「新聞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 新聞とは

2019-05-19

anond:20190519133053

地方新聞投稿欄にもいないだろうが、増田なら尚更いるわけがない。

流石に架空の温床である増田でその主張は厳しいだろ。

こんな感じのエントリなんざいくらでも見つかるわ。

今日新聞投書欄だって、わざわざ大袈裟に書くやつだっている(というか大体そうだと思う)。

架空文章としては、既に一つの形式として確立されているわけで。

そういった前提があるなら不自然ではないし、むしろ自然な不自然さを作り出していると思うんだけれど。


まあ、ブリッジ下りは明らかにおかしいし俺も擁護できないけどな。

詰めが甘い増田だ。

[][]2019年5月18日土曜日の増減

サイト\日付2019-05-122019-05-132019-05-142019-05-152019-05-162019-05-172019-05-18合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article-2-32-15-1-127286イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/1000000413アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/1000000159フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0004000609アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/0001100146ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/323242-120503アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/1194-11076263アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/-12-20-199-616-1367729アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/003062018917アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/-2-2-20-1-104064アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/-11300005189アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/11100025597アメリカ 新聞
Time ttp://time.com/2-11-883-55332アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/17224161823233アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/0-1-201-107398アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/01212103448アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/31001-512370アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/01000017879アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/-61-67-77-33-43-63-5511070アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/0000-20-13437アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/72433119287アメリカ 放送局
Vice News ttps://news.vice.com/0000001612カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/-20-31-68-29-15-25-169485アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/20-1-251224294アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/3011-2012156アメリカ/日本 ニュースサイト
Vox ttps://www.vox.com/132613281851966アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/1110100282アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/0-1000001345アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/010000-12171アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000585カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/1159293-230874イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/01-10-10014904イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/0140-1106750イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/0-2-2002120395イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/00110002775イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/-20-2-332-122099イギリス 週刊新聞
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/4155015644478イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/509354242898イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0000100761イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/1010100420イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/000011123214アイルランド 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/00201211519フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/01020001249フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/6021031367ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000473ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/10002032813ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000224スウェーデン ドイツニュースサイト
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000256イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000083トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000166イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/-1-11-11116462カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/35428301826イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000000237インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000020474インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0020000977インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000143パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/01000004381オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/0013000565ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0011000856タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com10000001896シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0001000361インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/0000000752ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0000001291ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00000003104イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/000000-1404イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/000-1000239台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/0-100101990香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/2011121218中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000200中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/00-20-2-1-1235国連機関 ニュースサイト

2019-05-18

職場であまりに暇な同僚が横でウロウロしてると胃がきりきりしてくるんだけど

なんでだろうなぁ。

暇なくせして忙しい振りしてるのがイライラくるからかなぁ。

暇なくせしてちょっとした仕事振られると「今いそがしいんですよねぇ。」みたいな空気出しつつ働いてるからかなぁ。

暇を持て余した暇人って、やればやるほど損する仕事ばっかり増やすからかなぁ。

暇になるといきなりシューシューシューシュー呼吸音がうるさくなるからかなぁ。

結局新聞読み出してるけど、金稼いでない同僚がおれより多い給料持ってくからかなぁ。

新聞読んでるだけなのに、仕事のための社会情勢を学んでいるとか言って本気で開き直ってくるからかなぁ。

2019-05-15

anond:20190515184741

AEDに手を出してはならぬ

AEDが生まれてより10

いくたびも人はAED女性を救おうと試みて来た

が そのたびに置換を糾弾したい女の群れが怒りに狂い

新聞の読者欄を埋めつくす大波となって

押し寄せて来た

良心を滅ぼし 善意をのみ込み

自らの命が果てるまで

女性女性に触れるAED利用者ののしり続けた

やがて僕はやってないと言い張るAED冤罪者のむくろを苗床にして

失望男性社会に根を張り

広大な土地が無関心に没したのじゃ

AEDに手を出してはならん

2019-05-14

anond:20190514114332

 本件記事は、福島第一原発問題について、控訴人の振る舞いに起因して海水注入が中断されたこと及び控訴人の側近が海水注入が中断されたことを「試験注入」とごまかし、福島第一原発への海水注入が控訴人の指示に基づくものであるという嘘を流布したことについて、控訴人の政治的責任を追及する趣旨のものである。このことは、「菅総理海水注入指示はでっち上げ上との見出しに続けて、リード部分で「福島第一原発問題菅首相の唯一の英断と言われている「3月12日の海水注入の指示。」が、実は全くのでっち上げである事が明らかになりました。」と記述していることからも明らかである

 そして、本件記事摘示する事実は、①3月12日の福島第一原発への海水注入が控訴人の指示に基づくものであるという控訴人側近の発表が虚偽であったこと、②東京電力は同日午後7時4分に福島第一原発海水注入を開始したこと、③東京電力は、海水注入と同時に、官邸にその旨を報告したこと、④控訴人が、「俺は聞いていない!」と激怒したこと、⑤官邸から東京電力への電話により、午後7時25分海水注入が中断されたこと、⑥実務者、識者が控訴人を説得したため、午後8時20分に海水注入が再開されたこと、⑦控訴人側近は、午後7時4分に開始された海水注入を「試験注入」と称して、午後7時25分に海水注入が中断されたことをごまかし、福島第一原発への海水注入は控訴人の指示に基づくものであるという嘘を新聞、テレピ等のマスコミに発表したことであり、それ以外の部分は、被控訴人の意見ないし論評を表明したものである

さて、お望みの被控訴人の主張だが。

どこに「虚偽をばら撒きました」と書いてあるんだ?

「嘘」という言葉は当時の鑑定に対して向けられているが?

2019-05-13

借金なくなるまで人間になれた気がしない

齢 28歳 奨学金残高 100万 クレジット残高 90万

ハードモードの人からしたら天国よ。

奨学金は今年中に返すよ。その代わり娯楽もしないよ。漫画ゲームも全部売ってきたよ。

結婚したけどさ、苦しいよ。

生活は楽だ。子供がいなければぜんっぜん余裕。

趣味読書ラジオだし、服も買わない、旅行もしない。食べ物には金使う。

給料普通だよ普通。平均。

仕事楽しいよ。むしろ能力以上にありがたい仕事をさせてもらってるよ。恵まれてるよ。

いやでも金の問題が常に脳の片隅にあってむかつくんだよね。

小学校ときにほしい自転車買えなかったときとか、ゲームはも新聞配って買ったとか、バイトしてグローブ買ったときとか、進学は新聞配らなきゃ金が足りないとか。

それでもクレジットカード切って生活しちゃったからね。

それでも就職して、まがりなりにも一般人の皮をかぶって生活できてるのは奇跡だよ。俺の運がマジでいい。

幸せ相対的なもんだよ。周りの友人に恵まれれば恵まれるほど、劣等感と焦りばかりが止まらない。脳みそには金の心配がこびりついてる。

あーくそきれいな人間になりたい

マスコミ勘違い

SNSが盛んになって、マスコミ記者に直接、意見が届くようになってやっと気が付いてるけど

マスコミ報道取材不快さが嫌で、テレビを捨てて、新聞を読まないようにしたのは、20年以上前だ。

その頃には、黙ってマスコミ拒否してる人達が出始めていて、ただマスコミが知らなかっただけ。

SNSでそういう人が声を上げだして、やっと気づいて、弁解を展開してるけど

市民マスコミ嫌悪は、1020年以上前からの話なので、今頃、弁解したところで気持ちは変わる事はないよ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/tadashi0712mai1/status/1127186767742849026

2019-05-12

[][]2019年5月11日土曜日の増減

サイト\日付2019-05-052019-05-062019-05-072019-05-082019-05-092019-05-102019-05-11合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article002-712-127287イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0101010412アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000010158フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000605アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/-1000000144ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/025-1120420488アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/-300-28126232アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/212116251211-1067774アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/11-1210118906アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/-100-1-1014072アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/320-12-225186アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/13211115592アメリカ 新聞
Time ttp://time.com/-92-1-1-4-4-55332アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/-11120154525273172アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/103000-17401アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/20001103441アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/11321602369アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/-100-10217877アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/-47-35-21-48-83-71-4611469アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/0001-1-403440アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/110810249266アメリカ 放送局
Vice News ttps://news.vice.com/0000000611カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/-13-19-13-41-43-17-179689アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/222-221224287アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/42015102152アメリカ/日本 ニュースサイト
Vox ttps://www.vox.com/9109491691881アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000278アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/022-102-11346アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/11-131102171アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000585カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/444475030837イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/0-10200-114905イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/11220106745イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/1122-1-2020396イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/01202012773イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/-33-3-111322102イギリス 週刊新聞
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/144910-2-744442イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/030030242870イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0001000760イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/0110000417イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/-1-1001003200アイルランド 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/02170101513フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00100201246フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/1011324354ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0001120473ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/10011002807ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000224スウェーデン ドイツニュースサイト
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000256イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000083トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000166イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/01010106461カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/03214-131801イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/0000100237インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0000100472インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0000000975インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000143パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/001-11114380オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/010-1010561ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0000000854タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com000000-11895シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/0001000360インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/0101000752ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0100000290ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/00000-103104イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000405イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0001000240台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/4050020989香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/20245370210中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000200中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/00000-10241国連機関 ニュースサイト

2019-05-11

増田始~~~~!

トラバでこの増田法律事務所に駆け込んでもハズレ弁護士引きそうみたいなこと書いたけどさ

出るとこ出たら逮捕されるのは増田じゃなくて上司や同僚だと思うんだよなあ

普通に考えたらね

名誉棄損もクソも実際に暴行を受けている以上被害者なのは増田だよ

まあ上司がお抱えの悪徳弁護士とか用意してきたら詰みだけど…


痣や切り傷があったら写真撮って、スマホ破壊されてもいいようにパスワードつけてうpろだかなんかにあげとけ

ちゃん自分写真だってあとで証明できるように保健所か何かと一緒にな

今のうちに少しでもできることやっとけ

新聞ネット自分名前載ってもいいって言うなら動画ツイッターに流したら正義マンが火つけてくれるから最終手段としてそれもありかもしれん

anond:20190511173954

別に説明されなくてもニュース見てりゃ法則かると思うんだよな

新聞は取らない、テレビニュースも見ない層が増えてるんだろうと思うけど

バールのようなもの」のネタは広く通じるのが不思議

SnowMan未来を見たい話。

長いし重いです。


私がSnowManを知ったのは彼ら6人が「SnowMan」というグループになった直後でした。当時、私は中学生。「ちょっと怖そうだけどかっこいい人たちだな」というのが第一印象。そのあと、ドラマ映画で彼らを見るようになり、なんとなく気になるグループの一つになっていました。

それが好きに変わったきっかけは2014年滝沢歌舞伎。縁があって観劇した私は、生まれて初めて他人のことを「美しい!」と思いました。それは二幕で十兵衛(義久)を演じた佐久間くん。かっこいいとかそういうのを超越して、もうこれだ!この人だ!という確信を抱いた高校1年生の春。私はSnowManファンになりました。

もともとデビュー組のファンでしたが、その比じゃなくて。もうこれ以上ないってくらい好きで。私は彼らと未来が見たいと思うようになりました。

ですが状況はかわります

その1年後、高校2年生のとき。私はいじめにあいました。目に見えてわかる持病のせいで罵倒をされたり、故に暗くなった性格も災いしてそりゃひどく。ストレス病気悪化してさらいじめられるし、仲の良かった友人も離れていきました。親に相談しても「あんたが暗いだけ」「考えすぎ、そんなに周りはあんたのこと気にしてないよ」と否定されました(のちのち協力してくれたので感謝してます)そうして、ついにいじめは「死ねばいいのに」とまで言われるほどになりました。

そんな風に言われてはもうどうしようもないです。ひっそりと誰にも迷惑かけないように過ごしていても存在否定されるのですから。どうやったら死ねるんだろう、教室から飛び降りようか、ぼんやりとそんなことを考えるようになりました。そんな私を引き止めたのはSnowMan存在でした。

「あぁ、今度少年倶楽部出るなぁ」「雑誌発売されるなぁ、見たいなぁ」とかそれだけが希望で。

地元地方のため簡単現場には行けません。バックにいるDVDを買っては佐久間くんを、SnowManを見て、雑誌は逃さず全て買って。どんなに学校が辛くてもそれがあれば「まだ生きよう」と思えました。

相変わらずいじめが止まない中、私はSnowMan舞台に行けることになりました。少年たちです。SixTONESSnowManが初めてやった年。オリジナル曲衣装をもらって、きらきら6人が輝いている。それがどんなに私の希望になったか

その後いじめがやんだわけではありません。修学旅行なんて酷いものだった。それから悪化する一方で、保健室登校になって先生からも邪険に扱われました。いじめが原因と知りながらもひどいことを言う先生もいました。それでも、SnowMan未来が見たくて私は生きてこれました。

絶対デビューが見たい。

もっときらきらした6人が見たい。

から、いまここで生きるのをやめたりなんてできない。

他の人からすればアイドルが生きがいなんてバカみたいだって思うでしょう。それでも、私にとって6人は大きな存在でした。

そして私はどうにか高校卒業し、大学生になることもできました。昔よりずっと彼らの現場に行く回数も多くなります歌舞伎、サマステ少年たち、ジャニアイ…なかでも思い出に残ったのは去年の横アリ単独公演でした。

本当にあの時死ななくてよかったと思った。誰も味方がいなくても、辛くても、あんなことさえなければって何回も思ったけど、こうやって6人の夢を追うことことができる。SnowDreamで真っ白になる横浜アリーナが忘れられません。

横アリで始まった私の2018年は本当に楽しかった。歌舞伎、サマパラ、少年たち、そして秋の個人仕事ラッシュさら来年歌舞伎の主演発表。もっともっと2019年は楽しくて明るくてもっと彼らの夢を応援できると思ってました。

1月17日新聞を見てから理解するまで時間がかかりました。突然の出来事でしたよね。増員?どういうこと?歌舞伎は6人に引き継がせるんじゃなかったの?横アリ披露目って、南座は?どうなるの? 私は人生で一番具合が悪くなりました。頭痛はするし、吐き気はするし、動悸はひどいし、ぼろぼろ涙は出てくるし、食欲もなければ、寝ることもできない。あんなに「6人で」と言っていたのに、と裏切られた気持ちになりました。

いまだ、私は受け入れることはできていません。

ただの消費者の私が離れても彼らは続くでしょう。でも私は彼らと未来が見たかった。目黒くんには宇宙Sixセンターとして、向井くんには関西のお兄ちゃんとして、ラウールには若手の筆頭として…未来を見て欲しかった。歌舞伎を見ても腑に落ちないし、横アリには怖くて行けませんでした。でも、好きなんですよ、SnowManが。私を救ってくれた佐久間くんが。めちゃくちゃに重い理由申し訳ないですけど。それ抜きにしても佐久間くんのパフォーマンスが好きで、この人たちがもっと大きなところで踊って歌って演技するところが見たくて、いつか誰でも知ってる人になってほしくて。だから現状、すの担・佐久間担をやめることは思ってません。

まだ9人をSnowManって思うのには時間がかかりそうです。もしかしたら一生無理かも知れない。でも彼らを美しいと思った五年前の自分を信じたい。あのとき、「この人たちと未来が見たい」と思った気持ちは大切にしたい。いつかSnowDreamが叶う日まで。そして、叶った後も。

2019-05-10

文系学問において資料実在証明するものとは何か

久々にビッグ研究不正ニュースktkr

ということでキリスト教思想史研究やってた人が研究不正で懲戒解雇された件について、報告書に目を通した上でちょっと書きます

今回調査委員会被告発者に求めたのは、以下の項目でした。

この「写し」というのはどういうことでしょうか? 資料のもの調査委員会が求めなかったのはどういうわけでしょうか?

歴史学者にとっては常識なのですが、他の分野の人にとってはどうかわからないので、解説してみます

そもそも文系はどんな材料を使って研究してるのか

これは人というか研究分野によるので、安易なことは言えません。文学哲学社会学人類学歴史学言語学とでは使う資料がぜんぜん違います

で、この被告発者の研究手法は、近現代を扱う歴史家の多くが採用している手法だと思います近現代史を扱う人たちは、

を主に史料として使います(「史料」ってのは、歴史を記録したナマの資料のこと。「資料」と呼ぶと後世に書かれた二次文献なんかも含む)。あるいは、上に書いたようなものをまとめて出版した本とかを使います

これらの史料の特色とは何か……それは、

ことです。

公文書館というのは、「お役所の書いた書類を保管しておく施設」のことです。これはどのくらいかというと半永久的にです。普通文明国ならどんなに細かな書類でも公文書館に保管されていて、(民主国家場合は)数十年して機密解除されたり(独裁国家場合は)体制崩壊して民主化したりすることによって「申し込めば誰でも読める」状態に置かれます。これによって我々はソ連時代領収書なんかをロシア公文書館で読むことができるわけです。ソ連ですら公文書を保管して後世の我々に見せてくれているというのに……いや、これは余談でした。

当たり前ですが、それらはその国(あるいは地方)の公的な記録であって、自分のものにして持ち帰ったりすることはできません。ではどうするか。多くの歴史学者

などの手段史料を入手して研究しています(ちなみに写真撮影もカネを取る公文書館結構ありますね。日本だとどうなんでしょ)。

昔の人が書いたものも、本とかなら古本屋さんとかで流通しているのを買うことができるかもしれませんが、稀覯書でなかなか手に入らなかったり、古雑誌バックナンバーとか揃えるの無理ゲーだったりするので、図書館に所蔵されているのを使うことが多いです。近場の図書館に置いてない? 相互貸借もさせてくれない? そういう場合は当たり前ですが所蔵している図書館がある街まで行きます。その図書館がある街というのが新幹線必要距離だったりパスポート航空券がないと行けない距離だったりすることも稀によくある(歴史学者研究費は旅費と本代に消えていく運命なのです……)。そして、辿り着いた図書館カメラをパシャパシャやったりコピーを黙々と取ったりするわけです(最近スキャナーが普及してくれてマジ嬉しい)。

なので、調査委員会は「一次資料の写し」を求めたわけですね。たとえ彼が清廉潔白研究者であったとしても、一次史料原本なんてふつうは手元にないわけですから

しかし、本来、彼は「一次資料の写し」を提出する必要などありませんでした。自分論文を黙って調査委員会に提出すればよかったのです。なぜでしょうか?

ここで、もう1つの大事な話をします。

文系に「実験ノート」はない

もちろん分野によります心理学みたいに人を対象とした研究だとしっかり実験ノートつけるように言われるかもしれないし、考古学とかは発掘時の状況を克明に記録しておくことが重要だったりするかもしれない。でも、少なくとも近現代史みたいな分野では、実験ノートをつける、という習慣はありません。

私は一度も、理系で求められるような意味での実験ノートを書いたことはないし、書けと言われたこともないし、書いていないことを理由に責められたこともありません。もちろん史料ノートに筆写したりはしていますが、そのノートだって別に厳密なものではない。普通研究においてノートは使いますが、それは高校までのノートと一緒で、鉛筆で書いてもいいし、好き勝手なやり方で書いていいし、なんなら途中で破ったりしてもいいごく普通ノートです。最近ノートじゃなくてパソコンとかを使って研究上のノートを取ってる人も多いんじゃないかな(手書き疲れるもんね……)。

なぜか? と言われれば、

です。

まり、「もとになった資料」というのは、理系のように自分実験室の試験管の中にしかないものではなく、別の誰かが保管してくれているものなのです。

理系学問において標準化された改竄不可能な形で実験ノートをつけなければならないのは、自分実験室の試験管の中にしかオリジナル資料がないからですよね? しか文系場合は、少なくともここまで説明した近現代史場合は、オリジナル資料はどこかの政府管理している公文書館とかどこかの大学図書館かに保管してあるわけで、そこに辿り着くまでの情報さえ明記してあればそれで十分なのです。これはドイツ連邦共和国ベルリン連邦文書館の何々というファイルに保管してある何というタイトル史料だ、とわかれば、チェックのためにはそこに見に行けばよいし、これは19世紀に書かれたほにゃららという新聞に載っていた記事である、と書いてあれば、その新聞が所蔵されている図書館を探して読んでくればいいわけです。

なので、別にどんな方法ノートを取ろうが自由なわけですね。最終的に読者がその元になったデータを見つけられるようにしておけばいいわけから

ゆえに、歴史学論文や著書には膨大な注がつけられます引用した史料のそれぞれについて「どこに保管されている史料なのか」「なんという本の何ページに書いてあることなのか」ということを書かないといけません。

なかには、史料自分の手元にある場合もあります。多くの場合それは「昔の人が出版した商業出版物」なので(たとえば、極端な例ですが『わが闘争』)、他の誰かも持っていることが多いです。もしそういう史料捏造とかしちゃうと「俺もこの本持ってるんだけど、お前が引用してる箇所見つからなかったよ?」という怒られが発生します(なお、捏造ではないですが誤訳指摘は受けたことがあります。コワイ! でも覆面査読なのにこの文献の誤訳を指摘できるってことはあの人しかいないじゃん……ってわかっちゃう! 文系世界基本的に狭い!)。「むっちゃ少数しか発行されなかった自費出版の本」とかが典拠になっている場合もあります。こういう史料典拠にするのも仕方ない場合があるんですよ……典型的には、そこまで有力ではなかった政治家とか在野の知識人とかを研究したい場合、彼らが出してる本は全部自費出版というのがありえます(あと、言語学とかだと、たとえば与那国島方言研究したい場合に一番の参考資料になるのは与那国島のお年寄り自費出版した方言辞典だ、みたいな例がありまして……与那国町が進めてる辞書出版プロジェクトむっちゃ楽しみ)。ごくごく稀に、古本屋歴史上の人物が書いた手紙の山をまるごと購入できた、みたいな奇跡があって、モノホンの一次史料研究個人の所蔵になっている場合があります。これはねえ……もう本当に個々の研究者の良心を信じるほかないよね……若手研究者だと色んな大学を移り歩くこともあるだろうから所属してる大学図書館寄付しろとも言えないしね……原史料出せって言われたときにすぐに見せられるようにしておいてね、定年退職するときは勤務校の図書館に置いていってよ、とお願いするくらいしかできない感じはあるよな……

さて、長々と書いてきましたが、要するに、捏造を疑われた研究者がきちんと注で出典を書いていれば、彼は論文調査委員会の人たちの前に突きつけて「ここに出典書いといたから、見に行って確かめてこい」と言えばそれで済んでいたのです(それが生データにあたるものなので。実際、今回の調査委員会ドイツに問い合わせたりしていますね)。もっと言えば、彼本人から話を聞く前に、調査委員たちはまず典拠との照合作業を行って、彼が誠実に引用したこと、つまり彼が研究不正に手を染めてはいないことを確認してくれていたでしょう――もしも彼が潔白であったならば。

しかし今回の件では、注に不備があったので調査委員たちは注から出典を辿ることができませんでした。そこで被告発者に「写し」を求めた結果、元となる史料そもそも存在しない、捏造されたものであることが判明したわけです。

注をしっかりつけろよ! まことにごもっとも。特に今回のケースは注の多い学術書であり、注の不備は申し開きができません。しかし、しかしです、この背景には、日本出版事情が絡んでいるのです。

「注がない本」問題

今回の被告発者は、学術書のほかに新書も書いていました。多くの新書には、参考文献リストはありますが注はありません。そして日本には、「研究者が書いた真面目な学問に関する本だが、注がない」というのが一定数あります(一応言っておくと、ここではauthor-date方式みたいな「厳密な意味での注じゃないけど、ともかくも出典を示す機能を担っているもの」も含めて注と呼んでいます)。実はこれ、文系あいだでも問題視されていることなのです。

文系学者が書いた学問に関する著書には、明白に書誌情報として区分されているわけではないですが、いくつかの区分があります第一にいわゆる狭義の「学術書」。むっちゃ小難しい語彙で書かれてて、先行研究とか新規性かに一言及して、参考文献を何十ページも載せてたりするやつです。読者は同じ学者、あるいはその卵。これで注を省くのは論外です。第二に「教科書」。これは学生さんとか初学者向けに易しく書き、内容には特に新規性を求められておらず、包括的な参考文献はなくとも読書案内がついていればそれでよし、という感じでしょう。注は別になくたっていい。

そしてこの2つのあいだには、「一般向け」という広大なグレーゾーンが広がっています

あなた読書好きで、少々お硬い本にも興味があるのなら、中公新書とか講談社選書メチエとかそういったレーベルを聞いたことがあるでしょう。岩波書店青弓社社会評論社といった出版社の名前を聞いたことがあるでしょう。実はこの辺、色々な種類の本が入り交じるグレーゾーンなのです。

これらのレーベルで真面目な学術書出版する人もいます講談社選書メチエでも、末尾にビッチリ注がついてたり参考文献リストがあったりするやつあるでしょ? ああいうやつ。一方で、こういうレーベル一般向けの概説書・入門書を書くことに使う人もいます。よく中公新書で、包括的タイトルで薄めの本を見ることがあるでしょ? 今回の『プロテスタンティズム』もそれですね。そして、一般向けの解説を書きながら、さり気なくその中で新しい見方提唱したりする人もいます学術的な新規性のある内容を、一般受けしそうだという理由で限りなく一般向けの本の体裁で書く人もいます最近のやつだと『姦通裁判』マジお勧め)。

さて、こういう本を出す上では、内容は著者の完全な自由にはなりません。編集者は、もちろん学術的に正しい内容を求めているのでしょうが、彼らにとって重要なのは「売れること」です。そのために「一般向けにもうちょっと柔らかい言葉遣いで書いてください」とか色々と内容に介入してくるわけです。文体くらいなら別に構わないかもしれませんが、彼らの中にはこんな要求をしてくる人もいます「注なんてつけたら一般読者に嫌がられます、注は省きましょう」

こうして生まれるのが、「学術的に新規性が高く面白い内容を扱っているのだが、注がない」という一般書の群れです。

もちろんこういった本にも参考文献はあり、「注はないけど、典拠を探しながら読めば典拠がわかるような書き方になっている」本もそれなりにあります(たとえば、はてな太郎の説によれば、と本文中に書いてあれば、注がなくても参考文献リストはてな太郎が書いた『増田研究』という本を探し出せる)。ただ、やっぱりそれは注がある文献の出典表示の厳密さに比べれば一段劣るわけです。

これに関しては、研究者も出版社もそれぞれに問題があります研究者サイドは簡単に「注を省け」なんて要求妥協すべきじゃないし、そもそも「著書を出版する」ことが、博士論文を見るためにはわざわざ学位を授与した大学国会図書館に行くほかなく出版して書店流通させることが最も良い研究成果の流通のさせ方だった時代であればともかく、各大学リポジトリを持っていていくらでもディジタル研究成果を公表できる時代にあって本当に重視されるべきか考え直す必要があるでしょう(でも、欧米出版社でも学術出版は盛んなので、これは日本だけの問題じゃないんですよねぇ。今でもオックスフォードケンブリッジハーバードコーネルといった有名どころのUniversity Press学術書出版しまくってます学術書研究業績として重視されるのは人文系では割と世界標準なので……)。

一方で、出版社は注をもっと重視するべきです。というよりも、日本出版社やジャーナリストノンフィクション作家は注をつけなさすぎます。先日、ボブ・ウッドワードトランプ大統領についてのルポルタージュ出版しましたが、体裁も内容もおおよそ学術的とは呼べない一般書そのものの本なのに、きちんと出典を示す注がついていました。出版社は、学者に注を削れと言うべきではなく、ノンフィクションを書く作家記者たちに注をつけろと言うべきでしょう。

とはいえこれは一朝一夕はいきません。そもそも知の折り詰めである新書」という形態が割と日本独自のもので、そういう一般学術を橋渡しするレーベルが広く一般読者に読まれていることの重要性というもの鑑みると、簡単になくせとか言えません。私も色々お世話になってるし。人口1億人ちょいの書籍市場ではどうしたって限界があり、色々な本を出すのではなく折衷的な本を1冊出すのが経済学的には最も合理的という考え方だってあるでしょう。ただ、やっぱり一般書にも(それこそ講談社ブルーバックス岩波新書レベルにも)注を入れるようにする、というのは必要だと思うのですよね。

さてここまで「注がない本」問題について解説してきました。でも何が一番言いたいかというと、

注はあなたの身を守るためにある

これ。これに尽きます。注はちゃんとつけよう。もしもあなた捏造者でなくとも、研究不正をしていなくとも、実験ノートをつけない我々の業界において潔白を証明してくれるのは注だけなのだから。注だけが資料実在証明してくれるのだから。本の売上よりも、あなたの保身のことを考えよう。あなたが、部屋が汚いとかハードディスクがお亡くなりになったとかパソコンの買い替え時に行方不明になったとかの色々な理由で、史料の「写し」を紛失する日はきっと訪れる。そのときに、これまでのあなた研究の誠実性を証明できるのは、人文系学問においては、注だけなのだ

以上です。駄文に長々と付き合ってくださりありがとうございました。続きはanond:20190511125053で。

大津事故マスコミ

マスコミ記者悪者に仕立て上げることは、マスコミ記者保育園関係者糾弾することと構造が同じではないか。真に糾弾すべきものは、人では図らずも結果として事故を起こした運転者であるのかもしれないし、人以外のものでは不十分な安全対策、進まない法整備安全対策の現状への間違った認識などであるのかもしれない。にも関わらずそちらの方へ話が向かっていないのであれば、保育園関係者を愚かに糾弾するように見えるマスコミ記者と変わりはしない。糾弾すべき方向が完全に間違っている。

事故のはなし

今回の事故に明確な悪者はいない。保育士は最善を尽くしていた。運転者にも悪意はなささそうだ。行政もできる範囲で注意を払っていた。警察救急ちゃん機能していた。強いて言うなら悪者は、歩行者安全社会環境を作ってこれなかった過去の俺らだ。なれば今回の悪者は人ではない。悪者は無形で目にはさやかに見えないもので、整備されていない車両用防護柵や、法整備が追いついていない現状や、日本社会歩行者優先でドライバー側も歩行者安全をいつも気にかける世界一交通マナーの素晴らしい国であるという俺らの間違ったセルフイメージなどではないのか。

そして俺らは子供じゃないが、今回のように信号待ちをしているときに車が高速で突っ込んできたとしたら、誰がよけて無傷でいられると言えるのだろう。信号を待つとき大抵の俺らは、ぼーっとしているかスマホをいじっているかのどちらかだ。はたして突っ込んでくる車に対応できるだろうか。

明日の俺らが歩く道に、ガードポールのない交差点があったとしたら、明日は俺らが死ぬのかもしれない。

メディアのはなし

かに今回の会見の酷さは凄まじく、メディア取材姿勢について問題にすべきではある。あれはクソだ。判断能力のある人間が発すべき言葉じゃないものが多々あった。しかメディア糾弾したところで事故は無くならないわけですよ。事故の発生とメディアにはなんの関わりもない。

またメディアの態度は受け手の態度でもある。逆説的に、もし今回の会見がこれほど酷いものでなければ、これほどに拡散することはあっただろうか。購読料金を払う新聞と違い、テレビ視聴者数が広告収入に直結する。すなわちテレビ話題になる画を撮ることが善なのだ。それが何十年と続き今回のような記者会見の空気が醸成されてきた。責任は俺らにもあるんだ。現に今回の記者会見で騒いでしまった。今回騒いだことにより、感情的で印象的な画が撮れれば視聴率が上がることを再び証明してしまったんだ。

残念だが方法は二つしかない。口を出したいような記者会見があったとしても見て視聴率を上げることをせず、絶対に中継で見ることをせず、そして過去のことになってから声を上げてあれはダメだったと指摘すること。メディアを形作ってきたのと同じくらいの時間メディアをこれから形づくるためには必要かもしれない。長い長い戦いをしなければならない。

PS:日本における子供交通事故での死者数は、減少を続けている。しかし負傷者数は人口の減少にも関わらず増加している。

http://www.itarda.or.jp/itardainfomation/info54.pdf

PPS: ここまで書いといてなんだが、全編を映した動画を探したけど見つからないので実は見れてない

最近読んだ記事の出典が思い出せない

新聞のたぶんコラムだと思うんだけど、 「男は」「女は」といった主語のでかいしゃべりをする人の信念は認めるが、その言は全く信用できない。翻ってXXさんは(記憶内容から意訳)―

といった前振りで、そのあと「高慢と偏見」の引用が続いていたような気がする。誰かしりませんか?

人生で一番最初に、自分を嫌いだと思った時のこと

保育園先生から「宝物は何?」と聞かれた。

みんなから答えを聞いて、まとめたものが学級新聞みたいになるとのことだった(はず)。

わたしは、なんて言ったら格好良いんだろうと必死に考えて、ネックレスとかアクセサリーかなあ、と言った。

しばらくたって、掲示されたものを見てみたら「お母さん」とか「家族」とか答えている子がいた。

だってそうやって答えたかった。

私は質問についてきちんと考えなかったし、ネックレスなんて大事じゃないのに嘘をついたし(持ってすらいなかったかもしれない)、家族を喜ばせる機会を1つ失ってしまった。そう思ってすごく自分が嫌いになった思い出。

2019-05-09

anond:20190509212136

一人をひろげただとwww また新聞よまないやつか

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000018-kana-l14 神奈川県

https://www.sankei.com/politics/news/190320/plt1903200038-n1.html 群馬県

https://edmm.jp/26687/ フロリダ

https://mainichi.jp/articles/20180427/k00/00e/040/255000c 福岡

https://www.bengo4.com/c_1009/n_374/ 兵庫

かぞえあげてもキリがない

https://researchmap.jp/?action=cv_download_main&upload_id=248220

教員のいわゆるわいせつ問題に関するまとまった記述は(中略)「女性に対するわいせつ行為及びこれに類する行為」と「わいせつ暴力行為等の信用失墜行為」が挙げられ,前者は,1977 年度から 80 年度の 4 年間にそれぞれ 25,22,14,10 件,1984 年度に 26 件と記されている。また後者については,

1981 年度から 83 年度に 39,56,79 件とある佐々木保行,1987,p.223)。

anond:20190509172234

君が勝手将棋界はこういうもんやと決めつけてるだけやん

新聞棋譜を見るだけしかできなかった時代と違って

今はルックスキャラクターも求められる時代やで

2019-05-08

anond:20190508172705

自分の知る実態に極めて近い。

NTT労組は、自宅に届けられる組合新聞的なもの印刷業者との癒着も疑わしい。あんなもんPDFメールしてくれればいいのに

あと、民進党議員応援する名目一口千円とかの寄付を募られるんだけど、これを断ると同額のクオカードあげるから、とか、ディズニーランドに安く行けるから、みたいな手も使ってくる。その原資は当然毎月天引きされてる組合費。つまり組合費を集めて政治献金してるようなもんじゃねえかと思ってた。そんなんありかよ。

だいたい、NTT労組なんて、トップの方は管理職に達しなかったおじさんの吹き溜まりになりがちで、コンプライアンス意識も低いしマネジメント力も無きに等しいし、世の中を良くしようなんて気持ちも持ってない。そんな連中に金と権力を預けてんのがバカバカいから、スリム化を図るべき。

組合員同士のカップリングパーティーとか、慶弔の一時金給付とか、ソフトボール大会とか、ゴルフとか旅行の補助とか、特定政党政治家のヨイショとか、そういうくだらないプレゼンス向上施策はやめて、月々の組合費を下げることが一番の改革

あとは春闘会社との交渉とか、ハラスメント相談窓口とか、オトクな保険商品企画(これも過剰な勧誘は良くないが)とか、組合員全体に等しく利益になることだけに、機能を絞る。それなら存在意義がある。

6年勤めたNTTNTT労働組合に連れ去られたのをキッカケに退職した話

NTT労働組合に連れ去られ、役員として仕事をして、激務とパワハラで心の病気になり、結局NTT自体退職することにした話です。

ある程度上位の役員として働かされていたので、NTT労働組合の実状についてもお話します。

また、冒頭はNTTグループ会社での話も若干しますので、参考になれば幸いです。

※5/9追記・・・NTT労働組合の実状」について、3つほど思い出したことがあるので、追記いたしました。

はじめに

NTTグループ会社で働いていた時のお話

これまでNTT退職エントリーが数多く投稿されていますが、見る限りNTTグループの主要5社の方が多いように思います

それに対して私は、主要5社の子会社、つまりNTT持株からみて孫会社に勤務していましたが、やはり主要5社以上の方と比べると、賃金は低いです。

ボーナスは年2回しっかり支給されますが、月の手取り部署にもよりますが、相当低いです。

現場での作業は手当が付くので多少はマシですが、デスクワークになると悲惨なことになります

私の場合は結局6年間勤めて、年収は300万円ほどでした。

ここ最近現場業務下請け会社に次々と委託しており、NTTとしての業務管理業務が中心となっています

技術力もなかなか身に付かず、NTT内でしか役に立たないことも多く、転職もままなりません。

心の中では仕事を辞めたいと思っているけれど、実際辞めても他社でやっていくことができないため、NTTにしがみついている人が多いのが現状です。

会社側の話も色々ありますが、本筋から外れてしまうので割愛いたします。

NTT労働組合に連れ去られた時のお話

ここからがメインです。私がNTT労働組合に連れ去られた時のお話です。

ある日、NTT労働組合役員をやっており、以前色々とお世話になった方に「役員やらない?」と誘われたのが始まりでした。

当時圧倒的イエスマンだった私は、お世話になっていたこともあり、ほぼノリで「やってみます。」と言ってしまいました。これがいけなかった。

後日、別の知り合いから「組合は激務で潰れるから辞退しろ」と強く説得され、悩んだ結果、やはり辞退することに。

辞退の連絡をNTT労働組合にしたところ・・・、なんとチンピラみたいな悪そうな人2名(組合役員)が会社に襲来。

1対2の状態会議室監禁される事態に陥ってしまったのでした。

役員をやると言うまで、ここからさない』

そりゃ、とんでもない恐怖を感じましたよ。

見た目ヤクザチンピラ?今の時代、そんな人からこんな事言われるとは思いませんでした。

引き留めるにしても、他に言い方があるでしょ。

ただ、私も相当粘りました。2時間くらい粘りました。

しかしノリとは言え、一度「やります」と言ってしまったのもあり、最終的には「組合業務は分からないことだらけなので何かあったら助けてくれ」ということを約束し(というより、早くその場から逃げたかった)、結局は役員をやることになりました。

ちなみにその約束は果たされることはありませんでした。




今思えば、警察を呼んででも逃げれば良かった。

NTT労働組合で働いていた時のお話

不本意ながらNTT労働組合役員として働くことになってしまいました。

しかもただの役員ではなく、割と上位の役員で、下にはいくつもの支部のようなものがぶら下がっているという立場

簡単に言うと、それら下部の組織を束ねつつ、様々な企画立案から運営までやれとのこと。

労働組合仕事といっても、多岐にわたります

これだけではなく、上部の組織企画したイベント等に組合員の引率者として参加したりもします。

さらに、NTT労働組合が加盟している情報労連などの業務もあります。んなもんいっぺんにできるわけありません。

しかし、これだけの業務が私に割り当てられていたのは、心底震えあがりました。

会社側との時間外労働に関する交渉などにも参加しましたが、あまり印象に残っていません。

これらに加えて、さらゴルフの参加も強制されました。

ゴルフセットやゴルフウェアから揃えさせられ、総額15万円弱くらい支払う羽目になり、これのおかげで一時期生活が苦しくなりました。

ここから組合関係者の謎のおっさん指導が入り、業務終了後、夜20時過ぎくらいまで打ちっぱなし練習させられる日々が始まります

次の日も組合仕事なのに、おっさんにキレられながら、手のひらに血が滲むほどドライバーや7番アイアン降りまくってました。

そもそも組合ゴルフは、偉い人の気分で開催されることが多く、仕事放置で平日ど真ん中にやることもありました。

お金を払った記憶がありませんので、組合費で支払われているんでしょう。

あと、「紳士スポーツからマナーが大切!」とか言ってた謎のおっさんが、そこらへんで立ちションしてたのが衝撃でした。

こいつらは信用ならない、と改めて思ったのでした。

以上のようにNTT労働組合仕事は多岐にわたりますが、やっていれば慣れる・・・というわけではありませんでした。

やはり上手くいかない。というよりしんどい

はじめてやることばかりというのもありましたが、どうも不本意ながら仕事をしているというのが引っかかりました。

夢も希望もない仕事を無理矢理やるというのは、ここまで辛くしんどいものなのか。

そして心の病気になってしま

メモリ1GのデスクトップPC資料を作りながら思い浮かべるのは、「自分はなんでこんな事をしてるんだろう」という一言

一度思い浮かべると止まらなくなり、仕事が手に付かなくなったのを覚えています

そういったことはしょっちゅうで、ここまで理不尽にボロクソ言われるのは初めてでした。

人を無理矢理連れてきておいて、この扱いはさすがにひどい。

よくブラック企業新入社員研修人格否定をして洗脳するというのがありますが、これに似たようなものを感じました。

そんな中で「平和なくして労働運動なし」とかドヤ顔で言われても、理解不能でした。

こちらは個人的平和が脅かされているのに、世界平和なんか祈れるかという話です。

というように色々とパワハラやらなんやらはありましたが、私は変なところで我が強かったのか、心の中だけでえらく反発していました。

ついにはそれが「適応障害」という形になって現れてしまったのでした。

一般的会社パワハラを受けたりだとか、なにか問題があれば組合に駆け込むでしょう。

しかしながら組合内でなにか問題があった場合どうでしょう。どこにも助けを求められません。

会社側に言ったとしても、NTT場合立場が弱いのでどうにもなりませんし、結局組合側に伝わって面倒なことになりかねません。

だれも頼れる人がいないのです。

そこで私は、NTT労働組合人間は信用できなかったので相談せず、独断メンタルクリニックへ行き、診断書を入手。

それをNTT労働組合に叩きつけ、会社側にも提出し、なんとか休職することになったのでした。

組合役員はそのまま辞めました。

会社に復帰するも結局は退職

少し休んだ後、会社に復帰しましたが、仕事に対する姿勢だとか考え方がえらく捻じ曲がったような感じになり、結局退職することに。

そのまま会社に残っても、NTT労働組合との関係もありますし、会社自体低賃金も考えると辞めた方が良いだろうとの判断でした。

会社側の管理職の中には冷たい態度を取ってくる人もいましたしね。それまで仲良かったのに。

そして、会社を辞めてからも苦しみは続いています

どうしても夜眠るとき、目を閉じるとあの時の記憶が蘇ってしまます

当時よりはかなりマシになりましたが、今でもほぼ毎日思い出してしまます

NTT労働組合の実状

ここからは実際に私が役員として働いていたNTT労働組合の実状をお伝えします。

NTT労働組合組合費で飲み食いしてるんじゃないか

これはその通りです。

基本的には組合員との意見交換会という形で飲み会を開催し、お酒を飲んだり色々食べたりしています

ただし、組合員が参加したという体で、実際は役員だけで晩御飯を食べることもありました。

これは実際に私が連れて行かれた時の話ですが、その場にいない適当組合員を参加させたように装っていました。

さら飲み会後はやたら高そうなバーとかしょっちゅう連れて行かれ、飲み直したりしてました。

あと、偉い人は特にタクシーチケットを使って帰宅します。公共交通機関使ってほしいですね。

春闘出来レース

組合新聞では「交渉が紛糾した」だとか「一方的交渉を打ち切った」だとか書いてありますが、

実際は組合側の担当者会社側の労務担当が話し合った上で、どこで妥結するか決めているそうです。

ついでに言ってしまうと、私は役員として他の拠点に行って交渉内容を逐一報告する仕事をしていたのですが、

春闘中に会社側の労務担当組合側の役員ちょっとした飲み会をしてました。仲良しかよ。

まぁ御用組合と言われても仕方ありません。

NTT労働組合役員はろくでもない人が多い

冒頭のチンピラはもちろんですが、若い頃は飲酒運転したとか、よくケンカしたとか、普通に言う人が役員やってます。あとタバコ吸いながら仕事してる人もいます

離婚歴がある人も多く、あまり言いたくありませんが低学歴の人が組合三役に多かったです。

そういったこともあってか、感情論ものを話す人がとても多く、結果、理不尽物言いに繋がっていると感じました。

こういった過去にどれだけ人を傷付けてきたかからない人達が、平和活動ドヤ顔で行なっています

ろくでもない人とは違うのですが、NTT野球部引退した若い人が、いきなりNTT労働組合のかなり上の役員として引き抜かれていたのも見ました。

引退して会社員として右も左も分からない状態で、労働組合役員として連れ去られててこれは本当に可哀そうでした。

ヤミ専従実在する

というか、私自身が「ヤミ専従」だったんじゃないかと思います

私は専従役員ではありませんでしたが、基本的に一日中組合業務をしていました。それが普通だと思っていました。

週に数回会社へ出勤して半日勤務し、再び組合業務・・・といった形をとっていましたが、会社から賃金は満額出ていました。

そこに組合役員手当で6万円くらいがプラスされます。他の役員も同じような形だったようです。

あと、多くの役員会社に出勤しても、やる仕事がありません。人によっては浦島太郎状態ですし。

そういうのが嫌なので、出社したように装っている人もいることでしょう。

実際にヤミ専従役員はかなりいるかと思われます

定年間近だろうと意地でも脱退はさせない

ある時、残り数ヵ月で定年退職という組合員が脱退したいと申し出てきました。

組合上司は全力で引き留めにかかっていたのが印象的でした。

その組合員も頑として譲らないようだったのですが、何回も何回も引き留めに行っていたのには若干引きました。

徹底的な反安倍政権

当然と言えば当然なのですが、当時の民進党を全力で支援している組織なので、安倍政権に対しては徹底的に反対します。

国会議事堂前に集まって「安倍政権反対!」のプラカードを持って叫ぶのは当たり前、若手組合員のイベント等では国会議員を招いて反安倍政権英才教育を施します。

病的な人に至っては、酔っぱらって街中で「安倍所為だ!」と叫び始めてました。

とにかくNTT労働組合としては安倍政権「悪」なのです。

NTT労働組合には半強制的に加入

そもそもユニオンショップ協定は締結していないので、NTT労働組合への加入するしないは自由のはずです。

ですが、実際は多くの新入社員が半強制的に加入させられています

加入を促す際の決まり文句は、

  • 偉い人も昔は組合員だった
  • 他の人はみんな組合員になってる

といったもので、とにかく加入させるためにプレッシャーをかけます

机に新入社員が座ってて、契約書にサインするまで周囲に組合役員が立っているのはよくあることです。

加入を渋る勇気ある新入社員がたまにいますが、裏で「生意気だ」と文句言われていますので注意しましょう。

NTT労働組合としては、新入社員組合に加入するのは当たり前という認識なのです。

ここまで色々書いていますが、余計な波風を立てたくなければ黙って加入した方が良いです。

さもなくば、私の時の様に怖い人が出てくることになるでしょう。

ただ、NTT労働組合活動に深入りだけはしないようにしましょう。

各種投票出来レース

組合関連の選挙で、職場立候補者の名簿と共にカラフル投票用紙が配られることがあります

NTTに勤務している方なら経験があるかと思いますが、〇(信任)を書けと役員から圧力が掛かります

×(不信任)を書くと、組合役員から文句を言われるなど面倒なことになりそうなので、大体の人は何も考えず〇を書いて提出して終わり。(×を書いても基本バレませんが)

このように、形だけのほぼ出来レース選挙になっており、組合事務所では数少ない不信任の数を競い合って談笑するのが決まりです。

公約的なものも掲げず、顔写真と経歴と名前だけの紙が配布されて信任されるなんて、おかしな話ですよね。

私は信任・不信任の数を計算していましたが、これは心底ばからしいと思いました。

組合を脱退したいができないという人達は多くいますが、組合に対抗する第一歩として、

こういった選挙でどこのだれかも分からんおっさんにしっかり×(不信任)を書いて、叩き落とすのをオススメします。

ストライキ批准一票投票もそうですが、適当に〇を書いてしまっているから、組合役員調子に乗っているのです。

(※5/9追記会社幹部候補NTT労働組合役員

NTT労働組合でもかなり上の組織の話なのですが、会社側(主要5社)から恐らく幹部候補となる社員NTT労働組合役員になっていました。

話によると、なんでも組合経験を積む為だとかなんとか。会社側の昇進にも影響するのでしょう。

任期を終えられた今は、恐らく会社側に戻られていることでしょう。

今考えると、会社側と組合側がベッタリくっ付いてるのが分かる出来事です。

ちなみに、ヤミ専従をするくらいの役員になると、会社での評価は5段階評価SA評価、A評価、B評価、C評価、D評価)のうち、C評価とB評価を交互につけられるようになります

もちろん会社でまともに業務はしていませんが、そうするように会社側と組合側で決めたのでしょう。

(※5/9追記)一度役員になると家庭の事情でも逃げることが難しい

私が会社側で働いていた時の事ですが、家庭持ちの先輩がいました。

組合全体からみると一番下の役員をやっている人だったのですが、ある時、家庭の事情により役員を辞めなくてはならなくなったそうです。

その旨を申し出るも、当然のことながら「それは困る!」と、組合側は全力で引き留めにかかっていました。

結局のところ、なんとか役員を辞めることができたようですが、組合側とは険悪な空気になっていたようで、仕事もやり辛そうな感じでした。

生活を守る」というのは何なのでしょうかね。

(※5/9追記事務所の端末でアダルトサイトを見る

私をセキュリティ関連の担当にしたのが良くなかったですね。アダルトサイト見てるのバレバレですよ。

その通信料組合費で支払ってると思うと、悲しくなりますね。

さいごに

私は労働組合という組織自体存在否定しません。

ブラック企業蔓延現代社会では、労働組合必要な場面も多いかと思います

ただ、労働組合に加入して戦ってまでそのひとつ会社で働き続ける必要があるのかどうかという点は、今の時代の上では疑問です。

そしてNTT労働組合必要とされて このエントリーをはてなブックマークに追加ツイートシェア

anond:20190507164856

怒らないで聞いてほしいんだけどNTT中央執行委員会役員年収って3000万クラスなんだよね。

んでもって末端の組合員を日給1000円で使い倒してるんだよね。

んで名前を見るのって組合新聞で「~委員長国会議員に会いました」「~委員長平和活動で公演しました」

これで違和感覚えるなって方がどうかしてると思うんだけど?

2019-05-05

はてなブックマークがつまらない

・困っていること

 ホッテントリがすごく偏ってて内容が薄い。

 結局無料記事アクセス数を稼いで広告を見せよう、本や情報商材を売ろうっていうところから離れられないか広告で埋もれてしまう。

 毎日のようにジェンダー差別とかの話題、正直どうでもいい

 なんか自己啓発本とか情報商材とか化粧品ステマとか 正直どうでもいい

 トゥギャッター まとめサイトは不滅? まあ面白いけどね、でもどうでもいいな。

 もふもふかわいい動画? かわいいけどどうでもいいな

 ライフハック筋トレだ 大体過去の焼き直しばっかりでおなか一杯だな

 ブラック企業はつらいよの愚痴世代間格差はつらいよの巻、氷河期どうすんのよ、年金どうすんのよ、インフレどうすんのよ

 →困るけど散発的に愚痴を言っても改善しない。

 現代、東経、BJHBO 大体内容おかしい。突っ込まれ炎上ビジネス。どうでもいいな。

 トンデモ科学への突っ込み と見せかけて的外れでよくわからない上から目線指摘 どうでもいいな。

 下ネタ系、BL腐成分 うんちおしっこパンティセックスやらないかあくしろよ! 今期アニメ いやどうでもいいな

 

ホッテントリに上がってくればいいなと思うブクマ

 面白いものがみたければ金払えってことかもしれないけど、

 専門誌、業界紙記事面白いの沢山ある。有料でタイトルくらいしか読めないのも多いけど。

 アパレルだと繊研新聞とか、住宅だと新建ハウジングとか、電力だと電気新聞とか

 専門性があって、暇つぶし門外漢が見ても楽しめる解説ブログ・・・はにわ研究とか真空管研究とか春画研究とか

 

[][]2019年5月4日土曜日の増減

サイト\日付2019-04-282019-04-292019-04-302019-05-012019-05-022019-05-032019-05-04合計説明
Reuters ttps://www.reuters.com/article4017-10-227290イギリス大通信社
AP ttps://apnews.com/0010000409アメリカ大通信社
AFP ttp://www.afp.com/0000100157フランス大通信社
UPI ttps://www.upi.com/0000000605アメリカ/韓国大通信社
TASS ttp://tass.com/0000000145ロシア大通信社
Bloomberg ttps://www.bloomberg.com/013-331120457アメリカ 金融ニュース通信社
Wall Street Journal ttps://www.wsj.com/65-107466226アメリカ 新聞
New York Times ttps://www.nytimes.com/6638523591767678アメリカ 新聞
The Washington Post ttps://www.washingtonpost.com/21-2413118901アメリカ 新聞
The New Yorker ttps://www.newyorker.com/000-20-1-14074アメリカ 新聞
USA Today ttps://www.usatoday.com/01121125180アメリカ/スイス 新聞
Los Angels Times ttp://www.latimes.com/10000015582アメリカ 新聞
Time ttp://time.com/-2-106-21-15354アメリカ ニュース雑誌
Newsweek ttp://www.newsweek.com/100000-23030アメリカ ニュース雑誌
The Atlantic ttps://www.theatlantic.com/02010107398アメリカ 総合雑誌
Fox News ttp://www.foxnews.com/00001003437アメリカ 放送局
CNBC ttps://www.cnbc.com/20100102355アメリカ 放送局
abc News ttps://abcnews.go.com/1-1000017876アメリカ 放送局
CNN ttps://edition.cnn.com/-26-33-24-29-38-41-5911820アメリカ 放送局
CNN Money ttps://money.cnn.com/000001-23444アメリカ 経済ニュース放送局
npr ttps://www.npr.org/56-1312219240アメリカ 放送局
Vice News ttps://news.vice.com/0000000611カナダ/アメリカ 放送局ニュースサイト
HuffPost ttps://www.huffingtonpost.com/-6-8-11-4-18-20-179852アメリカ ニュースサイト
Business Insider ttp://www.businessinsider.com/100121-124278アメリカ 経済ニュースサイト
Quartz ttps://qz.com/54556302139アメリカ/日本 ニュースサイト
Vox ttps://www.vox.com/0001581091815アメリカ ニュースサイト
Breitbart ttps://www.breitbart.com/0000000278アメリカ 政治ニュースサイト
POLITICO ttps://www.politico.com/10000001342アメリカ 政治ニュースサイト
The Daily Beast ttps://www.thedailybeast.com/1-1-21-2002165アメリカ ニュースサイト
The Star ttps://www.thestar.com/0000000585カナダ 新聞
O Estadao de Sao Paulo ttps://www.estadao.com.br/0000000231ブラジル 新聞
The Guardian ttps://www.theguardian.com/325842530809イギリス 新聞
The Telegraph ttps://www.telegraph.co.uk/0-31-11-1014905イギリス 新聞
The Independent ttps://www.independent.co.uk/02510106738イギリス 新聞オンライン専業化
Daily Mail ttp://www.dailymail.co.uk/00-5102020393イギリス 新聞
The Sun ttps://www.thesun.co.uk/0-1000002767イギリス 新聞
The Economist ttps://www.economist.com/2-100-1-3022101イギリス 週刊新聞
BBC.com News ttps://www.bbc.com/news/9060321016444423イギリス 放送局(日本語ページ除外)
BBC.co.uk News ttps://www.bbc.co.uk/3-1-1473342862イギリス 放送局
sky news ttps://news.sky.com/0003200759イギリス 放送局
aeon ttps://aeon.co/0020001415イギリス ニュースサイト
Irish Times ttps://www.irishtimes.com/00000003201アイルランド 新聞
Le Monde ttps://www.lemonde.fr/00126021502フランス 新聞
France24 ttp://www.france24.com/00200001243フランス 放送局
Deutsche Welle ttps://www.dw.com/1000013342ドイツ 放送局
Build ttps://www.bild.de/0000000469ドイツ 新聞
Spiegel ttp://www.spiegel.de/00000002804ドイツ 新聞
The Local de ttps://www.thelocal.de/0000000224スウェーデン ドイツニュースサイト
La Repubblica ttps://www.repubblica.it/0000000256イタリア 新聞
El Mundo ttp://www.elmundo.es/0000000955スペイン 新聞
Anadolu Agency ttps://www.aa.com.tr/000000083トルコ 国営通信社
Middle East Eye ttps://www.middleeasteye.net/0000000166イギリス ニュースサイト
Al Jazeera ttps://www.aljazeera.com/0-12-12006458カタール 放送局
ParsToday ttp://parstoday.com/001140021789イラン 放送局、元イランラジオ
NDTV ttps://www.ndtv.com/1000000236インド 放送局
The Hindu ttps://www.thehindu.com/0010000471インド 新聞
The Times of India ttps://timesofindia.indiatimes0002000975インド 新聞
DAWN ttps://www.dawn.com/0000000143パキスタン 新聞
ABC ttp://www.abc.net.au/10000004377オーストラリア 放送局
NZ Herald ttps://www.nzherald.co.nz/1000100560ニュージーランド 新聞
Bangkok Post ttps://www.bangkokpost.com/0000000854タイ 新聞
Channel NewsAsia ttps://www.channelnewsasia.com00000001896シンガポール 放送局
Jakarta Post ttp://www.thejakartapost.com/000000-1359インドネシア 新聞
RT ttps://www.rt.com/1112111750ロシア 放送局
Sputnik ttps://sputniknews.com/0030001289ロシア 通信社、元ロシアの声
HAARETZ ttps://www.haaretz.com/001-10-103105イスラエル 新聞
The Times of Israel ttps://www.timesofisrael.com/0000000405イスラエル ニュースサイト
ETtoday新聞雲 ttps://www.ettoday.net/0000100239台湾 新聞(合同サイト)
South China Morning Post ttps://www.scmp.com/0004400978香港 新聞中国資本に買収された
新華通信社 ttp://www.xinhuanet.com/1171556169中国 国営通信社
環球時報 ttp://www.globaltimes.cn/0000000200中国 人民日報系列英字紙
Integrated regional information network ttp://www.irinnews.org/0000000242国連機関 ニュースサイト

2019-05-04

記名性ジャーナリズム弊害

みんな忘れてるかもしれないけど昔は記者って名前も顔も出さなかったんだよね。

それじゃダメだ、責任が取れないってことで今や大手新聞記者名を記名するしツイッターでは顔も出しているんだけど、そうすると今度は人間関係に縛られるってことがわかってしまった。

まぁ、前からわかってたのかもしれないが、明らかに人間関係に縛られて記事にできないとかそういうのが可視化されるようになってしまったね。

記者も偉そうにしているけどたまたま記者職に流れ着いた人間なんで人生をかけてジャーナリズムを全うする人間なんていないわな。だから人間関係が優先されてしまう。

一度仲良くなってしまうともう批判できない。まぁ、それが普通だけど、記者もそうなるとはね。所詮記者たちも村社会の住人だったわけですな。ごく普通人間でしたってわけだけど、普段が偉そうだからねぇ。いやはや。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん