うが?

こういう、男から不快な思いをさせられた女は、小山という個人への仕返しではなく、

「男全般」に石を投げる権利が与えられるのか?

チョロいオタクの雑感

 先日結果発表を迎えた第8回シンデレラガール総選挙。終わってみれば、話題の中心にいたのは常に夢見りあむだった。

 「チョロいなオタク!!

ぼく頑張ったか!?努力なんてムダムダの無じゃん!?

アイドルってなんなんだよぅ!! はー……めっちゃやむ」

 良くも悪くも界隈の耳目を集め続けてきた女の〆の台詞は、彼女のこれまでの歩みを象徴するかのごとく実に「らしい」叫びであった。界隈の反応は言うまでもなく賛否両論。褒め称える声から転載するのも憚られるような罵倒まで、実に多種多様言葉の濁流がこうしてエントリを書いている今この時もTLを流れ続けている。

 筆者個人としては肯定側でありできればそれについての“お気持ち”を述べたいところだが、当エントリの本題はそこではない。この台詞を見たときに真っ先によぎったものは、彼女とは直接関係ない苦々しい記憶だ。


 「あー**さん」

 「(声)つかなそ~」


 事件から8ヶ月が経過した今現在でも、あれほど堪えたことはない。シンデレラガールズのアイドルたちに命を吹き込む声優からあのような言葉が出たこと、収録を経て公開されるWebラジオという形態で世に出されたこと、なにより自分の大切な担当アイドル公然侮辱されたこと。何もかもが悪夢のような日だった。

 例によって界隈は大炎上自分はといえば起こったことにただただ困惑し、嘆き悲しむ以外に何もできなかった。そんな中で目に飛び込んできた、ひとつ意見

 「次のシンデレラガール総選挙で声をつけよう。そしてあの女を見返してやろう」

 冗談ではない。そんな動機で声がついたとして、果たしてそれは喜ぶべきことなのか?悪意(少なくとも当時の自分にはそう見えた)に対し悪意で応酬することは担当アイドルに一生消えない業を背負わせるだけなのではないかそもそもの話、このムーヴメント軌道に乗ったところでそれが総選挙まで続く保証はあるのか?

 そんなことはやめてくれ、と叫ぶ気力はなかった。いち担当Pとしてはこの忌々しい話題が一日も早く沈静化してくれることを、嵐が過ぎ去ることを願うのみだった。


 ……周知の通り、最終結果に顔を並べるアイドル50名の中に「つかなそ~」なアイドルの名はなかった。悔しくないといえば嘘になるが、それ以上に安堵する気持ちの方が強かったのが正直なところだ。レッテルは貼られるだろうが、そのレッテル公式描写に反映されるわけでもないのだから。そう思っていたのだけれど。


 『チョロいなオタク


 そう、確かにオタクはチョロかった。例の発言で何かが変わるのではという声もあったが、自分を含めたチョロいオタクたちが「つかなそ~」を覆すことはなかった。個人レベルでつきあい方を変えた者はいるだろうが、大多数のオタクが選んだ道は良くも悪くも現状を享受することだった。

 このこと自体特別感情はない。あの言葉があったからといって担当アイドルシンデレラガールから抹消されることはなく、モバマスの月末ガチャデレステガチャSR、他にも様々な形で依然として供給は続けられている。外野から向けられる言葉は幾分変わったものの、ゲーム内の彼女が見せる姿は今までどおりのものだ。これを機に身を引くなどとんでもない話で、これから自分なりの距離感コンテンツに付き合っていけばいい。

 それでもどこか釈然としないものが残るのは、オタクの“チョロさ”を否応なく認識させられ翻弄されてきた立場故か。シンデレラ界隈に対する諦念じみた想い。夢見りあむという大暴風雨によって引き起こされた“祭り”が終わり残ったものは、あまりにも空虚感情だった。




 ……ああ、この感情の正体はきっと嫉妬なんだろう。シンデレラガールズの数多のアイドルたちが8年かけて踏み出すことさえできなかった道を数ヵ月で駆け抜けていく女。自分言葉をあれこれとこねくり回し、勝手なことを吐き散らすオタクたちを今なお翻弄し続ける女。担当アイドルが得ることができなかった、いつ得られるか見当もつかないものをまもなく手にしようとする女。

 自分に向けられるあらゆる感情を糧に一躍スターダムへとのしあがった夢見りあむが立とうとしている舞台、そこに担当アイドルの姿はない。その現実が薄れかけていた熱を呼び戻してくれるのなら、もう一度夢を見るきっかけになるのなら、自分はまだプロデューサーでいられる。この思いへと至らせる、アイドルって一体なんなんだ?


 ○○だ、とは敢えて書きません。このエントリで綴ってきた諸々が、“チョロい”オタクである自分なりの、冒頭の台詞に対するささやかな回答です。

2019-05-21

マネジメントだけはやりたくない。

そもそも人のモチベーションとか性格とかをとやかく言いたくないし、やる気のない人の面倒を見るのがとにかく嫌い。

あとは他人揉め事に関わりたくない。

マネジメントって求められるのはそれらを解決することなので、本当にそれだけはやりたくない。

他人責任果たしてなかったら、それはあなた責任なので、こちらが困るのでやってくださいとは言うけど、正直、性格的に無理してる人も多くて、言うけど言った後に罪悪感が残るのが嫌。

仕事もっとよくしたいという気持ちはあるけど、ぶっちゃけやる気も能力もない部下に一念発起させて、成長するのを見守りたいという気持ちなんてこれっぽっちもない。費用対効果が悪すぎる。

チームの人が困ってたら、一個人としては気になるし手助けするけど、人の揉め事とかは本当にかかわりたくない。こう言う内容に関わるくらいなら、一人で全部仕事引き取った方が楽。

こんなのうまくやっても何か成果として評価されるわけでもないし。

仕事自体は嫌いじゃないし、交渉ごとも嫌いじゃないのだけども、どうも人の感情面に関わる事が嫌い。個人主義者だからかな。

会社員特に事務系の正社員である以上、マネージャー昇格は避けられないところがあるかと思うんだけど、同じような職場で、昇格が求められない職場ってないのだろうか。。。やはり

anond:20190410224200

論理で動いている男性にとって,感情で動く女性が,魅力的に映ることもある.

自分にはあまりないものから

謙虚なのは良いけれど,嬉しい,楽しい,という感情が乏しいと,人間的な魅力を感じない.

まあ,個人意見だが.

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん